Go to main content

SPARC T7-2 サーバーサービスマニュアル

印刷ビューの終了

更新: 2016 年 6 月
 
 

DIMM を検証する

  1. Oracle ILOM プロンプトで、show faulty と入力します。
    • 出力に POST で検出された障害が表示された場合は、Step 4 に進みます。
    • ホストで検出された障害を示す UUID が出力に表示される場合は、直接 Step 5 に進みます。
  2. set コマンドを使用して、POST で無効になった DIMM を有効にします。

    ほとんどの場合、障害のある DIMM の交換は、SPM の電源を入れ直したときに検出されます。このような場合は、障害がサーバーから自動的にクリアされます。show faulty で障害が引き続き表示される場合は、set コマンドでそれがクリアされます。

    -> set /SYS/MB/CM0/CMP/MR0/BOB1/CH0/DIMM requested_config_state=Enabled
    Set 'requested_config_state' to 'Disabled' 
    
  3. ホストで検出された障害については、次の手順を実行して新しい DIMM を検証します。
    1. POST が保守モードで実行されるように、仮想キースイッチを diag に設定します。
      -> set /HOST keyswitch_state=Diag
      Set 'keyswitch_state' to 'Diag'
      
    2. サーバーの電源を切ってすぐに入れ直します。
      -> stop /System
      Are you sure you want to stop /System (y/n)? y
      Stopping /System
      -> start /System
      Are you sure you want to start /System (y/n)? y
      Starting /System
      
    3. ホストの電源が切断されているかどうかを確認します。

      1 分ほど待ってからこの手順を実行してください。show /HOST コマンドを入力します。ホストの電源が切断されると、コンソールに status=Powered Off と表示されます。

    4. システムコンソールに切り替えて、POST 出力を表示します。

      POST 出力で、可能性がある障害メッセージを監視します。次の出力は、POST で障害が検出されなかったことを示しています。

      -> start /HOST/console
      ...
      0:0:0>INFO:
      0:0:0>    POST Passed all devices.
      0:0:0>POST:    Return to VBSC.
      0:0:0>Master set ACK for vbsc runpost command and spin...
      

      注 -  この時点でサーバーが自動的にブートすることがあります。その場合は、Step 3.f に進みます。サーバーが OpenBoot プロンプト (ok) のままの場合は、次のステップに進みます。
    5. サーバーが OpenBoot プロンプトのままの場合は、boot と入力します。
    6. 仮想キースイッチを通常モードに戻します。
      -> set /HOST keyswitch_state=Normal
      Set 'keyswitch_state' to 'Normal'
      
    7. システムコンソールに切り替えて、次を入力します。
      # fmadm faulty
      

      なんらかの障害が報告された場合は、障害が発生したコンポーネントを識別するに記載されている診断手順を参照してください。

  4. Oracle ILOM のコマンドシェルに切り替えます。
  5. 次のように入力します。
    -> show faulty
    Target              | Property               | Value
    --------------------+------------------------+-------------------------------
    /SP/faultmgmt/0     | fru                    | /SYS/MB/CMP0/CMP/MR0/BOB1/CH0/DIMM
    /SP/faultmgmt/0     | timestamp              | Nov 18 16:02:56
    /SP/faultmgmt/0/    | sunw-msg-id            | SPSUN4V-8000-CQ
    faults/0            |                        |
    /SP/faultmgmt/0/    | uuid                   | 7c7efb20-3333-e2d7-b8ea-986b3e9dbaa9
    faults/0            |                        | 
    /SP/faultmgmt/0/    | timestamp              | Nov 18 16:02:56 
    faults/0            |                        |
    

    show faulty コマンドで UUID の障害が報告される場合は、Step 6 に進みます。show faulty で UUID の障害が報告されない場合、検証プロセスは終了します。

  6. システムコンソールに切り替えて、fmadm repair コマンドに UUID を指定して入力します。

    Oracle ILOM の show faulty コマンドの出力で表示されたものと同じ UUID を使用します。

    # fmadm repair 7c7efb20-3333-e2d7-b8ea-986b3e9dbaa9
    

関連情報