JavaTM 2
Platform
Std. Ed. v1.4.0
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z _

S

S - class javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
S_RESIZE_CURSOR - class java.awt.Frame の static 変数
推奨されていません。 Cursor.S_RESIZE_CURSOR で置き換えられています。
S_RESIZE_CURSOR - class java.awt.Cursor の static 変数
南方向サイズ変更のカーソルタイプです。
SADDLE_STITCH - class javax.print.attribute.standard.Finishings の static 変数
中央の折り目に沿って、1 つ以上のステープル (針金とじ) を使用してドキュメントを製本します。
sameFile(URL) - class java.net.URL のメソッド
フラグメントコンポーネント以外の 2 つの URL を比較します。
sameFile(URL, URL) - class java.net.URLStreamHandler のメソッド
2 つの URL を比較して、同じファイルを参照するかどうか、つまり、同じプロトコル、ホスト、ポート、およびパスを持っているかどうかを調べます。
SAMP - class javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
SAMPLE_RATE - class javax.sound.sampled.FloatControl.Type の static 変数
オーディオ再生のサンプルレートを変更するコントロールを表します。
sampleModel - class java.awt.image.Raster の変数
この Raster のピクセルが DataBuffer に格納される方法を記述する SampleModel です。
sampleModel - class javax.imageio.ImageTypeSpecifier の変数
プロトタイプとして使用する SampleModel です。
SampleModel - class java.awt.image.SampleModel.
この抽象クラスは、イメージにあるピクセルのサンプルを抽出するインタフェースを定義します。
SampleModel(int, int, int, int) - class java.awt.image.SampleModel のコンストラクタ
指定されたパラメータを使って SampleModel を構築します。
sampleModelTranslateX - class java.awt.image.Raster の変数
Raster の SampleModel の座標空間から Raster の座標空間への X 変換です。
sampleModelTranslateY - class java.awt.image.Raster の変数
Raster の SampleModel の座標空間から Raster の座標空間への Y 変換です。
sampleRate - class javax.sound.sampled.AudioFormat の変数
この形式をもつサウンドの、1 秒当たりに再生または録音されたサンプル数
sampleSizeInBits - class javax.sound.sampled.AudioFormat の変数
この形式をもつサウンドの各サンプルのビット数
SATURDAY - class java.util.Calendar の static 変数
土曜日を示す DAY_OF_WEEK フィールドの値です。
SAVE - class java.awt.FileDialog の static 変数
この定数値は、ファイルダイアログウィンドウの目的が書き込み用ファイルの検索であることを示します。
SAVE_DIALOG - class javax.swing.JFileChooser の static 変数
JFileChooser がファイル保存操作をサポートすることを示すダイアログタイプの値です。
SAVE_FILE - class java.awt.Event の static 変数
ファイル保存イベントです。
save(ObjectOutputStream, String, EventListener) - class java.awt.AWTEventMulticaster の static メソッド
 
save(OutputStream, String) - class java.util.Properties のメソッド
推奨されていません。 このメソッドは、プロパティリストの保存中に入出力エラーが発生しても IOException をスローしません。Java 2 プラットフォーム v1.2 以降では、プロパティリストの保存方法としては、store(OutputStream out, String header) メソッドの使用が推奨されます。
saveButtonMnemonic - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
saveButtonText - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
saveButtonToolTipText - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
saveInternal(ObjectOutputStream, String) - class java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
 
Savepoint - interface java.sql.Savepoint.
Connection.rollback メソッドから参照される現在のトランザクション内のポイントであるセーブポイントの表現です。
SAXException - exception org.xml.sax.SAXException.
SAX の一般的なエラーまたは警告をカプセル化します。
SAXException(Exception) - class org.xml.sax.SAXException のコンストラクタ
既存の例外をラップする新しい SAXException を作成します。
SAXException(String) - class org.xml.sax.SAXException のコンストラクタ
新しい SAXException を作成します。
SAXException(String, Exception) - class org.xml.sax.SAXException のコンストラクタ
既存の例外から新しい SAXException を作成します。
SAXNotRecognizedException - exception org.xml.sax.SAXNotRecognizedException.
認識されない識別子のための例外クラスです。
SAXNotRecognizedException(String) - class org.xml.sax.SAXNotRecognizedException のコンストラクタ
所定のメッセージを持つ新しい例外を構築します。
SAXNotSupportedException - exception org.xml.sax.SAXNotSupportedException.
サポート対象外の操作のための例外クラスです。
SAXNotSupportedException(String) - class org.xml.sax.SAXNotSupportedException のコンストラクタ
所定のメッセージを持つ新しい例外を構築します。
SAXParseException - exception org.xml.sax.SAXParseException.
XML 構文解析エラーまたは警告をカプセル化します。
SAXParseException(String, Locator) - class org.xml.sax.SAXParseException のコンストラクタ
メッセージと Locator から新しい SAXParseException を生成します。
SAXParseException(String, Locator, Exception) - class org.xml.sax.SAXParseException のコンストラクタ
既存の例外を SAXParseException にラップします。
SAXParseException(String, String, String, int, int) - class org.xml.sax.SAXParseException のコンストラクタ
新しい SAXParseException を生成します。
SAXParseException(String, String, String, int, int, Exception) - class org.xml.sax.SAXParseException のコンストラクタ
組み込み例外を使って新しい SAXParseException を生成します。
SAXParser - class javax.xml.parsers.SAXParser.
XMLReader 実装クラスをラップする API を定義します。
SAXParser() - class javax.xml.parsers.SAXParser のコンストラクタ
 
SAXParserFactory - class javax.xml.parsers.SAXParserFactory.
アプリケーションが SAX ベースのパーサを構成および取得して XML ドキュメントを構文解析できるようにするファクトリ API を定義します。
SAXParserFactory() - class javax.xml.parsers.SAXParserFactory のコンストラクタ
 
SAXResult - class javax.xml.transform.sax.SAXResult.
変換 Result のホルダーとして動作します。
SAXResult() - class javax.xml.transform.sax.SAXResult のコンストラクタ
引数なしのデフォルトのコンストラクタです。
SAXResult(ContentHandler) - class javax.xml.transform.sax.SAXResult のコンストラクタ
SAX2 ContentHandler をターゲットとする SAXResult を作成します。
SAXSource - class javax.xml.transform.sax.SAXSource.
SAX スタイルの Source のホルダーとして動作します。
SAXSource() - class javax.xml.transform.sax.SAXSource のコンストラクタ
引数なしのデフォルトのコンストラクタです。
SAXSource(InputSource) - class javax.xml.transform.sax.SAXSource のコンストラクタ
SAX InputSource を使用して SAXSource を作成します。
SAXSource(XMLReader, InputSource) - class javax.xml.transform.sax.SAXSource のコンストラクタ
XMLReader と SAX InputSource を使用して SAXSource を作成します。
SAXTransformerFactory - class javax.xml.transform.sax.SAXTransformerFactory.
このクラスは、TransformerFactory を拡張して SAX 固有のファクトリメソッドを提供します。
SAXTransformerFactory() - class javax.xml.transform.sax.SAXTransformerFactory のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタが意図的に保護されます。
SC_BLOCK_DATA - interface java.io.ObjectStreamConstants の static 変数
ObejctStreamClass フラグのビットマスクです。
SC_EXTERNALIZABLE - interface java.io.ObjectStreamConstants の static 変数
ObjectStreamClass フラグのビットマスクです。
SC_SERIALIZABLE - interface java.io.ObjectStreamConstants の static 変数
ObjectStreamClass フラグのビットマスクです。
SC_WRITE_METHOD - interface java.io.ObjectStreamConstants の static 変数
ObjectStreamClass フラグのビットマスクです。
SCALE_AREA_AVERAGING - class java.awt.Image の static 変数
Area Averaging イメージスケーリングアルゴリズムを使用します。
SCALE_DEFAULT - class java.awt.Image の static 変数
デフォルトのイメージスケーリングアルゴリズムを使用します。
SCALE_FAST - class java.awt.Image の static 変数
スケーリング後のイメージの滑らかさよりもスケーリング速度に高い優先順位を与えるイメージスケーリングアルゴリズムを選択します。
SCALE_REPLICATE - class java.awt.Image の static 変数
ReplicateScaleFilter クラスで具体化されたイメージスケーリングアルゴリズムを使用します。
SCALE_SMOOTH - class java.awt.Image の static 変数
スケーリング速度よりもイメージの滑らかさに高い優先順位を与えるイメージスケーリングアルゴリズムを選択します。
scale() - class java.math.BigDecimal のメソッド
この BigDecimal の「スケール」を返します。
scale(double, double) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
現在の Graphics2D Transform をスケーリング変換と連結します。
scale(double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換をスケーリング変換に連結します。
scanForPlugins() - class javax.imageio.ImageIO の static メソッド
アプリケーションのクラスパスにあるプラグインを走査して、サービスプロバイダクラスをロードし、IIORegistry で検出されたインスタンスごとにサービスプロバイダインスタンスを登録します。
scanlineStride - class java.awt.image.ComponentSampleModel の変数
この ComponentSampleModel で記述されるイメージデータ領域 (データ配列要素) の走査線ストライドです。
ScatteringByteChannel - interface java.nio.channels.ScatteringByteChannel.
バッファシーケンスにバイトを読み込むことができるチャネルです。
schedule(TimerTask, Date) - class java.util.Timer のメソッド
指定した時間に指定したタスクが実行されるようスケジュールします。
schedule(TimerTask, Date, long) - class java.util.Timer のメソッド
指定したタスクが、指定した時間に開始され、「固定遅延実行」を繰り返すようにスケジュールします。
schedule(TimerTask, long) - class java.util.Timer のメソッド
指定した遅延のあとに、指定したタスクが実行されるようスケジュールします。
schedule(TimerTask, long, long) - class java.util.Timer のメソッド
指定したタスクが、指定した遅延のあとに開始され、「固定遅延実行」を繰り返すようにスケジュールします。
scheduleAtFixedRate(TimerTask, Date, long) - class java.util.Timer のメソッド
指定したタスクが、指定した時間に開始され、「固定頻度実行」を繰り返すようにスケジュールします。
scheduleAtFixedRate(TimerTask, long, long) - class java.util.Timer のメソッド
指定したタスクが、指定した遅延のあとに開始され、「固定頻度実行」を繰り返すようにスケジュールします。
scheduledExecutionTime() - class java.util.TimerTask のメソッド
このタスクを最近「実際に」実行するように「スケジュールされた」実行時間を返します (このメソッドがタスクの実行中に呼び出された場合、戻り値は進行中のタスク実行のスケジュールされた実行時間になります)。
SchemaViolationException - exception javax.naming.directory.SchemaViolationException.
この例外は、メソッドが何らかの形でスキーマに違反した場合にスローされます。
SchemaViolationException() - class javax.naming.directory.SchemaViolationException のコンストラクタ
SchemaViolationException の新しいインスタンスを構築します。
SchemaViolationException(String) - class javax.naming.directory.SchemaViolationException のコンストラクタ
指定された説明を使用して、SchemaViolationException のインスタンスを新しく構築します。
SCRIPT - class javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
SCROLL_ABSOLUTE - class java.awt.Event の static 変数
ユーザがスクロールバーのバブル (サム) を、最後の位置からのオフセットにではなく、「絶対」位置に移動しました。
SCROLL_BAR - class javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
通常、ユーザが大量のデータを少しずつ表示できるように使用するオブジェクトです。
SCROLL_BEGIN - class java.awt.Event の static 変数
スクロール開始イベントです。
SCROLL_DOWN - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup の static 変数
 
SCROLL_END - class java.awt.Event の static 変数
スクロール終了イベントです。
SCROLL_LINE_DOWN - class java.awt.Event の static 変数
ユーザがスクロールバーの「ラインダウン」領域を起動しました。
SCROLL_LINE_UP - class java.awt.Event の static 変数
ユーザがスクロールバーの「ラインアップ」領域を起動しました。
SCROLL_LOCK - class java.awt.Event の static 変数
Scroll Lock キーです。
SCROLL_PAGE_DOWN - class java.awt.Event の static 変数
ユーザがスクロールバーの「ページダウン」領域を起動しました。
SCROLL_PAGE_UP - class java.awt.Event の static 変数
ユーザがスクロールバーの「ページアップ」領域を起動しました。
SCROLL_PANE - class javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
ユーザが大量の情報を少しずつ表示できるようにするオブジェクトです。
SCROLL_TAB_LAYOUT - class javax.swing.JTabbedPane の static 変数
すべてのタブが単一のランに収まらない場合、スクロール可能なタブの領域を提供するタブレイアウトポリシーです。
SCROLL_UP - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup の static 変数
 
Scrollable - interface javax.swing.Scrollable.
JScrollPane などのスクロールコンテナに情報を提供するインタフェースです。
scrollbar - class java.awt.SystemColor の static 変数
スクロールバーのバックグラウンドで描画されるカラーです。
scrollbar - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI の変数
 
scrollBar - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.ComponentHandler の変数
調節されている ScrollBar です。
Scrollbar - class java.awt.Scrollbar.
Scrollbar クラスは、よく使用されるユーザインタフェースオブジェクトであるスクロールバーを実現します。
SCROLLBAR - class java.awt.SystemColor の static 変数
scrollbar システムカラーの配列インデックスです。
Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar - class java.awt.Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar.
このクラスは Scrollbar クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar() - class java.awt.Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar のコンストラクタ
 
Scrollbar() - class java.awt.Scrollbar のコンストラクタ
新しい垂直スクロールバーを構築します。
Scrollbar(int) - class java.awt.Scrollbar のコンストラクタ
指定された方向の新しいスクロールバーを構築します。
Scrollbar(int, int, int, int, int) - class java.awt.Scrollbar のコンストラクタ
指定された方向、初期値、可視量、最小値、および最大値を持つ新しいスクロールバーを構築します。
SCROLLBARS_ALWAYS - class java.awt.ScrollPane の static 変数
スクロールペインと子の大きさにかかわらず、常に水平/垂直スクロールバーを表示することを示します。
SCROLLBARS_AS_NEEDED - class java.awt.ScrollPane の static 変数
子の大きさがスクロールペインの水平/垂直方向の大きさを超えるときにだけ、水平/垂直スクロールバーを表示することを示します。
SCROLLBARS_BOTH - class java.awt.TextArea の static 変数
水平と垂直スクロールバーを作成し、表示します。
SCROLLBARS_HORIZONTAL_ONLY - class java.awt.TextArea の static 変数
水平スクロールバーだけを作成し、表示します。
SCROLLBARS_NEVER - class java.awt.ScrollPane の static 変数
スクロールペインと子の大きさにかかわらず、常に水平/垂直スクロールバーを表示しないことを示します。
SCROLLBARS_NONE - class java.awt.TextArea の static 変数
このテキスト領域のどのスクロールバーも作成しません。
SCROLLBARS_VERTICAL_ONLY - class java.awt.TextArea の static 変数
垂直スクロールバーだけを作成し、表示します。
ScrollBarUI - class javax.swing.plaf.ScrollBarUI.
JScrollBar 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
ScrollBarUI() - class javax.swing.plaf.ScrollBarUI のコンストラクタ
 
scrollBarWidth - class javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI の変数
 
scrollByBlock(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
scrollByBlock(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
scrollByUnit(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
scrollByUnit(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
scrollDirection - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup の変数
 
scrollDueToClickInTrack(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
サムではなくトラックで mousePressed が検出されたときに呼び出されます。
scrollDueToClickInTrack(int) - class javax.swing.plaf.metal.MetalSliderUI のメソッド
 
scroller - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup の変数
この protected フィールドは、実装固有のものです。
SCROLLING - class javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
scrollListener - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
scrollListener - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI の変数
 
scrollpane - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI の変数
 
ScrollPane - class java.awt.ScrollPane.
1 つの子コンポーネントに対して、自動水平または垂直スクロールあるいはその両方を実装するコンテナクラスです。
ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane - class java.awt.ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane.
このクラスは ScrollbarPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane() - class java.awt.ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane のコンストラクタ
 
ScrollPane() - class java.awt.ScrollPane のコンストラクタ
スクロールバー表示ポリシーが "as needed" である新しいスクロールペインコンテナを作成します。
ScrollPane(int) - class java.awt.ScrollPane のコンストラクタ
新しいスクロールペインコンテナを作成します。
ScrollPaneAdjustable - class java.awt.ScrollPaneAdjustable.
このクラスは ScrollPane の水平および垂直スクロールバーの状態を表します。
ScrollPaneConstants - interface javax.swing.ScrollPaneConstants.
JScrollPane コンポーネントとともに使われる定数です。
ScrollPaneLayout - class javax.swing.ScrollPaneLayout.
JScrollPane が使用するレイアウトマネージャです。
ScrollPaneLayout.UIResource - class javax.swing.ScrollPaneLayout.UIResource.
ScrollPaneLayout の UI リソースバージョンです。
ScrollPaneLayout.UIResource() - class javax.swing.ScrollPaneLayout.UIResource のコンストラクタ
 
ScrollPaneLayout() - class javax.swing.ScrollPaneLayout のコンストラクタ
 
ScrollPaneUI - class javax.swing.plaf.ScrollPaneUI.
JScrollPane 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
ScrollPaneUI() - class javax.swing.plaf.ScrollPaneUI のコンストラクタ
 
scrollPathToVisible(TreePath) - class javax.swing.JTree のメソッド
パスにあるすべてのパスコンポーネント (最後のパスコンポーネントは除く) を展開し、パスによって指定されるノードが表示されるようにスクロールします。
scrollRectToVisible(Rectangle) - class javax.swing.JViewport のメソッド
ビュー内の Rectangle が可視になるようにビューをスクロールします。
scrollRectToVisible(Rectangle) - class javax.swing.JTextField のメソッド
フィールドを左または右にスクロールします。
scrollRectToVisible(Rectangle) - class javax.swing.JComponent のメソッド
scrollRectToVisible() メッセージを JComponent の親に転送します。
scrollRowToVisible(int) - class javax.swing.JTree のメソッド
行によって識別される項目を表示されるまでスクロールします。
SCROLLS_ON_EXPAND_PROPERTY - class javax.swing.JTree の static 変数
scrollsOnExpand のバウンドプロパティ名です。
scrollsOnExpand - class javax.swing.JTree の変数
true の場合、ノードが展開されると、そのすべての下位ノードが可視になるようにスクロールされます。
scrollTimer - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
scrollTimer - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI の変数
 
scrollToReference(String) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
指定された参照位置 (表示されている URL に対する URL.getRef メソッドによって返される値) までビューをスクロールします。
scrollUnderway - class javax.swing.JViewport の変数
scrollUnderway フラグは、JList などのコンポーネントで使用されます。
SDATA - interface javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
SE_RESIZE_CURSOR - class java.awt.Frame の static 変数
推奨されていません。 Cursor.SE_RESIZE_CURSOR で置き換えられています。
SE_RESIZE_CURSOR - class java.awt.Cursor の static 変数
南東方向サイズ変更のカーソルタイプです。
SEALED - class java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
シーリングに使用される Sealed マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
SealedObject - class javax.crypto.SealedObject.
このクラスにより、プログラマはオブジェクトを作成し、暗号化アルゴリズムを使用してその機密を保護することができます。
SealedObject(SealedObject) - class javax.crypto.SealedObject のコンストラクタ
渡された SealedObject オブジェクトから SealedObject オブジェクトを構築します。
SealedObject(Serializable, Cipher) - class javax.crypto.SealedObject のコンストラクタ
任意の Serializable オブジェクトから SealedObject を構築します。
search(Name, Attributes) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(Name, Attributes) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
指定された属性のセットを含むオブジェクトを単一コンテキストで検索します。
search(Name, Attributes, String[]) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(Name, Attributes, String[]) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
指定された属性のセットを含むオブジェクトを単一コンテキストで検索し、選択した属性を取得します。
search(Name, String, Object[], SearchControls) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(Name, String, Object[], SearchControls) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
名前付きコンテキストまたは指定されたオブジェクトで、指定された検索フィルタを満たすエントリを検索します。
search(Name, String, SearchControls) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(Name, String, SearchControls) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
名前付きコンテキストまたは指定されたオブジェクトで、指定された検索フィルタを満たすエントリを検索します。
search(Object) - class java.util.Stack のメソッド
このスタックにあるオブジェクトの位置を 1 から始まるインデックスで返します。
search(String, Attributes) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(String, Attributes) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
指定された属性のセットを含むオブジェクトを単一コンテキストで検索します。
search(String, Attributes, String[]) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(String, Attributes, String[]) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
指定された属性のセットを含むオブジェクトを単一コンテキストで検索し、選択した属性を取得します。
search(String, String, Object[], SearchControls) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(String, String, Object[], SearchControls) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
名前付きコンテキストまたは指定されたオブジェクトで、指定された検索フィルタを満たすエントリを検索します。
search(String, String, SearchControls) - class javax.naming.directory.InitialDirContext のメソッド
 
search(String, String, SearchControls) - interface javax.naming.directory.DirContext のメソッド
名前付きコンテキストまたは指定されたオブジェクトで、指定された検索フィルタを満たすエントリを検索します。
SearchControls - class javax.naming.directory.SearchControls.
このクラスは、検索の範囲を決定する要因、および検索の結果として返されたものをカプセル化します。
SearchControls() - class javax.naming.directory.SearchControls のコンストラクタ
デフォルトを使用して検索条件を構築します。
SearchControls(int, long, int, String[], boolean, boolean) - class javax.naming.directory.SearchControls のコンストラクタ
引数を使用して検索条件を構築します。
SearchResult - class javax.naming.directory.SearchResult.
このクラスは、DirContext.search() メソッドの結果として返された NamingEnumeration の項目を表します。
SearchResult(String, Object, Attributes) - class javax.naming.directory.SearchResult のコンストラクタ
結果の名前、結果がバインドされるオブジェクト、および結果の属性を使用して、検索結果を構築します。
SearchResult(String, Object, Attributes, boolean) - class javax.naming.directory.SearchResult のコンストラクタ
結果の名前、結果がバインドされるオブジェクト、結果の属性を使用し、名前が相対的かどうかを判断して、検索結果を構築します。
SearchResult(String, String, Object, Attributes) - class javax.naming.directory.SearchResult のコンストラクタ
結果の名前、結果のクラス名、結果がバインドされるオブジェクト、および結果の属性を使用して、検索結果を構築します。
SearchResult(String, String, Object, Attributes, boolean) - class javax.naming.directory.SearchResult のコンストラクタ
結果の名前、結果のクラス名、結果がバインドされるオブジェクト、結果の属性を使用し、名前が相対的かどうかを判断して、検索結果を構築します。
SECOND - class java.text.DateFormat.Field の static 変数
秒のフィールドを識別する定数です。
SECOND - class java.util.Calendar の static 変数
get および set のためのフィールド値で、秒を示します。
SECOND_FIELD - class java.text.DateFormat の static 変数
SECOND フィールドの位置合わせのための定数です。
SECONDARY - class java.text.Collator の static 変数
Collator の強さを示す値です。
secondaryOrder(int) - class java.text.CollationElementIterator の static メソッド
照合要素の第 2 成分を返します。
SECRET_KEY - class javax.crypto.Cipher の static 変数
ラップ解除される鍵が「秘密鍵」であることを示すのに使用する定数です。
SecretKey - interface javax.crypto.SecretKey.
秘密 (対称) 鍵。
SecretKeyFactory - class javax.crypto.SecretKeyFactory.
このクラスは、秘密鍵のファクトリを表します。
SecretKeyFactory(SecretKeyFactorySpi, Provider, String) - class javax.crypto.SecretKeyFactory のコンストラクタ
SecretKeyFactory オブジェクトを作成します。
SecretKeyFactorySpi - class javax.crypto.SecretKeyFactorySpi.
このクラスは、SecretKeyFactory クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
SecretKeyFactorySpi() - class javax.crypto.SecretKeyFactorySpi のコンストラクタ
 
SecretKeySpec - class javax.crypto.spec.SecretKeySpec.
プロバイダに依存しない形式で秘密鍵を指定します。
SecretKeySpec(byte[], int, int, String) - class javax.crypto.spec.SecretKeySpec のコンストラクタ
offset から始まる key の最初の len バイトを使用して、指定されたバイト配列から秘密鍵を構築します。
SecretKeySpec(byte[], String) - class javax.crypto.spec.SecretKeySpec のコンストラクタ
指定されたバイト配列から秘密鍵を構築します。
SectionElementName - class javax.swing.text.AbstractDocument の static 変数
行、段落などのセクションを示す要素の名前です。
SecureClassLoader - class java.security.SecureClassLoader.
このクラスは、デフォルトでシステムポリシーによって抽出される関連したコードソースとアクセス権を持つクラスを定義するための追加サポートを使用して、ClassLoader を拡張します。
SecureClassLoader() - class java.security.SecureClassLoader のコンストラクタ
委譲のためにデフォルトの親クラスローダを使って、新規 SecureClassLoader を作成します。
SecureClassLoader(ClassLoader) - class java.security.SecureClassLoader のコンストラクタ
委譲のために指定された親クラスローダを使って、新規 SecureClassLoader を作成します。
SecureRandom - class java.security.SecureRandom.
このクラスでは、暗号用に強化した疑似乱数ジェネレータ (PRNG) を提供します。
SecureRandom() - class java.security.SecureRandom のコンストラクタ
このコンストラクタを使うと、呼び出し側は、実装された SecureRandom を持っているインストール済みの中でも、もっとも優先度の高いプロバイダから、SecureRandom オブジェクトとその実装コードを取得できます。
SecureRandom(byte[]) - class java.security.SecureRandom のコンストラクタ
このコンストラクタを使うと、呼び出し側は、実装された SecureRandom を持っている、インストール済みの中でもっとも優先度の高いプロバイダから、SecureRandom オブジェクトとその実装コードを取得できます。
SecureRandom(SecureRandomSpi, Provider) - class java.security.SecureRandom のコンストラクタ
SecureRandom オブジェクトを作成します。
SecureRandomSpi - class java.security.SecureRandomSpi.
このクラスは SecureRandom クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
SecureRandomSpi() - class java.security.SecureRandomSpi のコンストラクタ
 
Security - class java.security.Security.
このクラスは、すべてのセキュリティプロパティ、および共通のセキュリティメソッドを集中管理します。
SECURITY_AUTHENTICATION - interface javax.naming.Context の static 変数
使用するセキュリティレベルを指定するための、環境プロパティの名前を保持する定数です。
SECURITY_CREDENTIALS - interface javax.naming.Context の static 変数
サービスに対する呼び出し側を認証する主体の資格を指定するための、環境プロパティの名前を保持する定数です。
SECURITY_PRINCIPAL - interface javax.naming.Context の static 変数
サービスに対する呼び出し側を認証する主体の識別情報を指定するための、環境プロパティの名前を保持する定数です。
SECURITY_PROTOCOL - interface javax.naming.Context の static 変数
使用するセキュリティプロトコルを指定するための、環境プロパティの名前を保持する定数です。
SecurityException - exception java.lang.SecurityException.
セキュリティマネージャによってスローされ、セキュリティ違反を示します。
SecurityException() - class java.lang.SecurityException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで SecurityException を構築します。
SecurityException(String) - class java.lang.SecurityException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ SecurityException を構築します。
SecurityManager - class java.lang.SecurityManager.
セキュリティマネージャは、アプリケーションでセキュリティポリシーを実装できるようにするクラスです。
SecurityManager() - class java.lang.SecurityManager のコンストラクタ
新しい SecurityManager を構築します。
SecurityPermission - class java.security.SecurityPermission.
このクラスはセキュリティアクセス権のために用意されています。
SecurityPermission(String) - class java.security.SecurityPermission のコンストラクタ
新しい SecurityPermission を指定された名前で作成します。
SecurityPermission(String, String) - class java.security.SecurityPermission のコンストラクタ
新しい SecurityPermission オブジェクトを、指定された名前で作成します。
seek(int) - interface org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
内部ポインタを指定したインデックスに移動します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - class org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(int) - interface org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
現在位置を index に設定します。
seek(long) - class java.io.RandomAccessFile のメソッド
このファイルの先頭を始点として、ファイルポインタのオフセットを設定します。
seek(long) - class javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
 
seek(long) - interface javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
現在のストリーム位置を目的の位置に設定します。
seek(long) - class javax.imageio.stream.FileImageOutputStream のメソッド
現在のストリーム位置を設定してビットオフセットを 0 にリセットします。
seek(long) - class javax.imageio.stream.FileImageInputStream のメソッド
 
seek(long) - class javax.imageio.stream.FileCacheImageOutputStream のメソッド
現在のストリーム位置を設定してビットオフセットを 0 にリセットします。
seekForwardOnly - class javax.imageio.ImageReader の変数
現在の入力ソースが、setInput による順方向検索だけが可能となるように指定されている場合は true です。
SEG_CLOSE - interface java.awt.geom.PathIterator の static 変数
先行するサブパスがもっとも新しい SEG_MOVETO に対応する点までのラインセグメントを追加することで閉じられなければならないことを指定するセグメント型定数です。
SEG_CUBICTO - interface java.awt.geom.PathIterator の static 変数
もっとも新しく指定された点から描画される 3 次パラメトリック曲線を指定する 3 つの点のセットのセグメント型定数です。
SEG_LINETO - interface java.awt.geom.PathIterator の static 変数
もっとも新しく指定された点から描画されるラインの終点を指定する点のセグメント型定数です。
SEG_MOVETO - interface java.awt.geom.PathIterator の static 変数
新しいサブパスの開始位置を指定する点のセグメント型定数です。
SEG_QUADTO - interface java.awt.geom.PathIterator の static 変数
もっとも新しく指定された点から描画される 2 次パラメトリック曲線を指定する点のペアのセグメント型定数です。
Segment - class javax.swing.text.Segment.
テキストのフラグメントを表す文字配列のセグメントです。
Segment() - class javax.swing.text.Segment のコンストラクタ
新しいセグメントを作成します。
Segment(char[], int, int) - class javax.swing.text.Segment のコンストラクタ
既存の配列を参照する新しいセグメントを作成します。
SELECT - class javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
select() - class java.nio.channels.Selector のメソッド
入出力操作の実行が可能な対応するチャネルを持つキーセットを選択します。
select(int) - class java.awt.List のメソッド
スクロールリストの指定されたインデックスにある項目を選択します。
select(int) - class java.awt.Choice のメソッド
この Choice メニューの選択項目を、指定された位置にある項目に設定します。
select(int, int) - class java.awt.TextComponent のメソッド
指定された始点と終点の間にあるテキストを選択します。
select(int, int) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
指定された始点と終点の間にあるテキストを選択します。
select(long) - class java.nio.channels.Selector のメソッド
入出力操作の実行が可能な対応するチャネルを持つキーセットを選択します。
select(String) - class java.awt.Choice のメソッド
この Choice メニューの選択項目を、指定された文字列と名前が同じ項目に設定します。
SELECTABLE - class javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクトの親の子は選択可能であり、このオブジェクトが実際に選択されている子の 1 つであることを示します。
SelectableChannel - class java.nio.channels.SelectableChannel.
Selector 経由で多重化できるチャネルです。
SelectableChannel() - class java.nio.channels.SelectableChannel のコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
selectAdjacentRunTab(int, int, int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
selectAll() - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネント内のすべてのテキストを選択します。
selectAll() - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルのすべての行、列、およびセルを選択します。
selectAll() - interface javax.swing.ComboBoxEditor のメソッド
エディタに編集の開始とすべての選択を要求します。
selectAll() - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxEditor のメソッド
 
selectAll() - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
TextComponent 内のすべてのテキストを選択します。
selectAllAccessibleSelection() - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクトが複数の選択範囲をサポートしている場合、オブジェクトのすべての子が選択されるようにします。
selectAllAccessibleSelection() - class java.awt.List.AccessibleAWTList のメソッド
オブジェクトが複数の選択をサポートする場合は、オブジェクト内の選択されている各項目が選択されるようにします。
selectAllAccessibleSelection() - interface javax.accessibility.AccessibleSelection のメソッド
オブジェクトが複数の選択範囲をサポートしている場合、オブジェクトのすべての子が選択されるようにします。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree のメソッド
オブジェクトが複数の選択をサポートする場合は、オブジェクト内の選択されている各項目が選択されるようにします。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
オブジェクトが複数の選択をサポートする場合は、オブジェクト内の選択されている各項目が選択されるようにします。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
オブジェクト内のすべての子を選択状態にします。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JComboBox.AccessibleJComboBox のメソッド
オブジェクトが複数の選択範囲をサポートしている場合、オブジェクトのすべての子を選択します。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JList.AccessibleJList のメソッド
オブジェクトが複数の選択をサポートする場合は、オブジェクト内の選択されている各項目が選択されるようにします。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JMenu.AccessibleJMenu のメソッド
通常は、オブジェクトが複数項目の選択をサポートしている場合にオブジェクトの選択済みの各項目を選択します。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JMenuBar.AccessibleJMenuBar のメソッド
通常は、オブジェクトが複数項目の選択をサポートしている場合にオブジェクトの選択済みの各項目を選択します。
selectAllAccessibleSelection() - class javax.swing.JTabbedPane.AccessibleJTabbedPane のメソッド
 
selectAllAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
ドキュメントの全体を選択する処理の名前です。
selectBestTextFlavor(DataFlavor[]) - class java.awt.datatransfer.DataFlavor の static メソッド
DataFlavor の配列から最適なテキスト DataFlavor を選択します。
selectColor - class javax.swing.plaf.metal.MetalToggleButtonUI の変数
 
selectColor - class javax.swing.plaf.metal.MetalRadioButtonUI の変数
 
selectColor - class javax.swing.plaf.metal.MetalButtonUI の変数
 
selectColor - class javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI の変数
 
selectContent(AttributeSet) - class javax.swing.text.html.HTMLWriter のメソッド
フォーム要素の SELECT のコンテンツを書き出します。
selected - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer の変数
現在選択されている値です。
SELECTED - class java.awt.event.ItemEvent の static 変数
この状態変更値は、項目の選択を示します。
SELECTED - class javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクトの親の子は選択可能であり、このオブジェクトが実際に選択されている子の 1 つであることを示します。
SELECTED - class javax.swing.DefaultButtonModel の static 変数
ボタンが選択されていることを示します。
SELECTED - class javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
SELECTED_CONVERTED_TEXT_HIGHLIGHT - class java.awt.im.InputMethodHighlight の static 変数
選択された変換済みテキストのデフォルトのハイライトの定数です。
SELECTED_FILE_CHANGED_PROPERTY - class javax.swing.JFileChooser の static 変数
ユーザの単一ファイル選択の変更を識別します。
SELECTED_FILES_CHANGED_PROPERTY - class javax.swing.JFileChooser の static 変数
ユーザの複数ファイル選択の変更を識別します。
SELECTED_ICON_CHANGED_PROPERTY - class javax.swing.AbstractButton の static 変数
ボタンが選択されているときに使用されるアイコンの変更を識別します。
SELECTED_RAW_TEXT_HIGHLIGHT - class java.awt.im.InputMethodHighlight の static 変数
選択された未変換テキストのデフォルトのハイライトの定数です。
selectedItemChanged() - class javax.swing.JComboBox のメソッド
この protected メソッドは実装固有のものです。
selectedItemReminder - class javax.swing.JComboBox の変数
この protected フィールドは実装固有のものです。
selectedKeys() - class java.nio.channels.Selector のメソッド
このセレクタの選択されたキーセットを返します。
selectedRun - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI の変数
 
selectedTabPadInsets - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI の変数
 
selectedTextColor - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
selectedTitleColor - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
selectHighlight - class javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI の変数
 
selectInitialValue() - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
初期値を選択するように要求します。
selectInitialValue(JOptionPane) - class javax.swing.plaf.OptionPaneUI のメソッド
デフォルト値を表すコンポーネントがフォーカスを取得するよう要求します。
selectInitialValue(JOptionPane) - class javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
inputComponent が null でない場合、フォーカスはその入力コンポーネントに要求されます。
selectInitialValue(JOptionPane) - class javax.swing.plaf.multi.MultiOptionPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で selectInitialValue メソッドを呼び出します。
selectInputMethod(Locale) - class java.awt.im.InputContext のメソッド
指定されたロケールをサポートするインプットメソッドまたはキーボードの配置を選択しようとするときに、インプットメソッドまたはキーボードの配置が正常に選択されたかどうかを示す値を返します。
selection - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel の変数
現在選択されているパスです。
SELECTION - class java.awt.JobAttributes.DefaultSelectionType の static 変数
現在の選択範囲が印刷されるように指定するための DefaultSelectionType インスタンスです。
SELECTION_MODE_PROPERTY - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel の static 変数
selectionMode のプロパティ名です。
SELECTION_MODEL_PROPERTY - class javax.swing.JTree の static 変数
selectionModel のバウンドプロパティ名です。
SELECTION_MODEL_PROPERTY - class javax.swing.JColorChooser の static 変数
選択モデルプロパティ名です。
SELECTION_VALUES_PROPERTY - class javax.swing.JOptionPane の static 変数
selectionValues のバウンドプロパティ名です。
selectionBackground - class javax.swing.JTable の変数
選択されたセルのバックグラウンドカラーです。
selectionBackground - class javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI の変数
 
selectionBackwardAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを論理的に 1 ポジション後に移動して、選択範囲を延ばす処理の名前です。
selectionBeginAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットをドキュメントの先頭に移動する Action の名前です。
selectionBeginLineAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを行の先頭に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionBeginParagraphAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを段落の先頭に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionBeginWordAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを単語の先頭に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionDownAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを論理的に 1 ポジション下方に移動して、選択範囲を延ばす処理の名前です。
selectionEndAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットをドキュメントの末尾に移動する処理の名前です。
selectionEndLineAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを行の末尾に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionEndParagraphAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを段落の末尾に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionEndWordAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを単語の末尾に移動して、選択範囲を延ばす処理の名前です。
selectionForeground - class javax.swing.JTable の変数
選択されたセルのフォアグラウンドカラーです。
selectionForeground - class javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI の変数
 
selectionForKey(char, ComboBoxModel) - interface javax.swing.JComboBox.KeySelectionManager のメソッド
指定された aKey およびモデルから、選択されるべき行を返します。
selectionForwardAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを論理的に 1 ポジション前に移動して、選択範囲を延ばす処理の名前です。
SelectionKey - class java.nio.channels.SelectionKey.
SelectableChannelSelector に登録されていることを示すトークンです。
SelectionKey() - class java.nio.channels.SelectionKey のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
selectionMode - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel の変数
選択モードは、SINGLE_TREE_SELECTION、CONTIGUOUS_TREE_SELECTION、DISCONTIGUOUS_TREE_SELECTION のどれかになります。
selectionModel - class javax.swing.JTree の変数
このツリー内の選択されたノードのセットをモデル化します。
selectionModel - class javax.swing.JTable の変数
行選択を追跡するのに使う、テーブルの ListSelectionModel です。
selectionModel - class javax.swing.table.DefaultTableColumnModel の変数
列選択の履歴を記録するためのモデルです。
selectionModelChanged - class javax.swing.plaf.basic.BasicListUI の static 変数
 
selectionNextWordAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
選択範囲を次の単語の先頭に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionPreviousWordAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
選択範囲を前の単語の先頭に移動して、選択範囲を延ばす Action の名前です。
selectionRedirector - class javax.swing.JTree の変数
新しいイベントを生成し、それを selectionListeners に渡します。
selectionUpAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットを論理的に 1 ポジション上方に移動して、選択範囲を延ばす処理の名前です。
selectionValues - class javax.swing.JOptionPane の変数
ユーザが選択可能な値の配列です。
selectLineAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットが置かれている行を選択する処理の名前です。
selectNextIndex() - class javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
1 つ前の行を選択して、それを強制的に可視にします。
selectNextPossibleValue() - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
リストから次の項目を選択します。
selectNextTab(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
selectNextTabInRun(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
selectNow() - class java.nio.channels.Selector のメソッド
入出力操作の実行が可能な対応するチャネルを持つキーセットを選択します。
Selector - class java.nio.channels.Selector.
SelectableChannel オブジェクトのマルチプレクサです。
selector() - class java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
作成されたこのキーのセレクタを返します。
Selector() - class java.nio.channels.Selector のコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
SelectorProvider - class java.nio.channels.spi.SelectorProvider.
セレクタおよび選択可能チャネルのサービスプロバイダクラスです。
SelectorProvider() - class java.nio.channels.spi.SelectorProvider のコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
selectParagraphAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットが置かれている段落を選択する処理の名前です。
selectPathForEvent(TreePath, MouseEvent) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
特定の行での MouseEvent に基づいて選択を更新するためにメッセージとして送られます。
selectPreviousIndex() - class javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
1 つ前の行を選択して、それを強制的に可視にします。
selectPreviousPossibleValue() - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
リストから 1 つ前の項目を選択します。
selectPreviousTab(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
selectPreviousTabInRun(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
selectText(int, int) - interface javax.accessibility.AccessibleEditableText のメソッド
2 つのインデックス間のテキストを選択します。
selectText(int, int) - class javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
2 つのインデックス間のテキストを選択します。
selectWithKeyChar(char) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
指定されたキーボードの文字に対応するリスト項目を選択し、その文字に対応する項目がある場合に true を返します。
selectWordAction - class javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
キャレットが置かれている単語を選択する処理の名前です。
send_deferred() - class org.omg.CORBA.Request のメソッド
非同期の要求の呼び出しを行います。
send_exception(ServerRequestInfo) - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInterceptorOperations のメソッド
例外がクライアントにスローされる前に、インタセプタが例外情報を照会したり、応答サービスコンテキストを変更したりできるようにします。
send_multiple_requests_deferred(Request[]) - class org.omg.CORBA.ORB のメソッド
複数の動的 (DII) 要求を非同期的に送ります。
send_multiple_requests_oneway(Request[]) - class org.omg.CORBA.ORB のメソッド
応答を前提とせずに、複数の動的 (DII) 要求を非同期的に送ります。
send_oneway() - class org.omg.CORBA.Request のメソッド
一方向の要求の呼び出しを行います。
send_other(ServerRequestInfo) - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInterceptorOperations のメソッド
要求によって通常の応答または例外以外のものが返されたときに、インタセプタが利用可能な情報を照会できるようにします。
send_poll(ClientRequestInfo) - interface org.omg.PortableInterceptor.ClientRequestInterceptorOperations のメソッド
TII (Time-Independent Invocation) ポーリング取得応答シーケンスの実行時にインタセプタが情報を照会できるようにします。
send_reply(ServerRequestInfo) - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInterceptorOperations のメソッド
ターゲットオペレーションが呼び出されてから応答がクライアントに返されるまで、インタセプタが応答情報を照会したり、応答サービスコンテキストを変更したりできるようにします。
send_request(ClientRequestInfo) - interface org.omg.PortableInterceptor.ClientRequestInterceptorOperations のメソッド
要求がサーバに送信される前に、インタセプタが要求情報を照会したり、サービスコンテキストを変更したりできるようにします。
send(ByteBuffer, SocketAddress) - class java.nio.channels.DatagramChannel のメソッド
このチャネルからデータグラムを送信します。
send(DatagramPacket) - class java.net.DatagramSocketImpl のメソッド
データグラムパケットを送信します。
send(DatagramPacket) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
このソケットからデータグラムパケットを送信します。
send(DatagramPacket, byte) - class java.net.MulticastSocket のメソッド
推奨されていません。 次のコードまたはそれと同等のコードを使用する: ...... int ttl = mcastSocket.getTimeToLive(); mcastSocket.setTimeToLive(newttl); mcastSocket.send(p); mcastSocket.setTimeToLive(ttl); ......
send(MidiMessage, long) - interface javax.sound.midi.Receiver のメソッド
MIDI メッセージおよび時刻表示をこのレシーバに送信します。
sending_exception() - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfoOperations のメソッド
クライアントに返される例外を格納する any を返します。
sendUrgentData(int) - class java.net.SocketImpl のメソッド
ソケット上の 1 バイトの緊急データを送信します。
sendUrgentData(int) - class java.net.Socket のメソッド
ソケット上の 1 バイトの緊急データを送信します。
SENTENCE - interface javax.accessibility.AccessibleText の static 変数
取り出す必要のあるテキストの一部が文であることを示すのに使用する定数です。
SEPARATE_DOCUMENTS_COLLATED_COPIES - class java.awt.JobAttributes.MultipleDocumentHandlingType の static 変数
別々に分けられた照合ドキュメントのジョブを指定するために使う MultipleDocumentHandlingType インスタンスです。
SEPARATE_DOCUMENTS_COLLATED_COPIES - class javax.print.attribute.standard.MultipleDocumentHandling の static 変数
複数ドキュメント、丁合いあり -- 前述の 詳細 を参照
SEPARATE_DOCUMENTS_UNCOLLATED_COPIES - class java.awt.JobAttributes.MultipleDocumentHandlingType の static 変数
別々に分けられた非照合ドキュメントのジョブを指定するために使う MultipleDocumentHandlingType インスタンスです。
SEPARATE_DOCUMENTS_UNCOLLATED_COPIES - class javax.print.attribute.standard.MultipleDocumentHandling の static 変数
複数ドキュメント、丁合いなし -- 前述の 詳細 を参照
separator - class java.io.File の static 変数
システムに依存するデフォルトの名前区切り文字です。
SEPARATOR - class javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
通常、メニューに格納され、視覚的および論理的にメニューの内容を区切るオブジェクトです。
separatorChar - class java.io.File の static 変数
システムに依存するデフォルトの名前区切り文字です。
SeparatorUI - class javax.swing.plaf.SeparatorUI.
JSeparator 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
SeparatorUI() - class javax.swing.plaf.SeparatorUI のコンストラクタ
 
SEPTEMBER - class java.util.Calendar の static 変数
9 番目の月を示す MONTH フィールドの値です。
Sequence - class javax.sound.midi.Sequence.
Sequence は、Sequencer オブジェクトで再生できる音楽情報 (多くは曲全体または編) を含むデータ構造です。
Sequence(float, int) - class javax.sound.midi.Sequence のコンストラクタ
新しい MIDI シーケンスを、指定されたタイミング分割形式およびタイミング解像度で構築します。
Sequence(float, int, int) - class javax.sound.midi.Sequence のコンストラクタ
新しい MIDI シーケンスを、指定されたタイミング分割形式、タイミング解像度、およびトラック数で構築します。
sequenceComplete(ImageReader) - interface javax.imageio.event.IIOReadProgressListener のメソッド
読み込みオペレーションのシーケンスが完了したことを通知します。
SequenceInputStream - class java.io.SequenceInputStream.
ほかの入力ストリームを論理的に連結したものを表します。
SequenceInputStream(Enumeration) - class java.io.SequenceInputStream のコンストラクタ
引数を記憶しておくことにより、新しく作成された SequenceInputStream を初期化します。
SequenceInputStream(InputStream, InputStream) - class java.io.SequenceInputStream のコンストラクタ
2 つの引数を記憶しておくことにより、新しく作成された SequenceInputStream を初期化します。
Sequencer - interface javax.sound.midi.Sequencer.
MIDI sequence を再生するハードウェアデバイスまたはソフトウェアデバイスを、sequencer と言います。
Sequencer.SyncMode - class javax.sound.midi.Sequencer.SyncMode.
SyncMode オブジェクトは、MIDI シーケンサで扱われている時間をマスターまたはスレーブデバイスと同期化する方法の 1 つを表現しています。
Sequencer.SyncMode(String) - class javax.sound.midi.Sequencer.SyncMode のコンストラクタ
同期モードを構築します。
sequenceStarted(ImageReader, int) - interface javax.imageio.event.IIOReadProgressListener のメソッド
読み込みオペレーションのシーケンスが始まることを通知します。
serializable - class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport の変数
直列化可能な BeanContextServceProvider のインスタンスの数です。
Serializable - interface java.io.Serializable.
クラスの直列化可能性は、java.io.Serializable インタフェースを実装したクラスによって有効になります。
SerializablePermission - class java.io.SerializablePermission.
直列化可能アクセス権のためのクラスです。
SerializablePermission(String) - class java.io.SerializablePermission のコンストラクタ
指定された名前を持つ SerializablePermission を新しく作成します。
SerializablePermission(String, String) - class java.io.SerializablePermission のコンストラクタ
指定された名前を持つ SerializablePermission オブジェクトを新しく作成します。
serialize(ObjectOutputStream, Collection) - class java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
コレクションを直列化するために writeObject によって使用されます。
serialVersionUID - interface java.rmi.server.ServerRef の static 変数
JDK 1.1.x バージョンのクラスとの互換性を示します。
serialVersionUID - interface java.rmi.server.RemoteRef の static 変数
JDK 1.1.x バージョンのクラスとの互換性を示します。
serialVersionUID - interface java.security.PublicKey の static 変数
クラスのフィンガープリントを設定して、このクラスの前のバージョンとの互換性を直列化して表示します。
serialVersionUID - interface java.security.PrivateKey の static 変数
クラスのフィンガープリントを設定して、このクラスの前のバージョンとの互換性を直列化して表示します。
serialVersionUID - interface java.security.Key の static 変数
クラスのフィンガープリントを設定して、このクラスの前のバージョンとの互換性を直列化して表示します。
serialVersionUID - interface java.security.interfaces.DSAPublicKey の static 変数
クラスのフィンガープリントを設定して、このクラスの前のバージョンとの互換性を直列化して表示します。
serialVersionUID - interface java.security.interfaces.DSAPrivateKey の static 変数
クラスのフィンガープリントを設定して、このクラスの前のバージョンとの互換性を直列化して表示します。
serialVersionUID - interface javax.naming.directory.Attribute の static 変数
相互運用性のために、JNDI 1.1.1 の serialVersionUID を使用します。
servant - class org.omg.CORBA.portable.ServantObject の変数
実サーバントです。
Servant - class org.omg.PortableServer.Servant.
ネイティブな Servant 型を定義します。
servant_postinvoke(Object, ServantObject) - class org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
servant_postinvoke() は、ローカルサーバントでこのオペレーションが呼び出されたあとで、ローカルスタブによって呼び出されます。
servant_preinvoke(Object, String, Class) - class org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
この要求で使用される必要があるサーバントへの Java 参照を返します。
SERVANT_RETENTION_POLICY_ID - interface org.omg.PortableServer.SERVANT_RETENTION_POLICY_ID.
org/omg/PortableServer/SERVANT_RETENTION_POLICY_ID.java。
servant_to_id(Servant) - interface org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
このオペレーションには、次の 4 つの動作が考えられます。
servant_to_reference(Servant) - interface org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
この POA によってオペレーションがディスパッチされるとき以外にこのオペレーションが呼び出される場合は、RETAIN ポリシーと、UNIQUE_ID または IMPLICIT_ACTIVATION ポリシーのどちらかが必要となります。
Servant() - class org.omg.PortableServer.Servant のコンストラクタ
 
ServantActivator - interface org.omg.PortableServer.ServantActivator.
POA に RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantActivator が使用されます。
ServantActivatorHelper - class org.omg.PortableServer.ServantActivatorHelper.
POA に RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantActivator が使用されます。
ServantActivatorHelper() - class org.omg.PortableServer.ServantActivatorHelper のコンストラクタ
 
ServantActivatorOperations - interface org.omg.PortableServer.ServantActivatorOperations.
POA に RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantActivator が使用されます。
ServantActivatorPOA - class org.omg.PortableServer.ServantActivatorPOA.
POA に RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantActivator が使用されます。
ServantActivatorPOA() - class org.omg.PortableServer.ServantActivatorPOA のコンストラクタ
 
ServantAlreadyActive - exception org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActive.
org/omg/PortableServer/POAPackage/ServantAlreadyActive.java。
ServantAlreadyActive() - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActive のコンストラクタ
 
ServantAlreadyActive(String) - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActive のコンストラクタ
 
ServantAlreadyActiveHelper - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActiveHelper.
org/omg/PortableServer/POAPackage/ServantAlreadyActiveHelper.java。
ServantAlreadyActiveHelper() - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActiveHelper のコンストラクタ
 
ServantLocator - interface org.omg.PortableServer.ServantLocator.
POA に NON_RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantLocator が使用されます。
ServantLocatorHelper - class org.omg.PortableServer.ServantLocatorHelper.
POA に NON_RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantLocator が使用されます。
ServantLocatorHelper() - class org.omg.PortableServer.ServantLocatorHelper のコンストラクタ
 
ServantLocatorOperations - interface org.omg.PortableServer.ServantLocatorOperations.
POA に NON_RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantLocator が使用されます。
ServantLocatorPOA - class org.omg.PortableServer.ServantLocatorPOA.
POA に NON_RETAIN ポリシーが指定されているときは、サーバントマネージャとして ServantLocator が使用されます。
ServantLocatorPOA() - class org.omg.PortableServer.ServantLocatorPOA のコンストラクタ
 
ServantManager - interface org.omg.PortableServer.ServantManager.
サーバントマネージャは、POA が停止中のオブジェクトをターゲットとした要求を受信したときに、必要に応じてオブジェクトを起動できるようにします。
ServantManagerOperations - interface org.omg.PortableServer.ServantManagerOperations.
サーバントマネージャは、POA が停止中のオブジェクトをターゲットとした要求を受信したときに、必要に応じてオブジェクトを起動できるようにします。
ServantNotActive - exception org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActive.
org/omg/PortableServer/POAPackage/ServantNotActive.java。
ServantNotActive() - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActive のコンストラクタ
 
ServantNotActive(String) - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActive のコンストラクタ
 
ServantNotActiveHelper - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActiveHelper.
org/omg/PortableServer/POAPackage/ServantNotActiveHelper.java。
ServantNotActiveHelper() - class org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActiveHelper のコンストラクタ
 
ServantObject - class org.omg.CORBA.portable.ServantObject.
このクラスはローカルスタブ API の一部で、一緒に並べられたクライアントとサーバ (つまり同じ Java VM に常駐しているクライアントとサーバ) への呼び出しに高いパフォーマンスを提供するのが目的です。
ServantObject() - class org.omg.CORBA.portable.ServantObject のコンストラクタ
 
ServantRetentionPolicy - interface org.omg.PortableServer.ServantRetentionPolicy.
このポリシーは、作成された POA がアクティブなサーバントを Active Object Map に保存するかどうかを示します。
ServantRetentionPolicyOperations - interface org.omg.PortableServer.ServantRetentionPolicyOperations.
このポリシーは、作成された POA がアクティブなサーバントを Active Object Map に保存するかどうかを示します。
ServantRetentionPolicyValue - class org.omg.PortableServer.ServantRetentionPolicyValue.
ServantRetentionPolicyValue には、次の値を指定できます。
ServantRetentionPolicyValue(int) - class org.omg.PortableServer.ServantRetentionPolicyValue のコンストラクタ
 
ServerCloneException - exception java.rmi.server.ServerCloneException.
UnicastRemoteObject の複製時にリモート例外が発生した場合にスローされます。
ServerCloneException(String) - class java.rmi.server.ServerCloneException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ServerCloneException を構築します。
ServerCloneException(String, Exception) - class java.rmi.server.ServerCloneException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つ ServerCloneException を構築します。
ServerError - exception java.rmi.ServerError.
ServerError は、リモートメソッド呼び出しの結果としてスローされます。
ServerError(String, Error) - class java.rmi.ServerError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子のエラーを持つ ServerError を構築します。
ServerException - exception java.rmi.ServerException.
ServerException は、リモートメソッド呼び出しの結果としてスローされます。
ServerException(String) - class java.rmi.ServerException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ServerException を構築します。
ServerException(String, Exception) - class java.rmi.ServerException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つ ServerException を構築します。
ServerNotActiveException - exception java.rmi.server.ServerNotActiveException.
RemoteServer.getClientHost の呼び出し中に、その getClientHost メソッドがリモートメソッド呼び出しの対応範囲の外側で呼び出された場合にスローされる Exception です。
ServerNotActiveException() - class java.rmi.server.ServerNotActiveException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ServerNotActiveException を構築します。
ServerNotActiveException(String) - class java.rmi.server.ServerNotActiveException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ServerNotActiveException を構築します。
ServerRef - interface java.rmi.server.ServerRef.
リモートオブジェクトの実装のサーバ側のハンドルを表します。
ServerRequest - class org.omg.CORBA.ServerRequest.
Dynamic Skeleton Interface (DSI) の明示的な状態を取り込むオブジェクトです。
ServerRequest() - class org.omg.CORBA.ServerRequest のコンストラクタ
 
ServerRequestInfo - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfo.
サーバ側の要求インタセプタがアクセスできる要求情報です。
ServerRequestInfoOperations - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfoOperations.
サーバ側の要求インタセプタがアクセスできる要求情報です。
ServerRequestInterceptor - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInterceptor.
サーバ側の要求インタセプタです。
ServerRequestInterceptorOperations - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInterceptorOperations.
サーバ側の要求インタセプタです。
ServerRuntimeException - exception java.rmi.ServerRuntimeException.
推奨されていません。 代替はありません。
ServerRuntimeException(String, Exception) - class java.rmi.ServerRuntimeException のコンストラクタ
推奨されていません。 代替はありません。
ServerSocket - class java.net.ServerSocket.
サーバソケットを実装するクラスです。
ServerSocket() - class java.net.ServerSocket のコンストラクタ
アンバウンドのサーバソケットを作成します。
ServerSocket(int) - class java.net.ServerSocket のコンストラクタ
指定されたポート上にサーバソケットを作成します。
ServerSocket(int, int) - class java.net.ServerSocket のコンストラクタ
サーバソケットを作成し、指定されたバックログで指定されたローカルポート番号にバインドします。
ServerSocket(int, int, InetAddress) - class java.net.ServerSocket のコンストラクタ
指定されたポート、待機するバックログおよびローカル IP アドレスを使用して、サーバを作成します。
ServerSocketChannel - class java.nio.channels.ServerSocketChannel.
ストリーム型リスニングソケット用の選択可能なチャネルです。
ServerSocketChannel(SelectorProvider) - class java.nio.channels.ServerSocketChannel のコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
ServerSocketFactory - class javax.net.ServerSocketFactory.
このクラスは、サーバソケットを作成します。
ServerSocketFactory() - class javax.net.ServerSocketFactory のコンストラクタ
サーバソケットファクトリを作成します。
service_detail - class org.omg.CORBA.ServiceDetail の変数
この ServiceDetail オブジェクトが表す ORB サービスを説明するデータです。
service_detail_type - class org.omg.CORBA.ServiceDetail の変数
この ServiceDetail オブジェクトが表す ORB サービスのタイプです。
service_details - class org.omg.CORBA.ServiceInformation の変数
サービスの詳細を指定する ServiceDetail の配列です。
SERVICE_OFF_LINE - class javax.print.attribute.standard.JobStateReason の static 変数
プリンタがオフラインであり、ジョブを受け付けません。
service_options - class org.omg.CORBA.ServiceInformation の変数
サービスオプションを表す int 配列です。
serviceAvailable(BeanContextServiceAvailableEvent) - class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
BeanContextServicesListener コールバックは、BeanContextService がまだこのサービスを実装していない場合、現在登録されているすべてのリスナーと BeanContextServices の子に対してイベントを伝送します。
serviceAvailable(BeanContextServiceAvailableEvent) - interface java.beans.beancontext.BeanContextServicesListener のメソッド
指定されたサービスが登録されました。
serviceAvailable(BeanContextServiceAvailableEvent) - class java.beans.beancontext.BeanContextChildSupport のメソッド
入れ子になっている BeanContext から新しいサービスを使用できます。
serviceClass - class java.beans.beancontext.BeanContextServiceRevokedEvent の変数
無効になるサービスへの Class 参照です。
serviceClass - class java.beans.beancontext.BeanContextServiceAvailableEvent の変数
新しく使用できるサービスへの Class 参照です。
ServiceContext - class org.omg.IOP.ServiceContext.
要求や応答によって暗黙的に渡されるサービス固有の情報です。
ServiceContext() - class org.omg.IOP.ServiceContext のコンストラクタ
 
ServiceContext(int, byte[]) - class org.omg.IOP.ServiceContext のコンストラクタ
 
ServiceContextHelper - class org.omg.IOP.ServiceContextHelper.
要求や応答によって暗黙的に渡されるサービス固有の情報です。
ServiceContextHelper() - class org.omg.IOP.ServiceContextHelper のコンストラクタ
 
ServiceContextHolder - class org.omg.IOP.ServiceContextHolder.
要求や応答によって暗黙的に渡されるサービス固有の情報です。
ServiceContextHolder() - class org.omg.IOP.ServiceContextHolder のコンストラクタ
 
ServiceContextHolder(ServiceContext) - class org.omg.IOP.ServiceContextHolder のコンストラクタ
 
ServiceContextListHelper - class org.omg.IOP.ServiceContextListHelper.
サービスコンテキストリストを形成するサービスコンテキストの配列です。
ServiceContextListHelper() - class org.omg.IOP.ServiceContextListHelper のコンストラクタ
 
ServiceContextListHolder - class org.omg.IOP.ServiceContextListHolder.
サービスコンテキストリストを形成するサービスコンテキストの配列です。
ServiceContextListHolder() - class org.omg.IOP.ServiceContextListHolder のコンストラクタ
 
ServiceContextListHolder(ServiceContext[]) - class org.omg.IOP.ServiceContextListHolder のコンストラクタ
 
ServiceDetail - class org.omg.CORBA.ServiceDetail.
ORB サービスを表すオブジェクトです。
ServiceDetail() - class org.omg.CORBA.ServiceDetail のコンストラクタ
ORB サービスのタイプ 0 と空の説明により ServiceDetail オブジェクトを構築します。
ServiceDetail(int, byte[]) - class org.omg.CORBA.ServiceDetail のコンストラクタ
指定された ORB サービスタイプと指定された説明により ServiceDetail オブジェクトを構築します。
ServiceDetailHelper - class org.omg.CORBA.ServiceDetailHelper.
 
ServiceDetailHelper() - class org.omg.CORBA.ServiceDetailHelper のコンストラクタ
 
ServiceIdHelper - class org.omg.IOP.ServiceIdHelper.
int で表現されたサービス ID です。
ServiceIdHelper() - class org.omg.IOP.ServiceIdHelper のコンストラクタ
 
ServiceInformation - class org.omg.CORBA.ServiceInformation.
CORBA モジュール内の IDL 構造体です。
ServiceInformation() - class org.omg.CORBA.ServiceInformation のコンストラクタ
空の service_options と service_details で ServiceInformation オブジェクトを構築します。
ServiceInformation(int[], ServiceDetail[]) - class org.omg.CORBA.ServiceInformation のコンストラクタ
指定された service_options と service_details で ServiceInformation オブジェクトを構築します。
ServiceInformationHelper - class org.omg.CORBA.ServiceInformationHelper.
 
ServiceInformationHelper() - class org.omg.CORBA.ServiceInformationHelper のコンストラクタ
 
ServiceInformationHolder - class org.omg.CORBA.ServiceInformationHolder.
ServiceInformation のホルダーです。
ServiceInformationHolder() - class org.omg.CORBA.ServiceInformationHolder のコンストラクタ
value フィールドを null に初期化して、ServiceInformationHolder オブジェクトを新規構築します。
ServiceInformationHolder(ServiceInformation) - class org.omg.CORBA.ServiceInformationHolder のコンストラクタ
value フィールドを指定された ServiceInformation に初期化して、ServiceInformationHolder オブジェクトを新規構築します。
ServicePermission - class javax.security.auth.kerberos.ServicePermission.
このクラスは、Kerberos サービスと、Kerberos サービスからアクセスする必要のある資格を保護するために使用します。
ServicePermission(String, String) - class javax.security.auth.kerberos.ServicePermission のコンストラクタ
指定された servicePrincipal および action で新しい ServicePermission を作成します。
serviceProvider - class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport.BCSSServiceProvider の変数
 
ServiceRegistry - class javax.imageio.spi.ServiceRegistry.
サービスプロバイダインスタンスのレジストリです。
ServiceRegistry.Filter - interface javax.imageio.spi.ServiceRegistry.Filter.
任意の基準に一致するプロバイダを選択するために ServiceRegistry.getServiceProviders で使用される単純なフィルタインタフェースです。
ServiceRegistry(Iterator) - class javax.imageio.spi.ServiceRegistry のコンストラクタ
categories 引数から取り出したカテゴリセットを使用して ServiceRegistry インスタンスを構築します。
serviceRevoked(BeanContextServiceRevokedEvent) - class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
BeanContextServicesListener コールバックは、BeanContextService がまだこのサービスを実装していない場合、現在登録されているすべてのリスナーと BeanContextServices の子に対してイベントを伝送します。
serviceRevoked(BeanContextServiceRevokedEvent) - class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider のメソッド
 
serviceRevoked(BeanContextServiceRevokedEvent) - interface java.beans.beancontext.BeanContextServiceRevokedListener のメソッド
指定されたサービスが取り消されました。
serviceRevoked(BeanContextServiceRevokedEvent) - class java.beans.beancontext.BeanContextChildSupport のメソッド
入れ子になっている BeanContext によって提供されるサービスが無効になっています。
services - class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport の変数
protected transient HashMap services フィールドへのすべてのアクセスは、そのオブジェクトに同期化されます。
ServiceUI - class javax.print.ServiceUI.
このクラスは、Java Print Service API を介してルックアップされた印刷サービス閲覧用のグラフィカルなユーザダイアログを提供する、利便性の高い UI メソッドのコレクションです。
ServiceUI() - class javax.print.ServiceUI のコンストラクタ
 
ServiceUIFactory - class javax.print.ServiceUIFactory.
サービスは、オプションで UI を提供することができます。
ServiceUIFactory() - class javax.print.ServiceUIFactory のコンストラクタ
 
ServiceUnavailableException - exception javax.naming.ServiceUnavailableException.
この例外は、ディレクトリサービスまたはネームサービスとの通信を試みた結果、そのサービスが利用できない場合にスローされます。
ServiceUnavailableException() - class javax.naming.ServiceUnavailableException のコンストラクタ
ServiceUnavailableException の新しいインスタンスを構築します。
ServiceUnavailableException(String) - class javax.naming.ServiceUnavailableException のコンストラクタ
説明を使用して、ServiceUnavailableException の新しいインスタンスを構築します。
Set - interface java.util.Set.
重複要素のないコレクションです。
set_as_default() - interface org.omg.CORBA.DynUnion のメソッド
この共用体に関連した識別子に、有効なデフォルト値が割り当てられたかどうかを判定します。
set_as_default(boolean) - interface org.omg.CORBA.DynUnion のメソッド
この共用体に関連した識別子に、有効なデフォルト値が割り当てられたかどうかを判定します。
set_as_string(String) - class org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynEnum の値を、value パラメータで渡される IDL 識別子の列挙値に設定します。
set_as_string(String) - interface org.omg.DynamicAny.DynEnumOperations のメソッド
DynEnum の値を、value パラメータで渡される IDL 識別子の列挙値に設定します。
set_as_ulong(int) - class org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynEnum の値を、列挙値の序数値に設定します。
set_as_ulong(int) - interface org.omg.DynamicAny.DynEnumOperations のメソッド
DynEnum の値を、列挙値の序数値に設定します。
set_boxed_value_as_dyn_any(DynAny) - interface org.omg.DynamicAny.DynValueBoxOperations のメソッド
boxed 型を、パラメータに含まれる値で置き換えます。
set_boxed_value(Any) - interface org.omg.DynamicAny.DynValueBoxOperations のメソッド
boxed 型を、指定した値で置き換えます。
set_delegate(Object) - class org.omg.CORBA_2_3.ORB のメソッド
 
set_discriminator(DynAny) - class org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynUnion の判別子を、指定した値に設定します。
set_discriminator(DynAny) - interface org.omg.DynamicAny.DynUnionOperations のメソッド
DynUnion の判別子を、指定した値に設定します。
set_elements_as_dyn_any(DynAny[]) - class org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny を使用して、シーケンスの要素を設定します。
set_elements_as_dyn_any(DynAny[]) - class org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
渡される要素を含むように、DynArray を設定します。
set_elements_as_dyn_any(DynAny[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynSequenceOperations のメソッド
DynAny を使用して、シーケンスの要素を設定します。
set_elements_as_dyn_any(DynAny[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynArrayOperations のメソッド
渡される要素を含むように、DynArray を設定します。
set_elements(Any[]) - interface org.omg.CORBA.DynSequence のメソッド
指定した配列を持つこのシーケンスのすべての要素の値を設定します。
set_elements(Any[]) - interface org.omg.CORBA.DynArray のメソッド
この DynArray オブジェクトの値を、指定された配列に設定します。
set_elements(Any[]) - class org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
シーケンスの要素を設定します。
set_elements(Any[]) - class org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
渡される要素を含むように、DynArray を設定します。
set_elements(Any[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynSequenceOperations のメソッド
シーケンスの要素を設定します。
set_elements(Any[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynArrayOperations のメソッド
渡される要素を含むように、DynArray を設定します。
set_exception(Any) - class org.omg.CORBA.ServerRequest のメソッド
org.omg.CORBA.NO_IMPLEMENT 例外をスローします。
set_length(int) - class org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
シーケンスの長さを設定します。
set_length(int) - interface org.omg.DynamicAny.DynSequenceOperations のメソッド
シーケンスの長さを設定します。
set_members_as_dyn_any(NameDynAnyPair[]) - class org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
値型のメンバを、NameDynAnyPair のシーケンスで初期化します。
set_members_as_dyn_any(NameDynAnyPair[]) - class org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynStruct オブジェクトに関連付けられた構造体のデータ値を、NameDynAnyPair のシーケンスで初期化します。
set_members_as_dyn_any(NameDynAnyPair[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynValueOperations のメソッド
値型のメンバを、NameDynAnyPair のシーケンスで初期化します。
set_members_as_dyn_any(NameDynAnyPair[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynStructOperations のメソッド
DynStruct オブジェクトに関連付けられた構造体のデータ値を、NameDynAnyPair のシーケンスで初期化します。
set_members(NameValuePair[]) - interface org.omg.CORBA.DynValue のメソッド
この DynValue オブジェクトが表す値オブジェクトのメンバを、NameValuePair オブジェクトの指定した配列に設定します。
set_members(NameValuePair[]) - interface org.omg.CORBA.DynStruct のメソッド
構造体のメンバを設定します。
set_members(NameValuePair[]) - class org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
値型のメンバを、NameValuePair のシーケンスで初期化します。
set_members(NameValuePair[]) - class org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynStruct オブジェクトに関連付けられた構造体のデータ値を、NameValuePair のシーケンスで初期化します。
set_members(NameValuePair[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynValueOperations のメソッド
値型のメンバを、NameValuePair のシーケンスで初期化します。
set_members(NameValuePair[]) - interface org.omg.DynamicAny.DynStructOperations のメソッド
DynStruct オブジェクトに関連付けられた構造体のデータ値を、NameValuePair のシーケンスで初期化します。
set_one_value(String, Any) - class org.omg.CORBA.Context のメソッド
NamedValue オブジェクトを生成し、そのオブジェクトをこの Context オブジェクトに追加します。
SET_OVERRIDE - class org.omg.CORBA.SetOverrideType の static 変数
列挙型値 SET_OVERRIDE の SetOverrideType 定数です。
set_parameters(Applet, Properties) - class org.omg.CORBA.ORB のメソッド
ORB 実装を、指定されたパラメータとプロパティで初期化します。
set_parameters(String[], Properties) - class org.omg.CORBA.ORB のメソッド
ORB 実装を、指定されたパラメータとプロパティで初期化します。
set_policy_override(Object, Policy[], SetOverrideType) - class org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
渡されたポリシーを、返される新しく作成されたオブジェクト参照と関連付けます。
set_result(Any) - class org.omg.CORBA.ServerRequest のメソッド
org.omg.CORBA.NO_IMPLEMENT 例外をスローします。
set_return_type(TypeCode) - class org.omg.CORBA.Request のメソッド
メソッドの戻り値のタイプコードを設定します。
set_servant_manager(ServantManager) - interface org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
このオペレーションは、POA に関連付けられたデフォルトのサーバントマネージャを設定します。
set_servant(Servant) - interface org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
このオペレーションは、指定されたサーバントをデフォルトのサーバントとして POA に登録します。
set_slot(int, Any) - interface org.omg.PortableInterceptor.ServerRequestInfoOperations のメソッド
インタセプタが、要求の範囲内にある PortableInterceptor.Current にスロットを設定できるようにします。
set_slot(int, Any) - interface org.omg.PortableInterceptor.CurrentOperations のメソッド
データをスロットに設定します。
set_to_default_member() - class org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
判別子の値を、共用体のデフォルトの case の値と一致する値に設定します。
set_to_default_member() - interface org.omg.DynamicAny.DynUnionOperations のメソッド
判別子の値を、共用体のデフォルトの case の値と一致する値に設定します。
set_to_no_active_member() - class org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
判別子の値を、共用体の case ラベルのどれとも一致しない値に設定します。
set_to_no_active_member() - interface org.omg.DynamicAny.DynUnionOperations のメソッド
判別子の値を、共用体の case ラベルのどれとも一致しない値に設定します。
set_to_null() - class org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynValueCommon の表現を の値型に変更します。
set_to_null() - interface org.omg.DynamicAny.DynValueCommonOperations のメソッド
DynValueCommon の表現を の値型に変更します。
set_to_value() - class org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
null の値型を、新しく作成した値で置き換えます。
set_to_value() - interface org.omg.DynamicAny.DynValueCommonOperations のメソッド
null の値型を、新しく作成した値で置き換えます。
set_value(byte[]) - interface org.omg.CORBA.DynFixed のメソッド
この DynFixed オブジェクトの値として、指定した fixed 型のインスタンスを設定します。
set_value(String) - class org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynFixed の値を設定します。
set_value(String) - interface org.omg.DynamicAny.DynFixedOperations のメソッド
DynFixed の値を設定します。
set_values(NVList) - class org.omg.CORBA.Context のメソッド
この Context オブジェクトの 1 つ以上のプロパティ値を設定します。
set(byte, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Byte に置き換えます。
set(char, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Character に置き換えます。
set(double, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Double に置き換えます。
set(float, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Float に置き換えます。
set(int) - class java.util.BitSet のメソッド
指定されたインデックスのビットを true に設定します。
set(int, boolean) - class java.util.BitSet のメソッド
指定されたインデックスのビットを指定された値に設定します。
set(int, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Integer に置き換えます。
set(int, int) - class java.util.Calendar のメソッド
時間フィールドに、指定された値を設定します。
set(int, int) - class java.util.BitSet のメソッド
指定された fromIndex(inclusive) から指定された toIndex(exclusive) まで、ビットを true に設定します。
set(int, int, boolean) - class java.util.BitSet のメソッド
指定された fromIndex(inclusive) から指定された toIndex(exclusive) まで、ビットを指定された値に設定します。
set(int, int, int) - class java.util.Calendar のメソッド
年、月、日付のフィールドに値を設定します。
set(int, int, int, int, int) - class java.util.Calendar のメソッド
年、月、日付、時、分のフィールドに値を設定します。
set(int, int, int, int, int, int) - class java.util.Calendar のメソッド
年、月、日付、時、分、秒のフィールドに値を設定します。
set(int, Object) - class java.util.LinkedList のメソッド
リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
set(int, Object) - class java.util.AbstractSequentialList のメソッド
リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
set(int, Object) - class java.util.ArrayList のメソッド
リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
set(int, Object) - class java.util.Vector のメソッド
Vector 内の指定された位置にある要素を、指定の要素で置き換えます。
set(int, Object) - class java.util.AbstractList のメソッド
リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます (任意のオペレーション)。
set(int, Object) - interface java.util.List のメソッド
リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます (任意のオペレーション)。
set(int, Object) - class javax.naming.directory.BasicAttribute のメソッド
 
set(int, Object) - interface javax.naming.directory.Attribute のメソッド
属性値の順序付けられたリストの属性値を設定します。
set(int, Object) - class javax.swing.DefaultListModel のメソッド
リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
set(JobAttributes) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
この JobAttributes のすべての属性を obj の属性と同じ値に設定します。
set(long, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Long に置き換えます。
set(Object) - class java.lang.ThreadLocal のメソッド
このスレッドローカル変数の現行スレッドのコピーを、指定された値に設定します。
set(Object) - interface java.util.ListIterator のメソッド
next または previous によって返された最後の要素を、指定された要素に置換します (任意のオペレーション)。
set(Object, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を置き換えます。
set(Object, int, Object) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された新しい値に設定します。
set(Object, Object) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
この Field オブジェクトによって表される指定されたオブジェクト引数のフィールドを、指定された新しい値に設定します。
set(PageAttributes) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
PageAttributes のすべての属性を obj の属性と同じ値に設定します。
set(short, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
パラメータのリストの Object を Short に置き換えます。
set(String, String, int, String, String) - class java.net.URL のメソッド
URL のフィールドを設定します。
set(String, String, int, String, String, String, String, String) - class java.net.URL のメソッド
指定された URL の 8 フィールドを設定します。
set2DigitYearStart(Date) - class java.text.SimpleDateFormat のメソッド
2 桁年が属すると解釈される 100 年間をユーザが指定する日付から始まるように設定します。
setAccelerator(KeyStroke) - class javax.swing.JMenu のメソッド
setAcceleratorJMenu には定義されていません。
setAccelerator(KeyStroke) - class javax.swing.JMenuItem のメソッド
メニュー階層を移動することなくメニュー項目のアクションリスナーを呼び出すキーの組み合わせを設定します。
setAcceptAllFileFilterUsed(boolean) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
AcceptAll FileFilter を選択可能フィルタのリストで有効な選択肢として使用するかどうかを決定します。
setAccessible(AccessibleObject[], boolean) - class java.lang.reflect.AccessibleObject の static メソッド
効率を良くするために、単一のセキュリティチェックにより、オブジェクトの配列の accessible フラグを設定する簡易メソッドです。
setAccessible(boolean) - class java.lang.reflect.AccessibleObject のメソッド
このオブジェクトの accessible フラグを、指定された boolean 値に設定します。
setAccessibleCaption(Accessible) - interface javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
テーブルのキャプションを設定します。
setAccessibleCaption(Accessible) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
テーブルのキャプションを設定します。
setAccessibleColumnDescription(int, Accessible) - interface javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
テーブルの指定された列の記述テキストを設定します。
setAccessibleColumnDescription(int, Accessible) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
テーブルの指定された列の記述テキストを設定します。
setAccessibleColumnHeader(AccessibleTable) - interface javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
列ヘッダを設定します。
setAccessibleColumnHeader(AccessibleTable) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
列ヘッダを AccessibleTable として返します。
setAccessibleDescription(String) - class javax.accessibility.AccessibleContext のメソッド
オブジェクトについてのユーザ補助機能の説明を設定します。
setAccessibleDescription(String) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
このオブジェクトのユーザ補助機能の説明を設定します。
setAccessibleDescription(String) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
このオブジェクトのユーザ補助機能の説明を設定します。
setAccessibleDescription(String) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setAccessibleDescription(String) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setAccessibleIconDescription(String) - interface javax.accessibility.AccessibleIcon のメソッド
アイコンの説明を設定します。
setAccessibleIconDescription(String) - class javax.swing.ImageIcon.AccessibleImageIcon のメソッド
アイコンの説明を設定します。
setAccessibleName(String) - class javax.accessibility.AccessibleContext のメソッド
オブジェクトの地域に対応したユーザ補助の名前を設定します。
setAccessibleName(String) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
このオブジェクトのユーザ補助の地域対応された名前を設定します。
setAccessibleName(String) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
このオブジェクトの地域に対応したユーザ補助機能名を設定します。
setAccessibleName(String) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setAccessibleName(String) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setAccessibleParent(Accessible) - class javax.accessibility.AccessibleContext のメソッド
オブジェクトの、ユーザ補助の親を設定します。
setAccessibleRowDescription(int, Accessible) - interface javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
テーブルの指定された行の記述テキストを設定します。
setAccessibleRowDescription(int, Accessible) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
テーブルの指定された行の記述テキストを設定します。
setAccessibleRowHeader(AccessibleTable) - interface javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
行ヘッダを設定します。
setAccessibleRowHeader(AccessibleTable) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
行ヘッダを AccessibleTable として返します。
setAccessibleSummary(Accessible) - interface javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
テーブルの概要説明を設定します。
setAccessibleSummary(Accessible) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
テーブルの概要説明を設定します。
setAccessory(JComponent) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
アクセサリコンポーネントを設定します。
setAction(Action) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
ActionEvent ソースに Action を設定します。
setAction(Action) - class javax.swing.JTextField のメソッド
ActionEvent ソースの Action を設定します。
setAction(Action) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ActionEvent ソースの Action を設定します。
setActionCommand(String) - class java.awt.MenuItem のメソッド
このメニュー項目でトリガされるアクションイベントのコマンド名を設定します。
setActionCommand(String) - class java.awt.Button のメソッド
このボタンによってトリガされるアクションイベントのコマンド名を設定します。
setActionCommand(String) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
アクションリスナーに送られるイベントに含まれなければならないアクションコマンドを設定します。
setActionCommand(String) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンが押されたときにイベントの一部として送られる、actionCommand 文字列を設定します。
setActionCommand(String) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンが押されたときにイベントの一部として送られる actionCommand 文字列を設定します。
setActionCommand(String) - class javax.swing.JTextField のメソッド
アクションイベントに使うコマンド文字列を設定します。
setActionCommand(String) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ボタンのアクションのコマンドを設定します。
setActionMap(ActionMap) - class javax.swing.JComponent のメソッド
ActionMapam に設定します。
setActivationDesc(ActivationID, ActivationDesc) - interface java.rmi.activation.ActivationSystem のメソッド
起動識別子が id であるオブジェクトの起動記述子 desc を設定します。
setActivationGroupDesc(ActivationGroupID, ActivationGroupDesc) - interface java.rmi.activation.ActivationSystem のメソッド
起動グループ識別子が id であるオブジェクトの起動グループ記述子 desc を設定します。
setActive(boolean) - class java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
true の場合は DropTarget をアクティブに、false の場合は非アクティブに設定します。
setAddress(InetAddress) - class java.net.DatagramPacket のメソッド
このデータグラムの送信先であるマシンの IP アドレスを設定します。
setAlignment(int) - class java.awt.FlowLayout のメソッド
このレイアウトの配置を設定します。
setAlignment(int) - class java.awt.Label のメソッド
このラベルの配置を、指定された配置に設定します。
setAlignment(MutableAttributeSet, int) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
配置方法を設定します。
setAlignmentX(float) - class javax.swing.JComponent のメソッド
垂直の配置方法を設定します。
setAlignmentY(float) - class javax.swing.JComponent のメソッド
水平の配置方法を設定します。
setAllocation(Shape) - class javax.swing.text.AsyncBoxView.ChildLocator のメソッド
現在割り当てられている形状を、現在の割り当てを格納するのに使う Rectangle にコピーします。
setAllowsChildren(boolean) - class javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
このノードが子を持つことを許可されるかどうかを設定します。
setAllowsInvalid(boolean) - class javax.swing.text.DefaultFormatter のメソッド
編集中の値を一定時間無効 (つまり stringToValueParseException をスローする) にできるかどうかを設定します。
setAllowUserInteraction(boolean) - class java.net.URLConnection のメソッド
この URLConnectionallowUserInteraction フィールド値を設定します。
setAltName(Name) - class javax.naming.CannotProceedException のメソッド
この例外の altName フィールドを設定します。
setAltNameCtx(Context) - class javax.naming.CannotProceedException のメソッド
この例外の altNameCtx フィールドを設定します。
setAmPmStrings(String[]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
午前/午後の文字列「AM」や「PM」を設定します。
setAnchorSelectionIndex(int) - class javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
アンカー選択インデックスを設定して、すべての選択値を変更しないままにします。
setAnchorSelectionIndex(int) - interface javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
選択範囲のアンカーインデックスを設定します。
setAnchorSelectionPath(TreePath) - class javax.swing.JTree のメソッド
アンカーとして識別するパスを設定します。
setAngleExtent(double) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の角の大きさを、指定された double 値に設定します。
setAngleExtent(double) - class java.awt.geom.Arc2D.Float のメソッド
この弧の角の大きさを、指定された double 値に設定します。
setAngleExtent(double) - class java.awt.geom.Arc2D.Double のメソッド
この弧の角の大きさを、指定された double 値に設定します。
setAngles(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
2 組の座標を使用して、この孤の始角と角の大きさを設定します。
setAngles(Point2D, Point2D) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
2 つの点を使用して、この孤の始角と角の大きさを設定します。
setAngleStart(double) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の始角を、指定された double 値に設定します。
setAngleStart(double) - class java.awt.geom.Arc2D.Float のメソッド
この弧の始角を、指定された double 値に設定します。
setAngleStart(double) - class java.awt.geom.Arc2D.Double のメソッド
この弧の始角を、指定された double 値に設定します。
setAngleStart(Point2D) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の始角を、指定された点によりこの弧の中心を基準に定義される角度に設定します。
setAnimated(boolean) - class java.awt.image.MemoryImageSource のメソッド
animated パラメータに従って、このメモリイメージをマルチフレームのアニメーションまたはシングルフレームの静止イメージに変更します。
setAnimationIndex(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
現在のアニメーションフレームのインデックスを特定の値に設定し、進捗バーをペイントし直すよう要求します。
setAnyPolicyInhibited(boolean) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
任意のポリシー OID が証明書に含まれるときに、そのポリシー OID が処理されなければならないかどうかを判断する状態を設定します。
setApproveButtonMnemonic(char) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
文字列を使って [approve] ボタンのニーモニックを設定します。
setApproveButtonMnemonic(int) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
数値キーコードを使って [approve] ボタンのニーモニックを設定します。
setApproveButtonText(String) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
FileChooserUIApproveButton で使用されるテキストを設定します。
setApproveButtonToolTipText(String) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
ApproveButton で使用されるツールヒントテキストを設定します。
setArc(Arc2D) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧を指定された弧と同じに設定します。
setArc(double, double, double, double, double, double, int) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の位置、サイズ、角の大きさ、閉じ方の種類を、指定された double 値に設定します。
setArc(double, double, double, double, double, double, int) - class java.awt.geom.Arc2D.Float のメソッド
この弧の位置、サイズ、角の大きさ、閉じ方の種類を、指定された double 値に設定します。
setArc(double, double, double, double, double, double, int) - class java.awt.geom.Arc2D.Double のメソッド
この弧の位置、サイズ、角の大きさ、閉じ方の種類を、指定された double 値に設定します。
setArc(Point2D, Dimension2D, double, double, int) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の位置、サイズ、角の大きさ、閉じ方の種類を、指定された値に設定します。
setArc(Rectangle2D, double, double, int) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の位置、サイズ、角の大きさ、閉じ方の種類を、指定された値に設定します。
setArcByCenter(double, double, double, double, double, int) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この孤の位置、境界、角の大きさ、閉じ方の種類を、指定された値に設定します。
setArcByTangent(Point2D, Point2D, Point2D, double) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この孤の位置、境界、角の大きさを、指定された値に設定します。
setArcType(int) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の閉じ方の種類を指定された値に設定します。
setAreaOfInterest(Shape) - class java.awt.image.renderable.RenderContext のメソッド
現在の処理対象範囲を設定します。
setArmed(boolean) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンを作動準備状態としてマークします。
setArmed(boolean) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンを作動準備状態としてマークします。
setArmed(boolean) - class javax.swing.JMenuItem のメソッド
メニュー項目を「作動準備が整っている」ものとして設定します。
setArray(int, Array) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Array オブジェクトに設定します。
setArray(int, Array) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定した Array 値に設定します。
setAsciiStream(int, InputStream, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
setAsciiStream(int, InputStream, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.io.InputStream 値に設定します。
setAsciiStream(long) - interface java.sql.Clob のメソッド
この Clob オブジェクトが表す CLOB 値へ ASCII 文字を書き込むために使用するストリームを取得します。
setAsciiStream(String, InputStream, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
setAsksAllowsChildren(boolean) - class javax.swing.tree.DefaultTreeModel のメソッド
TreeNode に getAllowsChildren() または isLeaf() で問い合わせることにより、葉かどうかの判定をするかしないかを設定します。
setAsText(String) - class java.beans.PropertyEditorSupport のメソッド
指定された String を解析してプロパティ値を設定します。
setAsText(String) - interface java.beans.PropertyEditor のメソッド
指定された String (文字列) を解析してプロパティ値を設定します。
setAsynchronousLoadPriority(int) - class javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
非同期ロードの優先順位を設定します。
setAttribute(int, String, String, String, String, String) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
リスト内の属性を設定します。
setAttribute(String, Object) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
ユーザが基本となる実装に特定の属性を設定できるようにします。
setAttribute(String, Object) - class javax.xml.transform.TransformerFactory のメソッド
ユーザが基本となる実装に特定の属性を設定できるようにします。
setAttribute(String, String) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
 
setAttribute(String, String) - interface org.w3c.dom.Element のメソッド
新しい属性を追加します。
setAttributeList(AttributeList) - class org.xml.sax.helpers.AttributeListImpl のメソッド
推奨されていません。 以前のコンテンツを破棄して属性リストを設定します。
setAttributeNode(Attr) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
 
setAttributeNode(Attr) - interface org.w3c.dom.Element のメソッド
新しい属性ノードを追加します。
setAttributeNodeNS(Attr) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
setAttributeNode(newAttr) と同じです。
setAttributeNodeNS(Attr) - interface org.w3c.dom.Element のメソッド
新しい属性を追加します。
setAttributeNS(String, String, String) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
setAttribute(qualifiedName, value) と同じです。
setAttributeNS(String, String, String) - interface org.w3c.dom.Element のメソッド
新しい属性を追加します。
setAttributes(Attributes) - class javax.naming.directory.SearchResult のメソッド
この検索結果の属性を attrs に設定します。
setAttributes(Attributes) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
Attributes オブジェクト全体をコピーします。
setAttributes(int, int, AttributeSet) - interface javax.accessibility.AccessibleEditableText のメソッド
2 つのインデックス間のテキストの属性を設定します。
setAttributes(int, int, AttributeSet) - class javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
2 つのインデックス間のテキストの属性を設定します。
setAuthorityKeyIdentifier(byte[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
authorityKeyIdentifier 基準値を設定します。
setAutoCommit(boolean) - interface java.sql.Connection のメソッド
この接続の自動コミットモードを指定された状態に設定します。
setAutoCreateColumnsFromModel(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
このテーブルの autoCreateColumnsFromModel フラグを設定します。
setAutoDelay(int) - class java.awt.Robot のメソッド
イベント生成後、この Robot がスリープする時間をミリ秒で設定します。
setAutoIncrement(int, boolean) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列に自動的に番号が割り振られるかどうか (そのために読み込み専用であるかどうか) を設定します。
setAutoResizeMode(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルのサイズ変更時にテーブルの自動サイズ変更モードを設定します。
setAutoscrolls(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
autoscrolls プロパティを設定します。
setAutoWaitForIdle(boolean) - class java.awt.Robot のメソッド
イベント生成後、この Robot が waitForIdle を自動で起動するかどうかを設定します。
setAxis(int) - class javax.swing.text.BoxView のメソッド
タイル軸のプロパティを設定します。
setBackground(Color) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
このオブジェクトのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
Graphics2D コンテキストのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
このオブジェクトのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
オブジェクトのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
このオブジェクトのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setBackground(Color) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントのバックグラウンドカラーを設定します。
setBackground(Color) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setBackground(Color) - class javax.swing.table.DefaultTableCellRenderer のメソッド
JComponent.setBackground を上書きして、選択されていないバックグラウンドカラーを指定された色に割り当てます。
setBackground(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
ColorUIResource を null にマッピングするようにサブクラス化します。
setBackground(MutableAttributeSet, Color) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
バックグラウンドカラーを設定します。
setBackgroundAt(int, Color) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のバックグラウンドカラーを background に設定します。
setBackgroundNonSelectionColor(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
選択されていないノード用に使うバックグラウンドの色を設定します。
setBackgroundSelectionColor(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
ノードが選択されているときにバックグラウンドに使う色を設定します。
setBackingStoreEnabled(boolean) - class javax.swing.JViewport のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム v1.3 以降、setScrollMode() に置き換えられました。
setBase(URL) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
相対 URL を解決処理する位置を設定します。
setBase(URL) - class javax.swing.text.html.StyleSheet のメソッド
ベースを設定します。
setBaseFontSize(int) - class javax.swing.text.html.StyleSheet のメソッド
1 〜 7 の有効な値で、ベースフォントサイズを設定します。
setBaseFontSize(String) - class javax.swing.text.html.StyleSheet のメソッド
渡された String からベースフォントサイズを設定します。
setBasicConstraints(int) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
基本制約に対する制約を設定します。
setBasicSplitPaneUI(BasicSplitPaneUI) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider のメソッド
レシーバを使う SplitPaneUI を設定します。
setBeanContext(BeanContext) - class java.beans.beancontext.BeanContextChildSupport のメソッド
この BeanContextChildSupportBeanContext を設定します。
setBeanContext(BeanContext) - interface java.beans.beancontext.BeanContextChild のメソッド
このインタフェースを実装するオブジェクトは、propertyName "beanContext"、oldValue (以前に入れ子になった BeanContext のインスタンスまたは null)、newValue (現在入れ子になっている BeanContext のインスタンスまたは null) により、java.beans.PropertyChangeEvent をトリガすることになっています。
setBeanInfoSearchPath(String[]) - class java.beans.Introspector の static メソッド
BeanInfo クラスの検索に使用するパッケージ名のリストを変更します。
setBeginIndex(int) - class java.text.FieldPosition のメソッド
開始インデックスを設定します。
setBidiLevel(MutableAttributeSet, int) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
BIDI レベルを設定します。
setBigDecimal(int, BigDecimal) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.math.BigDecimal 値に設定します。
setBigDecimal(int, BigDecimal) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.math.BigDeciaml 値に設定します。
setBigDecimal(String, BigDecimal) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.math.BigDecimal 値に設定します。
setBinaryStream(int, InputStream, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
setBinaryStream(int, InputStream, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.io.InputStream 値に設定します。
setBinaryStream(long) - interface java.sql.Blob のメソッド
この Blob オブジェクトが表す BLOB 値への書き込みに使用するストリームを取得します。
setBinaryStream(String, InputStream, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを、指定されたバイト数を持つ指定された入力ストリームに設定します。
setBit(int) - class java.math.BigInteger のメソッド
値がこの BigInteger に等しい BigInteger を、指定されたビットを設定して返します ((this | (1<<n)) を計算する)。
setBitOffset(int) - class javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
 
setBitOffset(int) - interface javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
ビットオフセットに 0 から 7 までの整数を設定します。
setBlinkRate(int) - class javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
キャレットの点滅間隔を設定します。
setBlinkRate(int) - interface javax.swing.text.Caret のメソッド
キャレットの点滅間隔を設定します。
setBlob(int, Blob) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Blob オブジェクトに設定します。
setBlob(int, Blob) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Blob 値に設定します。
setBlockIncrement(int) - interface java.awt.Adjustable のメソッド
調整可能なオブジェクトのブロック増分値を設定します。
setBlockIncrement(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの「ブロック」増分値を設定します。
setBlockIncrement(int) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
 
setBlockIncrement(int) - class javax.swing.JScrollPane.ScrollBar のメソッド
値を設定するようにスーパークラスにメッセージを送り、blockIncrementSet インスタンス変数を true にリセットします。
setBlockIncrement(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
blockIncrement プロパティを設定します。
setBold(MutableAttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
ボールド属性を設定します。
setBoolean(int, boolean) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の boolean 値に設定します。
setBoolean(int, boolean) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java boolean 値に設定します。
setBoolean(Object, boolean) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を boolean として設定します。
setBoolean(Object, int, boolean) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された boolean 値に設定します。
setBoolean(String, boolean) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の boolean 値に設定します。
setBorder(Border) - class javax.swing.JViewport のメソッド
ビューポートは、通常の親または子のクリッピングでその子 (「ビュー」と呼ばれる) を「スクロール」します。
setBorder(Border) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントのボーダを設定します。
setBorder(Border) - class javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
タイトル付きボーダのボーダを設定します。
setBorder(Border) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider のメソッド
このコンポーネントのボーダを設定します。
setBorder(Border) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor.DefaultTextField のメソッド
このコンポーネントのボーダを設定します。
setBorderColor(Color) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI.DragWindow のメソッド
 
setBorderPainted(boolean) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
borderPainted プロパティを設定します。
setBorderPainted(boolean) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
ボーダをペイントするかどうかを設定します。
setBorderPainted(boolean) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
borderPainted プロパティを設定します。
setBorderPainted(boolean) - class javax.swing.JMenuBar のメソッド
ボーダをペイントするかどうかを設定します。
setBorderPainted(boolean) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
borderPainted プロパティを設定します。
setBorderPaintedFlat(boolean) - class javax.swing.JCheckBox のメソッド
チェックボックスボーダの外見についてのヒントを Look & Feel (L&F) に与える borderPaintedFlat プロパティを設定します。
setBorderSelectionColor(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
ボーダに使う色を設定します。
setBorderSelectionColor(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
ボーダに使う色を設定します。
setBorderToNonRollover(Component) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
コンポーネントのボーダを、createNonRolloverBorder が作成した非ロールオーバーボーダを持つように設定します。
setBorderToNonRollover(Component) - class javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI のメソッド
 
setBorderToNormal(Component) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
コンポーネントのボーダが通常のボーダを持つように設定します。
setBorderToRollover(Component) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
コンポーネントのボーダを、createRolloverBorder が作成したロールオーバーボーダを持つように設定します。
setBottomComponent(Component) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
コンポーネントをディバイダの下または右に設定します。
setBottomInset(float) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
ビュー周囲の下部マージンを設定します。
setBound(boolean) - class java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
バウンドプロパティを更新し、プロパティの変更時に PropertyChange イベントがトリガされるようにします。
setBounds(int, int, int, int) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle の境界の Rectangle 領域を、xywidth、および height で指定された値に設定します。
setBounds(int, int, int, int) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントを移動し、サイズ変更します。
setBounds(Rectangle) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
オブジェクトの境界を、Rectangle オブジェクトの形式で設定します。
setBounds(Rectangle) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle の境界の Rectangle 領域を、指定された Rectangle に一致するように設定します。
setBounds(Rectangle) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクトの境界を、Rectangle オブジェクトの形式で設定します。
setBounds(Rectangle) - class java.awt.Component のメソッド
新しい境界の矩形 r に適合するようにこのコンポーネントを移動し、サイズ変更します。
setBounds(Rectangle) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトの境界を、Rectangle オブジェクトの形式で設定します。
setBounds(Rectangle) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトの境界を、Rectangle オブジェクトの形式で設定します。
setBounds(Rectangle) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setBounds(Rectangle) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
 
setBounds(Rectangle) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setBounds(Rectangle) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setBoundsForFrame(JComponent, int, int, int, int) - class javax.swing.DefaultDesktopManager のメソッド
JComponent を移動して、影響を受けた領域を再ペイントします。
setBoundsForFrame(JComponent, int, int, int, int) - interface javax.swing.DesktopManager のメソッド
プリミティブな形状変更メソッドです。
setBroadcast(boolean) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
SO_BROADCAST を有効または無効にします。
setButtonIcons() - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
setByte(int, byte) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の byte 値に設定します。
setByte(int, byte) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドにおいて指定したパラメータを、指定した Java byte 値に設定します。
setByte(Object, byte) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を byte として設定します。
setByte(Object, int, byte) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された byte 値に設定します。
setByte(String, byte) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の byte 値に設定します。
setByteOrder(ByteOrder) - class javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
 
setByteOrder(ByteOrder) - interface javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
このストリームからの今後のデータ値の読み込みのために、バイト順を設定します。
setBytes(int, byte[]) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java のバイト配列に設定します。
setBytes(int, byte[]) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、byte 値の指定した Java 配列値に設定します。
setBytes(long, byte[]) - interface java.sql.Blob のメソッド
この Blob オブジェクトが表す BLOB 値へ指定されたバイト配列を pos の位置から書き込み、書き込まれたバイト数を返します。
setBytes(long, byte[], int, int) - interface java.sql.Blob のメソッド
この Blob オブジェクトが表す BLOB 値へ指定された byte 配列の全部または一部を書き込みます。
setBytes(String, byte[]) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java のバイト配列に設定します。
setByteStream(InputStream) - class org.xml.sax.InputSource のメソッド
この入力ソースのバイトストリームを設定します。
setCacheDirectory(File) - class javax.imageio.ImageIO の static メソッド
キャッシュファイルが作成されるディレクトリを設定します。
setCalendar(Calendar) - class java.text.DateFormat のメソッド
この日付フォーマットで使用するカレンダを設定します。
setCalendarField(int) - class javax.swing.SpinnerDateModel のメソッド
nextValue メソッドと previousValue メソッドによって計算される日付値変更のサイズを変更します。
setCanWrapLines(boolean) - class javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
行をラップできるかどうかを設定します。
setCaret(Caret) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
使用するキャレットを設定します。
setCaretColor(Color) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
キャレットを描画するのに使う現在の色を設定します。
setCaretPosition(int) - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントにテキスト挿入キャレットの位置を設定します。
setCaretPosition(int) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
TextComponent のテキスト挿入キャレットの位置を設定します。
setCaseSensitive(int, boolean) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列で大文字・小文字を区別するかどうかを設定します。
setCatalog(String) - interface java.sql.Connection のメソッド
この Connection オブジェクトのデータベースに作業のためのサブスペースを選択するために、カタログ名を設定します。
setCatalogName(int, String) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列のテーブルのカタログ名を、指定された String に設定します (存在する場合)。
setCellEditor(TableCellEditor) - class javax.swing.JTable のメソッド
cellEditor 変数を設定します。
setCellEditor(TableCellEditor) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
この列のセルを編集するときに使用できるようにエディタを設定します。
setCellEditor(TreeCellEditor) - class javax.swing.JTree のメソッド
セルエディタを設定します。
setCellEditor(TreeCellEditor) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
セルエディタを設定します。
setCellLength(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
 
setCellRenderer(ListCellRenderer) - class javax.swing.JList のメソッド
リスト内の各セルを描画する委譲を設定します。
setCellRenderer(TableCellRenderer) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
JTable がこの列の個々の値を描画するために使う TableCellRenderer を設定します。
setCellRenderer(TreeCellRenderer) - class javax.swing.JTree のメソッド
各セルを描画するために使用する TreeCellRenderer を設定します。
setCellRenderer(TreeCellRenderer) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
TreeCellRenderer を tcr に設定します。
setCellSelectionEnabled(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
列選択と行選択の同時実行をこのテーブルが許可するかどうかを設定します。
setCellSpacing(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
 
setCentersChildren(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout のメソッド
 
setCertificate(X509Certificate) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
certificateEquals 基準値を設定します。
setCertificateChecking(X509Certificate) - class java.security.cert.X509CRLSelector のメソッド
チェック対象の証明書を設定します。
setCertificateEntry(String, Certificate) - class java.security.KeyStore のメソッド
指定された別名に、指定された証明書を割り当てます。
setCertificateValid(Date) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
certificateValid 基準値を設定します。
setCertPathCheckers(List) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
追加の証明書パスチェッカーの List を設定します。
setCertStores(List) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
証明書と CRL を見つけるために使用される CertStore のリストを設定します。
setChanged() - class java.util.Observable のメソッド
Observable オブジェクトを変更されたものとしてマーキングします。
setChannelBinding(ChannelBinding) - interface org.ietf.jgss.GSSContext のメソッド
コンテキストが確立しているときにチャネルバインディングが使用されるように設定します。
setChannelPressure(int) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
キーボード圧力の変化に反応します。
setChar(Object, char) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を char として設定します。
setChar(Object, int, char) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトのインデックス化されたコンポーネント値を、指定された char 値に設定します。
setCharacterAttributes(AttributeSet, boolean) - class javax.swing.JTextPane のメソッド
指定された属性を文字コンテンツに適用します。
setCharacterAttributes(int, int, AttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
ドキュメントの一部に属性を設定します。
setCharacterAttributes(int, int, AttributeSet, boolean) - interface javax.swing.text.StyledDocument のメソッド
ドキュメント内の指定された範囲の既存のコンテンツに使用されているコンテンツ要素属性を変更します。
setCharacterAttributes(JEditorPane, AttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyledEditorKit.StyledTextAction のメソッド
指定された属性を文字コンテンツに適用します。
setCharacterStream(int, Reader, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを、指定された文字数である指定された Reader オブジェクトに設定します。
setCharacterStream(int, Reader, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.io.Reader 値に設定します。
setCharacterStream(long) - interface java.sql.Clob のメソッド
この Clob オブジェクトが表す CLOB 値へ Unicode 文字を書き込むために使用するストリームを取得します。
setCharacterStream(Reader) - class org.xml.sax.InputSource のメソッド
この入力ソースの文字ストリームを設定します。
setCharacterStream(String, Reader, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを、指定された文字数である指定された Reader オブジェクトに設定します。
setCharacterSubsets(Character.Subset[]) - class java.awt.im.InputContext のメソッド
この入力コンテキストのインプットメソッドで入力できる Unicode 文字セットのサブセットを設定します。
setCharacterSubsets(Character.Subset[]) - interface java.awt.im.spi.InputMethod のメソッド
このインプットメソッドで入力可能な Unicode 文字セットのサブセットを設定します。
setCharAt(int, char) - class java.lang.StringBuffer のメソッド
この文字列バッファの指定されたインデックス位置の文字が ch になるように設定します。
setCheckboxGroup(CheckboxGroup) - class java.awt.Checkbox のメソッド
このチェックボックスのグループを、指定されたチェックボックスグループに設定します。
setChoices(double[], String[]) - class java.text.ChoiceFormat のメソッド
フォーマットの際に使用する選択項目を設定します。
setChooserPanels(AbstractColorChooserPanel[]) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
色値を選択するために使われるカラーパネルを指定します。
setClassAssertionStatus(String, boolean) - class java.lang.ClassLoader のメソッド
このクラスローダおよび内部の入れ子構造クラス内の名前付きのトップレベルクラスに対して、目的の宣言ステータスを設定します。
setClassName(String) - class javax.naming.NameClassPair のメソッド
このバインディングのクラス名を設定します。
setClickCountToStart(int) - class javax.swing.DefaultCellEditor のメソッド
編集を開始するために必要なクリック数を指定します。
setClip(int, int, int, int) - class java.awt.Graphics のメソッド
指定した座標が指定した矩形に現在のクリップを設定します。
setClip(int, int, int, int) - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.setClip をオーバーライドします。
setClip(Shape) - class java.awt.Graphics のメソッド
現在のクリッピング領域を任意のクリップ形状に設定します。
setClip(Shape) - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.setClip をオーバーライドします。
setClob(int, Clob) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Clob オブジェクトに設定します。
setClob(int, Clob) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定した Clob 値に設定します。
setClosable(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
ユーザアクションによってこの JInternalFrame を閉じることができるかどうかを設定します。
setClosed(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
引数が true の場合はこの内部フレームを閉じます。
setClosedIcon(Icon) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
展開されていない、葉以外のノードを表すのに使うアイコンを設定します。
setCoalesce(boolean) - class javax.swing.Timer のメソッド
Timer が保留中の複数の ActionEvent トリガを合体させるかどうかを設定します。
setCoalescing(boolean) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサが CDATA ノードを Text ノードに変換し、それを隣接 (存在する場合) Text ノードに追加するように指定します。
setCollapsedIcon(Icon) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
setColor(Color) - class java.awt.Graphics のメソッド
このグラフィックスコンテキストの現在の色を、指定された色に設定します。
setColor(Color) - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
線と形状を描画し塗りつぶすのに使う色を設定します。
setColor(Color) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
カラーチューザの現在の色を指定された色に設定します。
setColor(int) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
カラーチューザの現在の色を指定された色に設定します。
setColor(int, int, int) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
カラーチューザの現在の色を、指定された RGB 色に設定します。
setColor(PageAttributes.ColorType) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページをカラーで描画するかモノクロで描画するかを指定します。
setColorModel(ColorModel) - interface java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
setPixels メソッドを使って報告されるピクセルの大部分に対して使用される ColorModel オブジェクトを設定します。
setColorModel(ColorModel) - class java.awt.image.RGBImageFilter のメソッド
ColorModel が IndexColorModel で、サブクラスが canFilterIndexColorModel フラグを true に設定した場合は、元の ColorModel オブジェクトが setPixels メソッドで呼び出されるところではどこでも、フィルタ処理されたカラーモデルに置き換えます。
setColorModel(ColorModel) - class java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
setColorModel メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
setColorModel(ColorModel) - class java.awt.image.ImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの setColorModel メソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
setColorModel(ColorModel) - class java.awt.image.BufferedImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの setColorModel メソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
setColumnCount(int) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
この RowSet オブジェクトの列数を、指定した数に設定します。
setColumnCount(int) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
モデルの列数を設定します。
setColumnDisplaySize(int, int) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定された列の通常の最大幅 (文字数) を、指定された int に設定します。
setColumnHeader(JViewport) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
以前の列ヘッダがある場合はそれを削除します。
setColumnHeaderView(Component) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
必要に応じて列ヘッダのビューポートを作成し、ビューを設定してから、列ヘッダのビューポートをスクロール区画に追加します。
setColumnIdentifiers(Object[]) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
モデルの列識別子を置き換えます。
setColumnIdentifiers(Vector) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
モデルの列識別子を置き換えます。
setColumnLabel(int, String) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
印刷と表示で使用する推奨列のタイトルを、指定した String に設定します (存在する場合)。
setColumnMargin(int) - class javax.swing.table.DefaultTableColumnModel のメソッド
列マージンを newMargin に設定します。
setColumnMargin(int) - interface javax.swing.table.TableColumnModel のメソッド
TableColumn の列マージンを newMargin に設定します。
setColumnModel(TableColumnModel) - class javax.swing.JTable のメソッド
このテーブルの列モデルを newModel に設定し、新しい列モデルからのリスナー通知を登録します。
setColumnModel(TableColumnModel) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
このテーブルの列モデルを newModel に設定し、新しい列モデルからのリスナー通知を登録します。
setColumnName(int, String) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列の名前を、指定された String に設定します。
setColumnNumber(int) - class org.xml.sax.helpers.LocatorImpl のメソッド
このロケータの列番号を設定します (開始番号は 1)。
setColumns(int) - class java.awt.GridLayout のメソッド
このレイアウトの列数を、指定された値に設定します。
setColumns(int) - class java.awt.TextField のメソッド
このテキストフィールドの列数を設定します。
setColumns(int) - class java.awt.TextArea のメソッド
このテキスト領域の列数を設定します。
setColumns(int) - class javax.swing.JTextArea のメソッド
この TextArea の列数を設定します。
setColumns(int) - class javax.swing.JTextField のメソッド
この TextField の列数を設定し、配置を無効にします。
setColumnSelectionAllowed(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
このモデルの列を選択できるかどうかを設定します。
setColumnSelectionAllowed(boolean) - class javax.swing.table.DefaultTableColumnModel のメソッド
列の選択が許可されているかどうかを設定します。
setColumnSelectionAllowed(boolean) - interface javax.swing.table.TableColumnModel のメソッド
このモデルの列を選択できるかどうかを設定します。
setColumnSelectionInterval(int, int) - class javax.swing.JTable のメソッド
index0 から index1 までの列 (上下限値を含む) を選択します。
setColumnType(int, int) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定された列の SQL 型を、指定した型に設定します。
setColumnTypeName(int, String) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列の、データソースに固有の型名を、指定された String に設定します (存在する場合)。
setComboBox(JComboBox) - class javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton のメソッド
 
setComboIcon(Icon) - class javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton のメソッド
 
setCommand(String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトの command プロパティを、指定した SQL クエリーに設定します。
setComment(String) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
エントリに任意指定のコメント文字列を設定します。
setComment(String) - class java.util.zip.ZipOutputStream のメソッド
ZIP ファイルのコメントを設定します。
setCommitsOnValidEdit(boolean) - class javax.swing.text.DefaultFormatter のメソッド
編集が JFormattedTextField に通知される際に設定します。
setComparator(Comparator) - class javax.swing.SortingFocusTraversalPolicy のメソッド
フォーカストラバーサルサイクルで Components をソートするために使う Comparator を設定します。
setComponent(Component) - class java.awt.dnd.DragGestureRecognizer のメソッド
DragGestureRecognizer が関連付けられている Component を設定します。
setComponent(Component) - class java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
注:このインタフェースは、DropTarget と Component の安全な関連付けを次の 2 つの方法のどちらかで可能にする必要があります。
setComponent(JComponent) - class javax.swing.JToolTip のメソッド
ツールヒントが記述するコンポーネントを指定します。
setComponent(MutableAttributeSet, Component) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
コンポーネント属性を設定します。
setComponentAt(int, Component) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のコンポーネントを component に設定します。
setComponentOrientation(ComponentOrientation) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネント内の要素またはテキストを整列するために使用する、言語に依存する方向を設定します。
setComponentOrientation(ComponentOrientation) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
垂直および水平スクロールバーの方向を、ComponentOrientation 引数で指定されたものに設定します。
setComponentOrientation(ComponentOrientation) - class javax.swing.JMenu のメソッド
 
setComponentOrientation(ComponentOrientation) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
 
setComponentToSize(Component, int, int, Insets, Dimension) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager のメソッド
x 位置を location、y 位置を insets.top に配置することにより、コンポーネント c の幅を size に設定し、その高さを containersize.height から上インセットと下インセットを減算した値に設定します。
setComposite(Composite) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
Graphics2D コンテキストの Composite を設定します。
setCompositionEnabled(boolean) - class java.awt.im.InputContext のメソッド
パラメータ enable の値に応じて、変換のために現在のインプットメソッドを使用可能または不可能にします。
setCompositionEnabled(boolean) - interface java.awt.im.spi.InputMethod のメソッド
パラメータ enable の値に応じて、変換のインプットメソッドを使用可能または使用不可能にします。
setCompressedSize(long) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
圧縮されたエントリデータのサイズを設定します。
setCompressionMode(int) - class javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
圧縮を実行するかどうかを指定し、実行する場合は、圧縮パラメータの指定方法を決定します。
setCompressionQuality(float) - class javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
圧縮品質を 0 から 1 の間の値に設定します。
setCompressionType(String) - class javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
getCompressionTypes で示される値の 1 つに圧縮方式を設定します。
setConcurrency(int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトの並行性を、指定した並行性レベルに設定します。
setConfiguration(Configuration) - class javax.security.auth.login.Configuration の static メソッド
現在の Login Configuration を設定します。
setConstrained(boolean) - class java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
制約プロパティの更新を試み、プロパティの変更時に VetoableChange イベントがトリガされるようにします。
setConstraint(String, Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のメソッド
指定されたエッジを制御するスプリングを設定します。
setConstraints(Component, GridBagConstraints) - class java.awt.GridBagLayout のメソッド
このレイアウトの指定されたコンポーネントに対して制約を設定します。
setContentAreaFilled(boolean) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
contentAreaFilled プロパティを設定します。
setContentHandler(ContentHandler) - interface org.xml.sax.XMLReader のメソッド
アプリケーションにコンテンツイベントハンドラの登録を許可します。
setContentHandler(ContentHandler) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
コンテンツイベントハンドラを設定します。
setContentHandler(ContentHandler) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
コンテンツハンドラを設定します。
setContentHandlerFactory(ContentHandlerFactory) - class java.net.URLConnection の static メソッド
アプリケーションの ContentHandlerFactory を設定します。
setContentPane(Container) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFramecontentPane プロパティを設定します。
setContentPane(Container) - class javax.swing.JWindow のメソッド
このウィンドウの新しい contentPane プロパティを設定します。
setContentPane(Container) - class javax.swing.JApplet のメソッド
contentPane プロパティを設定します。
setContentPane(Container) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
ルート区画が親になるコンポーネントを保持するコンテナである、コンテンツ区画を設定します。
setContentPane(Container) - class javax.swing.JFrame のメソッド
contentPane プロパティを設定します。
setContentPane(Container) - interface javax.swing.RootPaneContainer のメソッド
「contentPane」は、アプリケーション固有のコンポーネントの一次コンテナです。
setContentPane(Container) - class javax.swing.JDialog のメソッド
contentPane プロパティを設定します。
setContents(Transferable, ClipboardOwner) - class java.awt.datatransfer.Clipboard のメソッド
クリップボードの現在の内容を指定された転送可能なオブジェクトに設定し、指定されたクリップボードオーナを新しい内容のオーナとして登録します。
setContentType(String) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
このエディタが処理するコンテンツタイプを設定します。
setContextClassLoader(ClassLoader) - class java.lang.Thread のメソッド
この Thread のコンテキスト ClassLoader を設定します。
setContinuousLayout(boolean) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
continuousLayout プロパティの値を設定します。
setContinuousLayout(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
連続レイアウトのオンとオフを切り替えます。
setControlButtonsAreShown(boolean) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
[approve] ボタンと [cancel] ボタンをファイルチューザに表示するかどうかを示すプロパティを設定します。
setController(IIOMetadataController) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadata のメソッド
activateController メソッドを呼び出して、すべてのデフォルトコントローラをオーバーライドするときに、この IIOMetadata オブジェクトの設定値を指定するのに使う IIOMetadataController を設定します。
setController(IIOParamController) - class javax.imageio.IIOParam のメソッド
activateController メソッドが呼び出されたときに、デフォルトコントローラをオーバーライドして、この IIOParam オブジェクトの設定を提供するために使用する IIOParamController を設定します。
setCopies(int) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使うジョブに対して、アプリケーションが描画する必要のあるコピーの数を指定します。
setCopies(int) - class java.awt.print.PrinterJob のメソッド
印刷する部数を設定します。
setCopiesToDefault() - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使うジョブに対して、アプリケーションが描画しなければならないコピーの数をデフォルトに設定します。
setCorner(String, Component) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
スクロール区画のコーナーに表示される子を追加します (スペースがある場合)。
setCountLimit(long) - class javax.naming.directory.SearchControls のメソッド
検索の結果として返されるエントリの最大数を設定します。
setCrc(long) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
圧縮解除されたエントリデータの CRC-32 チェックサムを設定します。
setCurrency(Currency) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
通貨値をフォーマットするときに、この数値フォーマットで使用される通貨を設定します。
setCurrency(Currency) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
DecimalFormatSymbols が示す通貨を設定します。
setCurrency(Currency) - class java.text.NumberFormat のメソッド
通貨値をフォーマットするときに、この数値フォーマットで使用される通貨を設定します。
setCurrency(int, boolean) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列が金額を表すかどうかを設定します。
setCurrencySymbol(String) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
デフォルトロケールで、DecimalFormatSymbols の通貨に対する通貨記号を設定します。
setCurrent(Checkbox) - class java.awt.CheckboxGroup のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降では setSelectedCheckbox(Checkbox) を使用
setCurrentAccessibleValue(Number) - class java.awt.MenuItem.AccessibleAWTMenuItem のメソッド
オブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class java.awt.Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class java.awt.CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem のメソッド
オブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class java.awt.Checkbox.AccessibleAWTCheckbox のメソッド
オブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class java.awt.Button.AccessibleAWTButton のメソッド
オブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - interface javax.accessibility.AccessibleValue のメソッド
オブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.JSplitPane.AccessibleJSplitPane のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.JSlider.AccessibleJSlider のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.JProgressBar.AccessibleJProgressBar のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.JInternalFrame.JDesktopIcon.AccessibleJDesktopIcon のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.JInternalFrame.AccessibleJInternalFrame のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.JScrollBar.AccessibleJScrollBar のメソッド
このオブジェクトの値を Number として設定します。
setCurrentAccessibleValue(Number) - class javax.swing.AbstractButton.AccessibleAbstractButton のメソッド
このオブジェクトの値を数値として設定します。
setCurrentDirectory(File) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
現在のディレクトリを設定します。
setCurrentKeyboardFocusManager(KeyboardFocusManager) - class java.awt.KeyboardFocusManager の static メソッド
スレッドのコンテキストの呼び出しに対して、現在の KeyboardFocusManager インスタンスを設定します。
setCurrentLineLength(int) - class javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
現在の行の長さを設定します。
setCurrentManager(FocusManager) - class javax.swing.FocusManager の static メソッド
呼び出されるスレッドのコンテキストに対する、現在の KeyboardFocusManager インスタンスを設定します。
setCurrentManager(RepaintManager) - class javax.swing.RepaintManager の static メソッド
呼び出し側スレッドで使用される RepaintManager を設定します。
setCurrentTheme(MetalTheme) - class javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel の static メソッド
 
setCursor(Cursor) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
このオブジェクトの Cursor を設定します。
setCursor(Cursor) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
このオブジェクトの Cursor を設定します。
setCursor(Cursor) - class java.awt.Window のメソッド
指定されたカーソルにそのイメージを設定します。
setCursor(Cursor) - class java.awt.Component のメソッド
カーソルイメージを、指定されたカーソルに設定します。
setCursor(Cursor) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトのカーソルを設定します。
setCursor(Cursor) - class java.awt.dnd.DragSourceContext のメソッド
このメソッドは現在のドラッグ Cursor を設定します。
setCursor(Cursor) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトのカーソルを設定します。
setCursor(Cursor) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setCursor(Cursor) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
このオブジェクトの Cursor を設定します。
setCursor(Cursor) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setCursor(Cursor) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setCursor(int) - class java.awt.Frame のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Component.setCursor(Cursor) に置き換えられました。
setCursorName(String) - interface java.sql.Statement のメソッド
後続の Statement オブジェクトの execute メソッドによって使用される SQL カーソル名を指定された String に設定します。
setCurve(CubicCurve2D) - class java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された CubicCurve2D 内の対応する位置と同じに設定します。
setCurve(double[], int) - class java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
この QuadCurve2D の端点と制御点の位置を、指定された配列の指定されたオフセットにある double 型の座標に設定します。
setCurve(double[], int) - class java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定されたオフセットにある double 座標に指定された配列として設定します。
setCurve(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setCurve(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.QuadCurve2D.Float のメソッド
この QuadCurve2D の端点と制御点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setCurve(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.QuadCurve2D.Double のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setCurve(double, double, double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setCurve(double, double, double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.CubicCurve2D.Float のメソッド
この CubicCurve2D の端点と制御点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setCurve(double, double, double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.CubicCurve2D.Double のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setCurve(float, float, float, float, float, float) - class java.awt.geom.QuadCurve2D.Float のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された float 座標に設定します。
setCurve(float, float, float, float, float, float, float, float) - class java.awt.geom.CubicCurve2D.Float のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された float 座標に設定します。
setCurve(Point2D[], int) - class java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
この QuadCurve2D の端点と制御点の位置を、指定された配列の指定されたオフセットにある Point2D オブジェクトの座標に設定します。
setCurve(Point2D[], int) - class java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
指定された配列の指定されたオフセットにある Point2D オブジェクトの座標に、この曲線の端点と制御点の位置を設定します。
setCurve(Point2D, Point2D, Point2D) - class java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
この QuadCurve2D の端点と制御点の位置を、指定された Point2D 座標に設定します。
setCurve(Point2D, Point2D, Point2D, Point2D) - class java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
この曲線の端点と制御点の位置を、指定された Point2D 座標に設定します。
setCurve(QuadCurve2D) - class java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
この QuadCurve2D の端点と制御点の位置を、指定された QuadCurve2D と同じに設定します。
setDaemon(boolean) - class java.lang.ThreadGroup のメソッド
このスレッドグループのデーモンの状態を変更します。
setDaemon(boolean) - class java.lang.Thread のメソッド
このスレッドを、デーモンスレッドまたはユーザスレッドとしてマークします。
setData(byte[]) - class java.net.DatagramPacket のメソッド
このパケット用のデータバッファを設定します。
setData(byte[]) - class javax.imageio.stream.IIOByteBuffer のメソッド
その後の getData メソッド呼び出しで返される配列参照を更新します。
setData(byte[], int, int) - class java.net.DatagramPacket のメソッド
このパケット用のデータバッファを設定します。
setData(int, byte[]) - class java.awt.color.ICC_Profile のメソッド
プロファイルの特定のタグ付きデータ要素を byte 配列から設定します。
setData(Raster) - class java.awt.image.BufferedImage のメソッド
イメージの矩形領域を指定された Raster である r の内容に設定します。
setData(Raster) - interface java.awt.image.WritableRenderedImage のメソッド
イメージの矩形を、WritableRenderedImage と同じ座標空間にあると見なされる Raster r の内容に設定します。
setData(String) - interface org.w3c.dom.ProcessingInstruction のメソッド
この処理命令のコンテンツです。
setData(String) - interface org.w3c.dom.CharacterData のメソッド
このインタフェースを実装するノードの文字データです。
setDataElements(int, int, int, int, Object) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
ピクセル矩形のデータを TransferType 型のプリミティブ配列から設定します。
setDataElements(int, int, int, int, Object, DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
TransferType 型のプリミティブ配列から、指定された DataBuffer 内のピクセル矩形のデータを設定します。
setDataElements(int, int, Object) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
1 つのピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列から設定します。
setDataElements(int, int, Object, DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
指定された DataBuffer にある単一ピクセルのデータを、TransferType 型のプリミティブ配列から設定します。
setDataElements(int, int, Object, DataBuffer) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
TransferType 型のプリミティブ配列からの、指定した DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
setDataElements(int, int, Object, DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
TransferType 型のプリミティブ配列からの、指定された DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
setDataElements(int, int, Object, DataBuffer) - class java.awt.image.MultiPixelPackedSampleModel のメソッド
指定された DataBuffer の 1 つのピクセルのデータを、TransferType 型のプリミティブ配列から設定します。
setDataElements(int, int, Object, DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
transferType 型のプリミティブ配列から、指定された DataBuffer にある単一ピクセルのデータを設定します。
setDataElements(int, int, Raster) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
ピクセルの矩形のデータを入力 Raster から設定します。
setDatagramSocketImplFactory(DatagramSocketImplFactory) - class java.net.DatagramSocket の static メソッド
アプリケーションのデータグラムソケット実装ファクトリを設定します。
setDataSourceName(String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのデータソース名プロパティを、指定した String に設定します。
setDataVector(Object[][], Object[]) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
dataVector インスタンス変数の値を、配列 dataVector の値で置き換えます。
setDataVector(Vector, Vector) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
現在の dataVector インスタンス変数を、新しい行の Vector である dataVector に置き換えます。
setDate(Date) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
証明書パスの妥当性が判断される時刻を設定します。
setDate(int) - class java.sql.Time のメソッド
推奨されていません。  
setDate(int) - class java.util.Date のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Calendar.set(Calendar.DAY_OF_MONTH, int date) に置き換えられました。
setDate(int, Date) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.sql.Date 値に設定します。
setDate(int, Date) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.sql.Date 値に設定します。
setDate(int, Date, Calendar) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定された Calendar オブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定された java.sql.Date 値に設定します。
setDate(int, Date, Calendar) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.sql.Date 値に設定します。
setDate(String, Date) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.sql.Date 値に設定します。
setDate(String, Date, Calendar) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定された Calendar オブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定された java.sql.Date 値に設定します。
setDateAndTime(Date) - class java.security.cert.X509CRLSelector のメソッド
dateAndTime 基準値を設定します。
setDateFormatSymbols(DateFormatSymbols) - class java.text.SimpleDateFormat のメソッド
この日付フォーマットの、日付と時刻のフォーマット記号を設定します。
setDebugGraphicsOptions(int) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネント、またはその子のどれかで実行されるすべてのグラフィック操作についての診断情報を有効化または無効化します。
setDebugOptions(int) - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
各グラフィック処理についての診断情報を使用可能または使用不可にします。
setDecimalFormatSymbols(DecimalFormatSymbols) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
数値桁区切り文字を設定します。
setDecimalSeparator(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
小数点に使用する文字を設定します。
setDecimalSeparatorAlwaysShown(boolean) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
整数と区別する小数点の動作を設定します (小数位では小数点が常に表示される)。
setDecodeTables(JPEGQTable[], JPEGHuffmanTable[], JPEGHuffmanTable[]) - class javax.imageio.plugins.jpeg.JPEGImageReadParam のメソッド
省略されたストリームの復号化で使用するために数量化テーブルおよびハフマンテーブルを設定します。
setDecomposition(int) - class java.text.Collator のメソッド
Collator の分解モードを設定します。
setDefault(Authenticator) - class java.net.Authenticator の static メソッド
オーセンティケータを設定します。
setDefault(Locale) - class java.util.Locale の static メソッド
Java 仮想マシンのこのインスタンスに対するデフォルトロケールを設定します。
setDefault(TimeZone) - class java.util.TimeZone の static メソッド
getDefault メソッドで返される TimeZone を設定します。
setDefaultAction(Action) - interface javax.swing.text.Keymap のメソッド
キーが入力された場合に発生するデフォルトアクションを設定します。
setDefaultActions(int) - class java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
この DropTarget のデフォルトの許容アクションを設定します。
setDefaultAllowUserInteraction(boolean) - class java.net.URLConnection の static メソッド
将来に作成されるすべての URLConnection オブジェクトの allowUserInteraction フィールドについて、デフォルト値を指定された値に設定します。
setDefaultAssertionStatus(boolean) - class java.lang.ClassLoader のメソッド
このクラスローダのデフォルト宣言ステータスを設定します。
setDefaultButton(JButton) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
defaultButton プロパティを設定して、この JRootPane の現在のデフォルトボタンを指定します。
setDefaultCapable(boolean) - class javax.swing.JButton のメソッド
このボタンがルート区画のデフォルトボタンになるかどうかを判定する defaultCapable プロパティを設定します。
setDefaultCloseOperation(int) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
ユーザがこの内部フレームの「クローズ」を開始したときに、デフォルトで実行される処理を設定します。
setDefaultCloseOperation(int) - class javax.swing.JFrame のメソッド
ユーザがこのフレームの「クローズ」を開始したときに、デフォルトで実行される処理を設定します。
setDefaultCloseOperation(int) - class javax.swing.JDialog のメソッド
ユーザがこのダイアログの「クローズ」を開始したときに、デフォルトで実行される処理を設定します。
setDefaultCursor(Cursor) - class javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
デフォルトのカーソルを設定します。
setDefaultDTD() - class javax.swing.text.html.parser.ParserDelegator の static メソッド
 
setDefaultEditor(Class, TableCellEditor) - class javax.swing.JTable のメソッド
TableColumn にエディタが設定されていない場合に使う、デフォルトのセルエディタを設定します。
setDefaultFocusTraversalKeys(int, Set) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
指定されたトラバーサル操作に対して、デフォルトのフォーカストラバーサルキーを設定します。
setDefaultFocusTraversalPolicy(FocusTraversalPolicy) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
デフォルトの FocusTraversalPolicy を設定します。
setDefaultFormatter(JFormattedTextField.AbstractFormatter) - class javax.swing.text.DefaultFormatterFactory のメソッド
表示、編集または の JFormattedTextField.AbstractFormatter が指定されていない場合などに、最後の手段として使用する JFormattedTextField.AbstractFormatter を設定します。
setDefaultHostnameVerifier(HostnameVerifier) - class javax.net.ssl.HttpsURLConnection の static メソッド
このクラスのインスタンスが生成されたときに継承された、デフォルトの HostnameVerifier を設定します。
setDefaultLightWeightPopupEnabled(boolean) - class javax.swing.JPopupMenu の static メソッド
lightWeightPopupEnabled プロパティのデフォルト値を設定します。
setDefaultLocale(Locale) - class javax.swing.UIDefaults のメソッド
デフォルトのロケールを設定します。
setDefaultLocale(Locale) - class javax.swing.JComponent の static メソッド
各 JComponent のロケールプロパティを、生成時に初期化するために使用するデフォルトロケールを返します。
setDefaultLookAndFeelDecorated(boolean) - class javax.swing.JFrame の static メソッド
新しく作成された JFrame が、現在の Look & Feel によって提供されるウィンドウ修飾 (境界、ウィンドウをクローズするウィジェット、タイトルなど) を備えるかどうかについてのヒントを提供します。
setDefaultLookAndFeelDecorated(boolean) - class javax.swing.JDialog の static メソッド
新しく生成される JDialog が、現在の Look & Feel (L&F) で実行できるボーダ、ウィンドウクローズ用ウィジェット、タイトルなどのウィンドウ装飾を保持するかどうかのヒントが用意されています。
setDefaultQueue(LayoutQueue) - class javax.swing.text.LayoutQueue の static メソッド
デフォルトのレイアウトキューを設定します。
setDefaultRenderer(Class, TableCellRenderer) - class javax.swing.JTable のメソッド
TableColumn にレンダリングが設定されていない場合に使う、デフォルトのセルレンダリングを設定します。
setDefaultRenderer(TableCellRenderer) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
TableColumnheaderRenderer を定義しないときに使われるデフォルトのレンダリングです。
setDefaultRequestProperty(String, String) - class java.net.URLConnection の static メソッド
推奨されていません。 URLConnection の該当インスタンスを取得したあとは、インスタンス固有の setRequestProperty を使用します。
setDefaultSelection(JobAttributes.DefaultSelectionType) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、アプリケーションが印刷する対象が、全ページ、getPageRanges の戻り値で指定された範囲、または現在の選択範囲なのかを指定します。
setDefaultSSLSocketFactory(SSLSocketFactory) - class javax.net.ssl.HttpsURLConnection の static メソッド
このクラスのインスタンスが生成されたときに継承された、デフォルトの SSL ソケットファクトリを設定します。
setDefaultStream(PrintStream) - class java.rmi.server.LogStream の static メソッド
推奨されていません。 代替はありません。
setDefaultUseCaches(boolean) - class java.net.URLConnection のメソッド
useCaches フィールドのデフォルト値を、指定された値に設定します。
setDelay(int) - class javax.swing.Timer のメソッド
連続するアクションイベント間の Timer 遅延時間をミリ秒単位で設定します。
setDelay(int) - class javax.swing.JMenu のメソッド
メニューの PopupMenu を表示または非表示にするまでの、推奨される遅延時間をミリ秒単位で返します。
setDerefLinkFlag(boolean) - class javax.naming.directory.SearchControls のメソッド
検索中のリンクへの間接参照を有効または無効にします。
setDescription(String) - class javax.swing.ImageIcon のメソッド
イメージの説明を設定します。
setDesignTime(boolean) - interface java.beans.DesignMode のメソッド
designTime プロパティの値を設定します。
setDesignTime(boolean) - class java.beans.Beans の static メソッド
アプリケーション構築環境で動作しているかどうかを示します。
setDesignTime(boolean) - class java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
この BeanContext に新しい設計時モードを設定します。
setDesktopIcon(JInternalFrame.JDesktopIcon) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFrame に関連した JDesktopIcon を設定します。
setDesktopManager(DesktopManager) - class javax.swing.JDesktopPane のメソッド
デスクトップ固有の UI アクションを処理する DesktopManger を設定します。
setDesktopProperty(String, Object) - class java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたデスクトッププロパティを、指定された値に変更し、プロパティ変更イベントをトリガして、すべてのリスナーに値の変更を通知します。
setDestination(BufferedImage) - class javax.imageio.ImageReadParam のメソッド
復号化されるピクセルデータのデスティネーションとして使用する BufferedImage を提供します。
setDestination(JobAttributes.DestinationType) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、プリンタまたはファイルのどちらに出力するかを指定します。
setDestinationBands(int[]) - class javax.imageio.ImageReadParam のメソッド
データが配置されているデスティネーションバンドのインデックスを設定します。
setDestinationOffset(Point) - class javax.imageio.IIOParam のメソッド
読み込み時の場合は、将来デコードされるピクセルが配置されるオフセット、書き込み時の場合は、領域が書き込まれるオフセットをデスティネーションイメージに指定します。
setDestinationType(ImageTypeSpecifier) - class javax.imageio.ImageReadParam のメソッド
 
setDestinationType(ImageTypeSpecifier) - class javax.imageio.IIOParam のメソッド
ImageTypeSpecifier を使用して、用いたいイメージ形式をデスティネーションイメージに設定します。
setDialog(JobAttributes.DialogType) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、ユーザが印刷の設定を変更する印刷のダイアログを見る必要があるか、そしてどのタイプの印刷のダイアログが表示されるべきかを返します。
setDialogTitle(String) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
JFileChooser ウィンドウのタイトルバーに表示される文字列を設定します。
setDialogType(int) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
このダイアログのタイプを設定します。
setDictionary(byte[]) - class java.util.zip.Inflater のメソッド
プリセットディクショナリを指定のバイト配列に設定します。
setDictionary(byte[]) - class java.util.zip.Deflater のメソッド
圧縮のためのプリセットディクショナリを設定します。
setDictionary(byte[], int, int) - class java.util.zip.Inflater のメソッド
プリセットディクショナリを指定のバイト配列に設定します。
setDictionary(byte[], int, int) - class java.util.zip.Deflater のメソッド
圧縮のためのプリセットディクショナリを設定します。
setDigit(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
パターンで数字に使用する文字を設定します。
setDimensions(int, int) - interface java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
setDimensions メソッド呼び出しを使って、ソースイメージの大きさを報告します。
setDimensions(int, int) - class java.awt.image.ReplicateScaleFilter のメソッド
ソースイメージの大きさを置き換えて、新しく変更されたサイズの大きさを ImageConsumer に渡します。
setDimensions(int, int) - class java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
setDimensions メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
setDimensions(int, int) - class java.awt.image.ImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの setDimensions メソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
setDimensions(int, int) - class java.awt.image.CropImageFilter のメソッド
ソースのイメージのサイズをオーバーライドして、この切り出す矩形領域のサイズを ImageConsumer に渡します。
setDimensions(int, int) - class java.awt.image.BufferedImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの setDimensions メソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
setDirection(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ScrollListener のメソッド
 
setDirection(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI.ScrollListener のメソッド
 
setDirection(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicArrowButton のメソッド
 
setDirection(short) - class javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementSpec のメソッド
方向を設定します。
setDirectory(File) - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
現在、UI で選択されたディレクトリを記憶するためのプロパティです。
setDirectory(String) - class java.awt.FileDialog のメソッド
このファイルダイアログウィンドウのディレクトリを、指定されたディレクトリに設定します。
setDirectoryName(String) - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
setDirectoryName(String) - class javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
setDirectorySelected(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
現在ディレクトリが UI で選択されているかどうかを記憶するためのプロパティです。
setDirectorySelected(boolean) - class javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
ディレクトリが UI 内に現在選択されているかどうかを記憶するプロパティです。
setDisabledIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
無効な状態のボタンのアイコンを設定します。
setDisabledIcon(Icon) - class javax.swing.JLabel のメソッド
この JLabel が無効にされている (JLabel.setEnabled(false) が実行されている) 場合に表示されるアイコンを設定します。
setDisabledIconAt(int, Icon) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index の無効なアイコンを icon に設定します。
setDisabledSelectedIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
無効かつ選択状態のボタンのアイコンを設定します。
setDisabledTextColor(Color) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
無効にしたテキストを描画するのに使う現在の色を設定します。
setDismissDelay(int) - class javax.swing.ToolTipManager のメソッド
消去までの遅延時間を設定します。
setDisplayedMnemonic(char) - class javax.swing.JLabel のメソッド
displayedMnemonic を char 値で設定します。
setDisplayedMnemonic(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
ニーモニックキーを示すキーコードを設定します。
setDisplayedMnemonicIndex(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ニーモニックを表すために装飾するテキストの文字についての情報を Look & Feel に提供します。
setDisplayedMnemonicIndex(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
テキスト内のどの文字がニーモニックを表すように修飾されるかを示すヒントを Look & Feel に提供します。
setDisplayedMnemonicIndexAt(int, int) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
ニーモニックを表すためにテキストのどの文字を装飾するかについてのヒントを、Look & Feel に提供します。
setDisplayFormatter(JFormattedTextField.AbstractFormatter) - class javax.swing.text.DefaultFormatterFactory のメソッド
JFormattedTextField が編集中ではなく、値が null 以外または値が null であるが null フォーマッタが指定されていない場合に使用する JFormattedTextField.AbstractFormatter を設定します。
setDisplayMode(DisplayMode) - class java.awt.GraphicsDevice のメソッド
このグラフィックスデバイスの表示モードを設定します。
setDisplayName(String) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
この機能の地域対応された表示名を設定します。
setDividerLocation(double) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
JSplitPane のサイズのパーセンテージでディバイダの位置を設定します。
setDividerLocation(int) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
ディバイダの位置を設定します。
setDividerLocation(JSplitPane, int) - class javax.swing.plaf.SplitPaneUI のメソッド
ディバイダの位置を、指定された location に設定します。
setDividerLocation(JSplitPane, int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
ディバイダの位置を、指定された location に設定します。
setDividerLocation(JSplitPane, int) - class javax.swing.plaf.multi.MultiSplitPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で setDividerLocation メソッドを呼び出します。
setDividerSize(int) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
ディバイダのサイズを設定します。
setDividerSize(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider のメソッド
ディバイダのサイズを newSize に設定します。
setDockingColor(Color) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
ドッキング領域にあるときに表示される色を設定します。
setDocument(Document) - class javax.swing.JTextField のメソッド
エディタをテキストドキュメントに関連付けます。
setDocument(Document) - class javax.swing.JTextPane のメソッド
エディタをテキストドキュメントに関連付けます。
setDocument(Document) - class javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
エディタをテキストドキュメントに関連付けます。
setDocument(Document) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
エディタをテキストドキュメントに関連付けます。
setDocumentFilter(DocumentFilter) - class javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
DocumentFilter を設定します。
setDocumentHandler(DocumentHandler) - interface org.xml.sax.Parser のメソッド
推奨されていません。 アプリケーションに文書イベントハンドラの登録を許可します。
setDocumentHandler(DocumentHandler) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
SAX1 文書イベントハンドラを登録します。
setDocumentLocator(Locator) - class org.xml.sax.HandlerBase のメソッド
推奨されていません。 文書イベントの Locator オブジェクトを受け取ります。
setDocumentLocator(Locator) - interface org.xml.sax.DocumentHandler のメソッド
推奨されていません。 SAX 文書イベントの発生元を特定するオブジェクトを受け取ります。
setDocumentLocator(Locator) - interface org.xml.sax.ContentHandler のメソッド
SAX 文書イベントの発生元を特定するオブジェクトを受け取ります。
setDocumentLocator(Locator) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
文書ロケータを設定します。
setDocumentLocator(Locator) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
新しい文書ロケータイベントをファイルタリングします。
setDocumentLocator(Locator) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
SAX1 の文書ロケータイベントを適応させます。
setDocumentLocator(Locator) - class org.xml.sax.helpers.DefaultHandler のメソッド
文書イベントの Locator オブジェクトを受け取ります。
setDocumentProperties(Dictionary) - class javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
このドキュメントのドキュメントプロパティの辞書を置き換えます。
setDoInput(boolean) - class java.net.URLConnection のメソッド
この URLConnectiondoInput フィールド値を指定した値に設定します。
setDoOutput(boolean) - class java.net.URLConnection のメソッド
この URLConnectiondoOutput フィールドの値を、指定された値に設定します。
setDot(int) - class javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
キャレットとマークの位置を設定します。
setDot(int) - interface javax.swing.text.Caret のメソッド
キャレットの位置を設定します。
setDot(int, Position.Bias) - class javax.swing.text.NavigationFilter.FilterBypass のメソッド
NavigationFilter をバイパスして、キャレット位置を設定します。
setDot(NavigationFilter.FilterBypass, int, Position.Bias) - class javax.swing.text.NavigationFilter のメソッド
ドットを設定する Caret の前に呼び出されます。
setDouble(int, double) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の double 値に設定します。
setDouble(int, double) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java double 値に設定します。
setDouble(Object, double) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を double として設定します。
setDouble(Object, int, double) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された double 値に設定します。
setDouble(String, double) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の double 値に設定します。
setDoubleBuffered(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントがバッファを使用して描画するかどうかを設定します。
setDoubleBufferingEnabled(boolean) - class javax.swing.RepaintManager のメソッド
ダブルバッファリングを有効または無効にします。
setDoubleBufferMaximumSize(Dimension) - class javax.swing.RepaintManager のメソッド
最大のダブルバッファサイズを設定します。
setDragEnabled(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
dragEnabled プロパティを設定します。
setDragEnabled(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
dragEnabled プロパティを設定します。
setDragEnabled(boolean) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
dragEnabled プロパティを設定します。
setDragEnabled(boolean) - class javax.swing.JList のメソッド
dragEnabled プロパティを設定します。
setDragEnabled(boolean) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
dragEnabled プロパティを設定します。
setDragEnabled(boolean) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
dragEnabled プロパティを設定します。
setDraggedColumn(TableColumn) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
ヘッダの draggedColumnaColumn に設定します。
setDraggedDistance(int) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
ヘッダの draggedDistancedistance に設定します。
setDragMode(int) - class javax.swing.JDesktopPane のメソッド
デスクトップ区画で使用される「ドラッグスタイル」を設定します。
setDragOffset(Point) - class javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI のメソッド
 
setDrawsLayeredHighlights(boolean) - class javax.swing.text.DefaultHighlighter のメソッド
true の場合は、View がテキストを描画するのと同時にハイライトが描画されます。
setDropTarget(DropTarget) - class java.awt.Component のメソッド
DropTarget をこのコンポーネントと関連付けます。
setDSTSavings(int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
夏時間の期間に時計を進める時間量をミリ秒単位で設定します。
setDTDHandler(DTDHandler) - interface org.xml.sax.XMLReader のメソッド
アプリケーションに DTD イベントハンドラの登録を許可します。
setDTDHandler(DTDHandler) - interface org.xml.sax.Parser のメソッド
推奨されていません。 アプリケーションに DTD イベントハンドラの登録を許可します。
setDTDHandler(DTDHandler) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
DTD イベントハンドラを登録します。
setDTDHandler(DTDHandler) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
DTD イベントハンドラを設定します。
setDTDHandler(DTDHandler) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
DTD ハンドラを設定します。
setDynamicLayout(boolean) - class java.awt.Toolkit のメソッド
Containers のレイアウトをサイズ変更時に動的に検査するか、またはサイズ変更が完了してから静的に検査するかどうかを制御します。
setEastPane(JComponent) - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setEchoChar(char) - class java.awt.TextField のメソッド
このテキストフィールドのエコー文字を設定します。
setEchoChar(char) - class javax.swing.JPasswordField のメソッド
JPasswordField にエコー文字を設定します。
setEchoCharacter(char) - class java.awt.TextField のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、setEchoChar(char) を使用
setEditable(boolean) - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントが編集可能かどうかを指定するフラグを設定します。
setEditable(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
ツリーが編集可能かどうかを設定します。
setEditable(boolean) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
JComboBox フィールドが編集可能かどうかを指定します。
setEditable(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
レシーバが編集を許可するかどうかを設定します。
setEditable(boolean) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
この TextComponent が編集可能かどうかを設定します。
setEditFormatter(JFormattedTextField.AbstractFormatter) - class javax.swing.text.DefaultFormatterFactory のメソッド
JFormattedTextField が編集中で、値が null 以外または値が null であるが null フォーマッタが指定されていない場合に使用する JFormattedTextField.AbstractFormatter を設定します。
setEditingColumn(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
editingColumn 変数を設定します。
setEditingRow(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
editingRow 変数を設定します。
setEditor(ComboBoxEditor) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
選択された項目を JComboBox フィールドでペイントおよび編集するために使用されるエディタを設定します。
setEditor(JComponent) - class javax.swing.JSpinner のメソッド
SpinnerModel の現在の値を表示する JComponent を変更します。
setEditorKit(EditorKit) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
コンテンツの処理のために現在インストールされているキットを設定します。
setEditorKit(EditorKit) - class javax.swing.JTextPane のメソッド
コンテンツを処理するために現在インストールされているキットを設定します。
setEditorKitForContentType(String, EditorKit) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
指定されたコンテンツタイプで使用できるようにエディタキットを直接設定します。
setEditorSearchPath(String[]) - class java.beans.PropertyEditorManager の static メソッド
プロパティエディタの検索で使用されるパッケージ名リストを設定します。
setEditValid(boolean) - class javax.swing.JFormattedTextField.AbstractFormatter のメソッド
JFormattedTextFieldeditValid プロパティを更新するために呼び出します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBufferByte のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された値に設定します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBufferInt のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある、要求されたデータ配列要素に、指定された値を設定します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBuffer のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された int から設定します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBufferUShort のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある、要求されたデータ配列要素に、指定された値を設定します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBufferShort のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある、要求されたデータ配列要素に、指定された値を設定します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBufferFloat のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された int に設定します。
setElem(int, int) - class java.awt.image.DataBufferDouble のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された int に設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBufferByte のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された int 値で設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBufferInt のメソッド
指定されたバンクにある、要求されたデータ配列要素に整数値 i を設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBuffer のメソッド
指定されたバンク内の要求されたデータ配列要素を、指定された int 値で設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBufferUShort のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された整数で設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBufferShort のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された整数で設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBufferFloat のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された int 値に設定します。
setElem(int, int, int) - class java.awt.image.DataBufferDouble のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された int 値に設定します。
setElemDouble(int, double) - class java.awt.image.DataBuffer のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された double 値で設定します。
setElemDouble(int, double) - class java.awt.image.DataBufferFloat のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された double に設定します。
setElemDouble(int, double) - class java.awt.image.DataBufferDouble のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された double に設定します。
setElemDouble(int, int, double) - class java.awt.image.DataBuffer のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された double 値で設定します。
setElemDouble(int, int, double) - class java.awt.image.DataBufferFloat のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された double 値に設定します。
setElemDouble(int, int, double) - class java.awt.image.DataBufferDouble のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された double 値に設定します。
setElementAt(Object, int) - class java.util.Vector のメソッド
Vector の指定された index の要素に、指定されたオブジェクトを設定します。
setElementAt(Object, int) - class javax.swing.DefaultListModel のメソッド
リストの指定された index のコンポーネントを、指定されたオブジェクトとして設定します。
setElemFloat(int, float) - class java.awt.image.DataBuffer のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された float 値で設定します。
setElemFloat(int, float) - class java.awt.image.DataBufferFloat のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された float に設定します。
setElemFloat(int, float) - class java.awt.image.DataBufferDouble のメソッド
最初の (デフォルトの) バンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された float に設定します。
setElemFloat(int, int, float) - class java.awt.image.DataBuffer のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された float 値で設定します。
setElemFloat(int, int, float) - class java.awt.image.DataBufferFloat のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された float 値に設定します。
setElemFloat(int, int, float) - class java.awt.image.DataBufferDouble のメソッド
指定されたバンクにある要求されたデータ配列要素を、指定された float 値に設定します。
setEnabled(boolean) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
オブジェクトを有効な状態に設定します。
setEnabled(boolean) - class java.awt.MenuItem のメソッド
このメニュー項目を選択可能にするかどうかを設定します。
setEnabled(boolean) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクトを有効な状態に設定します。
setEnabled(boolean) - class java.awt.Component のメソッド
パラメータ b の値に応じて、このコンポーネントを使用可能または使用不可能にします。
setEnabled(boolean) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトを有効な状態に設定します。
setEnabled(boolean) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトを有効な状態に設定します。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
オブジェクトを使用可能な状態に設定します。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
項目を選択できるようにコンボボックスを有効にします。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.ToolTipManager のメソッド
ツールヒントを有効または無効にします。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
コンポーネントを使用可能にして、ノブの位置が変更できるようにします。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンを有効または無効にします。
setEnabled(boolean) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンを有効または無効にします。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JMenuItem のメソッド
メニュー項目を有効または無効にします。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ボタンを有効または無効にします。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.AbstractAction のメソッド
アクションを使用可能または使用不可にします。
setEnabled(boolean) - interface javax.swing.Action のメソッド
Action の有効状態を設定します。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントが有効かどうかを設定します。
setEnabled(boolean) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setEnabledAt(int, boolean) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のタブが使用可能であるかどうかを設定します。
setEnabledCipherSuites(String[]) - class javax.naming.ldap.StartTlsResponse のメソッド
この TLS 接続に対して使用可能になっているデフォルトの符号化方式をオーバーライドします。
setEnabledCipherSuites(String[]) - class javax.net.ssl.SSLServerSocket のメソッド
受け入れた接続に対して使用可能にする SSL 符号化方式を制御します。
setEnabledCipherSuites(String[]) - class javax.net.ssl.SSLSocket のメソッド
この接続に対して使用可能にする符号化方式を制御します。
setEnabledProtocols(String[]) - class javax.net.ssl.SSLServerSocket のメソッド
受け入れた接続で使用可能にするプロトコルを制御します。
setEnabledProtocols(String[]) - class javax.net.ssl.SSLSocket のメソッド
この接続に対して使用可能にするプロトコルを制御します。
setEnableSessionCreation(boolean) - class javax.net.ssl.SSLServerSocket のメソッド
このサーバソケットから作成されたソケットで、新しい SSL セッションを確立すかどうかを制御します。
setEnableSessionCreation(boolean) - class javax.net.ssl.SSLSocket のメソッド
このソケットで新しい SSL セッションを確立できるかどうかを制御します。
setEncodeTables(JPEGQTable[], JPEGHuffmanTable[], JPEGHuffmanTable[]) - class javax.imageio.plugins.jpeg.JPEGImageWriteParam のメソッド
省略されたストリームの符号化で使用するために数量化テーブルおよびハフマンテーブルを設定します。
setEncoding(String) - class java.util.logging.Handler のメソッド
この Handler が使用する文字セットを設定します。
setEncoding(String) - class java.util.logging.StreamHandler のメソッド
この Handler が使用する文字セットを設定または変更します。
setEncoding(String) - class org.xml.sax.InputSource のメソッド
文字セットがわかっている場合、これを設定します。
setEnd(Comparable) - class javax.swing.SpinnerDateModel のメソッド
このシーケンスの Date の上限を変更します。
setEndIndex(int) - class java.text.FieldPosition のメソッド
終了インデックスを設定します。
setEndRule(int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
夏時間の終了規則を月内の固定日に設定します。
setEndRule(int, int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
夏時間の終了規則を設定します。
setEndRule(int, int, int, int, boolean) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
8 日またはそれ以降の最初の月曜日というように、夏時間の終了規則を月内の指定日の前後の平日に設定します。
setEntityResolver(EntityResolver) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilder のメソッド
構文解析する XML ドキュメントに存在するエンティティを解決するのに使用される EntityResolver を指定します。
setEntityResolver(EntityResolver) - interface org.xml.sax.XMLReader のメソッド
アプリケーションにエンティティリゾルバの登録を許可します。
setEntityResolver(EntityResolver) - interface org.xml.sax.Parser のメソッド
推奨されていません。 アプリケーションにカスタムエンティティリゾルバの登録を許可します。
setEntityResolver(EntityResolver) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
エンティティリゾルバを登録します。
setEntityResolver(EntityResolver) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
エンティティリゾルバを設定します。
setEntityResolver(EntityResolver) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
エンティティリゾルバを設定します。
setEnvironment(Hashtable) - class javax.naming.CannotProceedException のメソッド
getEnvironment() が呼び出されたときに返される環境を設定します。
setEras(String[]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
紀元の文字列「AD」や「BC」を設定します。
setErr(PrintStream) - class java.lang.System の static メソッド
「標準」エラー出力ストリームを割り当てし直します。
setError() - class java.io.PrintWriter のメソッド
エラーが発生したことを示します。
setError() - class java.io.PrintStream のメソッド
ストリームのエラー状態を true に設定します。
setErrorHandler(ErrorHandler) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilder のメソッド
構文解析する XML ドキュメントに存在するエラーのレポートに使用される ErrorHandler を指定します。
setErrorHandler(ErrorHandler) - interface org.xml.sax.XMLReader のメソッド
アプリケーションにエラーイベントハンドラの登録を許可します。
setErrorHandler(ErrorHandler) - interface org.xml.sax.Parser のメソッド
推奨されていません。 アプリケーションにエラーイベントハンドラの登録を許可します。
setErrorHandler(ErrorHandler) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
エラーイベントハンドラを登録します。
setErrorHandler(ErrorHandler) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
エラーイベントハンドラを設定します。
setErrorHandler(ErrorHandler) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
エラーハンドラを設定します。
setErrorIndex(int) - class java.text.ParsePosition のメソッド
解析エラーが発生した位置にインデックスを設定します。
setErrorListener(ErrorListener) - class javax.xml.transform.TransformerFactory のメソッド
TransformerFactory のエラーイベントリスナーを設定します。
setErrorListener(ErrorListener) - class javax.xml.transform.Transformer のメソッド
変換に有効なエラーイベントリスナーを設定します。
setErrorManager(ErrorManager) - class java.util.logging.Handler のメソッド
この HandlerErrorManager を定義します。
setEscapeProcessing(boolean) - interface java.sql.Statement のメソッド
エスケープの処理をオンまたはオフに設定します。
setEscapeProcessing(boolean) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのエスケープの処理をオンまたはオフに設定します。
setEstimatedMajorSpan(boolean) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
主なスパンを評価中として処理するかどうかを決定する、estimatedMajorSpan プロパティを設定します。
setExceptionListener(ExceptionListener) - class java.beans.XMLDecoder のメソッド
このストリームの例外ハンドラを exceptionListener とします。
setExceptionListener(ExceptionListener) - class java.beans.Encoder のメソッド
このストリームの例外ハンドラを exceptionListener にします。
setExpandedIcon(Icon) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
setExpandedState(TreePath, boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
この JTree の展開状態を設定します。
setExpandedState(TreePath, boolean) - class javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
パス path の展開状態を isExpanded としてマーク付けします。
setExpandedState(TreePath, boolean) - class javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
パス path の展開状態を isExpanded としてマーク付けします。
setExpandedState(TreePath, boolean) - class javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
パス path の展開状態を isExpanded としてマーク付けします。
setExpandEntityReferences(boolean) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサがエンティティ参照ノードを展開するように指定します。
setExpandsSelectedPaths(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
expandsSelectedPaths プロパティを設定します。
setExpert(boolean) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
expert フラグを使って、専門ユーザ用の機能と一般ユーザ用の機能を識別します。
setExplicitPolicyRequired(boolean) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
ExplicitPolicyRequired フラグを設定します。
setExtendedKeyUsage(Set) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
extendedKeyUsage 基準値を設定します。
setExtendedState(int) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームの状態をビットマスクで設定します。
setExtent(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
ノブによって「カバー」される範囲のサイズを設定します。
setExtent(int) - class javax.swing.DefaultBoundedRangeModel のメソッド
n がゼロより大きいか等しく、モデルの制約内に収まることを確認したあと、extent を n に設定します。
setExtent(int) - interface javax.swing.BoundedRangeModel のメソッド
モデルの extent の値を設定します。
setExtentSize(Dimension) - class javax.swing.JViewport のメソッド
ビューの座標を使用してビューの可視部分のサイズを設定します。
setExtra(byte[]) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
エントリに任意指定の補足フィールドデータを設定します。
setFailureHandler(RMIFailureHandler) - class java.rmi.server.RMISocketFactory の static メソッド
サーバソケットの作成が失敗した場合に、RMI のランタイムが呼び出すエラーハンドラを設定します。
setFeature(String, boolean) - class javax.xml.parsers.SAXParserFactory のメソッド
org.xml.sax.XMLReader の基本となる実装に特定の機能を設定します。
setFeature(String, boolean) - interface org.xml.sax.XMLReader のメソッド
機能の状態を設定します。
setFeature(String, boolean) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
機能の状態を設定します。
setFeature(String, boolean) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
パーサの機能を設定します。
setFetchDirection(int) - interface java.sql.Statement のメソッド
Statement オブジェクトを使用して作成された ResultSet オブジェクトの行が処理される方向についてのヒントをドライバに提供します。
setFetchDirection(int) - interface java.sql.ResultSet のメソッド
この ResultSet オブジェクト内の行が処理される方向についてのヒントを提供します。
setFetchSize(int) - interface java.sql.Statement のメソッド
より多くの行が必要なときに、データベースから取り出す必要がある行数についてのヒントを JDBC ドライバに提供します。
setFetchSize(int) - interface java.sql.ResultSet のメソッド
この ResultSet オブジェクトでより多くの行が必要なときにデータベースから取り出す必要がある行数についてのヒントを JDBC ドライバに提供します。
setFile(String) - class java.awt.FileDialog のメソッド
このファイルダイアログウィンドウの選択されているファイルを、指定されたファイルに設定します。
setFileFilter(FileFilter) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
現在のファイルフィルタを設定します。
setFileHidingEnabled(boolean) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
ファイルを非表示にするかどうかを設定します。
setFileName(String) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使うジョブに対して、出力ファイルの名前を指定します。
setFileName(String) - class javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
setFileName(String) - class javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
setFilenameFilter(FilenameFilter) - class java.awt.FileDialog のメソッド
ファイルダイアログウィンドウのファイル名フィルタを指定されたフィルタに設定します。
setFileNameMap(FileNameMap) - class java.net.URLConnection の static メソッド
FileNameMap を設定します。
setFileSelectionMode(int) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
JFileChooserを設定して、ユーザが、ファイルのみ、ディレクトリのみ、またはファイルとディレクトリの両方を選択できるようにします。
setFileSystemView(FileSystemView) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
フロッピードライブの検索やルートドライブのリストの取得など、ファイルシステムリソースのアクセスおよび作成のために JFileChooser が使用するファイルシステムビューを設定します。
setFileView(FileView) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
ファイルを表すアイコンや、ファイルタイプの説明などの UI 情報を取得するのに使うファイルビューを設定します。
setFilter(Filter) - class java.util.logging.Logger のメソッド
フィルタを設定してこの Logger の出力を制御します。
setFilter(Filter) - class java.util.logging.Handler のメソッド
この Handler の出力を制御するFilter を設定します。
setFirstDayOfWeek(int) - class java.util.Calendar のメソッド
週の最初の日が何であるかを設定します。
setFirstLineIndent(float) - class javax.swing.text.ParagraphView のメソッド
先頭行のインデントを設定します。
setFirstLineIndent(MutableAttributeSet, float) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
最初の行のインデントを設定します。
setFixedCellHeight(int) - class javax.swing.JList のメソッド
リストにあるすべてのセルの高さを設定します。
setFixedCellWidth(int) - class javax.swing.JList のメソッド
リストにあるすべてのセルの幅を設定します。
setFlashColor(Color) - class javax.swing.DebugGraphics の static メソッド
描画処理をフラッシュするのに使う色を設定します。
setFlashCount(int) - class javax.swing.DebugGraphics の static メソッド
描画処理がフラッシュする回数を設定します。
setFlashTime(int) - class javax.swing.DebugGraphics の static メソッド
描画処理フラッシュの時間遅延を設定します。
setFlavorMap(FlavorMap) - class java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
このメソッドは、この DropTarget に関連した FlavorMap を設定します。
setFlavorsForNative(String, DataFlavor[]) - class java.awt.datatransfer.SystemFlavorMap のメソッド
指定された String ネイティブの現在のマッピングを破棄して、指定された DataFlavor への新しいマッピングを作成します。
setFloat(int, float) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の float 値に設定します。
setFloat(int, float) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java float 値に設定します。
setFloat(Object, float) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を float として設定します。
setFloat(Object, int, float) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された float 値に設定します。
setFloat(String, float) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の float 値に設定します。
setFloatable(boolean) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
floatable プロパティを設定します。
setFloating(boolean, Point) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
setFloatingColor(Color) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
フローティング領域にあるときに表示される色を設定します。
setFloatingLocation(int, int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
setFocusable(boolean) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのフォーカス状態を指定された値に設定します。
setFocusableWindowState(boolean) - class java.awt.Window のメソッド
isFocusableWindow に概説されたその他の要件に合致する場合に、この Window がフォーカスされた Window になれるかどうかを設定します。
setFocusAccelerator(char) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
受信側テキストコンポーネントにフォーカスを取得させるキーアクセラレータを設定します。
setFocusCycleRoot(boolean) - class java.awt.Window のメソッド
Window は常にフォーカストラバーサルサイクルのルートであるため、何も操作は行われません。
setFocusCycleRoot(boolean) - class java.awt.Container のメソッド
このコンテナがフォーカストラバーサルサイクルのルートであるかどうかを設定します。
setFocusCycleRoot(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
JInternalFrame は常にフォーカストラバーサルサイクルのルートであるため、このメソッドは何も行いません。
setFocusLostBehavior(int) - class javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
フォーカス喪失時の動作を設定します。
setFocusPainted(boolean) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
paintFocus プロパティを設定します。
setFocusTraversalKeys(int, Set) - class java.awt.Container のメソッド
このコンテナの指定されたトラバーサル操作に対するフォーカストラバーサルキーを設定します。
setFocusTraversalKeys(int, Set) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントの指定されたトラバーサル操作に対するフォーカストラバーサルキーを設定します。
setFocusTraversalKeysEnabled(boolean) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントに対してフォーカストラバーサルキーが使用できるかどうかを示します。
setFocusTraversalPolicy(FocusTraversalPolicy) - class java.awt.Container のメソッド
このコンテナがフォーカスサイクルルートの場合、このコンテナの子のキーボートトラバーサルを管理するフォーカストラバーサルポリシーを設定します。
setFollowRedirects(boolean) - class java.net.HttpURLConnection の static メソッド
このクラスが、HTTP リダイレクト (応答コード 300 番台の要求) に自動的に従うかどうかを設定します。
setFont(Font) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
このオブジェクトの Font を設定します。
setFont(Font) - class java.awt.Graphics のメソッド
このグラフィックスコンテキストのフォントを、指定されたフォントに設定します。
setFont(Font) - class java.awt.MenuComponent のメソッド
このメニューコンポーネントに使用するフォントを、指定されたフォントに設定します。
setFont(Font) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
このオブジェクトの Font を設定します。
setFont(Font) - class java.awt.Container のメソッド
このコンテナのフォントを設定します。
setFont(Font) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのフォントを設定します。
setFont(Font) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトのフォントを設定します。
setFont(Font) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトのフォントを設定します。
setFont(Font) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setFont(Font) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
このオブジェクトの Font を設定します。
setFont(Font) - class javax.swing.JTextArea のメソッド
現在のフォントを設定します。
setFont(Font) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setFont(Font) - class javax.swing.JTextField のメソッド
現在のフォントを設定します。
setFont(Font) - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
テキスト描画処理に使うフォントを設定します。
setFont(Font) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントのフォントを設定します。
setFont(Font) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setFont(Font) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
FontUIResource を null にマッピングするようにサブクラス化します。
setFont(Font) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
編集用のフォントを設定します。
setFontFamily(MutableAttributeSet, String) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
フォントの属性を設定します。
setFontSize(MutableAttributeSet, int) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
フォントサイズを設定します。
setForeground(Color) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
このオブジェクトのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
このオブジェクトのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setForeground(Color) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
このオブジェクトのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setForeground(Color) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントのフォアグラウンドカラーを設定します。
setForeground(Color) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setForeground(Color) - class javax.swing.table.DefaultTableCellRenderer のメソッド
JComponent.setForeground を上書きして、選択されていないフォアグラウンドカラーを指定された色に割り当てます。
setForeground(MutableAttributeSet, Color) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
フォアグラウンドカラーを設定します。
setForegroundAt(int, Color) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のフォアグラウンドカラーを foreground に設定します。
setFormat(DateFormat) - class javax.swing.text.DateFormatter のメソッド
編集および表示が可能な正当な値を規定する書式を設定します。
setFormat(Format) - class javax.swing.text.NumberFormatter のメソッド
編集および表示が可能な正当な値を規定する書式を設定します。
setFormat(Format) - class javax.swing.text.InternationalFormatter のメソッド
編集および表示が可能な正当な値を規定する書式を設定します。
setFormat(int, Format) - class java.text.MessageFormat のメソッド
あらかじめ設定されたパターン文字列内の指定されたフォーマット要素インデックスで、フォーマット要素に使用するフォーマットを設定します。
setFormatByArgumentIndex(int, Format) - class java.text.MessageFormat のメソッド
指定された引数インデックスを使用する、あらかじめ設定されたパターン文字列内のフォーマット要素に使用するフォーマットを設定します。
setFormats(Format[]) - class java.text.MessageFormat のメソッド
あらかじめ設定されたパターン文字列内のフォーマット要素に使用するフォーマットを設定します。
setFormatsByArgumentIndex(Format[]) - class java.text.MessageFormat のメソッド
format メソッドに渡される値または parse メソッドから返された値に使用するフォーマットを設定します。
setFormatter(Formatter) - class java.util.logging.Handler のメソッド
Formatter を設定します。
setFormatter(JFormattedTextField.AbstractFormatter) - class javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
現在の AbstractFormatter を設定します。
setFormatterFactory(JFormattedTextField.AbstractFormatterFactory) - class javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
AbstractFormatterFactory を設定します。
setFrame(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
この Rectangle2D の外部境界の位置およびサイズを、指定された矩形値に設定します。
setFrame(double, double, double, double) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形の位置とサイズを、指定された矩形値に設定します。
setFrame(double, double, double, double) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D のメソッド
この RoundRectangle2D の外部境界の位置およびサイズを、指定された矩形値に設定します。
setFrame(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Ellipse2D.Float のメソッド
この Ellipse2D の位置とサイズを、指定された double 値に設定します。
setFrame(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Ellipse2D.Double のメソッド
この Ellipse2D の位置とサイズを、指定された double 値に設定します。
setFrame(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Arc2D のメソッド
この弧の外部境界の位置とサイズを、指定された値に設定します。
setFrame(float, float, float, float) - class java.awt.geom.Ellipse2D.Float のメソッド
この Ellipse2D の位置とサイズを、指定された float 値に設定します。
setFrame(Point2D, Dimension2D) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形の位置とサイズを、それぞれ指定された Point2D および Dimension2D に設定します。
setFrame(Rectangle2D) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形を、指定された Rectangle2D に設定します。
setFrameFromCenter(double, double, double, double) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形を、指定された中心点および角の点の座標に基づいて設定します。
setFrameFromCenter(Point2D, Point2D) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形を、中心を表す Point2D および角を表す Point2D に基づいて設定します。
setFrameFromDiagonal(double, double, double, double) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形の対角線を、指定された 2 つの座標に基づいて設定します。
setFrameFromDiagonal(Point2D, Point2D) - class java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
この Shape の表示枠矩形の対角線を、指定された 2 つの Point2D オブジェクトに基づいて設定します。
setFrameIcon(Icon) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この内部フレームのタイトルバー (通常は左上隅) に表示するイメージを設定します。
setFramePosition(int) - interface javax.sound.sampled.Clip のメソッド
メディアの位置をサンプルフレーム数で設定します。
setFreeStanding(boolean) - class javax.swing.plaf.metal.MetalScrollButton のメソッド
 
setFromPage(int) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについてページの範囲を印刷する場合、印刷対象の最初のページを指定します。
setFromTree(String, Node) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadata のメソッド
指定されたメタデータ形式で構文が定義される XML DOM Node のツリーから、この IIOMetadata オブジェクトの内部状態を設定します。
setFullBufferUpdates(boolean) - class java.awt.image.MemoryImageSource のメソッド
変更があったときはいつでもピクセルの完全なバッファを送出し、このアニメーション化メモリイメージを常に更新するかどうかを指定します。
setFullScreenWindow(Window) - class java.awt.GraphicsDevice のメソッド
フルスクリーンモードに入るか、またはウィンドウモードに復帰します。
setGlassPane(Component) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFrameglassPane プロパティを設定します。
setGlassPane(Component) - class javax.swing.JWindow のメソッド
glassPane プロパティを設定します。
setGlassPane(Component) - class javax.swing.JApplet のメソッド
glassPane プロパティを設定します。
setGlassPane(Component) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
指定した Component がこのルート区画のガラス区画になるように設定します。
setGlassPane(Component) - class javax.swing.JFrame のメソッド
glassPane プロパティを設定します。
setGlassPane(Component) - interface javax.swing.RootPaneContainer のメソッド
glassPane は常に rootPane の最初の子で、rootPane のレイアウトマネージャによって、常に rootPane と同じ大きさであることが保証されます。
setGlassPane(Component) - class javax.swing.JDialog のメソッド
glassPane プロパティを設定します。
setGlobalActiveWindow(Window) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
アクティブ Window を設定します。
setGlobalCurrentFocusCycleRoot(Container) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
現在のフォーカスサイクルのルートを設定します。
setGlobalFocusedWindow(Window) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
フォーカスされた Window を設定します。
setGlobalFocusOwner(Component) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
フォーカスの所有者を設定します。
setGlobalPermanentFocusOwner(Component) - class java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
パーマネントフォーカスの所有者を設定します。
setGlyphPainter(GlyphView.GlyphPainter) - class javax.swing.text.GlyphView のメソッド
グリフの描画に使うペインタを設定します。
setGlyphPosition(int, Point2D) - class java.awt.font.GlyphVector のメソッド
この GlyphVector 内の指定されたグリフの位置を設定します。
setGlyphTransform(int, AffineTransform) - class java.awt.font.GlyphVector のメソッド
この GlyphVector 内の指定されたグリフの変換を設定します。
setGregorianChange(Date) - class java.util.GregorianCalendar のメソッド
GregorianCalendar の切り換え日を設定します。
setGridColor(Color) - class javax.swing.JTable のメソッド
グリッド線を描画するのに使う色を gridColor に設定し、再表示します。
setGridLocation(int, int) - class javax.swing.text.TableView.TableCell のメソッド
推奨されていません。 グリッド位置を設定します。
setGroup(ButtonGroup) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンが属するグループを識別します。
setGroup(ButtonGroup) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンが属するグループを識別します。
setGroupingSeparator(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
1000 の区切り文字に使用する文字を設定します。
setGroupingSize(int) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
グループ化サイズを設定します。
setGroupingUsed(boolean) - class java.text.NumberFormat のメソッド
このフォーマットでグループ化を使用するかどうかを設定します。
setGuiAvailable(boolean) - class java.beans.Beans の static メソッド
GUI 操作が使用可能な環境で動作しているかどうかを示します。
setHandler(ContentHandler) - class javax.xml.transform.sax.SAXResult のメソッド
ターゲットを SAX2 ContentHandler に設定します。
setHashColor(Color) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
setHeaderRenderer(TableCellRenderer) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
TableColumn のヘッダを headerRenderer へ描画するために使われる TableCellRenderer を設定します。
setHeaderValue(Object) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
文字列表現が headerRenderer の値として使用される Object を設定します。
setHeight(Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のメソッド
コンポーネントの高さを制御する height プロパティを設定します。
setHelpMenu(JMenu) - class javax.swing.JMenuBar のメソッド
ユーザがメニューバーで [ヘルプ (help)] オプションを選択すると表示されるヘルプメニューを設定します。
setHelpMenu(Menu) - class java.awt.MenuBar のメソッド
指定したメニューをこのメニューバーのヘルプメニューとして設定します。
setHgap(int) - class java.awt.GridLayout のメソッド
コンポーネント間の水平方向の間隔を、指定された値に設定します。
setHgap(int) - class java.awt.FlowLayout のメソッド
コンポーネント間の水平方向の間隔を設定します。
setHgap(int) - class java.awt.BorderLayout のメソッド
コンポーネント間の水平方向の間隔を設定します。
setHgap(int) - class java.awt.CardLayout のメソッド
コンポーネント間の水平方向の間隔を設定します。
setHidden(boolean) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
hidden フラグを使って、ツール専用の機能でユーザには表示しない機能を識別します。
setHighlighter(Highlighter) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
使用するハイライタを設定します。
setHints(int) - interface java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
ImageConsumer が ImageProducer から転送されるピクセルを処理するために使用されるヒントを設定します。
setHints(int) - class java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
setHints メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
setHints(int) - class java.awt.image.ImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの setHints メソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
setHints(int) - class java.awt.image.AreaAveragingScaleFilter のメソッド
渡されるデータに、平均化アルゴリズムの動作に必要なヒントが設定されているかどうかを検出します。
setHoldability(int) - interface java.sql.Connection のメソッド
この Connection オブジェクトを使用して生成された ResultSet オブジェクトの保持機能を指定された保持機能へ変更します。
setHorizontalAlignment(int) - class javax.swing.JTextField のメソッド
テキストの水平配置を設定します。
setHorizontalAlignment(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
アイコンとテキストの水平方向の配置を設定します。
setHorizontalAlignment(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
ラベルの内容の X 軸に沿った配置方法を設定します。
setHorizontalScrollBar(JScrollBar) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
スクロール区画にビューポートの水平のビュー位置を制御するスクロールバーを追加します。
setHorizontalScrollBarPolicy(int) - class javax.swing.ScrollPaneLayout のメソッド
水平スクロールバーの表示ポリシーを設定します。
setHorizontalScrollBarPolicy(int) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
水平スクロールバーがスクロール区画にいつ表示されるかを設定します。
setHorizontalTextPosition(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
アイコンに対するテキストの位置 (水平方向) を設定します。
setHorizontalTextPosition(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
ラベルテキストのイメージに対する水平位置を設定します。
setHostnameVerifier(HostnameVerifier) - class javax.naming.ldap.StartTlsResponse のメソッド
TLS ハンドシェークが完了したときに、デフォルトのホスト名検証が失敗している場合は、negotiate() によって使用されるホスト名ベリファイアを設定します。
setHostnameVerifier(HostnameVerifier) - class javax.net.ssl.HttpsURLConnection のメソッド
HostnameVerifier を設定します。
setHours(int) - class java.sql.Date のメソッド
推奨されていません。  
setHours(int) - class java.util.Date のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Calendar.set(Calendar.HOUR_OF_DAY, int hours) に置き換えられました。
setHumanPresentableName(String) - class java.awt.datatransfer.DataFlavor のメソッド
この DataFlavor が表すデータ形式に対する、判読できる名前を設定します。
setIcon(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
Look & Feel がアイコン化をサポートしている場合、この内部フレームをアイコン化またはアイコン化解除します。
setIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ボタンのデフォルトのアイコンを設定します。
setIcon(Icon) - class javax.swing.JLabel のメソッド
このコンポーネントが表示するアイコンを定義します。
setIcon(Icon) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
表示するアイコンを設定します。
setIcon(MutableAttributeSet, Icon) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
アイコンを設定します。
setIconAt(int, Icon) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のアイコンを icon に設定します。
setIconifiable(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
iconable プロパティを設定します。
setIconImage(Image) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームの最小化されたアイコンに表示されるイメージを設定します。
setIconOnly(boolean) - class javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton のメソッド
 
setIconTextGap(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
アイコンプロパティとテキストプロパティが両方とも設定されている場合に、このプロパティはそれらの間の距離を定義します。
setIconTextGap(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
アイコンプロパティとテキストプロパティが両方とも設定されている場合に、このプロパティはそれらの間の距離を定義します。
setID(String) - class java.util.TimeZone のメソッド
タイムゾーン ID を設定します。
setIdentifier(Object) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
TableColumn の識別子を anIdentifier に設定します。
setIfModifiedSince(long) - class java.net.URLConnection のメソッド
この URLConnectionifModifiedSince フィールド値を、指定された値に設定します。
setIgnoreRepaint(boolean) - class java.awt.Component のメソッド
オペレーティングシステムからの、ペイントについてのメッセージを無視するかどうかを設定します。
setIgnoringComments(boolean) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサがコメントを無視するように指定します。
setIgnoringElementContentWhitespace(boolean) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサが、XML ドキュメントの構文解析時に要素コンテンツの空白 (大まかに「無視できる空白」と呼ばれることがある) を排除するように指定します (XML Rec 2.10 を参照)。
setImage(Image) - class javax.swing.ImageIcon のメソッド
アイコンによって表示されるイメージを設定します。
setImageableArea(double, double, double, double) - class java.awt.print.Paper のメソッド
この Paper のイメージング可能領域を設定します。
setImageObserver(ImageObserver) - class javax.swing.ImageIcon のメソッド
イメージのイメージ監視オブジェクトを設定します。
setImplicitDownCycleTraversal(boolean) - class java.awt.ContainerOrderFocusTraversalPolicy のメソッド
この ContainerOrderFocusTraversalPolicy が、フォーカスダウンサイクルを暗黙に転送するかどうかを設定します。
setImplicitDownCycleTraversal(boolean) - class javax.swing.SortingFocusTraversalPolicy のメソッド
この SortingFocusTraversalPolicy がフォーカスを暗黙にダウンサイクルで移動するかどうかを設定します。
setIn(InputStream) - class java.lang.System の static メソッド
「標準」入力ストリームを割り当てし直します。
setInDefaultEventSet(boolean) - class java.beans.EventSetDescriptor のメソッド
イベントセットをデフォルトのセットとしてマークします。
setIndentSpace(int) - class javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
インデントにマッピングするスペースの数をサブクラスから指定できるようにします。
setIndeterminate(boolean) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
indeterminate プロパティの値を設定します。
setIndex(int) - interface java.text.CharacterIterator のメソッド
位置を指定されたテキストの位置に設定して、その文字を返します。
setIndex(int) - class java.text.StringCharacterIterator のメソッド
String 用に CharacterIterator.setIndex() を実装します。
setIndex(int) - class java.text.ParsePosition のメソッド
現在の解析位置を設定します。
setIndex(int) - class javax.swing.text.Segment のメソッド
位置を指定されたテキストの位置に設定して、その文字を返します。
setIndexedReadMethod(Method) - class java.beans.IndexedPropertyDescriptor のメソッド
インデックス付きプロパティ値の読み取りに使用するメソッドを設定します。
setIndexedWriteMethod(Method) - class java.beans.IndexedPropertyDescriptor のメソッド
インデックス付きプロパティ値の書き込みに使用するメソッドを設定します。
setInfinity(String) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
無限大の表示に使用する文字列を設定します。
setInfo(String) - class java.security.Identity のメソッド
推奨されていません。 このアイデンティティに対する一般的な情報文字列を指定します。
setInitialContextFactoryBuilder(InitialContextFactoryBuilder) - class javax.naming.spi.NamingManager の static メソッド
InitialContextFactory ビルダがビルダであることを指定します。
setInitialDelay(int) - class javax.swing.ToolTipManager のメソッド
初期遅延値を指定します。
setInitialDelay(int) - class javax.swing.Timer のメソッド
Timer の初期遅延を設定します。
setInitialPolicies(Set) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
どの初期ポリシーも証明書パス処理のために証明書ユーザにとって許容できる、そのような初期ポリシー識別子 (OID 文字列) の不変な Set を設定します。
setInitialSelectionValue(Object) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
選択値としてユーザに対して最初に表示される入力値を設定します。
setInitialValue(Object) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
有効にすべき初期値を設定します。
setInnerHTML(Element, String) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
指定された要素の子を HTML 文字列として指定されたコンテンツと置き換えます。
setInput(byte[]) - class java.util.zip.Inflater のメソッド
圧縮解除のための入力データを設定します。
setInput(byte[]) - class java.util.zip.Deflater のメソッド
圧縮のための入力データを設定します。
setInput(byte[], int, int) - class java.util.zip.Inflater のメソッド
圧縮解除のための入力データを設定します。
setInput(byte[], int, int) - class java.util.zip.Deflater のメソッド
圧縮のための入力データを設定します。
setInput(Object) - class javax.imageio.ImageReader のメソッド
指定された ImageInputStream または他の Object に使用するために入力ソースを設定します。
setInput(Object, boolean) - class javax.imageio.ImageReader のメソッド
指定された ImageInputStream または他の Object に使用するために入力ソースを設定します。
setInput(Object, boolean, boolean) - class javax.imageio.ImageReader のメソッド
指定された ImageInputStream または他の Object に使用するために入力ソースを設定します。
setInputMap(int, InputMap) - class javax.swing.JComponent のメソッド
条件 condition で使用する InputMapmap に設定します。
setInputMethodContext(InputMethodContext) - interface java.awt.im.spi.InputMethod のメソッド
インプットメソッドイベントのクライアントコンポーネントへのディスパッチ、およびクライアントコンポーネントからの情報の要求に使用する、インプットメソッドのコンテキストを設定します。
setInputSource(InputSource) - class javax.xml.transform.sax.SAXSource のメソッド
Source に対して使用される SAX InputSource を設定します。
setInputStream(InputStream) - class javax.xml.transform.stream.StreamSource のメソッド
入力として使用されるバイトストリームを設定します。
setInputValue(Object) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
ユーザによって選択または入力された入力値を設定します。
setInputVerifier(InputVerifier) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントの入力ベリファイアを設定します。
setInsets(short, short, short, short) - class javax.swing.text.CompositeView のメソッド
ビューのインセットを設定します。
setInstalledLookAndFeels(UIManager.LookAndFeelInfo[]) - class javax.swing.UIManager の static メソッド
インストール済み LookAndFeelInfos の現在の配列を置き換えます。
setInstanceFollowRedirects(boolean) - class java.net.HttpURLConnection のメソッド
HTTP リダイレクト (応答コード 3xx の要求) を、この HttpURLConnection インスタンスで自動に従うかどうかを設定します。
setInt(int, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の int 値に設定します。
setInt(int, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java int 値に設定します。
setInt(Object, int) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を int として設定します。
setInt(Object, int, int) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された int 値に設定します。
setInt(String, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の int 値に設定します。
setIntercellSpacing(Dimension) - class javax.swing.JTable のメソッド
rowMargincolumnMargin、つまりセル間のスペースの高さと幅を、intercellSpacing に設定します。
setInterface(InetAddress) - class java.net.MulticastSocket のメソッド
ネットワークインタフェースの値によってその動作が影響を受けるメソッドが使用する、マルチキャストネットワークインタフェースを設定します。
setInternalFrame(JInternalFrame) - class javax.swing.JInternalFrame.JDesktopIcon のメソッド
この DesktopIcon が関連する JInternalFrame を設定します。
setInternationalCurrencySymbol(String) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
DecimalFormatSymbols が示す通貨の ISO 4217 通貨コードを設定します。
setInvalidCharacters(String) - class javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
入力可能な文字の詳細な限定ができます。
setInverted(boolean) - class javax.swing.JSlider のメソッド
スライダーに表示する値の範囲を通常とは逆にする場合は true を指定し、通常の順序にするには false を指定します。
setInvoker(Component) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
ポップアップメニューの呼び出しコンポーネント、すなわち、ポップアップメニュー項目が表示されるコンポーネントを設定します。
setInvokesStopCellEditing(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
ツリーの別のノードの選択、ツリーのデータの変更、またはほかの手段によって編集が割り込まれたときに何をするかを設定します。
setIssuer(byte[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
発行者の基準値を設定します。
setIssuer(String) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
発行者の基準値を設定します。
setIssuerNames(Collection) - class java.security.cert.X509CRLSelector のメソッド
issurNames の基準値を設定します。
setItalic(MutableAttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
イタリック属性を設定します。
setItem(Object) - interface javax.swing.ComboBoxEditor のメソッド
編集項目を設定します。
setItem(Object) - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxEditor のメソッド
編集すべき項目を設定します。
setJMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFramemenuBar プロパティを設定します。
setJMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JApplet のメソッド
アプレットのメニューバーを設定します。
setJMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
階層化区画で使用されるメニューバーを追加または変更します。
setJMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JFrame のメソッド
このフレームのメニューバーを設定します。
setJMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JDialog のメソッド
このダイアログのメニューバーを設定します。
setJobName(String) - class java.awt.print.PrinterJob のメソッド
印刷するドキュメントの名前を設定します。
setJustification(int) - class javax.swing.text.ParagraphView のメソッド
位置揃えのタイプを設定します。
setKeepAlive(boolean) - class java.net.Socket のメソッド
SO_KEEPALIVE を有効または無効にします。
setKeyBindingActive(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setKeyBindingRegistered(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setKeyChar(char) - class java.awt.event.KeyEvent のメソッド
論理的な文字を示す keyChar 値を設定します。
setKeyCode(int) - class java.awt.event.KeyEvent のメソッド
物理的なキーを示す keyCode 値を設定します。
setKeyEntry(String, byte[], Certificate[]) - class java.security.KeyStore のメソッド
指定された別名に、すでに保護されている指定された鍵を割り当てます。
setKeyEntry(String, Key, char[], Certificate[]) - class java.security.KeyStore のメソッド
指定された別名に指定された鍵を割り当て、指定されたパスワードでその鍵を保護します。
setKeymap(Keymap) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
イベントをアクションに割り当てるのに使うキーマップを設定します。
setKeyPair(KeyPair) - class java.security.Signer のメソッド
推奨されていません。 この署名者に鍵ペア (公開鍵と非公開鍵) を設定します。
setKeySelectionManager(JComboBox.KeySelectionManager) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
キーボードの文字をリストの選択に変換するオブジェクトを設定します。
setKeyUsage(boolean[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
keyUsage 基準値を設定します。
setLabel(String) - class java.awt.MenuItem のメソッド
このメニュー項目のラベルを指定されたラベルに設定します。
setLabel(String) - class java.awt.Checkbox のメソッド
このチェックボックスのラベルを文字列引数に設定します。
setLabel(String) - class java.awt.Button のメソッド
ボタンのラベルを、指定された文字列に設定します。
setLabel(String) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
ポップアップメニューのラベルを設定します。
setLabel(String) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
推奨されていません。 setText(text) に置き換えられました。
setLabel(String) - class javax.swing.text.html.Option のメソッド
オプションに使うラベルを設定します。
setLabelFor(Component) - class javax.swing.JLabel のメソッド
このラベルが割り当てられているコンポーネントを設定します。
setLabelTable(Dictionary) - class javax.swing.JSlider のメソッド
任意の指定された値にどのラベルが描画されるかを指定するときに使います。
setLargeModel(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
UI が大きなモデルを使用するかどうかを設定します (すべての UI がこれを実装するわけではない)。
setLargeModel(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
必要な場合に、componentListener を更新します。
setLastDividerLocation(int) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
以前にディバイダが置かれていた位置を newLastLocation に設定します。
setLastDragLocation(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
JSplitPane の最後のドラッグ位置を設定します。
setLastModified(long) - class java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルまたはディレクトリが変更された時刻を設定します。
setLayer(Component, int) - class javax.swing.JLayeredPane のメソッド
指定されたコンポーネントのレイヤ属性を設定し、レイヤ内で一番下のコンポーネントとします。
setLayer(Component, int, int) - class javax.swing.JLayeredPane のメソッド
指定されたコンポーネントのレイヤ属性と、レイヤ内でのコンポーネントの位置を指定します。
setLayer(int) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
このコンポーネントのレイヤ属性を設定する簡易メソッドです。
setLayer(Integer) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
このコンポーネントのレイヤ属性を設定する簡易メソッドです。
setLayeredPane(JLayeredPane) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFramelayeredPane プロパティを設定します。
setLayeredPane(JLayeredPane) - class javax.swing.JWindow のメソッド
layeredPane プロパティを設定します。
setLayeredPane(JLayeredPane) - class javax.swing.JApplet のメソッド
layeredPane プロパティを設定します。
setLayeredPane(JLayeredPane) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
ルート区画に階層化区画を設定します。
setLayeredPane(JLayeredPane) - class javax.swing.JFrame のメソッド
layeredPane プロパティを設定します。
setLayeredPane(JLayeredPane) - interface javax.swing.RootPaneContainer のメソッド
contentPane を管理するコンテナで、場合によってはメニューバーも管理します。
setLayeredPane(JLayeredPane) - class javax.swing.JDialog のメソッド
layeredPane プロパティを設定します。
setLayout(LayoutManager) - class java.awt.Container のメソッド
このコンテナのレイアウトマネージャを設定します。
setLayout(LayoutManager) - class java.awt.ScrollPane のメソッド
このコンテナのレイアウトマネージャを設定します。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.Box のメソッド
AWTError をスローします。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
デフォルトでは、このコンポーネントのレイアウトは設定できないことを確認します。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JWindow のメソッド
デフォルトでは、このコンポーネントのレイアウトは設定できません。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
JScrollPane のレイアウトマネージャを設定します。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
 
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JApplet のメソッド
デフォルトでは、このコンポーネントのレイアウトは設定できません。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JFrame のメソッド
デフォルトでは、このコンポーネントのレイアウトは設定できず、代わりに、contentPane のレイアウトを設定しなければなりません。
setLayout(LayoutManager) - class javax.swing.JDialog のメソッド
デフォルトでは、このコンポーネントのレイアウトは設定できず、代わりに、contentPane のレイアウトを設定する必要があります。
setLayoutOrientation(int) - class javax.swing.JList のメソッド
リストのセルの配置方法を定義します。
setLeadAnchorNotificationEnabled(boolean) - class javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
leadAnchorNotificationEnabled フラグの値を設定します。
setLeadSelectionIndex(int) - class javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
先頭の選択インデックスを設定し、アンカーと新しい先頭の間の値が、すべて選択またはすべて選択解除のどちらかであることを保証します。
setLeadSelectionIndex(int) - interface javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
選択範囲のリードインデックスを設定します。
setLeadSelectionPath(TreePath) - class javax.swing.JTree のメソッド
リードとして識別するパスを設定します。
setLeafIcon(Icon) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
葉ノードを表すのに使うアイコンを設定します。
setLeftChildIndent(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
setLeftComponent(Component) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
コンポーネントをディバイダの左 (上) に設定します。
setLeftIndent(MutableAttributeSet, float) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
左インデントを設定します。
setLeftInset(float) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
ビュー周囲の左部マージンを設定します。
setLength(int) - class java.lang.StringBuffer のメソッド
この文字列バッファの長さを設定します。
setLength(int) - class java.net.DatagramPacket のメソッド
このパケットの長さを設定します。
setLength(int) - class javax.imageio.stream.IIOByteBuffer のメソッド
その後の getLength メソッド呼び出しで返される値を更新します。
setLength(long) - class java.io.RandomAccessFile のメソッド
このファイルの長さを設定します。
setLenient(boolean) - class java.text.DateFormat のメソッド
日付/時刻解析を厳密に行うかどうかを設定します。
setLenient(boolean) - class java.util.Calendar のメソッド
日付/時刻の解釈を厳密に行うかどうかを設定します。
setLevel(int) - class java.util.zip.ZipOutputStream のメソッド
DEFLATED である後続エントリの圧縮レベルを設定します。
setLevel(int) - class java.util.zip.Deflater のメソッド
現在の圧縮レベルを指定された値に設定します。
setLevel(Level) - class java.util.logging.Logger のメソッド
このロガーによってログがとられるメッセージレベルを指定するログレベルを設定します。
setLevel(Level) - class java.util.logging.Handler のメソッド
この Handler がログをとるメッセージレベルを指定するログレベルを設定します。
setLevel(Level) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
ログメッセージのレベル、たとえば Level.SEVERE を設定します。
setLexicalHandler(LexicalHandler) - class javax.xml.transform.sax.SAXResult のメソッド
出力用の SAX2 LexicalHandler を設定します。
setLightWeightPopupEnabled(boolean) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
lightWeightPopupEnabled プロパティを設定します。
setLightWeightPopupEnabled(boolean) - class javax.swing.ToolTipManager のメソッド
JToolTip を表示する場合、ToolTipManager は適当であれば軽量な JPanel を使用します。
setLightWeightPopupEnabled(boolean) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
lightWeightPopupEnabled のデフォルト値を設定します。
setLimit(int) - class javax.swing.undo.UndoManager のメソッド
この UndoManager が保持する編集結果の最大数を設定します。
setLine(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Line2D のメソッド
この Line2D の両方の端点の位置を、指定された double 座標に設定します。
setLine(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Line2D.Float のメソッド
この Line2D の両方の端点の位置を、指定された double 型の座標に設定します。
setLine(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Line2D.Double のメソッド
この Line2D の両方の端点の位置を、指定された double 型の座標に設定します。
setLine(float, float, float, float) - class java.awt.geom.Line2D.Float のメソッド
この Line2D の両方の端点の位置を、指定された float 型の座標に設定します。
setLine(Line2D) - class java.awt.geom.Line2D のメソッド
この Line2D の両方の端点の位置を、指定された Line2D の両方の端点の位置と同じになるように設定します。
setLine(Point2D, Point2D) - class java.awt.geom.Line2D のメソッド
この Line2D の両方の端点の位置を、指定された Point2D 座標に設定します。
setLineIncrement(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、setUnitIncrement(int) を使用
setLineLength(int) - class javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
1 行あたりに書き込むことのできる文字数をサブクラスから設定できるようにします。
setLineNumber(int) - class java.io.LineNumberReader のメソッド
現在の行番号を設定します。
setLineNumber(int) - class java.io.LineNumberInputStream のメソッド
推奨されていません。 行番号を指定された引数で設定します。
setLineNumber(int) - class org.xml.sax.helpers.LocatorImpl のメソッド
このロケータの行番号を設定します (開始番号は 1)。
setLineSeparator(String) - class javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
改行を表すときに使用する String を設定します。
setLineSpacing(float) - class javax.swing.text.ParagraphView のメソッド
行間隔を設定します。
setLineSpacing(MutableAttributeSet, float) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
行間隔を設定します。
setLineWrap(boolean) - class javax.swing.JTextArea のメソッド
テキスト領域の行折り返しポリシーを設定します。
setLinkCursor(Cursor) - class javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
リンク上で使用するカーソルを設定します。
setLinkExplanation(String) - class javax.naming.LinkException のメソッド
リンクの解決中に見つかった問題に関連する説明を設定します。
setLinkRemainingName(Name) - class javax.naming.LinkException のメソッド
この例外の [linkRemainingName] フィールドを設定します。
setLinkResolvedName(Name) - class javax.naming.LinkException のメソッド
この例外の [linkResolvedName] フィールドを設定します。
setLinkResolvedObj(Object) - class javax.naming.LinkException のメソッド
この例外の [linkResolvedObj] フィールドを設定します。
setList(List) - class javax.swing.SpinnerListModel のメソッド
このシーケンスを定義するリストを変更し、モデルの value のインデックスを 0 にリセットします。
setListData(Object[]) - class javax.swing.JList のメソッド
Object の配列から ListModel を構築し、setModel を適用します。
setListData(Vector) - class javax.swing.JList のメソッド
Vector から ListModel を構築し、setModel を適用します。
setLoadsSynchronously(boolean) - class javax.swing.text.html.ImageView のメソッド
イメージのロード方法を設定します。
setLocale(Locale) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのロケールを設定します。
setLocale(Locale) - interface java.awt.im.spi.InputMethod のメソッド
入力ロケールの設定を試みます。
setLocale(Locale) - class java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
この BeanContext のロケールを設定します。
setLocale(Locale) - class java.text.MessageFormat のメソッド
サブフォーマットを作成または比較する場合に使用するロケールを設定します。
setLocale(Locale) - class javax.imageio.ImageWriter のメソッド
この ImageWriter の現在の Locale を、指定された値に設定します。
setLocale(Locale) - class javax.imageio.ImageReader のメソッド
この ImageReader の現在の Locale を指定された値に設定します。
setLocale(Locale) - class javax.security.auth.callback.LanguageCallback のメソッド
検出した Locale を設定します。
setLocale(Locale) - interface org.xml.sax.Parser のメソッド
推奨されていません。 アプリケーションにエラーや警告のロケールの要求を許可します。
setLocale(Locale) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
エラー報告のロケールを設定します。
setLocalName(int, String) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
特定の属性のローカル名を設定します。
setLocalPatternChars(String) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
地域対応された日付/時刻パターン文字「u」、「t」などを設定します。
setLocation(double, double) - class java.awt.Point のメソッド
この点の位置を指定された float 座標に設定します。
setLocation(double, double) - class java.awt.geom.Point2D のメソッド
この Point2D の位置を、指定された double 型の座標に設定します。
setLocation(double, double) - class java.awt.geom.Point2D.Float のメソッド
この Point2D の位置を、指定された double 型の座標に設定します。
setLocation(double, double) - class java.awt.geom.Point2D.Double のメソッド
この Point2D の位置を、指定された double 型の座標に設定します。
setLocation(float, float) - class java.awt.geom.Point2D.Float のメソッド
この Point2D の位置を、指定された float 型の座標に設定します。
setLocation(int, int) - class java.awt.Point のメソッド
この点を指定された位置に変更します。
setLocation(int, int) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle を指定された位置に移動します。
setLocation(int, int) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントを新しい位置に移動します。
setLocation(int, int) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
x、y 座標を使って、ポップアップメニューの左上隅の位置を設定します。
setLocation(Point) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
setLocation(Point) - class java.awt.Point のメソッド
この点の位置を、指定された位置に設定します。
setLocation(Point) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle を指定された位置に移動します。
setLocation(Point) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
setLocation(Point) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントを新しい位置に移動します。
setLocation(Point) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
setLocation(Point) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
setLocation(Point) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setLocation(Point) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
親を基準にしてオブジェクトの位置を設定します。
setLocation(Point) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setLocation(Point) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setLocation(Point2D) - class java.awt.geom.Point2D のメソッド
この Point2D の位置を、指定された Point2D オブジェクトと同じ座標に設定します。
setLocationRelativeTo(Component) - class java.awt.Window のメソッド
指定されたコンポーネントを基準にしてウィンドウの位置を設定します。
setLocator(SourceLocator) - class javax.xml.transform.TransformerException のメソッド
メソッド setLocator は、エラーが発生した場所を指定する SourceLocator オブジェクトのインスタンスを設定します。
setLockingKeyState(int, boolean) - class java.awt.Toolkit のメソッド
キーボード上の指定されたロックキーの状態を設定します。
setLog(OutputStream) - class java.rmi.server.RemoteServer の static メソッド
出力ストリーム out に RMI 呼び出しのログを記録します。
setLoggerName(String) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
ソース Logger の名前を設定します。
setLogicalStyle(int, Style) - class javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
指定された位置の段落に使用する論理書式を設定します。
setLogicalStyle(int, Style) - interface javax.swing.text.StyledDocument のメソッド
指定された位置の段落に使用する論理書式を設定します。
setLogicalStyle(Style) - class javax.swing.JTextPane のメソッド
段落に使う論理書式を現在のキャレット位置に設定します。
setLoginTimeout(int) - class java.sql.DriverManager の static メソッド
データベースに接続しようとしているときに、ドライバが待つことのできる最長の時間を秒数で設定します。
setLoginTimeout(int) - interface javax.sql.XADataSource のメソッド
データソースへの接続試行中に、このデータソースが待機する最長時間 (秒) を指定します。
setLoginTimeout(int) - interface javax.sql.DataSource のメソッド
データベースへの接続試行中に、このデータソースが待機する最長時間 (秒) を指定します。
setLoginTimeout(int) - interface javax.sql.ConnectionPoolDataSource のメソッド
データベースへの接続試行中に、この ConnectionPoolDataSource オブジェクトが待機する最長時間 (秒) を指定します。
setLogStream(PrintStream) - class java.sql.DriverManager の static メソッド
推奨されていません。  
setLogStream(PrintStream) - class javax.swing.DebugGraphics の static メソッド
DebugGraphics が描画処理のログをとるストリームを設定します。
setLogTimers(boolean) - class javax.swing.Timer の static メソッド
タイマーのログを有効または無効にします。
setLogWriter(PrintWriter) - class java.sql.DriverManager の static メソッド
DriverManager およびすべてのドライバが使用する、ログおよびトレースの PrintWriter オブジェクトを設定します。
setLogWriter(PrintWriter) - interface javax.sql.XADataSource のメソッド
この XADataSource オブジェクトのログライターを java.io.PrintWriter オブジェクトに設定します。
setLogWriter(PrintWriter) - interface javax.sql.DataSource のメソッド
この DataSource オブジェクトのログライターを java.io.PrintWriter オブジェクトに設定します。
setLogWriter(PrintWriter) - interface javax.sql.ConnectionPoolDataSource のメソッド
この ConnectionPoolDataSource オブジェクトのログライターを java.io.PrintWriter オブジェクトに設定します。
setLong(int, long) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の long 値に設定します。
setLong(int, long) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java long 値に設定します。
setLong(Object, int, long) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された long 値に設定します。
setLong(Object, long) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を long として設定します。
setLong(String, long) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の long 値に設定します。
setLookAndFeel(LookAndFeel) - class javax.swing.UIManager の static メソッド
LookAndFeel オブジェクトを使用して、現在のデフォルトの Look & Feel を設定します。
setLookAndFeel(String) - class javax.swing.UIManager の static メソッド
クラス名を使用して、現在のデフォルトの Look & Feel を設定します。
setLoopbackMode(boolean) - class java.net.MulticastSocket のメソッド
マルチキャストデータグラムのローカルループバックを有効または無効にします。
setLoopPoints(int, int) - interface javax.sound.sampled.Clip のメソッド
ループ内で再生される最初および最後のサンプルフレームを設定します。
setMagicCaretPosition(Point) - class javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
キャレットの現在の位置を保存します。
setMagicCaretPosition(Point) - interface javax.swing.text.Caret のメソッド
現在のキャレット可視位置を設定します。
setMajorOffset(float) - class javax.swing.text.AsyncBoxView.ChildState のメソッド
このメソッドは ChildLocator だけにより呼び出されるようにします。
setMajorTickSpacing(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
大目盛りの間隔を設定します。
setMargin(Insets) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
ツールバーのボーダとそのボタンの間のマージンを設定します。
setMargin(Insets) - class javax.swing.JMenuBar のメソッド
メニューバーのボーダとそのメニューの間のマージンを設定します。
setMargin(Insets) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ボタンのボーダとラベルの間のマージンを設定します。
setMargin(Insets) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
テキストコンポーネントの境界とそのテキストの間のマージン空白を設定します。
setMask(String) - class javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
適正な文字を規定するマスクを設定します。
setMasterSyncMode(Sequencer.SyncMode) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
このシーケンサが使用するタイミング情報の転送元を設定します。
setMatchAllSubjectAltNames(boolean) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
setSubjectAlternativeNames メソッドや addSubjectAlternativeName メソッドで指定したすべての subjectAlternativeNames の照合を使用可能または使用不可にします。
setMaxCRLNumber(BigInteger) - class java.security.cert.X509CRLSelector のメソッド
maxCRLNumber 基準値を設定します。
setMaxFieldSize(int) - interface java.sql.Statement のメソッド
文字またはバイナリの値を格納する ResultSet 列に対する最大バイト数の制限値を、指定されたバイト数に設定します。
setMaxFieldSize(int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
列値に返される最大バイト数を、指定されたバイト数に設定します。
setMaximizable(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
maximizable プロパティを設定します。
setMaximizedBounds(Rectangle) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームの最大化された境界を設定します。
setMaximum(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この内部フレームを最大化および復元します。
setMaximum(Comparable) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のメソッド
このシーケンスの数値の上限を変更します。
setMaximum(Comparable) - class javax.swing.text.InternationalFormatter のメソッド
可能な最大値を設定します。
setMaximum(int) - interface java.awt.Adjustable のメソッド
調整可能なオブジェクトの最大値を設定します。
setMaximum(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの最大値を設定します。
setMaximum(int) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
このメソッドは、絶対ユーザコードによって呼び出さないでください。
setMaximum(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
モデルの最大値プロパティを設定します。
setMaximum(int) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
進捗バーの最大値 (進捗バーのデータモデルに格納) を n に設定します。
setMaximum(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
モデルの最大値プロパティを設定します。
setMaximum(int) - class javax.swing.DefaultBoundedRangeModel のメソッド
ほかの 3 つのプロパティがモデルの制約に従うことを確認したあと、maximum を n に設定します。
setMaximum(int) - interface javax.swing.BoundedRangeModel のメソッド
モデルの maximum を newMaximum に設定します。
setMaximum(int) - class javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
最大値を設定します。
setMaximumFractionDigits(int) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
数値の小数部分の最大桁数を設定します。
setMaximumFractionDigits(int) - class java.text.NumberFormat のメソッド
数値の小数部分として可能な最大桁数を設定します。
setMaximumIntegerDigits(int) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
数値の整数部分の最大桁数を設定します。
setMaximumIntegerDigits(int) - class java.text.NumberFormat のメソッド
数値の整数部分として可能な最大桁数を設定します。
setMaximumRowCount(int) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
JComboBox が表示する最大の行数を設定します。
setMaximumSize(Dimension) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントの最大サイズを定数値に設定します。
setMaximumZoneSize(int) - class javax.swing.text.ZoneView のメソッド
望ましい最大ゾーンサイズを設定します。
setMaxPage(int) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、ユーザが指定できる最大値を印刷対象の最終ページとして指定します。
setMaxPathLength(int) - class java.security.cert.PKIXBuilderParameters のメソッド
証明書パスに存在する、自己発行でない中間証明書の最大数を設定します。
setMaxPriority(int) - class java.lang.ThreadGroup のメソッド
グループの最高優先順位を設定します。
setMaxRows(int) - interface java.sql.Statement のメソッド
任意の ResultSet オブジェクトが含むことのできる最大行数の制限値を、指定された数に設定します。
setMaxRows(int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトに含めることのできる最大の行数を、指定した値に設定します。
setMaxWidth(int) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
TableColumn の最大の幅を maxWidth に設定し、現在の幅および適切な幅がこの値より大きい場合はそれぞれの幅を調整します。
setMaxZonesLoaded(int) - class javax.swing.text.ZoneView のメソッド
同時にロードできるゾーン数の現在の設定を設定します。
setMedia(PageAttributes.MediaType) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの用紙サイズを指定します。
setMediaToDefault() - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの用紙サイズをデフォルトロケールのデフォルトサイズに指定します。
setMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
推奨されていません。 Swing バージョン 1.0.3 で setJMenuBar(JMenuBar m) に置き換えられました。
setMenuBar(JMenuBar) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
推奨されていません。 Swing バージョン 1.0.3 で setJMenuBar(JMenuBar menu) に置き換えられました。
setMenuBar(MenuBar) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームのメニューバーを、指定されたメニューバーに設定します。
setMenuLocation(int, int) - class javax.swing.JMenu のメソッド
ポップアップコンポーネントの位置を設定します。
setMessage(byte[], int) - class javax.sound.midi.SysexMessage のメソッド
システムエクスクルーシブメッセージのデータを設定します。
setMessage(byte[], int) - class javax.sound.midi.MidiMessage のメソッド
MIDI メッセージのデータを設定します。
setMessage(int) - class javax.sound.midi.ShortMessage のメソッド
データバイトを必要としない MIDI メッセージのパラメータを設定します。
setMessage(int, byte[], int) - class javax.sound.midi.SysexMessage のメソッド
システムエクスクルーシブメッセージのデータを設定します。
setMessage(int, byte[], int) - class javax.sound.midi.MetaMessage のメソッド
MetaMessage のメッセージパラメータを設定します。
setMessage(int, int, int) - class javax.sound.midi.ShortMessage のメソッド
1 または 2 バイトのデータバイトを必要とする MIDI メッセージのパラメータを設定します。
setMessage(int, int, int, int) - class javax.sound.midi.ShortMessage のメソッド
1 または 2 バイトのデータバイトを必要とするチャネルメッセージのショートメッセージパラメータを設定します。
setMessage(Object) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
オプション区画のメッセージオブジェクトを設定します。
setMessage(String) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
地域化またはフォーマット処理の前に、未変換のログメッセージを設定します。
setMessageDigest(MessageDigest) - class java.security.DigestOutputStream のメソッド
指定されたメッセージダイジェストをこのストリームに関連付けます。
setMessageDigest(MessageDigest) - class java.security.DigestInputStream のメソッド
指定されたメッセージダイジェストをこのストリームに関連付けます。
setMessageType(int) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
オプション区画のメッセージタイプを設定します。
setMetadata(IIOMetadata) - class javax.imageio.IIOImage のメソッド
IIOMetadata を新しいオブジェクトか、null に設定します。
setMetaData(RowSetMetaData) - interface javax.sql.RowSetInternal のメソッド
指定した RowSetMetaData オブジェクトを、この RowSet オブジェクトの RowSetMetaData オブジェクトとして設定します。
setMethod(int) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
エントリの圧縮メソッドを設定します。
setMethod(int) - class java.util.zip.ZipOutputStream のメソッド
後続エントリのデフォルトの圧縮メソッドを設定します。
setMicrosecondPosition(long) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
シーケンス上の現在の位置をマイクロ秒単位で設定します。
setMicrosecondPosition(long) - interface javax.sound.sampled.Clip のメソッド
メディア位置をマイクロ秒単位で設定します。
setMillis(long) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
イベントの時間を設定します。
setMillisToDecideToPopup(int) - class javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
進捗モニターを表示するかどうかを決定するまでの待ち時間を設定します。
setMillisToPopup(int) - class javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
ポップアップが表示されるまでの時間を設定します。
setMinCRLNumber(BigInteger) - class java.security.cert.X509CRLSelector のメソッド
minCRLNumber 基準値を設定します。
setMinimalDaysInFirstWeek(int) - class java.util.Calendar のメソッド
年の最初の週に必要な最小日数を設定します。
setMinimum(Comparable) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のメソッド
このシーケンスの数値の下限を変更します。
setMinimum(Comparable) - class javax.swing.text.InternationalFormatter のメソッド
可能な最小値を設定します。
setMinimum(int) - interface java.awt.Adjustable のメソッド
調整可能なオブジェクトの最小値を設定します。
setMinimum(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの最小値を設定します。
setMinimum(int) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
このメソッドは、絶対ユーザコードによって呼び出さないでください。
setMinimum(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
モデルの最小値プロパティを設定します。
setMinimum(int) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
進捗バーの最小値 (進捗バーのデータモデルに格納) を n に設定します。
setMinimum(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
モデルの最小値プロパティを設定します。
setMinimum(int) - class javax.swing.DefaultBoundedRangeModel のメソッド
ほかの 3 つのプロパティがモデルの制約に従うことを確認したあと、minimum を n に設定します。
setMinimum(int) - interface javax.swing.BoundedRangeModel のメソッド
モデルの minimum を newMinimum に設定します。
setMinimum(int) - class javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
最小値を設定します。
setMinimumFractionDigits(int) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
数値の小数部分の最小桁数を設定します。
setMinimumFractionDigits(int) - class java.text.NumberFormat のメソッド
数値の小数部分として可能な最小桁数を設定します。
setMinimumIntegerDigits(int) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
数値の整数部分の最小桁数を設定します。
setMinimumIntegerDigits(int) - class java.text.NumberFormat のメソッド
数値の整数部分として可能な最小桁数を返します。
setMinimumSize(Dimension) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントの最小サイズを定数値に設定します。
setMinor(int, String) - class org.ietf.jgss.GSSException のメソッド
例外をスローさせた問題が、GSS-API 機構レベルのマイナーエラーコードとその文字列説明を設定するときに使用します。
setMinorTickSpacing(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
小目盛りの間隔を設定します。
setMinPage(int) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、ユーザが指定できる最小値を印刷対象の開始ページとして指定します。
setMinusSign(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
負符号の表示に使用する文字を設定します。
setMinutes(int) - class java.sql.Date のメソッド
推奨されていません。  
setMinutes(int) - class java.util.Date のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Calendar.set(Calendar.MINUTE, int minutes) に置き換えられました。
setMinWidth(int) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
TableColumn の最小の幅を minWidth に設定し、現在の幅および適切な幅がこの値より小さい場合はそれぞれの幅を調整します。
setMnemonic(char) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
このメソッドは現在無効です。
setMnemonic(int) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンのキーボードニーモニック (ショートカットキーまたはアクセラレータキー) を設定します。
setMnemonic(int) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンのキーボードニーモニック (ショートカットキーまたはアクセラレータキー) を設定します。
setMnemonic(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
現在のモデルのキーボードニーモニックを設定します。
setMnemonicAt(int, int) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
指定されたタブにアクセスするキーボードニーモニックを設定します。
setModal(boolean) - class java.awt.Dialog のメソッド
ダイアログがモーダルかどうかを指定します。
setMode(int) - class java.awt.FileDialog のメソッド
ファイルダイアログのモードを設定します。
setModel(BoundedRangeModel) - class javax.swing.JSlider のメソッド
スライダの 3 つの基本プロパティである、最小値、最大値、および初期値を処理するデータモデルを設定します。
setModel(BoundedRangeModel) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
JProgressBar が使用するデータモデルを設定します。
setModel(BoundedRangeModel) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
最小値、最大値、値、長さという、スクロールバーの 4 つの基本プロパティを処理するデータモデルを設定します。
setModel(ButtonModel) - class javax.swing.JMenu のメソッド
「メニューボタン」のデータモデルを設定します。
setModel(ButtonModel) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
このボタンが表すモデルを設定します。
setModel(ComboBoxModel) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
JComboBox が項目のリストを取得するために使用するデータモデルを設定します。
setModel(ListModel) - class javax.swing.JList のメソッド
リストの内容または「値」を表すモデルを設定し、PropertyChangeListener への通知後にリストの選択物をクリアします。
setModel(SingleSelectionModel) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
タブ区画とともに使用するモデルを設定します。
setModel(SpinnerModel) - class javax.swing.JSpinner のメソッド
このスピナーの値を表すモデルを変更します。
setModel(TableModel) - class javax.swing.JTable のメソッド
このテーブルのデータモデルを newModel に設定し、それに新しいデータモデルからのリスナー通知を登録します。
setModel(TreeModel) - class javax.swing.JTree のメソッド
データを提供する TreeModel を設定します。
setModel(TreeModel) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
TreeModel を設定します。
setModel(TreeModel) - class javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
データを提供する TreeModel を設定します。
setModel(TreeModel) - class javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
データを提供する TreeModel を設定します。
setModel(TreeModel) - class javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
データを提供する TreeModel を設定します。
setModelIndex(int) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
この列のモデルインデックスを設定します。
setModifiers(int) - class java.awt.event.KeyEvent のメソッド
推奨されていません。 JDK1.1.4 以降
setMonetaryDecimalSeparator(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
通貨桁区切り文字を設定します。
setMono(boolean) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
モノモードをオンまたはオフにします。
setMonth(int) - class java.sql.Time のメソッド
推奨されていません。  
setMonth(int) - class java.util.Date のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Calendar.set(Calendar.MONTH, int month) に置き換えられました。
setMonths(String[]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
月の文字列「January」、「February」などを設定します。
setMultiClickThreshhold(long) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
マウスのボタンを押すイベントが対応するアクションイベントを生成するまでに必要な時間をミリ秒単位で設定します。
setMultipleDocumentHandling(JobAttributes.MultipleDocumentHandlingType) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、複数のドキュメント処理 (照合を含む) を指定します。
setMultipleDocumentHandlingToDefault() - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、複数のドキュメント処理 (照合を含む) をデフォルトに設定します。
setMultipleMode(boolean) - class java.awt.List のメソッド
このリストが複数選択を許すかどうかを判定するフラグを設定します。
setMultipleSelections(boolean) - class java.awt.List のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、setMultipleMode(boolean) を使用
setMultiplier(int) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
パーセントやパーミル (1000) などで使用する掛け数を設定します。
setMultiSelectionEnabled(boolean) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
ファイルチューザを設定して複数ファイル選択を可能にします。
setMute(boolean) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
このチャネルのミュート状態を設定します。
setName(Principal, String) - interface java.security.acl.Acl のメソッド
ACL エントリをこの ACL に追加します。
setName(String) - class java.awt.MenuComponent のメソッド
コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
setName(String) - class java.awt.Component のメソッド
コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
setName(String) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
この機能のプログラム上の名前を設定します。
setName(String) - class java.lang.Thread のメソッド
このスレッドの名前を引数 name に等しくなるように変更します。
setName(String) - class javax.naming.NameClassPair のメソッド
このバインディングの名前を設定します。
setName(String) - class javax.security.auth.callback.NameCallback のメソッド
検出した名前を設定します。
setName(String) - class javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
書式の名前を変更します。
setNameConstraints(byte[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
名前制約の基準値を設定します。
setNamedItem(Node) - interface org.w3c.dom.NamedNodeMap のメソッド
nodeName 属性を指定してノードを追加します。
setNamedItemNS(Node) - interface org.w3c.dom.NamedNodeMap のメソッド
namespaceURIlocalName を指定してノードを追加します。
setNamespaceAware(boolean) - class javax.xml.parsers.SAXParserFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサが XML 名前空間をサポートするように指定します。
setNamespaceAware(boolean) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサが XML 名前空間をサポートするように指定します。
setNaN(String) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
「非数」の表示に使用する文字列を設定します。
setNanos(int) - class java.sql.Timestamp のメソッド
この Timestamp オブジェクトの nanos フィールドを指定された値に設定します。
setNativesForFlavor(DataFlavor, String[]) - class java.awt.datatransfer.SystemFlavorMap のメソッド
指定された DataFlavor、および指定された DataFlavor と等しいすべての DataFlavor の現在のマッピングを破棄して、指定された String ネイティブへの新しいマッピングを作成します。
setNavigationFilter(NavigationFilter) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
NavigationFilter を設定します。
setNeedClientAuth(boolean) - class javax.net.ssl.SSLServerSocket のメソッド
受け入れた接続がクライアント認証を要求するかどうかを制御します。
setNeedClientAuth(boolean) - class javax.net.ssl.SSLSocket のメソッド
クライアント認証を要求するようにソケットを設定します。
setNegativePermissions() - interface java.security.acl.AclEntry のメソッド
この ACL エントリに負のエントリを設定します。
setNegativePrefix(String) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
負の接頭辞を設定します。
setNegativeSuffix(String) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
正の接尾辞を設定します。
setNetworkInterface(NetworkInterface) - class java.net.MulticastSocket のメソッド
このソケットから送信される送出マルチキャストデータグラム用のネットワークインタフェースを指定します。
setNextException(SQLException) - class java.sql.SQLException のメソッド
チェーンの最後に SQLException オブジェクトを追加します。
setNextFocusableComponent(Component) - class javax.swing.JComponent のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.4 以降は、FocusTraversalPolicy に置き換えられました。
setNextWarning(SQLWarning) - class java.sql.SQLWarning のメソッド
チェーンの最後に SQLWarning オブジェクトを追加します。
setNode(Node) - class javax.xml.transform.dom.DOMSource のメソッド
Source DOM ツリーを表すノードを設定します。
setNode(Node) - class javax.xml.transform.dom.DOMResult のメソッド
結果の DOM ツリーを含むノードを設定します。
setNodeDimensions(AbstractLayoutCache.NodeDimensions) - class javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
ツリー内のノードの描画を行うレンダリングを設定します。
setNodeDimensions(AbstractLayoutCache.NodeDimensions) - class javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
ツリー内のノードの描画を行うレンダリングを設定します。
setNodeValue(String) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
 
setNodeValue(String) - interface org.w3c.dom.Node のメソッド
このノードの値です。
setNonContinuousLayoutDivider(Component) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
splitPane が非連続レイアウトに設定されているときに使われるディバイダを設定します。
setNonContinuousLayoutDivider(Component, boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
使用されるディバイダを設定します。
setNormalBounds(Rectangle) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この内部フレームの通常の境界、つまりこの内部フレームが最大化の状態から復元される境界を設定します。
setNorthPane(JComponent) - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setNote(String) - class javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
進捗メッセージとともに表示される追加の注記を設定します。
setNull(int, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを SQL NULL に設定します。
setNull(int, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトの、指定した SQL コマンドのパラメータを、SQL NULL に設定します。
setNull(int, int, String) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを SQL NULL に設定します。
setNull(int, int, String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトの、指定した SQL コマンドのパラメータを、SQL NULL に設定します。
setNull(String, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを SQL NULL に設定します。
setNull(String, int, String) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを SQL NULL に設定します。
setNullable(int, int) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列の値を NULL に設定できるかどうかを設定します。
setNullFormatter(JFormattedTextField.AbstractFormatter) - class javax.swing.text.DefaultFormatterFactory のメソッド
JFormattedTextField の値が の場合に使用するフォーマッタを設定します。
setNumberFormat(NumberFormat) - class java.text.DateFormat のメソッド
数値フォーマッタを設定します。
setNumRows(int) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
Java 2 プラットフォーム v1.3 では使用しません。
setObject(int, Object) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
setObject(int, Object) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java Object に設定します。
setObject(int, Object, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
setObject(int, Object, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java Object に設定します。
setObject(int, Object, int, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
setObject(int, Object, int, int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java Object に設定します。
setObject(Object) - interface java.beans.Customizer のメソッド
カスタマイズするオブジェクトを設定します。
setObject(Object) - interface java.sql.Ref のメソッド
この Ref オブジェクトが参照する構造化型値を Object の指定されたインスタンスに設定します。
setObject(Object) - class javax.naming.Binding のメソッド
このバインディングに関連したオブジェクトを設定します。
setObject(String, Object) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
setObject(String, Object, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
setObject(String, Object, int, int) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
setObjectFactoryBuilder(ObjectFactoryBuilder) - class javax.naming.spi.NamingManager の static メソッド
ObjectFactoryBuilder は、オブジェクトファクトリをロードする際に使用するポリシーを決定します。
setOffset(int) - class java.io.ObjectStreamField のメソッド
インスタンスデータ内のオフセットです。
setOffset(int) - class java.text.CollationElementIterator のメソッド
反復子が指定された文字に対応する照合要素を示すように設定します。
setOffset(int) - class javax.imageio.stream.IIOByteBuffer のメソッド
その後の getOffset メソッド呼び出しで返される値を更新します。
setOffset(Point) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI.DragWindow のメソッド
 
SetOfIntegerSyntax - class javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax.
SetOfIntegerSyntax クラスは、負以外の整数値を持つすべての属性の一般的な実装を提供する抽象基底クラスです。
SetOfIntegerSyntax(int) - class javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax のコンストラクタ
単一の整数型を保持する新しい整数型セットの属性を構築します。
SetOfIntegerSyntax(int[][]) - class javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax のコンストラクタ
指定されたメンバを持つ新しい整数型セットの属性を配列形式で構築します。
SetOfIntegerSyntax(int, int) - class javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax のコンストラクタ
単一の整数型を保持する新しい整数型セットの属性を構築します。
SetOfIntegerSyntax(String) - class javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax のコンストラクタ
指定されたメンバを持つ新しい整数型セットの属性を文字列形式で構築します。
setOmni(boolean) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
オムニモードをオンまたはオフにします。
setOneTouchExpandable(boolean) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
oneTouchExpandable プロパティの値を設定します。
setOOBInline(boolean) - class java.net.Socket のメソッド
OOBINLINE (TCP 緊急データの受信) を有効または無効にします。
setOpaque(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
true の場合、コンポーネントはその境界内のすべてのピクセルをペイントします。
setOpenIcon(Icon) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
展開されている、葉以外のノードを表すのに使うアイコンを設定します。
setOptimizeHuffmanTables(boolean) - class javax.imageio.plugins.jpeg.JPEGImageWriteParam のメソッド
書き込み処理の一部として最適化されたイメージ用ハフマンテーブルを生成するようにライターに通知します。
setOption(int, Object) - interface java.net.SocketOptions のメソッド
optID で指定されたオプションを有効または無効にします。
setOptions(Object[]) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
この区画が表示するオプションを設定します。
setOptionType(int) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
表示するオプションを設定します。
setOrdering(Class, Object, Object) - class javax.imageio.spi.ServiceRegistry のメソッド
指定されたカテゴリ内の 2 つのサービスプロバイダオブジェクト間のペアの順序を設定します。
setOrientation(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの方向を設定します。
setOrientation(int) - class java.awt.print.PageFormat のメソッド
ページの印刷方向を設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
方向、またはスプリッタがどのように分割されるかを設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
スクロールバーの方向を垂直または水平のどちらかに設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
進捗バーの方向を newOrientation に従って設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
スクロールバーの方向を水平または垂直に設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.JSeparator のメソッド
セパレータの方向を設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
ツールバーの方向を設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
JSplitPane の方向を設定します。
setOrientation(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
setOrientation(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI.DragWindow のメソッド
 
setOrientationRequested(int) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使って、ページの用紙方向を指定します。
setOrientationRequested(PageAttributes.OrientationRequestedType) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの用紙方向を指定します。
setOrientationRequestedToDefault() - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの用紙方向をデフォルトに設定します。
setOrigin(PageAttributes.OriginType) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの (0, 0) 描画を物理ページの左上隅にするか、印刷範囲の左上隅にするかを指定します。
setOut(PrintStream) - class java.lang.System の static メソッド
「標準」出力ストリームを割り当てし直します。
setOuterHTML(Element, String) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
指定された親の要素を HTML 文字列として指定されたコンテンツと置き換えます。
setOutput(Object) - class javax.imageio.ImageWriter のメソッド
出力先を、指定された ImageOutputStream または他の Object に設定します。
setOutputProperties(Properties) - class javax.xml.transform.Transformer のメソッド
変換の出力プロパティを設定します。
setOutputProperty(String, String) - class javax.xml.transform.Transformer のメソッド
変換に有効な出力プロパティを設定します。
setOutputStream(OutputStream) - class java.rmi.server.LogStream のメソッド
推奨されていません。 代替はありません。
setOutputStream(OutputStream) - class java.util.logging.StreamHandler のメソッド
出力ストリームを変更します。
setOutputStream(OutputStream) - class javax.xml.transform.stream.StreamResult のメソッド
書き込み先の ByteStream を設定します。
SetOverrideType - class org.omg.CORBA.SetOverrideType.
SET_OVERRIDEADD_OVERRIDE をタグ付けする CORBA enum のマッピングです。
SetOverrideType(int) - class org.omg.CORBA.SetOverrideType のコンストラクタ
int から SetOverrideType を構築します。
SetOverrideTypeHelper - class org.omg.CORBA.SetOverrideTypeHelper.
SetOverrideType のヘルパーです。
SetOverrideTypeHelper() - class org.omg.CORBA.SetOverrideTypeHelper のコンストラクタ
 
setOverwriteMode(boolean) - class javax.swing.text.DefaultFormatter のメソッド
文字の挿入時に動作を構成します。
setOwner(Object) - class java.beans.XMLEncoder のメソッド
このエンコーダの所有者を owner に設定します。
setOwner(Object) - class java.beans.XMLDecoder のメソッド
このデコーダの所有者を owner に設定します。
setPackageAssertionStatus(String, boolean) - class java.lang.ClassLoader のメソッド
名前付きパッケージのデフォルト宣言ステータスを設定します。
setPadding(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout のメソッド
 
setPage(int, Printable, PageFormat) - class java.awt.print.Book のメソッド
指定されたページ数で PageFormat および Painter を設定します。
setPage(String) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
表示されている現在の URL を設定します。
setPage(URL) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
表示されている現在の URL を設定します。
setPageable(Pageable) - class java.awt.print.PrinterJob のメソッド
document に対して、ページ数や、Pageable のインスタンス (document) に保持されている各ページの PageFormat および Printable を問い合わせます。
setPageIncrement(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、setBlockIncrement() を使用
setPageRanges(int[][]) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについてページの範囲を印刷する場合、印刷対象のページの範囲を指定します。
setPaint(Paint) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
Graphics2D コンテキストに Paint 属性を設定します。
setPaintLabels(boolean) - class javax.swing.JSlider のメソッド
ラベルがスライダでペイントされるかどうかを指定します。
setPaintMode() - class java.awt.Graphics のメソッド
このグラフィックスコンテキストの現在の色でデスティネーションを上書きするように、ペイントモードを設定します。
setPaintMode() - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.setPaintMode をオーバーライドします。
setPaintTicks(boolean) - class javax.swing.JSlider のメソッド
目盛りがスライダでペイントされるかどうかを指定します。
setPaintTrack(boolean) - class javax.swing.JSlider のメソッド
トラックがスライダでペイントされるかどうかを指定します。
setPalette(boolean) - class javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePane のメソッド
 
setPalette(boolean) - class javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameUI のメソッド
 
setPaper(Paper) - class java.awt.print.PageFormat のメソッド
この PageFormat に対応する Paper オブジェクトを設定します。
setParagraphAttributes(AttributeSet, boolean) - class javax.swing.JTextPane のメソッド
指定された属性を段落に適用します。
setParagraphAttributes(int, int, AttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
段落に属性を設定します。
setParagraphAttributes(int, int, AttributeSet, boolean) - interface javax.swing.text.StyledDocument のメソッド
段落の属性を設定します。
setParagraphAttributes(int, int, AttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
段落に属性を設定します。
setParagraphAttributes(JEditorPane, AttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyledEditorKit.StyledTextAction のメソッド
指定された属性を段落に適用します。
setParagraphInsets(AttributeSet) - class javax.swing.text.CompositeView のメソッド
指定された属性から選ばれた段落属性から、インセットを設定します。
setParameter(AlgorithmParameterSpec) - class java.security.Signature のメソッド
署名エンジンを、指定されたパラメータセットを使って初期化します。
setParameter(String, Object) - class java.security.Signature のメソッド
推奨されていません。 setParameter を使用してください。
setParameter(String, Object) - class javax.xml.transform.Transformer のメソッド
変換のパラメータを追加します。
setParameterBlock(ParameterBlock) - class java.awt.image.renderable.RenderableImageOp のメソッド
現在のオペレーションの ParameterBlock を変更し、イメージ描画チェーンの編集を可能にします。
setParameters(Object[]) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
ログメッセージにパラメータを設定します。
setParameters(Vector) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
指定された Vector にパラメータの Vector 全体を設定します。
setParent(ActionMap) - class javax.swing.ActionMap のメソッド
この ActionMap の親を設定します。
setParent(InputMap) - class javax.swing.ComponentInputMap のメソッド
親を設定します。
setParent(InputMap) - class javax.swing.InputMap のメソッド
この InputMap の親を設定します。
setParent(Logger) - class java.util.logging.Logger のメソッド
この Logger の親を設定します。
setParent(MutableTreeNode) - class javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
このノードの親を newParent に設定しますが、親の子配列は変更しません。
setParent(MutableTreeNode) - interface javax.swing.tree.MutableTreeNode のメソッド
レシーバの親を newParent に設定します。
setParent(ResourceBundle) - class java.util.ResourceBundle のメソッド
このバンドルの親バンドル。
setParent(View) - class javax.swing.text.CompositeView のメソッド
ビューの親を設定します。
setParent(View) - class javax.swing.text.View のメソッド
このビューの親ビューを確立します。
setParent(View) - class javax.swing.text.ComponentView のメソッド
子ビューの親を設定します。
setParent(View) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
ビューの親を設定します。
setParent(View) - class javax.swing.text.html.ImageView のメソッド
このビューの親ビューを確立します。
setParent(View) - class javax.swing.text.html.ParagraphView のメソッド
このビューに使用する親ビューを確立します。
setParent(View) - class javax.swing.text.html.BlockView のメソッド
このビューに使用する親ビューを確立します。
setParent(XMLReader) - interface org.xml.sax.XMLFilter のメソッド
親リーダを設定します。
setParent(XMLReader) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
親リーダを設定します。
setParseIntegerOnly(boolean) - class java.text.NumberFormat のメソッド
数値を整数としてのみ解析するかどうかを設定します。
setParser(HTMLEditorKit.Parser) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
既存のドキュメントに setInnerHTMLsetOuterHTML などの html を挿入するときにメソッドが使用するパーサを設定します。
setPartialReturn(boolean) - class javax.swing.text.Segment のメソッド
部分的戻り値が有効であることを表すフラグです。
setPassword(char[]) - class javax.security.auth.callback.PasswordCallback のメソッド
検出したパスワードを設定します。
setPassword(String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのデータベースパスワードを、指定した String に設定します。
setPathToNames(Collection) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
pathToNames 基準値を設定します。
setPatternSeparator(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
パターンにおいて正のサブパターンと負のサブパターンを区切るために使用する文字を設定します。
setPercent(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
パーセント符号に使用する文字を設定します。
setPerMill(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
ミルパーセント符号に使用する文字を設定します。
setPersistenceDelegate(Class, PersistenceDelegate) - class java.beans.Encoder のメソッド
この type の持続的な委譲を persistenceDelegate にします。
setPitchBend(int) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
このチャネルのすべてのノートのピッチ座標を変更します。
setPixel(int, int, double[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
サンプルの double 配列を入力として使って DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, double[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
サンプルの double 配列を入力として、DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, float[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
サンプルの float 配列を入力として使って DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, float[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
サンプルの float 配列を入力として、DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, int[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
サンプルの int 配列を入力として使って DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
サンプルの int 配列を入力として使って DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
サンプルの int 配列を入力とし、DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
サンプルの int 配列を入力として、DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.MultiPixelPackedSampleModel のメソッド
int 配列を入力とし、DataBuffer のピクセルを設定します。
setPixel(int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
サンプルの int 配列を入力として使用して DataBuffer 内のピクセルを設定します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - interface java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
イメージのピクセルを 1 回以上の setPixels メソッド呼び出しによって転送します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.ReplicateScaleFilter のメソッド
転送された byte ピクセルで、大きさを変更する転送先イメージにどの列や行が必要か選択し、必要とされる列や行だけを渡します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.RGBImageFilter のメソッド
ColorModel オブジェクトが、すでに変換されたオブジェクトと同じである場合、変換された ColorModel を使用して単純にピクセルを渡します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
setPixels メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.ImageFilter のメソッド
byte 配列をとる、ImageConsumer インタフェースの setPixels メソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.CropImageFilter のメソッド
転送されてきた byte 配列のピクセルが、抽出する領域に入っているかどうかを判定し、その領域に入るピクセルのサブセットだけを再転送します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.BufferedImageFilter のメソッド
byte 配列をとる ImageConsumer インタフェースの setPixels メソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, byte[], int, int) - class java.awt.image.AreaAveragingScaleFilter のメソッド
渡されたバイトピクセル用のコンポーネントすべてを蓄積配列にまとめて、完全なピクセル行のための平均化データをすべて送出します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - interface java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
イメージのピクセルは、1 回以上の setPixels メソッドの呼び出しによって転送されます。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.ReplicateScaleFilter のメソッド
転送された int ピクセルで、大きさを変更する転送先イメージにどの列や行が必要か選択し、必要とされる列や行だけを渡します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.RGBImageFilter のメソッド
ColorModel オブジェクトが、すでに変換されたオブジェクトと同じである場合、変換された ColorModel を使用して単純にピクセルを渡します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
setPixels メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.ImageFilter のメソッド
int 配列をとる、ImageConsumer インタフェースの setPixels メソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.CropImageFilter のメソッド
転送されてきた int 配列のピクセルが、抽出する領域に入っているかどうかを判定し、その領域に入るピクセルのサブセットだけを再転送します。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.BufferedImageFilter のメソッド
整数値配列をとる、ImageConsumer インタフェースの setPixels メソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
setPixels(int, int, int, int, ColorModel, int[], int, int) - class java.awt.image.AreaAveragingScaleFilter のメソッド
渡された int ピクセル用のコンポーネントすべてを蓄積配列にまとめて、完全なピクセル行のための平均化されたデータをすべて送出します。
setPixels(int, int, int, int, double[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
矩形のピクセルのサンプルすべてを、配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている double 配列から設定します。
setPixels(int, int, int, int, double[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている double 配列から、ピクセルの矩形のすべてのサンプルを設定します。
setPixels(int, int, int, int, float[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
矩形のピクセルのサンプルすべてを、配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている float 配列から設定します。
setPixels(int, int, int, int, float[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている float 配列から、ピクセルの矩形のすべてのサンプルを設定します。
setPixels(int, int, int, int, int[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
矩形のピクセルのサンプルすべてを、配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から設定します。
setPixels(int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から、ピクセル矩形のすべてのサンプルを設定します。
setPixels(int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から、ピクセルの矩形のすべてのサンプルを設定します。
setPixels(int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から、ピクセルの矩形のすべてのサンプルを設定します。
setPixels(int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から、ピクセルの矩形のすべてのサンプルを設定します。
setPlaceholder(String) - class javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
値がマスクを完全に埋めていない場合に使用する文字列を設定します。
setPlaceholderCharacter(char) - class javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
値にはない文字 (つまりユーザが入力する必要のある文字) の代わりに使用する文字を設定します。
setPolicy(Policy) - class java.security.Policy の static メソッド
システム全体の Policy オブジェクトを設定します。
setPolicy(Policy) - class javax.security.auth.Policy の static メソッド
推奨されていません。 システム全体の Policy オブジェクトを設定します。
setPolicy(Set) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
ポリシー制約を設定します。
setPolicyMappingInhibited(boolean) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
PolicyMappingInhibited フラグを設定します。
setPolicyQualifiersRejected(boolean) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
PolicyQualifiersRejected フラグを設定します。
setPolyPressure(int, int) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
指定された音のキー圧力に反応します。
setPopupMenuVisible(boolean) - class javax.swing.JMenu のメソッド
メニューのポップアップの可視性を設定します。
setPopupSize(Dimension) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
Dimension オブジェクトを使用して、ポップアップウィンドウのサイズを設定します。
setPopupSize(int, int) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
ポップアップウィンドウのサイズを、指定された幅および高さに設定します。
setPopupVisible(boolean) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
ポップアップの可視性を設定します。
setPopupVisible(JComboBox, boolean) - class javax.swing.plaf.ComboBoxUI のメソッド
ポップアップの可視性を設定します。
setPopupVisible(JComboBox, boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
ポップアップを隠します。
setPopupVisible(JComboBox, boolean) - class javax.swing.plaf.multi.MultiComboBoxUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で setPopupVisible メソッドを呼び出します。
setPort(int) - class java.net.DatagramPacket のメソッド
このデータグラムの送信先であるリモートホストのポート番号を設定します。
setPosition(Component, int) - class javax.swing.JLayeredPane のメソッド
コンポーネントを現在のレイヤの position に移動します。
setPosition(int) - class java.awt.font.LineBreakMeasurer のメソッド
LineBreakMeasurer の現在の位置を設定します。
setPositivePrefix(String) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
正の接頭辞を設定します。
setPositiveSuffix(String) - class java.text.DecimalFormat のメソッド
正の接尾辞を設定します。
setPrecision(int, int) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定された列の 10 進桁数を、指定された int に設定します。
setPreferred(boolean) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
preferred フラグを使って、ユーザにとって特に重要な機能を識別します。
setPreferredMinSize(Dimension) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
適切な最小サイズを設定します。
setPreferredScrollableViewportSize(Dimension) - class javax.swing.JTable のメソッド
このテーブルのビューポートの望ましいサイズを設定します。
setPreferredSize(Dimension) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントの適切なサイズを設定します。
setPreferredWidth(int) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
列の適切な幅を preferredWidth に設定します。
setPrefix(String) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
名前空間はサポートされないので、何も実行しません。
setPrefix(String) - interface org.w3c.dom.Node のメソッド
このノードのネームスペース前置修飾子です。
setPreservesUnknownTags(boolean) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
パーサによって未知のタグを処理する方法を判定します。
setPressed(boolean) - class javax.swing.JToggleButton.ToggleButtonModel のメソッド
トグルボタンの押された状態を設定します。
setPressed(boolean) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンを押された状態または押されていない状態に設定します。
setPressed(boolean) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンを押された状態または押されていない状態に設定します。
setPressedIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
押された状態のボタンのアイコンを設定します。
setPreviewPanel(JComponent) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
現在のプレビューパネルを設定します。
setPreviousBounds(JInternalFrame, Rectangle) - class javax.swing.DefaultDesktopManager のメソッド
コンポーネントの境界を、最大表示呼び出しの直前に格納します。
setPrincipal(Principal) - interface java.security.acl.AclEntry のメソッド
この ACL エントリによって許可または拒否されるアクセス権に対応する主体を設定します。
setPrintable(Printable) - class java.awt.print.PrinterJob のメソッド
ページを描画するために painter を呼び出します。
setPrintable(Printable, PageFormat) - class java.awt.print.PrinterJob のメソッド
指定された format でページを描画するために painter を呼び出します。
setPrinter(String) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、出力先プリンタを指定します。
setPrinterResolution(int) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの前後送りまたは送りの印刷解像度を 1 インチ当たりのドット数で指定します。
setPrinterResolution(int[]) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの印刷解像度を指定します。
setPrinterResolutionToDefault() - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページのプリンタ解像度をデフォルトに設定します。
setPrintQuality(int) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの印刷品質を指定します。
setPrintQuality(PageAttributes.PrintQualityType) - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの印刷品質を指定します。
setPrintQualityToDefault() - class java.awt.PageAttributes のメソッド
これらの属性を使用するページの印刷品質をデフォルトに設定します。
setPrintService(PrintService) - class java.awt.print.PrinterJob のメソッド
この PrinterJob を新しい PrintService に関連付けます。
setPriority(int) - class java.lang.Thread のメソッド
このスレッドの優先順位を変更します。
setPrivacy(boolean) - class org.ietf.jgss.MessageProp のメソッド
プライバシ状態を設定します。
setPrivateKeyValid(Date) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
privateKeyValid 基準値を設定します。
setProgress(int) - class javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
監視している処理の進捗状況を示します。
setProgressiveMode(int) - class javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
品質を向上させる一連のスキャンがストリームに含まれるようなプログレッシブモードで、書き込み側がイメージを書き出すことを指定します。
setPropagatedFrom(BeanContext) - class java.beans.beancontext.BeanContextEvent のメソッド
このイベントの伝達元 BeanContext を設定します。
setPropagationId(Object) - class java.beans.PropertyChangeEvent のメソッド
イベントの propagationId オブジェクトを設定します。
setProperties(Hashtable) - interface java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
このイメージに関して、拡張可能なプロパティのリストを設定します。
setProperties(Hashtable) - class java.awt.image.ReplicateScaleFilter のメソッド
適用する大きさを示すプロパティを追加後、ソースオブジェクトからプロパティを渡します。
setProperties(Hashtable) - class java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
setProperties メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
setProperties(Hashtable) - class java.awt.image.ImageFilter のメソッド
フィルタのストリームを通過したことを示すプロパティを追加したあと、ソースオブジェクトからプロパティを渡します。
setProperties(Hashtable) - class java.awt.image.CropImageFilter のメソッド
ソースのオブジェクトのプロパティに切り出された領域であることを示すプロパティを加えたものを渡します。
setProperties(Properties) - class java.lang.System の static メソッド
システムプロパティを引数 Properties に設定します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.LabelView のメソッド
キャッシュに書き込まれたプロパティを属性から設定します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.ParagraphView のメソッド
キャッシュに書き込まれたプロパティを属性から設定します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.html.ImageView のメソッド
属性に由来する値がキャッシュに書き込まれていれば、それを更新します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.html.InlineView のメソッド
キャッシュに書き込まれたプロパティを属性から設定します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.html.ParagraphView のメソッド
StyleConstants 内の数値 (スーパークラスで使用される) ではなく CSS 属性から段落を設定します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.html.BlockView のメソッド
属性に由来する値がキャッシュに書き込まれていれば、それを更新します。
setPropertiesFromAttributes() - class javax.swing.text.html.ListView のメソッド
 
setProperty(String, Object) - class javax.xml.parsers.SAXParser のメソッド
XMLReader の基本となる実装に特定のプロパティを設定します。
setProperty(String, Object) - interface org.xml.sax.XMLReader のメソッド
プロパティ値を設定します。
setProperty(String, Object) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
プロパティ値を設定します。
setProperty(String, Object) - class org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
パーサプロパティを設定します。
setProperty(String, String) - class java.lang.System の static メソッド
指定されたキーによって示されるシステムプロパティを設定します。
setProperty(String, String) - class java.security.Security の static メソッド
セキュリティプロパティの値を設定します。
setProperty(String, String) - class java.util.Properties のメソッド
Hashtableput メソッドを呼び出します。
setPropertyEditorClass(Class) - class java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
通常、PropertyEditor は PropertyEditorManager を使って検索されますが、何らかの理由により特定の PropertyEditor を指定プロパティに関連付けたい場合は、このメソッドを使用できます。
setPrototypeCellValue(Object) - class javax.swing.JList のメソッド
fixedCellWidth および fixedCellHeight プロパティを計算します。
setPrototypeDisplayValue(Object) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
UI 部分の表示サイズ計算に使用される表示プロトタイプ値を設定します。
setPublicId(String) - class javax.xml.transform.stream.StreamSource のメソッド
この Source の public 識別子を設定します。
setPublicId(String) - class org.xml.sax.InputSource のメソッド
この入力ソースの公開識別子を設定します。
setPublicId(String) - class org.xml.sax.helpers.LocatorImpl のメソッド
このロケータの公開識別子を設定します。
setPublicKey(PublicKey) - class java.security.Identity のメソッド
推奨されていません。 このアイデンティティの公開鍵を設定します。
setPushLevel(Level) - class java.util.logging.MemoryHandler のメソッド
pushLevel を設定します。
setQName(int, String) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
特定の属性の修飾名を設定します。
setQOP(int) - class org.ietf.jgss.MessageProp のメソッド
QOP 値を設定します。
setQueryTimeout(int) - interface java.sql.Statement のメソッド
ドライバが Statement オブジェクトの実行を待つ秒数を、指定された秒数に設定します。
setQueryTimeout(int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
ドライバが文の実行を待つ最大時間を、指定した秒数に設定します。
setRangeProperties(int, int, int, int, boolean) - class javax.swing.DefaultBoundedRangeModel のメソッド
引数を通常の制約内の値に強制的に設定したあとで、BoundedRangeModel プロパティのすべてを設定します。
setRangeProperties(int, int, int, int, boolean) - interface javax.swing.BoundedRangeModel のメソッド
1 回のメソッドの呼び出しで、モデルのデータをすべて設定できるメソッドです。
setRaster(Raster) - class javax.imageio.IIOImage のメソッド
現在の Raster を設定します。
setRawOffset(int) - class java.util.TimeZone のメソッド
GMT へのベースタイムゾーンオフセットを設定します。
setRawOffset(int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
GMT へのベースタイムゾーンオフセットを設定します。
setReader(Reader) - class javax.xml.transform.stream.StreamSource のメソッド
文字リーダになる入力を構築します。
setReadMethod(Method) - class java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
プロパティ値の読み込みに使用するメソッドを設定します。
setReadOnly() - class java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルまたはディレクトリにマークを設定し、読み込みオペレーションだけが許可されるようにします。
setReadOnly() - class java.security.PermissionCollection のメソッド
PermissionCollection オブジェクトを「読み込み専用」としてマークします。
setReadOnly() - class javax.security.auth.Subject のメソッド
この Subject を読み込み専用に設定します。
setReadOnly(boolean) - interface java.sql.Connection のメソッド
この Connection を読み込み専用モードに設定して、データベース最適化を実行するドライバのヒントとします。
setReadOnly(boolean) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトが読み込み専用かどうかを、指定した boolean に設定します。
setReceiveBufferSize(int) - class java.net.Socket のメソッド
SO_RCVBUF オプションを、この Socket に指定された値に設定します。
setReceiveBufferSize(int) - class java.net.ServerSocket のメソッド
この ServerSocket から受け入れたソケットに対して SO_RCVBUF オプションのデフォルトの推奨値を設定します。
setReceiveBufferSize(int) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
SO_RCVBUF オプションを、この DatagramSocket に指定された値に設定します。
setReceiver(Receiver) - interface javax.sound.midi.Transmitter のメソッド
このトランスミッタで MIDI メッセージを配信するレシーバを設定します。
setRect(double, double, double, double) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle の境界を指定された xywidth、および height に設定します。
setRect(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Rectangle2D.Float のメソッド
この Rectangle2D の位置およびサイズを、指定された double 型の値に設定します。
setRect(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
この Rectangle2D の位置およびサイズを、指定された double 型の値に設定します。
setRect(double, double, double, double) - class java.awt.geom.Rectangle2D.Double のメソッド
この Rectangle2D の位置およびサイズを、指定された double 型の値に設定します。
setRect(float, float, float, float) - class java.awt.geom.Rectangle2D.Float のメソッド
この Rectangle2D の位置およびサイズを、指定された float 型の値に設定します。
setRect(int, int, Raster) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
この WritableRaster に Raster srcRaster からピクセルをコピーします。
setRect(Raster) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
この WritableRaster に Raster srcRaster からピクセルをコピーします。
setRect(Rectangle2D) - class java.awt.geom.Rectangle2D.Float のメソッド
この Rectangle2D を、指定された Rectangle2D と同じになるように設定します。
setRect(Rectangle2D) - class java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
この Rectangle2D を、指定された Rectangle2D と同じになるように設定します。
setRect(Rectangle2D) - class java.awt.geom.Rectangle2D.Double のメソッド
この Rectangle2D を、指定された Rectangle2D と同じになるように設定します。
setRef(int, Ref) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された REF(<structured-type>) 値に設定します。
setRef(int, Ref) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定した Java Ref 値に設定します。
setRef(RemoteStub, RemoteRef) - class java.rmi.server.RemoteStub の static メソッド
推奨されていません。 代替はありません。RemoteStubRemoteStub(RemoteRef) コンストラクタを使って作成できるため、setRef メソッドは必要ありません。
setRelative(boolean) - class javax.naming.NameClassPair のメソッド
このバインディングの名前がターゲットコンテキスト (list() メソッドの最初のパラメータ) に対する相対名かどうかを設定します。
setRemainingName(Name) - class javax.naming.NamingException のメソッド
この例外の [remainingName] フィールドを設定します。
setRemainingName(Name) - class javax.naming.spi.ResolveResult のメソッド
残りの名前フィールドに名前を設定します。
setRemainingNewName(Name) - class javax.naming.CannotProceedException のメソッド
この例外の [remainingNewName (残存新規ネーム)] フィールドを設定します。
setRenderContext(RenderContext) - class java.awt.image.renderable.RenderableImageProducer のメソッド
次の startProduction() の呼び出しで使用できるように新しい RenderContext を設定します。
setRenderedImage(RenderedImage) - class javax.imageio.IIOImage のメソッド
現在の RenderedImage を設定します。
setRenderer(ListCellRenderer) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
JComboBox フィールドのリストから選択されたリスト項目と項目をペイントするレンダリングを設定します。
setRenderingHint(RenderingHints.Key, Object) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
描画アルゴリズムの推奨設定の値を 1 つ設定します。
setRenderingHints(Map) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
描画アルゴリズムのすべての推奨設定の値を、指定された hints に置き換えます。
setRenderingHints(RenderingHints) - class java.awt.image.renderable.RenderContext のメソッド
この RenderContext の描画ヒントを設定します。
setReorderingAllowed(boolean) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
ユーザが列ヘッダをドラッグして列の順序を変えられるかどうかを設定します。
setRepeats(boolean) - class javax.swing.Timer のメソッド
flagfalse の場合、アクションイベントを 1 つだけリスナーへ送信するよう Timer に命令します。
setRequestControls(Control[]) - interface javax.naming.ldap.LdapContext のメソッド
このコンテキストで引き続き呼び出されるメソッドに要求コントロールを設定します。
setRequestControls(Control[]) - class javax.naming.ldap.InitialLdapContext のメソッド
 
setRequestFocusEnabled(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
この JComponent がフォーカスを取得するかどうかについてのヒントを提供します。
setRequestMethod(String) - class java.net.HttpURLConnection のメソッド
URL 要求のメソッドを次のどれかに設定します。
setRequestProperty(String, String) - class java.net.URLConnection のメソッド
一般要求プロパティを設定します。
setReshowDelay(int) - class javax.swing.ToolTipManager のメソッド
ツールヒントの表示前にユーザが initialDelay の時間 (ミリ秒単位) を待機する必要が生じるまでの時間を指定します。
setResizable(boolean) - class java.awt.Frame のメソッド
ユーザがこのフレームのサイズを変更できるかどうかを設定します。
setResizable(boolean) - class java.awt.Dialog のメソッド
ユーザがこのダイアログのサイズを変更できるかどうかを設定します。
setResizable(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
ユーザアクションによって JInternalFrame のサイズ変更ができるかどうかを設定します。
setResizable(boolean) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
この列がサイズ変更できるかどうかを設定します。
setResizeWeight(double) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
スプリットぺインが変更されたときの余分のスペースの配分方法を指定します。
setResizingAllowed(boolean) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
ユーザがヘッダ間をドラッグして列のサイズを変更できるかどうかを設定します。
setResizingColumn(TableColumn) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
ヘッダの resizingColumnaColumn に設定します。
setResolvedName(Name) - class javax.naming.NamingException のメソッド
この例外の [resolvedName] フィールドを設定します。
setResolvedObj(Object) - class javax.naming.NamingException のメソッド
この例外の [resolvedObj] フィールドを設定します。
setResolvedObj(Object) - class javax.naming.spi.ResolveResult のメソッド
この結果の解決された Object フィールドを obj に設定します。
setResolveParent(AttributeSet) - class javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
解釈処理側の親を設定します。
setResolveParent(AttributeSet) - class javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
解釈処理側の親を設定します。
setResolveParent(AttributeSet) - class javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
解釈処理側の親を設定します。
setResolveParent(AttributeSet) - interface javax.swing.text.MutableAttributeSet のメソッド
解釈処理側の親を設定します。
setResolveParent(Keymap) - interface javax.swing.text.Keymap のメソッド
親キーマップを設定します。
setResourceBaseName(String) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImpl のメソッド
この形式の要素と属性の説明が格納されている ResourceBundle を検索するための新しいベース名を設定します。
setResourceBundle(ResourceBundle) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
地域対応リソースバンドルを設定します。
setResourceBundleName(String) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
地域対応リソースバンドルの名前を設定します。
setResult(Result) - interface javax.xml.transform.sax.TransformerHandler のメソッド
TransformerHandler のユーザが変換の Result を設定できるようにします。
setReturningAttributes(String[]) - class javax.naming.directory.SearchControls のメソッド
検索の一部として返される属性を指定します。
setReturningObjFlag(boolean) - class javax.naming.directory.SearchControls のメソッド
結果の一部としてオブジェクトを返すことを有効または無効にします。
setReuseAddress(boolean) - class java.net.Socket のメソッド
SO_REUSEADDR ソケットオプションを有効または無効にします。
setReuseAddress(boolean) - class java.net.ServerSocket のメソッド
SO_REUSEADDR ソケットオプションを有効または無効にします。
setReuseAddress(boolean) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
SO_REUSEADDR ソケットオプションを有効または無効にします。
setRevocationEnabled(boolean) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
RevocationEnabled フラグを設定します。
setRGB(int, int, int) - class java.awt.image.BufferedImage のメソッド
この BufferedImage のピクセルを、指定された RGB 値に設定します。
setRGB(int, int, int, int, int[], int, int) - class java.awt.image.BufferedImage のメソッド
デフォルト RGB カラーモデル (TYPE_INT_ARGB) およびデフォルト sRGB カラースペースで、int ピクセルの配列をイメージデータの一部に設定します。
setRightChildIndent(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
setRightComponent(Component) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
ディバイダの右 (または下) のコンポーネントを設定します。
setRightIndent(MutableAttributeSet, float) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
右インデントを設定します。
setRightInset(float) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
ビュー周囲の右部マージンを設定します。
setRollover(boolean) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンの反転状態を設定または解除します。
setRollover(boolean) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンの反転状態を設定または解除します。
setRollover(boolean) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
このツールバーのロールオーバー状態を設定します。
setRolloverBorders(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
ツールバー上でロールオーバーボーダを使用可能にするためにフラグを設定し、フラグの状態に応じたボーダのインストールもします。
setRolloverEnabled(boolean) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
rolloverEnabled プロパティを設定します。
setRolloverIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
反転した状態のボタンのアイコンを設定します。
setRolloverSelectedIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
反転して選択された状態のボタンのアイコンを設定します。
setRoot(TreeNode) - class javax.swing.tree.DefaultTreeModel のメソッド
ルートを root に設定します。
setRootCause(Throwable) - class javax.naming.NamingException のメソッド
この NamingException の根本的原因を記録します。
setRootFrame(Frame) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
フレームが提供されないクラスメソッドで使用するフレームを設定します。
setRootPane(JRootPane) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFramerootPane プロパティを設定します。
setRootPane(JRootPane) - class javax.swing.JWindow のメソッド
このウィンドウの新しい rootPane オブジェクトを設定します。
setRootPane(JRootPane) - class javax.swing.JApplet のメソッド
rootPane プロパティを設定します。
setRootPane(JRootPane) - class javax.swing.JFrame のメソッド
rootPane プロパティを設定します。
setRootPane(JRootPane) - class javax.swing.JDialog のメソッド
rootPane プロパティを設定します。
setRootPaneCheckingEnabled(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
add および setLayout の呼び出しが例外をスローするかどうかを設定します。
setRootPaneCheckingEnabled(boolean) - class javax.swing.JWindow のメソッド
add および setLayout の呼び出しが例外をスローするかどうかを設定します。
setRootPaneCheckingEnabled(boolean) - class javax.swing.JApplet のメソッド
true の場合、add() および setLayout() を呼び出すと、例外がスローされます。
setRootPaneCheckingEnabled(boolean) - class javax.swing.JFrame のメソッド
add および setLayout の呼び出しが例外をスローするかどうかを設定します。
setRootPaneCheckingEnabled(boolean) - class javax.swing.JDialog のメソッド
true の場合、add および setLayout を呼び出すと例外がスローされます。
setRootVisible(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
TreeModel のルートノードが可視かどうかを判定します。
setRootVisible(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
ルートを可視に設定します。
setRootVisible(boolean) - class javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
TreeModel のルートノードが可視かどうかを判定します。
setRootVisible(boolean) - class javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
TreeModel のルートノードが可視かどうかを判定します。
setRootVisible(boolean) - class javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
TreeModel のルートノードが可視かどうかを設定します。
setRoundRect(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D のメソッド
この RoundRectangle2D の位置、サイズ、および角の半径を、指定された double 値に設定します。
setRoundRect(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D.Float のメソッド
この RoundRectangle2D の位置、サイズ、および弧の半径を、指定された double 値に設定します。
setRoundRect(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D.Double のメソッド
この RoundRectangle2D の位置、サイズ、および弧の半径を、指定された double 値に設定します。
setRoundRect(float, float, float, float, float, float) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D.Float のメソッド
この RoundRectangle2D の位置、サイズ、および弧の半径を、指定された float 値に設定します。
setRoundRect(RoundRectangle2D) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D のメソッド
この RoundRectangle2D を、指定された RoundRectangle2D と同じになるように設定します。
setRoundRect(RoundRectangle2D) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D.Float のメソッド
この RoundRectangle2D を、指定された RoundRectangle2D と同じになるように設定します。
setRoundRect(RoundRectangle2D) - class java.awt.geom.RoundRectangle2D.Double のメソッド
この RoundRectangle2D を、指定された RoundRectangle2D と同じになるように設定します。
setRowCount(int) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
モデルの行数を設定します。
setRowHeader(JViewport) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
以前の行ヘッダがある場合はそれを削除します。
setRowHeaderView(Component) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
必要に応じて行ヘッダのビューポートを作成し、ビューを設定してから、行ヘッダのビューポートをスクロール区画に追加します。
setRowHeight(int) - class javax.swing.JTree のメソッド
各セルの高さをピクセル単位で設定します。
setRowHeight(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
すべてのセルの高さをピクセルで rowHeight に設定し、再確認し、ペイントし直します。
setRowHeight(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
行の高さを設定します。
setRowHeight(int) - class javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
各セルの高さを設定します。
setRowHeight(int) - class javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
各セルの高さを設定します。
setRowHeight(int) - class javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
各セルの高さを設定します。
setRowHeight(int, int) - class javax.swing.JTable のメソッド
row の高さを rowHeight に設定し、再確認し、ペイントし直します。
setRowMapper(RowMapper) - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
RowMapper のインスタンスを設定します。
setRowMapper(RowMapper) - interface javax.swing.tree.TreeSelectionModel のメソッド
RowMapper のインスタンスを設定します。
setRowMargin(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
隣接する行のセルの間隔を設定します。
setRows(int) - class java.awt.GridLayout のメソッド
このレイアウト内の行数を、指定された値に設定します。
setRows(int) - class java.awt.TextArea のメソッド
このテキスト領域の行数を設定します。
setRows(int) - class javax.swing.JTextArea のメソッド
この TextArea の行数を設定します。
setRowSelectionAllowed(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
このモデルの行を選択できるかどうかを設定します。
setRowSelectionInterval(int, int) - class javax.swing.JTable のメソッド
index0 から index1 までの行 (上下限値を含む) を選択します。
setSample(int, int, int, double) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
double を入力として使用し、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, double, DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
double を入力として使用して DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, double, DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
double を入力とし、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, double, DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
double を入力として使用して DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, float) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
float を入力として使用し、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, float, DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
float を入力として使用して DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, float, DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
float を入力とし、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, float, DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
float を入力として使用して DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, int) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
int を入力として使用し、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, int, DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
int を入力として使用して DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, int, DataBuffer) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
int を入力とし、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定したバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, int, DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
int を入力とし、DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定したバンド内のサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, int, DataBuffer) - class java.awt.image.MultiPixelPackedSampleModel のメソッド
int を入力とし、DataBuffer の (x, y) に位置するピクセルの、指定されたバンドのサンプルを設定します。
setSample(int, int, int, int, DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
int を入力として使用して DataBuffer 内の (x, y) に位置するピクセルの、指定したバンド内のサンプルを設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, double[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
指定された矩形ピクセルの指定されたバンドのサンプルを、配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている double 配列から設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, double[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている double 配列から、指定されたピクセルの矩形の指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, float[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
指定された矩形ピクセルの指定されたバンドのサンプルを、配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている float 配列から設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, float[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている float 配列から、指定されたピクセルの矩形の指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, int[]) - class java.awt.image.WritableRaster のメソッド
指定された矩形ピクセルの指定されたバンドのサンプルを、配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
データ配列要素あたり 1 個のサンプルを格納している int 配列から、指定されたピクセル矩形の、指定されたバンドにサンプルを設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から、指定されたピクセルの矩形の指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.SampleModel のメソッド
配列要素ごとに 1 つのサンプルが格納されている int 配列から、指定されたピクセルの矩形の指定されたバンド内のサンプルを設定します。
setSamples(int, int, int, int, int, int[], DataBuffer) - class java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
データ配列要素あたり 1 個のサンプルを格納している int 配列から、指定されたピクセル矩形の、指定されたバンドにサンプルを設定します。
setSavepoint() - interface java.sql.Connection のメソッド
現在のトランザクションで名前のないセーブポイントを作成し、それを表す新しい Savepoint オブジェクトを返します。
setSavepoint(String) - interface java.sql.Connection のメソッド
現在のトランザクションで指定された名前のセーブポイントを作成し、それを表す新しい Savepoint オブジェクトを返します。
setScale(int) - class java.math.BigDecimal のメソッド
スケールが指定された値であり、値がこの BigDecimal と等しい BigDecimal を返します。
setScale(int, int) - class java.math.BigDecimal のメソッド
スケールが指定された値であり、かつスケールなしの値が、この BigDecimal のスケールなしの値と、総体値を維持できる適当な 10 の累乗の積または商により決定される BigDecimal を返します。
setScale(int, int) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定された列の小数点以下の桁数を、指定された int に設定します。
setSchemaName(int, String) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列のテーブルスキーマの名前を、指定された String に設定します (存在する場合)。
setScrollByBlock(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ScrollListener のメソッド
 
setScrollByBlock(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI.ScrollListener のメソッド
 
setScrollMode(int) - class javax.swing.JViewport のメソッド
ビューポートコンテンツのスクロールメソッドを制御するために使用します。
setScrollOffset(int) - class javax.swing.JTextField のメソッド
ピクセル単位のスクロールオフセットを設定します。
setScrollPosition(int, int) - class java.awt.ScrollPane のメソッド
子コンポーネント内の指定された位置へスクロールします。
setScrollPosition(Point) - class java.awt.ScrollPane のメソッド
子コンポーネント内の指定された位置へスクロールします。
setScrollsOnExpand(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
scrollsOnExpand プロパティを設定します。
setSearchable(int, boolean) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定された列を where 節で使用できるかどうかを設定します。
setSearchScope(int) - class javax.naming.directory.SearchControls のメソッド
検索範囲を OBJECT_SCOPE、ONELEVEL_SCOPE、SUBTREE_SCOPE のどれか 1 つに設定します。
setSeconds(int) - class java.sql.Date のメソッド
推奨されていません。  
setSeconds(int) - class java.util.Date のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Calendar.set(Calendar.SECOND, int seconds) に置き換えられました。
setSecurityManager(SecurityManager) - class java.lang.System の static メソッド
システムセキュリティを設定します。
setSeed(byte[]) - class java.security.SecureRandom のメソッド
乱数オブジェクトを再シードします。
setSeed(long) - class java.security.SecureRandom のメソッド
指定された long seed に含まれている 8 バイトを使用して、この乱数オブジェクトを再シードします。
setSeed(long) - class java.util.Random のメソッド
単一の long 型のシードを使って、乱数ジェネレータのシードを設定します。
setSelected(boolean) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
内部フレームが表示されている場合に、その内部フレームを選択または選択解除します。
setSelected(boolean) - class javax.swing.JToggleButton.ToggleButtonModel のメソッド
ボタンの選択されている状態を設定します。
setSelected(boolean) - class javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンを選択または選択解除します。
setSelected(boolean) - interface javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンを選択または選択解除します。
setSelected(boolean) - class javax.swing.JMenu のメソッド
メニューの選択状態を設定します。
setSelected(boolean) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ボタンの状態を設定します。
setSelected(ButtonModel, boolean) - class javax.swing.ButtonGroup のメソッド
ButtonModel に対して選択された値を設定します。
setSelected(Component) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
現在選択されるコンポーネントを設定します。
setSelected(Component) - class javax.swing.JMenuBar のメソッド
現在選択されているコンポーネントを設定します。
setSelectedCheckbox(Checkbox) - class java.awt.CheckboxGroup のメソッド
現在このグループ内で選択されているチェックボックスを、指定されたチェックボックスに設定します。
setSelectedColor(Color) - class javax.swing.colorchooser.DefaultColorSelectionModel のメソッド
選択したカラーを color に設定します。
setSelectedColor(Color) - interface javax.swing.colorchooser.ColorSelectionModel のメソッド
選択したカラーを color に設定します。
setSelectedComponent(Component) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
タブ区画の選択コンポーネントを設定します。
setSelectedFile(File) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
選択されたファイルを設定します。
setSelectedFiles(File[]) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
複数選択が許可されるようにファイルチューザが設定されている場合は、選択されたファイルのリストを設定します。
setSelectedFrame(JInternalFrame) - class javax.swing.JDesktopPane のメソッド
この JDesktopPane に現在アクティブな JInternalFrame を設定します。
setSelectedIcon(Icon) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
選択された状態のボタンのアイコンを設定します。
setSelectedIndex(int) - class javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback のメソッド
選択した確認オプションを設定します。
setSelectedIndex(int) - class javax.security.auth.callback.ChoiceCallback のメソッド
選択した選択肢 (1 つ) を設定します。
setSelectedIndex(int) - class javax.swing.JList のメソッド
単一セルを選択します。
setSelectedIndex(int) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
インデックス anIndex にある項目を選択します。
setSelectedIndex(int) - class javax.swing.DefaultSingleSelectionModel のメソッド
 
setSelectedIndex(int) - interface javax.swing.SingleSelectionModel のメソッド
モデルの、選択されたインデックスを index に設定します。
setSelectedIndex(int) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
タブ区画の選択されたインデックスを設定します。
setSelectedIndexes(int[]) - class javax.security.auth.callback.ChoiceCallback のメソッド
選択した選択肢 (複数) を設定します。
setSelectedIndices(int[]) - class javax.swing.JList のメソッド
セルのセットを選択します。
setSelectedItem(Object) - class javax.swing.DefaultComboBoxModel のメソッド
選択された項目の値を設定します。
setSelectedItem(Object) - interface javax.swing.ComboBoxModel のメソッド
選択項目を設定します。
setSelectedItem(Object) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
コンボボックス表示領域の選択された項目を引数のオブジェクトに設定します。
setSelectedItem(Object) - class javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI.DirectoryComboBoxModel のメソッド
 
setSelectedItem(Object) - class javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI.FilterComboBoxModel のメソッド
 
setSelectedPath(MenuElement[]) - class javax.swing.MenuSelectionManager のメソッド
メニュー階層での選択を変更します。
setSelectedTextColor(Color) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
選択したテキストを描画するのに使う現在の色を設定します。
setSelectedValue(Object, boolean) - class javax.swing.JList のメソッド
指定されたオブジェクトをリストから選択します。
setSelection(boolean) - class javax.swing.text.html.Option のメソッド
選択された状態に設定します。
setSelectionBackground(Color) - class javax.swing.JTable のメソッド
選択されたセルのバックグラウンドカラーを設定します。
setSelectionBackground(Color) - class javax.swing.JList のメソッド
選択されたセルのバックグラウンドカラーを設定します。
setSelectionColor(Color) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
選択領域を描画するのに使う現在の色を設定します。
setSelectionEnd(int) - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントの選択範囲の終点を、指定された位置に設定します。
setSelectionEnd(int) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
選択領域の末尾を、指定された位置に設定します。
setSelectionForeground(Color) - class javax.swing.JTable のメソッド
選択されたセルのフォアグラウンドカラーを設定します。
setSelectionForeground(Color) - class javax.swing.JList のメソッド
選択されたセルのフォアグラウンドカラーを設定します。
setSelectionInterval(int, int) - class javax.swing.JTree のメソッド
index0 から index1 までのノードを選択します。
setSelectionInterval(int, int) - class javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
 
setSelectionInterval(int, int) - interface javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
選択範囲を index0 以上 index1 以下に変更します。
setSelectionInterval(int, int) - class javax.swing.JList のメソッド
指定された区間を選択します。
setSelectionMode(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルの選択モードを設定すると、単一項目選択、連続区間の選択、または連続区間の複数選択を可能にできます。
setSelectionMode(int) - class javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
選択モードを設定します。
setSelectionMode(int) - interface javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
選択モードを設定します。
setSelectionMode(int) - class javax.swing.JList のメソッド
単一項目選択または複数項目選択が可能かどうかを判定します。
setSelectionMode(int) - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
選択モデルを設定します。
setSelectionMode(int) - interface javax.swing.tree.TreeSelectionModel のメソッド
選択モデルを設定します。
setSelectionModel(ColorSelectionModel) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
選択された色を格納するモデルを設定します。
setSelectionModel(ListSelectionModel) - class javax.swing.JTable のメソッド
このテーブルの行選択モデルを newModel に設定し、新しい選択モデルからのリスナー通知を登録します。
setSelectionModel(ListSelectionModel) - class javax.swing.JList のメソッド
リストの selectionModelnull ではない ListSelectionModel 実装に設定します。
setSelectionModel(ListSelectionModel) - class javax.swing.table.DefaultTableColumnModel のメソッド
この TableColumnModel の選択モデルを newModel に設定し、新しい選択モデルからのリスナー通知を登録します。
setSelectionModel(ListSelectionModel) - interface javax.swing.table.TableColumnModel のメソッド
選択モデルを設定します。
setSelectionModel(SingleSelectionModel) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
単一の選択を扱うモデルオブジェクトを設定します。
setSelectionModel(SingleSelectionModel) - class javax.swing.JMenuBar のメソッド
単一の選択を扱うモデルオブジェクトを設定します。
setSelectionModel(TreeSelectionModel) - class javax.swing.JTree のメソッド
ツリーの選択モデルを設定します。
setSelectionModel(TreeSelectionModel) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
選択モデルをリセットします。
setSelectionModel(TreeSelectionModel) - class javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
選択範囲を管理するのに使う TreeSelectionModel を新しい LSM に設定します。
setSelectionPath(TreePath) - class javax.swing.JTree のメソッド
指定されたパスで識別されるノードを選択します。
setSelectionPath(TreePath) - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
選択範囲をパスに設定します。
setSelectionPath(TreePath) - interface javax.swing.tree.TreeSelectionModel のメソッド
選択範囲をパスに設定します。
setSelectionPaths(TreePath[]) - class javax.swing.JTree のメソッド
指定されたパスの配列によって識別されるノードを選択します。
setSelectionPaths(TreePath[]) - class javax.swing.JTree.EmptySelectionModel のメソッド
何も選択しない null 実装です。
setSelectionPaths(TreePath[]) - class javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
選択範囲を paths のパスに設定します。
setSelectionPaths(TreePath[]) - interface javax.swing.tree.TreeSelectionModel のメソッド
選択範囲をパスに設定します。
setSelectionRow(int) - class javax.swing.JTree のメソッド
指定された表示行にあるノードを選択します。
setSelectionRows(int[]) - class javax.swing.JTree のメソッド
指定された各表示行に対応するノードを選択します。
setSelectionStart(int) - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントの選択範囲の始点を、指定された位置に設定します。
setSelectionStart(int) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
選択開始を、指定された位置に設定します。
setSelectionValues(Object[]) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
ユーザに選択項目リストを提示する区画のために入力選択値を設定します。
setSelectionVisible(boolean) - class javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
選択範囲の可視性を変更します。
setSelectionVisible(boolean) - interface javax.swing.text.Caret のメソッド
選択範囲の可視または不可視を設定します。
setSendBufferSize(int) - class java.net.Socket のメソッド
SO_SNDBUF オプションを、この Socket に指定された値に設定します。
setSendBufferSize(int) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
SO_SNDBUF オプションを、この DatagramSocket に指定された値に設定します。
setSeparatorSize(Dimension) - class javax.swing.JToolBar.Separator のメソッド
セパレータのサイズを設定します。
setSequence(InputStream) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
シーケンサが操作する現在のシーケンスを設定します。
setSequence(Sequence) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
シーケンサが操作する現在のシーケンスを設定します。
setSequenceNumber(long) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
シーケンス番号を設定します。
setSerialNumber(BigInteger) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
serialNumber 基準値を設定します。
setSessionCacheSize(int) - interface javax.net.ssl.SSLSessionContext のメソッド
この SSLSessionContext にグループ化されている SSLSession オブジェクトの格納に使用されるキャッシュのサイズを設定します。
setSessionTimeout(int) - interface javax.net.ssl.SSLSessionContext のメソッド
この SSLSessionContext にグループ化されている SSLSession オブジェクトのタイムアウト制限を設定します。
setSharedInstance(PopupFactory) - class javax.swing.PopupFactory の static メソッド
AppContext 固有の PopupFactory を設定します。
setShort(int, short) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の short 値に設定します。
setShort(int, short) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java short 値に設定します。
setShort(Object, int, short) - class java.lang.reflect.Array の static メソッド
指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネントを、指定された short 値に設定します。
setShort(Object, short) - class java.lang.reflect.Field のメソッド
指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を short として設定します。
setShort(String, short) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の short 値に設定します。
setShortcut(MenuShortcut) - class java.awt.MenuItem のメソッド
このメニュー項目に関連した MenuShortcut オブジェクトを設定します。
setShortDescription(String) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
短い記述文字列を機能に関連付けることができます。
setShortMonths(String[]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
月の短縮文字列「Jan」、「Feb」などを設定します。
setShortWeekdays(String[]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
曜日の短縮文字列「Sun」、「Mon」などを設定します。
setShowGrid(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルがセルの周囲にグリッド線を描画するかどうかを設定します。
setShowHorizontalLines(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルがセル間に水平線を描画するかどうかを設定します。
setShowsRootHandles(boolean) - class javax.swing.JTree のメソッド
ノードハンドルを表示するかどうかを示す showsRootHandles プロパティを設定します。
setShowsRootHandles(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
ノードのハンドルが表示されるかどうかを決めます。
setShowVerticalLines(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルがセル間に垂直線を描画するかどうかを設定します。
setSides(JobAttributes.SidesType) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、印刷メディアのサイドに連続したページが組み付けられる方法を指定します。
setSidesToDefault() - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについて、印刷メディアのサイドに連続したページが組み付ける方法をデフォルトに設定します。
setSigned(int, boolean) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列が符号付き数であるかどうかを設定します。
setSigners(Class, Object[]) - class java.lang.ClassLoader のメソッド
クラスの署名者を設定します。
setSigProvider(String) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
署名プロバイダの名前を設定します。
setSize(Dimension) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
幅および高さを持つようにこのオブジェクトをサイズ変更します。
setSize(Dimension) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle のサイズを、指定された Dimension に一致するように設定します。
setSize(Dimension) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
このオブジェクトのサイズを変更します。
setSize(Dimension) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのサイズを、幅 d.width、高さ d.height に変更します。
setSize(Dimension) - class java.awt.Dimension のメソッド
この Dimension オブジェクトのサイズを、指定されたサイズに設定します。
setSize(Dimension) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトが指定の幅と高さを持つように、オブジェクトのサイズを変更します。
setSize(Dimension) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトが指定の幅と高さを持つように、オブジェクトのサイズを変更します。
setSize(Dimension) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setSize(Dimension) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
 
setSize(Dimension) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setSize(Dimension) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setSize(Dimension2D) - class java.awt.geom.Dimension2D のメソッド
この Dimension2D オブジェクトのサイズを、指定されたサイズに一致させるように設定します。
setSize(double, double) - class java.awt.Dimension のメソッド
この Dimension オブジェクトのサイズを、倍精度で指定された幅と高さに設定します。
setSize(double, double) - class java.awt.geom.Dimension2D のメソッド
この Dimension オブジェクトのサイズを、指定された幅と高さに設定します。
setSize(double, double) - class java.awt.print.Paper のメソッド
この Paper オブジェクトの横幅と縦幅を設定して、印刷を実行するページのプロパティを表します。
setSize(float, float) - class javax.swing.text.WrappedPlainView のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setSize(float, float) - class javax.swing.text.BoxView のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setSize(float, float) - class javax.swing.text.PlainView のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setSize(float, float) - class javax.swing.text.View のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setSize(float, float) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setSize(float, float) - class javax.swing.text.html.ImageView のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setSize(int) - class java.util.Vector のメソッド
Vector のサイズを設定します。
setSize(int) - class javax.swing.DefaultListModel のメソッド
リストのサイズを設定します。
setSize(int, int) - class java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle の大きさを指定された幅と高さに設定します。
setSize(int, int) - class java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントのサイズを、width および height に変更します。
setSize(int, int) - class java.awt.Dimension のメソッド
この Dimension オブジェクトのサイズを、指定された幅と高さに設定します。
setSize(int, int) - class javax.swing.SizeSequence のメソッド
指定されたエントリのサイズを設定します。
setSize(long) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
エントリデータの圧縮解除時のサイズを設定します。
setSizes(int[]) - class javax.swing.SizeSequence のメソッド
sizes 引数を使って、この SizeSequence オブジェクトをリセットします。
setSizes(int[]) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager のメソッド
サイズを newSizes に設定します。
setSlaveSyncMode(Sequencer.SyncMode) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
シーケンサのスレーブ同期モードを設定します。
setSnapToTicks(boolean) - class javax.swing.JSlider のメソッド
true を指定すると、ノブ (およびノブが表すデータ値) はユーザがノブを置いた位置にもっとも近い目盛りに置かれます。
setSocketAddress(SocketAddress) - class java.net.DatagramPacket のメソッド
このデータグラムの送信先であるリモートホストの SocketAddress (通常は IP アドレス + ポート番号) を設定します。
setSocketFactory(RMISocketFactory) - class java.rmi.server.RMISocketFactory の static メソッド
リモートオブジェクトが特定のクライアントソケットファクトリまたはサーバソケットファクトリに関連付けられていない場合に、RMI がソケットを取得するグローバルソケットファクトリを設定します。
setSocketFactory(SocketImplFactory) - class java.net.ServerSocket の static メソッド
アプリケーションのサーバソケット実装ファクトリを設定します。
setSocketImplFactory(SocketImplFactory) - class java.net.Socket の static メソッド
アプリケーションのクライアントソケット実装ファクトリを設定します。
setSoLinger(boolean, int) - class java.net.Socket のメソッド
指定された遅延時間 (秒単位) で、SO_LINGER を有効または無効にします。
setSolo(boolean) - interface javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
このチャネルのソロ状態を設定します。
setSoTimeout(int) - class java.net.Socket のメソッド
指定されたタイムアウト (ミリ秒単位) を使用して、SO_TIMEOUT を有効または無効にします。
setSoTimeout(int) - class java.net.ServerSocket のメソッド
指定されたタイムアウト (ミリ秒単位) を使用して SO_TIMEOUT を有効または無効にします。
setSoTimeout(int) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
指定された待ち時間 (ミリ秒単位) を使用して、SO_TIMEOUT を有効または無効にします。
setSource(Object) - class java.awt.AWTEvent のメソッド
イベントを新しいソースに再転送します。
setSource(Object, int) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
ソースのリストのエントリを新しいソースに置き換えます。
setSourceActions(int) - class java.awt.dnd.DragGestureRecognizer のメソッド
このメソッドはドラッグ&ドロップ操作に許可されているソースドラッグアクションを設定します。
setSourceBands(int[]) - class javax.imageio.IIOParam のメソッド
使用するソースバンドのインデックスを設定します。
setSourceClassName(String) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
ロギングの要求を発行したか、発行したと見なされるクラスの名前を設定します。
setSourceMethodName(String) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
ロギングの要求を発行したか、発行したと見なされるメソッドの名前を設定します。
setSourceProgressivePasses(int, int) - class javax.imageio.ImageReadParam のメソッド
復号化されるプログレッシブパスの範囲を設定します。
setSourceRegion(Rectangle) - class javax.imageio.IIOParam のメソッド
処理対象のソース領域を設定します。
setSourceRenderSize(Dimension) - class javax.imageio.ImageReadParam のメソッド
イメージを任意のサイズで描画できる場合、ソースの幅と高さを指定された値に設定します。
setSources(Vector) - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
指定された Vector にソースの Vector 全体を設定します。
setSourceSubsampling(int, int, int, int) - class javax.imageio.IIOParam のメソッド
間引きサブサンプリングを指定して入出力に適用します。
setSouthPane(JComponent) - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setSpaceAbove(MutableAttributeSet, float) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
上のスペースを設定します。
setSpaceBelow(MutableAttributeSet, float) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
下のスペースを設定します。
setSSLSocketFactory(SSLSocketFactory) - class javax.net.ssl.HttpsURLConnection のメソッド
セキュリティ保護された HTTPS URL 接続のソケットを作成するときに使用される、static SSL ソケットファクトリを設定します。
setStackTrace(StackTraceElement[]) - class java.lang.Throwable のメソッド
Throwable.getStackTrace() により返され、Throwable.printStackTrace() および関連するメソッドにより出力される、スタックトレース要素を設定します。
setStart(Comparable) - class javax.swing.SpinnerDateModel のメソッド
このシーケンスの Date の下限を変更します。
setStartRule(int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
夏時間の開始規則を月内の固定日に設定します。
setStartRule(int, int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
夏時間の開始規則を設定します。
setStartRule(int, int, int, int, boolean) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
8 日またはそれ以降の最初の月曜日というように、夏時間の開始規則を月内の指定日の前後の平日に設定します。
setStartYear(int) - class java.util.SimpleTimeZone のメソッド
夏時間が開始された年を設定します。
setState(boolean) - class java.awt.CheckboxMenuItem のメソッド
このチェックボックスメニュー項目を、指定された状態に設定します。
setState(boolean) - class java.awt.Checkbox のメソッド
このチェックボックスの状態を、指定された状態に設定します。
setState(boolean) - class javax.swing.JCheckBoxMenuItem のメソッド
項目の選択状態を設定します。
setState(int) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームの状態を設定します (現在は使用されません)。
setStepSize(Number) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のメソッド
getNextValue メソッドと getPreviousValue メソッドによって計算される値変更のサイズを変更します。
setStrategy(int) - class java.util.zip.Deflater のメソッド
圧縮方法を指定された値に設定します。
setStream(String, InputStream) - interface java.applet.AppletContext のメソッド
指定されたストリームをこのアプレットコンテキストの指定されたキーに関連付けます。
setStrength(int) - class java.text.Collator のメソッド
Collator の強さ属性を返します。
setStrikeThrough(boolean) - class javax.swing.text.LabelView のメソッド
ビューに取り消し線をつけるかどうかを設定します。
setStrikeThrough(MutableAttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
取り消し線属性を設定します。
setString(int, String) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の String 値に設定します。
setString(int, String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した Java String 値に設定します。
setString(long, String) - interface java.sql.Clob のメソッド
この Clob オブジェクトが指定する CLOB 値へ指定された Java Stringpos の位置に書き込みます。
setString(long, String, int, int) - interface java.sql.Clob のメソッド
この Clob が表す CLOB 値へ、offset 文字から始まる strlen 文字を書き込みます。
setString(String) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
進捗文字列の値を設定します。
setString(String, String) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された Java の String 値に設定します。
setStringPainted(boolean) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
stringPainted プロパティの値を設定します。
setStroke(Stroke) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
Graphics2D コンテキストの Stroke を設定します。
setStub(AppletStub) - class java.applet.Applet のメソッド
アプレットのスタブを設定します。
setStyledDocument(StyledDocument) - class javax.swing.JTextPane のメソッド
エディタをテキストドキュメントに関連付けます。
setStyleSheet(StyleSheet) - class javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
各種の HTML 要素の描画に使用されるスタイルセットを設定します。
setSubject(byte[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
被認証者の基準値を設定します。
setSubject(String) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
被認証者の基準値を設定します。
setSubjectAlternativeNames(Collection) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
subjectAlternativeNames 基準値を設定します。
setSubjectKeyIdentifier(byte[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
subjectKeyIdentifier 基準値を設定します。
setSubjectPublicKey(byte[]) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
subjectPublicKey 基準値を設定します。
setSubjectPublicKey(PublicKey) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
subjectPublicKey 基準値を設定します。
setSubjectPublicKeyAlgID(String) - class java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
subjectPublicKeyAlgID 基準値を設定します。
setSubscript(boolean) - class javax.swing.text.LabelView のメソッド
ビューが添字を表すかどうかを設定します。
setSubscript(MutableAttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
下付き文字属性を設定します。
setSuperscript(boolean) - class javax.swing.text.LabelView のメソッド
ビューが上付き文字を表すかどうかを設定します。
setSuperscript(MutableAttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
上付き文字属性を設定します。
setSupplementaryStates(boolean, boolean, boolean, boolean, int, String) - class org.ietf.jgss.MessageProp のメソッド
このメソッドは、補足情報フラグの状態とマイナー状態を MessageProp に設定します。
setSurrendersFocusOnKeystroke(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
JTable がセルのキーボードイベントを転送した結果として、この JTable のエディタがキーボードフォーカスを取得するかどうかを設定します。
setSyncAllWidths(boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout のメソッド
 
setSystem(ActivationSystem) - class java.rmi.activation.ActivationGroup の static メソッド
VM が使う起動システムを設定します。
setSystemId(File) - class javax.xml.transform.stream.StreamSource のメソッド
File 参照から system 識別子を設定します。
setSystemId(File) - class javax.xml.transform.stream.StreamResult のメソッド
File 参照からsystem 識別子 を設定します。
setSystemId(String) - interface javax.xml.transform.Source のメソッド
この Source の system 識別子を設定します。
setSystemId(String) - interface javax.xml.transform.Result のメソッド
この Result の system 識別子を設定します。
setSystemId(String) - class javax.xml.transform.dom.DOMSource のメソッド
URL を解決するベース ID (URL またはシステム ID) を設定します。
setSystemId(String) - class javax.xml.transform.dom.DOMResult のメソッド
メソッド setSystemId は、ノードと関連付けて使用できる systemID を設定します。
setSystemId(String) - interface javax.xml.transform.sax.TransformerHandler のメソッド
相対 URL を解決するベース識別子 (URI または system 識別子) を設定します。
setSystemId(String) - interface javax.xml.transform.sax.TemplatesHandler のメソッド
このビルダで作成される Templates オブジェクトのベース識別子 (URI または system 識別子) を設定します。
setSystemId(String) - class javax.xml.transform.sax.SAXSource のメソッド
この Source の system 識別子を設定します。
setSystemId(String) - class javax.xml.transform.sax.SAXResult のメソッド
メソッド setSystemId は、ContentHandler と関連付けて使用できる system 識別子を設定します。
setSystemId(String) - class javax.xml.transform.stream.StreamSource のメソッド
この Source の system 識別子を設定します。
setSystemId(String) - class javax.xml.transform.stream.StreamResult のメソッド
バイトまたは文字ストリームと関連付けて使用できる system 識別子を設定します。
setSystemId(String) - class org.xml.sax.InputSource のメソッド
この入力ソースのシステム識別子を設定します。
setSystemId(String) - class org.xml.sax.helpers.LocatorImpl のメソッド
このロケータのシステム識別子を設定します。
setSystemScope(IdentityScope) - class java.security.IdentityScope の static メソッド
推奨されていません。 システムのアイデンティティスコープを設定します。
setTabLayoutPolicy(int) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
すべてのタブが単一のランに収まらない場合に、タブをレイアウトするためにタブ区画が使用するポリシーを設定します。
setTable(JTable) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
このヘッダに関連したテーブルを設定します。
setTableHeader(JTableHeader) - class javax.swing.JTable のメソッド
この JTabletableHeadernewHeader に設定します。
setTableName(int, String) - interface javax.sql.RowSetMetaData のメソッド
指定した列のテーブル名を、指定された String に設定します (存在する場合)。
setTabPlacement(int) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
タブ区画のタブの配置を設定します。
setTabSet(MutableAttributeSet, TabSet) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
タブセットを設定します。
setTabSize(int) - class javax.swing.JTextArea のメソッド
タブを展開する文字数を設定します。
setTarget(Object) - class javax.accessibility.AccessibleRelation のメソッド
このリレーションのターゲットオブジェクトを設定します。
setTarget(Object[]) - class javax.accessibility.AccessibleRelation のメソッド
このリレーションのターゲットオブジェクトを設定します。
setTarget(Remote) - interface javax.rmi.CORBA.Tie のメソッド
Util.registerTarget(javax.rmi.CORBA.Tie, java.rmi.Remote) によって呼び出され、この Tie のターゲットを設定します。
setTargetActions(int) - class java.awt.dnd.DropTargetContext のメソッド
このメソッドは、この DropTarget で許容される現在のアクションを設定します。
setTargetCertConstraints(CertSelector) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
ターゲット証明書に要求された制約を設定します。
setTcpNoDelay(boolean) - class java.net.Socket のメソッド
TCP_NODELAY を有効または無効にします (Nagle のアルゴリズムの有効、無効の切り替え)。
setTempoFactor(float) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
指定された係数によりシーケンサの実際の再生テンポをスケーリングします。
setTempoInBPM(float) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
テンポを 1 分当たりのビートで設定します。
setTempoInMPQ(float) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
テンポを四分音符当たりのマイクロ秒で設定します。
setText(CharacterIterator) - class java.text.BreakIterator のメソッド
スキャンされる新しいテキストを設定します。
setText(CharacterIterator) - class java.text.CollationElementIterator のメソッド
繰り返し処理の対象となる新しい文字列を設定します。
setText(String) - class java.awt.TextField のメソッド
このテキストコンポーネントで表示されるテキストを、指定されたテキストに設定します。
setText(String) - class java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントで表示されるテキストを、指定されたテキストに設定します。
setText(String) - class java.awt.Label のメソッド
このラベルのテキストを、指定されたテキストに設定します。
setText(String) - class java.text.BreakIterator のメソッド
スキャンされる新しいテキスト文字列を設定します。
setText(String) - class java.text.StringCharacterIterator のメソッド
反復子をリセットして、新しい文字列を指すようにします。
setText(String) - class java.text.CollationElementIterator のメソッド
繰り返し処理の対象となる新しい文字列を設定します。
setText(String) - class javax.security.auth.callback.TextInputCallback のメソッド
検出したテキストを設定します。
setText(String) - class javax.swing.JEditorPane のメソッド
この TextComponent のテキストを、指定されたコンテンツに設定します。
setText(String) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
ボタンのテキストを設定します。
setText(String) - class javax.swing.JLabel のメソッド
このコンポーネントが表示する 1 行のテキストを定義します。
setText(String) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
この TextComponent のテキストに、指定されたテキストを設定します。
setTextContents(String) - interface javax.accessibility.AccessibleEditableText のメソッド
テキストコンテンツを、指定された文字列に設定します。
setTextContents(String) - class javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
テキストコンテンツを指定文字列に設定します。
setTextNonSelectionColor(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
ノードが選択されていないときにテキストを描画する色を設定します。
setTextSelectionColor(Color) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
ノードが選択されているときにテキストを描画する色を設定します。
setTextShiftOffset() - class javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
setThreadID(int) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
メッセージの発生元のスレッドの識別子を設定します。
setThrown(Throwable) - class java.util.logging.LogRecord のメソッド
ログイベントに関連した Throwable を設定します。
setThumbBounds(int, int, int, int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
サムの境界を設定し、古い thumbBounds と新しい thumbBounds を含む、再ペイントを強制します。
setThumbBounds(int, int, int, int) - class javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI のメソッド
無効な領域を拡大するときだけに、オーバーライドされます。
setThumbLocation(int, int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
setThumbnails(List) - class javax.imageio.IIOImage のメソッド
サムネールのリストを、新しい BufferedImageList か、null に設定します。
setTick(long) - class javax.sound.midi.MidiEvent のメソッド
イベントの時刻表示を MIDI ティックで設定します。
setTickPosition(long) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
現在のシーケンサの位置を MIDI ティックで設定します。
setTiling(int, int, int, int) - class javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
イメージが出力ストリーム内でタイリングされるよう指定します。
setTilingMode(int) - class javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
イメージを出力ストリーム中にタイリングするか、またタイリングする場合には、タイリングパラメータの指定方法を指定します。
setTime(Date) - class java.util.Calendar のメソッド
Calendar の現在の時刻を、指定された Date にします。
setTime(int, Time) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.sql.Time 値に設定します。
setTime(int, Time) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.sql.Time 値に設定します。
setTime(int, Time, Calendar) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定された Calendar オブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定された java.sql.Time 値に設定します。
setTime(int, Time, Calendar) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定した java.sql.Time 値に設定します。
setTime(long) - class java.sql.Timestamp のメソッド
この Timestamp オブジェクトを、1970 年 1 月 1 日、0 時 0 分 0 秒 GMT (グリニッジ標準時) から time ミリ秒の時点を表すように設定します。
setTime(long) - class java.sql.Time のメソッド
ミリ秒の値を使用して、Time オブジェクトを設定します。
setTime(long) - class java.sql.Date のメソッド
指定されたミリ秒の値を使って、既存の Date オブジェクトを設定します。
setTime(long) - class java.util.Date のメソッド
Date オブジェクトを、1970 年 1 月 1 日 00:00:00 GMT から time ミリ秒の時点を表すように設定します。
setTime(long) - class java.util.zip.ZipEntry のメソッド
エントリの修正時間を設定します。
setTime(String, Time) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.sql.Time 値に設定します。
setTime(String, Time, Calendar) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定された Calendar オブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定された java.sql.Time 値に設定します。
setTimeInMillis(long) - class java.util.Calendar のメソッド
Calendar の現在時刻を、指定された long 値から設定します。
setTimeLimit(int) - class javax.naming.directory.SearchControls のメソッド
これらの SearchControls の時間制限をミリ秒単位で設定します。
setTimestamp(int, Timestamp) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.sql.Timestamp 値に設定します。
setTimestamp(int, Timestamp) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド内の指定したパラメータを、指定した java.sql.Timestamp 値に設定します。
setTimestamp(int, Timestamp, Calendar) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定された Calendar オブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定された java.sql.Timestamp 値に設定します。
setTimestamp(int, Timestamp, Calendar) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドで指定したパラメータを、指定した java.sql.Timestamp 値に設定します。
setTimestamp(String, Timestamp) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.sql.Timestamp 値に設定します。
setTimestamp(String, Timestamp, Calendar) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定された Calendar オブジェクトを使用して、指定されたパラメータを指定された java.sql.Timestamp 値に設定します。
setTimeToLive(int) - class java.net.MulticastSocket のメソッド
マルチキャストのスコープを制御するために、この MulticastSocket から送信されるマルチキャストパケットのデフォルトの有効期間を設定します。
setTimeToLive(int) - class java.net.DatagramSocketImpl のメソッド
TTL (有効期間) オプションを設定します。
setTimeZone(TimeZone) - class java.text.DateFormat のメソッド
この DateFormat オブジェクトのカレンダのタイムゾーンを設定します。
setTimeZone(TimeZone) - class java.util.Calendar のメソッド
指定されたタイムゾーン値を使用してタイムゾーンを設定します。
setTipText(String) - class javax.swing.JToolTip のメソッド
ツールヒントが表示されるときに表示するテキストを設定します。
setTitle(String) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームのタイトルを、指定された文字列に設定します。
setTitle(String) - class java.awt.Dialog のメソッド
Dialog のタイトルを設定します。
setTitle(String) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
JInternalFrame タイトルを設定します。
setTitle(String) - class javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
タイトル付きボーダのタイトルを設定します。
setTitleAt(int, String) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のタイトルを title に設定します。
setTitleColor(Color) - class javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
タイトル付きボーダのタイトルカラーを設定します。
setTitleFont(Font) - class javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
タイトル付きボーダのタイトルフォントを設定します。
setTitleJustification(int) - class javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
タイトル付きボーダのタイトル位置揃えを設定します。
setTitlePosition(int) - class javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
タイトル付きボーダのタイトル位置を設定します。
setToggleClickCount(int) - class javax.swing.JTree のメソッド
ノードを展開したり閉じるために必要なマウスクリックの回数を設定します。
setToIdentity() - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を恒等変換に設定し直します。
setTokenThreshold(int) - class javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
ドキュメントの要素構造の更新前に、バッファに格納されるトークンの数を設定します。
setToolTipText(String) - class javax.swing.JComponent のメソッド
ツールヒントに表示するテキストを登録します。
setToolTipTextAt(int, String) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のツールヒントのテキストを toolTipText に設定します。
setToPage(int) - class java.awt.JobAttributes のメソッド
これらの属性を使用するジョブについてページの範囲を印刷する場合、印刷対象の最終ページ (論理和) を指定します。
setTopComponent(Component) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
コンポーネントをディバイダの上または左に設定します。
setTopInset(float) - class javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
ビュー周囲の上部マージンを設定します。
setToRotation(double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を回転変換に設定します。
setToRotation(double, double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を平行移動後の回転変換に設定します。
setToScale(double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換をスケーリング変換に設定します。
setToShear(double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換をシャーリング変換に設定します。
setToTranslation(double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を平行移動変換に設定します。
setTrackMute(int, boolean) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
トラックのミュート状態を設定します。
setTrackSolo(int, boolean) - interface javax.sound.midi.Sequencer のメソッド
トラックのソロ状態を設定します。
setTrafficClass(int) - class java.net.Socket のメソッド
この Socket から送信されるパケットの IP ヘッダのトラフィッククラスまたはサービスタイプ octet を設定します。
setTrafficClass(int) - class java.net.DatagramSocket のメソッド
この DatagramSocket から送信されるデータグラムの IP データグラムヘッダのトラフィッククラスまたはサービスタイプ octet を設定します。
setTransactionIsolation(int) - interface java.sql.Connection のメソッド
この Connection のトランザクション遮断レベルを指定されたものに変更することを試みます。
setTransactionIsolation(int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのトランザクション遮断レベルを設定します。
setTransactionTimeout(int) - interface javax.transaction.xa.XAResource のメソッド
この XAResource インスタンスの現在のトランザクションタイムアウト値を設定します。
setTransferHandler(TransferHandler) - class javax.swing.JComponent のメソッド
transferHandler プロパティを設定します。
setTransform(AffineTransform) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
Graphics2D コンテキストで Transform を上書きします。
setTransform(AffineTransform) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を、指定された AffineTransform オブジェクト内の変換のコピーに設定します。
setTransform(AffineTransform) - class java.awt.image.renderable.RenderContext のメソッド
指定された変換に、RenderContext に格納されている現在のユーザ対デバイスの AffineTransform を設定します。
setTransform(double, double, double, double, double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を 6 つの倍精度値によって指定されている行列に設定します。
setTree(JTree) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
現在編集対象のツリーを設定します。
setTrustAnchors(Set) - class java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
最も信頼できる CA の Set を設定します。
setTTL(byte) - class java.net.MulticastSocket のメソッド
推奨されていません。 代わりに、ttl の型として byte ではなく int を使う setTimeToLive メソッドを使用します。
setTTL(byte) - class java.net.DatagramSocketImpl のメソッド
推奨されていません。 代わりに setTimeToLive を使用してください。
setType(int) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトの型を、指定した型に設定します。
setType(int, String) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
特定の属性の型を設定します。
setType(short) - class javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementSpec のメソッド
要素のタイプを設定します。
setTypeMap(Map) - interface java.sql.Connection のメソッド
この Connection オブジェクトの型マップとして指定された TypeMap オブジェクトをインストールします。
setTypeMap(Map) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
指定した java.util.Map オブジェクトを、この RowSet オブジェクトのデフォルト型マップとしてインストールします。
setUI(ButtonUI) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ColorChooserUI) - class javax.swing.JColorChooser のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ComboBoxUI) - class javax.swing.JComboBox のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ComponentUI) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントの Look & Feel の委譲を設定します。
setUI(DesktopIconUI) - class javax.swing.JInternalFrame.JDesktopIcon のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel オブジェクトを設定します。
setUI(DesktopPaneUI) - class javax.swing.JDesktopPane のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(InternalFrameUI) - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFrame の UI 委譲を設定します。
setUI(LabelUI) - class javax.swing.JLabel のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ListUI) - class javax.swing.JList のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel (L&F) オブジェクトを設定します。
setUI(MenuBarUI) - class javax.swing.JMenuBar のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(MenuItemUI) - class javax.swing.JMenuItem のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel オブジェクトを設定します。
setUI(OptionPaneUI) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
コンポーネントの L&F を実装する UI オブジェクトを設定します。
setUI(PanelUI) - class javax.swing.JPanel のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel (L&F) オブジェクトを設定します。
setUI(PopupMenuUI) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ProgressBarUI) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel オブジェクトを設定します。
setUI(RootPaneUI) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ScrollBarUI) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ScrollPaneUI) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
コンポーネントの Look & Feel (L&F) を提供する ScrollPaneUI オブジェクトを設定します。
setUI(SeparatorUI) - class javax.swing.JSeparator のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(SliderUI) - class javax.swing.JSlider のメソッド
コンポーネントの L&F を実装する UI オブジェクトを設定します。
setUI(SpinnerUI) - class javax.swing.JSpinner のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel (L&F) オブジェクトを設定します。
setUI(SplitPaneUI) - class javax.swing.JSplitPane のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(TabbedPaneUI) - class javax.swing.JTabbedPane のメソッド
コンポーネントの L&F を実装する UI オブジェクトを設定します。
setUI(TableHeaderUI) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
このコンポーネントを描画する Look & Feel (L&F) オブジェクトを設定します。
setUI(TableUI) - class javax.swing.JTable のメソッド
このコンポーネントを描画してペイントし直す L&F オブジェクトを設定します。
setUI(TextUI) - class javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
このテキスト指向エディタのユーザインタフェースファクトリを設定します。
setUI(ToolBarUI) - class javax.swing.JToolBar のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(TreeUI) - class javax.swing.JTree のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUI(ViewportUI) - class javax.swing.JViewport のメソッド
このコンポーネントを描画する L&F オブジェクトを設定します。
setUndecorated(boolean) - class java.awt.Frame のメソッド
このフレームの装飾の有効化と無効化を切り替えます。
setUndecorated(boolean) - class java.awt.Dialog のメソッド
このダイアログの装飾の有効化と無効化を切り替えます。
setUnderline(boolean) - class javax.swing.text.LabelView のメソッド
ビューに下線をつけるかどうかを設定します。
setUnderline(MutableAttributeSet, boolean) - class javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
下線属性を設定します。
setUnexecutedModifications(ModificationItem[]) - class javax.naming.directory.AttributeModificationException のメソッド
実行されなかった変更のリストを e に設定します。
setUnicast(boolean) - class java.beans.EventSetDescriptor のメソッド
イベントセットをユニキャスト、または非ユニキャストとしてマークします。
setUnicodeStream(int, InputStream, int) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
推奨されていません。  
setUnitIncrement(int) - interface java.awt.Adjustable のメソッド
調整可能なオブジェクトのユニット増分値を設定します。
setUnitIncrement(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの「ユニット」増分値を設定します。
setUnitIncrement(int) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
 
setUnitIncrement(int) - class javax.swing.JScrollPane.ScrollBar のメソッド
値を設定するようにスーパークラスにメッセージを送り、unitIncrementSet インスタンス変数を true にリセットします。
setUnitIncrement(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
unitIncrement プロパティを設定します。
setup(FileSystemView) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
コンストラクタに共通の初期化およびセットアップ処理を実行します。
setUpdateRect(Rectangle) - class java.awt.event.PaintEvent のメソッド
このイベントに応答して再描画される必要のある領域を表す矩形を設定します。
setUpdateTableInRealTime(boolean) - class javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
Java 2 プラットフォーム v1.3 で廃止されました。
setupMenuCloseKey() - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setupMenuOpenKey() - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setupPostTimer(JMenu) - class javax.swing.plaf.basic.BasicMenuUI のメソッド
 
setURI(int, String) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
特定の属性の名前空間 URI を設定します。
setURIResolver(URIResolver) - class javax.xml.transform.TransformerFactory のメソッド
xsl:import または xsl:includeSet で使用される URI を解決するために変換時にデフォルトで使用されるオブジェクトを設定します。
setURIResolver(URIResolver) - class javax.xml.transform.Transformer のメソッド
document() で使用される URI を解決するのに使用されるオブジェクトを設定します。
setURL(int, URL) - interface java.sql.PreparedStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.net.URL 値に設定します。
setUrl(String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトが DriverManager を使用して接続を確立するときに使用する URL を設定します。
setURL(String, URL) - interface java.sql.CallableStatement のメソッド
指定されたパラメータを指定された java.net.URL オブジェクトに設定します。
setURL(URL, String, String, int, String, String) - class java.net.URLStreamHandler のメソッド
推奨されていません。 setURL(URL、String、int、String、String、String、String) を使用してください。
setURL(URL, String, String, int, String, String, String, String, String) - class java.net.URLStreamHandler のメソッド
URL 引数フィールド値を、指定された値に設定します。
setURLStreamHandlerFactory(URLStreamHandlerFactory) - class java.net.URL の static メソッド
アプリケーションの URLStreamHandlerFactory を設定します。
setUseCache(boolean) - class javax.imageio.ImageIO の static メソッド
ImageInputStream および ImageOutputStream の作成時に、ディスクベースのキャッシュファイルを使用する必要があるかどうかを示すフラグを設定します。
setUseCaches(boolean) - class java.net.URLConnection のメソッド
この URLConnectionuseCaches フィールドを、指定された値に設定します。
setUseClientMode(boolean) - class javax.net.ssl.SSLServerSocket のメソッド
受け入れられた接続が (デフォルトの) SSL サーバモードと SSL クライアントモードのどちらであるかを制御します。
setUseClientMode(boolean) - class javax.net.ssl.SSLSocket のメソッド
最初のハンドシェークでクライアント (またはサーバ) モードを使用するようにソケットを設定します。
setUseParentHandlers(boolean) - class java.util.logging.Logger のメソッド
このロガーが出力をその親 Logger に送信するかどうかを指定します。
setUsername(String) - interface javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトの username プロパティを、指定した String に設定します。
setUserObject(Object) - class javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
このノードに関連した値を設定します。
setUserObject(Object) - class javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
このノードのユーザオブジェクトを userObject に設定します。
setUserObject(Object) - interface javax.swing.tree.MutableTreeNode のメソッド
レシーバのユーザオブジェクトを object にリセットします。
setValidating(boolean) - class javax.xml.parsers.SAXParserFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサが構文解析時にドキュメントを検証するように指定します。
setValidating(boolean) - class javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
このファクトリで作成されたパーサが構文解析時にドキュメントの妥当性を検証するように指定します。
setValidCharacters(String) - class javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
入力可能な文字を詳細に限定できます。
setValue(boolean) - class javax.sound.sampled.BooleanControl のメソッド
コントロールに対する現在の値を設定します。
setValue(float) - class javax.sound.sampled.FloatControl のメソッド
コントロールの現在の値を設定します。
setValue(int) - interface java.awt.Adjustable のメソッド
調整可能なオブジェクトの現在の値を設定します。
setValue(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの値を、指定された値に設定します。
setValue(int) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
このスクロールバーの値を、指定された値に設定します。
setValue(int) - class javax.swing.JSlider のメソッド
スライダの現在値を設定します。
setValue(int) - class javax.swing.JProgressBar のメソッド
進捗バーの現在の値 (進捗バーのデータモデルに格納) を n に設定します。
setValue(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
スクロールバーの値を設定します。
setValue(int) - class javax.swing.DefaultBoundedRangeModel のメソッド
モデルの現在の値を設定します。
setValue(int) - interface javax.swing.BoundedRangeModel のメソッド
newValue がモデルの条件式を満たす場合は、モデルの現在の値を newValue に設定します。
setValue(int) - class javax.swing.Spring のメソッド
Spring の現在の value 値を value に設定します。
setValue(int, String) - class org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
特定の属性の値を設定します。
setValue(Object) - class java.beans.PropertyEditorSupport のメソッド
編集するオブジェクトを設定 (変更) します。
setValue(Object) - interface java.beans.PropertyEditor のメソッド
編集されるオブジェクトを設定 (または変更) します。
setValue(Object) - class java.beans.Expression のメソッド
この式の値を value にします。
setValue(Object) - interface java.util.Map.Entry のメソッド
エントリに対応する値を、指定された値に置き換えます (任意のオペレーション)。
setValue(Object) - class javax.sound.sampled.EnumControl のメソッド
コントロールの現在の値を設定します。
setValue(Object) - class javax.swing.DefaultCellEditor.EditorDelegate のメソッド
このセルの値を設定します。
setValue(Object) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のメソッド
このシーケンスの現在値を設定します。
setValue(Object) - interface javax.swing.SpinnerModel のメソッド
モデルの現在の値を変更します。
setValue(Object) - class javax.swing.SpinnerListModel のメソッド
シーケンスの現在の要素を変更し、ChangeListeners に通知します。
setValue(Object) - class javax.swing.SpinnerDateModel のメソッド
このシーケンスの現在の Date を設定します。
setValue(Object) - class javax.swing.JSpinner のメソッド
モデルの現在の値を変更します。
setValue(Object) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
ユーザが選択した値を設定します。
setValue(Object) - class javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
現在の AbstractFormatterFactory から取得した AbstractFormatter でフォーマットされる値を設定します。
setValue(Object) - class javax.swing.table.DefaultTableCellRenderer のメソッド
描画されるセルの String オブジェクトを value に設定します。
setValue(Object, boolean) - interface javax.swing.Renderer のメソッド
表示する値を設定するとともに、その値が「現在の選択」として描画されるかどうかを設定します。
setValue(String) - interface org.w3c.dom.Attr のメソッド
取得時、属性値は文字列として返されます。
setValue(String, Object) - class java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
名前付き属性をこの機能に関連付けます。
setValueAt(Object, int, int) - class javax.swing.JTable のメソッド
テーブルモデル内の rowcolumn に位置するセルの値を設定します。
setValueAt(Object, int, int) - class javax.swing.table.AbstractTableModel のメソッド
空の実装が提供されるので、データモデルが編集できない場合、ユーザはこのメソッドを実装する必要はありません。
setValueAt(Object, int, int) - interface javax.swing.table.TableModel のメソッド
columnIndexrowIndex にあるセルの値を設定します。
setValueAt(Object, int, int) - class javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
column および row にあるセルのオブジェクト値を設定します。
setValueClass(Class) - class javax.swing.text.DefaultFormatter のメソッド
新規 Object の作成に使用するクラスを設定します。
setValueContainsLiteralCharacters(boolean) - class javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
true の場合、戻り値と設定値はともにマスクにリテラル文字を持ちます。
setValueIsAdjusting(boolean) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
valueIsAdjusting プロパティを設定します。
setValueIsAdjusting(boolean) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
valueIsAdjusting プロパティを設定します。
setValueIsAdjusting(boolean) - class javax.swing.JSlider のメソッド
モデルの valueIsAdjusting プロパティを設定します。
setValueIsAdjusting(boolean) - class javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
 
setValueIsAdjusting(boolean) - interface javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
このプロパティは、モデルの値に適用されつつある変更が単一のイベントと考えられる場合に true になります。
setValueIsAdjusting(boolean) - class javax.swing.JList のメソッド
データモデルの isAdjusting プロパティを true に設定し、すべての選択イベント (選択モードでリスト項目上をマウスでドラッグしている場合など) が完了した時点で単一イベントが生成されるようにします。
setValueIsAdjusting(boolean) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
モデルの valueIsAdjusting プロパティを設定します。
setValueIsAdjusting(boolean) - class javax.swing.DefaultBoundedRangeModel のメソッド
valueIsAdjusting プロパティを設定します。
setValueIsAdjusting(boolean) - interface javax.swing.BoundedRangeModel のメソッド
モデルの値に対する変更を単一のイベントとして扱うことを示す属性です。
setValues(int, int, int, int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの次の 4 つのプロパティの値を設定します。
setValues(int, int, int, int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
引数が次の通常の制約に従うように強制したあとで、4 つの BoundedRangeModel プロパティを設定します。
setVerifyInputWhenFocusTarget(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントがフォーカスを要求する前に、現在のフォーカスを持つコンポーネントに入力ベリファイアを呼び出すかどうかを示す値を設定します。
setVerticalAlignment(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
アイコンとテキストの垂直方向の配置を設定します。
setVerticalAlignment(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
ラベルの内容の Y 軸に沿った配置方法を設定します。
setVerticalScrollBar(JScrollBar) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
スクロール区画にビューポートの垂直のビュー位置を制御するスクロールバーを追加します。
setVerticalScrollBarPolicy(int) - class javax.swing.ScrollPaneLayout のメソッド
垂直スクロールバーの表示ポリシーを設定します。
setVerticalScrollBarPolicy(int) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
垂直スクロールバーがスクロール区画にいつ表示されるかを設定します。
setVerticalTextPosition(int) - class javax.swing.AbstractButton のメソッド
アイコンに対するテキストの位置 (垂直方向) を設定します。
setVerticalTextPosition(int) - class javax.swing.JLabel のメソッド
ラベルのイメージに対するテキストの垂直位置を設定します。
setVgap(int) - class java.awt.GridLayout のメソッド
コンポーネント間の垂直方向の間隔を、指定された値に設定します。
setVgap(int) - class java.awt.FlowLayout のメソッド
コンポーネント間の垂直方向の間隔を設定します。
setVgap(int) - class java.awt.BorderLayout のメソッド
コンポーネント間の垂直方向の間隔を設定します。
setVgap(int) - class java.awt.CardLayout のメソッド
コンポーネント間の垂直方向の間隔を設定します。
setView(Component) - class javax.swing.JViewport のメソッド
JViewport の 1 つの軽量な子 (view) を設定します。
setView(View) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
ビュー階層の現在のルートを設定し、invalidate() を呼び出します。
setViewport(JViewport) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
以前のビューポートがある場合はそれを削除し、新しいビューポートのビュー位置を +x、+y 四分区間内に設定し、行および列ヘッダ (存在する場合) と新しいビューポートを同期させ、結果としてスクロールバーとヘッダと新しいビューポートを同期させます。
setViewportBorder(Border) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
ビューポートのボーダを追加します。
setViewportView(Component) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
必要に応じてビューポートを作成してから、ビューを設定します。
setViewPosition(Point) - class javax.swing.JViewport のメソッド
ビューポートの左上隅に表示されるビューの座標を設定します。
setViewSize(Dimension) - class javax.swing.JViewport のメソッド
ビューのサイズを設定します。
setVisible(boolean) - class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
オブジェクトの可視状態を設定します。
setVisible(boolean) - class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクトの可視状態を設定します。
setVisible(boolean) - class java.awt.Component のメソッド
パラメータ b の値に応じて、このコンポーネントを表示するか、または非表示にします。
setVisible(boolean) - class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトの可視状態を設定します。
setVisible(boolean) - interface javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトの可視状態を設定します。
setVisible(boolean) - class javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
setVisible(boolean) - class javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
オブジェクトの可視状態を設定します。
setVisible(boolean) - class javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
setVisible(boolean) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
ポップアップメニューの可視性を設定します。
setVisible(boolean) - class javax.swing.JComponent のメソッド
コンポーネントを可視または不可視にします。
setVisible(boolean) - class javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
setVisible(boolean) - class javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
キャレットの可視性を設定し、キャレットを描画し直します。
setVisible(boolean) - interface javax.swing.text.Caret のメソッド
キャレットの可視または不可視を設定します。
setVisibleAmount(int) - interface java.awt.Adjustable のメソッド
調整可能なオブジェクトの比例インジケータの長さを設定します。
setVisibleAmount(int) - class java.awt.Scrollbar のメソッド
このスクロールバーの可視量を設定します。
setVisibleAmount(int) - class java.awt.ScrollPaneAdjustable のメソッド
このメソッドは、絶対ユーザコードによって呼び出さないでください。
setVisibleAmount(int) - class javax.swing.JScrollBar のメソッド
モデルの長さプロパティを設定します。
setVisibleComponent(Component) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
setVisibleRowCount(int) - class javax.swing.JTree のメソッド
表示する行数を設定します。
setVisibleRowCount(int) - class javax.swing.JList のメソッド
スクロールバーを使用せずに表示できるリスト内の行の適切な数を設定します。
setWantClientAuth(boolean) - class javax.net.ssl.SSLServerSocket のメソッド
受け入れた接続が、SSL ネゴシエーションを行うときに、クライアント認証を要求する必要があるかどうかを制御します。
setWantClientAuth(boolean) - class javax.net.ssl.SSLSocket のメソッド
クライアント認証を要求するようにソケットを設定します。
setWantsInput(boolean) - class javax.swing.JOptionPane のメソッド
wantsInput プロパティを設定します。
setWasIcon(JInternalFrame, Boolean) - class javax.swing.DefaultDesktopManager のメソッド
コンポーネントをアイコン化し、desktopIcon の境界が有効になるように設定します。
setWeekdays(String[]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
曜日の文字列「Sunday」、「Monday」などを設定します。
setWestPane(JComponent) - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
setWheelScrollingEnabled(boolean) - class java.awt.ScrollPane のメソッド
マウスホイールの移動に応答してスクロールを有効または無効にします。
setWheelScrollingEnabled(boolean) - class javax.swing.JScrollPane のメソッド
マウスホイールの移動に応答してスクロールを有効または無効にします。
setWidth(int) - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
このメソッドを使用して JTable の列の幅を設定しないでください。
setWidth(Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のメソッド
コンポーネントの幅を制御する width プロパティを設定します。
setWindingRule(int) - class java.awt.geom.GeneralPath のメソッド
このパスの屈曲規則を指定された値に設定します。
setWindowDecorationStyle(int) - class javax.swing.JRootPane のメソッド
JRootPane が提供する装飾のタイプ (ボーダ、Window を閉じるためのウィジェット、タイトルなど) を設定します。
setWrapStyleWord(boolean) - class javax.swing.JTextArea のメソッド
テキスト領域が折り返し行の場合に使う折り返し書式を設定します。
setWriteMethod(Method) - class java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
プロパティ値の書き込みに使用するメソッドを設定します。
setWriter(Writer) - class javax.xml.transform.stream.StreamResult のメソッド
結果を受け取るライターを設定します。
setX(Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のメソッド
コンポーネント位置の x 値を制御する x プロパティを設定します。
setXMLReader(XMLReader) - class javax.xml.transform.sax.SAXSource のメソッド
Source に対して使用される XMLReader を設定します。
setXORMode(Color) - class java.awt.Graphics のメソッド
このグラフィックスコンテキストの現在の色と新しく指定された色を切り替えるように、グラフィックスコンテキストのペイントモードを設定します。
setXORMode(Color) - class javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.setXORMode をオーバーライドします。
setY(Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のメソッド
コンポーネント位置の y 値を制御する y プロパティを設定します。
setYear(int) - class java.sql.Time のメソッド
推奨されていません。  
setYear(int) - class java.util.Date のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、Calendar.set(Calendar.YEAR, year + 1900) に置き換えられました。
setZeroDigit(char) - class java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
ゼロに使用する文字を設定します。
setZoneStrings(String[][]) - class java.text.DateFormatSymbols のメソッド
タイムゾーン文字列を設定します。
SEVERE - class java.util.logging.Level の static 変数
SEVERE は重大な障害を示すメッセージレベルです。
severe(String) - class java.util.logging.Logger のメソッド
SEVERE メッセージのログをとります。
Severity - class javax.print.attribute.standard.Severity.
Severity は PrinterStateReason 属性の重要度を値の列挙で示す印刷属性クラスです。
Severity(int) - class javax.print.attribute.standard.Severity のコンストラクタ
指定された整数値を使用して新しい重要度列挙値を構築します。
shadow - class javax.swing.border.EtchedBorder の変数
 
shadow - class javax.swing.plaf.basic.BasicBorders.SplitPaneBorder の変数
 
shadow - class javax.swing.plaf.basic.BasicBorders.ButtonBorder の変数
 
shadow - class javax.swing.plaf.basic.BasicBorders.FieldBorder の変数
 
shadow - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI の変数
 
shadow - class javax.swing.plaf.basic.BasicSeparatorUI の変数
 
shadowInner - class javax.swing.border.BevelBorder の変数
 
shadowOuter - class javax.swing.border.BevelBorder の変数
 
shallowClone() - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
ParameterBlock のシャローコピーを作成します。
Shape - interface java.awt.Shape.
Shape インタフェースは、なんらかの幾何学的な形を表すオブジェクトの定義を提供します。
SHAPE - class javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
shape(char[], int, int) - class java.awt.font.NumericShaper のメソッド
start と start + count の間に出現する、テキスト内の数字を変換します。
shape(char[], int, int, int) - class java.awt.font.NumericShaper のメソッド
指定されたコンテキストを使用して、start と start + count の間に出現するテキスト内の数字を変換します。
ShapeGraphicAttribute - class java.awt.font.ShapeGraphicAttribute.
ShapeGraphicAttribute クラスは、TextLayout に形状を描画する GraphicAttribute の実装です。
ShapeGraphicAttribute(Shape, int, boolean) - class java.awt.font.ShapeGraphicAttribute のコンストラクタ
指定された ShapeShapeGraphicAttribute を構築します。
SHAPES - class javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
sharedInstance - class javax.swing.JTree.EmptySelectionModel の static 変数
一意な共有インスタンスです。
sharedInstance() - class javax.swing.JTree.EmptySelectionModel の static メソッド
空の選択モデルの共有インスタンスを返します。
sharedInstance() - class javax.swing.ToolTipManager の static メソッド
ToolTipManager の共有インスタンスを返します。
shear(double, double) - class java.awt.Graphics2D のメソッド
現在の Graphics2D Transform をシャーリング変換と連結します。
shear(double, double) - class java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換をシャーリング変換に連結します。
SheetCollate - class javax.print.attribute.standard.SheetCollate.
SheetCollate は、ドキュメントを 2 部以上印刷することが Copies 属性で指定されている場合、そのジョブの印刷ドキュメントを部単位で印刷するかどうかを列挙して指定する印刷属性クラスです。
SheetCollate(int) - class javax.print.attribute.standard.SheetCollate のコンストラクタ
指定された整数値を使用して新しい部単位印刷列挙値を構築します。
SHIFT_DOWN_MASK - class java.awt.event.InputEvent の static 変数
Shift キーの拡張定数です。
SHIFT_MASK - class java.awt.Event の static 変数
イベントが発生したときに Shift キーが押されていたことを示します。
SHIFT_MASK - class java.awt.event.ActionEvent の static 変数
Shift 修飾子です。
SHIFT_MASK - class java.awt.event.InputEvent の static 変数
Shift キーの定数です。
shift(float, float, int) - class javax.sound.sampled.FloatControl のメソッド
初期値から最終値へ、指定された期間にわたってコントロールの値をマイクロ秒単位で直線的に変化させます。
shiftDown() - class java.awt.Event のメソッド
注: Event クラスは現在無効であり、下位互換のためだけに存在しています。
shiftEnd(int) - class javax.swing.text.GapContent のメソッド
ギャップを拡大し、これにより、必要なデータを移動して適切なマークを更新します。
shiftGap(int) - class javax.swing.text.GapContent のメソッド
ギャップの開始位置を新しい位置に移動します。
shiftGapEndUp(int) - class javax.swing.text.GapContent のメソッド
ギャップの終端を上方に調節します。
shiftGapStartDown(int) - class javax.swing.text.GapContent のメソッド
ギャップの終端を下方に調節します。
shiftLeft(int) - class java.math.BigInteger のメソッド
値が (this << n) の BigInteger を返します。
shiftRight(int) - class java.math.BigInteger のメソッド
値が (this >> n) の BigInteger を返します。
Short - class java.lang.Short.
Short クラスは、プリミティブ型 short の値をオブジェクト内にラップします。
SHORT - class java.text.DateFormat の static 変数
短いスタイルパターンのための定数です。
SHORT - class java.util.TimeZone の static 変数
「PST」などの短い名前を示す getDisplayName() のスタイル指示子です。
SHORT_DESCRIPTION - interface javax.swing.Action の static 変数
アクションについての短い説明を格納するために使われるキーです。
Short(short) - class java.lang.Short のコンストラクタ
指定された short 値を表す、新しく割り当てられた Short オブジェクトを構築します。
Short(String) - class java.lang.Short のコンストラクタ
String パラメータで示される short 値を表す、新しく割り当てられた Short オブジェクトを構築します。
ShortBuffer - class java.nio.ShortBuffer.
short バッファです。
ShortBufferException - exception javax.crypto.ShortBufferException.
この例外は、ユーザが提供した出力バッファが小さすぎて操作結果を保持できない場合にスローされます。
ShortBufferException() - class javax.crypto.ShortBufferException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ShortBufferException を構築します。
ShortBufferException(String) - class javax.crypto.ShortBufferException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ShortBufferException を構築します。
shortcuts() - class java.awt.MenuBar のメソッド
このメニューバーが管理している、すべてのメニューショートカットの列挙を返します。
ShortHolder - class org.omg.CORBA.ShortHolder.
Short.のホルダーです。
ShortHolder() - class org.omg.CORBA.ShortHolder のコンストラクタ
value フィールドを 0 に初期化して、ShortHolder オブジェクトを新規構築します。
ShortHolder(short) - class org.omg.CORBA.ShortHolder のコンストラクタ
value フィールドを指定された short に初期化して、ShortHolder オブジェクトを新規構築します。
ShortLookupTable - class java.awt.image.ShortLookupTable.
このクラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
ShortLookupTable(int, short[]) - class java.awt.image.ShortLookupTable のコンストラクタ
各バンドのルックアップテーブルを表す short の配列から、ShortLookupTable オブジェクトを構築します。
ShortLookupTable(int, short[][]) - class java.awt.image.ShortLookupTable のコンストラクタ
各バンドのルックアップテーブルを表す short 配列のうちの 1 つの配列から、ShortLookupTable オブジェクトを構築します。
ShortMessage - class javax.sound.midi.ShortMessage.
ShortMessage には、ステータスバイトのあとに続く 2 バイトまでのデータバイトを持つ MIDI メッセージが格納されます。
ShortMessage() - class javax.sound.midi.ShortMessage のコンストラクタ
新しい ShortMessage を構築します。
ShortMessage(byte[]) - class javax.sound.midi.ShortMessage のコンストラクタ
新しい ShortMessage を構築します。
ShortSeqHelper - class org.omg.CORBA.ShortSeqHelper.
ShortSeqHelper のヘルパーです。
ShortSeqHelper() - class org.omg.CORBA.ShortSeqHelper のコンストラクタ
 
ShortSeqHolder - class org.omg.CORBA.ShortSeqHolder.
ShortSeq のホルダーです。
ShortSeqHolder() - class org.omg.CORBA.ShortSeqHolder のコンストラクタ
 
ShortSeqHolder(short[]) - class org.omg.CORBA.ShortSeqHolder のコンストラクタ
 
shortValue() - class java.lang.Long のメソッド
この Long の値を short として返します。
shortValue() - class java.lang.Integer のメソッド
この Integer の値を short として返します。
shortValue() - class java.lang.Short のメソッド
この Short の値を short として返します。
shortValue() - class java.lang.Byte のメソッド
この Byte の値を short として返します。
shortValue() - class java.lang.Double のメソッド
この Double の値を (short にキャストすることにより) short として返します。
shortValue() - class java.lang.Float のメソッド
この Float の値を (short にキャストすることにより) short として返します。
shortValue() - class java.lang.Number のメソッド
指定された値を short 型として返します。
shouldFillGap(int, int, int, int) - class javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI のメソッド
 
shouldPadTabRun(int, int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
shouldPadTabRun(int, int) - class javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI のメソッド
 
shouldPaintExpandControl(TreePath, int, boolean, boolean, boolean) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
指定された行で展開 (切り替え) コントロールが描画されなければならない場合に true を返します。
shouldRotateTabRuns(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
shouldRotateTabRuns(int, int) - class javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI のメソッド
 
shouldScroll(int) - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.TrackListener のメソッド
 
shouldSelectCell(EventObject) - class javax.swing.DefaultCellEditor.EditorDelegate のメソッド
true を返し、編集セルが選択可能であることを示します。
shouldSelectCell(EventObject) - class javax.swing.DefaultCellEditor のメソッド
CellEditor からのメッセージを delegate に転送します。
shouldSelectCell(EventObject) - class javax.swing.AbstractCellEditor のメソッド
true を返します。
shouldSelectCell(EventObject) - interface javax.swing.CellEditor のメソッド
編集セルを選択する場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
shouldSelectCell(EventObject) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
戻り値の realEditor をメッセージとして送ります。
shouldStartEditingTimer(EventObject) - class javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
eventMouseEvent で、クリック数が 1 の場合に true を返します。
shouldYieldFocus(JComponent) - class javax.swing.InputVerifier のメソッド
verify(input) を呼び出して入力が有効であることを確認します。
show() - class java.awt.Window のメソッド
Window を表示します。
show() - class java.awt.Component のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、setVisible(boolean) を使用
show() - class java.awt.Component.FlipBufferStrategy のメソッド
次の利用可能なバッファを Blit または反転で可視状態にします。
show() - class java.awt.Component.BltBufferStrategy のメソッド
利用可能な次のバッファを可視状態にします。
show() - class java.awt.Dialog のメソッド
ダイアログを表示します。
show() - class java.awt.image.BufferStrategy のメソッド
メモリを複製 (Blit) するかディスプレイポインタを変更する (切り替える) ことにより、次に使用可能なバッファを可視状態にします。
show() - class javax.swing.JInternalFrame のメソッド
内部フレームが不可視の場合に、その内部フレームを前面に移動して可視にし、選択を試みます。
show() - class javax.swing.Popup のメソッド
Popup を可視にします。
show() - class javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
ComboPopup.show() の実装です。
show() - interface javax.swing.plaf.basic.ComboPopup のメソッド
ポップアップを表示します。
show(boolean) - class java.awt.Component のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、setVisible(boolean) を使用
show(Component, int, int) - class java.awt.PopupMenu のメソッド
元のコンポーネントからの相対位置 x, y にポップアップメニューを表示します。
show(Component, int, int) - class javax.swing.JPopupMenu のメソッド
呼び出しコンポーネント内の x、y 座標で指定された位置に、ポップアップメニューを表示します。
show(Container, String) - class java.awt.CardLayout のメソッド
addLayoutComponent を使って、指定された name を持つ、このレイアウトに追加されたコンポーネントに切り替えます。
showConfirmDialog(Component, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
オプションが YesNo、および Cancel でタイトルが Select an Option の、ダイアログを表示します。
showConfirmDialog(Component, Object, String, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
optionType パラメータで選択項目数が決まるダイアログを表示します。
showConfirmDialog(Component, Object, String, int, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
optionType パラメータで選択項目数が決まるダイアログを表示します。
showConfirmDialog(Component, Object, String, int, int, Icon) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
指定されたアイコンを持つダイアログを表示します。
showDialog(Component, String) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
カスタムの [approve] ボタンを使って、カスタムファイルチューザダイアログを表示します。
showDialog(Component, String, Color) - class javax.swing.JColorChooser の static メソッド
モーダルなカラーチューザダイアログを表示し、ダイアログが隠されるまでブロックします。
showDocument(URL) - interface java.applet.AppletContext のメソッド
表示中の Web ページの代わりに、指定された URL のページを表示します。
showDocument(URL, String) - interface java.applet.AppletContext のメソッド
ブラウザまたはアプレットビューアに、引数 url に指定された Web ページを表示するように要求します。
showHorizontalLines - class javax.swing.JTable の変数
showHorizontalLines が true の場合、テーブルはセル間に水平線を描画します。
SHOWING - class javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクト、オブジェクトの親、オブジェクトの親の親などがすべて可視であることを示します。
SHOWING_CHANGED - class java.awt.event.HierarchyEvent の static 変数
階層の表示状態の変更により、HIERARCHY_CHANGED イベントが生成されたことを示します。
showInputDialog(Component, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
parentComponent を親として、ユーザに入力を求めるクエスチョンメッセージダイアログを表示します。
showInputDialog(Component, Object, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
parentComponent を親として、ユーザに入力を求めるクエスチョンメッセージダイアログを表示します。
showInputDialog(Component, Object, String, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
parentComponent を親としてユーザに入力を求めるダイアログを表示します。
showInputDialog(Component, Object, String, int, Icon, Object[], Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
初期選択、指定可能な選択項目、およびそれ以外のすべてのオプションの指定が可能なブロッキングダイアログでユーザに入力を求めます。
showInputDialog(Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
ユーザに入力を求めるクエスチョンメッセージダイアログを表示します。
showInputDialog(Object, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
ユーザに入力を求めるクエスチョンメッセージダイアログを表示します。
showInternalConfirmDialog(Component, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
オプションが YesNo、および Cancel でタイトルが Select an Option の、内部ダイアログパネルを表示します。
showInternalConfirmDialog(Component, Object, String, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
optionType パラメータで選択項目数が決まる内部ダイアログパネルを表示します。
showInternalConfirmDialog(Component, Object, String, int, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
optionType パラメータで選択項目数が決まる内部ダイアログパネルを表示します。
showInternalConfirmDialog(Component, Object, String, int, int, Icon) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
指定されたアイコンを持つ内部ダイアログパネルを表示します。
showInternalInputDialog(Component, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
parentComponent を親として、ユーザに入力を求める内部クエスチョンメッセージダイアログを表示します。
showInternalInputDialog(Component, Object, String, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
parentComponent を親として、ユーザに入力を求める内部ダイアログを表示します。
showInternalInputDialog(Component, Object, String, int, Icon, Object[], Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
初期選択、指定可能な選択項目、およびそれ以外のすべてのオプションの指定が可能なブロッキング内部ダイアログでユーザに入力を求めます。
showInternalMessageDialog(Component, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
内部確認ダイアログパネルを表示します。
showInternalMessageDialog(Component, Object, String, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
messageType パラメータで指定されたデフォルトアイコンを使用して、メッセージを表示するための内部ダイアログパネルを表示します。
showInternalMessageDialog(Component, Object, String, int, Icon) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
すべてのパラメータを指定して、メッセージを表示するための内部ダイアログパネルを表示します。
showInternalOptionDialog(Component, Object, String, int, int, Icon, Object[], Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
指定されたアイコンを持つ内部ダイアログパネルを表示します。
showMessageDialog(Component, Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
「Message」というタイトルの情報メッセージダイアログを表示します。
showMessageDialog(Component, Object, String, int) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
messageType パラメータで指示されたデフォルトのアイコンを使用して、メッセージを表示するためのダイアログを表示します。
showMessageDialog(Component, Object, String, int, Icon) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
すべてのパラメータを指定して、メッセージを表示するためのダイアログを表示します。
showOpenDialog(Component) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
[Open File] ファイルチューザダイアログを表示します。
showOptionDialog(Component, Object, String, int, int, Icon, Object[], Object) - class javax.swing.JOptionPane の static メソッド
指定されたアイコンを持つダイアログを表示します。
showPopup() - class javax.swing.JComboBox のメソッド
コンボボックスにポップアップウィンドウを表示させます。
SHOWS_ROOT_HANDLES_PROPERTY - class javax.swing.JTree の static 変数
showsRootHandles のバウンドプロパティ名です。
showSaveDialog(Component) - class javax.swing.JFileChooser のメソッド
[Save File] ファイルチューザダイアログを表示します。
showsRootHandles - class javax.swing.JTree の変数
ハンドルがツリーの最上位レベルに表示されている場合は true です。
showStatus(String) - class java.applet.Applet のメソッド
引数に指定された文字列を「ステータスウィンドウ」に表示するように要求します。
showStatus(String) - interface java.applet.AppletContext のメソッド
引数に指定された文字列を「ステータスウィンドウ」に表示するように要求します。
showSystemMenu() - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
showVerticalLines - class javax.swing.JTable の変数
showVerticalLines が true の場合、テーブルはセル間に垂直線を描画します。
shrinkAbsorb - class java.awt.font.GlyphJustificationInfo の変数
true の場合、このグリフは収縮するときに、自分と同じかそれ以下のプライオリティレベルの未収縮分をすべて吸収します。
shrinkLeftLimit - class java.awt.font.GlyphJustificationInfo の変数
このグリフの左側で収縮できる最大量です。
shrinkPriority - class java.awt.font.GlyphJustificationInfo の変数
収縮するときの、このグリフのプライオリティレベルです。
shrinkRightLimit - class java.awt.font.GlyphJustificationInfo の変数
このグリフの右側で収縮できる最大量です。
shuffle(List) - class java.util.Collections の static メソッド
デフォルトの乱数発生の元を使って、指定されたリストの順序を無作為に入れ替えます。
shuffle(List, Random) - class java.util.Collections の static メソッド
デフォルトの乱数発生の元を使って、指定されたリストの順序を無作為に入れ替えます。
SHUTDOWN - class javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
プリンタが印刷サービスから削除され、デバイスの電源が切られているか、または物理的に撤去されています。
shutdown() - interface java.rmi.activation.ActivationSystem のメソッド
起動システムを停止します。
shutdown(boolean) - class org.omg.CORBA.ORB のメソッド
ORB にシャットダウンを指示します。
shutdownInput() - class java.net.SocketImpl のメソッド
このソケットの入力ストリームを「ストリームの最後」に配置します。
shutdownInput() - class java.net.Socket のメソッド
このソケットの入力ストリームを「ストリームの最後」に配置します。
shutdownOutput() - class java.net.SocketImpl のメソッド
このソケットの出力ストリームを無効にします。
shutdownOutput() - class java.net.Socket のメソッド
このソケットの出力ストリームを無効にします。
SIDE - class javax.print.attribute.standard.MediaTray の static 変数
サイド給紙トレー
Sides - class javax.print.attribute.standard.Sides.
Sides は、選択された媒体の各面への、出力ストリームページの配置方法、つまり印刷データの生成方法を値の列挙で指定する印刷属性クラスです。
Sides(int) - class javax.print.attribute.standard.Sides のコンストラクタ
指定された整数値を使用して新しい印刷面列挙値を構築します。
SIGN - class java.security.Signature の static 変数
この署名オブジェクトが署名用に初期化済みであることを示す戻り値 Signature.state です。
SIGN - class java.text.NumberFormat.Field の static 変数
符号のフィールドを識別する定数です。
sign() - class java.security.Signature のメソッド
更新されたすべてのデータの署名バイトを返します。
sign(byte[], int, int) - class java.security.Signature のメソッド
署名操作を終了し、最終的な署名バイトを、指定されたバッファ outbuf に格納します (開始位置は offset)。
Signature - class java.security.Signature.
Signature クラスは、アプリケーションに対してデジタル署名アルゴリズムの機能を提供するために使用されます。
SIGNATURE_VERSION - class java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
JAR ファイルに署名するときに使用する、Signature-Version マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
Signature(String) - class java.security.Signature のコンストラクタ
指定されたアルゴリズムに対する Signature オブジェクトを作成します。
SignatureException - exception java.security.SignatureException.
汎用的な署名の例外です。
SignatureException() - class java.security.SignatureException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで SignatureException を構築します。
SignatureException(String) - class java.security.SignatureException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ SignatureException を構築します。
SignatureSpi - class java.security.SignatureSpi.
Signature クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
SignatureSpi() - class java.security.SignatureSpi のコンストラクタ
 
SignedObject - class java.security.SignedObject.
SignedObject は、認証実行時オブジェクトの作成を目的としたクラスです。
SignedObject(Serializable, PrivateKey, Signature) - class java.security.SignedObject のコンストラクタ
任意の Serializable オブジェクトから SignedObject を構築します。
Signer - class java.security.Signer.
推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
Signer() - class java.security.Signer のコンストラクタ
推奨されていません。 署名者を作成します。
Signer(String) - class java.security.Signer のコンストラクタ
推奨されていません。 指定されたアイデンティティ名を持つ署名者を作成します。
Signer(String, IdentityScope) - class java.security.Signer のコンストラクタ
推奨されていません。 指定されたアイデンティティ名とアイデンティティスコープを持つ署名者を作成します。
signum() - class java.math.BigInteger のメソッド
この BigInteger の符号要素を返します。
signum() - class java.math.BigDecimal のメソッド
この BigDecimal の符号値を返します。
SILENT - class java.rmi.server.LogStream の static 変数
推奨されていません。 ログレベル定数です (ログなし)。
SIMPLE_SCROLL_MODE - class javax.swing.JViewport の static 変数
このモードはスクロールペインをスクロールするたびに全コンテンツを再描画するという非常に簡単なメソッドを使います。
SimpleAttributeSet - class javax.swing.text.SimpleAttributeSet.
ハッシュテーブルを使用する、MutableAttributeSet の直接の実装です。
SimpleAttributeSet() - class javax.swing.text.SimpleAttributeSet のコンストラクタ
新しい属性セットを作成します。
SimpleAttributeSet(AttributeSet) - class javax.swing.text.SimpleAttributeSet のコンストラクタ
指定された属性セットに基づいて新しい属性セットを作成します。
SimpleBeanInfo - class java.beans.SimpleBeanInfo.
BeanInfo クラスを簡単に提供できるようにするサポートクラスです。
SimpleBeanInfo() - class java.beans.SimpleBeanInfo のコンストラクタ
 
SimpleDateFormat - class java.text.SimpleDateFormat.
SimpleDateFormat は、日付のフォーマットと解析を、ロケールを考慮して行うための具象クラスです。
SimpleDateFormat() - class java.text.SimpleDateFormat のコンストラクタ
デフォルトロケールのデフォルトパターンと日付フォーマット記号を使って SimpleDateFormat を構築します。
SimpleDateFormat(String) - class java.text.SimpleDateFormat のコンストラクタ
デフォルトロケールの指定されたパターンとデフォルトの日付フォーマット記号を使って SimpleDateFormat を構築します。
SimpleDateFormat(String, DateFormatSymbols) - class java.text.SimpleDateFormat のコンストラクタ
指定されたパターンと日付フォーマット記号を使って SimpleDateFormat を構築します。
SimpleDateFormat(String, Locale) - class java.text.SimpleDateFormat のコンストラクタ
指定されたロケールの指定されたパターンとデフォルトの日付フォーマット記号を使って SimpleDateFormat を構築します。
SimpleDoc - class javax.print.SimpleDoc.
このクラスは、一般的な多くの印刷要求で使用可能な Doc インタフェースの実装です。
SimpleDoc(Object, DocFlavor, DocAttributeSet) - class javax.print.SimpleDoc のコンストラクタ
指定された印刷データ、doc フレーバ、および doc 属性セットを使用して、SimpleDoc を構築します。
SimpleFormatter - class java.util.logging.SimpleFormatter.
LogRecord の概要を判読可能な形式で出力します。
SimpleFormatter() - class java.util.logging.SimpleFormatter のコンストラクタ
 
SimpleTimeZone - class java.util.SimpleTimeZone.
SimpleTimeZone は、グレゴリオ暦で使用されるタイムゾーンを表す TimeZone の具象サブクラスです。
SimpleTimeZone(int, String) - class java.util.SimpleTimeZone のコンストラクタ
夏時間を含まずに、GMT からの指定された ベースタイムゾーンオフセットとタイムゾーン ID により、 SimpleTimeZone を構築します。
SimpleTimeZone(int, String, int, int, int, int, int, int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のコンストラクタ
GMTからの指定されたベースタイムゾーンオフセット、タイムゾーン ID 、および夏時間の開始規則と終了規則で、SimpleTimeZone を構築します。
SimpleTimeZone(int, String, int, int, int, int, int, int, int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のコンストラクタ
GMTからの指定されたベースタイムゾーンオフセット、タイムゾーン ID 、および夏時間の開始規則および終了規則により、SimpleTimeZone を構築します。
SimpleTimeZone(int, String, int, int, int, int, int, int, int, int, int, int, int) - class java.util.SimpleTimeZone のコンストラクタ
GMTからの指定されたベースタイムゾーンオフセット、タイムゾーン ID 、および夏時間の開始規則および終了規則により、 SimpleTimeZone を構築します。
SIMPLIFIED_CHINESE - class java.util.Locale の static 変数
言語に使用する定数です。
SIMPLIFIED_HANZI - class java.awt.im.InputSubset の static 変数
簡体字の記述で使われるすべての漢字の定数です。
sin(double) - class java.lang.Math の static メソッド
指定された角度の正弦 (サイン) を返します。
sin(double) - class java.lang.StrictMath の static メソッド
指定された角度の正弦 (サイン) を返します。
SINGLE_DOCUMENT - class javax.print.attribute.standard.MultipleDocumentHandling の static 変数
単独ドキュメント -- 前述の 詳細 を参照
SINGLE_DOCUMENT_NEW_SHEET - class javax.print.attribute.standard.MultipleDocumentHandling の static 変数
単独ドキュメント、改ページ印刷 -- 前述の 詳細 を参照
SINGLE_INTERVAL_SELECTION - interface javax.swing.ListSelectionModel の static 変数
selectionMode プロパティの値です。
SINGLE_LINE - class javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
(テキスト) オブジェクトが、テキストを 1 行だけ格納できることを示します。
SINGLE_SELECTION - interface javax.swing.ListSelectionModel の static 変数
selectionMode プロパティの値です。
SINGLE_THREAD_MODEL - class org.omg.PortableServer.ThreadPolicyValue の static 変数
 
SINGLE_TREE_SELECTION - interface javax.swing.tree.TreeSelectionModel の static 変数
選択範囲には、同時に複数のパスを指定することはできません。
SINGLEFRAME - interface java.awt.image.ImageConsumer の static 変数
イメージデータは、1 枚の静止画像を含んでいます。
SINGLEFRAMEDONE - interface java.awt.image.ImageConsumer の static 変数
イメージの 1 フレームの転送が完了しましたが、まだ転送対象のフレームがあります。
SINGLEPASS - interface java.awt.image.ImageConsumer の static 変数
ピクセルは 1 つのパスで転送されます。
SinglePixelPackedSampleModel - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel.
このクラスは、1 つのピクセルを構成する N 個のサンプルが 1 つのデータ配列要素に格納されるようにパックされたピクセルデータを表します。
SinglePixelPackedSampleModel(int, int, int, int[]) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のコンストラクタ
bitMasks.length のバンドを使って SinglePixelPackedSampleModel を構築します。
SinglePixelPackedSampleModel(int, int, int, int, int[]) - class java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のコンストラクタ
bitMasks.length のバンド、そして scanlineStride データ配列要素と一致する走査線ストライドを使って SinglePixelPackedSampleModel を構築します。
SingleSelectionModel - interface javax.swing.SingleSelectionModel.
インデックス付き選択範囲を 1 つだけサポートするモデルです。
singleton(Object) - class java.util.Collections の static メソッド
指定されたオブジェクトだけを格納している不変のセットを返します。
singletonList(Object) - class java.util.Collections の static メソッド
指定されたオブジェクトだけを格納している不変のリストを返します。
singletonMap(Object, Object) - class java.util.Collections の static メソッド
指定された値に指定されたオブジェクトだけをマッピングする不変のマップを返します。
SINHALA - class java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
同名の Unicode 文字ブロックのための定数です。
sink() - class java.nio.channels.Pipe のメソッド
このパイプの受信チャネルを返します。
size - class java.awt.Font の変数
整数に丸められた、この Font のポイントサイズです。
size - class java.awt.image.DataBuffer の変数
すべてのバンクで使用可能なサイズです。
Size - class javax.swing.text.StyleConstants.FontConstants の static 変数
フォントサイズの名前です。
Size - class javax.swing.text.StyleConstants.CharacterConstants の static 変数
フォントサイズの名前です。
SIZE - class java.awt.font.TextAttribute の static 変数
フォントサイズを表す属性キーです。
SIZE - class javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
SIZE_CMD - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の static 変数
 
size() - class java.awt.Component のメソッド
推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、getSize() を使用
size() - class java.awt.RenderingHints のメソッド
この RenderingHints 内のキーと値のマッピングの数を返します。
size() - class java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
この BeanContext で入れ子になった現在の子の個数を取得します。
size() - class java.beans.beancontext.BeanContextMembershipEvent のメソッド
通知によって影響を受ける子の数を取得します。
size() - class java.io.ByteArrayOutputStream のメソッド
バッファの現在のサイズを返します。
size() - class java.io.DataOutputStream のメソッド
カウンタ written の現在の値、つまりこのデータ出力ストリームにこれまでに書き込まれたバイト数を返します。
size() - class java.io.CharArrayWriter のメソッド
バッファの現在のサイズを返します。
size() - class java.nio.channels.FileChannel のメソッド
このチャネルのファイルの現在のサイズを返します。
size() - class java.nio.channels.FileLock のメソッド
ロックされた領域のサイズをバイトで返します。
size() - class java.security.KeyStore のメソッド
このキーストアのエントリ数を取得します。
size() - class java.security.IdentityScope のメソッド
推奨されていません。 このアイデンティティスコープにあるアイデンティティの数を返します。
size() - class java.util.IdentityHashMap のメソッド
このアイデンティティハッシュマップ内のキーと値のマッピングの数を返します。
size() - class java.util.TreeSet のメソッド
セット内の要素数 (そのカーディナリティ) を返します。
size() - class java.util.LinkedList のメソッド
リスト内にある要素の数を返します。
size() - class java.util.TreeMap のメソッド
マップ内のキー値マッピングの数を返します。
size() - class java.util.WeakHashMap のメソッド
このマップのキーと値のマッピングの数を返します。
size() - class java.util.BitSet のメソッド
BitSet でビット値を表すために実際に使用しているビットの数を返します。
size() - class java.util.HashSet のメソッド
セット内の要素数 (そのカーディナリティ) を返します。
size() - class java.util.ArrayList のメソッド
リスト内にある要素の数を返します。
size() - class java.util.HashMap のメソッド
マップ内のキー値マッピングの数を返します。
size() - class java.util.AbstractMap のメソッド
マップ内のキーと値のマッピングの数を返します。
size() - interface java.util.Set のメソッド
セット内の要素数 (カーディナリティ) を返します。
size() - class java.util.Vector のメソッド
Vector の要素数を返します。
size() - interface java.util.List のメソッド
リスト内の要素数を返します。
size() - class java.util.AbstractCollection のメソッド
このコレクション中の要素の数を返します。
size() - interface java.util.Collection のメソッド
コレクションの要素数を返します。
size() - class java.util.Hashtable のメソッド
ハッシュテーブルにあるキーの数を返します。
size() - interface java.util.Map のメソッド
マップ内のキーと値のマッピングの数を返します。
size() - class java.util.Dictionary のメソッド
ディクショナリにあるエントリ (個別のキー) の数を返します。
size() - class java.util.jar.Attributes のメソッド
この Map にある属性の数を返します。
size() - class java.util.zip.ZipFile のメソッド
ZIP ファイル中のエントリの数を返します。
size() - class javax.accessibility.AccessibleRelationSet のメソッド
このリレーションセットに含まれているリレーションの数を返します。
size() - class javax.naming.Reference のメソッド
この参照内のアドレス数を取り出します。
size() - interface javax.naming.Name のメソッド
この名前のコンポーネント数を返します。
size() - class javax.naming.CompoundName のメソッド
この複合名のコンポーネント数を取得します。
size() - class javax.naming.CompositeName のメソッド
この合成名のコンポーネントの数を取得します。
size() - class javax.naming.directory.BasicAttributes のメソッド
 
size() - class javax.naming.directory.BasicAttribute のメソッド
 
size() - interface javax.naming.directory.Attributes のメソッド
属性セットの属性数を取り込みます。
size() - interface javax.naming.directory.Attribute のメソッド
この属性の値数を取り出します。
size() - class javax.print.attribute.HashAttributeSet のメソッド
属性セット内の属性数を返します。
size() - interface javax.print.attribute.AttributeSet のメソッド
属性セット内の属性数を返します。
size() - class javax.sound.midi.Track のメソッド
このトラックに含まれるイベントの数を取得します。
size() - class javax.swing.ActionMap のメソッド
KeyStroke のバインディング数を返します。
size() - class javax.swing.InputMap のメソッド
KeyStroke のバインディング数を返します。
size() - class javax.swing.DefaultListModel のメソッド
リスト内のコンポーネント数を返します。
Size2DSyntax - class javax.print.attribute.Size2DSyntax.
Size2DSyntax クラスは、2 次元のサイズを示すすべての属性の一般的な実装を提供する抽象基底クラスです。
Size2DSyntax(float, float, int) - class javax.print.attribute.Size2DSyntax のコンストラクタ
指定された浮動小数点の値で新しい 2 次元のサイズの属性を構築します。
Size2DSyntax(int, int, int) - class javax.print.attribute.Size2DSyntax のコンストラクタ
指定された整数値で新しい 2 次元のサイズの属性を構築します。
sizeAction - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
sizeColumnsToFit(boolean) - class javax.swing.JTable のメソッド
推奨されていません。 Swing バージョン 1.0.3 以降は、doLayout() に置き換えられました。
sizeColumnsToFit(int) - class javax.swing.JTable のメソッド
Java 2 プラットフォーム v1.4 では使用しません。
SizeLimitExceededException - exception javax.naming.SizeLimitExceededException.
この例外は、メソッドがサイズ関連の制限を超える結果を生成した場合にスローされます。
SizeLimitExceededException() - class javax.naming.SizeLimitExceededException のコンストラクタ
SizeLimitExceededException の新しいインスタンスを構築します。
SizeLimitExceededException(String) - class javax.naming.SizeLimitExceededException のコンストラクタ
説明を使用して、SizeLimitExceededException の新しいインスタンスを構築します。
SizeRequirements - class javax.swing.SizeRequirements.
レイアウトマネージャの便宜のために、コンポーネントのサイズと位置についての情報を計算します。
SizeRequirements() - class javax.swing.SizeRequirements のコンストラクタ
最小サイズ、望ましいサイズ、最大サイズをゼロに、配置の値を 0.5 (中央揃え) に設定して、SizeRequirements オブジェクトを作成します。
SizeRequirements(int, int, int, float) - class javax.swing.SizeRequirements のコンストラクタ
指定された最小サイズ、望ましいサイズ、最大サイズ、および配置で、SizeRequirements オブジェクトを作成します。
sizes - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager の変数
 
SizeSequence - class javax.swing.SizeSequence.
SizeSequence オブジェクトは、サイズおよび対応する位置の、順序付けされたリストを効果的に維持します。
SizeSequence() - class javax.swing.SizeSequence のコンストラクタ
エントリを格納していない新しい SizeSequence オブジェクトを生成します。
SizeSequence(int) - class javax.swing.SizeSequence のコンストラクタ
指定された数のエントリを格納する、新しい SizeSequence オブジェクトを生成します。
SizeSequence(int[]) - class javax.swing.SizeSequence のコンストラクタ
指定されたサイズを格納する新しい SizeSequence オブジェクトを生成します。
SizeSequence(int, int) - class javax.swing.SizeSequence のコンストラクタ
指定された数のエントリを格納する、新しい SizeSequence オブジェクトを生成します。
sizeWidthToFit() - class javax.swing.table.TableColumn のメソッド
ヘッダセルの幅に合うように、TableColumn のサイズを変更します。
Skeleton - interface java.rmi.server.Skeleton.
推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは必要ありません。
SkeletonMismatchException - exception java.rmi.server.SkeletonMismatchException.
推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは必要ありません。
SkeletonMismatchException(String) - class java.rmi.server.SkeletonMismatchException のコンストラクタ
推奨されていません。 代替はありません。
SkeletonNotFoundException - exception java.rmi.server.SkeletonNotFoundException.
推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは必要ありません。
SkeletonNotFoundException(String) - class java.rmi.server.SkeletonNotFoundException のコンストラクタ
推奨されていません。 指定された詳細メッセージを持つ SkeletonNotFoundException を構築します。
SkeletonNotFoundException(String, Exception) - class java.rmi.server.SkeletonNotFoundException のコンストラクタ
推奨されていません。 指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つ SkeletonNotFoundException を構築します。
skip(long) - class java.io.StringReader のメソッド
文字をスキップします。
skip(long) - class java.io.ByteArrayInputStream のメソッド
入力ストリームからの入力を n バイト分スキップします。
skip(long) - class java.io.BufferedReader のメソッド
文字をスキップします。
skip(long) - class java.io.Reader のメソッド
文字をスキップします。
skip(long) - class java.io.BufferedInputStream のメソッド
InputStreamskip メソッドの汎用規約を参照してください。
skip(long) - class java.io.FilterInputStream のメソッド
入力ストリームからのデータを n バイトだけスキップして破棄します。
skip(long) - class java.io.FileInputStream のメソッド
入力ストリームからのデータを n バイトだけスキップして破棄します。
skip(long) - class java.io.InputStream のメソッド
入力ストリームからのデータを n バイトだけスキップしてその範囲のデータを破棄します。
skip(long) - class java.io.StringBufferInputStream のメソッド
推奨されていません。 この入力ストリームの入力を n バイトだけスキップします。
skip(long) - class java.io.PushbackInputStream のメソッド
この入力ストリームからのデータを n バイトだけスキップして破棄します。
skip(long) - interface java.io.ObjectInput のメソッド
入力を n バイトだけスキップします。
skip(long) - class java.io.LineNumberReader のメソッド
文字をスキップします。
skip(long) - class java.io.LineNumberInputStream のメソッド
推奨されていません。 入力ストリームからのデータを n バイトだけスキップしてその範囲のデータを破棄します。
skip(long) - class java.io.FilterReader のメソッド
文字をスキップします。
skip(long) - class java.io.CharArrayReader のメソッド
文字をスキップします。
skip(long) - class java.util.zip.InflaterInputStream のメソッド
圧縮解除データを指定されたバイト数だけスキップします。
skip(long) - class java.util.zip.ZipInputStream のメソッド
現在の ZIP エントリで指定のバイト数だけスキップします。
skip(long) - class java.util.zip.CheckedInputStream のメソッド
指定されたバイト数の入力をスキップします。
skip(long) - class javax.crypto.CipherInputStream のメソッド
ブロックせずにこの入力ストリームから読み込むことができるバイトから n バイトの入力をスキップします。
skip(long) - class javax.sound.sampled.AudioInputStream のメソッド
指定したバイト数を、このオーディオ入力ストリームからスキップおよび破棄します。
skip(long) - class javax.swing.ProgressMonitorInputStream のメソッド
FilterInputStream.skip をオーバーライドして、スキップのあとに進捗モニターを更新できるようにします。
skipBytes(int) - class java.io.DataInputStream のメソッド
DataInputskipBytes メソッドの汎用規約を参照してください。
skipBytes(int) - interface java.io.DataInput のメソッド
入力ストリームから n バイトをスキップするようにして、スキップしたバイトを破棄します。
skipBytes(int) - class java.io.RandomAccessFile のメソッド
n バイトの入力をスキップして、スキップしたバイトを破棄しようとします。
skipBytes(int) - class java.io.ObjectInputStream のメソッド
バイトをスキップします。
skipBytes(int) - class javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
seek(getStreamPosition() + n) を呼び出して、現在のストリーム位置を前進させます。
skipBytes(int) - interface javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
指定されたバイト数だけストリーム位置を前に移動します。
skipBytes(long) - class javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
seek(getStreamPosition() + n) を呼び出して、現在のストリーム位置を前進させます。
skipBytes(long) - interface javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
指定されたバイト数だけストリーム位置を前に移動します。
skippedEntity(String) - interface org.xml.sax.ContentHandler のメソッド
スキップされたエンティティの通知を受け取ります。
skippedEntity(String) - class org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
SAX2 のスキップされたエンティティイベントを適応させます。
skippedEntity(String) - class org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
スキップされたエンティティイベントをファイルタリングします。
skippedEntity(String) - class org.xml.sax.helpers.DefaultHandler のメソッド
スキップされたエンティティの通知を受け取ります。
skipReferral() - class javax.naming.ReferralException のメソッド
処理される参照を破棄します。
slashSlashComments(boolean) - class java.io.StreamTokenizer のメソッド
トークナイザが C++ スタイルのコメントを認識するかどうかを判別します。
slashStarComments(boolean) - class java.io.StreamTokenizer のメソッド
トークナイザが C スタイルのコメントを認識するかどうかを判別します。
sleep(long) - class java.lang.Thread の static メソッド
現在実行中のスレッドを、指定されたミリ秒数の間、スリープ (一時的に実行を停止) させます。
sleep(long, int) - class java.lang.Thread の static メソッド
現在実行中のスレッドを、指定されたミリ秒数に指定されたナノ秒数を加算した間、スリープ (実行停止) させます。
slice() - class java.nio.CharBuffer のメソッド
現在のバッファのコンテンツの共有のサブシーケンスをコンテンツとする新しい char バッファを作成します。
slice() - class java.nio.ByteBuffer のメソッド
このバッファの共有のサブシーケンスを内容とする新しい byte バッファを作成します。
slice() - class java.nio.ShortBuffer のメソッド
現在のバッファのコンテンツの共有サブシーケンスをコンテンツとする新しい short バッファを作成します。
slice() - class java.nio.LongBuffer のメソッド
現在のバッファのコンテンツの共有サブシーケンスをコンテンツとする新しい long バッファを作成します。
slice() - class java.nio.IntBuffer のメソッド
現在のバッファのコンテンツの共有のサブシーケンスをコンテンツとする新しい int バッファを作成します。
slice() - class java.nio.FloatBuffer のメソッド
現在のバッファのコンテンツの共有サブシーケンスをコンテンツとする新しい float バッファを作成します。
slice() - class java.nio.DoubleBuffer のメソッド
現在のバッファのコンテンツの共有のサブシーケンスをコンテンツとする新しい double バッファを作成します。
slider - class javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
SLIDER - class javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
ユーザが一定の範囲から値を選択できるようにするオブジェクトです。
SLIDER_FILL - class javax.swing.plaf.metal.MetalSliderUI の変数
 
sliderModel - class javax.swing.JSlider の変数
スライダの数値の最大値、最小値、および現在位置の値を処理するデータモデルです。
SliderUI - class javax.swing.plaf.SliderUI.
JSlider 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
SliderUI() - class javax.swing.plaf.SliderUI のコンストラクタ
 
SMALL - class javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
SMALL_FORM_VARIANTS - class java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
同名の Unicode 文字ブロックのための定数です。
SMALL_ICON - interface javax.swing.Action の static 変数
アクションに対応する小さいアイコンを格納するために使われるキーです。
SMALLINT - class java.sql.Types の static 変数
Java プログラミング言語の定数で、型コードとも呼ばれ、汎用の SQL 型 SMALLINT を識別します。
SMPTE_24 - class javax.sound.midi.Sequence の static 変数
SMPTE ベースのタイミング形式で、1 秒当たり 24 フレームです (解像度は 1 フレーム当たりのティックで表示)。
SMPTE_25 - class javax.sound.midi.Sequence の static 変数
SMPTE ベースのタイミング形式で、1 秒当たり 25 フレームです (解像度は 1 フレーム当たりのティックで表示)。
SMPTE_30 - class javax.sound.midi.Sequence の static 変数
SMPTE ベースのタイミング形式で、1 秒当たり 30 フレームです (解像度は 1 フレーム当たりのティックで表示)。
SMPTE_30DROP - class javax.sound.midi.Sequence の static 変数
SMPTE ベースのタイミング形式で、1 秒当たり 29.97 フレームです (解像度は 1 フレーム当たりのティックで表示)。
snapToTicks - class javax.swing.JSlider の変数
true の場合、ノブ (およびノブが表すデータ値) は、ユーザがノブを置いた位置にもっとも近い目盛りに置かれます。
SND - class javax.sound.sampled.AudioFileFormat.Type の static 変数
SND ファイルを指定します。
SO_BINDADDR - interface java.net.SocketOptions の static 変数
ソケットのローカルアドレスへのバインドを取得します。
SO_BROADCAST - interface java.net.SocketOptions の static 変数
ソケットの SO_BROADCAST を設定します。
SO_KEEPALIVE - interface java.net.SocketOptions の static 変数
TCP ソケットに KeepAlive オプションが設定されていて、ソケットを介してどちらの方向にもデータが 2 時間 (注: 実際の値は実装による) の間交換されていない場合、TCP は自動的に KeepAlive プローブをピアへ送信します。
SO_LINGER - interface java.net.SocketOptions の static 変数
linger-on-close タイムアウトを指定します。
SO_OOBINLINE - interface java.net.SocketOptions の static 変数
OOBINLINE オプションが設定されていると、ソケットで受信される TCP 緊急データはすべてソケット入力ストリームを経由して受信されます。
SO_RCVBUF - interface java.net.SocketOptions の static 変数
受信ネットワーク入出力用としてプラットフォームで使われるバッファのサイズのヒントを設定します。
SO_REUSEADDR - interface java.net.SocketOptions の static 変数
ソケットの SO_REUSEADDR を設定します。
SO_SNDBUF - interface java.net.SocketOptions の static 変数
送信ネットワーク入出力用としてプラットフォームで使われるバッファのサイズのヒントを設定します。
SO_TIMEOUT - interface java.net.SocketOptions の static 変数
ソケット操作のブロックにタイムアウトを設定します。
Socket - class java.net.Socket.
このクラスは、クライアントソケット (単に「ソケット」とも呼ぶ) を実装します。
socket() - class java.nio.channels.SocketChannel のメソッド
このチャネルに関連したソケットを取得します。
socket() - class java.nio.channels.ServerSocketChannel のメソッド
このチャネルに関連したサーバソケットを取得します。
socket() - class java.nio.channels.DatagramChannel のメソッド
このチャネルに関連したデータグラムソケットを取得します。
Socket() - class java.net.Socket のコンストラクタ
システムでデフォルトになっているタイプの SocketImpl を使用して、接続されていないソケットを作成します。
Socket(InetAddress, int) - class java.net.Socket のコンストラクタ
ストリームソケットを作成し、指定された IP アドレスの指定されたポート番号に接続します。
Socket(InetAddress, int, boolean) - class java.net.Socket のコンストラクタ
推奨されていません。 UDP 転送ではなく DatagramSocket を使ってください。
Socket(InetAddress, int, InetAddress, int) - class java.net.Socket のコンストラクタ
ソケットを作成し、指定されたリモートポート上の指定されたリモートアドレスに接続します。
Socket(SocketImpl) - class java.net.Socket のコンストラクタ
ユーザが指定した SocketImpl を使用して、接続されていないソケットを作成します。
Socket(String, int) - class java.net.Socket のコンストラクタ
ストリームソケットを作成し、指定されたホスト上の指定されたポート番号に接続します。
Socket(String, int, boolean) - class java.net.Socket のコンストラクタ
推奨されていません。 UDP 転送ではなく DatagramSocket を使ってください。
Socket(String, int, InetAddress, int) - class java.net.Socket のコンストラクタ
ソケットを作成し、指定されたリモートポート上の指定されたリモートホストに接続します。
SocketAddress - class java.net.SocketAddress.
このクラスは、プロトコルが設定されていないソケトアドレスを表します。
SocketAddress() - class java.net.SocketAddress のコンストラクタ
 
SocketChannel - class java.nio.channels.SocketChannel.
ストリーム型接続ソケット用の選択可能チャネルです。
SocketChannel(SelectorProvider) - class java.nio.channels.SocketChannel のコンストラクタ
このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
SocketException - exception java.net.SocketException.
使用しているプロトコルでエラー (TCP エラーなど) が発生したことを表すためにスローされます。
SocketException() - class java.net.SocketException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで SocketException を新しく構築します。
SocketException(String) - class java.net.SocketException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ SocketException を新しく構築します。
SocketFactory - class javax.net.SocketFactory.
このクラスは、ソケットを作成します。
SocketFactory() - class javax.net.SocketFactory のコンストラクタ
SocketFactory を作成します。
SocketHandler - class java.util.logging.SocketHandler.
簡潔なネットワークログ Handler です。
SocketHandler() - class java.util.logging.SocketHandler のコンストラクタ
LogManager プロパティまたはそのデフォルトだけを使用して、SocketHandler を作成します。
SocketHandler(String, int) - class java.util.logging.SocketHandler のコンストラクタ
指定されたホストとポートを使用して SocketHandler を構築します。
SocketImpl - class java.net.SocketImpl.
抽象クラス SocketImpl は、ソケットを実際に実装するすべてのクラスに共通のスーパークラスです。
SocketImpl() - class java.net.SocketImpl のコンストラクタ
 
SocketImplFactory - interface java.net.SocketImplFactory.
ソケット実装のためのファクトリを定義するインタフェースです。
SocketOptions - interface java.net.SocketOptions.
ソケットのオプションを取得または設定するメソッドのインタフェースです。
SocketPermission - class java.net.SocketPermission.
このクラスは、ソケットによるネットワークへのアクセスを表します。
SocketPermission(String, String) - class java.net.SocketPermission のコンストラクタ
指定されたアクションを持つ、新しい SocketPermission オブジェクトを作成します。
SocketSecurityException - exception java.rmi.server.SocketSecurityException.
UnicastRemoteObject クラスまたは java.rmi.activation.Activatable クラスのコンストラクタまたは exportObject メソッドの明示的な呼び出しによってリモートオブジェクトをエクスポートしているコードが、リモートオブジェクトのエクスポート時に指定したポート番号で java.net.ServerSocket を作成する権限を持たない場合にスローされます。
SocketSecurityException(String) - class java.rmi.server.SocketSecurityException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ SocketSecurityException を構築します。
SocketSecurityException(String, Exception) - class java.rmi.server.SocketSecurityException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つ SocketSecurityException を構築します。
SocketTimeoutException - exception java.net.SocketTimeoutException.
ソケットの読み込みまたは受け入れでタイムアウトが発生したことを示すシグナルです。
SocketTimeoutException() - class java.net.SocketTimeoutException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで SocketTimeoutException を新しく構築します。
SocketTimeoutException(String) - class java.net.SocketTimeoutException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定して SocketTimeoutException を新しく構築します。
SoftBevelBorder - class javax.swing.border.SoftBevelBorder.
角の丸い、浮き出し斜影ボーダ、またはくぼみ斜影ボーダを実装するクラスです。
SoftBevelBorder(int) - class javax.swing.border.SoftBevelBorder のコンストラクタ
指定されたタイプの斜影ボーダを作成します。
SoftBevelBorder(int, Color, Color) - class javax.swing.border.SoftBevelBorder のコンストラクタ
斜影ボーダを、指定されたタイプ、ハイライトおよび陰影のカラーで作成します。
SoftBevelBorder(int, Color, Color, Color, Color) - class javax.swing.border.SoftBevelBorder のコンストラクタ
斜影ボーダを、指定されたタイプ、ハイライトおよび陰影のカラーで作成します。
SoftReference - class java.lang.ref.SoftReference.
メモリ要求に応じてガベージコレクタの判断でクリアされるソフト参照オブジェクトです。
SoftReference(Object) - class java.lang.ref.SoftReference のコンストラクタ
指定されたオブジェクトを参照する新しいソフト参照を作成します。
SoftReference(Object, ReferenceQueue) - class java.lang.ref.SoftReference のコンストラクタ
指定されたオブジェクトを参照し、指定されたキューに登録されている新しいソフト参照を作成します。
solveCubic(double[]) - class java.awt.geom.CubicCurve2D の static メソッド
係数が eqn 配列にある 3 次方程式の解を得て、非複素数解を同じ配列に戻し、結果として解の個数を返します。
solveCubic(double[], double[]) - class java.awt.geom.CubicCurve2D の static メソッド
係数が eqn 配列にある 3 次方程式の解を得て、非複素数解を res 配列に戻し、結果として解の個数を返します。
solveQuadratic(double[]) - class java.awt.geom.QuadCurve2D の static メソッド
係数が eqn 配列にある 2 次方程式の解を得て、非複素数解を同じ配列に戻し、結果として解の個数を返します。
solveQuadratic(double[], double[]) - class java.awt.geom.QuadCurve2D の static メソッド
係数が eqn 配列にある 2 次方程式の解を得て、非複素数解を res 配列に置き、結果として解の個数を返します。
SOMEBITS - interface java.awt.image.ImageObserver の static 変数
imageUpdate メソッドの infoflags 引数の 1 要素であるこのフラグは、イメージをスケーリングしたバリエーションを描画するために必要なピクセルが現在利用可能であることを示します。
SONG_POSITION_POINTER - class javax.sound.midi.ShortMessage の static 変数
ソングポジションポインタメッセージのステータスバイト (0xF2 または 242)
SONG_SELECT - class javax.sound.midi.ShortMessage の static 変数
MIDI ソングセレクトメッセージのステータスバイト (0xF3 または 243)
sort(byte[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された byte 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(byte[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された byte 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(char[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された char 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(char[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された char 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(double[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された double 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(double[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された double 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(float[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された float 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(float[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された float 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(int[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された int 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(int[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された int 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(List) - class java.util.Collections の static メソッド
要素の「自然順序付け」に従って、指定されたリストを昇順にソートします。
sort(List, Comparator) - class java.util.Collections の static メソッド
指定されたコンパレータが示す順序に従って、指定されたリストをソートします。
sort(long[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された long 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(long[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された long 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(Object[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
要素の「自然順序付け」に従って、指定されたオブジェクトの配列を昇順でソートします。
sort(Object[], Comparator) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定されたコンパレータが示す順序に従って、指定されたオブジェクトの配列をソートします。
sort(Object[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
要素の「自然順序付け」に従って、指定されたオブジェクトの配列の指定された範囲を昇順でソートします。
sort(Object[], int, int, Comparator) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定されたコンパレータの順番に従って、指定されたオブジェクトの配列の指定範囲を昇順でソートします。
sort(short[]) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された short 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(short[], int, int) - class java.util.Arrays の static メソッド
指定された short 値の配列を数値の昇順でソートします。
sort(Vector) - class javax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModel のメソッド
 
SortedMap - interface java.util.SortedMap.
マップ自身が昇順のキー順になることを保証します。
SortedSet - interface java.util.SortedSet.
反復子の動作を保証するセットです。
SortingFocusTraversalPolicy - class javax.swing.SortingFocusTraversalPolicy.
特定の Comparator に基づいてフォーカストラバーサルサイクルの Component をソートすることによってトラバーサルの順序を判定する FocusTraversalPolicy です。
SortingFocusTraversalPolicy() - class javax.swing.SortingFocusTraversalPolicy のコンストラクタ
Comparator を使わずに SortingFocusTraversalPolicy を構築します。
SortingFocusTraversalPolicy(Comparator) - class javax.swing.SortingFocusTraversalPolicy のコンストラクタ
指定された Comparator で SortingFocusTraversalPolicy を構築します。
Soundbank - interface javax.sound.midi.Soundbank.
Soundbank には、Synthesizer にロードできる一連の Instruments が含まれています。
SoundbankReader - class javax.sound.midi.spi.SoundbankReader.
SoundbankReader は、サウンドバンクファイル読み込みサービスを提供します。
SoundbankReader() - class javax.sound.midi.spi.SoundbankReader のコンストラクタ
 
SoundbankResource - class javax.sound.midi.SoundbankResource.
SoundbankResource とは、Soundbank に格納されているオーディオリソースのことです。
SoundbankResource(Soundbank, String, Class) - class javax.sound.midi.SoundbankResource のコンストラクタ
指定したサウンドバンクおよび Wavetable のインデックスから新しい SoundbankResource を構築します (SoundbankResource's の名前、サンプリングされたオーディオデータ、およびインストゥルメントはサブクラスで設定)。
source - class java.util.EventObject の変数
Event が最初に発生したオブジェクトです。
source - class javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.MouseInputHandler の変数
イベントをもたらすソースです。
Source - interface javax.xml.transform.Source.
このインタフェースを実装するオブジェクトには、ソース入力 (XML ソースまたは変換命令) として動作するのに必要な情報が含まれています。
source() - class java.nio.channels.Pipe のメソッド
このパイプのソースチャネルを返します。
sourceActions - class java.awt.dnd.DragGestureRecognizer の変数
ドラッグ&ドロップ操作で使用するアクションの形式を表す int です。
sourceBands - class javax.imageio.IIOParam の変数
使用するソースバンドを示す int 配列、または null です。
SourceDataLine - interface javax.sound.sampled.SourceDataLine.
ソースデータラインはデータを書き込めるデータラインです。
SourceLocator - interface javax.xml.transform.SourceLocator.
このインタフェースは、XML ソースまたは変換命令内で発生したエラーの場所をレポートすることを主な目的としています。
sourceRegion - class javax.imageio.IIOParam の変数
ソース領域、または何も設定されない場合は null となリます。
sourceRenderSize - class javax.imageio.ImageReadParam の変数
canSetSourceRenderSizetrue の場合、目的のソース描画の幅と高さです。
sources - class java.awt.image.renderable.ParameterBlock の変数
任意の Object として格納される、ソースの Vector です。
sourceToInputSource(Source) - class javax.xml.transform.sax.SAXSource の static メソッド
TrAX Source オブジェクトから SAX InputSource オブジェクトを取得しようとします。
sourceXSubsampling - class javax.imageio.IIOParam の変数
水平方向に適用される間引きサブサンプリングです。
sourceYSubsampling - class javax.imageio.IIOParam の変数
垂直方向に適用される間引きサブサンプリングです。
SOUTH - class java.awt.BorderLayout の static 変数
south のレイアウト制約 (コンテナの下端) です。
SOUTH - class java.awt.GridBagConstraints の static 変数
コンポーネントをその表示領域の下端の左右中央に配置します。
SOUTH - interface javax.swing.SwingConstants の static 変数
南 (下) の方角です。
SOUTH - class javax.swing.SpringLayout の static 変数
コンポーネントの境界の矩形の下端を指定します。
SOUTH_EAST - interface javax.swing.SwingConstants の static 変数
南東 (右下) の方角です。
SOUTH_WEST - interface javax.swing.SwingConstants の static 変数
南西 (左下) の方角です。
SOUTHEAST - class java.awt.GridBagConstraints の static 変数
コンポーネントをその表示領・6の右下隅に配置します。
southPane - class javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI の変数
 
SOUTHWEST - class java.awt.GridBagConstraints の static 変数
コンポーネントをその表示領域の左下隅に配置します。
SPACE_SEPARATOR - class java.lang.Character の static 変数
Unicode 仕様の汎用カテゴリ「Zs」
SpaceAbove - class javax.swing.text.StyleConstants.ParagraphConstants の static 変数
段落の上のスペースの量です。
SpaceAbove - class javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
段落の上のスペースの量です。
SpaceBelow - class javax.swing.text.StyleConstants.ParagraphConstants の static 変数
段落の下のスペースの量です。
SpaceBelow - class javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
段落の下のスペースの量です。
SPACING_MODIFIER_LETTERS - class java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
同名の Unicode 文字ブロックのための定数です。
SPAN - class javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
SPEAKER - class javax.sound.sampled.Port.Info の static 変数
組み込み型のスピーカーまたはスピーカージャックへオーディオを送信するポートのタイプ
SPECIAL_SYSTEM_EXCLUSIVE - class javax.sound.midi.SysexMessage の static 変数
MIDI ファイルで使われる、特別なシステムエクスクルーシブメッセージのステータスバイトです (0xF7 または 247)。
SPECIALS - class java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
同名の Unicode 文字ブロックのための定数です。
SPECIFICATION_TITLE - class java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Specification-Title マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
SPECIFICATION_VENDOR - class java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Specification-Vendor マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
SPECIFICATION_VERSION - class java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Specification-Version マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
SPIN_BOX - class javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
SPIN_BOX は、主に単純な数に使用される単純なスピナーコンポーネントです。
spinner - class javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI の変数
UI 委譲のためのスピナです。
SpinnerDateModel - class javax.swing.SpinnerDateModel.
Date のシーケンスの SpinnerModel です。
SpinnerDateModel() - class javax.swing.SpinnerDateModel のコンストラクタ
初期の value が現在の値で、calendarFieldCalendar.DAY_OF_MONTH に等しく、startend に限度がない SpinnerDateModel を構築します。
SpinnerDateModel(Date, Comparable, Comparable, int) - class javax.swing.SpinnerDateModel のコンストラクタ
start から end までの日付のシーケンスを表す SpinnerDateModel を作成します。
SpinnerListModel - class javax.swing.SpinnerListModel.
配列または List によって値を定義する SpinnerModel の単純な実装です。
SpinnerListModel() - class javax.swing.SpinnerListModel のコンストラクタ
事実上空の SpinnerListModel を構築します。
SpinnerListModel(List) - class javax.swing.SpinnerListModel のコンストラクタ
指定された List で値のシーケンスを定義する SpinnerModel を構築します。
SpinnerListModel(Object[]) - class javax.swing.SpinnerListModel のコンストラクタ
指定された配列で値のシーケンスを定義する SpinnerModel を構築します。
SpinnerModel - interface javax.swing.SpinnerModel.
要素を無限に作成できるオブジェクト値シーケンスを表すモデルです。
SpinnerNumberModel - class javax.swing.SpinnerNumberModel.
数値のシーケンスを表す SpinnerModel です。
SpinnerNumberModel() - class javax.swing.SpinnerNumberModel のコンストラクタ
minimum および maximum の値を指定せず、stepSize を 1、初期値を 0 にして SpinnerNumberModel を構築します。
SpinnerNumberModel(double, double, double, double) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のコンストラクタ
指定された value、境界 (minimum/maximum)、および stepSizeSpinnerNumberModel を構築します。
SpinnerNumberModel(int, int, int, int) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のコンストラクタ
指定された value、境界 (minimum/maximum)、および stepSizeSpinnerNumberModel を構築します。
SpinnerNumberModel(Number, Comparable, Comparable, Number) - class javax.swing.SpinnerNumberModel のコンストラクタ
minimum から maximum までの数値から成る閉じたシーケンスを表す SpinnerModel を構築します。
SpinnerUI - class javax.swing.plaf.SpinnerUI.
JSpinner 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
SpinnerUI() - class javax.swing.plaf.SpinnerUI のコンストラクタ
 
SPLIT_PANE - class javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
同時に 2 つのパネルを表示する特殊なパネルです。
split(CharSequence) - class java.util.regex.Pattern のメソッド
このパターンのマッチに基づいて、指定された入力シーケンスを分割します。
split(CharSequence, int) - class java.util.regex.Pattern のメソッド
このパターンのマッチに基づいて、指定された入力シーケンスを分割します。
split(String) - class java.lang.String のメソッド
この文字列を、指定された正規表現に一致する位置で分割します。
split(String, int) - class java.lang.String のメソッド
この文字列を、指定された正規表現に一致する位置で分割します。
splitPane - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider の変数
レシーバが格納されている JSplitPane です。
splitPane - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI の変数
このインスタンスが Look & Feel を提供している JSplitPane のインスタンスです。
splitPaneUI - class javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider の変数
このインスタンスの生成側の UI です。
SplitPaneUI - class javax.swing.plaf.SplitPaneUI.
JSplitPane 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
SplitPaneUI() - class javax.swing.plaf.SplitPaneUI のコンストラクタ
 
splitText(int) - interface org.w3c.dom.Text のメソッド
このノードを指定された offset 位置で 2 つのノードに分割し、兄弟ノードとしてツリー内に保存します。
SPOOL_AREA_FULL - class javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
スプール処理用に割り当てられた固定記憶領域がすべて使用されています。
spPropertyChangeListener - class javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI の変数
 
Spring - class javax.swing.Spring.
Spring クラスのインスタンスには、動作の特性を与える minimum 値、preferred 値、および maximum 値の 3 つのプロパティが保持されます。
Spring() - class javax.swing.Spring のコンストラクタ
Spring を作成するためにファクトリメソッドが使用します。
SpringLayout - class javax.swing.SpringLayout.
SpringLayout は、一連の制約に基づいて、関連するコンテナの子を配置します。
SpringLayout.Constraints - class javax.swing.SpringLayout.Constraints.
Constraints オブジェクトは、SpringLayout が制御するコンテナ内のコンポーネントのサイズ変更方法および位置変更方法を決定する制約を保持します。
SpringLayout.Constraints() - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のコンストラクタ
空の Constraints オブジェクトを生成します。
SpringLayout.Constraints(Spring, Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のコンストラクタ
x プロパティと y プロパティに指定された値で Constraints オブジェクトを生成します。
SpringLayout.Constraints(Spring, Spring, Spring, Spring) - class javax.swing.SpringLayout.Constraints のコンストラクタ
xywidth、および height の各プロパティに指定された値を使用して、Constraints オブジェクトを生成します。
SpringLayout() - class javax.swing.SpringLayout のコンストラクタ
新しい SpringLayout を構築します。
SQLData - interface java.sql.SQLData.
SQL ユーザ定義型 (UDT) を Java プログラミング言語のクラスにカスタムマッピングするのに使用されるインタフェースです。
SQLException - exception java.sql.SQLException.
データベースアクセスエラーまたはその他のエラーに関する情報を提供する例外です。
SQLException() - class java.sql.SQLException のコンストラクタ
SQLException オブジェクトを構築します。
SQLException(String) - class java.sql.SQLException のコンストラクタ
指定された reason で SQLException オブジェクトを構築します。
SQLException(String, String) - class java.sql.SQLException のコンストラクタ
指定された reason と SQLState で SQLException オブジェクトを構築します。
SQLException(String, String, int) - class java.sql.SQLException のコンストラクタ
完全指定の SQLException オブジェクトを構築します。
SQLInput - interface java.sql.SQLInput.
SQL 構造化型または SQL の個別の型のインスタンスを表す値のストリームを格納する入力ストリームです。
SQLOutput - interface java.sql.SQLOutput.
ユーザ定義型の属性をデータベースに書き戻すための出力ストリームです。
SQLPermission - class java.sql.SQLPermission.
アプレットで実行されているコードが DriverManager.setLogWriter メソッドまたは DriverManager.setLogStream メソッド (推奨されない) を呼び出すときに、SecurityManager の確認対象となるアクセス権です。
SQLPermission(String) - class java.sql.SQLPermission のコンストラクタ
指定された名前を持つ SQLPermission オブジェクトを生成します。
SQLPermission(String, String) - class java.sql.SQLPermission のコンストラクタ
指定された名前をもつ新しい SQLPermission オブジェクトを生成します。
sqlStateSQL99 - interface java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
値が SQL99 SQLSTATE 値であることを示します。
sqlStateXOpen - inter