JavaTM 2 Platform
Standard Ed. 5.0

直列化された形式


パッケージ java.applet

Class java.applet.Applet extends Panel implements Serializable

serialVersionUID: -5836846270535785031L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
オブジェクト入力ストリームからアプレットを読み込みます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()true を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless()
直列化されたフィールド

accessibleContext

AccessibleContext accessibleContext

Class java.applet.Applet.AccessibleApplet extends Panel.AccessibleAWTPanel implements Serializable

serialVersionUID: 8127374778187708896L


パッケージ java.awt

Class java.awt.AWTError extends Error implements Serializable

serialVersionUID: -1819846354050686206L

Class java.awt.AWTEvent extends EventObject implements Serializable

serialVersionUID: -1825314779160409405L

直列化されたフィールド

bdata

byte[] bdata

id

int id
イベントの ID。

 
関連項目:
AWTEvent.getID(), AWTEvent.AWTEvent(java.lang.Object, int)

consumed

boolean consumed
転送元の処理後にイベントをピアにセンドバックするかどうかを制御します。true の場合はセンドバックされず、false の場合はセンドバックされます。意味上のイベントは低レベルイベントに反応してピアで生成されるため、この値は常に true になります。

 
関連項目:
AWTEvent.consume(), AWTEvent.isConsumed()

Class java.awt.AWTException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -1900414231151323879L

Class java.awt.AWTKeyStroke extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6430539691155161871L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws ObjectStreamException
このインスタンスと同じ、AWTKeyStroke のキャッシュされたインスタンス、または AWTKeyStroke のサブクラスを返します。

例外:
ObjectStreamException
直列化されたフィールド

keyChar

char keyChar

keyCode

int keyCode

modifiers

int modifiers

onKeyRelease

boolean onKeyRelease

Class java.awt.AWTPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: 8890392402588814465L

Class java.awt.BorderLayout extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -8658291919501921765L

直列化されたフィールド

hgap

int hgap
コンポーネント間の水平方向のギャップで新しいボーダレイアウトを構築します。水平方向のギャップは hgap によって指定されます。

 
関連項目:
BorderLayout.getHgap(), BorderLayout.setHgap(int)

vgap

int vgap
コンポーネント間の垂直方向のギャップで新しいボーダレイアウトを構築します。垂直方向のギャップは vgap によって指定されます。

 
関連項目:
BorderLayout.getVgap(), BorderLayout.setVgap(int)

north

Component north
ボーダレイアウトの north (上端) になるコンポーネント位置を指定する定数です。

 
関連項目:
BorderLayout.getChild(String, boolean), BorderLayout.addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object), BorderLayout.getLayoutAlignmentX(java.awt.Container), BorderLayout.getLayoutAlignmentY(java.awt.Container), BorderLayout.removeLayoutComponent(java.awt.Component)

west

Component west
ボーダレイアウトの west (左端) になるコンポーネント位置を指定する定数です。

 
関連項目:
BorderLayout.getChild(String, boolean), BorderLayout.addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object), BorderLayout.getLayoutAlignmentX(java.awt.Container), BorderLayout.getLayoutAlignmentY(java.awt.Container), BorderLayout.removeLayoutComponent(java.awt.Component)

east

Component east
ボーダレイアウトの east (右端) になるコンポーネント位置を指定する定数です。

 
関連項目:
BorderLayout.getChild(String, boolean), BorderLayout.addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object), BorderLayout.getLayoutAlignmentX(java.awt.Container), BorderLayout.getLayoutAlignmentY(java.awt.Container), BorderLayout.removeLayoutComponent(java.awt.Component)

south

Component south
ボーダレイアウトの south (下端) になるコンポーネント位置を指定する定数です。

 
関連項目:
BorderLayout.getChild(String, boolean), BorderLayout.addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object), BorderLayout.getLayoutAlignmentX(java.awt.Container), BorderLayout.getLayoutAlignmentY(java.awt.Container), BorderLayout.removeLayoutComponent(java.awt.Component)

center

Component center
ボーダレイアウトの center (中央) になるコンポーネント位置を指定する定数です。

 
関連項目:
BorderLayout.getChild(String, boolean), BorderLayout.addLayoutComponent(java.awt.Component, java.lang.Object), BorderLayout.getLayoutAlignmentX(java.awt.Container), BorderLayout.getLayoutAlignmentY(java.awt.Container), BorderLayout.removeLayoutComponent(java.awt.Component)

firstLine

Component firstLine
相対的な位置指定の定数で、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、center (中央) の代わりに使用できます。2 種類の定数を同時に使用すると、予期しない結果が生じることがあります。両方の種類の定数を使用した場合は、相対的位置指定定数が優先されます。たとえば、方向が LEFT_TO_RIGHT のコンテナで NORTH 定数と BEFORE_FIRST_LINE 定数の両方を使ってコンポーネントを追加した場合、BEFORE_FIRST_LINE だけが配置に使用されます。lastLine、firstItem、lastItem についても同じことが言えます。

 

lastLine

Component lastLine
相対的な位置指定の定数で、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、center (中央) の代わりに使用できます。firstLine の説明を参照してください。

 

firstItem

Component firstItem
相対的な位置指定の定数で、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、center (中央) の代わりに使用できます。firstLine の説明を参照してください。

 

lastItem

Component lastItem
相対的な位置指定の定数で、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、center (中央) の代わりに使用できます。firstLine の説明を参照してください。

 

Class java.awt.Button extends Component implements Serializable

serialVersionUID: -8774683716313001058L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、ボタンによってトリガされるアクションイベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
Button.removeActionListener(ActionListener), Button.addActionListener(ActionListener), GraphicsEnvironment.isHeadless(), Button.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ActionListener のリストはオプションのデータとして書き込まれます。直列化できない ActionListener は検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
null はデータの終わりを表す。データは StringObject のペアで構成される。String はオブジェクト型を表す。現在は ActionListener オブジェクトを表す actionListenerK だけを指定できる
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.actionListenerK, Button.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

label

String label
ボタンのラベルです。この値は null を取ることができます。

 
関連項目:
Button.getLabel(), setLabel()

actionCommand

String actionCommand
ボタンが押された場合に実行されるアクションです。この値は null を取ることができます。

 
関連項目:
Button.getActionCommand(), setActionCommand()

buttonSerializedDataVersion

int buttonSerializedDataVersion

Class java.awt.Button.AccessibleAWTButton extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: -5932203980244017102L

Class java.awt.Canvas extends Component implements Serializable

serialVersionUID: -2284879212465893870L

Class java.awt.Canvas.AccessibleAWTCanvas extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: -6325592262103146699L

Class java.awt.CardLayout extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4328196481005934313L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
直列化可能フィールドをストリームから読み込みます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

currentCard

int currentCard

hgap

int hgap
@serialField vgap int

tab

Hashtable<K,V> tab
旧式のハッシュテーブル。上方互換性のためだけに存在

vector

Vector<E> vector
@serialField currentCard int

vgap

int vgap

Class java.awt.Checkbox extends Component implements Serializable

serialVersionUID: 7270714317450821763L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、Checkbox によってトリガされる項目イベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキー、または値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
Checkbox.removeItemListener(ItemListener), Checkbox.addItemListener(ItemListener), GraphicsEnvironment.isHeadless(), Checkbox.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
既定の直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ItemListener のリストはオプションデータとして書き込まれます。直列化できない ItemListener は検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
0 個以上のペアの null で終わるシーケンス。ペアは StringObject で構成される。String はオブジェクトの型を表し、ItemListener オブジェクトを表す itemListenerK
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.itemListenerK, Checkbox.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

label

String label
チェックボックスのラベルです。このフィールドは null を取ることができます。

 
関連項目:
Checkbox.getLabel(), #setLabel(label)

state

boolean state
Checkbox の状態です。

 
関連項目:
Checkbox.getState(), #setState(state)

group

CheckboxGroup group
チェックボックスグループです。このフィールドには、チェックボックスがグループチェックボックスでないことを示す null を指定できます。

 
関連項目:
#getCheckBoxGroup(), #setCheckBoxGroup(CheckBoxGroup)

checkboxSerializedDataVersion

int checkboxSerializedDataVersion

Class java.awt.Checkbox.AccessibleAWTCheckbox extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: 7881579233144754107L

Class java.awt.CheckboxGroup extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3729780091441768983L

直列化されたフィールド

selectedCheckbox

Checkbox selectedCheckbox
現在の選択

 
関連項目:
CheckboxGroup.getCurrent(), CheckboxGroup.setCurrent(Checkbox)

Class java.awt.CheckboxMenuItem extends MenuItem implements Serializable

serialVersionUID: 6190621106981774043L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
例外:
ClassNotFoundException
IOException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
既定の直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ItemListener のリストはオプションデータとして書き込まれます。直列化できない ItemListener は検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
0 個以上のペアの null で終わるシーケンス。ペアは StringObject で構成される。String はオブジェクトの型を表し、ItemListener オブジェクトを表す itemListenerK
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.itemListenerK, CheckboxMenuItem.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

state

boolean state
チェックボックスメニュー項目の状態

 
関連項目:
CheckboxMenuItem.getState(), CheckboxMenuItem.setState(boolean)

checkboxMenuItemSerializedDataVersion

int checkboxMenuItemSerializedDataVersion

Class java.awt.CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem extends MenuItem.AccessibleAWTMenuItem implements Serializable

serialVersionUID: -1122642964303476L

Class java.awt.Choice extends Component implements Serializable

serialVersionUID: -4075310674757313071L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、Choice によってトリガされる項目イベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
Choice.removeItemListener(ItemListener), Choice.addItemListener(ItemListener), GraphicsEnvironment.isHeadless(), Choice.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
既定の直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ItemListener のリストはオプションデータとして書き込まれます。直列化できない ItemListener は検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
0 個以上のペアの null で終わるシーケンス。ペアは StringObject で構成される。String はオブジェクトの型を表し、ItemListener オブジェクトを表す itemListenerK
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.itemListenerK, Choice.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

pItems

Vector<E> pItems
Choice の項目です。null 値も使用できます。

 
関連項目:
Choice.add(String), Choice.addItem(String), Choice.getItem(int), Choice.getItemCount(), Choice.insert(String, int), Choice.remove(String)

selectedIndex

int selectedIndex
この Choice の現在の選択範囲のインデックスまたは何も選択されていない場合は -1 です。

 
関連項目:
Choice.getSelectedItem(), Choice.select(int)

choiceSerializedDataVersion

int choiceSerializedDataVersion

Class java.awt.Choice.AccessibleAWTChoice extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: 7175603582428509322L

Class java.awt.Color extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 118526816881161077L

直列化されたフィールド

value

int value
カラー値です。

 
関連項目:
Color.getRGB()

frgbvalue

float[] frgbvalue
float コンポーネント (アルファなし) としての、デフォルトの sRGB ColorSpace のカラー値です。オブジェクト構築後 null の場合、カラー値は 8 ビット精度で作成された sRGB カラーであるため、int カラー値から計算します。

 
関連項目:
Color.getRGBColorComponents(float[]), Color.getRGBComponents(float[])

fvalue

float[] fvalue
float コンポーネント (アルファなし) としての、ネイティブな ColorSpace のカラー値です。オブジェクト構築後 null の場合、カラー値は 8 ビット精度で作成された sRGB カラーであるため、int カラー値から計算します。

 
関連項目:
Color.getRGBColorComponents(float[]), Color.getRGBComponents(float[])

falpha

float falpha
float コンポーネントとしてのアルファ値です。frgbvaluenull の場合、この値は有効なデータでないため、int カラー値から計算します。

 
関連項目:
Color.getRGBComponents(float[]), Color.getComponents(float[])

cs

ColorSpace cs
ColorSpace です。null の場合、デフォルトは sRGB です。

 
関連項目:
Color.getColor(java.lang.String), Color.getColorSpace(), Color.getColorComponents(float[])

Class java.awt.Component extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -7644114512714619750L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、コンポーネントによってトリガされる複数のイベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
Component.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能なリスナーはオプションのデータとして書き込まれます。直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
null はデータの終わりを表す。データは StringObject のペアで構成される。String はオブジェクトタイプを表す。1.4 からは次のいずれかを指定できる。ComponentListener オブジェクトを示す componentListenerKFocusListener オブジェクトを示す focusListenerKKeyListener オブジェクトを示す keyListenerKMouseListener オブジェクトを示す mouseListenerKMouseMotionListener オブジェクトを示す mouseMotionListenerKInputListener オブジェクトを示す inputListenerKHierarchyListener オブジェクトを示す hierarchyListenerKHierarchyBoundsListener オブジェクトを示す hierarchyBoundsListenerK、または MouseWheelListener オブジェクトを示す mouseWheelListenerK, オプションの ComponentOrientation (1.2 から inputMethodListener の後に指定)
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(java.io.ObjectOutputStream, java.lang.String, java.util.EventListener), Component.componentListenerK, Component.focusListenerK, Component.keyListenerK, Component.mouseListenerK, Component.mouseMotionListenerK, #inputListenerK, Component.hierarchyListenerK, Component.hierarchyBoundsListenerK, Component.mouseWheelListenerK, Component.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

x

int x
親の座標系にあるコンポーネントの x 位置です。

 
関連項目:
Component.getLocation()

y

int y
親の座標系にあるコンポーネントの y 位置です。

 
関連項目:
Component.getLocation()

width

int width
コンポーネントの幅です。

 
関連項目:
Component.getSize()

height

int height
コンポーネントの高さです。

 
関連項目:
Component.getSize()

foreground

Color foreground
このコンポーネントのフォアグラウンドカラーです。foregroundnull の場合もあります。

 
関連項目:
Component.getForeground(), Component.setForeground(java.awt.Color)

background

Color background
このコンポーネントのバックグラウンドカラーです。backgroundnull の場合もあります。

 
関連項目:
Component.getBackground(), Component.setBackground(java.awt.Color)

font

Font font
コンポーネントで使用するフォントです。fontnull の場合もあります。

 
関連項目:
Component.getFont(), Component.setFont(java.awt.Font)

peerFont

Font peerFont
ピアが現在使用しているフォントです。ピアが存在しない場合は null になります。


cursor

Cursor cursor
このコンポーネントにポインタがあるときに表示されるカーソルです。null も指定できます。

 
関連項目:
Component.getCursor(), Component.setCursor(java.awt.Cursor)

locale

Locale locale
コンポーネントに使用するロケールです。

 
関連項目:
Component.getLocale(), Component.setLocale(java.util.Locale)

ignoreRepaint

boolean ignoreRepaint
オブジェクトがすべての再描画イベントを無視する場合は true が返されます。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Component.setIgnoreRepaint(boolean), Component.getIgnoreRepaint()

visible

boolean visible
オブジェクトが可視の場合は true です。可視でないオブジェクトは画面上に描画されません。

 
関連項目:
Component.isVisible(), Component.setVisible(boolean)

enabled

boolean enabled
オブジェクトが使用可能な場合は true です。使用できないオブジェクトはユーザと対話しません。

 
関連項目:
Component.isEnabled(), Component.setEnabled(boolean)

valid

boolean valid
オブジェクトが有効な場合は true です。オブジェクトが無効な場合は、配置する必要があります。オブジェクトサイズが変更されている場合、このフラグは false に設定されます。

 
関連項目:
Component.isValid(), Component.validate(), Component.invalidate()

dropTarget

DropTarget dropTarget
このコンポーネントに関連付けられた DropTarget です。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
Component.setDropTarget(java.awt.dnd.DropTarget), Component.getDropTarget()

popups

Vector<E> popups
 
関連項目:
Component.add(java.awt.PopupMenu)

name

String name
コンポーネント名です。null を指定することができます。

 
関連項目:
Component.getName(), Component.setName(String)

nameExplicitlySet

boolean nameExplicitlySet
名前が明示的に設定されているかどうかを示す boolean 型の値です。nameExplicitlySet は、名前が設定されていない場合は false になり、名前が設定されている場合は true になります。

 
関連項目:
Component.getName(), Component.setName(String)

focusable

boolean focusable
このコンポーネントにフォーカスが設定可能かどうかを示します。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Component.setFocusable(boolean), Component.isFocusable()

isFocusTraversableOverridden

int isFocusTraversableOverridden
このコンポーネントがデフォルトのフォーカストラバーサル設定に依存しているかどうかを追跡します。

 
導入されたバージョン:
1.4

focusTraversalKeys

Set<E>[] focusTraversalKeys
フォーカストラバーサルキーです。フォーカストラバーサルキーを使用できるコンポーネントのフォーカストラバーサル動作を決定します。トラバーサルキーに null が指定される場合、このコンポーネントは親からトラバーサルキーを継承します。このコンポーネントの上位コンポーネントすべてのトラバーサルキーに null が指定されている場合、現在の KeyboardFocusManager のデフォルトトラバーサルキーが使用されます。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Component.setFocusTraversalKeys(int, java.util.Set), Component.getFocusTraversalKeys(int)

focusTraversalKeysEnabled

boolean focusTraversalKeysEnabled
このコンポーネントに対してフォーカストラバーサルキーが使用できるかどうかを示します。フォーカストラバーサルキーが使用できないコンポーネントは、フォーカストラバーサルキーに対応するキーイベントを受け取ります。フォーカストラバーサルキーが使用できるコンポーネントはキーイベントをそのまま受け取らず、トラバーサル操作に変換して受け取ります。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Component.setFocusTraversalKeysEnabled(boolean), Component.getFocusTraversalKeysEnabled()

minSize

Dimension minSize
最小サイズです。このフィールドは、本来は一時フィールドです。

 

minSizeSet

boolean minSizeSet
setMinimumSize が null 以外の値で呼び出されたかどうかです。


prefSize

Dimension prefSize
優先されるサイズです。このフィールドは、本来は一時フィールドです。

 

prefSizeSet

boolean prefSizeSet
setPreferredSize が null 以外の値で呼び出されたかどうかです。


maxSize

Dimension maxSize
最大サイズです。

 

maxSizeSet

boolean maxSizeSet
setMaximumSize が null 以外の値で呼び出されたかどうかです。


newEventsOnly

boolean newEventsOnly
このイベントがコンポーネントの使用可能なイベントの 1 つである場合、newEventsOnly は true です。通常の処理で継続して使用可能です。false の場合、イベントは消費されるまで上位クラスの親に渡されます。

 
関連項目:
Component.dispatchEvent(java.awt.AWTEvent)

eventMask

long eventMask
eventMask は、enableEvents を使ったサブクラスだけが設定します。リスナーがイベントを要求するときと、サブクラスがイベントを要求するときとの違いを区別するため、リスナーが登録されているときはこのマスクを設定しないでください。入力メソッドが使用可能かどうかを示すために、1 ビットが使用されます。このビットは enableInputMethods によって設定され、デフォルトではオンになります。

 
関連項目:
Component.enableInputMethods(boolean), AWTEvent

changeSupport

PropertyChangeSupport changeSupport
PropertyChangeListeners が登録されている場合、changeSupport フィールドがそれらを記述します。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
Component.addPropertyChangeListener(java.beans.PropertyChangeListener), Component.removePropertyChangeListener(java.beans.PropertyChangeListener), Component.firePropertyChange(java.lang.String, java.lang.Object, java.lang.Object)

isPacked

boolean isPacked

boundsOp

int boundsOp
直接の Geometry API (setBounds に変更点を通知する setLocation、setBounds、setSize) の疑似パラメータです。TreeLock の状態で使用する必要があります。これは public メソッドおよび推奨されていないメソッドの相互呼び出し順を変更できないため必要です。


componentSerializedDataVersion

int componentSerializedDataVersion
コンポーネントの直列化されたデータのバージョンです。

 

accessibleContext

AccessibleContext accessibleContext

Class java.awt.Component.AccessibleAWTComponent extends AccessibleContext implements Serializable

serialVersionUID: 642321655757800191L

直列化されたフィールド

accessibleAWTComponentHandler

ComponentListener accessibleAWTComponentHandler

accessibleAWTFocusHandler

FocusListener accessibleAWTFocusHandler

Class java.awt.ComponentOrientation extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

orientation

int orientation

Class java.awt.Container extends Component implements Serializable

serialVersionUID: 4613797578919906343L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
指定された ObjectInputStream からこの Container の直列化復元を行います。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
Container.addContainerListener(java.awt.event.ContainerListener), Container.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
この Container を指定された ObjectOutputStream に直列化します。

シリアルデータ:
null はデータの終わりを表す。データは StringObject のペアで構成される。String はオブジェクト型を表す。ContainerListener オブジェクトを表す containerListenerKContainerFocusTraversalPolicy、または null を指定できる
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(java.io.ObjectOutputStream, java.lang.String, java.util.EventListener), Component.containerListenerK, Container.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

component

Component[] component
コンテナ内のコンポーネント

containerSerializedDataVersion

int containerSerializedDataVersion
コンテナの直列化されたデータのバージョン

dispatcher

java.awt.LightweightDispatcher dispatcher
軽量コンポーネントのイベントルーター。このコンテナがネイティブである場合、このディスパッチャは、格納される軽量コンポーネント (存在する場合) へのイベントの転送およびターゲット変更を処理する

focusCycleRoot

boolean focusCycleRoot
このコンポーネントがフォーカストラバーサルサイクルのルートであるかどうかを示す。フォーカスが一度トラバーサルサイクルに設定されると、サイクルを上位または下位に切り替えるキーを押さなければ、通常はフォーカストラバーサルを離れることはできない。通常のトラバーサルはこのコンテナとその下位クラスに制限されており、下層のフォーカスサイクルルートの下位クラスへのトラバーサルはできない

focusTraversalPolicyProvider

boolean focusTraversalPolicyProvider
focusTraversalPolicyProvider プロパティの値を格納する

layoutMgr

LayoutManager layoutMgr
コンテナのレイアウトマネージャ

maxSize

Dimension maxSize
このコンテナの最大サイズ

ncomponents

int ncomponents
コンテナ内のコンポーネントの数。null も使用可能

Class java.awt.Container.AccessibleAWTContainer extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: 5081320404842566097L

直列化されたフィールド

accessibleContainerHandler

ContainerListener accessibleContainerHandler

Class java.awt.ContainerOrderFocusTraversalPolicy extends FocusTraversalPolicy implements Serializable

serialVersionUID: 486933713763926351L

直列化されたフィールド

implicitDownCycleTraversal

boolean implicitDownCycleTraversal

Class java.awt.Cursor extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8028237497568985504L

直列化されたフィールド

type

int type
DEFAULT_CURSOR に最初に設定される、選択されたカーソルのタイプです。

 
関連項目:
Cursor.getType()

name

String name
ユーザに表示されるカーソルの名前です。

 
関連項目:
Cursor.getName()

Class java.awt.DefaultFocusTraversalPolicy extends ContainerOrderFocusTraversalPolicy implements Serializable

Class java.awt.Dialog extends Window implements Serializable

serialVersionUID: 5920926903803293709L

直列化されたフィールド

resizable

boolean resizable
ダイアログのサイズ変更可能プロパティです。サイズ変更可能なダイアログの場合は true、そうでない場合は false です。

 
関連項目:
Dialog.setResizable(boolean)

undecorated

boolean undecorated
このフィールドはダイアログの装飾をなくすことができるかどうかを示します。このプロパティを変更できるのはダイアログが非表示になっている時だけです。このダイアログの装飾をなくすことができる場合、undecorated は true、なくすことができない場合は false になります。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Dialog.setUndecorated(boolean), Dialog.isUndecorated(), Component.isDisplayable()

modal

boolean modal
ダイアログがモーダルの場合は true、そうでない場合はダイアログはモードなしになります。モーダルダイアログは、ユーザによる所有者フレームへの入力をすべて取得します。

 
関連項目:
Dialog.isModal(), Dialog.setModal(boolean)

title

String title
ダイアログのタイトルを指定します。null も使用できます。

 
関連項目:
Dialog.getTitle(), Dialog.setTitle(String)

Class java.awt.Dialog.AccessibleAWTDialog extends Window.AccessibleAWTWindow implements Serializable

serialVersionUID: 4837230331833941201L

Class java.awt.Dimension extends Dimension2D implements Serializable

serialVersionUID: 4723952579491349524L

直列化されたフィールド

width

int width
幅を表します。負の値も使用できます。

 
関連項目:
Dimension.getSize(), Dimension.setSize(double, double)

height

int height
高さを表します。負の値も使用できます。

 
関連項目:
Dimension.getSize(), Dimension.setSize(double, double)

Class java.awt.Event extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5488922509400504703L

直列化されたフィールド

target

Object target
ターゲットコンポーネントです。これは、イベントが発生したコンポーネント、またはイベントが関連付けられたコンポーネントを示します。このオブジェクトは、AWTEvent.getSource() で置き換えられています。

 
関連項目:
EventObject.getSource()

when

long when
タイムスタンプです。InputEvent.getWhen() で置き換えられています。

 
関連項目:
InputEvent.getWhen()

id

int id
イベントがどの型のイベントか、およびそのイベントと関連するほかの Event 変数はどれかを示します。AWTEvent.getID() で置き換えられています。

 
関連項目:
AWTEvent.getID()

x

int x
イベントの x 座標です。MouseEvent.getX() で置き換えられています。

 
関連項目:
MouseEvent.getX()

y

int y
イベントの y 座標です。MouseEvent.getY() で置き換えられています。

 
関連項目:
MouseEvent.getY()

key

int key
キーボードイベントで押されたキーのキーコードです。KeyEvent.getKeyCode() で置き換えられています。

 
関連項目:
KeyEvent.getKeyCode()

modifiers

int modifiers
修飾キーの状態です。InputEvent.getModifiers() で置き換えられています。Java 1.1 では、MouseEvent および KeyEvent は InputEvent のサブクラスです。

 
関連項目:
InputEvent.getModifiers()

clickCount

int clickCount
MOUSE_DOWN イベントの場合、このフィールドは連続したクリックの数を示します。ほかのイベントの場合、値は 0 です。このフィールドは MouseEvent.getClickCount() で置き換えられています。

 
関連項目:
MouseEvent.getClickCount().

arg

Object arg
イベントの任意の引数です。このフィールドの値は、イベントの型に依存します。arg は、イベント固有のプロパティで置き換えられています。

 

evt

Event evt
次のイベントです。このフィールドは、イベントがリンクされたリストに入れられるときに設定されます。このフィールドは EventQueue で置き換えられています。

 
関連項目:
EventQueue

consumed

boolean consumed
このフィールドは、ターゲットによって処理されたあとにイベントがピアに送り返されるかどうかを制御します。false の場合はピアに送られ、true の場合は送られません。

 
関連項目:
Event.isConsumed()

Class java.awt.FileDialog extends Dialog implements Serializable

serialVersionUID: 5035145889651310422L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
ObjectInputStream を読み込み、空文字列の dir または filenull に変換することによって、下位互換チェックを行います。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
直列化されたフィールド

mode

int mode

dir

String dir

file

String file

filter

FilenameFilter filter

Class java.awt.FlowLayout extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -7262534875583282631L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
現在使用されているすべてのフィールドを持つとは限らない古いバージョンのクラスで記述されたオブジェクトを処理し、直列化ストリームからこのオブジェクトを読み込みます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

align

int align
align は各行の空白領域を決定するプロパティです。値は次のどれかです。

 
関連項目:
FlowLayout.getAlignment(), FlowLayout.setAlignment(int)

newAlign

int newAlign
Java 2 プラットフォーム v1.2 以降では、newAlign プロパティで各行の空白領域を決定します。プロパティの値は次の 5 つのどれかになります。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
FlowLayout.getAlignment(), FlowLayout.setAlignment(int)

hgap

int hgap
フローレイアウトマネージャは、間隔を使ってコンポーネントを区切ることができます。水平方向の間隔は、コンポーネント間のスペースと Container のボーダを指定します。

 
関連項目:
FlowLayout.getHgap(), FlowLayout.setHgap(int)

vgap

int vgap
フローレイアウトマネージャは、間隔を使ってコンポーネントを区切ることができます。垂直方向の間隔は、行間のスペースと Container のボーダを指定します。

 
関連項目:
FlowLayout.getHgap(), FlowLayout.setHgap(int)

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
使用されている currentSerialVersion を表します。Java 2 プラットフォーム V1.2 より前のバージョンでは 0、Java 2 プラットフォーム V1.2 以降のバージョンでは 1 になります。

 
導入されたバージョン:
1.2

Class java.awt.Font extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4206021311591459213L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
ObjectInputStream を読み込みます。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
Font.writeObject(java.io.ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws ClassNotFoundException,
                         IOException
直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Font.readObject(java.io.ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

fRequestedAttributes

Hashtable<K,V> fRequestedAttributes
このフォントの有効なフォント属性のマップです。属性には、合字およびグリフの代用などが含まれます。

 
関連項目:
Font.getAttributes()

name

String name
コンストラクタに渡される、この Font の論理名です。

 
導入されたバージョン:
JDK1.0
関連項目:
Font.getName()

style

int style
コンストラクタに渡される、この Font のスタイルです。PLAIN、BOLD、ITALIC、または BOLD+ITALIC のいずれかです。

 
導入されたバージョン:
JDK1.0
関連項目:
Font.getStyle()

size

int size
整数に丸められた、この Font のポイントサイズです。

 
導入されたバージョン:
JDK1.0
関連項目:
Font.getSize()

pointSize

float pointSize
float で表された、この Font のポイントサイズです。

 
関連項目:
Font.getSize(), Font.getSize2D()

fontSerializedDataVersion

int fontSerializedDataVersion
Font の直列化可能データ形式です。

 

Class java.awt.FontFormatException extends Exception implements Serializable

Class java.awt.FontMetrics extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 1681126225205050147L

直列化されたフィールド

font

Font font
フォントメトリックスの生成側となる実際の Font です。null を指定することはできません。

 
関連項目:
FontMetrics.getFont()

Class java.awt.Frame extends Window implements Serializable

serialVersionUID: 2673458971256075116L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込みます。1.4 から利用可能になったオプションデータの Icon の読み込みを試みます。Icon がなく、EOF 以外の何らかの値が読み込まれた場合、OptionalDataException がスローされます。認識されないキーまたは値は無視されます。

例外:
OptionalDataException - Icon がなく、EOF 以外の何らかの値が読み込まれた場合
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless(), Icon, Frame.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルト直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。1.4 から有効な直列化可能 Icon の書き込みもオプションで実行します。

シリアルデータ:
オプションの Icon
例外:
IOException
関連項目:
Icon, Frame.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

maximizedBounds

Rectangle maximizedBounds
このフレームの最大化された境界です。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Frame.setMaximizedBounds(Rectangle), Frame.getMaximizedBounds()

title

String title
これはフレームのタイトルです。いつでも変更できます。title は null でもかまいませんが、その場合は title = "" になります。

 
関連項目:
Frame.getTitle(), Frame.setTitle(String)

menuBar

MenuBar menuBar
フレームのメニューバーです。menuBar = null の場合はフレームにメニューバーは表示されません。

 
関連項目:
Frame.getMenuBar(), Frame.setMenuBar(MenuBar)

resizable

boolean resizable
このフィールドはフレームがサイズ変更できるかどうかを示します。このプロパティはいつでも変更できます。このフレームがサイズ変更可能な場合は resizable は true、そうでない場合は false になります。

 
関連項目:
Frame.isResizable()

undecorated

boolean undecorated
このフィールドはフレームの装飾をなくすことができるかどうかを示します。このプロパティを変更できるのはフレームが非表示になっている時だけです。このフレームの装飾をなくすことができる場合、undecorated は true、なくすことができない場合は false になります。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Frame.setUndecorated(boolean), Frame.isUndecorated(), Component.isDisplayable()

mbManagement

boolean mbManagement
mbManagement は Motif 実装だけで使用できます。

 

state

int state

ownedWindows

Vector<E> ownedWindows

frameSerializedDataVersion

int frameSerializedDataVersion
フレーム の直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.Frame.AccessibleAWTFrame extends Window.AccessibleAWTWindow implements Serializable

serialVersionUID: -6172960752956030250L

Class java.awt.GraphicsConfigTemplate extends Object implements Serializable

Class java.awt.GridBagConstraints extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -1000070633030801713L

直列化されたフィールド

gridx

int gridx
コンポーネントの表示領域のリーディングエッジを含むセルを指定します。この場合、行の最初のセルは gridx=0 を持ちます。コンポーネントの表示領域のリーディングエッジは、水平方向に左から右方向のコンテナに対して左端、および水平方向に右から左方向のコンテナに対して右端になります。値 RELATIVE は、コンポーネントを、このコンポーネントが追加される直前にコンテナに追加されたコンポーネントの直後に配置するように指定します。

既定値は RELATIVE です。gridx には負の値を指定することはできません。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.gridy, ComponentOrientation

gridy

int gridy
コンポーネントの表示領域の上部にセルを指定します。上端のセルは gridy=0 を持ちます。値 RELATIVE は、このコンポーネントを直前にコンテナに追加されたコンポーネントの真下に配置するように指定します。

既定値は RELATIVE です。gridy には負の値を指定することはできません。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.gridx

gridwidth

int gridwidth
コンポーネントの表示領域の 1 行のセル数を指定します。

REMAINDER を使用して、コンポーネントの表示領域が gridx から行の最後のセルまでであることを指定します。RELATIVE を使用して、コンポーネントの表示領域が gridx からその行の最後の 1 つ手前のセルまでであることを指定します。

gridwidth には負の値を指定することはできません。既定値は 1 です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.gridheight

gridheight

int gridheight
コンポーネントの表示領域の 1 列のセル数を指定します。

REMAINDER を使用して、コンポーネントの表示領域が gridy から列の最後のセルまでであることを指定します。RELATIVE を使用して、コンポーネントの表示領域が gridy からその列の最後の 1 つ手前のセルまでであることを指定します。

gridheight には負の値を指定することはできません。既定値は 1 です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.gridwidth

weightx

double weightx
余分の水平スペースを分配する方法を指定します。

グリッドバッグレイアウトマネージャは、1 列のウェイトが 1 列のすべてのコンポーネントの最大の weightx になるように計算します。結果のレイアウトが塗りつぶす必要のある領域の幅より小さい場合、余分のスペースが各列のウェイトに比例して分配されます。ウェイトがゼロの列には、余分のスペースは分配されません。

すべてのウェイトがゼロの場合、すべての余分のスペースがセルのグリッドと左右両端の間に表示されます。

このフィールドの既定値は 0 です。weightx には負の値を指定することはできません。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.weighty

weighty

double weighty
垂直の余分なスペースを分配する方法を指定します。

グリッドバッグレイアウトマネージャは、1 行のウェイトが 1 行のすべてのコンポーネントの最大の weighty になるように計算します。結果のレイアウトが塗りつぶす必要のある領域の高さより小さい場合、余分のスペースが各行のウェイトに比例して分配されます。ウェイトがゼロの行には、余分のスペースは分配されません。

すべてのウェイトがゼロの場合、すべての余分のスペースがセルのグリッドと上下の両端の間に表示されます。

このフィールドの既定値は 0 です。weighty には負の値を指定することはできません。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.weightx

anchor

int anchor
このフィールドはコンポーネントがその表示領域より小さい場合に使用されます。これは表示領域内にコンポーネントを配置する場所を指定します。

相対と絶対の 2 種類の値が考えられます。相対値は、絶対値がない場合にコンテナのコンポーネントの方向プロパティを基準にして解釈されます。絶対値には以下のものがあります。CENTERNORTHNORTHEASTEASTSOUTHEASTSOUTHSOUTHWESTWEST、および NORTHWEST です。相対値には以下のものがあります。PAGE_STARTPAGE_ENDLINE_STARTLINE_ENDFIRST_LINE_STARTFIRST_LINE_ENDLAST_LINE_START、および LAST_LINE_END です。既定値は CENTER です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), ComponentOrientation

fill

int fill
コンポーネントの表示領域がコンポーネントの必須サイズよりも大きいときに使用されます。これは、コンポーネントをサイズ変更するかどうかを指定し、サイズ変更を行う場合にはその方法も指定します。

fill には、次の値が有効です。

既定値は NONE です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone()

insets

Insets insets
コンポーネントの外側のパディング、つまりコンポーネントとその表示領域の端までの領域の最小値を指定します。

既定値は new Insets(0, 0, 0, 0) です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone()

ipadx

int ipadx
コンポーネントの内側のパディング、つまりコンポーネントの最小幅に追加する領域の値を指定します。コンポーネントの幅は、少なくともその最小幅に ipadx ピクセルを足したものです。

既定値は 0 です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.ipady

ipady

int ipady
コンポーネントの内側のパディング、つまりコンポーネントの最小の高さに追加する領域の値を指定します。コンポーネントの高さは、少なくともその最小の高さに ipady ピクセルを足したものです。

既定値は 0 です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.clone(), GridBagConstraints.ipadx

tempX

int tempX
x 座標の一時的なプレースホルダです。

 

tempY

int tempY
y 座標の一時的なプレースホルダです。

 

tempWidth

int tempWidth
コンポーネントの幅の一時的なプレースホルダです。

 

tempHeight

int tempHeight
コンポーネントの高さの一時的なプレースホルダです。

 

minWidth

int minWidth
コンポーネントの最小の幅です。これは ipady の計算に使われます。デフォルトは 0 です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.ipady

minHeight

int minHeight
コンポーネントの最小の高さです。これは ipadx の計算に使われます。デフォルトは 0 です。

 
関連項目:
GridBagConstraints.ipadx

Class java.awt.GridBagLayout extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8838754796412211005L

直列化されたフィールド

comptable

Hashtable<K,V> comptable
このハッシュテーブルは、コンポーネントとコンポーネントのグリッドバッグ制約との関連性を維持します。comptable のキーはコンポーネントで、値は GridBagConstraints のインスタンスです。

 
関連項目:
GridBagConstraints

defaultConstraints

GridBagConstraints defaultConstraints
このフィールドは、既定値を格納するグリッドバッグ制約のインスタンスを保持します。そのため、コンポーネントにそれに関連したグリッドバッグ制約がない場合、そのコンポーネントには defaultConstraints のコピーが割り当てられます。

 
関連項目:
GridBagLayout.getConstraints(Component), GridBagLayout.setConstraints(Component, GridBagConstraints), GridBagLayout.lookupConstraints(Component)

layoutInfo

java.awt.GridBagLayoutInfo layoutInfo
このフィールドは、グリッドバッグのレイアウト情報を保持します。このフィールドの情報は、グリッドバッグの最新の検査に基づきます。layoutInfonull の場合は、グリッドバッグにコンポーネントがないか、またはコンポーネントがあってもそれがまだ検査を受けていないことを意味します。

 
関連項目:
GridBagLayout.getLayoutInfo(Container, int)

columnWidths

int[] columnWidths
このフィールドは、列の最小幅に対するオーバーライドを保持します。このフィールドが null ではない場合、すべての最小列幅が計算されたあとで、その値がグリッドバッグに適用されます。columnWidths に列数より多くの要素がある場合、columnWidth の要素数に合わせるためにグリッドバッグに列が追加されます。

 
関連項目:
GridBagLayout.getLayoutDimensions()

rowHeights

int[] rowHeights
このフィールドは、行の最小の高さに対するオーバーライドを保持します。このフィールドが null ではない場合、すべての最小の行の高さが計算された後で、その値がグリッドバッグに適用されます。rowHeights に行数より多くの要素がある場合、rowHeights の要素数に合わせるために、グリッドバッグに行が追加されます。

 
関連項目:
GridBagLayout.getLayoutDimensions()

columnWeights

double[] columnWeights
このフィールドは、列のウェイトに対するオーバーライドを保持します。このフィールドが null ではない場合、すべての列のウェイトが計算された後で、その値がグリッドバッグに適用されます。columnWeights[i] > が列 i のウェイトより大きい場合、列 i に columnWeights[i] のウェイトが割り当てられます。columnWeights に列数より多くの要素がある場合、超過した要素は無視され、列の作成は行われません。

 

rowWeights

double[] rowWeights
このフィールドは、行のウェイトに対するオーバーライドを保持します。このフィールドが null ではない場合、すべての行のウェイトが計算された後で、その値がグリッドバッグに適用されます。rowWeights[i] > が行 i のウェイトより大きい場合、行 i に rowWeights[i] のウェイトが割り当てられます。rowWeights に行数より多くの要素がある場合、超過した要素は無視され、行の作成は行われません。

 

Class java.awt.GridLayout extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

hgap

int hgap
列間の空間を指定する水平方向の間隔 (ピクセル単位) です。いつでも変更できます。ゼロまたは正の整数にします。

 
関連項目:
GridLayout.getHgap(), GridLayout.setHgap(int)

vgap

int vgap
行間の空間を指定する垂直方向の間隔 (ピクセル単位) です。いつでも変更できます。ゼロまたは正の整数にします。

 
関連項目:
GridLayout.getVgap(), GridLayout.setVgap(int)

rows

int rows
グリッドに指定された行の数です。行数はいつでも変更できます。ゼロまたは正の整数にします。'0' は「任意の数」を意味し、これは、その寸法の Row の数は列の寸法に依存するということです。

 
関連項目:
GridLayout.getRows(), GridLayout.setRows(int)

cols

int cols
グリッドに指定された列の数です。列数はいつでも変更できます。ゼロまたは正の整数にします。'0' は「任意の数」を意味し、これは、その寸法の Column の数は行の寸法に依存するということです。

 
関連項目:
GridLayout.getColumns(), GridLayout.setColumns(int)

Class java.awt.HeadlessException extends UnsupportedOperationException implements Serializable

serialVersionUID: 167183644944358563L

Class java.awt.IllegalComponentStateException extends IllegalStateException implements Serializable

serialVersionUID: -1889339587208144238L

Class java.awt.Insets extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -2272572637695466749L

直列化されたフィールド

top

int top
上部からのインセットです。この値が矩形の Top に追加され、Top の新しい位置となります。

 
関連項目:
Insets.clone()

left

int left
左側からのインセットです。この値が矩形の Left に追加され、Left の新しい位置となります。

 
関連項目:
Insets.clone()

bottom

int bottom
下部からのインセットです。この値が矩形の Bottom から減算され、Bottom の新しい位置となります。

 
関連項目:
Insets.clone()

right

int right
右側からのインセットです。この値が矩形の Right から減算され、Right の新しい位置となります。

 
関連項目:
Insets.clone()

Class java.awt.Label extends Component implements Serializable

serialVersionUID: 3094126758329070636L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
オブジェクト入力ストリームからラベルを読み込みます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()true を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless()
直列化されたフィールド

text

String text
このラベルのテキストです。このテキストはプログラムにより変更されますがユーザにはできません。

 
関連項目:
Label.getText(), Label.setText(String)

alignment

int alignment
ラベルの配置です。デフォルトでは、左揃えになります。

 
関連項目:
Label.getAlignment(), Label.setAlignment(int)

Class java.awt.Label.AccessibleAWTLabel extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: -3568967560160480438L

Class java.awt.List extends Component implements Serializable

serialVersionUID: -3304312411574666869L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込みます。これが null ではない場合、リスナーを追加して List によってトリガされた項目イベントとアクションイベントの両方を、このストリームに格納されたキーによって指定されたとおり受け取ります。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
List.removeItemListener(ItemListener), List.addItemListener(ItemListener), GraphicsEnvironment.isHeadless(), List.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ItemListenersActionListeners のリストはオプションのデータとして書き込まれます。直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
StringObject で構成されるペアの、null で終了する 0 個以上のシーケンス。String はオブジェクトの型を示し、ItemListener オブジェクトか、これを示す itemListenerK または ActionListener オブジェクトか、これを示す actionListenerK のどちらかである
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.itemListenerK, Component.actionListenerK, List.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

items

Vector<E> items
List Component の一部になる項目を保持するために作成されたベクタです。

 
関連項目:
List.addItem(String), List.getItem(int)

rows

int rows
このフィールドには List Component の表示行の数を表します。実際にリストコンポーネントを作成するときに 1 度だけ指定します。変更はできません。

 
関連項目:
List.getRows()

multipleMode

boolean multipleMode
multipleMode は、リストコンポーネントが複数選択モードに設定された場合に true と設定される変数で、ユーザは一度にリスト内の複数の項目を選択できます。リストコンポーネントが単一選択モードに設定されている場合は multipleMode は false と設定され、ユーザは毎回リスト内の 1 項目だけしか選択できません。

 
関連項目:
List.isMultipleMode(), List.setMultipleMode(boolean)

selected

int[] selected
selected は、選択した項目のインデックスを含む配列です。

 
関連項目:
List.getSelectedIndexes(), List.getSelectedIndex()

visibleIndex

int visibleIndex
この変数には特定のリスト項目を表示する際に使用する値が含まれます。

 
関連項目:
List.makeVisible(int)

listSerializedDataVersion

int listSerializedDataVersion
List コンポーネントの直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.List.AccessibleAWTList extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: 7924617370136012829L

Class java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: 4412022926028300317L

直列化されたフィールド

parent

List parent

indexInParent

int indexInParent

Class java.awt.MediaTracker extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -483174189758638095L

直列化されたフィールド

target

Component target
イメージが最終的に描画されるメディアトラッカーによって監視される、指定した Component です。

 
関連項目:
MediaTracker.MediaTracker(Component)

head

java.awt.MediaEntry head
MediaTracker によって監視される Images のリストの先頭です。

 
関連項目:
MediaTracker.addImage(Image, int), MediaTracker.removeImage(Image)

Class java.awt.Menu extends MenuItem implements Serializable

serialVersionUID: -8809584163345499784L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込みます。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
IOException
ClassNotFoundException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless(), Menu.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。

例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Menu.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

items

Vector<E> items
Menu の一部となる項目のベクタ

 
関連項目:
Menu.countItems()

tearOff

boolean tearOff
このフィールドはメニューにプロパティのティアがあるかを示します。メニューにティアオフプロパティがある場合は、true が設定され、ない場合は false が設定されます。メニューがティアオフされ、その後不要になった場合、ユーザが削除できます。

 
関連項目:
Menu.isTearOff()

isHelpMenu

boolean isHelpMenu
このフィールドは、該当する Menu が実際にヘルプメニューである場合は true と設定されます。そうでない場合は、false と設定されます。

 

menuSerializedDataVersion

int menuSerializedDataVersion
メニューの直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.Menu.AccessibleAWTMenu extends MenuItem.AccessibleAWTMenuItem implements Serializable

serialVersionUID: 5228160894980069094L

Class java.awt.MenuBar extends MenuComponent implements Serializable

serialVersionUID: -4930327919388951260L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込みます。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless(), MenuBar.writeObject(java.io.ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws ClassNotFoundException,
                         IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), MenuBar.readObject(java.io.ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

menus

Vector<E> menus
このフィールドは MenuBar の一部となる実際のメニューのベクタを表します。

 
関連項目:
MenuBar.countMenus()

helpMenu

Menu helpMenu
このメニューはヘルプに使用する特別メニューです。プラットフォームによってはメニューバーの右端に表示される点に注意してください。

 
関連項目:
MenuBar.getHelpMenu(), MenuBar.setHelpMenu(Menu)

menuBarSerializedDataVersion

int menuBarSerializedDataVersion
MenuBar の直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.MenuBar.AccessibleAWTMenuBar extends MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent implements Serializable

serialVersionUID: -8577604491830083815L

Class java.awt.MenuComponent extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4536902356223894379L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
オブジェクト入力ストリームからメニューコンポーネントを読み込みます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless()
直列化されたフィールド

font

Font font
メニューコンポーネントのフォントです。この値は、デフォルトが使用されるポイントでは null です。デフォルトは null です。

 
関連項目:
MenuComponent.setFont(Font), MenuComponent.getFont()

name

String name
メニューコンポーネントの名前です。デフォルトは null です。

 
関連項目:
MenuComponent.getName(), MenuComponent.setName(String)

nameExplicitlySet

boolean nameExplicitlySet
名前が明示的に設定されるかどうかを示す変数です。true の場合は、名前が明示的に設定されます。デフォルトは false です。

 
関連項目:
MenuComponent.setName(String)

newEventsOnly

boolean newEventsOnly
デフォルトは false です。

 
関連項目:
MenuComponent.dispatchEvent(AWTEvent)

accessibleContext

AccessibleContext accessibleContext

Class java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent extends AccessibleContext implements Serializable

serialVersionUID: -4269533416223798698L

Class java.awt.MenuItem extends MenuComponent implements Serializable

serialVersionUID: -21757335363267194L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、Menu 項目によってトリガされるアクションイベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
#removeActionListener(actionListener), #addActionListener(actionListener), MenuItem.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ActionListeners のリストはオプションのデータとして書き込まれます。直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
StringObject で構成されるペアの、null で終了する 0 個以上のシーケンス。String はオブジェクトの型を示し、ActionListener オブジェクトか、これを示す actionListenerK のいずれか
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), MenuItem.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

enabled

boolean enabled
メニュー項目が有効かどうかを示す値です。有効な場合は、enabled が true に設定されます。そうでない場合は、enabled が false に設定されます。

 
関連項目:
MenuItem.isEnabled(), MenuItem.setEnabled(boolean)

label

String label
label はメニュー項目のラベルです。任意の文字列で表します。

 
関連項目:
MenuItem.getLabel(), MenuItem.setLabel(String)

actionCommand

String actionCommand
このフィールドは特定のメニュー項目が発行したコマンドを示します。デフォルトでは、setActionCommand を使用して設定されていない場合は actionCommand がメニュー項目のラベルです。

 
関連項目:
MenuItem.setActionCommand(String), MenuItem.getActionCommand()

eventMask

long eventMask
eventMask は enableEvents を使用したサブクラスだけが設定できます。リスナーがイベントを要求するときと、サブクラスがイベントを要求するときの違いを区別するために、リスナーを登録するときは、このマスクを使用しないでください。

 

shortcut

MenuShortcut shortcut
メニュー項目に関連しているキーストロークのシーケンスです。注: 1.1.2 でショートカットを機能させるには、メニュー項目で setActionCommand() を使用する必要があります。

 
関連項目:
MenuItem.getShortcut(), MenuItem.setShortcut(MenuShortcut), MenuItem.deleteShortcut()

menuItemSerializedDataVersion

int menuItemSerializedDataVersion
メニュー項目の直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.MenuItem.AccessibleAWTMenuItem extends MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent implements Serializable

serialVersionUID: -217847831945965825L

Class java.awt.MenuShortcut extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 143448358473180225L

直列化されたフィールド

key

int key
メニューショートカットの仮想キーコードです。これはメニューショートカットを作成するキーコードです。これは文字ではなく仮想キーコードです。たとえば、キー「a」は KeyEvent.VK_A で表されることに注意してください。また、バージョン 1.1.x ではメニュー項目に setActionCommand() を使用してショートカットを機能させる必要があります。そうしないと、null アクションコマンドをトリガします。

 
導入されたバージョン:
JDK1.1
関連項目:
MenuShortcut.getKey(), MenuShortcut.usesShiftModifier(), KeyEvent

usesShift

boolean usesShift
シフトキーが押されたかどうかを示します。シフトキーを押した場合は true、押さなかった場合は false となります。

 
導入されたバージョン:
JDK1.1
関連項目:
MenuShortcut.usesShiftModifier()

Class java.awt.Panel extends Container implements Serializable

serialVersionUID: -2728009084054400034L

Class java.awt.Panel.AccessibleAWTPanel extends Container.AccessibleAWTContainer implements Serializable

serialVersionUID: -6409552226660031050L

Class java.awt.Point extends Point2D implements Serializable

serialVersionUID: -5276940640259749850L

直列化されたフィールド

x

int x
x 座標です。x 座標が設定されていない場合はデフォルトで 0 になります。

 
関連項目:
Point.getLocation(), Point.move(int, int)

y

int y
y 座標です。y 座標が設定されていない場合はデフォルトで 0 になります。

 
関連項目:
Point.getLocation(), Point.move(int, int)

Class java.awt.Polygon extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6460061437900069969L

直列化されたフィールド

npoints

int npoints
点の総数です。npoints の値はこの Polygon の有効な点の数を表し、xpoints または ypoints の要素の数より小さくなります。この値は null を取ることができます。

 
関連項目:
Polygon.addPoint(int, int)

xpoints

int[] xpoints
x 座標の配列です。この配列の要素の数は、この Polygonx 座標の数よりも大きくなります。余分な要素により、この配列を再度作成せずに、この Polygon に新しい点を追加できます。npoints の値は、この Polygon の有効な点の数と同じです。

 
関連項目:
Polygon.addPoint(int, int)

ypoints

int[] ypoints
y 座標の配列です。この配列の要素の数は、この Polygony 座標の数よりも大きくなります。余分な要素により、この配列を再度作成せずに、この Polygon に新しい点を追加できます。npoints の値は、この Polygon の有効な点の数と同じです。

 
関連項目:
Polygon.addPoint(int, int)

bounds

Rectangle bounds
多角形の境界です。この値は null を取ることができます。javadoc コメントの getBounds() を参照してください。

 
関連項目:
Polygon.getBoundingBox(), Polygon.getBounds()

Class java.awt.PopupMenu extends Menu implements Serializable

serialVersionUID: -4620452533522760060L

Class java.awt.PopupMenu.AccessibleAWTPopupMenu extends Menu.AccessibleAWTMenu implements Serializable

serialVersionUID: -4282044795947239955L

Class java.awt.Rectangle extends Rectangle2D implements Serializable

serialVersionUID: -4345857070255674764L

直列化されたフィールド

x

int x
Rectanglex 座標です。

 
関連項目:
Rectangle.setLocation(int, int), Rectangle.getLocation()

y

int y
Rectangley 座標です。

 
関連項目:
Rectangle.setLocation(int, int), Rectangle.getLocation()

width

int width
Rectangle の幅です。

 
導入されたバージョン:
JDK1.0.
関連項目:
Rectangle.setSize(int, int), Rectangle.getSize()

height

int height
Rectangle の高さです。

 
関連項目:
Rectangle.setSize(int, int), Rectangle.getSize()

Class java.awt.Scrollbar extends Component implements Serializable

serialVersionUID: 8451667562882310543L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、Scrollbar によってトリガされるアクションイベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless(), Scrollbar.writeObject(ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な AdjustmentListeners のリストはオプションのデータとして書き込まれます。直列化できないリスナーは検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
StringObject で構成されるペアの、null で終了する 0 個以上のシーケンス。String はオブジェクトの型を示し、AdjustmentListener オブジェクトか、これを示す adjustmentListenerK のいずれか
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.adjustmentListenerK, Scrollbar.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

value

int value
Scrollbar の値です。このプロパティは visibleAmountminimum 以上で maximum 以下でなければなりません。

 
関連項目:
Scrollbar.getValue(), Scrollbar.setValue(int)

maximum

int maximum
Scrollbar の最大値です。この値は minimum 値より大きくなければなりません。

 
関連項目:
Scrollbar.getMaximum(), Scrollbar.setMaximum(int)

minimum

int minimum
Scrollbar の最小値です。この値は maximum 値より小さくなければなりません。

 
関連項目:
Scrollbar.getMinimum(), Scrollbar.setMinimum(int)

visibleAmount

int visibleAmount
Scrollbar の可視部分のサイズです。このパラメータは通常現在可視である値の範囲を示すために使用されます。

 
関連項目:
Scrollbar.getVisibleAmount(), Scrollbar.setVisibleAmount(int)

orientation

int orientation
Scrollbar の方向で、水平または垂直です。この値はスクロールバーの作成時に指定します。
方向は、VERTICAL または HORIZONTAL のどちらかに限られます。

 
関連項目:
Scrollbar.getOrientation(), Scrollbar.setOrientation(int)

lineIncrement

int lineIncrement
スクロールバーが行単位で上下するときにスクロールバー値が変化する量です。この値は負でない整数値にします。

 
関連項目:
Scrollbar.getLineIncrement(), Scrollbar.setLineIncrement(int)

pageIncrement

int pageIncrement
スクロールバーがページ単位で上下するときにスクロールバー値が変化する量です。この値は負でない整数値にします。

 
関連項目:
Scrollbar.getPageIncrement(), Scrollbar.setPageIncrement(int)

scrollbarSerializedDataVersion

int scrollbarSerializedDataVersion
スクロールバーの直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: -344337268523697807L

Class java.awt.ScrollPane extends Container implements Serializable

serialVersionUID: 7956609840827222915L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに読み込みます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()true を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless()

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

scrollbarDisplayPolicy

int scrollbarDisplayPolicy
スクロールバーを表示する方法は 3 つあります。この整数値は、3 つの表示方法 (SCROLLBARS_ALWAYS、SCROLLBARS_AS_NEEDED、SCROLLBARS_NEVER) のいずれかを表します。

 
関連項目:
ScrollPane.getScrollbarDisplayPolicy()

vAdjustable

ScrollPaneAdjustable vAdjustable
調整可能な垂直スクロールバーです。3 つの Adjustable メソッド、つまり setMinimum()setMaximum()setVisibleAmount() は絶対に呼び出さないでください。

 
関連項目:
ScrollPane.getVAdjustable()

hAdjustable

ScrollPaneAdjustable hAdjustable
調整可能な水平スクロールバーです。3 つの Adjustable メソッド、つまり setMinimum()setMaximum()setVisibleAmount() は絶対に呼び出さないでください。

 
関連項目:
ScrollPane.getHAdjustable()

wheelScrollingEnabled

boolean wheelScrollingEnabled
MouseWheelEvent が受け取られたときにスクロールを行うようにするかどうかを示します。

 
導入されたバージョン:
1.4

Class java.awt.ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane extends Container.AccessibleAWTContainer implements Serializable

serialVersionUID: 6100703663886637L

Class java.awt.ScrollPaneAdjustable extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3359745691033257079L

直列化されたフィールド

sp

ScrollPane sp
このオブジェクトがスクロールバーである ScrollPane です。

 

orientation

int orientation
このスクロールバーの方向です。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getOrientation(), Adjustable.HORIZONTAL, Adjustable.VERTICAL

value

int value
このスクロールバーの値です。valueminimum より大きく、 maximum より小さくなければなりません。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getValue(), ScrollPaneAdjustable.setValue(int)

minimum

int minimum
このスクロールバーの最小値です。この値は ScrollPane によってのみ設定できます。

注意: 現在の実装では、minimum は常に 0 です。このフィールドは setSpan メソッドによってのみ変更され、ScrollPane は常に最小値 0 を持つメソッドを呼び出します。getMinimum メソッドは、このフィールドを調べずに常に 0 を返します。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getMinimum(), ScrollPaneAdjustable.setSpan(int, int, int)

maximum

int maximum
このスクロールバーの最大値です。この値は ScrollPane によってのみ設定できます。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getMaximum(), ScrollPaneAdjustable.setSpan(int, int, int)

visibleAmount

int visibleAmount
このスクロールバーの可視部分のサイズです。この値は ScrollPane によってのみ設定できます。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getVisibleAmount(), ScrollPaneAdjustable.setSpan(int, int, int)

unitIncrement

int unitIncrement
スクロールバーが行単位で上下するときにスクロールバー値が変化する量です。この値は負でない整数値にします。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getUnitIncrement(), ScrollPaneAdjustable.setUnitIncrement(int)

blockIncrement

int blockIncrement
スクロールバーがページ単位で上下するときにスクロールバー値が変化する量です。この値は負でない整数値にします。

 
関連項目:
ScrollPaneAdjustable.getBlockIncrement(), ScrollPaneAdjustable.setBlockIncrement(int)

adjustmentListener

AdjustmentListener adjustmentListener

Class java.awt.SystemColor extends Color implements Serializable

serialVersionUID: 4503142729533789064L

Class java.awt.TextArea extends TextComponent implements Serializable

serialVersionUID: 3692302836626095722L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込みます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()true を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless()
直列化されたフィールド

rows

int rows
TextArea の行数です。このパラメータはテキスト領域の高さを判定します。負でない数になることが保証されています。

 
関連項目:
TextArea.getRows(), TextArea.setRows(int)

columns

int columns
TextArea の列数です。列幅は、プラットフォームにより異なりおよそ平均文字幅になります。このパラメータはテキスト領域の幅を判定します。負でない数になることが保証されています。

 
関連項目:
TextArea.setColumns(int), TextArea.getColumns()

scrollbarVisibility

int scrollbarVisibility
テキスト領域にどのスクロールバーが作成されるかを判定します。次の 4 つの値のいずれかです。SCROLLBARS_BOTH = 水平と垂直の両方
SCROLLBARS_HORIZONTAL_ONLY = 水平スクロールバーのみ
SCROLLBARS_VERTICAL_ONLY = 垂直スクロールバーのみ
SCROLLBARS_NONE = スクロールバーなし

 
関連項目:
TextArea.getScrollbarVisibility()

textAreaSerializedDataVersion

int textAreaSerializedDataVersion
textArea の直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.TextArea.AccessibleAWTTextArea extends TextComponent.AccessibleAWTTextComponent implements Serializable

serialVersionUID: 3472827823632144419L

Class java.awt.TextComponent extends Component implements Serializable

serialVersionUID: -2214773872412987419L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、TextComponent によってトリガされるテキストイベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()true を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
#removeTextListener(), #addTextListener(), GraphicsEnvironment.isHeadless()

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な TextListener(s) のリストはオプションのデータとして書き込まれます。直列化可能でない TextListener(s) は検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
String と Object で構成されるペアの、null で終了する 0 個以上のシーケンス。String はオブジェクトの型を示し、TextListener オブジェクトか、これを示す textListenerK のどちらかである
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.textListenerK
直列化されたフィールド

text

String text
テキストの値です。null 値は "" と同じです。

 
関連項目:
TextComponent.setText(String), TextComponent.getText()

editable

boolean editable
TextComponent が編集可能かどうかを示す boolean 型です。テキストコンポーネントが編集可能な場合は true、そうでない場合は false です。

 
関連項目:
TextComponent.isEditable()

selectionStart

int selectionStart
選択テキストに関する選択です。 selectionStart は選択されたテキストの始点です。

 
関連項目:
TextComponent.getSelectionStart(), TextComponent.setSelectionStart(int)

selectionEnd

int selectionEnd
選択テキストに関する選択です。selectionEnd は選択されたテキストの終点です。

 
関連項目:
TextComponent.getSelectionEnd(), TextComponent.setSelectionEnd(int)

backgroundSetByClientCode

boolean backgroundSetByClientCode

textComponentSerializedDataVersion

int textComponentSerializedDataVersion
TextComponent の直列化されたデータのバージョンです。

 

checkForEnableIM

boolean checkForEnableIM

Class java.awt.TextComponent.AccessibleAWTTextComponent extends Component.AccessibleAWTComponent implements Serializable

serialVersionUID: 3631432373506317811L

Class java.awt.TextField extends TextComponent implements Serializable

serialVersionUID: -2966288784432217853L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream を読み込み、それが null ではない場合、TextField によってトリガされるアクションイベントを受信するためのリスナーを追加します。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadless()true を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
TextField.removeActionListener(ActionListener), TextField.addActionListener(ActionListener), GraphicsEnvironment.isHeadless()

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能フィールドをストリームに書き込みます。直列化可能な ActionListener(s) のリストはオプションのデータとして書き込まれます。直列化できない ActionListener(s) は検出され、それらの直列化は試行されません。

シリアルデータ:
String と Object で構成されるペアの、null で終了する 0 個以上のシーケンス。String はオブジェクトの型を示し、ActionListener オブジェクトか、これを示す ActionListenerK のどちらかである
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream, String, EventListener), Component.actionListenerK
直列化されたフィールド

columns

int columns
このテキストフィールドの列数を設定します。列幅は、プラットフォームにより異なりおよそ平均文字幅になります。負でない数になることが保証されています。

 
関連項目:
TextField.setColumns(int), TextField.getColumns()

echoChar

char echoChar
エコー文字です。この文字は、テキストフィールドに打ち込む文字を表示したくないときに使われます。echoChar = 0 の場合、この設定は解除されます。

 
関連項目:
TextField.getEchoChar(), TextField.setEchoChar(char), TextField.echoCharIsSet()

textFieldSerializedDataVersion

int textFieldSerializedDataVersion
テキストフィールドの直列化されたデータのバージョンです。

 

Class java.awt.TextField.AccessibleAWTTextField extends TextComponent.AccessibleAWTTextComponent implements Serializable

serialVersionUID: 6219164359235943158L

Class java.awt.Window extends Container implements Serializable

serialVersionUID: 4497834738069338734L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException,
                        HeadlessException
ObjectInputStream およびリスナーの追加リストを読み込み、コンポーネントによってトリガされるさまざまなイベントを受け取ります。また、子のウィンドウ (null の可能性がある) のリストも読み込みます。認識できないキーまたは値は無視されます。

例外:
HeadlessException - GraphicsEnvironment.isHeadlesstrue を返す場合
ClassNotFoundException
IOException
関連項目:
GraphicsEnvironment.isHeadless(), Window.writeObject(java.io.ObjectOutputStream)

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能なフィールドをストリームに書き込みます。オプションのデータとして、直列化可能な WindowListener および WindowFocusListener を書き込みます。オプションのデータとして、子のウィンドウのリストを書き込みます。

シリアルデータ:
StringObject で構成されるペアの、null で終了する 0 個以上のシーケンス。String はオブジェクトの型を示し、WindowListener オブジェクトか、これを示す windowListenerK または WindowFocusListener オブジェクトか、これを示す windowFocusWindowK または子 Window オブジェクトか、これを示す ownedWindowK のいずれか
例外:
IOException
関連項目:
AWTEventMulticaster.save(java.io.ObjectOutputStream, java.lang.String, java.util.EventListener), Component.windowListenerK, Component.windowFocusListenerK, Component.ownedWindowK, Window.readObject(ObjectInputStream)
直列化されたフィールド

warningString

String warningString
ウィンドウがセキュリティ保護されていない時に表示される警告メッセージを表します。SecurityManager.checkTopLevelWindow() 呼び出し用にインストールされているセキュリティマネージャを持つウィンドウは false です。このメッセージはウィンドウのどこにでも表示することができます。

 
関連項目:
Window.getWarningString()

syncLWRequests

boolean syncLWRequests

state

int state
Window 状態を表現する整数値です。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
Window.show()

alwaysOnTop

boolean alwaysOnTop
Window の最前面の状態を表す boolean 値です。

 
導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
Window.setAlwaysOnTop(boolean), Window.isAlwaysOnTop()

focusMgr

java.awt.FocusManager focusMgr
使用されていません。直列化に関する下位互換のために保持されています。

 
導入されたバージョン:
1.2

focusableWindowState

boolean focusableWindowState
この Window がフォーカスされた Window になれるかどうかを指定します。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
Window.getFocusableWindowState(), Window.setFocusableWindowState(boolean)

windowSerializedDataVersion

int windowSerializedDataVersion
ウィンドウの直列化されたデータのバージョンです。

 

locationByPlatform

boolean locationByPlatform

Class java.awt.Window.AccessibleAWTWindow extends Container.AccessibleAWTContainer implements Serializable

serialVersionUID: 4215068635060671780L


パッケージ java.awt.color

Class java.awt.color.CMMException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.awt.color.ColorSpace extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -409452704308689724L

直列化されたフィールド

type

int type

numComponents

int numComponents

Class java.awt.color.ICC_ColorSpace extends ColorSpace implements Serializable

serialVersionUID: 3455889114070431483L

直列化されたフィールド

thisProfile

ICC_Profile thisProfile

minVal

float[] minVal

maxVal

float[] maxVal

diffMinMax

float[] diffMinMax

invDiffMinMax

float[] invDiffMinMax

needScaleInit

boolean needScaleInit

Class java.awt.color.ICC_Profile extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3938515861990936766L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームからデフォルトの直列化可能領域を読み込みます。追加データとしてストリームから文字列とバイト配列を読み込みます。

シリアルデータ:
プロファイルオブジェクトが定義済みのカラースペース (例 "CS_sRGB") のプロファイルの場合、StringColorSpace クラスに定義された CS_* 定数のいずれかの名前。そうでない場合は、文字列は null

byte[] 配列はプロファイルのプロファイルデータです。通常、定義済みのプロファイルデータは null です。

文字列が定義済みのカラースペースの定数名として認識される場合、オブジェクトは getInstance(int cspace) を取得したプロファイルに解決し、プロファイルデータは無視されます。そうでない場合は、オブジェクトは getInstance(byte[] data) を取得したオブジェクトに解決します。

例外:
IOException - ObjectInputStream によってスローされる
ClassNotFoundException - ObjectInputStream によってスローされる
関連項目:
ICC_Profile.readResolve(), ICC_Profile.getInstance(int), ICC_Profile.getInstance(byte[])

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
ストリームにデフォルトの直列化可能領域を書き込みます。追加データとしてストリームに文字列とバイト配列を書き込みます。

シリアルデータ:
プロファイルオブジェクトが定義済みのカラースペース (例 "CS_sRGB") のプロファイルの場合、StringColorSpace クラスに定義された CS_* 定数のいずれかの名前。そうでない場合は、文字列は null

byte[] 配列はプロファイルのプロファイルデータです。定義済みのカラースペースには、プロファイルデータではなく null を書き込みます。将来 Java API のバージョンで新しい定義済みのカラースペースを追加するときは、このクラスの新バージョンは新しい定義済みのカラースペースのカラースペース名だけでなくプロファイルデータも書き込み、引き続き旧バージョンがオブジェクトの直列化復元をできるようにします。

例外:
IOException - ObjectInputStream によってスローされる

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws ObjectStreamException
直列化復元されるインスタンスを CMM に登録されるインスタンスに解決します。

例外:
ObjectStreamException - スローはしないが、直列化仕様には必要である
直列化されたフィールド

iccProfileSerializedDataVersion

int iccProfileSerializedDataVersion
ストリームの追加直列化データのフォーマットのバージョンです。バージョン 1 は Java 2 Platform の v1.3 に対応します。

 
導入されたバージョン:
1.3

Class java.awt.color.ICC_ProfileGray extends ICC_Profile implements Serializable

Class java.awt.color.ICC_ProfileRGB extends ICC_Profile implements Serializable

Class java.awt.color.ProfileDataException extends RuntimeException implements Serializable


パッケージ java.awt.datatransfer

Class java.awt.datatransfer.DataFlavor extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8367026044764648243L

直列化メソッド

readExternal

public void readExternal(ObjectInput is)
                  throws IOException,
                         ClassNotFoundException
直列化された状態の DataFlavor を復元します。

例外:
IOException - 入出力エラーが発生した場合
ClassNotFoundException - 復元しようとしているオブジェクトに対応するクラスが見つからない場合

writeExternal

public void writeExternal(ObjectOutput os)
                   throws IOException
DataFlavor を直列化します。

例外:
IOException - 発生する可能性があるすべての入出力例外

Class java.awt.datatransfer.FlavorEvent extends EventObject implements Serializable

Class java.awt.datatransfer.UnsupportedFlavorException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 5383814944251665601L


パッケージ java.awt.dnd

Class java.awt.dnd.DragGestureEvent extends EventObject implements Serializable

serialVersionUID: 9080172649166731306L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
この DragGestureEvent を直列化復元します。このメソッドは、まず transient でないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を行います。次に、このオブジェクトのジェスチャーイベントの List を同様に直列化復元しようとします。1.4 より前のリリースでは この名前の非 transient フィールドがジェスチャーイベントの List を格納したため、これは events フィールドの直列化復元による初めての試行となります。失敗すると、ストリーム内の次のオブジェクトが代わりに使われます。結果の Listnull の場合、このオブジェクトのジェスチャーイベントの List は空の List に設定されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
この DragGestureEvent を直列化します。デフォルトの直列化を行い、次に、List を直列化できる場合にだけ、このオブジェクトのジェスチャーイベントの List を書き出します。直列化できない場合は、代わりに null が書き出されます。この場合、結果の直列化復元されたストリームから作成される DragGestureEvent には、ジェスチャーイベントの空の List が含まれます。

シリアルデータ:
アルファベット順に並んだ、デフォルトの直列化可能なフィールド。List インスタンスまたは null が続く
例外:
IOException
導入されたバージョン:
1.4
直列化されたフィールド

dragSource

DragSource dragSource
DragGestureEvent に関連した DragSourceです。

 

component

Component component
DragGestureEvent に関連した Component です。

 

origin

Point origin
ドラッグの起点です。

 

action

int action
ユーザの希望するアクションです。

 

Class java.awt.dnd.DragGestureRecognizer extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8996673345831063337L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
この DragGestureRecognizer を直列化復元します。このメソッドは、まず transient でないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を行います。次に、ストリーム内の次のオブジェクトを使用して、このオブジェクトの DragGestureListener も直列化復元します。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
この DragGestureRecognizer を直列化します。このメソッドは、まずデフォルトの直列化を実行します。次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトの DragGestureListener が書き出されます。直列化できない場合は、代わりに null が書き出されます。

シリアルデータ:
アルファベット順に並んだ、デフォルトの直列化可能なフィールド。DragGestureListener インスタンスまたは null が続く
例外:
IOException
導入されたバージョン:
1.4
直列化されたフィールド

dragSource

DragSource dragSource
DragGestureRecognizer に関連した DragSource です。

 

component

Component component
DragGestureRecognizer に関連した Component です。

 

sourceActions

int sourceActions
ドラッグ&ドロップ操作で使用するアクションの形式を表す int です。

 

events

ArrayList<E> events
ドラッグをトリガする「ジェスチャー」として DragGestureRecognizer が「認識される」ようにするイベントのリストです。

 

Class java.awt.dnd.DragSource extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6236096958971414066L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
この DragSource を直列化復元します。このメソッドは、まずデフォルトの直列化復元を行います。次に、ストリームの次のオブジェクトを使用して、このオブジェクトの FlavorMap が直列化復元されます。結果の FlavorMapnull の場合、このオブジェクトの FlavorMap は、このスレッドの ClassLoader に対するデフォルトの FlavorMap に設定されます。次に、0 個以上のキーと値のペアの、null で終わるシーケンスをストリームから読み取ることで、このオブジェクトのリスナーが直列化復元されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
SystemFlavorMap.getDefaultFlavorMap()

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
この DragSource を直列化します。このメソッドは、まずデフォルトの直列化を実行します。次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトの FlavorMap が書き出されます。直列化できない場合は、代わりに null が書き出されます。次に、このオブジェクトで登録された Serializable リスナーが書き出されます。リスナーは、0 個以上のペアの、null で終わるシーケンスで書き出されます。ペアはStringObject で構成され、StringObject の型を示し、次のいずれかになります。

シリアルデータ:
FlavorMap インスタンス、または 0 個以上のペアの null で終わるシーケンスが続く null。ペアは StringObject で構成される。StringObject の型を示し、次のいずれかになる
  • DragSourceListener オブジェクトを示す dragSourceListenerK
  • DragSourceMotionListener オブジェクトを示す dragSourceMotionListenerK
例外:
IOException
導入されたバージョン:
1.4

Class java.awt.dnd.DragSourceContext extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -115407898692194719L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
この DragSourceContext を直列化復元します。このメソッドは、まず transient でないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を行います。次に、ストリームの次の 2 つのオブジェクトを使用して、このオブジェクトの TransferableDragSourceListener が同様に直列化復元されます。結果の Transferablenull の場合、このオブジェクトの Transferable は、DataFlavor をサポートしないダミーの Transferable に設定されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
この DragSourceContext を直列化します。このメソッドは、まずデフォルトの直列化を実行します。次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトの Transferable が書き出されます。直列化できない場合は、代わりに null が書き出されます。この場合、結果の直列化復元されたストリームから作成される DragSourceContext には、DataFlavor をサポートしないダミーの Transferable が含まれます。最後に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトの DragSourceListener が書き出されます。直列化できない場合は、代わりに null が書き出されます。

シリアルデータ:
アルファベット順に並んだ、デフォルトの直列化可能なフィールド。Transferable インスタンスまたは null が続く。さらに DragSourceListener インスタンスまたは null が続く
例外:
IOException
導入されたバージョン:
1.4
直列化されたフィールド

trigger

DragGestureEvent trigger
ドラッグの開始をトリガしたイベントです。

 

cursor

Cursor cursor
現在のドラッグカーソルです。

 

useCustomCursor

boolean useCustomCursor
カスタムのドラッグカーソルがデフォルトのドラッグカーソルの代わりに使用されている場合は true です。

 

sourceActions

int sourceActions
この DragSourceContext に関連したドラッグ操作のドラッグソースでサポートされている一連のドロップアクションを表す DnDConstants のビット単位のマスクです。

 

Class java.awt.dnd.DragSourceDragEvent extends DragSourceEvent implements Serializable

serialVersionUID: 481346297933902471L

直列化されたフィールド

targetActions

int targetActions
ターゲットドロップアクションです。

 

dropAction

int dropAction
ユーザドロップアクションです。

 

gestureModifiers

int gestureModifiers
ユーザのジェスチャーに関連した入力デバイス修飾子の状態です。

 

invalidModifiers

boolean invalidModifiers
gestureModifiers が無効かどうかを示します。

 

Class java.awt.dnd.DragSourceDropEvent extends DragSourceEvent implements Serializable

serialVersionUID: -5571321229470821891L

直列化されたフィールド

dropSuccess

boolean dropSuccess
ドロップが成功した場合は true です。

 

dropAction

int dropAction
ドロップアクションです。

 

Class java.awt.dnd.DragSourceEvent extends EventObject implements Serializable

serialVersionUID: -763287114604032641L

直列化されたフィールド

locationSpecified

boolean locationSpecified
このイベントにカーソル位置が指定されているかどうかを示す boolean 値です。

 

x

int x
このイベントにカーソル位置が指定されている場合は、このイベントが発生したときのカーソル位置の水平方向の座標です。そうでない場合は 0 です。

 

y

int y
このイベントにカーソル位置が指定されている場合は、このイベントが発生したときのカーソル位置の垂直方向の座標です。そうでない場合は 0 です。

 

Class java.awt.dnd.DropTarget extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6283860791671019047L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
この DropTarget を直列化復元します。このメソッドは、まず transient でないすべてのフィールドに対してデフォルトの直列化復元を行います。次に、このオブジェクトの DropTargetListener を同様に直列化復元しようとします。1.4 より前のリリースでは この名前の非 transient フィールドが DropTargetListener を格納したため、これは dtListener フィールドの直列化復元による初めての試行となります。失敗すると、ストリーム内の次のオブジェクトが代わりに使われます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
導入されたバージョン:
1.4

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
この DropTarget を直列化します。次に、直列化できる場合にだけ、このオブジェクトの DropTargetListener が書き出されます。直列化できない場合は、代わりに null が書き出されます。

シリアルデータ:
アルファベット順に並んだ、デフォルトの直列化可能なフィールド。DropTargetListener インスタンスまたは null が続く
例外:
IOException
導入されたバージョン:
1.4
直列化されたフィールド

dropTargetContext

DropTargetContext dropTargetContext
この DropTarget に関連した DropTargetContext です。

 

component

Component component
この DropTarget に関連した Component です。

 

actions

int actions
この DropTarget でサポートされる、デフォルトで許可されたアクションです。

 
関連項目:
DropTarget.setDefaultActions(int), DropTarget.getDefaultActions()

active

boolean active
DropTarget がドラッグ&ドロップ操作を受け入れる場合は true です。

 

Class java.awt.dnd.DropTargetContext extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -634158968993743371L

直列化されたフィールド

dropTarget

DropTarget dropTarget
この DropTargetContext に関連した DropTarget です。

 

Class java.awt.dnd.DropTargetDragEvent extends DropTargetEvent implements Serializable

serialVersionUID: -8422265619058953682L

直列化されたフィールド

location

Point location
Component の座標でのドラッグカーソルのホットスポットの位置です。

 

actions

int actions
ソースドロップアクションです。

 

dropAction

int dropAction
ユーザドロップアクションです。

 

Class java.awt.dnd.DropTargetDropEvent extends DropTargetEvent implements Serializable

serialVersionUID: -1721911170440459322L

直列化されたフィールド

location

Point location
Component の座標でのドラッグカーソルのホットスポットの位置です。

 

actions

int actions
ソースドロップアクションです。

 

dropAction

int dropAction
ユーザドロップアクションです。

 

isLocalTx

boolean isLocalTx
転送元がターゲットと同じ JVM にある場合は true です。

 

Class java.awt.dnd.DropTargetEvent extends EventObject implements Serializable

serialVersionUID: 2821229066521922993L

直列化されたフィールド

context

DropTargetContext context
この DropTargetEvent に関連した DropTargetContext です。

 

Class java.awt.dnd.InvalidDnDOperationException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.awt.dnd.MouseDragGestureRecognizer extends DragGestureRecognizer implements Serializable

serialVersionUID: 6220099344182281120L


パッケージ java.awt.event

Class java.awt.event.ActionEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: -7671078796273832149L

直列化されたフィールド

actionCommand

String actionCommand
実際にイベントを発生させる原因の詳細を示す、非地域対応の文字列です。この情報は、イベントを発生させたコンポーネントに特有のものです。

 
関連項目:
ActionEvent.getActionCommand()

when

long when
このイベント発生時のタイムスタンプです。ActionEvent が高レベルのセマンティックイベントであるため、通常タイムスタンプは基本となる InputEvent と同じになります。

 
関連項目:
ActionEvent.getWhen()

modifiers

int modifiers
選択されたキー修飾子を表します。選択されたキーの状態判定に使用します。修飾子が選択されない場合、デフォルトではゼロになります。

 
関連項目:
ActionEvent.getModifiers()

Class java.awt.event.AdjustmentEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: 5700290645205279921L

直列化されたフィールド

adjustable

Adjustable adjustable
イベントをトリガした調整可能オブジェクトです。

 
関連項目:
AdjustmentEvent.getAdjustable()

value

int value
value には調整可能オブジェクトの新しい値が含まれます。この値は常に、調整可能オブジェクトに関連した範囲内になります。

 
関連項目:
AdjustmentEvent.getValue()

adjustmentType

int adjustmentType
adjustmentType は、調整可能オブジェクトの値がどのように変化したかを示すものです。この値はブロック量またはユニット量で増加または減少させることができます。ブロックはページの増分および減分に関連し、ユニットは行の増分および減分に関連しています。

 
関連項目:
AdjustmentEvent.getAdjustmentType()

isAdjusting

boolean isAdjusting
イベントが一連の複数の調整イベントの 1 つである場合、isAdjusting は true です。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
AdjustmentEvent.getValueIsAdjusting()

Class java.awt.event.ComponentEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: 8101406823902992965L

Class java.awt.event.ContainerEvent extends ComponentEvent implements Serializable

serialVersionUID: -4114942250539772041L

直列化されたフィールド

child

Component child
Container に追加または削除される null 以外のコンポーネントです。

 
関連項目:
ContainerEvent.getChild()

Class java.awt.event.FocusEvent extends ComponentEvent implements Serializable

serialVersionUID: 523753786457416396L

直列化されたフィールド

temporary

boolean temporary
フォーカスイベントは、パーマネントとテンポラリの 2 つのレベルを保持できます。操作が一時的にフォーカスを奪い、イベントが完了すると元に戻す場合は true に、そうでない場合は false に設定されます。

 
関連項目:
FocusEvent.isTemporary()

Class java.awt.event.HierarchyEvent extends AWTEvent implements Serializable

直列化されたフィールド

changed

Component changed

changedParent

Container changedParent

changeFlags

long changeFlags

Class java.awt.event.InputEvent extends ComponentEvent implements Serializable

serialVersionUID: -2482525981698309786L

直列化されたフィールド

when

long when
入力イベントのタイムスタンプです。タイムスタンプは、入力イベントが発生した時間を示す UTC 形式です。

 
関連項目:
InputEvent.getWhen()

modifiers

int modifiers
入力イベントがトリガされたときの修飾子マスクの状態です。

 
関連項目:
InputEvent.getModifiers(), InputEvent.getModifiersEx(), KeyEvent, MouseEvent

Class java.awt.event.InputMethodEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: 4727190874778922661L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
when フィールドがオブジェクト入力ストリームにない場合は初期化します。この場合、EventQueue.getMostRecentEventTime() を呼び出すことによりフィールドが初期化されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException
直列化されたフィールド

when

long when
イベント作成時を示すタイムスタンプです。

 
導入されたバージョン:
1.4
関連項目:
InputMethodEvent.getWhen()

Class java.awt.event.InvocationEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: 436056344909459450L

直列化されたフィールド

runnable

Runnable runnable
呼び出される run() メソッドを持つ Runnable オブジェクトです。


notifier

Object notifier
Runnable.run() メソッドの復帰後ただちに呼び出される notifyAll() メソッドを持つオブジェクトです (null の場合もある)。


catchExceptions

boolean catchExceptions
true に設定した場合は、dispatch() が Throwable をキャッチしてそれを例外のインスタンス変数に格納します。false の場合は、Throwable は EventDispatchThread のディスパッチループまで送られます。


exception

Exception exception
Runnable.run() メソッドの実行中にスローされる Exception です (null の場合もある)。この変数は、インスタンスが例外をキャッチしなかった場合にも null になります。


throwable

Throwable throwable
Runnable.run() メソッドの実行中にスローされる Throwable です (null の場合もある)。この変数は、特定のインスタンスが例外をキャッチしなかった場合にも null になります。


when

long when
このイベント発生時のタイムスタンプです。

 
関連項目:
InvocationEvent.getWhen()

Class java.awt.event.ItemEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: -608708132447206933L

直列化されたフィールド

item

Object item
選択状態が変更された項目です。

 
関連項目:
ItemEvent.getItem()

stateChange

int stateChange
item が選択されたのか選択解除されたのかを示す stateChange オブジェクトです。

 
関連項目:
ItemEvent.getStateChange()

Class java.awt.event.KeyEvent extends InputEvent implements Serializable

serialVersionUID: -2352130953028126954L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
古い修飾子を無効にして、新しい修飾子を設定します。キー修飾子はオーバーラップするマウス修飾子をオーバーライドします。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

isProxyActive

boolean isProxyActive
ネイティブのイベントディスパッチシステムの状態を格納します。このイベントが作成されたときに、イベントプロキシメカニズムがアクティブであった場合は true、プロキシがアクティブなときに、イベントを正常にディスパッチするために使用される Component.dispatchEventImpl がアクティブでなかった場合は false になります。


keyCode

int keyCode
キーボードの各キーに割り当てられた一意の値です。ほとんどのキーボードがトリガできる共通のキーコードセットがあります。キーコードの記号名はコード自体の値以外になります。

 
関連項目:
KeyEvent.getKeyCode(), KeyEvent.setKeyCode(int)

keyChar

char keyChar
keyChar は、キーまたはキーの組み合わせでトリガされる有効な Unicode 文字です。

 
関連項目:
KeyEvent.getKeyChar(), KeyEvent.setKeyChar(char)

keyLocation

int keyLocation
キーボード上のキーの位置です。左 Shift キーや右 Shift キーなど一部のキーは、キーボード上で複数回発生します。さらに、一部のキーは数値入力キーパッドで発生します。このようなキーを区別するために、変数が使用されます。有効な値は KEY_LOCATION_UNKNOWNKEY_LOCATION_STANDARDKEY_LOCATION_LEFTKEY_LOCATION_RIGHT、および KEY_LOCATION_NUMPAD だけです。

 
関連項目:
KeyEvent.getKeyLocation()

Class java.awt.event.MouseEvent extends InputEvent implements Serializable

serialVersionUID: -991214153494842848L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
古い修飾子を無効にして、新しい修飾子を設定します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

x

int x
マウスイベントの x 座標です。x 値はイベントをトリガするコンポーネントに対する相対位置になります。

 
関連項目:
MouseEvent.getX()

y

int y
マウスイベントの y 座標です。y 値はイベントをトリガするコンポーネントに対する相対位置になります。

 
関連項目:
MouseEvent.getY()

clickCount

int clickCount
マウスボタンをすばやく連続してクリックする回数を示します。clickCount は次の 3 つのマウスイベントにのみ有効です。
MOUSE_CLICKEDMOUSE_PRESSED、および MOUSE_RELEASED。上記の場合、clickCount は 1 以上になります。その他のイベントの場合、カウントは 0 になります。

 
関連項目:
MouseEvent.getClickCount().

button

int button
状態が変更されたマウスボタンがある場合に、それを示します。有効な値は、定数NOBUTTONBUTTON1BUTTON2BUTTON3 だけです。

 
関連項目:
MouseEvent.getButton().

popupTrigger

boolean popupTrigger
Popup Menu が特定のジェスチャーを保持するかどうかを示すプロパティです。popupTrigger = false の場合、ポップアップメニューは表示されません。true の場合、ポップアップメニューが表示されます。

 
関連項目:
PopupMenu, MouseEvent.isPopupTrigger()

Class java.awt.event.MouseWheelEvent extends MouseEvent implements Serializable

直列化されたフィールド

scrollType

int scrollType
プラットフォームの設定に基づいて、このイベントに応答して発生するスクロールの種類を示します。有効な値は次のとおりです。

関連項目:
MouseWheelEvent.getScrollType()

scrollAmount

int scrollAmount
scrollType が WHEEL_UNIT_SCROLL の場合にのみ有効です。プラットフォームの設定に基づき、マウスホイールの回転クリックごとにスクロールされるユニット数を示します。

関連項目:
MouseWheelEvent.getScrollAmount(), MouseWheelEvent.getScrollType()

wheelRotation

int wheelRotation
マウスホイールが回転した距離を示します。

関連項目:
MouseWheelEvent.getWheelRotation()

Class java.awt.event.PaintEvent extends ComponentEvent implements Serializable

serialVersionUID: 1267492026433337593L

直列化されたフィールド

updateRect

Rectangle updateRect
この矩形は、ソースコンポーネント上の再描画が必要な領域を示します。この矩形は、null にはなりません。

 
関連項目:
Rectangle, PaintEvent.setUpdateRect(Rectangle), PaintEvent.getUpdateRect()

Class java.awt.event.TextEvent extends AWTEvent implements Serializable

serialVersionUID: 6269902291250941179L

Class java.awt.event.WindowEvent extends ComponentEvent implements Serializable

serialVersionUID: -1567959133147912127L

直列化されたフィールド

oldState

int oldState
TBS


newState

int newState

パッケージ java.awt.font

Class java.awt.font.NumericShaper extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

key

int key
コンテキスト依存の形状決定のコンテキストのインデックスです。値の範囲は 0 から 18 です。


mask

int mask
コンテキスト依存の形状決定を行うかどうか (上位ビット)、および形式変換する数字の範囲 (0 から 18 のビット) を示すフラグ。

Class java.awt.font.TextAttribute extends AttributedCharacterIterator.Attribute implements Serializable

serialVersionUID: 7744112784117861702L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws InvalidObjectException
直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。

例外:
InvalidObjectException

Class java.awt.font.TransformAttribute extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3356247357827709530L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws ClassNotFoundException,
                         IOException
例外:
ClassNotFoundException
IOException
直列化されたフィールド

transform

AffineTransform transform
この TransformAttributeAffineTransform、または AffineTransform が恒等変換である場合は null です。


パッケージ java.awt.geom

Class java.awt.geom.AffineTransform extends Object implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
例外:
ClassNotFoundException
IOException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws ClassNotFoundException,
                         IOException
例外:
ClassNotFoundException
IOException
直列化されたフィールド

m00

double m00
3×3 アフィン変換行列の X 座標スケーリング要素です。

 

m10

double m10
3×3 アフィン変換行列の Y 座標シャーリング要素です。

 

m01

double m01
3×3 アフィン変換行列の X 座標シャーリング要素です。

 

m11

double m11
3×3 アフィン変換行列の Y 座標スケーリング要素です。

 

m02

double m02
3×3 アフィン変換行列の平行移動要素の X 座標です。

 

m12

double m12
3×3 アフィン変換行列の平行移動要素の Y 座標です。

 

Class java.awt.geom.IllegalPathStateException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.awt.geom.NoninvertibleTransformException extends Exception implements Serializable


パッケージ java.awt.image

Class java.awt.image.ImagingOpException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.awt.image.RasterFormatException extends RuntimeException implements Serializable


パッケージ java.awt.image.renderable

Class java.awt.image.renderable.ParameterBlock extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

sources

Vector<E> sources
任意の Object として格納される、ソースの Vector です。


parameters

Vector<E> parameters
任意の Object として格納される、ソース以外のパラメータの Vector です。


パッケージ java.awt.print

Class java.awt.print.PrinterAbortException extends PrinterException implements Serializable

Class java.awt.print.PrinterException extends Exception implements Serializable

Class java.awt.print.PrinterIOException extends PrinterException implements Serializable

serialVersionUID: 5850870712125932846L

直列化されたフィールド

mException

IOException mException
印刷ジョブを中断させる IO エラー

 

パッケージ java.beans

Class java.beans.IndexedPropertyChangeEvent extends PropertyChangeEvent implements Serializable

直列化されたフィールド

index

int index

Class java.beans.IntrospectionException extends Exception implements Serializable

Class java.beans.PropertyChangeEvent extends EventObject implements Serializable

直列化されたフィールド

propertyName

String propertyName
変更対象のプロパティの名前。未知の場合は null

 

newValue

Object newValue
プロパティの新しい値。未知の場合は null

 

oldValue

Object oldValue
プロパティの変更前の値。未知の場合は null

 

propagationId

Object propagationId
伝播 ID。null の場合もある

 
関連項目:
#getPropagationId.

Class java.beans.PropertyChangeSupport extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6401253773779951803L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
例外:
ClassNotFoundException
IOException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
シリアルデータ:
null で終了している PropertyChangeListener のリスト

直列化の際、非直列化可能なリスナーはスキップされ、直列化可能なリスナーだけが直列化されます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

children

Hashtable<K,V> children
複数の特定のプロパティのリスナーを管理するためのハッシュテーブルです。プロパティ名を PropertyChangeSupport オブジェクトにマッピングします。

 
導入されたバージョン:
1.2

source

Object source
生成されたイベントの発生元として提供されるオブジェクトです。

 

propertyChangeSupportSerializedDataVersion

int propertyChangeSupportSerializedDataVersion
内部バージョン番号です。

 
導入されたバージョン:

Class java.beans.PropertyVetoException extends Exception implements Serializable

直列化されたフィールド

evt

PropertyChangeEvent evt
拒否された変更を示す PropertyChangeEvent です。

 

Class java.beans.VetoableChangeSupport extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5090210921595982017L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
例外:
ClassNotFoundException
IOException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
シリアルデータ:
null で終了している VetoableChangeListeners のリスト

直列化の際、非直列化可能なリスナーはスキップされ、直列化可能なリスナーだけが直列化されます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

children

Hashtable<K,V> children
複数の特定のプロパティのリスナーを管理するためのハッシュテーブルです。プロパティ名を VetoableChangeSupport オブジェクトにマッピングします。

 
導入されたバージョン:
1.2

source

Object source
生成されたイベントの発生元として提供されるオブジェクトです。

 

vetoableChangeSupportSerializedDataVersion

int vetoableChangeSupportSerializedDataVersion
内部バージョン番号です。

 

パッケージ java.beans.beancontext

Class java.beans.beancontext.BeanContextChildSupport extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6328947014421475877L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream ois)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
持続オブジェクトを復元します。入れ子になっている新しい BeanContext から取得されたすべてのリソースが、後続の setBeanContext() によって完全に復元されるまで待つ必要があります。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream oos)
                  throws IOException
オブジェクトの持続性の状態を書き込みます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

beanContextChildPeer

BeanContextChild beanContextChildPeer
この BeanContextChild が入れ子になる BeanContext です。


pcSupport

PropertyChangeSupport pcSupport
この BeanContextChildSupport に関連した PropertyChangeSupport です。


vcSupport

VetoableChangeSupport vcSupport
この BeanContextChildSupport に関連した VetoableChangeSupport です。

Class java.beans.beancontext.BeanContextEvent extends EventObject implements Serializable

直列化されたフィールド

propagatedFrom

BeanContext propagatedFrom
このイベントの伝達元 BeanContext です。

Class java.beans.beancontext.BeanContextMembershipEvent extends BeanContextEvent implements Serializable

直列化されたフィールド

children

Collection<E> children
このイベント通知によって影響を受ける子のリストです。

Class java.beans.beancontext.BeanContextServiceAvailableEvent extends BeanContextEvent implements Serializable

直列化されたフィールド

serviceClass

Class<T> serviceClass
新しく使用できるサービスへの Class 参照です。

Class java.beans.beancontext.BeanContextServiceRevokedEvent extends BeanContextEvent implements Serializable

直列化されたフィールド

serviceClass

Class<T> serviceClass
無効になるサービスへの Class 参照です。


invalidateRefs

boolean invalidateRefs

Class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport extends BeanContextSupport implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream ois)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
インスタンスを直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream oos)
                  throws IOException
インスタンスを直列化します。

例外:
IOException

Class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport.BCSSChild extends BeanContextSupport.BCSChild implements Serializable

serialVersionUID: -3263851306889194873L

Class java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport.BCSSServiceProvider extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

serviceProvider

BeanContextServiceProvider serviceProvider

Class java.beans.beancontext.BeanContextSupport extends BeanContextChildSupport implements Serializable

serialVersionUID: -4879613978649577204L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream ois)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
コンテンツを直列化復元します。このインスタンスに重複しないピアが存在する場合、ここでは直列化されず、ピアの readObject() はこのインスタンスを直列化復元したあとで readChildren() を呼び出す必要があります。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream oos)
                  throws IOException,
                         ClassNotFoundException
BeanContextSupport を直列化します。このインスタンスに重複しないピアが存在する場合 (つまり、このオブジェクトがほかのオブジェクトの委譲として動作している場合)、このインスタンスと同時に子の直列化復元で発生する「鶏が先か、卵が先か」の問題のために、このインスタンスの子はここでは直列化されません。 したがって、このインスタンスに対して重複のないピアがある状況では、常に writeObject() を呼び出してから writeChildren() を呼び出し、readObject() を呼び出してから readChildren() を呼び出します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

serializable

int serializable

locale

Locale locale
BeanContext の現在のロケールです。


okToUseGui

boolean okToUseGui
このインスタンスが GUI を描画できるかどうかを示す boolean 型です。


designTime

boolean designTime
このオブジェクトが現在設計時モードかどうかを示す boolean 型です。

Class java.beans.beancontext.BeanContextSupport.BCSChild extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5815286101609939109L

直列化されたフィールド

child

Object child

proxyPeer

Object proxyPeer

パッケージ java.io

Class java.io.CharConversionException extends IOException implements Serializable

Class java.io.EOFException extends IOException implements Serializable

Class java.io.File extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 301077366599181567L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject は、このファイル名を復元するために呼び出されます。元の区切り文字が読み込まれます。それがこのシステムの区切り文字と異なる場合、古い区切り文字はローカルの区切り文字に置き換えられます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
WriteObject は、このファイル名を保存するために呼び出されます。区切り文字も保存されるので、パスが別のホスト型で再生成される場合は置換できます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

path

String path
この抽象パス名の標準化されたパス名文字列です。標準化されたパス名文字列は、デフォルトの名前区切り文字を使用し、余分なまたは重複した区切り文字を持ちません。

 

Class java.io.FileNotFoundException extends IOException implements Serializable

Class java.io.FilePermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: 2202956749081564585L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
"permissions" フィールド (FilePermissions を含むベクタ)
例外:
IOException
直列化されたフィールド

permissions

Vector<E> permissions
FilePermission オブジェクトのリストです。

Class java.io.InterruptedIOException extends IOException implements Serializable

直列化されたフィールド

bytesTransferred

int bytesTransferred
入出力処理で割り込みが発生する前にその処理の一部として転送されたバイト数を報告します。

 

Class java.io.InvalidClassException extends ObjectStreamException implements Serializable

直列化されたフィールド

classname

String classname
無効なクラスの名前

無効なクラスの名前

Class java.io.InvalidObjectException extends ObjectStreamException implements Serializable

Class java.io.IOException extends Exception implements Serializable

Class java.io.NotActiveException extends ObjectStreamException implements Serializable

Class java.io.NotSerializableException extends ObjectStreamException implements Serializable

Class java.io.ObjectStreamClass extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6120832682080437368L

直列化されたフィールド

Class java.io.ObjectStreamException extends IOException implements Serializable

Class java.io.OptionalDataException extends ObjectStreamException implements Serializable

直列化されたフィールド

length

int length
現在のバッファで読み込み可能なプリミティブ型のデータのバイト数

 

eof

boolean eof
ストリームのバッファ部分にデータがない場合は true

 

Class java.io.SerializablePermission extends BasicPermission implements Serializable

直列化されたフィールド

actions

String actions
 

Class java.io.StreamCorruptedException extends ObjectStreamException implements Serializable

Class java.io.SyncFailedException extends IOException implements Serializable

Class java.io.UnsupportedEncodingException extends IOException implements Serializable

Class java.io.UTFDataFormatException extends IOException implements Serializable

Class java.io.WriteAbortedException extends ObjectStreamException implements Serializable

serialVersionUID: -3326426625597282442L

直列化されたフィールド

detail

Exception detail
ObjectStream の書き込み中にキャッチされた例外です。

このフィールドは、汎用目的の例外チェーン機能以前から使用されています。リリース 1.4 でこの情報を取得するときは、 Throwable.getCause() メソッドを使用してください。

 

パッケージ java.lang

Class java.lang.AbstractMethodError extends IncompatibleClassChangeError implements Serializable

Class java.lang.ArithmeticException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.ArrayIndexOutOfBoundsException extends IndexOutOfBoundsException implements Serializable

Class java.lang.ArrayStoreException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.AssertionError extends Error implements Serializable

Class java.lang.Boolean extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3665804199014368530L

直列化されたフィールド

value

boolean value
Boolean の値です。

 

Class java.lang.Byte extends Number implements Serializable

serialVersionUID: -7183698231559129828L

直列化されたフィールド

value

byte value
Byte の値

 

Class java.lang.Character extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3786198910865385080L

直列化されたフィールド

value

char value
Character の値

 

Class java.lang.Class extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3206093459760846163L

直列化の概要
Class クラスは、特例で Serialization Stream Protocol に入ります。 Class のインスタンスは最初に次の形式で ObjectOutputStream に書き込まれます。

      TC_CLASS ClassDescriptor
      A ClassDescriptor is a special cased serialization of 
      a java.io.ObjectStreamClass instance. 
 
新しいハンドルは、クラス記述子が初めてストリームに書き込まれるときに生成されます。クラス記述子へのこれ以後の参照は、最初のクラス記述子インスタンスへの参照として書き込まれます。

関連項目:
ObjectStreamClass
直列化されたフィールド

Class java.lang.ClassCastException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.ClassCircularityError extends LinkageError implements Serializable

Class java.lang.ClassFormatError extends LinkageError implements Serializable

Class java.lang.ClassNotFoundException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 9176873029745254542L

直列化されたフィールド

ex

Throwable ex
このフィールドには、ClassNotFoundException(String s, Throwable ex) コンストラクタを使用してオブジェクトのインスタンスを生成した場合に例外 ex が格納されます。

 
導入されたバージョン:
1.2

Class java.lang.CloneNotSupportedException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.Double extends Number implements Serializable

serialVersionUID: -9172774392245257468L

直列化されたフィールド

value

double value
Double の値です。

 

Class java.lang.Enum extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

name

String name
enum 宣言で宣言されたこの enum 定数の名前です。ほとんどのプログラマは、このフィールドにアクセスしないで、Enum.toString() メソッドを使う必要があります。


ordinal

int ordinal
列挙定数の序数 (enum 宣言での位置。初期定数はゼロの序数に割り当てられる) です。このフィールドは、ほとんどのプログラマにとって役に立ちません。このフィールドは、EnumSetEnumMap などの洗練された enum ベースのデータ構造で使用するために設計されています。

Class java.lang.EnumConstantNotPresentException extends RuntimeException implements Serializable

直列化されたフィールド

enumType

Class<T> enumType
不足している enum 定数の型


constantName

String constantName
不足している enum 定数の名前

Class java.lang.Error extends Throwable implements Serializable

serialVersionUID: 4980196508277280342L

Class java.lang.Exception extends Throwable implements Serializable

serialVersionUID: -3387516993124229948L

Class java.lang.ExceptionInInitializerError extends LinkageError implements Serializable

serialVersionUID: 1521711792217232256L

直列化されたフィールド

exception

Throwable exception
このフィールドには、ExceptionInInitializerError(Throwable thrown) コンストラクタを使ってオブジェクトのインスタンスを生成した場合に例外が格納されます。

 

Class java.lang.Float extends Number implements Serializable

serialVersionUID: -2671257302660747028L

直列化されたフィールド

value

float value
Float の値です。

 

Class java.lang.IllegalAccessError extends IncompatibleClassChangeError implements Serializable

Class java.lang.IllegalAccessException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.IllegalArgumentException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: -5365630128856068164L

Class java.lang.IllegalMonitorStateException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.IllegalStateException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: -1848914673093119416L

Class java.lang.IllegalThreadStateException extends IllegalArgumentException implements Serializable

Class java.lang.IncompatibleClassChangeError extends LinkageError implements Serializable

Class java.lang.IndexOutOfBoundsException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.InstantiationError extends IncompatibleClassChangeError implements Serializable

Class java.lang.InstantiationException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.Integer extends Number implements Serializable

serialVersionUID: 1360826667806852920L

直列化されたフィールド

value

int value
Integer 型の値です。

 

Class java.lang.InternalError extends VirtualMachineError implements Serializable

Class java.lang.InterruptedException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.LinkageError extends Error implements Serializable

Class java.lang.Long extends Number implements Serializable

serialVersionUID: 4290774380558885855L

直列化されたフィールド

value

long value
Long の値です。

 

Class java.lang.NegativeArraySizeException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.NoClassDefFoundError extends LinkageError implements Serializable

Class java.lang.NoSuchFieldError extends IncompatibleClassChangeError implements Serializable

Class java.lang.NoSuchFieldException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.NoSuchMethodError extends IncompatibleClassChangeError implements Serializable

Class java.lang.NoSuchMethodException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.NullPointerException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.Number extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -8742448824652078965L

Class java.lang.NumberFormatException extends IllegalArgumentException implements Serializable

serialVersionUID: -2848938806368998894L

Class java.lang.OutOfMemoryError extends VirtualMachineError implements Serializable

Class java.lang.RuntimeException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -7034897190745766939L

Class java.lang.RuntimePermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: 7399184964622342223L

Class java.lang.SecurityException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: 6878364983674394167L

Class java.lang.Short extends Number implements Serializable

serialVersionUID: 7515723908773894738L

直列化されたフィールド

value

short value
Short の値です。

 

Class java.lang.StackOverflowError extends VirtualMachineError implements Serializable

Class java.lang.StackTraceElement extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6992337162326171013L

直列化されたフィールド

declaringClass

String declaringClass

methodName

String methodName

fileName

String fileName

lineNumber

int lineNumber

Class java.lang.String extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6849794470754667710L

直列化の概要
String クラスは、特例で Serialization Stream Protocol に入ります。 String インスタンスは最初は次の形式で ObjectOutputStream に書き込まれます。

      TC_STRING (utf String)
 
String は DataOutput.writeUTF メソッドによって書き込まれます。ストリーム内の文字列インスタンスに対するそれ以降のすべての参照を示すために新しいハンドルが生成されます。

直列化されたフィールド

Class java.lang.StringBuffer extends java.lang.AbstractStringBuilder implements Serializable

serialVersionUID: 3388685877147921107L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject メソッドを呼び出すと、ストリームから StringBuffer の状態を復元できます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
readObject メソッドを呼び出すと、ストリームから StringBuffer の状態を復元できます。

例外:
IOException
直列化の概要
StringBuffer の直列化可能フィールドです。

直列化されたフィールド

count

int count
この StringBuffer の文字数

shared

boolean shared
補助配列が共有されているかどうかを示すフラグ。値は直列化復元時に無視される

value

char[] value
この StringBuffer の補助文字配列

Class java.lang.StringBuilder extends java.lang.AbstractStringBuilder implements Serializable

serialVersionUID: 4383685877147921099L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject メソッドを呼び出すと、ストリームから StringBuffer の状態を復元できます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
StringBuilder のインスタンスの状態をストリームに保存、つまり直列化します。

シリアルデータ:
文字列ビルダ (int) に現在格納されている文字とそのあとの文字列ビルダ (char[]) の文字の数。char 配列の長さは、現在文字列ビルダに格納されている文字数よりも大きい可能性がある。この場合、余分な文字は無視される
例外:
IOException

Class java.lang.StringIndexOutOfBoundsException extends IndexOutOfBoundsException implements Serializable

Class java.lang.ThreadDeath extends Error implements Serializable

Class java.lang.Throwable extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3042686055658047285L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
例外:
IOException
直列化されたフィールド

detailMessage

String detailMessage
Throwable についての固有の詳細情報です。たとえば、FileNotFoundException の場合は、見つからなかったファイルの名前が格納されます。

 

cause

Throwable cause
このスロー可能オブジェクトのスローを引き起こしたスロー可能オブジェクト、または null (このスロー可能オブジェクトが別のスロー可能オブジェクトによりスローされたのではない場合、または原因となったスロー可能オブジェクトが未知である場合)。このフィールドがこのスロー可能オブジェクト自体と等価であれば、このスロー可能オブジェクトの原因が初期化されていないことを示します。

 
導入されたバージョン:
1.4

stackTrace

StackTraceElement[] stackTrace
スタックトレースで、Throwable.getStackTrace() により返される値です。

 
導入されたバージョン:
1.4

Class java.lang.TypeNotPresentException extends RuntimeException implements Serializable

直列化されたフィールド

typeName

String typeName

Class java.lang.UnknownError extends VirtualMachineError implements Serializable

Class java.lang.UnsatisfiedLinkError extends LinkageError implements Serializable

Class java.lang.UnsupportedClassVersionError extends ClassFormatError implements Serializable

Class java.lang.UnsupportedOperationException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: -1242599979055084673L

Class java.lang.VerifyError extends LinkageError implements Serializable

Class java.lang.VirtualMachineError extends Error implements Serializable


パッケージ java.lang.annotation

Class java.lang.annotation.AnnotationFormatError extends Error implements Serializable

Class java.lang.annotation.AnnotationTypeMismatchException extends RuntimeException implements Serializable

直列化されたフィールド

element

Method element
注釈要素に対応する Method オブジェクトです。


foundType

String foundType
注釈内で見つかった (不正な) データ型です。この文字列に値も含まれる場合があります。文字列の厳密な書式は指定されません。

Class java.lang.annotation.IncompleteAnnotationException extends RuntimeException implements Serializable

直列化されたフィールド

annotationType

Class<T> annotationType

elementName

String elementName

パッケージ java.lang.instrument

Class java.lang.instrument.IllegalClassFormatException extends Exception implements Serializable

Class java.lang.instrument.UnmodifiableClassException extends Exception implements Serializable


パッケージ java.lang.management

Class java.lang.management.ManagementPermission extends BasicPermission implements Serializable


パッケージ java.lang.reflect

Class java.lang.reflect.GenericSignatureFormatError extends ClassFormatError implements Serializable

Class java.lang.reflect.InvocationTargetException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 4085088731926701167L

直列化されたフィールド

target

Throwable target
InvocationTargetException(Throwable target) を使用してオブジェクトがインスタンス化された場合、このフィールドはターゲットを保持します。

 

Class java.lang.reflect.MalformedParameterizedTypeException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.lang.reflect.Proxy extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -2222568056686623797L

直列化されたフィールド

h

InvocationHandler h
このプロキシインスタンスの呼び出しハンドラです。

 

Class java.lang.reflect.ReflectPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: 7412737110241507485L

Class java.lang.reflect.UndeclaredThrowableException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: 330127114055056639L

直列化されたフィールド

undeclaredThrowable

Throwable undeclaredThrowable
スローされた、宣言されていない確認済み例外

 

パッケージ java.math

Class java.math.BigDecimal extends Number implements Serializable

serialVersionUID: 6108874887143696463L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから BigDecimal のインスタンスを再生成 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

intVal

BigInteger intVal
この BigDecimal のスケールなしの値で、BigDecimal.unscaledValue() で返されます。

 
関連項目:
BigDecimal.unscaledValue()

scale

int scale
この BigDecimal のスケールで、BigDecimal.scale で返されます。

 
関連項目:
BigDecimal.scale

Class java.math.BigInteger extends Number implements Serializable

serialVersionUID: -8287574255936472291L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから BigInteger のインスタンスを再生成 (直列化復元) します。絶対値は歴史的な事情からバイトの配列として読み取られますが、int の配列に変換され、バイトの配列は破棄されます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
BigInteger インスタンスをストリームに保存します。歴史的な事情から BigInteger の絶対値はバイト配列に直列化されます。

シリアルデータ:
旧バージョンとの互換性のために、2 つの必要なフィールドと廃止されたフィールドが書き込まれる
例外:
IOException
直列化の概要
BigInteger の直列化可能フィールドです。

直列化されたフィールド

bitCount

int bitCount
この BigInteger のビット数

bitLength

int bitLength
この BigInteger の最小の 2 の補数表現のビット数

lowestSetBit

int lowestSetBit
2 の補数表現の最下位セットビット

magnitude

int[] magnitude
この BigInteger の絶対値配列

signum

int signum
この BigInteger の符号

Class java.math.MathContext extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5579720004786848255L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから MathContext のインスタンスを再生成 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

precision

int precision
演算に使用する桁数です。0 の場合、精度は無制限で、必要に応じて桁数を増やすことができます。数値係数における先行するゼロには、意味はありません。

precision は常に負の数以外です。

 

roundingMode

RoundingMode roundingMode
演算に使用する丸めアルゴリズムです。

 
関連項目:
RoundingMode

パッケージ java.net

Class java.net.BindException extends SocketException implements Serializable

Class java.net.ConnectException extends SocketException implements Serializable

Class java.net.HttpRetryException extends IOException implements Serializable

直列化されたフィールド

responseCode

int responseCode

location

String location

Class java.net.Inet4Address extends InetAddress implements Serializable

serialVersionUID: 3286316764910316507L

直列化メソッド

writeReplace

private Object writeReplace()
                     throws ObjectStreamException
直列化されるオブジェクトを InetAddress オブジェクトで置き換えます。

例外:
ObjectStreamException - このオブジェクトを置き換える新しいオブジェクトを生成できなかった場合

Class java.net.Inet6Address extends InetAddress implements Serializable

serialVersionUID: 6880410070516793377L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
スコープ情報を含むストリームから、このオブジェクトの状態を復元します。ただし、復元できるのは、スコープインタフェース名がこのシステム上で有効な名前である場合に限ります。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
デフォルトの動作はオーバーライドです。この場合、直列化できない NetworkInterface ではなく、String として、scope_ifname フィールドが書き込まれます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

ipaddress

byte[] ipaddress
128 ビット (16 バイト) IPv6 アドレスを保持します。

 

scope_id

int scope_id
scope_id です。オブジェクトの作成時に指定されたスコープです。インタフェース名を指定してオブジェクトを作成した場合、scope_id は必要とされるときまで判定されません。


scope_id_set

boolean scope_id_set
scope_id フィールドに有効な整数 scope_id が含まれるとき、true に設定されます。


scope_ifname_set

boolean scope_ifname_set
数値のスコープ ID ではなく、スコープインタフェースを指定することによってオブジェクトを構築するかどうかを設定します。


ifname

String ifname
次のフィールドは、直列化/直列化復元時にのみ使用します。

Class java.net.InetAddress extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3286316764910316507L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
                    throws ObjectStreamException
直列化を解除されたオブジェクトを Inet4Address オブジェクトで置き換えます。

例外:
ObjectStreamException - このオブジェクトを置き換える新しいオブジェクトを生成できなかった場合
直列化されたフィールド

hostName

String hostName
 

address

int address
32 ビット IPv4 アドレスを保持します。

 

family

int family
アドレスファミリの型を指定します。たとえば、IPv4 アドレスの場合は 1 を、IPv6 アドレスの場合は 2 を指定します。

 

Class java.net.InetSocketAddress extends SocketAddress implements Serializable

serialVersionUID: 5076001401234631237L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

hostname

String hostname

addr

InetAddress addr

port

int port

Class java.net.MalformedURLException extends IOException implements Serializable

Class java.net.NetPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: -8343910153355041693L

Class java.net.NoRouteToHostException extends SocketException implements Serializable

Class java.net.PortUnreachableException extends SocketException implements Serializable

Class java.net.ProtocolException extends IOException implements Serializable

Class java.net.SocketAddress extends Object implements Serializable

Class java.net.SocketException extends IOException implements Serializable

Class java.net.SocketPermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: 2787186408602843674L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
"permissions" フィールド (SocketPermissions を含むベクタ)
例外:
IOException
直列化されたフィールド

permissions

Vector<E> permissions
このセットの SocketPermissions のリストです。

Class java.net.SocketTimeoutException extends InterruptedIOException implements Serializable

Class java.net.UnknownHostException extends IOException implements Serializable

Class java.net.UnknownServiceException extends IOException implements Serializable

Class java.net.URI extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6052424284110960213L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream is)
                 throws ClassNotFoundException,
                        IOException
指定された直列化ストリームから URI を再生成 (直列化復元) します。

ObjectInputStream.defaultReadObject() メソッドが呼び出されて、string フィールドの値を読み取ります。結果は通常の方法で解析されます。

例外:
ClassNotFoundException
IOException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream os)
                  throws IOException
この URI のコンテンツを指定された直列化ストリームに保存します。

URI インスタンスの唯一の直列化可能フィールドは、その string フィールドです。このフィールドにまだ値が指定されていない場合は値が指定されてから、指定されたオブジェクト出力ストリームの ObjectOutputStream.defaultWriteObject() メソッドが呼び出されます。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

string

String string
この URI の文字列形式です。

 

Class java.net.URISyntaxException extends Exception implements Serializable

直列化されたフィールド

input

String input

index

int index

Class java.net.URL extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -7627629688361524110L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject を呼び出すと、ストリームから URL の状態を復元できます。readObject は URL のコンポーネントを読み込み、ローカルストリームハンドラを探します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
WriteObject を呼び出すと、URL の状態を ObjectOutputStream に保存できます。ハンドラはシステムごとに異なるため、保存されません。

シリアルデータ:
デフォルトの書き込みオブジェクトの値。読み戻すときには、リーダは有効な URLStreamHandler を返すプロトコル変数を指定して getURLStreamHandler を呼び出す必要がある。そうでない場合は IOException がスローされる
例外:
IOException
直列化されたフィールド

protocol

String protocol
使用するプロトコルです (ftp、http、nntp など)。

 

host

String host
接続先のホスト名です。

 

port

int port
接続先となるプロトコルポートです。

 

file

String file
接続先ホストにある特定のファイルの名前です。filepath[?query] として定義されます。

 

authority

String authority
この URL の権限部分です。

 

ref

String ref
# を使用した参照です。

 

hashCode

int hashCode

パッケージ java.nio

Class java.nio.BufferOverflowException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.nio.BufferUnderflowException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.nio.InvalidMarkException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.ReadOnlyBufferException extends UnsupportedOperationException implements Serializable


パッケージ java.nio.channels

Class java.nio.channels.AlreadyConnectedException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.AsynchronousCloseException extends ClosedChannelException implements Serializable

Class java.nio.channels.CancelledKeyException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.ClosedByInterruptException extends AsynchronousCloseException implements Serializable

Class java.nio.channels.ClosedChannelException extends IOException implements Serializable

Class java.nio.channels.ClosedSelectorException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.ConnectionPendingException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.FileLockInterruptionException extends IOException implements Serializable

Class java.nio.channels.IllegalBlockingModeException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.IllegalSelectorException extends IllegalArgumentException implements Serializable

Class java.nio.channels.NoConnectionPendingException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.NonReadableChannelException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.NonWritableChannelException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.NotYetBoundException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.NotYetConnectedException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.OverlappingFileLockException extends IllegalStateException implements Serializable

Class java.nio.channels.UnresolvedAddressException extends IllegalArgumentException implements Serializable

Class java.nio.channels.UnsupportedAddressTypeException extends IllegalArgumentException implements Serializable


パッケージ java.nio.charset

Class java.nio.charset.CharacterCodingException extends IOException implements Serializable

Class java.nio.charset.CoderMalfunctionError extends Error implements Serializable

Class java.nio.charset.IllegalCharsetNameException extends IllegalArgumentException implements Serializable

直列化されたフィールド

charsetName

String charsetName

Class java.nio.charset.MalformedInputException extends CharacterCodingException implements Serializable

直列化されたフィールド

inputLength

int inputLength

Class java.nio.charset.UnmappableCharacterException extends CharacterCodingException implements Serializable

直列化されたフィールド

inputLength

int inputLength

Class java.nio.charset.UnsupportedCharsetException extends IllegalArgumentException implements Serializable

直列化されたフィールド

charsetName

String charsetName

パッケージ java.rmi

Class java.rmi.AccessException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 6314925228044966088L

Class java.rmi.AlreadyBoundException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 9218657361741657110L

Class java.rmi.ConnectException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 4863550261346652506L

Class java.rmi.ConnectIOException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -8087809532704668744L

Class java.rmi.MarshalException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 6223554758134037936L

Class java.rmi.MarshalledObject extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8988374069173025854L

直列化されたフィールド

objBytes

byte[] objBytes
直列化表現のバイト列。objBytesnull の場合、整列化されたオブジェクトは null 参照ではなかった

locBytes

byte[] locBytes
位置注釈のバイト列で、equals によって無視される。locBytes が null の場合、整列化の間に null でない注釈はなかった

hash

int hash
包含されたオブジェクトが記録されたハッシュコード
関連項目:
MarshalledObject.hashCode()

Class java.rmi.NoSuchObjectException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 6619395951570472985L

Class java.rmi.NotBoundException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -1857741824849069317L

Class java.rmi.RemoteException extends IOException implements Serializable

serialVersionUID: -5148567311918794206L

直列化されたフィールド

detail

Throwable detail
このリモート例外の原因です。

このフィールドは、汎用目的の例外チェーン機能以前から使用されています。リリース 1.4 でこの情報を取得するときは、Throwable.getCause() メソッドを使用してください。

 

Class java.rmi.RMISecurityException extends SecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -8433406075740433514L

Class java.rmi.ServerError extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 8455284893909696482L

Class java.rmi.ServerException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -4775845313121906682L

Class java.rmi.ServerRuntimeException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 7054464920481467219L

Class java.rmi.StubNotFoundException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -7088199405468872373L

Class java.rmi.UnexpectedException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 1800467484195073863L

Class java.rmi.UnknownHostException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -8152710247442114228L

Class java.rmi.UnmarshalException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 594380845140740218L


パッケージ java.rmi.activation

Class java.rmi.activation.Activatable extends RemoteServer implements Serializable

serialVersionUID: -3120617863591563455L

直列化されたフィールド

id

ActivationID id
オブジェクトの起動識別子

Class java.rmi.activation.ActivateFailedException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: 4863550261346652506L

Class java.rmi.activation.ActivationDesc extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 7455834104417690957L

直列化されたフィールド

groupID

ActivationGroupID groupID
グループの識別子

className

String className
オブジェクトのクラス名

location

String location
オブジェクトのコードの位置

data

MarshalledObject data
オブジェクトの初期化データ

restart

boolean restart
オブジェクトを起動し直す必要の有無

Class java.rmi.activation.ActivationException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -4320118837291406071L

直列化されたフィールド

detail

Throwable detail
この起動例外の原因です。

このフィールドは、汎用目的の例外チェーン機能以前から使用されています。リリース 1.4 でこの情報を取得するときは、Throwable.getCause() メソッドを使用してください。

 

Class java.rmi.activation.ActivationGroup extends UnicastRemoteObject implements Serializable

serialVersionUID: -7696947875314805420L

直列化されたフィールド

groupID

ActivationGroupID groupID
グループの識別子

monitor

ActivationMonitor monitor
グループのモニタ

incarnation

long incarnation
グループの生成番号

Class java.rmi.activation.ActivationGroup_Stub extends RemoteStub implements Serializable

Class java.rmi.activation.ActivationGroupDesc extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4936225423168276595L

直列化されたフィールド

className

String className
グループの、パッケージ名が完全指定されたクラス名

location

String location
グループのクラスのロード元となる位置

data

MarshalledObject data
グループの初期化データ

env

ActivationGroupDesc.CommandEnvironment env
VM を別のプロセスで実行するための制御オプション

props

Properties props
サブプロセス環境にデフォルトで設定されたプロパティマップをオーバーライドする、プロパティマップ

Class java.rmi.activation.ActivationGroupDesc.CommandEnvironment extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6165754737887770191L

直列化されたフィールド

command

String command
 

options

String[] options
 

Class java.rmi.activation.ActivationGroupID extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -1648432278909740833L

直列化されたフィールド

system

ActivationSystem system
グループの起動システム

uid

UID uid
グループの一意な ID

Class java.rmi.activation.ActivationID extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4608673054848209235L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
カスタム直列化に使用する readObject です。

このメソッドでは、このクラスの形式に直列化されたオブジェクトを次のように読み込みます。

readObject メソッドを in として呼び出し、オブジェクトの一意識別子 (UID のインスタンス) を読み込みます。

次に、readUTF メソッドを in として呼び出し、このオブジェクトのアクティベータに対応する RemoteRef インスタンスの外部参照型名を読み込みます。readUTF から返された外部参照型名に対応する、実装固有のクラスの RemoteRef インスタンスが生成されます。この RemoteRef インスタンス上で readExternal メソッドを呼び出し、外部参照形名に対応する外部形式を読み込みます。

注: 外部参照型名が「UnicastRef」、「UnicastServerRef」、「UnicastRef2」、「UnicastServerRef2」、または「ActivatableRef」の場合は、対応する実装固有のクラスを検索し、その readExternal メソッドを使用して各クラスの serialData に指定されている外部参照型名のシリアルデータを読み込む必要があります。外部参照型名がこれらの型の (長さ 0 ではない) 文字列でない場合は ClassNotFoundException がスローされます。ただし、その外部参照型名に対応する実装固有のクラスが用意されている場合は、RemoteRef がその実装固有のクラスのインスタンスになり、例外はスローされません。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException,
                         ClassNotFoundException
カスタム直列化に使用する writeObject です。

このメソッドでは、このクラスの形式に直列化されたオブジェクトを次のように書き込みます。

writeObject メソッドを out として呼び出し、オブジェクトの一意識別子 (UID のインスタンス) を引数として渡します。

次に、アクティベータの RemoteRef インスタンス上で getRefClass メソッドを呼び出して、その外部参照型名を取得します。getRefClass から返された値を指定して、writeUTF メソッドを out として呼び出し、RemoteRef インスタンス上で writeExternal メソッドを起動して、out を引数として渡します。

シリアルデータ:
このクラスの形式に直列化されたデータは、java.rmi.server.UID (ObjectOutput.writeObject を使用して書き込まれる)、アクティベータの RemoteRef インスタンスの外部参照型名 (ObjectOutput.writeUTF を使用して書き込まれる文字列)、および RemoteRef インスタンスの外部形式 (このインスタンスの writeExternal メソッドを使用して書き込まれる) から構成される

RemoteRef インスタンスの外部参照型名は、RemoteObjectwriteObject メソッドの serialData 仕様に指定されている外部参照型名の定義を使用して決定されます。同様に、RemoteRef の実装クラスの writeExternal メソッドを使用して書き込まれるデータ、および readExternal メソッドを使用して読み込まれるデータは、定義済みの各外部参照型名に対応しており、RemoteObjectwriteObject メソッドの serialData 仕様に指定されています。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

Class java.rmi.activation.UnknownGroupException extends ActivationException implements Serializable

serialVersionUID: 7056094974750002460L

Class java.rmi.activation.UnknownObjectException extends ActivationException implements Serializable

serialVersionUID: 3425547551622251430L


パッケージ java.rmi.dgc

Class java.rmi.dgc.Lease extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5713411624328831948L

直列化されたフィールド

vmid

VMID vmid
この Lease に関連した仮想マシン ID
関連項目:
Lease.getVMID()

value

long value
Lease オブジェクトの貸し出し期間
関連項目:
Lease.getValue()

Class java.rmi.dgc.VMID extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -538642295484486218L

直列化されたフィールド

addr

byte[] addr
VMID の作成先のホストを一意に識別するバイトの配列

uid

UID uid
VMID の作成先のホストについての一意の識別子

パッケージ java.rmi.server

Class java.rmi.server.ExportException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -9155485338494060170L

Class java.rmi.server.ObjID extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6386392263968365220L

直列化されたフィールド

objNum

long objNum
オブジェクト番号
関連項目:
ObjID.hashCode()

space

UID space
アドレス空間識別子 (ホスト上で常に一意)

Class java.rmi.server.RemoteObject extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3215090123894869218L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
カスタム直列化に使用する readObject です。

このメソッドでは、このクラスの形式に直列化されたオブジェクトを次のように読み込みます。

readUTF メソッドを in として呼び出し、RemoteRef インスタンスの外部参照型名を読み込み、このオブジェクトの ref フィールドに書き込みます。readUTF から返された文字列が長さ 0 の場合は、readObject メソッドを in として呼び出し、readObject から返された値を RemoteRef にキャストし、その値をこのオブジェクトの ref フィールドに設定します。readUTF から返された文字列が長さ 0 でない場合、このオブジェクトの ref フィールドに対して、返された外部参照型名に対応する実装固有のクラスの RemoteRef インスタンスを設定します。次に、このオブジェクトの ref フィールド上で readExternal メソッドを呼び出します。

外部参照型名が「UnicastRef」、「UnicastServerRef」、「UnicastRef2」、「UnicastServerRef2」、または「ActivatableRef」の場合は、対応する実装固有のクラスを検索し、その readExternal メソッドを使用して各クラスの serialData に指定されている外部参照型名のシリアルデータを読み込む必要があります。外部参照型名がこれらの型の (長さ 0 ではない) 文字列でない場合は ClassNotFoundException がスローされます。ただし、その外部参照型名に対応する実装固有のクラスが用意されている場合は、このオブジェクトの ref フィールドにその実装固有のクラスのインスタンスが設定され、例外はスローされません。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException,
                         ClassNotFoundException
カスタム直列化に使用する writeObject です。

このメソッドでは、このクラスの形式に直列化されたオブジェクトを次のように書き込みます。

このオブジェクトの ref フィールド上で getRefClass メソッドを呼び出すことで、その外部参照型名を取得します。getRefClass の戻り値が null でない長さ 1 以上の文字列であった場合、out 上でその getRefClass の戻り値を指定して writeUTF メソッドを呼び出したあと、このオブジェクトの ref フィールド上で out を引数に指定して writeExternal メソッドを呼び出します。そうでない場合は、out 上で長さ 0 の文字列 ("") を指定して writeUTF メソッドを呼び出したあと、out 上でこのオブジェクトの ref フィールドを引数に指定して writeObject メソッドを呼び出します。

シリアルデータ:
このクラスの直列化データは、ObjectOutput.writeUTF によって書き込まれた文字列と、ref とから構成される。前者は、このオブジェクトに含まれている RemoteRef インスタンス (ref フィールド) の外部参照型名、長さ 0 の文字列のいずれかになる。後者は、前者の文字列が長さが 1 以上であった場合は writeExternal メソッドによって書き込まれた外部形式の ref フィールド、そうでない場合は直列化ストリームの writeObject の引数に ref フィールドを指定することによって書き込まれた直列化形式の ref フィールドになる。

このオブジェクトが任意の UnicastRemoteObject.exportObject メソッドから返された RemoteStub または RemoteObjectInvocationHandler のインスタンスであり、かつカスタムソケットファクトリが使用されていない場合、外部参照型名は「UnicastRef」になる。 このオブジェクトが任意の UnicastRemoteObject.exportObject メソッドから返された RemoteStub または RemoteObjectInvocationHandler のインスタンスであり、かつカスタムソケットファクトリが使用されている場合、外部参照型名は「UnicastRef2」になる。 このオブジェクトが任意の java.rmi.activation.Activatable.exportObject メソッドから返された RemoteStub または RemoteObjectInvocationHandler のインスタンスである場合、外部参照型名は「ActivatableRef」になる。 このオブジェクトが RemoteObject.toStub メソッドから返された RemoteStub または RemoteObjectInvocationHandler のインスタンスであり、かつその toStub に渡された引数そのものが RemoteStub ではなかった場合、外部参照型名は前述のように、toStub に渡されたリモートオブジェクトがエクスポートされたときの名前になる。 このオブジェクトが直列化復元によって作成された RemoteStub または RemoteObjectInvocationHandler のインスタンスである場合、外部参照型名は、このオブジェクトの直列化復元時に読み込まれたものと同じになる。

このオブジェクトがカスタムソケットファクトリを使用しない java.rmi.server.UnicastRemoteObject のインスタンスである場合、外部参照型名は「UnicastServerRef」になる。 このオブジェクトがカスタムソケットファクトリを使用する UnicastRemoteObject のインスタンスである場合、外部参照型名は「UnicastServerRef2」になる。

以下に示すのは、個々の定義済み外部参照型名に対応する RemoteRef 実装クラスの writeExternal メソッドと readExternal メソッドで読み書きすべきデータである。

UnicastRef」:

  • 参照されるリモートオブジェクトのホスト名。DataOutput.writeUTF(String) によって書き込まれる
  • 参照されるリモートオブジェクトのポート。DataOutput.writeInt(int) によって書き込まれる
  • 参照に含まれる ObjID インスタンス上で {link java.rmi.server.ObjID#write(java.io.ObjectOutput)} を呼び出して書き込んだデータ
  • boolean 値 falseDataOutput.writeBoolean(boolean) によって書き込まれる

クライアントソケットファクトリが null である「UnicastRef2」:

  • byte 値 0x00 (クライアントソケットファクトリが null であることを示す)。DataOutput.writeByte(int) によって書き込まれる
  • 参照されるリモートオブジェクトのホスト名。DataOutput.writeUTF(String) によって書き込まれる
  • 参照されるリモートオブジェクトのポート。DataOutput.writeInt(int) によって書き込まれる
  • 参照に含まれる ObjID インスタンス上で {link java.rmi.server.ObjID#write(java.io.ObjectOutput)} を呼び出して書き込んだデータ
  • boolean 値 falseDataOutput.writeBoolean(boolean) によって書き込まれる

クライアントソケットファクトリが null ではない「UnicastRef2」:

  • byte 値 0x01 (クライアントソケットファクトリが null でないことを示す)。DataOutput.writeByte(int) によって書き込まれる
  • 参照されるリモートオブジェクトのホスト名。DataOutput.writeUTF(String) によって書き込まれる
  • 参照されるリモートオブジェクトのポート。DataOutput.writeInt(int) によって書き込まれる
  • クライアントソケットファクトリ (java.rmi.server.RMIClientSocketFactory 型のオブジェクト)。ストリームインスタンス上でそのファクトリを引数に指定して writeObject を呼び出すことによって書き込まれる
  • 参照に含まれる ObjID インスタンス上で {link java.rmi.server.ObjID#write(java.io.ObjectOutput)} を呼び出して書き込んだデータ
  • boolean 値 falseDataOutput.writeBoolean(boolean) によって書き込まれる

入れ子のリモート参照が null である「ActivatableRef」:

  • java.rmi.activation.ActivationID のインスタンス。ストリームインスタンス上でその起動 ID を引数に指定して writeObject を呼び出すことによって書き込まれる
  • 長さ 0 の文字列 ("")。DataOutput.writeUTF(String) によって書き込まれる

入れ子のリモート参照が null ではない「ActivatableRef」:

  • java.rmi.activation.ActivationID のインスタンス。ストリームインスタンス上でその起動 ID を引数に指定して writeObject を呼び出すことによって書き込まれる
  • 入れ子のリモート参照の外部参照型名。「UnicastRef2」でなければならない。DataOutput.writeUTF(String) によって書き込まれる
  • 入れ子のリモート参照の外部形式。ストリームインスタンスを指定して自身の writeExternal メソッドを呼び出すことによって書き込まれる (前述した「UnicastRef2」の外部形式の説明を参照)

UnicastServerRef」と「UnicastServerRef2」の場合、writeExternal メソッドと readExternal メソッドによるデータの読み書きは行われない

例外:
IOException
ClassNotFoundException

Class java.rmi.server.RemoteObjectInvocationHandler extends RemoteObject implements Serializable

serialVersionUID: 2L

直列化メソッド

readObjectNoData

private void readObjectNoData()
                       throws InvalidObjectException
例外:
InvalidObjectException - 無条件

Class java.rmi.server.RemoteServer extends RemoteObject implements Serializable

serialVersionUID: -4100238210092549637L

Class java.rmi.server.RemoteStub extends RemoteObject implements Serializable

serialVersionUID: -1585587260594494182L

Class java.rmi.server.ServerCloneException extends CloneNotSupportedException implements Serializable

serialVersionUID: 6617456357664815945L

直列化されたフィールド

detail

Exception detail
この例外の原因です。

このフィールドは、汎用目的の例外チェーン機能以前から使用されています。リリース 1.4 でこの情報を取得するときは、Throwable.getCause() メソッドを使用してください。

 

Class java.rmi.server.ServerNotActiveException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 4687940720827538231L

Class java.rmi.server.SkeletonMismatchException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -7780460454818859281L

Class java.rmi.server.SkeletonNotFoundException extends RemoteException implements Serializable

serialVersionUID: -7860299673822761231L

Class java.rmi.server.SocketSecurityException extends ExportException implements Serializable

serialVersionUID: -7622072999407781979L

Class java.rmi.server.UID extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 1086053664494604050L

直列化されたフィールド

unique

int unique
この UID が生成されたVM を一意に識別する番号です。そのホスト上および生成された時間で一意になります。

 

time

long time
この UID を生成した VM が稼動していた時刻です。System.currentTimeMillis() から返されます。

 

count

short count
同じ VM 上の同じ時刻値を持つ UID のインスタンスを識別するための16 ビットの数値です。

 

Class java.rmi.server.UnicastRemoteObject extends RemoteServer implements Serializable

serialVersionUID: 4974527148936298033L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
オブジェクトが直列化復元されたときに、リモートオブジェクトを再びエクスポートします。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

port

int port
オブジェクトのエクスポート先のポート番号

csf

RMIClientSocketFactory csf
クライアント側ソケットファクトリ (存在する場合)

ssf

RMIServerSocketFactory ssf
オブジェクトをエクスポートするときに使用する、サーバ側のソケットファクトリ (存在する場合)

パッケージ java.security

Class java.security.AccessControlException extends SecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 5138225684096988535L

直列化されたフィールド

perm

Permission perm

Class java.security.AllPermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: -4023755556366636806L

直列化されたフィールド

all_allowed

boolean all_allowed

Class java.security.AuthProvider extends Provider implements Serializable

Class java.security.BasicPermission extends Permission implements Serializable

serialVersionUID: 6279438298436773498L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject は、ストリームから BasicPermission の状態を復元するために呼び出されます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

Class java.security.BasicPermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: 739301742472979399L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject を呼び出すと、ストリームから BasicPermissionCollection の状態を復元できます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
Default fields.
例外:
IOException
直列化されたフィールド

all_allowed

boolean all_allowed
この BasicPermissionCollection がそのアクセス権名として '*' 含む BasicPermission を含んでいる場合は true に設定されます。

permClass

Class<T> permClass
この BasicPermissionCollection の全 BasicPermissions に属するクラスです。

permissions

Hashtable<K,V> permissions
この BasicPermissionCollection の BasicPermissions です。 コレクションの全 BasicPermissions は同じクラスに属す必要があります。 Hashtable は BasicPermission 名をインデックスとして使用します。Hashtable エントリの値は permission です。

Class java.security.CodeSigner extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6819288105193937581L

直列化されたフィールド

signerCertPath

CertPath signerCertPath
署名者の証明書パスです。

 

timestamp

Timestamp timestamp

Class java.security.CodeSource extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 4977541819976013951L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream ois)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
このオブジェクトをストリームから復元します (直列化復元)。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream oos)
                  throws IOException
このオブジェクトをストリームに書き出します (直列化)。

シリアルデータ:
初期 URL の後ろには、従う必要がある証明書の数を示す int が続きます (値が「ゼロ」の場合は、このオブジェクトに関連した証明書がないことを示している)。各証明書は、証明書の型を表す String、証明書の符号化長を指定する int、バイトの配列として書き出された証明書の符号化そのものの順に書き込まれます。最後に、コード署名者が存在する場合、それらのコード署名者の配列の直列化と書き込みも実行されます。
例外:
IOException
直列化されたフィールド

location

URL location
コードの位置です。

 

Class java.security.DigestException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 5821450303093652515L

Class java.security.GeneralSecurityException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 894798122053539237L

Class java.security.GuardedObject extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5240450096227834308L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream oos)
                  throws IOException
このオブジェクトをストリームに書き出します (直列化)。 1 つあればガードを確認します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

object

Object object

guard

Guard guard

Class java.security.Identity extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3609922007826600659L

直列化されたフィールド

name

String name
推奨されていません。 
このアイデンティティの名前です。

 

publicKey

PublicKey publicKey
推奨されていません。 
このアイデンティティに対応する公開鍵です。

 

info

String info
推奨されていません。 
このアイデンティティの一般的な情報です。

 

scope

IdentityScope scope
推奨されていません。 
このアイデンティティのスコープです。

 

certificates

Vector<E> certificates
推奨されていません。 
このアイデンティティの証明書です。

 

Class java.security.IdentityScope extends Identity implements Serializable

serialVersionUID: -2337346281189773310L

Class java.security.InvalidAlgorithmParameterException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 2864672297499471472L

Class java.security.InvalidKeyException extends KeyException implements Serializable

serialVersionUID: 5698479920593359816L

Class java.security.InvalidParameterException extends IllegalArgumentException implements Serializable

serialVersionUID: -857968536935667808L

Class java.security.KeyException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -7483676942812432108L

Class java.security.KeyManagementException extends KeyException implements Serializable

serialVersionUID: 947674216157062695L

Class java.security.KeyPair extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -7565189502268009837L

直列化されたフィールド

privateKey

PrivateKey privateKey

publicKey

PublicKey publicKey

Class java.security.KeyRep extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4757683898830641853L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws ObjectStreamException
Key オブジェクトを解決します。

このメソッドがサポートするタイプ/形式の組み合わせは、次の 3 つです。

  • Type.SECRET/"RAW" - 鍵の符号化済みバイトとアルゴリズムを使用して構築された SecretKeySpec オブジェクトを返します。
  • Type.PUBLIC/"X.509" - 鍵アルゴリズムに対する KeyFactory インスタンスを取得し、鍵の符号化済みバイトを使用して X509EncodedKeySpec を構築し、その仕様から公開鍵を生成します。
  • Type.PRIVATE/"PKCS#8" - 鍵アルゴリズムに対する KeyFactory インスタンスを取得し、鍵の符号化済みバイトを使用して PKCS8EncodedKeySpec を構築し、その仕様から非公開鍵を生成します。

例外:
NotSerializableException - タイプ/形式の組み合わせが認識できない場合、鍵のアルゴリズム、形式、符号化バイトが認識できないか無効である場合、または鍵の解決が何らかの理由で失敗した場合
ObjectStreamException
直列化されたフィールド

type

KeyRep.Type type
Type.SECRET、Type.PUBLIC、またはType.PRIVATE のいずれか

 

algorithm

String algorithm
Key のアルゴリズム

 

format

String format
Key の符号化形式

 

encoded

byte[] encoded
Key の符号化済みバイト

 

Class java.security.KeyStoreException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -1119353179322377262L

Class java.security.NoSuchAlgorithmException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -7443947487218346562L

Class java.security.NoSuchProviderException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 8488111756688534474L

Class java.security.Permission extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5636570222231596674L

直列化されたフィールド

name

String name

Class java.security.PermissionCollection extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6727011328946861783L

直列化されたフィールド

readOnly

boolean readOnly

Class java.security.PermissionsHash extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: -8491988220802933440L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
Default fields.
例外:
IOException
直列化されたフィールド

perms

Hashtable<K,V> perms
Permissions のテーブルです (キーと値は同じ)。

Class java.security.PrivilegedActionException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 4724086851538908602L

直列化されたフィールド

exception

Exception exception
 

Class java.security.Provider extends Properties implements Serializable

serialVersionUID: -4298000515446427739L

直列化されたフィールド

name

String name
プロバイダの名前です。

 

info

String info
プロバイダとそのサービスの記述です。

 

version

double version
プロバイダのバージョン番号です。

 

Class java.security.ProviderException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: 5256023526693665674L

Class java.security.SecureRandom extends Random implements Serializable

serialVersionUID: 4940670005562187L

直列化されたフィールド

provider

Provider provider
プロバイダです。

 
導入されたバージョン:
1.2

secureRandomSpi

SecureRandomSpi secureRandomSpi
プロバイダの実装です。

 
導入されたバージョン:
1.2

algorithm

String algorithm

state

byte[] state
 

digest

MessageDigest digest
 

randomBytes

byte[] randomBytes
MessageDigest クラスは java.io.Serializable インタフェースを実装していません。しかし、このフィールドは使用されることがないため、常に null であり、SecureRandom クラス自身の直列化にはまったく影響を与えません。

randomBytesUsed

int randomBytesUsed
 

counter

long counter
 

Class java.security.SecureRandomSpi extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -2991854161009191830L

Class java.security.SecurityPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: 5236109936224050470L

Class java.security.SignatureException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 7509989324975124438L

Class java.security.SignedObject extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 720502720485447167L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject を呼び出すと、SignedObject をストリームから復元できます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

content

byte[] content

signature

byte[] signature

thealgorithm

String thealgorithm

Class java.security.Signer extends Identity implements Serializable

serialVersionUID: -1763464102261361480L

直列化されたフィールド

privateKey

PrivateKey privateKey
推奨されていません。 
署名者の非公開鍵です。

 

Class java.security.Timestamp extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5502683707821851294L

直列化されたフィールド

timestamp

Date timestamp
タイムスタンプの日付と時刻です。

 

signerCertPath

CertPath signerCertPath
TSA の証明書パスです。

 

Class java.security.UnrecoverableEntryException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -4527142945246286535L

Class java.security.UnrecoverableKeyException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 7275063078190151277L

Class java.security.UnresolvedPermission extends Permission implements Serializable

serialVersionUID: -4821973115467008846L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream ois)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
このオブジェクトをストリームから復元します (直列化復元)。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream oos)
                  throws IOException
このオブジェクトをストリームに書き出します (直列化)。

シリアルデータ:
初期文字列は、type を表す Stringname を表す Stringactions を表す String、従うべき証明書の数を表す int (このオブジェクトに関連した証明書がない場合は値 0) の順。それぞれの証明書は、次の順序で書き出される。証明書の型を表す String、証明書の符号化の長さを表す int、証明書の符号化そのもの (バイトの配列として書き出される)
例外:
IOException
直列化されたフィールド

type

String type
この解決されていないアクセス権が解決されたときに作成される Permission クラスのクラス名です。

 

name

String name
アクセス権の名前です。

 

actions

String actions
アクセス権のアクションです。

 

Class java.security.UnresolvedPermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: -7176153071733132400L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
Default field.
例外:
IOException
直列化されたフィールド

permissions

Hashtable<K,V> permissions
型に UnresolvedPermissions キーがあるテーブルで、値は permissions のベクタです。

パッケージ java.security.acl

Class java.security.acl.AclNotFoundException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 5684295034092681791L

Class java.security.acl.LastOwnerException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -5141997548211140359L

Class java.security.acl.NotOwnerException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -5555597911163362399L


パッケージ java.security.cert

Class java.security.cert.Certificate extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3585440601605666277L

直列化メソッド

writeReplace

protected Object writeReplace()
                       throws ObjectStreamException
直列化される証明書を置き換えます。

例外:
ObjectStreamException - この Certificate を表す新しいオブジェクトを生成できなかった場合
直列化されたフィールド

type

String type

Class java.security.cert.Certificate.CertificateRep extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -8563758940495660020L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws ObjectStreamException
Certificate Object を解釈処理します。

例外:
ObjectStreamException - Certificate が解釈処理できない場合
直列化されたフィールド

type

String type

data

byte[] data

Class java.security.cert.CertificateEncodingException extends CertificateException implements Serializable

serialVersionUID: 6219492851589449162L

Class java.security.cert.CertificateException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 3192535253797119798L

Class java.security.cert.CertificateExpiredException extends CertificateException implements Serializable

serialVersionUID: 9071001339691533771L

Class java.security.cert.CertificateNotYetValidException extends CertificateException implements Serializable

serialVersionUID: 4355919900041064702L

Class java.security.cert.CertificateParsingException extends CertificateException implements Serializable

serialVersionUID: -7989222416793322029L

Class java.security.cert.CertPath extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6068470306649138683L

直列化メソッド

writeReplace

protected Object writeReplace()
                       throws ObjectStreamException
直列化される CertPathCertPathRep オブジェクトに置き換えます。

例外:
ObjectStreamException - この証明書パスを表す CertPathRep を生成できなかった場合
直列化されたフィールド

type

String type

Class java.security.cert.CertPath.CertPathRep extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3015633072427920915L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws ObjectStreamException
タイプとデータから構築した CertPath を返します。

例外:
ObjectStreamException - CertPath が構築できなかった場合
直列化されたフィールド

type

String type
証明書タイプです。


data

byte[] data
証明書パスの符号化された形式です。

Class java.security.cert.CertPathBuilderException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 5316471420178794402L

Class java.security.cert.CertPathValidatorException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -3083180014971893139L

直列化されたフィールド

index

int index
例外がスローされる原因となった証明書パスの証明書のインデックス

certPath

CertPath certPath
例外がスローされたときに検査中だった CertPath

Class java.security.cert.CertStoreException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 2395296107471573245L

Class java.security.cert.CRLException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -6694728944094197147L

Class java.security.cert.X509Certificate extends Certificate implements Serializable

serialVersionUID: -2491127588187038216L


パッケージ java.security.interfaces

パッケージ java.security.spec

Class java.security.spec.InvalidKeySpecException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: 3546139293998810778L

Class java.security.spec.InvalidParameterSpecException extends GeneralSecurityException implements Serializable

serialVersionUID: -970468769593399342L


パッケージ java.sql

Class java.sql.BatchUpdateException extends SQLException implements Serializable

直列化されたフィールド

updateCounts

int[] updateCounts
バッチ実行の結果を示す配列です。

 
導入されたバージョン:
1.2

Class java.sql.DataTruncation extends SQLWarning implements Serializable

直列化されたフィールド

index

int index
 

parameter

boolean parameter
 

read

boolean read
 

dataSize

int dataSize
 

transferSize

int transferSize
 

Class java.sql.Date extends Date implements Serializable

serialVersionUID: 1511598038487230103L

Class java.sql.SQLException extends Exception implements Serializable

直列化されたフィールド

SQLState

String SQLState
 

vendorCode

int vendorCode
 

next

SQLException next
 

Class java.sql.SQLPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: -1439323187199563495L

Class java.sql.SQLWarning extends SQLException implements Serializable

Class java.sql.Time extends Date implements Serializable

serialVersionUID: 8397324403548013681L

Class java.sql.Timestamp extends Date implements Serializable

serialVersionUID: 2745179027874758501L

直列化されたフィールド

nanos

int nanos
 

パッケージ java.text

Class java.text.AttributedCharacterIterator.Attribute extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -9142742483513960612L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws InvalidObjectException
直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。

例外:
InvalidObjectException
直列化されたフィールド

name

String name
この Attribute の名前です。名前は、インスタンスを直列化復元するときに、対応する事前定義されたインスタンスを検索する readResolve によって主に使用されます。

 

Class java.text.ChoiceFormat extends NumberFormat implements Serializable

serialVersionUID: 1795184449645032964L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
入力ストリームからオブジェクトを読み込んだあとに、クラス不変を維持するために簡単な検証を行います。

例外:
InvalidObjectException - ストリームから読み込まれたオブジェクトが無効である場合
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

choiceLimits

double[] choiceLimits
選択項目の下限のリストです。フォーマッタは、フォーマットされている数値が choiceLimits[i] 以上で、choiceLimits[i+1] より小さい場合に choiceFormats[i] を返します。

 

choiceFormats

String[] choiceFormats
選択項目文字列のリストです。フォーマッタは、フォーマットされている数値が choiceLimits[i] 以上で、choiceLimits[i+1] より小さい場合に choiceFormats[i] を返します。

 

Class java.text.DateFormat extends Format implements Serializable

serialVersionUID: 7218322306649953788L

直列化されたフィールド

calendar

Calendar calendar
日付と時刻のフォーマットを行うためのタイムフィールドの値を生成するために DateFormat が使用するカレンダです。サブクラスは、このカレンダを、この DateFormat に対応するロケールに適したカレンダに初期化する必要があります。

 

numberFormat

NumberFormat numberFormat
日付と時刻の数値をフォーマットするために DateFormat が使用する数値フォーマッタです。サブクラスは、この数値フォーマッタを、この DateFormat に対応するロケールに適した数値フォーマットに初期化する必要があります。

 

Class java.text.DateFormat.Field extends Format.Field implements Serializable

serialVersionUID: 7441350119349544720L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws InvalidObjectException
直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。

例外:
InvalidObjectException - 定数が解決できない場合
直列化されたフィールド

calendarField

int calendarField
カレンダのフィールドです。

Class java.text.DateFormatSymbols extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5987973545549424702L

直列化されたフィールド

eras

String[] eras
「AD」や「BC」などの紀元の文字列です。Calendar.BCCalendar.AD をインデックスとして使用する 2 文字列の配列です。

 

months

String[] months
「January」、「February」などの月の文字列です。Calendar.JANUARYCalendar.FEBRUARY などをインデックスとして使用する 13 文字列の配列 (13 の月があるカレンダもある) です。

 

shortMonths

String[] shortMonths
「Jan」、「Feb」などの月の短縮文字列です。Calendar.JANUARYCalendar.FEBRUARY などをインデックスとして使用する 13 文字列の配列 (13 の月があるカレンダもある) です。

 

weekdays

String[] weekdays
「Sunday」、「Monday」などの曜日の文字列です。Calendar.SUNDAYCalendar.MONDAY などをインデックスとして使用する、8 文字列の配列です。要素 weekdays[0] は無視されます。

 

shortWeekdays

String[] shortWeekdays
「Sun」、「Mon」などの曜日の短縮文字列です。Calendar.SUNDAYCalendar.MONDAY などをインデックスとして使用する、8 文字列の配列です。要素 shortWeekdays[0] は無視されます。

 

ampms

String[] ampms
「AM」や「PM」などの午前/午後の文字列です。Calendar.AMCalendar.PM をインデックスとして使用する 2 文字列の配列です。

 

zoneStrings

String[][] zoneStrings
このロケールのタイムゾーンの地域対応された名前です。これは、サイズが m × n の 2 次元の文字列配列で、この場合の m は 5 以上になります。各 n 行は、単一の TimeZone に対して地域対応された名前を含むエントリです。各行には次のものが含まれます (i は 0 〜 n-1 の範囲内)。
  • zoneStrings[i][0] - タイムゾーン ID
  • zoneStrings[i][1] - 標準時刻のゾーンの長い名前
  • zoneStrings[i][2] - 標準時刻のゾーンの短い名前
  • zoneStrings[i][3] - 夏時間のゾーンの長い名前
  • zoneStrings[i][4] - 夏時間のゾーンの短い名前
ゾーン ID は地域対応されていません。この ID はシステムのタイムゾーンオブジェクトに関連する ID 値と一致します。他のエントリはすべて地域対応された名前です。ゾーンで夏時間が実装されていない場合、夏時間の時間名は無視されます。

 
関連項目:
TimeZone

localPatternChars

String localPatternChars
地域対応された日付と時刻のパターン文字です。たとえば、あるロケールでは「y」ではなく「u」を使用して、その日付フォーマットパターン文字列で年を表します。この文字列は、DateFormat.ERA_FIELDDateFormat.YEAR_FIELD などで記述される文字のインデックスを使用して、正確に 18 文字にする必要があります。そのため、文字列が「Xz..」の場合、地域対応されたパターンでは、年号には「X」、年には「z」が使用されます。

 

Class java.text.DecimalFormat extends NumberFormat implements Serializable

serialVersionUID: 864413376551465018L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームからデフォルトの直列化可能フィールドを読み込み、古い直列化バージョンの確認と調整を行います。具体的には、次のような確認と調整を行います。
  1. スーパークラスの桁数フィールドが、BigInteger オブジェクトと BigDecimal オブジェクト以外の数値をフォーマットする際に適用される制限値を正しく反映していることを確認します。これらの制限値は、古いバージョンとの直列化の互換性を維持する目的で、スーパークラス内に格納されます。一方、BigInteger オブジェクトと BigDecimal オブジェクトの制限値は、このクラス内に格納されます。スーパークラス内で、最小整数桁数または最大整数桁数が DOUBLE_INTEGER_DIGITS よりも大きい場合、または最小小数桁数または最大小数桁数が DOUBLE_FRACTION_DIGITS よりも大きい場合、ストリームデータは無効となり、このメソッドは InvalidObjectException をスローします。
  2. serialVersionOnStream が 3 未満の場合、整数部分および小数部分の最小桁数と最大桁数を設定するための setter メソッドを、対応するスーパークラスの getter メソッドからの戻り値を指定して呼び出します。これにより、このクラス内のフィールドが初期化されます。このクラス内のフィールドはバージョン 3 から新しくなっています。
  3. serialVersionOnStream が 1 未満の場合、このストリームが JDK 1.1 で書き込まれたことを意味しますが、この場合は useExponentialNotation を false に初期化します。この機能は JDK 1.1 には存在しないためです。
  4. serialVersionOnStream を最大許容値に設定します。これは、このオブジェクトを再度ストリーム出力する際にデフォルトの直列化が正しく動作するようにするためです。

2 より古いストリームバージョンには、posPrefixPattern などの接尾辞パターン変数がありません。そのため、これらのバージョンは null に初期化されて、接尾辞文字列がリテラル値と見なされます。これは、バージョン 2 以前の動作に対応するために必要な動作です。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

positivePrefix

String positivePrefix
正の数値をフォーマットするときに接頭辞として使用する記号です。たとえば、「+」があります。

 
関連項目:
DecimalFormat.getPositivePrefix()

positiveSuffix

String positiveSuffix
正の数値をフォーマットするときに接尾辞として使用する記号です。通常は空の文字列です。

 
関連項目:
DecimalFormat.getPositiveSuffix()

negativePrefix

String negativePrefix
負の数値をフォーマットするときに接頭辞として使用する記号です。たとえば、「-」があります。

 
関連項目:
DecimalFormat.getNegativePrefix()

negativeSuffix

String negativeSuffix
負の数値をフォーマットするときに接尾辞として使用する記号です。通常は空の文字列です。

 
関連項目:
DecimalFormat.getNegativeSuffix()

posPrefixPattern

String posPrefixPattern
負でない数値の接頭辞パターンです。この変数は positivePrefix に一致します。

このパターンは、expandAffix() メソッドによって positivePrefix に拡張されて、symbols 内で変更を反映するために positivePrefix を更新します。この変数が null の場合、positivePrefixsymbols の変更時に変更されないリテラル値とみなされます。この変数は、ストリームから復元されたストリームのバージョン 2 より古い DecimalFormat の場合は、常に null です。

 
導入されたバージョン:
1.3

posSuffixPattern

String posSuffixPattern
負でない数値の接尾辞パターンです。この変数は positiveSuffix と一致します。この変数は posPrefixPattern と似ています。詳細は、posPrefixPattern を参照してください。

 
導入されたバージョン:
1.3

negPrefixPattern

String negPrefixPattern
負の数値の接頭辞パターンです。この変数は negativePrefix と一致します。この変数は posPrefixPattern と似ています。詳細は、posPrefixPattern を参照してください。

 
導入されたバージョン:
1.3

negSuffixPattern

String negSuffixPattern
負の数値の接尾辞パターンです。この変数は negativeSuffix と一致します。この変数は posPrefixPattern と似ています。詳細は、posPrefixPattern を参照してください。

 
導入されたバージョン:
1.3

multiplier

int multiplier
パーセントやパーミル (1000) などで使用する乗数です。

 
関連項目:
DecimalFormat.getMultiplier()

groupingSize

byte groupingSize
数値の整数部分におけるグループ区切り文字とグループ区切り文字の間の桁数です。NumberFormat.groupingUsed が true の場合は、0 より大きい値になる必要があります。

 
関連項目:
DecimalFormat.getGroupingSize(), NumberFormat.isGroupingUsed()

decimalSeparatorAlwaysShown

boolean decimalSeparatorAlwaysShown
true の場合、数値の小数部分が 0 の場合でもフォーマットされた数値で常に小数区切り文字が表示されます。

 
関連項目:
DecimalFormat.isDecimalSeparatorAlwaysShown()

parseBigDecimal

boolean parseBigDecimal
true の場合、可能な場合は常に解析から BigDecimal が返されます。

 
導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
DecimalFormat.isParseBigDecimal()

symbols

DecimalFormatSymbols symbols
このフォーマットで使用される DecimalFormatSymbols オブジェクトです。グループ区切り文字、小数区切り文字など、数値をフォーマットするための記号を格納します。

 
関連項目:
DecimalFormat.setDecimalFormatSymbols(java.text.DecimalFormatSymbols), DecimalFormatSymbols

useExponentialNotation

boolean useExponentialNotation
true の場合、数値をフォーマットするときに指数表現 (科学表記法) が使用されます。

 
導入されたバージョン:
1.2

minExponentDigits

byte minExponentDigits
数値が指数表現でフォーマットされるときに、指数を表示するために使用される最小の桁数です。useExponentialNotation が true でない場合、このフィールドは無視されます。

 
導入されたバージョン:
1.2

maximumIntegerDigits

int maximumIntegerDigits
BigInteger 値または BigDecimal 値の整数部分の最大桁数です。maximumIntegerDigits は、minimumIntegerDigits 以上になる必要があります。

 
導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
DecimalFormat.getMaximumIntegerDigits()

minimumIntegerDigits

int minimumIntegerDigits
BigInteger 値または BigDecimal 値の整数部分の最小桁数です。minimumIntegerDigits は、maximumIntegerDigits 以下になる必要があります。

 
導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
DecimalFormat.getMinimumIntegerDigits()

maximumFractionDigits

int maximumFractionDigits
BigInteger 値または BigDecimal 値の小数部分の最大桁数です。maximumIntegerDigits は、minimumIntegerDigits 以上になる必要があります。

 
導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
DecimalFormat.getMaximumFractionDigits()

minimumFractionDigits

int minimumFractionDigits
BigInteger 値または BigDecimal 値の小数部分の最小桁数です。minimumIntegerDigits は、maximumFractionDigits 以下になる必要があります。

 
導入されたバージョン:
1.5
関連項目:
DecimalFormat.getMinimumFractionDigits()

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
どのバージョンが記述されたかを示す内部シリアルバージョンです。次に有効な値を示します。
  • 0 (デフォルト): Java 2 プラットフォーム v1.2 より前のバージョン
  • 1: 1.2 のバージョン。2 つの新しいフィールド useExponentialNotation および minExponentDigits を含む
  • 2: 1.3 以降のバージョン。4 つの新しいフィールド posPrefixPatternposSuffixPatternnegPrefixPattern、および negSuffixPattern が追加されている
  • 3: 5 以降のバージョン。5 つの新しいフィールド maximumIntegerDigitsminimumIntegerDigitsmaximumFractionDigitsminimumFractionDigits、および parseBigDecimal が追加されている

 
導入されたバージョン:
1.2

Class java.text.DecimalFormatSymbols extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5772796243397350300L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
デフォルトの直列化可能フィールドを読み込み、以前の直列化バージョンのオブジェクトにデフォルト値を提供し、直列化可能でないフィールドを初期化します。serialVersionOnStream が 1 より小さい場合、monetarySeparatordecimalSeparator と同じ値に初期化し、exponential を「E」に初期化します。serialVersionOnStream が 2 より小さい場合、locale をルートロケールに初期化します。serialVersionOnStream を最大許容値に設定し直し、その結果、このオブジェクトが再びストリーム出力される場合にデフォルトの直列化が正しく機能します。intlCurrencySymbol フィールドからの通貨を初期化します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
導入されたバージョン:
JDK 1.1.6
直列化されたフィールド

zeroDigit

char zeroDigit
ゼロに使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getZeroDigit()

groupingSeparator

char groupingSeparator
1000 の区切り文字に使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getGroupingSeparator()

decimalSeparator

char decimalSeparator
小数点に使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getDecimalSeparator()

perMill

char perMill
パーミル符号に使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getPerMill()

percent

char percent
パーセント符号に使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getPercent()

digit

char digit
パターン中の数字に使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getDigit()

patternSeparator

char patternSeparator
パターンにおいて正のサブパターンと負のサブパターンを区切るために使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getPatternSeparator()

infinity

String infinity
無限大を表現するために使用する文字列です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getInfinity()

NaN

String NaN
「非数」を表現するために使用する文字列です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getNaN()

minusSign

char minusSign
負符号を表現するために使用する文字です。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getMinusSign()

currencySymbol

String currencySymbol
現地通貨を示す文字列です ($ など)。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getCurrencySymbol()

intlCurrencySymbol

String intlCurrencySymbol
現地通貨を示す ISO 4217 通貨コードです (USD など)。

 
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getInternationalCurrencySymbol()

monetarySeparator

char monetarySeparator
通貨値をフォーマットするときに使用する桁区切り記号です。

 
導入されたバージョン:
JDK 1.1.6
関連項目:
DecimalFormatSymbols.getMonetaryDecimalSeparator()

exponential

char exponential
指数による記数法でフォーマットされた数値で指数を識別するために使用する文字です。たとえば、「1.23E45」のような数値の「E」です。

このフィールドは、実装およびストリームフォーマットによってサポートされてはいますが、public API では設定できません。今後の API で追加される予定です。

 
導入されたバージョン:
JDK 1.1.6

locale

Locale locale
これらの通貨フォーマット記号のロケールです。

 
導入されたバージョン:
1.4

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
ストリーム上の DecimalFormatSymbols のバージョンを示します。次に有効な値を示します。 DecimalFormatSymbols をストリーム出力する場合、最新のフォーマット (serialVersionOnStream の最大許容値に相当) が常に記述されます。

 
導入されたバージョン:
JDK 1.1.6

Class java.text.Format extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -299282585814624189L

Class java.text.Format.Field extends AttributedCharacterIterator.Attribute implements Serializable

serialVersionUID: 276966692217360283L

Class java.text.MessageFormat extends Format implements Serializable

serialVersionUID: 6479157306784022952L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
入力ストリームからオブジェクトを読み込んだあとに、クラス不変を維持するために簡単な検証を行います。

例外:
InvalidObjectException - ストリームから読み込まれたオブジェクトが無効である場合
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

locale

Locale locale
数値および日付をフォーマットするために使用するロケールです。

 

pattern

String pattern
フォーマットされた値が当てはめられる文字列です。つまり、すべての {} 式が取り除かれた状態で構築時に供給されるパターンです。

 

formats

Format[] formats
引数をフォーマットするために使用されるフォーマッタの配列です。

 

offsets

int[] offsets
各引数をフォーマットした結果がパターンに挿入される位置です。

 

argumentNumbers

int[] argumentNumbers
各フォーマッタに対応する引数番号です。フォーマッタは、引数が指定された順序ではなく、パターン内の順序で格納されます。

 

maxOffset

int maxOffset
offsets の項目数から 1 を減算した値です。使用されている offsets 内で最大の番号を持つ要素のインデックスと考えることもできます。offsets と同様に、すべての配列は同じ数の要素を持つので、この変数だけですべての配列にある項目の総数がわかります。

 

Class java.text.MessageFormat.Field extends Format.Field implements Serializable

serialVersionUID: 7899943957617360810L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws InvalidObjectException
直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。

例外:
InvalidObjectException - 定数が解釈処理できない場合

Class java.text.NumberFormat extends Format implements Serializable

serialVersionUID: -2308460125733713944L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
まず、デフォルトの直列化可能データを読み込みます。 次に、serialVersionOnStream が 1 より小さい場合 (ストリームが JDK 1.1 で記述されたことを示す) は、maximumIntegerDigits などの int フィールドを maxIntegerDigits などの byte フィールドと同じに設定します。その理由は、int フィールドが JDK 1.1 になかったからです。最後に、serialVersionOnStream を最大許容値に設定し直します。その結果、このオブジェクトが再びストリーム出力される場合にデフォルトの直列化が正しく機能します。

minimumIntegerDigitsmaximumIntegerDigits より大きい場合、または minimumFractionDigitsmaximumFractionDigits より大きい場合、ストリームデータは無効となり、このメソッドは InvalidObjectException をスローします。さらに、これらの値に負の値がある場合このメソッドは InvalidObjectException をスローします。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
導入されたバージョン:
1.2

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream stream)
                  throws IOException
デフォルトの直列化可能データを書き込みます。JDK 1.1 バージョンのストリームフォーマットとの互換性のため、まず maxIntegerDigits などの byte フィールドを maximumIntegerDigits などの int フィールドと同じ (Byte.MAX_VALUE の方が小さい場合はその値) に設定します。

例外:
IOException
導入されたバージョン:
1.2
直列化されたフィールド

groupingUsed

boolean groupingUsed
数値をフォーマットおよび解析するときにグループ区切り文字 (1000 の区切りなど) が使用される場合に true を返します。

 
関連項目:
NumberFormat.isGroupingUsed()

maxIntegerDigits

byte maxIntegerDigits
数値の整数部分の最大桁数です。maxIntegerDigits は、minIntegerDigits 以上でなければなりません。

注: このフィールドは、JDK 1.1 との直列化互換性のためだけに提供されています。Java 2 プラットフォーム v1.2 以降のバージョンでは、新しい int フィールド maximumIntegerDigits が代わりに使用されます。ストリームに書き込まれる場合、maxIntegerDigitsmaximumIntegerDigitsByte.MAX_VALUE のうちのどちらか小さいほうに設定されます。ストリームから読み込まれる場合、このフィールドは serialVersionOnStream が 1 より小さい場合にだけ使用されます。

 
関連項目:
NumberFormat.getMaximumIntegerDigits()

minIntegerDigits

byte minIntegerDigits
数値の整数部分の最小桁数です。minimumIntegerDigits は、maximumIntegerDigits 以下でなければなりません。

注: このフィールドは、JDK 1.1 との直列化互換性のためだけに提供されています。Java 2 プラットフォーム v1.2 以降のバージョンでは、新しい int フィールド minimumIntegerDigits が代わりに使用されます。ストリームに書き込まれる場合、minIntegerDigitsminimumIntegerDigitsByte.MAX_VALUE のうちのどちらか小さいほうに設定されます。ストリームから読み込まれる場合、このフィールドは serialVersionOnStream が 1 より小さい場合にだけ使用されます。

 
関連項目:
NumberFormat.getMinimumIntegerDigits()

maxFractionDigits

byte maxFractionDigits
数値の小数部分の最大桁数です。maximumFractionDigits は、minimumFractionDigits 以上でなければなりません。

注: このフィールドは、JDK 1.1 との直列化互換性のためだけに提供されています。Java 2 プラットフォーム v1.2 以降のバージョンでは、新しい int フィールド maximumFractionDigits が代わりに使用されます。ストリームに書き込まれる場合、maxFractionDigitsmaximumFractionDigitsByte.MAX_VALUE のうちのどちらか小さいほうに設定されます。ストリームから読み込まれる場合、このフィールドは serialVersionOnStream が 1 より小さい場合にだけ使用されます。

 
関連項目:
NumberFormat.getMaximumFractionDigits()

minFractionDigits

byte minFractionDigits
数値の小数部分の最小桁数です。minimumFractionDigits は、maximumFractionDigits 以下でなければなりません。

注: このフィールドは、JDK 1.1 との直列化互換性のためだけに提供されています。Java 2 プラットフォーム v1.2 以降のバージョンでは、新しい int フィールド minimumFractionDigits が代わりに使用されます。ストリームに書き込まれる場合、minFractionDigitsminimumFractionDigitsByte.MAX_VALUE のうちのどちらか小さいほうに設定されます。ストリームから読み込まれる場合、このフィールドは serialVersionOnStream が 1 より小さい場合にだけ使用されます。

 
関連項目:
NumberFormat.getMinimumFractionDigits()

parseIntegerOnly

boolean parseIntegerOnly
このフォーマットが数値を整数としてだけ解析する場合は true を返します。

 
関連項目:
NumberFormat.isParseIntegerOnly()

maximumIntegerDigits

int maximumIntegerDigits
数値の整数部分の最大桁数です。maximumIntegerDigits は、minimumIntegerDigits 以上でなければなりません。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
NumberFormat.getMaximumIntegerDigits()

minimumIntegerDigits

int minimumIntegerDigits
数値の整数部分の最小桁数です。minimumIntegerDigits は、maximumIntegerDigits 以下でなければなりません。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
NumberFormat.getMinimumIntegerDigits()

maximumFractionDigits

int maximumFractionDigits
数値の小数部分の最大桁数です。maximumFractionDigits は、minimumFractionDigits 以上でなければなりません。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
NumberFormat.getMaximumFractionDigits()

minimumFractionDigits

int minimumFractionDigits
数値の小数部分の最小桁数です。minimumFractionDigits は、maximumFractionDigits 以下でなければなりません。

 
導入されたバージョン:
1.2
関連項目:
NumberFormat.getMinimumFractionDigits()

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
ストリーム上の NumberFormat のバージョンを示します。次に有効な値を示します。 NumberFormat をストリーム出力する場合、最新のフォーマット (serialVersionOnStream の最大許容値に相当) が常に記述されます。

 
導入されたバージョン:
1.2

Class java.text.NumberFormat.Field extends Format.Field implements Serializable

serialVersionUID: 7494728892700160890L

直列化メソッド

readResolve

protected Object readResolve()
                      throws InvalidObjectException
直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。

例外:
InvalidObjectException - 定数が解釈処理できない場合

Class java.text.ParseException extends Exception implements Serializable

直列化されたフィールド

errorOffset

int errorOffset
解析されている文字列へのゼロから始まる文字オフセット。解析中にエラーが検出された位置を示す

 

Class java.text.SimpleDateFormat extends DateFormat implements Serializable

serialVersionUID: 4774881970558875024L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
入力ストリームからオブジェクトを読み込んだあと、オブジェクトのフォーマットパターンを検証します。

例外:
InvalidObjectException - パターンが無効な場合
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
ストリーム上の直列化データのバージョンです。次に有効な値を示します。 このクラスをストリーム出力するときは、一番新しいフォーマットおよび serialVersionOnStream の最高許容値が書き込まれます。

 
導入されたバージョン:
JDK1.1.4

pattern

String pattern
このフォーマッタのパターン文字列です。常に、地域対応されていないパターンです。null は不可です。詳細は、クラスのドキュメンテーションを参照してください。

 

formatData

DateFormatSymbols formatData
このフォーマッタによって曜日名、月名などに使用される記号です。null は不可です。

 
関連項目:
DateFormatSymbols

defaultCenturyStart

Date defaultCenturyStart
年が 2 桁の日付を defaultCenturyStart で始まる世紀に対応付けます。任意の日付を指定できますが、null は不可です。

 
導入されたバージョン:
JDK1.1.4

パッケージ java.util

Class java.util.AbstractMap$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.AbstractMap$1$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.AbstractMap$2 extends Object implements Serializable

Class java.util.AbstractMap$2$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.ArrayList extends AbstractList<E> implements Serializable

serialVersionUID: 8683452581122892189L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから ArrayList のインスタンスを復元します。つまり、ArrayList を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
ストリームに ArrayList のインスタンスの状態を保存します。つまり、ArrayList を直列化します。

シリアルデータ:
ArrayList のインスタンスの基となる配列の長さを int 型で指定。続いて、それぞれが Object であるすべての要素を正しい順序で指定
例外:
IOException
直列化されたフィールド

size

int size
ArrayList のサイズ、つまりその要素数です。

 

Class java.util.Arrays.ArrayList extends AbstractList<E> implements Serializable

serialVersionUID: -2764017481108945198L

直列化されたフィールド

a

Object[] a

Class java.util.BitSet extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 7997698588986878753L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
readObject のオーバーライドにより、ビットセットを直列化復元するときに unitsInUse を適切に設定することができます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

bits

long[] bits
BitSet のビットです。n 番目のビットは、i % 64 のビット位置で bits[i/64] に格納されます。ビット位置の 0 は最下位ビットを表し、63 は最上位ビットを表します。不変式: unitsInUse-1 の bits[] に入れる文字はゼロとなります。

 

Class java.util.Calendar extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -1807547505821590642L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
オブジェクトをストリームから復元します。つまり、オブジェクトを直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream stream)
                  throws IOException
このオブジェクトの状態をストリームに保存します。つまり、オブジェクトを直列化します。 理想論から言えば、Calendar はその状態データおよび現在の時刻だけを書き込み、fields[]isTimeSetareFieldsSet、および isSet[] などのフィールドデータは書き込むべきものではありません。nextStamp 持続状態の一部であるべきではありません。しかしながら、これは JDK 1.1 が出荷されてからのことです。JDK 1.1 との互換性をとるためには、フィールド値および状態フラグを常に書き込む必要があります。ただし、おそらく近い将来に、nextStamp は直列化ストリームから削除されることになります。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

fields

int[] fields
このカレンダで現在設定されている時刻に対するカレンダフィールド値です。これは、インデックス値 ERA から DST_OFFSET までの、FIELD_COUNT 整数値の配列です。

 

isSet

boolean[] isSet
指定されたカレンダフィールドがカレンダで設定されているかどうかを示すフラグです。新しいオブジェクトには設定されているフィールドはありません。フィールドを生成するメソッドを最初に呼び出したあと、すべてのフィールドは設定されたままになります。これは、インデックス値 ERA から DST_OFFSET までの、FIELD_COUNT boolean 値の配列です。

 

time

long time
このカレンダで現在設定されている時刻です。1970 年 1 月 1 日 0:00:00 (グリニッジ標準時) からの経過ミリ秒数で表されます。

 
関連項目:
Calendar.isTimeSet

isTimeSet

boolean isTimeSet
time の値が有効である場合は true です。field[] の項目を変更することで、time は無効になります。

 
関連項目:
Calendar.time

areFieldsSet

boolean areFieldsSet
fields[] が現在設定されている時刻と同期をとっている場合は true です。false の場合は、次にフィールドの値を取得しようとしたときに、time の現在値からのすべてのフィールドが再計算されます。

 

lenient

boolean lenient
fields[] からの time の計算で、このカレンダが範囲外のフィールド値を許容する場合は true です。

 
関連項目:
Calendar.setLenient(boolean), Calendar.isLenient()

zone

TimeZone zone
このカレンダが使う TimeZone です。Calendar はタイムゾーンのデータを使用してロケールとグリニッジ標準時の時刻を変換します。

 

firstDayOfWeek

int firstDayOfWeek
週の最初の曜日です。有効な値は SUNDAYMONDAY などです。この値はロケールに依存します。

 

minimalDaysInFirstWeek

int minimalDaysInFirstWeek
月または年の最初の週に必要な日数です。有効な値は 1 〜 7 です。この値はロケールに依存します。

 

nextStamp

int nextStamp
stamp[] (内部配列) の次に利用可能な値です。これは本来ストリームに書き込むべきではなく、おそらく、近い将来にはストリームから削除されます。代わりに、MINIMUM_USER_STAMP の値を使用してください。

 

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
ストリーム上の直列化データのバージョンです。次に有効な値を示します。
0 またはストリーム上に存在しない
JDK 1.1.5 以前のバージョン
1
JDK 1.1.6 以降のバージョン。ほかのフィールドの互換値だけでなく、正確な「時刻」値を書き込みます。このフォーマットは過渡的なものです。
このクラスをストリーム出力するときは、一番新しいフォーマットおよび serialVersionOnStream の最高許容値が書き込まれます。

 
導入されたバージョン:
JDK1.1.6

Class java.util.Collections.CheckedCollection extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 1578914078182001775L

直列化されたフィールド

c

Collection<E> c

type

Class<T> type

zeroLengthElementArray

Object[] zeroLengthElementArray

Class java.util.Collections.CheckedList extends java.util.Collections.CheckedCollection<E> implements Serializable

serialVersionUID: 65247728283967356L

直列化されたフィールド

list

List<E> list

Class java.util.Collections.CheckedMap extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5742860141034234728L

直列化されたフィールド

m

Map<K,V> m

keyType

Class<T> keyType

valueType

Class<T> valueType

zeroLengthKeyArray

Object[] zeroLengthKeyArray

zeroLengthValueArray

Object[] zeroLengthValueArray

Class java.util.Collections.CheckedRandomAccessList extends java.util.Collections.CheckedList<E> implements Serializable

serialVersionUID: 1638200125423088369L

Class java.util.Collections.CheckedSet extends java.util.Collections.CheckedCollection<E> implements Serializable

serialVersionUID: 4694047833775013803L

Class java.util.Collections.CheckedSortedMap extends java.util.Collections.CheckedMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 1599671320688067438L

直列化されたフィールド

sm

SortedMap<K,V> sm

Class java.util.Collections.CheckedSortedSet extends java.util.Collections.CheckedSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: 1599911165492914959L

直列化されたフィールド

ss

SortedSet<E> ss

Class java.util.Collections.CopiesList extends AbstractList<E> implements Serializable

serialVersionUID: 2739099268398711800L

直列化されたフィールド

n

int n

element

Object element

Class java.util.Collections.EmptyList extends AbstractList<Object> implements Serializable

serialVersionUID: 8842843931221139166L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()

Class java.util.Collections.EmptySet extends AbstractSet<Object> implements Serializable

serialVersionUID: 1582296315990362920L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()

Class java.util.Collections.ReverseComparator extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 7207038068494060240L

Class java.util.Collections.ReverseComparator2 extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 4374092139857L

直列化されたフィールド

cmp

Comparator<T> cmp
静的ファクトリに指定されたコンパレータです。静的ファクトリは引数が null の場合は ReverseComparator インスタンスを返すため、null にはなりません。

 

Class java.util.Collections.SingletonSet extends AbstractSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: 3193687207550431679L

直列化されたフィールド

element

Object element

Class java.util.Collections.SynchronizedCollection extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3053995032091335093L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
例外:
IOException
直列化されたフィールド

c

Collection<E> c

mutex

Object mutex

Class java.util.Collections.SynchronizedList extends java.util.Collections.SynchronizedCollection<E> implements Serializable

serialVersionUID: -7754090372962971524L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
SynchronizedRandomAccessList インスタンスは 1.4 より前の JRE (SynchronizedRandomAccessList がない) で直列化復元ができるように SynchronizedList インスタンスとして直列化されます。このメソッドは変換を反転させます。良い面としては、 RandomAccess マーカを 1.4 より前の JRE で直列化された SynchronizedList インスタンスに移植します。 注: 1.4.1 で直列化され、1.4 で直列化復元された SynchronizedRandomAccessList インスタンスは SynchronizedList インスタンスになります。このメソッドが 1.4 にはないためです。

直列化されたフィールド

list

List<E> list

Class java.util.Collections.SynchronizedMap extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 1978198479659022715L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
例外:
IOException
直列化されたフィールド

m

Map<K,V> m

mutex

Object mutex

Class java.util.Collections.SynchronizedRandomAccessList extends java.util.Collections.SynchronizedList<E> implements Serializable

serialVersionUID: 1530674583602358482L

直列化メソッド

writeReplace

private Object writeReplace()
インスタンスを 1.4 より前の JRE (SynchronizedRandomAccessList がない) で直列化復元できます。SynchronizedList には readResolve メソッドがあり、この変換を直列化復元で反転させます。

Class java.util.Collections.SynchronizedSet extends java.util.Collections.SynchronizedCollection<E> implements Serializable

serialVersionUID: 487447009682186044L

Class java.util.Collections.SynchronizedSortedMap extends java.util.Collections.SynchronizedMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: -8798146769416483793L

直列化されたフィールド

sm

SortedMap<K,V> sm

Class java.util.Collections.SynchronizedSortedSet extends java.util.Collections.SynchronizedSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: 8695801310862127406L

直列化されたフィールド

ss

SortedSet<E> ss

Class java.util.Collections.UnmodifiableCollection extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 1820017752578914078L

直列化されたフィールド

c

Collection<E> c

Class java.util.Collections.UnmodifiableList extends java.util.Collections.UnmodifiableCollection<E> implements Serializable

serialVersionUID: -283967356065247728L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
UnmodifiableRandomAccessList インスタンスは 1.4 より前の JRE (UnmodifiableRandomAccessList がない) で直列化復元ができるように UnmodifiableList インスタンス~ として直列化されます。このメソッドは変換を反転させます。良い面としては、 RandomAccess マーカを 1.4 より前の JRE で直列化された UnmodifiableList インスタンスに移植します。 注: 1.4.1 で直列化され、1.4 で直列化復元された UnmodifiableRandomAccessList インスタンスは UnmodifiableList インスタンスになります。このメソッドが 1.4 にはないためです。

直列化されたフィールド

list

List<E> list

Class java.util.Collections.UnmodifiableMap extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -1034234728574286014L

直列化されたフィールド

m

Map<K,V> m

Class java.util.Collections.UnmodifiableMap.UnmodifiableEntrySet extends java.util.Collections.UnmodifiableSet<Map.Entry<K,V>> implements Serializable

serialVersionUID: 7854390611657943733L

Class java.util.Collections.UnmodifiableRandomAccessList extends java.util.Collections.UnmodifiableList<E> implements Serializable

serialVersionUID: -2542308836966382001L

直列化メソッド

writeReplace

private Object writeReplace()
インスタンスが 1.4 より前の JRE (UnmodifiableRandomAccessList がない) で直列化復元ができるようにします。UnmodifiableList には readResolve メソッドがあり、この変換を直列化復元で反転させます。

Class java.util.Collections.UnmodifiableSet extends java.util.Collections.UnmodifiableCollection<E> implements Serializable

serialVersionUID: -9215047833775013803L

Class java.util.Collections.UnmodifiableSortedMap extends java.util.Collections.UnmodifiableMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: -8806743815996713206L

直列化されたフィールド

sm

SortedMap<K,V> sm

Class java.util.Collections.UnmodifiableSortedSet extends java.util.Collections.UnmodifiableSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: -4929149591599911165L

直列化されたフィールド

ss

SortedSet<E> ss

Class java.util.Collections$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.Collections$CheckedList$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.Collections$CheckedMap$CheckedEntrySet$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.Collections$SingletonSet$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.Collections$UnmodifiableCollection$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.Collections$UnmodifiableList$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.Collections$UnmodifiableMap$UnmodifiableEntrySet$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.ConcurrentModificationException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.util.Currency extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -158308464356906721L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
通貨ごとに、単一のインスタンスに直列化復元されるインスタンスを解釈処理します。

直列化されたフィールド

currencyCode

String currencyCode
この通貨の ISO 4217 通貨コード

 

Class java.util.Date extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 7523967970034938905L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
オブジェクトをストリームから復元します。つまり、オブジェクトを直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
このオブジェクトの状態をストリームに保存します。つまり、オブジェクトを直列化します。

シリアルデータ:
getTime() の返す値が発行される (long)。これは、1970 年 1 月 1 日 00:00:00 (グリニッジ標準時) からのオフセットをミリ秒単位で表す
例外:
IOException

Class java.util.DuplicateFormatFlagsException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 18890531L

直列化されたフィールド

flags

String flags

Class java.util.EmptyStackException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.util.EnumMap extends AbstractMap<K extends Enum<K>,V> implements Serializable

serialVersionUID: 458661240069192865L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
EnumMap のインスタンスをストリームから復元します。つまり、直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
EnumMap のインスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
enum マップの「サイズ」(キーと値のマッピングの数) は、enum マップで表されるキーと値のマッピングごとに、キー (Object) および値 (Object) を後ろに伴って発行される (int)
例外:
IOException
直列化されたフィールド

keyType

Class<T> keyType
このマップのすべてのキーの enum 型の Class オブジェクト

 

Class java.util.EnumSet.SerializationProxy extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 362491234563181265L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
直列化されたフィールド

elementType

Class<T> elementType
この列挙セットの要素タイプです。

 

elements

Enum<E extends Enum<E>>[] elements
この列挙セットに含まれる要素です。

 

Class java.util.EventObject extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5516075349620653480L

Class java.util.FormatFlagsConversionMismatchException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 19120414L

直列化されたフィールド

f

String f

c

char c

Class java.util.FormatterClosedException extends IllegalStateException implements Serializable

serialVersionUID: 18111216L

Class java.util.GregorianCalendar extends Calendar implements Serializable

serialVersionUID: -8125100834729963327L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
内部状態を更新します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

gregorianCutover

long gregorianCutover
標準紀元からミリ秒単位で測定された、グレゴリオ暦の使用される時点です。デフォルトは 1582 年 10 月 15 日 (グレゴリオ暦) 00:00:00 UTC すなわち -12219292800000L です。この値の場合、1582 年 10 月 4 日 (ユリウス暦) のあとには 1582 年 10 月 15 日 (グレゴリオ暦) が続きます。この日付は、ユリウス暦による日数 2299161 に対応します。

 

Class java.util.HashMap extends AbstractMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 362498820763181265L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから HashMap のインスタンスを復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
HashMap のインスタンスの状態をストリームに保存 (直列化) します。

シリアルデータ:
HashMap の「容量」(バケット配列の長さ) は、HashMap の「サイズ」(キーと値のマッピングの数)、HashMap が表すキーと値のマッピングごとのキー (Object) および値 (Object) を後ろに伴って発行される (int)。キーと値のマッピングは、entrySet().iterator() により返される順序で発行される。
例外:
IOException
直列化されたフィールド

threshold

int threshold
サイズを変更する次のサイズ値です(容量 * 負荷係数)。

 

loadFactor

float loadFactor
ハッシュテーブルの負荷係数です。

 

Class java.util.HashSet extends AbstractSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: -5024744406713321676L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから HashSet のインスタンスを復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
HashSet のインスタンスの状態をストリームに保存 (直列化) します。

シリアルデータ:
基となる HashMap のインスタンスの容量 (int)、およびその負荷係数 (float) は、セットのサイズ (要素数) (int)、すべての要素 (それぞれが Object であり、特別な順序はない) を後ろに伴って発行される
例外:
IOException

Class java.util.Hashtable extends Dictionary<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 1421746759512286392L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから Hashtable を復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
Hashtable の状態をストリームに保存します (直列化)。

シリアルデータ:
Hashtable の「容量」(バケット配列の長さ) は、Hashtable の「サイズ」(キーと値のマッピングの数)、Hashtable が表すキーと値の各マッピングのキー (Object) および値 (Object) を後ろに伴って発行される (int)。キーと値のマッピングの発行には特別な順序はない
例外:
IOException
直列化されたフィールド

threshold

int threshold
テーブルは、サイズがこのしきい値を超えたときにハッシュのやり直しが実行されます。このフィールドの値は、(int)(capacity * loadFactor) です。

 

loadFactor

float loadFactor
ハッシュテーブルの負荷係数です。

 

Class java.util.IdentityHashMap extends AbstractMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 8188218128353913216L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
IdentityHashMap のインスタンスをストリームから復元します。つまり、直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
IdentityHashMap のインスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
HashMap の「サイズ」(キーと値のマッピング数) は、IdentityHashMap が表すそれぞれのキーと値のマッピングに関するキー (Object) および値 (Object) を後ろに伴う (int)。キーと値のマッピングの発行には特別な順序はない
例外:
IOException
直列化されたフィールド

size

int size
アイデンティティハッシュマップ内のキーと値のマッピングの数

 

Class java.util.IllegalFormatCodePointException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 19080630L

直列化されたフィールド

c

int c

Class java.util.IllegalFormatConversionException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 17000126L

直列化されたフィールド

c

char c

arg

Class<T> arg

Class java.util.IllegalFormatException extends IllegalArgumentException implements Serializable

serialVersionUID: 18830826L

Class java.util.IllegalFormatFlagsException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 790824L

直列化されたフィールド

flags

String flags

Class java.util.IllegalFormatPrecisionException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 18711008L

直列化されたフィールド

p

int p

Class java.util.IllegalFormatWidthException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 16660902L

直列化されたフィールド

w

int w

Class java.util.InputMismatchException extends NoSuchElementException implements Serializable

Class java.util.LinkedHashMap extends HashMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 3801124242820219131L

直列化されたフィールド

accessOrder

boolean accessOrder
リンクハッシュマップの繰り返し順序メソッド。アクセス順なら true。挿入順ならfalse

 

Class java.util.LinkedHashSet extends HashSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: -2851667679971038690L

Class java.util.LinkedList extends AbstractSequentialList<E> implements Serializable

serialVersionUID: 876323262645176354L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから LinkedList のインスタンスを復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
LinkedList のインスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、LinkedList を直列化します。

シリアルデータ:
リストのサイズ (含まれる要素の数) が送出され (int)、正しい順序でそれの要素のすべて (各 Object) が後に続く
例外:
IOException

Class java.util.Locale extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 9149081749638150636L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
                    throws ObjectStreamException
直列化復元された Locale オブジェクトを新規に作成されたオブジェクトに置き換えます。古い言語コードは新しい ISO コードに置き換えられます。国コードとバリアントコードは地域対応された String のコピーと置き換えられます。

例外:
ObjectStreamException
直列化されたフィールド

language

String language
 
関連項目:
Locale.getLanguage()

country

String country
 
関連項目:
Locale.getCountry()

variant

String variant
 
関連項目:
Locale.getVariant()

hashcode

int hashcode
オブジェクトのハッシュコードの可変部分です。常に -1 です。

 

Class java.util.MissingFormatArgumentException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 19190115L

直列化されたフィールド

s

String s

Class java.util.MissingFormatWidthException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 15560123L

直列化されたフィールド

s

String s

Class java.util.MissingResourceException extends RuntimeException implements Serializable

直列化されたフィールド

className

String className
ユーザによって要求されたリソースバンドルのクラス名です。

 

key

String key
ユーザによって要求された特定のリソースの名前です。

 

Class java.util.NoSuchElementException extends RuntimeException implements Serializable

Class java.util.PriorityQueue extends AbstractQueue<E> implements Serializable

serialVersionUID: -7720805057305804111L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから ArrayList のインスタンスを復元します。つまり、ArrayList を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
インスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
インスタンスの基となる配列の長さを int 型で指定。続いて、それぞれが Object であるすべての要素を正しい順序で指定
例外:
IOException
直列化されたフィールド

size

int size
優先度キュー内の要素数


comparator

Comparator<T> comparator
コンパレータ。優先度キューが要素の自然順序付けを使用する場合は null

Class java.util.Properties extends Hashtable<Object,Object> implements Serializable

serialVersionUID: 4112578634029874840L

直列化されたフィールド

defaults

Properties defaults
プロパティリストにないキーのデフォルト値を持つプロパティリストです。

 

Class java.util.PropertyPermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: 7015263904581634791L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
Default fields.
例外:
IOException
直列化されたフィールド

all_allowed

boolean all_allowed
"*" がコレクションにあった場合の boolean の記述です。

permissions

Hashtable<K,V> permissions
PropertyPermissions のテーブルです。

Class java.util.Random extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3905348978240129619L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから Random のインスタンスを再生成 (直列化復元) します。シードは歴史的な事情から long として読み込まれますが、AtomicLong に変換されます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
Random インスタンスをストリームに保存します。歴史的な事情から Random のシードは long に直列化されます。

例外:
IOException
直列化の概要
Random の直列化可能フィールドです。

直列化されたフィールド

haveNextNextGaussian

boolean haveNextNextGaussian
nextNextGaussian が有効である

nextNextGaussian

double; nextNextGaussian
次に返す Gaussian

seed

long; seed
乱数計算用のシード

Class java.util.SimpleTimeZone extends TimeZone implements Serializable

serialVersionUID: -403250971215465050L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream stream)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
オブジェクトをストリームから復元します。つまり、オブジェクトを直列化復元します。 JDK 1.1 バイナリ形式およびパックバイト配列を使ったフル形式の両方を処理します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream stream)
                  throws IOException
このオブジェクトの状態をストリームに保存します。つまり、オブジェクトを直列化します。

シリアルデータ:
最初に必須セクションに DOW_IN_MONTH_MODE 規則を JDK 1.1 互換形式で書き出し、次に、任意指定のセクションに全規則をパック形式で書き出す。任意指定のセクションは、ストリームイン時に JDK 1.1 コードによって無視される

任意指定のセクションの内容: バイト配列の長さが発行される (int)。これは、このリリース以降は 4。指定された長さのバイト配列が発行される。このバイト配列の内容は、startDaystartDayOfWeekendDay、および endDayOfWeek フィールドの真の値。必須セクションでのそれらのフィールドの値は、規則モード DOW_IN_MONTH_MODE (JDK 1.1 が認識する唯一のモード) に適した近似値

例外:
IOException
直列化されたフィールド

startMonth

int startMonth
夏時間の始まる月です。Calendar.JANUARYCalendar.DECEMBER までの値を指定します。この値は、endMonth と同じにすべきではありません。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

startDay

int startDay
このフィールドには、2 とおりの解釈があります。
startMode == DOW_IN_MONTH
この場合、startDay は、夏時間が始まる、startMonth 月の日付を示します。値は 1 から 28、30、または 31 までで、startMonth によって異なります。
startMode != DOW_IN_MONTH
この場合、startDay は、夏時間が始まる、startMonth 月の startDayOfWeek を特定します。たとえば、この値が +1 で、startDayOfWeekCalendar.SUNDAY の場合は、startMonth の第 1 日曜日を示します。同じように、値が +2 の場合は第 2 日曜日を示し、-1 は最終日曜日を示します。値 0 は不正です。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

startDayOfWeek

int startDayOfWeek
夏時間が始まる曜日です。Calendar.SUNDAYCalendar.SATURDAY までの値を指定します。

useDaylight が false または startMode == DAY_OF_MONTH の場合、この値は無視されます。

 

startTime

int startTime
午前 0 時からのミリ秒で示す、夏時間が始まる時刻です。この値は startTimeMode の設定によって、ウォール時間、標準時間、または UTC 時間として表示されます。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

startTimeMode

int startTimeMode
startTime の形式です。WALL_TIME、STANDARD_TIME、または UTC_TIME です。

 
導入されたバージョン:
1.3

endMonth

int endMonth
夏時間の終わる月です。Calendar.JANUARYCalendar.UNDECIMBER までの値を指定します。この値は、startMonth と同じにすべきではありません。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

endDay

int endDay
このフィールドには、2 とおりの解釈があります。
endMode == DOW_IN_MONTH
この場合、endDay は、夏時間の終わる、endMonth 月の日付を示します。値は 1 から 28、30、または 31 までで、endMonth によって異なります。
endMode != DOW_IN_MONTH
この場合、endDay は、夏時間の終わる、endMonth 月の endDayOfWeek を特定します。たとえば、この値が +1 で、endDayOfWeekCalendar.SUNDAY の場合は、endMonth の第 1 日曜日を示します。同じように、値 +2 は第 2 日曜日を示し、-1 は最終日曜日を示します。値 0 は不正です。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

endDayOfWeek

int endDayOfWeek
夏時間が終わる曜日です。Calendar.SUNDAYCalendar.SATURDAY までの値を指定します。

useDaylight が false または endMode == DAY_OF_MONTH の場合、この値は無視されます。

 

endTime

int endTime
午前 0 時からのミリ秒で示す、夏時間が終了する時刻です。この値は endTimeMode の設定によって、ウォール時間、標準時間、または UTC 時間として表示されます。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

endTimeMode

int endTimeMode
endTime の形式です。WALL_TIMESTANDARD_TIME、または UTC_TIME です。

 
導入されたバージョン:
1.3

startYear

int startYear
夏時間が最初に実施される年です。これは AD 値です。この値が 1 未満の場合、夏時間は AD のすべての年で実施されます。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 

rawOffset

int rawOffset
このゾーンとグリニッジ標準時の間のオフセット (ミリ秒単位) です。負のオフセットは、グリニッジの西を示します。ローカルの「標準」時刻を得るには、オフセットをグリニッジ標準時の時刻に足します。ローカルのウォール時刻を得るには、さらに dstSavings を足す必要があります。

 

useDaylight

boolean useDaylight
このゾーンが夏時間を使用する場合だけ true の boolean 値です。この値が false の場合は、無視されるフィールドがあります。

 

monthLength

byte[] monthLength
このフィールドは JDK 1.1 で直列化されました。そのため、直列化互換性を維持するために現在もそのままで提供されています。ただし、新しいタイムゾーンを作成するたびに配列を作成し直す必要はありません。

値 {31, 28, 31, 30, 31, 30, 31, 31, 30, 31, 30, 31} を格納するバイトの配列。Java 2 プラットフォーム v1.2 以降は無視されるが、JDK 1.1 との互換性のためにストリーム出力する必要がある

startMode

int startMode
開始規則のモードを指定する変数です。次に値を示します。
DOM_MODE
月の正確な日付 (3 月 1 日など)
DOW_IN_MONTH_MODE
月の曜日 (3 月の最終日曜日など)
DOW_GE_DOM_MODE
月の日付後の曜日 (3 月 15 日以降の日曜日など)
DOW_LE_DOM_MODE
月の日付前の曜日 (3 月 15 日以前の日曜日など)
このフィールドの設定は、startDay フィールドの解釈に影響します。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 
導入されたバージョン:
1.1.4

endMode

int endMode
終了規則のモードを指定する変数です。次に値を示します。
DOM_MODE
月の正確な日付 (3 月 1 日など)
DOW_IN_MONTH_MODE
月の曜日 (3 月の最終日曜日など)
DOW_GE_DOM_MODE
月の日付後の曜日 (3 月 15 日以降の日曜日など)
DOW_LE_DOM_MODE
月の日付前の曜日 (3 月 15 日以前の日曜日など)
このフィールドの設定は、endDay フィールドの解釈に影響します。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 
導入されたバージョン:
1.1.4

dstSavings

int dstSavings
DST 期間に繰り上げられる時間量をミリ秒単位で示す正の値です。通常は 1 時間 (3600000) ですが、30 分 (1800000) の場合もあります。

useDaylight が false の場合、この値は無視されます。

 
導入されたバージョン:
1.1.4

serialVersionOnStream

int serialVersionOnStream
ストリーム上の直列化データのバージョンです。次に有効な値を示します。
0 またはストリーム上に存在しない
JDK 1.10.3 以前のバージョン
1
JDK 1.1.4 以降のバージョン。新しい 3 つのフィールド startModeendMode、および dstSavings を含む
2
JDK 1.3 以降のバージョン。新しい 2 つのフィールド startTimeMode および endTimeMode を含む
このクラスをストリーム出力するときは、一番新しいフォーマットおよび serialVersionOnStream の最高許容値が書き込まれます。

 
導入されたバージョン:
1.1.4

Class java.util.Stack extends Vector<E> implements Serializable

serialVersionUID: 1224463164541339165L

Class java.util.SubList$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.TimeZone extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3581463369166924961L

直列化されたフィールド

ID

String ID
この TimeZone の文字列識別子です。これはプログラム上の識別子であり、システムテーブルから TimeZone オブジェクトを参照し、また TimeZone オブジェクトを地域対応された表示名にマッピングするために内部で使用されます。ID の値は、システムテーブル内で一意ですが、動的に作成されたゾーンの場合は一意でない場合があります。

 

Class java.util.TooManyListenersException extends Exception implements Serializable

Class java.util.TreeMap extends AbstractMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 919286545866124006L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
TreeMap のインスタンスをストリームから復元します。つまり、直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
TreeMap のインスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
TreeMap の「サイズ」(キーと値のマッピングの個数) (int) に続き、TreeMap によって表記される各キーと値のマッピングのキー (Object) と値 (Object) が発行される。キーと値のマッピングはキー順 (TreeMap の Comparator か、TreeMap に Comparator がない場合はキーの自然順序付けによって決定される) に発行される
例外:
IOException
直列化されたフィールド

comparator

Comparator<T> comparator
TreeMap 内の順序を管理するのに使う Comparator です。ただし TreeMap がその要素の自然順序付けを使う場合は null です。

 

Class java.util.TreeMap$1 extends Object implements Serializable

Class java.util.TreeMap$2 extends Object implements Serializable

Class java.util.TreeMap$3 extends Object implements Serializable

Class java.util.TreeSet extends AbstractSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: -2479143000061671589L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
TreeSet のインスタンスをストリームから復元します。つまり、直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
TreeSet のインスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
セットを順序付けするのに使うコンパレータを発行する。ただし、セットがその要素の自然順序付け (Object) に従う場合は null を発行する。それに続けて、セットのサイズ (要素の個数) (int)、そのセットのすべての要素 (各 Object) が順番 (セットの Comparator か、セットに Comparator がない場合は要素の自然順序付けによって決定される) に発行される
例外:
IOException

Class java.util.UnknownFormatConversionException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 19060418L

直列化されたフィールド

s

String s

Class java.util.UnknownFormatFlagsException extends IllegalFormatException implements Serializable

serialVersionUID: 19370506L

直列化されたフィールド

flags

String flags

Class java.util.UUID extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4856846361193249489L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから UUID インスタンスを再構築します (直列化復元をする)。これは、一時フィールドを自身が持つ初期化されていない正しい値に設定してオンデマンドで再計算できるようにするために必要です。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

mostSigBits

long mostSigBits

leastSigBits

long leastSigBits

Class java.util.Vector extends AbstractList<E> implements Serializable

serialVersionUID: -2767605614048989439L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
ストリームに Vector インスタンスの状態を保存します。つまり、Vector を直列化します。このメソッドは、同期化のためにだけ存在します。この機能は、デフォルトの readObject メソッドを呼び出すことだけです。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

elementData

Object[] elementData
Vector の要素が格納される配列バッファです。Vector の容量はこの配列バッファの長さで、少なくとも Vector のすべての要素を格納するのに十分な大きさが必要です。

Vector 内の最後の要素の後に来る配列要素は null です。

 

elementCount

int elementCount
Vector オブジェクト内の有効な要素数です。elementData[0]elementData[elementCount-1] の要素が実際の項目です。

 

capacityIncrement

int capacityIncrement
Vector のサイズが Vector の容量を超えるときに自動的に増やされる量です。容量の増加量がゼロ以下の場合、拡大の必要があるたびに Vector の容量は倍になります。

 

Class java.util.Vector$1 extends Object implements Serializable


パッケージ java.util.concurrent

Class java.util.concurrent.ArrayBlockingQueue extends AbstractQueue<E> implements Serializable

serialVersionUID: -817911632652898426L

直列化されたフィールド

items

Object[] items
キューに入れられた項目


count

int count
キュー内の項目数


lock

ReentrantLock lock
すべてのアクセスを制御する主要ロック


notEmpty

Condition notEmpty
take の待機条件


notFull

Condition notFull
put の待機条件

Class java.util.concurrent.BrokenBarrierException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 7117394618823254244L

Class java.util.concurrent.CancellationException extends IllegalStateException implements Serializable

serialVersionUID: -9202173006928992231L

Class java.util.concurrent.ConcurrentHashMap extends AbstractMap<K,V> implements Serializable

serialVersionUID: 7249069246763182397L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ConcurrentHashMap のインスタンスをストリームから復元します。つまり、直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
ConcurrentHashMap のインスタンスの状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
キーと値のマッピングのキー (Object) および値 (Object)。その後に null のペアが続く。キーと値のマッピングの発行には特別な順序はない
例外:
IOException
直列化されたフィールド

segmentMask

int segmentMask
セグメントをインデックス化するためのマスク値。キーのハッシュコードの上位ビットは、セグメントの選択に使用されます。


segmentShift

int segmentShift
セグメント内部のインデックス化に使用するシフト値


segments

java.util.concurrent.ConcurrentHashMap.Segment<K,V>[] segments
それぞれが特殊なハッシュテーブルであるセグメント

Class java.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueue extends AbstractQueue<E> implements Serializable

serialVersionUID: 196745693267521676L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから Queue のインスタンスを復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
適切な順序で配置されたすべての要素 (それぞれが E)。その後に null が続く
例外:
IOException

Class java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8673264195747942595L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームからリストを復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
リストの状態をストリームに保存 (直列化) します。

シリアルデータ:
リストの基となる配列の長さを int 型で指定。続いて、それぞれが Object であるすべての要素を正しい順序で指定
例外:
IOException

Class java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet extends AbstractSet<E> implements Serializable

serialVersionUID: 5457747651344034263L

直列化されたフィールド

al

CopyOnWriteArrayList<E> al

Class java.util.concurrent.ExecutionException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 7830266012832686185L

Class java.util.concurrent.LinkedBlockingQueue extends AbstractQueue<E> implements Serializable

serialVersionUID: -6903933977591709194L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームからこのキューのインスタンスを復元 (直列化復元) します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
状態をストリームに保存します。つまり、直列化します。

シリアルデータ:
容量は、適切に順序付けされた (それぞれが Object である) すべての要素、および null を後ろに伴って発行される (int)
例外:
IOException
直列化されたフィールド

capacity

int capacity
容量制限。容量制限が存在しない場合は Integer.MAX_VALUE


count

AtomicInteger count
現在の要素数


takeLock

ReentrantLock takeLock
take、poll などが保持するロック


notEmpty

Condition notEmpty
take を待機するための待機キュー


putLock

ReentrantLock putLock
put、offer などが保持するロック


notFull

Condition notFull
put を待機するための待機キュー

Class java.util.concurrent.PriorityBlockingQueue extends AbstractQueue<E> implements Serializable

serialVersionUID: 5595510919245408276L

直列化メソッド

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream s)
                  throws IOException
状態をストリームに保存 (直列化) します。これは、ロック内でデフォルトの直列化をラップするに過ぎません。項目の直列化ストラテジは、元になる Queue に委ねられます。直列化復元にはロックは必要ないため、readObject は定義されず、デフォルトにそのまま従います。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

q

PriorityQueue<E> q

lock

ReentrantLock lock

notEmpty

Condition notEmpty

Class java.util.concurrent.RejectedExecutionException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: -375805702767069545L

Class java.util.concurrent.Semaphore extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3222578661600680210L

直列化されたフィールド

sync

java.util.concurrent.Semaphore.Sync sync
AbstractQueuedSynchronizer サブクラスを介するすべての機構

Class java.util.concurrent.SynchronousQueue extends AbstractQueue<E> implements Serializable

serialVersionUID: -3223113410248163686L

直列化されたフィールド

qlock

ReentrantLock qlock
両方の待機キューを保護するロック


waitingProducers

java.util.concurrent.SynchronousQueue.WaitQueue waitingProducers
待機中の put を保持するキュー


waitingConsumers

java.util.concurrent.SynchronousQueue.WaitQueue waitingConsumers
待機中の take を保持するキュー

Class java.util.concurrent.TimeoutException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 1900926677490660714L


パッケージ java.util.concurrent.atomic

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicBoolean extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 4654671469794556979L

直列化されたフィールド

value

int value

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicInteger extends Number implements Serializable

serialVersionUID: 6214790243416807050L

直列化されたフィールド

value

int value

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArray extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 2862133569453604235L

直列化されたフィールド

array

int[] array

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicLong extends Number implements Serializable

serialVersionUID: 1927816293512124184L

直列化されたフィールド

value

long value

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicLongArray extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -2308431214976778248L

直列化されたフィールド

array

long[] array

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicReference extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -1848883965231344442L

直列化されたフィールド

value

Object value

Class java.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceArray extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6209656149925076980L

直列化されたフィールド

array

Object[] array

パッケージ java.util.concurrent.locks

Class java.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizer extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 7373984972572414691L

直列化されたフィールド

state

int state
同期状態

Class java.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizer.ConditionObject extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 1173984872572414699L

Class java.util.concurrent.locks.ReentrantLock extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 7373984872572414699L

直列化されたフィールド

sync

java.util.concurrent.locks.ReentrantLock.Sync sync
すべての実装機構を提供するシンクロナイザ

Class java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6992448646407690164L

直列化されたフィールド

readerLock

ReentrantReadWriteLock.ReadLock readerLock
読み込みロックを提供する内部クラス


writerLock

ReentrantReadWriteLock.WriteLock writerLock
書き込みロックを提供する内部クラス


sync

java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock.Sync sync
すべての同期機構を実装します。

Class java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock.ReadLock extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -5992448646407690164L

直列化されたフィールド

sync

java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock.Sync sync

Class java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock.WriteLock extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4992448646407690164L

直列化されたフィールド

sync

java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock.Sync sync

パッケージ java.util.jar

Class java.util.jar.JarException extends ZipException implements Serializable


パッケージ java.util.logging

Class java.util.logging.Level extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -8176160795706313070L

直列化メソッド

readResolve

private Object readResolve()
直列化されたフィールド

name

String name
レベルの地域対応されていない名前

value

int value
レベルの整数値

resourceBundleName

String resourceBundleName
レベル名を地域対応するのに使われるリソースバンドル名

Class java.util.logging.LoggingPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: 63564341580231582L

Class java.util.logging.LogRecord extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5372048053134512534L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
シリアルデータ:
デフォルトのフィールドです。あとにメジャーバイトおよびそのあとにマイナーバイトの 2 つのバイトのバージョン番号が続きます。そのあとにログレコードのパラメータの配列に関する情報が続きます。パラメータの配列がない場合 -1 が書き込まれます。長さをゼロにできるパラメータの配列がある場合、配列の長さが整数型として書き込まれます。そのあとに各パラメータの String 値が続きます。null の場合、null String が書き込まれます。それ以外の場合は Object.toString() の出力が書き込まれます。
例外:
IOException
直列化されたフィールド

level

Level level
ログメッセージのレベル

sequenceNumber

long sequenceNumber
シーケンス番号

sourceClassName

String sourceClassName
ログ呼び出しを発行したクラス

sourceMethodName

String sourceMethodName
ログ呼び出しを発行したメソッド

message

String message
地域化されていない raw メッセージテキスト

threadID

int threadID
ログ呼び出しを発行したスレッドのスレッド ID

millis

long millis
1970 年以降のイベントの時間 (ミリ秒単位)

thrown

Throwable thrown
ログメッセージに関連した Throwable (存在する場合)

loggerName

String loggerName
ソース Logger の名前

resourceBundleName

String resourceBundleName
地域化されたログメッセージのリソースバンドル名

パッケージ java.util.prefs

Class java.util.prefs.BackingStoreException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 859796500401108469L

Class java.util.prefs.InvalidPreferencesFormatException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -791715184232119669L


パッケージ java.util.regex

Class java.util.regex.Pattern extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 5073258162644648461L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから Pattern インスタンスを再コンパイルします。元のパターン文字列が読み込まれ、その文字列からオブジェクトツリーが再コンパイルされます。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

pattern

String pattern
元の正規表現パターン文字列です。

 

flags

int flags
元のパターンフラグです。

 

Class java.util.regex.PatternSyntaxException extends IllegalArgumentException implements Serializable

直列化されたフィールド

desc

String desc

pattern

String pattern

index

int index

パッケージ java.util.zip

Class java.util.zip.DataFormatException extends Exception implements Serializable

Class java.util.zip.ZipException extends IOException implements Serializable


パッケージ javax.activity

Class javax.activity.ActivityCompletedException extends RemoteException implements Serializable

Class javax.activity.ActivityRequiredException extends RemoteException implements Serializable

Class javax.activity.InvalidActivityException extends RemoteException implements Serializable


パッケージ javax.crypto

Class javax.crypto.BadPaddingException extends GeneralSecurityException implements Serializable

Class javax.crypto.ExemptionMechanismException extends GeneralSecurityException implements Serializable

Class javax.crypto.IllegalBlockSizeException extends GeneralSecurityException implements Serializable

Class javax.crypto.NoSuchPaddingException extends GeneralSecurityException implements Serializable

Class javax.crypto.SealedObject extends Object implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream s)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ストリームから SealedObject の状態を復元します。

例外:
NullPointerException - s が null の場合
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

encodedParams

byte[] encodedParams
符号化されたパラメータ

 

encryptedContent

byte[] encryptedContent
暗号化された形式の、直列化されたオブジェクトのコンテンツです。

 

sealAlg

String sealAlg
このオブジェクトをシールするのに使用されたアルゴリズムです。

 

paramsAlg

String paramsAlg
使用されたパラメータのアルゴリズムです。

 

Class javax.crypto.ShortBufferException extends GeneralSecurityException implements Serializable


パッケージ javax.crypto.interfaces

パッケージ javax.crypto.spec

Class javax.crypto.spec.SecretKeySpec extends Object implements Serializable

直列化されたフィールド

key

byte[] key
秘密鍵

 

algorithm

String algorithm
この鍵に関連したアルゴリズムの名前です。

 

パッケージ javax.imageio

Class javax.imageio.IIOException extends IOException implements Serializable


パッケージ javax.imageio.metadata

Class javax.imageio.metadata.IIOInvalidTreeException extends IIOException implements Serializable

直列化されたフィールド

offendingNode

Node offendingNode
構文解析エラーになった Node または null


パッケージ javax.management

Class javax.management.AndQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: -1081892073854801359L

直列化されたフィールド

exp1

QueryExp exp1
結合の最初の QueryExp です。

exp2

QueryExp exp2
結合の 2 番目のQueryExp です。

Class javax.management.Attribute extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 2484220110589082382L

直列化されたフィールド

name

String name
属性名

value

Object value
属性名

Class javax.management.AttributeChangeNotification extends Notification implements Serializable

serialVersionUID: 535176054565814134L

直列化されたフィールド

attributeName

String attributeName
MBean 属性名

attributeType

String attributeType
MBean 属性型

oldValue

Object oldValue
MBean の古い属性値

newValue

Object newValue
MBean の新しい属性値

Class javax.management.AttributeChangeNotificationFilter extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6347317584796410029L

直列化されたフィールド

enabledAttributes

Vector<E> enabledAttributes
有効な属性名を含む Vector。デフォルト値は空ベクトル

Class javax.management.AttributeList extends ArrayList implements Serializable

serialVersionUID: -4077085769279709076L

Class javax.management.AttributeNotFoundException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: 6511584241791106926L

Class javax.management.AttributeValueExp extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -7768025046539163385L

直列化されたフィールド

attr

String attr
属性の名前

Class javax.management.BadAttributeValueExpException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -3105272988410493376L

直列化されたフィールド

val

Object val
この例外の原因となった属性値を返します。

Class javax.management.BadBinaryOpValueExpException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 5068475589449021227L

直列化されたフィールド

exp

ValueExp exp
この例外の原因となった ValueExp

Class javax.management.BadStringOperationException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 7802201238441662100L

直列化されたフィールド

op

String op
この例外の原因となったオペレーションの説明

Class javax.management.BetweenQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: -2933597532866307444L

直列化されたフィールド

exp1

ValueExp exp1
確認された値です。

exp2

ValueExp exp2
下限の値です。

exp3

ValueExp exp3
上限の値です。

Class javax.management.BinaryOpValueExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: 1216286847881456786L

直列化されたフィールド

op

int op
演算子です。

exp1

ValueExp exp1
最初の値です。

exp2

ValueExp exp2
2 番目の値です。

Class javax.management.BinaryRelQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: -5690656271650491000L

直列化されたフィールド

relOp

int relOp
The operator

exp1

ValueExp exp1
The first value

exp2

ValueExp exp2
The second value

Class javax.management.BooleanValueExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: 7754922052666594581L

直列化されたフィールド

val

boolean val
boolean 値です。

Class javax.management.ClassAttributeValueExp extends AttributeValueExp implements Serializable

直列化されたフィールド

attr

String attr
属性の名前です。

Class javax.management.InQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: -5801329450358952434L

直列化されたフィールド

val

ValueExp val
検索される ValueExp です。

valueList

ValueExp[] valueList
検索される ValueExp の配列です。

Class javax.management.InstanceAlreadyExistsException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: 8893743928912733931L

Class javax.management.InstanceNotFoundException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: -882579438394773049L

Class javax.management.IntrospectionException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: 1054516935875481725L

Class javax.management.InvalidApplicationException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: -3048022274675537269L

直列化されたフィールド

val

Object val
MBean のクラスを表すオブジェクト

Class javax.management.InvalidAttributeValueException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: 2164571879317142449L

Class javax.management.JMException extends Exception implements Serializable

serialVersionUID: 350520924977331825L

Class javax.management.JMRuntimeException extends RuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: 6573344628407841861L

Class javax.management.ListenerNotFoundException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: -7242605822448519061L

Class javax.management.MalformedObjectNameException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: -572689714442915824L

Class javax.management.MatchQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: -7156603696948215014L

直列化されたフィールド

exp

AttributeValueExp exp
一致する属性値です。

pattern

String pattern
一致するパターンです。

Class javax.management.MBeanAttributeInfo extends MBeanFeatureInfo implements Serializable

直列化されたフィールド

attributeType

String attributeType
実際の属性の型

isWrite

boolean isWrite
属性の書き込み権

isRead

boolean isRead
属性の読み取り権

is

boolean is
メソッドが is であるかどうか

Class javax.management.MBeanConstructorInfo extends MBeanFeatureInfo implements Serializable

serialVersionUID: 4433990064191844427L

直列化されたフィールド

signature

MBeanParameterInfo[] signature
メソッドのシグニチャー。引数のクラス名

Class javax.management.MBeanException extends JMException implements Serializable

serialVersionUID: 4066342430588744142L

直列化されたフィールド

exception

Exception exception
カプセル化された Exception

Class javax.management.MBeanFeatureInfo extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 3952882688968447265L

直列化されたフィールド

name

String name
機能の名前です。サブクラスが、このフィールドを読み込む代わりに MBeanFeatureInfo.getName() を呼び出し、機能の名前をそのまま使用するような設定を推奨します。

機能の名前

description

String description
人間が読める形式の機能の名前です。サブクラスが、このフィールドを読み込む代わりに MBeanFeatureInfo.getDescription() を呼び出し、機能の名前をそのまま使用するような設定を推奨します。

人間が読める形式の機能の説明

Class javax.management.MBeanInfo extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -6451021435135161911L

直列化されたフィールド

description

String description
人間が読める形式のクラスの説明

className

String className
MBean の修飾名

attributes

MBeanAttributeInfo[] attributes
MBean 属性記述子

operations

MBeanOperationInfo[] operations
MBean オペレーション記述子

constructors

MBeanConstructorInfo[] constructors
MBean コンストラクタ記述子

notifications

MBeanNotificationInfo[] notifications
MBean 通知記述子

Class javax.management.MBeanNotificationInfo extends MBeanFeatureInfo implements Serializable

serialVersionUID: -3888371564530107064L

直列化されたフィールド

types

String[] types
異なった型の通知

Class javax.management.MBeanOperationInfo extends MBeanFeatureInfo implements Serializable

serialVersionUID: -6178860474881375330L

直列化されたフィールド

type

String type
メソッドの戻り値

signature

MBeanParameterInfo[] signature
メソッドのシグニチャー。引数のクラス名

impact

int impact
メソッドの影響。INFOACTIONACTION_INFOUNKNOWN のいずれか

Class javax.management.MBeanParameterInfo extends MBeanFeatureInfo implements Serializable

serialVersionUID: 7432616882776782338L

直列化されたフィールド

type

String type
データの型またはクラス名

Class javax.management.MBeanPermission extends Permission implements Serializable

serialVersionUID: -2416928705275160661L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
このオブジェクトを、名前とアクションに基づいて直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException
直列化されたフィールド

actions

String actions
アクション文字列です。

Class javax.management.MBeanRegistrationException extends MBeanException implements Serializable

serialVersionUID: 4482382455277067805L

Class javax.management.MBeanServerNotification extends Notification implements Serializable

serialVersionUID: 2876477500475969677L

直列化されたフィールド

objectName

ObjectName objectName
この通知に示された MBean のオブジェクト名

Class javax.management.MBeanServerPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: -5661980843569388590L

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
例外:
IOException
ClassNotFoundException

Class javax.management.MBeanServerPermissionCollection extends PermissionCollection implements Serializable

serialVersionUID: -5661980843569388590L

直列化されたフィールド

collectionPermission

MBeanServerPermission collectionPermission
コレクションに permissions がない場合は null。それ以外は追加された全 permission をまとめたひとつの permission。

Class javax.management.MBeanTrustPermission extends BasicPermission implements Serializable

serialVersionUID: -2952178077029018140L

Class javax.management.NotCompliantMBeanException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: 5175579583207963577L

Class javax.management.Notification extends EventObject implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から Notification を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
NotificationObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

message

String message
通知メッセージ

sequenceNumber

long sequenceNumber
通知シーケンス番号。通知ソースのコンテキストで、特定の通知を識別するシリアル番号

source

Object source
通知が最初に発生したオブジェクト

timeStamp

long timeStamp
通知タイムスタンプ。通知の生成時刻を示す

type

String type
通知型。Java プロパティと同様のドット表記法で表現された文字列。たとえば、network.alarm.router などの通知型がある

userData

Object userData
通知ユーザデータ。通知ソースからコンシューマに伝送されるあらゆるデータ用として使用される

Class javax.management.NotificationFilterSupport extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 6579080007561786969L

直列化されたフィールド

enabledTypes

List<E> enabledTypes
有効な通知型を含む Vector。デフォルト値は空ベクトル

Class javax.management.NotQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: 5269643775896723397L

直列化されたフィールド

exp

QueryExp exp
The negated QueryExp

Class javax.management.NumericValueExp extends QueryEval implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream からの NumericValueExp を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
NumericValueExpObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

val

Number val
数値を表す {@link Number} です。

Class javax.management.ObjectInstance extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -4099952623687795850L

直列化されたフィールド

name

ObjectName name
オブジェクト名

className

String className
クラス名

Class javax.management.ObjectName extends Object implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から ObjectName を直列化復元します。

シリアルデータ:
  • 現在の直列化形式 (プロパティ jmx.serial.form の値が 1.0 以外): 文字列 "<domain>:<properties><wild>":
    • <domain> は ObjectName のドメイン部分
    • <properties> は ObjectName.getKeyPropertyListString() から返されるプロパティリスト
    • <wild> は、isPropertyPattern でない場合は空。isPropertyPattern と <properties> が空の場合は "*"、isPropertyPattern と <properties> が空でない場合は ",*"
    この文字列が ObjectName.ObjectName(String) コンストラクタに渡され、同等の ObjectName が生成されることを目的とする
  • 古い直列化形式 (プロパティ jmx.serial.form の値が 1.0): <domain> <propertyList> <propertyListString> <canonicalName> <pattern> <propertyPattern>:
    • <domain> は ObjectName のドメイン部分
    • <propertyList> は、この ObjectName のすべてのペア (キー、値) を含む Hashtable
    • <propertyListString> はプロパティリストの String 表現。プロパティの並び順は任意 (正規表現である必要はない)
    • <canonicalName> は、この ObjectName の正規名を含む String
    • <pattern> はブール値。この ObjectName にパターンが含まれる場合は true
    • <pattern> はブール値。この ObjectName にプロパティリスト内のパターンが含まれる場合は true
例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
ObjectNameObjectOutputStream に直列化します。

シリアルデータ:
  • 現在の直列化形式 (プロパティ jmx.serial.form の値が 1.0 以外): 文字列 "<domain>:<properties><wild>":
    • <domain> は ObjectName のドメイン部分
    • <properties> は ObjectName.getKeyPropertyListString() から返されるプロパティリスト
    • <wild> は、isPropertyPattern でない場合は空。isPropertyPattern と <properties> が空の場合は "*"、isPropertyPattern と <properties> が空でない場合は ",*"
    この文字列が ObjectName.ObjectName(String) コンストラクタに渡され、同等の ObjectName が生成されることを目的とする
  • 古い直列化形式 (プロパティ jmx.serial.form の値が 1.0): <domain> <propertyList> <propertyListString> <canonicalName> <pattern> <propertyPattern>:
    • <domain> は ObjectName のドメイン部分
    • <propertyList> は、この ObjectName のすべてのペア (キー、値) を含む Hashtable
    • <propertyListString> はプロパティリストの String 表現。プロパティの並び順は任意 (正規表現である必要はない)
    • <canonicalName> は、この ObjectName の正規名を含む String
    • <pattern> はブール値。この ObjectName にパターンが含まれる場合は true
    • <pattern> はブール値。この ObjectName にプロパティリスト内のパターンが含まれる場合は true
例外:
IOException
直列化されたフィールド

Class javax.management.OperationsException extends JMException implements Serializable

serialVersionUID: -4967597595580536216L

Class javax.management.OrQueryExp extends QueryEval implements Serializable

serialVersionUID: 2962973084421716523L

直列化されたフィールド

exp1

QueryExp exp1
左の照会式です。

exp2

QueryExp exp2
右の照会式です。

Class javax.management.QualifiedAttributeValueExp extends AttributeValueExp implements Serializable

serialVersionUID: 8832517277410933254L

直列化されたフィールド

className

String className
属性のクラス名です。

Class javax.management.QueryEval extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 2675899265640874796L

Class javax.management.ReflectionException extends JMException implements Serializable

serialVersionUID: 9170809325636915553L

直列化されたフィールド

exception

Exception exception
ラップされた Exception

Class javax.management.RuntimeErrorException extends JMRuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: 704338937753949796L

直列化されたフィールド

error

Error error
カプセル化された Error

Class javax.management.RuntimeMBeanException extends JMRuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: 5274912751982730171L

直列化されたフィールド

runtimeException

RuntimeException runtimeException
カプセル化された RuntimeException

Class javax.management.RuntimeOperationsException extends JMRuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: -8408923047489133588L

直列化されたフィールド

runtimeException

RuntimeException runtimeException
カプセル化された RuntimeException

Class javax.management.ServiceNotFoundException extends OperationsException implements Serializable

serialVersionUID: -3990675661956646827L

Class javax.management.StringValueExp extends Object implements Serializable

serialVersionUID: -3256390509806284044L

直列化されたフィールド

val

String val
リテラル文字列

パッケージ javax.management.loading

Class javax.management.loading.MLet extends URLClassLoader implements Serializable

serialVersionUID: 3636148327800330130L

直列化メソッド

readExternal

public void readExternal(ObjectInput in)
                  throws IOException,
                         ClassNotFoundException,
                         UnsupportedOperationException

指定された ObjectInput から、この MLet の内容を復元します。このメソッドは、すべての実装でサポートされるわけではありません。このメソッドをサポートしない実装は、UnsupportedOperationException をスローします。このメソッドをサポートしたい場合、またはデータの読み取り形式を変更したい場合は、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。

データの読み取り形式は未指定ですが、MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) をサポートする実装は、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) もサポートする必要があります。つまり、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) に書き込まれたデータを MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) で読み取ることができなければなりません。

例外:
IOException - 読み取り中に問題が発生した場合
ClassNotFoundException - 復元しようとしているオブジェクトに対応するクラスが見つからない場合
UnsupportedOperationException - この実装がこのオペレーションをサポートしない場合

writeExternal

public void writeExternal(ObjectOutput out)
                   throws IOException,
                          UnsupportedOperationException

この MLet の内容を、指定された ObjectOutput に保存します。このメソッドは、すべての実装でサポートされるわけではありません。このメソッドをサポートしない実装は、UnsupportedOperationException をスローします。このメソッドをサポートしたい場合、またはデータの書き込み形式を変更したい場合は、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。

データの書き込み形式は未指定ですが、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) をサポートする実装は、MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) もサポートする必要があります。つまり、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) に書き込まれたデータを MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) で読み取ることができなければなりません。

例外:
IOException - 書き込み中に問題が発生した場合
UnsupportedOperationException - この実装がこのオペレーションをサポートしない場合

Class javax.management.loading.PrivateMLet extends MLet implements Serializable

serialVersionUID: 2503458973393711979L

直列化メソッド

readExternal

public void readExternal(ObjectInput in)
                  throws IOException,
                         ClassNotFoundException,
                         UnsupportedOperationException

指定された ObjectInput から、この MLet の内容を復元します。このメソッドは、すべての実装でサポートされるわけではありません。このメソッドをサポートしない実装は、UnsupportedOperationException をスローします。このメソッドをサポートしたい場合、またはデータの読み取り形式を変更したい場合は、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。

データの読み取り形式は未指定ですが、MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) をサポートする実装は、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) もサポートする必要があります。つまり、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) に書き込まれたデータを MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) で読み取ることができなければなりません。

例外:
IOException - 読み取り中に問題が発生した場合
ClassNotFoundException - 復元しようとしているオブジェクトに対応するクラスが見つからない場合
UnsupportedOperationException - この実装がこのオペレーションをサポートしない場合

writeExternal

public void writeExternal(ObjectOutput out)
                   throws IOException,
                          UnsupportedOperationException

この MLet の内容を、指定された ObjectOutput に保存します。このメソッドは、すべての実装でサポートされるわけではありません。このメソッドをサポートしない実装は、UnsupportedOperationException をスローします。このメソッドをサポートしたい場合、またはデータの書き込み形式を変更したい場合は、サブクラスでこのメソッドをオーバーライドします。

データの書き込み形式は未指定ですが、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) をサポートする実装は、MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) もサポートする必要があります。つまり、MLet.writeExternal(java.io.ObjectOutput) に書き込まれたデータを MLet.readExternal(java.io.ObjectInput) で読み取ることができなければなりません。

例外:
IOException - 書き込み中に問題が発生した場合
UnsupportedOperationException - この実装がこのオペレーションをサポートしない場合

パッケージ javax.management.modelmbean

Class javax.management.modelmbean.DescriptorSupport extends Object implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から DescriptorSupport を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
DescriptorSupportObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

descriptor

HashMap<K,V> descriptor
この記述子を表す複数のフィールド

Class javax.management.modelmbean.InvalidTargetObjectTypeException extends Exception implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から InvalidTargetObjectTypeException を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
InvalidTargetObjectTypeExceptionObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

exception

Exception exception
カプセル化された {@link Exception}

Class javax.management.modelmbean.ModelMBeanAttributeInfo extends MBeanAttributeInfo implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から ModelMBeanAttributeInfo を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
ModelMBeanAttributeInfoObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

attrDescriptor

Descriptor attrDescriptor
この属性に対応するメタデータを含む {@link Descriptor}

Class javax.management.modelmbean.ModelMBeanConstructorInfo extends MBeanConstructorInfo implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から ModelMBeanConstructorInfo を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
ModelMBeanConstructorInfoObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

consDescriptor

Descriptor consDescriptor
このインスタンスのメタデータを含む {@link Descriptor}

Class javax.management.modelmbean.ModelMBeanInfoSupport extends MBeanInfo implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から ModelMBeanInfoSupport を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
ModelMBeanInfoSupportObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

modelMBeanAttributes

ModelMBeanAttributeInfo[] modelMBeanAttributes
記述子を持つ {@link ModelMBeanAttributeInfo} オブジェクトの配列

modelMBeanConstructors

MBeanConstructorInfo[] modelMBeanConstructors
記述子を持つ {@link ModelMBeanConstructorInfo} オブジェクトの配列

modelMBeanDescriptor

Descriptor modelMBeanDescriptor
MBean 全体ポリシーを含む記述子

modelMBeanNotifications

MBeanNotificationInfo[] modelMBeanNotifications
記述子を持つ {@link ModelMBeanNotificationInfo} オブジェクトの配列

modelMBeanOperations

MBeanOperationInfo[] modelMBeanOperations
記述子を持つ {@link ModelMBeanOperationInfo} オブジェクトの配列

Class javax.management.modelmbean.ModelMBeanNotificationInfo extends MBeanNotificationInfo implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から ModelMBeanNotificationInfo を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
ModelMBeanNotificationInfoObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

notificationDescriptor

Descriptor notificationDescriptor
このインスタンスの適切なメタデータを含む記述子

Class javax.management.modelmbean.ModelMBeanOperationInfo extends MBeanOperationInfo implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から ModelMBeanOperationInfo を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
ModelMBeanOperationInfoObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

operationDescriptor

Descriptor operationDescriptor
このインスタンスの適切なメタデータを含む記述子

Class javax.management.modelmbean.XMLParseException extends Exception implements Serializable

直列化メソッド

readObject

private void readObject(ObjectInputStream in)
                 throws IOException,
                        ClassNotFoundException
ObjectInputStream から XMLParseException を直列化復元します。

例外:
IOException
ClassNotFoundException

writeObject

private void writeObject(ObjectOutputStream out)
                  throws IOException
XMLParseExceptionObjectOutputStream に直列化します。

例外:
IOException
直列化されたフィールド

パッケージ javax.management.monitor

Class javax.management.monitor.MonitorNotification extends Notification implements Serializable

serialVersionUID: -4608189663661929204L

直列化されたフィールド

observedObject

ObjectName observedObject
モニター通知。監視対象のオブジェクト

observedAttribute

String observedAttribute
モニター通知。監視対象の属性

derivedGauge

Object derivedGauge
モニター通知。派生ゲージ

trigger

Object trigger
モニター通知解除機構。この値は、この通知をオフにしたしきい値または文字列 (モニターの型によって異なる) を保存するために使用される

Class javax.management.monitor.MonitorSettingException extends JMRuntimeException implements Serializable

serialVersionUID: -8807913418190202007L


パッケージ javax.management.openmbean

Class javax.management.openmbean.ArrayType extends OpenType implements Serializable

serialVersionUID: 720504429830309770L

直列化されたフィールド

dimension

int dimension
この ArrayType インスタンスによって記述される配列の次元

elementType

OpenType elementType
この ArrayType インスタンスによって記述される配列内に含まれる要素値の「公開型」

Class javax.management.openmbean.CompositeDataSupport extends Object implements Serializable

serialVersionUID: 8003518976613702244L

直列化されたフィールド

contents

SortedMap<K,V> contents
項目名とその値のマッピングの内部表現。要素を高速で取得するためには SortedMap が使用される

compositeType

CompositeType compositeType
この「複合データ」インスタンスの「複合型」

Class javax.management.openmbean.CompositeType extends OpenType implements Serializable

serialVersionUID: -5366242454346948798L

直列化されたフィールド

nameToDescription

TreeMap<K,V> nameToDescription
項目名とその記述子のソート済みマッピング

nameToType

TreeMap<K,V> nameToType
項目名とその公開型のソート済みマッピング

Class javax.management.openmbean.InvalidKeyException extends IllegalArgumentException implements Serializable

serialVersionUID: 4224269443946322062L

Class javax.management.openmbean.InvalidOpenTypeException extends IllegalArgumentException implements Serializable

serialVersionUID: -2837312755412327534L

Class javax.management.openmbean.KeyAlreadyExistsException extends IllegalArgumentException implements Serializable

serialVersionUID: 1845183636745282866L

Class javax.management.openmbean.OpenDataException extends JMException implements Serializable

serialVersionUID: 8346311255433349870L