Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

無効なコンポーネントを識別する

Oracle ILOM プロンプトから show disabled コマンドを実行して、ユーザーによって意図的に無効にされているコンポーネント、または障害が原因で自動的に無効になっているコンポーネントを識別できます。

  1. Oracle ILOM プロンプトで、次を入力します。
    -> show disabled
    Target                             | Property       | Value
    -----------------------------------+----------------+--------------------
    ...
    /SYS/MB/CM0/CMP  | disable_reason | Configuration Rules
    ...
  2. 無効なコンポーネントに関する追加情報については、show -t コマンドと Oracle ILOM ターゲットを入力します。

    診断ソフトウェアによって表示されるコンポーネント名を参照してください。

    例:

    -> show -t /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM
    Target                             | Property               | Value
    -----------------------------------+------------------------+------------
    ...
    /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM  | type                   | DIMM
    /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM  | ipmi name              | P0/M3/B0/C1/D0
    /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM  | requested_config_state | Enabled
    /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM  | current_config_state   | Enabled
    /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM  | disable_reason         | Configuration Rules
    /SYS/MB/CM0/CMP/MR3/BOB0/CH1/DIMM  | fru_name               | 8192MB DDR4 SDRAM DIMM
    ...

関連情報