Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

障害のある DIMM を特定する (LED)

各メモリーライザーには、障害検知ボタン、電源 LED、および各 DIMM の隣に障害 LED があります。この手順では、これらのボタンと LED を使用して、障害の発生した DIMM を特定する方法について説明します。

  1. DIMM スロットにアクセスできるようにします。
    1. 保守作業の準備をします。

      保守の準備を参照してください。

    2. メモリーライザーを取り外します。

      メモリーライザーを取り外すを参照してください。

  2. 障害検知ボタンを押し、障害の発生した DIMM が取り付けられているメモリーライザーを特定します。
  3. 障害の発生したメモリーライザーを持ち上げて取り外します。
  4. メモリーライザーの障害検知ボタンを押し、障害の発生した DIMM を特定します。

    障害の発生した DIMM の横の障害 LED は、オレンジ色で点灯します。


    image:メモリーライザーと識別したコンポーネントを示す画像。
    番号
    LED
    説明
    1
    DIMM 障害 LED
    オレンジ色
    メモリーライザーの障害検知ボタンを押すと、障害が発生しているか、または構成が誤っている各 DIMM を特定します。
    2
    DIMM スロット
    各スロットの中央にノッチを合わせることで、DIMM を確実に正しい向きにできます。
    3
    メモリーライザー電源 LED
    緑色
    オレンジ色
    メモリーライザーが正常に動作していることを示します。
    ライザーに障害が発生していることを示します。
    4
    メモリーライザー障害検知ボタン
    青色
    このボタンを押すと、障害の発生した DIMM や構成が誤っている DIMM を特定できます。

    注 -  サーバーが DIMM 障害を検出すると、フロントパネルおよび背面パネルの保守要求 LED も点灯します。

関連情報