Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

障害が発生したコンポーネントを識別する

fmadm faulty コマンドは、PSH によって検出された障害のリストを表示します。このコマンドは、ホストから、または Oracle ILOM 障害管理シェルを通じて実行できます。

  1. Oracle ILOM プロンプトから、障害管理シェルを起動して fmadm faulty と入力します。

    この例では、Oracle ILOM 障害管理シェルを介して障害を確認する方法を示します。Oracle ILOM プロンプトで show faulty と入力して障害を確認することもできます。

    -> start /SP/faultmgmt/shell
    Are you sure you want to start /SP/faultmgmt/shell (y/n)? y
     
    faultmgmtsp> fmadm faulty
    ------------------- ------------------------------------ -------------- -------
    Time                UUID                                 msgid          Severity
    ------------------- ------------------------------------ -------------- -------
    2015-01-16/17:55:26 f4ee56c-9fdd-ca19-efb5-ae39675dfee3  SPT-8000-PX    Major
     
    Problem Status   : open
    Diag Engine      : fdd 1.0
    System
      Manufacturer   : Oracle Corporation
      Name           : SPARC T7-2
      Part_Number    : 12345678+11+1
      Serial_Number  : 1238BDC0DF
     
    ----------------------------------------
    Suspect 1 of 1
      Fault class  : fault.component.misconfigured
      Certainty    : 100%
      Affects      : /SYS/MB/CM1/CMP/MR3/BOB1/CH1/DIMM
      Status       : faulted
      FRU
         Status      : faulty
         Location    : /SYS/MB/CM1/CMP/MR3/BOB1/CH1/DIMM
         Manufacturer      : Hynix Semiconductor Inc.
         Name              : 8192MB DDR4 SDRAM DIMM
         Part_Number       : 70xx001,HMA4xxR7MFRxx-TFT7
         Revision          : 01
         Serial_Number     : 465769T+02xxx102WR
         Chassis
            Manufacturer   : Oracle Corporation
            Name           : SPARC T7-2
            Part_Number    : 12345678+13+2
            Serial_Number  : 1248DC140
     
    Description : A FRU has been inserted into a location where it is not
                  supported.
     
    Response    : The service required LED on the chassis may be illuminated.
     
    Impact      : The FRU may not be usable in its current location.
     
    Action      : Please refer to the associated reference document at
                  http://support.oracle.com/msg/SPT-8000-PX for the latest
                  service procedures and policies regarding this diagnosis.
    faultmgmtsp>
     
     
    

    この例では、次の詳細を示す障害が表示されています。

    • 障害の日付と時間 (2015-01-16/17:55:26)。

    • UUID (f4ee56c-9fdd-ca19-efb5-ae39675dfee3)。これは、障害ごとに固有です。

    • メッセージ ID (SPT-8000-PX)。これは、ナレッジベースの記事から障害の詳細情報を入手するために使用できます。

  2. メッセージ ID を使用して、このタイプの障害に関する詳細情報を入手します。
    1. コンソールの出力からメッセージ ID を入手します (上の例では SPT-8000-PX)。
    2. https://support.oracle.com にアクセスして、「ナレッジ」タブでメッセージ ID を検索するか、「アクション」フィールドの URL をブラウザに入力します。
  3. 推奨されるアクションに従って、障害を修復します。
  4. 必要に応じて、障害を手動でクリアします。

    障害を手動でクリアするを参照してください。

関連情報