Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

障害のある DIMM を特定する (Oracle ILOM)

Oracle ILOM show faulty コマンドは、DIMM エラーを含む現在の障害を表示します。

  1. Oracle ILOM プロンプトで、次を入力します。
    -> show faulty
    Target              | Property          | Value
    --------------------+-------------------+-------------------
    /SP/faultmgmt/0     | fru               | /SYS/MB/CM0/CMP/MR0/BOB1/CH0/DIMM
    /SP/faultmgmt/0     | timestamp         | Dec 21 16:40:56
    /SP/faultmgmt/0/    | timestamp         | Dec 21 16:40:56 faults/0
    /SP/faultmgmt/0/    | sp_detected_fault | /SYS/MB/CM0/CMP/MR0/BOB1/CH0/DIMM
    faults/0            |                   | Forced fail(POST)
    
  2. リスト表示された名前に対応する DIMM を見つけます。

    メモリーライザーと DIMM の FRU 名を参照してください。

    この例では、/SYS/MB/CM0/CMP/MR1/BOB1/CH0/DIMM は、電源装置から 2 番目に遠いメモリーライザー、およびハンドルが白くスロットが黒いスロット内の DIMM を示しています。

関連情報