Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

DIMM を取り外す

これは、お客様自身で実施できるコールドサービス手順です。この手順を実行する前に、サーバーの電源を完全に切断してください。


Caution

注意  -  この手順では、ESD に弱いコンポーネントを扱う必要があるため、サーバーコンポーネントに障害が発生する可能性があります。


  1. DIMM スロットにアクセスできるようにします。
    1. 保守作業の準備をします。

      保守の準備を参照してください。

    2. メモリーライザーを取り外します。

      メモリーライザーを取り外すを参照してください。

  2. 障害が発生しているか、または構成が誤っている DIMM を特定するため、メモリーライザー上の障害検知ボタンを押します。

    障害のある DIMM を特定する (LED)を参照してください。

  3. 障害 LED がオレンジ色で点灯している DIMM では、その DIMM を取り外します。
    image:メモリーライザーからの DIMM の取り外しを示す図。
    1. 両側の DIMM スロット取り外し爪を、止まるまで押し下げます。
    2. DIMM を慎重にまっすぐ持ち上げます。

    Caution

    注意  -  メモリーライザーまたは DIMM を取り外す場合は、必ず別のメモリーライザーまたは DIMM と交換してください。そうしない場合、通気が十分に確保されないためにサーバーが加熱する可能性があります。


  4. DIMM をメモリーライザーに取り付けて、メモリーライザーをサーバーに戻します。

    DIMM を取り付けるを参照してください。

関連情報