モジュール java.desktop
パッケージ javax.swing.tree

クラスDefaultTreeCellRenderer

  • すべての実装されたインタフェース:
    ImageObserver, MenuContainer, Serializable, Accessible, SwingConstants, TreeCellRenderer

    public class DefaultTreeCellRenderer
    extends JLabel
    implements TreeCellRenderer
    ツリーのエントリを表示します。 DefaultTreeCellRendererは不透明ではないため、サブクラスでペイントしないかぎり、このクラスを変更しないでください。 このクラスを使ったノード表示のカスタマイズの使用例は、「The Java Tutorial」の「How to Use Trees」を参照してください。

    DefaultTreeCellRendererで使用されるアイコンと色のセットは、さまざまな設定メソッドを使って設定できます。 各プロパティの値は、デフォルト・テーブルから初期化されます。 Look & Feelが変更されると(updateUIが呼び出されると)、デフォルト・テーブルからUIResource型の値を持つプロパティが更新されます。 次の表は、DefaultTreeCellRendererプロパティとデフォルト・テーブル・キーとのマッピング・リストです。

    Properties
    プロパティ Key
    "leafIcon" "Tree.leafIcon"
    "closedIcon" "Tree.closedIcon"
    "openIcon" "Tree.openIcon"
    "textSelectionColor" "Tree.selectionForeground"
    "textNonSelectionColor" "Tree.textForeground"
    "backgroundSelectionColor" "Tree.selectionBackground"
    "backgroundNonSelectionColor" "Tree.textBackground"
    "borderSelectionColor" "Tree.selectionBorderColor"

    実装上の注意: このクラスは、パフォーマンス向上のみを目的として、invalidatevalidaterevalidaterepaint、およびfirePropertyChangeをオーバーライドします。 オーバーライドされない場合、呼出し頻度の高いこれらのメソッドは、デフォルトのツリー・セル・レンダリングに不要なコード・パスを実行します。 独自のレンダリング・ロジックを作成する場合は、これらのメソッドのオーバーライドでの利点や欠点に注意してください。

    警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。 現在の直列化のサポートは、短期間の格納や、同じバージョンのSwingを実行するアプリケーション間のRMIに適しています。 1.4以降、すべてのJavaBeans™用の長期間の格納サポートがjava.beansパッケージに追加されています。 XMLEncoderを参照してください。

    関連項目:
    直列化された形式
    • フィールドの詳細

      • selected

        protected boolean selected
        現在選択されている値です。
      • hasFocus

        protected boolean hasFocus
        フォーカスがある場合はtrueです。
      • closedIcon

        protected transient Icon closedIcon
        展開されていない、葉以外のノードを表示するのに使うアイコンです。
      • leafIcon

        protected transient Icon leafIcon
        葉ノードを表示するのに使うアイコンです。
      • openIcon

        protected transient Icon openIcon
        展開されている、葉以外のノードを表示するのに使うアイコンです。
      • textSelectionColor

        protected Color textSelectionColor
        選択されているノードのフォアグラウンドに使う色です。
      • textNonSelectionColor

        protected Color textNonSelectionColor
        選択されていないノードのフォアグラウンドに使う色です。
      • backgroundSelectionColor

        protected Color backgroundSelectionColor
        ノードが選択されているときにバックグラウンドに使う色です。
      • backgroundNonSelectionColor

        protected Color backgroundNonSelectionColor
        ノードが選択されていないときにバックグラウンドに使う色です。
      • borderSelectionColor

        protected Color borderSelectionColor
        ノードにフォーカスがある場合にフォーカス・インジケータに使う色です。
    • コンストラクタの詳細

      • DefaultTreeCellRenderer

        public DefaultTreeCellRenderer()
        DefaultTreeCellRendererを作成します。 アイコンとテキスト色はUIManagerから指定されます。
    • メソッドの詳細

      • updateUI

        public void updateUI()
        現在のLook & Feelからの値にUIプロパティをリセットします。
        オーバーライド:
        updateUI 、クラス:  JLabel
        導入されたバージョン:
        1.7
        関連項目:
        JComponent.updateUI()
      • getDefaultOpenIcon

        public Icon getDefaultOpenIcon()
        展開されている葉以外のノードを表すために使用する、現在の葉のデフォルト・アイコンを返します。
        戻り値:
        展開されている非リーフ・ノードを表すために使用される、現在のlafのデフォルト・アイコン。
      • getDefaultClosedIcon

        public Icon getDefaultClosedIcon()
        展開されていない葉以外のノードを表すために使用する、現在の葉のデフォルト・アイコンを返します。
        戻り値:
        展開されていない非リーフ・ノードを表すために使用される、現在のlafのデフォルト・アイコン。
      • getDefaultLeafIcon

        public Icon getDefaultLeafIcon()
        葉ノードを表すために使用する、現在の葉のデフォルト・アイコンを返します。
        戻り値:
        リーフ・ノードを表すために使用される現在のlafのデフォルト・アイコン。
      • setOpenIcon

        public void setOpenIcon​(Icon newIcon)
        展開されている葉以外のノードを表すために使用するアイコンを設定します。
        パラメータ:
        newIcon - 拡張された非葉ノードに使用されるアイコン
      • getOpenIcon

        public Icon getOpenIcon()
        展開されている葉以外のノードを表すために使用するアイコンを返します。
        戻り値:
        展開されている非リーフ・ノードを表すために使用されるアイコン
      • setClosedIcon

        public void setClosedIcon​(Icon newIcon)
        展開されていない葉以外のノードを表すために使用するアイコンを設定します。
        パラメータ:
        newIcon - 展開されていない非リーフ・ノードに使用されるアイコン
      • getClosedIcon

        public Icon getClosedIcon()
        展開されていない葉以外のノードを表すために使用するアイコンを返します。
        戻り値:
        展開されていない非リーフ・ノードを表すために使用されるアイコン
      • setLeafIcon

        public void setLeafIcon​(Icon newIcon)
        葉ノードを表すために使用するアイコンを設定します。
        パラメータ:
        newIcon - リーフ・ノードに使用されるアイコン
      • getLeafIcon

        public Icon getLeafIcon()
        葉ノードを表すために使用するアイコンを返します。
        戻り値:
        リーフ・ノードを表すために使用されるアイコン
      • setTextSelectionColor

        public void setTextSelectionColor​(Color newColor)
        ノードが選択されているときにテキストを描画する色を設定します。
        パラメータ:
        newColor - ノードが選択されたときにテキストに使用される色
      • getTextSelectionColor

        public Color getTextSelectionColor()
        ノードが選択されているときにテキストを描画する色を返します。
        戻り値:
        ノードが選択されたときにテキストが描画される色
      • setTextNonSelectionColor

        public void setTextNonSelectionColor​(Color newColor)
        ノードが選択されていないときにテキストを描画する色を設定します。
        パラメータ:
        newColor - ノードが選択されていないときにテキストに使用される色
      • getTextNonSelectionColor

        public Color getTextNonSelectionColor()
        ノードが選択されていないときにテキストを描画する色を返します。
        戻り値:
        ノードが選択されていないときにテキストが描画される色。
      • setBackgroundSelectionColor

        public void setBackgroundSelectionColor​(Color newColor)
        ノードが選択されているときにバックグラウンドに使う色を設定します。
        パラメータ:
        newColor - ノードが選択されている場合、バックグラウンドで使用される
      • getBackgroundSelectionColor

        public Color getBackgroundSelectionColor()
        ノードが選択されているときにバックグラウンドに使う色を返します。
        戻り値:
        ノードが選択されている場合は、バックグラウンドに使用する色
      • setBackgroundNonSelectionColor

        public void setBackgroundNonSelectionColor​(Color newColor)
        選択されていないノード用に使うバックグラウンドの色を設定します。
        パラメータ:
        newColor - 選択されていないノードのバックグラウンドに使用される色
      • getBackgroundNonSelectionColor

        public Color getBackgroundNonSelectionColor()
        選択されていないノード用に使うバックグラウンドの色を返します。
        戻り値:
        選択されていないノードに使用されるバックグラウンド色。
      • setBorderSelectionColor

        public void setBorderSelectionColor​(Color newColor)
        ボーダーに使用する色を設定します。
        パラメータ:
        newColor - ボーダーに使用さえるカラー
      • getBorderSelectionColor

        public Color getBorderSelectionColor()
        ボーダーを描画する色を返します。
        戻り値:
        ボーダーが描画される色
      • setFont

        public void setFont​(Font font)
        FontUIResourceをnullにマップするためにサブクラス化されます。 fontがnullまたはFontUIResourceの場合、JTreeのフォントを透けて見えるようにします。 また、fontがnull以外またはFontUIResource以外の場合、そのフォントはfontになります。
        オーバーライド:
        setFont 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        font - このコンポーネントに指定するFont
        関連項目:
        Component.getFont()
      • getFont

        public Font getFont()
        このコンポーネントのフォントを取得します。
        定義:
        getFont 、インタフェース: MenuContainer
        オーバーライド:
        getFont 、クラス:  Component
        戻り値:
        このコンポーネントのフォント。このコンポーネントにフォントが設定されていない場合、その親のフォントが返される
        関連項目:
        Component.setFont(java.awt.Font)
      • setBackground

        public void setBackground​(Color color)
        ColorUIResourceをnullにマップするためにサブクラス化されます。 colorがnullまたはColorUIResourceの場合、JTreeのバックグラウンド・カラーを透けて見えるようにします。 また、colorがnull以外またはColorUIResource以外の場合、そのバックグラウンドはcolorになります。
        オーバーライド:
        setBackground 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        color - 要求するバックグラウンドColor
        関連項目:
        Component.getBackground(), JComponent.setOpaque(boolean)
      • getTreeCellRendererComponent

        public Component getTreeCellRendererComponent​(JTree tree,
                                                      Object value,
                                                      boolean sel,
                                                      boolean expanded,
                                                      boolean leaf,
                                                      int row,
                                                      boolean hasFocus)
        コンポーネントに渡される内容に基づいてレンダラを設定します。 値は、最終的にtoStringvalueに呼び出すconvertValueToTextで、値をメッセージとして送信して設定されます。 フォアグラウンドの色は選択状態に基づいて設定され、アイコンはleafおよびexpandedパラメータに基づいて設定されます。
        定義:
        getTreeCellRendererComponent 、インタフェース: TreeCellRenderer
        パラメータ:
        tree - レシーバは、
        value - レンダリングする値
        sel - ノードが選択されているかどうか
        expanded - ノードが展開されているかどうか
        leaf - ノードがリード・ノードかどうか
        row - 行インデックス
        hasFocus - ノードにフォーカスがあるかどうか
        戻り値:
        レンダリングが値をレンダリングするのに使うComponent
      • repaint

        public void repaint()
        パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。 詳細は「実装上の注意」を参照してください。
        オーバーライド:
        repaint、クラス: Component
        導入されたバージョン:
        1.5
        関連項目:
        Component.update(Graphics)
      • firePropertyChange

        protected void firePropertyChange​(String propertyName,
                                          Object oldValue,
                                          Object newValue)
        パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。 詳細は「実装上の注意」を参照してください。
        オーバーライド:
        firePropertyChange 、クラス:  Component
        パラメータ:
        propertyName - 値が変更されたプロパティ
        oldValue - プロパティの以前の値
        newValue - プロパティの新しい値
      • firePropertyChange

        public void firePropertyChange​(String propertyName,
                                       int oldValue,
                                       int newValue)
        パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。 詳細は「実装上の注意」を参照してください。
        オーバーライド:
        firePropertyChange 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        propertyName - 値が変更されたプロパティ
        oldValue - プロパティの以前の値
        newValue - プロパティの新しい値
      • firePropertyChange

        public void firePropertyChange​(String propertyName,
                                       boolean oldValue,
                                       boolean newValue)
        パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。 詳細は「実装上の注意」を参照してください。
        オーバーライド:
        firePropertyChange 、クラス:  JComponent
        パラメータ:
        propertyName - 値が変更されたプロパティ
        oldValue - プロパティの以前の値
        newValue - プロパティの新しい値