1 アクセス制御の概要

Oracle Enterprise Performance Management Cloudコンポーネントへのアクセスは、ユーザーが割り当てられているアイデンティティ・ドメインの事前定義済役割によって制御されます。サービス管理者は、ユーザーが環境で追加のタスクを完了できるように、ユーザーをPlanning、連結、勘定科目照合およびデータ管理の各アプリケーションのアプリケーション固有の役割に割り当てることができます。

たとえば、ユーザーが承認関連のアクティビティを実行できるように、サービス管理者はユーザーをPlanningまたは連結アプリケーションの承認管理者の役割に割り当てることができます。

さらに、サービス管理者は、アクセス制御から、アイデンティティ・ドメイン・ユーザーまたは他のグループを含むグループを作成できます。役割をこのようなグループに割り当てることで、サービス管理者は多数のユーザーに一度に役割を付与でき、管理オーバーヘッドを削減できます。

アプリケーション・レベルの役割の割当てでは、ユーザーのアクセス権限の拡張のみを実行できます。アプリケーション・レベルで割り当てられた役割で、事前定義済役割によって付与された権限を縮小することはできません。

アクセス制御を使用して、次のアクティビティを環境で実行できます。