モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing

クラスJCheckBoxMenuItem

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, ItemSelectable, MenuContainer, Serializable, Accessible, MenuElement, SwingConstants

    @JavaBean(description="A menu item which can be selected or deselected.")
    public class JCheckBoxMenuItem
    extends JMenuItem
    implements SwingConstants, Accessible
    選択または選択解除できるメニュー項目です。 選択されている場合、通常はメニュー項目の横にチェック・マークが表示されます。 選択されていないか、あるいは選択が解除された場合、メニュー項目はチェック・マークなしで表示されます。 通常のメニュー項目と同じように、チェックボックス・メニュー項目は、関連付けられたテキストまたはグラフィック・アイコン、またはこの両方を持つことができます。

    isSelectedsetSelected、またはgetStatesetStateを使用して、メニュー項目の選択状態を判定または指定できます。 isSelectedおよびsetSelectedメソッドの方をお薦めします。これらは、すべてのメニューとボタンで機能します。 getStateおよびsetStateメソッドは、他のコンポーネント・セットとの互換性のために用意されています。

    メニュー項目は構成可能であり、Actionを使用してある程度制御できます。 メニュー項目でActionを使用することは、メニュー項目を直接構成するのと比べて多くの利点があります。 詳細はActionをサポートするSwingコンポーネントを参照してください。さらに、Java チュートリアルActionsの使用方法のセクションに詳細が説明されています。

    メニューからいくつかのチェックボックス・メニュー・アイテムを選択する必要があることがあります。 この場合、1つのチェックボックス・メニュー・アイテムをクリックしてもメニューを閉じることはできません。 このような動作は、クライアントJComponent.putClientProperty(java.lang.Object, java.lang.Object)またはLook&Feel UIManager.put(java.lang.Object, java.lang.Object)プロパティ"CheckBoxMenuItem.doNotCloseOnMouseClick"のいずれかによって制御できます。 デフォルト値はfalseです。 プロパティをtrueに設定すると、マウスでクリックしたときにメニューが閉じなくなります。 clientプロパティが設定されている場合、その値は常に使用されます。それ以外の場合は、L&Fプロパティが問合せされます。 ノート: 一部のL&Fはこのプロパティを無視することがあります。 組み込みのL&Fはすべてこの動作を継承します。

    チェックボックス・メニュー項目の使用方法の詳細と例については、『The Java Tutorial』のHow to Use Menusを参照してください。

    警告: Swingはスレッドに対して安全ではありません。 詳細は、Swing's Threading Policyを参照してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    導入されたバージョン:
    1.2
    関連項目:
    直列化された形式
    • コンストラクタの詳細

      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem()
        初期状態で選択されていない、テキストおよびアイコンなしのチェックボックス・メニュー項目を生成します。
      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem​(Icon icon)
        初期状態で選択されていない、アイコン付きのチェックボックス・メニュー項目を生成します。
        パラメータ:
        icon - JCheckBoxMenuItemのアイコン。
      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem​(String text)
        初期状態で選択されていない、テキスト付きのチェックボックス・メニュー項目を生成します。
        パラメータ:
        text - JCheckBoxMenuItemのテキスト
      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem​(Action a)
        指定されたActionからプロパティを取得するメニュー項目を生成します。
        パラメータ:
        a - JCheckBoxMenuItemの動作
        導入されたバージョン:
        1.3
      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem​(String text,
                                 Icon icon)
        初期状態で選択されていない、指定されたテキストおよびアイコン付きのチェックボックス・メニュー項目を生成します。
        パラメータ:
        text - JCheckBoxMenuItemのテキスト
        icon - JCheckBoxMenuItemのアイコン
      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem​(String text,
                                 boolean b)
        指定されたテキストおよび選択状態を持つチェックボックス・メニュー項目を生成します。
        パラメータ:
        text - チェックボックス・メニュー項目のテキスト。
        b - チェックボックス・メニュー項目の選択状態
      • JCheckBoxMenuItem

        public JCheckBoxMenuItem​(String text,
                                 Icon icon,
                                 boolean b)
        指定されたテキスト、アイコン、および選択状態を持つチェックボックス・メニュー項目を生成します。
        パラメータ:
        text - チェックボックス・メニュー項目のテキスト
        icon - チェックボックス・メニュー項目のアイコン
        b - チェックボックス・メニュー項目の選択状態
    • メソッドの詳細

      • getState

        public boolean getState()
        項目の選択状態を返します。 このメソッドは、AWTの互換性のためだけに用意されています。 新しいコードでは、代わりにisSelected()を使用します。
        戻り値:
        項目が選択されている場合はtrue
      • setState

        @BeanProperty(bound=false,
                      hidden=true,
                      description="The selection state of the check box menu item")
        public void setState​(boolean b)
        項目の選択状態を設定します。 このメソッドは、AWTの互換性のためだけに用意されています。 新しいコードでは、代わりにsetSelected()を使用します。
        パラメータ:
        b - 項目の選択状態を示すboolean値。項目が選択されている場合はtrue
      • getSelectedObjects

        @BeanProperty(bound=false)
        public Object[] getSelectedObjects()
        チェックボックス・メニュー項目のラベルを格納する配列(長さ1)を返します。チェックボックスが選択されていない場合はnullを返します。
        定義:
        getSelectedObjects 、インタフェース: ItemSelectable
        オーバーライド:
        getSelectedObjects 、クラス:  AbstractButton
        戻り値:
        項目が選択されている場合は、メニュー項目のテキストである1個のオブジェクトを含む配列。そうでない場合はnull
      • paramString

        protected String paramString()
        このJCheckBoxMenuItemの文字列表現を返します。 このメソッドはデバッグ専用であり、返される文字列の内容および形式は実装によって異なる可能性があります。 返される文字列は空でもかまいませんが、nullにはできません。
        オーバーライド:
        paramString 、クラス:  JMenuItem
        戻り値:
        このJCheckBoxMenuItemの文字列表現。
      • getAccessibleContext

        @BeanProperty(bound=false)
        public AccessibleContext getAccessibleContext()
        このJCheckBoxMenuItemに関連付けられたAccessibleContextを取得します。 JCheckBoxMenuItemの場合、AccessibleContextはAccessibleJCheckBoxMenuItemの形式を取ります。 必要に応じて新規のAccessibleJCheckBoxMenuItemインスタンスが生成されます。
        定義:
        getAccessibleContext、インタフェース: Accessible
        オーバーライド:
        getAccessibleContext 、クラス:  JMenuItem
        戻り値:
        このAccessibleJCheckBoxMenuItemのAccessibleContextとして機能するAccessibleJCheckBoxMenuItem