Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

SPM の取り付け

SPM の交換は、資格を持ったサービス要員のみが実施する必要があるコールドサービス手順です。この手順を実行する前に、サーバーの電源を完全に切断する必要があります。


Caution

注意  -  この手順では、ESD に弱いコンポーネントを扱う必要があるため、サーバーコンポーネントに障害が発生する可能性があります。


  1. SPM の、爪に合わせる位置を示すステッカーの付いている側を下にして斜めに傾け、マザーボードの SPM 用の爪に合わせます (パネル 1)。
    image:マザーボード上への SPM の取り付けを示す図。
  2. SPM がソケットに完全に装着されるまで、真下に向かって SPM を押します (パネル 2)。
  3. サーバーを稼働状態に戻します。

    サーバーの再稼働を参照してください。

  4. サーバーの電源を入れる前に、端末または端末エミュレータ (PC またはワークステーション) を SPM の SER MGT ポートに接続します。

    手順については、『サーバー設置』を参照してください。

    SPM ファームウェアが既存のホストファームウェアと互換性がないことが交換した SPM で検出された場合は、その後のアクションが中止され、次のメッセージが表示されます。

    Unrecognized Chassis: This module is installed in an unknown or
    unsupported chassis. You must upgrade the firmware to a newer
    version that supports this chassis.
    

    注 -  SPM またはマザーボードを交換する場合は、常にサーバー上のファームウェアを更新して、2 つのコンポーネント内のファームウェア部分で整合性を保持します。
  5. SPM NET MGT ポートをネットワークにアクセスできるように構成し、NET MGT ポートを使用して SPM にログインします。

    ネットワークの構成手順については、『サーバー管理』および Oracle ILOM のドキュメントを参照してください。

  6. システムファームウェアをダウンロードします。

    サーバー管理』または Oracle ILOM のドキュメントに記載されているファームウェアのダウンロード手順に従ってください。


    注 -  SPM の交換前にインストールされたファームウェアバージョンも含めて、サポートされているすべてのシステムファームウェアバージョンをロードできます。
  7. SPM を交換する場合は、https://support.oracle.com の My Oracle Support からハードウェアと Oracle Solaris バージョンのフォールバックミニルートイメージをダウンロードします。

    次に、『Oracle ILOM 構成および保守用管理者ガイド』の SP からホストへの新しい Solaris ミニルートパッケージのアップロードに関するセクションの手順に従います。

  8. 前の手順でバックアップした SPM の構成情報を復元します。

    Oracle ILOM プロンプトで、次を入力します。

    -> cd /SP/config
    -> load -source uritarget
    

    ここでは、uriで使用できる値は、tftp、ftp、sftp、scp、http、https です。

    target は、構成情報を格納した場所です。例:

    -> load -source tftp://129.99.99.99/pathname
  9. 新しい SPM で時間と日付を設定します。
    -> set SP/clock datetime
  10. サーバーの電源を入れます。

    サーバーの電源を投入する (Oracle ILOM)または サーバーの電源を投入する (システム電源ボタン)を参照してください。

  11. SPM を検証します。

    SPM の検証を参照してください。

関連情報