モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJApplet

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible, RootPaneContainer

    @Deprecated(since="9")
    @JavaBean(defaultProperty="JMenuBar",
              description="Swing\'s Applet subclass.")
    public class JApplet
    extends Applet
    implements Accessible, RootPaneContainer
    非推奨。
    アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
    JFC/Swingコンポーネント・アーキテクチャのサポートを追加するjava.applet.Appletの拡張バージョン。 JAppletの使用に関するタスク指向のドキュメントは、「The Java Tutorial」の「How to Make Applets」を参照してください。

    JAppletクラスはjava.applet.Appletと多少互換性のないところがあります。 JAppletには、JRootPaneが唯一の子として格納されます。 contentPaneは、JAppletのすべての子の親になります。 便宜上、このクラスのaddremoveおよびsetLayoutメソッドは、ContentPaneの対応するメソッドに呼出しを委譲するようにオーバーライドされます。 たとえば、次のようにしてアプレットに子コンポーネントを追加できます。

           applet.add(child);
     
    子はcontentPaneに追加されます。 contentPaneは常にnull以外の値になります。 nullに設定しようとするとJAppletは例外をスローします。 デフォルトのcontentPaneには、BorderLayoutマネージャが設定されます。 JAppletLayoutManagerの追加、削除、および設定の詳細については、RootPaneContainerを参照してください。

    contentPaneglassPane、およびlayeredPaneプロパティの詳細については、JRootPaneの説明を参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、「Swing's Threading Policy」を参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    RootPaneContainer, 「直列化されたフォーム」
    • コンストラクタの詳細

    • メソッドの詳細

      • createRootPane

        protected JRootPane createRootPane()
        非推奨。
        コンストラクタ・メソッドによって呼び出され、デフォルトのrootPaneを生成します。
        戻り値:
        新しいJRootPane
      • setTransferHandler

        @BeanProperty(hidden=true,
                      description="Mechanism for transfer of data into the component")
        public void setTransferHandler​(TransferHandler newHandler)
        非推奨。
        このコンポーネントへのデータ転送をサポートするメカニズムである、transferHandlerプロパティを設定します。 コンポーネントがデータ転送操作をサポートしない場合、nullを使用します。

        システム・プロパティsuppressSwingDropSupportfalse (デフォルト)であり、このコンポーネント上の現在のドロップ・ターゲットがnullであるか、ユーザー設定のドロップ・ターゲットでない場合、このメソッドはドロップ・ターゲットを次のように変更します。newHandlernullの場合は、ドロップ・ターゲットをクリアします。 nullでない場合は、新しいDropTargetをインストールします。

        注: JAppletと組み合わせて使用した場合、TransferHandlerはデータのインポート機能しか提供しません。これは、データのエクスポート関連のメソッドが現在JComponent型になっているためです。

        詳細は、「The Java Tutorial」の「How to Use Drag and Drop and Data Transfer」を参照してください。

        パラメータ:
        newHandler - 新しいTransferHandler
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        TransferHandler, getTransferHandler(), Component.setDropTarget(java.awt.dnd.DropTarget)
      • update

        public void update​(Graphics g)
        非推奨。
        paint(g)を呼び出すだけです。 このメソッドは、バックグラウンドをクリアする不必要な呼出しが行われないようにするためにオーバーライドされました。
        オーバーライド:
        update、クラス: Container
        パラメータ:
        g - 指定されたGraphicsウィンドウ
        関連項目:
        Component.update(Graphics)
      • setJMenuBar

        @BeanProperty(bound=false,
                      hidden=true,
                      description="The menubar for accessing pulldown menus from this applet.")
        public void setJMenuBar​(JMenuBar menuBar)
        非推奨。
        アプレットのメニュー・バーを設定します。
        パラメータ:
        menuBar - アプレット内に配置中のメニュー・バー
        関連項目:
        getJMenuBar()
      • getJMenuBar

        public JMenuBar getJMenuBar()
        非推奨。
        アプレットに設定されたメニュー・バーを返します。
        戻り値:
        このアプレットに設定されたメニュー・バー
        関連項目:
        setJMenuBar(javax.swing.JMenuBar)
      • addImpl

        protected void addImpl​(Component comp,
                               Object constraints,
                               int index)
        非推奨。
        指定された子Componentを追加します。 このメソッドをオーバーライドすると、呼出しが条件付きでcontentPaneに転送されます。 デフォルトでは、子はフレームではなくcontentPaneに追加されます。詳細は、RootPaneContainerを参照してください。
        オーバーライド:
        addImpl、クラス: Container
        パラメータ:
        comp - 拡張されるコンポーネント
        constraints - 遵守されるべき制約
        index - インデックス
        例外:
        IllegalArgumentException - indexが無効である場合
        IllegalArgumentException - コンテナの親をそのコンテナ自体に追加しようとしている場合
        IllegalArgumentException - ウィンドウをコンテナに追加しようとしている場合
        関連項目:
        setRootPaneCheckingEnabled(boolean), RootPaneContainer
      • remove

        public void remove​(Component comp)
        非推奨。
        指定されたコンポーネントをコンテナから削除します。 comprootPaneでない場合は、呼出しがcontentPaneに転送されます。 compJFrameまたはcontentPaneの子でない場合は、何も行われません。
        オーバーライド:
        remove、クラス: Container
        パラメータ:
        comp - 削除されるコンポーネント
        例外:
        NullPointerException - compがnullである場合
        関連項目:
        Container.add(java.awt.Component), RootPaneContainer
      • setRootPane

        protected void setRootPane​(JRootPane root)
        非推奨。
        rootPaneプロパティを設定します。 このメソッドはコンストラクタによって呼び出されます。
        パラメータ:
        root - このアプレットのrootPaneオブジェクト
        関連項目:
        getRootPane()
      • getGraphics

        @BeanProperty(bound=false)
        public Graphics getGraphics()
        非推奨。
        このコンポーネントのグラフィックス・コンテキストを作成します。 このメソッドは、コンポーネントが現在表示可能でない場合、nullを返します。
        オーバーライド:
        getGraphics、クラス: Component
        戻り値:
        このコンポーネントのグラフィックス・コンテキスト。ない場合はnull
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        Component.paint(java.awt.Graphics)
      • repaint

        public void repaint​(long time,
                            int x,
                            int y,
                            int width,
                            int height)
        非推奨。
        このコンポーネントの指定された矩形をtimeミリ秒以内に再ペイントします。 再ペイントの方法の詳細は、RepaintManagerを参照してください。
        オーバーライド:
        repaint、クラス: Component
        パラメータ:
        time - 更新までの最大時間(ミリ秒単位)
        x - x座標
        y - y座標
        width - 幅
        height - 高さ
        導入されたバージョン:
        1.6
        関連項目:
        RepaintManager
      • paramString

        protected String paramString()
        非推奨。
        このJAppletの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        paramString、クラス: Container
        戻り値:
        このJAppletの文字列表現。
      • getAccessibleContext

        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        非推奨。
        このJAppletに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 JAppletの場合、AccessibleContextはAccessibleJAppletの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJAppletインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext、クラス: Applet
        戻り値:
        このJAppletのAccessibleContextとして機能するAccessibleJApplet