クラス
java.io.IOExceptionの使用

IOExceptionを使用するパッケージ
パッケージ 説明
com.sun.jarsigner
このパッケージは、jarsignerツールで使用される署名メカニズムを定義するために使用されるインタフェースとクラスで構成されています。
com.sun.jdi
これは、Java Debug Interface (JDI)のコア・パッケージで、ブートストラップ機能以外に、値、型、およびターゲット仮想マシン自体のミラーを定義します。
com.sun.jdi.connect
このパッケージは、JDIを使用する仮想マシンとターゲット仮想マシン間の接続を定義します。
com.sun.jdi.connect.spi
このパッケージは、新しいTransportService実装を開発するために使用されるインタフェースおよびクラスで構成されます。
com.sun.management
このパッケージには、java.lang.management APIの標準実装に対するJDK拡張機能が含まれており、プラットフォームの他のコンポーネントの管理インタフェースも定義されています。
com.sun.net.httpserver
組込みのHTTPサーバーの構築に使用できる、単純で高度なHTTPサーバーAPIを提供します。
com.sun.net.httpserver.spi
プラグイン可能なサービス・プロバイダ・インタフェースを提供します。これにより、HTTPサーバー実装をその他の実装と置き換えることができます。
com.sun.nio.sctp
Stream Control Transport Protocol用のJava APIです。
com.sun.security.auth.callback
CallbackHandlerの実装を提供します。
com.sun.source.util
抽象構文ツリー(Abstract Syntax Tree、AST)の操作のためのユーティリティを提供します。
com.sun.tools.attach
Java仮想マシンにアタッチするAPIを提供します。
com.sun.tools.attach.spi
このパッケージを直接使用する必要があるのは、新しい接続プロバイダを定義する開発者だけです。
java.applet
アプレットの作成、およびアプレットとアプレット・コンテキストとの通信に使用するクラスの作成に必要なクラスを提供します。
java.awt
ユーザー・インタフェースの作成およびグラフィックスとイメージのペイント用のすべてのクラスを含みます。
java.awt.color
カラー・スペースのクラスを提供します。
java.awt.datatransfer
アプリケーション間またはアプリケーション内のデータ転送のためのインタフェースとクラスを提供します。
java.awt.dnd
ドラッグ&ドロップ操作は、多くのグラフィカル・ユーザー・インタフェース・システムで見られる直接的な操作ジェスチャで、GUIの表現要素に論理的に関連付けられた2つのエンティティ間で情報を変換するメカニズムを提供します。
java.awt.print
このパッケージは、汎用印刷APIで使用するクラスおよびインタフェースを提供します。
java.beans
beansの開発に関連するクラスが含まれます -- JavaBeansアーキテクチャに基づくコンポーネント。
java.beans.beancontext
Beanコンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。
java.io
このパッケージは、データ・ストリーム、直列化、ファイル・システムによるシステム入出力用に提供されています。
java.lang
Javaプログラミング言語の設計にあたり基本的なクラスを提供します。
java.lang.management
Java実行時にJava仮想マシンおよびほかのコンポーネントを監視および管理するための管理インタフェースを提供します。
java.lang.module
モジュール記述子をサポートし、解決とサービス・バインディングによってモジュールの構成を作成するクラス。
java.net
ネットワーク・アプリケーションを実装するためのクラスを提供します。
java.net.http
HTTPクライアントおよびWebSocket API
java.nio
データのコンテナであるバッファについて定義し、その他のNIOパッケージの概要情報を提供します。
java.nio.channels
入出力操作を実行できるエンティティ(ファイル、ソケットなど)への接続を表すチャネルや、多重化された非ブロック入出力操作用のセレクタを定義します。
java.nio.channels.spi
java.nio.channelsパッケージのサービス・プロバイダ・クラス。
java.nio.charset
byteとUnicode文字の相互変換を行うため、文字セット、デコーダ、およびエンコーダを定義します。
java.nio.file
ファイル、ファイル属性、およびファイル・システムにアクセスするためのJava仮想マシン用のインタフェースとクラスを定義します。
java.nio.file.attribute
ファイルおよびファイル・システム属性へのアクセスを提供するインタフェースとクラスです。
java.nio.file.spi
java.nio.fileパッケージのサービス・プロバイダ・クラス。
java.rmi
RMIパッケージを提供します。
java.rmi.activation
RMIオブジェクト起動のサポートを提供します。
java.rmi.server
サーバー側のRMIをサポートするクラスとインタフェースを提供します。
java.security
セキュリティ・フレームワークのクラスとインタフェースを提供します。
java.security.cert
証明書、証明書の取消しリスト(CRL)、証明書パスを解析および管理するためのクラスとインタフェースを提供します。
java.util
コレクション・フレームワーク、国際化サポート・クラス、サービス・ローダー、プロパティ、乱数生成、文字列解析とスキャン・クラス、Base64エンコーディングとデコード、ビット配列、およびその他のユーティリティ・クラスが含まれています。
java.util.jar
JAR (Java ARchive)ファイル形式の読み込みと書込みに使うクラスを提供します。JARは、必要に応じてマニフェスト・ファイルを付随させることのできる、標準的なZIPに基づくファイル形式です。
java.util.logging
Java 2プラットフォームのコア・ロギング機能のクラスおよびインタフェースを提供します。
java.util.prefs
このパッケージを使用して、アプリケーションからユーザーおよびシステムの設定データと構成データを格納および取得できます。
java.util.zip
標準のZIPおよびGZIPファイル形式の読み込みおよび書込み用クラスを提供します。
javax.annotation.processing
注釈プロセッサを宣言し、注釈プロセッサが注釈処理ツール環境と通信できるようにするための機能。
javax.crypto
暗号化操作のクラスとインタフェースを提供します。
javax.imageio
Java Image I/O APIの基本パッケージです。
javax.imageio.metadata
メタデータの読み込みおよび書込みを処理するJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.imageio.spi
リーダー、ライター、コード変換器、およびストリームのプラグイン・インタフェースとランタイム・レジストリを含むJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.imageio.stream
ファイルとストリームからの下位レベル入出力を処理する、Javaイメージ入出力APIのパッケージです。
javax.management
Java Management Extensionsのコア・クラスを提供します。
javax.management.loading
高度な動的ロード機能を実装するクラスを提供します。
javax.management.remote
JMX MBeanサーバーにリモート・アクセスするためのインタフェースです。
javax.management.remote.rmi
RMIコネクタは、RMIを使ってクライアント要求をリモートMBeanサーバーへ転送する、JMXリモートAPI用のコネクタです。
javax.naming.ldap
LDAPv3の拡張操作とコントロールのサポートを提供します。
javax.net
ネットワーク・アプリケーションのためのクラスを提供します。
javax.net.ssl
セキュア・ソケット・パッケージのクラスを提供します。
javax.print
Java印刷サービスAPIの主要なクラスとインタフェースを提供する。
javax.rmi.ssl
Secure Sockets Layer (SSL)またはTransport Layer Security (TLS)プロトコルを介したRMIClientSocketFactoryおよびRMIServerSocketFactoryの実装を提供します。
javax.security.auth.callback
このパッケージは、情報(ユーザー名やパスワードなどの認証データ)の取得や情報(エラーおよび警告メッセージなど)の表示のためにサービスがアプリケーションとやり取りするために必要なクラスを提供します。
javax.security.sasl
SASLをサポートするためのクラスとインタフェースを含みます。
javax.sound.midi
MIDI (楽器のデジタル・インタフェース)データの入出力、シーケンシング、および合成のインタフェースおよびクラスを提供します。
javax.sound.midi.spi
新しいMIDIデバイス、MIDIファイル・リーダーおよびライター、またはサウンドバンク・リーダーを提供するときに、サービス・プロバイダが実装するインタフェースを提供します。
javax.sound.sampled
サンプル化されたオーディオ・データの取り込み、処理、および再生のインタフェースおよびクラスを提供します。
javax.sound.sampled.spi
新しいオーディオ・デバイス、ソース・ファイルのリーダーやライター、またはオーディオ形式コンバータを提供するときに、サービス・プロバイダがサブクラス化する抽象クラスを提供します。
javax.sql.rowset
JDBC RowSet実装用の標準インタフェースと基底クラスです。
javax.swing
すべてのプラットフォーム上で可能なかぎり同じように機能する「軽量」(Java共通言語)コンポーネントのセットを提供します。
javax.swing.filechooser
JFileChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
javax.swing.plaf.synth
Synthは、すべてのペイントが委譲されるスキン設定可能なLook & Feelです。
javax.swing.text
編集可能なテキスト・コンポーネントと編集不能なテキスト・コンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。
javax.swing.text.html
HTMLテキスト・エディタを作成するためのクラスHTMLEditorKitとサポート・クラスを提供します。
javax.swing.text.html.parser
デフォルトのHTMLパーサーを、サポート・クラスとともに提供します。
javax.swing.text.rtf
Rich-Text-Formatテキスト・エディタを作成するためのクラス(RTFEditorKit)を提供します。
javax.tools
コンパイラなどのプログラムから呼び出せるツールのインタフェースを提供します。
javax.xml.parsers
SAX (XML用シンプルAPI)パーサーまたはDOM (ドキュメント・オブジェクト・モデル)ドキュメント・ビルダーを使用してXMLドキュメントを処理するためのクラスを提供します。
javax.xml.validation
XML文書の検証のためのAPIを提供します。
jdk.incubator.foreign
下位レベルの安全かつ効率的なメモリー・アクセスをサポートするクラスです。
jdk.jfr
このパッケージは、イベントを作成してFlight Recorderを制御するクラスを提供します。
jdk.jfr.consumer
このパッケージには、Flight Recorderデータを使用するためのクラスが含まれています。
jdk.jshell.execution
JShell実行エンジンを構築するための実装サポートを提供します。
jdk.management.jfr
このパッケージには、Java Management Extensions (JMX)のFlight Recorderを制御およびモニターするクラスが含まれています。
jdk.net
java.netおよびjava.nio.channelsソケット・クラスに対するプラットフォーム固有のソケット・オプション。
jdk.nio
JDK固有のchannel APIを定義します。
org.xml.sax
XML (SAX)のシンプルAPIのインタフェースを提供します。
org.xml.sax.ext
適合するSAXドライバが必ずしもサポートしないSAX2機能へのインタフェースを提供します。
org.xml.sax.helpers
SAXベースのアプリケーションのブートストラップをサポートするなど、ヘルパー・クラスを提供します。
  • com.sun.jarsignerでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.jarsignerのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract byte[] ContentSigner.generateSignedData​(ContentSignerParameters parameters, boolean omitContent, boolean applyTimestamp)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    PKCS#7署名付きデータ・メッセージを生成します。
  • com.sun.jdiでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.jdiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    VirtualMachine VirtualMachineManager.createVirtualMachine​(Connection connection)
    新しい仮想マシンを作成します。
    VirtualMachine VirtualMachineManager.createVirtualMachine​(Connection connection, Process process)
    ターゲットVMの仮想マシン・ミラーを作成します。
  • com.sun.jdi.connectでのIOExceptionの使用

    com.sun.jdi.connectIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  TransportTimeoutException
    この例外は、ターゲットVMへの接続時またはターゲットVMからの接続の受け入れを待っているときのタイム・アウトの結果、スローされる場合があります。
    IOExceptionを投げるcom.sun.jdi.connectのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    VirtualMachine ListeningConnector.accept​(Map<String,​? extends Connector.Argument> arguments)
    ターゲットVMがこのコネクタに接続されるのを待機します。
    VirtualMachine AttachingConnector.attach​(Map<String,​? extends Connector.Argument> arguments)
    実行中のアプリケーションにアタッチし、そのVMのミラーを返します。
    VirtualMachine LaunchingConnector.launch​(Map<String,​? extends Connector.Argument> arguments)
    アプリケーションを起動し、そのVMに接続します。
    String ListeningConnector.startListening​(Map<String,​? extends Connector.Argument> arguments)
    ターゲットVMによって開始された1つ以上の接続を待機します。
    void ListeningConnector.stopListening​(Map<String,​? extends Connector.Argument> arguments)
    接続の待機を取り消します。
  • com.sun.jdi.connect.spiでのIOExceptionの使用

    com.sun.jdi.connect.spiIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  ClosedConnectionException
    この例外は、入出力操作の進行中に、Connectionの非同期クローズの結果としてスローされる可能性があります。
    IOExceptionを投げるcom.sun.jdi.connect.spiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract Connection TransportService.accept​(TransportService.ListenKey listenKey, long acceptTimeout, long handshakeTimeout)
    ターゲットVMからの接続を受け入れます。
    abstract Connection TransportService.attach​(String address, long attachTimeout, long handshakeTimeout)
    指定されたアドレスに接続します。
    abstract void Connection.close()
    この接続を終了します。
    abstract byte[] Connection.readPacket()
    ターゲットVMからパケットを読み取ります。
    abstract TransportService.ListenKey TransportService.startListening()
    トランスポート・サービスにより選択されたアドレス上で待機します。
    abstract TransportService.ListenKey TransportService.startListening​(String address)
    指定されたアドレス上で着信接続を待機します。
    abstract void TransportService.stopListening​(TransportService.ListenKey listenKey)
    着信接続の待機を停止します。
    abstract void Connection.writePacket​(byte[] pkt)
    ターゲットVMにパケットを書き込みます。
  • com.sun.managementでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.managementのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void HotSpotDiagnosticMXBean.dumpHeap​(String outputFile, boolean live)
    hprofヒープ・ダンプと同じ形式で、ヒープをoutputFileファイルにダンプします。
  • com.sun.net.httpserverでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.net.httpserverのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract void HttpServer.bind​(InetSocketAddress addr, int backlog)
    現在バインドされていないHttpServerを、指定されたアドレスおよびポート番号にバインドします。
    static HttpServer HttpServer.create()
    最初にローカル・アドレス/ポートにバインドされていないHttpServerインスタンスを作成します。
    static HttpServer HttpServer.create​(InetSocketAddress addr, int backlog)
    指定されたInetSocketAddress (IPアドレスとポート番号)にバインドするHttpServerインスタンスを作成します。最大バックログも指定できます。
    static HttpsServer HttpsServer.create()
    最初にローカル・アドレス/ポートにバインドされていないHttpsServerインスタンスを作成します。
    static HttpsServer HttpsServer.create​(InetSocketAddress addr, int backlog)
    指定されたInetSocketAddress (IPアドレスとポート番号)にバインドするHttpsServerインスタンスを作成します。最大バックログも指定できます。
    void Filter.Chain.doFilter​(HttpExchange exchange)
    チェーン内の次のフィルタを呼び出します。これがチェーン内の最後のフィルタである場合は、ユーザーの交換ハンドラを呼び出します。
    abstract void Filter.doFilter​(HttpExchange exchange, Filter.Chain chain)
    このフィルタに対し、指定された交換の事前処理または事後処理を要求します。
    void HttpHandler.handle​(HttpExchange exchange)
    指定された要求を処理し、適切な応答を生成します。
    abstract void HttpExchange.sendResponseHeaders​(int rCode, long responseLength)
    応答ヘッダーと数値の応答コードの現在のセットをこのメソッドの指定どおりに使用して、クライアントへの応答の送返しを開始します。
  • com.sun.net.httpserver.spiでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.net.httpserver.spiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract HttpServer HttpServerProvider.createHttpServer​(InetSocketAddress addr, int backlog)
    このプロバイダからHttpServerを作成します。
    abstract HttpsServer HttpServerProvider.createHttpsServer​(InetSocketAddress addr, int backlog)
    このプロバイダからHttpsServerを作成します。
  • com.sun.nio.sctpでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.nio.sctpのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract SctpChannel SctpServerChannel.accept()
    このチャネルのソケット上のアソシエーションを受け入れます。
    abstract Association SctpChannel.association()
    このチャネルのソケット上のアソシエーションを返します。
    abstract Set<Association> SctpMultiChannel.associations()
    このチャネルのソケット上で開いているアソシエーションを返します。
    abstract SctpChannel SctpChannel.bind​(SocketAddress local)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドします。
    SctpMultiChannel SctpMultiChannel.bind​(SocketAddress local)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、接続を待機するようソケットを構成します。
    abstract SctpMultiChannel SctpMultiChannel.bind​(SocketAddress local, int backlog)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、接続を待機するようソケットを構成します。
    SctpServerChannel SctpServerChannel.bind​(SocketAddress local)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、アソシエーションを待機するようソケットを構成します。
    abstract SctpServerChannel SctpServerChannel.bind​(SocketAddress local, int backlog)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、アソシエーションを待機するようソケットを構成します。
    abstract SctpChannel SctpChannel.bindAddress​(InetAddress address)
    指定されたアドレスをチャネルのソケットにバインドされているアドレスに追加します。
    abstract SctpMultiChannel SctpMultiChannel.bindAddress​(InetAddress address)
    指定されたアドレスをチャネルのソケットにバインドされているアドレスに追加します。
    abstract SctpServerChannel SctpServerChannel.bindAddress​(InetAddress address)
    指定されたアドレスをチャネルのソケットにバインドされているアドレスに追加します。
    abstract SctpChannel SctpMultiChannel.branch​(Association association)
    アソシエーションを分岐します。
    abstract boolean SctpChannel.connect​(SocketAddress remote)
    このチャネルのソケットを接続します。
    abstract boolean SctpChannel.connect​(SocketAddress remote, int maxOutStreams, int maxInStreams)
    このチャネルのソケットを接続します。
    abstract boolean SctpChannel.finishConnect()
    SCTPチャネルの接続処理を完了します。
    abstract Set<SocketAddress> SctpChannel.getAllLocalAddresses()
    このチャネルのソケットがバインドされているすべてのソケット・アドレスを返します。
    abstract Set<SocketAddress> SctpMultiChannel.getAllLocalAddresses()
    このチャネルのソケットがバインドされているすべてのソケット・アドレスを返します。
    abstract Set<SocketAddress> SctpServerChannel.getAllLocalAddresses()
    このチャネルのソケットがバインドされているすべてのソケット・アドレスを返します。
    abstract <T> T SctpChannel.getOption​(SctpSocketOption<T> name)
    ソケット・オプションの値を返します。
    abstract <T> T SctpMultiChannel.getOption​(SctpSocketOption<T> name, Association association)
    ソケット・オプションの値を返します。
    abstract <T> T SctpServerChannel.getOption​(SctpSocketOption<T> name)
    ソケット・オプションの値を返します。
    abstract Set<SocketAddress> SctpChannel.getRemoteAddresses()
    このチャネルのソケットが接続されているすべてのリモート・アドレスを返します。
    abstract Set<SocketAddress> SctpMultiChannel.getRemoteAddresses​(Association association)
    このチャネルのソケット上の指定されたアソシエーションが接続されているすべてのリモート・アドレスを返します。
    static SctpChannel SctpChannel.open()
    SCTPチャネルを開きます。
    static SctpChannel SctpChannel.open​(SocketAddress remote, int maxOutStreams, int maxInStreams)
    SCTPチャネルを開き、リモート・アドレスに接続します。
    static SctpMultiChannel SctpMultiChannel.open()
    SCTPマルチチャネルを開きます。
    static SctpServerChannel SctpServerChannel.open()
    SCTPサーバー・チャネルを開きます。
    abstract <T> MessageInfo SctpChannel.receive​(ByteBuffer dst, T attachment, NotificationHandler<T> handler)
    指定されたバッファへのメッセージを受信するか、通知を処理します(あるいはその両方を行います)。
    abstract <T> MessageInfo SctpMultiChannel.receive​(ByteBuffer buffer, T attachment, NotificationHandler<T> handler)
    このチャネル経由でメッセージを受信するか、通知を処理します(あるいはその両方を行います)。
    abstract int SctpChannel.send​(ByteBuffer src, MessageInfo messageInfo)
    このチャネル経由でメッセージを送信します。
    abstract int SctpMultiChannel.send​(ByteBuffer buffer, MessageInfo messageInfo)
    このチャネル経由でメッセージを送信します。
    abstract <T> SctpChannel SctpChannel.setOption​(SctpSocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    abstract <T> SctpMultiChannel SctpMultiChannel.setOption​(SctpSocketOption<T> name, T value, Association association)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    abstract <T> SctpServerChannel SctpServerChannel.setOption​(SctpSocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    abstract SctpChannel SctpChannel.shutdown()
    チャネルを閉じずに接続を停止します。
    abstract SctpMultiChannel SctpMultiChannel.shutdown​(Association association)
    チャネルを閉じずにアソシエーションを停止します。
    abstract SctpChannel SctpChannel.unbindAddress​(InetAddress address)
    指定されたアドレスをチャネルのソケットにバインドされているアドレスから削除します。
    abstract SctpMultiChannel SctpMultiChannel.unbindAddress​(InetAddress address)
    指定されたアドレスをチャネルのソケットにバインドされているアドレスから削除します。
    abstract SctpServerChannel SctpServerChannel.unbindAddress​(InetAddress address)
    指定されたアドレスをチャネルのソケットにバインドされているアドレスから削除します。
  • com.sun.security.auth.callbackでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.security.auth.callbackのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void TextCallbackHandler.handle​(Callback[] callbacks)
    指定された一連のコールバックを処理します。
  • com.sun.source.utilでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.source.utilのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract Iterable<? extends Element> JavacTask.analyze()
    すべての分析を完了します。
    abstract Iterable<? extends JavaFileObject> JavacTask.generate()
    コードを生成します。
    abstract DocCommentTree DocTrees.getDocCommentTree​(Element e, String relativePath)
    指定された要素に相対してパスが指定された、指定されたファイルのドキュメント・コメント・ツリーを返します。
    abstract Iterable<? extends CompilationUnitTree> JavacTask.parse()
    指定されたファイルを解析して、抽象構文木のリストを返します。
  • com.sun.tools.attachでのIOExceptionの使用

    com.sun.tools.attachIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  AttachOperationFailedException
    ターゲットVMでアタッチ操作が失敗したことのシグナルを生成する例外タイプ。
    IOExceptionを投げるcom.sun.tools.attachのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    static VirtualMachine VirtualMachine.attach​(VirtualMachineDescriptor vmd)
    Java仮想マシンに接続します。
    static VirtualMachine VirtualMachine.attach​(String id)
    Java仮想マシンに接続します。
    abstract void VirtualMachine.detach()
    仮想マシンから切り離します。
    abstract Properties VirtualMachine.getAgentProperties()
    ターゲット仮想マシン内の現在のエージェント・プロパティを返します。
    abstract Properties VirtualMachine.getSystemProperties()
    ターゲット仮想マシン内の現在のシステム・プロパティを返します。
    void VirtualMachine.loadAgent​(String agent)
    エージェントをロードします。
    abstract void VirtualMachine.loadAgent​(String agent, String options)
    エージェントをロードします。
    void VirtualMachine.loadAgentLibrary​(String agentLibrary)
    エージェント・ライブラリをロードします。
    abstract void VirtualMachine.loadAgentLibrary​(String agentLibrary, String options)
    エージェント・ライブラリをロードします。
    void VirtualMachine.loadAgentPath​(String agentPath)
    フル・パス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。
    abstract void VirtualMachine.loadAgentPath​(String agentPath, String options)
    フル・パス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。
    abstract String VirtualMachine.startLocalManagementAgent()
    ターゲット仮想マシンでローカルJMX管理エージェントを起動します。
    abstract void VirtualMachine.startManagementAgent​(Properties agentProperties)
    ターゲット仮想マシンでJMX管理エージェントを起動します。
  • com.sun.tools.attach.spiでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるcom.sun.tools.attach.spiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    VirtualMachine AttachProvider.attachVirtualMachine​(VirtualMachineDescriptor vmd)
    Java仮想マシンに接続します。
    abstract VirtualMachine AttachProvider.attachVirtualMachine​(String id)
    Java仮想マシンに接続します。
  • java.appletでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.appletのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void AppletContext.setStream​(String key, InputStream stream)
    非推奨。
    指定されたストリームをこのアプレット・コンテキストの指定されたキーに関連付けます。
  • java.awtでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.awtのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void Desktop.browse​(URI uri)
    URIを表示するために、デフォルト・ブラウザを起動します。
    static Font Font.createFont​(int fontFormat, File fontFile)
    指定されたフォント・タイプと指定されたフォント・ファイルを使用して、新しいFontを返します。
    static Font Font.createFont​(int fontFormat, InputStream fontStream)
    指定されたフォント・タイプと入力データを使用して、新しいFontを返します。
    static Font[] Font.createFonts​(File fontFile)
    指定されたファイルからデコードされたFontの新しい配列を返します。
    static Font[] Font.createFonts​(InputStream fontStream)
    指定されたストリームからデコードされたFontの新しい配列を返します。
    void Desktop.edit​(File file)
    関連付けられているエディタ・アプリケーションを起動して、ファイルを編集用に開きます。
    void Desktop.mail()
    ユーザー・デフォルトのメール・クライアントのメール作成ウィンドウを起動します。
    void Desktop.mail​(URI mailtoURI)
    ユーザー・デフォルトのメール・クライアントのメール作成ウィンドウを起動し、 mailto: URIによって指定されたメッセージ・フィールドにデータを設定します。
    void Desktop.open​(File file)
    関連付けられているアプリケーションを起動してファイルを開きます。
    void Desktop.print​(File file)
    関連付けられているアプリケーションの印刷コマンドを使用して、ネイティブ・デスクトップの印刷機能でファイルを印刷します。
    protected static void AWTEventMulticaster.save​(ObjectOutputStream s, String k, EventListener l)
    直列化可能なリスナー・チェーンを直列化ストリームに保存します。
    protected void AWTEventMulticaster.saveInternal​(ObjectOutputStream s, String k)
    直列化サポート。
    void SplashScreen.setImageURL​(URL imageURL)
    スプラッシュ画面のイメージを変更します。
  • java.awt.colorでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.awt.colorのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    static ICC_Profile ICC_Profile.getInstance​(InputStream s)
    InputStreamのデータに対応するICC_Profileを構築します。
    static ICC_Profile ICC_Profile.getInstance​(String fileName)
    ファイル内のデータに対応するICC_Profileを構築します。
    void ICC_Profile.write​(OutputStream s)
    このICC_ProfileOutputStreamに書き込みます。
    void ICC_Profile.write​(String fileName)
    このICC_Profileをファイルに書き込みます。
  • java.awt.datatransferでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.awt.datatransferのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    Object Clipboard.getData​(DataFlavor flavor)
    指定されたDataFlavorでこのクリップボードの現在の内容を表すオブジェクトを返します。
    Reader DataFlavor.getReaderForText​(Transferable transferable)
    必要に応じて、予想される文字セット(エンコード)をデコードしたテキスト・フレーバのReaderを取得します。
    Object StringSelection.getTransferData​(DataFlavor flavor)
    要求されたDataFlavor内の、Transferableのデータを返します(可能な場合)。
    Object Transferable.getTransferData​(DataFlavor flavor)
    転送されるデータを表すオブジェクトを返します。
    void DataFlavor.readExternal​(ObjectInput is)
    このDataFlavorを直列化された状態から復元します。
    void DataFlavor.writeExternal​(ObjectOutput os)
    このDataFlavorを直列化します。
  • java.awt.dndでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.awt.dndのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    Object DropTargetContext.TransferableProxy.getTransferData​(DataFlavor df)
    要求されたデータ・フレーバに対してカプセル化した転送可能オブジェクトによって提供されるデータを表すオブジェクトを返します。
  • java.awt.printでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを返すjava.awt.printのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    IOException PrinterIOException.getIOException()
    印刷ジョブを中断させたIOExceptionを返します。
    IOExceptionのパラメータを持つjava.awt.printのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    PrinterIOException​(IOException exception)
    指定されたIOExceptionの文字列表現で新しいPrinterIOExceptionを構築します。
  • java.beansでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.beansのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    static Object Beans.instantiate​(ClassLoader cls, String beanName)
    Beanのインスタンスを生成します。
    static Object Beans.instantiate​(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext)
    Beanのインスタンスを生成します。
    static Object Beans.instantiate​(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext, AppletInitializer initializer)
    非推奨。
    Applet APIは推奨されていないため、Beans.instantiate(ClassLoader, String, BeanContext)を使用することをお勧めします。
  • java.beans.beancontextでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.beans.beancontextのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    protected void BeanContextServicesSupport.bcsPreDeserializationHook​(ObjectInputStream ois)
    BeanContextSupport readObjectが子を直列化する前に、BeanContextSupport readObjectによって呼び出されます。
    protected void BeanContextSupport.bcsPreDeserializationHook​(ObjectInputStream ois)
    defaultReadObject()のあと、子を直列化する前のreadObjectによって呼び出されます。
    protected void BeanContextServicesSupport.bcsPreSerializationHook​(ObjectOutputStream oos)
    BeanContextSupport writeObjectが子を直列化する前に、BeanContextSupport writeObjectによって呼び出されます。
    protected void BeanContextSupport.bcsPreSerializationHook​(ObjectOutputStream oos)
    defaultWriteObject()のあと、子を直列化する前のwriteObjectによって呼び出されます。
    protected void BeanContextSupport.deserialize​(ObjectInputStream ois, Collection coll)
    コレクションを直列化復元するためにreadObjectによって使用されます。
    Object BeanContext.instantiateChild​(String beanName)
    このBeanContextの子として指定されたJavaBeanをインスタンス化します。
    Object BeanContextSupport.instantiateChild​(String beanName)
    instantiateChildメソッドは、Beanを入れ子にしてBeanContextにインスタンスを生成するタスクを単純化するBeanContextの簡易フックです。
    void BeanContextSupport.readChildren​(ObjectInputStream ois)
    このクラスのインスタンスがBeanContextプロトコル(およびそのサブプロトコル)の実装の委譲として使用されるときには、直列化復元の際に「鶏が先か卵が先か」の問題が起こります。
    protected void BeanContextSupport.serialize​(ObjectOutputStream oos, Collection<?> coll)
    コレクションを直列化するためにwriteObjectによって使用されます。
    void BeanContextSupport.writeChildren​(ObjectOutputStream oos)
    このBeanContextのすべての子を直列化するために使用されます。
  • java.ioでのIOExceptionの使用

    java.ioIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  CharConversionException
    文字変換で発生する例外の基底クラスです。
    class  EOFException
    入力の途中で、予想外のファイルの終了、または予想外のストリームの終了があったことを表すシグナルです。
    class  FileNotFoundException
    指定されたパス名で示されるファイルが開けなかったことを通知します。
    class  InterruptedIOException
    入出力処理で割込みが発生したことを通知するシグナルを発生させます。
    class  InvalidClassException
    直列化ランタイムが、クラスについて次の問題のどれかを検出したときにスローされます。
    class  InvalidObjectException
    1つ以上の直列化復元オブジェクトが検証をパスしなかったことを示します。
    class  NotActiveException
    直列化または直列化復元がアクティブではない場合にスローされます。
    class  NotSerializableException
    インスタンスが直列化可能インタフェースを持つ必要がある場合にスローされます。
    class  ObjectStreamException
    オブジェクト・ストリーム・クラスに固有の例外すべてのスーパー・クラスです。
    class  OptionalDataException
    プリミティブ・データが読み込まれていないか、またはデータの終わりがストリーム内の直列化オブジェクトにあるため、オブジェクトの読込み操作が失敗したことを示す例外です。
    class  StreamCorruptedException
    オブジェクト・ストリームから読み込まれた制御情報が、内部整合性検査に違反していた場合にスローされます。
    class  SyncFailedException
    同期(sync)オペレーションが失敗したことを通知します。
    class  UnsupportedEncodingException
    文字のエンコーディングがサポートされていません。
    class  UTFDataFormatException
    不正な構造を持つ修正UTF-8形式の文字列が、データ入力ストリーム内に読み込まれたか、またはデータ入力インタフェースを実装するクラスによって読み込まれたことを示します。
    class  WriteAbortedException
    書込み時にObjectStreamExceptionsの1つがスローされたことを通知します。
    IOExceptionを返すjava.ioのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    IOException UncheckedIOException.getCause()
    この例外の原因を返します。
    IOExceptionを投げるjava.ioのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    protected void ObjectOutputStream.annotateClass​(Class<?> cl)
    サブクラスは、このメソッドを実装して、クラスのデータをストリームに保存できるようにすることができます。
    protected void ObjectOutputStream.annotateProxyClass​(Class<?> cl)
    サブクラスはこのメソッドを実装して、ダイナミック・プロキシ・クラスに対する記述子とともにカスタム・データをストリームに格納します。
    Writer Writer.append​(char c)
    指定された文字をこのライターに追加します。
    Writer Writer.append​(CharSequence csq)
    指定された文字シーケンスをこのライターに追加します。
    Writer Writer.append​(CharSequence csq, int start, int end)
    指定された文字シーケンスのサブシーケンスをこのライターに追加します。
    int BufferedInputStream.available()
    この入力ストリームのメソッドの次の呼出しによって、ブロックせずにこの入力ストリームから読み込むことができる(またはスキップできる)推定バイト数を返します。
    int FileInputStream.available()
    この入力ストリームのメソッドの次の呼出しによって、ブロックせずにこの入力ストリームから読み込むことができる(またはスキップできる)推定バイト数を返します。
    int FilterInputStream.available()
    この入力ストリームのメソッドの次の呼出し側によって、ブロックせずにこの入力ストリームから読み込むことができる(またはスキップできる)推定バイト数を返します。
    int InputStream.available()
    ブロックせずにこの入力ストリームから(またはスキップ)を読み取ることができるバイト数の見積りを返します(0またはストリームの終わりが検出された場合は0)。
    int LineNumberInputStream.available()
    非推奨。
    ブロックせずに入力ストリームから読み込むことができるバイト数を返します。
    int ObjectInput.available()
    ブロックせずに読み込むことができるバイト数を返します。
    int ObjectInputStream.available()
    ブロックせずに読み込むことができるバイト数を返します。
    int PipedInputStream.available()
    ブロックせずに入力ストリームから読み込むことができるバイト数を返します。
    int PushbackInputStream.available()
    この入力ストリームのメソッドの次の呼出しによって、ブロックせずにこの入力ストリームから読み込むことができる(またはスキップできる)推定バイト数を返します。
    int SequenceInputStream.available()
    現在のベースとなる入力ストリームに対するメソッドの次の呼出しによって、ブロックせずに現在のベースとなる入力ストリームから読み込むことができる(またはスキップできる)推定バイト数を返します。
    void BufferedInputStream.close()
    この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void ByteArrayInputStream.close()
    ByteArrayInputStreamを閉じても、何の影響もありません。
    void ByteArrayOutputStream.close()
    ByteArrayOutputStreamを閉じても、何の影響もありません。
    void Closeable.close()
    このストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void FileInputStream.close()
    ファイル入力ストリームを閉じ、このストリームに関連するシステム・リソースを解放します。
    void FileOutputStream.close()
    ファイル出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void FilterInputStream.close()
    この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void FilterOutputStream.close()
    出力ストリームを閉じ、これに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void InputStream.close()
    この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void ObjectInput.close()
    入力ストリームを閉じます。
    void ObjectInputStream.close()
    入力ストリームを閉じます。
    void ObjectOutput.close()
    ストリームを閉じます。
    void ObjectOutputStream.close()
    ストリームを閉じます。
    void OutputStream.close()
    出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void PipedInputStream.close()
    パイプによる入力ストリームを閉じ、そのストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void PipedOutputStream.close()
    パイプで連結された出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void PipedReader.close()
    パイプによるストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void PipedWriter.close()
    パイプで連結された出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void PushbackInputStream.close()
    この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void PushbackReader.close()
    ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void RandomAccessFile.close()
    このランダム・アクセス・ファイル・ストリームを閉じて、ストリームに関連付けられているシステム・リソースを解放します。
    abstract void Reader.close()
    ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void SequenceInputStream.close()
    この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステム・リソースを解放します。
    void StringWriter.close()
    StringWriterを閉じても、何の影響もありません。
    abstract void Writer.close()
    ストリームを最初にフラッシュして、閉じます。
    void PipedInputStream.connect​(PipedOutputStream src)
    パイプで連結された入力ストリームをパイプで連結された出力ストリームsrcに接続します。
    void PipedOutputStream.connect​(PipedInputStream snk)
    パイプで連結された出力ストリームを受信側に接続します。
    void PipedReader.connect​(PipedWriter src)
    このパイプで連結されたリーダーをパイプで連結されたライターsrcに接続します。
    void PipedWriter.connect​(PipedReader snk)
    パイプで連結されたライターを受信側に接続します。
    boolean File.createNewFile()
    この抽象パス名が示す空の新しいファイルを不可分(atomic)に生成します(その名前のファイルがまだ存在しない場合だけ)。
    static File File.createTempFile​(String prefix, String suffix)
    指定された接頭辞と接尾辞をファイル名の生成に使用して、デフォルトの一時ファイル・ディレクトリに空のファイルを生成します。
    static File File.createTempFile​(String prefix, String suffix, File directory)
    指定されたディレクトリで新しい空のファイルを生成し、その名前には、指定された接頭辞および接尾辞の文字列が使用されます。
    abstract boolean ObjectInputStream.GetField.defaulted​(String name)
    名前で指定されたフィールドがデフォルトで設定されており、このストリームで値を持たない場合にtrueを返します。
    void ObjectInputStream.defaultReadObject()
    現在のクラスの非staticおよび非transientフィールドを、このストリームから読み込みます。
    void ObjectOutputStream.defaultWriteObject()
    現在のクラスの非staticおよび非transientのフィールドを、このストリームに書き込みます。
    protected void ObjectOutputStream.drain()
    ObjectOutputStream内のバッファリングされているデータをすべて排出します。
    void BufferedOutputStream.flush()
    バッファリングされた出力ストリームをフラッシュします。
    void BufferedWriter.flush()
    ストリームをフラッシュします。
    void DataOutputStream.flush()
    データ出力ストリームをフラッシュします。
    void FilterOutputStream.flush()
    出力ストリームをフラッシュして、バッファリングされていたすべての出力バイトを強制的にストリームに書き込みます。
    void FilterWriter.flush()
    ストリームをフラッシュします。
    void Flushable.flush()
    バッファに格納されているすべての出力をベースとなるストリームに書き込むことによって、このストリームをフラッシュします。
    void ObjectOutput.flush()
    ストリームをフラッシュします。
    void ObjectOutputStream.flush()
    ストリームをフラッシュします。
    void OutputStream.flush()
    出力ストリームをフラッシュして、バッファリングされていたすべての出力バイトを強制的に書き込みます。
    void OutputStreamWriter.flush()
    ストリームをフラッシュします。
    void PipedOutputStream.flush()
    出力ストリームをフラッシュして、バッファリングされていたすべての出力バイトを強制的に書き込みます。
    void PipedWriter.flush()
    出力ストリームをフラッシュして、バッファリングされていたすべての出力文字を強制的に書き込みます。
    abstract void Writer.flush()
    ストリームをフラッシュします。
    abstract boolean ObjectInputStream.GetField.get​(String name, boolean val)
    名前で指定されたbooleanフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract byte ObjectInputStream.GetField.get​(String name, byte val)
    名前で指定されたbyteフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract char ObjectInputStream.GetField.get​(String name, char val)
    名前で指定されたcharフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract double ObjectInputStream.GetField.get​(String name, double val)
    名前で指定されたdoubleフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract float ObjectInputStream.GetField.get​(String name, float val)
    名前で指定されたfloatフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract int ObjectInputStream.GetField.get​(String name, int val)
    名前で指定されたintフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract long ObjectInputStream.GetField.get​(String name, long val)
    名前で指定されたlongフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract short ObjectInputStream.GetField.get​(String name, short val)
    名前で指定されたshortフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract Object ObjectInputStream.GetField.get​(String name, Object val)
    名前で指定されたObjectフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    File File.getCanonicalFile()
    この抽象パス名の正規の形式を返します。
    String File.getCanonicalPath()
    この抽象パス名の正規のパス名文字列を返します。
    FileDescriptor FileInputStream.getFD()
    このFileInputStreamで使用されているファイル・システム内の実際のファイルへの接続を表すFileDescriptorオブジェクトを返します。
    FileDescriptor FileOutputStream.getFD()
    ストリームに関連したファイル記述子を返します。
    FileDescriptor RandomAccessFile.getFD()
    このストリームに関連する不透明なファイル記述子を返します。
    long RandomAccessFile.getFilePointer()
    このファイルの現在のオフセットを返します。
    long RandomAccessFile.length()
    このファイルの長さを返します。
    void BufferedReader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void CharArrayReader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void FilterReader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void LineNumberReader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void PushbackReader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void Reader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void StringReader.mark​(int readAheadLimit)
    ストリームの現在位置にマークを設定します。
    void BufferedWriter.newLine()
    改行文字を書き込みます。
    int StreamTokenizer.nextToken()
    このトークナイザの入力ストリームの次のトークンを構文解析します。
    ObjectOutputStream.PutField ObjectOutputStream.putFields()
    ストリームに書き込まれる持続フィールドをバッファに格納するために使用されるオブジェクトを取得します。
    int BufferedInputStream.read()
    InputStreamreadメソッドの汎用規約を参照してください。
    int BufferedInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    このバイト入力ストリームからバイトを読み取って、指定されたバイト配列に指定のオフセットから挿入します。
    int BufferedReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int BufferedReader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    int CharArrayReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int CharArrayReader.read​(char[] b, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    int DataInputStream.read​(byte[] b)
    格納されている入力ストリームから数バイトを読み込み、それをバッファ配列bに格納します。
    int DataInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、格納されている入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int FileInputStream.read()
    この入力ストリームからデータのバイトを読み込みます。
    int FileInputStream.read​(byte[] b)
    最大b.lengthバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int FileInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int FilterInputStream.read()
    この入力ストリームからデータの次のバイトを読み込みます。
    int FilterInputStream.read​(byte[] b)
    最大b.lengthバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int FilterInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int FilterReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int FilterReader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    abstract int InputStream.read()
    入力ストリームからデータの次のバイトを読み込みます。
    int InputStream.read​(byte[] b)
    入力ストリームから数バイトを読み込み、それをバッファ配列bに格納します。
    int InputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int InputStreamReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int InputStreamReader.read​(char[] cbuf, int offset, int length)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    int LineNumberInputStream.read()
    非推奨。
    この入力ストリームからデータの次のバイトを読み込みます。
    int LineNumberInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    非推奨。
    最大lenバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int LineNumberReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int LineNumberReader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    int ObjectInput.read()
    データのバイトを読み込みます。
    int ObjectInput.read​(byte[] b)
    バイト配列に読み込みます。
    int ObjectInput.read​(byte[] b, int off, int len)
    バイト配列に読み込みます。
    int ObjectInputStream.read()
    データのバイトを読み込みます。
    int ObjectInputStream.read​(byte[] buf, int off, int len)
    バイト配列に読み込みます。
    int PipedInputStream.read()
    パイプで連結された入力ストリームからデータの次のバイトを読み込みます。
    int PipedInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、このパイプで連結された入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int PipedReader.read()
    パイプで連結されたストリームからデータの次の文字を読み込みます。
    int PipedReader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    最大len文字のデータを、このパイプで連結されたストリームから文字配列に読み込みます。
    int PushbackInputStream.read()
    この入力ストリームからデータの次のバイトを読み込みます。
    int PushbackInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int PushbackReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int PushbackReader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    int RandomAccessFile.read()
    このファイルからデータのバイトを読み取ります。
    int RandomAccessFile.read​(byte[] b)
    最大b.lengthバイトのデータを、このファイルからバイト配列に読み込みます。
    int RandomAccessFile.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、このファイルからバイト配列に読み込みます。
    int Reader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int Reader.read​(char[] cbuf)
    配列に文字を読み込みます。
    abstract int Reader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    int Reader.read​(CharBuffer target)
    指定されたcharバッファにcharを読み込みます。
    int SequenceInputStream.read()
    この入力ストリームからデータの次のバイトを読み込みます。
    int SequenceInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    最大lenバイトのデータを、この入力ストリームからバイト配列に読み込みます。
    int StringReader.read()
    単一の文字を読み込みます。
    int StringReader.read​(char[] cbuf, int off, int len)
    配列の一部に文字を読み込みます。
    byte[] InputStream.readAllBytes()
    残りのすべてのバイトを入力ストリームから読み込みます。
    boolean DataInput.readBoolean()
    1バイトの入力データを読み込んで、そのバイトがゼロ以外の場合はtrue、そのバイトがゼロの場合はfalseを返します。
    boolean DataInputStream.readBoolean()
    DataInputreadBooleanメソッドの汎用規約を参照してください。
    boolean ObjectInputStream.readBoolean()
    booleanを読み込みます。
    boolean RandomAccessFile.readBoolean()
    このファイルからbooleanを読み込みます。
    byte DataInput.readByte()
    1バイトの入力データを読み込んで返します。
    byte DataInputStream.readByte()
    DataInputreadByteメソッドの汎用規約を参照してください。
    byte ObjectInputStream.readByte()
    8ビットのバイトを読み込みます。
    byte RandomAccessFile.readByte()
    このファイルから署名付き8ビット値を読み取ります。
    char DataInput.readChar()
    2バイトの入力データを読み込んで、char値を返します。
    char DataInputStream.readChar()
    DataInputreadCharメソッドの汎用規約を参照してください。
    char ObjectInputStream.readChar()
    16ビットのcharを読み込みます。
    char RandomAccessFile.readChar()
    このファイルから文字を読み取ります。
    protected ObjectStreamClass ObjectInputStream.readClassDescriptor()
    直列化ストリームからクラス記述子を読み込みます。
    double DataInput.readDouble()
    8バイトの入力データを読み込んで、double値を返します。
    double DataInputStream.readDouble()
    DataInputreadDoubleメソッドの汎用規約を参照してください。
    double ObjectInputStream.readDouble()
    64ビットのdoubleを読み込みます。
    double RandomAccessFile.readDouble()
    このファイルからdoubleを読み込みます。
    void Externalizable.readExternal​(ObjectInput in)
    オブジェクトが実装しているreadExternalメソッドは、DataInputのメソッド(プリミティブ型の場合)およびreadObjectのメソッド(オブジェクト、文字列、配列の場合)を呼び出すことにより、オブジェクトの内容を復元します。
    ObjectInputStream.GetField ObjectInputStream.readFields()
    ストリームから持続フィールドを読み込み、名前を指定してそれらにアクセスできるようにします。
    float DataInput.readFloat()
    4バイトの入力データを読み込んで、float値を返します。
    float DataInputStream.readFloat()
    DataInputreadFloatメソッドの汎用規約を参照してください。
    float ObjectInputStream.readFloat()
    32ビットのfloatを読み込みます。
    float RandomAccessFile.readFloat()
    このファイルからfloatを読み込みます。
    void DataInput.readFully​(byte[] b)
    入力ストリームからいくつかのバイトを読み込んで、バッファ配列bに格納します。
    void DataInput.readFully​(byte[] b, int off, int len)
    入力ストリームからlenバイトを読み込みます。
    void DataInputStream.readFully​(byte[] b)
    DataInputreadFullyメソッドの汎用規約を参照してください。
    void DataInputStream.readFully​(byte[] b, int off, int len)
    DataInputreadFullyメソッドの汎用規約を参照してください。
    void ObjectInputStream.readFully​(byte[] buf)
    バイトを読み込みます。すべてのバイトが読み込まれるまでブロックします。
    void ObjectInputStream.readFully​(byte[] buf, int off, int len)
    バイトを読み込みます。すべてのバイトが読み込まれるまでブロックします。
    void RandomAccessFile.readFully​(byte[] b)
    現在のファイル・ポインタ位置から始まるb.lengthバイトをこのファイルからバイト配列に読み込みます。
    void RandomAccessFile.readFully​(byte[] b, int off, int len)
    現在のファイル・ポインタ位置から始まるlenバイトを正確にこのファイルからバイト配列に読み込みます。
    int DataInput.readInt()
    4バイトの入力データを読み込んで、int値を返します。
    int DataInputStream.readInt()
    DataInputreadIntメソッドの汎用規約を参照してください。
    int ObjectInputStream.readInt()
    32ビットのintを読み込みます。
    int RandomAccessFile.readInt()
    このファイルから署名付き32ビット整数文字を読み取ります。
    String BufferedReader.readLine()
    テキスト行を読み込みます。
    String DataInput.readLine()
    入力ストリームから、次の行のテキストを読み込みます。
    String DataInputStream.readLine()
    非推奨。
    このメソッドでは、バイトから文字への変換が正しく行われません。
    String LineNumberReader.readLine()
    テキストを1行読み込みます。
    String ObjectInputStream.readLine()
    非推奨。
    このメソッドでは、バイトから文字への変換が正しく行われません。
    String RandomAccessFile.readLine()
    このファイルのテキストの次の行を読み取ります。
    long DataInput.readLong()
    8バイトの入力データを読み込んで、long値を返します。
    long DataInputStream.readLong()
    DataInputreadLongメソッドの汎用規約を参照してください。
    long ObjectInputStream.readLong()
    64ビットのlongを読み込みます。
    long RandomAccessFile.readLong()
    このファイルから署名付き64ビット整数文字を読み取ります。
    int InputStream.readNBytes​(byte[] b, int off, int len)
    リクエストされたバイト数を入力ストリームから指定されたバイト配列に読み込みます。
    byte[] InputStream.readNBytes​(int len)
    入力ストリームから指定のバイト数まで読み取ります。
    Object ObjectInput.readObject()
    オブジェクトを読み込み、それを返します。
    Object ObjectInputStream.readObject()
    ObjectInputStreamからオブジェクトを読み込みます。
    protected Object ObjectInputStream.readObjectOverride()
    このメソッドは、引数なしのprotectedコンストラクタを使用して、ObjectInputStreamを構築したObjectInputStreamの信頼できるサブクラスによって呼び出されます。
    short DataInput.readShort()
    2バイトの入力データを読み込んで、short値を返します。
    short DataInputStream.readShort()
    DataInputreadShortメソッドの汎用規約を参照してください。
    short ObjectInputStream.readShort()
    16ビットのshortを読み込みます。
    short RandomAccessFile.readShort()
    このファイルから署名付き16ビット数を読み取ります。
    protected void ObjectInputStream.readStreamHeader()
    サブクラスが自身のストリーム・ヘッダーの読み込みと検証を行えるようにするために提供されています。
    Object ObjectInputStream.readUnshared()
    ObjectInputStreamから「共有されない」オブジェクトを読み込みます。
    int DataInput.readUnsignedByte()
    1バイトの入力データを読み込み、int型にゼロ拡張して、結果を返します。結果はこのため、0から255の範囲内になります。
    int DataInputStream.readUnsignedByte()
    DataInputreadUnsignedByteメソッドの汎用規約を参照してください。
    int ObjectInputStream.readUnsignedByte()
    符号なし8ビット・バイトを読み込みます。
    int RandomAccessFile.readUnsignedByte()
    このファイルから符号なし8ビット数を読み取ります。
    int DataInput.readUnsignedShort()
    2バイトの入力データを読み込んで、0から65535の範囲のint値を返します。
    int DataInputStream.readUnsignedShort()
    DataInputreadUnsignedShortメソッドの汎用規約を参照してください。
    int ObjectInputStream.readUnsignedShort()
    符号なし16ビットのshortを読み込みます。
    int RandomAccessFile.readUnsignedShort()
    このファイルから符号なし16ビット数を読み取ります。
    String DataInput.readUTF()
    修正UTF-8形式でエンコードされた文字列を読み込みます。
    String DataInputStream.readUTF()
    DataInputreadUTFメソッドの汎用規約を参照してください。
    static String DataInputStream.readUTF​(DataInput in)
    修正UTF-8形式でエンコードされたUnicode文字列表現を、ストリームinから読み込みます。読み込まれた文字列は、Stringとして返されます。
    String ObjectInputStream.readUTF()
    修正UTF-8形式の文字列を読み込みます。
    String RandomAccessFile.readUTF()
    このファイルから文字列を読み取ります。
    boolean BufferedReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean CharArrayReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean FilterReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean InputStreamReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean PipedReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean PushbackReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean Reader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    boolean StringReader.ready()
    このストリームが読込み可能かどうかを判定します。
    protected void PipedInputStream.receive​(int b)
    データのバイトを受け取ります。
    protected Object ObjectOutputStream.replaceObject​(Object obj)
    このメソッドは、直列化の際に、ObjectOutputStreamの信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
    void BufferedInputStream.reset()
    InputStreamresetメソッドの汎用規約を参照してください。
    void BufferedReader.reset()
    ストリームを、もっとも新しいマーク位置にリセットします。
    void CharArrayReader.reset()
    直前のマーク位置にストリームをリセットします。マークが設定されていない場合は、先頭位置にリセットします。
    void FilterInputStream.reset()
    このストリームを、この入力ストリームで最後にmarkメソッドが呼び出されたときの位置に再配置します。
    void FilterReader.reset()
    ストリームをリセットします。
    void InputStream.reset()
    このストリームを、この入力ストリームで最後にmarkメソッドが呼び出されたときの位置に再配置します。
    void LineNumberInputStream.reset()
    非推奨。
    このストリームを、この入力ストリームで最後にmarkメソッドが呼び出されたときの位置に再配置します。
    void LineNumberReader.reset()
    ストリームを、もっとも新しいマーク位置にリセットします。
    void ObjectOutputStream.reset()
    Resetは、ストリームにすでに書き込まれているオブジェクトの状態を無効にします。
    void PushbackInputStream.reset()
    このストリームを、この入力ストリームで最後にmarkメソッドが呼び出されたときの位置に再配置します。
    void PushbackReader.reset()
    ストリームをリセットします。
    void Reader.reset()
    ストリームをリセットします。
    void StringReader.reset()
    直前のマーク位置にストリームをリセットします。マークが設定されていない場合は、文字列の先頭にリセットします。
    protected Class<?> ObjectInputStream.resolveClass​(ObjectStreamClass desc)
    指定されたストリーム・クラスの記述に対応するローカル・クラスをロードします。
    protected Object ObjectInputStream.resolveObject​(Object obj)
    このメソッドは、直列化復元の際に、ObjectInputStreamの信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
    protected Class<?> ObjectInputStream.resolveProxyClass​(String[] interfaces)
    プロキシ・クラス記述子で指定されたインタフェースを実装するプロキシ・クラスを返します。サブクラスはこのメソッドを実装してダイナミック・プロキシ・クラスの記述子とともにストリームからカスタム・データを読み込み、インタフェースやプロキシ・クラスの代替ローディング・メカニズムを使用できるようにします。
    void RandomAccessFile.seek​(long pos)
    次の読み取りまたは書込みが発生する、ファイルの先頭から測定したファイル・ポインタ・オフセットを設定します。
    void RandomAccessFile.setLength​(long newLength)
    このファイルの長さを設定します。
    long BufferedInputStream.skip​(long n)
    InputStreamskipメソッドの汎用規約を参照してください。
    long BufferedReader.skip​(long n)
    文字をスキップします。
    long CharArrayReader.skip​(long n)
    文字をスキップします。
    long FileInputStream.skip​(long n)
    入力ストリームからnバイトのデータをスキップして破棄します。
    long FilterInputStream.skip​(long n)
    入力ストリームからnバイトのデータをスキップして破棄します。
    long FilterReader.skip​(long n)
    文字をスキップします。
    long InputStream.skip​(long n)
    この入力ストリームからnバイトのデータをスキップして破棄します。
    long LineNumberInputStream.skip​(long n)
    非推奨。
    この入力ストリームからnバイトのデータをスキップして破棄します。
    long LineNumberReader.skip​(long n)
    文字をスキップします。
    long ObjectInput.skip​(long n)
    入力をnバイトだけスキップします。
    long PushbackInputStream.skip​(long n)
    この入力ストリームからnバイトのデータをスキップして破棄します。
    long PushbackReader.skip​(long n)
    文字をスキップします。
    long Reader.skip​(long n)
    文字をスキップします。
    long StringReader.skip​(long ns)
    ストリーム内の指定された数の文字をスキップします。
    int DataInput.skipBytes​(int n)
    入力ストリームからnバイトをスキップするようにして、スキップしたバイトを破棄します。
    int DataInputStream.skipBytes​(int n)
    DataInputskipBytesメソッドの汎用規約を参照してください。
    int ObjectInputStream.skipBytes​(int len)
    バイトをスキップします。
    int RandomAccessFile.skipBytes​(int n)
    nバイトの入力をスキップして、スキップしたバイトを破棄しようとします。
    void InputStream.skipNBytes​(long n)
    この入力ストリームからのデータのnバイトに正確にスキップし、破棄します。
    long InputStream.transferTo​(OutputStream out)
    この入力ストリームからすべてのバイトを読み込んで、指定された出力ストリームに読み込まれた順序でバイトを書き込みます。
    long Reader.transferTo​(Writer out)
    このリーダーからすべての文字を読み込み、指定されたライターに読み込まれた順番で書き込みます。
    void PushbackInputStream.unread​(byte[] b)
    プッシュバック・バッファの先頭にバイト配列をコピーすることによって、バイト配列をプッシュ・バックします。
    void PushbackInputStream.unread​(byte[] b, int off, int len)
    プッシュバック・バッファの先頭にバイト配列の一部をコピーすることによって、それらのバイトをプッシュ・バックします。
    void PushbackInputStream.unread​(int b)
    プッシュバック・バッファの先頭に1バイトをコピーすることによって、そのバイトをプッシュ・バックします。
    void PushbackReader.unread​(char[] cbuf)
    プッシュバック・バッファの先頭に文字配列をコピーすることによって、文字配列をプッシュ・バックします。
    void PushbackReader.unread​(char[] cbuf, int off, int len)
    プッシュバック・バッファの先頭に文字配列の一部をコピーすることによって、それらの文字をプッシュ・バックします。
    void PushbackReader.unread​(int c)
    プッシュバック・バッファの先頭に1文字をコピーすることによって、その文字をプッシュ・バックします。
    void ObjectOutputStream.useProtocolVersion​(int version)
    ストリームの書込み時に使用するストリーム・プロトコルのバージョンを指定します。
    void BufferedOutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのバッファリングされた出力ストリームに書き込みます。
    void BufferedOutputStream.write​(int b)
    指定されたバイト数をバッファリングされた出力ストリームに書き込みます。
    void BufferedWriter.write​(char[] cbuf, int off, int len)
    文字の配列の一部を書き込みます。
    void BufferedWriter.write​(int c)
    単一の文字を書き込みます。
    void BufferedWriter.write​(String s, int off, int len)
    Stringの一部を書き込みます。
    void DataOutput.write​(byte[] b)
    出力ストリームに配列bのすべてのバイトを書き込みます。
    void DataOutput.write​(byte[] b, int off, int len)
    配列bからlenバイトを順番に出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutput.write​(int b)
    引数bの下位8ビットを出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.write​(int b)
    指定されたバイト(引数bの下位8ビット)をベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void FileOutputStream.write​(byte[] b)
    指定されたバイト配列のb.lengthバイトをこのファイル出力ストリームに書き込みます。
    void FileOutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのファイル出力ストリームに書き込みます。
    void FileOutputStream.write​(int b)
    指定されたバイトをこのファイル出力ストリームに書き込みます。
    void FilterOutputStream.write​(byte[] b)
    b.lengthバイトのデータをこの出力ストリームに書き込みます。
    void FilterOutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたbyte配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
    void FilterOutputStream.write​(int b)
    指定されたbyteをこの出力ストリームに書き込みます。
    void FilterWriter.write​(char[] cbuf, int off, int len)
    文字の配列の一部を書き込みます。
    void FilterWriter.write​(int c)
    単一の文字を書き込みます。
    void FilterWriter.write​(String str, int off, int len)
    文字列の一部を書き込みます。
    void ObjectOutput.write​(byte[] b)
    バイト配列を書き込みます。
    void ObjectOutput.write​(byte[] b, int off, int len)
    バイト配列の一部を書き込みます。
    void ObjectOutput.write​(int b)
    バイトを書き込みます。
    abstract void ObjectOutputStream.PutField.write​(ObjectOutput out)
    非推奨。
    このメソッドは、PutFieldオブジェクトによって格納された値を適切な形式で書き込まないため、直列化ストリームが破壊されることがあります。
    void ObjectOutputStream.write​(byte[] buf)
    バイト配列を書き込みます。
    void ObjectOutputStream.write​(byte[] buf, int off, int len)
    バイト配列の一部を書き込みます。
    void ObjectOutputStream.write​(int val)
    バイトを書き込みます。
    void OutputStream.write​(byte[] b)
    指定されたバイト配列のb.lengthバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
    void OutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
    abstract void OutputStream.write​(int b)
    指定されたバイトをこの出力ストリームに書き込みます。
    void OutputStreamWriter.write​(char[] cbuf, int off, int len)
    文字の配列の一部を書き込みます。
    void OutputStreamWriter.write​(int c)
    単一の文字を書き込みます。
    void OutputStreamWriter.write​(String str, int off, int len)
    文字列の一部を書き込みます。
    void PipedOutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのパイプで連結された出力ストリームに書き込みます。
    void PipedOutputStream.write​(int b)
    指定されたbyteを、パイプで連結された出力ストリームに書き込みます。
    void PipedWriter.write​(char[] cbuf, int off, int len)
    指定された文字配列の、オフセット位置offから始まるlen文字を、このパイプで連結された出力ストリームに書き込みます。
    void PipedWriter.write​(int c)
    指定されたcharを、パイプで連結された出力ストリームに書き込みます。
    void PrintStream.write​(byte[] buf)
    指定されたバイト配列のすべてのバイトをこのストリームに書き込みます。
    void RandomAccessFile.write​(byte[] b)
    指定されたバイト配列からこのファイルに、現在のファイル・ポインタ位置から始まるb.lengthバイトを書き込みます。
    void RandomAccessFile.write​(byte[] b, int off, int len)
    指定されたバイト配列のオフセット位置offから始まるlenバイトをこのファイルに書き込みます。
    void RandomAccessFile.write​(int b)
    このファイルに指定されたバイトを書き込みます。
    void Writer.write​(char[] cbuf)
    文字の配列を書き込みます。
    abstract void Writer.write​(char[] cbuf, int off, int len)
    文字の配列の一部を書き込みます。
    void Writer.write​(int c)
    単一の文字を書き込みます。
    void Writer.write​(String str)
    文字列を書き込みます。
    void Writer.write​(String str, int off, int len)
    文字列の一部を書き込みます。
    void DataOutput.writeBoolean​(boolean v)
    1つのboolean値をこの出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeBoolean​(boolean v)
    boolean値を1バイト値としてベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeBoolean​(boolean val)
    booleanを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeBoolean​(boolean v)
    booleanを1バイト値としてこのファイルに書き込みます。
    void DataOutput.writeByte​(int v)
    引数vの8つの下位ビットを出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeByte​(int v)
    byte値を1バイト値としてベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeByte​(int val)
    8ビットのバイトを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeByte​(int v)
    byteを1バイト値としてこのファイルに書き込みます。
    void DataOutput.writeBytes​(String s)
    文字列を出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeBytes​(String s)
    文字列をベースとなる出力ストリームに一連のバイトとして書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeBytes​(String str)
    Stringをバイトの列として書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeBytes​(String s)
    文字列をバイトのシーケンスとしてファイルに書き込みます。
    void DataOutput.writeChar​(int v)
    2バイトで構成されるchar値を出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeChar​(int v)
    char値を2バイト値として上位バイトから先にベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeChar​(int val)
    16ビットのcharを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeChar​(int v)
    charを2バイト値として上位バイトから先にファイルに書き込みます。
    void DataOutput.writeChars​(String s)
    文字列s内の各文字を、1文字ごとに2バイトずつ順番に書き込みます。
    void DataOutputStream.writeChars​(String s)
    文字列をベースとなる出力ストリームに一連の文字型データとして書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeChars​(String str)
    Stringをcharの列として書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeChars​(String s)
    文字列を文字のシーケンスとしてファイルに書き込みます。
    protected void ObjectOutputStream.writeClassDescriptor​(ObjectStreamClass desc)
    指定されたクラス記述子をObjectOutputStreamに書き込みます。
    void DataOutput.writeDouble​(double v)
    8バイトで構成されるdouble値を出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeDouble​(double v)
    DoubleクラスのdoubleToLongBitsメソッドを使ってdouble型の引数をlong型に変換してから、そのlong値を8バイト値として上位バイトから先にベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeDouble​(double val)
    64ビットのdoubleを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeDouble​(double v)
    DoubleクラスのdoubleToLongBitsメソッドを使ってdouble型の引数をlong型に変換してから、そのlong値を8バイト値として上位バイトから先にファイルに書き込みます。
    void Externalizable.writeExternal​(ObjectOutput out)
    オブジェクトが実装しているwriteExternalメソッドは、DataOutputクラスのメソッド(プリミティブ型の場合)およびObjectOutputクラスのwriteObjectメソッド(オブジェクト、文字列、配列の場合)を呼び出して、オブジェクトの内容を保存します。
    void ObjectOutputStream.writeFields()
    バッファに格納されたフィールドをストリームに書き込みます。
    void DataOutput.writeFloat​(float v)
    4バイトで構成されるfloat値を出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeFloat​(float v)
    FloatクラスのfloatToIntBitsメソッドを使ってfloat型の引数をint型に変換してから、そのint値を4バイト値として上位バイトから先にベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeFloat​(float val)
    32ビットのfloatを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeFloat​(float v)
    FloatクラスのfloatToIntBitsメソッドを使ってfloat型の引数をint型に変換してから、そのint値を4バイト値として上位バイトから先にファイルに書き込みます。
    void DataOutput.writeInt​(int v)
    4バイトで構成されるint値を出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeInt​(int v)
    int値を4バイト値として上位バイトから先にベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeInt​(int val)
    32ビットのintを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeInt​(int v)
    intを4バイト値として上位バイトから先にファイルに書き込みます。
    void DataOutput.writeLong​(long v)
    8バイトで構成されるlong値を出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeLong​(long v)
    long値を8バイト値として上位バイトから先にベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeLong​(long val)
    64ビットのlongを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeLong​(long v)
    longを8バイト値として上位バイトから先にファイルに書き込みます。
    void ObjectOutput.writeObject​(Object obj)
    ベースとなる記憶域またはストリームにオブジェクトを書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeObject​(Object obj)
    指定されたオブジェクトをObjectOutputStreamに書き込みます。
    protected void ObjectOutputStream.writeObjectOverride​(Object obj)
    サブクラスがデフォルトのwriteObjectメソッドをオーバーライドするために使用するメソッドです。
    void DataOutput.writeShort​(int v)
    引数の値を表す2バイトを出力ストリームに書き込みます。
    void DataOutputStream.writeShort​(int v)
    short値を2バイト値として上位バイトから先にベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeShort​(int val)
    16ビットのshortを書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeShort​(int v)
    shortを2バイト値として上位バイトから先にファイルに書き込みます。
    protected void ObjectOutputStream.writeStreamHeader()
    サブクラスが自身のヘッダーをストリームの前または後ろに追加できるように提供されています。
    void ByteArrayOutputStream.writeTo​(OutputStream out)
    out.write(buf, 0, count)を使用して出力ストリームの書込みメソッドを呼び出す場合と同様に、このByteArrayOutputStreamの完全な内容を指定された出力ストリーム引数に書き込みます。
    void CharArrayWriter.writeTo​(Writer out)
    バッファの内容を別の文字ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeUnshared​(Object obj)
    ObjectOutputStreamに「共有されない」オブジェクトを書き込みます。
    void DataOutput.writeUTF​(String s)
    2バイトの長さ情報を出力ストリームに書き込みます。その後ろに、文字列s内の各文字の修正UTF-8表現が続きます。
    void DataOutputStream.writeUTF​(String str)
    修正UTF-8エンコーディングを使って、マシンに依存しない方法で文字列をベースとなる出力ストリームに書き込みます。
    void ObjectOutputStream.writeUTF​(String str)
    このStringのプリミティブ・データを修正UTF-8形式で書き込みます。
    void RandomAccessFile.writeUTF​(String str)
    修正UTF-8エンコーディングを使って、マシンに依存しない方法で文字列をファイルに書き込みます。
    IOExceptionのパラメータを持つjava.ioのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    UncheckedIOException​(IOException cause)
    このクラスのインスタンスを構築します。
    UncheckedIOException​(String message, IOException cause)
    このクラスのインスタンスを構築します。
    IOExceptionをスローするjava.ioのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    FileReader​(File file, Charset charset)
    読み取るFilecharsetが指定されている場合、新しいFileReaderを作成します。
    FileReader​(String fileName, Charset charset)
    読み取るファイルの名前およびcharsetに基づいて、新しいFileReaderを作成します。
    FileWriter​(File file)
    プラットフォームdefault charsetを使用して、書くFileが与えられたFileWriterを構築します。
    FileWriter​(File file, boolean append)
    Fileに書くFileと、書き込まれたデータを追加するかどうかを示すブールが与えられたFileWriterを構築します。
    FileWriter​(File file, Charset charset)
    Fileに書込みを行い、charsetに対応するFileWriterを構築します。
    FileWriter​(File file, Charset charset, boolean append)
    書くFilecharset、および書き込まれたデータを追加するかどうかを示すブールが与えられたFileWriterを構築します。
    FileWriter​(String fileName)
    プラットフォームdefault charsetを使用して、ファイル名を指定してFileWriterを構築します。
    FileWriter​(String fileName, boolean append)
    ファイル名を指定してdefault charsetを使用して、書き込まれたデータを追加するかどうかを示すブール値を持つFileWriterを構築します。
    FileWriter​(String fileName, Charset charset)
    ファイル名とcharsetを指定してFileWriterを構築します。
    FileWriter​(String fileName, Charset charset, boolean append)
    ファイル名がcharsetで、書き込まれたデータを付加するかどうかを示すブールが設定されたFileWriterを構築します。
    ObjectInputStream()
    ObjectInputStreamを完全に再実装するサブクラスが、ObjectInputStreamのこの実装によって使用されたばかりのprivateデータを割り当てる必要がないようにする手段を提供します。
    ObjectInputStream​(InputStream in)
    指定されたInputStreamから読み込むObjectInputStreamを作成します。
    ObjectOutputStream()
    ObjectOutputStreamを完全に実装し直すサブクラスが、ObjectOutputStreamのこの実装によって使用されたばかりのprivateデータを割り当てる必要がないようにする手段を提供します。
    ObjectOutputStream​(OutputStream out)
    指定されたOutputStreamに書き込むObjectOutputStreamを作成します。
    PipedInputStream​(PipedOutputStream src)
    PipedInputStreamを、パイプで連結された出力ストリームsrcに接続されるように作成します。
    PipedInputStream​(PipedOutputStream src, int pipeSize)
    PipedInputStreamを、パイプで連結された出力ストリームsrcに接続されるように作成します。その際、指定されたパイプ・サイズをパイプのバッファに使用します。
    PipedOutputStream​(PipedInputStream snk)
    パイプで連結された出力ストリームを作成し、指定されたパイプで連結された入力ストリームに接続します。
    PipedReader​(PipedWriter src)
    PipedReaderを、パイプで連結されたライターsrcに接続されるように作成します。
    PipedReader​(PipedWriter src, int pipeSize)
    PipedReaderを、パイプで連結されたライターsrcに接続されるように作成します。その際、指定されたパイプ・サイズをパイプのバッファに使用します。
    PipedWriter​(PipedReader snk)
    パイプで連結されたライターを作成し、指定されたパイプで連結されたリーダーに接続します。
    PrintStream​(File file, Charset charset)
    行の自動フラッシュは行わずに、指定のファイルと文字セットで新しい出力ストリームを作成します。
    PrintStream​(String fileName, Charset charset)
    行の自動フラッシュは行わずに、指定の名前と文字セットで新しい出力ストリームを作成します。
    PrintWriter​(File file, Charset charset)
    行の自動フラッシュは行わずに、指定されたファイルと文字セットで新しいPrintWriterを作成します。
    PrintWriter​(String fileName, Charset charset)
    行の自動フラッシュは行わずに、指定されたファイル名と文字セットで新しいPrintWriterを作成します。
  • java.langでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.langのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    Appendable Appendable.append​(char c)
    このAppendableに指定された文字を追加します。
    Appendable Appendable.append​(CharSequence csq)
    このAppendableに指定された文字シーケンスを追加します。
    Appendable Appendable.append​(CharSequence csq, int start, int end)
    このAppendableに指定された文字シーケンスのサブシーケンスを追加します。
    Process Runtime.exec​(String command)
    指定された文字列コマンドを、独立したプロセスで実行します。
    Process Runtime.exec​(String[] cmdarray)
    指定されたコマンドと引数を、独立したプロセスで実行します。
    Process Runtime.exec​(String[] cmdarray, String[] envp)
    指定されたコマンドと引数を、指定された環境を持つ独立したプロセスで実行します。
    Process Runtime.exec​(String[] cmdarray, String[] envp, File dir)
    指定されたコマンドと引数を、指定された環境と作業ディレクトリを持つ独立したプロセスで実行します。
    Process Runtime.exec​(String command, String[] envp)
    指定された文字列コマンドを、指定された環境を持つ独立したプロセスで実行します。
    Process Runtime.exec​(String command, String[] envp, File dir)
    指定された文字列コマンドを、指定された環境と作業ディレクトリを持つ独立したプロセスで実行します。
    protected URL ClassLoader.findResource​(String moduleName, String name)
    このクラス・ローダーに定義されたモジュール内のリソースへのURLを返します。
    protected Enumeration<URL> ClassLoader.findResources​(String name)
    指定された名前を持つすべてのリソースを表すURLオブジェクトの列挙型を返します。
    InputStream Module.getResourceAsStream​(String name)
    このモジュール内のリソースを読み込むための入力ストリームを返します。
    Enumeration<URL> ClassLoader.getResources​(String name)
    指定された名前を持つすべてのリソースを検索します。
    static Enumeration<URL> ClassLoader.getSystemResources​(String name)
    クラスをロードするために使用される検索パスから、指定された名前のすべてのリソースを探します。
    static Channel System.inheritedChannel()
    Java仮想マシンを作成したエンティティから継承されたチャネルを返します。
    int Readable.read​(CharBuffer cb)
    指定されたcharバッファにcharを読み込みます。
    Process ProcessBuilder.start()
    このプロセス・ビルダーの属性を使って新規プロセスを起動します。
    static List<Process> ProcessBuilder.startPipeline​(List<ProcessBuilder> builders)
    各ProcessBuilderのプロセスを開始し、標準出力ストリームと標準入力ストリームによってリンクされたプロセスのパイプラインを作成します。
  • java.lang.managementでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.lang.managementのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    static <T extends PlatformManagedObject>
    T
    ManagementFactory.getPlatformMXBean​(MBeanServerConnection connection, Class<T> mxbeanInterface)
    Java仮想マシン内で単一のインスタンスを持つように指定された、mxbeanInterfaceのプラットフォームMXBeanプロキシを返します。このプロキシは、指定されたMBeanServerConnection経由でメソッド呼出しを転送します。
    static <T extends PlatformManagedObject>
    List<T>
    ManagementFactory.getPlatformMXBeans​(MBeanServerConnection connection, Class<T> mxbeanInterface)
    指定されたMBeanServerConnection経由でmxbeanInterfaceのメソッド呼出しを転送するためのプラットフォームMXBeanプロキシのリストを返します。
    static <T> T ManagementFactory.newPlatformMXBeanProxy​(MBeanServerConnection connection, String mxbeanName, Class<T> mxbeanInterface)
    指定されたMBeanServerConnectionを介してメソッド呼出しを転送する、指定されたMXBean名のプラットフォームMXBeanインタフェースのプロキシを返します。
  • java.lang.moduleでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.lang.moduleのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void ModuleReader.close()
    モジュール・リーダーを閉じます。
    Optional<URI> ModuleReader.find​(String name)
    リソースを検索し、モジュール内のリソースにURIを返します。
    Stream<String> ModuleReader.list()
    モジュールの内容をリストし、モジュール内のすべてのリソースの名前である要素のストリームを返します。
    default Optional<InputStream> ModuleReader.open​(String name)
    リソースをオープンし、モジュール内のリソースを読み取る入力ストリームを返します。
    abstract ModuleReader ModuleReference.open()
    モジュールの内容を読み込んで開きます。
    static ModuleDescriptor ModuleDescriptor.read​(InputStream in)
    モジュール記述子のバイナリ形式を入力ストリームからモジュール記述子として読み込みます。
    static ModuleDescriptor ModuleDescriptor.read​(InputStream in, Supplier<Set<String>> packageFinder)
    モジュール記述子のバイナリ形式を入力ストリームからモジュール記述子として読み込みます。
    default Optional<ByteBuffer> ModuleReader.read​(String name)
    リソースを読み込み、リソースの内容を含むバイト・バッファを返します。
  • java.netでのIOExceptionの使用

    java.netIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  BindException
    ソケットをローカル・アドレスとポートにバインドしようとした際にエラーが発生したことを通知します。
    class  ConnectException
    ソケットをリモート・アドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
    class  HttpRetryException
    HTTP要求を再試行する必要があるが、ストリーミング・モードが有効になっているために自動的に再試行できないことを示すために、スローされます。
    class  MalformedURLException
    不正な形式のURLが見つかったことを示すためにスローされます。
    class  NoRouteToHostException
    ソケットをリモート・アドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
    class  PortUnreachableException
    ICMPポート到達不可能メッセージが接続されたデータグラムに受信されたことを示すシグナルです。
    class  ProtocolException
    使用しているプロトコルでエラー(TCPエラーなど)が発生したことを表すためにスローされます。
    class  SocketException
    ソケットの作成中またはアクセス中にエラーが発生したことを示すためにスローされます。
    class  SocketTimeoutException
    ソケットの読み込みまたは受け入れでタイム・アウトが発生したことを示すシグナルです。
    class  UnknownHostException
    ホストのIPアドレスが判定できなかった場合にスローされます。
    class  UnknownServiceException
    未知のサービス例外が発生したことを示すためにスローされます。
    IOExceptionのパラメータを持つjava.netのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract void ProxySelector.connectFailed​(URI uri, SocketAddress sa, IOException ioe)
    あるPROXYまたはSOCKSサーバーへの接続を確立できなかったことを示すために呼び出されます。
    IOExceptionを投げるjava.netのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    Socket ServerSocket.accept()
    このソケットに対する接続要求を待機し、それを受け取ります。
    protected abstract void SocketImpl.accept​(SocketImpl s)
    接続を受け入れます。
    protected abstract int SocketImpl.available()
    このソケットからブロックなしで読み込めるバイト数を返します。
    void ServerSocket.bind​(SocketAddress endpoint)
    ServerSocketを特定のアドレス(IPアドレスおよびポート番号)にバインドします。
    void ServerSocket.bind​(SocketAddress endpoint, int backlog)
    ServerSocketを特定のアドレス(IPアドレスおよびポート番号)にバインドします。
    void Socket.bind​(SocketAddress bindpoint)
    ソケットをローカル・アドレスにバインドします。
    protected abstract void SocketImpl.bind​(InetAddress host, int port)
    指定されたローカルのIPアドレスとポート番号にこのソケットをバインドします。
    void ServerSocket.close()
    このソケットを閉じます。
    void Socket.close()
    このソケットを閉じます。
    protected abstract void SocketImpl.close()
    このソケットを閉じます。
    void URLClassLoader.close()
    このURLClassLoaderを閉じて、このローダーによって定義された新しいクラスやリソースをロードするために使用できなくします。
    void Socket.connect​(SocketAddress endpoint)
    このソケットをサーバーに接続します。
    void Socket.connect​(SocketAddress endpoint, int timeout)
    指定されたタイム・アウト値を使って、このソケットをサーバーに接続します。
    protected abstract void SocketImpl.connect​(String host, int port)
    指定されたホスト上の指定されたポートにこのソケットを接続します。
    protected abstract void SocketImpl.connect​(InetAddress address, int port)
    指定されたホスト上の指定されたポートにこのソケットを接続します。
    protected abstract void SocketImpl.connect​(SocketAddress address, int timeout)
    指定されたホスト上の指定されたポートにこのソケットを接続します。
    abstract void URLConnection.connect()
    このURLが参照するリソースへの通信リンクを確立します(通信リンクが確立されていない場合)。
    protected abstract void SocketImpl.create​(boolean stream)
    ストリーム・ソケットまたはデータグラム・ソケットを作成します。
    Enumeration<URL> URLClassLoader.findResources​(String name)
    URL検索パス上の指定された名前を持つリソースを表す、URLの列挙を返します。
    abstract Map<String,​List<String>> CookieHandler.get​(URI uri, Map<String,​List<String>> requestHeaders)
    要求ヘッダー内に指定されたURIのCookieキャッシュから適用可能なすべてのCookieを取得します。
    abstract CacheResponse ResponseCache.get​(URI uri, String rqstMethod, Map<String,​List<String>> rqstHeaders)
    要求URI、要求メソッド、および要求ヘッダーに基づいて、キャッシュ内の応答を取得します。
    Attributes JarURLConnection.getAttributes()
    接続で使うURLがJARファイル・エントリを指す場合、この接続用のAttributesオブジェクトを返します。そうでない場合はnullを返します。
    abstract OutputStream CacheRequest.getBody()
    応答本体の書込み先として使用可能なOutputStreamを返します。
    abstract InputStream CacheResponse.getBody()
    応答本体をInputStreamとして返します。
    Certificate[] JarURLConnection.getCertificates()
    この接続のURLがJARファイル・エントリを指す場合は証明書オブジェクトを返し、それ以外の場合はnullを返します。
    abstract Object ContentHandler.getContent​(URLConnection urlc)
    オブジェクト表現の先頭に位置付けられているURL接続ストリームを指定すると、このメソッドは、指定されたストリームを読み込み、ストリームからオブジェクトを生成します。
    Object ContentHandler.getContent​(URLConnection urlc, Class[] classes)
    オブジェクト表現の先頭に位置付けられているURL接続ストリームを指定すると、このメソッドは、指定されたストリームを読み込み、指定した型に一致するオブジェクトを生成します。
    Object URL.getContent()
    このURLのコンテンツを取得します。
    Object URL.getContent​(Class<?>[] classes)
    このURLのコンテンツを取得します。
    Object URLConnection.getContent()
    このURL接続のコンテンツを取得します。
    Object URLConnection.getContent​(Class<?>[] classes)
    このURL接続のコンテンツを取得します。
    abstract Map<String,​List<String>> CacheResponse.getHeaders()
    応答ヘッダーをMapとして返します。
    InputStream Socket.getInputStream()
    このソケットの入力ストリームを返します。
    protected abstract InputStream SocketImpl.getInputStream()
    このソケットの入力ストリームを返します。
    InputStream URLConnection.getInputStream()
    この接続からの入力を受け取る入力ストリームを返します。
    JarEntry JarURLConnection.getJarEntry()
    この接続のJARエントリ・オブジェクトが存在する場合にそれを返します。
    abstract JarFile JarURLConnection.getJarFile()
    この接続のJARファイルを返します。
    Attributes JarURLConnection.getMainAttributes()
    この接続で使うJARファイルの主要なAttributesを返します。
    Manifest JarURLConnection.getManifest()
    この接続のManifestが存在する場合はそれを、存在しない場合はnullを、それぞれ返します。
    <T> T DatagramSocket.getOption​(SocketOption<T> name)
    ソケット・オプションの値を返します。
    protected <T> T DatagramSocketImpl.getOption​(SocketOption<T> name)
    ソケット・オプションを取得するために呼び出されます。
    <T> T ServerSocket.getOption​(SocketOption<T> name)
    ソケット・オプションの値を返します。
    <T> T Socket.getOption​(SocketOption<T> name)
    ソケット・オプションの値を返します。
    protected <T> T SocketImpl.getOption​(SocketOption<T> name)
    ソケット・オプションを取得するために呼び出されます。
    OutputStream Socket.getOutputStream()
    このソケットの出力ストリームを返します。
    protected abstract OutputStream SocketImpl.getOutputStream()
    このソケットの出力ストリームを返します。
    OutputStream URLConnection.getOutputStream()
    この接続に書込みを行う出力ストリームを返します。
    Permission HttpURLConnection.getPermission()
    接続先のホストとポートに接続するために必要なアクセス権を表すSocketPermissionオブジェクトを返します。
    Permission URLConnection.getPermission()
    このオブジェクトが表す接続のために必要なアクセス権を表すPermissionオブジェクトを返します。
    int HttpURLConnection.getResponseCode()
    HTTP応答メッセージからステータス・コードを取得します。
    String HttpURLConnection.getResponseMessage()
    サーバーから応答コードとともにHTTP応答メッセージが返された場合、そのメッセージを取得します。
    int ServerSocket.getSoTimeout()
    Retrieve setting for SO_TIMEOUT.このオプションが無効(タイム・アウトが無限)の場合は0を返します。
    protected abstract int DatagramSocketImpl.getTimeToLive()
    TTL (有効期間)オプションを取得します。
    int MulticastSocket.getTimeToLive()
    このソケットから送信されるマルチキャスト・パケットのデフォルトの有効期間を取得します。
    protected abstract byte DatagramSocketImpl.getTTL()
    非推奨。
    代わりにgetTimeToLiveを使用してください。
    byte MulticastSocket.getTTL()
    非推奨。
    代わりにgetTimeToLiveメソッドを使用してください。このメソッドは、byteではなくintを返します。
    static String URLConnection.guessContentTypeFromStream​(InputStream is)
    入力ストリームの先頭の文字を基に、入力ストリームの種類の決定を試みます。
    protected void ServerSocket.implAccept​(Socket s)
    ServerSocketのサブクラスは、このメソッドを使ってaccept()をオーバーライドすることで、独自のサブクラスのソケットが返されるようにします。
    boolean InetAddress.isReachable​(int timeout)
    そのアドレスに到達可能かどうかをテストします。
    boolean InetAddress.isReachable​(NetworkInterface netif, int ttl, int timeout)
    そのアドレスに到達可能かどうかをテストします。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.join​(InetAddress inetaddr)
    マルチキャスト・グループに参加します。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.joinGroup​(SocketAddress mcastaddr, NetworkInterface netIf)
    マルチキャスト・グループに参加します。
    void MulticastSocket.joinGroup​(InetAddress mcastaddr)
    非推奨。
    このメソッドは、マルチキャスト・グループに参加するネットワーク・インタフェースを受け入れません。
    void MulticastSocket.joinGroup​(SocketAddress mcastaddr, NetworkInterface netIf)
    指定されたインタフェースで指定されたマルチキャスト・グループに参加します。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.leave​(InetAddress inetaddr)
    マルチキャスト・グループから離れます。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.leaveGroup​(SocketAddress mcastaddr, NetworkInterface netIf)
    マルチキャスト・グループから離れます。
    void MulticastSocket.leaveGroup​(InetAddress mcastaddr)
    非推奨。
    このメソッドは、マルチキャスト・グループから脱退するネットワーク・インタフェースを受け入れません。
    void MulticastSocket.leaveGroup​(SocketAddress mcastaddr, NetworkInterface netIf)
    指定されたローカル・インタフェース上のマルチキャスト・グループから離れます。
    protected abstract void SocketImpl.listen​(int backlog)
    受信する接続(接続要求)を入れるキューの最大長を、count引数に設定します。
    URLConnection URL.openConnection()
    URLが参照するリモート・オブジェクトへの接続を表すURLConnectionインスタンスを返します。
    URLConnection URL.openConnection​(Proxy proxy)
    URL.openConnection()と同じですが、指定されたプロキシを介して接続が行われます。プロキシをサポートしないプロトコル・ハンドラは、プロキシ・パラメータを無視し、通常の接続を作成します。
    protected abstract URLConnection URLStreamHandler.openConnection​(URL u)
    URL引数によって参照されるオブジェクトへの接続をオープンします。
    protected URLConnection URLStreamHandler.openConnection​(URL u, Proxy p)
    openConnection(URL)とほぼ同じですが、接続の確立が指定されたプロキシ経由で行われる点が異なります。プロキシ処理をサポートしないプロトコル・ハンドラは、プロキシのパラメータを無視し、通常の接続を確立します。
    InputStream URL.openStream()
    このURLへの接続を開き、その接続から読み込むためのInputStreamを返します。
    protected abstract int DatagramSocketImpl.peek​(InetAddress i)
    パケットを調べて、パケットの送信者を確認します。
    protected abstract int DatagramSocketImpl.peekData​(DatagramPacket p)
    パケットを調べて、パケットの送信者を確認します。
    abstract void CookieHandler.put​(URI uri, Map<String,​List<String>> responseHeaders)
    応答ヘッダー内に存在するSet-Cookie2という名前の応答ヘッダー・フィールドなど、適用可能なすべてのCookieをCookieキャッシュ内に設定します。
    abstract CacheRequest ResponseCache.put​(URI uri, URLConnection conn)
    プロトコル・ハンドラがリソースの取得完了後にこのメソッドを呼び出し、ResponseCacheがそのリソースをキャッシュ内に格納すべきかどうかを決定します。
    void DatagramSocket.receive​(DatagramPacket p)
    このソケットからのデータグラム・パケットを受信します。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.receive​(DatagramPacket p)
    データグラム・パケットを受信します。
    void DatagramSocket.send​(DatagramPacket p)
    このソケットからデータグラム・パケットを送信します。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.send​(DatagramPacket p)
    データグラム・パケットを送信します。
    void MulticastSocket.send​(DatagramPacket p, byte ttl)
    非推奨。
    代わりに次のコードまたは同等のコードを使用してください: ......
    void Socket.sendUrgentData​(int data)
    このソケット上で1バイトの緊急データを送信します。
    protected abstract void SocketImpl.sendUrgentData​(int data)
    このソケット上で1バイトの緊急データを送信します。
    static void DatagramSocket.setDatagramSocketImplFactory​(DatagramSocketImplFactory fac)
    アプリケーションのデータグラム・ソケット実装ファクトリを設定します。
    <T> DatagramSocket DatagramSocket.setOption​(SocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    protected <T> void DatagramSocketImpl.setOption​(SocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションを設定するために呼び出されます。
    <T> ServerSocket ServerSocket.setOption​(SocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    <T> Socket Socket.setOption​(SocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    protected <T> void SocketImpl.setOption​(SocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションを設定するために呼び出されます。
    static void ServerSocket.setSocketFactory​(SocketImplFactory fac)
    アプリケーションのサーバー・ソケット実装ファクトリを設定します。
    static void Socket.setSocketImplFactory​(SocketImplFactory fac)
    アプリケーションのクライアント・ソケット実装ファクトリを設定します。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.setTimeToLive​(int ttl)
    TTL (有効期間)オプションを設定します。
    void MulticastSocket.setTimeToLive​(int ttl)
    マルチキャストのスコープを制御するために、このMulticastSocketから送信されるマルチキャスト・パケットのデフォルトの有効期間を設定します。
    protected abstract void DatagramSocketImpl.setTTL​(byte ttl)
    非推奨。
    代わりにsetTimeToLiveを使用してください。
    void MulticastSocket.setTTL​(byte ttl)
    非推奨。
    代わりにsetTimeToLiveメソッドを使用してください。このメソッドはttlの型として、byteではなくintを使用します。
    void Socket.shutdownInput()
    このソケットの入力ストリームを「ストリームの終わり」に設定します。
    protected void SocketImpl.shutdownInput()
    このソケットの入力ストリームを「ストリームの終わり」に設定します。
    void Socket.shutdownOutput()
    このソケットの出力ストリームを無効にします。
    protected void SocketImpl.shutdownOutput()
    このソケットの出力ストリームを無効にします。
    IOExceptionをスローするjava.netのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    MulticastSocket()
    マルチキャスト・ソケットを構築し、ローカル・ホスト・マシン上の使用可能なポートにバインドします。
    MulticastSocket​(int port)
    マルチキャスト・ソケットを構築し、ローカル・ホスト・マシン上の指定されたポートにバインドします。
    MulticastSocket​(SocketAddress bindaddr)
    指定されたローカル・ソケット・アドレスにバインドされたマルチキャスト・ソケットを作成します。
    ServerSocket()
    アンバウンドのサーバー・ソケットを作成します。
    ServerSocket​(int port)
    指定されたポートにバインドされたサーバー・ソケットを作成します。
    ServerSocket​(int port, int backlog)
    サーバー・ソケットを作成し、指定されたローカル・ポート番号にバインドし、指定されたバックログを設定します。
    ServerSocket​(int port, int backlog, InetAddress bindAddr)
    指定されたポート、待機バックログ、およびバインド先のローカルIPアドレスを使ってサーバーを作成します。
    Socket​(String host, int port)
    ストリーム・ソケットを作成し、指定されたホスト上の指定されたポート番号に接続します。
    Socket​(String host, int port, boolean stream)
    非推奨。
    UDP転送ではなくDatagramSocketを使ってください。
    Socket​(String host, int port, InetAddress localAddr, int localPort)
    ソケットを作成し、指定されたリモート・ポート上の指定されたリモート・ホストに接続します。
    Socket​(InetAddress address, int port)
    ストリーム・ソケットを作成し、指定されたIPアドレスの指定されたポート番号に接続します。
    Socket​(InetAddress host, int port, boolean stream)
    非推奨。
    UDP転送ではなくDatagramSocketを使ってください。
    Socket​(InetAddress address, int port, InetAddress localAddr, int localPort)
    ソケットを作成し、指定されたリモート・ポート上の指定されたリモート・アドレスに接続します。
  • java.net.httpでのIOExceptionの使用

    java.net.httpIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  HttpConnectTimeoutException
    指定された期間内にHttpRequestの送信を目的とした接続が正常に確立されなかった場合にスローされます。
    class  HttpTimeoutException
    レスポンスが指定された期間内に受信されない場合にスローされます。
    class  WebSocketHandshakeException
    開梱に失敗したときにスローされます。
    IOExceptionを投げるjava.net.httpのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract <T> HttpResponse<T> HttpClient.send​(HttpRequest request, HttpResponse.BodyHandler<T> responseBodyHandler)
    このクライアントを使用してリクエストを送信し、必要に応じてブロックしてレスポンスを取得します。
  • java.nioでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.nioのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    int CharBuffer.read​(CharBuffer target)
    指定されたcharバッファにcharを読み込みます。
  • java.nio.channelsでのIOExceptionの使用

    java.nio.channelsIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  AsynchronousCloseException
    別のスレッドがチャネルまたは入出力操作時にブロックされるチャネルの一部をクローズしたときにスレッドが受け取るチェック例外です。
    class  ClosedByInterruptException
    スレッドがチャネルでの入出力操作でブロックされているにもかかわらず、別のスレッドから割込みを受けた場合に受信するチェック例外です。
    class  ClosedChannelException
    クローズしたチャネルに対する入出力操作を行おうとしたとき、または実行しようとした入出力操作に対してそのチャネルがクローズされている場合にスローされるチェック例外です。
    class  FileLockInterruptionException
    ファイル・ロックの獲得を待機しているスレッドに対して別のスレッドから割込みがあったときに受け取られるチェック例外です。
    class  InterruptedByTimeoutException
    非同期操作が完了する前にタイム・アウト時間が経過したときにスレッドが受け取るチェック例外です。
    IOExceptionを投げるjava.nio.channelsのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract SocketChannel ServerSocketChannel.accept()
    このチャネルのソケットに対する接続を受け付けます。
    AsynchronousServerSocketChannel AsynchronousServerSocketChannel.bind​(SocketAddress local)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、接続を待機するようソケットを構成します。
    abstract AsynchronousServerSocketChannel AsynchronousServerSocketChannel.bind​(SocketAddress local, int backlog)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、接続を待機するようソケットを構成します。
    abstract AsynchronousSocketChannel AsynchronousSocketChannel.bind​(SocketAddress local)  
    abstract DatagramChannel DatagramChannel.bind​(SocketAddress local)  
    NetworkChannel NetworkChannel.bind​(SocketAddress local)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドします。
    ServerSocketChannel ServerSocketChannel.bind​(SocketAddress local)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、接続を待機するようソケットを構成します。
    abstract ServerSocketChannel ServerSocketChannel.bind​(SocketAddress local, int backlog)
    チャネルのソケットをローカル・アドレスにバインドし、接続を待機するようソケットを構成します。
    abstract SocketChannel SocketChannel.bind​(SocketAddress local)  
    abstract MembershipKey MembershipKey.block​(InetAddress source)
    指定されたソース・アドレスからマルチキャスト・データグラムをブロックします。
    void AsynchronousChannel.close()
    現在のチャネルをクローズします。
    void Channel.close()
    現在のチャネルをクローズします。
    void FileLock.close()
    このメソッドは、FileLock.release()メソッドを呼び出します。
    void InterruptibleChannel.close()
    現在のチャネルをクローズします。
    void MulticastChannel.close()
    現在のチャネルをクローズします。
    abstract void Selector.close()
    このセレクタをクローズします。
    abstract SelectableChannel SelectableChannel.configureBlocking​(boolean block)
    このチャネルのブロック・モードを調整します。
    abstract DatagramChannel DatagramChannel.connect​(SocketAddress remote)
    このチャネルのソケットを接続します。
    abstract boolean SocketChannel.connect​(SocketAddress remote)
    このチャネルのソケットを接続します。
    abstract DatagramChannel DatagramChannel.disconnect()
    このチャネルのソケットの接続を切断します。
    abstract boolean SocketChannel.finishConnect()
    ソケット・チャネルの接続処理を完了します。
    abstract void AsynchronousFileChannel.force​(boolean metaData)
    このチャネルのファイルの更新内容は、その記憶装置に強制的に書き込まれます。
    abstract void FileChannel.force​(boolean metaData)
    このチャネルのファイルの更新内容は、その記憶装置に強制的に書き込まれます。
    abstract SocketAddress AsynchronousServerSocketChannel.getLocalAddress()
    このチャネルのソケットがバインドされているソケット・アドレスを返します。
    abstract SocketAddress AsynchronousSocketChannel.getLocalAddress()
    このチャネルのソケットがバインドされているソケット・アドレスを返します。
    abstract SocketAddress DatagramChannel.getLocalAddress()
    このチャネルのソケットがバインドされているソケット・アドレスを返します。
    SocketAddress NetworkChannel.getLocalAddress()
    このチャネルのソケットがバインドされているソケット・アドレスを返します。
    abstract SocketAddress ServerSocketChannel.getLocalAddress()
    このチャネルのソケットがバインドされているソケット・アドレスを返します。
    abstract SocketAddress SocketChannel.getLocalAddress()
    このチャネルのソケットがバインドされているソケット・アドレスを返します。
    <T> T NetworkChannel.getOption​(SocketOption<T> name)
    ソケット・オプションの値を返します。
    abstract SocketAddress AsynchronousSocketChannel.getRemoteAddress()
    このチャネルのソケットが接続されているリモート・アドレスを返します。
    abstract SocketAddress DatagramChannel.getRemoteAddress()
    このチャネルのソケットが接続されているリモート・アドレスを返します。
    abstract SocketAddress SocketChannel.getRemoteAddress()
    このチャネルのソケットが接続されているリモート・アドレスを返します。
    MembershipKey MulticastChannel.join​(InetAddress group, NetworkInterface interf)
    マルチキャスト・グループに参加してそのグループに送信されるすべてのデータグラムの受信を開始し、メンバー・キーを返します。
    MembershipKey MulticastChannel.join​(InetAddress group, NetworkInterface interf, InetAddress source)
    マルチキャスト・グループに参加して、指定されたソース・アドレスからそのグループに送信されるデータグラムの受信を開始します。
    FileLock FileChannel.lock()
    このチャネルのファイル上に排他ロックを設定します。
    abstract FileLock FileChannel.lock​(long position, long size, boolean shared)
    このチャネルのファイルの指定された領域をロックします。
    abstract MappedByteBuffer FileChannel.map​(FileChannel.MapMode mode, long position, long size)
    このチャネルのファイルの領域を直接メモリーにマッピングします。
    static AsynchronousFileChannel AsynchronousFileChannel.open​(Path file, OpenOption... options)
    読み込みまたは書き込み(あるいはその両方)用のファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするための非同期のファイル・チャネルを返します。
    static AsynchronousFileChannel AsynchronousFileChannel.open​(Path file, Set<? extends OpenOption> options, ExecutorService executor, FileAttribute<?>... attrs)
    読み込みまたは書き込み(あるいはその両方)用のファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするための非同期のファイル・チャネルを返します。
    static AsynchronousServerSocketChannel AsynchronousServerSocketChannel.open()
    非同期のサーバー・ソケット・チャネルを開きます。
    static AsynchronousServerSocketChannel AsynchronousServerSocketChannel.open​(AsynchronousChannelGroup group)
    非同期のサーバー・ソケット・チャネルを開きます。
    static AsynchronousSocketChannel AsynchronousSocketChannel.open()
    非同期のソケット・チャネルを開きます。
    static AsynchronousSocketChannel AsynchronousSocketChannel.open​(AsynchronousChannelGroup group)
    非同期のソケット・チャネルを開きます。
    static DatagramChannel DatagramChannel.open()
    データグラム・チャネルをオープンします。
    static DatagramChannel DatagramChannel.open​(ProtocolFamily family)
    データグラム・チャネルをオープンします。
    static FileChannel FileChannel.open​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのファイル・チャネルを返します。
    static FileChannel FileChannel.open​(Path path, Set<? extends OpenOption> options, FileAttribute<?>... attrs)
    ファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのファイル・チャネルを返します。
    static Pipe Pipe.open()
    パイプをオープンします。
    static Selector Selector.open()
    セレクタをオープンします。
    static ServerSocketChannel ServerSocketChannel.open()
    サーバー・ソケット・チャネルをオープンします。
    static ServerSocketChannel ServerSocketChannel.open​(ProtocolFamily family)
    サーバー・ソケットをオープンします。channel.The familyパラメータでは、チャネル・ソケットのprotocol familyを指定します。
    static SocketChannel SocketChannel.open()
    ソケット・チャネルをオープンします。
    static SocketChannel SocketChannel.open​(ProtocolFamily family)
    ソケット・チャネルをオープンします。
    static SocketChannel SocketChannel.open​(SocketAddress remote)
    ソケット・チャネルをオープンし、リモート・アドレスに接続します。
    abstract long FileChannel.position()
    このチャネルのファイル位置を返します。
    abstract FileChannel FileChannel.position​(long newPosition)
    このチャネルのファイル位置を設定します。
    long SeekableByteChannel.position()
    このチャネルの位置を返します。
    SeekableByteChannel SeekableByteChannel.position​(long newPosition)
    このチャネルの位置を設定します。
    abstract int DatagramChannel.read​(ByteBuffer dst)
    このチャネルからデータグラムを読み込みます。
    long DatagramChannel.read​(ByteBuffer[] dsts)
    このチャネルからデータグラムを読み込みます。
    abstract long DatagramChannel.read​(ByteBuffer[] dsts, int offset, int length)
    このチャネルからデータグラムを読み込みます。
    abstract int FileChannel.read​(ByteBuffer dst)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定のバッファに読み込みます。
    long FileChannel.read​(ByteBuffer[] dsts)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファに読み込みます。
    abstract long FileChannel.read​(ByteBuffer[] dsts, int offset, int length)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファのサブシーケンスに読み込みます。
    abstract int FileChannel.read​(ByteBuffer dst, long position)
    このチャネルのバイト・シーケンスを、指定されたファイル位置からバッファに読み込みます。
    int ReadableByteChannel.read​(ByteBuffer dst)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定のバッファに読み込みます。
    long ScatteringByteChannel.read​(ByteBuffer[] dsts)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファに読み込みます。
    long ScatteringByteChannel.read​(ByteBuffer[] dsts, int offset, int length)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファのサブシーケンスに読み込みます。
    int SeekableByteChannel.read​(ByteBuffer dst)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定のバッファに読み込みます。
    abstract int SocketChannel.read​(ByteBuffer dst)  
    long SocketChannel.read​(ByteBuffer[] dsts)  
    abstract long SocketChannel.read​(ByteBuffer[] dsts, int offset, int length)  
    abstract SocketAddress DatagramChannel.receive​(ByteBuffer dst)
    このチャネルからデータグラムを受信します。
    abstract void FileLock.release()
    このロックを解除します。
    abstract int Selector.select()
    入出力操作の実行が可能な対応するチャネルを持つキー・セットを選択します。
    abstract int Selector.select​(long timeout)
    入出力操作の実行が可能な対応するチャネルを持つキー・セットを選択します。
    int Selector.select​(Consumer<SelectionKey> action)
    対応するチャネルがI/O操作の準備ができているキーに対して、アクションを選択および実行します。
    int Selector.select​(Consumer<SelectionKey> action, long timeout)
    対応するチャネルがI/O操作の準備ができているキーに対して、アクションを選択および実行します。
    abstract int Selector.selectNow()
    入出力操作の実行が可能な対応するチャネルを持つキー・セットを選択します。
    int Selector.selectNow​(Consumer<SelectionKey> action)
    対応するチャネルがI/O操作の準備ができているキーに対して、アクションを選択および実行します。
    abstract int DatagramChannel.send​(ByteBuffer src, SocketAddress target)
    このチャネルからデータグラムを送信します。
    abstract <T> AsynchronousServerSocketChannel AsynchronousServerSocketChannel.setOption​(SocketOption<T> name, T value)  
    abstract <T> AsynchronousSocketChannel AsynchronousSocketChannel.setOption​(SocketOption<T> name, T value)  
    abstract <T> DatagramChannel DatagramChannel.setOption​(SocketOption<T> name, T value)  
    <T> NetworkChannel NetworkChannel.setOption​(SocketOption<T> name, T value)
    ソケット・オプションの値を設定します。
    abstract <T> ServerSocketChannel ServerSocketChannel.setOption​(SocketOption<T> name, T value)  
    abstract <T> SocketChannel SocketChannel.setOption​(SocketOption<T> name, T value)  
    abstract AsynchronousSocketChannel AsynchronousSocketChannel.shutdownInput()
    チャネルを閉じずに読み込むための接続をシャットダウンします。
    abstract SocketChannel SocketChannel.shutdownInput()
    チャネルを閉じずに読み込むための接続をシャットダウンします。
    abstract void AsynchronousChannelGroup.shutdownNow()
    グループをシャットダウンし、グループ内のすべての開いているチャネルを閉じます。
    abstract AsynchronousSocketChannel AsynchronousSocketChannel.shutdownOutput()
    チャネルを閉じずに書き込むための接続をシャットダウンします。
    abstract SocketChannel SocketChannel.shutdownOutput()
    チャネルを閉じずに書き込むための接続をシャットダウンします。
    abstract long AsynchronousFileChannel.size()
    このチャネルのファイルの現在のサイズを返します。
    abstract long FileChannel.size()
    このチャネルのファイルの現在のサイズを返します。
    long SeekableByteChannel.size()
    このチャネルの接続先のエンティティの現在のサイズを返します。
    abstract long FileChannel.transferFrom​(ReadableByteChannel src, long position, long count)
    指定された読込み可能なバイト・チャネルからこのチャネルのファイルへバイトを転送します。
    abstract long FileChannel.transferTo​(long position, long count, WritableByteChannel target)
    このチャネルのファイルから指定された書込み可能なバイト・チャネルへバイトを転送します。
    abstract AsynchronousFileChannel AsynchronousFileChannel.truncate​(long size)
    このチャネルのファイルの末尾を切詰め、指定されたサイズにします。
    abstract FileChannel FileChannel.truncate​(long size)
    このチャネルのファイルの末尾を切詰め、指定されたサイズにします。
    SeekableByteChannel SeekableByteChannel.truncate​(long size)
    このチャネルの接続先のエンティティの末尾を切詰め、指定されたサイズにします。
    FileLock AsynchronousFileChannel.tryLock()
    このチャネルのファイル上で排他ロックを獲得しようとします。
    abstract FileLock AsynchronousFileChannel.tryLock​(long position, long size, boolean shared)
    このチャネルのファイルの指定された領域でロックを獲得しようとします。
    FileLock FileChannel.tryLock()
    このチャネルのファイル上で排他ロックを獲得しようとします。
    abstract FileLock FileChannel.tryLock​(long position, long size, boolean shared)
    このチャネルのファイルの指定された領域でロックを獲得しようとします。
    static AsynchronousChannelGroup AsynchronousChannelGroup.withCachedThreadPool​(ExecutorService executor, int initialSize)
    必要に応じて新しいスレッドを作成する指定されたスレッド・プールで、非同期チャネル・グループを作成します。
    static AsynchronousChannelGroup AsynchronousChannelGroup.withFixedThreadPool​(int nThreads, ThreadFactory threadFactory)
    固定されたスレッド・プールで非同期チャネル・グループを作成します。
    static AsynchronousChannelGroup AsynchronousChannelGroup.withThreadPool​(ExecutorService executor)
    指定されたスレッド・プールで非同期チャネル・グループを作成します。
    abstract int DatagramChannel.write​(ByteBuffer src)
    このチャネルへデータグラムを書き込みます。
    long DatagramChannel.write​(ByteBuffer[] srcs)
    このチャネルへデータグラムを書き込みます。
    abstract long DatagramChannel.write​(ByteBuffer[] srcs, int offset, int length)
    このチャネルへデータグラムを書き込みます。
    abstract int FileChannel.write​(ByteBuffer src)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定のバッファから書き出します。
    long FileChannel.write​(ByteBuffer[] srcs)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファから書き出します。
    abstract long FileChannel.write​(ByteBuffer[] srcs, int offset, int length)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファのサブシーケンスから書き出します。
    abstract int FileChannel.write​(ByteBuffer src, long position)
    指定されたバッファのバイト・シーケンスをこのチャネルの指定されたファイル位置に書き込みます。
    long GatheringByteChannel.write​(ByteBuffer[] srcs)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファから書き出します。
    long GatheringByteChannel.write​(ByteBuffer[] srcs, int offset, int length)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定されたバッファのサブシーケンスから書き出します。
    int SeekableByteChannel.write​(ByteBuffer src)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定のバッファから書き出します。
    abstract int SocketChannel.write​(ByteBuffer src)  
    long SocketChannel.write​(ByteBuffer[] srcs)  
    abstract long SocketChannel.write​(ByteBuffer[] srcs, int offset, int length)  
    int WritableByteChannel.write​(ByteBuffer src)
    このチャネルのバイト・シーケンスを指定のバッファから書き出します。
  • java.nio.channels.spiでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.nio.channels.spiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void AbstractInterruptibleChannel.close()
    現在のチャネルをクローズします。
    void AbstractSelector.close()
    このセレクタをクローズします。
    SelectableChannel AbstractSelectableChannel.configureBlocking​(boolean block)
    このチャネルのブロック・モードを調整します。
    protected abstract void AbstractInterruptibleChannel.implCloseChannel()
    現在のチャネルをクローズします。
    protected void AbstractSelectableChannel.implCloseChannel()
    現在のチャネルをクローズします。
    protected abstract void AbstractSelectableChannel.implCloseSelectableChannel()
    この選択可能チャネルをクローズします。
    protected abstract void AbstractSelector.implCloseSelector()
    このセレクタをクローズします。
    protected abstract void AbstractSelectableChannel.implConfigureBlocking​(boolean block)
    このチャネルのブロック・モードを調整します。
    Channel SelectorProvider.inheritedChannel()
    Java仮想マシンを作成したエンティティから継承されたチャネルを返します。
    abstract AsynchronousChannelGroup AsynchronousChannelProvider.openAsynchronousChannelGroup​(int nThreads, ThreadFactory threadFactory)
    固定されたスレッド・プールで新しい非同期チャネル・グループを構築します。
    abstract AsynchronousChannelGroup AsynchronousChannelProvider.openAsynchronousChannelGroup​(ExecutorService executor, int initialSize)
    指定されたスレッド・プールで新しい非同期チャネル・グループを構築します。
    abstract AsynchronousServerSocketChannel AsynchronousChannelProvider.openAsynchronousServerSocketChannel​(AsynchronousChannelGroup group)
    非同期のサーバー・ソケット・チャネルを開きます。
    abstract AsynchronousSocketChannel AsynchronousChannelProvider.openAsynchronousSocketChannel​(AsynchronousChannelGroup group)
    非同期のソケット・チャネルを開きます。
    abstract DatagramChannel SelectorProvider.openDatagramChannel()
    データグラム・チャネルをオープンします。
    abstract DatagramChannel SelectorProvider.openDatagramChannel​(ProtocolFamily family)
    データグラム・チャネルをオープンします。
    abstract Pipe SelectorProvider.openPipe()
    パイプをオープンします。
    abstract AbstractSelector SelectorProvider.openSelector()
    セレクタをオープンします。
    abstract ServerSocketChannel SelectorProvider.openServerSocketChannel()
    サーバー・ソケット・チャネルをオープンします。
    ServerSocketChannel SelectorProvider.openServerSocketChannel​(ProtocolFamily family)
    サーバー・ソケット・チャネルをオープンします。
    abstract SocketChannel SelectorProvider.openSocketChannel()
    ソケット・チャネルをオープンします。
    SocketChannel SelectorProvider.openSocketChannel​(ProtocolFamily family)
    ソケット・チャネルをオープンします。
  • java.nio.charsetでのIOExceptionの使用

    java.nio.charsetIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  CharacterCodingException
    文字のエンコード・エラーやデコード・エラーが発生したときにスローされるチェック例外です。
    class  MalformedInputException
    入力バイト・シーケンスが指定文字セットにとって正当でない場合、または入力文字シーケンスが16ビットの正規Unicodeシーケンスでない場合にスローされるチェック例外です。
    class  UnmappableCharacterException
    入力文字(またはバイト)シーケンスは有効だが出力バイト(または文字)シーケンスにマップできない場合にスローされるチェック例外です。
  • java.nio.fileでのIOExceptionの使用

    java.nio.fileIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  AccessDeniedException
    通常はファイル・アクセス権またはその他のアクセス・チェックのために、ファイル・システム操作が拒否されたときにスローされるチェック例外です。
    class  AtomicMoveNotSupportedException
    原子的なファイル・システム操作としてファイルを移動できない場合にスローされるチェック例外です。
    class  DirectoryNotEmptyException
    ディレクトリが空でないためにファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    class  FileAlreadyExistsException
    ファイルまたはディレクトリの作成を試みたときにその名前のファイルがすでに存在している場合にスローされるチェック例外です。
    class  FileSystemException
    1つまたは2つのファイルでファイル・システム操作が失敗した場合にスローされます。
    class  FileSystemLoopException
    ファイル・システムのループ、すなわちサイクルが検出された場合にスローされるチェック例外です。
    class  NoSuchFileException
    存在しないファイルへのアクセスを試みた場合にスローされるチェック例外です。
    class  NotDirectoryException
    ファイルがディレクトリでないために、ディレクトリを対象にしたファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    class  NotLinkException
    ファイルがシンボリック・リンクでないためにファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    IOExceptionを返すjava.nio.fileのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    IOException DirectoryIteratorException.getCause()
    この例外の原因を返します。
    IOExceptionのパラメータを持つjava.nio.fileのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    FileVisitResult FileVisitor.postVisitDirectory​(T dir, IOException exc)
    ディレクトリ内のエントリ、およびそのすべての子孫がビジットされたあとにそのディレクトリに対して呼び出されます。
    FileVisitResult SimpleFileVisitor.postVisitDirectory​(T dir, IOException exc)
    ディレクトリ内のエントリ、およびそのすべての子孫がビジットされたあとにそのディレクトリに対して呼び出されます。
    FileVisitResult FileVisitor.visitFileFailed​(T file, IOException exc)
    ビジットできなかったファイルに対して呼び出されます。
    FileVisitResult SimpleFileVisitor.visitFileFailed​(T file, IOException exc)
    ビジットできなかったファイルに対して呼び出されます。
    IOExceptionを投げるjava.nio.fileのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    boolean DirectoryStream.Filter.accept​(T entry)
    指定されたディレクトリ・エントリを受け入れるべきかフィルタするべきかを決定します。
    abstract void FileSystem.close()
    このファイル・システムを閉じます。
    void WatchService.close()
    この監視サービスを閉じます。
    static long Files.copy​(InputStream in, Path target, CopyOption... options)
    すべてのバイトを入力ストリームからファイルにコピーします。
    static long Files.copy​(Path source, OutputStream out)
    すべてのバイトをファイルから出力ストリームにコピーします。
    static Path Files.copy​(Path source, Path target, CopyOption... options)
    ファイルをターゲット・ファイルにコピーします。
    static Path Files.createDirectories​(Path dir, FileAttribute<?>... attrs)
    存在しないすべての親ディレクトリをまず作成することで、ディレクトリを作成します。
    static Path Files.createDirectory​(Path dir, FileAttribute<?>... attrs)
    新しいディレクトリを作成します。
    static Path Files.createFile​(Path path, FileAttribute<?>... attrs)
    新しい空のファイルを作成し、ファイルがすでに存在する場合は失敗します。
    static Path Files.createLink​(Path link, Path existing)
    既存のファイルに対して新しいリンク(ディレクトリ・エントリ)を作成します(オプションの操作)
    static Path Files.createSymbolicLink​(Path link, Path target, FileAttribute<?>... attrs)
    ターゲットへのシンボリック・リンクを作成します(オプションの操作)
    static Path Files.createTempDirectory​(String prefix, FileAttribute<?>... attrs)
    デフォルトの一時ファイル・ディレクトリで新しいディレクトリを生成し、その名前には、指定された接頭辞が使用されます。
    static Path Files.createTempDirectory​(Path dir, String prefix, FileAttribute<?>... attrs)
    指定されたディレクトリで新しいディレクトリを生成し、その名前には、指定された接頭辞が使用されます。
    static Path Files.createTempFile​(String prefix, String suffix, FileAttribute<?>... attrs)
    指定された接頭辞と接尾辞をファイル名の生成に使用して、デフォルトの一時ファイル・ディレクトリに空のファイルを生成します。
    static Path Files.createTempFile​(Path dir, String prefix, String suffix, FileAttribute<?>... attrs)
    指定されたディレクトリで新しい空のファイルを生成し、その名前には、指定された接頭辞および接尾辞の文字列が使用されます。
    static void Files.delete​(Path path)
    ファイルを削除します。
    void SecureDirectoryStream.deleteDirectory​(T path)
    ディレクトリを削除します。
    void SecureDirectoryStream.deleteFile​(T path)
    ファイルを削除します。
    static boolean Files.deleteIfExists​(Path path)
    ファイルが存在する場合は削除します。
    static Stream<Path> Files.find​(Path start, int maxDepth, BiPredicate<Path,​BasicFileAttributes> matcher, FileVisitOption... options)
    指定された開始ファイルをルートとするファイル・ツリー内でファイルを検索することで Pathが遅延設定されるStreamを返します。
    static Object Files.getAttribute​(Path path, String attribute, LinkOption... options)
    ファイル属性の値を読み取ります。
    abstract Object FileStore.getAttribute​(String attribute)
    ファイル・ストア属性の値を読み取ります。
    long FileStore.getBlockSize()
    このファイル・ストア内のブロックあたりのバイト数を返します。
    static FileStore Files.getFileStore​(Path path)
    ファイルが置かれているファイル・ストアを表すFileStoreを返します。
    static FileTime Files.getLastModifiedTime​(Path path, LinkOption... options)
    ファイルの最終変更時間を返します。
    static UserPrincipal Files.getOwner​(Path path, LinkOption... options)
    ファイルの所有者を返します。
    static Set<PosixFilePermission> Files.getPosixFilePermissions​(Path path, LinkOption... options)
    ファイルのPOSIXファイル・アクセス権を返します。
    abstract long FileStore.getTotalSpace()
    ファイル・ストアのサイズをバイトで返します。
    abstract long FileStore.getUnallocatedSpace()
    ファイル・ストア内の未割当てのバイト数を返します。
    abstract long FileStore.getUsableSpace()
    このファイル・ストア上で、このJava仮想マシンが利用できるバイト数を返します。
    static boolean Files.isHidden​(Path path)
    ファイルが隠しファイルとみなされるかどうかを判断します。
    static boolean Files.isSameFile​(Path path, Path path2)
    2つのパスが同じファイルを検出するかどうかを判断します。
    static Stream<String> Files.lines​(Path path)
    ファイル内のすべての行をStreamとして読み取ります。
    static Stream<String> Files.lines​(Path path, Charset cs)
    ファイル内のすべての行をStreamとして読み取ります。
    static Stream<Path> Files.list​(Path dir)
    ディレクトリ内のエントリを要素に持つ遅延設定Streamを返します。
    static long Files.mismatch​(Path path, Path path2)
    2つのファイルのコンテンツ内で、最初の不一致バイトの位置を検索して返します。不一致がない場合は、-1L
    static Path Files.move​(Path source, Path target, CopyOption... options)
    ファイルをターゲット・ファイルに移動するか、そのファイル名を変更します。
    void SecureDirectoryStream.move​(T srcpath, SecureDirectoryStream<T> targetdir, T targetpath)
    このディレクトリからほかのディレクトリにファイルを移動します。
    static BufferedReader Files.newBufferedReader​(Path path)
    ファイルを読込み用に開き、効率的な方法でファイルからテキストを読み込むBufferedReaderを返します。
    static BufferedReader Files.newBufferedReader​(Path path, Charset cs)
    ファイルを読込み用に開き、そのファイルから効果的な方法でテキストを読み込むために使用できるBufferedReaderを返します。
    static BufferedWriter Files.newBufferedWriter​(Path path, Charset cs, OpenOption... options)
    ファイルを書込み用に開くか作成して、そのファイルに効果的な方法でテキストを書き込むために使用できるBufferedWriterを返します。
    static BufferedWriter Files.newBufferedWriter​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを書込み用に開くか作成し、効率的な方法でファイルにテキストを書き込むBufferedWriterを返します。
    static SeekableByteChannel Files.newByteChannel​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのシーク可能なバイト・チャネルを返します。
    static SeekableByteChannel Files.newByteChannel​(Path path, Set<? extends OpenOption> options, FileAttribute<?>... attrs)
    ファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのシーク可能なバイト・チャネルを返します。
    SeekableByteChannel SecureDirectoryStream.newByteChannel​(T path, Set<? extends OpenOption> options, FileAttribute<?>... attrs)
    このディレクトリ内のファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのシーク可能なバイト・チャネルを返します。
    static DirectoryStream<Path> Files.newDirectoryStream​(Path dir)
    ディレクトリを開き、ディレクトリ内のすべてのエントリを反復するためのDirectoryStreamを返します。
    static DirectoryStream<Path> Files.newDirectoryStream​(Path dir, String glob)
    ディレクトリを開き、そのディレクトリ内のエントリに対して反復処理を行うDirectoryStreamを返します。
    static DirectoryStream<Path> Files.newDirectoryStream​(Path dir, DirectoryStream.Filter<? super Path> filter)
    ディレクトリを開き、そのディレクトリ内のエントリに対して反復処理を行うDirectoryStreamを返します。
    SecureDirectoryStream<T> SecureDirectoryStream.newDirectoryStream​(T path, LinkOption... options)
    指定されたパスによって識別されるディレクトリを開き、そのディレクトリ内のエントリを反復処理する SecureDirectoryStreamを返します。
    static FileSystem FileSystems.newFileSystem​(URI uri, Map<String,​?> env)
    URIによって識別される新しいファイル・システムを構築します。
    static FileSystem FileSystems.newFileSystem​(URI uri, Map<String,​?> env, ClassLoader loader)
    URIによって識別される新しいファイル・システムを構築します。
    static FileSystem FileSystems.newFileSystem​(Path path)
    ファイルの内容にファイル・システムとしてアクセスする新しいFileSystemを構築します。
    static FileSystem FileSystems.newFileSystem​(Path path, ClassLoader loader)
    ファイルの内容にファイル・システムとしてアクセスする新しいFileSystemを構築します。
    static FileSystem FileSystems.newFileSystem​(Path path, Map<String,​?> env)
    ファイルの内容にファイル・システムとしてアクセスする新しいFileSystemを構築します。
    static FileSystem FileSystems.newFileSystem​(Path path, Map<String,​?> env, ClassLoader loader)
    ファイルの内容にファイル・システムとしてアクセスする新しいFileSystemを構築します。
    static InputStream Files.newInputStream​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを開き、そのファイルから読み取る入力ストリームを返します。
    static OutputStream Files.newOutputStream​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを開くか作成して、そのファイルにバイトを書き込むために使用できる出力ストリームを返します。
    abstract WatchService FileSystem.newWatchService()
    新しいWatchServiceを構築します(オプションの操作)
    FileVisitResult FileVisitor.postVisitDirectory​(T dir, IOException exc)
    ディレクトリ内のエントリ、およびそのすべての子孫がビジットされたあとにそのディレクトリに対して呼び出されます。
    FileVisitResult SimpleFileVisitor.postVisitDirectory​(T dir, IOException exc)
    ディレクトリ内のエントリ、およびそのすべての子孫がビジットされたあとにそのディレクトリに対して呼び出されます。
    FileVisitResult FileVisitor.preVisitDirectory​(T dir, BasicFileAttributes attrs)
    ディレクトリ内のエントリがビジットされる前に、そのディレクトリに対して呼び出されます。
    FileVisitResult SimpleFileVisitor.preVisitDirectory​(T dir, BasicFileAttributes attrs)
    ディレクトリ内のエントリがビジットされる前に、そのディレクトリに対して呼び出されます。
    static String Files.probeContentType​(Path path)
    ファイルのコンテンツ・タイプを調べます。
    static byte[] Files.readAllBytes​(Path path)
    ファイルからすべてのバイトを読み取ります。
    static List<String> Files.readAllLines​(Path path)
    ファイルからすべての行を読み取ります。
    static List<String> Files.readAllLines​(Path path, Charset cs)
    ファイルからすべての行を読み取ります。
    static <A extends BasicFileAttributes>
    A
    Files.readAttributes​(Path path, Class<A> type, LinkOption... options)
    一括操作としてファイル属性を読み取ります。
    static Map<String,​Object> Files.readAttributes​(Path path, String attributes, LinkOption... options)
    一括操作として一連のファイル属性を読み取ります。
    static String Files.readString​(Path path)
    ファイルのすべてのコンテンツを文字列に読み込み、UTF-8 charsetを使用してバイトから文字にデコードします。
    static String Files.readString​(Path path, Charset cs)
    ファイルのすべての文字を文字列に読み込み、指定されたcharsetを使用してバイトから文字にデコードします。
    static Path Files.readSymbolicLink​(Path link)
    シンボリック・リンクのターゲットを読み取ります(オプションの操作)
    default WatchKey Path.register​(WatchService watcher, WatchEvent.Kind<?>... events)
    このパスで検出されたファイルを監視サービスに登録します。
    WatchKey Path.register​(WatchService watcher, WatchEvent.Kind<?>[] events, WatchEvent.Modifier... modifiers)
    このパスで検出されたファイルを監視サービスに登録します。
    WatchKey Watchable.register​(WatchService watcher, WatchEvent.Kind<?>... events)
    オブジェクトを監視サービスに登録します。
    WatchKey Watchable.register​(WatchService watcher, WatchEvent.Kind<?>[] events, WatchEvent.Modifier... modifiers)
    オブジェクトを監視サービスに登録します。
    static Path Files.setAttribute​(Path path, String attribute, Object value, LinkOption... options)
    ファイル属性の値を設定します。
    static Path Files.setLastModifiedTime​(Path path, FileTime time)
    ファイルの最終変更時間属性を更新します。
    static Path Files.setOwner​(Path path, UserPrincipal owner)
    ファイル所有者を更新します。
    static Path Files.setPosixFilePermissions​(Path path, Set<PosixFilePermission> perms)
    ファイルのPOSIXファイル・アクセス権を設定します。
    static long Files.size​(Path path)
    ファイルのサイズをバイトで返します。
    Path Path.toRealPath​(LinkOption... options)
    既存のファイルの実際のパスを返します。
    FileVisitResult FileVisitor.visitFile​(T file, BasicFileAttributes attrs)
    ディレクトリ内のファイルに対して呼び出されます。
    FileVisitResult SimpleFileVisitor.visitFile​(T file, BasicFileAttributes attrs)
    ディレクトリ内のファイルに対して呼び出されます。
    FileVisitResult FileVisitor.visitFileFailed​(T file, IOException exc)
    ビジットできなかったファイルに対して呼び出されます。
    FileVisitResult SimpleFileVisitor.visitFileFailed​(T file, IOException exc)
    ビジットできなかったファイルに対して呼び出されます。
    static Stream<Path> Files.walk​(Path start, int maxDepth, FileVisitOption... options)
    指定された開始ファイルをルートとするファイル・ツリーを参照することで Pathが遅延移入されるStreamを返します。
    static Stream<Path> Files.walk​(Path start, FileVisitOption... options)
    指定された開始ファイルをルートとするファイル・ツリーを参照することで Pathが遅延移入されるStreamを返します。
    static Path Files.walkFileTree​(Path start, FileVisitor<? super Path> visitor)
    ファイル・ツリーを参照します。
    static Path Files.walkFileTree​(Path start, Set<FileVisitOption> options, int maxDepth, FileVisitor<? super Path> visitor)
    ファイル・ツリーを参照します。
    static Path Files.write​(Path path, byte[] bytes, OpenOption... options)
    バイトをファイルに書き込みます。
    static Path Files.write​(Path path, Iterable<? extends CharSequence> lines, Charset cs, OpenOption... options)
    テキスト行をファイルに書き込みます。
    static Path Files.write​(Path path, Iterable<? extends CharSequence> lines, OpenOption... options)
    テキスト行をファイルに書き込みます。
    static Path Files.writeString​(Path path, CharSequence csq, Charset cs, OpenOption... options)
    CharSequenceをファイルに書き込みます。
    static Path Files.writeString​(Path path, CharSequence csq, OpenOption... options)
    CharSequenceをファイルに書き込みます。
    IOExceptionのパラメータを持つjava.nio.fileのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    DirectoryIteratorException​(IOException cause)
    このクラスのインスタンスを構築します。
  • java.nio.file.attributeでのIOExceptionの使用

    java.nio.file.attributeIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  UserPrincipalNotFoundException
    主体が存在しないためにUserPrincipalの検索に失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    IOExceptionを投げるjava.nio.file.attributeのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void UserDefinedFileAttributeView.delete​(String name)
    ユーザー定義属性を削除します。
    List<AclEntry> AclFileAttributeView.getAcl()
    アクセス制御リストを読み取ります。
    UserPrincipal FileOwnerAttributeView.getOwner()
    ファイル所有者を読み取ります。
    List<String> UserDefinedFileAttributeView.list()
    ユーザー定義属性の名前を含むリストを返します。
    abstract GroupPrincipal UserPrincipalLookupService.lookupPrincipalByGroupName​(String group)
    グループ主体をグループ名で検索します。
    abstract UserPrincipal UserPrincipalLookupService.lookupPrincipalByName​(String name)
    ユーザー主体を名前で検索します。
    int UserDefinedFileAttributeView.read​(String name, ByteBuffer dst)
    ユーザー定義属性の値をバッファに読み込みます。
    BasicFileAttributes BasicFileAttributeView.readAttributes()
    一括操作として基本ファイル属性を読み取ります。
    DosFileAttributes DosFileAttributeView.readAttributes()  
    PosixFileAttributes PosixFileAttributeView.readAttributes()  
    void AclFileAttributeView.setAcl​(List<AclEntry> acl)
    アクセス制御リストを更新(置換)します。
    void DosFileAttributeView.setArchive​(boolean value)
    アーカイブ属性の値を更新します。
    void PosixFileAttributeView.setGroup​(GroupPrincipal group)
    ファイルのグループ所有者を更新します。
    void DosFileAttributeView.setHidden​(boolean value)
    隠し属性の値を更新します。
    void FileOwnerAttributeView.setOwner​(UserPrincipal owner)
    ファイル所有者を更新します。
    void PosixFileAttributeView.setPermissions​(Set<PosixFilePermission> perms)
    ファイル・アクセス権を更新します。
    void DosFileAttributeView.setReadOnly​(boolean value)
    読取り専用属性の値を更新します。
    void DosFileAttributeView.setSystem​(boolean value)
    システム属性の値を更新します。
    void BasicFileAttributeView.setTimes​(FileTime lastModifiedTime, FileTime lastAccessTime, FileTime createTime)
    ファイルの最終変更時間、最終アクセス時間、および作成時間属性のいずれかまたはすべてを更新します。
    int UserDefinedFileAttributeView.size​(String name)
    ユーザー定義属性の値のサイズを返します。
    int UserDefinedFileAttributeView.write​(String name, ByteBuffer src)
    ユーザー定義属性の値をバッファから書き出します。
  • java.nio.file.spiでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.nio.file.spiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    abstract void FileSystemProvider.checkAccess​(Path path, AccessMode... modes)
    ファイルの存在および、オプションでアクセシビリティをチェックします。
    abstract void FileSystemProvider.copy​(Path source, Path target, CopyOption... options)
    ファイルをターゲット・ファイルにコピーします。
    abstract void FileSystemProvider.createDirectory​(Path dir, FileAttribute<?>... attrs)
    新しいディレクトリを作成します。
    void FileSystemProvider.createLink​(Path link, Path existing)
    既存のファイルに対して新しいリンク(ディレクトリ・エントリ)を作成します。
    void FileSystemProvider.createSymbolicLink​(Path link, Path target, FileAttribute<?>... attrs)
    ターゲットへのシンボリック・リンクを作成します。
    abstract void FileSystemProvider.delete​(Path path)
    ファイルを削除します。
    boolean FileSystemProvider.deleteIfExists​(Path path)
    ファイルが存在する場合は削除します。
    abstract FileStore FileSystemProvider.getFileStore​(Path path)
    ファイルが置かれているファイル・ストアを表すFileStoreを返します。
    abstract boolean FileSystemProvider.isHidden​(Path path)
    ファイルが隠しファイルとみなされるかどうかを判断します。
    abstract boolean FileSystemProvider.isSameFile​(Path path, Path path2)
    2つのパスが同じファイルを検出するかどうかを判断します。
    abstract void FileSystemProvider.move​(Path source, Path target, CopyOption... options)
    ファイルをターゲット・ファイルに移動するか、そのファイル名を変更します。
    AsynchronousFileChannel FileSystemProvider.newAsynchronousFileChannel​(Path path, Set<? extends OpenOption> options, ExecutorService executor, FileAttribute<?>... attrs)
    読み込みまたは書き込み(あるいはその両方)用のファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするための非同期のファイル・チャネルを返します。
    abstract SeekableByteChannel FileSystemProvider.newByteChannel​(Path path, Set<? extends OpenOption> options, FileAttribute<?>... attrs)
    ファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのシーク可能なバイト・チャネルを返します。
    abstract DirectoryStream<Path> FileSystemProvider.newDirectoryStream​(Path dir, DirectoryStream.Filter<? super Path> filter)
    ディレクトリを開き、そのディレクトリ内のエントリに対して反復処理を行うDirectoryStreamを返します。
    FileChannel FileSystemProvider.newFileChannel​(Path path, Set<? extends OpenOption> options, FileAttribute<?>... attrs)
    読み取りまたは書き込み(あるいはその両方)用のファイルを開くか作成し、そのファイルにアクセスするためのファイル・チャネルを返します。
    abstract FileSystem FileSystemProvider.newFileSystem​(URI uri, Map<String,​?> env)
    URIで識別される新しいFileSystemオブジェクトを構築します。
    FileSystem FileSystemProvider.newFileSystem​(Path path, Map<String,​?> env)
    ファイルの内容にファイル・システムとしてアクセスする新しいFileSystemを構築します。
    InputStream FileSystemProvider.newInputStream​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを開き、そのファイルから読み取る入力ストリームを返します。
    OutputStream FileSystemProvider.newOutputStream​(Path path, OpenOption... options)
    ファイルを開くか作成して、そのファイルにバイトを書き込むために使用できる出力ストリームを返します。
    abstract String FileTypeDetector.probeContentType​(Path path)
    指定されたファイルを調べてコンテンツ・タイプを推察します。
    abstract <A extends BasicFileAttributes>
    A
    FileSystemProvider.readAttributes​(Path path, Class<A> type, LinkOption... options)
    一括操作としてファイル属性を読み取ります。
    abstract Map<String,​Object> FileSystemProvider.readAttributes​(Path path, String attributes, LinkOption... options)
    一括操作として一連のファイル属性を読み取ります。
    Path FileSystemProvider.readSymbolicLink​(Path link)
    シンボリック・リンクのターゲットを読み取ります。
    abstract void FileSystemProvider.setAttribute​(Path path, String attribute, Object value, LinkOption... options)
    ファイル属性の値を設定します。
  • java.rmiでのIOExceptionの使用

    java.rmiIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  AccessException
    AccessExceptionは、java.rmi.Namingクラスの特定のメソッド(具体的にはbindrebindunbind)およびjava.rmi.activation.ActivationSystemインタフェースのメソッドによってスローされ、メソッド呼出しによって要求された処理を実行するアクセス権が呼出し側にないことを示します。
    class  ConnectException
    ConnectExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート・ホストへの接続が拒否された場合にスローされます。
    class  ConnectIOException
    ConnectIOExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート・ホストに接続しようとしているときにIOExceptionが発生した場合にスローされます。
    class  MarshalException
    MarshalExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート呼出しのヘッダー、引数、または戻り値を整列化しているときにjava.io.IOExceptionが発生した場合にスローされます。
    class  NoSuchObjectException
    NoSuchObjectExceptionは、リモート仮想マシンにもう存在していないオブジェクトに対してメソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
    class  RemoteException
    RemoteExceptionは、リモート・メソッド呼出しの実行中に発生する可能性のあるいくつかの通信関連の例外で使用する共通のスーパー・クラスです。
    class  ServerError
    ServerErrorはリモート・メソッド呼出しの結果としてスローされます。この例外がスローされた場合は、サーバー上でその呼出しが処理されているとき、つまり、引数の非整列化、リモート・メソッドの実行、または戻り値の整列化が行われているときに、Errorがスローされています。
    class  ServerException
    ServerExceptionはリモート・メソッド呼出しの結果としてスローされます。この例外がスローされた場合は、サーバー上でその呼出しが処理されているとき、つまり、引数の非整列化またはリモート・メソッドの実行中に、RemoteExceptionがスローされています。
    class  ServerRuntimeException
    非推奨。
    代替はありません。
    class  StubNotFoundException
    StubNotFoundExceptionは、エクスポート時に、有効なスタブ・クラスがリモート・オブジェクトで見つからない場合にスローされます。
    class  UnexpectedException
    UnexpectedExceptionは、リモート・メソッド呼出しのクライアントが、呼出しの結果として、リモート・インタフェースのメソッドのthrows節で宣言されているチェック例外の型とは異なるチェック例外を受信した場合にスローされます。
    class  UnknownHostException
    UnknownHostExceptionは、リモート・メソッド呼出しのためにリモート・ホストとの接続を確立している間にjava.net.UnknownHostExceptionが発生した場合にスローされます。
    class  UnmarshalException
    UnmarshalExceptionは、リモート・メソッド呼出しのパラメータまたは結果を非整列化しているときに、次の条件のどれかが成立した場合にスローされることがあります。呼出しヘッダーを非整列化しているときに例外が発生した場合、戻り値のプロトコルが無効な場合、パラメータ(サーバー側)または戻り値(クライアント側)を非整列化しているときにjava.io.IOExceptionが発生した場合。
    IOExceptionを投げるjava.rmiのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    T MarshalledObject.get()
    包含された、整列化されたオブジェクトの新しいコピーを返します。
    IOExceptionをスローするjava.rmiのコンストラクタ
    コンストラクタ 説明
    MarshalledObject​(T obj)
    提供されたオブジェクトの現在の状態を直列化して表現したものを包含する、新しいMarshalledObjectを作成します。
  • java.rmi.activationでのIOExceptionの使用

    java.rmi.activationIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  ActivateFailedException
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    詳細は、java.rmi.activationパッケージ仕様を参照してください。
  • java.rmi.serverでのIOExceptionの使用

    java.rmi.serverIOExceptionのサブクラス
    修飾子と型 クラス 説明
    class  ExportException
    ExportExceptionは、リモート・オブジェクトのエクスポートの試みが失敗した場合にスローされるRemoteExceptionです。
    class  SkeletonMismatchException
    非推奨。
    代替はありません。
    class  SkeletonNotFoundException
    非推奨。
    代替はありません。
    class  SocketSecurityException
    非推奨。
    このクラスは廃止されました。
    IOExceptionを投げるjava.rmi.serverのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    ServerSocket RMIServerSocketFactory.createServerSocket​(int port)
    指定ポート用のサーバー・ソケットを作成します。ポート0は匿名ポートを示します。
    abstract ServerSocket RMISocketFactory.createServerSocket​(int port)
    指定ポート用のサーバー・ソケットを作成します。ポート0は匿名ポートを示します。
    Socket RMIClientSocketFactory.createSocket​(String host, int port)
    指定されたホストおよびポートに接続するクライアント・ソケットを作成します。
    abstract Socket RMISocketFactory.createSocket​(String host, int port)
    指定されたホストとポートに接続されるクライアント・ソケットを作成します。
    void RemoteCall.done()
    非推奨。
    代替はありません。
    ObjectInput RemoteCall.getInputStream()
    非推奨。
    代替はありません。
    ObjectOutput RemoteCall.getOutputStream()
    非推奨。
    代替はありません。
    ObjectOutput RemoteCall.getResultStream​(boolean success)
    非推奨。
    代替はありません。
    static ObjID ObjID.read​(ObjectInput in)
    ObjectInputインスタンスのバイナリ表現を非整列化することで、新しいObjIDインスタンスを構築して返します。
    static UID UID.read​(DataInput in)
    DataInputインスタンスのバイナリ表現を非整列化することで、新しいUIDインスタンスを構築して返します。
    void RemoteCall.releaseInputStream()
    非推奨。
    代替はありません。
    void RemoteCall.releaseOutputStream()
    非推奨。
    代替はありません。
    static void RMISocketFactory.setSocketFactory​(RMISocketFactory fac)
    リモート・オブジェクトが特定のクライアント・ソケット・ファクトリまたはサーバー・ソケット・ファクトリに関連付けられていない場合に、RMIがソケットを取得するグローバル・ソケット・ファクトリを設定します。
    void ObjID.write​(ObjectOutput out)
    このObjIDのバイナリ表現を整列化して、ObjectOutputインスタンスに書き込みます。
    void UID.write​(DataOutput out)
    このUIDのバイナリ表現を整列化して、DataOutputインスタンスに書き込みます。
  • java.securityでのIOExceptionの使用

    IOExceptionを投げるjava.securityのメソッド
    修飾子と型 メソッド 説明
    void Certificate.decode​(InputStream stream)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    入力ストリームから証明書を復号化します。
    void Certificate.encode​(OutputStream stream)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    decodeメソッドによってデコードできる形式で、証明書を出力ストリームにエンコードします。
    protected abstract byte[] AlgorithmParametersSpi.engineGetEncoded()
    一次符号化形式でパラメータを返します。
    protected abstract byte[] AlgorithmParametersSpi.engineGetEncoded​(String format)
    指定された形式で符号化されたパラメータを返します。
    protected abstract void AlgorithmParametersSpi.engineInit​(byte[] params)
    指定されたパラメータをインポートし、パラメータの一次復号化形式に従って復号化します。
    protected abstract void AlgorithmParametersSpi.engineInit​(byte[] params, String format)
    paramsからパラメータをインポートし、指定された復号化形式に従って復号化します。
    abstract void KeyStoreSpi.engineLoad​(InputStream stream, char[] password)
    指定された入力ストリームからキーストアをロードします。
    void KeyStoreSpi.engineLoad​(KeyStore.LoadStoreParameter param)
    指定されたKeyStore.LoadStoreParameterを使用してキーストアをロードします。
    boolean KeyStoreSpi.engineProbe​(InputStream stream)
    指定された入力ストリームを調査し、この実装でサポートされているキーストアが含まれているかどうかを判定します。
    abstract void KeyStoreSpi.engineStore​(OutputStream stream, char[] password)
    指定された出力ストリームにこのキーストアを格納し、指定されたパスワードでその整合性を保護します。
    void KeyStoreSpi.engineStore​(KeyStore.LoadStoreParameter param)
    指定されたKeyStore.LoadStoreParmeterを使用してこのキーストアを格納します。
    byte[] AlgorithmParameters.getEncoded()
    一次符号化形式でパラメータを返します。
    byte[] AlgorithmParameters.getEncoded​(String format)
    指定された方式で符号化されたパラメータを返します。
    static KeyStore KeyStore.getInstance​(File file, char[] password)
    適切なキーストア型のロードされたキーストア・オブジェクトを返します。
    static KeyStore KeyStore.getInstance​(File file, KeyStore.LoadStoreParameter param)
    適切なキーストア型のロードされたキーストア・オブジェクトを返します。
    Object SignedObject.getObject()
    カプセル化されたオブジェクトを取得します。
    void AlgorithmParameters.init​(byte[] params)
    指定されたパラメータをインポートし、パラメータの一次復号化形式に従って復号化します。
    void AlgorithmParameters.init​(byte[] params, String format)
    paramsからパラメータをインポートし、指定された復号化方式に従って復号化します。
    void KeyStore.load​(InputStream stream, char[] password)
    指定された入力ストリームからこのキーストアをロードします。
    void KeyStore.load​(KeyStore.LoadStoreParameter param)
    指定されたLoadStoreParameterを使用してこのキーストアをロードします。
    void Provider.load​(InputStream inStream)
    入力ストリームからキーと要素が対になったプロパティ・リストを読み込みます。
    int DigestInputStream.read()
    1バイトを読み込み、メッセージ・ダイジェストを更新します(ダイジェスト機能がオンである場合)。
    int DigestInputStream.read​(byte[] b, int off, int len)
    バイト配列に読み込み、メッセージ・ダイジェストを更新します(ダイジェスト機能がオンである場合)。
    void KeyStore.store​(OutputStream stream, char[] password)
    指定された出力ストリームにこのキーストアを格納し、指定されたパスワードでその整合性を保護します。
    void KeyStore.store​(KeyStore.LoadStoreParameter param)
    指定されたLoadStoreParameterを使用してこのキーストアを格納します。
    void DigestOutputStream.write​(byte[] b, int off, int len)
    ダイジェスト機能がオンの場合に指定された部分配列を使用して、メッセージ・ダイジェストを更新し、どのような場合でもその部分配列を出力ストリームに書き込みます。
    void DigestOutputStream.write​(int b)
    指定されたバイトを使用して(ダイジェスト機能がオンの場合に)メッセージ・ダイジェストを更新し、どのような場合でもそのバイトを出力ストリームに書き込みます。
    IOExceptionをスローするjava.securityのコンストラクタ