このリリースの『Oracle Databaseリファレンス』での変更

この章では、『Oracle Databaseリファレンス』での変更を示します。

Oracle Database Release 19c、Version 19.16での変更点

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.16では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.13での変更点

新しいAEアナリティック・ビュー

Oracle Databaseリリース19c、バージョン19.13では、AE (すべてのエディション)アナリティック・ビューが導入されています。新しい各AEアナリティック・ビューは、既存の非AEのアナリティック・ビューに対応しています。AEビューには、対応する非AEの列と同じ列に加え、エディション化オブジェクトが定義されているアプリケーション・エディションの名前を表示する列があります。

次の表に、アナリティック・ビューのビュー、属性ディメンションのビューおよび階層ビューの3つのカテゴリに分かれる、新しいAEアナリティック・ビューを示します。簡潔にするために、ALL_ビューのみがリストされます。対応するDBA_ビューおよびUSER_ビューも使用可能であり、このガイドに記載されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.11での変更点

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.11では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.11では、次の静的データ・ディクショナリ・ビューが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.10での変更点

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.10では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.10では、次の静的データ・ディクショナリ・ビューが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.6での変更点

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.6では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.4での変更点

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.4では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1での変更点

この項では、Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1のOracle Databaseリファレンスでの変更点をリストします。

このリリースの新機能の完全なリストは、Oracle Database新機能ガイドを参照してください。

新機能

この項では、Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1のこのマニュアルでの新機能をリストします。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

ノート:

これらの初期化パラメータの詳細は、初期化パラメータを参照してください。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1では、次の静的データ・ディクショナリ・ビューが新しく追加されています。

ノート:

これらの静的データ・ディクショナリ・ビューの詳細は、「静的データ・ディクショナリ・ビュー」を参照してください。

Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1では、次の動的パフォーマンス・ビューが新しく追加されています。

ノート:

これらの動的パフォーマンス・ビューの詳細は、「GV$ビュー」および「動的パフォーマンス・ビュー」を参照してください

非推奨となった機能

次の機能は、Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1では非推奨であり、将来のリリースではサポートされなくなる可能性があります。

サポート対象外機能

次の機能は、Oracle Databaseリリース19c, バージョン19.1ではサポートが終了しました。

  • Oracle Data Guard REDOトランスポートのLOG_ARCHIVE_DEST_n初期化パラメータのMAX_CONNECTIONS属性

  • EXAFUSION_ENABLED初期化パラメータ

  • O7_DICTIONARY_ACCESSIBILITY初期化パラメータ

  • Oracle Streamsのサポートは終了しました。そのため、次のビューのサポートが終了しました。
    • ALL_STREAMS_COLUMNS
    • ALL_STREAMS_MESSAGE_RULES
    • ALL_STREAMS_RULES
    • ALL_STREAMS_UNSUPPORTED
    • DBA_STREAMS_ADMINISTRATOR
    • DBA_STREAMS_COLUMNS
    • DBA_STREAMS_MESSAGE_RULES
    • DBA_STREAMS_RULES
    • DBA_STREAMS_SPLIT_MERGE
    • DBA_STREAMS_SPLIT_MERGE_HIST
    • DBA_STREAMS_STMTS
    • DBA_STREAMS_STMT_HANDLERS
    • DBA_STREAMS_TRANSFORMATIONS
    • DBA_STREAMS_UNSUPPORTED
    • V$STREAMS_CAPTURE
    • V$STREAMS_MESSAGE_TRACKING
    • V$STREAMS_TRANSACTION

Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1での変更点

この項では、Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1Oracle Databaseリファレンスでの変更点をリストします。

このリリースの新機能の完全なリストは、『Oracle Database新機能ガイド』を参照してください。

新機能

この項では、Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1のこのマニュアルでの新機能について説明します。

Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1では、次の初期化パラメータが新しく追加されています。

関連項目:

これらの初期化パラメータの詳細は、「初期化パラメータ」を参照してください。

Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1では、次の静的データ・ディクショナリ・ビューが新しく追加されています。

関連項目:

これらの静的データ・ディクショナリ・ビューの詳細は、「静的データ・ディクショナリ・ビュー」を参照してください。

Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1では、次の動的パフォーマンス・ビューが新しく追加されています。

関連項目:

これらの動的パフォーマンス・ビューの詳細は、「動的パフォーマンス・ビュー」を参照してください。

非推奨となった機能

次の機能は、Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1では非推奨であり、将来のリリースではサポートされなくなる可能性があります。

  • Oracle Data Guard REDOトランスポートのLOG_ARCHIVE_DEST_n初期化パラメータのMAX_CONNECTIONS属性

サポート対象外機能

次の機能は、Oracle Databaseリリース18c, バージョン18.1ではサポートが終了しました。

  • STANDBY_ARCHIVE_DEST初期化パラメータ

  • UTL_FILE_DIR初期化パラメータ