JavaTM Platform
Standard Ed. 6
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z _

C

C - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
Engineering C、17 x 22 in. の MediaType インスタンスです。
C - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.Engineering の static 変数
技術規格の C サイズ、つまり横 17 inch、縦 22 inch を指定します。
C - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSizeName の static 変数
C サイズ
C0 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C0 の別名です。
C1 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C1 の別名です。
C10 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C10 の別名です。
C14NMethodParameterSpec - javax.xml.crypto.dsig.spec の インタフェース
CanonicalizationMethod アルゴリズム用のアルゴリズムパラメータの仕様です。
C2 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C2 の別名です。
C3 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C3 の別名です。
C3 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.ISO の static 変数
ISO の C3 サイズ、つまり横 324 mm、縦 458 mm を指定します。
C4 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C4 の別名です。
C4 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.ISO の static 変数
ISO の C4 サイズ、つまり横 229 mm、縦 324 mm を指定します。
C5 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C5 の別名です。
C5 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.ISO の static 変数
ISO の C5 サイズ、つまり横 162 mm、縦 229 mm を指定します。
C6 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C6 の別名です。
C6 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.ISO の static 変数
ISO の C6 サイズ、つまり横 114 mm、縦 162 mm を指定します。
C7 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C7 の別名です。
C8 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C8 の別名です。
C9 - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
ISO_C9 の別名です。
cachedChildren() - クラス java.util.prefs.AbstractPreferences のメソッド
このノードの削除されていない既知の子をすべて返します。
cachedMinimumSize - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI の変数
 
CachedRowSet - javax.sql.rowset の インタフェース
CachedRowSet のすべての標準実装が実装しなければならないインタフェースです。
cacheIcon(File, Icon) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.BasicFileView のメソッド
 
cacheMBeanInfo(MBeanInfo) - クラス javax.management.StandardMBean のメソッド
カスタマイズフック:このオブジェクト用に構築された MBeanInfo をキャッシュに入れます。
CacheRequest - java.net の クラス
リソースを ResponseCache 内に格納するためのチャネルを表します。
CacheRequest() - クラス java.net.CacheRequest のコンストラクタ
 
CacheResponse - java.net の クラス
ResponseCache からリソースを取得するためのチャネルを表します。
CacheResponse() - クラス java.net.CacheResponse のコンストラクタ
 
calcRect - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI の変数
実行中に多くの新規 Rectangle が構築されるのを防ぐため、一般のレイアウト計算に使用される矩形です。
calculateAlignedPositions(int, SizeRequirements, SizeRequirements[], int[], int[]) - クラス javax.swing.SizeRequirements の static メソッド
コンポーネントのセットを指定の揃え方でレイアウトする方法を表す、多くのオフセット/スパンのペアを作成します。
calculateAlignedPositions(int, SizeRequirements, SizeRequirements[], int[], int[], boolean) - クラス javax.swing.SizeRequirements の static メソッド
コンポーネントのセットを指定の揃え方でレイアウトする方法を表す、多くのオフセット/スパンのペアを作成します。
calculateBreakPosition(int, int) - クラス javax.swing.text.WrappedPlainView のメソッド
このメソッドは、入れ子のラップされた行ビューによって分割位置を指定するために呼び出されます。
calculateContentRect() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateFocusRect() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateGeometry() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateIndex(CompositeData) - インタフェース javax.management.openmbean.TabularData のメソッド
この TabularData インスタンスに、指定された複合データ value パラメータを参照するために使用されるインデックスが追加されている場合、このインデックスを計算します。
calculateIndex(CompositeData) - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularData インスタンスに、指定された複合データ value パラメータを参照するために使用されるインデックスが追加されている場合、このインデックスを計算します。
calculateInnerArea(JComponent, Rectangle) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
r 内で指定されたコンポーネントの内部ペイント領域の位置とサイズを格納し、r を返します。
calculateLabelRect() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateLayoutInfo() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayout のメソッド
 
calculateMajorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
主軸 axis のサイズ要件を計算します。
calculateMajorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.html.BlockView のメソッド
主軸 (タイリングの基準にある軸) に沿ったブロックの必要サイズを計算します。
calculateMaxTabHeight(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateMaxTabHeight(int) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateMaxTabWidth(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateMinorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
副軸 axis のサイズ要件を計算します。
calculateMinorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.FlowView のメソッド
副軸の必要サイズを計算します。
calculateMinorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.html.BlockView のメソッド
副軸 (タイリングされた軸に直角の軸) に沿ったブロックの必要サイズを計算します。
calculateMinorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.html.ParagraphView のメソッド
短軸方向に沿った段落に対する必要量を計算します。
calculateMinorAxisRequirements(int, SizeRequirements) - クラス javax.swing.text.TableView のメソッド
副軸の必要サイズを計算します。
calculateSize(boolean) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayout のメソッド
 
calculateTabAreaHeight(int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateTabAreaWidth(int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateTabHeight(int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateTabRects(int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI.TabbedPaneLayout のメソッド
 
calculateTabWidth(int, int, FontMetrics) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
calculateThumbLocation() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateThumbSize() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateTickRect() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateTiledPositions(int, SizeRequirements, SizeRequirements[], int[], int[]) - クラス javax.swing.SizeRequirements の static メソッド
コンポーネントのセットを端から端までレイアウトする方法を表す、多くのオフセット/スパンのペアを作成します。
calculateTiledPositions(int, SizeRequirements, SizeRequirements[], int[], int[], boolean) - クラス javax.swing.SizeRequirements の static メソッド
コンポーネントのセットを端から端までレイアウトする方法を表す、多くのオフセット/スパンのペアを作成します。
calculateTrackBuffer() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calculateTrackRect() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
calendar - クラス java.text.DateFormat の変数
日付と時刻のフォーマットを行うためのタイムフィールドの値を生成するために DateFormat が使用するカレンダです。
Calendar - java.util の クラス
Calendar クラスは、特定の時点と YEARMONTHDAY_OF_MONTHHOUR などのカレンダフィールドセット間の変換、および次週の日付の取得などのカレンダフィールド操作を行うための abstract クラスです。
Calendar() - クラス java.util.Calendar のコンストラクタ
デフォルトのタイムゾーンおよびロケールを使用して Calendar を作成します。
Calendar(TimeZone, Locale) - クラス java.util.Calendar のコンストラクタ
指定されたタイムゾーンおよびロケールを使用してカレンダを作成します。
call() - インタフェース java.util.concurrent.Callable のメソッド
結果を計算するか、計算できない場合は例外をスローします。
call() - インタフェース javax.tools.JavaCompiler.CompilationTask のメソッド
このコンパイルタスクを実行します。
call(SOAPMessage, Object) - クラス javax.xml.soap.SOAPConnection のメソッド
指定のメッセージを指定の端点に送信し、応答が返るまでブロックします。
Callable<V> - java.util.concurrent の インタフェース
結果を返し、例外をスローすることがあるタスクです。
callable(Runnable, T) - クラス java.util.concurrent.Executors の static メソッド
呼び出し時に、指定されたタスクを実行し、指定された結果を返す、Callable オブジェクトを返します。
callable(Runnable) - クラス java.util.concurrent.Executors の static メソッド
呼び出し時に、指定されたタスクを実行し、null を返す、Callable オブジェクトを返します。
callable(PrivilegedAction<?>) - クラス java.util.concurrent.Executors の static メソッド
呼び出し時に、指定された特権付きタスクを実行し、その結果を返す、Callable オブジェクトを返します。
callable(PrivilegedExceptionAction<?>) - クラス java.util.concurrent.Executors の static メソッド
呼び出し時に、指定された特権付き例外アクションを実行し、その結果を返す、Callable オブジェクトを返します。
CallableStatement - java.sql の インタフェース
SQL ストアドプロシージャーを実行するのに使用されるインタフェースです。
Callback - javax.security.auth.callback の インタフェース
  このインタフェースの実装は CallbackHandler に渡され、ユーザー名やパスワードといった特定の認証データを取得したり、エラーや警告のメッセージといった特定の情報を表示したりするために、基本セキュリティーサービスが呼び出し元アプリケーションとやりとりできるようになります。
CallbackHandler - javax.security.auth.callback の インタフェース
  基本セキュリティーサービスがユーザー名やパスワードなどの特定の認証データを取得したり、エラーや警告メッセージなどの特定の情報を表示したりできるように、アプリケーションは CallbackHandler を実装して、基本セキュリティーサービスに渡します。
CANADA - クラス java.util.Locale の static 変数
国に使用する定数です。
CANADA_FRENCH - クラス java.util.Locale の static 変数
国に使用する定数です。
cancel() - クラス java.awt.print.PrinterJob のメソッド
実行中の印刷ジョブを取り消します。
cancel() - クラス java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
このキーのセレクタへの登録を解除することを要求します。
cancel() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelectionKey のメソッド
このキーを取り消します。
cancel() - インタフェース java.sql.Statement のメソッド
DBMS およびドライバの両方が SQL 文の終了をサポートする場合に、この Statement オブジェクトを取り消します。
cancel(boolean) - インタフェース java.util.concurrent.Future のメソッド
このタスクの実行の取り消しを試みます。
cancel(boolean) - クラス java.util.concurrent.FutureTask のメソッド
 
cancel() - クラス java.util.Timer のメソッド
現在スケジュールされているタスクを破棄して、このタイマーを終了します。
cancel() - クラス java.util.TimerTask のメソッド
このタイマータスクを取り消します。
cancel() - インタフェース javax.print.CancelablePrintJob のメソッド
これ以降の印刷ジョブの処理を中止します。
CANCEL - クラス javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback の static 変数
CANCEL オプションです。
cancel(boolean) - クラス javax.swing.SwingWorker のメソッド
このタスクの実行の取り消しを試みます。
CANCEL_OPTION - クラス javax.swing.JFileChooser の static 変数
[cancel] が選択された場合の戻り値です。
CANCEL_OPTION - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
「CANCEL」が選択された場合にクラスメソッドから返される値です。
CANCEL_SELECTION - クラス javax.swing.JFileChooser の static 変数
現在の選択を取り消す命令です。
CancelablePrintJob - javax.print の インタフェース
このインタフェースは、印刷ジョブを取り消す際に印刷アプリケーションにより使用されます。
cancelButtonMnemonic - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
cancelButtonText - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
cancelButtonToolTipText - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
cancelCellEditing() - クラス javax.swing.AbstractCellEditor のメソッド
fireEditingCanceled を呼び出します。
cancelCellEditing() - インタフェース javax.swing.CellEditor のメソッド
編集を取り消して一部編集済みの値を受け付けないようにエディタに通知します。
cancelCellEditing() - クラス javax.swing.DefaultCellEditor のメソッド
CellEditor からのメッセージを delegate に転送します。
cancelCellEditing() - クラス javax.swing.DefaultCellEditor.EditorDelegate のメソッド
編集を取り消します。
cancelCellEditing() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
メッセージとして cancelCellEditingrealEditor に送り、このインスタンスから削除します。
CANCELED - クラス javax.print.attribute.standard.JobState の static 変数
ユーザー側の操作でジョブが取り消され、プリンタがジョブの取り消しを完了し、すべてのジョブ状態属性がジョブの最終値に設定されています。
cancelEditing() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
現在の編集セッションを取り消します。
cancelEditing(JTree) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
現在の編集セッションを取り消します。
cancelEditing(JTree) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTreeUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で cancelEditing メソッドを呼び出します。
cancelEditing(JTree) - クラス javax.swing.plaf.TreeUI のメソッド
現在の編集セッションを取り消します。
cancelLatestCommittedText(AttributedCharacterIterator.Attribute[]) - インタフェース java.awt.im.InputMethodRequests のメソッド
テキスト編集コンポーネントから最新の確定テキストを取得して、コンポーネントのテキスト本体からそのテキストを削除します。
CancellationException - java.util.concurrent の 例外
FutureTask などの値を生成するタスクの結果を、そのタスクが取り消されたために取得できないことを示す例外です。
CancellationException() - 例外 java.util.concurrent.CancellationException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CancellationException を構築します。
CancellationException(String) - 例外 java.util.concurrent.CancellationException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CancellationException を構築します。
CancelledKeyException - java.nio.channels の 例外
すでに無効になった選択キーを使用しようとしたときにスローされるチェックされない例外です。
CancelledKeyException() - 例外 java.nio.channels.CancelledKeyException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
cancelledKeys() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelector のメソッド
このセレクタの取り消されたキーセットを取得します。
cancelRowUpdates() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
この ResultSet オブジェクトの現在の行に対して行った更新を取り消します。
cancelSelection() - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
ユーザーが [Cancel] ボタンをクリックしたときに UI によって呼び出されます。
canDecodeInput(Object) - クラス javax.imageio.spi.ImageReaderSpi のメソッド
指定されたソースオブジェクトがこのリーダーでサポートされる形式であると見なされる場合に true を返します。
canDisplay(char) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font が指定された文字のグリフを持つかどうかを判定します。
canDisplay(int) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font が指定された文字のグリフを持つかどうかを判定します。
canDisplayUpTo(String) - クラス java.awt.Font のメソッド
指定された String を、この Font で表示できるかどうかを示します。
canDisplayUpTo(char[], int, int) - クラス java.awt.Font のメソッド
指定された text 内の start から始まり limit で終わる文字列を、この Font で表示できるかどうかを示します。
canDisplayUpTo(CharacterIterator, int, int) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font で、start から始まり limit で終わる iter によって指定されたテキストを表示できるかどうかを示します。
canDock(Component, Point) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
canEdit - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor の変数
Java 2 プラットフォーム 1.4 では、このフィールドは使われなくなりました。
canEditImmediately(EventObject) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
eventnull の場合、true を返します。
canEncode() - クラス java.nio.charset.Charset のメソッド
この文字セットがエンコーディングをサポートするかどうかを判断します。
canEncode(char) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
このエンコーダが指定された文字をエンコードできるかどうかを判断します。
canEncode(CharSequence) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
このエンコーダが指定された文字シーケンスをエンコードできるかどうかを判断します。
canEncodeImage(ImageTypeSpecifier) - クラス javax.imageio.spi.ImageWriterSpi のメソッド
このサービスプロバイダに関連する ImageWriter 実装が、指定されたレイアウトでイメージをエンコードできる場合は、true を返します。
canEncodeImage(RenderedImage) - クラス javax.imageio.spi.ImageWriterSpi のメソッド
このサービスプロバイダに関連する ImageWriter 実装が、指定された RenderedImage インスタンスをエンコードできる場合は、true を返します。
canExecute() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルをアプリケーションが実行できるかどうかを判定します。
canFilterIndexColorModel - クラス java.awt.image.RGBImageFilter の変数
この boolean 型は、IndexColorModel オブジェクトのカラーテーブルエントリに対して、filterRGB メソッドのカラーフィルタ処理を、ピクセル単位のフィルタ処理の代わりに使用できるかどうかを示します。
canImport(TransferHandler.TransferSupport) - クラス javax.swing.TransferHandler のメソッド
このメソッドは、開発者が転送のプロパティーの設定や、転送が可能かどうかの判断をできるようにするため、ドラッグ&ドロップ操作中に繰り返し呼び出されます。
canImport(JComponent, DataFlavor[]) - クラス javax.swing.TransferHandler のメソッド
コンポーネントが実際に一連のデータフレーバのインポートを試みる前に、データフレーバのインポートを受け入れるかどうかを示します。
canInsertEmpty(int) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
指定されたインデックスでの新規の空イメージの挿入を書き込み側がサポートする場合、true を返します。
canInsertImage(int) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
指定されたインデックスでの新規イメージの挿入を書き込み側がサポートする場合、true を返します。
canNodeAppear(String, ImageTypeSpecifier) - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat のメソッド
要素とその下のサブツリーを、ImageTypeSpecifier で定義された、指定されたタイプのイメージのメタデータドキュメントに表示できる場合は、true を返します。
canNodeAppear(String, ImageTypeSpecifier) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImpl のメソッド
 
CannotProceed - org.omg.CosNaming.NamingContextPackage の 例外
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/CannotProceed.java。
CannotProceed() - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceed のコンストラクタ
 
CannotProceed(NamingContext, NameComponent[]) - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceed のコンストラクタ
 
CannotProceed(String, NamingContext, NameComponent[]) - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceed のコンストラクタ
 
CannotProceedException - javax.naming の 例外
この例外は、オペレーションをこれ以上進められない名前のポイントにオペレーションが達したことを示すためにスローされます。
CannotProceedException(String) - 例外 javax.naming.CannotProceedException のコンストラクタ
説明を使用して、CannotProceedException の新しいインスタンスを構築します。
CannotProceedException() - 例外 javax.naming.CannotProceedException のコンストラクタ
CannotProceedException の新しいインスタンスを構築します。
CannotProceedHelper - org.omg.CosNaming.NamingContextPackage の クラス
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/CannotProceedHelper.java。
CannotProceedHelper() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceedHelper のコンストラクタ
 
CannotProceedHolder - org.omg.CosNaming.NamingContextPackage の クラス
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/CannotProceedHolder.java。
CannotProceedHolder() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceedHolder のコンストラクタ
 
CannotProceedHolder(CannotProceed) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceedHolder のコンストラクタ
 
CannotRedoException - javax.swing.undo の 例外
UndoableEdit が redo() を実行するように命令されたが、実行できない場合にスローされます。
CannotRedoException() - 例外 javax.swing.undo.CannotRedoException のコンストラクタ
 
CannotUndoException - javax.swing.undo の 例外
UndoableEdit が undo() を実行するように命令されたが、実行できない場合にスローされます。
CannotUndoException() - 例外 javax.swing.undo.CannotUndoException のコンストラクタ
 
canOffsetTiles - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
この ImageWriteParam でタイリンググリッド座標パラメータを設定できる場合に、true となる boolean です。
canOffsetTiles() - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
書き込み側が書き込み中に 0 以外のグリッド座標でタイリングを実行できる場合に、true を返します。
CANON_EQ - クラス java.util.regex.Pattern の static 変数
正規等価を有効にします。
CANONICAL - クラス javax.security.auth.x500.X500Principal の static 変数
Distinguished Name の正規の String 形式です。
CANONICAL_DECOMPOSITION - クラス java.text.Collator の static 変数
分解モード値です。
CanonicalizationMethod - javax.xml.crypto.dsig の インタフェース
W3C Recommendation for XML-Signature Syntax and Processing」で定義されている XML CanonicalizationMethod 要素の表現。
canonicalize(Oid) - インタフェース org.ietf.jgss.GSSName のメソッド
特定の機構に対して標準化される名前を作成します。
canPathsBeAdded(TreePath[]) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
TreePath の特定の設定が追加できるかどうか判定するために使用します。
canPathsBeRemoved(TreePath[]) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
モデルの連続性を壊さずにパスを削除できる場合に true を返します。
canRead() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルをアプリケーションが読み込めるかどうかを判定します。
canReadRaster() - クラス javax.imageio.ImageReader のメソッド
このプラグインがピクセルデータの Raster だけの読み込みをサポートする場合、true を返します。
canRedo() - クラス javax.swing.undo.AbstractUndoableEdit のメソッド
この編集結果が alive であり、hasBeenDonefalse である場合に true を返します。
canRedo() - クラス javax.swing.undo.CompoundEdit のメソッド
isInProgress が false である場合、またはスーパークラスが false を返す場合は false を返します。
canRedo() - インタフェース javax.swing.undo.UndoableEdit のメソッド
この編集内容を再実行できる場合は true を返します。
canRedo() - クラス javax.swing.undo.UndoManager のメソッド
編集結果を再実行できる場合は true を返します。
canRemoveImage(int) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
書き込み側が、指定されたインデックスでの既存イメージの削除をサポートする場合、true を返します。
canReplaceImageMetadata(int) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
既存のイメージに関連付けられたイメージメタデータを、インデックス imageIndex に置き換えることができる場合、true を返します。
canReplacePixels(int) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
書き込み側で、replacePixels メソッドを使用して、指定されたイメージのピクセルの置き換えを許可する場合、true を返します。
canReplaceStreamMetadata() - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
すでに出力に存在するストリームメタデータを置き換えられる場合、true を返します。
canSetParameter(String, Object) - インタフェース org.w3c.dom.DOMConfiguration のメソッド
特定の値に対してパラメータを設定することがサポートされているかどうかをチェックします。
canSetSourceRenderSize - クラス javax.imageio.ImageReadParam の変数
この ImageReadParam がソースの描画寸法を設定できる場合は true です。
canSetSourceRenderSize() - クラス javax.imageio.ImageReadParam のメソッド
この読み取り側が、復号化プロセスの一部として、setSourceRenderSize メソッドによって、ソースイメージを任意のサイズで描画できるようにする場合、true を返します。
canUndo() - クラス javax.swing.undo.AbstractUndoableEdit のメソッド
この編集結果が alive であり、hasBeenDonefalse である場合に true を返します。
canUndo() - クラス javax.swing.undo.CompoundEdit のメソッド
isInProgress が false である場合、またはスーパークラスが false を返す場合は false を返します。
canUndo() - インタフェース javax.swing.undo.UndoableEdit のメソッド
この編集結果を取り消せる場合は true を返します。
canUndo() - クラス javax.swing.undo.UndoManager のメソッド
編集結果を取り消せる場合は true を返します。
canUndoOrRedo() - クラス javax.swing.undo.UndoManager のメソッド
undo または redo を呼び出せる場合は true を返します。
canUseCacheFile() - クラス javax.imageio.spi.ImageInputStreamSpi のメソッド
このサービスプロバイダに関連する ImageInputStream 実装が、パフォーマンスやメモリー消費を改善するためにキャッシュファイルを必要に応じて使用できる場合、true を返します。
canUseCacheFile() - クラス javax.imageio.spi.ImageOutputStreamSpi のメソッド
このサービスプロバイダに関連する ImageOutputStream 実装が、パフォーマンスやメモリー消費を改善するために必要に応じてキャッシュ File を使用できる場合、true を返します。
Canvas - java.awt の クラス
Canvas コンポーネントは、アプリケーションが描画したり、ユーザーからの入力イベントをトラップしたりすることができる空白の矩形の画面領域を表します。
Canvas() - クラス java.awt.Canvas のコンストラクタ
新しいキャンバスを構築します。
Canvas(GraphicsConfiguration) - クラス java.awt.Canvas のコンストラクタ
GraphicsConfiguration オブジェクトを指定して、新しい Canvas を構築します。
CANVAS - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
イベントに描画可能で、イベントをトラップするのに使用されるオブジェクトです。
Canvas.AccessibleAWTCanvas - java.awt の クラス
このクラスは Canvas クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
Canvas.AccessibleAWTCanvas() - クラス java.awt.Canvas.AccessibleAWTCanvas のコンストラクタ
 
canWrite() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルをアプリケーションが変更できるかどうかを判定します。
canWriteCompressed - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
この書き込み側が、圧縮を使用してイメージを書き込みできる場合に、true となる boolean です。
canWriteCompressed() - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
この書き込み側が圧縮をサポートする場合、true を返します。
canWriteEmpty() - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
未定義のピクセル値を持つ 1 つのイメージと、関連付けられたメタデータとサムネールから成る、完全なイメージストリームの出力への書き込みを書き込み側がサポートする場合、true を返します。
canWriteProgressive - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
この ImageWriteParam で、品質パスを増加させる段階的な処理として、イメージの書き込みができる場合に、true となる boolean です。
canWriteProgressive() - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
品質を段階的に向上させる一連のパスとして、書き込み側が出力イメージを書き出すことができる場合に true を返します。
canWriteRasters() - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
IIOImage パラメータを取るメソッドが、(RenderedImage に対して) Raster ソースイメージを処理できる場合、true を返します。
canWriteSequence() - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
すでにヘッダー情報を含み、以前のイメージである可能性を持つイメージストリームに、書き込み側がイメージを追加できる場合、true を返します。
canWriteTiles - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
この ImageWriteParam でタイルの幅と高さのパラメータを設定できる場合に、true となる boolean です。
canWriteTiles() - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
書き込み側が書き込み中にタイリングを実行できる場合、true を返します。
CAP_BUTT - クラス java.awt.BasicStroke の static 変数
装飾を付けずに、閉じられていない部分輪郭線および破線セグメントを終了します。
CAP_ROUND - クラス java.awt.BasicStroke の static 変数
ペン幅の半分の長さを半径とした丸い装飾を付けて、閉じられていない部分輪郭線および破線セグメントを終了します。
CAP_SQUARE - クラス java.awt.BasicStroke の static 変数
ライン幅の半分の長さに等しい距離だけセグメントの先端を延長する正方形を付けて、閉じられていない部分輪郭線および破線セグメントを終了します。
capacity() - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
capacity() - クラス java.nio.Buffer のメソッド
このバッファーの容量を返します。
capacity() - クラス java.util.Vector のメソッド
Vector の現在の容量を返します。
capacity() - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
このリストの現在の容量を返します。
capacityIncrement - クラス java.util.Vector の変数
Vector のサイズが Vector の容量を超えるときに自動的に増やされる量です。
capacityIncrement - クラス javax.management.monitor.Monitor の static 変数
モニター配列のサイズが容量より大きくなったとき自動的に増加する容量です。
caps - クラス java.awt.Component.BltBufferStrategy の変数
バッファー機能
caps - クラス java.awt.Component.FlipBufferStrategy の変数
バッファー機能
CAPS_LOCK - クラス java.awt.Event の static 変数
Caps Lock キーです。
CAPTION - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
capture(TypeMirror) - インタフェース javax.lang.model.util.Types のメソッド
型に取得変換を適用します。
CAPTURING_PHASE - インタフェース org.w3c.dom.events.Event の static 変数
現在のイベントフェーズはキャプチャーフェーズです。
cardinality() - クラス java.util.BitSet のメソッド
この BitSet で、true に設定されたビットの数を返します。
CardLayout - java.awt の クラス
CardLayout オブジェクトはコンテナのレイアウトマネージャーです。
CardLayout() - クラス java.awt.CardLayout のコンストラクタ
新しいカードレイアウトをサイズゼロの間隔で作成します。
CardLayout(int, int) - クラス java.awt.CardLayout のコンストラクタ
指定された水平方向および垂直方向の間隔を使って新しいカードレイアウトを作成します。
Caret - javax.swing.text の インタフェース
ドキュメントモデル内に内容を挿入できる、ドキュメントビュー内の場所を示します。
CARET_POSITION_CHANGED - クラス java.awt.event.InputMethodEvent の static 変数
インプットメソッドテキストでの挿入ポイントが変更されたことを示すイベント型です。
CaretEvent - javax.swing.event の クラス
CaretEvent は、イベントソースでテキストキャレットが変更されたことを、関係があるオブジェクトに通知するのに使用されます。
CaretEvent(Object) - クラス javax.swing.event.CaretEvent のコンストラクタ
新しい CaretEvent オブジェクトを作成します。
CaretListener - javax.swing.event の インタフェース
テキストコンポーネントのキャレット位置の変更リスナーです。
caretPositionChanged(InputMethodEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の caretPositionChanged メソッドを呼び出すことによって、caretPositionChanged イベントを処理します。
caretPositionChanged(InputMethodEvent) - インタフェース java.awt.event.InputMethodListener のメソッド
変換テキスト内のキャレットが変更されたときに呼び出されます。
caretUpdate(CaretEvent) - インタフェース javax.swing.event.CaretListener のメソッド
キャレット位置が更新されたときに呼び出されます。
caretUpdate(CaretEvent) - クラス javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
キャレット更新を処理します (AccessibleContext.ACCESSIBLE_CARET_PROPERTY と AccessibleContext.ACCESSIBLE_SELECTION_PROPERTY という適切なプロパティー変更イベントをトリガーする)。
CASE_INSENSITIVE - クラス java.util.regex.Pattern の static 変数
大文字と小文字を区別しないマッチングを有効にします。
CASE_INSENSITIVE_ORDER - クラス java.lang.String の static 変数
compareToIgnoreCase の場合と同じように String オブジェクトを順序付ける Comparator です。
cast(Object) - クラス java.lang.Class のメソッド
この Class オブジェクトが表すクラスまたはインタフェースにオブジェクトをキャストします。
catchExceptions - クラス java.awt.event.InvocationEvent の変数
true に設定した場合は、dispatch() が Throwable をキャッチしてそれを例外のインスタンス変数に格納します。
cbrt(double) - クラス java.lang.Math の static メソッド
double 値の立方根を返します。
cbrt(double) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
double 値の立方根を返します。
CDATA - インタフェース javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
CDATA - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamConstants の static 変数
イベントが CDATA セクションであることを示します。
CDATA_SECTION_ELEMENTS - クラス javax.xml.transform.OutputKeys の static 変数
このキーに対する値は 展開名 です。
CDATA_SECTION_NODE - インタフェース org.w3c.dom.Node の static 変数
ノードは CDATASection です。
CDATASection - org.w3c.dom の インタフェース
CDATA セクションは、マークアップと見なされる文字を含んだテキストブロックをエスケープするために使用されます。
ceil(double) - クラス java.lang.Math の static メソッド
引数の値以上で、計算上の整数と等しい、最小の (負の無限大にもっとも近い) double 値を返します。
ceil(double) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
引数の値以上で、計算上の整数と等しい、最小の (負の無限大にもっとも近い) double 値を返します。
ceiling(E) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のメソッド
 
ceiling(E) - インタフェース java.util.NavigableSet のメソッド
このセット内で、指定された要素と等しいかそれよりも大きい要素のなかで最小のものを返します。
ceiling(E) - クラス java.util.TreeSet のメソッド
 
ceilingEntry(K) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
指定されたキー以上の、最小のキーと関連するキーと値のマッピングを返します。
ceilingEntry(K) - インタフェース java.util.NavigableMap のメソッド
指定されたキーと等しいかそれよりも大きいキーのなかで最小のものに関連付けられた、キーと値のマッピングを返します。
ceilingEntry(K) - クラス java.util.TreeMap のメソッド
 
ceilingKey(K) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
 
ceilingKey(K) - インタフェース java.util.NavigableMap のメソッド
指定されたキーと等しいかそれよりも大きいキーのなかで最小のものを返します。
ceilingKey(K) - クラス java.util.TreeMap のメソッド
 
CELL_EDITOR_PROPERTY - クラス javax.swing.JTree の static 変数
cellEditor のバウンドプロパティー名です。
CELL_RENDERER_PROPERTY - クラス javax.swing.JTree の static 変数
cellRenderer のバウンドプロパティー名です。
CELL_RENDERER_PROPERTY - クラス javax.swing.table.TableColumn の static 変数
Java 2 プラットフォーム v1.3 で廃止されました。
CellEditor - javax.swing の インタフェース
すべての汎用エディタが実装可能なメソッドを定義します。
cellEditor - クラス javax.swing.JTable の変数
現在のセルが占める画面上の場所を上書きし、ユーザーがその内容を変更できるようにするアクティブなセルエディタオブジェクトです。
cellEditor - クラス javax.swing.JTree の変数
エントリのエディタです。
cellEditor - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI の変数
ツリーのエディタです。
cellEditor - クラス javax.swing.table.TableColumn の変数
列のデータセルを編集するために使われるエディタです。
CellEditorListener - javax.swing.event の インタフェース
CellEditorListener は、CellEditor での変更を待機するオブジェクトのインタフェースを定義します。
cellHeight - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI の変数
 
cellHeights - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI の変数
 
CELLPADDING - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
cellRenderer - クラス javax.swing.JTree の変数
ノードを描画するために使用されるセルです。
cellRenderer - クラス javax.swing.table.TableColumn の変数
列のデータセルを描画するために使われるレンダリングです。
cellRendererChanged - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI の static 変数
 
CellRendererPane - javax.swing の クラス
このクラスは、セルレンダリングとそれを使うコンポーネントの間に挿入されます。
CellRendererPane() - クラス javax.swing.CellRendererPane のコンストラクタ
CellRendererPane オブジェクトを構築します。
CellRendererPane.AccessibleCellRendererPane - javax.swing の クラス
このクラスは CellRendererPane クラス用のアクセシビリティーサポートを実装しています。
CellRendererPane.AccessibleCellRendererPane() - クラス javax.swing.CellRendererPane.AccessibleCellRendererPane のコンストラクタ
 
cellSelectionEnabled - クラス javax.swing.JTable の変数
Java 2 プラットフォーム v1.3 では使用しません。
CELLSPACING - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
cellWidth - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI の変数
 
CENTER - クラス java.awt.BorderLayout の static 変数
center のレイアウト制約 (コンテナの中央) です。
CENTER - クラス java.awt.FlowLayout の static 変数
この値は、各行のコンポーネントが中央揃えされることを示します。
CENTER - クラス java.awt.GridBagConstraints の static 変数
コンポーネントをその表示領域の中央に配置します。
CENTER - クラス java.awt.Label の static 変数
ラベルが中央揃えされることを示します。
CENTER - クラス javax.swing.border.TitledBorder の static 変数
タイトルテキストをボーダーラインの中央に配置します。
CENTER - インタフェース javax.swing.SwingConstants の static 変数
領域内の中央位置です。
CENTER - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
CENTER_ALIGNMENT - クラス java.awt.Component の static 変数
getAlignmentY および getAlignmentX 用の便利な定数です。
CENTER_BASELINE - クラス java.awt.Font の static 変数
テキストを配置するときに、中国語、日本語、および韓国語などの表意文字の書体で使用されるベースラインです。
CENTER_BASELINE - クラス java.awt.font.GraphicAttribute の static 変数
グラフィックの原点を行のセンターベースラインに揃えて配置します。
centersChildren - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI.ButtonAreaLayout の変数
true の場合、子供は親の中にひとまとめにされます。
Certificate - java.security.cert の クラス
 さまざまな身元証明書を管理する abstract クラスです。
Certificate(String) - クラス java.security.cert.Certificate のコンストラクタ
指定されたタイプの証明書を作成します。
Certificate - java.security の インタフェース
推奨されていません。 Java プラットフォームでは、証明書を扱う新しいパッケージが作成されました。この Certificate インタフェースの使用は推奨されません。 新しいパッケージへの円滑な移行のために残されています。
Certificate - javax.security.cert の クラス
 さまざまな身元証明書を管理する abstract クラスです。
Certificate() - クラス javax.security.cert.Certificate のコンストラクタ
 
Certificate.CertificateRep - java.security.cert の クラス
直列化の代替 Certificate クラスです。
Certificate.CertificateRep(String, byte[]) - クラス java.security.cert.Certificate.CertificateRep のコンストラクタ
Certificate 型と Certificate 符号化バイトで代替 Certificate クラスを構築します。
CertificateEncodingException - java.security.cert の 例外
証明書の符号化例外です。
CertificateEncodingException() - 例外 java.security.cert.CertificateEncodingException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateEncodingException を構築します。
CertificateEncodingException(String) - 例外 java.security.cert.CertificateEncodingException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateEncodingException を構築します。
CertificateEncodingException(String, Throwable) - 例外 java.security.cert.CertificateEncodingException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ CertificateEncodingException を作成します。
CertificateEncodingException(Throwable) - 例外 java.security.cert.CertificateEncodingException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null :cause.toString()) を持つ、SignatureException を作成します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
CertificateEncodingException - javax.security.cert の 例外
証明書の符号化例外です。
CertificateEncodingException() - 例外 javax.security.cert.CertificateEncodingException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateEncodingException を構築します。
CertificateEncodingException(String) - 例外 javax.security.cert.CertificateEncodingException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateEncodingException を構築します。
CertificateException - java.security.cert の 例外
この例外は、証明書に関するさまざまな問題の 1 つを示します。
CertificateException() - 例外 java.security.cert.CertificateException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない CertificateException を構築します。
CertificateException(String) - 例外 java.security.cert.CertificateException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateException を構築します。
CertificateException(String, Throwable) - 例外 java.security.cert.CertificateException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ CertificateException を作成します。
CertificateException(Throwable) - 例外 java.security.cert.CertificateException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null :cause.toString()) を持つ、SignatureException を作成します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
CertificateException - javax.security.cert の 例外
この例外は、証明書に関するさまざまな問題の 1 つを示します。
CertificateException() - 例外 javax.security.cert.CertificateException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない CertificateException を構築します。
CertificateException(String) - 例外 javax.security.cert.CertificateException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateException を構築します。
CertificateExpiredException - java.security.cert の 例外
証明書の期限切れの例外です。
CertificateExpiredException() - 例外 java.security.cert.CertificateExpiredException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateExpiredException を構築します。
CertificateExpiredException(String) - 例外 java.security.cert.CertificateExpiredException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateExpiredException を構築します。
CertificateExpiredException - javax.security.cert の 例外
証明書の期限切れの例外です。
CertificateExpiredException() - 例外 javax.security.cert.CertificateExpiredException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateExpiredException を構築します。
CertificateExpiredException(String) - 例外 javax.security.cert.CertificateExpiredException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateExpiredException を構築します。
CertificateFactory - java.security.cert の クラス
証明書ファクトリの機能を定義します。
CertificateFactory(CertificateFactorySpi, Provider, String) - クラス java.security.cert.CertificateFactory のコンストラクタ
指定されたタイプの CertificateFactory オブジェクトを作成し、指定されたプロバイダの実装 (SPI オブジェクト) をそこにカプセル化します。
CertificateFactorySpi - java.security.cert の クラス
CertificateFactory クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
CertificateFactorySpi() - クラス java.security.cert.CertificateFactorySpi のコンストラクタ
 
CertificateNotYetValidException - java.security.cert の 例外
証明書がまだ有効ではないことを示す例外です。
CertificateNotYetValidException() - 例外 java.security.cert.CertificateNotYetValidException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateNotYetValidException を構築します。
CertificateNotYetValidException(String) - 例外 java.security.cert.CertificateNotYetValidException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateNotYetValidException を構築します。
CertificateNotYetValidException - javax.security.cert の 例外
証明書がまだ有効ではないことを示す例外です。
CertificateNotYetValidException() - 例外 javax.security.cert.CertificateNotYetValidException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateNotYetValidException を構築します。
CertificateNotYetValidException(String) - 例外 javax.security.cert.CertificateNotYetValidException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateNotYetValidException を構築します。
CertificateParsingException - java.security.cert の 例外
証明書構文解析例外です。
CertificateParsingException() - 例外 java.security.cert.CertificateParsingException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateParsingException を構築します。
CertificateParsingException(String) - 例外 java.security.cert.CertificateParsingException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateParsingException を構築します。
CertificateParsingException(String, Throwable) - 例外 java.security.cert.CertificateParsingException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ CertificateParsingException を作成します。
CertificateParsingException(Throwable) - 例外 java.security.cert.CertificateParsingException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null :cause.toString()) を持つ、SignatureException を作成します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
CertificateParsingException - javax.security.cert の 例外
証明書構文解析例外です。
CertificateParsingException() - 例外 javax.security.cert.CertificateParsingException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertificateParsingException を構築します。
CertificateParsingException(String) - 例外 javax.security.cert.CertificateParsingException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertificateParsingException を構築します。
certificates() - クラス java.security.Identity のメソッド
推奨されていません。 このアイデンティティーに対するすべての証明書のコピーを返します。
CertPath - java.security.cert の クラス
不変な証明書のシーケンス (証明書パス) です。
CertPath(String) - クラス java.security.cert.CertPath のコンストラクタ
指定されたタイプの CertPath を作成します。
CertPath.CertPathRep - java.security.cert の クラス
直列化の代替 CertPath クラスです。
CertPath.CertPathRep(String, byte[]) - クラス java.security.cert.CertPath.CertPathRep のコンストラクタ
証明書パスの、指定されたタイプと符号化された形式で CertPathRep を作成します。
CertPathBuilder - java.security.cert の クラス
証明書パス (証明書チェーンとも呼ばれる) を構築するためのクラスです。
CertPathBuilder(CertPathBuilderSpi, Provider, String) - クラス java.security.cert.CertPathBuilder のコンストラクタ
指定されたアルゴリズムの CertPathBuilder オブジェクトを作成し、指定されたプロバイダの実装 (SPI オブジェクト) をそこにカプセル化します。
CertPathBuilderException - java.security.cert の 例外
CertPathBuilder で証明書パスを構築するときに検出されるさまざまな問題の 1 つを表す例外です。
CertPathBuilderException() - 例外 java.security.cert.CertPathBuilderException のコンストラクタ
詳細メッセージとして null を指定して CertPathBuilderException を作成します。
CertPathBuilderException(String) - 例外 java.security.cert.CertPathBuilderException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertPathBuilderException を作成します。
CertPathBuilderException(Throwable) - 例外 java.security.cert.CertPathBuilderException のコンストラクタ
指定したスロー可能なオブジェクトをラップする CertPathBuilderException を作成します。
CertPathBuilderException(String, Throwable) - 例外 java.security.cert.CertPathBuilderException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ CertPathBuilderException を作成します。
CertPathBuilderResult - java.security.cert の インタフェース
証明書パス構築アルゴリズムの結果の仕様です。
CertPathBuilderSpi - java.security.cert の クラス
CertPathBuilder クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
CertPathBuilderSpi() - クラス java.security.cert.CertPathBuilderSpi のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
CertPathParameters - java.security.cert の インタフェース
証明書パスアルゴリズムのパラメータ仕様です。
CertPathTrustManagerParameters - javax.net.ssl の クラス
CertPathParameters のラッパーです。
CertPathTrustManagerParameters(CertPathParameters) - クラス javax.net.ssl.CertPathTrustManagerParameters のコンストラクタ
指定されたパラメータから、新しい CertPathTrustManagerParameters を構築します。
CertPathValidator - java.security.cert の クラス
証明書パス (証明書チェーンとも呼ばれる) の妥当性を検査するためのクラスです。
CertPathValidator(CertPathValidatorSpi, Provider, String) - クラス java.security.cert.CertPathValidator のコンストラクタ
指定されたアルゴリズムの CertPathValidator オブジェクトを作成し、指定されたプロバイダの実装 (SPI オブジェクト) をそこにカプセル化します。
CertPathValidatorException - java.security.cert の 例外
証明書パスの妥当性を検査するときに検出されるさまざまな問題の 1 つを表す例外です。
CertPathValidatorException() - 例外 java.security.cert.CertPathValidatorException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CertPathValidatorException を作成します。
CertPathValidatorException(String) - 例外 java.security.cert.CertPathValidatorException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertPathValidatorException を作成します。
CertPathValidatorException(Throwable) - 例外 java.security.cert.CertPathValidatorException のコンストラクタ
指定したスロー可能なオブジェクトをラップする CertPathValidatorException を作成します。
CertPathValidatorException(String, Throwable) - 例外 java.security.cert.CertPathValidatorException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ CertPathValidatorException を作成します。
CertPathValidatorException(String, Throwable, CertPath, int) - 例外 java.security.cert.CertPathValidatorException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージ、原因、証明書パス、およびインデックスを持つ CertPathValidatorException を作成します。
CertPathValidatorResult - java.security.cert の インタフェース
証明書パス検査アルゴリズムの結果の仕様です。
CertPathValidatorSpi - java.security.cert の クラス
CertPathValidator クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
CertPathValidatorSpi() - クラス java.security.cert.CertPathValidatorSpi のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
CertSelector - java.security.cert の インタフェース
Certificate を選択する条件のセットを定義するセレクタです。
CertStore - java.security.cert の クラス
リポジトリから CertificateCRL を取得するクラスです。
CertStore(CertStoreSpi, Provider, String, CertStoreParameters) - クラス java.security.cert.CertStore のコンストラクタ
指定された型の CertStore オブジェクトを作成し、指定されたプロバイダの実装 (SPI オブジェクト) をそこにカプセル化します。
CertStoreException - java.security.cert の 例外
CertStore から証明書と CRL を取得するときのさまざまな問題の 1 つを表す例外です。
CertStoreException() - 例外 java.security.cert.CertStoreException のコンストラクタ
詳細メッセージとして null を指定して CertStoreException を作成します。
CertStoreException(String) - 例外 java.security.cert.CertStoreException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CertStoreException を作成します。
CertStoreException(Throwable) - 例外 java.security.cert.CertStoreException のコンストラクタ
指定したスロー可能なオブジェクトをラップする CertStoreException を作成します。
CertStoreException(String, Throwable) - 例外 java.security.cert.CertStoreException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ CertStoreException を作成します。
CertStoreParameters - java.security.cert の インタフェース
CertStore パラメータの仕様です。
CertStoreSpi - java.security.cert の クラス
CertStore クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
CertStoreSpi(CertStoreParameters) - クラス java.security.cert.CertStoreSpi のコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
CHANGE - クラス javax.swing.event.DocumentEvent.EventType の static 変数
Change 型です。
change(int, int, AbstractDocument.DefaultDocumentEvent) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementBuffer のメソッド
コンテンツを変更します。
CHANGED - クラス java.awt.dnd.DragSourceContext の static 変数
ユーザー操作が変更されたことを示す、updateCurrentCursor() で使用される int です。
ChangedCharSetException - javax.swing.text の 例外
ChangedCharSetException は、名前が示すとおり、文字セットが変更されたときにスローされる例外です。
ChangedCharSetException(String, boolean) - 例外 javax.swing.text.ChangedCharSetException のコンストラクタ
 
changedUpdate(DocumentEvent) - インタフェース javax.swing.event.DocumentListener のメソッド
属性または属性セットが変更されたことを通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.FlowView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(FlowView, DocumentEvent, Rectangle) - クラス javax.swing.text.FlowView.FlowStrategy のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.GlyphView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.html.BlockView のメソッド
 
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.html.ImageView のメソッド
Elements 属性の変更時に呼び出されます。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.html.InlineView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent) - クラス javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
ドキュメントの削除を処理します (AccessibleContext.ACCESSIBLE_TEXT_PROPERTY という適切なプロパティー変更イベントをトリガーする)。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.LabelView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.ParagraphView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.PlainView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.View のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changedUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.WrappedPlainView のメソッド
このビューが扱う位置で属性が変更されたことをドキュメントから通知します。
changeEvent - クラス javax.swing.AbstractButton の変数
ChangeEvent の唯一の状態はソースプロパティーなので、ボタンの各インスタンスに必要なこのイベントは 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.AbstractCellEditor の変数
 
changeEvent - クラス javax.swing.colorchooser.DefaultColorSelectionModel の変数
イベントの唯一の状態 (読み込み専用) はソースプロパティーなので、各モデルインスタンスに必要な ChangeEvent は 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.DefaultBoundedRangeModel の変数
イベントの唯一の状態 (読み込み専用) はソースプロパティーなので、各モデルインスタンスに必要な ChangeEvent は 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.DefaultButtonModel の変数
ChangeEvent の唯一の状態はソースプロパティーなので、ボタンモデルの各インスタンスに必要なこのイベントは 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.DefaultSingleSelectionModel の変数
 
ChangeEvent - javax.swing.event の クラス
ChangeEvent は、イベントソースで状態が変更されたことを、関係があるオブジェクトに通知するために使用されます。
ChangeEvent(Object) - クラス javax.swing.event.ChangeEvent のコンストラクタ
ChangeEvent オブジェクトを構築します。
changeEvent - クラス javax.swing.JProgressBar の変数
ChangeEvent は、インスタンスごとに 1 つだけ必要です。
changeEvent - クラス javax.swing.JSlider の変数
ChangeEvent の唯一の状態 (読み取り専用) はソースプロパティーなので、スライダのインスタンスに必要なこのイベントは 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.JTabbedPane の変数
読み取り専用である ChangeEvent の状態は常にソースプロパティーであるため、TabPane の各インスタンスに必要なイベントは 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.MenuSelectionManager の変数
ChangeEvent の唯一の状態はソースプロパティーなので、ボタンモデルの各インスタンスに必要なこのイベントは 1 つだけです。
changeEvent - クラス javax.swing.table.DefaultTableColumnModel の変数
変更イベントです (1 つだけ必要)。
changeEvent - クラス javax.swing.text.DefaultCaret の変数
モデルの変更を示すイベントです。
changeEvent - クラス javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle の変数
イベント専用の (読み込み専用) 状態がソースプロパティーなので、必要な ChangeEvent の数はモデルインスタンスごとに 1 つです。
changeHighlight(Object, int, int) - クラス javax.swing.text.DefaultHighlighter のメソッド
ハイライトを変更します。
changeHighlight(Object, int, int) - インタフェース javax.swing.text.Highlighter のメソッド
指定されたハイライトを、ドキュメントの異なる部分を占めるように変更します。
changeInfo - クラス javax.naming.event.NamingEvent の変数
このイベントを生成した変更情報を含みます。
changeListener - クラス javax.swing.AbstractButton の変数
ボタンのモデルの changeListener です。
ChangeListener - javax.swing.event の インタフェース
ChangeEvent を待機するリスナーオブジェクトを定義します。
changeListener - クラス javax.swing.JProgressBar の変数
進捗バーのモデルから送られた変更イベントを待機し、この進捗バーに登録された変更イベントリスナーにふたたびディスパッチします。
changeListener - クラス javax.swing.JSlider の変数
changeListener (接尾辞なし) はスライダのモデルに追加するリスナーです。
changeListener - クラス javax.swing.JTabbedPane の変数
changeListener は、モデルに追加するリスナーです。
changeListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI の変数
 
changeListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuUI の変数
 
changeListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI の変数
 
changeListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
changeSelection(int, int, boolean, boolean) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
toggleextend の 2 つのフラグの状態によって、テーブルの選択モデルを更新します。
changeShape(Dimension, Dimension, Dimension) - クラス javax.swing.Box.Filler のメソッド
この形状のサイズの必要条件を変更します。
changeSupport - クラス javax.swing.AbstractAction の変数
PropertyChangeListeners が登録されている場合、changeSupport フィールドがそれらを記述します。
changeSupport - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel の変数
メッセージを受け取る登録済みリスナーのために使います。
changeToParentDirectory() - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
現在のディレクトリの親に設定されるディレクトリを変更します。
changeUpdate() - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementBuffer のメソッド
ドキュメントへの変更に対応して、要素の構造を更新します。
Channel - java.nio.channels の インタフェース
入出力操作に関係するチャネルです。
channel() - クラス java.nio.channels.FileLock のメソッド
このロックが保持されているファイルを持つファイルチャネルを返します。
channel() - クラス java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
作成されたこのキーのチャネルを返します。
channel - クラス javax.sound.midi.VoiceStatus の変数
このボイスが演奏されている MIDI チャネルです。
CHANNEL_PRESSURE - クラス javax.sound.midi.ShortMessage の static 変数
チャネルプレッシャー (アフタータッチ) メッセージのコマンド値 (0xD0 または 208) です。
ChannelBinding - org.ietf.jgss の クラス
このクラスは、呼び出し側から提供されるチャネルバインディング情報の概念をカプセル化します。
ChannelBinding(InetAddress, InetAddress, byte[]) - クラス org.ietf.jgss.ChannelBinding のコンストラクタ
ユーザーが入力したアドレス情報とデータを使用して、ChannelBinding オブジェクトを作成します。
ChannelBinding(byte[]) - クラス org.ietf.jgss.ChannelBinding のコンストラクタ
アドレス指定情報を使用しないで ChannelBinding オブジェクトを作成します。
Channels - java.nio.channels の クラス
チャネルとストリームのためのユーティリティーメソッドです。
channels - クラス javax.sound.sampled.AudioFormat の変数
この形式のオーディオチャネル数 (モノ用に 1 つ、ステレオ用に 2 つ) です。
CHAR - クラス java.sql.Types の static 変数
 Java プログラミング言語の定数で、型コードとも呼ばれ、総称 SQL 型 CHAR を識別します。
CHAR_REPLACEMENT - クラス java.awt.font.TextAttribute の static 変数
文字のフォントの標準グリフの代わりに表示する、ユーザー定義のグリフを表す属性キーです。
CHAR_UNDEFINED - クラス java.awt.event.KeyEvent の static 変数
有効な Unicode 文字にマッピングしない KEY_PRESSED イベントおよび KEY_RELEASED イベントは、keyChar の値としてこの定数を使用します。
Character - java.lang の クラス
Character クラスは、プリミティブ型 char の値をオブジェクトにラップします。
Character(char) - クラス java.lang.Character のコンストラクタ
指定された char 値を表す、新しく割り当てられた Character オブジェクトを構築します。
CHARACTER - インタフェース javax.accessibility.AccessibleText の static 変数
取り出す必要のあるテキストの一部が文字であることを示すのに使用する定数です。
CHARACTER - クラス javax.management.openmbean.SimpleType の static 変数
Java クラス名が java.lang.Character の値を記述する SimpleType インスタンスです。
Character.Subset - java.lang の クラス
このクラスのインスタンスは、Unicode 文字セットの特定のサブセットを表します。
Character.Subset(String) - クラス java.lang.Character.Subset のコンストラクタ
新規 Subset のインスタンスを生成します。
Character.UnicodeBlock - java.lang の クラス
Unicode 仕様で定義されている文字ブロックを表す文字サブセットのファミリ。
CHARACTER_SET_ENCODING - クラス javax.xml.soap.SOAPMessage の static 変数
SOAP メッセージの文字タイプエンコーディングを指定します。
CharacterCodingException - java.nio.charset の 例外
文字のエンコードエラーやデコードエラーが発生したときにスローされるチェック例外です。
CharacterCodingException() - 例外 java.nio.charset.CharacterCodingException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
CharacterData - org.w3c.dom の インタフェース
CharacterData インタフェースは、属性とメソッドのセットを追加して Node を拡張することにより、DOM 内の文字データにアクセスできるようにします。
CharacterIterator - java.text の インタフェース
このインタフェースは、テキストにおける双方向の反復のプロトコルを定義します。
Characters - javax.xml.stream.events の インタフェース
Characters イベントに対するインタフェースを記述します。
CHARACTERS - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamConstants の static 変数
イベントが文字であることを示します。
characters(char[], int, int) - インタフェース org.xml.sax.ContentHandler のメソッド
文字データの通知を受け取ります。
characters(char[], int, int) - インタフェース org.xml.sax.DocumentHandler のメソッド
推奨されていません。 文字データの通知を受け取ります。
characters(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.HandlerBase のメソッド
推奨されていません。 要素内の文字データの通知を受け取ります。
characters(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.DefaultHandler のメソッド
要素内の文字データの通知を受け取ります。
characters(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
アダプタ実装メソッドは呼び出しません。
characters(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
文字データイベントをフィルタリングします。
characters(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
SAX2 の文字イベントを適応させます。
CharArrayReader - java.io の クラス
文字入力ストリームとして使用する文字バッファーを実装します。
CharArrayReader(char[]) - クラス java.io.CharArrayReader のコンストラクタ
指定された文字の配列から CharArrayReader を作成します。
CharArrayReader(char[], int, int) - クラス java.io.CharArrayReader のコンストラクタ
指定された文字の配列から CharArrayReader を作成します。
CharArrayWriter - java.io の クラス
Writer として使用する文字バッファーを実装します。
CharArrayWriter() - クラス java.io.CharArrayWriter のコンストラクタ
CharArrayWriter を新しく作成します。
CharArrayWriter(int) - クラス java.io.CharArrayWriter のコンストラクタ
指定された初期サイズで CharArrayWriter を新しく作成します。
charAt(int) - インタフェース java.lang.CharSequence のメソッド
指定されたインデックス位置にある char 値を返します。
charAt(int) - クラス java.lang.String のメソッド
指定されたインデックス位置にある char 値を返します。
charAt(int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
charAt(int) - クラス java.nio.CharBuffer のメソッド
現在位置からの相対位置として指定されたインデックス位置にある文字を読み込みます。
charAt(int) - クラス javax.swing.text.Segment のメソッド
指定されたインデックス位置にある char 値を返します。
charAttr - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument.HTMLReader の変数
 
CharBuffer - java.nio の クラス
文字バッファーです。
CharConversionException - java.io の 例外
文字変換で発生する例外の基底クラスです。
CharConversionException() - 例外 java.io.CharConversionException のコンストラクタ
詳細メッセージを提供しません。
CharConversionException(String) - 例外 java.io.CharConversionException のコンストラクタ
詳細メッセージを提供しません。
charCount(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字 (Unicode コードポイント) を表すのに必要な char 値の数を判定します。
CharHolder - org.omg.CORBA の クラス
Char のホルダーです。
CharHolder() - クラス org.omg.CORBA.CharHolder のコンストラクタ
value フィールドが 0 に初期化された新しい CharHolder オブジェクトを構築します。
CharHolder(char) - クラス org.omg.CORBA.CharHolder のコンストラクタ
指定されたcharCharHolder オブジェクトを新たに構築します。
CharSeqHelper - org.omg.CORBA の クラス
CharSeq のヘルパーです。
CharSeqHelper() - クラス org.omg.CORBA.CharSeqHelper のコンストラクタ
 
CharSeqHolder - org.omg.CORBA の クラス
CharSeq のホルダーです。
CharSeqHolder() - クラス org.omg.CORBA.CharSeqHolder のコンストラクタ
 
CharSeqHolder(char[]) - クラス org.omg.CORBA.CharSeqHolder のコンストラクタ
 
CharSequence - java.lang の インタフェース
CharSequencechar 値の読むことのできる文字シーケンスです。
Charset - java.nio.charset の クラス
16 ビット Unicode コード単位のシーケンスとバイトシーケンス間の指定マップです。
Charset(String, String[]) - クラス java.nio.charset.Charset のコンストラクタ
正規名と別名のセットを使って、新しい文字セットを初期化します。
charset() - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
このデコーダを生成した文字セットを返します。
charset() - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
このエンコーダを作成した文字セットを返します。
CharsetDecoder - java.nio.charset の クラス
特定の文字セットで表現されたバイトシーケンスを 16 ビット Unicode 文字のシーケンスに変換するエンジンです。
CharsetDecoder(Charset, float, float) - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のコンストラクタ
新しいデコーダを初期化します。
CharsetEncoder - java.nio.charset の クラス
16 ビット Unicode 文字のシーケンスを特定の文字セットで表現されたバイトシーケンスに変換するエンジンです。
CharsetEncoder(Charset, float, float, byte[]) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のコンストラクタ
新しいエンコーダを初期化します。
CharsetEncoder(Charset, float, float) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のコンストラクタ
新しいエンコーダを初期化します。
charsetForName(String) - クラス java.nio.charset.spi.CharsetProvider のメソッド
指定された文字セット名に対する文字セットを取得します。
CharsetProvider - java.nio.charset.spi の クラス
文字セットサービスプロバイダクラスです。
CharsetProvider() - クラス java.nio.charset.spi.CharsetProvider のコンストラクタ
新しい文字セットプロバイダを初期化します。
charsets() - クラス java.nio.charset.spi.CharsetProvider のメソッド
このプロバイダがサポートする文字セットに対する反復子を作成します。
charStream - クラス javax.sql.rowset.BaseRowSet の変数
getCharacterStream メソッドから返される Reader オブジェクトです。
charsWidth(char[], int, int) - クラス java.awt.FontMetrics のメソッド
指定された文字配列をこの Font で表示するための有効幅の合計を返します。
charValue() - クラス java.lang.Character のメソッド
この Character オブジェクトの値を返します。
charWidth(int) - クラス java.awt.FontMetrics のメソッド
この Font の指定した文字の有効幅を返します。
charWidth(char) - クラス java.awt.FontMetrics のメソッド
この Font の指定した文字の有効幅を返します。
check(Certificate, Collection<String>) - クラス java.security.cert.PKIXCertPathChecker のメソッド
指定した証明書をその内部状態でチェックし、証明書が処理する機能拡張でクリティカルなものがあれば、解釈処理できない機能拡張を表す OID 文字列の指定したコレクションから、その機能拡張を削除します。
check(String, URL, String, MLetContent) - クラス javax.management.loading.MLet のメソッド
 このメソッドは、キャッシュ機能とバージョン管理機能をサポートするためにこのサービスを拡張するときオーバーライドされます。
CHECK_BOX - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
チェック状態を切り替えることができ、現在の状態を示す別々のインジケータを提供します。
CHECK_BOX - クラス javax.swing.plaf.synth.Region の static 変数
CheckBox 領域です。
CHECK_BOX_MENU_ITEM - クラス javax.swing.plaf.synth.Region の static 変数
CheckBoxMenuItem 領域です。
checkAccept(String, int) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたホストとポート番号からのソケット接続を受け取ることが、呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkAccess(Thread) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
呼び出し側のスレッドがスレッド引数の修正を許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkAccess(ThreadGroup) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
呼び出し側のスレッドが、スレッドグループの引数を修正することを許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkAccess() - クラス java.lang.Thread のメソッド
現在実行中のスレッドが、このスレッドを変更するためのアクセス権を持っているかどうかを判定します。
checkAccess() - クラス java.lang.ThreadGroup のメソッド
現在実行中のスレッドがこのスレッドグループを変更するアクセス権を持っているかどうかを判定します。
checkAccess() - クラス java.util.logging.LogManager のメソッド
現在のコンテキストが信頼されていてロギング構成を変更できるかどうかをチェックします。
checkAll() - クラス java.awt.MediaTracker のメソッド
このメディアトラッカーによって監視されているすべてのイメージが、ロードを完了したかどうかを判定します。
checkAll(boolean) - クラス java.awt.MediaTracker のメソッド
このメディアトラッカーによって監視されているすべてのイメージが、ロードを完了したかどうかを判定します。
checkAwtEventQueueAccess() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
AWT イベントキューへのアクセスが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
Checkbox - java.awt の クラス
チェックボックスは、「オン」 (true) または「オフ」 (false) のどちらかの状態をとることができるグラフィカルコンポーネントです。
Checkbox() - クラス java.awt.Checkbox のコンストラクタ
そのラベルが空の文字列のチェックボックスを作成します。
Checkbox(String) - クラス java.awt.Checkbox のコンストラクタ
指定されたラベルが付いたチェックボックスを作成します。
Checkbox(String, boolean) - クラス java.awt.Checkbox のコンストラクタ
指定されたラベルが付いたチェックボックスを作成し、指定された状態に設定します。
Checkbox(String, boolean, CheckboxGroup) - クラス java.awt.Checkbox のコンストラクタ
指定されたラベルが付いたチェックボックスを、指定されたチェックボックスグループに構築し、指定された状態に設定します。
Checkbox(String, CheckboxGroup, boolean) - クラス java.awt.Checkbox のコンストラクタ
指定されたラベルが付いたチェックボックスを、指定されたチェックボックスグループに生成し、指定された状態に設定します。
Checkbox.AccessibleAWTCheckbox - java.awt の クラス
このクラスは Checkbox クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
Checkbox.AccessibleAWTCheckbox() - クラス java.awt.Checkbox.AccessibleAWTCheckbox のコンストラクタ
 
CheckboxGroup - java.awt の クラス
CheckboxGroup クラスは Checkbox ボタンのグループ化に使用します。
CheckboxGroup() - クラス java.awt.CheckboxGroup のコンストラクタ
CheckboxGroup の新しいインスタンスを生成します。
CheckboxMenuItem - java.awt の クラス
このクラスは、メニューに追加できるチェックボックスを表します。
CheckboxMenuItem() - クラス java.awt.CheckboxMenuItem のコンストラクタ
空のラベルが付いた、チェックボックスメニュー項目を生成します。
CheckboxMenuItem(String) - クラス java.awt.CheckboxMenuItem のコンストラクタ
指定されたラベルが付いた、チェックボックスメニュー項目を生成します。
CheckboxMenuItem(String, boolean) - クラス java.awt.CheckboxMenuItem のコンストラクタ
指定されたラベルが付いたチェックボックスメニュー項目を、指定された状態で生成します。
CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem - java.awt の クラス
ユーザー補助機能のデフォルトサポートを提供するために使用する CheckboxMenuItem の内部クラスです。
CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem() - クラス java.awt.CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem のコンストラクタ
 
checkClientTrusted(X509Certificate[], String) - インタフェース javax.net.ssl.X509TrustManager のメソッド
ピアから提出された一部のまたは完全な証明書チェーンを使用して、信頼できるルートへの証明書パスを構築し、認証タイプに基づいてクライアント SSL 認証を検証できるかどうか、信頼できるかどうかを返します。
checkClosed() - クラス javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
ストリームが閉じられていた場合は IOException をスローします。
checkConnect(String, int) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたホストとポート番号へのソケット接続をオープンすることが、呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkConnect(String, int, Object) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたセキュリティコンテキストが、指定されたホストとポート番号へのソケット接続をオープンするアクセス権を持っていない場合に、SecurityException をスローします。
checkCreateClassLoader() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
呼び出し側のスレッドが新しいクラスローダの作成を許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkDelete(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたファイルを削除することが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
CHECKED - クラス javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクトが現在チェックされていることを示します。
CHECKED - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
checkedCollection(Collection<E>, Class<E>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたコレクションの、動的に型保証されたビューを返します。
CheckedInputStream - java.util.zip の クラス
読み込まれるデータのチェックサムも保持する入力ストリームです。
CheckedInputStream(InputStream, Checksum) - クラス java.util.zip.CheckedInputStream のコンストラクタ
指定された Checksum を使用する入力ストリームを作成します。
checkedList(List<E>, Class<E>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたリストの動的に型保証されたビューを返します。
checkedMap(Map<K, V>, Class<K>, Class<V>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたマップの動的に型保証されたビューを返します。
CheckedOutputStream - java.util.zip の クラス
書き込まれるデータのチェックサムも保持する出力ストリームです。
CheckedOutputStream(OutputStream, Checksum) - クラス java.util.zip.CheckedOutputStream のコンストラクタ
指定された Checksum を持つ出力ストリームを作成します。
checkedSet(Set<E>, Class<E>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたセットの動的に型保証されたビューを返します。
checkedSortedMap(SortedMap<K, V>, Class<K>, Class<V>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたソートマップの動的に型保証されたビューを返します。
checkedSortedSet(SortedSet<E>, Class<E>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたソートセットの動的に型保証されたビューを返します。
checkError() - クラス java.io.PrintStream のメソッド
ストリームをフラッシュし、そのエラー状況を確認します。
checkError() - クラス java.io.PrintWriter のメソッド
ストリームが閉じられていない場合は、そのストリームをフラッシュし、エラー状態をチェックします。
checkExec(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
サブプロセスの作成が呼び出し側のスレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkExit(int) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたステータスコードで Java Virtual Machine を停止させる許可を、呼び出し側のスレッドが持っていない場合に、SecurityException をスローします。
checkForClickInExpandControl(TreePath, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
mouseX および mouseYrow の展開または折りたたみの領域にある場合、このメソッドは行の展開状態を切り替えます。
checkGuard(Object) - インタフェース java.security.Guard のメソッド
ガードによって保護されたオブジェクトである object へのアクセスを許可するかどうかを決定します。
checkGuard(Object) - クラス java.security.Permission のメソッド
アクセス権のガードインタフェースを実装します。
checkHorizontalKey(int, String) - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
key 引数が horizontalAlignment プロパティーと horizontalTextPosition プロパティーにとって正当な値であるかどうかを判定します。
checkHorizontalKey(int, String) - クラス javax.swing.JLabel のメソッド
horizontalAlignment プロパティーに対してキーが正当な値であるかどうかを判定します。
checkIcon - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI の変数
 
checkID(int) - クラス java.awt.MediaTracker のメソッド
このメディアトラッカーによって監視される、指定された識別子でタグ付けされたすべてのイメージが、ロードを完了したかどうかを判定します。
checkID(int, boolean) - クラス java.awt.MediaTracker のメソッド
このメディアトラッカーによって監視される、指定された識別子でタグ付けされたすべてのイメージが、ロードを完了したかどうかを判定します。
checkImage(Image, ImageObserver) - クラス java.awt.Component のメソッド
指定されたイメージの画面表示の構築状態を返します。
checkImage(Image, int, int, ImageObserver) - クラス java.awt.Component のメソッド
指定されたイメージの画面表示の構築状態を返します。
checkImage(Image, int, int, ImageObserver) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
表示のために準備される、指定されたイメージの作成状態を示します。
checkLink(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
文字列引数ファイルで指定されたライブラリコードへの動的リンクが、呼び出し側のスレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkListen(int) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたローカルポート番号で接続要求を待機することが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkMaxDegree(int) - クラス javax.management.relation.RoleInfo のメソッド
value パラメータが最大値以下の場合は true、そうでない場合は false を返します。
checkMemberAccess(Class<?>, int) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
メンバへのアクセスが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkMinDegree(int) - クラス javax.management.relation.RoleInfo のメソッド
value パラメータが最小値以上の場合は true、そうでない場合は false を返します。
checkMulticast(InetAddress) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
IP マルチキャスト (join/leave/send/receive) の使用が呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkMulticast(InetAddress, byte) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
推奨されていません。 代わりに #checkPermission(java.security.Permission) を使用する
checkOpacity(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonListener のメソッド
 
checkPackageAccess(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
引数で指定されたパッケージへのアクセスが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkPackageDefinition(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
引数で指定されたパッケージ内のクラスを定義することが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkPainter() - クラス javax.swing.text.GlyphView のメソッド
グリフペインタが存在するかどうかを調べます。
checkPermission(Permission) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたアクセス権で要求したアクセスが、現在有効なセキュリティポリシーに照らして許可されなかった場合に SecurityException をスローします。
checkPermission(Permission, Object) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたセキュリティーコンテキストについて、指定されたアクセス権が示すリソースへのアクセスを拒否された場合に SecurityException をスローします。
checkPermission(Permission) - クラス java.security.AccessControlContext のメソッド
現在有効なセキュリティーポリシーとこのオブジェクトのコンテキストに基づいて、指定されたアクセス権によって示されるアクセス要求が許可されるか、拒否されるかを決定します。
checkPermission(Permission) - クラス java.security.AccessController の static メソッド
現在の AccessControlContext とセキュリティーポリシーに基づいて、指定されたアクセス権によって示されるアクセス要求が許可されるか拒否されるかを決定します。
checkPermission(Principal, Permission) - インタフェース java.security.acl.Acl のメソッド
指定された主体が指定されたアクセス権を持っているかどうかを判定します。
checkPermission(Permission) - インタフェース java.security.acl.AclEntry のメソッド
主体が、指定されたアクセス権を持っているかどうかを判定します。
checkPrintJobAccess() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
印刷ジョブ要求の開始が呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkPropertiesAccess() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
システムプロパティのアクセスまたは修正が呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkPropertyAccess(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
key で指定されたシステムプロパティへのアクセスが、呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkRead(FileDescriptor) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたファイル記述子からの読み取りが呼び出し側のスレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkRead(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
文字列引数で指定されたファイルの読み取りが呼び出し側のスレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkRead(String, Object) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
文字列引数で指定されたファイルを読み取る許可が、指定されたセキュリティーコンテキストにない場合に、SecurityException をスローします。
checkReadParamBandSettings(ImageReadParam, int, int) - クラス javax.imageio.ImageReader の static メソッド
ImageReadParam のソースおよびデスティネーションのバンド設定の有効性を判定するために、読み取り側が使用するユーティリティーメソッドです。
checkRoleReading(String, String) - クラス javax.management.relation.RelationService のメソッド
指定された型の関係で、指定された Role の読み取りが可能かどうかをチェックします。
checkRoleReading(String, String) - インタフェース javax.management.relation.RelationServiceMBean のメソッド
指定された型の関係で、指定された Role の読み取りが可能かどうかをチェックします。
checkRoleWriting(Role, String, Boolean) - クラス javax.management.relation.RelationService のメソッド
指定された型の関係で、指定された Role の設定が可能かどうかをチェックします。
checkRoleWriting(Role, String, Boolean) - インタフェース javax.management.relation.RelationServiceMBean のメソッド
指定された型の関係で、指定された Role の設定が可能かどうかをチェックします。
checkSecurityAccess(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたアクセス権ターゲット名のアクセス権を許可するか、あるいは拒否するかを判定します。
checkServerTrusted(X509Certificate[], String) - インタフェース javax.net.ssl.X509TrustManager のメソッド
ピアから提出された一部のまたは完全な証明書チェーンを使用して、信頼できるルートへの証明書パスを構築し、認証タイプに基づいてサーバー SSL 認証を検証できるかどうか、また信頼できるかどうかを返します。
checkSetFactory() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
ServerSocket または Socket が使用するソケットファクトリ、または URL が使用するストリームハンドラファクトリを設定することが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
Checksum - java.util.zip の インタフェース
データチェックサムを表すインタフェースです。
checkSystemClipboardAccess() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
システムクリップボードへのアクセスが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkTopLevelWindow(Object) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
window 引数で指定されたトップレベルのウィンドウを表示するための信頼が呼び出し側スレッドにない場合に、false を返します。
checkValidity() - クラス java.security.cert.X509Certificate のメソッド
証明書が現在有効であるかどうかを判定します。
checkValidity(Date) - クラス java.security.cert.X509Certificate のメソッド
指定された日付が、証明書の有効期間内であるかどうかを判定します。
checkValidity() - クラス javax.security.cert.X509Certificate のメソッド
証明書が現在有効であるかどうかを判定します。
checkValidity(Date) - クラス javax.security.cert.X509Certificate のメソッド
指定された日付が、証明書の有効期間内であるかどうかを判定します。
checkVerticalKey(int, String) - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
key 引数が垂直方向のプロパティーにとって正当な値であるかどうかを判定します。
checkVerticalKey(int, String) - クラス javax.swing.JLabel のメソッド
verticalAlignment または verticalTextPosition プロパティーに対してキーが正当な値であるかどうかを判定します。
checkWrite(FileDescriptor) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
指定されたファイル記述子への書き込みが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
checkWrite(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
文字列引数で指定されたファイルへの書き込みが呼び出し側スレッドに許可されていない場合に、SecurityException をスローします。
CHEROKEE - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「Cherokee」Unicode 文字ブロックの定数です。
CHILD_NODE_OF - クラス javax.accessibility.AccessibleRelation の static 変数
オブジェクトが、1 つ以上のオブジェクトの子ノードであることを示します。
CHILD_NODE_OF_PROPERTY - クラス javax.accessibility.AccessibleRelation の static 変数
2 つ以上のオブジェクト間の CHILD_NODE_OF リレーションが変更されたことを示します。
CHILD_POLICY_ALL - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
要素がその有効な子要素ごとに 1 つのインスタンスを順に持つ必要があることを示す、getChildPolicy から返される定数です。
CHILD_POLICY_CHOICE - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
要素がその有効な子要素の中から選択されたゼロまたは 1 つの子を持つ必要があることを示す、getChildPolicy から返される定数です。
CHILD_POLICY_EMPTY - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
要素が子を持つことができないことを示す、getChildPolicy から返される定数です。
CHILD_POLICY_MAX - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
範囲の確認に使用される、有効な最大の CHILD_POLICY_* 定数です。
CHILD_POLICY_REPEAT - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
要素がその一意の有効な子要素のゼロ以上のインスタンスを持つ必要があることを示す、getChildPolicy から返される定数です。
CHILD_POLICY_SEQUENCE - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
要素がその有効な子要素のインスタンスのシーケンスを持つ必要があることを示す、getChildPolicy から返される定数です。
CHILD_POLICY_SOME - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat の static 変数
要素がその有効な子要素ごとにゼロまたは 1 つのインスタンスを順に持つ必要があることを示す、getChildPolicy から返される定数です。
childAdded(NodeChangeEvent) - インタフェース java.util.prefs.NodeChangeListener のメソッド
このメソッドは、子ノードの追加時に呼び出されます。
childAlloc - クラス javax.swing.text.AsyncBoxView.ChildLocator の変数
ガベージを多く生成することを避けるために、子の割り当てに使う形状です。
childAllocation(int, Rectangle) - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
子ビューに領域を割り当てます。
childAllocation(int, Rectangle) - クラス javax.swing.text.CompositeView のメソッド
指定された子への割り当てを返します。
childChanged(AsyncBoxView.ChildState) - クラス javax.swing.text.AsyncBoxView.ChildLocator のメソッド
子が変更されたという通知です。
childDeserializedHook(Object, BeanContextSupport.BCSChild) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
新しく直列化復元された子および BCSChild を使って readObject によって呼び出されます。
childIndices - クラス javax.swing.event.TreeModelEvent の変数
子があった位置を指定するインデックスです。
childJustAddedHook(Object, BeanContextSupport.BCSChild) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、子が追加されて、イベント通知が発生する前に、簡単に add() セマンティクスを拡張できます。
childJustRemovedHook(Object, BeanContextSupport.BCSChild) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
子が正常に削除されたあとで、スーパークラスの子削除操作から呼び出されます。
childJustRemovedHook(Object, BeanContextSupport.BCSChild) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、子が削除されて、イベント通知が発生する前に、簡単に remove() セマンティクスを拡張できます。
childRemoved(NodeChangeEvent) - インタフェース java.util.prefs.NodeChangeListener のメソッド
このメソッドは、子ノードの削除時に呼び出されます。
children - クラス java.beans.beancontext.BeanContextMembershipEvent の変数
このイベント通知によって影響を受ける子のリストです。
children - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport の変数
protected HashMap children フィールドへのすべてのアクセスは、そのオブジェクトに同期化されます。
children - クラス javax.swing.event.TreeModelEvent の変数
削除された子です。
children() - クラス javax.swing.JTree.DynamicUtilTreeNode のメソッド
必要に応じて、子をロードするためにサブクラス化されます。
children() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
レシーバの子を Enumeration として返します。
children() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.BranchElement のメソッド
レシーバの子を Enumeration として返します。
children() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.LeafElement のメソッド
レシーバの子を Enumeration として返します。
children - クラス javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode の変数
複数の子の配列です。
children() - クラス javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
このノードの子の順方向列挙を作成して返します。
children() - インタフェース javax.swing.tree.TreeNode のメソッド
レシーバの子を Enumeration として返します。
childrenAdded(BeanContextMembershipEvent) - インタフェース java.beans.beancontext.BeanContextMembershipListener のメソッド
このリスナーが登録されている BeanContext に子または子のリストが追加されるときに呼び出されます。
childrenNames() - クラス java.util.prefs.AbstractPreferences のメソッド
Preferences.childrenNames() の仕様に従って、children メソッドを実装します。
childrenNames() - クラス java.util.prefs.Preferences のメソッド
この設定ノードの子の名前 (このノードを起点とした相対名) を返します。
childrenNamesSpi() - クラス java.util.prefs.AbstractPreferences のメソッド
この設定ノードの子の名前を返します。
childrenRemoved(BeanContextMembershipEvent) - インタフェース java.beans.beancontext.BeanContextMembershipListener のメソッド
このリスナーが登録されている BeanContext から子または子のリストが削除されるときに呼び出されます。
childSpi(String) - クラス java.util.prefs.AbstractPreferences のメソッド
この設定ノードの名前付きの子を返します。
childValue(T) - クラス java.lang.InheritableThreadLocal のメソッド
この継承可能なスレッドローカル変数の初期値を、子スレッドの作成時に親の値に対する関数として計算します。
childValue - クラス javax.swing.JTree.DynamicUtilTreeNode の変数
子を作成するための値です。
CHINA - クラス java.util.Locale の static 変数
国に使用する定数です。
CHINESE - クラス java.util.Locale の static 変数
言語に使用する定数です。
Choice - java.awt の クラス
Choice クラスは選択範囲のポップアップメニューを表します。
Choice() - クラス java.awt.Choice のコンストラクタ
新しい選択範囲メニューを作成します。
Choice.AccessibleAWTChoice - java.awt の クラス
このクラスは Choice クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
Choice.AccessibleAWTChoice() - クラス java.awt.Choice.AccessibleAWTChoice のコンストラクタ
 
ChoiceCallback - javax.security.auth.callback の クラス
  text/html; charset=euc-jp 基本となるセキュリティーサービスでは、ChoiceCallback をインスタンス化して CallbackHandlerhandle メソッドに渡し、選択肢のリストを表示したり、選択された選択肢を検出したりします。
ChoiceCallback(String, String[], int, boolean) - クラス javax.security.auth.callback.ChoiceCallback のコンストラクタ
プロンプト、選択肢のリスト、デフォルト選択、および選択リストで複数選択が可能かどうかを表すブール値を使用して、ChoiceCallback を構築します。
ChoiceFormat - java.text の クラス
ChoiceFormat を使用すると、ある範囲の数値にフォーマットを追加することができます。
ChoiceFormat(String) - クラス java.text.ChoiceFormat のコンストラクタ
指定されたパターンに基づくリミットとそれに対応するフォーマットによりオブジェクトを構築します。
ChoiceFormat(double[], String[]) - クラス java.text.ChoiceFormat のコンストラクタ
指定されたリミットとそれに対応するフォーマットによりオブジェクトを構築します。
choices - クラス java.sql.DriverPropertyInfo の変数
フィールド DriverPropertyInfo.value の値がある一連の値の中から選択可能である場合、それらの選択可能な値の配列になります。
CHOOSABLE_FILE_FILTER_CHANGED_PROPERTY - クラス javax.swing.JFileChooser の static 変数
ユーザーが選択できる定義済みファイルフィルタリストの変更を識別します。
chooseClientAlias(String[], Principal[], Socket) - インタフェース javax.net.ssl.X509KeyManager のメソッド
公開鍵のタイプおよびピアによって認識される証明書発行局のリストに基づいて、クライアント側のセキュアソケットを認証するときの別名を選択します。
chooseEngineClientAlias(String[], Principal[], SSLEngine) - クラス javax.net.ssl.X509ExtendedKeyManager のメソッド
公開鍵のタイプおよびピアによって認識される証明書発行局のリストに基づいて、クライアント側の SSLEngine 接続を認証するときの別名を選択します。
chooseEngineServerAlias(String, Principal[], SSLEngine) - クラス javax.net.ssl.X509ExtendedKeyManager のメソッド
公開鍵のタイプおよびピアによって認識される証明書発行局のリストに基づいて、サーバー側の SSLEngine 接続を認証するときの別名を選択します。
chooser - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicColorChooserUI の変数
この BasicColorChooserUI がインストールされている JColorChooser です。
CHOOSER_PANELS_PROPERTY - クラス javax.swing.JColorChooser の static 変数
チューザパネル配列プロパティー名です。
chooseServerAlias(String, Principal[], Socket) - インタフェース javax.net.ssl.X509KeyManager のメソッド
公開鍵のタイプおよびピアによって認識される証明書発行局のリストに基づいて、サーバー側のセキュアソケットを認証するときの別名を選択します。
CHORD - クラス java.awt.geom.Arc2D の static 変数
弧セグメントの始点と終点を結ぶ直線セグメントを描画することによって閉じられる弧の閉じ方の種類です。
CHOU_1 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.JIS の static 変数
JIS の長型 1 号封筒サイズ、つまり横 142 mm、縦 332 mm を指定します。
CHOU_2 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.JIS の static 変数
JIS の長型 2 号封筒サイズ、つまり横 119 mm、縦 277 mm を指定します。
CHOU_3 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.JIS の static 変数
JIS の長型 3 号封筒サイズ、つまり横 120 mm、縦 235 mm を指定します。
CHOU_30 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.JIS の static 変数
JIS の長型 30 号封筒サイズ、つまり横 92 mm、縦 235 mm を指定します。
CHOU_4 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.JIS の static 変数
JIS の長型 4 号封筒サイズ、つまり横 90 mm、縦 205 mm を指定します。
CHOU_40 - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.JIS の static 変数
JIS の長型 40 号封筒サイズ、つまり横 90 mm、縦 225 mm を指定します。
Chromaticity - javax.print.attribute.standard の クラス
Chromaticity クラスは、モノクロまたはカラープリントを指定する列挙型の印刷属性クラスです。
Chromaticity(int) - クラス javax.print.attribute.standard.Chromaticity のコンストラクタ
指定された整数値で、新しい色度の列挙値を構築します。
chunkLength - クラス java.net.HttpURLConnection の変数
出力時にチャンクエンコーディングストリーミングモードを使用する場合のチャンク長。
Cipher - javax.crypto の クラス
このクラスは、暗号化および復号化の暗号機能を提供します。
Cipher(CipherSpi, Provider, String) - クラス javax.crypto.Cipher のコンストラクタ
Cipher オブジェクトを生成します。
CipherInputStream - javax.crypto の クラス
CipherInputStream は InputStream と Cipher で構成されているので、read() メソッドは基本となる InputStream から読み込まれたデータを返しますが、Cipher により追加の処理が行われています。
CipherInputStream(InputStream, Cipher) - クラス javax.crypto.CipherInputStream のコンストラクタ
InputStream および Cipher から CipherInputStream を構築します。
CipherInputStream(InputStream) - クラス javax.crypto.CipherInputStream のコンストラクタ
InputStream から Cipher を指定しないで CipherInputStream を構築します。
CipherOutputStream - javax.crypto の クラス
CipherOutputStream は OutputStream と Cipher で構成されているので、write() メソッドはまずデータを処理してから基本となる OutputStream に書き込みます。
CipherOutputStream(OutputStream, Cipher) - クラス javax.crypto.CipherOutputStream のコンストラクタ
OutputStream および Cipher から CipherOutputStream を構築します。
CipherOutputStream(OutputStream) - クラス javax.crypto.CipherOutputStream のコンストラクタ
OutputStream から Cipher を指定しないで CipherOutputStream を構築します。
CipherSpi - javax.crypto の クラス
このクラスは、Cipher クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
CipherSpi() - クラス javax.crypto.CipherSpi のコンストラクタ
 
CITE - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
CJK_COMPATIBILITY - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Compatibility」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_COMPATIBILITY_FORMS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Compatibility Forms」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_COMPATIBILITY_IDEOGRAPHS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Compatibility Ideographs」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_COMPATIBILITY_IDEOGRAPHS_SUPPLEMENT - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Compatibility Ideographs Supplement」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_RADICALS_SUPPLEMENT - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Radicals Supplement」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_SYMBOLS_AND_PUNCTUATION - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Symbols and Punctuation」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_UNIFIED_IDEOGRAPHS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Unified Ideographs」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_UNIFIED_IDEOGRAPHS_EXTENSION_A - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Unified Ideographs Extension A」Unicode 文字ブロックの定数です。
CJK_UNIFIED_IDEOGRAPHS_EXTENSION_B - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「CJK Unified Ideographs Extension B」Unicode 文字ブロックの定数です。
Class<T> - java.lang の クラス
Class クラスのインスタンスは、実行中の Java アプリケーションのクラスおよびインタフェースを表します。
CLASS - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
CLASS_ABSTRACT - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスは抽象です。
CLASS_ATTRIBUTE_PFX - インタフェース java.util.jar.Pack200.Packer の static 変数
クラス属性名に連結された場合、JSR 200 仕様で指定されたレイアウト言語を使用して、その属性の形式を示します。
CLASS_COLORSPACECONVERSION - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスはカラースペース変換です。
CLASS_DEVICELINK - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスはデバイスリンクです。
CLASS_DISPLAY - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスは表示です。
CLASS_INPUT - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスは入力です。
CLASS_LOADING_MXBEAN_NAME - クラス java.lang.management.ManagementFactory の static 変数
ClassLoadingMXBeanObjectName の文字列表現です。
CLASS_NAMEDCOLOR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスは名前付きカラーです。
CLASS_OUTPUT - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルクラスは出力です。
CLASS_PATH - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
Class-Path マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
classattr() - クラス javax.management.Query の static メソッド
 ValueExp を取得する Query 呼び出しで使用可能な新しいクラス属性式を返します。
ClassCastException - java.lang の 例外
あるオブジェクトを継承関係にないクラスにキャストしようとしたことを示すためにスローされます。
ClassCastException() - 例外 java.lang.ClassCastException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ClassCastException を構築します。
ClassCastException(String) - 例外 java.lang.ClassCastException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ClassCastException を構築します。
ClassCircularityError - java.lang の エラー
クラスの初期化時にループが見つかった場合にスローされます。
ClassCircularityError() - エラー java.lang.ClassCircularityError のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ClassCircularityError を構築します。
ClassCircularityError(String) - エラー java.lang.ClassCircularityError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ClassCircularityError を構築します。
ClassDefinition - java.lang.instrument の クラス
このクラスは、Instrumentation.redefineClasses メソッドに対するパラメータブロックとして機能します。
ClassDefinition(Class<?>, byte[]) - クラス java.lang.instrument.ClassDefinition のコンストラクタ
提供されたクラスとクラスファイルバイトを使って、新しい ClassDefinition バインディングを作成します。
classDepth(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
推奨されていません。 このタイプのセキュリティーチェックは推奨されません。代わりに checkPermission の呼び出しを使用することをお勧めします。
ClassDesc - javax.rmi.CORBA の クラス
このクラスは、IIOP での java.lang.Class オブジェクトを整列化するために使用します。
ClassDesc() - クラス javax.rmi.CORBA.ClassDesc のコンストラクタ
 
classEquals(Class, Class) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport の static メソッド
2 つのクラスオブジェクトまたはそれらの名前が同じかどうかを判定します。
classFactory - クラス javax.naming.Reference の変数
ファクトリクラスの名前を含みます。
classFactoryLocation - クラス javax.naming.Reference の変数
ファクトリクラスの位置を含みます。
ClassFileTransformer - java.lang.instrument の インタフェース
クラスファイルを変換するために、このインタフェースの実装を提供するエージェント。
ClassFormatError - java.lang の エラー
Java Virtual Machine がクラスファイルを読み込もうとして、ファイルが壊れていると判断した場合、またはクラスファイルとして解釈できない場合にスローされます。
ClassFormatError() - エラー java.lang.ClassFormatError のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ClassFormatError を構築します。
ClassFormatError(String) - エラー java.lang.ClassFormatError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ClassFormatError を構築します。
CLASSID - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
ClassLoader - java.lang の クラス
クラスローダーは、クラスのロードを担当するオブジェクトです。
ClassLoader(ClassLoader) - クラス java.lang.ClassLoader のコンストラクタ
指定された親クラスローダを使って、委譲のために新しいクラスローダを作成します。
ClassLoader() - クラス java.lang.ClassLoader のコンストラクタ
getSystemClassLoader() メソッドによって返された ClassLoader を親クラスローダーとして使用し、新しいクラスローダーを作成します。
classLoaderDepth() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
推奨されていません。 このタイプのセキュリティーチェックは推奨されません。代わりに checkPermission の呼び出しを使用することをお勧めします。
ClassLoaderRepository - javax.management.loading の インタフェース
 このインタフェースのインスタンスは、MBean サーバーに登録された ClassLoader のリストを保持するために使用されます。
ClassLoadingMXBean - java.lang.management の インタフェース
Java 仮想マシンのクラスローディングシステムの管理インタフェースです。
classname - 例外 java.io.InvalidClassException の変数
無効なクラスの名前
className - クラス javax.naming.Reference の変数
この Reference の参照先オブジェクトのクラスの完全指定された名前を含みます。
ClassNotFoundException - java.lang の 例外
アプリケーションが、クラスの文字列名を使用して次のメソッドでロードしようとしたが、指定された名前のクラスの定義が見つからなかった場合にスローされます。
ClassNotFoundException() - 例外 java.lang.ClassNotFoundException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ClassNotFoundException を構築します。
ClassNotFoundException(String) - 例外 java.lang.ClassNotFoundException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ClassNotFoundException を構築します。
ClassNotFoundException(String, Throwable) - 例外 java.lang.ClassNotFoundException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージと、クラスのロード時に生じたオプションの例外を持つ、ClassNotFoundException を生成します。
clean(ObjID[], long, VMID, boolean) - インタフェース java.rmi.dgc.DGC のメソッド
clean メソッドは、ids で表される各リモートオブジェクト内の参照リストから vmid を削除します。
CLEAR - クラス java.awt.AlphaComposite の static 変数
転送先の色およびアルファの両方がクリアされます (Porter-Duff Clear 規則)。
Clear - クラス java.awt.AlphaComposite の static 変数
1.0f のアルファを持つ、不透明の CLEAR 規則を実装する AlphaComposite オブジェクトです。
clear() - クラス java.awt.List のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、removeAll() に置き換えられました。
clear() - クラス java.awt.RenderingHints のメソッド
この RenderingHints オブジェクトからすべてのキーと値のペアを削除します。
clear() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
子をクリアーします (サポートされていない)。
clear() - クラス java.lang.ref.Reference のメソッド
この参照オブジェクトをクリアします。
clear() - クラス java.nio.Buffer のメソッド
このバッファーをクリアします。
clear() - クラス java.security.Provider のメソッド
このプロバイダをクリアして、プロバイダが実装した機能を検索するときに使うプロパティーを含まないようにします。
clear() - クラス java.util.AbstractCollection のメソッド
このコレクションからすべての要素を削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス java.util.AbstractList のメソッド
すべての要素をリストから削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス java.util.AbstractMap のメソッド
マップからマッピングをすべて削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス java.util.AbstractQueue のメソッド
すべての要素をキューから削除します。
clear() - クラス java.util.ArrayDeque のメソッド
すべての要素を両端キューから削除します。
clear() - クラス java.util.ArrayList のメソッド
リストからすべての要素を削除します。
clear(int) - クラス java.util.BitSet のメソッド
インデックスで指定されたビットを false に設定します。
clear(int, int) - クラス java.util.BitSet のメソッド
指定された fromIndex (inclusive) から指定された toIndex (exclusive) まで、ビットを false に設定します。
clear() - クラス java.util.BitSet のメソッド
この BitSet のビットをすべて false に設定します。
clear() - クラス java.util.Calendar のメソッド
この Calendar のすべてのカレンダフィールド値および時刻値 (エポックからのミリ秒単位のオフセット) を未定義に設定します。
clear(int) - クラス java.util.Calendar のメソッド
この Calendar の指定されたカレンダフィールド値および時刻値 (エポックからのミリ秒単位のオフセット) を未定義に設定します。
clear() - インタフェース java.util.Collection のメソッド
このコレクションからすべての要素を削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス java.util.concurrent.ArrayBlockingQueue のメソッド
すべての要素をこのキューから原子的に削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のメソッド
すべての要素をセットから削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
リストからすべての要素を削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet のメソッド
すべての要素をセットから削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.DelayQueue のメソッド
すべての要素をこの遅延キューから原子的に削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.LinkedBlockingDeque のメソッド
すべての要素をこの両端キューから原子的に削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.LinkedBlockingQueue のメソッド
すべての要素をこのキューから原子的に削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.PriorityBlockingQueue のメソッド
すべての要素をこのキューから原子的に削除します。
clear() - クラス java.util.concurrent.SynchronousQueue のメソッド
何も行いません。
clear() - クラス java.util.EnumMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.HashMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.HashSet のメソッド
すべての要素をセットから削除します。
clear() - クラス java.util.Hashtable のメソッド
このハッシュテーブルを消去して、キーがない状態にします。
clear() - クラス java.util.IdentityHashMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.jar.Attributes のメソッド
この Map からすべての属性を削除します。
clear() - クラス java.util.jar.Manifest のメソッド
この Manifest のメインとなる Attributes とエントリをクリアします。
clear() - クラス java.util.LinkedHashMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.LinkedList のメソッド
リストからすべての要素を削除します。
clear() - インタフェース java.util.List のメソッド
すべての要素をリストから削除します (任意のオペレーション)。
clear() - インタフェース java.util.Map のメソッド
マップからマッピングをすべて削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス java.util.prefs.AbstractPreferences のメソッド
Preferences.clear()、の仕様に従って、clear メソッドを実装します。
clear() - クラス java.util.prefs.Preferences のメソッド
この設定ノード内の設定 (キーと値のペアの関連付け) をすべて削除します。
clear() - クラス java.util.PriorityQueue のメソッド
すべての要素を優先度キューから削除します。
clear() - インタフェース java.util.Set のメソッド
セットからすべての要素を削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス java.util.TreeMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス java.util.TreeSet のメソッド
すべての要素をセットから削除します。
clear() - クラス java.util.Vector のメソッド
すべての要素を Vector から削除します。
clear() - クラス java.util.WeakHashMap のメソッド
すべてのマッピングをマップから削除します。
clear() - クラス javax.accessibility.AccessibleRelationSet のメソッド
現在のリレーションセットからすべてのリレーションを削除します。
clear() - クラス javax.accessibility.AccessibleStateSet のメソッド
現在の状態セットからすべての状態を削除します。
clear() - インタフェース javax.management.openmbean.TabularData のメソッド
この TabularData インスタンスからすべての CompositeData 値 (行) を削除します。
clear() - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularDataSupport インスタンスからすべての行を削除します。
clear() - インタフェース javax.naming.directory.Attribute のメソッド
この属性からすべての値を削除します。
clear() - クラス javax.naming.directory.BasicAttribute のメソッド
 
clear() - クラス javax.naming.Reference のメソッド
この参照からすべてのアドレスを削除します。
clear() - インタフェース javax.print.attribute.AttributeSet のメソッド
この属性セットからすべての属性を削除します。
clear() - クラス javax.print.attribute.HashAttributeSet のメソッド
この属性セットからすべての属性を削除します。
clear() - クラス javax.script.SimpleBindings のメソッド
マップからマッピングをすべて削除します (任意のオペレーション)。
clear() - クラス javax.swing.ActionMap のメソッド
この ActionMap からすべてのマッピングを削除します。
clear() - クラス javax.swing.ComponentInputMap のメソッド
このオブジェクトからすべてのマッピングを削除します。
clear() - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
リストからすべての要素を削除します。
clear() - クラス javax.swing.InputMap のメソッド
この InputMap からすべてのマッピングを削除します。
CLEAR - クラス javax.swing.text.html.CSS.Attribute の static 変数
 
CLEAR - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
clear() - クラス javax.xml.datatype.XMLGregorianCalendar のメソッド
 すべてのフィールドを未定義に設定解除します。
clear() - クラス org.omg.CORBA.Environment のメソッド
例外のこの Environment オブジェクトを消去します。
clear() - クラス org.xml.sax.helpers.AttributeListImpl のメソッド
推奨されていません。 属性リストを消去します。
clear() - クラス org.xml.sax.helpers.AttributesImpl のメソッド
再利用するため、属性リストを消去します。
clearAbortRequest() - クラス javax.imageio.ImageReader のメソッド
以前の中断要求をクリアします。
clearAbortRequest() - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
以前の中断要求をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス java.awt.List.AccessibleAWTList のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - インタフェース javax.accessibility.AccessibleSelection のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JComboBox.AccessibleJComboBox のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JMenu.AccessibleJMenu のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JMenuBar.AccessibleJMenuBar のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JTabbedPane.AccessibleJTabbedPane のメソッド
 
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAccessibleSelection() - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree のメソッド
オブジェクト内の選択をクリアします。
clearAssertionStatus() - クラス java.lang.ClassLoader のメソッド
このクラスローダーのデフォルト宣言ステータスを false に設定し、クラスローダーに関連付けられたデフォルトパッケージおよびクラス宣言ステータス設定をすべて破棄します。
clearAutoscroll() - クラス java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
自動スクロールをクリアします。
clearBatch() - インタフェース java.sql.Statement のメソッド
この Statement オブジェクトの現在の SQL コマンドリストを空にします。
clearBit(int) - クラス java.math.BigInteger のメソッド
値がこの BigInteger に等しい BigInteger を、指定されたビットをクリアーして返します((this & ~(1<<n)) を計算する)。
clearCache() - クラス java.util.ResourceBundle の static メソッド
呼び出し元のクラスローダーを使ってロードされたリソースバンドルのすべてを、キャッシュから削除します。
clearCache(ClassLoader) - クラス java.util.ResourceBundle の static メソッド
指定されたクラスローダーを使ってロードされたリソースバンドルのすべてを、キャッシュから削除します。
clearChanged() - クラス java.util.Observable のメソッド
オブジェクトがもはや変更された状態ではないこと、すなわち、最新の変更がすべてオブザーバに通知されたことを示します。
clearContent() - クラス javax.xml.soap.AttachmentPart のメソッド
この AttachmentPart オブジェクトのコンテンツをクリアします。
clearError() - クラス java.io.PrintStream のメソッド
このストリームの内部エラー状態を解除します。
clearError() - クラス java.io.PrintWriter のメソッド
このストリームのエラー状態を解除します。
clearGlobalFocusOwner() - クラス java.awt.KeyboardFocusManager のメソッド
Java およびネイティブレベルの両方で、グローバルフォーカスの所有者をクリアします。
clearIconCache() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.BasicFileView のメソッド
 
clearIconCache() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
clearParameters() - インタフェース java.sql.PreparedStatement のメソッド
現在のパラメータ値をすぐにクリアします。
clearParameters() - クラス javax.sql.rowset.BaseRowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンドの実行時に設定されるパラメータの内部表現に含まれる、現在のパラメータ値をすべて消去します。
clearParameters() - インタフェース javax.sql.RowSet のメソッド
この RowSet オブジェクトのコマンド用のパラメータセットをクリアします。
clearParameters() - クラス javax.xml.transform.Transformer のメソッド
setParameter を使用して設定されたすべてのパラメータをクリアします。
clearPassword() - クラス javax.crypto.spec.PBEKeySpec のメソッド
パスワードの内部コピーを消去します。
clearPassword() - クラス javax.security.auth.callback.PasswordCallback のメソッド
検出したパスワードを消去します。
clearProperty(String) - クラス java.lang.System の static メソッド
指定されたキーによって示されたシステムプロパティーを削除します。
clearRect(int, int, int, int) - クラス java.awt.Graphics のメソッド
指定された矩形を、現在の描画表面のバックグラウンドカラーで塗りつぶすことによりクリアします。
clearRect(int, int, int, int) - クラス javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.clearRect をオーバーライドします。
clearSelectedPath() - クラス javax.swing.MenuSelectionManager のメソッド
すべてのメニューコンポーネントを閉じ、選択を解除するようにメニューの選択に指示します。
clearSelection() - クラス javax.swing.ButtonGroup のメソッド
選択をクリアして、ButtonGroup 内のボタンが 1 つも選択されていない状態にします。
clearSelection() - クラス javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
選択範囲を空のセットに変更します。
clearSelection() - クラス javax.swing.DefaultSingleSelectionModel のメソッド
 
clearSelection() - クラス javax.swing.JList のメソッド
選択をクリアします。
clearSelection() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
選択されているすべての列および行を選択解除します。
clearSelection() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
選択をクリアします。
clearSelection() - インタフェース javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
選択範囲を空のセットに変更します。
clearSelection() - インタフェース javax.swing.SingleSelectionModel のメソッド
選択範囲を解除します (-1 にする)。
clearSelection() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
現在の選択範囲を空にします。
clearSelection() - インタフェース javax.swing.tree.TreeSelectionModel のメソッド
現在の選択範囲を空にします。
clearTextShiftOffset() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
clearToggledPaths() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
切り替えられたツリーパスのキャッシュをクリアします。
clearWarnings() - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
この Connection オブジェクトに関して通知されたすべての警告をクリアします。
clearWarnings() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
この ResultSet オブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。
clearWarnings() - インタフェース java.sql.Statement のメソッド
この Statement オブジェクトに関して報告されたすべての警告をクリアします。
CLICK - インタフェース javax.accessibility.AccessibleAction の static 変数
コンポーネントにそのデフォルトアクションを実行させるアクション
clickCount - クラス java.awt.Event の変数
MOUSE_DOWN イベントの場合、このフィールドは連続したクリックの数を示します。
clickCountToStart - クラス javax.swing.DefaultCellEditor の変数
編集開始に必要なクリック数を指定する整数です。
clientClosed(RMIConnection) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIServerImpl のメソッド
 makeClient によって作成されたクライアント接続の終了時に呼び出されるメソッドです。
ClientInfoStatus - java.sql の 列挙型
Connection.setClientInfo の呼び出しによってプロパティーを設定できない理由の状態の列挙です。
ClientRequestInfo - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
クライアント側の要求インタセプタがアクセスできる要求情報です。
ClientRequestInfoOperations - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
クライアント側の要求インタセプタがアクセスできる要求情報です。
ClientRequestInterceptor - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
クライアント側の要求インタセプタです。
ClientRequestInterceptorOperations - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
クライアント側の要求インタセプタです。
clip(Shape) - クラス java.awt.Graphics2D のメソッド
現在の Clip を指定された Shape の内部と交差させて、結果として生じた共通部分にその Clip を設定します。
Clip - javax.sound.sampled の インタフェース
Clip インタフェースは特殊な種類のデータラインを表し、そのオーディオデータはリアルタイムでストリーム化するのではなく、再生前にロードできます。
Clipboard - java.awt.datatransfer の クラス
カット/コピー/ペースト操作を使用してデータを転送する機構を実装するクラスです。
Clipboard(String) - クラス java.awt.datatransfer.Clipboard のコンストラクタ
クリップボードオブジェクトを作成します。
ClipboardOwner - java.awt.datatransfer の インタフェース
クリップボードにデータを提供するクラスのためのインタフェースを定義します。
clipRect(int, int, int, int) - クラス java.awt.Graphics のメソッド
現在のクリップと指定された矩形を交差させます。
clipRect(int, int, int, int) - クラス javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.clipRect をオーバーライドします。
Clob - java.sql の インタフェース
SQL CLOB の型の JavaTM プログラミング言語でのマッピングです。
CLOB - クラス java.sql.Types の static 変数
Java プログラミング言語の定数で、型コードとも呼ばれ、総称 SQL 型 CLOB を識別します。
clockSequence() - クラス java.util.UUID のメソッド
この UUID に関連したクロックシーケンス値  14 ビットのクロックシーケンス値は、この UUID のクロックシーケンスフィールドから構築されます。
clone() - クラス java.awt.BufferCapabilities のメソッド
 
clone() - クラス java.awt.datatransfer.DataFlavor のメソッド
この DataFlavor の複製を返します。
clone() - クラス java.awt.font.TextLayout のメソッド
この TextLayout のコピーを作成します。
clone() - クラス java.awt.font.TextMeasurer のメソッド
 
clone() - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この AffineTransform オブジェクトのコピーを返します。
clone() - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
この Area オブジェクトとまったく同じコピーを返します。
clone() - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.Dimension2D のメソッド
このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.Path2D.Double のメソッド
このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.Path2D.Float のメソッド
このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.Point2D のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス java.awt.GridBagConstraints のメソッド
このグリッドバッグ制約のコピーを作成します。
clone() - クラス java.awt.image.ImageFilter のメソッド
このオブジェクトを複製します。
clone() - クラス java.awt.image.Kernel のメソッド
このオブジェクトを複製します。
clone() - クラス java.awt.image.renderable.ParameterBlock のメソッド
ParameterBlock のコピーを作成します。
clone() - クラス java.awt.image.renderable.RenderContext のメソッド
RenderContext のコピーを作成します。
clone() - クラス java.awt.ImageCapabilities のメソッド
 
clone() - クラス java.awt.Insets のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成します。
clone() - クラス java.awt.JobAttributes のメソッド
この JobAttributes のコピーを作成して、返します。
clone() - クラス java.awt.PageAttributes のメソッド
PageAttributes のコピーを作成して、返します。
clone() - クラス java.awt.print.PageFormat のメソッド
この PageFormat のコピーを同じ内容で作成します。
clone() - クラス java.awt.print.Paper のメソッド
この Paper のコピーを同じ内容で作成します。
clone() - クラス java.awt.RenderingHints のメソッド
この RenderingHints オブジェクトと同一の内容を持つ、この RenderingHints のクローン (複製) を作成します。
clone() - クラス java.lang.Enum のメソッド
CloneNotSupportedException をスローします。
clone() - クラス java.lang.Object のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
clone() - クラス java.net.HttpCookie のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成して返します。
clone() - クラス java.rmi.server.UnicastRemoteObject のメソッド
元のオブジェクトと明確に区別できるリモートオブジェクトの複製を返します。
clone() - インタフェース java.security.acl.AclEntry のメソッド
この ACL エントリを複製します。
clone() - インタフェース java.security.cert.CertPathBuilderResult のメソッド
CertPathBuilderResult の複製を作成します。
clone() - インタフェース java.security.cert.CertPathParameters のメソッド
CertPathParameters の複製を作成します。
clone() - インタフェース java.security.cert.CertPathValidatorResult のメソッド
CertPathValidatorResult の複製を作成します。
clone() - インタフェース java.security.cert.CertSelector のメソッド
CertSelector の複製を作成します。
clone() - インタフェース java.security.cert.CertStoreParameters のメソッド
この CertStoreParameters の複製を作成します。
clone() - クラス java.security.cert.CollectionCertStoreParameters のメソッド
このオブジェクトの複製を返します。
clone() - インタフェース java.security.cert.CRLSelector のメソッド
CRLSelector の複製を作成します。
clone() - クラス java.security.cert.LDAPCertStoreParameters のメソッド
このオブジェクトの複製を返します。
clone() - クラス java.security.cert.PKIXCertPathChecker のメソッド
このオブジェクトの複製を返します。
clone() - クラス java.security.cert.PKIXCertPathValidatorResult のメソッド
このオブジェクトの複製を返します。
clone() - クラス java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
PKIXParameters オブジェクトの複製を作成します。
clone() - クラス java.security.cert.X509CertSelector のメソッド
このオブジェクトの複製を返します。
clone() - クラス java.security.cert.X509CRLSelector のメソッド
このオブジェクトの複製を返します。
clone() - クラス java.security.MessageDigest のメソッド
実装が複製可能な場合は複製を返します。
clone() - クラス java.security.MessageDigestSpi のメソッド
実装が複製可能な場合は複製を返します。
clone() - クラス java.security.Signature のメソッド
実装が複製可能な場合は複製を返します。
clone() - クラス java.security.SignatureSpi のメソッド
実装が複製可能な場合は複製を返します。
clone() - クラス java.text.BreakIterator のメソッド
Create a copy of this iterator
clone() - インタフェース java.text.CharacterIterator のメソッド
反復子のコピーを作成します。
clone() - クラス java.text.ChoiceFormat のメソッド
Cloneable をオーバーライドします。
clone() - クラス java.text.Collator のメソッド
Cloneable をオーバーライドします。
clone() - クラス java.text.DateFormat のメソッド
Cloneable をオーバーライドします。
clone() - クラス java.text.DateFormatSymbols のメソッド
Cloneable をオーバーライドします。
clone() - クラス java.text.DecimalFormat のメソッド
標準オーバーライドです。
clone() - クラス java.text.DecimalFormatSymbols のメソッド
標準オーバーライドです。
clone() - クラス java.text.Format のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
clone() - クラス java.text.MessageFormat のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
clone() - クラス java.text.NumberFormat のメソッド
Cloneable をオーバーライドします。
clone() - クラス java.text.RuleBasedCollator のメソッド
標準オーバーライドです。
clone() - クラス java.text.SimpleDateFormat のメソッド
この SimpleDateFormat のコピーを作成します。
clone() - クラス java.text.StringCharacterIterator のメソッド
この反復子のコピーを作成します。
clone() - クラス java.util.AbstractMap のメソッド
AbstractMap のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.ArrayDeque のメソッド
この両端キューの複製を返します。
clone() - クラス java.util.ArrayList のメソッド
ArrayList のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.BitSet のメソッド
BitSet を複製することで、同等な新しい BitSet を作成します。
clone() - クラス java.util.Calendar のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
clone() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
ConcurrentSkipListMap のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のメソッド
ConcurrentSkipListSet のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
このリストのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.Date のメソッド
このオブジェクトのコピーを返します。
clone() - クラス java.util.EnumMap のメソッド
この enum マップのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.EnumSet のメソッド
このセットの複製を返します。
clone() - クラス java.util.GregorianCalendar のメソッド
 
clone() - クラス java.util.HashMap のメソッド
HashMap のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.HashSet のメソッド
HashSet のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.Hashtable のメソッド
ハッシュテーブルのコピーを作成します。
clone() - クラス java.util.IdentityHashMap のメソッド
アイデンティティーハッシュマップのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.jar.Attributes のメソッド
次のように実装された、Attributes のコピーを返します。
clone() - クラス java.util.jar.Manifest のメソッド
この Manifest のシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.LinkedList のメソッド
LinkedList のシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.Locale のメソッド
Cloneable をオーバーライドします。
clone() - クラス java.util.SimpleTimeZone のメソッド
この SimpleTimeZone のインスタンスの複製を返します。
clone() - クラス java.util.TimeZone のメソッド
この TimeZone のコピーを作成します。
clone() - クラス java.util.TreeMap のメソッド
TreeMap のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.TreeSet のメソッド
TreeSet のインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス java.util.Vector のメソッド
Vector をコピーします。
clone() - クラス java.util.zip.ZipEntry のメソッド
このエントリのコピーを返します。
clone() - クラス javax.crypto.Mac のメソッド
プロバイダの実装が複製可能な場合は複製を返します。
clone() - クラス javax.crypto.MacSpi のメソッド
実装が複製可能な場合は複製を返します。
clone() - インタフェース javax.management.Descriptor のメソッド
 この記述子と等価な記述子を返します。
clone() - クラス javax.management.ImmutableDescriptor のメソッド
 この記述子と等価な記述子を返します。
clone() - クラス javax.management.MBeanAttributeInfo のメソッド
 このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.MBeanConstructorInfo のメソッド
 このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.MBeanInfo のメソッド
 このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.MBeanNotificationInfo のメソッド
このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.MBeanOperationInfo のメソッド
 このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.MBeanParameterInfo のメソッド
 このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.modelmbean.DescriptorSupport のメソッド
新しい Descriptor (Descriptor の複製) を返します。
clone() - クラス javax.management.modelmbean.ModelMBeanAttributeInfo のメソッド
この ModelMBeanAttributeInfo を複製して新しい ModelMBeanAttributeInfo を作成し、返します。
clone() - クラス javax.management.modelmbean.ModelMBeanConstructorInfo のメソッド
この ModelMBeanConstructorInfo を複製して新しい ModelMBeanConstructorInfo を作成し、返します。
clone() - インタフェース javax.management.modelmbean.ModelMBeanInfo のメソッド
このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
clone() - クラス javax.management.modelmbean.ModelMBeanInfoSupport のメソッド
このインスタンスのシャローコピーを返します。
clone() - クラス javax.management.modelmbean.ModelMBeanNotificationInfo のメソッド
この ModelMBeanNotificationInfo を複製して新しい ModelMBeanNotificationInfo を作成し、返します。
clone() - クラス javax.management.modelmbean.ModelMBeanOperationInfo のメソッド
この ModelMBeanOperationInfo を複製して新しい ModelMBeanOperationInfo を作成し、返します。
clone() - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularDataSupport インスタンスの複製を返します。
clone() - クラス javax.management.relation.Role のメソッド
ロールオブジェクトを複製します。
clone() - クラス javax.management.relation.RoleUnresolved のメソッド
このオブジェクトを複製します。
clone() - クラス javax.naming.CompositeName のメソッド
この合成名のコピーを生成します。
clone() - クラス javax.naming.CompoundName のメソッド
この複合名のコピーを作成します。
clone() - インタフェース javax.naming.directory.Attribute のメソッド
属性のコピーを作成します。
clone() - インタフェース javax.naming.directory.Attributes のメソッド
属性セットのコピーを作成します。
clone() - クラス javax.naming.directory.BasicAttribute のメソッド
 
clone() - クラス javax.naming.directory.BasicAttributes のメソッド
 
clone() - クラス javax.naming.ldap.LdapName のメソッド
この名前のコピーを生成します。
clone() - インタフェース javax.naming.Name のメソッド
この名前のコピーを生成します。
clone() - クラス javax.naming.Reference のメソッド
アドレスのクラス名リスト、クラスファクトリ名およびクラスファクトリ位置を使用して、この参照のコピーを作成します。
clone() - クラス javax.print.attribute.EnumSyntax のメソッド
列挙値の複製を返します。
clone() - クラス javax.sound.midi.MetaMessage のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス javax.sound.midi.MidiMessage のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス javax.sound.midi.ShortMessage のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス javax.sound.midi.SysexMessage のメソッド
このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
clone() - クラス javax.swing.AbstractAction のメソッド
abstract アクションを複製します。
clone() - クラス javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
この選択モデルの複製を、同じ選択状態で返します。
clone() - クラス javax.swing.JFormattedTextField.AbstractFormatter のメソッド
AbstractFormatter を複製します。
clone() - クラス javax.swing.text.DefaultFormatter のメソッド
DefaultFormatter のコピーを作成します。
clone(Element, Element) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementBuffer のメソッド
異なる親を使用して、この要素のコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.text.EditorKit のメソッド
編集キットのコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.text.ElementIterator のメソッド
ElementIterator を複製します。
clone() - クラス javax.swing.text.GlyphView のメソッド
シャローコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
編集キットのコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.text.InternationalFormatter のメソッド
DefaultFormatter のコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.text.Segment のメソッド
シャローコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
属性セットを複製します。
clone() - クラス javax.swing.text.StyleContext.SmallAttributeSet のメソッド
属性セットを複製します。
clone() - クラス javax.swing.text.StyledEditorKit のメソッド
編集キットのコピーを作成します。
clone() - クラス javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
オーバーライドされて、複製を public にします。
clone() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
同じ選択範囲を持つこのオブジェクトの複製を返します。
clone() - クラス javax.xml.datatype.XMLGregorianCalendar のメソッド
 このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
Cloneable - java.lang の インタフェース
Object.clone() メソッドに対して、そのメソッドがそのクラスのインスタンスのフィールド対フィールドのコピーを正当に作成できることを示すために、Cloneable インタフェースを実装したクラスです。
cloneNode(boolean) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
このノードの複製を返します。
cloneNode(boolean) - インタフェース org.w3c.dom.Node のメソッド
ノードの総称コピーコンストラクタとして、このノードの複製を返します。
CloneNotSupportedException - java.lang の 例外
オブジェクトを複製するために Object クラスの clone メソッドが呼び出されたが、そのオブジェクトのクラスが Cloneable インタフェースを実装していないことを示すためにスローされます。
CloneNotSupportedException() - 例外 java.lang.CloneNotSupportedException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで CloneNotSupportedException を構築します。
CloneNotSupportedException(String) - 例外 java.lang.CloneNotSupportedException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CloneNotSupportedException を構築します。
cloneWithSource(Object) - クラス javax.swing.event.TreeSelectionEvent のメソッド
レシーバのコピーを返します。
closable - クラス javax.swing.JInternalFrame の変数
フレームは閉じることができます。
close() - クラス java.awt.SplashScreen のメソッド
スプラッシュ画面を隠し、ウィンドウを閉じ、関連するすべてのリソースを解放します。
close() - クラス java.beans.XMLDecoder のメソッド
このメソッドは、このストリームに関連付けられている入力ストリームをクローズします。
close() - クラス java.beans.XMLEncoder のメソッド
このメソッドは、flush を呼び出し、閉じるポストアンブルを書き込み、このストリームに関連付けられている出力ストリームをクローズします。
close() - クラス java.io.BufferedInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.BufferedReader のメソッド
 
close() - クラス java.io.BufferedWriter のメソッド
 
close() - クラス java.io.ByteArrayInputStream のメソッド
ByteArrayInputStream を閉じても、何の影響もありません。
close() - クラス java.io.ByteArrayOutputStream のメソッド
ByteArrayOutputStream を閉じても、何の影響もありません。
close() - クラス java.io.CharArrayReader のメソッド
ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.CharArrayWriter のメソッド
ストリームを閉じます。
close() - インタフェース java.io.Closeable のメソッド
このストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.FileInputStream のメソッド
ファイル入力ストリームを閉じ、このストリームに関連するシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.FileOutputStream のメソッド
ファイル出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.FilterInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.FilterOutputStream のメソッド
出力ストリームを閉じ、これに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.FilterReader のメソッド
 
close() - クラス java.io.FilterWriter のメソッド
 
close() - クラス java.io.InputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.InputStreamReader のメソッド
 
close() - インタフェース java.io.ObjectInput のメソッド
入力ストリームを閉じます。
close() - クラス java.io.ObjectInputStream のメソッド
入力ストリームを閉じます。
close() - インタフェース java.io.ObjectOutput のメソッド
ストリームを閉じます。
close() - クラス java.io.ObjectOutputStream のメソッド
ストリームを閉じます。
close() - クラス java.io.OutputStream のメソッド
出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.OutputStreamWriter のメソッド
 
close() - クラス java.io.PipedInputStream のメソッド
パイプによる入力ストリームを閉じ、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.PipedOutputStream のメソッド
パイプで連結された出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.PipedReader のメソッド
パイプによるストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.PipedWriter のメソッド
パイプで連結された出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.PrintStream のメソッド
ストリームを閉じます。
close() - クラス java.io.PrintWriter のメソッド
ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.PushbackInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.PushbackReader のメソッド
ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.RandomAccessFile のメソッド
このランダムアクセスファイルストリームを閉じて、ストリームに関連付けられたシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.Reader のメソッド
ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.SequenceInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.StringReader のメソッド
ストリームを閉じて、それに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.io.StringWriter のメソッド
StringWriter を閉じても、何の影響もありません。
close() - クラス java.io.Writer のメソッド
ストリームを最初にフラッシュして、閉じます。
close() - クラス java.net.DatagramSocket のメソッド
このデータグラムソケットを閉じます。
close() - クラス java.net.DatagramSocketImpl のメソッド
ソケットを閉じます。
close() - クラス java.net.ServerSocket のメソッド
このソケットを閉じます。
close() - クラス java.net.Socket のメソッド
このソケットを閉じます。
close() - クラス java.net.SocketImpl のメソッド
このソケットを閉じます。
close() - インタフェース java.nio.channels.Channel のメソッド
現在のチャネルをクローズします。
close() - インタフェース java.nio.channels.InterruptibleChannel のメソッド
現在のチャネルをクローズします。
close() - クラス java.nio.channels.Selector のメソッド
このセレクタをクローズします。
close() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractInterruptibleChannel のメソッド
現在のチャネルをクローズします。
close() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelector のメソッド
このセレクタをクローズします。
close() - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
自動的な解除を待たずに、ただちにこの Connection オブジェクトのデータベースと JDBC リソースを解除します。
close() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
自動的にクローズされるとき、これを待つのではなく、ただちに ResultSet オブジェクトのデータベースと JDBC リソースを解放します。
close() - インタフェース java.sql.Statement のメソッド
自動的にクローズされるときに Statement オブジェクトのデータベースと JDBC リソースが解放されるのを待つのではなく、ただちにそれらを解放します。
close() - クラス java.util.Formatter のメソッド
このフォーマッタを閉じます。
close() - クラス java.util.logging.ConsoleHandler のメソッド
StreamHandler.close をオーバーライドし、フラッシュは行うが出力ストリームのクローズは行わないようにします。
close() - クラス java.util.logging.FileHandler のメソッド
すべてのファイルを閉じます。
close() - クラス java.util.logging.Handler のメソッド
Handler を閉じて、関連するすべてのリソースを解放します。
close() - クラス java.util.logging.MemoryHandler のメソッド
Handler を閉じて、関連するすべてのリソースを解放します。
close() - クラス java.util.logging.SocketHandler のメソッド
この出力ストリームを閉じます。
close() - クラス java.util.logging.StreamHandler のメソッド
現在の出力ストリームを閉じます。
close() - クラス java.util.Scanner のメソッド
現在のスキャナをクローズします。
close() - クラス java.util.zip.DeflaterInputStream のメソッド
この入力ストリームとその基となる入力ストリームを閉じ、保留状態の未圧縮データをすべて破棄します。
close() - クラス java.util.zip.DeflaterOutputStream のメソッド
残りの圧縮データを出力ストリームに書き込み、ストリームを閉じます。
close() - クラス java.util.zip.GZIPInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.util.zip.InflaterInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.util.zip.InflaterOutputStream のメソッド
残りの圧縮解除データを出力ストリームに書き込み、出力ストリームを閉じます。
close() - クラス java.util.zip.ZipFile のメソッド
ZIP ファイルを閉じます。
close() - クラス java.util.zip.ZipInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス java.util.zip.ZipOutputStream のメソッド
フィルタされているストリームと同様に ZIP 出力ストリームを閉じます。
close() - クラス javax.crypto.CipherInputStream のメソッド
この入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス javax.crypto.CipherOutputStream のメソッド
出力ストリームを閉じ、このストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageInputStream のメソッド
この FileCacheImageInputStream を閉じます。
close() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageOutputStream のメソッド
この FileCacheImageOututStream を閉じます。
close() - クラス javax.imageio.stream.FileImageInputStream のメソッド
 
close() - クラス javax.imageio.stream.FileImageOutputStream のメソッド
 
close() - インタフェース javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
ストリームを閉じます。
close() - クラス javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
 
close() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageInputStream のメソッド
この MemoryCacheImageInputStream を閉じてキャッシュを解放します。
close() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageOutputStream のメソッド
この MemoryCacheImageOutputStream を閉じます。
close() - インタフェース javax.management.remote.JMXConnector のメソッド
 クライアントとサーバーの接続を終了します。
close() - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
 この接続を終了します。
close() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl のメソッド
 
close() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl_Stub のメソッド
 
close() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnector のメソッド
 
close() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIServerImpl のメソッド
 この接続サーバーを終了します。
close() - インタフェース javax.naming.Context のメソッド
このコンテキストを閉じます。
close() - クラス javax.naming.InitialContext のメソッド
 
close() - クラス javax.naming.ldap.StartTlsResponse のメソッド
TLS 接続を正常に閉じ、基本となる接続に戻ります。
close() - インタフェース javax.naming.NamingEnumeration のメソッド
この列挙を閉じます。
close() - インタフェース javax.sound.midi.MidiDevice のメソッド
デバイスを閉じ、使用していたシステムリソースをデバイスが解放することを示します。
close() - インタフェース javax.sound.midi.Receiver のメソッド
アプリケーションによるレシーバの使用が終了し、レシーバが要求する限られたリソースを解放または使用可能にできることを示します。
close() - インタフェース javax.sound.midi.Transmitter のメソッド
アプリケーションによるレシーバの使用が終了し、トランスミッタが要求する限られたリソースを解放または使用可能にできることを示します。
close() - クラス javax.sound.sampled.AudioInputStream のメソッド
このオーディオ入力ストリームを閉じて、そのストリームに関連するすべてのシステムリソースを解放します。
close() - インタフェース javax.sound.sampled.Line のメソッド
ラインを閉じ、ラインで使用していたシステムリソースを解放できることを示します。
CLOSE - クラス javax.sound.sampled.LineEvent.Type の static 変数
ラインが閉じるときに送信されるイベントの型で、ラインが開いたときに取得したシステムリソースを解放します。
close() - インタフェース javax.sql.PooledConnection のメソッド
この PooledConnection オブジェクトが表す物理接続を閉じます。
close() - クラス javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
処理が完了したことを示します。
close() - クラス javax.swing.ProgressMonitorInputStream のメソッド
FilterInputStream.close をオーバーライドして、ストリームと進捗モニターの両方を閉じることができるようにします。
close() - クラス javax.tools.ForwardingJavaFileManager のメソッド
 
close() - インタフェース javax.tools.JavaFileManager のメソッド
このファイルマネージャーによって直接的または間接的に開かれたリソースがあれば、それを解放します。
close() - クラス javax.xml.soap.SOAPConnection のメソッド
この SOAPConnection オブジェクトを閉じます。
close() - クラス javax.xml.stream.util.EventReaderDelegate のメソッド
 
close() - クラス javax.xml.stream.util.StreamReaderDelegate のメソッド
 
close() - インタフェース javax.xml.stream.XMLEventReader のメソッド
このリーダーに関連付けられたリソースをすべて解放します。
close() - インタフェース javax.xml.stream.XMLEventWriter のメソッド
このストリームに関連付けられたリソースをすべて解放します。
close() - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamReader のメソッド
このリーダーに関連付けられたリソースをすべて解放します。
close() - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamWriter のメソッド
このライターを閉じて、ライターに関連付けられたリソースをすべて解放します。
close(MessageContext) - インタフェース javax.xml.ws.handler.Handler のメソッド
メッセージ交換パターンの終了時に呼び出されます (JAX-WS ランタイムがメッセージ、フォルト、例外をディスパッチする直前)。
CLOSE_ALL_RESULTS - インタフェース java.sql.Statement の static 変数
getMoreResults が呼び出されたときに、直前までオープンされていたすべての ResultSet オブジェクトがクローズされることを示す定数です。
CLOSE_CMD - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の static 変数
 
CLOSE_CURRENT_RESULT - インタフェース java.sql.Statement の static 変数
getMoreResults が呼び出されたときに、現在の ResultSet オブジェクトがクローズされることを示す定数です。
CLOSE_CURSORS_AT_COMMIT - インタフェース java.sql.ResultSet の static 変数
現在のトランザクションがコミットされたときに、この保持機能を持つオープンしている ResultSet オブジェクトがクローズすることを示す定数です。
CLOSE_FAILURE - クラス java.util.logging.ErrorManager の static 変数
CLOSE_FAILURE は、出力ストリームのクローズに失敗したときに使用されます。
Closeable - java.io の インタフェース
Closeable は、閉じることができるデータの転送元または転送先です。
closeAction - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
closeButton - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
closeClient(RMIConnection) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIIIOPServerImpl のメソッド
 
closeClient(RMIConnection) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIJRMPServerImpl のメソッド
 
closeClient(RMIConnection) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIServerImpl のメソッド
 makeClient で作成されたクライアント接続を終了します。
CLOSED - クラス javax.management.remote.JMXConnectionNotification の static 変数
 接続終了通知の通知型文字列です。
CLOSED_OPTION - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
ユーザーが何も選択せずにウィンドウを閉じた場合にクラスメソッドから返される値です。
ClosedByInterruptException - java.nio.channels の 例外
スレッドがチャネルでの入出力操作でブロックされているにもかかわらず、別のスレッドから割り込みを受けた場合に受信するチェック例外です。
ClosedByInterruptException() - 例外 java.nio.channels.ClosedByInterruptException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
ClosedChannelException - java.nio.channels の 例外
クローズしたチャネルに対する入出力操作を行おうとしたとき、または実行しようとした入出力操作に対してそのチャネルがクローズされている場合にスローされるチェック例外です。
ClosedChannelException() - 例外 java.nio.channels.ClosedChannelException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
closedIcon - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer の変数
展開されていない、葉以外のノードを表示するのに使うアイコンです。
ClosedSelectorException - java.nio.channels の 例外
クローズしたセレクタに対する入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
ClosedSelectorException() - 例外 java.nio.channels.ClosedSelectorException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
closeEntry() - クラス java.util.zip.ZipInputStream のメソッド
現在の ZIP エントリを閉じ、次のエントリを読み込むためにストリームを配置します。
closeEntry() - クラス java.util.zip.ZipOutputStream のメソッド
現在の ZIP エントリを閉じ、次のエントリを書き込むためにストリームを配置します。
closeFrame(JInternalFrame) - クラス javax.swing.DefaultDesktopManager のメソッド
フレームを削除し、必要に応じてその親から desktopIcon を削除します。
closeFrame(JInternalFrame) - インタフェース javax.swing.DesktopManager のメソッド
通常、フレームがその親から削除されます。
closeFrame(JInternalFrame) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
ユーザーがフレームを閉じるときに呼び出されます。
closeIcon - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
closeInbound() - クラス javax.net.ssl.SSLEngine のメソッド
これ以上この SSLEngine に送信される着信ネットワークデータがないことを示す信号です。
closeKey - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI の変数
推奨されていません。 バージョン 1.3 時点
closeOutbound() - クラス javax.net.ssl.SSLEngine のメソッド
これ以上この SSLEngine に送信される送信アプリケーションデータがないことを示す信号です。
closeOutUnwantedEmbeddedTags(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.html.HTMLWriter のメソッド
属性セットおよびタグベクターに格納された各タグを検索します。
closePath() - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
最後の moveTo の座標まで直線を描画して現在のサブパスを閉じます。
closeServer() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIIIOPServerImpl のメソッド
 RMIServerImpl.close() によって呼び出されます。
closeServer() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIJRMPServerImpl のメソッド
 RMIServerImpl.close() によって呼び出されます。
closeServer() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIServerImpl のメソッド
 RMIServerImpl.close() によって呼び出され、コネクタサーバーを終了します。
CMMException - java.awt.color の 例外
この例外は、ネイティブ CMM がエラーを返した場合にスローされます。
CMMException(String) - 例外 java.awt.color.CMMException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ CMMException を構築します。
coalesceEvents(AWTEvent, AWTEvent) - クラス java.awt.Component のメソッド
必要に応じて、送信されるイベントと既存のイベントを合体させます。
CODE - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
CODE - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
code - 例外 org.w3c.dom.DOMException の変数
 
code - 例外 org.w3c.dom.events.EventException の変数
 
code - 例外 org.w3c.dom.ls.LSException の変数
 
CODE_ATTRIBUTE_PFX - インタフェース java.util.jar.Pack200.Packer の static 変数
コード属性名と連結して使用された場合、属性の形式を示します。
CODEBASE - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
Codec - org.omg.IOP の インタフェース
ORB サービスによって使用される IOR のコンポーネントやサービスコンテキストデータの形式は、IDL で定義されたデータ型のインスタンスをエンコードする CDR カプセル化としてよく定義されます。
codec_factory() - インタフェース org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoOperations のメソッド
IOP.CodecFactory を返します。
CodecFactory - org.omg.IOP の インタフェース
Codec は、CodecFactory から取得されます。
CodecFactoryHelper - org.omg.IOP の クラス
Codec は、CodecFactory から取得されます。
CodecFactoryHelper() - クラス org.omg.IOP.CodecFactoryHelper のコンストラクタ
 
CodecFactoryOperations - org.omg.IOP の インタフェース
Codec は、CodecFactory から取得されます。
CodecOperations - org.omg.IOP の インタフェース
ORB サービスによって使用される IOR のコンポーネントやサービスコンテキストデータの形式は、IDL で定義されたデータ型のインスタンスをエンコードする CDR カプセル化としてよく定義されます。
codePointAt(CharSequence, int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
CharSequence の指定されたインデックスにあるコードポイントを返します。
codePointAt(char[], int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
char 配列の指定されたインデックスにあるコードポイントを返します。
codePointAt(char[], int, int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
limit の長さ未満の index を持つ配列要素のみを使用可能な、char 配列の指定されたインデックスにあるコードポイントを返します。
codePointAt(int) - クラス java.lang.String のメソッド
指定されたインデックス位置の文字 (Unicode コードポイント) を返します。
codePointAt(int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
codePointBefore(CharSequence, int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
CharSequence の指定されたインデックスの前にあるコードポイントを返します。
codePointBefore(char[], int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
char 配列の指定されたインデックスの前にあるコードポイントを返します。
codePointBefore(char[], int, int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
start 以上の index を持つ配列要素のみを使用可能な、char 配列の指定されたインデックスの前にあるコードポイントを返します。
codePointBefore(int) - クラス java.lang.String のメソッド
指定されたインデックスの前の文字 (Unicode コードポイント) を返します。
codePointBefore(int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
codePointCount(CharSequence, int, int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された char シーケンスのテキスト範囲内の Unicode コードポイントの数を返します。
codePointCount(char[], int, int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
char 配列引数の部分配列内の Unicode コードポイントの数を返します。
codePointCount(int, int) - クラス java.lang.String のメソッド
この String の指定されたテキスト範囲の Unicode コードポイントの数を返します。
codePointCount(int, int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
CoderMalfunctionError - java.nio.charset の エラー
CharsetDecoderdecodeLoop メソッドや CharsetEncoderencodeLoop メソッドが予想外の例外をスローするときスローされるエラーです。
CoderMalfunctionError(Exception) - エラー java.nio.charset.CoderMalfunctionError のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを初期化します。
CoderResult - java.nio.charset の クラス
コーダーの結果状態の説明です。
CODESET_INCOMPATIBLE - org.omg.CORBA の 例外
この例外は、クライアントのネイティブコードセットとサーバーのネイティブコードセットとの間で有効な通信ができない場合に発生します。
CODESET_INCOMPATIBLE() - 例外 org.omg.CORBA.CODESET_INCOMPATIBLE のコンストラクタ
0 に設定されたマイナーコードと COMPLETED_NO に設定された CompletionStatus を持つ CODESET_INCOMPATIBLE 例外を構築します。
CODESET_INCOMPATIBLE(String) - 例外 org.omg.CORBA.CODESET_INCOMPATIBLE のコンストラクタ
指定されたメッセージを持つ CODESET_INCOMPATIBLE 例外を構築します。
CODESET_INCOMPATIBLE(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.CODESET_INCOMPATIBLE のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態を持つ CODESET_INCOMPATIBLE 例外を構築します。
CODESET_INCOMPATIBLE(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.CODESET_INCOMPATIBLE のコンストラクタ
指定されたメッセージ、マイナーコード、および完了状態を持つ CODESET_INCOMPATIBLE 例外を構築します。
CodeSets - org.omg.IOP の インタフェース
org/omg/IOP/CodeSets.java。
CodeSigner - java.security の クラス
このクラスはコード署名者に関する情報をカプセル化します。
CodeSigner(CertPath, Timestamp) - クラス java.security.CodeSigner のコンストラクタ
CodeSigner オブジェクトを構築します。
CodeSource - java.security の クラス
 このクラスはコードベースの概念を拡張し、位置 (URL) に加えて、その位置から発生する署名付きコードの検証に使用した証明書チェーンもカプセル化します。
CodeSource(URL, Certificate[]) - クラス java.security.CodeSource のコンストラクタ
CodeSource を構築し、指定された位置と証明書セットに関連付けます。
CodeSource(URL, CodeSigner[]) - クラス java.security.CodeSource のコンストラクタ
CodeSource を構築し、それを指定された位置とコード署名者セットに関連付けます。
CODETYPE - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
CodingErrorAction - java.nio.charset の クラス
コーディングエラーが発生したときに実行するアクションの型保証された列挙です。
coerceData(boolean) - クラス java.awt.image.BufferedImage のメソッド
isAlphaPremultiplied 変数で指定された状態にデータを一致させます。
coerceData(WritableRaster, boolean) - クラス java.awt.image.ColorModel のメソッド
ラスタデータが isAlphaPremultiplied 変数で指定された状態と一致するようにします。
coerceData(WritableRaster, boolean) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のメソッド
ラスタデータが isAlphaPremultiplied 変数で指定された状態と一致するようにします。
coerceData(WritableRaster, boolean) - クラス java.awt.image.DirectColorModel のメソッド
ラスタデータが isAlphaPremultiplied 変数で指定された状態と一致するようにします。
colHead - クラス javax.swing.ScrollPaneLayout の変数
列ヘッダーの子です。
COLLAPSED - クラス javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクトが収納された状態であることを示します。
collapsedIcon - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI の変数
 
CollapsedStringAdapter - javax.xml.bind.annotation.adapters の クラス
xs:token とその派生型を処理する組み込み XmlAdapter です。
CollapsedStringAdapter() - クラス javax.xml.bind.annotation.adapters.CollapsedStringAdapter のコンストラクタ
 
collapsePath(TreePath) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
指定されたパスによって識別されるノードが収納され、表示可能になるようにします。
collapseRow(int) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
指定された行にあるノードが収納されているようにします。
COLLATED - クラス javax.print.attribute.standard.SheetCollate の static 変数
2 部以上のドキュメントは部単位で印刷されます。
CollationElementIterator - java.text の クラス
CollationElementIterator クラスは、多国語文字列の各文字を処理するときの反復子として使われます。
CollationKey - java.text の クラス
CollationKey は、特定の Collator オブジェクトのルールのもとにある String を表します。
CollationKey(String) - クラス java.text.CollationKey のコンストラクタ
CollationKey のコンストラクタです。
Collator - java.text の クラス
Collator クラスは、ロケールに依存する String の比較を行います。
Collator() - クラス java.text.Collator のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
CollatorProvider - java.text.spi の クラス
Collator クラスの具象実装を提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
CollatorProvider() - クラス java.text.spi.CollatorProvider のコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
Collection<E> - java.util の インタフェース
「コレクション階層」のルートインタフェースです。
CollectionCertStoreParameters - java.security.cert の クラス
Collection CertStore アルゴリズムの入力で使用されるパラメータです。
CollectionCertStoreParameters(Collection<?>) - クラス java.security.cert.CollectionCertStoreParameters のコンストラクタ
指定した Collection から証明書と CRL が取得できるような CollectionCertStoreParameters のインスタンスを作成します。
CollectionCertStoreParameters() - クラス java.security.cert.CollectionCertStoreParameters のコンストラクタ
デフォルトのパラメータ値付きの CollectionCertStoreParameters のインスタンス (空で不変の Collection) を作成します。
Collections - java.util の クラス
このクラスは、コレクションに作用する、またはコレクションを返す static メソッドだけで構成されます。
Color - java.awt の クラス
Color クラスは、デフォルトの sRGB カラー領域にある色、または ColorSpace で識別される任意のカラー領域にある色をカプセル化するために使用されます。
Color(int, int, int) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
範囲 (0 〜 255) の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明な sRGB カラーを生成します。
Color(int, int, int, int) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
範囲 (0 - 255) の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使って sRGB カラーを生成します。
Color(int) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
ビット 16-23 の赤色成分、ビット 8-15 の緑色成分、およびビット 0-7 の青色成分から合成された、指定された RGB 値を使って、不透明な sRGB カラーを生成します。
Color(int, boolean) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
ビット 24 〜 31 のアルファ成分、ビット 16 〜 23 の赤色成分、ビット 8 〜 15 の緑色成分、およびビット 0 〜 7 の青色成分で構成される、指定された RGBA 値を持つ、sRGB カラーを生成します。
Color(float, float, float) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
範囲 (0.0 〜 1.0) の指定された赤、緑、青の値を使って、不透明な sRGB カラーを生成します。
Color(float, float, float, float) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
範囲 (0.0 - 1.0) の指定された赤、緑、青、およびアルファ値を使って sRGB カラーを生成します。
Color(ColorSpace, float[], float) - クラス java.awt.Color のコンストラクタ
float 配列で指定された色成分と指定されたアルファを使って、指定された ColorSpace の色を生成します。
COLOR - クラス java.awt.PageAttributes.ColorType の static 変数
カラープリントの指定に使用する ColorType インスタンス
COLOR - クラス javax.print.attribute.standard.Chromaticity の static 変数
カラープリントです。
color - クラス javax.swing.border.MatteBorder の変数
 
COLOR - クラス javax.swing.text.html.CSS.Attribute の static 変数
 
COLOR - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
COLOR_ACTION - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit の static 変数
色選択処理識別子です。
COLOR_CHOOSER - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
ユーザーが色を選択できるようにする特殊な区画です。
COLOR_CHOOSER - クラス javax.swing.plaf.synth.Region の static 変数
ColorChooser 領域です。
COLOR_CHOOSER_DIALOG - クラス javax.swing.JRootPane の static 変数
windowDecorationStyle プロパティーに使用する定数です。
ColorChooserComponentFactory - javax.swing.colorchooser の クラス
カラーチューザに挿入する設定済みの「アクセサリ」オブジェクトを生成するためのクラスです。
ColorChooserUI - javax.swing.plaf の クラス
JColorChooser 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
ColorChooserUI() - クラス javax.swing.plaf.ColorChooserUI のコンストラクタ
 
ColorConvertOp - java.awt.image の クラス
このクラスは、転送元イメージのデータの色変換をピクセル単位で実行します。
ColorConvertOp(RenderingHints) - クラス java.awt.image.ColorConvertOp のコンストラクタ
転送元カラースペースから転送先カラースペースに変換する新しい ColorConvertOp を構築します。
ColorConvertOp(ColorSpace, RenderingHints) - クラス java.awt.image.ColorConvertOp のコンストラクタ
ColorSpace オブジェクトから新しい ColorConvertOp を構築します。
ColorConvertOp(ColorSpace, ColorSpace, RenderingHints) - クラス java.awt.image.ColorConvertOp のコンストラクタ
2 つの ColorSpace オブジェクトから新しい ColorConvertOp を構築します。
ColorConvertOp(ICC_Profile[], RenderingHints) - クラス java.awt.image.ColorConvertOp のコンストラクタ
ICC_Profile の配列から新しい ColorConvertOp を構築します。
ColorModel - java.awt.image の クラス
ColorModel abstract クラスは、ピクセル値を色成分 (赤、緑、青など) およびアルファ成分に変換するメソッドをカプセル化します。
ColorModel(int) - クラス java.awt.image.ColorModel のコンストラクタ
指定されたビット数のピクセルを色成分およびアルファ成分に変換する ColorModel を構築します。
ColorModel(int, int[], ColorSpace, boolean, boolean, int, int) - クラス java.awt.image.ColorModel のコンストラクタ
ピクセル値を色成分およびアルファ成分に変換する ColorModel を構築します。
colorModel - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の変数
プロトタイプとして使用する ColorModel です。
ColorSelectionModel - javax.swing.colorchooser の インタフェース
Color の選択をサポートするモデルです。
ColorSpace - java.awt.color の クラス
この abstract クラスは、Color オブジェクトの特定のカラースペース、または ColorModel オブジェクトを介して、Image、BufferedImage、または GraphicsDevice の特定のカラースペースを識別するためにカラースペースタグとして機能します。
ColorSpace(int, int) - クラス java.awt.color.ColorSpace のコンストラクタ
指定されたカラースペースタイプおよび成分数で、ColorSpace オブジェクトを構築します。
ColorSupported - javax.print.attribute.standard の クラス
ColorSupported クラスは、デバイスがフルプロセスカラーとハイライトカラーを含む、あらゆる種類のカラープリントが可能かどうかを識別する列挙型の印刷属性クラスです。
ColorSupported(int) - クラス javax.print.attribute.standard.ColorSupported のコンストラクタ
指定された整数値で新しいカラーをサポートする列挙値を構築します。
ColorType - javax.swing.plaf.synth の クラス
スタイルから取得できる型保証された色の列挙です。
ColorType(String) - クラス javax.swing.plaf.synth.ColorType のコンストラクタ
指定された説明を使って新しい ColorType を作成します。
ColorUIResource - javax.swing.plaf の クラス
 
ColorUIResource(int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.ColorUIResource のコンストラクタ
 
ColorUIResource(int) - クラス javax.swing.plaf.ColorUIResource のコンストラクタ
 
ColorUIResource(float, float, float) - クラス javax.swing.plaf.ColorUIResource のコンストラクタ
 
ColorUIResource(Color) - クラス javax.swing.plaf.ColorUIResource のコンストラクタ
 
COLS - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
COLSPAN - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
column - クラス javax.swing.event.TableModelEvent の変数
 
COLUMN_HEADER - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
データの列のヘッダーです。
COLUMN_HEADER - インタフェース javax.swing.ScrollPaneConstants の static 変数
左上隅と右上隅の間のビューポートの上端の領域を識別します。
COLUMN_WIDTH_PROPERTY - クラス javax.swing.table.TableColumn の static 変数
Java 2 プラットフォーム v1.3 で廃止されました。
columnAdded(TableColumnModelEvent) - インタフェース javax.swing.event.TableColumnModelListener のメソッド
モデルに列が追加されたことをリスナーに通知します。
columnAdded(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
テーブルの内容の変更 (列の挿入) を追跡します。
columnAdded(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
テーブル列モデルに列が追加されるときに呼び出されます。
columnAdded(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
テーブル列モデルに列が追加されるときに呼び出されます。
columnAtPoint(Point) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
point が存在する場合はその列のインデックス、結果が [0, getColumnCount()-1] の範囲内にない場合は -1 を返します。
columnAtPoint(Point) - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
point のある列のインデックスを返します。
columnHeader - クラス javax.swing.JScrollPane の変数
列ヘッダーの子です。
columnIdentifiers - クラス javax.swing.table.DefaultTableModel の変数
列識別子の Vector です。
columnMargin - クラス javax.swing.table.DefaultTableColumnModel の変数
各列の間の幅マージンです。
columnMarginChanged(ChangeEvent) - インタフェース javax.swing.event.TableColumnModelListener のメソッド
マージンの変更のために列が移動されたことをリスナーに通知します。
columnMarginChanged(ChangeEvent) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
マージンの変更による列の移動を追跡します。
columnMarginChanged(ChangeEvent) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
マージンの変更のために列が移動されるときに呼び出されます。
columnMarginChanged(ChangeEvent) - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
マージンの変更のために列が移動されるときに呼び出されます。
columnModel - クラス javax.swing.JTable の変数
テーブルの TableColumnModel です。
columnModel - クラス javax.swing.table.JTableHeader の変数
テーブルヘッダーの TableColumnModel です。
columnMoved(TableColumnModelEvent) - インタフェース javax.swing.event.TableColumnModelListener のメソッド
列が再配置されたことをリスナーに通知します。
columnMoved(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
列の位置の変更を追跡します。
columnMoved(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
列が再配置されると呼び出されます。
columnMoved(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
列が再配置されると呼び出されます。
columnNoNulls - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
列が NULL 値を許可しない場合があることを示します。
columnNoNulls - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData の static 変数
列が NULL 値を許可しないことを示す定数です。
columnNullable - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
列が必ず NULL 値を許可することを示します。
columnNullable - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData の static 変数
列が NULL 値を許可することを示す定数です。
columnNullableUnknown - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
列が NULL 値を許可するかどうか不明であることを示します。
columnNullableUnknown - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData の static 変数
列が NULL 値を許可するかどうか不明であることを示す定数です。
columnRemoved(TableColumnModelEvent) - インタフェース javax.swing.event.TableColumnModelListener のメソッド
モデルから列が削除されたことをリスナーに通知します。
columnRemoved(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
テーブルの内容の変更 (列の削除) を追跡します。
columnRemoved(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
列がテーブル列モデルから削除されるときに呼び出されます。
columnRemoved(TableColumnModelEvent) - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
列がテーブル列モデルから削除されるときに呼び出されます。
columnSelectionAllowed - クラス javax.swing.table.DefaultTableColumnModel の変数
この列モデルで許可される列の選択です。
columnSelectionChanged(ListSelectionEvent) - インタフェース javax.swing.event.TableColumnModelListener のメソッド
TableColumnModel の選択モデルが変更されたことをリスナーに通知します。
columnSelectionChanged(ListSelectionEvent) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
TableColumnModel の選択モデルの変更を追跡します。
columnSelectionChanged(ListSelectionEvent) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
TableColumnModel の選択モデルが変更されるときに呼び出されます。
columnSelectionChanged(ListSelectionEvent) - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
TableColumnModel の選択モデルが変更されるときに呼び出されます。
columnUpdated(int) - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet のメソッド
この CachedRowSet オブジェクトの現在の行内の指定された列が更新されたかどうかを示します。
columnUpdated(String) - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet のメソッド
この CachedRowSet オブジェクトの現在の行内の指定された列が更新されたかどうかを示します。
columnWeights - クラス java.awt.GridBagLayout の変数
このフィールドは、列のウェイトに対するオーバーライドを保持します。
columnWidths - クラス java.awt.GridBagLayout の変数
このフィールドは、列の最小幅に対するオーバーライドを保持します。
combine(ProtectionDomain[], ProtectionDomain[]) - インタフェース java.security.DomainCombiner のメソッド
指定された ProtectionDomains を変更または更新します。
combine(ProtectionDomain[], ProtectionDomain[]) - クラス javax.security.auth.SubjectDomainCombiner のメソッド
この SubjectDomainCombiner に関連付けられた Subject の Principal を使用して、関連する ProtectionDomains を更新します。
COMBINING - クラス java.awt.font.GlyphMetrics の static 変数
ウムラウトのような結合文字のグリフを示します。
COMBINING_DIACRITICAL_MARKS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「Combining Diacritical Marks」Unicode 文字ブロックの定数です。
COMBINING_HALF_MARKS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「Combining Half Marks」Unicode 文字ブロックの定数です。
COMBINING_MARKS_FOR_SYMBOLS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「Combining Diacritical Marks for Symbols」Unicode 文字ブロックの定数です。
COMBINING_SPACING_MARK - クラス java.lang.Character の static 変数
Unicode 仕様の汎用カテゴリ「Mc」
COMBO_BOX - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
ユーザーが選択できる選択肢のリストです。
COMBO_BOX - クラス javax.swing.plaf.synth.Region の static 変数
ComboBox 領域です。
comboBox - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI の変数
 
comboBox - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup の変数
 
comboBox - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton の変数
 
ComboBoxEditor - javax.swing の インタフェース
JComboBox コンポーネントに使われるエディタコンポーネントです。
ComboBoxModel - javax.swing の インタフェース
コンボボックスのデータモデルです。
ComboBoxUI - javax.swing.plaf の クラス
JComboBox 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
ComboBoxUI() - クラス javax.swing.plaf.ComboBoxUI のコンストラクタ
 
comboIcon - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton の変数
 
ComboPopup - javax.swing.plaf.basic の インタフェース
コンボボックスのポップアップ部分の実装に必要なメソッドを定義するインタフェースです。
COMM_FAILURE - org.omg.CORBA の 例外
この例外は、クライアントから要求が送信されたあとで、サーバーからの応答がクライアントに返る前、処理の実行中に通信が失われた場合にスローされます。
COMM_FAILURE() - 例外 org.omg.CORBA.COMM_FAILURE のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、COMM_FAILURE 例外を構築します。
COMM_FAILURE(String) - 例外 org.omg.CORBA.COMM_FAILURE のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、COMM_FAILURE 例外を構築します。
COMM_FAILURE(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.COMM_FAILURE のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で COMM_FAILURE 例外を構築します。
COMM_FAILURE(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.COMM_FAILURE のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により COMM_FAILURE 例外を構築します。
command(Object) - クラス java.lang.Compiler の static メソッド
引数の型とそのフィールドを調べ、ドキュメント化されているいくつかの処理を実行します。
command(List<String>) - クラス java.lang.ProcessBuilder のメソッド
このプロセスビルダーのオペレーティングシステムプログラムと引数を設定します。
command(String...) - クラス java.lang.ProcessBuilder のメソッド
このプロセスビルダーのオペレーティングシステムプログラムと引数を設定します。
command() - クラス java.lang.ProcessBuilder のメソッド
プロセスビルダーのオペレーティングシステムプログラムと引数を返します。
CommandInfo - javax.activation の クラス
CommandInfo クラスは、CommandMap 実装でコマンド要求の結果を記述するために使用されます。
CommandInfo(String, String) - クラス javax.activation.CommandInfo のコンストラクタ
CommandInfo のコンストラクタです。
CommandMap - javax.activation の クラス
CommandMap クラスは、システムで利用できるコマンドオブジェクトのレジストリへのインタフェースを提供します。
CommandMap() - クラス javax.activation.CommandMap のコンストラクタ
 
CommandObject - javax.activation の インタフェース
Activation Framework に対応している JavaBeans コンポーネントは、このインタフェースを実装して、実行要求が出されているコマンドの動詞を見つけ、処理すべきデータを表す DataHandler を取得します。
COMMENT - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
COMMENT - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
すべてのコメントに、このタグでラベルを付けます。
comment(Element) - クラス javax.swing.text.html.HTMLWriter のメソッド
コメントを書き出します。
Comment - javax.xml.stream.events の インタフェース
コメントイベントのインタフェースです。
COMMENT - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamConstants の static 変数
イベントがコメントであることを示します。
Comment - org.w3c.dom の インタフェース
このインタフェースは、CharacterData を継承し、コメントの内容を表します。
comment(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.ext.DefaultHandler2 のメソッド
 
comment(char[], int, int) - インタフェース org.xml.sax.ext.LexicalHandler のメソッド
文書内の任意の位置にある XML コメントを報告します。
COMMENT_NODE - インタフェース org.w3c.dom.Node の static 変数
ノードは Comment です。
commentChar(int) - クラス java.io.StreamTokenizer のメソッド
引数で指定された文字以降は、1 行のコメント行であることを指定します。
COMMENTS - クラス java.util.regex.Pattern の static 変数
パターン内で空白とコメントを使用できるようにします。
commit() - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
直前のコミット/ロールバック以降に行われた変更をすべて有効とし、この Connection オブジェクトが現在保持するデータベースロックをすべて解除します。
commit() - インタフェース javax.security.auth.spi.LoginModule のメソッド
認証プロセスをコミットするメソッドです (フェーズ 2)。
commit() - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet のメソッド
CachedRowSet オブジェクトの SyncProvider には、ResultSetConnection オブジェクトか、コンストラクタに渡される JDBC プロパティーが含まれます。
commit() - インタフェース javax.sql.rowset.JdbcRowSet のメソッド
JdbcRowSet には、ResultSetConnection オブジェクトか、コンストラクタに渡される JDBC プロパティーが含まれます。
commit() - インタフェース javax.sql.rowset.spi.TransactionalWriter のメソッド
前回の commit または rollback メソッドの呼び出しから、acceptChanges メソッドによって行われたすべての変更を永続的なものにします。
COMMIT - クラス javax.swing.JFormattedTextField の static 変数
フォーカス喪失時に commitEdit を呼び出すことを指定する定数です。
commit(Xid, boolean) - インタフェース javax.transaction.xa.XAResource のメソッド
xid で指定されたグローバルトランザクションをコミットします。
COMMIT_ON_ACCEPT_CHANGES - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet の static 変数
acceptChanges() の呼び出し時に、CachedRowSet オブジェクトの SyncProvider に変更をコミットさせます。
COMMIT_OR_REVERT - クラス javax.swing.JFormattedTextField の static 変数
フォーカス喪失時に commitEdit を呼び出すことを指定する定数です。
commitEdit() - クラス javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
現在の値を AbstractFormatter から強制的に取得し、現在の値として設定します。
commitEdit() - クラス javax.swing.JSpinner のメソッド
現在編集されている値を SpinnerModel に確定します。
commitEdit() - クラス javax.swing.JSpinner.DefaultEditor のメソッド
現在編集されている値を SpinnerModel にプッシュします。
COMMON - クラス java.awt.JobAttributes.DialogType の static 変数
クロスプラットフォームの Pure Java 印刷ダイアログを指定するために使う DialogType インスタンスです。
CommonDataSource - javax.sql の インタフェース
DataSourceXADataSource、および ConnectionPoolDataSource に共通のメソッドを定義するインタフェースです。
CommunicationException - javax.naming の 例外
この例外は、クライアントがディレクトリサービスまたはネーミングサービスと通信できない場合にスローされます。
CommunicationException(String) - 例外 javax.naming.CommunicationException のコンストラクタ
指定された引数を使用して、CommunicationException の新しいインスタンスを構築します。
CommunicationException() - 例外 javax.naming.CommunicationException のコンストラクタ
CommunicationException の新しいインスタンスを構築します。
compact() - クラス java.nio.ByteBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
compact() - クラス java.nio.CharBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
compact() - クラス java.nio.DoubleBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
compact() - クラス java.nio.FloatBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
compact() - クラス java.nio.IntBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
compact() - クラス java.nio.LongBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
compact() - クラス java.nio.ShortBuffer のメソッド
現在のバッファーを圧縮します (オプション)。
COMPACT - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
COMPACT_DISC - クラス javax.sound.sampled.Port.Info の static 変数
CD-ROM ドライブからオーディオを取得するポートのタイプです。
Comparable<T> - java.lang の インタフェース
This interface imposes a total ordering on the objects of each class that implements it.
Comparator<T> - java.util の インタフェース
オブジェクトのコレクションで「全体順序付け」を行う比較関数です。
comparator() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
 
comparator() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のメソッド
 
comparator() - クラス java.util.concurrent.PriorityBlockingQueue のメソッド
このキュー内の要素を順序付けするのに使うコンパレータを返します。
comparator() - クラス java.util.PriorityQueue のメソッド
このキュー内の要素を順序付けするのに使うコンパレータを返します。
comparator() - インタフェース java.util.SortedMap のメソッド
このマップ内のキーを順序付けするのに使うコンパレータを返します。
comparator() - インタフェース java.util.SortedSet のメソッド
このセット内の要素を順序付けするのに使うコンパレータを返します。
comparator() - クラス java.util.TreeMap のメソッド
 
comparator() - クラス java.util.TreeSet のメソッド
 
compare(double, double) - クラス java.lang.Double の static メソッド
指定された 2 つの double 値を比較します。
compare(float, float) - クラス java.lang.Float の static メソッド
指定された 2 つの float 値を比較します。
compare(String, String) - クラス java.text.Collator のメソッド
Collator の照合ルールに従って、ソース文字列とターゲット文字列を比較します。
compare(Object, Object) - クラス java.text.Collator のメソッド
順序付けのために 2 つの引数を比較します。
compare(String, String) - クラス java.text.RuleBasedCollator のメソッド
2 つの異なる文字列に格納された文字データを、照合ルールに従って比較します。
compare(T, T) - インタフェース java.util.Comparator のメソッド
順序付けのために 2 つの引数を比較します。
compare(Duration) - クラス javax.xml.datatype.Duration のメソッド
 この Duration インスタンスと部分順序リレーションを比較します。
compare(XMLGregorianCalendar) - クラス javax.xml.datatype.XMLGregorianCalendar のメソッド
 [W3C XML Schema 1.0 Part 2」のセクション 3.2.7.3「Order relation on dateTime」 に定義された部分順序リレーションに従って、W3C XML Schema 1.0 日時データ型の 2 つのインスタンスを比較します。
compareAndSet(boolean, boolean) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicBoolean のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSet(int, int) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicInteger のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSet(int, int, int) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArray のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、位置 i の要素を指定された更新済みの値に原子的に設定します。
compareAndSet(T, int, int) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerFieldUpdater のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールド値を、指定された更新済みの値に原子的に設定します。
compareAndSet(long, long) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLong のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSet(int, long, long) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLongArray のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSet(T, long, long) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLongFieldUpdater のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールド値を、指定された更新済みの値に原子的に設定します。
compareAndSet(V, V, boolean, boolean) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicMarkableReference のメソッド
「現在の参照 == 予想される参照」であり、現在のマークが予想されるマークに等しい場合、参照およびマークの値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSet(V, V) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicReference のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSet(int, E, E) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceArray のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、位置 i の要素を指定された更新済みの値に原子的に設定します。
compareAndSet(T, V, V) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicReferenceFieldUpdater のメソッド
「現在の値 == 予想される値」である場合、このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールド値を、指定された更新済みの値に原子的に設定します。
compareAndSet(V, V, int, int) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicStampedReference のメソッド
「現在の参照 == 予想される参照」であり、現在のスタンプが予想されるスタンプに等しい場合、参照およびスタンプの値を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSetState(long, long) - クラス java.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizer のメソッド
現在の状態値が予想される値に等しい場合、同期状態を指定された更新値に原子的に設定します。
compareAndSetState(int, int) - クラス java.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizer のメソッド
現在の状態値が予想される値に等しい場合、同期状態を指定された更新値に原子的に設定します。
compareDocumentPosition(Node) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
 
compareDocumentPosition(Node) - インタフェース org.w3c.dom.Node のメソッド
このメソッドが呼び出されている参照ノードを、パラメータとして渡されるノードと、文書内の位置に関して文書順に比較します。
compareTabOrder(Component, Component) - クラス javax.swing.DefaultFocusManager のメソッド
 
compareTo(File) - クラス java.io.File のメソッド
2 つの抽象パス名を語彙的に比較します。
compareTo(Object) - クラス java.io.ObjectStreamField のメソッド
このフィールドを別の ObjectStreamField と比較します。
compareTo(Boolean) - クラス java.lang.Boolean のメソッド
この Boolean インスタンスを別の Boolean インスタンスと比較します。
compareTo(Byte) - クラス java.lang.Byte のメソッド
2 つの Byte オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(Character) - クラス java.lang.Character のメソッド
2 つの Character オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(T) - インタフェース java.lang.Comparable のメソッド
Compares this object with the specified object for order.
compareTo(Double) - クラス java.lang.Double のメソッド
2 つの Double オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(E) - クラス java.lang.Enum のメソッド
この enum と指定されたオブジェクトの順序を比較します。
compareTo(Float) - クラス java.lang.Float のメソッド
2 つの Float オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(Integer) - クラス java.lang.Integer のメソッド
2 つの Integer オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(Long) - クラス java.lang.Long のメソッド
2 つの Long オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(Short) - クラス java.lang.Short のメソッド
2 つの Short オブジェクトを数値的に比較します。
compareTo(String) - クラス java.lang.String のメソッド
2 つの文字列を辞書的に比較します。
compareTo(BigDecimal) - クラス java.math.BigDecimal のメソッド
この BigDecimal と指定された BigDecimal を比較します。
compareTo(BigInteger) - クラス java.math.BigInteger のメソッド
この BigInteger を指定された BigInteger と比較します。
compareTo(URI) - クラス java.net.URI のメソッド
この URI を別のオブジェクトと比較します。
compareTo(ByteBuffer) - クラス java.nio.ByteBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(CharBuffer) - クラス java.nio.CharBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(Charset) - クラス java.nio.charset.Charset のメソッド
この文字セットと別の文字セットを比較します。
compareTo(DoubleBuffer) - クラス java.nio.DoubleBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(FloatBuffer) - クラス java.nio.FloatBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(IntBuffer) - クラス java.nio.IntBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(LongBuffer) - クラス java.nio.LongBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(ShortBuffer) - クラス java.nio.ShortBuffer のメソッド
現在のバッファーを別のバッファーと比較します。
compareTo(Timestamp) - クラス java.sql.Timestamp のメソッド
この Timestamp オブジェクトを、指定された Timestamp オブジェクトと比較します。
compareTo(Date) - クラス java.sql.Timestamp のメソッド
この Timestamp オブジェクトを指定された Date と比較します。
compareTo(CollationKey) - クラス java.text.CollationKey のメソッド
この CollationKey をターゲットの CollationKey と比較します。
compareTo(Calendar) - クラス java.util.Calendar のメソッド
2 つの Calendar オブジェクトで表される時刻値 (エポックからのミリ秒単位のオフセット) を比較します。
compareTo(Date) - クラス java.util.Date のメソッド
順序付けのために 2 つの Date を比較します。
compareTo(UUID) - クラス java.util.UUID のメソッド
この UUID を指定された UUID と比較します。
compareTo(ObjectName) - クラス javax.management.ObjectName のメソッド
 ObjectName の 2 つのインスタンスを比較します。
compareTo(Object) - クラス javax.naming.CompositeName のメソッド
CompositeName と、指定された Object の順序を比較します。
compareTo(Object) - クラス javax.naming.CompoundName のメソッド
CompoundName と、指定された Object の順序を比較します。
compareTo(Object) - クラス javax.naming.ldap.LdapName のメソッド
LdapName と、指定された Object の順序を比較します。
compareTo(Object) - クラス javax.naming.ldap.Rdn のメソッド
Rdn と、指定された Object の順序を比較します。
compareTo(Object) - インタフェース javax.naming.Name のメソッド
この名前と別の名前の順序を比較します。
compareToIgnoreCase(String) - クラス java.lang.String のメソッド
大文字と小文字の区別なしで、2 つの文字列を辞書的に比較します。
Compilable - javax.script の インタフェース
再コンパイルを行わずに繰り返し実行可能なフォームにスクリプトをコンパイルするメソッドを持つ ScriptEngines によって実装されるオプションのインタフェースです。
COMPILATION_MXBEAN_NAME - クラス java.lang.management.ManagementFactory の static 変数
CompilationMXBeanObjectName の文字列表現です。
CompilationMXBean - java.lang.management の インタフェース
Java 仮想マシンのコンパイルシステムの管理インタフェースです。
compile(String) - クラス java.util.regex.Pattern の static メソッド
指定された正規表現をパターンにコンパイルします。
compile(String, int) - クラス java.util.regex.Pattern の static メソッド
指定されたフラグを使用して、指定された正規表現をパターンにコンパイルします。
compile(String) - インタフェース javax.script.Compilable のメソッド
あとで実行するために、スクリプト (String として表されるソース) をコンパイルします。
compile(Reader) - インタフェース javax.script.Compilable のメソッド
あとで実行するために、スクリプト (Reader から読み込まれるソース) をコンパイルします。
compile(String) - インタフェース javax.xml.xpath.XPath のメソッド
 あとで評価するため、Xpath 式をコンパイルします。
compileClass(Class<?>) - クラス java.lang.Compiler の static メソッド
指定されたクラスをコンパイルします。
compileClasses(String) - クラス java.lang.Compiler の static メソッド
指定された文字列と一致する名前を持つクラスをすべてコンパイルします。
CompiledScript - javax.script の クラス
コンパイルの結果を格納するクラスによって拡張されます。
CompiledScript() - クラス javax.script.CompiledScript のコンストラクタ
 
Compiler - java.lang の クラス
Compiler クラスは、Java からネイティブコードへのコンパイラおよび関連サービスをサポートします。
complementOf(EnumSet<E>) - クラス java.util.EnumSet の static メソッド
指定された enum セットと同じ要素型を使用して enum セットを作成します。
COMPLETE - クラス java.awt.MediaTracker の static 変数
メディアのダウンロードが正常に終了したことを示すフラグです。
complete() - クラス java.util.Calendar のメソッド
カレンダフィールドの未設定フィールドに値を入れます。
COMPLETED - クラス javax.print.attribute.standard.JobState の static 変数
ジョブが正常に完了しているか、処理後に警告またはエラーが出され、印刷された用紙はすべて適切な出力トレーに排出され、すべてのジョブ状態属性がジョブの最終値に設定されています。
completed - 例外 org.omg.CORBA.SystemException の変数
この例外をスローする操作の状態
COMPLETED_MAYBE - クラス org.omg.CORBA.CompletionStatus の static 変数
定数 _COMPLETED_MAYBE で初期化された CompletionStatus のインスタンスです。
COMPLETED_NO - クラス org.omg.CORBA.CompletionStatus の static 変数
定数 _COMPLETED_NO で初期化された CompletionStatus のインスタンスです。
COMPLETED_YES - クラス org.omg.CORBA.CompletionStatus の static 変数
定数 _COMPLETED_YES で初期化された CompletionStatus のインスタンスです。
completeDrag(int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider.DragController のメソッド
 
completeDrag(MouseEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider.DragController のメソッド
finishDraggingTo に、マウスイベントの新しい位置についてのメッセージを送ります。
completeEditing() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
編集セッションを中止するためにメッセージとして送られます。
completeEditing(boolean, boolean, boolean) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
編集セッションを中止します。
COMPLETESCANLINES - インタフェース java.awt.image.ImageConsumer の static 変数
ピクセルは、1 度に (複数の) 完全な走査線単位で転送されます。
completeUIInstall() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
すべてのデフォルトおよびリスナーがインストールされたあとに installUI から呼び出されます。
completeUIUninstall() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
Completion - javax.annotation.processing の インタフェース
注釈の推奨の「コンプリート」
Completions - javax.annotation.processing の クラス
複数の Completion オブジェクトを集約するためのユーティリティークラス。
CompletionService<V> - java.util.concurrent の インタフェース
新しい非同期タスクの生成を、完了済みタスクの結果の消費から分離するサービスです。
CompletionStatus - org.omg.CORBA の クラス
SystemException がスローされたときにメソッドが動作を完了していたかどうかを示すオブジェクトです。
CompletionStatusHelper - org.omg.CORBA の クラス
CompletionStatus のヘルパーです。
CompletionStatusHelper() - クラス org.omg.CORBA.CompletionStatusHelper のコンストラクタ
 
Component - java.awt の クラス
「コンポーネント」は、画面に表示でき、ユーザーと対話できるグラフィカルな表現を持つオブジェクトです。
Component() - クラス java.awt.Component のコンストラクタ
コンポーネントを新しく構築します。
component - クラス java.awt.dnd.DragGestureRecognizer の変数
DragGestureRecognizer に関連した Component です。
COMPONENT - クラス java.awt.font.GlyphMetrics の static 変数
対応する文字がバッキングストアにないグリフを示します。
component - クラス javax.swing.ImageIcon の static 変数
 
Component.AccessibleAWTComponent - java.awt の クラス
ユーザー補助機能のデフォルトサポートの提供に使用する Component の内部クラスです。
Component.AccessibleAWTComponent() - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のコンストラクタ
このクラスは abstract クラスですが、すべてのサブクラスでこのコンストラクタを呼び出すようにしてください。
Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler - java.awt の クラス
Fire PropertyChange リスナーが登録されていれば、表示または非表示にされたときにそれをトリガーします。
Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler() - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler のコンストラクタ
 
Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandler - java.awt の クラス
Fire PropertyChange リスナーが登録されていれば、フォーカスイベントが発生したときにそれをトリガーします。
Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandler() - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandler のコンストラクタ
 
Component.BaselineResizeBehavior - java.awt の 列挙型
コンポーネントのサイズが変化するにつれてベースラインが変化する共通の方法を列挙します。
Component.BltBufferStrategy - java.awt の クラス
オフスクリーン表面のコンポーネントへの Blit 用内部クラスです。
Component.BltBufferStrategy(int, BufferCapabilities) - クラス java.awt.Component.BltBufferStrategy のコンストラクタ
コンポーネントに関する新規 blt バッファー方針を生成します。
Component.FlipBufferStrategy - java.awt の クラス
コンポーネントのバッファー反転用内部クラス。
Component.FlipBufferStrategy(int, BufferCapabilities) - クラス java.awt.Component.FlipBufferStrategy のコンストラクタ
コンポーネントのバッファー反転方針を新しく生成します。
COMPONENT_ADDED - クラス java.awt.event.ContainerEvent の static 変数
このイベントは、コンテナにコンポーネントが追加されたことを示します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_count() - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny のコンポーネントの数を返します。
component_data - クラス org.omg.IOP.TaggedComponent の変数
コンポーネント ID に関連付けられたコンポーネントデータです。
COMPONENT_EVENT_MASK - クラス java.awt.AWTEvent の static 変数
コンポーネントイベント選択用イベントマスクです。
COMPONENT_FIRST - クラス java.awt.event.ComponentEvent の static 変数
コンポーネントイベント識別子に使う整数の範囲にある、最初の番号です。
COMPONENT_HIDDEN - クラス java.awt.event.ComponentEvent の static 変数
このイベントは、コンポーネントが不可視になったことを示します。
COMPONENT_LAST - クラス java.awt.event.ComponentEvent の static 変数
コンポーネントイベント識別子に使う整数の範囲にある、最後の番号です。
COMPONENT_MOVED - クラス java.awt.event.ComponentEvent の static 変数
このイベントは、コンポーネントの位置の変更を示します。
COMPONENT_REMOVED - クラス java.awt.event.ContainerEvent の static 変数
このイベントは、コンテナからコンポーネントが削除されたことを示します。
COMPONENT_RESIZED - クラス java.awt.event.ComponentEvent の static 変数
このイベントは、コンポーネントのサイズの変更を示します。
COMPONENT_SHOWN - クラス java.awt.event.ComponentEvent の static 変数
このイベントは、コンポーネントが可視になったことを示します。
ComponentAdapter - java.awt.event の クラス
コンポーネントイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
ComponentAdapter() - クラス java.awt.event.ComponentAdapter のコンストラクタ
 
componentAdded(ContainerEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の componentAdded メソッドを呼び出すことによって、componentAdded コンテナイベントを処理します。
componentAdded(ContainerEvent) - クラス java.awt.Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler のメソッド
 
componentAdded(ContainerEvent) - クラス java.awt.event.ContainerAdapter のメソッド
コンテナにコンポーネントが追加されると呼び出されます。
componentAdded(ContainerEvent) - インタフェース java.awt.event.ContainerListener のメソッド
コンテナにコンポーネントが追加されると呼び出されます。
componentAdded(ContainerEvent) - クラス javax.swing.JComponent.AccessibleJComponent.AccessibleContainerHandler のメソッド
 
componentAdded(ContainerEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI.ToolBarContListener のメソッド
 
ComponentAttribute - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
コンポーネント属性の名前です。
ComponentColorModel - java.awt.image の クラス
これは ColorModel クラスの 1 つで、ピクセル値を扱います。
ComponentColorModel(ColorSpace, int[], boolean, boolean, int, int) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のコンストラクタ
指定されたパラメータから、ComponentColorModel を構築します。
ComponentColorModel(ColorSpace, boolean, boolean, int, int) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のコンストラクタ
指定されたパラメータから、ComponentColorModel を構築します。
ComponentElementName - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
コンポーネントを表すために使用される要素の名前です。
ComponentEvent - java.awt.event の クラス
コンポーネントの移動、サイズの変更、可視性の変更を示す低レベルのイベントです。
ComponentEvent(Component, int) - クラス java.awt.event.ComponentEvent のコンストラクタ
ComponentEvent オブジェクトを構築します。
componentForPoint(Component, Point) - クラス javax.swing.MenuSelectionManager のメソッド
sourcePoint を含んでいる、現在選択されているパスのコンポーネントを返します。
componentHidden(ComponentEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の componentHidden メソッドを呼び出すことによって、componentHidden イベントを処理します。
componentHidden(ComponentEvent) - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler のメソッド
 
componentHidden(ComponentEvent) - クラス java.awt.event.ComponentAdapter のメソッド
コンポーネントが不可視になると呼び出されます。
componentHidden(ComponentEvent) - インタフェース java.awt.event.ComponentListener のメソッド
コンポーネントが不可視になると呼び出されます。
componentHidden(ComponentEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.ComponentHandler のメソッド
 
ComponentIdHelper - org.omg.IOP の クラス
マルチコンポーネントプロファイルを表現する標準的な方法です。
ComponentIdHelper() - クラス org.omg.IOP.ComponentIdHelper のコンストラクタ
 
ComponentInputMap - javax.swing の クラス
ComponentInputMap は、特定の JComponent に関連付けられた InputMap です。
ComponentInputMap(JComponent) - クラス javax.swing.ComponentInputMap のコンストラクタ
特定のコンポーネントに関連付けられた ComponentInputMap を生成します。
ComponentInputMapUIResource - javax.swing.plaf の クラス
javax.swing.ComponentInputMap のサブクラスであり、UIResource インタフェースを実装しています。
ComponentInputMapUIResource(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.ComponentInputMapUIResource のコンストラクタ
 
ComponentListener - java.awt.event の インタフェース
コンポーネントイベントを受け取るためのリスナーインタフェースです。
componentListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI の変数
 
componentListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
componentMoved(ComponentEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の componentMoved メソッドを呼び出すことによって、componentMoved イベントを処理します。
componentMoved(ComponentEvent) - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler のメソッド
 
componentMoved(ComponentEvent) - クラス java.awt.event.ComponentAdapter のメソッド
コンポーネントの位置が変わると呼び出されます。
componentMoved(ComponentEvent) - インタフェース java.awt.event.ComponentListener のメソッド
コンポーネントの位置が変わると呼び出されます。
componentMoved(ComponentEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.ComponentHandler のメソッド
 
componentMoved(ComponentEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.ComponentHandler のメソッド
 
ComponentOrientation - java.awt の クラス
ComponentOrientation クラスは、コンポーネントまたはテキストの各要素を言語に従って配置するための方向をカプセル化します。
componentRemoved(ContainerEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の componentRemoved メソッドを呼び出すことによって、componentRemoved コンテナイベントを処理します。
componentRemoved(ContainerEvent) - クラス java.awt.Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler のメソッド
 
componentRemoved(ContainerEvent) - クラス java.awt.event.ContainerAdapter のメソッド
コンテナからコンポーネントが削除されると呼び出されます。
componentRemoved(ContainerEvent) - インタフェース java.awt.event.ContainerListener のメソッド
コンテナからコンポーネントが削除されると呼び出されます。
componentRemoved(ContainerEvent) - クラス javax.swing.JComponent.AccessibleJComponent.AccessibleContainerHandler のメソッド
 
componentRemoved(ContainerEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI.ToolBarContListener のメソッド
 
componentResized(ComponentEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の componentResized メソッドを呼び出すことによって、componentResized イベントを処理します。
componentResized(ComponentEvent) - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler のメソッド
 
componentResized(ComponentEvent) - クラス java.awt.event.ComponentAdapter のメソッド
コンポーネントのサイズが変わると呼び出されます。
componentResized(ComponentEvent) - インタフェース java.awt.event.ComponentListener のメソッド
コンポーネントのサイズが変わると呼び出されます。
componentResized(ComponentEvent) - クラス javax.swing.JViewport.ViewListener のメソッド
 
componentResized(ComponentEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.ComponentHandler のメソッド
JInternalFrame の親のサイズが変更されたときに呼び出されます。
componentResized(ComponentEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ComponentHandler のメソッド
 
components - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager の変数
 
components_established(IORInfo) - インタフェース org.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Operations のメソッド
establish_components が登録済みのすべての IORInterceptor インスタンスで呼び出されたあと、components_established メソッドは、登録済みのすべての IORInterceptor_3_0 インスタンスで呼び出されます。
ComponentSampleModel - java.awt.image の クラス
このクラスは、DataBuffer のデータ要素 1 つに 1 つずつピクセルを形成する各サンプルが格納されているイメージデータを表します。
ComponentSampleModel(int, int, int, int, int, int[]) - クラス java.awt.image.ComponentSampleModel のコンストラクタ
指定されたパラメータで、ComponentSampleModel を構築します。
ComponentSampleModel(int, int, int, int, int, int[], int[]) - クラス java.awt.image.ComponentSampleModel のコンストラクタ
指定されたパラメータで、ComponentSampleModel を構築します。
componentShown(ComponentEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の componentShown メソッドを呼び出すことによって、componentShown イベントを処理します。
componentShown(ComponentEvent) - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler のメソッド
 
componentShown(ComponentEvent) - クラス java.awt.event.ComponentAdapter のメソッド
コンポーネントが可視になると呼び出されます。
componentShown(ComponentEvent) - インタフェース java.awt.event.ComponentListener のメソッド
コンポーネントが可視になると呼び出されます。
componentShown(ComponentEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.ComponentHandler のメソッド
 
ComponentUI - javax.swing.plaf の クラス
Swing のプラグイン可能な Look & Feel アーキテクチャーに含まれるすべての UI 委譲オブジェクトの基底クラスです。
ComponentUI() - クラス javax.swing.plaf.ComponentUI のコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
ComponentView - javax.swing.text の クラス
ビューのインタフェースを実装するコンポーネントデコレータです。
ComponentView(Element) - クラス javax.swing.text.ComponentView のコンストラクタ
新しい ComponentView オブジェクトを作成します。
compose(Raster, Raster, WritableRaster) - インタフェース java.awt.CompositeContext のメソッド
2 つのソース Raster オブジェクトを重ね合わせて、その結果をデスティネーション WritableRaster に入れます。
ComposedTextAttribute - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
インプットメソッドの変換テキスト属性の名前です。
composeName(Name, Name) - インタフェース javax.naming.Context のメソッド
このコンテキストを基準にした名前を持つこのコンテキストの名前を変換します。
composeName(String, String) - インタフェース javax.naming.Context のメソッド
このコンテキストを基準にした名前を持つこのコンテキストの名前を変換します。
composeName(String, String) - クラス javax.naming.InitialContext のメソッド
このコンテキストを基準にした名前を持つこのコンテキストの名前を変換します。
composeName(Name, Name) - クラス javax.naming.InitialContext のメソッド
このコンテキストを基準にした名前を持つこのコンテキストの名前を変換します。
Composite - java.awt の インタフェース
Composite インタフェースは、CompositeContext とともに、基となるグラフィックス領域に描画プリミティブを構成するメソッドを定義します。
CompositeContext - java.awt の インタフェース
CompositeContext インタフェースは、合成操作用にカプセル化され、最適化された環境を定義します。
CompositeData - javax.management.openmbean の インタフェース
CompositeData インタフェースは、「複合データ」構造を表現する特定の型の複合「公開データ」オブジェクトの動作を指定します。
CompositeDataInvocationHandler - javax.management.openmbean の クラス
public interface NamedNumber { public int getNumber(); public String getName(); } また、CompositeData は次のように構築されます。
CompositeDataInvocationHandler(CompositeData) - クラス javax.management.openmbean.CompositeDataInvocationHandler のコンストラクタ
 
CompositeDataSupport - javax.management.openmbean の クラス
CompositeDataSupport クラスは、CompositeData インタフェースを実装する「公開データ」クラスです。
CompositeDataSupport(CompositeType, String[], Object[]) - クラス javax.management.openmbean.CompositeDataSupport のコンストラクタ
指定された compositeTypeCompositeDataSupport インスタンスを構築します。
CompositeDataSupport(CompositeType, Map<String, ?>) - クラス javax.management.openmbean.CompositeDataSupport のコンストラクタ
指定された compositeTypeCompositeDataSupport インスタンスを構築します。
CompositeDataView - javax.management.openmbean の インタフェース
 Java クラスは、このインタフェースを実装することにより、MXBean フレームワークを使って CompositeData に変換する方法を示すことができます。
CompositeName - javax.naming の クラス
このクラスは、合成名を表します。
CompositeName(Enumeration<String>) - クラス javax.naming.CompositeName のコンストラクタ
'comps' で指定されるコンポーネントを使用して、新しい合成名インスタンスを構築します。
CompositeName(String) - クラス javax.naming.CompositeName のコンストラクタ
合成名の構文 (左から右、スラッシュで区切られる) を使用して、文字列 n を構文解析することで、新しい合成名インスタンスを構築します。
CompositeName() - クラス javax.naming.CompositeName のコンストラクタ
新しい空の合成名を構築します。
CompositeType - javax.management.openmbean の クラス
CompositeType クラスは、CompositeData 値の型を記述するインスタンスを持つ「公開型」クラスです。
CompositeType(String, String, String[], String[], OpenType<?>[]) - クラス javax.management.openmbean.CompositeType のコンストラクタ
CompositeType インスタンスを構築し、指定されたパラメータの妥当性を検査します。
CompositeView - javax.swing.text の クラス
CompositeView は、1 つ以上の子ビューを管理する abstract クラスの View の実装です。
CompositeView(Element) - クラス javax.swing.text.CompositeView のコンストラクタ
指定された要素の CompositeView を構築します。
CompoundBorder - javax.swing.border の クラス
2 つの Border オブジェクトを合成して単一のボーダーにするために使用する、複合 Border クラスです。
CompoundBorder() - クラス javax.swing.border.CompoundBorder のコンストラクタ
外側ボーダー、内側ボーダーがともに null の複合ボーダーを作成します。
CompoundBorder(Border, Border) - クラス javax.swing.border.CompoundBorder のコンストラクタ
指定された内側ボーダーおよび外側ボーダーによる複合ボーダーを作成します。
CompoundControl - javax.sound.sampled の クラス
グラフィックイコライザーなどの CompoundControl は、複数の関連プロパティーを制御し、その各プロパティー自体は Control として表されます。
CompoundControl(CompoundControl.Type, Control[]) - クラス javax.sound.sampled.CompoundControl のコンストラクタ
指定されたパラメータで、複合型のコントロールオブジェクトを新しく構築します。
CompoundControl.Type - javax.sound.sampled の クラス
CompoundControl.Type 内部クラスのインスタンスは複合型のコントロールの種類を識別します。
CompoundControl.Type(String) - クラス javax.sound.sampled.CompoundControl.Type のコンストラクタ
複合型のコントロール型を新しく構築します。
CompoundEdit - javax.swing.undo の クラス
複数の小規模な UndoableEdit を大きな編集結果にまとめるために使用する、AbstractUndoableEdit の具象サブクラスです。
CompoundEdit() - クラス javax.swing.undo.CompoundEdit のコンストラクタ
 
compoundEdit - クラス javax.swing.undo.UndoableEditSupport の変数
 
CompoundName - javax.naming の クラス
このクラスは複合名を表します。
CompoundName(Enumeration<String>, Properties) - クラス javax.naming.CompoundName のコンストラクタ
comps に指定されたコンポーネントと syntax を使用して、新しい複合名インスタンスを構築します。
CompoundName(String, Properties) - クラス javax.naming.CompoundName のコンストラクタ
指定した構文プロパティーで指定される構文を使用して、文字列 n を構文解析することで、新しい複合名インスタンスを構築します。
COMPRESS - クラス javax.print.attribute.standard.Compression の static 変数
UNIX 圧縮技術です。
Compression - javax.print.attribute.standard の クラス
Compression クラスは、印刷データの圧縮方法を指定する列挙型の印刷属性クラスです。
Compression(int) - クラス javax.print.attribute.standard.Compression のコンストラクタ
指定された整数値で新しい圧縮列挙値を構築します。
COMPRESSION_ERROR - クラス javax.print.attribute.standard.JobStateReason の static 変数
ドキュメントデータの圧縮解除中にプリンタがエラーを検出したため、ジョブがシステム側で中止されました。
compressionMode - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
圧縮設定を制御するモードで、4 つの MODE_* 値の 1 つに設定する必要があります。
compressionQuality - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
現在の圧縮品質設定を含む float です。
compressionType - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
現在の圧縮方式名を含む Stringで、設定されていない場合 null です。
compressionTypes - クラス javax.imageio.ImageWriteParam の変数
使用可能な圧縮方式名を含む String の配列です。
comptable - クラス java.awt.GridBagLayout の変数
このハッシュテーブルは、コンポーネントとコンポーネントのグリッドバッグ制約との関連性を維持します。
computeBlit(int, int, Point, Point, Dimension, Rectangle) - クラス javax.swing.JViewport のメソッド
Blit のパラメータを計算します。
computeDifference(Rectangle, Rectangle) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
rectA 内で rectB とオーバーラップしない領域を表現する矩形の配列を返すのに便利です。
computeFields() - クラス java.util.Calendar のメソッド
現在のミリ秒の時刻値 Calendar.timefields[] のカレンダフィールドの値に変換します。
computeFields() - クラス java.util.GregorianCalendar のメソッド
時刻値 (エポックからのミリ秒単位のオフセット) をカレンダフィールド値に変換します。
computeIntersection(int, int, int, int, Rectangle) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
新しい矩形を割り当てずに、2 つの矩形の共通部分を計算するのに便利です。
computePopupBounds(int, int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスの位置と画面の囲み境界に基づいて、コンボボックスのポップアップ部分の配置とサイズを計算します。
computeRegions(ImageReadParam, int, int, BufferedImage, Rectangle, Rectangle) - クラス javax.imageio.ImageReader の static メソッド
ソースイメージの幅と高さ、オプションのデスティネーションイメージ、およびオプションの ImageReadParam を考慮して、対象のソース領域および対象のデスティネーション領域を計算します。
computerIcon - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI の変数
 
computeStringWidth(SynthContext, Font, FontMetrics, String) - クラス javax.swing.plaf.synth.SynthGraphicsUtils のメソッド
渡された文字列のサイズを返します。
computeStringWidth(FontMetrics, String) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
指定されたメトリックス (サイズ) を持つフォントを使用して文字列の幅を計算します。
computeTime() - クラス java.util.Calendar のメソッド
現在のミリ秒の時刻値 Calendar.timefields[] 内のカレンダフィールド値に変換します。
computeTime() - クラス java.util.GregorianCalendar のメソッド
カレンダフィールド値を時間値 (エポックからのミリ秒単位のオフセット) に変換します。
computeUnion(int, int, int, int, Rectangle) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
新しい矩形を割り当てないで 2 つの矩形の結合部分を算出する簡易メソッドです。
computeVisibleRect(Rectangle) - クラス javax.swing.JComponent のメソッド
Component の「可視矩形」を返します。
concat(String) - クラス java.lang.String のメソッド
指定された文字列をこの文字列の最後に連結します。
concatenate(AffineTransform) - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
Tx によって元のユーザー空間にマップされた新しいユーザー空間を提供するためにもっとも一般的に使用される方法で、AffineTransform Tx をこの AffineTransform Cx に連結します。
concatenateTransform(AffineTransform) - クラス java.awt.image.renderable.RenderContext のメソッド
別の変換を追加することによって現在のユーザー対デバイスの変換を変更します。
concetenateTransform(AffineTransform) - クラス java.awt.image.renderable.RenderContext のメソッド
推奨されていません。 concatenateTransform(AffineTransform) に置き換えられました。
concrete_base_type() - クラス org.omg.CORBA.TypeCode のメソッド
この TypeCode オブジェクトで記述される値型の具象基底型を記述する TypeCode オブジェクトを返します。
CONCUR_READ_ONLY - インタフェース java.sql.ResultSet の static 変数
更新できない ResultSet オブジェクトの並行処理モードを示す定数です。
CONCUR_UPDATABLE - インタフェース java.sql.ResultSet の static 変数
更新できる ResultSet オブジェクトの並行処理モードを示す定数です。
ConcurrentHashMap<K,V> - java.util.concurrent の クラス
取得の完全な同時性および予想される調整可能な更新平行性をサポートするハッシュテーブルです。
ConcurrentHashMap(int, float, int) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のコンストラクタ
指定された初期容量、負荷係数、および並行処理レベルで、新しい空のマップを作成します。
ConcurrentHashMap(int, float) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のコンストラクタ
指定された初期容量と負荷係数、およびデフォルトの concurrencyLevel (16) で、新しい空のマップを作成します。
ConcurrentHashMap(int) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のコンストラクタ
指定された初期容量、およびデフォルトの負荷係数 (0.75) と concurrencyLevel (16) で、新しい空のマップを作成します。
ConcurrentHashMap() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のコンストラクタ
デフォルトの初期容量 (16)、負荷係数 (0.75)、および concurrencyLevel (16) で、新しい空のマップを作成します。
ConcurrentHashMap(Map<? extends K, ? extends V>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のコンストラクタ
指定されたマップと同じマッピングで新しいマップを作成します。
ConcurrentLinkedQueue<E> - java.util.concurrent の クラス
リンクノードに基づく、アンバウンド形式のスレッドセーフなキューです。
ConcurrentLinkedQueue() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueue のコンストラクタ
ConcurrentLinkedQueue を作成します。
ConcurrentLinkedQueue(Collection<? extends E>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueue のコンストラクタ
指定されたコレクションの要素を初期状態で含む (要素はコレクションの反復子のトラバーサル順に追加) ConcurrentLinkedQueue を作成します。
ConcurrentMap<K,V> - java.util.concurrent の インタフェース
追加の原子的 putIfAbsentremove、および replace メソッドを提供する Map です。
ConcurrentModificationException - java.util の 例外
この例外は、オブジェクトの並行変更を検出したメソッドによって、そのような変更が許可されていない場合にスローされます。
ConcurrentModificationException() - 例外 java.util.ConcurrentModificationException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ConcurrentModificationException を構築します。
ConcurrentModificationException(String) - 例外 java.util.ConcurrentModificationException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ConcurrentModificationException を構築します。
ConcurrentNavigableMap<K,V> - java.util.concurrent の インタフェース
NavigableMap オペレーションをサポートする ConcurrentMap です。
ConcurrentSkipListMap<K,V> - java.util.concurrent の クラス
スケーラブルな並行 ConcurrentNavigableMap 実装です。
ConcurrentSkipListMap() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のコンストラクタ
キーの自然順序付けに従ってソートされた、新しい空のマップを作成します。
ConcurrentSkipListMap(Comparator<? super K>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のコンストラクタ
指定されたコンパレータに従ってソートされた、新しい空のマップを作成します。
ConcurrentSkipListMap(Map<? extends K, ? extends V>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のコンストラクタ
指定されたマップと同じマッピングを持ち、キーの自然順序付けに従ってソートされた新しいマップを作成します。
ConcurrentSkipListMap(SortedMap<K, ? extends V>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のコンストラクタ
指定されたソートマップと同じマッピングを持ち、同じ順序付けを使用する、新しいマップを作成します。
ConcurrentSkipListSet<E> - java.util.concurrent の クラス
ConcurrentSkipListMap に基づくスケーラブルな並行 NavigableSet 実装です。
ConcurrentSkipListSet() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のコンストラクタ
自然順序付けに従って要素を順序付けする、新しい空のセットを作成します。
ConcurrentSkipListSet(Comparator<? super E>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のコンストラクタ
指定されたコンパレータに従って要素の順序付けを行う、新しい空のセットを作成します。
ConcurrentSkipListSet(Collection<? extends E>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のコンストラクタ
指定されたコレクション内の要素を持ち、要素をその自然順序付けに従って順序付けする新しいセットを作成します。
ConcurrentSkipListSet(SortedSet<E>) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のコンストラクタ
指定されたソートセットと同じ要素を持ち、同じ順序付けを使用する、新しいセットを作成します。
Condition - java.util.concurrent.locks の インタフェース
Condition は、Object 監視メソッド (waitnotify、および notifyAll) を別個のオブジェクトに分解し、それらに任意の Lock 実装の使用を組み合わせて、オブジェクトごとに複数の待機セットを保持する効果を付与します。
CONFIG - クラス java.util.logging.Level の static 変数
CONFIG は静的な構成メッセージのメッセージレベルです。
config(String) - クラス java.util.logging.Logger のメソッド
CONFIG メッセージのログをとります。
Configuration - javax.security.auth.login の クラス
Configuration オブジェクトは、特定のアプリケーションで使用される LoginModule と、LoginModule が呼び出される順番を指定します。
Configuration() - クラス javax.security.auth.login.Configuration のコンストラクタ
唯一のコンストラクタです。
Configuration.Parameters - javax.security.auth.login の インタフェース
このインタフェースは、Configuration パラメータのマーカーインタフェースです。
ConfigurationException - javax.naming の 例外
この例外は、構成上の問題がある場合にスローされます。
ConfigurationException(String) - 例外 javax.naming.ConfigurationException のコンストラクタ
説明を使用して、ConfigurationException の新しいインスタンスを構築します。
ConfigurationException() - 例外 javax.naming.ConfigurationException のコンストラクタ
名前解決フィールドおよび説明がすべて null に初期化された、ConfigurationException の新しいインスタンスを構築します。
ConfigurationSpi - javax.security.auth.login の クラス
このクラスは、Configuration クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) を定義します。
ConfigurationSpi() - クラス javax.security.auth.login.ConfigurationSpi のコンストラクタ
 
configureArrowButton() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
public メソッドは実装固有のもので、private である必要があります。
configureBlocking(boolean) - クラス java.nio.channels.SelectableChannel のメソッド
このチャネルのブロックモードを調整します。
configureBlocking(boolean) - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelectableChannel のメソッド
このチャネルのブロックモードを調整します。
configureEditor(ComboBoxEditor, Object) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
指定された項目でエディタを初期化します。
configureEditor() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
protected メソッドは実装固有のもので、private である必要があります。
configureEditor() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxUI のメソッド
 
configureEnclosingScrollPane() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
通常はこの JTable が囲み側 JScrollPaneviewportView ですが、その場合、特にテーブルの tableHeader をスクロール区画の columnHeaderView としてインストールすることによって、この ScrollPane の設定を行います。
configureLayoutCache() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
Look & Feel を提供しているツリーに基づいて TreeState のインスタンスをリセットします。
configureList() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
ポップアップのコンボボックス項目の保存に使用されるリストを設定します。
configurePopup() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスのポップアップ部分を設定します。
configurePropertiesFromAction(Action) - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
指定された Action のプロパティーに一致するように、このボタンにプロパティーを設定します。
configurePropertiesFromAction(Action) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
指定された Action のプロパティーに一致するように、このコンボボックスにプロパティーを設定します。
configurePropertiesFromAction(Action) - クラス javax.swing.JMenuItem のメソッド
指定された Action のプロパティーに一致するように、このボタンにプロパティーを設定します。
configurePropertiesFromAction(Action) - クラス javax.swing.JTextField のメソッド
指定された Action のプロパティーに一致するように、このテキストフィールドにプロパティーを設定します。
configureScrollBarColors() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
configureScrollBarColors() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI のメソッド
 
configureScroller() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスポップアップ内にリストを持つ、スクロール可能な部分を設定します。
ConfirmationCallback - javax.security.auth.callback の クラス
  基本となるセキュリティーサービスでは、ConfirmationCallback をインスタンス化して CallbackHandlerhandle メソッドに渡し、YES/NO、OK/CANCEL、YES/NO/CANCEL などの確認を要求します。
ConfirmationCallback(int, int, int) - クラス javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback のコンストラクタ
ConfirmationCallback をメッセージ型、オプション型、およびデフォルトのオプションを使用して構築します。
ConfirmationCallback(int, String[], int) - クラス javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback のコンストラクタ
ConfirmationCallback をメッセージ型、オプションのリスト、およびデフォルトのオプションを使用して構築します。
ConfirmationCallback(String, int, int, int) - クラス javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback のコンストラクタ
ConfirmationCallback をプロンプト、メッセージ型、オプション型、およびデフォルトのオプションを使用して構築します。
ConfirmationCallback(String, int, String[], int) - クラス javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback のコンストラクタ
ConfirmationCallback をプロンプト、メッセージ型、オプションのリスト、およびデフォルトのオプションを使用して構築します。
connect(PipedOutputStream) - クラス java.io.PipedInputStream のメソッド
パイプで連結された入力ストリームをパイプで連結された出力ストリーム src に接続します。
connect(PipedInputStream) - クラス java.io.PipedOutputStream のメソッド
パイプで連結された出力ストリームを受信側に接続します。
connect(PipedWriter) - クラス java.io.PipedReader のメソッド
パイプで連結されたリーダーをパイプで連結されたライター src に接続します。
connect(PipedReader) - クラス java.io.PipedWriter のメソッド
パイプで連結されたライターを受信側に接続します。
connect(InetAddress, int) - クラス java.net.DatagramSocket のメソッド
ソケットをこのソケットのリモートアドレスに接続します。
connect(SocketAddress) - クラス java.net.DatagramSocket のメソッド
このソケットをリモートソケットアドレス (IP アドレス + ポート番号) に接続します。
connect(InetAddress, int) - クラス java.net.DatagramSocketImpl のメソッド
データグラムソケットをリモート接続先に接続します。
connect(SocketAddress) - クラス java.net.Socket のメソッド
このソケットをサーバーに接続します。
connect(SocketAddress, int) - クラス java.net.Socket のメソッド
指定されたタイムアウト値を使って、このソケットをサーバーに接続します。
connect(String, int) - クラス java.net.SocketImpl のメソッド
指定されたホスト上の指定されたポートにこのソケットを接続します。
connect(InetAddress, int) - クラス java.net.SocketImpl のメソッド
指定されたホスト上の指定されたポートにこのソケットを接続します。
connect(SocketAddress, int) - クラス java.net.SocketImpl のメソッド
指定されたホスト上の指定されたポートにこのソケットを接続します。
connect() - クラス java.net.URLConnection のメソッド
この URL が参照するリソースへの通信リンクを確立します (通信リンクが確立されていない場合)。
connect(SocketAddress) - クラス java.nio.channels.DatagramChannel のメソッド
このチャネルのソケットを接続します。
connect(SocketAddress) - クラス java.nio.channels.SocketChannel のメソッド
このチャネルのソケットを接続します。
connect(String, Properties) - インタフェース java.sql.Driver のメソッド
指定された URL にデータベース接続を試みます。
connect() - インタフェース javax.management.remote.JMXConnector のメソッド
 コネクタサーバーとの接続を確立します。
connect(Map<String, ?>) - インタフェース javax.management.remote.JMXConnector のメソッド
 コネクタサーバーとの接続を確立します。
connect(JMXServiceURL) - クラス javax.management.remote.JMXConnectorFactory の static メソッド
 指定されたアドレスのコネクタサーバーとの接続を作成します。
connect(JMXServiceURL, Map<String, ?>) - クラス javax.management.remote.JMXConnectorFactory の static メソッド
 指定されたアドレスのコネクタサーバーとの接続を作成します。
connect() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnector のメソッド
 
connect(Map<String, ?>) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnector のメソッド
 
connect(Remote, Remote) - インタフェース javax.rmi.CORBA.PortableRemoteObjectDelegate のメソッド
PortableRemoteObject.connect(java.rmi.Remote, java.rmi.Remote) に対する委譲呼び出しです。
connect(ORB) - クラス javax.rmi.CORBA.Stub のメソッド
このスタブを ORB に接続します。
connect(Stub, ORB) - インタフェース javax.rmi.CORBA.StubDelegate のメソッド
Stub.connect(org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
connect(Remote, Remote) - クラス javax.rmi.PortableRemoteObject の static メソッド
リモート通信準備のできたリモートオブジェクトを作成します。
connect(Object) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
指定されたサーバントオブジェクト (サーバー実装クラスのインスタンスである Java オブジェクト) を ORB に接続します。
connected - クラス java.net.URLConnection の変数
false の場合、この接続オブジェクトは、指定された URL への通信リンクを作成していません。
ConnectException - java.net の 例外
ソケットをリモートアドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
ConnectException(String) - 例外 java.net.ConnectException のコンストラクタ
接続エラーの発生理由に関する指定された詳細メッセージに基づいて、新しい ConnectException を作成します。
ConnectException() - 例外 java.net.ConnectException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで ConnectException を新しく構築します。
ConnectException - java.rmi の 例外
リモートメソッド呼び出しでリモートホストへの接続が拒否された場合にスローされます。
ConnectException(String) - 例外 java.rmi.ConnectException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ConnectException を構築します。
ConnectException(String, Exception) - 例外 java.rmi.ConnectException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つ ConnectException を構築します。
connectFailed(URI, SocketAddress, IOException) - クラス java.net.ProxySelector のメソッド
ある PROXY または SOCKS サーバーへの接続を確立できなかったことを示すために呼び出されます。
CONNECTING_TO_DEVICE - クラス javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
出力デバイスに対してジョブがスケジュールされ、共有ネットワーク出力デバイスへの接続処理中です (ネットワーク上の別のサーバーが出力デバイスを長時間使用している場合、実際のジョブの印刷を長時間開始できない状態になっています)。
ConnectIOException - java.rmi の 例外
リモートメソッド呼び出しでリモートホストに接続しようとしているときに IOException が発生した場合にスローされます。
ConnectIOException(String) - 例外 java.rmi.ConnectIOException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ ConnectIOException を構築します。
ConnectIOException(String, Exception) - 例外 java.rmi.ConnectIOException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび入れ子の例外を持つ ConnectIOException を構築します。
Connection - java.sql の インタフェース
 特定のデータベースとの接続 (セッション) を表現します。
connectionClosed(String, String, Object) - クラス javax.management.remote.JMXConnectorServer のメソッド
 クライアント接続が正常に終了したときサブクラスによって呼び出されます。
connectionClosed(String, String, Object) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectorServer のメソッド
 
connectionClosed(ConnectionEvent) - インタフェース javax.sql.ConnectionEventListener のメソッド
アプリケーションがプールされた接続の表現上で close メソッドを呼び出したことを意味する ConnectionEventListener を通知します。
connectionErrorOccurred(ConnectionEvent) - インタフェース javax.sql.ConnectionEventListener のメソッド
致命的エラーが発生し、プールされた接続が使用できなくなったことを意味する ConnectionEventListener を通知します。
ConnectionEvent - javax.sql の クラス
 接続関連のイベントのソースに関する情報を提供する Event オブジェクトです。
ConnectionEvent(PooledConnection) - クラス javax.sql.ConnectionEvent のコンストラクタ
 指定した PooledConnection オブジェクトによって初期化された ConnectionEvent オブジェクトを構築します。
ConnectionEvent(PooledConnection, SQLException) - クラス javax.sql.ConnectionEvent のコンストラクタ
 指定した PooledConnection オブジェクトと SQLException オブジェクトによって初期化された ConnectionEvent オブジェクトを構築します。
ConnectionEventListener - javax.sql の インタフェース
PooledConnection オブジェクトによって生成されたイベントが通知されるよう登録するオブジェクトです。
connectionFailed(String, String, Object) - クラス javax.management.remote.JMXConnectorServer のメソッド
 クライアント接続に失敗したときサブクラスによって呼び出されます。
connectionFailed(String, String, Object) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectorServer のメソッド
 
connectionOpened(String, String, Object) - クラス javax.management.remote.JMXConnectorServer のメソッド
 新しいクライアント接続を有効にしたときサブクラスによって呼び出されます。
connectionOpened(String, String, Object) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectorServer のメソッド
 
ConnectionPendingException - java.nio.channels の 例外
非ブロック接続操作の進行中に SocketChannel に接続しようとしたときにスローされる、チェックされない例外です。
ConnectionPendingException() - 例外 java.nio.channels.ConnectionPendingException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
ConnectionPoolDataSource - javax.sql の インタフェース
PooledConnection オブジェクトのファクトリです。
CONNECTOR_PUNCTUATION - クラス java.lang.Character の static 変数
Unicode 仕様の汎用カテゴリ「Pc」
CONREF - インタフェース javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
Console - java.io の クラス
現在の Java 仮想マシンに関連付けられた文字ベースのコンソールデバイスがある場合に、そのコンソールデバイスにアクセスするためのメソッドです。
console() - クラス java.lang.System の static メソッド
現在の Java 仮想マシンに関連した一意の Console オブジェクトがある場合に、それを返します。
ConsoleHandler - java.util.logging の クラス
この Handler は、ログレコードを System.err に発行します。
ConsoleHandler() - クラス java.util.logging.ConsoleHandler のコンストラクタ
System.errConsoleHandler を作成します。
constant(int) - クラス javax.swing.Spring の static メソッド
柱 (minimum 値、preferred 値、および maximum 値がすべて値 pref を持つスプリング) を返します。
constant(int, int, int) - クラス javax.swing.Spring の static メソッド
minimum 値、preferred 値、および maximum 値がそれぞれ値 minpref、および max を持つスプリングを返します。
constantName() - 例外 java.lang.EnumConstantNotPresentException のメソッド
不足している enum 定数の名前を返します。
constraintBeforeFloating - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI の変数
 
Constructor<T> - java.lang.reflect の クラス
Constructor は、クラスの単一コンストラクタについての情報と単一コンストラクタへのアクセスを提供します。
ConstructorProperties - java.beans の 注釈型
public class Point { @ConstructorProperties({"x", "y"}) public Point(int x, int y) { this.x = x; this.y = y; } public int getX() { return x; } public int getY() { return y; } private final int x, y; } 注釈は、コンストラクタの最初のパラメータは getX() メソッドで取得でき、2 番目のパラメータは getY() メソッドで取得できることを示します。
constructorsIn(Iterable<? extends Element>) - クラス javax.lang.model.util.ElementFilter の static メソッド
elements 内のコンストラクタのリストを返します。
constructorsIn(Set<? extends Element>) - クラス javax.lang.model.util.ElementFilter の static メソッド
elements 内のコンストラクタのセットを返します。
consume() - クラス java.awt.AWTEvent のメソッド
このイベントを消費できる場合は消費します。
consume() - クラス java.awt.event.InputEvent のメソッド
イベントを消費して、イベントがその発生元によりデフォルトの方法で処理されないようにします。
consume() - クラス java.awt.event.InputMethodEvent のメソッド
イベントを消費して、イベントがその発生元によりデフォルトの方法で処理されないようにします。
consumed - クラス java.awt.AWTEvent の変数
転送元の処理後にイベントをピアにセンドバックするかどうかを制御します。
consumer - クラス java.awt.image.ImageFilter の変数
特別なイメージデータストリームのコンシューマであり、ImageFilter のこのインスタンスがデータをフィルタ処理します。
containedIn(Oid[]) - クラス org.ietf.jgss.Oid のメソッド
このユーティリティーメソッドは、指定された OID 配列内にこの OID 値が格納されているかどうかをテストします。
Container - java.awt の クラス
総称 Abstract Window Toolkit (AWT) コンテナオブジェクトは、ほかの AWT コンポーネントを含むことができるコンポーネントです。
Container() - クラス java.awt.Container のコンストラクタ
新しいコンテナを構築します。
Container.AccessibleAWTContainer - java.awt の クラス
ユーザー補助機能のデフォルトサポートの提供に使用する Container の内部クラスです。
Container.AccessibleAWTContainer() - クラス java.awt.Container.AccessibleAWTContainer のコンストラクタ
 
Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler - java.awt の クラス
PropertyChange リスナーが登録されている場合、子が追加または削除されたときにそれをトリガーします。
Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler() - クラス java.awt.Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler のコンストラクタ
 
CONTAINER_EVENT_MASK - クラス java.awt.AWTEvent の static 変数
コンテナイベント選択用イベントマスクです。
CONTAINER_FIRST - クラス java.awt.event.ContainerEvent の static 変数
コンテナイベント識別子に使う整数の範囲にある、最初の番号です。
CONTAINER_LAST - クラス java.awt.event.ContainerEvent の static 変数
コンテナイベント識別子に使う整数の範囲にある、最後の番号です。
ContainerAdapter - java.awt.event の クラス
コンテナイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
ContainerAdapter() - クラス java.awt.event.ContainerAdapter のコンストラクタ
 
ContainerEvent - java.awt.event の クラス
コンポーネントの追加または削除によってコンテナの内容が変更されたことを示す低レベルのイベントです。
ContainerEvent(Component, int, Component) - クラス java.awt.event.ContainerEvent のコンストラクタ
ContainerEvent オブジェクトを構築します。
ContainerListener - java.awt.event の インタフェース
コンテナイベントを受け取るためのリスナーインタフェースです。
containerListener - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI の変数
 
ContainerOrderFocusTraversalPolicy - java.awt の クラス
コンテナの子コンポーネントの順序を基準に、トラバーサル順序を決定する FocusTraversalPolicy です。
ContainerOrderFocusTraversalPolicy() - クラス java.awt.ContainerOrderFocusTraversalPolicy のコンストラクタ
 
contains(Point) - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
指定されたポイントがオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。
contains(int, int) - クラス java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントが指定された点を含んでいるかどうかを判定します。
contains(Point) - クラス java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントが指定された点を含んでいるかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.Arc2D のメソッド
指定された点が弧の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Arc2D のメソッド
弧が、指定された矩形を内部に完全に包含しているかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Arc2D のメソッド
弧が、指定された矩形を内部に完全に包含しているかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.Ellipse2D のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Ellipse2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
指定された座標が、この Line2D の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
指定された Point2D が、この Line2D の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
この Line2D の内部が、指定された矩形座標セットを完全に内包するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
この Line2D の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(PathIterator, double, double) - クラス java.awt.geom.Path2D の static メソッド
指定された座標が指定された PathIterator の閉じた境界内にあるかどうかを判定します。
contains(PathIterator, Point2D) - クラス java.awt.geom.Path2D の static メソッド
指定された Point2D が指定された PathIterator の閉じた境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(PathIterator, double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Path2D の static メソッド
指定された矩形領域全体が指定された PathIterator の閉じた境界内にあるかどうかを判定します。
contains(PathIterator, Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Path2D の static メソッド
指定された Rectangle2D 全体が指定された PathIterator の閉じた境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.geom.RoundRectangle2D のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.RoundRectangle2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Point) - クラス java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
指定されたポイントがオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。
contains(Point) - クラス java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
指定されたポイントがオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。
contains(Point) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
指定された Point がこの Polygon の内側にあるかどうかを判定します。
contains(int, int) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
指定された座標がこの Polygon の内側にあるかどうかを判定します。
contains(double, double) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(Point) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle が指定された Point を含むかどうかを判定します。
contains(int, int) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle が、指定された位置 (x,y) にある点を含むかどうかを判定します。
contains(Rectangle) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle が、指定された Rectangle を完全に含むかどうかを判定します。
contains(int, int, int, int) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
指定された位置 (X,Y) にあり、指定されたサイズ (W,H) である Rectangle を、この Rectangle が完全に含むかどうかを判定します。
contains(double, double) - インタフェース java.awt.Shape のメソッド
指定された座標が Shape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(Point2D) - インタフェース java.awt.Shape のメソッド
指定された Point2DShape の境界内にあるかどうかを判定します。
contains(double, double, double, double) - インタフェース java.awt.Shape のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域を完全に包含するかどうかを判定します。
contains(Rectangle2D) - インタフェース java.awt.Shape のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D を完全に内包するかどうかを判定します。
contains(Object) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextMembershipEvent のメソッド
指定された子がこのイベントによって影響を受けるかどうかを示します。
contains(Object) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
指定されたオブジェクトがこの BeanContext 内にあるかどうかを判定します。
contains(CharSequence) - クラス java.lang.String のメソッド
この文字列が指定された char 値のシーケンスを含む場合に限り true を返します。
contains(Charset) - クラス java.nio.charset.Charset のメソッド
この文字セットに指定の文字セットが含まれているかどうかを判断します。
contains(Object) - クラス java.util.AbstractCollection のメソッド
コレクションに指定された要素がある場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.ArrayDeque のメソッド
指定された要素がこの両端キューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.ArrayList のメソッド
リストに指定の要素がある場合に true を返します。
contains(Object) - インタフェース java.util.Collection のメソッド
コレクションに指定された要素がある場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.ArrayBlockingQueue のメソッド
指定された要素がキューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - インタフェース java.util.concurrent.BlockingDeque のメソッド
指定された要素がこの両端キューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - インタフェース java.util.concurrent.BlockingQueue のメソッド
指定された要素がキューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のメソッド
一部のキーがこのテーブル内の指定された値にマッピングされるかどうかをテストする従来のメソッド。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueue のメソッド
指定された要素がキューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のメソッド
セットが、指定された要素を保持している場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
リストに指定の要素がある場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet のメソッド
セットが、指定された要素を保持している場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.LinkedBlockingDeque のメソッド
指定された要素がこの両端キューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.PriorityBlockingQueue のメソッド
このキューに指定された要素が含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.concurrent.SynchronousQueue のメソッド
常に false を返します。
contains(Object) - インタフェース java.util.Deque のメソッド
指定された要素がこの両端キューに含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.HashSet のメソッド
セットが、指定された要素を保持している場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.Hashtable のメソッド
指定された値にマップされているキーが、ハッシュテーブルにあるかどうかを判定します。
contains(Object) - クラス java.util.LinkedList のメソッド
リストに指定の要素がある場合に true を返します。
contains(Object) - インタフェース java.util.List のメソッド
リストに指定の要素がある場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.PriorityQueue のメソッド
このキューに指定された要素が含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - インタフェース java.util.Set のメソッド
セットが、指定された要素を保持している場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.TreeSet のメソッド
このセットに指定された要素が含まれている場合に true を返します。
contains(Object) - クラス java.util.Vector のメソッド
このベクトルに指定された要素が含まれている場合に true を返します。
contains(Point) - インタフェース javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
指定されたポイントがオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。
contains(String) - クラス javax.accessibility.AccessibleRelationSet のメソッド
リレーションセットに、指定されたキーと一致するリレーションがあるかどうかを返します。
contains(AccessibleState) - クラス javax.accessibility.AccessibleStateSet のメソッド
現在の状態が状態セットにあるかどうかを確認します。
contains(Object) - クラス javax.imageio.spi.ServiceRegistry のメソッド
provider が現在登録されている場合は true を返します。
contains(TypeMirror, TypeMirror) - インタフェース javax.lang.model.util.Types のメソッド
ある型引数を別の型に「包含」できるかどうかをテストします。
contains(Object) - インタフェース javax.naming.directory.Attribute のメソッド
値が属性内にあるかどうかを判別します。
contains(Object) - クラス javax.naming.directory.BasicAttribute のメソッド
値がこの属性にあるかどうかを判定します。
contains(int) - クラス javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax のメソッド
整数型セットの属性が指定された値を保持しているかどうかを判定します。
contains(IntegerSyntax) - クラス javax.print.attribute.SetOfIntegerSyntax のメソッド
整数型セットの属性が指定された整数型の属性の値を保持しているかどうかを判定します。
contains(Object) - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
指定されたオブジェクトがこのリスト内のコンポーネントかどうかを判定します。
contains(int, int) - クラス javax.swing.JComponent のメソッド
マウス処理のために、このコンポーネントの正確な形状を定義する機会を UI 委譲に提供します。
contains(Point) - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
contains(Point) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
指定されたポイントがオブジェクトの境界の内側にあるかどうかを判定します。
contains(Point) - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
contains(Object) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModel のメソッド
 
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.ComponentUI のメソッド
指定された x,y の位置が、指定されたコンポーネントの Look & Feel 定義の形状内にある場合は、true を返します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiButtonUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiColorChooserUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiComboBoxUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiDesktopIconUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiDesktopPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiFileChooserUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiInternalFrameUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiLabelUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiListUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiMenuBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiMenuItemUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiOptionPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiPanelUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiPopupMenuUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiProgressBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiRootPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiScrollBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiScrollPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSeparatorUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSliderUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSpinnerUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSplitPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTabbedPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTableHeaderUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTableUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTextUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiToolBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiToolTipUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTreeUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(JComponent, int, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiViewportUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で contains メソッドを呼び出します。
contains(Point) - クラス javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
contains(String) - インタフェース org.w3c.dom.DOMStringList のメソッド
文字列がこの DOMStringList の一部であるかどうかをテストします。
contains(String) - インタフェース org.w3c.dom.NameList のメソッド
名前がこの NameList の一部であるかどうかをテストします。
containsAlias(String) - クラス java.security.KeyStore のメソッド
このキーストアに、指定された別名が存在するかどうかを判定します。
containsAll(Collection) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
指定されている Collection のすべてのオブジェクトが、この BeanContext の子かどうかを判定します。
containsAll(Collection<?>) - クラス java.util.AbstractCollection のメソッド
このコレクション内に、指定されたコレクションのすべての要素がある場合に true を返します。
containsAll(Collection<?>) - インタフェース java.util.Collection のメソッド
このコレクション内に、指定されたコレクションのすべての要素がある場合に true を返します。
containsAll(Collection<?>) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
指定されたコレクションのすべての要素がリストに含まれている場合に true を返します。
containsAll(Collection<?>) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet のメソッド
指定されたコレクションのすべての要素がセット内にある場合に true を返します。
containsAll(Collection<?>) - クラス java.util.concurrent.SynchronousQueue のメソッド
指定されたコレクションが空でないかぎり、false を返します。
containsAll(Collection<?>) - インタフェース java.util.List のメソッド
指定されたコレクションのすべての要素がリストに含まれている場合に true を返します。
containsAll(Collection<?>) - インタフェース java.util.Set のメソッド
指定されたコレクションのすべての要素がセット内にある場合に true を返します。
containsAll(Collection<?>) - クラス java.util.Vector のメソッド
Vector が指定の Collection 内のすべての要素を保持する場合に true を返します。
containsAngle(double) - クラス java.awt.geom.Arc2D のメソッド
指定された角度が弧の角の大きさと同じまたはそれより小さいかどうかを判定します。
containsAttribute(Object, Object) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
属性の名前と値が定義済みであるかどうかを判定します。
containsAttribute(Object, Object) - インタフェース javax.swing.text.AttributeSet のメソッド
このセットに、名前が同じで値の等しい属性が定義されている場合に true を返します。
containsAttribute(Object, Object) - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
属性リストに指定された属性名と値のペアがあるかどうかを判定します。
containsAttribute(Object, Object) - クラス javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
属性の名前と値が定義済みであるかどうかを判定します。
containsAttribute(Object, Object) - クラス javax.swing.text.StyleContext.SmallAttributeSet のメソッド
属性の名前と値が定義済みであるかどうかを判定します。
containsAttributes(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
要素にすべての属性が含まれているかどうかを判定します。
containsAttributes(AttributeSet) - インタフェース javax.swing.text.AttributeSet のメソッド
指定のセットに含まれる、値の等しい属性すべてをこのセットが定義する場合、true を返します。
containsAttributes(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
属性リストに指定されたすべての名前と値のペアがあるかどうかを判定します。
containsAttributes(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
要素にすべての属性が含まれているかどうかを判定します。
containsAttributes(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleContext.SmallAttributeSet のメソッド
属性セットに、指定された属性がすべて含まれているかどうかを判定します。
containsCustomComponents(JOptionPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
validateComponent への直前の呼び出しでメッセージまたはボタンが Component のサブクラスを含む場合に、true を返します。
containsCustomComponents(JOptionPane) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiOptionPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で containsCustomComponents メソッドを呼び出します。
containsCustomComponents(JOptionPane) - クラス javax.swing.plaf.OptionPaneUI のメソッド
指定された Component クラスのインスタンスがオプションまたはメッセージ用のものである場合に、true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.awt.RenderingHints のメソッド
この RenderingHints 内に、指定されたキーのマッピングが含まれている場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
指定されたオブジェクトがこの BeanContext 内にあるかどうかを判定します。
containsKey(Object) - クラス java.util.AbstractMap のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のメソッド
指定されたオブジェクトが、このテーブルのキーかどうかを判定します。
containsKey(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.util.EnumMap のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.util.HashMap のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.util.Hashtable のメソッド
指定されたオブジェクトが、ハッシュテーブルのキーかどうかを判定します。
containsKey(Object) - クラス java.util.IdentityHashMap のメソッド
指定されたオブジェクト参照が、このアイデンティティーハッシュマップのキーかどうかを判定します。
containsKey(Object) - クラス java.util.jar.Attributes のメソッド
指定された属性名 (キー) がこの Map に格納される場合に true を返します。
containsKey(Object) - インタフェース java.util.Map のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(String) - クラス java.util.ResourceBundle のメソッド
指定された key がこの ResourceBundle またはその親バンドル内に含まれるかどうかを判定します。
containsKey(Object) - クラス java.util.TreeMap のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス java.util.WeakHashMap のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(String) - インタフェース javax.management.openmbean.CompositeData のメソッド
この CompositeData インスタンスに key という名前の項目が含まれる場合に限り、true を返します。
containsKey(String) - クラス javax.management.openmbean.CompositeDataSupport のメソッド
この CompositeData インスタンスに key という名前の項目が含まれる場合に限り、true を返します。
containsKey(String) - クラス javax.management.openmbean.CompositeType のメソッド
この CompositeType インスタンスが itemName という名前の項目を定義する場合、true を返します。
containsKey(Object[]) - インタフェース javax.management.openmbean.TabularData のメソッド
この TabularData インスタンスに、インデックスが指定された key になっている CompositeData 値 (行) が含まれる場合にかぎり true を返します。
containsKey(Object) - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularData インスタンスに、インデックスが指定された key になっている CompositeData 値 (行) が含まれる場合にかぎり true を返します。
containsKey(Object[]) - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularData インスタンスに、インデックスが指定された key になっている CompositeData 値 (行) が含まれる場合にかぎり true を返します。
containsKey(Class<?>) - インタフェース javax.print.attribute.AttributeSet のメソッド
属性セットが、指定されたカテゴリの属性を保持している場合に true を返します。
containsKey(Class<?>) - クラス javax.print.attribute.HashAttributeSet のメソッド
属性セットが、指定されたカテゴリの属性を保持している場合に true を返します。
containsKey(Object) - インタフェース javax.script.Bindings のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsKey(Object) - クラス javax.script.SimpleBindings のメソッド
マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
containsNS(String, String) - インタフェース org.w3c.dom.NameList のメソッド
namespaceURI/name の対がこの NameList の一部であるかどうかをテストします。
containsObservedObject(ObjectName) - クラス javax.management.monitor.Monitor のメソッド
監視対象の MBean のセット内に指定されたオブジェクトが含まれるかどうかをテストします。
containsObservedObject(ObjectName) - インタフェース javax.management.monitor.MonitorMBean のメソッド
監視対象の MBean のセット内に指定されたオブジェクトが含まれるかどうかをテストします。
containsValue(Object) - クラス java.awt.RenderingHints のメソッド
この RenderingHints が指定された値に 1 つ以上のキーをマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.AbstractMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.EnumMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.HashMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.Hashtable のメソッド
このハッシュテーブルが 1 つまたは複数のキーをこの値にマッピングする場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.IdentityHashMap のメソッド
指定されたオブジェクト参照が、このアイデンティティーハッシュマップのキーかどうかを判定します。
containsValue(Object) - クラス java.util.jar.Attributes のメソッド
この Map が 1 つ以上の属性名 (キー) を指定された値にマップしている場合に、true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.LinkedHashMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - インタフェース java.util.Map のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.TreeMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス java.util.WeakHashMap のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
containsValue(Object) - インタフェース javax.management.openmbean.CompositeData のメソッド
この CompositeData インスタンスに value という値の項目が含まれる場合に限り、true を返します。
containsValue(Object) - クラス javax.management.openmbean.CompositeDataSupport のメソッド
この CompositeData インスタンスに value という値の項目が含まれる場合に限り、true を返します。
containsValue(CompositeData) - インタフェース javax.management.openmbean.TabularData のメソッド
この TabularData インスタンスに、指定された CompositeData 値が含まれる場合にかぎり true を返します。
containsValue(CompositeData) - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularData インスタンスに、指定された CompositeData 値が含まれる場合にかぎり true を返します。
containsValue(Object) - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularData インスタンスに、指定された値が含まれる場合にかぎり true を返します。
containsValue(Attribute) - インタフェース javax.print.attribute.AttributeSet のメソッド
属性セットが指定された属性値を保持している場合に true を返します。
containsValue(Attribute) - クラス javax.print.attribute.HashAttributeSet のメソッド
属性セットが指定された属性を保持している場合に true を返します。
containsValue(Object) - クラス javax.script.SimpleBindings のメソッド
マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
CONTENT - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
CONTENT - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
このタグを使用して、すべてのテキストコンテンツにラベル付けを行います。
content - クラス javax.swing.text.html.parser.ContentModel の変数
コンテンツです。
content - クラス javax.swing.text.html.parser.Element の変数
 
CONTENT_AREA_FILLED_CHANGED_PROPERTY - クラス javax.swing.AbstractButton の static 変数
ボタンのコンテンツ領域が塗りつぶされるかどうかについての変更を識別します。
CONTENT_PANE_PROPERTY - クラス javax.swing.JInternalFrame の static 変数
バウンドプロパティー名です。
CONTENT_TYPE - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
Content-Type マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
content_type() - クラス org.omg.CORBA.TypeCode のメソッド
この TypeCode オブジェクトによって記述されるオブジェクトのメンバーの IDL 型を表す TypeCode オブジェクトを返します。
contentBorderInsets - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI の変数
 
ContentElementName - クラス javax.swing.text.AbstractDocument の static 変数
内容を示す要素の名前です。
contentEquals(StringBuffer) - クラス java.lang.String のメソッド
この文字列と指定された StringBuffer を比較します。
contentEquals(CharSequence) - クラス java.lang.String のメソッド
この文字列と指定された CharSequence を比較します。
contentEquals(CharSequence) - インタフェース javax.lang.model.element.Name のメソッド
この名前を、指定された CharSequence と比較します。
ContentHandler - java.net の クラス
abstract クラス ContentHandler は、URLConnection から Object を読み込むすべてのクラスのスーパークラスです。
ContentHandler() - クラス java.net.ContentHandler のコンストラクタ
 
ContentHandler - org.xml.sax の インタフェース
文書の論理コンテンツの通知を受け取ります。
ContentHandlerFactory - java.net の インタフェース
このインタフェースは、コンテンツハンドラのファクトリを定義します。
ContentModel - javax.swing.text.html.parser の クラス
コンテンツモデルの表現です。
ContentModel() - クラス javax.swing.text.html.parser.ContentModel のコンストラクタ
 
ContentModel(Element) - クラス javax.swing.text.html.parser.ContentModel のコンストラクタ
要素のコンテンツモデルを作成します。
ContentModel(int, ContentModel) - クラス javax.swing.text.html.parser.ContentModel のコンストラクタ
特定の型のコンテンツモデルを作成します。
ContentModel(int, Object, ContentModel) - クラス javax.swing.text.html.parser.ContentModel のコンストラクタ
特定の型のコンテンツモデルを作成します。
contentPane - クラス javax.swing.JRootPane の変数
コンテンツ区画です。
contentRect - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
contents - クラス java.awt.datatransfer.Clipboard の変数
 
CONTENTS_CHANGED - クラス javax.swing.event.ListDataEvent の static 変数
リストの内容への 1 つ以上の変更を識別します。
contentsChanged(ListDataEvent) - インタフェース javax.swing.event.ListDataListener のメソッド
リストの内容が、previous メソッドを使って指定できないような複雑な方法で変更されたときに送信されます。
contentsChanged(ListDataEvent) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
このメソッドは public になっていますが、これは実装の副作用によるものです。
contentsChanged(ListDataEvent) - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList のメソッド
リストデータリスナーの内容変更メソッドです。
contentsChanged(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI.ListDataHandler のメソッド
 
contentsChanged(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup.ListDataHandler のメソッド
 
contentsChanged(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI.ListDataHandler のメソッド
 
contentsLost() - クラス java.awt.Component.BltBufferStrategy のメソッド
 
contentsLost() - クラス java.awt.Component.FlipBufferStrategy のメソッド
 
contentsLost() - クラス java.awt.image.BufferStrategy のメソッド
getDrawGraphics への最後の呼び出しのために描画バッファーが消失したかどうかを返します。
contentsLost() - クラス java.awt.image.VolatileImage のメソッド
最後の validate 呼び出し以降に描画データが失われている場合は true
contentsRestored() - クラス java.awt.Component.BltBufferStrategy のメソッド
 
contentsRestored() - クラス java.awt.Component.FlipBufferStrategy のメソッド
 
contentsRestored() - クラス java.awt.image.BufferStrategy のメソッド
描画バッファーが消失状態から最近復元され、デフォルトのバックグラウンドカラー (白) に再初期化されたかどうかを返します。
ContentType - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementSpec の static 変数
getType に設定可能な値です。
context - クラス java.awt.dnd.DropTargetEvent の変数
この DropTargetEvent に関連した DropTargetContext です。
Context - javax.naming の インタフェース
このインタフェースは、名前からオブジェクトへのバインディングのセットから構成されるネーミングコンテキストを表します。
context - クラス javax.script.AbstractScriptEngine の変数
この AbstractScriptEngine のデフォルトの ScriptContext です。
Context - org.omg.CORBA の クラス
Request オペレーションで、この呼び出しとともに送出される前にコンテキスト文字列を解決する必要のあるコンテキストオブジェクトの指定で使用されるオブジェクトです。
Context() - クラス org.omg.CORBA.Context のコンストラクタ
 
context_data - クラス org.omg.IOP.ServiceContext の変数
このサービスコンテキストに関連付けられたデータです。
CONTEXT_EXPIRED - 例外 org.ietf.jgss.GSSException の static 変数
セキュリティーコンテキストが期限切れです。
context_id - クラス org.omg.IOP.ServiceContext の変数
サービスコンテキスト ID です。
context_name() - クラス org.omg.CORBA.Context のメソッド
この Context オブジェクトの名前を取得します。
ContextList - org.omg.CORBA の クラス
プロパティー名を表す String オブジェクトの修正可能なリストを格納するオブジェクトです。
ContextList() - クラス org.omg.CORBA.ContextList のコンストラクタ
 
ContextNotEmptyException - javax.naming の 例外
この例外は、空ではないコンテキストを破棄しようとした場合にスローされます。
ContextNotEmptyException(String) - 例外 javax.naming.ContextNotEmptyException のコンストラクタ
説明を使用して、ContextNotEmptyException の新しいインスタンスを構築します。
ContextNotEmptyException() - 例外 javax.naming.ContextNotEmptyException のコンストラクタ
名前解決フィールドおよび説明がすべて null に初期化された、ContextNotEmptyException の新しいインスタンスを構築します。
contexts() - クラス org.omg.CORBA.Request のメソッド
この要求に対する ContextList オブジェクトを取得します。
contexts() - インタフェース org.omg.PortableInterceptor.RequestInfoOperations のメソッド
このオペレーション呼び出しで渡される可能性があるコンテキストを記述する String オブジェクトの配列を返します。
ContextualRenderedImageFactory - java.awt.image.renderable の インタフェース
ContextualRenderedImageFactory は、RenderableImageOp のインスタンス間で異なる機能のためのインタフェースを提供します。
CONTIGUOUS_TREE_SELECTION - インタフェース javax.swing.tree.TreeSelectionModel の static 変数
選択範囲の項目は連続している必要があります。
CONTINUE - クラス javax.sound.midi.ShortMessage の static 変数
コンティニューメッセージのステータスバイト (0xFB または 251) です。
continueDrag(int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider.DragController のメソッド
 
continueDrag(MouseEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider.DragController のメソッド
dragDividerTo に、マウスイベントの新しい位置についてのメッセージを送ります。
CONTINUOUS_LAYOUT_PROPERTY - クラス javax.swing.JSplitPane の static 変数
continuousLayout のバウンドプロパティー名です。
continuousLayout - クラス javax.swing.JSplitPane の変数
サイズ変更の際、ビューが継続して再表示されるかどうかを示します。
contListener - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI の変数
この protected フィールドは実装固有のものです。
CONTROL - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.control システムカラーの配列インデックスです。
control - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
プッシュボタンなど、コントロールパネルやコントロールオブジェクトのバックグラウンドで描画されるカラーです。
CONTROL - クラス java.lang.Character の static 変数
Unicode 仕様の汎用カテゴリ「Cc」
Control - javax.naming.ldap の インタフェース
このインタフェースは、「RFC 2251」で定義されているように LDAPv3 コントロールを表示します。
Control - javax.sound.sampled の クラス
Lines には、ラインを介したオーディオ信号の引き渡しに影響を与える、ゲインやパンなどのコントロールセットが 1 組含まれていることがあります。
Control(Control.Type) - クラス javax.sound.sampled.Control のコンストラクタ
タイプを指定してコントロールを構築します。
Control.Type - javax.sound.sampled の クラス
Type クラスのインスタンスはコントロールのタイプを表します。
Control.Type(String) - クラス javax.sound.sampled.Control.Type のコンストラクタ
名前を指定してコントロールタイプを新しく構築します。
CONTROL_BUTTONS_ARE_SHOWN_CHANGED_PROPERTY - クラス javax.swing.JFileChooser の static 変数
コントロールボタンを表示する命令です。
CONTROL_CHANGE - クラス javax.sound.midi.ShortMessage の static 変数
コントロールチェンジメッセージのコマンド値 (0xB0 または 176) です。
CONTROL_DK_SHADOW - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.controlDkShadow システムカラーの配列インデックスです。
CONTROL_FACTORIES - インタフェース javax.naming.ldap.LdapContext の static 変数
使用するコントロールファクトリのリストを指定するための、環境プロパティーの名前を保持する定数です。
CONTROL_HIGHLIGHT - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.controlHighlight システムカラーの配列インデックスです。
CONTROL_LT_HIGHLIGHT - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.controlLtHighlight システムカラーの配列インデックスです。
CONTROL_PICTURES - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「Control Pictures」Unicode 文字ブロックの定数です。
CONTROL_SHADOW - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.controlShadow システムカラーの配列インデックスです。
CONTROL_TEXT - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.controlText システムカラーの配列インデックスです。
controlChange(ShortMessage) - インタフェース javax.sound.midi.ControllerEventListener のメソッド
そのリスナーが通知を指定した制御変更イベントを Sequencer が検出して処理した場合に呼び出されます。
controlChange(int, int) - インタフェース javax.sound.midi.MidiChannel のメソッド
指定されたコントローラの値の変化に反応します。
controlDkShadow - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
プッシュボタンなど、3D コントロールオブジェクトの暗く影の付いた領域で描画されるカラーです。
controlDown() - クラス java.awt.Event のメソッド
注:Event クラスは現在無効であり、下位互換のためだけに存在しています。
ControlFactory - javax.naming.ldap の クラス
この抽象クラスは、LDAPv3 コントロールの作成に使用するファクトリを表します。
ControlFactory() - クラス javax.naming.ldap.ControlFactory のコンストラクタ
 
controlHighlight - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
プッシュボタンなど、3D コントロールオブジェクトの明るく輝いた領域で描画されるカラーです。
CONTROLLED_BY - クラス javax.accessibility.AccessibleRelation の static 変数
オブジェクトが 1 つ以上のターゲットオブジェクトによって制御されることを示します。
CONTROLLED_BY_PROPERTY - クラス javax.accessibility.AccessibleRelation の static 変数
制御を実行中のターゲットオブジェクトが変更されたことを識別します。
controller - クラス javax.imageio.IIOParam の変数
activateController メソッドが呼び出されたときに、この IIOParam オブジェクトの設定を指定するために使用する IIOParamController です。
controller - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadata の変数
activateController メソッドが呼び出されたときに、この IIOMetadata オブジェクトの設定を指定するために使用する IIOMetadataController です。
CONTROLLER_FOR - クラス javax.accessibility.AccessibleRelation の static 変数
オブジェクトが 1 つ以上のターゲットオブジェクトのコントローラであることを示します。
CONTROLLER_FOR_PROPERTY - クラス javax.accessibility.AccessibleRelation の static 変数
ターゲットオブジェクトのコントローラが変更されたことを識別します。
ControllerEventListener - javax.sound.midi の インタフェース
ControllerEventListener インタフェースは、要求した型の MIDI 制御変更イベントの処理を Sequencer が完了した時点で通知を受け取る必要のあるインスタンスのクラスが実装します。
controlLtHighlight - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
プッシュボタンなど、3D コントロールオブジェクトの強調表示領域で描画されるカラーです。
controlShadow - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
プッシュボタンなど、3D コントロールオブジェクトの影の付いた領域で描画されるカラーです。
controlText - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
プッシュボタンなど、コントロールパネルやコントロールオブジェクトのテキストで描画されるカラーです。
convert(long, TimeUnit) - 列挙 java.util.concurrent.TimeUnit のメソッド
指定された単位による指定された時間を、この単位に変換します。
convertColumnIndexToModel(int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
識別子オブジェクト viewColumnIndex のビュー内の列のインデックスを、テーブルモデル内の列のインデックスにマッピングします。
convertColumnIndexToView(int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
modelColumnIndex のテーブルモデル内の列のインデックスを、ビュー内の列のインデックスにマッピングします。
CONVERTED_TEXT - クラス java.awt.im.InputMethodHighlight の static 変数
変換済みテキストの状態の定数です。
convertImageMetadata(IIOMetadata, ImageTypeSpecifier, ImageWriteParam) - インタフェース javax.imageio.ImageTranscoder のメソッド
符号化に使用でき、必要に応じて、ドキュメントインタフェースまたは符号化に使用する書き込み側プラグインに固有のほかのインタフェースを使用して変更できる、IIOMetadata オブジェクトを返します。
convertImageMetadata(IIOMetadata, ImageTypeSpecifier, ImageWriteParam) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
 
convertMouseEvent(MouseEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
 
convertMouseEvent(Component, MouseEvent, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
その x と y メンバーが destination の座標体系に変換済みの場合を除いて、sourceEvent と同様の MouseEvent を返します。
convertPoint(Component, Point, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
source 座標体系の aPointdestination 座標体系に変換します。
convertPoint(Component, int, int, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
source 座標体系の点 (x,y)destination 座標体系に変換します。
convertPointFromScreen(Point, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
ポイントを画面座標からコンポーネントの座標体系に変換します。
convertPointToScreen(Point, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
ポイントをコンポーネントの座標体系から画面座標に変換します。
convertPreviousRowIndexToModel(int) - クラス javax.swing.event.RowSorterEvent のメソッド
ソート前のモデルの index の位置を返します。
convertRectangle(Component, Rectangle, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
source 座標体系の aRectangledestination 座標体系に変換します。
convertRowIndexToModel(int) - クラス javax.swing.DefaultRowSorter のメソッド
配下のモデルの index の位置を返します。
convertRowIndexToModel(int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
ビューの行のインデックスを配下の TableModel にマッピングします。
convertRowIndexToModel(int) - クラス javax.swing.RowSorter のメソッド
配下のモデルの index の位置を返します。
convertRowIndexToView(int) - クラス javax.swing.DefaultRowSorter のメソッド
ビューの index の位置を返します。
convertRowIndexToView(int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
TableModel の行のインデックスをビューにマッピングします。
convertRowIndexToView(int) - クラス javax.swing.RowSorter のメソッド
ビューの index の位置を返します。
convertRowToY(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
指定された行の原点の JList 相対 Y 座標を返します。
convertStreamMetadata(IIOMetadata, ImageWriteParam) - インタフェース javax.imageio.ImageTranscoder のメソッド
符号化に使用でき、必要に応じて、ドキュメントインタフェースまたは符号化に使用する書き込み側プラグインに固有のほかのインタフェースを使用して変更できる、IIOMetadata オブジェクトを返します。
convertStreamMetadata(IIOMetadata, ImageWriteParam) - クラス javax.imageio.ImageWriter のメソッド
 
convertToIntDiscrete(Raster, boolean) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のメソッド
ソース Raster のインデックスを展開して計算したピクセルデータ付きの Raster を持つ、TYPE_INT_ARGB または TYPE_INT_RGB の新しい BufferedImage を、この ColorModel の色成分とアルファ成分の配列を使って返します。
convertToVector(Object[]) - クラス javax.swing.table.DefaultTableModel の static メソッド
配列と同じオブジェクトを格納するベクターを返します。
convertToVector(Object[][]) - クラス javax.swing.table.DefaultTableModel の static メソッド
配列と同じオブジェクトを格納する一連のベクターの中の 1 つのベクターを返します。
convertValueToText(Object, boolean, boolean, boolean, int, boolean) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
レンダリングによって呼び出され、指定された値をテキストに変換します。
convertYToRow(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
JList の相対座標を、現在のレイアウトを基にして、座標を含む行に変換します。
ConvolveOp - java.awt.image の クラス
このクラスは、転送元から転送先への畳み込み演算を実装します。
ConvolveOp(Kernel, int, RenderingHints) - クラス java.awt.image.ConvolveOp のコンストラクタ
指定された Kernel、縁の条件、および RenderingHints オブジェクト (これは null でも可) で ConvolveOp を構築します。
ConvolveOp(Kernel) - クラス java.awt.image.ConvolveOp のコンストラクタ
指定された Kernel で ConvolveOp を構築します。
CookieHandler - java.net の クラス
CookieHandler オブジェクトは、HTTP プロトコルハンドラに HTTP 状態管理ポリシー実装を組み込むためのコールバック機構を提供します。
CookieHandler() - クラス java.net.CookieHandler のコンストラクタ
 
CookieHolder - org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage の クラス
ネイティブ型の PortableServer::ServantLocator::Cookie は、java.lang.Object にマップされます。
CookieHolder() - クラス org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage.CookieHolder のコンストラクタ
 
CookieHolder(Object) - クラス org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage.CookieHolder のコンストラクタ
 
CookieManager - java.net の クラス
CookieManager は CookieHandler の具象実装を提供し、Cookie の記憶領域と Cookie の受け入れ/拒否に関するポリシーとを分離します。
CookieManager() - クラス java.net.CookieManager のコンストラクタ
新しい Cookie マネージャーを作成します。
CookieManager(CookieStore, CookiePolicy) - クラス java.net.CookieManager のコンストラクタ
指定された Cookie ストアと Cookie ポリシーを使って新しい Cookie マネージャーを作成します。
CookiePolicy - java.net の インタフェース
CookiePolicy 実装は、どの Cookie を受け入れ、どの Cookie を拒否すべきかを決定します。
CookieStore - java.net の インタフェース
CookieStore オブジェクトは、Cookie の記憶領域を表します。
COORDS - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
COPIED - クラス java.awt.BufferCapabilities.FlipContents の static 変数
反転の内容が COPIED の場合、バックバッファーの内容が反転時にフロントバッファーにコピーされます。
Copies - javax.print.attribute.standard の クラス
Copies クラスは、印刷する部数を指定する整数型の値の印刷属性クラスです。
Copies(int) - クラス javax.print.attribute.standard.Copies のコンストラクタ
指定された整数値で新しい部数属性を構築します。
CopiesSupported - javax.print.attribute.standard の クラス
CopiesSupported クラスは、Copies 属性に対してサポートする値を指定する整数型セットの印刷属性クラスです。
CopiesSupported(int) - クラス javax.print.attribute.standard.CopiesSupported のコンストラクタ
単一の整数型を保持する新しいサポートする部数属性を構築します。
CopiesSupported(int, int) - クラス javax.print.attribute.standard.CopiesSupported のコンストラクタ
単一の整数型の範囲を保持する新しいサポートする部数属性を構築します。
copy(List<? super T>, List<? extends T>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
あるリストから別のリストにすべての要素をコピーします。
copy() - クラス javax.swing.JPasswordField のメソッド
現在の Look & Feel で provideErrorFeedback を呼び出します。
copy - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.AttributeUndoableEdit の変数
 
copy() - クラス javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
関連するテキストモデル内の現在選択されている領域をシステムクリップボードに転送して、テキストモデル内のコンテンツはそのまま残します。
COPY - クラス javax.swing.TransferHandler の static 変数
「copy」の転送アクションを表す int です。
copy() - クラス org.omg.CORBA._PolicyStub のメソッド
ポリシーオブジェクトをコピーします。
copy() - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトを複製します。
copy() - インタフェース org.omg.CORBA.PolicyOperations のメソッド
Policy オブジェクトのコピーを返します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
copy() - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
呼び出した DynAny のディープコピーである値を持つ DynAny を新規作成します。
COPY_OR_MOVE - クラス javax.swing.TransferHandler の static 変数
「copy」または「move」のソースアクション機能を表す int です。
copyAction - クラス javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
選択された範囲をコピーして、システムのクリップボードに置く処理の名前です。
copyArea(int, int, int, int, int, int) - クラス java.awt.Graphics のメソッド
コンポーネントの領域を、dxdy で指定された距離でコピーします。
copyArea(int, int, int, int, int, int) - クラス javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.copyArea をオーバーライドします。
copyAttributes() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
属性セットをコピーします。
copyAttributes() - インタフェース javax.swing.text.AttributeSet のメソッド
時間が経っても変化しないことが保証された属性セットを返します。
copyAttributes() - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
属性のコピーを作成します。
copyAttributes() - クラス javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
属性セットをコピーします。
copyAttributes() - クラス javax.swing.text.StyleContext.SmallAttributeSet のメソッド
属性セットをコピーします。
copyChildren() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
この BeanContext の子のコピーを取得します。
copyData(WritableRaster) - クラス java.awt.image.BufferedImage のメソッド
BufferedImage の任意の矩形領域を計算し、指定された WritableRaster にコピーします。
copyData(WritableRaster) - インタフェース java.awt.image.RenderedImage のメソッド
RenderedImage の任意の矩形領域を計算し、呼び出し側が提供した WritableRaster にコピーします。
copyInto(Object[]) - クラス java.util.Vector のメソッド
Vector の要素を、指定された配列にコピーします。
copyInto(Object[]) - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
リストのコンポーネントを、指定された配列にコピーします。
copyObject(Object, ORB) - クラス javax.rmi.CORBA.Util の static メソッド
オブジェクトをコピーまたは接続します。
copyObject(Object, ORB) - インタフェース javax.rmi.CORBA.UtilDelegate のメソッド
Util.copyObject(java.lang.Object, org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
copyObjects(Object[], ORB) - クラス javax.rmi.CORBA.Util の static メソッド
オブジェクトの配列をコピーまたは接続します。
copyObjects(Object[], ORB) - インタフェース javax.rmi.CORBA.UtilDelegate のメソッド
Util.copyObjects(java.lang.Object[], org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
copyOf(T[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるか null でパディングします。
copyOf(U[], int, Class<? extends T[]>) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるか null でパディングします。
copyOf(byte[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるかゼロでパディングします。
copyOf(short[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるかゼロでパディングします。
copyOf(int[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるかゼロでパディングします。
copyOf(long[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるかゼロでパディングします。
copyOf(char[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるか null 文字でパディングします。
copyOf(float[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるかゼロでパディングします。
copyOf(double[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるかゼロでパディングします。
copyOf(boolean[], int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列をコピーし、そのコピーが指定された長さになるように、必要に応じて切り詰めるか false でパディングします。
copyOf(EnumSet<E>) - クラス java.util.EnumSet の static メソッド
指定された enum セットと同じ要素型を使用して、enum セットを作成します。
copyOf(Collection<E>) - クラス java.util.EnumSet の static メソッド
指定されたコレクションから初期化された enum セットを作成します。
copyOfRange(T[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(U[], int, int, Class<? extends T[]>) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(byte[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(short[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(int[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(long[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(char[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(float[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(double[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
copyOfRange(boolean[], int, int) - クラス java.util.Arrays の static メソッド
指定された配列の指定された範囲を新しい配列にコピーします。
CopyOnWriteArrayList<E> - java.util.concurrent の クラス
基になる配列の新しいコピーを作成することにより、すべての推移的操作 (addset など) が実装される ArrayList のスレッドセーフな変数です。
CopyOnWriteArrayList() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のコンストラクタ
空のリストを作成します。
CopyOnWriteArrayList(Collection<? extends E>) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のコンストラクタ
指定されたコレクションの要素が含まれているリストを、要素がコレクションの反復子によって返される順序で作成します。
CopyOnWriteArrayList(E[]) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のコンストラクタ
指定された配列のコピーを保持するリストを作成します。
CopyOnWriteArraySet<E> - java.util.concurrent の クラス
すべての操作で内部 CopyOnWriteArrayList を使用する Set
CopyOnWriteArraySet() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet のコンストラクタ
空のセットを作成します。
CopyOnWriteArraySet(Collection<? extends E>) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet のコンストラクタ
指定されたコレクションの要素すべてを含むセットを作成します。
copySign(double, double) - クラス java.lang.Math の static メソッド
2 番目の浮動小数点引数の符号を付けた、最初の浮動小数点引数を返します。
copySign(float, float) - クラス java.lang.Math の static メソッド
2 番目の浮動小数点引数の符号を付けた、最初の浮動小数点引数を返します。
copySign(double, double) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
2 番目の浮動小数点引数の符号を付けた、最初の浮動小数点引数を返します。
copySign(float, float) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
2 番目の浮動小数点引数の符号を付けた、最初の浮動小数点引数を返します。
copyValueOf(char[], int, int) - クラス java.lang.String の static メソッド
指定された配列内の文字シーケンスを表す String を返します。
copyValueOf(char[]) - クラス java.lang.String の static メソッド
指定された配列内の文字シーケンスを表す String を返します。
cos(double) - クラス java.lang.Math の static メソッド
指定された角度の余弦 (コサイン) を返します。
cos(double) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
指定された角度の余弦 (コサイン) を返します。
cosh(double) - クラス java.lang.Math の static メソッド
double 値の双曲線余弦を返します。
cosh(double) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
double 値の双曲線余弦を返します。
count - クラス java.io.BufferedInputStream の変数
バッファー中の最後の有効バイトインデックスよりも 1 つ大きな数値を持つインデックスです。
count - クラス java.io.BufferedOutputStream の変数
バッファーの中の有効バイト数です。
count - クラス java.io.ByteArrayInputStream の変数
入力ストリーム中の最後の有効文字位置よりも 1 つ大きな値を持つインデックスです。
count - クラス java.io.ByteArrayOutputStream の変数
バッファーの中の有効バイト数です。
count - クラス java.io.CharArrayReader の変数
このバッファーの最後のインデックスです。
count - クラス java.io.CharArrayWriter の変数
バッファーの中の文字数です。
count - クラス java.io.StringBufferInputStream の変数
推奨されていません。 入力ストリームバッファー内の有効文字数です。
count - クラス javax.swing.text.Segment の変数
処理対象のテキストを構成する配列要素の数です。
count() - クラス org.omg.CORBA.ContextList のメソッド
この ContextList オブジェクト内の String オブジェクトの数を返します。
count() - クラス org.omg.CORBA.ExceptionList のメソッド
この ExceptionList オブジェクトの TypeCode オブジェクトの数を取得します。
count() - クラス org.omg.CORBA.NVList のメソッド
この NVList オブジェクトに追加された NamedValue オブジェクトの数を返します。
countAttachments() - クラス javax.xml.soap.SOAPMessage のメソッド
このメッセージの添付の数を取得します。
countComponents() - クラス java.awt.Container のメソッド
推奨されていません。 JDK version 1.1 以降は、getComponentCount() に置き換えられました。
countDown() - クラス java.util.concurrent.CountDownLatch のメソッド
ラッチのカウントを減算し、カウントがゼロに達すると待機中のスレッドをすべて解放します。
CountDownLatch - java.util.concurrent の クラス
ほかのスレッドで実行中の操作セットが完了するまで、1 つ以上のスレッドを待機可能にする同期化支援機能です。
CountDownLatch(int) - クラス java.util.concurrent.CountDownLatch のコンストラクタ
指定されたカウントで初期化された CountDownLatch を構築します。
CounterMonitor - javax.management.monitor の クラス
カウンタ属性の値を監視するように設計されたモニター MBean を定義します。
CounterMonitor() - クラス javax.management.monitor.CounterMonitor のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
CounterMonitorMBean - javax.management.monitor の インタフェース
カウンタモニター MBean のリモート管理インタフェースを公開します。
countItems() - クラス java.awt.Choice のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、getItemCount() に置き換えられました。
countItems() - クラス java.awt.List のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、getItemCount() に置き換えられました。
countItems() - クラス java.awt.Menu のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、getItemCount() に置き換えられました。
countMenus() - クラス java.awt.MenuBar のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、getMenuCount() に置き換えられました。
countObservers() - クラス java.util.Observable のメソッド
Observable オブジェクトのオブザーバの数を返します。
countStackFrames() - クラス java.lang.Thread のメソッド
推奨されていません。 この呼び出しの定義は、推奨されていない Thread.suspend() に依存します。また、この呼び出しの結果は保証されません。
countTokens() - クラス java.util.StringTokenizer のメソッド
例外を生成せずにトークナイザの nextToken メソッドを呼び出せる回数を計算します。
COVER - クラス javax.print.attribute.standard.Finishings の static 変数
この値は、ドキュメントのカバーを印刷しないか、または事前印刷を選択するときに指定されます。
COVER_OPEN - クラス javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
デバイスのカバーが開いています。
CPE - クラス javax.naming.spi.NamingManager の static 変数
getContinuationContext() がその CannotProceedException パラメータの値を格納する環境プロパティーの名前を保持する定数です。
crc - クラス java.util.zip.GZIPInputStream の変数
圧縮解除されたデータに使用する CRC-32 です。
crc - クラス java.util.zip.GZIPOutputStream の変数
圧縮解除されたデータに使用する CRC-32 です。
CRC32 - java.util.zip の クラス
データストリームの CRC-32 を計算するために使用するクラスです。
CRC32() - クラス java.util.zip.CRC32 のコンストラクタ
新しい CRC32 オブジェクトを作成します。
create() - クラス java.awt.Graphics のメソッド
この Graphics オブジェクトのコピーである、新しい Graphics オブジェクトを作成します。
create(int, int, int, int) - クラス java.awt.Graphics のメソッド
この Graphics オブジェクトに基づいた新しい Graphics オブジェクトを、新しい変換およびクリップ領域で作成します。
create(RenderContext, ParameterBlock) - インタフェース java.awt.image.renderable.ContextualRenderedImageFactory のメソッド
RenderContext と、操作のソースとパラメータが格納されている ParameterBlock を指定して、描画を作成します。
create(ParameterBlock, RenderingHints) - インタフェース java.awt.image.renderable.RenderedImageFactory のメソッド
指定された ParameterBlock および RenderingHints に対する、イメージングオペレーション (またはオペレーションのチェーン) の結果を表す RenderedImage を作成します。
create(Class<T>, Object, String) - クラス java.beans.EventHandler の static メソッド
リスナーインタフェース内のすべてのメソッドがハンドラの actiontarget に適用するための listenerInterface 実装を作成します。
create(Class<T>, Object, String, String) - クラス java.beans.EventHandler の static メソッド
/** すべてのメソッドから、イベント式 eventPropertyName の値を文中の最後のメソッドである action (target に適用される) に渡すための listenerInterface 実装を作成します。
create(Class<T>, Object, String, String, String) - クラス java.beans.EventHandler の static メソッド
/** listenerMethodName という名前のメソッドから、イベント式の値 eventPropertyName を文中の最後のメソッド action (target に適用される) に渡すための listenerInterface 実装を作成します。
create() - クラス java.net.DatagramSocketImpl のメソッド
データグラムソケットを作成します。
create(boolean) - クラス java.net.SocketImpl のメソッド
ストリームソケットまたはデータグラムソケットを作成します。
create(String) - クラス java.net.URI の static メソッド
指定された文字列を解析して URI を作成します。
create() - クラス javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.create をオーバーライドして、DebugGraphics オブジェクトを返すようにします。
create(int, int, int, int) - クラス javax.swing.DebugGraphics のメソッド
Graphics.create をオーバーライドして、DebugGraphics オブジェクトを返すようにします。
create(Element) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPasswordFieldUI のメソッド
要素のビュー (PasswordView) を作成します。
create(Element) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextAreaUI のメソッド
要素のビューを作成します。
create(Element) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextFieldUI のメソッド
要素に基づいてビュー (FieldView) を作成します。
create(Element) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
要素のビューを作成します。
create(Element, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
要素のビューを作成します。
create(DefaultStyledDocument.ElementSpec[]) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
ドキュメントを初期化して、指定された要素構造 (getDefaultRootElement メソッドによって報告される構造) を反映します。
create(DefaultStyledDocument.ElementSpec[]) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
ドキュメントのコンテンツを、指定された要素仕様に置換します。
create(Element) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit.HTMLFactory のメソッド
要素からビューを作成します。
create(Element) - インタフェース javax.swing.text.ViewFactory のメソッド
ドキュメントの指定された構造要素からビューを作成します。
create(Name) - クラス javax.xml.soap.SOAPElementFactory のメソッド
推奨されていません。 代わりに javax.xml.soap.SOAPFactory.createElement(javax.xml.soap.Name) を使用してください。
create(String) - クラス javax.xml.soap.SOAPElementFactory のメソッド
推奨されていません。 代わりに javax.xml.soap.SOAPFactory.createElement(String localName) を使用してください。
create(String, String, String) - クラス javax.xml.soap.SOAPElementFactory のメソッド
推奨されていません。 代わりに javax.xml.soap.SOAPFactory.createElement(String localName, String prefix, String uri) を使用してください。
create(Object) - クラス javax.xml.ws.Endpoint の static メソッド
指定された implementor オブジェクトを持つ端点を作成します。
create(String, Object) - クラス javax.xml.ws.Endpoint の static メソッド
指定されたバインディング型と implementor オブジェクトを使用して端点を作成します。
create(URL, QName) - クラス javax.xml.ws.Service の static メソッド
Service インスタンスを作成します。
create(QName) - クラス javax.xml.ws.Service の static メソッド
Service インスタンスを作成します。
create_abstract_interface_tc(String, String) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の抽象インタフェースの TypeCode オブジェクトを生成します。
create_alias_tc(String, String, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の alias (typedef) を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_any() - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
kind フィールドが TCKind.tc_null に設定された TypeCode オブジェクトを格納するように初期化された、IDL の Any オブジェクトを生成します。
create_array_tc(int, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の array を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_basic_dyn_any(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_child(String) - クラス org.omg.CORBA.Context のメソッド
文字列で名前を指定して、この Context オブジェクトを親とする Context オブジェクトを生成します。
create_codec(Encoding) - インタフェース org.omg.IOP.CodecFactoryOperations のメソッド
指定されたエンコーディングの Codec を作成します。
create_context_list() - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
空の ContextList オブジェクトを生成します。
create_dyn_any(Any) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_dyn_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyFactoryStub のメソッド
any 値から DynAny オブジェクトを新規作成します。
create_dyn_any(Any) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryOperations のメソッド
any 値から DynAny オブジェクトを新規作成します。
create_dyn_any_from_type_code(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyFactoryStub のメソッド
TypeCode から DynAny を作成します。
create_dyn_any_from_type_code(TypeCode) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryOperations のメソッド
TypeCode から DynAny を作成します。
create_dyn_array(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_dyn_enum(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_dyn_sequence(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_dyn_struct(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_dyn_union(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに新しい DynAnyFactory API を使用してください。
create_enum_tc(String, String, String[]) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の enum を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_environment() - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
Environment オブジェクトを生成します。
create_exception_list() - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
空の ExceptionList オブジェクトを生成します。
create_exception_tc(String, String, StructMember[]) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の exception を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_fixed_tc(short, short) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL fixed 型の TypeCode オブジェクトを生成します。
create_id_assignment_policy(IdAssignmentPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_id_uniqueness_policy(IdUniquenessPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_implicit_activation_policy(ImplicitActivationPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_input_stream() - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの値を非整列化できる入力ストリームを作成します。
create_input_stream() - クラス org.omg.CORBA.portable.OutputStream のメソッド
同じバッファーを持つ入力ストリームを返します。
create_interface_tc(String, String) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の interface を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_lifespan_policy(LifespanPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_list(int) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
指定数の NamedValue オブジェクトにとって (おそらく) 十分な空間を NVList に割り当てます。
create_named_value(String, Any, int) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
指定された名前、値、引数モードフラグを使って、NamedValue オブジェクトを生成します。
create_native_tc(String, String) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL ネイティブ型の TypeCode オブジェクトを生成します。
create_operation_list(Object) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
指定された OperationDef オブジェクトで記述される操作の引数記述で初期化された、NVList を生成します。
create_output_stream() - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの値を整列化できる出力ストリームを作成します。
create_output_stream() - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
新しい org.omg.CORBA.portable.OutputStream オブジェクトを生成します。
create_POA(String, POAManager, Policy[]) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
このオペレーションは、新しい POA をターゲット POA の子として作成します。
create_policy(int, Any) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
指定された初期状態で特定の型のポリシーオブジェクトのインスタンスを新規作成するために呼び出されます。
create_policy(int, Any) - インタフェース org.omg.PortableInterceptor.PolicyFactoryOperations のメソッド
指定された any に対応する値を持つ CORBA.Policy から派生した該当するインタフェースのインスタンスを返します。
create_recursive_sequence_tc(int, int) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
推奨されていません。 代わりに create_recursive_tc と create_sequence_tc の組み合わせを使用してください。
create_recursive_tc(String) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
再帰を含む TypeCode を生成する処理の際に、具象 TypeCode のプレースホルダとして機能する再帰 TypeCode を生成します。
create_reference(String) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
このオペレーションは、POA によって生成されたオブジェクト ID 値と指定されたインタフェースリポジトリ ID をカプセル化するオブジェクト参照を作成します。
create_reference_with_id(byte[], String) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
この操作は、指定されたオブジェクト ID とインタフェースリポジトリ ID の値をカプセル化するオブジェクト参照を作成します。
create_request(Object, Context, String, NVList, NamedValue) - クラス org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
Dynamic Invocation Interface で使用される Request のインタフェースを作成します。
create_request(Object, Context, String, NVList, NamedValue, ExceptionList, ContextList) - クラス org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
Dynamic Invocation Interface で使用される Request のインタフェースを作成します。
create_request_processing_policy(RequestProcessingPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_sequence_tc(int, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の sequence を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_servant_retention_policy(ServantRetentionPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_string_tc(int) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL のバウンド形式 string を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_struct_tc(String, String, StructMember[]) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の struct を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_thread_policy(ThreadPolicyValue) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
これらのオペレーションはそれぞれ、指定された値を持つポリシーオブジェクトへの参照を返します。
create_union_tc(String, String, TypeCode, UnionMember[]) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL の union を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
create_value_box_tc(String, String, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL 値ボックスの TypeCode オブジェクトを生成します。
create_value_tc(String, String, short, TypeCode, ValueMember[]) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL 値型の TypeCode オブジェクトを生成します。
create_wstring_tc(int) - クラス org.omg.CORBA.ORB のメソッド
IDL のバウンド形式 wstring (ワイド文字列) を表す TypeCode オブジェクトを生成します。
createActionChangeListener(JMenuItem) - クラス javax.swing.JMenu のメソッド
Action に対する変更が発生した場合にコントロールを更新する、適切に設定された PropertyChangeListener を返します。
createActionChangeListener(JMenuItem) - クラス javax.swing.JPopupMenu のメソッド
Action に対する変更が発生した場合にコントロールを更新する、適切に設定された PropertyChangeListener を返します。
createActionChangeListener(JButton) - クラス javax.swing.JToolBar のメソッド
Action への変更が発生する場合にコントロールを更新するための、適切に設定された PropertyChangeListener を返します。
createActionComponent(Action) - クラス javax.swing.JMenu のメソッド
JMenu に追加される ActionJMenuItem を作成するファクトリメソッドです。
createActionComponent(Action) - クラス javax.swing.JPopupMenu のメソッド
JPopupMenu に追加された ActionJMenuItem を作成するファクトリメソッドです。
createActionComponent(Action) - クラス javax.swing.JToolBar のメソッド
JToolBar に追加された ActionJButton を作成するファクトリメソッドです。
createActionListener() - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
 
createActionMap() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createActionPropertyChangeListener(Action) - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
指定の Action からの変更を待機し、適切なプロパティーを更新する PropertyChangeListener を作成して、返します。
createActionPropertyChangeListener(Action) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
指定の Action からの変更を待機し、適切なプロパティーを更新する PropertyChangeListener を作成して、返します。
createActionPropertyChangeListener(Action) - クラス javax.swing.JTextField のメソッド
指定の Action からの変更を待機し、適切なプロパティーを更新する PropertyChangeListener を作成して、返します。
createActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
createAndPublishEndpoint(String, Object) - クラス javax.xml.ws.spi.Provider のメソッド
与えられたアドレスと実装オブジェクトを持つ端点オブジェクトを作成および発行します。
createArrayOf(String, Object[]) - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
Array オブジェクトを生成するファクトリメソッドです。
createArrowButton() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
コンボボックスのポップアップ部分の表示または非表示の制御に使用されるボタンを作成します。
createArrowButton() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxUI のメソッド
 
createArrowButtonListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
createAttachmentPart() - クラス javax.xml.soap.SOAPMessage のメソッド
新しい空の AttachmentPart オブジェクトを作成します。
createAttachmentPart(DataHandler) - クラス javax.xml.soap.SOAPMessage のメソッド
AttachmentPart オブジェクトを作成し、指定した DataHandler オブジェクトを使用して生成します。
createAttachmentPart(Object, String) - クラス javax.xml.soap.SOAPMessage のメソッド
AttachmentPart オブジェクトを作成し、指定したコンテンツタイプの指定したデータを使用して生成します。
createAttribute(String, String, String, String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
新しい Attribute を作成します。
createAttribute(String, String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
新しい Attribute を作成します。
createAttribute(QName, String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
新しい Attribute を作成します。
createAttribute(String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
所定の名前の Attr を作成します。
createAttributeNS(String, String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
所定の修飾名と名前空間 URI を持つ属性を作成します。
createAudioAction(Object) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLookAndFeel のメソッド
サウンドの再生に使用する Action を作成し、返します。
createBackBuffers(int) - クラス java.awt.Component.BltBufferStrategy のメソッド
バックバッファーを生成します。
createBanded(ColorSpace, int[], int[], int, boolean, boolean) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
ComponentColorModelBandedSampleModel を使用する、バンドされたイメージ形式の指示子を返して、各チャネルを別々の配列に格納します。
createBandedRaster(int, int, int, int, Point) - クラス java.awt.image.Raster の static メソッド
指定されたデータ型、幅、高さ、バンド数を持つ、BandedSampleModel に基づいた Raster を生成します。
createBandedRaster(int, int, int, int, int[], int[], Point) - クラス java.awt.image.Raster の static メソッド
指定されたデータ型、幅、高さ、走査線ストライド、バンクインデックス、バンドオフセットを持つ、BandedSampleModel に基づいた Raster を生成します。
createBandedRaster(DataBuffer, int, int, int, int[], int[], Point) - クラス java.awt.image.Raster の static メソッド
指定された DataBuffer、幅、高さ、走査線ストライド、バンクインデックス、およびバンクオフセットを持つ、BandedSampleModel に基づいた Raster を生成します。
createBaselineGroup(boolean, boolean) - クラス javax.swing.GroupLayout のメソッド
ベースラインに沿って要素を配置する ParallelGroup を作成し、返します。
createBCSChild(Object, Object) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、セットに子を追加する add() メソッドやほかの Collection メソッドをオーバーライドすることなく、Child の独自のサブクラスを挿入することができます。
createBCSChild(Object, Object) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、セットに子を追加する add() メソッドやほかの Collection メソッドをオーバーライドすることなく、Child の独自のサブクラスを挿入することができます。
createBCSSServiceProvider(Class, BeanContextServiceProvider) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、インスタンス生成のために addService() をオーバーライドすることなく、BCSSServiceProvider の新しいサブクラスを生成することができます。
createBevelBorder(int) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定されたタイプの斜影ボーダーを生成します。
createBevelBorder(int, Color, Color) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定されたハイライトおよび陰影を使って、指定されたタイプの斜影ボーダーを生成します。
createBevelBorder(int, Color, Color, Color, Color) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
ハイライト領域および陰影領域の内側および外側の縁に指定された色を使って、指定されたタイプの斜影ボーダーを生成します。
createBinder(Class<T>) - クラス javax.xml.bind.JAXBContext のメソッド
関連付けされた、またはインプレースの非整列化または整列化に使用できる Binder オブジェクトを作成します。
createBinder() - クラス javax.xml.bind.JAXBContext のメソッド
W3C DOM 用の Binder を作成します。
createBindings() - インタフェース javax.script.ScriptEngine のメソッド
初期化されていない Bindings を返します。
createBlackLineBorder() - クラス javax.swing.border.LineBorder の static メソッド
太さ 1 で Color.black の LineBorder を取得するのに便利なメソッドです。
createBlob() - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
Blob インタフェースを実装しているオブジェクトを構築します。
createBorderListener(JInternalFrame) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createBorderListener(JInternalFrame) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameUI のメソッド
TitlePane にインストールする MouseInputAdapter を返します。
createBranchElement(Element, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
ドキュメントの枝の要素を作成します。
createBranchElement(Element, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
ドキュメントの枝の要素を作成します。
createBufferedImage(int, int) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier のメソッド
このオブジェクトに取り入れられた指定に従って、与えられた幅と高さの BufferedImage を作成します。
createBuffers(int, BufferCapabilities) - クラス java.awt.Component.FlipBufferStrategy のメソッド
1 つ以上の複合反転バッファーを指定された容量で生成します。
createBufferStrategy(int) - クラス java.awt.Canvas のメソッド
このコンポーネントの新しいマルチバッファリング方法を作成します。
createBufferStrategy(int, BufferCapabilities) - クラス java.awt.Canvas のメソッド
必要なバッファー機能を持つこのコンポーネントのマルチバッファリングの新しい方式を作成します。
createBufferStrategy(int) - クラス java.awt.Window のメソッド
このコンポーネントの新しいマルチバッファリング方法を作成します。
createBufferStrategy(int, BufferCapabilities) - クラス java.awt.Window のメソッド
必要なバッファー機能を持つこのコンポーネントのマルチバッファリングの新しい方式を作成します。
createButton(Button) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Button の実装を作成します。
createButtonActionListener(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
 
createButtonArea() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
ボタンを含む Container を作成して返します。
createButtonListener(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
createButtonListener(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalButtonUI のメソッド
 
createButtons() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
createButtons() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePane のメソッド
 
createCanvas(Canvas) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Canvas の実装を作成します。
createCaret() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
キャレットに使用するオブジェクトを作成します。
createCaret() - クラス javax.swing.text.DefaultEditorKit のメソッド
関連する ViewFactory が作成するビューをナビゲートできるキャレットを取得します。
createCaret() - クラス javax.swing.text.EditorKit のメソッド
関連する ViewFactory が作成するビューをナビゲートできるキャレットを取得します。
createCData(String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
CData フラグが true に設定されている Characters イベントを作成します。
createCDATASection(String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
指定された文字列を値として持つ CDATASection ノードを作成します。
createCellEditorListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
現在のエディタからのイベントを処理するリスナーを作成します。
createCellRendererPane() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
レンダリングコンポーネントが配置されているレンダリング区画を返します。
createChangeListener() - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
サブクラスが別の方法で ChangeEvent を処理する場合は、このメソッドをオーバーライドして別の ChangeListener の実装を返すことができます。
createChangeListener() - クラス javax.swing.JProgressBar のメソッド
サブクラスが別の方法で変更イベントを処理する場合は、このメソッドをオーバーライドして独自の ChangeListener の実装のインスタンスを返すことができます。
createChangeListener() - クラス javax.swing.JSlider のメソッド
サブクラスが別の方法でモデルの ChangeEvent を処理する場合は、このメソッドをオーバーライドして独自の ChangeListener の実装のインスタンスを返すことができます。
createChangeListener() - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
サブクラスでモデルの ChangeEvents を別の方法で処理したい場合は、このメソッドをオーバーライドして ModelListener のサブクラスまたは別の ChangeListener の実装を返すように設定できます。
createChangeListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI のメソッド
 
createChangeListener(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuUI のメソッド
 
createChangeListener(JSlider) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
createChangeListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
createCharacters(String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
Characters イベントを作成します。
createCheckbox(Checkbox) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Checkbox の実装を作成します。
createCheckboxMenuItem(CheckboxMenuItem) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの CheckboxMenuItem の実装を作成します。
createChild(int, int, int, int, int, int, int[]) - クラス java.awt.image.Raster のメソッド
この Raster の DataBuffer のすべてまたは一部を共有する新しい Raster を返します。
createChildren(DefaultMutableTreeNode, Object) - クラス javax.swing.JTree.DynamicUtilTreeNode の static メソッド
children のすべての子を親に追加します。
createChildState(View) - クラス javax.swing.text.AsyncBoxView のメソッド
サブクラスが ChildState レコードを拡張してより多くのことを行なったり保持したりできるように、新しい ChildState レコードがこのメソッドによって作成されます。
createChoice(Choice) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Choice の実装を作成します。
createClassFile(CharSequence, Element...) - インタフェース javax.annotation.processing.Filer のメソッド
新しいクラスファイルを作成し、それへの書き込みを可能にするオブジェクトを返します。
createClob() - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
Clob インタフェースを実装しているオブジェクトを構築します。
createComment(String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
コメントを作成します。
createComment(String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
指定された文字列を持つ Comment ノードを作成します。
createCompatibleDestImage(BufferedImage, ColorModel) - クラス java.awt.image.AffineTransformOp のメソッド
適切なサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先イメージを生成します。
createCompatibleDestImage(BufferedImage, ColorModel) - インタフェース java.awt.image.BufferedImageOp のメソッド
適切なサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先イメージを生成します。
createCompatibleDestImage(BufferedImage, ColorModel) - クラス java.awt.image.ColorConvertOp のメソッド
この転送元を指定して、適切なサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先イメージを作成します。
createCompatibleDestImage(BufferedImage, ColorModel) - クラス java.awt.image.ConvolveOp のメソッド
適切なサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先イメージを生成します。
createCompatibleDestImage(BufferedImage, ColorModel) - クラス java.awt.image.LookupOp のメソッド
適切なサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先イメージを生成します。
createCompatibleDestImage(BufferedImage, ColorModel) - クラス java.awt.image.RescaleOp のメソッド
適切なサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先イメージを生成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - クラス java.awt.image.AffineTransformOp のメソッド
正しいサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先 Raster を作成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - クラス java.awt.image.BandCombineOp のメソッド
正しいサイズおよびバンド数で、ゼロ化された転送先 Raster を作成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - クラス java.awt.image.ColorConvertOp のメソッド
指定された転送元で、正しいサイズおよびバンド数を持つゼロ化された転送先 Raster を作成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - クラス java.awt.image.ConvolveOp のメソッド
指定された転送元で、正しいサイズおよびバンド数を持つゼロ化された転送先 Raster を作成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - クラス java.awt.image.LookupOp のメソッド
指定されたソースで、適切なサイズ、適切な数のバンドを持つゼロ化された転送先 Raster を生成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - インタフェース java.awt.image.RasterOp のメソッド
適切なサイズと数のバンドを持つゼロ化された転送先 Raster を作成します。
createCompatibleDestRaster(Raster) - クラス java.awt.image.RescaleOp のメソッド
指定されたソースで、適切なサイズ、適切な数のバンドを持つゼロ化された転送先 Raster を生成します。
createCompatibleImage(int, int) - クラス java.awt.GraphicsConfiguration のメソッド
この GraphicsConfiguration と互換性のあるデータレイアウトとカラーモデルを持つ BufferedImage を返します。
createCompatibleImage(int, int, int) - クラス java.awt.GraphicsConfiguration のメソッド
指定された透明度をサポートし、この GraphicsConfiguration と互換性のあるデータレイアウトおよびカラーモデルを持つ BufferedImage を返します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
指定された幅と高さを持つ新しい BandedSampleModel を作成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.ColorModel のメソッド
この ColorModel と互換性のあるデータレイアウトを持つ、指定された幅と高さの SampleModel を作成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のメソッド
指定された幅および高さで、この ColorModel と互換性のあるデータレイアウトを持つ SampleModel を作成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
指定された幅および高さで、新しい ComponentSampleModel を構築します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のメソッド
この ColorModel と互換性のあるデータレイアウトを持つ、指定された幅と高さの SampleModel を作成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.MultiPixelPackedSampleModel のメソッド
指定された幅と高さを持つ新しい MultiPixelPackedSampleModel を構築します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.PackedColorModel のメソッド
この ColorModel と互換性のあるデータレイアウトを持つ、指定された幅と高さの SampleModel を作成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.PixelInterleavedSampleModel のメソッド
指定された幅と高さを持つ新しい PixelInterleavedSampleModel を生成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.SampleModel のメソッド
この SampleModel の形式でデータが記述されている、幅と高さが異なる SampleModel を生成します。
createCompatibleSampleModel(int, int) - クラス java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
指定された幅と高さを使って新しい SinglePixelPackedSampleModel を作成します。
createCompatibleVolatileImage(int, int) - クラス java.awt.GraphicsConfiguration のメソッド
この GraphicsConfiguration と互換性のあるデータレイアウトとカラーモデルを持つ VolatileImage を返します。
createCompatibleVolatileImage(int, int, int) - クラス java.awt.GraphicsConfiguration のメソッド
この GraphicsConfiguration と互換性のあるデータレイアウトとカラーモデルを持つ VolatileImage を返します。
createCompatibleVolatileImage(int, int, ImageCapabilities) - クラス java.awt.GraphicsConfiguration のメソッド
指定されたイメージ機能を使用して、この GraphicsConfiguration と互換性のあるデータレイアウトとカラーモデルを持つ VolatileImage を返します。
createCompatibleVolatileImage(int, int, ImageCapabilities, int) - クラス java.awt.GraphicsConfiguration のメソッド
指定されたイメージ機能と透明度の値を使用して、この GraphicsConfiguration と互換性のあるデータレイアウトとカラーモデルを持つ VolatileImage を返します。
createCompatibleWritableRaster(int, int) - クラス java.awt.image.ColorModel のメソッド
この ColorModel と互換性のあるデータレイアウト (SampleModel) を持つ、指定された幅と高さの WritableRaster を生成します。
createCompatibleWritableRaster(int, int) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のメソッド
指定された幅および高さで、この ColorModel と互換性のあるデータレイアウト (SampleModel) を持つ WritableRaster を作成します。
createCompatibleWritableRaster(int, int) - クラス java.awt.image.DirectColorModel のメソッド
この ColorModel と互換性のあるデータレイアウト (SampleModel) を持つ、指定された幅と高さの WritableRaster を生成します。
createCompatibleWritableRaster(int, int) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のメソッド
この ColorModel と互換性のあるデータレイアウト (SampleModel) を持つ、指定された幅と高さの WritableRaster を生成します。
createCompatibleWritableRaster() - クラス java.awt.image.Raster のメソッド
この Raster と同じ SampleModel と初期化された新しい DataBuffer を持ち、この Raster と同じサイズで互換性がある WritableRaster を生成します。
createCompatibleWritableRaster(int, int) - クラス java.awt.image.Raster のメソッド
指定されたサイズ、新しい SampleModel、および初期化された新しい DataBuffer を持ち、互換性がある WritableRaster を生成します。
createCompatibleWritableRaster(Rectangle) - クラス java.awt.image.Raster のメソッド
rect によって指定される位置 (minX, minY) とサイズ (width, height)、新しい SampleModel、および初期化された新しい DataBuffer を持ち、互換性がある WritableRaster を生成します。
createCompatibleWritableRaster(int, int, int, int) - クラス java.awt.image.Raster のメソッド
指定された位置 (minX, minY) とサイズ (width, height)、新しい SampleModel、および初期化された新しい DataBuffer を持ち、互換性がある WritableRaster を生成します。
createComponent(Component) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
コンポーネントまたはコンテナのピアを作成します。
createComponent() - クラス javax.swing.text.ComponentView のメソッド
このビューに関連したコンポーネントを作成します。
createComponent() - クラス javax.swing.text.html.FormView のメソッド
コンポーネントを作成します。
createComponent() - クラス javax.swing.text.html.ObjectView のメソッド
コンポーネントを作成します。
createComponentListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createComponentListener(JSlider) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
createComponentListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
新しい ComponentHandler を作成し、それを返します。
createCompoundBorder() - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
内側および外側の縁が null の複合ボーダーを生成します。
createCompoundBorder(Border, Border) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
外側および内側の縁に使うボーダーオブジェクトを指定して複合ボーダーを生成します。
createCompoundEdit() - クラス javax.swing.undo.UndoableEditSupport のメソッド
beginUpdate からのみ呼び出されます。
createConnection() - クラス javax.xml.soap.SOAPConnectionFactory のメソッド
新しい SOAPConnection を作成します。
createContainer() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
editingComponent の配置を管理するコンテナを作成します。
createContainerListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI のメソッド
 
createContainerListener() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI のメソッド
JtoolBar に追加するコンテナリスナーを作成します。
createContentHandler(String) - インタフェース java.net.ContentHandlerFactory のメソッド
URLStreamHandler からオブジェクトを読み込むための ContentHandler を新しく作成します。
createContentPane() - クラス javax.swing.JRootPane のメソッド
デフォルトの contentPane を作成するためにコンストラクタのメソッドによって呼び出されます。
createContext(ColorModel, ColorModel, RenderingHints) - クラス java.awt.AlphaComposite のメソッド
合成操作のコンテキストを作成します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - クラス java.awt.Color のメソッド
ソリッドカラーパターンを生成するために使用される PaintContext を生成して返します。
createContext(ColorModel, ColorModel, RenderingHints) - インタフェース java.awt.Composite のメソッド
合成操作を実行するのに使用される状態を格納するコンテキストを作成します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - クラス java.awt.GradientPaint のメソッド
カラーパターンを生成するために使用されるコンテキストを作成して返します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - クラス java.awt.LinearGradientPaint のメソッド
カラーパターンを生成するために使用する PaintContext を作成して返します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - インタフェース java.awt.Paint のメソッド
カラーパターンを生成するために使用する PaintContext を作成して返します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - クラス java.awt.RadialGradientPaint のメソッド
カラーパターンを生成するために使用する PaintContext を作成して返します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - クラス java.awt.SystemColor のメソッド
ソリッドカラーパターンを作成するために使用される PaintContext を作成して返します。
createContext(ColorModel, Rectangle, Rectangle2D, AffineTransform, RenderingHints) - クラス java.awt.TexturePaint のメソッド
カラーパターンを生成するために使用されるコンテキストを作成して返します。
createContext(GSSName, Oid, GSSCredential, int) - クラス org.ietf.jgss.GSSManager のメソッド
起動側でコンテキストを作成するためのファクトリメソッドです。
createContext(GSSCredential) - クラス org.ietf.jgss.GSSManager のメソッド
受け入れ側でコンテキストを作成するためのファクトリメソッドです。
createContext(byte[]) - クラス org.ietf.jgss.GSSManager のメソッド
以前にエクスポートされたコンテキストを作成するためのファクトリメソッドです。
createCopy() - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet のメソッド
この CachedRowSet オブジェクトのデータのディープコピーである RowSet オブジェクトを作成します。
createCopyNoConstraints() - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet のメソッド
この CachedRowSet オブジェクトのディープコピーであるが、独立している CachedRowSet オブジェクトを作成します。
createCopySchema() - インタフェース javax.sql.rowset.CachedRowSet のメソッド
この CachedRowSet オブジェクトの空のコピーである CachedRowSet オブジェクトを作成します。
createCredential(int) - クラス org.ietf.jgss.GSSManager のメソッド
デフォルトの資格を取得するためのファクトリメソッドです。
createCredential(GSSName, int, Oid, int) - クラス org.ietf.jgss.GSSManager のメソッド
機構の資格を 1 つだけ取得するためのファクトリメソッドです。
createCredential(GSSName, int, Oid[], int) - クラス org.ietf.jgss.GSSManager のメソッド
複数の機構に対して資格を取得するためのファクトリメソッドです。
createCustomCursor(Image, Point, String) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
新しいカスタムカーソルオブジェクトを生成します。
createDataBuffer() - クラス java.awt.image.BandedSampleModel のメソッド
この BandedSampleModel に対応する DataBuffer を作成します。
createDataBuffer() - クラス java.awt.image.ComponentSampleModel のメソッド
この ComponentSampleModel と対応する DataBuffer を作成します。
createDataBuffer() - クラス java.awt.image.MultiPixelPackedSampleModel のメソッド
この MultiPixelPackedSampleModel に対応する DataBuffer を構築します。
createDataBuffer() - クラス java.awt.image.SampleModel のメソッド
この SampleModel に対応する DataBuffer を生成します。
createDataBuffer() - クラス java.awt.image.SinglePixelPackedSampleModel のメソッド
この SinglePixelPackedSampleModel に対応する DataBuffer を生成します。
createDataContentHandler(String) - クラス javax.activation.CommandMap のメソッド
MIME タイプに対応する DataContentHandler を捜し出します。
createDataContentHandler(String, DataSource) - クラス javax.activation.CommandMap のメソッド
MIME タイプに対応する DataContentHandler を捜し出します。
createDataContentHandler(String) - インタフェース javax.activation.DataContentHandlerFactory のメソッド
この MIME タイプの DataContentHandler オブジェクトを新規作成します。
createDataContentHandler(String) - クラス javax.activation.MailcapCommandMap のメソッド
指定の MIME タイプの DataContentHandler を返します。
createDatagramSocketImpl() - インタフェース java.net.DatagramSocketImplFactory のメソッド
新しい DatagramSocketImpl のインスタンスを生成します。
createdCellEditor - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI の変数
現在ツリーにあるエディタがこのインスタンスによって作成された場合に true に設定されます。
createDecreaseButton(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
createDecreaseButton(int) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI のメソッド
縮小ビューを表すビューを返します。
createDefaultCellEditor() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
デフォルトのセルエディタを作成します。
createDefaultCellRenderer() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
各ノードを描画するために使われるデフォルトのセルレンダリングを返します。
createDefaultChoosers() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicColorChooserUI のメソッド
 
createDefaultColumnModel() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
DefaultTableColumnModel であるデフォルトの列モデルオブジェクトを返します。
createDefaultColumnModel() - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
DefaultTableColumnModel であるデフォルトの列モデルオブジェクトを返します。
createDefaultColumnsFromModel() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
このメソッドは TableModel インタフェースで定義された getColumnCount メソッドを使って、データモデルからテーブルのデフォルトの列を作成します。
createDefaultDataModel() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
DefaultTableModel であるデフォルトのテーブルモデルオブジェクトを返します。
createDefaultDivider() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
デフォルトのディバイダを作成します。
createDefaultDivider() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalSplitPaneUI のメソッド
デフォルトのディバイダを作成します。
createDefaultDocument() - クラス javax.swing.text.DefaultEditorKit のメソッド
このタイプのエディタに適した、初期化されていないテキストストレージモデル PlainDocument を作成します。
createDefaultDocument() - クラス javax.swing.text.EditorKit のメソッド
この型のエディタに適している未初期化テキストストレージモデルを作成します。
createDefaultDocument() - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
この型のエディタに適している未初期化テキストストレージモデルを作成します。
createDefaultDocument() - クラス javax.swing.text.StyledEditorKit のメソッド
この型のエディタに適している未初期化テキストストレージモデルを作成します。
createDefaultDragGestureRecognizer(Component, int, DragGestureListener) - クラス java.awt.dnd.DragSource のメソッド
この DragSourceDragGestureRecognizer のデフォルト抽象サブクラスを実装する新しい DragSourceRecognizer を作成し、新しく作成されたオブジェクトに、指定された Component および DragGestureListener を設定します。
createDefaultEditorKit() - クラス javax.swing.JEditorPane のメソッド
コンポーネントが初めて生成されるときに、デフォルトのエディタキット (PlainEditorKit) を生成します。
createDefaultEditorKit() - クラス javax.swing.JTextPane のメソッド
デフォルトで使う EditorKit を作成します。
createDefaultEditors() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
オブジェクト、数、および boolean 値のデフォルトのセルエディタを作成します。
createDefaultHeaderRenderer() - クラス javax.swing.table.TableColumn のメソッド
Java 2 プラットフォーム v1.3 では、TableColumn コンストラクタはこのメソッドを呼び出しません。
createDefaultKeySelectionManager() - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
デフォルトのキー選択マネージャーのインスタンスを返します。
createDefaultModel() - クラス javax.swing.JTextArea のメソッド
モデルが明示的に指定されない場合は、構築時に使うモデルのデフォルト実装を作成します。
createDefaultModel() - クラス javax.swing.JTextField のメソッド
モデルが明示的に指定されない場合は、構築時に使うモデルのデフォルト実装を作成します。
createDefaultNonContinuousLayoutDivider() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
デフォルトの非連続レイアウトのディバイダを返します。
createDefaultRenderer() - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
TableColumn でヘッダーレンダリングが定義されていない場合に使用されるデフォルトのレンダリングです。
createDefaultRenderers() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
オブジェクト、数、double 値、日付、boolean 値、およびアイコンのデフォルトのセルレンダリングを作成します。
createDefaultRendering() - インタフェース java.awt.image.renderable.RenderableImage のメソッド
デフォルトの幅および高さ (ピクセル数) を使って、このイメージの RenderedImage のインスタンスを返します。
createDefaultRendering() - クラス java.awt.image.renderable.RenderableImageOp のメソッド
このイメージの RenderedImage のインスタンスを、デフォルトの幅と高さ (ピクセル単位) で作成します。
createDefaultRoot() - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
デフォルトのドキュメント構造を表すために使うルート要素を作成します。
createDefaultRoot() - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
デフォルトのドキュメント構造を表すために使うルート要素を作成します。
createDefaultRoot() - クラス javax.swing.text.PlainDocument のメソッド
デフォルトのドキュメント構造を表すために使うルート要素を作成します。
createDefaultSelectionModel() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
DefaultListSelectionModel であるデフォルトの選択モデルオブジェクトを返します。
createDefaultTableHeader() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
JTableHeader であるデフォルトのテーブルヘッダーオブジェクトを返します。
createDefaultTheme() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel のメソッド
現在の MetalThemenull 以外 であることを確認します。
createDesktopManager() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createDesktopPeer(Desktop) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Desktop の実装を作成します。
createDetail() - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
DetailEntry オブジェクトのコンテナとして機能する Detail オブジェクトを作成します。
createDetailsView(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createDialog(Dialog) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Dialog の実装を作成します。
createDialog(Component, String, boolean, JColorChooser, ActionListener, ActionListener) - クラス javax.swing.JColorChooser の static メソッド
[OK]、[Cancel]、および [Reset] ボタンとともに、指定された ColorChooser 区画を持つ新しいダイアログを生成し、それを返します。
createDialog(Component) - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
parent のフレームにある parent の中央に配置された this をラップする JDialog を新しく生成して、返します。
createDialog(Component, String) - クラス javax.swing.JOptionPane のメソッド
parentComponent のフレーム内の parentComponent の中央に this をラップして新しい JDialog を生成して返します。
createDialog(String) - クラス javax.swing.JOptionPane のメソッド
指定されたタイトルで、親を持たない新しい JDialog を作成し、返します。
createDirectoryComboBoxModel(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createDirectoryComboBoxRenderer(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createDisabledImage(Image) - クラス javax.swing.GrayFilter の static メソッド
無効化されたイメージを作成します。
createDispatch(QName, Class<T>, Service.Mode) - クラス javax.xml.ws.Service のメソッド
ユーザーが選択したオブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, Class<T>, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.Service のメソッド
ユーザーが選択したオブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(EndpointReference, Class<T>, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.Service のメソッド
ユーザーが選択したオブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, JAXBContext, Service.Mode) - クラス javax.xml.ws.Service のメソッド
JAXB 生成オブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, JAXBContext, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.Service のメソッド
JAXB 生成オブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(EndpointReference, JAXBContext, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.Service のメソッド
JAXB 生成オブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, Class<T>, Service.Mode) - クラス javax.xml.ws.spi.ServiceDelegate のメソッド
ユーザーが選択したオブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, Class<T>, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.spi.ServiceDelegate のメソッド
ユーザーが選択したオブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(EndpointReference, Class<T>, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.spi.ServiceDelegate のメソッド
ユーザーが選択したオブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, JAXBContext, Service.Mode) - クラス javax.xml.ws.spi.ServiceDelegate のメソッド
JAXB 生成オブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(QName, JAXBContext, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.spi.ServiceDelegate のメソッド
JAXB 生成オブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDispatch(EndpointReference, JAXBContext, Service.Mode, WebServiceFeature...) - クラス javax.xml.ws.spi.ServiceDelegate のメソッド
JAXB 生成オブジェクトで使用する Dispatch インスタンスを作成します。
createDockingListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
createDockingListener() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI のメソッド
 
createDocument(String, String, DocumentType) - インタフェース org.w3c.dom.DOMImplementation のメソッド
指定された型の DOM Document オブジェクトとその文書要素を作成します。
createDocumentFragment() - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
空の DocumentFragment オブジェクトを生成します。
createDocumentType(String, String, String) - インタフェース org.w3c.dom.DOMImplementation のメソッド
空の DocumentType ノードを作成します。
createDoubleClickListener(JFileChooser, JList) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
createDragGestureRecognizer(Class<T>, Component, int, DragGestureListener) - クラス java.awt.dnd.DragSource のメソッド
DragGestureRecognizer の指定された抽象サブクラスを実装する新しい DragGestureRecognizer を作成し、新しく作成されたオブジェクトに、指定された Component および DragGestureListener を設定します。
createDragGestureRecognizer(Class<T>, DragSource, Component, int, DragGestureListener) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
要求された abstract クラス DragGestureRecognizer の、プラットフォームに依存する具象サブクラスを作成し、指定された DragSource、Component、および DragGestureListener に関連付けます。
createDragSourceContext(DragSourceContextPeer, DragGestureEvent, Cursor, Image, Point, Transferable, DragSourceListener) - クラス java.awt.dnd.DragSource のメソッド
このドラッグを処理する DragSourceContext を作成します。
createDragSourceContextPeer(DragGestureEvent) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
DragSourceContext のピアを作成します。
createDragWindow(JToolBar) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
createdRenderer - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI の変数
現在ツリーにあるレンダリングがこのインスタンスによって作成された場合に true に設定されます。
createDropTargetAutoScroller(Component, Point) - クラス java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
組み込み自動スクローラを作成します。
createDropTargetContext() - クラス java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
この DropTarget に関連した DropTargetContext を作成します。
createDTD(DTD, String) - クラス javax.swing.text.html.parser.ParserDelegator の static メソッド
 
createDTD(String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
文書型定義イベントを作成します。
createEastPane(JInternalFrame) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createEditor(SpinnerModel) - クラス javax.swing.JSpinner のメソッド
このメソッドは、シーケンスの現在の値を表示する JComponent を作成するために、コンストラクタによって呼び出されます。
createEditor() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
編集可能なコンボボックスで使用されるデフォルトエディタを作成します。
createEditor() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
このメソッドは installUI により呼び出され、JSpinner のエディタコンポーネントを取得します。
createEditor() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxUI のメソッド
 
createEditorComponent() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxEditor のメソッド
内部エディタコンポーネントを作成します。
createEditorKitForContentType(String) - クラス javax.swing.JEditorPane の static メソッド
エディタキットのデフォルトのレジストリから、指定されたコンテンツ型のハンドラを生成します。
createElement(Element) - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
SOAPElement オブジェクトを既存の Element から作成します。
createElement(Name) - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
指定された Name オブジェクトを使用して初期化された SOAPElement オブジェクトを作成します。
createElement(QName) - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
指定された QName オブジェクトを使用して初期化された SOAPElement オブジェクトを作成します。
createElement(String) - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
指定されたローカル名を使用して初期化された SOAPElement オブジェクトを作成します。
createElement(String, String, String) - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
指定したローカル名、接頭辞および URI で新しい SOAPElement オブジェクトを作成します。
createElement(String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
指定された型の要素を作成します。
createElementNS(String, String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
所定の修飾名と名前空間 URI を持つ要素を作成します。
createEmptyBorder() - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
スペースを一切とらない空のボーダーを生成します。
createEmptyBorder(int, int, int, int) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
上下左右の辺の幅を指定して、スペースをとるが、描画を行わない空のボーダーを生成します。
createEmptyFrameIcon() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicIconFactory の static メソッド
 
createEndDocument() - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
EndDocument イベントの新しいインスタンスを作成します。
createEndElement(QName, Iterator) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
新しい EndElement を作成します。
createEndElement(String, String, String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
新しい EndElement を作成します。
createEndElement(String, String, String, Iterator) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
新しい EndElement を作成します。
createEndpoint(String, Object) - クラス javax.xml.ws.spi.Provider のメソッド
指定されたバインディングおよび実装オブジェクトを持つ、端点オブジェクトを作成します。
createEntityReference(String, EntityDeclaration) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
EntityReference イベントの新しいインスタンスを作成します。
createEntityReference(String) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
EntityReference オブジェクトを作成します。
createEtchedBorder() - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
ハイライトおよび陰影にコンポーネントの現在のバックグラウンドカラーを使って、指定されたタイプのエッチングボーダーを生成します。
createEtchedBorder(Color, Color) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定されたハイライトおよび陰影の色を使って、指定されたタイプのエッチングボーダーを生成します。
createEtchedBorder(int) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
ハイライトおよび陰影にコンポーネントの現在のバックグラウンドカラーを使って、指定されたタイプのエッチングボーダーを生成します。
createEtchedBorder(int, Color, Color) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定されたハイライトおよび陰影の色を使って、指定されたタイプのエッチングボーダーを生成します。
createEvent(String) - インタフェース org.w3c.dom.events.DocumentEvent のメソッド
 
createExceptionReply() - インタフェース org.omg.CORBA.portable.ResponseHandler のメソッド
メソッド呼び出しの間にサーバントによって呼び出されます。
createExtendedResponse(String, byte[], int, int) - インタフェース javax.naming.ldap.ExtendedRequest のメソッド
この要求に対応する応答オブジェクトを作成します。
createExtendedResponse(String, byte[], int, int) - クラス javax.naming.ldap.StartTlsRequest のメソッド
LDAP StartTLS 拡張要求に対応する拡張応答オブジェクトを作成します。
createFault(String, QName) - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
指定された reasonTextfaultCode で初期化された新しい SOAPFault オブジェクトを作成します。
createFault() - クラス javax.xml.soap.SOAPFactory のメソッド
新しいデフォルトの SOAPFault オブジェクトを作成します。
createFileDialog(FileDialog) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの FileDialog の実装を作成します。
createFileObject(File, String) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
指定されたファイル名で dir に作成された File オブジェクトを返します。
createFileObject(String) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
指定されたパス文字列から作成された File オブジェクトを返します。
createFileSystemRoot(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
ファイルシステムのルートディレクトリに対して正しく動作する f 用の新しい File オブジェクトを作成します。
createFilterComboBoxModel() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createFilterComboBoxRenderer() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createFilteredReader(XMLStreamReader, StreamFilter) - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory のメソッド
リーダーをフィルタでラップするフィルタ処理されたリーダーを作成します。
createFilteredReader(XMLEventReader, EventFilter) - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory のメソッド
イベントリーダーをフィルタでラップするフィルタ処理されたイベントリーダーを作成します。
createFloatingFrame(JToolBar) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
現在では使用されていません。
createFloatingWindow(JToolBar) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
コンテナから出たあと、ツールバーを含むウィンドウを作成します。
createFocusListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
コンボボックスに追加される FocusListener を作成します。
createFocusListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
 
createFocusListener(JSlider) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
createFocusListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
JSplitPane UI の FocusListener を作成します。
createFocusListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
createFocusListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI のメソッド
JTable でキーボードナビゲーションを処理するためのフォーカスリスナーを作成します。
createFocusListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
フォーカスを失ったとき、および取得したときに表示を更新するリスナーを作成します。
createFont(int, InputStream) - クラス java.awt.Font の static メソッド
指定されたフォントタイプと入力データを使用して新しい Font を返します。
createFont(int, File) - クラス java.awt.Font の static メソッド
指定されたフォントタイプと指定されたフォントファイルを使用して新しい Font を返します。
createFragment(int, int) - クラス javax.swing.text.GlyphView のメソッド
要素の一部分を表すビューを作成します。
createFragment(int, int) - クラス javax.swing.text.View のメソッド
要素の一部分を表すビューを作成します。
createFrame(Frame) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Frame の実装を作成します。
createFrameListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
createFromBufferedImageType(int) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
標準 BufferedImage 形式の 1 つ (TYPE_CUSTOM 以外) を符号化する ImageTypeSpecifier を返します。
createFromRenderedImage(RenderedImage) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
RenderedImage (BufferedImage の場合もある) の配置を符号化する ImageTypeSpecifier を返します。
createGlassPane() - クラス javax.swing.JRootPane のメソッド
デフォルトの glassPane を作成するためにコンストラクタのメソッドによって呼び出されます。
createGlassPaneDispatcher() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createGlue() - クラス javax.swing.Box の static メソッド
不可視の「接着剤」コンポーネントを作成します。
createGlyphVector(FontRenderContext, String) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font の Unicode cmap をベースにして、文字とグリフを 1 対 1 にマッピングし、GlyphVector を生成します。
createGlyphVector(FontRenderContext, char[]) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font の Unicode cmap をベースにして、文字とグリフを 1 対 1 にマッピングし、GlyphVector を生成します。
createGlyphVector(FontRenderContext, CharacterIterator) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font の Unicode cmap をベースにして、指定された文字とグリフを 1 対 1 にマッピングし、GlyphVector を生成します。
createGlyphVector(FontRenderContext, int[]) - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font の Unicode cmap をベースにして、文字とグリフを 1 対 1 にマッピングし、GlyphVector を生成します。
createGraphics(BufferedImage) - クラス java.awt.GraphicsEnvironment のメソッド
指定された BufferedImage に描画するための Graphics2D オブジェクトを返します。
createGraphics() - クラス java.awt.image.BufferedImage のメソッド
この BufferedImage に描画するために使用できる Graphics2D を作成します。
createGraphics() - クラス java.awt.image.VolatileImage のメソッド
この VolatileImage に描画するために使用できる Graphics2D を生成します。
createGraphics() - クラス java.awt.SplashScreen のメソッド
スプラッシュ画面に重ねて描画できる、スプラッシュ画面のオーバーレイイメージのグラフィックスコンテキストを Graphics2D オブジェクトとして生成します。
createGrayLineBorder() - クラス javax.swing.border.LineBorder の static メソッド
太さ 1 で Color.gray の LineBorder を取得するのに便利なメソッドです。
createGrayscale(int, int, boolean) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
与えられたビット深度のピクセルを、指定されたデータ型の配列要素にパックする、グレースケールイメージ形式の指示子を返します。
createGrayscale(int, int, boolean, boolean) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
与えられたビット深度のピクセルを、指定されたデータ型の配列要素にパックする、グレースケールとプラスアルファのイメージ形式の指示子を返します。
createGroup(ActivationGroupID, ActivationGroupDesc, long) - クラス java.rmi.activation.ActivationGroup の static メソッド
現在の VM で使う起動グループを作成および設定します。
createHighlighter() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
ハイライトを追加するために使用するオブジェクトを作成します。
createHorizontalBox() - クラス javax.swing.Box の static メソッド
コンポーネントを左から右へ表示する Box を生成します。
createHorizontalGlue() - クラス javax.swing.Box の static メソッド
水平方向の接着剤コンポーネントを作成します。
createHorizontalScrollBar() - クラス javax.swing.JScrollPane のメソッド
デフォルトで JScrollPane.ScrollBar を返します。
createHorizontalStrut(int) - クラス javax.swing.Box の static メソッド
不可視の固定幅コンポーネントを生成します。
createHSBChangeListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI のメソッド
 
createHTMLView(JComponent, String) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicHTML の static メソッド
指定されたコンポーネントと HTML の文字列の HTML レンダリングを作成します。
createIgnorableSpace(String) - クラス javax.xml.stream.XMLEventFactory のメソッド
無視できる空白を作成します。
createImage(ImageProducer) - クラス java.awt.Component のメソッド
指定されたイメージプロデューサからイメージを生成します。
createImage(int, int) - クラス java.awt.Component のメソッド
ダブルバッファリングのために使用されるオフスクリーン描画イメージを生成します。
createImage(String) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたファイルからピクセルデータを取得するイメージを返します。
createImage(URL) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定された URL からピクセルデータを取得するイメージを返します。
createImage(ImageProducer) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたイメージプロデューサでイメージを作成します。
createImage(byte[]) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたバイト配列に保管されているイメージを復号化するイメージを作成します。
createImage(byte[], int, int) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたバイト配列に保管されているイメージを復号化するイメージを、指定されたオフセットおよび長さで作成します。
createImageInputStream(Object) - クラス javax.imageio.ImageIO の static メソッド
指定された Object から入力を取得する ImageInputStream を返します。
createImageOutputStream(Object) - クラス javax.imageio.ImageIO の static メソッド
指定された Object に出力を送信する ImageOutputStream を返します。
createIncreaseButton(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
createIncreaseButton(int) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI のメソッド
拡大ビューを表すビューを返します。
createIndexed(byte[], byte[], byte[], byte[], int, int) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
与えられたビット深度のインデックス値を、指定されたデータ型の配列要素にパックする、インデックスされたカラーイメージ形式の指示子を返します。
createInitialContextFactory(Hashtable<?, ?>) - インタフェース javax.naming.spi.InitialContextFactoryBuilder のメソッド
指定された環境を使って、初期コンテキストファクトリを生成します。
createInputAttributes(Element, MutableAttributeSet) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
element の AttributeSet 内のキーと値のペアを set にコピーします。
createInputAttributes(Element, MutableAttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyledEditorKit のメソッド
element の AttributeSet 内のキーと値のペアを set にコピーします。
createInputMethod() - インタフェース java.awt.im.spi.InputMethodDescriptor のメソッド
対応するインプットメソッドの新しいインスタンスを生成します。
createInputMethodJFrame(String, boolean) - インタフェース java.awt.im.spi.InputMethodContext のメソッド
インプットメソッドが使用するトップレベルの Swing JFrame を作成します。
createInputMethodWindow(String, boolean) - インタフェース java.awt.im.spi.InputMethodContext のメソッド
インプットメソッドが使用するトップレベルのウィンドウを作成します。
createInputStreamInstance(Object, boolean, File) - クラス javax.imageio.spi.ImageInputStreamSpi のメソッド
このサービスプロバイダに関連する ImageInputStream 実装のインスタンスを返します。
createInputStreamInstance(Object) - クラス javax.imageio.spi.ImageInputStreamSpi のメソッド
このサービスプロバイダに関連する ImageInputStream 実装のインスタンスを返します。
createInterleaved(ColorSpace, int[], int, boolean, boolean) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier の static メソッド
ComponentColorModelPixelInterleavedSampleModel を使用する、インターリーブされたイメージ形式の指示子を返して、各ピクセル構成要素を別々の byte、short、または int に格納します。
createInterleavedRaster(int, int, int, int, Point) - クラス java.awt.image.Raster の static メソッド
指定されたデータ型、幅、高さ、およびバンド数を持つ、PixelInterleavedSampleModel に基づいた Raster を生成します。
createInterleavedRaster(int, int, int, int, int, int[], Point) - クラス java.awt.image.Raster の static メソッド
指定されたデータ型、幅、高さ、走査線ストライド、ピクセルストライド、およびバンドオフセットを持つ、PixelInterleavedSampleModel に基づいた Raster を生成します。
createInterleavedRaster(DataBuffer, int, int, int, int, int[], Point) - クラス java.awt.image.Raster の static メソッド
指定された DataBuffer、幅、高さ、走査線ストライド、ピクセルストライド、およびバンドオフセットを持つ、PixelInterleavedSampleModel に基づいた Raster を生成します。
createInternalFrame(Component, String) - クラス javax.swing.JOptionPane のメソッド
JInternalFrame のインスタンスを生成して返します。
createInternalFrameListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createIntersection(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
この Rectangle2D と指定された Rectangle2D の共通部分を表す新しい Rectangle2D オブジェクトを返します。
createIntersection(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D.Double のメソッド
この Rectangle2D と指定された Rectangle2D の共通部分を表す新しい Rectangle2D オブジェクトを返します。
createIntersection(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D.Float のメソッド
この Rectangle2D と指定された Rectangle2D の共通部分を表す新しい Rectangle2D オブジェクトを返します。
createIntersection(Rectangle2D) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle2D と指定された Rectangle2D の共通部分を表す新しい Rectangle2D オブジェクトを返します。
createInverse() - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
逆変換を表現する AffineTransform オブジェクトを返します。
createItemListener() - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
 
createItemListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
コンボボックスに追加される ItemListener を作成します。
createItemListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスに追加される ItemListener を作成します。
createJAXBIntrospector() - クラス javax.xml.bind.JAXBContext のメソッド
JAXB オブジェクトのイントロスペクションに使用できる JAXBIntrospector オブジェクトを作成します。
createKeyboardDownRightListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム 1.3 以降使われていません。
createKeyboardEndListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム 1.3 以降使われていません。
createKeyboardHomeListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム 1.3 以降使われていません。
createKeyboardResizeToggleListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム 1.3 以降使われていません。
createKeyboardUpLeftListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム 1.3 以降使われていません。
createKeyListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
コンボボックスに追加される KeyListener を作成します。
createKeyListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスに追加されるキーリスナーを作成します。
createKeyListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI のメソッド
JTable でキーボードナビゲーションを処理するためのキーリスナーを作成します。
createKeyListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
ツリーからキーイベントを取得するリスナーを作成します。
createKeymap() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
テキストコンポーネントに使用するキーマップを作成し、それに必要なバインディングをインストールします。
createLabel(Label) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの Label の実装を作成します。
createLargeAttributeSet(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.html.StyleSheet のメソッド
メモリー効率より処理時間を優先する、大きいサイズの属性セットを作成します。
createLargeAttributeSet(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleContext のメソッド
メモリー効率より処理時間を優先する、大きいサイズの属性セットを作成します。
createLayeredPane() - クラス javax.swing.JRootPane のメソッド
デフォルトの layeredPane を作成するためにコンストラクタのメソッドによって呼び出されます。
createLayout() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
createLayout() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
JSpinner の子である editornextButton、および previousButton を管理する LayoutManager を作成します。
createLayout() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePane のメソッド
 
createLayoutCache() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
ノードのサイズと展開状態を管理するオブジェクトを作成します。
createLayoutManager() - クラス javax.swing.JViewport のメソッド
サブクラサがこのメソッドをオーバーライドすると、コンストラクタで別のレイアウトマネージャー (または null) をインストールできます。
createLayoutManager() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
コンボボックスを構成するコンポーネントを管理するためのレイアウトマネージャーを作成します。
createLayoutManager() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
createLayoutManager() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
 
createLayoutManager() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
installUI により起動され、JTabbedPane を管理するためのレイアウトマネージャーオブジェクトを作成します。
createLayoutManager() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxUI のメソッド
 
createLayoutManager() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI のメソッド
 
createLeafElement(Element, AttributeSet, int, int) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
ドキュメントの葉の要素を作成します。
createLeafElement(Element, AttributeSet, int, int) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
テキストを直接表す (子を持たない) ドキュメントの葉の要素を作成します。
createLeftOneTouchButton() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneDivider のメソッド
分割区画の左側のコンポーネントを折りたたむために使用される JButton のインスタンスを生成し、それを返します。
createLineBidi(int, int) - クラス java.text.Bidi のメソッド
現在の双方向によって表される段落内のテキスト行の双方向情報を表す双方向オブジェクトを生成します。
createLineBorder(Color) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定された色で直線ボーダーを生成します。
createLineBorder(Color, int) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定された色と幅で直線ボーダーを生成します。
createList(List) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
指定されたピアインタフェースを使って、このツールキットの List の実装を作成します。
createList() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスモデルの項目を表示するために、ポップアップで使用される JList を作成します。
createList(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
createListDataListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
ComboBoxModel に追加されるリストデータリスナーを作成します。
createListDataListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
ComboBoxModel に追加されるリストデータリスナーを作成します。
createListDataListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
モデルによって必要に応じて JList に追加される、ListDataListener のインスタンスを生成します。
createListMouseListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
ポップアップのリストのマウスイベントを監視するマウスリスナーを作成します。
createListMouseMotionListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
ポップアップのリストのマウス動作イベントを監視するマウス動作リスナーを作成します。
createListSelectionListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
ポップアップのリストの選択変更を監視するリスト選択リスナーを作成します。
createListSelectionListener(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
createListSelectionListener() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
selectionModel によって必要に応じて JList に追加される、ListSelectionHandler のインスタンスを生成します。
createListSelectionListener(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
ファイルおよびディレクトリのリスト用の選択リスナーを作成します。
createLoweredBevelBorder() - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
くぼみ斜影の縁を持つボーダーを生成します。
createLSInput() - インタフェース org.w3c.dom.ls.DOMImplementationLS のメソッド
LSInput.characterStreamLSInput.byteStreamLSInput.stringData LSInput.systemIdLSInput.publicIdLSInput.baseURI、および LSInput.encoding が null であり、LSInput.certifiedText が false である新しい空の入力ソースオブジェクトを作成します。
createLSOutput() - インタフェース org.w3c.dom.ls.DOMImplementationLS のメソッド
LSOutput.characterStreamLSOutput.byteStreamLSOutput.systemIdLSOutput.encoding が null である新しい空の出力先オブジェクトを作成します。
createLSParser(short, String) - インタフェース org.w3c.dom.ls.DOMImplementationLS のメソッド
新しい LSParser を作成します。
createLSSerializer() - インタフェース org.w3c.dom.ls.DOMImplementationLS のメソッド
新しい LSSerializer オブジェクトを作成します。
createMarshaller() - クラス javax.xml.bind.JAXBContext のメソッド
Java コンテンツツリーを XML データに変換するために使用できる Marshaller オブジェクトを作成します。
createMatteBorder(int, int, int, int, Color) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
ある色で塗りつぶされる飾り縁ボーダーを生成します。
createMatteBorder(int, int, int, int, Icon) - クラス javax.swing.BorderFactory の static メソッド
指定されたアイコンの複数のタイルで構成される飾り縁ボーダーを生成します。
createMBean(String, ObjectName) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 
createMBean(String, ObjectName, ObjectName) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 
createMBean(String, ObjectName, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 
createMBean(String, ObjectName, ObjectName, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 
createMBean(String, ObjectName) - インタフェース javax.management.MBeanServerConnection のメソッド
 MBean をインスタンス化し、MBean サーバーに登録します。
createMBean(String, ObjectName, ObjectName) - インタフェース javax.management.MBeanServerConnection のメソッド
 MBean をインスタンス化し、MBean サーバーに登録します。
createMBean(String, ObjectName, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServerConnection のメソッド
MBean をインスタンス化し、MBean サーバーに登録します。
createMBean(String, ObjectName, ObjectName, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServerConnection のメソッド
MBean をインスタンス化し、MBean サーバーに登録します。
createMBean(String, ObjectName, Subject) - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
MBeanServerConnection.createMBean(String, ObjectName) メソッドを処理します。
createMBean(String, ObjectName, ObjectName, Subject) - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
MBeanServerConnection.createMBean(String, ObjectName, ObjectName) メソッドを処理します。
createMBean(String, ObjectName, MarshalledObject, String[], Subject) - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
MBeanServerConnection.createMBean(String, ObjectName, Object[], String[]) メソッドを処理します。
createMBean(String, ObjectName, ObjectName, MarshalledObject, String[], Subject) - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
MBeanServerConnection.createMBean(String, ObjectName, ObjectName, Object[], String[]) メソッドを処理します。
createMBean(String, ObjectName, Subject) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl のメソッド
 
createMBean(String, ObjectName, ObjectName, Subject) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl のメソッド
 
createMB