JavaTM Platform
Standard Ed. 6
A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z _

I

I - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
icAbsoluteColorimetric - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのレンダリングインテント、AbsoluteColorimetric です。
ICC_ColorSpace - java.awt.color の クラス
ICC_ColorSpace クラスは、ColorSpace abstract クラスの実装です。
ICC_ColorSpace(ICC_Profile) - クラス java.awt.color.ICC_ColorSpace のコンストラクタ
ICC_Profile オブジェクトから新しい ICC_ColorSpace を構築します。
ICC_Profile - java.awt.color の クラス
International Color Consortium の Specification ICC.1:2001-12、File Format for Color Profiles に基づく、デバイス非依存およびデバイス依存のカラースペースのカラープロファイルデータの表現です (http://www.color.org を参照)。
ICC_ProfileGray - java.awt.color の クラス
ICC_Profile クラスのサブクラスの 1 つです。
ICC_ProfileRGB - java.awt.color の クラス
ICC_ProfileRGB クラスは、ICC_Profile クラスのサブクラスの 1 つで、次の条件を満たすプロファイルを表します。
icCurveCount - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
curveType 数を表す ICC プロファイルの定数です。
icCurveData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
curveType データを表す ICC プロファイルの定数です。
icHdrAttributes - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
デバイスの属性を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrCmmId - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
このプロファイルの CMM を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrColorSpace - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
データのカラースペースを表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrCreator - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルの作成側を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrDate - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
データのプロファイルが作成された日付を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrDeviceClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルのタイプを表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrFlags - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
各種ビット設定を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrIlluminant - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルの光源を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrMagic - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
icMagicNumber を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrManufacturer - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
デバイスの製造元を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrModel - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
デバイスのモデル番号を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrPcs - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
PCS - XYZ または Lab のみを表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrPlatform - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プライマリプラットフォームを表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrProfileID - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルの ID を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrRenderingIntent - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
レンダリングインテントを表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrSize - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
プロファイルのサイズ (バイト単位) を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icHdrVersion - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
フォーマットバージョン番号を表す ICC プロファイルのヘッダーロケーションです。
icICCAbsoluteColorimetric - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのレンダリングインテント、ICC-AbsoluteColorimetric です。
icMediaRelativeColorimetric - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのレンダリングインテント、Media-RelativeColorimetric です。
ICON - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
通常はコンポーネントを装飾するために使う、固定サイズの小型イメージです。
Icon - javax.swing の インタフェース
通常はコンポーネントを装飾するために使う、固定サイズの小型イメージです。
icon - クラス javax.swing.JOptionPane の変数
区画で使用されるアイコンです。
icon - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRadioButtonUI の変数
 
ICON_CHANGED_PROPERTY - クラス javax.swing.AbstractButton の static 変数
ボタンを表すアイコンの変更を識別します。
ICON_COLOR_16x16 - インタフェース java.beans.BeanInfo の static 変数
16×16 のカラーアイコンを示す定数です。
ICON_COLOR_32x32 - インタフェース java.beans.BeanInfo の static 変数
32×32 のカラーアイコンを示す定数です。
ICON_MONO_16x16 - インタフェース java.beans.BeanInfo の static 変数
16×16 のモノクロアイコンを示す定数です。
ICON_MONO_32x32 - インタフェース java.beans.BeanInfo の static 変数
32×32 のモノクロアイコンを示す定数です。
ICON_PROPERTY - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
icon のバウンドプロパティー名です。
iconable - クラス javax.swing.JInternalFrame の変数
フレームはアイコン化 (小さくしてアイコンイメージとして表示) できます。
IconAttribute - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
アイコン属性の名前です。
iconButton - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
iconCache - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.BasicFileView の変数
 
IconElementName - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static 変数
アイコンを表すために使用される要素の名前です。
iconIcon - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
ICONIFIED - クラス java.awt.Frame の static 変数
この状態ビットはフレームがアイコン化されていることを示します。
ICONIFIED - クラス javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクトが最小化され、アイコン表示されていることを示します。
ICONIFY_CMD - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の static 変数
 
iconifyAction - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane の変数
 
iconifyFrame(JInternalFrame) - クラス javax.swing.DefaultDesktopManager のメソッド
フレームをその親から削除して、その desktopIcon を親に追加します。
iconifyFrame(JInternalFrame) - インタフェース javax.swing.DesktopManager のメソッド
通常、フレームをその親から削除してアイコン表現を追加します。
iconifyFrame(JInternalFrame) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
ユーザーがフレームをアイコン化するときに呼び出されます。
iconOnly - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton の変数
 
iconPane - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopIconUI の変数
デスクトップアイコンで使用されるタイトル区画のコンポーネントです。
IconUIResource - javax.swing.plaf の クラス
UIResource を実装する Icon ラッパークラスです。
IconUIResource(Icon) - クラス javax.swing.plaf.IconUIResource のコンストラクタ
既存の Icon インスタンスをラップする、UIResource のアイコンオブジェクトを作成します。
IconView - javax.swing.text の クラス
ビューインタフェースを実装するアイコンデコレータです。
IconView(Element) - クラス javax.swing.text.IconView のコンストラクタ
要素を表現する新しいアイコンビューを作成します。
icPerceptual - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのレンダリングインテント、Perceptual です。
icRelativeColorimetric - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのレンダリングインテント、RelativeColorimetric です。
icSaturation - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのレンダリングインテント、Saturation です。
icSigAbstractClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「abst」です。
icSigAToB0Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「A2B0」です。
icSigAToB1Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「A2B1」です。
icSigAToB2Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「A2B2」です。
icSigBlueColorantTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「bXYZ」です。
icSigBlueMatrixColumnTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「bXYZ」です。
icSigBlueTRCTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「bTRC」です。
icSigBToA0Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「B2A0」です。
icSigBToA1Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「B2A1」です。
icSigBToA2Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「B2A2」です。
icSigCalibrationDateTimeTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「calt」です。
icSigCharTargetTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「targ」です。
icSigChromaticAdaptationTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「chad」です。
icSigChromaticityTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「chrm」です。
icSigCmyData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「CMY」です。
icSigCmykData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「CMYK」です。
icSigColorantOrderTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「clro」です。
icSigColorantTableTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「clrt」です。
icSigColorSpaceClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「spac」です。
icSigCopyrightTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「cprt」です。
icSigCrdInfoTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「crdi」です。
icSigDeviceMfgDescTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「dmnd」です。
icSigDeviceModelDescTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「dmdd」です。
icSigDeviceSettingsTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「devs」です。
icSigDisplayClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「mntr」です。
icSigGamutTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「gamt」です。
icSigGrayData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「GRAY」です。
icSigGrayTRCTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「kTRC」です。
icSigGreenColorantTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「gXYZ」です。
icSigGreenMatrixColumnTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「gXYZ」です。
icSigGreenTRCTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「gTRC」です。
icSigHead - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「head」です (特別)。
icSigHlsData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「HLS」です。
icSigHsvData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「HSV」です。
icSigInputClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「scnr」です。
icSigLabData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「Lab」です。
icSigLinkClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「link」です。
icSigLuminanceTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「lumi」です。
icSigLuvData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「Luv」です。
icSigMeasurementTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「meas」です。
icSigMediaBlackPointTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「bkpt」です。
icSigMediaWhitePointTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「wtpt」です。
icSigNamedColor2Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「ncl2」です。
icSigNamedColorClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「nmcl」です。
icSigOutputClass - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのクラスシグニチャー、「prtr」です。
icSigOutputResponseTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「resp」です。
icSigPreview0Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「pre0」です。
icSigPreview1Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「pre1」です。
icSigPreview2Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「pre2」です。
icSigProfileDescriptionTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「desc」です。
icSigProfileSequenceDescTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「pseq」です。
icSigPs2CRD0Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「psd0」です。
icSigPs2CRD1Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「psd1」です。
icSigPs2CRD2Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「psd2」です。
icSigPs2CRD3Tag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「psd3」です。
icSigPs2CSATag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「ps2s」です。
icSigPs2RenderingIntentTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「ps2i」です。
icSigRedColorantTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「rXYZ」です。
icSigRedMatrixColumnTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「rXYZ」です。
icSigRedTRCTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「rTRC」です。
icSigRgbData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「RGB」です。
icSigScreeningDescTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「scrd」です。
icSigScreeningTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「scrn」です。
icSigSpace2CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「2CLR」です。
icSigSpace3CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「3CLR」です。
icSigSpace4CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「4CLR」です。
icSigSpace5CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「5CLR」です。
icSigSpace6CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「6CLR」です。
icSigSpace7CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「7CLR」です。
icSigSpace8CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「8CLR」です。
icSigSpace9CLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「9CLR」です。
icSigSpaceACLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「ACLR」です。
icSigSpaceBCLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「BCLR」です。
icSigSpaceCCLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「CCLR」です。
icSigSpaceDCLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「DCLR」です。
icSigSpaceECLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「ECLR」です。
icSigSpaceFCLR - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「FCLR」です。
icSigTechnologyTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「tech」です。
icSigUcrBgTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「bfd 」です。
icSigViewingCondDescTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「vued」です。
icSigViewingConditionsTag - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのタグシグニチャー、「view」です。
icSigXYZData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「XYZ」です。
icSigYCbCrData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「XYZ」です。
icSigYxyData - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
ICC プロファイルのカラースペースタイプシグニチャー、「Yxy」です。
icTagReserved - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
予約済みを表す ICC プロファイルの定数です。
icTagType - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
タグタイプシグニチャーを表す ICC プロファイルの定数です。
icXYZNumberX - クラス java.awt.color.ICC_Profile の static 変数
XYZ 数 X を表す ICC プロファイルの定数です。
id - クラス java.awt.AWTEvent の変数
イベントの ID
id - クラス java.awt.Event の変数
イベントがどの型のイベントか、およびそのイベントと関連するほかの Event 変数はどれかを示します。
id - クラス javax.naming.ldap.BasicControl の変数
コントロールのオブジェクト識別子の文字列
ID - クラス javax.swing.text.html.HTML.Attribute の static 変数
 
ID - インタフェース javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
ID - クラス javax.xml.ws.RespectBindingFeature の static 変数
RespectBindingFeature を識別する定数です。
ID - クラス javax.xml.ws.soap.AddressingFeature の static 変数
AddressingFeature を識別する定数です。
ID - クラス javax.xml.ws.soap.MTOMFeature の static 変数
MTOMFeature を識別する定数です。
id() - クラス org.omg.CORBA.AnySeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.BooleanSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.CharSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.CompletionStatusHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.CurrentHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.DefinitionKindHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.DoubleSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.FieldNameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.FloatSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.IdentifierHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.IDLTypeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.LongLongSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.LongSeqHelper の static メソッド
 
id - クラス org.omg.CORBA.NameValuePair の変数
この NameValuePair オブジェクトにより値と関連付けられる名前です。
id() - クラス org.omg.CORBA.NameValuePairHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ObjectHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.OctetSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ParameterModeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.PolicyErrorCodeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.PolicyErrorHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.PolicyHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.PolicyListHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.PolicyTypeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.RepositoryIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ServiceDetailHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ServiceInformationHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.SetOverrideTypeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ShortSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.StringSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.StringValueHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.StructMemberHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.TypeCode のメソッド
この TypeCode オブジェクトの型を大域的に識別するリポジトリ ID を取得します。
id() - クラス org.omg.CORBA.ULongLongSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ULongSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.UnionMemberHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.UnknownUserExceptionHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.UShortSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.ValueBaseHelper の static メソッド
 
id - クラス org.omg.CORBA.ValueMember の変数
この ValueMember オブジェクトで説明される value メンバーのリポジトリ ID です。
id() - クラス org.omg.CORBA.ValueMemberHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.VersionSpecHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.VisibilityHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.WCharSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.WrongTransactionHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.WStringSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CORBA.WStringValueHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.BindingHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.BindingIteratorHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.BindingListHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.BindingTypeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.IstringHelper の static メソッド
 
id - クラス org.omg.CosNaming.NameComponent の変数
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NameComponentHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.AddressHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddressHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.StringNameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.URLStringHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceedHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidNameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.NotEmptyHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.NotFoundHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.NotFoundReasonHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.AnySeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage.InconsistentTypeCodeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.InvalidValueHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.TypeMismatchHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnySeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynArrayHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynEnumHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynFixedHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynSequenceHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynStructHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynUnionHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.DynValueHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.FieldNameHelper の static メソッド
 
id - クラス org.omg.DynamicAny.NameDynAnyPair の変数
DynAny に関連付けられた名前です。
id() - クラス org.omg.DynamicAny.NameDynAnyPairHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.NameDynAnyPairSeqHelper の static メソッド
 
id - クラス org.omg.DynamicAny.NameValuePair の変数
Any に関連付けられた名前です。
id() - クラス org.omg.DynamicAny.NameValuePairHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.DynamicAny.NameValuePairSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.CodecFactoryHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.CodecFactoryPackage.UnknownEncodingHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.FormatMismatchHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.InvalidTypeForEncodingHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.TypeMismatchHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.ComponentIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.IORHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.MultipleComponentProfileHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.ProfileIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.ServiceContextHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.ServiceContextListHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.ServiceIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.TaggedComponentHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.IOP.TaggedProfileHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.Messaging.SyncScopeHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.AdapterManagerIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.AdapterNameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.AdapterStateHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.CurrentHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ForwardRequestHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.InvalidSlotHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Helper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceFactoryHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceTemplateHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceTemplateSeqHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.DuplicateNameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.InvalidNameHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.ObjectIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ServerIdHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.CurrentHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.CurrentPackage.NoContextHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.ForwardRequestHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAManagerPackage.AdapterInactiveHelper の static メソッド
 
id() - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
POA が作成される過程で、POA の一意の ID を返します。
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterAlreadyExistsHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterNonExistentHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicyHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.NoServantHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ObjectAlreadyActiveHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ObjectNotActiveHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActiveHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActiveHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.WrongAdapterHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.WrongPolicyHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.ServantActivatorHelper の static メソッド
 
id() - クラス org.omg.PortableServer.ServantLocatorHelper の static メソッド
 
ID_ASSIGNMENT_POLICY_ID - org.omg.PortableServer の インタフェース
org/omg/PortableServer/ID_ASSIGNMENT_POLICY_ID.java。
id_to_reference(byte[]) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
指定されたオブジェクト ID を持つオブジェクトが現在アクティブになっている場合は、そのオブジェクトを起動するための情報をカプセル化しているオブジェクト参照が返されます。
id_to_servant(byte[]) - インタフェース org.omg.PortableServer.POAOperations のメソッド
POA に RETAIN ポリシーが設定されていて、指定された ObjectId が Active Object Map に含まれている場合は、Active Object Map 内の当該オブジェクトに関連付けられたサーバントを返します。
ID_UNIQUENESS_POLICY_ID - org.omg.PortableServer の インタフェース
org/omg/PortableServer/ID_UNIQUENESS_POLICY_ID.java。
IdAssignmentPolicy - org.omg.PortableServer の インタフェース
IdAssignmentPolicy は、作成された POA のオブジェクト ID がアプリケーションまたは ORB のどちらによって生成されるのかを指定します。
IdAssignmentPolicyOperations - org.omg.PortableServer の インタフェース
IdAssignmentPolicy は、作成された POA のオブジェクト ID がアプリケーションまたは ORB のどちらによって生成されるのかを指定します。
IdAssignmentPolicyValue - org.omg.PortableServer の クラス
IdAssignmentPolicyValue には、次の値を指定できます。
IdAssignmentPolicyValue(int) - クラス org.omg.PortableServer.IdAssignmentPolicyValue のコンストラクタ
 
IDENTICAL - クラス java.text.Collator の static 変数
Collator の強さを示す値です。
identifier - クラス javax.swing.table.TableColumn の変数
このオブジェクトは、JTable の描画機構が内部で使用するものではありません。
IdentifierHelper - org.omg.CORBA の クラス
Identifier のヘルパーです。
IdentifierHelper() - クラス org.omg.CORBA.IdentifierHelper のコンストラクタ
 
identities() - クラス java.security.IdentityScope のメソッド
推奨されていません。 このアイデンティティースコープ内のすべてのアイデンティティーを列挙したものを返します。
IDENTITY - クラス java.awt.font.TransformAttribute の static 変数
恒等変換を表す TransformAttribute です。
Identity - java.security の クラス
推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
Identity() - クラス java.security.Identity のコンストラクタ
推奨されていません。 直列化専用のコンストラクタです。
Identity(String, IdentityScope) - クラス java.security.Identity のコンストラクタ
推奨されていません。 指定された名前とスコープを持つアイデンティティーを構築します。
Identity(String) - クラス java.security.Identity のコンストラクタ
推奨されていません。 指定された名前を持ち、スコープが未定のアイデンティティーを構築します。
identityEquals(Identity) - クラス java.security.Identity のメソッド
推奨されていません。 指定されたアイデンティティーとこのアイデンティティーとが等しいかどうかを判定します。
identityHashCode(Object) - クラス java.lang.System の static メソッド
指定されたオブジェクトのクラスが hashCode() をオーバーライドしているかどうかに関係なく、デフォルトの hashCode() メソッドにより返されるものと同じ、指定されたオブジェクトのハッシュコードを返します。
IdentityHashMap<K,V> - java.util の クラス
このクラスは、キーと値を比較する時にオブジェクトの同一性の代わりにリファレンスの同一性を使用して、ハッシュテーブルを持つ Map インスタンスを実装します。
IdentityHashMap() - クラス java.util.IdentityHashMap のコンストラクタ
デフォルトの予想最大サイズ (21) で、新しい空のアイデンティティーハッシュマップを構築します。
IdentityHashMap(int) - クラス java.util.IdentityHashMap のコンストラクタ
指定した予想最大サイズで、新しい空のマップを構築します。
IdentityHashMap(Map<? extends K, ? extends V>) - クラス java.util.IdentityHashMap のコンストラクタ
指定されたマップのキーと値のマッピングを含む新しいアイデンティティーハッシュマップを構築します。
IdentityScope - java.security の クラス
推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
IdentityScope() - クラス java.security.IdentityScope のコンストラクタ
推奨されていません。 このコンストラクタは、直列化だけに使用し、サブクラスでは使用すべきではありません。
IdentityScope(String) - クラス java.security.IdentityScope のコンストラクタ
推奨されていません。 指定された名前を持つ新しいアイデンティティーのスコープを構築します。
IdentityScope(String, IdentityScope) - クラス java.security.IdentityScope のコンストラクタ
推奨されていません。 名前とスコープを指定して新しいアイデンティティースコープを構築します。
IDEOGRAPHIC_DESCRIPTION_CHARACTERS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「Ideographic Description Characters」Unicode 文字ブロックの定数です。
IDLE - クラス javax.print.attribute.standard.PrinterState の static 変数
新しいジョブをすぐに処理できることを示します。
IDLEntity - org.omg.CORBA.portable の インタフェース
マーカーとして使用されることを目的とした、メンバーを持たないインタフェースです。
IDLType - org.omg.CORBA の インタフェース
OMG の IDL のタイプを表すすべてのインタフェースリポジトリ (IR) オブジェクトが継承する abstract インタフェースです。
IDLTypeHelper - org.omg.CORBA の クラス
IDLType のヘルパーです。
IDLTypeHelper() - クラス org.omg.CORBA.IDLTypeHelper のコンストラクタ
 
IDLTypeOperations - org.omg.CORBA の インタフェース
このインタフェースは、IDLType オブジェクトによって実装される必要があります。
IDN - java.net の クラス
通常の Unicode 表現と ASCII 互換エンコーディング (ACE) 表現との間で国際化ドメイン名 (IDN) の変換を行うメソッドを提供します。
IDREF - インタフェース javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
IDREFS - インタフェース javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
IdUniquenessPolicy - org.omg.PortableServer の インタフェース
IdUniquenessPolicy は、作成された POA で起動されるサーバントに、一意のオブジェクト ID が必要かどうかを示します。
IdUniquenessPolicyOperations - org.omg.PortableServer の インタフェース
IdUniquenessPolicy は、作成された POA で起動されるサーバントに、一意のオブジェクト ID が必要かどうかを示します。
IdUniquenessPolicyValue - org.omg.PortableServer の クラス
IdUniquenessPolicyValue には、次の値を指定できます。
IdUniquenessPolicyValue(int) - クラス org.omg.PortableServer.IdUniquenessPolicyValue のコンストラクタ
 
IEEEremainder(double, double) - クラス java.lang.Math の static メソッド
IEEE 754 標準に従って、2 個の引数について剰余を計算します。
IEEEremainder(double, double) - クラス java.lang.StrictMath の static メソッド
IEEE 754 標準に従って、2 個の引数について剰余を計算します。
ifModifiedSince - クラス java.net.URLConnection の変数
一部のプロトコルでは、特定の時刻よりもあとにオブジェクトが更新されていない場合に、オブジェクトのフェッチを省略することができます。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - インタフェース org.xml.sax.ContentHandler のメソッド
要素コンテンツに含まれる無視できる空白文字の通知を受け取ります。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - インタフェース org.xml.sax.DocumentHandler のメソッド
推奨されていません。 要素コンテンツに含まれる無視できる空白文字の通知を受け取ります。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.HandlerBase のメソッド
推奨されていません。 要素コンテンツに含まれる無視できる空白文字の通知を受け取ります。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.DefaultHandler のメソッド
要素コンテンツに含まれる無視できる空白文字の通知を受け取ります。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.ParserAdapter のメソッド
アダプタ実装メソッドは呼び出しません。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.XMLFilterImpl のメソッド
無視できる空白類文字イベントをフィルタリングします。
ignorableWhitespace(char[], int, int) - クラス org.xml.sax.helpers.XMLReaderAdapter のメソッド
SAX2 の無視できる空白文字イベントを適応させます。
IGNORE - クラス java.nio.charset.CodingErrorAction の static 変数
コーディングエラーの処理として、エラー入力を破棄してコーディング処理を再開することを示すアクションです。
IGNORE_ALL_BEANINFO - クラス java.beans.Introspector の static 変数
 
IGNORE_IMMEDIATE_BEANINFO - クラス java.beans.Introspector の static 変数
 
ignoreMetadata - クラス javax.imageio.ImageReader の変数
現在の入力ソースが、setInput によってメタデータが無視されるように指定されている場合は true です。
IIOByteBuffer - javax.imageio.stream の クラス
バイト配列およびその配列内のオフセットと長さの変更可能な参照を表現するクラスです。
IIOByteBuffer(byte[], int, int) - クラス javax.imageio.stream.IIOByteBuffer のコンストラクタ
指定されたバイト配列、オフセット、および長さを参照する IIOByteBuffer を構築します。
IIOException - javax.imageio の 例外
読み込み/書き込み操作の実行時障害を通知する例外クラスです。
IIOException(String) - 例外 javax.imageio.IIOException のコンストラクタ
指定されたメッセージ StringIIOException を構築します。
IIOException(String, Throwable) - 例外 javax.imageio.IIOException のコンストラクタ
指定された String とその基になる原因となった Throwable を使用して IIOException を構築します。
IIOImage - javax.imageio の クラス
イメージ、サムネール (プレビュー) イメージセット、およびイメージに関連するメタデータを表すオブジェクトを集合させる単純なコンテナクラスです。
IIOImage(RenderedImage, List<? extends BufferedImage>, IIOMetadata) - クラス javax.imageio.IIOImage のコンストラクタ
RenderedImage を保持する IIOImage と、それに関連するサムネールとメタデータを構築します。
IIOImage(Raster, List<? extends BufferedImage>, IIOMetadata) - クラス javax.imageio.IIOImage のコンストラクタ
Raster を保持する IIOImage と、それに関連するサムネールとメタデータを構築します。
IIOInvalidTreeException - javax.imageio.metadata の 例外
IIOInvalidTreeException は、IIOMetadata オブジェクトによる IIOMetadataNode のツリーの構文解析ができなかった場合にスローされます。
IIOInvalidTreeException(String, Node) - 例外 javax.imageio.metadata.IIOInvalidTreeException のコンストラクタ
メッセージ文字列と、構文解析エラーを発生させた Node への参照を示す IIOInvalidTreeException を構築します。
IIOInvalidTreeException(String, Throwable, Node) - 例外 javax.imageio.metadata.IIOInvalidTreeException のコンストラクタ
メッセージ文字列、この例外を発生させた例外への参照、および構文解析エラーを発生させた Node への参照を示す IIOInvalidTreeException を構築します。
IIOMetadata - javax.imageio.metadata の クラス
イメージとストリームに関連付けられたメタデータ (イメージ以外のデータ) を表すオブジェクトにより拡張される abstract クラスです。
IIOMetadata() - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadata のコンストラクタ
空の IIOMetadata オブジェクトを構築します。
IIOMetadata(boolean, String, String, String[], String[]) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadata のコンストラクタ
指定された形式名と形式のクラス名、および標準の形式をサポートするかどうかを示す boolean 値を使用して、IIOMetadata オブジェクトを構築します。
IIOMetadataController - javax.imageio.metadata の インタフェース
GUI を使用してユーザーから値を取得するか、またはほかの手段によって、IIOMetadata オブジェクトの設定値を判定できるオブジェクトにより実装されるインタフェースです。
IIOMetadataFormat - javax.imageio.metadata の インタフェース
IIOMetadata.getAsTree から返されて IIOMetadata.setFromTreemergeTree に渡されるメタデータドキュメントの構造を記述するオブジェクトです。
IIOMetadataFormatImpl - javax.imageio.metadata の クラス
IIOMetadataFormat インタフェースの再使用可能な実装を提供する具象クラスです。
IIOMetadataFormatImpl(String, int) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImpl のコンストラクタ
指定されたルート要素名と子ポリシー (CHILD_POLICY_REPEAT 以外) を使用して、空白の IIOMetadataFormatImpl インスタンスを構築します。
IIOMetadataFormatImpl(String, int, int) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImpl のコンストラクタ
指定されたルート要素名と CHILD_POLICY_REPEAT の子ポリシーを使用して、空白の IIOMetadataFormatImpl インスタンスを構築します。
IIOMetadataNode - javax.imageio.metadata の クラス
メタデータツリーのノードを表すクラスで、org.w3c.dom.Element インタフェースを実装し、さらに getUserObject および setUserObject メソッドを使用してテキスト以外のオブジェクトを格納できるようにします。
IIOMetadataNode() - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のコンストラクタ
空の IIOMetadataNode を構築します。
IIOMetadataNode(String) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のコンストラクタ
指定されたノード名を持つ IIOMetadataNode を構築します。
IIOParam - javax.imageio の クラス
ストリームをデコードまたはエンコードする方法を記述する、すべてのクラスのスーパークラスです。
IIOParam() - クラス javax.imageio.IIOParam のコンストラクタ
protected コンストラクタは、サブクラスだけによって呼び出されます。
IIOParamController - javax.imageio の インタフェース
GUI を使用してユーザーから値を取得するか、またはほかの手段によって、IIOParam オブジェクトの設定値を判定できるオブジェクトにより実装されるインタフェースです。
IIOReadProgressListener - javax.imageio.event の インタフェース
呼び出し側にイメージとサムネールの進捗の読み込みメソッドを通知する、ImageReader 実装で使用されるインタフェースです。
IIOReadUpdateListener - javax.imageio.event の インタフェース
呼び出し側にイメージとサムネールのピクセル更新の読み込みメソッドを通知する、ImageReader 実装で使用されるインタフェースです。
IIOReadWarningListener - javax.imageio.event の インタフェース
呼び出し側にイメージとサムネールの警告 (重大でないエラー) の読み込みメソッドを通知する、ImageReader 実装で使用されるインタフェースです。
IIORegistry - javax.imageio.spi の クラス
サービスプロバイダインスタンスのレジストリです。
IIOServiceProvider - javax.imageio.spi の クラス
すべてのイメージ入出力サービスプロバイダインタフェース (SPI) に共通する機能のスーパーインタフェースです。
IIOServiceProvider(String, String) - クラス javax.imageio.spi.IIOServiceProvider のコンストラクタ
指定されたベンダー名とバージョン識別子を使用して IIOServiceProvider を構築します。
IIOServiceProvider() - クラス javax.imageio.spi.IIOServiceProvider のコンストラクタ
空白の IIOServiceProvider を構築します。
IIOWriteProgressListener - javax.imageio.event の インタフェース
呼び出し側にイメージの進捗の書き込みメソッドを通知する、ImageWriter 実装で使用されるインタフェースです。
IIOWriteWarningListener - javax.imageio.event の インタフェース
呼び出し側にイメージとサムネールの警告 (重大でないエラー) の読み込みメソッドを通知する、ImageWriter 実装で使用されるインタフェースです。
IllegalAccessError - java.lang の エラー
アクセスできないフィールドへのアクセスや変更、あるいはアクセスできないメソッドの呼び出しをアプリケーションが試みた場合にスローされます。
IllegalAccessError() - エラー java.lang.IllegalAccessError のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalAccessError を構築します。
IllegalAccessError(String) - エラー java.lang.IllegalAccessError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalAccessError を構築します。
IllegalAccessException - java.lang の 例外
アプリケーションが、配列以外のインスタンス作成、フィールドの設定または取得、メソッドの呼び出しを試みた場合に、IllegalAccessException がスローされます。
IllegalAccessException() - 例外 java.lang.IllegalAccessException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalAccessException を構築します。
IllegalAccessException(String) - 例外 java.lang.IllegalAccessException のコンストラクタ
詳細メッセージを持つ IllegalAccessException を構築します。
IllegalArgumentException - java.lang の 例外
不正な引数、または不適切な引数をメソッドに渡したことを示すためにスローされます。
IllegalArgumentException() - 例外 java.lang.IllegalArgumentException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalArgumentException を構築します。
IllegalArgumentException(String) - 例外 java.lang.IllegalArgumentException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalArgumentException を構築します。
IllegalArgumentException(String, Throwable) - 例外 java.lang.IllegalArgumentException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用して新規例外を構築します。
IllegalArgumentException(Throwable) - 例外 java.lang.IllegalArgumentException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null : cause.toString()) を持つ、新しい例外を構築します (通常、クラスと原因の詳細メッセージを含みます)。
IllegalBlockingModeException - java.nio.channels の 例外
ブロックモードが不正であるのに、チャネル上でブロックモード固有の操作を呼び出したときにスローされるチェックされない例外です。
IllegalBlockingModeException() - 例外 java.nio.channels.IllegalBlockingModeException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalBlockSizeException - javax.crypto の 例外
この例外は、ブロック暗号に提供されたデータの長さが正しくない場合、つまり暗号のブロックサイズと一致しない場合にスローされます。
IllegalBlockSizeException() - 例外 javax.crypto.IllegalBlockSizeException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで IllegalBlockSizeException を構築します。
IllegalBlockSizeException(String) - 例外 javax.crypto.IllegalBlockSizeException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalBlockSizeException を構築します。
IllegalCharsetNameException - java.nio.charset の 例外
ある文字列が、正当な文字セット名ではないのに正当であるかのように使用された場合にスローされるチェックされない例外です。
IllegalCharsetNameException(String) - 例外 java.nio.charset.IllegalCharsetNameException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalClassFormatException - java.lang.instrument の 例外
入力パラメータが無効な場合に、ClassFileTransformer.transform の実装によりスローされます。
IllegalClassFormatException() - 例外 java.lang.instrument.IllegalClassFormatException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalClassFormatException を構築します。
IllegalClassFormatException(String) - 例外 java.lang.instrument.IllegalClassFormatException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalClassFormatException を構築します。
IllegalComponentStateException - java.awt の 例外
要求された操作に対し、AWT コンポーネントが適切な状態にないというシグナルです。
IllegalComponentStateException() - 例外 java.awt.IllegalComponentStateException のコンストラクタ
詳細なメッセージを持たない IllegalComponentStateException を構築します。
IllegalComponentStateException(String) - 例外 java.awt.IllegalComponentStateException のコンストラクタ
指定された詳細なメッセージを持つ IllegalComponentStateException を構築します。
IllegalFormatCodePointException - java.util の 例外
Character.isValidCodePoint(int) で定義されている無効な Unicode コードポイントの文字が Formatter に渡されるときに、スローされるチェックされない例外です。
IllegalFormatCodePointException(int) - 例外 java.util.IllegalFormatCodePointException のコンストラクタ
Character.isValidCodePoint(int) で定義されている指定された不正なコードポイントで、このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalFormatConversionException - java.util の 例外
書式指示子に対応する引数が互換性のない型を保持する場合、チェックされない例外がスローされます。
IllegalFormatConversionException(char, Class<?>) - 例外 java.util.IllegalFormatConversionException のコンストラクタ
一致しない変換および対応する引数クラスを使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalFormatException - java.util の 例外
書式文字列に不正な構文または指定された引数と互換性のない書式指示子が含まれる場合、チェックされない例外がスローされます。
IllegalFormatFlagsException - java.util の 例外
不正な組み合わせフラグが指定された場合に、チェックされない例外がスローされます。
IllegalFormatFlagsException(String) - 例外 java.util.IllegalFormatFlagsException のコンストラクタ
指定されたフラグを使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalFormatPrecisionException - java.util の 例外
精度が -1 以外の負の値の場合で、変換が精度をサポートしないか、値がこれ以外の場合にはサポートされない場合、チェックされない例外がスローされます。
IllegalFormatPrecisionException(int) - 例外 java.util.IllegalFormatPrecisionException のコンストラクタ
指定された精度を使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalFormatWidthException - java.util の 例外
書式幅が -1 以外の負の値か、それ以外ではサポートされない場合、チェックされない例外がスローされます。
IllegalFormatWidthException(int) - 例外 java.util.IllegalFormatWidthException のコンストラクタ
指定された幅を使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalMonitorStateException - java.lang の 例外
所定のモニターを持たないスレッドがオブジェクトのモニターで待つことを試みたこと、あるいはほかのスレッドが所定のモニターを持たずにオブジェクトのモニターで待つことを通知したことを示すためにスローされます。
IllegalMonitorStateException() - 例外 java.lang.IllegalMonitorStateException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalMonitorStateException を構築します。
IllegalMonitorStateException(String) - 例外 java.lang.IllegalMonitorStateException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalMonitorStateException を構築します。
IllegalPathStateException - java.awt.geom の 例外
IllegalPathStateException は、特定のオペレーションについてパスが無効な場合に、そのオペレーションが実行されたときにスローされる例外を表します。
IllegalPathStateException() - 例外 java.awt.geom.IllegalPathStateException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで IllegalPathStateException を構築します。
IllegalPathStateException(String) - 例外 java.awt.geom.IllegalPathStateException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalPathStateException を構築します。
IllegalSelectorException - java.nio.channels の 例外
チャネルの作成元プロバイダ以外が作成したセレクタにチャネルを登録しようとしたときにスローされるチェックされない例外です。
IllegalSelectorException() - 例外 java.nio.channels.IllegalSelectorException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
IllegalStateException - java.lang の 例外
不正または不適切なときにメソッドが呼び出されたことを示します。
IllegalStateException() - 例外 java.lang.IllegalStateException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalStateException を構築します。
IllegalStateException(String) - 例外 java.lang.IllegalStateException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IllegalStateException を構築します。
IllegalStateException(String, Throwable) - 例外 java.lang.IllegalStateException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用して新規例外を構築します。
IllegalStateException(Throwable) - 例外 java.lang.IllegalStateException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null : cause.toString()) を持つ、新しい例外を構築します (通常、クラスと原因の詳細メッセージを含みます)。
IllegalThreadStateException - java.lang の 例外
要求されたオペレーションに対してスレッドの状態が不適切であることを示すためにスローされます。
IllegalThreadStateException() - 例外 java.lang.IllegalThreadStateException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IllegalThreadStateException を構築します。
IllegalThreadStateException(String) - 例外 java.lang.IllegalThreadStateException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージを持つ IllegalThreadStateException を構築します。
Image - java.awt の クラス
abstract クラス Image は、グラフィカルイメージを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
Image() - クラス java.awt.Image のコンストラクタ
 
image - クラス javax.imageio.IIOImage の変数
参照された RenderedImage です。
IMAGE_INCOMPATIBLE - クラス java.awt.image.VolatileImage の static 変数
検証イメージは渡された GraphicsConfiguration オブジェクトと互換性がないため、適切な再生成が必要です。
IMAGE_OK - クラス java.awt.image.VolatileImage の static 変数
検証イメージはそのまま使用可能です。
IMAGE_RESTORED - クラス java.awt.image.VolatileImage の static 変数
検証イメージは復元され、使用可能になっています。
IMAGEABORTED - インタフェース java.awt.image.ImageConsumer の static 変数
イメージ生成が故意に中断されました。
ImageCapabilities - java.awt の クラス
イメージの機能とプロパティー
ImageCapabilities(boolean) - クラス java.awt.ImageCapabilities のコンストラクタ
イメージの機能を指定する新しいオブジェクトを作成します。
imageComplete(int) - クラス java.awt.image.BufferedImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの imageComplete メソッドで提供される情報にフィルタをかけます。
imageComplete(int) - インタフェース java.awt.image.ImageConsumer のメソッド
imageComplete メソッドは、ImageProducer がソースイメージのすべてのピクセルを転送し終えたとき、マルチフレームアニメーションの 1 フレームを転送し終えたとき、またはイメージの生成中およびローディング中にエラーが発生したときに呼び出されます。
imageComplete(int) - クラス java.awt.image.ImageFilter のメソッド
ImageConsumer インタフェースの imageComplete メソッドで提供される情報をフィルタ処理します。
imageComplete(int) - クラス java.awt.image.PixelGrabber のメソッド
imageComplete メソッドは、ピクセルを取り出すためにこのクラスが実装しなければならない ImageConsumer API の一部です。
imageComplete(ImageReader) - インタフェース javax.imageio.event.IIOReadProgressListener のメソッド
現在のイメージの読み込みオペレーションが完了したことを通知します。
imageComplete(ImageWriter) - インタフェース javax.imageio.event.IIOWriteProgressListener のメソッド
イメージの書き込みオペレーションが完了したことを通知します。
ImageConsumer - java.awt.image の インタフェース
ImageProducer インタフェース経由でイメージデータを表示するオブジェクトのためのインタフェースです。
IMAGEERROR - インタフェース java.awt.image.ImageConsumer の static 変数
イメージの生成中にエラーが発生しました。
ImageFilter - java.awt.image の クラス
このクラスには、一連のインタフェースメソッド用のフィルタが実装されており、ImageProducer から ImageConsumer へデータを転送するために使われます。
ImageFilter() - クラス java.awt.image.ImageFilter のコンストラクタ
 
imageFlavor - クラス java.awt.datatransfer.DataFlavor の static 変数
Java Image クラスを表現する DataFlavor です。
ImageGraphicAttribute - java.awt.font の クラス
ImageGraphicAttribute クラスは、TextLayout にイメージを描画する GraphicAttribute の実装です。
ImageGraphicAttribute(Image, int) - クラス java.awt.font.ImageGraphicAttribute のコンストラクタ
指定された Image から ImageGraphicAttribute を構築します。
ImageGraphicAttribute(Image, int, float, float) - クラス java.awt.font.ImageGraphicAttribute のコンストラクタ
指定された Image から ImageGraphicAttribute を構築します。
ImageIcon - javax.swing の クラス
アイコンをイメージからペイントする Icon インタフェースの実装です。
ImageIcon(String, String) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
指定されたファイルからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(String) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
指定されたファイルからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(URL, String) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
指定された URL からイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(URL) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
指定された URL からイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(Image, String) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
イメージからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(Image) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
イメージオブジェクトからイメージアイコンを生成します。
ImageIcon(byte[], String) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
サポートされている GIF、JPEG、PNG (1.3 以降) などのイメージ形式を格納しているイメージファイルから読み出されたバイト配列から、イメージアイコンを生成します。
ImageIcon(byte[]) - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
サポートされている GIF、JPEG、PNG (1.3 以降) などのイメージ形式を格納しているイメージファイルから読み出されたバイト配列から、イメージアイコンを生成します。
ImageIcon() - クラス javax.swing.ImageIcon のコンストラクタ
初期化されていないイメージアイコンを生成します。
ImageIcon.AccessibleImageIcon - javax.swing の クラス
このクラスは ImageIcon クラス用のアクセシビリティーサポートを実装しています。
ImageIcon.AccessibleImageIcon() - クラス javax.swing.ImageIcon.AccessibleImageIcon のコンストラクタ
 
ImageInputStream - javax.imageio.stream の インタフェース
ImageReader で使用されるシーク可能な入力ストリームインタフェースです。
ImageInputStreamImpl - javax.imageio.stream の クラス
ImageInputStream インタフェースを実装する abstract クラスです。
ImageInputStreamImpl() - クラス javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のコンストラクタ
ImageInputStreamImpl を構築します。
ImageInputStreamSpi - javax.imageio.spi の クラス
ImageInputStream のサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
ImageInputStreamSpi() - クラス javax.imageio.spi.ImageInputStreamSpi のコンストラクタ
空白の ImageInputStreamSpi を構築します。
ImageInputStreamSpi(String, String, Class<?>) - クラス javax.imageio.spi.ImageInputStreamSpi のコンストラクタ
指定された値セットを使用して ImageInputStreamSpi を構築します。
ImageIO - javax.imageio の クラス
ImageReader および ImageWriter を検索する静的な簡易メソッドを保持して、簡単な符号化と復号化を実行するクラスです。
ImageObserver - java.awt.image の インタフェース
Image が構築されるとき、Image 情報に関する通知を受け取るための非同期更新インタフェースです。
ImageOutputStream - javax.imageio.stream の インタフェース
ImageWriter で使用されるシーク可能な出力ストリームインタフェースです。
ImageOutputStreamImpl - javax.imageio.stream の クラス
ImageOutputStream インタフェースを実装する abstract クラスです。
ImageOutputStreamImpl() - クラス javax.imageio.stream.ImageOutputStreamImpl のコンストラクタ
ImageOutputStreamImpl を構築します。
ImageOutputStreamSpi - javax.imageio.spi の クラス
ImageOutputStream のサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
ImageOutputStreamSpi() - クラス javax.imageio.spi.ImageOutputStreamSpi のコンストラクタ
空白の ImageOutputStreamSpi を構築します。
ImageOutputStreamSpi(String, String, Class<?>) - クラス javax.imageio.spi.ImageOutputStreamSpi のコンストラクタ
指定された値セットを使用して ImageOutputStreamSpi を構築します。
ImageProducer - java.awt.image の インタフェース
Image オブジェクト用のイメージデータを生成することができるオブジェクトのためのインタフェースです。
imageProgress(ImageReader, float) - インタフェース javax.imageio.event.IIOReadProgressListener のメソッド
関連する ImageReader の、現在の read 呼び出しのおおよその完了度合いを通知します。
imageProgress(ImageWriter, float) - インタフェース javax.imageio.event.IIOWriteProgressListener のメソッド
関連する ImageWriter 内の、現在の write 呼び出しのおおよその完了度合いを通知します。
ImageReader - javax.imageio の クラス
イメージを解析して復号化する抽象スーパークラスです。
ImageReader(ImageReaderSpi) - クラス javax.imageio.ImageReader のコンストラクタ
ImageReader を構築し、originatingProvider フィールドを、指定された値に設定します。
ImageReaderSpi - javax.imageio.spi の クラス
ImageReader のサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
ImageReaderSpi() - クラス javax.imageio.spi.ImageReaderSpi のコンストラクタ
空白の ImageReaderSpi を構築します。
ImageReaderSpi(String, String, String[], String[], String[], String, Class[], String[], boolean, String, String, String[], String[], boolean, String, String, String[], String[]) - クラス javax.imageio.spi.ImageReaderSpi のコンストラクタ
指定された値セットを使用して ImageReaderSpi を構築します。
ImageReaderWriterSpi - javax.imageio.spi の クラス
ImageReaderSpiImageWriterSpi に共通のインスタンス変数およびメソッドを含むスーパークラスです。
ImageReaderWriterSpi(String, String, String[], String[], String[], String, boolean, String, String, String[], String[], boolean, String, String, String[], String[]) - クラス javax.imageio.spi.ImageReaderWriterSpi のコンストラクタ
指定された値セットを使用して ImageReaderWriterSpi を構築します。
ImageReaderWriterSpi() - クラス javax.imageio.spi.ImageReaderWriterSpi のコンストラクタ
空白の ImageReaderWriterSpi を構築します。
ImageReadParam - javax.imageio の クラス
ストリームが復号化される方法を記述するクラスです。
ImageReadParam() - クラス javax.imageio.ImageReadParam のコンストラクタ
ImageReadParam を構築します。
imageStarted(ImageReader, int) - インタフェース javax.imageio.event.IIOReadProgressListener のメソッド
イメージの読み込みオペレーションが始まることを通知します。
imageStarted(ImageWriter, int) - インタフェース javax.imageio.event.IIOWriteProgressListener のメソッド
イメージの書き込みオペレーションが始まることを通知します。
imageSubmit(String) - クラス javax.swing.text.html.FormView のメソッド
イメージをクリックすると、フォームを送信するために呼び出されます。
ImageTranscoder - javax.imageio の インタフェース
メタデータ変換機能を提供するインタフェースです。
ImageTranscoderSpi - javax.imageio.spi の クラス
ImageTranscoder のサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
ImageTranscoderSpi() - クラス javax.imageio.spi.ImageTranscoderSpi のコンストラクタ
空白の ImageTranscoderSpi を構築します。
ImageTranscoderSpi(String, String) - クラス javax.imageio.spi.ImageTranscoderSpi のコンストラクタ
指定された値セットを使用して ImageTranscoderSpi を構築します。
ImageTypeSpecifier - javax.imageio の クラス
イメージの形式、特に SampleModelColorModel を、便利な方法で指定できるようにするクラスです。
ImageTypeSpecifier(ColorModel, SampleModel) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier のコンストラクタ
ColorModelSampleModel から直接 ImageTypeSpecifier を構築します。
ImageTypeSpecifier(RenderedImage) - クラス javax.imageio.ImageTypeSpecifier のコンストラクタ
RenderedImage から ImageTypeSpecifier を構築します。
imageUpdate(Image, int, int, int, int, int) - クラス java.awt.Component のメソッド
イメージが変更されたときにコンポーネントをふたたびペイントします。
imageUpdate(Image, int, int, int, int, int) - インタフェース java.awt.image.ImageObserver のメソッド
このメソッドの呼び出しにより、過去に非同期インタフェースが要求したイメージに関する情報を利用できます。
imageUpdate(ImageReader, BufferedImage, int, int, int, int, int, int, int[]) - インタフェース javax.imageio.event.IIOReadUpdateListener のメソッド
指定されたイメージ領域が更新されたことを通知します。
imageUpdate(Image, int, int, int, int, int) - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
現在の IconImage が、渡された Image img と異なる場合は、オーバーライドされて false を返します。
imageUpdate(Image, int, int, int, int, int) - クラス javax.swing.JLabel のメソッド
現在の Icon の Image が、渡された Image の img と異なる場合は、false を返してオーバーライドします。
ImageView - javax.swing.text.html の クラス
HTML の <IMG> タグをサポートするためのイメージのビューです。
ImageView(Element) - クラス javax.swing.text.html.ImageView のコンストラクタ
IMG 要素を表す新しいビューを作成します。
ImageWriteParam - javax.imageio の クラス
ストリームの符号化の方法を記述するクラスです。
ImageWriteParam() - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のコンストラクタ
空の ImageWriteParam を構築します。
ImageWriteParam(Locale) - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のコンストラクタ
与えられた Locale を使用するために設定される ImageWriteParam を構築します。
ImageWriter - javax.imageio の クラス
符号化とイメージの書き込みのための抽象スーパークラスです。
ImageWriter(ImageWriterSpi) - クラス javax.imageio.ImageWriter のコンストラクタ
ImageWriter を構築し、その originatingProvider インスタンス変数を、提供された値に設定します。
ImageWriterSpi - javax.imageio.spi の クラス
ImageWriter のサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
ImageWriterSpi() - クラス javax.imageio.spi.ImageWriterSpi のコンストラクタ
空白の ImageWriterSpi を構築します。
ImageWriterSpi(String, String, String[], String[], String[], String, Class[], String[], boolean, String, String, String[], String[], boolean, String, String, String[], String[]) - クラス javax.imageio.spi.ImageWriterSpi のコンストラクタ
指定された値セットを使用して ImageWriterSpi を構築します。
ImagingOpException - java.awt.image の 例外
ImagingOpException は、BufferedImageOpRasterOp の一方のフィルタ メソッドがイメージを処理できない場合にスローされます。
ImagingOpException(String) - 例外 java.awt.image.ImagingOpException のコンストラクタ
指定されたメッセージを持つ ImagingOpException オブジェクトを構築します。
IMG - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
IMG_ALIGN_BOTTOM - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit の static 変数
イメージを下端に揃えます。
IMG_ALIGN_MIDDLE - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit の static 変数
イメージを中央に揃えます。
IMG_ALIGN_TOP - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit の static 変数
イメージを上端に揃えます。
IMG_BORDER - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit の static 変数
イメージを境界に揃えます。
IMMUTABLE_INFO_FIELD - クラス javax.management.JMX の static 変数
immutableInfo フィールドの名前です。
ImmutableDescriptor - javax.management の クラス
不変記述子
ImmutableDescriptor(String[], Object[]) - クラス javax.management.ImmutableDescriptor のコンストラクタ
指定されたフィールドおよび値を含む記述子を構築します。
ImmutableDescriptor(String...) - クラス javax.management.ImmutableDescriptor のコンストラクタ
指定されたフィールドを含む記述子を構築します。
ImmutableDescriptor(Map<String, ?>) - クラス javax.management.ImmutableDescriptor のコンストラクタ
 フィールドの名前と値が指定した Map のキーと値である記述子を構築します。
IMP_LIMIT - org.omg.CORBA の 例外
この例外は、ORB 実行時に実装限界を超えたことを示します。
IMP_LIMIT() - 例外 org.omg.CORBA.IMP_LIMIT のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、IMP_LIMIT 例外を構築します。
IMP_LIMIT(String) - 例外 org.omg.CORBA.IMP_LIMIT のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、IMP_LIMIT 例外を構築します。
IMP_LIMIT(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.IMP_LIMIT のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で IMP_LIMIT 例外を構築します。
IMP_LIMIT(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.IMP_LIMIT のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、IMP_LIMIT 例外を構築します。
impl - クラス javax.naming.CompoundName の変数
この複合名の実装です。
implAccept(Socket) - クラス java.net.ServerSocket のメソッド
ServerSocket のサブクラスは、このメソッドを使って accept() をオーバーライドすることで、独自のサブクラスのソケットが返されるようにします。
implCloseChannel() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractInterruptibleChannel のメソッド
現在のチャネルをクローズします。
implCloseChannel() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelectableChannel のメソッド
現在のチャネルをクローズします。
implCloseSelectableChannel() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelectableChannel のメソッド
この選択可能チャネルをクローズします。
implCloseSelector() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelector のメソッド
このセレクタをクローズします。
implConfigureBlocking(boolean) - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelectableChannel のメソッド
このチャネルのブロックモードを調整します。
IMPLEMENTATION_TITLE - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Implementation-Title マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
IMPLEMENTATION_URL - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Implementation-Vendor-URL マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
IMPLEMENTATION_VENDOR - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Implementation-Vendor マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
IMPLEMENTATION_VENDOR_ID - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Implementation-Vendor-Id マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
IMPLEMENTATION_VERSION - クラス java.util.jar.Attributes.Name の static 変数
パッケージバージョン管理に使用される Implementation-Version マニフェスト属性の Name オブジェクトです。
implFlush(CharBuffer) - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
このデコーダをフラッシュします。
implFlush(ByteBuffer) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
このエンコーダをフラッシュします。
IMPLICIT_ACTIVATION - クラス org.omg.PortableServer.ImplicitActivationPolicyValue の static 変数
 
IMPLICIT_ACTIVATION_POLICY_ID - org.omg.PortableServer の インタフェース
org/omg/PortableServer/IMPLICIT_ACTIVATION_POLICY_ID.java。
ImplicitActivationPolicy - org.omg.PortableServer の インタフェース
このポリシーは、作成済みの POA でサーバントの暗黙的な起動がサポートされるかどうかを指定します。
ImplicitActivationPolicyOperations - org.omg.PortableServer の インタフェース
このポリシーは、作成済みの POA でサーバントの暗黙的な起動がサポートされるかどうかを指定します。
ImplicitActivationPolicyValue - org.omg.PortableServer の クラス
ImplicitActivationPolicyValue には、次のセマンティクスを指定できます。
ImplicitActivationPolicyValue(int) - クラス org.omg.PortableServer.ImplicitActivationPolicyValue のコンストラクタ
 
IMPLIED - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
すべてのテキストコンテンツは、段落要素内に存在しなければいけません。
IMPLIED - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit.ParserCallback の static 変数
要素が暗示されていることを示すために、属性セットの属性として引き渡されます。
IMPLIED - インタフェース javax.swing.text.html.parser.DTDConstants の static 変数
 
implies(Permission) - クラス java.io.FilePermission のメソッド
この FilePermission オブジェクトに、指定されたアクセス権が含まれているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.net.SocketPermission のメソッド
指定されたアクセス権が、このソケットアクセス権オブジェクトに含まれているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.security.AllPermission のメソッド
指定されたアクセス権をこのオブジェクトが包含しているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.security.BasicPermission のメソッド
指定されたアクセス権をこのオブジェクトが包含しているかどうかを判定します。
implies(CodeSource) - クラス java.security.CodeSource のメソッド
この CodeSource オブジェクトが指定された CodeSource を「包含」している場合に true を返します。
implies(Permission) - クラス java.security.Permission のメソッド
このオブジェクトのアクションによって、指定されたアクセス権のアクションが包含されるかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.security.PermissionCollection のメソッド
指定されたアクセス権が、この PermissionCollection で保持される Permission オブジェクトのコレクションによって包含されるかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.security.Permissions のメソッド
指定されたアクセス権のクラスに対するこのオブジェクトの PermissionCollection が、permission オブジェクトで表現されるアクセス権を包含するかどうかを確認します。
implies(ProtectionDomain, Permission) - クラス java.security.Policy のメソッド
ProtectionDomain に許可されたアクセス権についてグローバルポリシーを評価し、そのアクセス権が許可されているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.security.ProtectionDomain のメソッド
この ProtectionDomain が、Permission オブジェクトで表現されるアクセス権を包含するかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス java.security.UnresolvedPermission のメソッド
未解決のアクセス権に対して常に false を返します。
implies(Permission) - クラス java.util.PropertyPermission のメソッド
PropertyPermission オブジェクトが、指定されたアクセス権を含んでいるかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス javax.management.MBeanPermission のメソッド
 この MBeanPermission オブジェクトに、指定されたアクセス権が含まれているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス javax.management.MBeanServerPermission のメソッド
 この MBeanServerPermission オブジェクトに、指定されたアクセス権が含まれているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス javax.security.auth.kerberos.DelegationPermission のメソッド
指定されたアクセス権が、この Kerberos 委譲アクセス権オブジェクトに含まれているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス javax.security.auth.kerberos.ServicePermission のメソッド
指定されたアクセス権が、この Kerberos サービスアクセス権オブジェクトに含まれているかどうかを判定します。
implies(Permission) - クラス javax.security.auth.PrivateCredentialPermission のメソッド
この PrivateCredentialPermission オブジェクトが、指定された Permission を示すかどうかを判定します。
implOnMalformedInput(CodingErrorAction) - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
不正入力エラーに対する、このデコーダのアクションが変更されたことを報告します。
implOnMalformedInput(CodingErrorAction) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
不正入力エラーに対する、このエンコーダのアクションが変更されたことを報告します。
implOnUnmappableCharacter(CodingErrorAction) - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
マップできない文字エラーに対する、このデコーダのアクションが変更されたことを報告します。
implOnUnmappableCharacter(CodingErrorAction) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
マップ不可文字エラーに対する、このエンコーダのアクションが変更されたことを報告します。
implReplaceWith(String) - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
このデコーダの代替値が変更されたことを報告します。
implReplaceWith(byte[]) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
このエンコーダの代替値が変更されたことを報告します。
implReset() - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
このデコーダをリセットし、文字セット固有の内部の状態をクリアします。
implReset() - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
このエンコーダをリセットし、文字セット固有の内部の状態をクリアします。
importData(TransferHandler.TransferSupport) - クラス javax.swing.TransferHandler のメソッド
クリップボードまたはドラッグ&ドロップ操作から転送します。
importData(JComponent, Transferable) - クラス javax.swing.TransferHandler のメソッド
クリップボードまたは DND ドロップ操作からコンポーネントへ転送します。
importedKeyCascade - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
UPDATE_RULE の場合は、主キーが更新されるときに、外部キー (インポートされたキー) がそれに合致するように変更されることを示します。
importedKeyInitiallyDeferred - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
遅延可能性を示します。
importedKeyInitiallyImmediate - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
遅延可能性を示します。
importedKeyNoAction - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
UPDATE_RULE および DELETE_RULE の場合は、主キーがインポートされている場合、それが更新および削除ができないことを示します。
importedKeyNotDeferrable - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
遅延可能性を示します。
importedKeyRestrict - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
UPDATE_RULE の場合は、別のテーブルによって外部キーとしてインポートされている場合に、主キーは更新できないことを示します。
importedKeySetDefault - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
UPDATE_RULE および DELETE_RULE の場合は、主キーが更新または削除された場合に、外部キー (インポートされたキー) がデフォルト値に変更されることを示します。
importedKeySetNull - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData の static 変数
UPDATE_RULE および DELETE_RULE の場合、主キーが更新または削除されたときに、外部キー (インポートされたキー) が NULL に変更されることを示します。
importNode(Node, boolean) - インタフェース org.w3c.dom.Document のメソッド
別の文書から現在の文書へノードをインポートします。
importPreferences(InputStream) - クラス java.util.prefs.Preferences の static メソッド
XML ドキュメントによって表されるすべての設定を、指定された入力ストリームからインポートします。
importStyleSheet(URL) - クラス javax.swing.text.html.StyleSheet のメソッド
url からスタイルシートをインポートします。
in - クラス java.io.FileDescriptor の static 変数
標準入力ストリームへのハンドルです。
in - クラス java.io.FilterInputStream の変数
フィルタ処理される入力ストリームです。
in - クラス java.io.FilterReader の変数
基本となる文字入力ストリームです。
in - クラス java.io.PipedInputStream の変数
データの次のバイトをパイプで連結された接続済みの出力ストリームから受け取ったときに、その次のバイトを格納する循環バッファーのインデックス位置です。
in - クラス java.lang.System の static 変数
「標準」入力ストリームです。
in(ValueExp, ValueExp[]) - クラス javax.management.Query の static メソッド
明示リストのいずれかの値に制約を課す式を返します。
inactive(ActivationID) - クラス java.rmi.activation.Activatable の static メソッド
対応する起動 id のオブジェクトが現在停止していることをシステムに通知します。
INACTIVE - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
org/omg/PortableInterceptor/INACTIVE.java。
INACTIVE - クラス org.omg.PortableServer.POAManagerPackage.State の static 変数
 
INACTIVE_CAPTION - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.inactiveCaption システムカラーの配列インデックスです。
INACTIVE_CAPTION_BORDER - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.inactiveCaptionBorder システムカラーの配列インデックスです。
INACTIVE_CAPTION_TEXT - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.inactiveCaptionText システムカラーの配列インデックスです。
inactiveCaption - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
現在アクティブでないウィンドウのウィンドウタイトルのバックグラウンドで描画されるカラーです。
inactiveCaptionBorder - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
現在アクティブでないウィンドウのボーダーで描画されるカラーです。
inactiveCaptionText - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
現在アクティブでないウィンドウのウィンドウタイトルのテキストで描画されるカラーです。
inactiveGroup() - クラス java.rmi.activation.ActivationGroup のメソッド
この protected メソッドは、サブクラスがグループのモニターに inactiveGroup コールバックを行うために必要です。
inactiveGroup(ActivationGroupID, long) - インタフェース java.rmi.activation.ActivationMonitor のメソッド
グループが停止していることを通知します。
inactiveObject(ActivationID) - クラス java.rmi.activation.ActivationGroup のメソッド
グループの inactiveObject メソッドは、Activatable.inactive メソッドの呼び出しを介して間接的に呼び出されます。
inactiveObject(ActivationID) - インタフェース java.rmi.activation.ActivationMonitor のメソッド
起動グループは、グループ内のオブジェクトが停止したときに、グループのモニターの inactiveObject メソッドを呼び出します。
INBOUND_MESSAGE_ATTACHMENTS - インタフェース javax.xml.ws.handler.MessageContext の static 変数
標準プロパティー:キーが MIME Content-ID、値が DataHandler である着信メッセージに対する、メッセージへの添付のマップ。
incarnate(byte[], POA) - クラス org.omg.PortableServer._ServantActivatorStub のメソッド
このオペレーションは、POA に USE_SERVANT_MANAGER と RETAIN の各ポリシーが指定されていることを前提として、現在アクティブでないオブジェクトの要求を POA が受信するときに必ず POA によって呼び出されます。
incarnate(byte[], POA) - インタフェース org.omg.PortableServer.ServantActivatorOperations のメソッド
このオペレーションは、POA に USE_SERVANT_MANAGER と RETAIN の各ポリシーが指定されていることを前提として、現在アクティブでないオブジェクトの要求を POA が受信するときに必ず POA によって呼び出されます。
INCH - クラス javax.print.attribute.Size2DSyntax の static 変数
インチ (in) 単位を示す値です。
INCH - クラス javax.print.attribute.standard.MediaPrintableArea の static 変数
インチ (in) 単位を示す値です。
inCheck - クラス java.lang.SecurityManager の変数
推奨されていません。 このタイプのセキュリティーチェックは推奨されません。代わりに checkPermission の呼び出しを使用することをお勧めします。
inClass(String) - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
推奨されていません。 このタイプのセキュリティーチェックは推奨されません。代わりに checkPermission の呼び出しを使用することをお勧めします。
inClassLoader() - クラス java.lang.SecurityManager のメソッド
推奨されていません。 このタイプのセキュリティーチェックは推奨されません。代わりに checkPermission の呼び出しを使用することをお勧めします。
include(RowFilter.Entry<? extends M, ? extends I>) - クラス javax.swing.RowFilter のメソッド
指定されたエントリを表示する場合は true、表示しない場合は false を返します。
inclusions - クラス javax.swing.text.html.parser.Element の変数
 
INCLUSIVE - インタフェース javax.xml.crypto.dsig.CanonicalizationMethod の static 変数
Canonical XML (コメントなし) 標準化メソッドアルゴリズム URI です。
INCLUSIVE_WITH_COMMENTS - インタフェース javax.xml.crypto.dsig.CanonicalizationMethod の static 変数
コメント付き Canonical XML 標準化メソッドアルゴリズム URI です。
IncompatibleClassChangeError - java.lang の エラー
クラス定義に互換性のない変更があった場合にスローされます。
IncompatibleClassChangeError() - エラー java.lang.IncompatibleClassChangeError のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない IncompatibleClassChangeError を構築します。
IncompatibleClassChangeError(String) - エラー java.lang.IncompatibleClassChangeError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IncompatibleClassChangeError を構築します。
IncompleteAnnotationException - java.lang.annotation の 例外
注釈のコンパイル (または直列化) 後に注釈型定義に追加された注釈型要素に、プログラムがアクセスを試みたことを示すためにスローされます。
IncompleteAnnotationException(Class<? extends Annotation>, String) - 例外 java.lang.annotation.IncompleteAnnotationException のコンストラクタ
IncompleteAnnotationException を構築して、名前付き要素が指定された注釈型から見つからないことを示します。
InconsistentTypeCode - org.omg.CORBA.ORBPackage の 例外
InconsistentTypeCode 例外は、DynAny の特定のサブクラスに一致しない型コードを使って動的 Any を作成しようとした場合にスローされます。
InconsistentTypeCode() - 例外 org.omg.CORBA.ORBPackage.InconsistentTypeCode のコンストラクタ
理由メッセージを持たない InconsistentTypeCode ユーザー例外を構築します。
InconsistentTypeCode(String) - 例外 org.omg.CORBA.ORBPackage.InconsistentTypeCode のコンストラクタ
指定された理由メッセージを持つ InconsistentTypeCode ユーザー例外を構築します。
InconsistentTypeCode - org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage の 例外
org/omg/DynamicAny/DynAnyFactoryPackage/InconsistentTypeCode.java。
InconsistentTypeCode() - 例外 org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage.InconsistentTypeCode のコンストラクタ
 
InconsistentTypeCode(String) - 例外 org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage.InconsistentTypeCode のコンストラクタ
 
InconsistentTypeCodeHelper - org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage の クラス
org/omg/DynamicAny/DynAnyFactoryPackage/InconsistentTypeCodeHelper.java。
InconsistentTypeCodeHelper() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage.InconsistentTypeCodeHelper のコンストラクタ
 
incrButton - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI の変数
 
INCREASE_HIGHLIGHT - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI の static 変数
 
increaseButton - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI の変数
 
INCREMENT - インタフェース javax.accessibility.AccessibleAction の static 変数
値を増分するアクション
incrementAndGet() - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicInteger のメソッド
現在の値を 1 だけ原子的に増分します。
incrementAndGet(int) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerArray のメソッド
インデックス i の要素を 1 だけ原子的に増分します。
incrementAndGet(T) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicIntegerFieldUpdater のメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールドの現在値を原子的に 1 だけ増分します。
incrementAndGet() - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLong のメソッド
現在の値を 1 だけ原子的に増分します。
incrementAndGet(int) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLongArray のメソッド
インデックス i の要素を 1 だけ原子的に増分します。
incrementAndGet(T) - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLongFieldUpdater のメソッド
このアップデータが管理する指定されたオブジェクトのフィールドの現在値を原子的に 1 だけ増分します。
incrementAnimationIndex() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
現在のアニメーションフレームのインデックスを、次の有効値に設定し、進捗バーがペイントし直されるようにします。
incrIndent() - クラス javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
インデントレベルを増分します。
inDaylightTime(Date) - クラス java.util.SimpleTimeZone のメソッド
指定された日付が夏時間の期間内かどうかを問い合わせます。
inDaylightTime(Date) - クラス java.util.TimeZone のメソッド
指定された日付が、現在の所在地のタイムゾーンでは夏時間の期間内かどうかを問い合わせます。
INDEFINITE_LIFETIME - インタフェース org.ietf.jgss.GSSContext の static 変数
コンテキストの寿命が無期限であることを表す寿命定数です。
INDEFINITE_LIFETIME - インタフェース org.ietf.jgss.GSSCredential の static 変数
資格の寿命が無期限であることを表す寿命定数です。
indent() - クラス javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
インデントを行います。
INDENT - クラス javax.xml.transform.OutputKeys の static 変数
このキーに対する値は "yes" または "no" です。
INDETERMINATE - クラス javax.accessibility.AccessibleState の static 変数
オブジェクトの状態が不確定であることを示します。
INDETERMINATE - クラス javax.xml.datatype.DatatypeConstants の static 変数
 比較結果です。
index - クラス javax.swing.text.html.parser.Element の変数
 
index - 例外 org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicy の変数
 
INDEX_SIZE_ERR - 例外 org.w3c.dom.DOMException の static 変数
インデックスまたはサイズが負の数または許容値より大きい場合。
indexAtLocation(int, int) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
境界が指定された位置と交差するタブに対応するタブインデックスを返します。
IndexColorModel - java.awt.image の クラス
IndexColorModel クラスは、デフォルトの sRGB カラースペースの固定カラーマップに対するインデックスである、単一のサンプルからなるピクセル値を扱う ColorModel クラスです。
IndexColorModel(int, int, byte[], byte[], byte[]) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
指定された赤、緑、青の色成分の配列から IndexColorModel を構築します。
IndexColorModel(int, int, byte[], byte[], byte[], int) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
指定された赤、緑、青の色成分の配列から IndexColorModel を構築します。
IndexColorModel(int, int, byte[], byte[], byte[], byte[]) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
指定された赤、緑、青の色成分の配列から IndexColorModel を構築します。
IndexColorModel(int, int, byte[], int, boolean) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
インタリーブ化形式で格納されている赤、緑、青の色成分、およびオプションのアルファ成分からなる 1 つの配列から IndexColorModel を構築します。
IndexColorModel(int, int, byte[], int, boolean, int) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
インタリーブ化形式で格納されている赤、緑、青の色成分、およびオプションのアルファ成分からなる 1 つの配列から IndexColorModel を構築します。
IndexColorModel(int, int, int[], int, boolean, int, int) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
int の配列から IndexColorModel を構築します。
IndexColorModel(int, int, int[], int, int, BigInteger) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のコンストラクタ
int の配列から IndexColorModel を構築します。
IndexedPropertyChangeEvent - java.beans の クラス
JavaBeans 仕様に準拠したコンポーネント (Bean) がバウンドインデックス付きプロパティーを変更するたびに、IndexedPropertyChange イベントが送信されます。
IndexedPropertyChangeEvent(Object, String, Object, Object, int) - クラス java.beans.IndexedPropertyChangeEvent のコンストラクタ
新しい IndexedPropertyChangeEvent オブジェクトを構築します。
IndexedPropertyDescriptor - java.beans の クラス
IndexPropertyDescriptor は、配列と同様の機能を持つプロパティーを記述するとともに、配列内の特定の要素へのアクセスに使用するインデックス付きの読み込みメソッドや書き込みメソッドを備えています。
IndexedPropertyDescriptor(String, Class<?>) - クラス java.beans.IndexedPropertyDescriptor のコンストラクタ
このコンストラクタは、インデックス付きのアクセスと配列アクセスのどちらでも、アクセス用メソッド getFoo および setFoo を使って、標準 Java 規約に準拠したプロパティーの IndexPropertyDescriptor を構築します。
IndexedPropertyDescriptor(String, Class<?>, String, String, String, String) - クラス java.beans.IndexedPropertyDescriptor のコンストラクタ
このコンストラクタは、単純なプロパティー名と、プロパティーの読み込みおよび書き込み用のメソッド名 (インデックス付きメソッドと非インデックス付きメソッドの両方) を引数に取ります。
IndexedPropertyDescriptor(String, Method, Method, Method, Method) - クラス java.beans.IndexedPropertyDescriptor のコンストラクタ
このコンストラクタは、単純なプロパティー名と、プロパティーの読み込みおよび書き込み用の Method オブジェクトを引数に取ります。
indexOf(int) - クラス java.lang.String のメソッド
この文字列内で、指定された文字が最初に出現する位置のインデックスを返します。
indexOf(int, int) - クラス java.lang.String のメソッド
この文字列内で、指定されたインデックスから検索を開始し、指定された文字が最初に出現する位置のインデックスを返します。
indexOf(String) - クラス java.lang.String のメソッド
この文字列内で、指定された部分文字列が最初に出現する位置のインデックスを返します。
indexOf(String, int) - クラス java.lang.String のメソッド
指定されたインデックス以降で、指定された部分文字列がこの文字列内で最初に出現する位置のインデックスを返します。
indexOf(String) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
indexOf(String, int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
indexOf(String) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
indexOf(String, int) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
indexOf(Object) - クラス java.util.AbstractList のメソッド
指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object) - クラス java.util.ArrayList のメソッド
指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(E, int) - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
指定された要素をリスト内で index から検索して最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object) - クラス java.util.LinkedList のメソッド
指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object) - インタフェース java.util.List のメソッド
指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object) - クラス java.util.Vector のメソッド
指定された要素がベクトル内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object, int) - クラス java.util.Vector のメソッド
指定された要素がこのベクトル内で index から順方向に検索した際に最初に検出された位置のインデックスを返します。
indexOf(Object) - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
最初に現れる elem を検索します。
indexOf(Object, int) - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
index 以降に最初に現れる elem を検索します。
indexOf(Object) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModel のメソッド
 
indexOfComponent(Component) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
指定されたコンポーネントのタブのインデックスを返します。
indexOfSubList(List<?>, List<?>) - クラス java.util.Collections の static メソッド
指定されたソースリスト内で、指定されたターゲットリストが最初に出現した位置の開始位置を返します。
indexOfTab(String) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
指定された title を持つ最初のタブインデックスを返します。
indexOfTab(Icon) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
指定された icon を持つ最初のタブインデックスを返します。
indexOfTabComponent(Component) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
指定されたタブコンポーネントのタブのインデックスを返します。
IndexOutOfBoundsException - java.lang の 例外
ある種のインデックス (配列、文字列、ベクトルなど) が範囲外であることを示すためにスローされます。
IndexOutOfBoundsException() - 例外 java.lang.IndexOutOfBoundsException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで IndexOutOfBoundsException を構築します。
IndexOutOfBoundsException(String) - 例外 java.lang.IndexOutOfBoundsException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージを持つ IndexOutOfBoundsException を構築します。
indexToLocation(int) - クラス javax.swing.JList のメソッド
リストの座標系内の指定された項目の原点を返します。
indexToLocation(JList, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
リストの座標系内の指定された項目の指定された JList 内の原点を返します。
indexToLocation(JList, int) - クラス javax.swing.plaf.ListUI のメソッド
リストの座標系内の指定された項目の指定された JList 内の原点を返します。
indexToLocation(JList, int) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiListUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で indexToLocation メソッドを呼び出します。
IndirectionException - org.omg.CORBA.portable の 例外
間接参照の例外は、Java 固有のシステム例外です。
IndirectionException(int) - 例外 org.omg.CORBA.portable.IndirectionException のコンストラクタ
正しい座標値で IndirectionException を作成します。
Inet4Address - java.net の クラス
このクラスは、インターネットプロトコルバージョン 4 (IPv4) アドレスを表します。
Inet6Address - java.net の クラス
このクラスは、インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスを表します。
InetAddress - java.net の クラス
IP (Internet Protocol) アドレスを表すクラスです。
InetSocketAddress - java.net の クラス
このクラスは、IP ソケットアドレス (IP アドレス + ポート番号) を実装します。
InetSocketAddress(int) - クラス java.net.InetSocketAddress のコンストラクタ
ソケットアドレスを作成します。
InetSocketAddress(InetAddress, int) - クラス java.net.InetSocketAddress のコンストラクタ
IP アドレスとポート番号からソケットアドレスを作成します。
InetSocketAddress(String, int) - クラス java.net.InetSocketAddress のコンストラクタ
ホスト名とポート番号からソケットアドレスを作成します。
inf - クラス java.util.zip.InflaterInputStream の変数
このストリームに使用するデコンプレッサです。
inf - クラス java.util.zip.InflaterOutputStream の変数
このストリームに使用するデコンプレッサです。
inferBinaryName(JavaFileManager.Location, JavaFileObject) - クラス javax.tools.ForwardingJavaFileManager のメソッド
 
inferBinaryName(JavaFileManager.Location, JavaFileObject) - インタフェース javax.tools.JavaFileManager のメソッド
場所に基づいてファイルオブジェクトのバイナリ名を推測します。
inflate(byte[], int, int) - クラス java.util.zip.Inflater のメソッド
指定されたバッファーにバイトを圧縮解除します。
inflate(byte[]) - クラス java.util.zip.Inflater のメソッド
指定されたバッファーにバイトを圧縮解除します。
Inflater - java.util.zip の クラス
このクラスは、一般的な ZLIB 圧縮ライブラリを使用して汎用の圧縮解除をサポートします。
Inflater(boolean) - クラス java.util.zip.Inflater のコンストラクタ
新しいデコンプレッサを作成します。
Inflater() - クラス java.util.zip.Inflater のコンストラクタ
新しいデコンプレッサを作成します。
InflaterInputStream - java.util.zip の クラス
このクラスは、deflate 圧縮形式で圧縮解除されたデータのストリームフィルタを実装します。
InflaterInputStream(InputStream, Inflater, int) - クラス java.util.zip.InflaterInputStream のコンストラクタ
指定されたデコンプレッサおよびバッファサイズで、新しい入力ストリームを作成します。
InflaterInputStream(InputStream, Inflater) - クラス java.util.zip.InflaterInputStream のコンストラクタ
指定されたデコンプレッサおよびデフォルトのバッファサイズで、新しい入力ストリームを作成します
InflaterInputStream(InputStream) - クラス java.util.zip.InflaterInputStream のコンストラクタ
デフォルトのデコンプレッサおよびバッファサイズで、新しい入力ストリームを作成します
InflaterOutputStream - java.util.zip の クラス
deflate 圧縮形式で格納されたデータを圧縮解除するための出力ストリームフィルタを実装します。
InflaterOutputStream(OutputStream) - クラス java.util.zip.InflaterOutputStream のコンストラクタ
デフォルトのデコンプレッサおよびバッファーサイズで新しい出力ストリームを作成します。
InflaterOutputStream(OutputStream, Inflater) - クラス java.util.zip.InflaterOutputStream のコンストラクタ
指定されたデコンプレッサおよびデフォルトのバッファーサイズで新しい出力ストリームを作成します。
InflaterOutputStream(OutputStream, Inflater, int) - クラス java.util.zip.InflaterOutputStream のコンストラクタ
指定されたデコンプレッサおよびバッファーサイズで新しい出力ストリームを作成します。
INFO - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.info システムカラーの配列インデックスです。
info - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
ツールチップまたはスポットヘルプのバックグラウンドで描画されるカラーです。
INFO - クラス java.util.logging.Level の static 変数
INFO はメッセージを情報として提供するメッセージレベルです。
info(String) - クラス java.util.logging.Logger のメソッド
INFO メッセージのログをとります。
INFO - クラス javax.management.MBeanOperationInfo の static 変数
読み取りに近いオペレーションであることを示します。
INFO_TEXT - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
SystemColor.infoText システムカラーの配列インデックスです。
inFontTag() - クラス javax.swing.text.html.MinimalHTMLWriter のメソッド
<font> タグ内なら true を返します。
INFORMATION - クラス javax.security.auth.callback.ConfirmationCallback の static 変数
INFORMATION メッセージ型です。
INFORMATION - クラス javax.security.auth.callback.TextOutputCallback の static 変数
情報メッセージです。
INFORMATION_DIALOG - クラス javax.swing.JRootPane の static 変数
windowDecorationStyle プロパティーに使用する定数です。
INFORMATION_MESSAGE - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
情報メッセージで使用します。
infoText - クラス java.awt.SystemColor の static 変数
ツールチップまたはスポットヘルプのテキストで描画されるカラーです。
InheritableThreadLocal<T> - java.lang の クラス
このクラスは、親スレッドから子スレッドへの値の継承を提供するために、ThreadLocal を拡張します。
InheritableThreadLocal() - クラス java.lang.InheritableThreadLocal のコンストラクタ
 
Inherited - java.lang.annotation の 注釈型
注釈型が自動的に継承されることを示します。
inheritedChannel() - クラス java.lang.System の static メソッド
Java 仮想マシンを作成したエンティティーから継承されたチャネルを返します。
inheritedChannel() - クラス java.nio.channels.spi.SelectorProvider のメソッド
Java 仮想マシンを作成したエンティティーから継承されたチャネルを返します。
inHitRegion(int, int) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
渡された位置が編集を開始するのに有効なマウス位置の場合、true を返します。
init() - クラス java.applet.Applet のメソッド
ブラウザまたはアプレットビューアによって呼び出され、このアプレットがシステムにロードされたことを通知します。
init(int) - クラス java.security.AlgorithmParameterGenerator のメソッド
特定のサイズに対して、パラメータジェネレータを初期化します。
init(int, SecureRandom) - クラス java.security.AlgorithmParameterGenerator のメソッド
特定のサイズと乱数発生の元に対して、パラメータジェネレータを初期化します。
init(AlgorithmParameterSpec) - クラス java.security.AlgorithmParameterGenerator のメソッド
アルゴリズム特定型のパラメータ生成値のセットで、パラメータジェネレータを初期化します。
init(AlgorithmParameterSpec, SecureRandom) - クラス java.security.AlgorithmParameterGenerator のメソッド
アルゴリズム特定型のパラメータ生成値のセットで、パラメータジェネレータを初期化します。
init(AlgorithmParameterSpec) - クラス java.security.AlgorithmParameters のメソッド
paramSpec に指定されたパラメータで、パラメータオブジェクトを初期化します。
init(byte[]) - クラス java.security.AlgorithmParameters のメソッド
指定されたパラメータをインポートし、パラメータの一次復号化形式に従って復号化します。
init(byte[], String) - クラス java.security.AlgorithmParameters のメソッド
params からパラメータをインポートし、指定された復号化方式に従って復号化します。
init(boolean) - クラス java.security.cert.PKIXCertPathChecker のメソッド
この PKIXCertPathChecker の内部状態を初期化します。
init(ProcessingEnvironment) - クラス javax.annotation.processing.AbstractProcessor のメソッド
処理環境を使ってプロセッサを初期化するために、processingEnv フィールドを processingEnv 引数の値に設定します。
init(ProcessingEnvironment) - インタフェース javax.annotation.processing.Processor のメソッド
指定された処理環境 processingEnv を使ってプロセッサを初期化します。
init(int, Key) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
鍵を使用してこの暗号を初期化します。
init(int, Key, SecureRandom) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
鍵と乱数発生の元を使用してこの暗号を初期化します。
init(int, Key, AlgorithmParameterSpec) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
鍵とアルゴリズムパラメータのセットを使用してこの暗号を初期化します。
init(int, Key, AlgorithmParameterSpec, SecureRandom) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
鍵、アルゴリズムパラメータのセット、および乱数発生の元を使用してこの暗号を初期化します。
init(int, Key, AlgorithmParameters) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
鍵とアルゴリズムパラメータのセットを使用してこの暗号を初期化します。
init(int, Key, AlgorithmParameters, SecureRandom) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
鍵、アルゴリズムパラメータのセット、および乱数発生の元を使用してこの暗号を初期化します。
init(int, Certificate) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
この暗号を、検証操作のために指定された公開鍵で初期化します。
init(int, Certificate, SecureRandom) - クラス javax.crypto.Cipher のメソッド
この暗号を、検証操作のために指定された公開鍵および乱数発生の元を使って初期化します。
init(Key) - クラス javax.crypto.ExemptionMechanism のメソッド
鍵を使用してこの除外機構を初期化します。
init(Key, AlgorithmParameterSpec) - クラス javax.crypto.ExemptionMechanism のメソッド
鍵とアルゴリズムパラメータのセットを使用してこの除外機構を初期化します。
init(Key, AlgorithmParameters) - クラス javax.crypto.ExemptionMechanism のメソッド
鍵とアルゴリズムパラメータのセットを使用してこの除外機構を初期化します。
init(Key) - クラス javax.crypto.KeyAgreement のメソッド
指定された鍵でこの鍵合意を初期化します。
init(Key, SecureRandom) - クラス javax.crypto.KeyAgreement のメソッド
指定された鍵と乱数発生の元でこの鍵合意を初期化します。
init(Key, AlgorithmParameterSpec) - クラス javax.crypto.KeyAgreement のメソッド
指定された鍵とアルゴリズムパラメータのセットを使用してこの鍵合意を初期化します。
init(Key, AlgorithmParameterSpec, SecureRandom) - クラス javax.crypto.KeyAgreement のメソッド
指定された鍵、アルゴリズムパラメータのセット、および乱数発生の元を使用してこの鍵合意を初期化します。
init(SecureRandom) - クラス javax.crypto.KeyGenerator のメソッド
この鍵ジェネレータを初期化します。
init(AlgorithmParameterSpec) - クラス javax.crypto.KeyGenerator のメソッド
この鍵ジェネレータを、指定されたパラメータセットを使って初期化します。
init(AlgorithmParameterSpec, SecureRandom) - クラス javax.crypto.KeyGenerator のメソッド
指定されたパラメータセットとユーザーが提供する乱数発生の元を使って、この鍵ジェネレータを初期化します。
init(int) - クラス javax.crypto.KeyGenerator のメソッド
この鍵ジェネレータを特定の鍵サイズに応じて初期化します。
init(int, SecureRandom) - クラス javax.crypto.KeyGenerator のメソッド
ユーザーが提供する乱数発生の元を使って、この鍵ジェネレータを特定の鍵サイズに応じて初期化します。
init(Key) - クラス javax.crypto.Mac のメソッド
指定された鍵を使用してこの Mac オブジェクトを初期化します。
init(Key, AlgorithmParameterSpec) - クラス javax.crypto.Mac のメソッド
指定された鍵とアルゴリズムパラメータを使用してこの Mac オブジェクトを初期化します。
init(Hashtable<?, ?>) - クラス javax.naming.InitialContext のメソッド
指定した環境を使用して初期コンテキストを初期化します。
init(KeyStore, char[]) - クラス javax.net.ssl.KeyManagerFactory のメソッド
鍵データのソースを使用して、このファクトリを初期化します。
init(ManagerFactoryParameters) - クラス javax.net.ssl.KeyManagerFactory のメソッド
プロバイダ固有の鍵データのソースを使用して、このファクトリを初期化します。
init(KeyManager[], TrustManager[], SecureRandom) - クラス javax.net.ssl.SSLContext のメソッド
このコンテキストを初期化します。
init(KeyStore) - クラス javax.net.ssl.TrustManagerFactory のメソッド
証明書発行局と関連する信頼データのソースを使用して、このファクトリを初期化します。
init(ManagerFactoryParameters) - クラス javax.net.ssl.TrustManagerFactory のメソッド
プロバイダ固有の信頼データのソースを使用して、このファクトリを初期化します。
init(String, Icon) - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
 
init(String, Icon) - クラス javax.swing.JMenuItem のメソッド
指定されたテキストおよびアイコンでメニュー項目を初期化します。
init(StateEditable, String) - クラス javax.swing.undo.StateEdit のメソッド
 
init(TransformParameterSpec) - クラス javax.xml.crypto.dsig.TransformService のメソッド
指定されたパラメータでこの TransformService を初期化します。
init(XMLStructure, XMLCryptoContext) - クラス javax.xml.crypto.dsig.TransformService のメソッド
指定されたパラメータおよび文書コンテキストでこの TransformService を初期化します。
init() - クラス org.omg.CORBA.ORB の static メソッド
ORB 単体オブジェクトを返します。
init(String[], Properties) - クラス org.omg.CORBA.ORB の static メソッド
スタンドアロンアプリケーション用に、新しい ORB のインスタンスを生成します。
init(Applet, Properties) - クラス org.omg.CORBA.ORB の static メソッド
アプレット用に、新しい ORB のインスタンスを生成します。
initCause(Throwable) - クラス java.lang.Throwable のメソッド
指定された値に対するこの Throwable の「原因」を初期化します。
initCause(Throwable) - 例外 javax.naming.NamingException のメソッド
この例外の原因を、指定された値に初期化します。
initCause(Throwable) - 例外 javax.security.sasl.SaslException のメソッド
 
initCause(Throwable) - 例外 javax.xml.soap.SOAPException のメソッド
この SOAPException オブジェクトの cause フィールドを、指定した Throwable オブジェクトで初期化します。
initCause(Throwable) - 例外 javax.xml.transform.TransformerException のメソッド
指定された値に対するこの Throwable の「原因」を初期化します。
initClassDefaults(UIDefaults) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLookAndFeel のメソッド
uiClassID と UI クラスの完全指定名のマッピングを格納した table を生成します。
initClassDefaults(UIDefaults) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel のメソッド
uiClassID と UI クラスの完全指定名のマッピングを格納した table を生成します。
initComponentDefaults(UIDefaults) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLookAndFeel のメソッド
基本 Look & Feel のデフォルトが格納された table を生成します。
initComponentDefaults(UIDefaults) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel のメソッド
Metal のデフォルトで table を生成します。
initEvent(String, boolean, boolean) - インタフェース org.w3c.dom.events.Event のメソッド
initEvent は、DocumentEvent インタフェースによって作成される Event の値を初期化する場合に使用します。
INITIAL_CONTEXT_FACTORY - インタフェース javax.naming.Context の static 変数
使用する初期コンテキストファクトリを指定するための、環境プロパティーの名前を保持する定数です。
INITIAL_QUOTE_PUNCTUATION - クラス java.lang.Character の static 変数
Unicode 仕様の汎用カテゴリ「Pi」
INITIAL_SELECTION_VALUE_PROPERTY - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
initialSelectionValue のバウンドプロパティー名です。
INITIAL_VALUE_PROPERTY - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
initialValue のバウンドプロパティー名です。
InitialContext - javax.naming の クラス
このクラスは、ネーミング操作を実行するための開始コンテキストです。
InitialContext(boolean) - クラス javax.naming.InitialContext のコンストラクタ
初期化しないオプションを持つ初期コンテキストを構築します。
InitialContext() - クラス javax.naming.InitialContext のコンストラクタ
初期コンテキストを構築します。
InitialContext(Hashtable<?, ?>) - クラス javax.naming.InitialContext のコンストラクタ
指定した環境を使用して初期コンテキストを構築します。
InitialContextFactory - javax.naming.spi の インタフェース
このインタフェースは、初期コンテキストを生成するファクトリを表します。
InitialContextFactoryBuilder - javax.naming.spi の インタフェース
このインタフェースは、初期コンテキストファクトリを生成するビルダーを表します。
InitialDirContext - javax.naming.directory の クラス
このクラスは、ディレクトリ操作を実行するための開始コンテキストです。
InitialDirContext(boolean) - クラス javax.naming.directory.InitialDirContext のコンストラクタ
初期化しないというオプションを持つ初期 DirContext を構築します。
InitialDirContext() - クラス javax.naming.directory.InitialDirContext のコンストラクタ
初期 DirContext を構築します。
InitialDirContext(Hashtable<?, ?>) - クラス javax.naming.directory.InitialDirContext のコンストラクタ
指定した環境を使用して初期 DirContext を構築します。
initialFocusComponent - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI の変数
selectInitialValue を使ってメッセージが送られたときに、フォーカスを受け取るコンポーネントです。
initialize(Applet, BeanContext) - インタフェース java.beans.AppletInitializer のメソッド
このメソッドは、適切な java.beans.Beans.instantiate のバリアントに渡された場合、新しくインスタンスを生成されたアプレット (JavaBean) を AppletContext、AppletStub、および Container に関連付けるために呼び出されます。
initialize() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
サブクラスの一時的な状態を初期化するために、作成時および直列化復元時に BeanContextSupport のスーパークラスによって呼び出されます。
initialize() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
BeanContextSupport インスタンスの過渡状態を初期化するために、コンストラクタおよび readObject から呼び出される protected メソッドです。
initialize(Class<?>, Object, Object, Encoder) - クラス java.beans.DefaultPersistenceDelegate のメソッド
この initialize メソッドのデフォルト実装は、Introspector によって返される順番で設定メソッドと取得メソッドの照合を行うことにより、この型のオブジェクトの状態がすべて公開された状態にします。
initialize(Class<?>, Object, Object, Encoder) - クラス java.beans.PersistenceDelegate のメソッド
newInstance に対して、新しいインスタンスが oldInstance と「等価」になるという副作用を及ぼす一連の文を生成します。
initialize(DSAParams, SecureRandom) - インタフェース java.security.interfaces.DSAKeyPairGenerator のメソッド
DSA ファミリのパラメータ (p、q、および g) とオプションの SecureRandom ビットソースを使用して、鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(int, boolean, SecureRandom) - インタフェース java.security.interfaces.DSAKeyPairGenerator のメソッド
指定されたモジュラスの長さ (パラメータではない) の鍵ペアジェネレータとオプションの SecureRandom ビットソースを初期化します。
initialize(int) - クラス java.security.KeyPairGenerator のメソッド
任意の鍵のサイズに対する鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(int, SecureRandom) - クラス java.security.KeyPairGenerator のメソッド
任意のキーサイズ対する鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(AlgorithmParameterSpec) - クラス java.security.KeyPairGenerator のメソッド
指定されたパラメータのセットと、乱数発生の元として、もっとも高い優先順位でインストールされているプロバイダの SecureRandom の実装を使用して、鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(AlgorithmParameterSpec, SecureRandom) - クラス java.security.KeyPairGenerator のメソッド
指定されたパラメータセットと乱数発生の元を使って鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(int, SecureRandom) - クラス java.security.KeyPairGeneratorSpi のメソッド
デフォルトのパラメータセットを使って、特定のキーサイズに対して鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(AlgorithmParameterSpec, SecureRandom) - クラス java.security.KeyPairGeneratorSpi のメソッド
指定されたパラメータセットとユーザーが提供する乱数発生の元を使って、鍵ペアジェネレータを初期化します。
initialize(Subject, CallbackHandler, Map<String, ?>, Map<String, ?>) - インタフェース javax.security.auth.spi.LoginModule のメソッド
この LoginModule を初期化します。
initialize() - クラス javax.swing.LookAndFeel のメソッド
Look & Feel を初期化します。
initialize() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLookAndFeel のメソッド
Look & Feel を初期化します。
initialize() - クラス javax.swing.plaf.synth.SynthLookAndFeel のメソッド
この Look & Feel がインストールされるときに UIManager によって呼び出されます。
INITIALIZE - org.omg.CORBA の 例外
ORB が初期化時にエラーを検出した (ネットワークリソースの取得時に障害が発生した、構成エラーを検出したなど) 場合にスローされる例外です。
INITIALIZE() - 例外 org.omg.CORBA.INITIALIZE のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 CompletionStatus.COMPLETED_NO により、INITIALIZE 例外を構築します。
INITIALIZE(String) - 例外 org.omg.CORBA.INITIALIZE のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 CompletionStatus.COMPLETED_NO により、INITIALIZE 例外を構築します。
INITIALIZE(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INITIALIZE のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INITIALIZE 例外を構築します。
INITIALIZE(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INITIALIZE のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INITIALIZE 例外を構築します。
initializeAutoscrolling(Point) - クラス java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
自動スクロールを初期化します。
initializeBeanContextResources() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextChildSupport のメソッド
このメソッドは、独自の初期化動作を提供するためにサブクラスによってオーバーライドされることがあります。
initializeBeanContextResources() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextServicesSupport のメソッド
入れ子になっている BeanContext から取得したリソースを割り当てるよう BeanContextChild に通知するために、setBeanContext から呼び出されます。
initializeDesktopProperties() - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
初期化デスクトッププロパティーです。
initializeLocalVars() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
各テーブルプロパティーをデフォルト値に初期化します。
initializeLocalVars() - クラス javax.swing.table.JTableHeader のメソッド
ローカル変数とプロパティーをデフォルト値に初期化します。
InitialLdapContext - javax.naming.ldap の クラス
このクラスは、LDAPv3 スタイルの拡張操作および拡張コントロールを実行するための開始コンテキストです。
InitialLdapContext() - クラス javax.naming.ldap.InitialLdapContext のコンストラクタ
環境プロパティーまたは接続要求コントロールを使用しないで、初期コンテキストを構築します。
InitialLdapContext(Hashtable<?, ?>, Control[]) - クラス javax.naming.ldap.InitialLdapContext のコンストラクタ
環境プロパティーおよび接続要求コントロールを使用して、初期コンテキストを構築します。
initialSelectionValue - クラス javax.swing.JOptionPane の変数
selectionValues で選択する初期値です。
initialSubString(AttributeValueExp, StringValueExp) - クラス javax.management.Query の static メソッド
文字列引数のマッチング制約を表すクエリー式を返します。
initialValue() - クラス java.lang.ThreadLocal のメソッド
このスレッドローカル変数に対する現在のスレッドの「初期値」を返します。
initialValue - クラス javax.swing.JOptionPane の変数
options で初期状態で選択される値です。
INITIATE_AND_ACCEPT - インタフェース org.ietf.jgss.GSSCredential の static 変数
資格使用フラグ。
INITIATE_ONLY - インタフェース org.ietf.jgss.GSSCredential の static 変数
資格使用フラグ。
initMouseEvent(String, boolean, boolean, AbstractView, int, int, int, int, int, boolean, boolean, boolean, boolean, short, EventTarget) - インタフェース org.w3c.dom.events.MouseEvent のメソッド
initMouseEvent メソッドは、DocumentEvent インタフェースによって作成された MouseEvent の値を初期化するときに使用します。
initMutationEvent(String, boolean, boolean, Node, String, String, String, short) - インタフェース org.w3c.dom.events.MutationEvent のメソッド
initMutationEvent メソッドは、DocumentEvent インタフェースによって作成された MutationEvent の値を初期化するときに使用します。
InitParam - javax.jws.soap の 注釈型
推奨されていません。 JSR-181 2.0 以降は推奨されなくなり、代替はありません。
initParams() - クラス javax.sql.rowset.BaseRowSet のメソッド
BaseRowSet インスタンスの標準機能を使って JDBC RowSet 実装を起動するために必要な内部での構成および初期化を実行します。
initSecContext(byte[], int, int) - インタフェース org.ietf.jgss.GSSContext のメソッド
コンテキストの起動側によって呼び出されるメソッドです。
initSecContext(InputStream, OutputStream) - インタフェース org.ietf.jgss.GSSContext のメソッド
コンテキストの起動側によって呼び出されるメソッドです。
initSign(PrivateKey) - クラス java.security.Signature のメソッド
署名用にこのオブジェクトを初期化します。
initSign(PrivateKey, SecureRandom) - クラス java.security.Signature のメソッド
署名用にこのオブジェクトを初期化します。
initSystemColorDefaults(UIDefaults) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLookAndFeel のメソッド
システムカラーの table を生成します。
initSystemColorDefaults(UIDefaults) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalLookAndFeel のメソッド
システムカラーの table を生成します。
initUIEvent(String, boolean, boolean, AbstractView, int) - インタフェース org.w3c.dom.events.UIEvent のメソッド
initUIEvent メソッドは、DocumentEvent インタフェースによって作成された UIEvent の値を初期化するときに使用します。
initVerify(PublicKey) - クラス java.security.Signature のメソッド
検証用にこのオブジェクトを初期化します。
initVerify(Certificate) - クラス java.security.Signature のメソッド
署名オブジェクトを、検証操作のために指定された公開鍵で初期化します。
InlineView - javax.swing.text.html の クラス
CSS 属性に基づいて「インライン要素」スタイルを表示します。
InlineView(Element) - クラス javax.swing.text.html.InlineView のコンストラクタ
要素にラップされた新しいビューを作成します。
INNER_JOIN - インタフェース javax.sql.rowset.JoinRowSet の static 変数
2 つの表を内部結合させる ANSI 型 JOIN です。
input - クラス javax.imageio.ImageReader の変数
ImageInputStream または setInput によって設定されたか、getInput によって取得されたその他の Object です。
INPUT - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
INPUT_METHOD_EVENT_MASK - クラス java.awt.AWTEvent の static 変数
インプットメソッドイベント選択用イベントマスクです。
INPUT_METHOD_FIRST - クラス java.awt.event.InputMethodEvent の static 変数
インプットメソッドイベント識別子に使う整数の範囲にある最初の番号です。
INPUT_METHOD_HIGHLIGHT - クラス java.awt.font.TextAttribute の static 変数
インプットメソッドのハイライトのスタイルを表す属性キーです。
INPUT_METHOD_LAST - クラス java.awt.event.InputMethodEvent の static 変数
インプットメソッドイベント識別子に使う整数の範囲にある最後の番号です。
INPUT_METHOD_SEGMENT - クラス java.text.AttributedCharacterIterator.Attribute の static 変数
インプットメソッドのセグメントを表す属性キーです。
INPUT_METHOD_TEXT_CHANGED - クラス java.awt.event.InputMethodEvent の static 変数
インプットメソッドテキストが変更されたことを示すイベント型です。
INPUT_METHOD_UNDERLINE - クラス java.awt.font.TextAttribute の static 変数
インプットメソッドの下線を表す属性キーです。
INPUT_TRAY_MISSING - クラス javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
給紙トレーがデバイスに挿入されていません。
INPUT_VALUE_PROPERTY - クラス javax.swing.JOptionPane の static 変数
inputValue のバウンドプロパティー名です。
inputClass - クラス javax.imageio.spi.ImageInputStreamSpi の変数
createInputStreamInstance メソッドで使用される正当なオブジェクト型を示す Class オブジェクトです。
inputComponent - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI の変数
optionPane.getWantsInput() が true を返した場合に、JComponent が入力を提供します。
InputContext - java.awt.im の クラス
インプットメソッドおよびキーボードの配置など、テキスト入力機能を制御するメソッドを提供します。
InputContext() - クラス java.awt.im.InputContext のコンストラクタ
InputContext を構築します。
InputEvent - java.awt.event の クラス
全コンポーネントレベルの入力イベントのルートイベントクラスです。
InputMap - javax.swing の クラス
InputMap は、入力イベント (現在は KeyStroke のみ使用) と Object の間のバインディングを提供します。
InputMap() - クラス javax.swing.InputMap のコンストラクタ
親およびマップがない InputMap を生成します。
InputMapUIResource - javax.swing.plaf の クラス
javax.swing.InputMap のサブクラスであり、UIResource インタフェースを実装しています。
InputMapUIResource() - クラス javax.swing.plaf.InputMapUIResource のコンストラクタ
 
InputMethod - java.awt.im.spi の インタフェース
複合テキスト入力をサポートするインプットメソッドのためのインタフェースを定義します。
InputMethodContext - java.awt.im.spi の インタフェース
インプットメソッドが、そのクライアントコンポーネントとの通信またはほかのサービスの要求のために使用できるメソッドを提供します。
InputMethodDescriptor - java.awt.im.spi の インタフェース
インプットメソッドの選択およびロードを可能にするために、そのインプットメソッドに関する十分な情報を提供するメソッドを定義します。
InputMethodEvent - java.awt.event の クラス
インプットメソッドイベントには、インプットメソッドを利用して変換されているテキストについての情報が含まれています。
InputMethodEvent(Component, int, long, AttributedCharacterIterator, int, TextHitInfo, TextHitInfo) - クラス java.awt.event.InputMethodEvent のコンストラクタ
InputMethodEvent を構築します。
InputMethodEvent(Component, int, AttributedCharacterIterator, int, TextHitInfo, TextHitInfo) - クラス java.awt.event.InputMethodEvent のコンストラクタ
InputMethodEvent を構築します。
InputMethodEvent(Component, int, TextHitInfo, TextHitInfo) - クラス java.awt.event.InputMethodEvent のコンストラクタ
InputMethodEvent を構築します。
InputMethodHighlight - java.awt.im の クラス
InputMethodHighlight は、変換されるテキストのハイライト属性を記述するため使われます。
InputMethodHighlight(boolean, int) - クラス java.awt.im.InputMethodHighlight のコンストラクタ
インプットメソッドのハイライトレコードを作成します。
InputMethodHighlight(boolean, int, int) - クラス java.awt.im.InputMethodHighlight のコンストラクタ
インプットメソッドのハイライトレコードを作成します。
InputMethodHighlight(boolean, int, int, Map<TextAttribute, ?>) - クラス java.awt.im.InputMethodHighlight のコンストラクタ
インプットメソッドのハイライトレコードを作成します。
InputMethodListener - java.awt.event の インタフェース
インプットメソッドイベントを受け取るためのリスナーインタフェースです。
InputMethodRequests - java.awt.im の インタフェース
InputMethodRequests は、インプットメソッドを扱うためにテキスト編集コンポーネントで処理する必要がある要求を定義します。
inputMethodTextChanged(InputMethodEvent) - クラス java.awt.AWTEventMulticaster のメソッド
リスナー a とリスナー b の inputMethodTextChanged メソッドを呼び出すことによって、inputMethodTextChanged イベントを処理します。
inputMethodTextChanged(InputMethodEvent) - インタフェース java.awt.event.InputMethodListener のメソッド
インプットメソッドを介して入力されたテキストが変更されたときに呼び出されます。
InputMismatchException - java.util の 例外
取得されたトークンが予想される型のパターンと一致しないか、予想される型の範囲外である場合に、Scanner によりスローされます。
InputMismatchException() - 例外 java.util.InputMismatchException のコンストラクタ
エラーメッセージ文字列に null を使用して InputMismatchException を構築します。
InputMismatchException(String) - 例外 java.util.InputMismatchException のコンストラクタ
InputMismatchException を構築します。
InputSource - org.xml.sax の クラス
XML エンティティーの単一の入力ソースです。
InputSource() - クラス org.xml.sax.InputSource のコンストラクタ
デフォルトの引数なしのコンストラクタ
InputSource(String) - クラス org.xml.sax.InputSource のコンストラクタ
システム識別子を指定して新しい入力ソースを作成します。
InputSource(InputStream) - クラス org.xml.sax.InputSource のコンストラクタ
バイトストリームを指定して新しい入力ソースを作成します。
InputSource(Reader) - クラス org.xml.sax.InputSource のコンストラクタ
文字ストリームを指定して新しい入力ソースを作成します。
InputStream - java.io の クラス
この抽象クラスは、バイト入力ストリームを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
InputStream() - クラス java.io.InputStream のコンストラクタ
 
InputStream - org.omg.CORBA.portable の クラス
InputStream は、CDR 整列化ストリームから IDL 型を読み取るための Java API です。
InputStream() - クラス org.omg.CORBA.portable.InputStream のコンストラクタ
 
InputStream - org.omg.CORBA_2_3.portable の クラス
InputStream は、マップされたすべての IDL 型をストリームから読み取るために使用します。
InputStream() - クラス org.omg.CORBA_2_3.portable.InputStream のコンストラクタ
 
InputStreamReader - java.io の クラス
InputStreamReader はバイトストリームから文字ストリームへの橋渡しの役目を持ちます。
InputStreamReader(InputStream) - クラス java.io.InputStreamReader のコンストラクタ
デフォルトの文字セットを使う InputStreamReader を作成します。
InputStreamReader(InputStream, String) - クラス java.io.InputStreamReader のコンストラクタ
指定された文字セットを使う InputStreamReader を作成します。
InputStreamReader(InputStream, Charset) - クラス java.io.InputStreamReader のコンストラクタ
与えられた文字セットを使う InputStreamReader を作成します。
InputStreamReader(InputStream, CharsetDecoder) - クラス java.io.InputStreamReader のコンストラクタ
与えられた文字セットデコーダを使う InputStreamReader を作成します。
InputSubset - java.awt.im の クラス
インプットメソッドで使う追加の Unicode サブセットを定義します。
inputTypes - クラス javax.imageio.spi.ImageReaderSpi の変数
getInputTypes から返される Class オブジェクトの配列で、最初は null です。
inputValue - クラス javax.swing.JOptionPane の変数
ユーザーが入力した値です。
InputVerifier - javax.swing の クラス
このクラスの目的は、クライアントがテキストフィールドと GUI を使って、スムーズなフォーカスナビゲーションを行えるようにサポートすることです。
InputVerifier() - クラス javax.swing.InputVerifier のコンストラクタ
 
inRange(Element) - クラス javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
このメソッドは、現在の要素が指定された範囲内にあるかどうかを判定します。
insert(String, int) - クラス java.awt.Choice のメソッド
この Choice の指定された位置に項目を挿入します。
INSERT - クラス java.awt.Event の static 変数
Insert キーです。
insert(MenuItem, int) - クラス java.awt.Menu のメソッド
このメニューの指定された位置にメニュー項目を挿入します。
insert(String, int) - クラス java.awt.Menu のメソッド
指定されたラベルを持つメニュー項目を、このメニューの指定された位置に挿入します。
insert(String, int) - クラス java.awt.TextArea のメソッド
このテキスト領域内の指定された位置に、指定されたテキストを挿入します。
insert(int, char[], int, int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, Object) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, String) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, char[]) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, CharSequence) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, CharSequence, int, int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, boolean) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, char) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, int) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, long) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, float) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, double) - クラス java.lang.StringBuffer のメソッド
 
insert(int, char[], int, int) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, Object) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, String) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, char[]) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, CharSequence) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, CharSequence, int, int) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, boolean) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, char) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, int) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, long) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, float) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
insert(int, double) - クラス java.lang.StringBuilder のメソッド
 
INSERT - インタフェース javax.accessibility.AccessibleTableModelChange の static 変数
新規の行または列の挿入を識別します。
INSERT - クラス javax.swing.event.DocumentEvent.EventType の static 変数
Insert 型です。
INSERT - クラス javax.swing.event.TableModelEvent の static 変数
新しい行または列の追加を識別します。
insert(String, int) - クラス javax.swing.JMenu のメソッド
指定されたテキストを持つ新しいメニュー項目を、指定された位置に挿入します。
insert(JMenuItem, int) - クラス javax.swing.JMenu のメソッド
指定された JMenuItem を指定された位置に挿入します。
insert(Action, int) - クラス javax.swing.JMenu のメソッド
指定された Action オブジェクトに属する新しいメニュー項目を、指定された位置に挿入します。
insert(Action, int) - クラス javax.swing.JPopupMenu のメソッド
指定された Action オブジェクトを、メニュー項目として指定の位置に挿入します。
insert(Component, int) - クラス javax.swing.JPopupMenu のメソッド
指定されたコンポーネントを、メニューの指定された位置に挿入します。
insert(String, int) - クラス javax.swing.JTextArea のメソッド
指定されたテキストを指定の位置に挿入します。
insert(int, int, DefaultStyledDocument.ElementSpec[], AbstractDocument.DefaultDocumentEvent) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementBuffer のメソッド
新しいコンテンツを挿入します。
insert(int, DefaultStyledDocument.ElementSpec[]) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
新しい要素を一括して挿入します。
insert(int, DefaultStyledDocument.ElementSpec[]) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
新しい要素を一括して挿入します。
insert(int, View) - クラス javax.swing.text.View のメソッド
1 つの子ビューを挿入します。
insert(MutableTreeNode, int) - クラス javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
newChild をその親があればその親から削除し、子の親をこのノードに設定してから、子をこのノードの子配列のインデックス childIndex に追加します。
insert(MutableTreeNode, int) - インタフェース javax.swing.tree.MutableTreeNode のメソッド
index位置のレシーバに child を追加します。
insert(Any, Any[]) - クラス org.omg.CORBA.AnySeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, boolean[]) - クラス org.omg.CORBA.BooleanSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, char[]) - クラス org.omg.CORBA.CharSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, CompletionStatus) - クラス org.omg.CORBA.CompletionStatusHelper の static メソッド
 
insert(Any, Current) - クラス org.omg.CORBA.CurrentHelper の static メソッド
 
insert(Any, DefinitionKind) - クラス org.omg.CORBA.DefinitionKindHelper の static メソッド
 
insert(Any, double[]) - クラス org.omg.CORBA.DoubleSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CORBA.FieldNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, float[]) - クラス org.omg.CORBA.FloatSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CORBA.IdentifierHelper の static メソッド
 
insert(Any, IDLType) - クラス org.omg.CORBA.IDLTypeHelper の static メソッド
 
insert(Any, long[]) - クラス org.omg.CORBA.LongLongSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, int[]) - クラス org.omg.CORBA.LongSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameValuePair) - クラス org.omg.CORBA.NameValuePairHelper の static メソッド
 
insert(Any, Object) - クラス org.omg.CORBA.ObjectHelper の static メソッド
 
insert(Any, byte[]) - クラス org.omg.CORBA.OctetSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, ParameterMode) - クラス org.omg.CORBA.ParameterModeHelper の static メソッド
 
insert(Any, short) - クラス org.omg.CORBA.PolicyErrorCodeHelper の static メソッド
 
insert(Any, PolicyError) - クラス org.omg.CORBA.PolicyErrorHelper の static メソッド
 
insert(Any, Policy) - クラス org.omg.CORBA.PolicyHelper の static メソッド
 
insert(Any, Policy[]) - クラス org.omg.CORBA.PolicyListHelper の static メソッド
 
insert(Any, int) - クラス org.omg.CORBA.PolicyTypeHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CORBA.RepositoryIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServiceDetail) - クラス org.omg.CORBA.ServiceDetailHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServiceInformation) - クラス org.omg.CORBA.ServiceInformationHelper の static メソッド
 
insert(Any, SetOverrideType) - クラス org.omg.CORBA.SetOverrideTypeHelper の static メソッド
 
insert(Any, short[]) - クラス org.omg.CORBA.ShortSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, String[]) - クラス org.omg.CORBA.StringSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CORBA.StringValueHelper の static メソッド
 
insert(Any, StructMember) - クラス org.omg.CORBA.StructMemberHelper の static メソッド
 
insert(Any, long[]) - クラス org.omg.CORBA.ULongLongSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, int[]) - クラス org.omg.CORBA.ULongSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, UnionMember) - クラス org.omg.CORBA.UnionMemberHelper の static メソッド
 
insert(Any, UnknownUserException) - クラス org.omg.CORBA.UnknownUserExceptionHelper の static メソッド
 
insert(Any, short[]) - クラス org.omg.CORBA.UShortSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, Serializable) - クラス org.omg.CORBA.ValueBaseHelper の static メソッド
 
insert(Any, ValueMember) - クラス org.omg.CORBA.ValueMemberHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CORBA.VersionSpecHelper の static メソッド
 
insert(Any, short) - クラス org.omg.CORBA.VisibilityHelper の static メソッド
 
insert(Any, char[]) - クラス org.omg.CORBA.WCharSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, WrongTransaction) - クラス org.omg.CORBA.WrongTransactionHelper の static メソッド
 
insert(Any, String[]) - クラス org.omg.CORBA.WStringSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CORBA.WStringValueHelper の static メソッド
 
insert(Any, Binding) - クラス org.omg.CosNaming.BindingHelper の static メソッド
 
insert(Any, BindingIterator) - クラス org.omg.CosNaming.BindingIteratorHelper の static メソッド
 
insert(Any, Binding[]) - クラス org.omg.CosNaming.BindingListHelper の static メソッド
 
insert(Any, BindingType) - クラス org.omg.CosNaming.BindingTypeHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CosNaming.IstringHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameComponent) - クラス org.omg.CosNaming.NameComponentHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameComponent[]) - クラス org.omg.CosNaming.NameHelper の static メソッド
 
insert(Any, NamingContextExt) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.AddressHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidAddress) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddressHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.StringNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.URLStringHelper の static メソッド
 
insert(Any, NamingContext) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextHelper の static メソッド
 
insert(Any, AlreadyBound) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.AlreadyBoundHelper の static メソッド
 
insert(Any, CannotProceed) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.CannotProceedHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidName) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, NotEmpty) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.NotEmptyHelper の static メソッド
 
insert(Any, NotFound) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.NotFoundHelper の static メソッド
 
insert(Any, NotFoundReason) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.NotFoundReasonHelper の static メソッド
 
insert(Any, Any[]) - クラス org.omg.DynamicAny.AnySeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynAnyFactory) - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryHelper の static メソッド
 
insert(Any, InconsistentTypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage.InconsistentTypeCodeHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidValue) - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.InvalidValueHelper の static メソッド
 
insert(Any, TypeMismatch) - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.TypeMismatchHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynAny[]) - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnySeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynArray) - クラス org.omg.DynamicAny.DynArrayHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynEnum) - クラス org.omg.DynamicAny.DynEnumHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynFixed) - クラス org.omg.DynamicAny.DynFixedHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynSequence) - クラス org.omg.DynamicAny.DynSequenceHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynStruct) - クラス org.omg.DynamicAny.DynStructHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynUnion) - クラス org.omg.DynamicAny.DynUnionHelper の static メソッド
 
insert(Any, DynValue) - クラス org.omg.DynamicAny.DynValueHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.DynamicAny.FieldNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameDynAnyPair) - クラス org.omg.DynamicAny.NameDynAnyPairHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameDynAnyPair[]) - クラス org.omg.DynamicAny.NameDynAnyPairSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameValuePair) - クラス org.omg.DynamicAny.NameValuePairHelper の static メソッド
 
insert(Any, NameValuePair[]) - クラス org.omg.DynamicAny.NameValuePairSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, CodecFactory) - クラス org.omg.IOP.CodecFactoryHelper の static メソッド
 
insert(Any, UnknownEncoding) - クラス org.omg.IOP.CodecFactoryPackage.UnknownEncodingHelper の static メソッド
 
insert(Any, FormatMismatch) - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.FormatMismatchHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidTypeForEncoding) - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.InvalidTypeForEncodingHelper の static メソッド
 
insert(Any, TypeMismatch) - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.TypeMismatchHelper の static メソッド
 
insert(Any, int) - クラス org.omg.IOP.ComponentIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, IOR) - クラス org.omg.IOP.IORHelper の static メソッド
 
insert(Any, TaggedComponent[]) - クラス org.omg.IOP.MultipleComponentProfileHelper の static メソッド
 
insert(Any, int) - クラス org.omg.IOP.ProfileIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServiceContext) - クラス org.omg.IOP.ServiceContextHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServiceContext[]) - クラス org.omg.IOP.ServiceContextListHelper の static メソッド
 
insert(Any, int) - クラス org.omg.IOP.ServiceIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, TaggedComponent) - クラス org.omg.IOP.TaggedComponentHelper の static メソッド
 
insert(Any, TaggedProfile) - クラス org.omg.IOP.TaggedProfileHelper の static メソッド
 
insert(Any, short) - クラス org.omg.Messaging.SyncScopeHelper の static メソッド
 
insert(Any, int) - クラス org.omg.PortableInterceptor.AdapterManagerIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, String[]) - クラス org.omg.PortableInterceptor.AdapterNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, short) - クラス org.omg.PortableInterceptor.AdapterStateHelper の static メソッド
 
insert(Any, Current) - クラス org.omg.PortableInterceptor.CurrentHelper の static メソッド
 
insert(Any, ForwardRequest) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ForwardRequestHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidSlot) - クラス org.omg.PortableInterceptor.InvalidSlotHelper の static メソッド
 
insert(Any, IORInterceptor_3_0) - クラス org.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Helper の static メソッド
 
insert(Any, byte[]) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, ObjectReferenceFactory) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceFactoryHelper の static メソッド
 
insert(Any, ObjectReferenceTemplate) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceTemplateHelper の static メソッド
 
insert(Any, ObjectReferenceTemplate[]) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ObjectReferenceTemplateSeqHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, DuplicateName) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.DuplicateNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidName) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.InvalidNameHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.ObjectIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, String) - クラス org.omg.PortableInterceptor.ServerIdHelper の static メソッド
 
insert(Any, Current) - クラス org.omg.PortableServer.CurrentHelper の static メソッド
 
insert(Any, NoContext) - クラス org.omg.PortableServer.CurrentPackage.NoContextHelper の static メソッド
 
insert(Any, ForwardRequest) - クラス org.omg.PortableServer.ForwardRequestHelper の static メソッド
 
insert(Any, POA) - クラス org.omg.PortableServer.POAHelper の static メソッド
 
insert(Any, AdapterInactive) - クラス org.omg.PortableServer.POAManagerPackage.AdapterInactiveHelper の static メソッド
 
insert(Any, AdapterAlreadyExists) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterAlreadyExistsHelper の static メソッド
 
insert(Any, AdapterNonExistent) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.AdapterNonExistentHelper の static メソッド
 
insert(Any, InvalidPolicy) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicyHelper の static メソッド
 
insert(Any, NoServant) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.NoServantHelper の static メソッド
 
insert(Any, ObjectAlreadyActive) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ObjectAlreadyActiveHelper の static メソッド
 
insert(Any, ObjectNotActive) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ObjectNotActiveHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServantAlreadyActive) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantAlreadyActiveHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServantNotActive) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.ServantNotActiveHelper の static メソッド
 
insert(Any, WrongAdapter) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.WrongAdapterHelper の static メソッド
 
insert(Any, WrongPolicy) - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.WrongPolicyHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServantActivator) - クラス org.omg.PortableServer.ServantActivatorHelper の static メソッド
 
insert(Any, ServantLocator) - クラス org.omg.PortableServer.ServantLocatorHelper の static メソッド
 
insert_any(Any) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した Any オブジェクトを挿入します。
insert_any(Any) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した org.omg.CORBA.Any オブジェクトを挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_any(Any) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
この DynAny が表す Any に Any 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した boolean を挿入します。
insert_boolean(boolean) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した boolean を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_boolean(boolean) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に boolean 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した char を挿入します。
insert_char(char) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した char を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_char(char) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した double を挿入します。
insert_double(double) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した double を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_double(double) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に double 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_dyn_any(DynAny) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
この DynAny が表す Any に、パラメータ DynAny 内の Any 値を挿入します。
insert_fixed(BigDecimal) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
org.omg.CORBA.NO_IMPLEMENT 例外をスローします。
insert_fixed(BigDecimal, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
org.omg.CORBA.NO_IMPLEMENT 例外をスローします。
insert_float(float) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した float を挿入します。
insert_float(float) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した float を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_float(float) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に float 値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した int を挿入します。
insert_long(int) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した int を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_long(int) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した long を挿入します。
insert_longlong(long) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した long を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_longlong(long) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_Object(Object) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した org.omg.CORBA.Object を挿入します。
insert_Object(Object, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した org.omg.CORBA.Object を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した byte を挿入します。
insert_octet(byte) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した byte を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_octet(byte) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に byte 値を挿入します。
insert_Principal(Principal) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
推奨されていません。 CORBA 2.2 では推奨されません。
insert_reference(Object) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した org.omg.CORBA.Object を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
insert_reference(Object) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に CORBA オブジェクトへの参照を挿入します。
INSERT_ROW_CONFLICT - インタフェース javax.sql.rowset.spi.SyncResolver の static 変数
RowSet オブジェクトがデータソースへの行の挿入を試行したとき、競合が発生したことを表します。
insert_short(short) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した short を挿入します。
insert_short(short) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した short を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_short(short) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_Streamable(Streamable) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した Streamable オブジェクトを挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した String オブジェクトを挿入します。
insert_string(String) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した String オブジェクトを挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_string(String) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_TypeCode(TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した org.omg.CORBA.TypeCode を挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_typecode(TypeCode) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に TypeCode オブジェクトを挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した int を挿入します。
insert_ulong(int) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した int を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulong(int) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に整数値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した long を挿入します。
insert_ulonglong(long) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した long を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ulonglong(long) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に long 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した short を挿入します。
insert_ushort(short) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した short を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_ushort(short) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に short 値を挿入します。
insert_val(Serializable) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した java.io.Serializable オブジェクトを挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_val(Serializable) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
この DynAny に直列化可能オブジェクトに対する参照を挿入します。
insert_Value(Serializable) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに java.io.Serializable オブジェクトを挿入します。
insert_Value(Serializable, TypeCode) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに java.io.Serializable オブジェクトを挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した char を挿入します。
insert_wchar(char) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した char を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wchar(char) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に char 値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.CORBA.Any のメソッド
この Any オブジェクトの value フィールドに、指定した String オブジェクトを挿入します。
insert_wstring(String) - インタフェース org.omg.CORBA.DynAny のメソッド
推奨されていません。 この DynAny オブジェクトの値として、指定した String を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynAnyStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynArrayStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynEnumStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynFixedStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynSequenceStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynStructStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynUnionStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insert_wstring(String) - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynAnyOperations のメソッド
DynAny に文字列値を挿入します。
insertAfterEnd(Element, String) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
指定要素が終了後に文字列として指定された HTML を挿入します。
insertAfterStart(Element, String) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
要素の開始位置に文字列として指定された HTML を挿入します。
insertAtBoundary(JEditorPane, HTMLDocument, int, Element, String, HTML.Tag, HTML.Tag) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextAction のメソッド
境界に挿入するときに呼び出されます。
insertAtBoundry(JEditorPane, HTMLDocument, int, Element, String, HTML.Tag, HTML.Tag) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextAction のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム v1.3 においては insertAtBoundary を使用してください。
insertBefore(Node, Node) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
既存の refChild 子ノードの前に newChild ノードを挿入します。
insertBefore(Node, Node) - インタフェース org.w3c.dom.Node のメソッド
既存の refChild 子ノードの前に newChild ノードを挿入します。
insertBeforeEnd(Element, String) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
要素の終了位置に文字列として指定された HTML を挿入します。
insertBeforeStart(Element, String) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
指定された要素が開始される前に文字列として指定された HTML を挿入します。
insertBreakAction - クラス javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
ドキュメントに行/段落の区切りを置く処理の名前です。
insertChar(AttributedCharacterIterator, int) - クラス java.awt.font.LineBreakMeasurer のメソッド
テキストに文字が 1 つ挿入されたあとに LineBreakMeasurer を更新して、現在の位置をその段落の先頭に設定します。
insertChar(AttributedCharacterIterator, int) - クラス java.awt.font.TextMeasurer のメソッド
この TextMeasurer が現在表すパラグラフへ 1 文字を挿入してから TextMeasurer を更新します。
insertComponent(Component) - クラス javax.swing.JTextPane のメソッド
現在選択されているコンテンツの置換後の内容としてドキュメントにコンポーネントを挿入します。
insertContentAction - クラス javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
関連するドキュメントに内容を置く処理の名前です。
insertData(int, String) - インタフェース org.w3c.dom.CharacterData のメソッド
指定された 16 ビット単位のオフセットに文字列を挿入します。
insertElementAt(E, int) - クラス java.util.Vector のメソッド
Vector の指定された index に、指定されたオブジェクトを要素として挿入します。
insertElementAt(Object, int) - クラス javax.swing.DefaultComboBoxModel のメソッド
 
insertElementAt(Object, int) - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
指定されたオブジェクトを、リストの指定された index のコンポーネントとして挿入します。
insertElementAt(Object, int) - インタフェース javax.swing.MutableComboBoxModel のメソッド
特定のインデックスに項目を追加します。
insertEntries(int, int, int) - クラス javax.swing.SizeSequence のメソッド
連続するエントリのグループをこの SizeSequence に追加します。
insertHTML(HTMLDocument, int, String, int, int, HTML.Tag) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
既存のドキュメントに HTML を挿入します。
insertHTML(JEditorPane, HTMLDocument, int, String, int, int, HTML.Tag) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit.InsertHTMLTextAction のメソッド
HTMLEditorKit.insertHTML のためのカバーです。
insertIcon(Icon) - クラス javax.swing.JTextPane のメソッド
現在選択されているコンテンツの置換後の内容としてドキュメントにアイコンを挿入します。
insertIndexForLayer(int, int) - クラス javax.swing.JLayeredPane のメソッド
レイヤーおよび位置の要求に従って新しい子を挿入する適切な位置を決定するためのプリミティブメソッドです。
insertIndexInterval(int, int, boolean) - クラス javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
index の前/後から始まる length インデックスを挿入します。
insertIndexInterval(int, int, boolean) - インタフェース javax.swing.ListSelectionModel のメソッド
index の前/後から始まる length インデックスを挿入します。
insertItemAt(Object, int) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
項目を項目リストのインデックスで指定された位置に追加します。
insertNodeInto(MutableTreeNode, MutableTreeNode, int) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeModel のメソッド
このメソッドを呼び出して、親の子たちの位置インデックスに newChild を挿入します。
insertProviderAt(Provider, int) - クラス java.security.Security の static メソッド
指定された位置に新規プロバイダを追加します。
insertRow() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
挿入行の内容を、この ResultSet オブジェクトおよびデータベースに挿入します。
insertRow(int, Vector) - クラス javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
モデルの row に行を追加します。
insertRow(int, Object[]) - クラス javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
モデルの row に行を追加します。
insertsAreDetected(int) - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData のメソッド
ResultSet.rowInserted メソッドを呼び出すことによって可視の行が挿入されたことを検出できるかどうかを取得します。
insertSeparator(int) - クラス java.awt.Menu のメソッド
指定された位置にセパレータを挿入します。
insertSeparator(int) - クラス javax.swing.JMenu のメソッド
指定された位置にセパレータを挿入します。
insertString(int, String) - インタフェース javax.swing.text.AbstractDocument.Content のメソッド
シーケンスに文字列を挿入します。
insertString(int, String, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
ドキュメントに内容を挿入します。
insertString(int, String, AttributeSet) - インタフェース javax.swing.text.Document のメソッド
コンテンツの文字列を挿入します。
insertString(int, String, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.DocumentFilter.FilterBypass のメソッド
DocumentFilter をバイパスして、指定テキストを挿入します。
insertString(DocumentFilter.FilterBypass, int, String, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.DocumentFilter のメソッド
指定した Document にテキストを挿入する前に呼び出されます。
insertString(int, String) - クラス javax.swing.text.GapContent のメソッド
コンテンツに文字列を挿入します。
insertString(int, String, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.PlainDocument のメソッド
ドキュメントに内容を挿入します。
insertString(int, String) - クラス javax.swing.text.StringContent のメソッド
コンテンツに文字列を挿入します。
insertTab(String, Icon, Component, String, int) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
title または icon、あるいはその両方 (どちらかは null でもかまわない) で表される componentindex の位置に挿入します。
insertTabAction - クラス javax.swing.text.DefaultEditorKit の static 変数
ドキュメントにタブ文字を置く処理の名前です。
insertText(String, int) - クラス java.awt.TextArea のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、insert(String, int) に置き換えられました。
insertTextAtIndex(int, String) - インタフェース javax.accessibility.AccessibleEditableText のメソッド
指定された文字列を指定されたインデックスに挿入します。
insertTextAtIndex(int, String) - クラス javax.swing.JSpinner.AccessibleJSpinner のメソッド
指定された文字列を指定されたインデックスに挿入します。
insertTextAtIndex(int, String) - クラス javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
指定された文字列を指定されたインデックスに挿入します。
insertUpdate(DocumentEvent) - インタフェース javax.swing.event.DocumentListener のメソッド
ドキュメントへの挿入があったことを通知します。
insertUpdate(AbstractDocument.DefaultDocumentEvent, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument のメソッド
ドキュメント構造をテキスト挿入の結果で更新します。
insertUpdate(DefaultStyledDocument.ElementSpec[]) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument.ElementBuffer のメソッド
更新をドキュメントに挿入します。
insertUpdate(AbstractDocument.DefaultDocumentEvent, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.DefaultStyledDocument のメソッド
ドキュメント構造をテキスト挿入の結果で更新します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.FieldView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(FlowView, DocumentEvent, Rectangle) - クラス javax.swing.text.FlowView.FlowStrategy のメソッド
このビューが担当する位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.FlowView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.GlyphView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(AbstractDocument.DefaultDocumentEvent, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.html.HTMLDocument のメソッド
ドキュメント構造をテキスト挿入の結果で更新します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.html.InlineView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(DocumentEvent) - クラス javax.swing.text.JTextComponent.AccessibleJTextComponent のメソッド
ドキュメントの挿入を処理します (AccessibleContext.ACCESSIBLE_TEXT_PROPERTY という適切なプロパティー変更イベントをトリガーする)。
insertUpdate(AbstractDocument.DefaultDocumentEvent, AttributeSet) - クラス javax.swing.text.PlainDocument のメソッド
ドキュメント構造をテキスト挿入の結果で更新します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.PlainView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.View のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.WrappedPlainView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insertUpdate(DocumentEvent, Shape, ViewFactory) - クラス javax.swing.text.ZoneView のメソッド
このビューが扱う位置でドキュメントに何かが挿入されたことを通知します。
insetCache - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI の変数
 
insets() - クラス java.awt.Container のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、getInsets() に置き換えられました。
insets - クラス java.awt.GridBagConstraints の変数
コンポーネントの外側のパディング、つまりコンポーネントとその表示領域の端までの領域の最小値を指定します。
Insets - java.awt の クラス
Insets オブジェクトはコンテナの境界を表現したものです。
Insets(int, int, int, int) - クラス java.awt.Insets のコンストラクタ
新しい Insets オブジェクトを、指定された top、left、bottom、right インセットで作成して初期化します。
InsetsUIResource - javax.swing.plaf の クラス
 
InsetsUIResource(int, int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.InsetsUIResource のコンストラクタ
 
inside(int, int) - クラス java.awt.Component のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、contains(int, int) に置き換えられました。
inside(int, int) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、contains(int, int) に置き換えられました。
inside(int, int) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、contains(int, int) に置き換えられました。
insideBorder - クラス javax.swing.border.CompoundBorder の変数
 
install(JFormattedTextField) - クラス javax.swing.JFormattedTextField.AbstractFormatter のメソッド
AbstractFormatter を特定の JFormattedTextField にインストールします。
install(JTextComponent) - インタフェース javax.swing.text.Caret のメソッド
JTextComponent のインタフェースに UI がインストールされる時に呼び出されます。
install(JTextComponent) - クラス javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
JTextComponent のインタフェースに UI がインストールされる時に呼び出されます。
install(JFormattedTextField) - クラス javax.swing.text.DefaultFormatter のメソッド
DefaultFormatter を特定の JFormattedTextField にインストールします。
install(JTextComponent) - クラス javax.swing.text.DefaultHighlighter のメソッド
JTextComponent のインタフェースに UI がインストールされる時に呼び出されます。
install(JEditorPane) - クラス javax.swing.text.EditorKit のメソッド
キットが JEditorPane にインストールされるときに呼び出されます。
install(JTextComponent) - インタフェース javax.swing.text.Highlighter のメソッド
JTextComponent のインタフェースに UI がインストールされる時に呼び出されます。
install(JEditorPane) - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
キットが JEditorPane にインストールされるときに呼び出されます。
install(JFormattedTextField) - クラス javax.swing.text.InternationalFormatter のメソッド
DefaultFormatter を特定の JFormattedTextField にインストールします。
install(JFormattedTextField) - クラス javax.swing.text.MaskFormatter のメソッド
DefaultFormatter を特定の JFormattedTextField にインストールします。
install(JEditorPane) - クラス javax.swing.text.StyledEditorKit のメソッド
キットが JEditorPane にインストールされているときに呼び出されます。
installAncestorListener() - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
 
installBorder(JComponent, String) - クラス javax.swing.LookAndFeel の static メソッド
コンポーネントのボーダーのプロパティーにデフォルト値を設定する簡易メソッドです。
installChooserPanel(JColorChooser) - クラス javax.swing.colorchooser.AbstractColorChooserPanel のメソッド
チューザにパネルが追加されたときに呼び出されます。
installColors(JComponent, String, String) - クラス javax.swing.LookAndFeel の static メソッド
コンポーネントのフォアグラウンドカラーおよびバックグラウンドカラーのプロパティーにデフォルト値を設定する簡易メソッドです。
installColorsAndFont(JComponent, String, String, String) - クラス javax.swing.LookAndFeel の static メソッド
コンポーネントのフォアグラウンド、バックグラウンド、およびフォントのプロパティーにデフォルト値を設定する簡易メソッドです。
installComboBoxListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
JComboBox に必要なリスナーを追加します。
installComboBoxModelListeners(ComboBoxModel) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
コンボボックスモデル上にリスナーをインストールします。
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
集合コンボボックスを構成するコンポーネントを作成し、初期化します。
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopIconUI のメソッド
 
installComponents(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
installComponents(JLabel) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLabelUI のメソッド
 
installComponents(JMenuItem) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI のメソッド
 
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
 
installComponents(JRootPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRootPaneUI のメソッド
 
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
JTabbedPane に必要な任意のサブコンポーネントを作成およびインストールします。
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
レンダリング区画である、ツリーのサブコンポーネントをインストールします。
installComponents() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalDesktopIconUI のメソッド
 
installComponents(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
installDefaults(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicColorChooserUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
JComboBox に、デフォルトのカラー、フォント、レンダリング、およびエディタをインストールします。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopIconUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI のメソッド
 
installDefaults(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
installDefaults(JLabel) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLabelUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
JList のプロパティー (フォント、フォアグラウンド、およびバックグラウンドなど) を初期化して、CellRendererPane を追加します。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
 
installDefaults(JPanel) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPanelUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPasswordFieldUI のメソッド
JPasswordField に必要なプロパティーをインストールします。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPopupMenuUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
 
installDefaults(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRadioButtonUI のメソッド
 
installDefaults(JRootPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRootPaneUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
installDefaults(JScrollPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI のメソッド
 
installDefaults(JSeparator) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSeparatorUI のメソッド
 
installDefaults(JSlider) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
デフォルトテーブルの対応する Spinner.* プロパティーに基づくプロパティー JSpinner borderforeground、および backgroundを初期化します。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
UI のデフォルトをインストールします。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableHeaderUI のメソッド
フォント、フォアグラウンド、バックグラウンドなどの JTableHeader プロパティーを初期化します。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI のメソッド
フォント、フォアグラウンド、バックグラウンドなどの JTable プロパティーを初期化します。
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextAreaUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
フォント、フォアグラウンド、バックグラウンド、キャレットの色、選択の色、選択されたテキストの色、無効になったテキストの色、ボーダーの色などのコンポーネントプロパティーを初期化します。
installDefaults(JSeparator) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarSeparatorUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
installDefaults(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolTipUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
installDefaults(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicViewportUI のメソッド
 
installDefaults(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalButtonUI のメソッド
 
installDefaults(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalCheckBoxUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalDesktopIconUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameTitlePane のメソッド
 
installDefaults(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalRadioButtonUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI のメソッド
 
installDefaults(JSeparator) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalSeparatorUI のメソッド
 
installDefaults() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalTabbedPaneUI のメソッド
 
installDefaults(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToggleButtonUI のメソッド
 
installDefaults(SynthContext) - クラス javax.swing.plaf.synth.SynthStyle のメソッド
この Style から必要な状態を contextJComponent にインストールします。
installDesktopManager() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI のメソッド
 
installIcons(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
installKeyboardActions(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonListener のメソッド
デフォルトのキーアクションを登録します。
installKeyboardActions(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
JComboBox にキーボードアクションを追加します。
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
installKeyboardActions(JLabel) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLabelUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
BasicListUI が関連付けられる JList 上のキーボードバインディングを返します。
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPopupMenuUI のメソッド
 
installKeyboardActions(JRootPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRootPaneUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
installKeyboardActions(JScrollPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI のメソッド
 
installKeyboardActions(JSlider) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
キーボードアクションを JSpinner にインストールします。
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
UI のキーボードアクションをインストールします。
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableHeaderUI のメソッド
JTableHeader ですべてのキーボードアクションを登録します。
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI のメソッド
JTable ですべてのキーボードアクションを登録します。
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
installKeyboardActions() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameUI のメソッド
 
installListeners(AbstractButton) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicColorChooserUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
コンボボックスとそのモデルのためのリスナーを作成し、インストールします。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopIconUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI のメソッド
createPropertyChangeListener から返された PropertyChangeListenerJDesktopPane 上にインストールします。
installListeners(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
installListeners(JLabel) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLabelUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
JList、そのモデル、および selectionModel のリスナーを作成およびインストールします。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPopupMenuUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
 
installListeners(JRootPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRootPaneUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
installListeners(JScrollPane) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI のメソッド
 
installListeners(JSeparator) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSeparatorUI のメソッド
 
installListeners(JSlider) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
対象の PropertyChangeEvent を protected メソッドに委譲する共用オブジェクトで、PropertyChangeListener を初期化します。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
UI のイベントリスナーをインストールします。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableHeaderUI のメソッド
リスナーを JTableHeader に接続します。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI のメソッド
JTable にリスナーを接続します。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
UI のリスナーをインストールします。
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
installListeners(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolTipUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalDesktopIconUI のメソッド
 
installListeners(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI のメソッド
 
installListeners(JScrollPane) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollPaneUI のメソッド
 
installListeners() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI のメソッド
 
installListListeners() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
リストコントロールにリスナーを追加します。
installLookAndFeel(UIManager.LookAndFeelInfo) - クラス javax.swing.UIManager の static メソッド
使用可能な Look & Feel のセットに、指定された Look & Feel を追加します。
installLookAndFeel(String, String) - クラス javax.swing.UIManager の static メソッド
使用可能な Look & Feel のセットに、指定された Look & Feel を追加します。
installMouseHandlers(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
installNextButtonListeners(Component) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
ユーザーのジェスチャーに応じて JSpinner を更新するために、必要なリスナーを「次へ」ボタン c にインストールします。
installNonRolloverBorders(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
JComponent のすべての子コンポーネントに非ロールオーバーボーダーをインストールします。
installNormalBorders(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
JComponent のすべての子コンポーネントに通常のボーダーをインストールします。
installPreviewPanel() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicColorChooserUI のメソッド
 
installPreviousButtonListeners(Component) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
ユーザーのジェスチャーに応じて JSpinner を更新するために、必要なリスナーを「戻る」ボタン c にインストールします。
installProperty(JComponent, String, Object) - クラス javax.swing.LookAndFeel の static メソッド
開発者がまだプロパティーを設定していない場合に、指定された名前と値でプロパティーをコンポーネントにインストールする簡易メソッドです。
installRolloverBorders(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
JComponent の子コンポーネントすべてに、ロールオーバーボーダーをインストールします。
installStrings(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
installStrings(JFileChooser) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
installTitlePane() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicButtonUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicColorChooserUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopIconUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicEditorPaneUI のメソッド
コンポーネントの UI をインストールします。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicLabelUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI のメソッド
installDefaults()installListeners()、および installKeyboardActions() を順に呼び出して、this.list を初期化します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuBarUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicMenuItemUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicOptionPaneUI のメソッド
渡された JOptionPane のための Look & Feel としてレシーバをインストールします。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPanelUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicPopupMenuUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicProgressBarUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicRootPaneUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollPaneUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSeparatorUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSpinnerUI のメソッド
installDefaultsinstallListeners を呼び出し、createNextButtoncreatePreviousButton、および createEditor から返されるコンポーネントを追加します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
UI をインストールします。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTabbedPaneUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableHeaderUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTableUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextPaneUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTextUI のメソッド
コンポーネントの UI をインストールします。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolTipUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicViewportUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.ComponentUI のメソッド
Look & Feel に適した、指定されたコンポーネントを構成します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalFileChooserUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalMenuBarUI のメソッド
Metal Look & Feel に適した、指定されたコンポーネントを構成します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalRootPaneUI のメソッド
installUI のスーパークラスの実装を呼び出し、渡された JRootPane に必要な状態をインストールして、RootPaneUI の Metal Look & Feel の実装を描画します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollPaneUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalSliderUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolBarUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolTipUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalTreeUI のメソッド
 
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiButtonUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiColorChooserUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiComboBoxUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiDesktopIconUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiDesktopPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiFileChooserUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiInternalFrameUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiLabelUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiListUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiMenuBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiMenuItemUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiOptionPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiPanelUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiPopupMenuUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiProgressBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiRootPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiScrollBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiScrollPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSeparatorUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSliderUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSpinnerUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiSplitPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTabbedPaneUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTableHeaderUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTableUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTextUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiToolBarUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiToolTipUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTreeUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
installUI(JComponent) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiViewportUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で installUI メソッドを呼び出します。
InstanceAlreadyExistsException - javax.management の 例外
MBean はすでにリポジトリに登録されています。
InstanceAlreadyExistsException() - 例外 javax.management.InstanceAlreadyExistsException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InstanceAlreadyExistsException(String) - 例外 javax.management.InstanceAlreadyExistsException のコンストラクタ
特定のエラーメッセージの指定を許可するコンストラクタです。
instanceFollowRedirects - クラス java.net.HttpURLConnection の変数
true の場合、プロトコルは自動的にリダイレクトに従います。
InstanceNotFoundException - javax.management の 例外
指定された MBean がリポジトリ内に存在しません。
InstanceNotFoundException() - 例外 javax.management.InstanceNotFoundException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InstanceNotFoundException(String) - 例外 javax.management.InstanceNotFoundException のコンストラクタ
特定のエラーメッセージの指定を許可するコンストラクタです。
instantiate(ClassLoader, String) - クラス java.beans.Beans の static メソッド
Bean のインスタンスを生成します。
instantiate(ClassLoader, String, BeanContext) - クラス java.beans.Beans の static メソッド
Bean のインスタンスを生成します。
instantiate(ClassLoader, String, BeanContext, AppletInitializer) - クラス java.beans.Beans の static メソッド
Bean のインスタンスを生成します。
instantiate(Object, Encoder) - クラス java.beans.DefaultPersistenceDelegate のメソッド
この instantiate メソッドのデフォルト実装は、事前定義済みのメソッド名「new」を含む式 (DefaultPersistenceDelegate のコンストラクタに指定されたように引数を使ってコンストラクタを呼び出す) を返します。
instantiate(Object, Encoder) - クラス java.beans.PersistenceDelegate のメソッド
oldInstance を持つ式を返します。
instantiate(String) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 MBean サーバーのクラスローダーリポジトリ内に登録されたすべてのクラスローダーのリストを使って、オブジェクトをインスタンス化します。
instantiate(String, ObjectName) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 ObjectName で指定されたクラスローダーを使って、オブジェクトをインスタンス化します。
instantiate(String, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 MBean サーバーのクラスローダーリポジトリ内に登録されたすべてのクラスローダーのリストを使って、オブジェクトをインスタンス化します。
instantiate(String, ObjectName, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 オブジェクトをインスタンス化します。
instantiateChild(String) - インタフェース java.beans.beancontext.BeanContext のメソッド
この BeanContext の子として指定された JavaBean のインスタンスを生成します。
instantiateChild(String) - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
instantiateChild メソッドは、Bean を入れ子にして BeanContext にインスタンスを生成する処理を単純化する BeanContext の簡易フックです。
InstantiationError - java.lang の エラー
アプリケーションが Java の new 構文を使って abstract クラスやインタフェースのインスタンスを生成しようとしたときにスローされます。
InstantiationError() - エラー java.lang.InstantiationError のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InstantiationError を構築します。
InstantiationError(String) - エラー java.lang.InstantiationError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InstantiationError を構築します。
InstantiationException - java.lang の 例外
アプリケーションが Class クラスの newInstance メソッドを使ってクラスのインスタンスを生成しようとしたときに、指定されたオブジェクトのインスタンスを生成できない場合にスローされます。
InstantiationException() - 例外 java.lang.InstantiationException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない InstantiationException を構築します。
InstantiationException(String) - 例外 java.lang.InstantiationException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InstantiationException を構築します。
Instrument - javax.sound.midi の クラス
計測は一定のパラメータ設定値を持ったサウンド合成アルゴリズムで、通常、実際の楽器をエミュレートしたり、特種なサウンド効果を実現するために設計されています。
Instrument(Soundbank, Patch, String, Class<?>) - クラス javax.sound.midi.Instrument のコンストラクタ
指定された Patch から新しい MIDI 計測を作成します。
Instrumentation - java.lang.instrument の インタフェース
このクラスは、Java プログラミング言語コードを計測するためのサービスを提供します。
InsufficientResourcesException - javax.naming の 例外
この例外は、要求されたオペレーションを完了するためにリソースが利用できない場合にスローされます。
InsufficientResourcesException(String) - 例外 javax.naming.InsufficientResourcesException のコンストラクタ
説明を使用して、InsufficientResourcesException の新しいコンテキストを構築します。
InsufficientResourcesException() - 例外 javax.naming.InsufficientResourcesException のコンストラクタ
名前解決フィールドおよび説明がすべて null に初期化された、InsufficientResourcesException の新しいインスタンスを構築します。
insureRowContinuity() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
現在選択されている TreePath が現在の選択モードで有効であるかを確認します。
insureUniqueness() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeSelectionModel のメソッド
このメソッドは廃止されたため、その実装は操作不能です。
intBitsToFloat(int) - クラス java.lang.Float の static メソッド
指定されたビット表現と対応する float 値を返します。
IntBuffer - java.nio の クラス
int バッファーです。
Integer - java.lang の クラス
Integer クラスは、プリミティブ型 int の値をオブジェクトにラップします。
Integer(int) - クラス java.lang.Integer のコンストラクタ
指定された int 値を表す、新しく割り当てられた Integer オブジェクトを構築します。
Integer(String) - クラス java.lang.Integer のコンストラクタ
String パラメータで示される int 値を表す、新しく割り当てられた Integer オブジェクトを構築します。
INTEGER - クラス java.sql.Types の static 変数
 Java プログラミング言語の定数で、型コードとも呼ばれ、総称 SQL 型 INTEGER を識別します。
INTEGER - クラス java.text.NumberFormat.Field の static 変数
整数のフィールドを識別する定数です。
INTEGER - クラス javax.management.openmbean.SimpleType の static 変数
Java クラス名が java.lang.Integer の値を記述する SimpleType インスタンスです。
INTEGER_FIELD - クラス java.text.NumberFormat の static 変数
FieldPosition オブジェクトを構築するためのフィールド定数です。
IntegerSyntax - javax.print.attribute の クラス
IntegerSyntax クラスは、整数値を持つすべての属性の一般的な実装を提供する抽象基底クラスです。
IntegerSyntax(int) - クラス javax.print.attribute.IntegerSyntax のコンストラクタ
指定された整数値を持つ新しい整数型の属性を構築します。
IntegerSyntax(int, int, int) - クラス javax.print.attribute.IntegerSyntax のコンストラクタ
指定された整数値を持つ新しい整数型の属性を構築します。
Interceptor - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
すべてのポータブルインタセプタがインターセプタを実装します。
InterceptorOperations - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
すべてのポータブルインタセプタがインターセプタを実装します。
interestOps() - クラス java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
このキーの対象セットを取得します。
interestOps(int) - クラス java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
このキーの対象セットを指定された値にします。
INTERFACE - クラス java.lang.reflect.Modifier の static 変数
interface 修飾子を表す int 値です。
INTERFACE_CLASS_NAME_FIELD - クラス javax.management.JMX の static 変数
interfaceClassName フィールドの名前です。
InterfaceAddress - java.net の クラス
このクラスは、ネットワークインタフェースアドレスを表します。
INTERLOCK_OPEN - クラス javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
プリンタのインターロックデバイスがロックされていません。
intern() - クラス java.lang.String のメソッド
文字列オブジェクトの正準表現を返します。
INTERNAL - org.omg.CORBA の 例外
この例外は、ORB の内部エラーを示します。
INTERNAL() - 例外 org.omg.CORBA.INTERNAL のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、INTERNAL 例外を構築します。
INTERNAL(String) - 例外 org.omg.CORBA.INTERNAL のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、INTERNAL 例外を構築します。
INTERNAL(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INTERNAL のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INTERNAL 例外を構築します。
INTERNAL(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INTERNAL のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INTERNAL 例外を構築します。
INTERNAL_CLOCK - クラス javax.sound.midi.Sequencer.SyncMode の static 変数
シーケンサがタイミング情報を内蔵クロックから取得するマスター同期モードです。
INTERNAL_FRAME - クラス javax.accessibility.AccessibleRole の static 変数
デスクトップ区画によってクリッピングされる、フレームのようなオブジェクトです。
INTERNAL_FRAME - クラス javax.swing.plaf.synth.Region の static 変数
InternalFrame 領域です。
INTERNAL_FRAME_ACTIVATED - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウが起動されたことを示すイベント型です。
INTERNAL_FRAME_CLOSED - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウがクローズされたことを示すイベントです。
INTERNAL_FRAME_CLOSING - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウをクローズしていることを示すイベントです。
INTERNAL_FRAME_DEACTIVATED - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウがアクティブではなくなったことを示すイベント型です。
INTERNAL_FRAME_DEICONIFIED - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウのアイコン化が解除されたことを示すイベント型です。
INTERNAL_FRAME_FIRST - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
内部フレームイベント用の ID の範囲にある、最初の番号です。
INTERNAL_FRAME_ICONIFIED - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウがアイコン化されたことを示すイベントです。
INTERNAL_FRAME_LAST - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
内部フレームイベントに使う ID の範囲にある、最後の番号です。
INTERNAL_FRAME_OPENED - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent の static 変数
ウィンドウがオープンされたことを示すイベントです。
INTERNAL_FRAME_TITLE_PANE - クラス javax.swing.plaf.synth.Region の static 変数
InternalFrame の TitlePane です。
internalEntityDecl(String, String) - インタフェース org.xml.sax.ext.DeclHandler のメソッド
内部エンティティー宣言を報告します。
internalEntityDecl(String, String) - クラス org.xml.sax.ext.DefaultHandler2 のメソッド
 
InternalError - java.lang の エラー
Java Virtual Machine 内で予期しない内部エラーが発生したことを示すためにスローされます。
InternalError() - エラー java.lang.InternalError のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InternalError を構築します。
InternalError(String) - エラー java.lang.InternalError のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InternalError を構築します。
internalFrameActivated(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームが起動されたときに呼び出されます。
internalFrameActivated(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームが起動されたときに呼び出されます。
internalFrameActivated(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
InternalFrameAdapter - javax.swing.event の クラス
内部フレームイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
InternalFrameAdapter() - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のコンストラクタ
 
internalFrameClosed(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームがクローズされたときに呼び出されます。
internalFrameClosed(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームがクローズされたときに呼び出されます。
internalFrameClosed(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
internalFrameClosing(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームがクローズ処理中のときに呼び出されます。
internalFrameClosing(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームがクローズ処理中のときに呼び出されます。
internalFrameClosing(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
internalFrameDeactivated(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームが終了されたときに呼び出されます。
internalFrameDeactivated(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームが終了されたときに呼び出されます。
internalFrameDeactivated(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
internalFrameDeiconified(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームがアイコン化解除されたときに呼び出されます。
internalFrameDeiconified(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームがアイコン化解除されたときに呼び出されます。
internalFrameDeiconified(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
InternalFrameEvent - javax.swing.event の クラス
JInternalFrame オブジェクトのサポートを、イベントソースとして追加する AWTEvent です。
InternalFrameEvent(JInternalFrame, int) - クラス javax.swing.event.InternalFrameEvent のコンストラクタ
InternalFrameEvent オブジェクトを構築します。
InternalFrameFocusTraversalPolicy - javax.swing の クラス
JInternalFrame の初期化 Component を判定するためのアルゴリズムを任意に実行できる FocusTraversalPolicy です。
InternalFrameFocusTraversalPolicy() - クラス javax.swing.InternalFrameFocusTraversalPolicy のコンストラクタ
 
internalFrameIconified(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームがアイコン化されたときに呼び出されます。
internalFrameIconified(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームがアイコン化されたときに呼び出されます。
internalFrameIconified(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
internalFrameLayout - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI の変数
 
InternalFrameListener - javax.swing.event の インタフェース
内部フレームイベントを受け取るためのリスナーインタフェースです。
internalFrameOpened(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.event.InternalFrameAdapter のメソッド
内部フレームがオープンされたときに呼び出されます。
internalFrameOpened(InternalFrameEvent) - インタフェース javax.swing.event.InternalFrameListener のメソッド
内部フレームがオープンされたときに呼び出されます。
internalFrameOpened(InternalFrameEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI.BasicInternalFrameListener のメソッド
 
InternalFrameUI - javax.swing.plaf の クラス
JInternalFrame 用のプラグイン可能な Look & Feel インタフェースです。
InternalFrameUI() - クラス javax.swing.plaf.InternalFrameUI のコンストラクタ
 
internalGet(int) - クラス java.util.Calendar のメソッド
指定されたカレンダフィールドの値を返します。
InternationalFormatter - javax.swing.text の クラス
InternationalFormatter は、String への変換と String からの変換を処理する java.text.Format のインスタンスを使用して、DefaultFormatter を拡張します。
InternationalFormatter() - クラス javax.swing.text.InternationalFormatter のコンストラクタ
Format を指定せずに、InternationalFormatter を作成します。
InternationalFormatter(Format) - クラス javax.swing.text.InternationalFormatter のコンストラクタ
Format のインスタンスを指定して、InternationalFormatter を作成します。
INTERPRETER_RESOURCE_UNAVAILABLE - クラス javax.print.attribute.standard.PrinterStateReason の static 変数
フォントやフォームなどのインタプリタリソースが利用できません。
interrupt() - クラス java.lang.Thread のメソッド
このスレッドに割り込みます。
interrupt() - クラス java.lang.ThreadGroup のメソッド
このスレッドグループ内のすべてのスレッドに割り込みます。
interrupted() - クラス java.lang.Thread の static メソッド
現在のスレッドが割り込まれているかどうかを調べします。
InterruptedException - java.lang の 例外
あるスレッドが待ち状態、休止状態、または占有されているとき、アクティビティーの前かその間のいずれかにそのスレッドで割り込みが発生した場合にスローされます。
InterruptedException() - 例外 java.lang.InterruptedException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InterruptedException を構築します。
InterruptedException(String) - 例外 java.lang.InterruptedException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InterruptedException を構築します。
InterruptedIOException - java.io の 例外
入出力処理で割り込みが発生したことを通知するシグナルを発生させます。
InterruptedIOException() - 例外 java.io.InterruptedIOException のコンストラクタ
エラー詳細メッセージとして null を設定して InterruptedIOException を構築します。
InterruptedIOException(String) - 例外 java.io.InterruptedIOException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InterruptedIOException を構築します。
InterruptedNamingException - javax.naming の 例外
この例外は、ネーミング操作の呼び出しが割り込まれた場合にスローされます。
InterruptedNamingException(String) - 例外 javax.naming.InterruptedNamingException のコンストラクタ
問題の説明を使用して、InterruptedNamingException のインスタンスを構築します。
InterruptedNamingException() - 例外 javax.naming.InterruptedNamingException のコンストラクタ
名前解決フィールドおよび説明がすべて null に初期化された、InterruptedNamingException のインスタンスを構築します。
InterruptibleChannel - java.nio.channels の インタフェース
非同期のクローズや割り込みが可能なチャネルです。
intersect(Area) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
この Area の形状を、現在の形状と指定された Area の形状の共通部分に設定します。
intersect(Rectangle2D, Rectangle2D, Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D の static メソッド
指定された元の Rectangle2D オブジェクトのペアの共通部分をとり、その結果を指定された転送先 Rectangle2D オブジェクトに格納します。
INTERSECT - クラス javax.xml.crypto.dsig.spec.XPathType.Filter の static 変数
交差フィルタ処理です。
intersection(Rectangle) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle と指定された Rectangle との共通部分を算出します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Arc2D のメソッド
弧の内部が、指定された矩形の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.CubicCurve2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Ellipse2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(PathIterator, double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Path2D の static メソッド
指定された PathIterator の内部が、指定された矩形座標セットの内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(PathIterator, Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Path2D の static メソッド
指定された PathIterator の内部領域が指定された Rectangle2D の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.Path2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.QuadCurve2D のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.RoundRectangle2D のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - クラス java.awt.Polygon のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle) - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
この Rectangle と指定された Rectangle とが交差するかどうかを判定します。
intersects(double, double, double, double) - インタフェース java.awt.Shape のメソッド
Shape の内部領域が、指定された矩形領域の内部領域と交差するかどうかを判定します。
intersects(Rectangle2D) - インタフェース java.awt.Shape のメソッド
Shape の内部が、指定された Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersects(BitSet) - クラス java.util.BitSet のメソッド
この BitSet でも true に設定された、true 設定のビットが、指定された BitSet にある場合、true を返します。
intersectsLine(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
(x1,y1) から (x2,y2) までのラインセグメントがこのラインセグメントと交差するかどうかを判定します。
intersectsLine(Line2D) - クラス java.awt.geom.Line2D のメソッド
指定されたラインセグメントがこのラインセグメントと交差するかどうかを判定します。
intersectsLine(double, double, double, double) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
指定されたラインセグメントが、この Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
intersectsLine(Line2D) - クラス java.awt.geom.Rectangle2D のメソッド
指定されたラインセグメントが、この Rectangle2D の内部と交差するかどうかを判定します。
INTERVAL_ADDED - クラス javax.swing.event.ListDataEvent の static 変数
リストへの 1 つ以上の連続する項目の追加を識別します。
INTERVAL_REMOVED - クラス javax.swing.event.ListDataEvent の static 変数
リストからの 1 つ以上の連続する項目の削除を識別します。
intervalAdded(ListDataEvent) - インタフェース javax.swing.event.ListDataListener のメソッド
index0、index1 の区間にあるインデックスがデータモデルに挿入されたあとで送信されます。
intervalAdded(ListDataEvent) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
このメソッドは public になっていますが、これは実装の副作用によるものです。
intervalAdded(ListDataEvent) - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList のメソッド
リストデータリスナーの区画追加メソッドです。
intervalAdded(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI.ListDataHandler のメソッド
 
intervalAdded(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup.ListDataHandler のメソッド
 
intervalAdded(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModel のメソッド
廃止 - 使用されません。
intervalAdded(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI.ListDataHandler のメソッド
 
intervalRemoved(ListDataEvent) - インタフェース javax.swing.event.ListDataListener のメソッド
index0、index1 の区間にあるインデックスがデータモデルから削除されたあとで送信されます。
intervalRemoved(ListDataEvent) - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
このメソッドは public になっていますが、これは実装の副作用によるものです。
intervalRemoved(ListDataEvent) - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList のメソッド
リストデータリスナーの区画削除メソッドです。
intervalRemoved(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI.ListDataHandler のメソッド
 
intervalRemoved(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup.ListDataHandler のメソッド
 
intervalRemoved(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModel のメソッド
廃止 - 使用されません。
intervalRemoved(ListDataEvent) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicListUI.ListDataHandler のメソッド
 
INTF_REPOS - org.omg.CORBA の 例外
ORB がインタフェースリポジトリに到達できない場合、またはインタフェースリポジトリに関係するその他のエラーを検出した場合にスローされる例外です。
INTF_REPOS() - 例外 org.omg.CORBA.INTF_REPOS のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、IMP_REPOS 例外を構築します。
INTF_REPOS(String) - 例外 org.omg.CORBA.INTF_REPOS のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ INTF_REPOS を構築します。
INTF_REPOS(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INTF_REPOS のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INTF_REPOS 例外を構築します。
INTF_REPOS(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INTF_REPOS のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INTF_REPOS 例外を構築します。
IntHolder - org.omg.CORBA の クラス
Int のホルダーです。
IntHolder() - クラス org.omg.CORBA.IntHolder のコンストラクタ
value フィールドが 0 に初期化された新しい IntHolder オブジェクトを構築します。
IntHolder(int) - クラス org.omg.CORBA.IntHolder のコンストラクタ
value フィールドを指定された int で初期化して、新しい IntHolder オブジェクトを構築します。
intKey() - クラス java.awt.RenderingHints.Key のメソッド
サブクラスがこの Key のインスタンスを生成した整数型非公開鍵を返します。
IntrospectionException - java.beans の 例外
イントロスペクション中に例外が発生した場合にスローされます。
IntrospectionException(String) - 例外 java.beans.IntrospectionException のコンストラクタ
詳細メッセージを持つ IntrospectionException を構築します。
IntrospectionException - javax.management の 例外
MBean のイントロスペクションの実行時に発生した例外です。
IntrospectionException() - 例外 javax.management.IntrospectionException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
IntrospectionException(String) - 例外 javax.management.IntrospectionException のコンストラクタ
特定のエラーメッセージの指定を許可するコンストラクタです。
Introspector - java.beans の クラス
Introspector クラスは、ツールに対して、ターゲット Java Bean がサポートするプロパティー、イベント、メソッドを調べる標準的な手法を提供します。
intValue() - クラス java.lang.Byte のメソッド
この Byte の値を int として返します。
intValue() - クラス java.lang.Double のメソッド
この Double の値を (int 型にキャストすることにより) int として返します。
intValue() - クラス java.lang.Float のメソッド
この Float の値を (int 型にキャストすることにより) int として返します。
intValue() - クラス java.lang.Integer のメソッド
この Integer の値を int として返します。
intValue() - クラス java.lang.Long のメソッド
この Long の値を int として返します。
intValue() - クラス java.lang.Number のメソッド
指定された値を int 型として返します。
intValue() - クラス java.lang.Short のメソッド
この Short の値を int として返します。
intValue() - クラス java.math.BigDecimal のメソッド
この BigDecimalint に変換します。
intValue() - クラス java.math.BigInteger のメソッド
この BigInteger を int に変換します。
intValue() - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicInteger のメソッド
 
intValue() - クラス java.util.concurrent.atomic.AtomicLong のメソッド
 
intValue() - クラス java.util.logging.Level のメソッド
このレベルの整数値を取得します。
intValueExact() - クラス java.math.BigDecimal のメソッド
この BigDecimalint に変換し、失われた情報がないかどうかを確認します。
INUSE_ATTRIBUTE_ERR - 例外 org.w3c.dom.DOMException の static 変数
すでにほかで使用されている属性を追加しようとした場合。
INV_FLAG - org.omg.CORBA の 例外
無効なフラグがオペレーションに渡された場合 (DII 要求の作成時など) にスローされる例外です。
INV_FLAG() - 例外 org.omg.CORBA.INV_FLAG のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、INV_FLAG 例外を構築します。
INV_FLAG(String) - 例外 org.omg.CORBA.INV_FLAG のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、INV_FLAG 例外を構築します。
INV_FLAG(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_FLAG のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INV_FLAG 例外を構築します。
INV_FLAG(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_FLAG のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INV_FLAG 例外を構築します。
INV_IDENT - org.omg.CORBA の 例外
この例外は、IDL 識別子が構文的に無効であることを示します。
INV_IDENT() - 例外 org.omg.CORBA.INV_IDENT のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、INV_IDENT 例外を構築します。
INV_IDENT(String) - 例外 org.omg.CORBA.INV_IDENT のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、INV_IDENT 例外を構築します。
INV_IDENT(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_IDENT のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INV_IDENT 例外を構築します。
INV_IDENT(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_IDENT のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INV_IDENT 例外を構築します。
INV_OBJREF - org.omg.CORBA の 例外
この例外は、オブジェクト参照が内部的に不正であることを示します。
INV_OBJREF() - 例外 org.omg.CORBA.INV_OBJREF のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、INV_OBJREF 例外を構築します。
INV_OBJREF(String) - 例外 org.omg.CORBA.INV_OBJREF のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、INV_OBJREF 例外を構築します。
INV_OBJREF(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_OBJREF のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INV_OBJREF 例外を構築します。
INV_OBJREF(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_OBJREF のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INTF_OBJREF 例外を構築します。
INV_POLICY - org.omg.CORBA の 例外
特定の呼び出しに適用される Policy オーバーライド間の互換性がないため、呼び出しできない場合にスローされる標準例外です。
INV_POLICY() - 例外 org.omg.CORBA.INV_POLICY のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0、完了状態 CompletionStatus.COMPLETED_NO、および null の記述により、INV_POLICY 例外を構築します。
INV_POLICY(String) - 例外 org.omg.CORBA.INV_POLICY のコンストラクタ
指定された説明メッセージ、マイナーコード 0、および完了状態 COMPLETED_NO により、INV_POLICY 例外を構築します。
INV_POLICY(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_POLICY のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INV_POLICY 例外を構築します。
INV_POLICY(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INV_POLICY のコンストラクタ
指定された説明メッセージ、マイナーコード、および完了状態で、INV_POLICY 例外を構築します。
Invalid - org.omg.CORBA.DynAnyPackage の 例外
Invalid 例外は、パラメータとして不正な DynAny または Any が渡された場合に、動的 Any のオペレーションによってスローされます。
Invalid() - 例外 org.omg.CORBA.DynAnyPackage.Invalid のコンストラクタ
Invalid オブジェクトを構築します。
Invalid(String) - 例外 org.omg.CORBA.DynAnyPackage.Invalid のコンストラクタ
Invalid オブジェクトを構築します。
INVALID_ACCESS_ERR - 例外 org.w3c.dom.DOMException の static 変数
パラメータまたは操作が基本となるオブジェクトによってサポートされていない場合
INVALID_ACTIVITY - org.omg.CORBA の 例外
トランザクションまたは Activity が中断されたコンテキストとは別のコンテキストで再開される場合、Activity または Transaction サービスの再開メソッドで INVALID_ACTIVITY システム例外が発生することがあります。
INVALID_ACTIVITY() - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_ACTIVITY のコンストラクタ
0 に設定されたマイナーコードと COMPLETED_NO に設定された CompletionStatus を持つ INVALID_ACTIVITY 例外を構築します。
INVALID_ACTIVITY(String) - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_ACTIVITY のコンストラクタ
指定されたメッセージを持つ INVALID_ACTIVITY 例外を構築します。
INVALID_ACTIVITY(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_ACTIVITY のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INVALID_ACTIVITY 例外を構築します。
INVALID_ACTIVITY(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_ACTIVITY のコンストラクタ
指定されたメッセージ、マイナーコード、および完了状態で INVALID_ACTIVITY 例外を構築します。
INVALID_CHARACTER_ERR - 例外 org.w3c.dom.DOMException の static 変数
XML 名などに不正な文字列、無効な文字列が指定された場合。
INVALID_MODIFICATION_ERR - 例外 org.w3c.dom.DOMException の static 変数
基本となるのオブジェクト型を変更しようとした場合
INVALID_STATE_ERR - 例外 org.w3c.dom.DOMException の static 変数
使用できないオブジェクトを使用しようとした場合。
INVALID_TRANSACTION - org.omg.CORBA の 例外
要求により無効なトランザクションコンテキストが送信された場合にスローされる例外です。
INVALID_TRANSACTION() - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_TRANSACTION のコンストラクタ
デフォルトのマイナーコード 0 と完了状態 COMPLETED_NO により、INVALID_TRANSACTION 例外を構築します。
INVALID_TRANSACTION(String) - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_TRANSACTION のコンストラクタ
指定された詳細メッセージで INVALID_TRANSACTION 例外を構築します。
INVALID_TRANSACTION(int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_TRANSACTION のコンストラクタ
指定されたマイナーコードと完了状態で INVALID_TRANSACTION 例外を構築します。
INVALID_TRANSACTION(String, int, CompletionStatus) - 例外 org.omg.CORBA.INVALID_TRANSACTION のコンストラクタ
指定された詳細メッセージ、マイナーコード、および完了状態により、INVALID_TRANSACTION 例外を構築します。
InvalidActivityException - javax.activity の 例外
この例外は、Activity コンテキストがアクセスされ、試行された呼び出しまたはその呼び出しに対応する Activity コンテキストが Activity の現在の状態と一致していない場合にスローされる可能性があります。
InvalidActivityException() - 例外 javax.activity.InvalidActivityException のコンストラクタ
詳細メッセージとして null を持つ新規インスタンスを構築します。
InvalidActivityException(String) - 例外 javax.activity.InvalidActivityException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ新規インスタンスを構築します。
InvalidActivityException(Throwable) - 例外 javax.activity.InvalidActivityException のコンストラクタ
指定された原因で新しいスロー可能オブジェクトを構築します。
InvalidActivityException(String, Throwable) - 例外 javax.activity.InvalidActivityException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージおよび原因を使用して新規スロー可能オブジェクトを構築します。
InvalidAddress - org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage の 例外
org/omg/CosNaming/NamingContextExtPackage/InvalidAddress.java。
InvalidAddress() - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddress のコンストラクタ
 
InvalidAddress(String) - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddress のコンストラクタ
 
InvalidAddressHelper - org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage の クラス
org/omg/CosNaming/NamingContextExtPackage/InvalidAddressHelper.java。
InvalidAddressHelper() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddressHelper のコンストラクタ
 
InvalidAddressHolder - org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage の クラス
org/omg/CosNaming/NamingContextExtPackage/InvalidAddressHolder.java。
InvalidAddressHolder() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddressHolder のコンストラクタ
 
InvalidAddressHolder(InvalidAddress) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage.InvalidAddressHolder のコンストラクタ
 
InvalidAlgorithmParameterException - java.security の 例外
無効または不適切なアルゴリズムパラメータの例外です。
InvalidAlgorithmParameterException() - 例外 java.security.InvalidAlgorithmParameterException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InvalidAlgorithmParameterException を構築します。
InvalidAlgorithmParameterException(String) - 例外 java.security.InvalidAlgorithmParameterException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InvalidAlgorithmParameterException を構築します。
InvalidAlgorithmParameterException(String, Throwable) - 例外 java.security.InvalidAlgorithmParameterException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ InvalidAlgorithmParameterException を作成します。
InvalidAlgorithmParameterException(Throwable) - 例外 java.security.InvalidAlgorithmParameterException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null :cause.toString()) を持つ、SignatureException を作成します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
InvalidApplicationException - javax.management の 例外
MBean のサブクエリーの式または MBean の修飾属性の式のクラスが間違っている場合にスローされます。
InvalidApplicationException(Object) - 例外 javax.management.InvalidApplicationException のコンストラクタ
指定された Object を持つ InvalidApplicationException を構築します。
invalidate() - クラス java.awt.Component のメソッド
コンポーネントを無効にします。
invalidate() - クラス java.awt.Container のメソッド
コンテナを無効にします。
invalidate() - クラス java.awt.Polygon のメソッド
この Polygon の頂点の座標に依存する内部にキャッシュされたすべてのデータを無効にするか、またはフラッシュします。
invalidate() - インタフェース javax.net.ssl.SSLSession のメソッド
セッションを無効にします。
invalidate() - クラス javax.swing.CellRendererPane のメソッド
セルレンダリングの子が設定されるときに、無効なツリーが送られるのを避けるためにオーバーライドされます。
invalidate() - クラス javax.swing.DefaultListCellRenderer のメソッド
パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。
invalidate() - クラス javax.swing.table.DefaultTableCellRenderer のメソッド
パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。
invalidate() - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellRenderer のメソッド
パフォーマンス上の理由でオーバーライドされます。
invalidateFileCache() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDirectoryModel のメソッド
このメソッドは、ファイルロードスレッドに割り込むとき使用します。
invalidateLayout(Container) - クラス java.awt.BorderLayout のメソッド
レイアウトを無効にします。
invalidateLayout(Container) - クラス java.awt.CardLayout のメソッド
レイアウトを無効にします。
invalidateLayout(Container) - クラス java.awt.GridBagLayout のメソッド
レイアウトを無効にします。
invalidateLayout(Container) - インタフェース java.awt.LayoutManager2 のメソッド
レイアウトを無効にします。
invalidateLayout(Container) - クラス javax.swing.BoxLayout のメソッド
子のレイアウト情報が変更されたことを示します。
invalidateLayout(Container) - クラス javax.swing.GroupLayout のメソッド
レイアウトを無効にします。
invalidateLayout(Container) - クラス javax.swing.JRootPane.RootLayout のメソッド
 
invalidateLayout(Container) - クラス javax.swing.OverlayLayout のメソッド
子がレイアウト関連の情報を変更し、それによってキャッシュに書き込まれた計算がフラッシュされたことを示します。
invalidateLayout(Container) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI.BasicHorizontalLayoutManager のメソッド
何も行いません。
invalidateLayout(Container) - クラス javax.swing.SpringLayout のメソッド
 
invalidatePathBounds(TreePath) - クラス javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
path の矩形は無効で、更新される必要があることを LayoutCache に通知します。
invalidatePathBounds(TreePath) - クラス javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
処理は行いません。
invalidatePathBounds(TreePath) - クラス javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
path の矩形は無効で、更新される必要があることを LayoutCache に通知します。
invalidateSizes() - クラス javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
参照しているすべてのサイズを再計算する必要があることを TreeState に通知します。
invalidateSizes() - クラス javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
参照しているすべてのサイズを再計算する必要があることを TreeState に通知します。
invalidateSizes() - クラス javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
参照しているすべてのサイズを再計算する必要があることを TreeState に通知します。
InvalidAttributeIdentifierException - javax.naming.directory の 例外
この例外は、無効な属性識別子を使って属性を追加または作成しようとした場合にスローされます。
InvalidAttributeIdentifierException(String) - 例外 javax.naming.directory.InvalidAttributeIdentifierException のコンストラクタ
指定された説明を使用して、InvalidAttributeIdentifierException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidAttributeIdentifierException() - 例外 javax.naming.directory.InvalidAttributeIdentifierException のコンストラクタ
InvalidAttributeIdentifierException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidAttributesException - javax.naming.directory の 例外
この例外は、不完全にまたは不正に指定された属性セットを追加または変更しようとした場合にスローされます。
InvalidAttributesException(String) - 例外 javax.naming.directory.InvalidAttributesException のコンストラクタ
説明を使用して、InvalidAttributesException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidAttributesException() - 例外 javax.naming.directory.InvalidAttributesException のコンストラクタ
InvalidAttributesException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidAttributeValueException - javax.management の 例外
指定された値は、属性に対する有効な値ではありません。
InvalidAttributeValueException() - 例外 javax.management.InvalidAttributeValueException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidAttributeValueException(String) - 例外 javax.management.InvalidAttributeValueException のコンストラクタ
特定のエラーメッセージの指定を許可するコンストラクタです。
InvalidAttributeValueException - javax.naming.directory の 例外
このクラスは、属性のスキーマの定義と矛盾する値を属性に追加しようとした場合にスローされます。
InvalidAttributeValueException(String) - 例外 javax.naming.directory.InvalidAttributeValueException のコンストラクタ
説明を使用して、InvalidAttributeValueException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidAttributeValueException() - 例外 javax.naming.directory.InvalidAttributeValueException のコンストラクタ
InvalidAttributeValueException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidClassException - java.io の 例外
直列化ランタイムが、クラスについて次の問題のどれかを検出したときにスローされます。
InvalidClassException(String) - 例外 java.io.InvalidClassException のコンストラクタ
指定された理由により InvalidClassException を報告します。
InvalidClassException(String, String) - 例外 java.io.InvalidClassException のコンストラクタ
InvalidClassException オブジェクトを構築します。
InvalidDnDOperationException - java.awt.dnd の 例外
この例外は、java.awt.dnd パッケージのさまざまなメソッドによってスローされます。
InvalidDnDOperationException() - 例外 java.awt.dnd.InvalidDnDOperationException のコンストラクタ
デフォルトの例外を作成します。
InvalidDnDOperationException(String) - 例外 java.awt.dnd.InvalidDnDOperationException のコンストラクタ
独自の記述メッセージ付きで例外を作成します。
invalidEdit() - クラス javax.swing.JFormattedTextField.AbstractFormatter のメソッド
これはユーザーが不正な文字を入力したときに呼び出されます。
invalidEdit() - クラス javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
ユーザーが無効な値を入力した場合に呼び出されます。
InvalidKeyException - java.security の 例外
無効な符号化、長さの誤り、未初期化などの無効な鍵に対する例外です。
InvalidKeyException() - 例外 java.security.InvalidKeyException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InvalidKeyException を構築します。
InvalidKeyException(String) - 例外 java.security.InvalidKeyException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InvalidKeyException を構築します。
InvalidKeyException(String, Throwable) - 例外 java.security.InvalidKeyException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ InvalidKeyException を作成します。
InvalidKeyException(Throwable) - 例外 java.security.InvalidKeyException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null :cause.toString()) を持つ、SignatureException を作成します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
InvalidKeyException - javax.management.openmbean の 例外
この実行時例外は、「複合データ」の項目名または「表データ」の行インデックスになる予定だったメソッドパラメータが無効な場合にスローされます。
InvalidKeyException() - 例外 javax.management.openmbean.InvalidKeyException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない InvalidKeyException です。
InvalidKeyException(String) - 例外 javax.management.openmbean.InvalidKeyException のコンストラクタ
詳細メッセージを持つ InvalidKeyException です。
InvalidKeySpecException - java.security.spec の 例外
無効な鍵仕様の例外です。
InvalidKeySpecException() - 例外 java.security.spec.InvalidKeySpecException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InvalidKeySpecException を構築します。
InvalidKeySpecException(String) - 例外 java.security.spec.InvalidKeySpecException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InvalidKeySpecException を構築します。
InvalidKeySpecException(String, Throwable) - 例外 java.security.spec.InvalidKeySpecException のコンストラクタ
指定した詳細メッセージと原因を持つ InvalidKeySpecException を作成します。
InvalidKeySpecException(Throwable) - 例外 java.security.spec.InvalidKeySpecException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null :cause.toString()) を持つ、SignatureException を作成します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
InvalidMarkException - java.nio の 例外
マークが定義されていない状態でバッファーをリセットしようとしたときにスローされる、未検査例外です。
InvalidMarkException() - 例外 java.nio.InvalidMarkException のコンストラクタ
このクラスのインスタンスを構築します。
InvalidMidiDataException - javax.sound.midi の 例外
InvalidMidiDataException は、不適切な MIDI データが検出されたことを示します。
InvalidMidiDataException() - 例外 javax.sound.midi.InvalidMidiDataException のコンストラクタ
エラー詳細メッセージとして null を持つ InvalidMidiDataException を構築します。
InvalidMidiDataException(String) - 例外 javax.sound.midi.InvalidMidiDataException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InvalidMidiDataException を構築します。
InvalidName - org.omg.CORBA.ORBPackage の 例外
ORB.resolve_initial_references に初期参照のない名前が渡された場合に InvalidName 例外がスローされます。
InvalidName() - 例外 org.omg.CORBA.ORBPackage.InvalidName のコンストラクタ
理由メッセージを持たない InvalidName 例外を構築します。
InvalidName(String) - 例外 org.omg.CORBA.ORBPackage.InvalidName のコンストラクタ
指定された理由メッセージで InvalidName 例外を構築します。
InvalidName - org.omg.CosNaming.NamingContextPackage の 例外
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/InvalidName.java。
InvalidName() - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidName のコンストラクタ
 
InvalidName(String) - 例外 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidName のコンストラクタ
 
InvalidName - org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage の 例外
org/omg/PortableInterceptor/ORBInitInfoPackage/InvalidName.java。
InvalidName() - 例外 org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.InvalidName のコンストラクタ
 
InvalidName(String) - 例外 org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.InvalidName のコンストラクタ
 
InvalidNameException - javax.naming の 例外
この例外は、指定された名前がネーミングシステムのネーミング構文と一致しないことを示します。
InvalidNameException(String) - 例外 javax.naming.InvalidNameException のコンストラクタ
問題の説明を使用して、InvalidNameException のインスタンスを構築します。
InvalidNameException() - 例外 javax.naming.InvalidNameException のコンストラクタ
すべてのフィールドが null に設定された、InvalidNameException のインスタンスを構築します。
InvalidNameHelper - org.omg.CosNaming.NamingContextPackage の クラス
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/InvalidNameHelper.java。
InvalidNameHelper() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidNameHelper のコンストラクタ
 
InvalidNameHelper - org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage の クラス
org/omg/PortableInterceptor/ORBInitInfoPackage/InvalidNameHelper.java。
InvalidNameHelper() - クラス org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage.InvalidNameHelper のコンストラクタ
 
InvalidNameHolder - org.omg.CosNaming.NamingContextPackage の クラス
org/omg/CosNaming/NamingContextPackage/InvalidNameHolder.java。
InvalidNameHolder() - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidNameHolder のコンストラクタ
 
InvalidNameHolder(InvalidName) - クラス org.omg.CosNaming.NamingContextPackage.InvalidNameHolder のコンストラクタ
 
InvalidObjectException - java.io の 例外
1 つ以上の直列化復元オブジェクトが検証をパスしなかったことを示します。
InvalidObjectException(String) - 例外 java.io.InvalidObjectException のコンストラクタ
InvalidObjectException を構築します。
InvalidOpenTypeException - javax.management.openmbean の 例外
この実行時例外は、「公開データ」値の「公開型」が予想していた値と異なる場合にスローされます。
InvalidOpenTypeException() - 例外 javax.management.openmbean.InvalidOpenTypeException のコンストラクタ
詳細メッセージを持たない InvalidOpenTypeException です。
InvalidOpenTypeException(String) - 例外 javax.management.openmbean.InvalidOpenTypeException のコンストラクタ
詳細メッセージを持つ InvalidOpenTypeException です。
InvalidParameterException - java.security の 例外
メソッドに無効なパラメータが渡されると、JCA または JCE エンジンクラスのために設計された、この例外がスローされます。
InvalidParameterException() - 例外 java.security.InvalidParameterException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InvalidParameterException を構築します。
InvalidParameterException(String) - 例外 java.security.InvalidParameterException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InvalidParameterException を構築します。
InvalidParameterSpecException - java.security.spec の 例外
無効なパラメータ仕様の例外です。
InvalidParameterSpecException() - 例外 java.security.spec.InvalidParameterSpecException のコンストラクタ
詳細メッセージを指定しないで InvalidParameterSpecException を構築します。
InvalidParameterSpecException(String) - 例外 java.security.spec.InvalidParameterSpecException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ InvalidParameterSpecException を構築します。
InvalidPolicy - org.omg.PortableServer.POAPackage の 例外
org/omg/PortableServer/POAPackage/InvalidPolicy.java。
InvalidPolicy() - 例外 org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicy のコンストラクタ
 
InvalidPolicy(short) - 例外 org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicy のコンストラクタ
 
InvalidPolicy(String, short) - 例外 org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicy のコンストラクタ
 
InvalidPolicyHelper - org.omg.PortableServer.POAPackage の クラス
org/omg/PortableServer/POAPackage/InvalidPolicyHelper.java。
InvalidPolicyHelper() - クラス org.omg.PortableServer.POAPackage.InvalidPolicyHelper のコンストラクタ
 
InvalidPreferencesFormatException - java.util.prefs の 例外
入力が設定のコレクション用の適切な XML ドキュメントタイプに準拠していない、つまり Preferences の仕様に準拠していないために、操作を完了できなかった場合にスローされます。
InvalidPreferencesFormatException(Throwable) - 例外 java.util.prefs.InvalidPreferencesFormatException のコンストラクタ
指定された原因を使用して InvalidPreferencesFormatException を生成します。
InvalidPreferencesFormatException(String) - 例外 java.util.prefs.InvalidPreferencesFormatException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージで InvalidPreferencesFormatException を生成します。
InvalidPreferencesFormatException(String, Throwable) - 例外 java.util.prefs.InvalidPreferencesFormatException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージと原因を使用して InvalidPreferencesFormatException を生成します。
InvalidPropertiesFormatException - java.util の 例外
入力がプロパティーのコレクション用の適切な XML ドキュメントタイプに準拠していない、つまり Properties の仕様に準拠していないために、操作を完了できなかった場合にスローされます。
InvalidPropertiesFormatException(Throwable) - 例外 java.util.InvalidPropertiesFormatException のコンストラクタ
指定された原因を使用して InvalidPropertiesFormatException を生成します。
InvalidPropertiesFormatException(String) - 例外 java.util.InvalidPropertiesFormatException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージで InvalidPropertiesFormatException を生成します。
InvalidRelationIdException - javax.management.relation の 例外
この例外は、関係に対して、すでに使用されている関係 ID が提供された場合に発行されます。
InvalidRelationIdException() - 例外 javax.management.relation.InvalidRelationIdException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidRelationIdException(String) - 例外 javax.management.relation.InvalidRelationIdException のコンストラクタ
指定されたメッセージが例外に追加されたコンストラクタです。
InvalidRelationServiceException - javax.management.relation の 例外
この例外は、提供された関係サービスが無効な場合に発行されます。
InvalidRelationServiceException() - 例外 javax.management.relation.InvalidRelationServiceException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidRelationServiceException(String) - 例外 javax.management.relation.InvalidRelationServiceException のコンストラクタ
指定されたメッセージが例外に追加されたコンストラクタです。
InvalidRelationTypeException - javax.management.relation の 例外
関係型が無効です。
InvalidRelationTypeException() - 例外 javax.management.relation.InvalidRelationTypeException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidRelationTypeException(String) - 例外 javax.management.relation.InvalidRelationTypeException のコンストラクタ
指定されたメッセージが例外に追加されたコンストラクタです。
InvalidRoleInfoException - javax.management.relation の 例外
この例外は、ロール情報において、最小値が最大値よりも大きい場合に発行されます。
InvalidRoleInfoException() - 例外 javax.management.relation.InvalidRoleInfoException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidRoleInfoException(String) - 例外 javax.management.relation.InvalidRoleInfoException のコンストラクタ
指定されたメッセージが例外に追加されたコンストラクタです。
InvalidRoleValueException - javax.management.relation の 例外
ロール値が無効です。
InvalidRoleValueException() - 例外 javax.management.relation.InvalidRoleValueException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidRoleValueException(String) - 例外 javax.management.relation.InvalidRoleValueException のコンストラクタ
指定されたメッセージが例外に追加されたコンストラクタです。
InvalidSearchControlsException - javax.naming.directory の 例外
この例外は、検索操作のための SearchControls の指定が無効な場合にスローされます。
InvalidSearchControlsException() - 例外 javax.naming.directory.InvalidSearchControlsException のコンストラクタ
InvalidSearchControlsException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidSearchControlsException(String) - 例外 javax.naming.directory.InvalidSearchControlsException のコンストラクタ
説明を使用して、InvalidSearchControlsException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidSearchFilterException - javax.naming.directory の 例外
この例外は、検索フィルタの指定が無効である場合にスローされます。
InvalidSearchFilterException() - 例外 javax.naming.directory.InvalidSearchFilterException のコンストラクタ
InvalidSearchFilterException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidSearchFilterException(String) - 例外 javax.naming.directory.InvalidSearchFilterException のコンストラクタ
説明を使用して、InvalidSearchFilterException の新しいインスタンスを構築します。
InvalidSeq - org.omg.CORBA.DynAnyPackage の 例外
InvalidSeq 例外は、シーケンス (Java 配列) を引数に取る動的 Any に対するすべてのオペレーションにより、そのシーケンスが無効な場合にスローされます。
InvalidSeq() - 例外 org.omg.CORBA.DynAnyPackage.InvalidSeq のコンストラクタ
InvalidSeq オブジェクトを構築します。
InvalidSeq(String) - 例外 org.omg.CORBA.DynAnyPackage.InvalidSeq のコンストラクタ
InvalidSeq オブジェクトを構築します。
InvalidSlot - org.omg.PortableInterceptor の 例外
org/omg/PortableInterceptor/InvalidSlot.java。
InvalidSlot() - 例外 org.omg.PortableInterceptor.InvalidSlot のコンストラクタ
 
InvalidSlot(String) - 例外 org.omg.PortableInterceptor.InvalidSlot のコンストラクタ
 
InvalidSlotHelper - org.omg.PortableInterceptor の クラス
org/omg/PortableInterceptor/InvalidSlotHelper.java。
InvalidSlotHelper() - クラス org.omg.PortableInterceptor.InvalidSlotHelper のコンストラクタ
 
InvalidTargetObjectTypeException - javax.management.modelmbean の 例外
指定されたターゲットオブジェクト型が無効な場合にスローされる例外です。
InvalidTargetObjectTypeException() - 例外 javax.management.modelmbean.InvalidTargetObjectTypeException のコンストラクタ
デフォルトのコンストラクタです。
InvalidTargetObjectTypeException(String) - 例外 javax.management.modelmbean.InvalidTargetObjectTypeException のコンストラクタ
文字列からのコンストラクタです。
InvalidTargetObjectTypeException(Exception, String) - 例外 javax.management.modelmbean.InvalidTargetObjectTypeException のコンストラクタ
例外と文字列を取るコンストラクタです。
InvalidTransactionException - javax.transaction の 例外
この例外は、その要求によって無効なトランザクションコンテキストが伝送されたことを示します。
InvalidTransactionException() - 例外 javax.transaction.InvalidTransactionException のコンストラクタ
 
InvalidTransactionException(String) - 例外 javax.transaction.InvalidTransactionException のコンストラクタ
 
InvalidTypeForEncoding - org.omg.IOP.CodecPackage の 例外
org/omg/IOP/CodecPackage/InvalidTypeForEncoding.java。
InvalidTypeForEncoding() - 例外 org.omg.IOP.CodecPackage.InvalidTypeForEncoding のコンストラクタ
 
InvalidTypeForEncoding(String) - 例外 org.omg.IOP.CodecPackage.InvalidTypeForEncoding のコンストラクタ
 
InvalidTypeForEncodingHelper - org.omg.IOP.CodecPackage の クラス
org/omg/IOP/CodecPackage/InvalidTypeForEncodingHelper.java。
InvalidTypeForEncodingHelper() - クラス org.omg.IOP.CodecPackage.InvalidTypeForEncodingHelper のコンストラクタ
 
InvalidValue - org.omg.CORBA.DynAnyPackage の 例外
 
InvalidValue() - 例外 org.omg.CORBA.DynAnyPackage.InvalidValue のコンストラクタ
InvalidValue オブジェクトを構築します。
InvalidValue(String) - 例外 org.omg.CORBA.DynAnyPackage.InvalidValue のコンストラクタ
InvalidValue オブジェクトを構築します。
InvalidValue - org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage の 例外
org/omg/DynamicAny/DynAnyPackage/InvalidValue.java。
InvalidValue() - 例外 org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.InvalidValue のコンストラクタ
 
InvalidValue(String) - 例外 org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.InvalidValue のコンストラクタ
 
InvalidValueHelper - org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage の クラス
org/omg/DynamicAny/DynAnyPackage/InvalidValueHelper.java。
InvalidValueHelper() - クラス org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage.InvalidValueHelper のコンストラクタ
 
inverseTransform(Point2D, Point2D) - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
指定された ptSrc を逆変換して、その結果を ptDst に格納します。
inverseTransform(double[], int, double[], int, int) - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換によって倍精度の座標の配列を逆変換します。
invert() - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この変換を自身の逆変換に設定します。
INVITE - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
INVITE_ENVELOPE の別名です。
INVITE_ENVELOPE - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
Invitation Envelope、220 x 220 mm の MediaType インスタンスです。
Invocable - javax.script の インタフェース
以前に実行されたスクリプト内の手続きの呼び出しを許可するメソッドを持つ ScriptEngines によって実装されるオプションのインタフェースです。
INVOCATION_DEFAULT - クラス java.awt.event.InvocationEvent の static 変数
すべての InvocationEvent に対するデフォルトの識別子です。
INVOCATION_EVENT_MASK - クラス java.awt.AWTEvent の static 変数
呼び出しイベント選択用のイベントマスクです。
INVOCATION_FIRST - クラス java.awt.event.InvocationEvent の static 変数
呼び出しイベント識別子を表す整数型の範囲の、最初の番号です。
INVOCATION_LAST - クラス java.awt.event.InvocationEvent の static 変数
呼び出しイベント識別子を表す整数型の範囲の、最後の番号です。
InvocationEvent - java.awt.event の クラス
AWT イベントのディスパッチャースレッドによってディスパッチされたときに、Runnable 上で run() メソッドを実行するイベントです。
InvocationEvent(Object, Runnable) - クラス java.awt.event.InvocationEvent のコンストラクタ
InvocationEvent を構築します。
InvocationEvent(Object, Runnable, Object, boolean) - クラス java.awt.event.InvocationEvent のコンストラクタ
InvocationEvent を構築します。
InvocationEvent(Object, int, Runnable, Object, boolean) - クラス java.awt.event.InvocationEvent のコンストラクタ
InvocationEvent を構築します。
InvocationHandler - java.lang.reflect の インタフェース
InvocationHandler は、プロキシインスタンスの呼び出しハンドラが実装するインタフェースです。
InvocationTargetException - java.lang.reflect の 例外
InvocationTargetException は、呼び出されるメソッドまたはコンストラクタがスローする例外をラップする、チェック済み例外です。
InvocationTargetException() - 例外 java.lang.reflect.InvocationTargetException のコンストラクタ
ターゲット例外に null を指定して、InvocationTargetException を構築します。
InvocationTargetException(Throwable) - 例外 java.lang.reflect.InvocationTargetException のコンストラクタ
ターゲット例外を使用して InvocationTargetException を構築します。
InvocationTargetException(Throwable, String) - 例外 java.lang.reflect.InvocationTargetException のコンストラクタ
ターゲット例外および詳細メッセージを使用して、InvocationTargetException を構築します。
INVOICE - クラス java.awt.PageAttributes.MediaType の static 変数
Invoice、5 1/2 x 8 1/2 in. の MediaType インスタンスです。
INVOICE - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSize.Other の static 変数
請求書サイズ、つまり横 5.5 inch、縦 8.5 inch を指定します。
INVOICE - クラス javax.print.attribute.standard.MediaSizeName の static 変数
請求書サイズ
invoke(Object, Method, Object[]) - クラス java.beans.EventHandler のメソッド
イベントから適切なプロパティー値を抽出し、この EventHandler に関連付けられているアクションに渡します。
invoke(Object, Method, Object[]) - インタフェース java.lang.reflect.InvocationHandler のメソッド
プロキシインスタンスでメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
invoke(Object, Object...) - クラス java.lang.reflect.Method のメソッド
この Method オブジェクトによって表される基本となるメソッドを、指定したオブジェクトに対して指定したパラメータで呼び出します。
invoke(Object, Method, Object[]) - クラス java.rmi.server.RemoteObjectInvocationHandler のメソッド
このオブジェクトをカプセル化しているプロキシインスタンス proxy 上で発行されたメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
invoke(Remote, Method, Object[], long) - インタフェース java.rmi.server.RemoteRef のメソッド
メソッドを呼び出します。
invoke(RemoteCall) - インタフェース java.rmi.server.RemoteRef のメソッド
推奨されていません。 JDK 1.2 形式のスタブは、このメソッドを使用しません。リモート参照で一連のメソッド呼び出し (newCallinvoke、および done) を使う代わりに、スタブはリモート参照で invoke(Remote, Method, Object[], int) メソッドだけを使ってパラメータの整列化、リモートメソッドの実行、および戻り値の非整列化を実行します。
invoke(String, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.DynamicMBean のメソッド
Dynamic MBean 上でのアクションの実行を許可します。
invoke(ObjectName, String, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 
invoke(ObjectName, String, Object[], String[]) - インタフェース javax.management.MBeanServerConnection のメソッド
MBean上でオペレーションを呼び出します。
invoke(Object, Method, Object[]) - クラス javax.management.MBeanServerInvocationHandler のメソッド
 
invoke(String, Object[], String[]) - クラス javax.management.modelmbean.RequiredModelMBean のメソッド
RequiredModelMBean からメソッドを呼び出し、その実行結果を返します。
invoke(Object, Method, Object[]) - クラス javax.management.openmbean.CompositeDataInvocationHandler のメソッド
 
invoke(ObjectName, String, MarshalledObject, String[], Subject) - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
MBeanServerConnection.invoke(ObjectName, String, Object[], String[]) メソッドを処理します。
invoke(ObjectName, String, MarshalledObject, String[], Subject) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl のメソッド
 
invoke(ObjectName, String, MarshalledObject, String[], Subject) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl_Stub のメソッド
 
invoke(String, Object[], String[]) - クラス javax.management.StandardMBean のメソッド
 
invoke(T) - インタフェース javax.xml.ws.Dispatch のメソッド
サービス操作を同期的に呼び出します。
invoke(T) - インタフェース javax.xml.ws.Provider のメソッド
要求メッセージのコンテンツに従って、操作を呼び出します。
invoke(ServerRequest) - クラス org.omg.CORBA.DynamicImplementation のメソッド
推奨されていません。 Portable Object Adapter では推奨されません。
invoke(Object, OutputStream) - クラス org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
invoke は操作を呼び出すためにスタブによって呼び出されます。
invoke() - クラス org.omg.CORBA.Request のメソッド
Request オブジェクトの情報を使用して同期呼び出しを行います。
invoke(ServerRequest) - クラス org.omg.CosNaming._BindingIteratorImplBase のメソッド
 
invoke(ServerRequest) - クラス org.omg.CosNaming._NamingContextImplBase のメソッド
 
invoke(ServerRequest) - クラス org.omg.PortableServer.DynamicImplementation のメソッド
DSI サーバントによって生成される CORBA オブジェクトに発行された要求を受信し、その要求を実行するのに必要な処理を行います。
invokeAll(Collection<? extends Callable<T>>) - クラス java.util.concurrent.AbstractExecutorService のメソッド
 
invokeAll(Collection<? extends Callable<T>>, long, TimeUnit) - クラス java.util.concurrent.AbstractExecutorService のメソッド
 
invokeAll(Collection<? extends Callable<T>>) - インタフェース java.util.concurrent.ExecutorService のメソッド
指定されたタスクを実行し、すべて完了すると、ステータスと結果を含む Future のリストを返します。
invokeAll(Collection<? extends Callable<T>>, long, TimeUnit) - インタフェース java.util.concurrent.ExecutorService のメソッド
指定されたタスクを実行し、すべてが完了するか時間切れになるか、そのいずれかが最初に発生した時点で、ステータスと結果を含む Future のリストを返します。
invokeAndWait(Runnable) - クラス java.awt.EventQueue の static メソッド
runnablerun メソッドが the system EventQueue のディスパッチスレッドで呼び出されるようにします。
invokeAndWait(Runnable) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
doRun.run() を、AWT イベントディスパッチスレッドで非同期的に実行させます。
invokeAny(Collection<? extends Callable<T>>) - クラス java.util.concurrent.AbstractExecutorService のメソッド
 
invokeAny(Collection<? extends Callable<T>>, long, TimeUnit) - クラス java.util.concurrent.AbstractExecutorService のメソッド
 
invokeAny(Collection<? extends Callable<T>>) - インタフェース java.util.concurrent.ExecutorService のメソッド
指定されたタスクを実行し、例外をスローせずに正常に完了したタスクが存在する場合は、その結果を返します。
invokeAny(Collection<? extends Callable<T>>, long, TimeUnit) - インタフェース java.util.concurrent.ExecutorService のメソッド
指定されたタスクを実行し、タイムアウトが経過する前に例外をスローせずに正常に完了したタスクが存在する場合は、その結果を返します。
invokeAsync(T) - インタフェース javax.xml.ws.Dispatch のメソッド
サービス操作を非同期的に呼び出します。
invokeAsync(T, AsyncHandler<T>) - インタフェース javax.xml.ws.Dispatch のメソッド
サービス操作を非同期的に呼び出します。
invokeFunction(String, Object...) - インタフェース javax.script.Invocable のメソッド
スクリプト内で定義されたトップレベルの手続きと関数を呼び出すために使用されます。
InvokeHandler - org.omg.CORBA.portable の インタフェース
このインタフェースは、着信呼び出しのディスパッチ機構を提供します。
invokeLater(Runnable) - クラス java.awt.EventQueue の static メソッド
runnablerun メソッドが the system EventQueue のディスパッチスレッドで呼び出されるようにします。
invokeLater(Runnable) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
doRun.run() を、AWT イベントディスパッチスレッドで非同期的に実行させます。
invokeMethod(Object, String, Object...) - インタフェース javax.script.Invocable のメソッド
ScriptEngine の状態に保持されている、以前のスクリプトの実行中にコンパイルされたスクリプトオブジェクト上のメソッドを呼び出します。
invokeOneWay(T) - インタフェース javax.xml.ws.Dispatch のメソッド
一方向対話モードを使用してサービス操作を呼び出します。
INVOKES_STOP_CELL_EDITING_PROPERTY - クラス javax.swing.JTree の static 変数
messagesStopCellEditing のバウンドプロパティー名です。
invokesStopCellEditing - クラス javax.swing.JTree の変数
true の場合、選択の変更、ツリー内のデータの変更、またはほかの手段によって編集が停止されたときに、stopCellEditing が呼び出され、変更が保存されます。
IOError - java.io の エラー
重大な入出力エラーが発生したときにスローされます。
IOError(Throwable) - エラー java.io.IOError のコンストラクタ
指定された原因で IOError の新しいインスタンスを構築します。
IOException - java.io の 例外
なんらかの入出力例外の発生を通知するシグナルを発生させます。
IOException() - 例外 java.io.IOException のコンストラクタ
エラー詳細メッセージとして null を設定して IOException を構築します。
IOException(String) - 例外 java.io.IOException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージを持つ IOException を構築します。
IOException(String, Throwable) - 例外 java.io.IOException のコンストラクタ
指定された詳細メッセージと原因を持つ IOException を構築します。
IOException(Throwable) - 例外 java.io.IOException のコンストラクタ
指定された原因と詳細メッセージ (cause==null ? null : cause.toString()) を持つ IOException を構築します (通常、クラスと cause の詳細メッセージを含みます)。
ioException() - クラス java.util.Formatter のメソッド
このフォーマッタの Appendable により最後にスローされた IOException を返します。
ioException() - クラス java.util.Scanner のメソッド
この Scanner の基になる Readable が最後にスローした IOException を返します。
IOR - org.omg.IOP の クラス
org/omg/IOP/IOR.java。
IOR() - クラス org.omg.IOP.IOR のコンストラクタ
 
IOR(String, TaggedProfile[]) - クラス org.omg.IOP.IOR のコンストラクタ
 
IORHelper - org.omg.IOP の クラス
org/omg/IOP/IORHelper.java。
IORHelper() - クラス org.omg.IOP.IORHelper のコンストラクタ
 
IORHolder - org.omg.IOP の クラス
org/omg/IOP/IORHolder.java。
IORHolder() - クラス org.omg.IOP.IORHolder のコンストラクタ
 
IORHolder(IOR) - クラス org.omg.IOP.IORHolder のコンストラクタ
 
IORInfo - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
サーバー側の ORB サービスが IOR の作成時に適切なポリシーにアクセスしたり、コンポーネントを追加したりできるようにします。
IORInfoOperations - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
サーバー側の ORB サービスが IOR の作成時に適切なポリシーにアクセスしたり、コンポーネントを追加したりできるようにします。
IORInterceptor - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
IOR 内のプロファイルに格納されるタグ付きコンポーネントの作成に使用されるインタセプタです。
IORInterceptor_3_0 - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
org/omg/PortableInterceptor/IORInterceptor_3_0.java。
IORInterceptor_3_0Helper - org.omg.PortableInterceptor の クラス
org/omg/PortableInterceptor/IORInterceptor_3_0Helper.java。
IORInterceptor_3_0Helper() - クラス org.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Helper のコンストラクタ
 
IORInterceptor_3_0Holder - org.omg.PortableInterceptor の クラス
org/omg/PortableInterceptor/IORInterceptor_3_0Holder.java。
IORInterceptor_3_0Holder() - クラス org.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Holder のコンストラクタ
 
IORInterceptor_3_0Holder(IORInterceptor_3_0) - クラス org.omg.PortableInterceptor.IORInterceptor_3_0Holder のコンストラクタ
 
IORInterceptor_3_0Operations - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
org/omg/PortableInterceptor/IORInterceptor_3_0Operations.java。
IORInterceptorOperations - org.omg.PortableInterceptor の インタフェース
IOR 内のプロファイルに格納されるタグ付きコンポーネントの作成に使用されるインタセプタです。
IP_MULTICAST_IF - インタフェース java.net.SocketOptions の static 変数
マルチキャストパケットを送信する送出インタフェースをどれにするか設定します。
IP_MULTICAST_IF2 - インタフェース java.net.SocketOptions の static 変数
上記と同じです。
IP_MULTICAST_LOOP - インタフェース java.net.SocketOptions の static 変数
このオプションは、マルチキャストデータグラムのローカルループバックを有効または無効にします。
IP_TOS - インタフェース java.net.SocketOptions の static 変数
このオプションは、TCP または UDP ソケットの IP ヘッダーのサービスの型またはトラフィッククラスフィールドを設定します。
IPA_EXTENSIONS - クラス java.lang.Character.UnicodeBlock の static 変数
「IPA Extensions」Unicode 文字ブロックの定数です。
ipadx - クラス java.awt.GridBagConstraints の変数
コンポーネントの内側のパディング、つまりコンポーネントの最小幅に追加する領域の値を指定します。
ipady - クラス java.awt.GridBagConstraints の変数
コンポーネントの内側のパディング、つまりコンポーネントの最小の高さに追加する領域の値を指定します。
IRObject - org.omg.CORBA の インタフェース
IRObject IDL インタフェースは、ほかのすべてのインタフェースリポジトリインタフェースの派生元である、もっとも総称的なインタフェースを表します。
IRObjectOperations - org.omg.CORBA の インタフェース
IRObject からのマッピングに使用するオペレーションインタフェースです。
is_a(Object, String) - クラス org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
オブジェクト参照が、指定されたインタフェースのインスタンスであるかどうかを判定します。
is_a(Servant, String) - インタフェース org.omg.PortableServer.portable.Delegate のメソッド
このメソッドでは、指定された repid が、_all_interfaces() から返されたリストに存在するかどうか、または総称 CORBA オブジェクトのリポジトリ ID であるかどうかを確認します。
IS_CLOSED_PROPERTY - クラス javax.swing.JInternalFrame の static 変数
内部フレームが閉じられていることを示す制約プロパティー名です。
IS_COALESCING - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory の static 変数
隣接する文字データセクションの合体をパーサーに要求するプロパティーです。
is_equivalent(Object, Object) - クラス org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
2 つのオブジェクト参照が等価かどうかを判定します。
IS_ICON_PROPERTY - クラス javax.swing.JInternalFrame の static 変数
内部フレームがアイコン化されていることを示す制約プロパティー名です。
is_local(Object) - クラス org.omg.CORBA.portable.Delegate のメソッド
このオブジェクトがローカルサーバントによって実装される場合は true を返します。
IS_MAXIMUM_PROPERTY - クラス javax.swing.JInternalFrame の static 変数
内部フレームが最大化されていることを示す制約プロパティー名です。
IS_NAMESPACE_AWARE - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory の static 変数
名前空間サポートのオン/オフの切り替えに使用するプロパティーです。
is_null() - クラス org.omg.DynamicAny._DynValueStub のメソッド
DynValueCommon が null の値型を表す場合、true を返します。
is_null() - インタフェース org.omg.DynamicAny.DynValueCommonOperations のメソッド
DynValueCommon が null の値型を表す場合、true を返します。
IS_PALETTE - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalInternalFrameUI の static 変数
 
IS_REPAIRING_NAMESPACES - クラス javax.xml.stream.XMLOutputFactory の static 変数
接頭辞を出力側でデフォルト設定するために使用されるプロパティー。
IS_REPLACING_ENTITY_REFERENCES - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory の static 変数
内部エンティティー参照を置換テキストに置き換え、それらを文字として報告することをパーサーに要求します。
IS_SELECTED_PROPERTY - クラス javax.swing.JInternalFrame の static 変数
このフレームが選択されている状態であることを示す制約プロパティー名です。
IS_SUPPORTING_EXTERNAL_ENTITIES - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory の static 変数
外部の解析対象エンティティーの解決をパーサーに要求するプロパティーです。
IS_VALIDATING - クラス javax.xml.stream.XMLInputFactory の static 変数
実装に固有の検証のオン/オフを切り替えるために使用するプロパティーです。
isAbsolute() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が絶対かどうかを判定します。
isAbsolute() - クラス java.net.URI のメソッド
この URI が絶対かどうかを通知します。
isAbstract(int) - クラス java.lang.reflect.Modifier の static メソッド
整数の引数に abstract 修飾子が含まれる場合は true を、含まれない場合は false を返します。
isAccelerated() - クラス java.awt.ImageCapabilities のメソッド
この ImageCapabilities に機能がカプセル化されるオブジェクトが高速化できる場合、またはすでに高速化されている場合は、true を返します。
isAcceleratorHidden() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalToolTipUI のメソッド
 
isAcceptable() - クラス java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
このキーのチャネルが新しいソケット接続を受け付けられる状態になっているかどうかをテストします。
isAcceptAllFileFilterUsed() - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
AcceptAll FileFilter が使用されるかどうかを返します。
isAccessible() - クラス java.lang.reflect.AccessibleObject のメソッド
このオブジェクトの accessible フラグの値を取得します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス java.awt.List.AccessibleAWTList のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されている場合に true を返します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されているかどうかを示します。
isAccessibleChildSelected(int) - インタフェース javax.accessibility.AccessibleSelection のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されているかどうかを示します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JComboBox.AccessibleJComboBox のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されているかどうかを示します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されている場合に true を返します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JMenu.AccessibleJMenu のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されている場合、つまりこの子がサブメニューに表示されている場合は、true を返します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JMenuBar.AccessibleJMenuBar のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されている場合に true を返します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JTabbedPane.AccessibleJTabbedPane のメソッド
 
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されているかどうかを示します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されている場合に true を返します。
isAccessibleChildSelected(int) - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree のメソッド
このオブジェクトの現在の子が選択されている場合に true を返します。
isAccessibleColumnSelected(int) - インタフェース javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
指定された列が選択されているかどうかを示す boolean 型の値を返します。
isAccessibleColumnSelected(int) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
指定された列が選択されているかどうかを示す boolean 型の値を返します。
isAccessibleRowSelected(int) - インタフェース javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
指定された行が選択されているかどうかを示す boolean 型の値を返します。
isAccessibleRowSelected(int) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
指定された行が選択されているかどうかを示す boolean 型の値を返します。
isAccessibleSelected(int, int) - インタフェース javax.accessibility.AccessibleTable のメソッド
指定された行および列の位置にあるユーザー補助機能が選択されているかどうかを示す boolean 型の値を返します。
isAccessibleSelected(int, int) - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable のメソッド
指定された行および列の位置にあるアクセシビリティーが選択されているかどうかを示す boolean 値を返します。
isActionKey() - クラス java.awt.event.KeyEvent のメソッド
このイベントのキーが「アクション」キーであるかどうかを返します。
isActive() - クラス java.applet.Applet のメソッド
アプレットがアクティブかどうかを判定します。
isActive() - インタフェース java.applet.AppletStub のメソッド
アプレットがアクティブかどうかを判定します。
isActive() - クラス java.awt.dnd.DropTarget のメソッド
この DropTarget が現在アクティブである (ドロップを受け入れる準備ができている) かどうかを報告します。
isActive() - クラス java.awt.Window のメソッド
この Window がアクティブであるかどうかを返します。
isActive() - クラス javax.management.monitor.Monitor のメソッド
モニター MBean がアクティブかどうかをテストします。
isActive() - インタフェース javax.management.monitor.MonitorMBean のメソッド
モニター MBean がアクティブかどうかをテストします。
isActive() - クラス javax.management.relation.RelationService のメソッド
関係サービスがアクティブかどうかをチェックします。
isActive() - インタフェース javax.management.relation.RelationServiceMBean のメソッド
関係サービスがアクティブかどうかをチェックします。
isActive() - インタフェース javax.management.remote.JMXConnectorServerMBean のメソッド
 コネクタサーバーがアクティブかどうかを判定します。
isActive() - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectorServer のメソッド
 
isActive() - クラス javax.management.timer.Timer のメソッド
タイマー MBean がアクティブかどうかをテストします。
isActive() - インタフェース javax.management.timer.TimerMBean のメソッド
タイマー MBean がアクティブかどうかをテストします。
isActive() - インタフェース javax.sound.sampled.DataLine のメソッド
ラインがアクティブな入出力 (再生や取り込みなど) を実行しているかどうかを示します。
isActive() - クラス javax.swing.text.DefaultCaret のメソッド
キャレットが現在アクティブであるかどうかを判定します。
isAddedPath() - クラス javax.swing.event.TreeSelectionEvent のメソッド
最初のパス要素が選択範囲に追加された場合は true を返します。
isAddedPath(TreePath) - クラス javax.swing.event.TreeSelectionEvent のメソッド
path で指定されるパスが選択範囲に追加された場合は true を返します。
isAddedPath(int) - クラス javax.swing.event.TreeSelectionEvent のメソッド
index で指定されるパスが選択範囲に追加された場合は true を返します。
isAfter(int, int, Rectangle) - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
ある点が、割り当てられた領域のあとにあるかどうかを判定します。
isAfter(int, int, Rectangle) - クラス javax.swing.text.CompositeView のメソッド
ある点が、矩形範囲の後ろにあるかどうかを判定します。
isAfterLast() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
カーソルがこの ResultSet オブジェクト内の最終行より後ろにあるかどうかを取得します。
isAlive() - クラス java.lang.Thread のメソッド
このスレッドが生存しているかどうかを判定します。
isAllocationValid() - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
子への割り当てが現在も有効かどうかを判定します。
isAlphaPremultiplied() - クラス java.awt.image.BufferedImage のメソッド
アルファがあらかじめ乗算されているかどうかを返します。
isAlphaPremultiplied() - クラス java.awt.image.ColorModel のメソッド
この ColorModel で変換されるピクセル値でアルファがあらかじめ乗算されているかどうかを返します。
isAltDown() - クラス java.awt.event.InputEvent のメソッド
イベントで Alt キーが押されていたかどうかを返します。
isAltGraphDown() - クラス java.awt.event.InputEvent のメソッド
イベントで AltGraph キーが押されていたかどうかを返します。
isAlwaysOnTop() - クラス java.awt.Window のメソッド
このウィンドウが最前面ウィンドウであるかどうかを返します。
isAlwaysOnTopSupported() - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
最前面モードがこのツールキットでサポートされているかどうかを返します。
isAlwaysOnTopSupported() - クラス java.awt.Window のメソッド
最前面モードがこのウィンドウでサポートされているかどうかを返します。
isAncestorOf(Component) - クラス java.awt.Container のメソッド
コンポーネントがこのコンテナのコンポーネント階層に格納されているかどうかを判定します。
isAnnotation() - クラス java.lang.Class のメソッド
Class オブジェクトが注釈型を表す場合は true を返します。
isAnnotationPresent(Class<? extends Annotation>) - クラス java.lang.Class のメソッド
 
isAnnotationPresent(Class<? extends Annotation>) - クラス java.lang.Package のメソッド
 
isAnnotationPresent(Class<? extends Annotation>) - クラス java.lang.reflect.AccessibleObject のメソッド
 
isAnnotationPresent(Class<? extends Annotation>) - インタフェース java.lang.reflect.AnnotatedElement のメソッド
指定された型の注釈がこの要素に存在する場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
isAnonymous() - インタフェース org.ietf.jgss.GSSName のメソッド
この名前オブジェクトが匿名のエンティティーを表しているかどうかテストします。
isAnonymousClass() - クラス java.lang.Class のメソッド
基本となるクラスが匿名クラスである場合だけ true を返します。
isAntiAliased() - クラス java.awt.font.FontRenderContext のメソッド
この FontRenderContext で何らかのアンチエイリアス処理が指定されているかどうかを示す boolean 値を返します。
isAnyLocalAddress() - クラス java.net.Inet4Address のメソッド
InetAddress がワイルドカードアドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isAnyLocalAddress() - クラス java.net.Inet6Address のメソッド
InetAddress がワイルドカードアドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isAnyLocalAddress() - クラス java.net.InetAddress のメソッド
InetAddress がワイルドカードアドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isAnyPolicyInhibited() - クラス java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
任意のポリシー OID が証明書に含まれるとき、そのポリシー OID が処理されるべきかどうかをチェックします。
isArmed() - インタフェース javax.swing.ButtonModel のメソッド
ボタンが作動準備状態であることを示します。
isArmed() - クラス javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
ボタンが作動準備状態であることを示します。
isArmed() - クラス javax.swing.JMenuItem のメソッド
メニュー項目の「作動準備が整っている」かどうかを返します。
isArray() - クラス java.lang.Class のメソッド
この Class オブジェクトが配列クラスを表すかどうかを判定します。
isArray() - クラス javax.management.openmbean.OpenType のメソッド
この公開型が記述する公開データ値が配列の場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
isAscending() - クラス javax.naming.ldap.SortKey のメソッド
ソート順序を特定します。
isAssignable(TypeMirror, TypeMirror) - インタフェース javax.lang.model.util.Types のメソッド
ある型を別の型に代入できるかどうかをテストします。
isAssignableFrom(Class<?>) - クラス java.lang.Class のメソッド
この Class オブジェクトが表すクラスまたはインタフェースが、指定された Class パラメータが表すクラスまたはインタフェースと等しいかどうか、あるいはそのスーパークラスあるいはスーパーインタフェースであるかどうかを判定します。
isAttribute() - インタフェース javax.xml.stream.events.XMLEvent のメソッド
このイベントが Attribute かどうかを調べるユーティリティー機能です。
isAttributeCategorySupported(Class<? extends Attribute>) - インタフェース javax.print.PrintService のメソッド
この印刷サービスのジョブ設定時に、クライアントが特定の印刷属性カテゴリを指定可能かどうかを判別します。
isAttributeRequired(String, String) - インタフェース javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormat のメソッド
名前付き属性が名前付き要素内に存在する必要がある場合に true を返します。
isAttributeRequired(String, String) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataFormatImpl のメソッド
 
isAttributeSpecified(int) - クラス javax.xml.stream.util.StreamReaderDelegate のメソッド
 
isAttributeSpecified(int) - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamReader のメソッド
この属性がデフォルトで作成されたかどうかを示す boolean 値を返します。
isAttributeValueSupported(Attribute, DocFlavor, AttributeSet) - インタフェース javax.print.PrintService のメソッド
この Print Service 用のジョブ設定時に、クライアントが特定の印刷属性値を指定可能かどうかを判別します。
isAuthorized() - クラス javax.security.sasl.AuthorizeCallback のメソッド
認証 ID が承認 ID の代わりに動作できるかどうかを判定します。
isAutoDetecting() - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
このデコーダが自動検出文字セットを実装するかどうかを判断します。
isAutoFormSubmission() - クラス javax.swing.text.html.HTMLEditorKit のメソッド
html フォームの送信が自動的に処理されるか、FormSubmitEvent がトリガーされるだけかを示します。
isAutoIncrement(int) - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData のメソッド
指定された列が自動的に番号付けされるかどうかを示します。
isAutoIncrement(int) - クラス javax.sql.rowset.RowSetMetaDataImpl のメソッド
指定された列に格納された値に自動的に番号が付けられるかどうか、つまりこの値が読み取り専用であるかどうかを確認します。
isAutoScrolling - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup の変数
 
isAutoWaitForIdle() - クラス java.awt.Robot のメソッド
イベント生成後、この Robot が waitForIdle を自動で起動するかどうかを返します。
isBackgroundSet() - クラス java.awt.Component のメソッド
バックグラウンドカラーがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
isBackingStoreEnabled() - クラス javax.swing.JViewport のメソッド
推奨されていません。 Java 2 プラットフォーム 1.3 以降、getScrollMode() に置き換えられました。
isBefore(int, int, Rectangle) - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
ある点が、割り当てられた領域の前にあるかどうかを判定します。
isBefore(int, int, Rectangle) - クラス javax.swing.text.CompositeView のメソッド
ある点が、矩形範囲の前にあるかどうかを判定します。
isBeforeFirst() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
カーソルがこの ResultSet オブジェクト内の先頭行より前にあるかどうかを取得します。
isBigEndian() - クラス javax.sound.sampled.AudioFormat のメソッド
オーディオデータをビッグエンディアンあるいはリトルエンディアンのどちらのバイト順序で格納するかを指定します。
isBlock() - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag のメソッド
このタグが、構造体をドキュメントに追加するためのブロックタグである場合は true を返します。
isBlocking() - クラス java.nio.channels.SelectableChannel のメソッド
このチャネル上の個々の入出力操作が前の入出力操作が完了するまでブロックされるかどうかを判断します。
isBlocking() - クラス java.nio.channels.spi.AbstractSelectableChannel のメソッド
 
isBlockTag(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.html.HTMLWriter のメソッド
要素に対応する HTML タグが block タグかどうかを判定します。
isBold() - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font オブジェクトのスタイルが BOLD かどうかを示します。
isBold(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
ボールド属性が設定されているかどうかを判定します。
isBootClassPathSupported() - インタフェース java.lang.management.RuntimeMXBean のメソッド
ブートストラップクラスローダーがクラスファイルの検索に使用するブートクラスパスメカニズムを Java 仮想マシンがサポートするかどうかをテストします。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.AbstractBorder のメソッド
このデフォルト実装は false を返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.BevelBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - インタフェース javax.swing.border.Border のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.CompoundBorder のメソッド
複合ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.EmptyBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.EtchedBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.LineBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.MatteBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.SoftBevelBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.border.TitledBorder のメソッド
ボーダーが不透明かどうかを返します。
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicBorders.SplitPaneBorder のメソッド
 
isBorderOpaque() - クラス javax.swing.plaf.BorderUIResource のメソッド
 
isBorderPainted() - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
borderPainted プロパティーを返します。
isBorderPainted() - クラス javax.swing.JMenuBar のメソッド
メニューバーのボーダーをペイントする必要がある場合に true を返します。
isBorderPainted() - クラス javax.swing.JPopupMenu のメソッド
ボーダーをペイントするかどうかを調べます。
isBorderPainted() - クラス javax.swing.JProgressBar のメソッド
borderPainted プロパティーを返します。
isBorderPainted() - クラス javax.swing.JToolBar のメソッド
borderPainted プロパティーを返します。
isBorderPaintedFlat() - クラス javax.swing.JCheckBox のメソッド
borderPaintedFlat プロパティーの値を取得します。
isBound() - クラス java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
バウンドプロパティーを更新し、プロパティーの変更時に PropertyChange イベントがトリガーされるようにします。
isBound() - クラス java.net.DatagramSocket のメソッド
ソケットのバインディング状態を返します。
isBound() - クラス java.net.ServerSocket のメソッド
ServerSocket のバインディング状態を返します。
isBound() - クラス java.net.Socket のメソッド
ソケットのバインディング状態を返します。
isBoundary(int) - クラス java.text.BreakIterator のメソッド
Returns true if the specified character offset is a text boundary.
isBridge() - クラス java.lang.reflect.Method のメソッド
このメソッドが橋渡し役のメソッドである場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
isBroken() - クラス java.util.concurrent.CyclicBarrier のメソッド
このバリアーが故障状態にあるかどうかを問い合わせます。
isCached() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageInputStream のメソッド
後方へのシークを可能にするために、この ImageInputStream がデータをキャッシュするため、true が返されます。
isCached() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageOutputStream のメソッド
後方へのシークを可能にするために、この ImageOutputStream がデータをキャッシュするため、true が返されます。
isCached() - インタフェース javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
逆シークを可能にするために、この ImageInputStream がデータ自体をキャッシュに格納する場合は true を返します。
isCached() - クラス javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
デフォルトの実装では false を返します。
isCached() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageInputStream のメソッド
後方へのシークを可能にするために、この ImageInputStream がデータをキャッシュするため、true が返されます。
isCached() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageOutputStream のメソッド
後方へのシークを可能にするために、この ImageOutputStream がデータをキャッシュするため、true が返されます。
isCachedFile() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageInputStream のメソッド
この ImageInputStream はファイルキャッシュを維持するため、true が返されます。
isCachedFile() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageOutputStream のメソッド
この ImageOutputStream はファイルキャッシュを維持するため、true が返されます。
isCachedFile() - インタフェース javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
この ImageInputStream が、逆シークを可能にするためにデータ自体をキャッシュに格納し、キャッシュが一時ファイルに保持される場合は true を返します。
isCachedFile() - クラス javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
デフォルトの実装では false を返します。
isCachedFile() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageInputStream のメソッド
この ImageInputStream はファイルキャッシュを維持しないため、false が返されます。
isCachedFile() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageOutputStream のメソッド
この mageOutputStream はファイルキャッシュを維持しないため、false が返されます。
isCachedMemory() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageInputStream のメソッド
この ImageInputStream はメインメモリーキャッシュを維持しないため、false が返されます。
isCachedMemory() - クラス javax.imageio.stream.FileCacheImageOutputStream のメソッド
この ImageOutputStream はメインメモリーキャッシュを維持しないため、false が返されます。
isCachedMemory() - インタフェース javax.imageio.stream.ImageInputStream のメソッド
この ImageInputStream が、逆シークを有効にするためにデータ自体をキャッシュに格納し、キャッシュがメインメモリーに保持される場合は true を返します。
isCachedMemory() - クラス javax.imageio.stream.ImageInputStreamImpl のメソッド
デフォルトの実装では false を返します。
isCachedMemory() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageInputStream のメソッド
この ImageInputStream はメインメモリーキャッシュを維持するため、true が返されます。
isCachedMemory() - クラス javax.imageio.stream.MemoryCacheImageOutputStream のメソッド
この ImageOutputStream はメインメモリーキャッシュを維持するため、true が返されます。
isCanceled() - クラス javax.swing.ProgressMonitor のメソッド
ユーザーが進捗ダイアログで「取消し (Cancel)」ボタンを押した場合に true を返します。
isCancelled() - クラス java.awt.print.PrinterJob のメソッド
印刷ジョブが実行中であり、次の機会に取り消される予定の場合は true、そうでない場合は false を返します。
isCancelled() - インタフェース java.util.concurrent.Future のメソッド
このタスクが正常に完了する前に取り消された場合は true を返します。
isCancelled() - クラス java.util.concurrent.FutureTask のメソッド
 
isCancelled() - クラス javax.swing.SwingWorker のメソッド
このタスクが正常に完了する前に取り消された場合は true を返します。
isCaseIgnored() - インタフェース javax.naming.directory.Attributes のメソッド
属性の取り込みまたは追加をしているときに、属性セットが属性識別子の大文字と小文字を無視するかどうかを判別します。
isCaseIgnored() - クラス javax.naming.directory.BasicAttributes のメソッド
 
isCaseSensitive(int) - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData のメソッド
列の大文字小文字が区別されるかどうかを示します。
isCaseSensitive(int) - クラス javax.sql.rowset.RowSetMetaDataImpl のメソッド
指定された列の名前の大文字と小文字が区別されるかどうかを示します。
isCatalogAtStart() - インタフェース java.sql.DatabaseMetaData のメソッド
完全指定されたテーブル名の開始部分 (または終了部分) にカタログが現れるかどうかを取得します。
isCData() - インタフェース javax.xml.stream.events.Characters のメソッド
これが CData セクションである場合は true を返します。
isCellEditable(EventObject) - クラス javax.swing.AbstractCellEditor のメソッド
true を返します。
isCellEditable(EventObject) - インタフェース javax.swing.CellEditor のメソッド
anEvent を使って編集を始められるかどうかをエディタに問い合わせます。
isCellEditable(EventObject) - クラス javax.swing.DefaultCellEditor.EditorDelegate のメソッド
anEventMouseEvent でない場合は、true を返します。
isCellEditable(EventObject) - クラス javax.swing.DefaultCellEditor のメソッド
CellEditor からのメッセージを delegate に転送します。
isCellEditable(int, int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
rowcolumn に位置するセルが編集可能な場合に true を返します。
isCellEditable(int, int) - クラス javax.swing.table.AbstractTableModel のメソッド
false を返します。
isCellEditable(int, int) - クラス javax.swing.table.DefaultTableModel のメソッド
パラメータ値に関係なく、true を返します。
isCellEditable(int, int) - インタフェース javax.swing.table.TableModel のメソッド
rowIndex および columnIndex に位置するセルが編集可能な場合に true を返します。
isCellEditable(EventObject) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeCellEditor のメソッド
realEditor がこのメッセージに true を返すと、prepareForEditing がメッセージとして送られ、true が返されます。
isCellSelected(int, int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
指定されたインデックスが有効な行および列の範囲内にあり、指定された位置にあるセルが選択されている場合は true を返します。
isCertificateEntry(String) - クラス java.security.KeyStore のメソッド
指定された別名で識別されるエントリが、setCertificateEntry を呼び出して作成されたエントリ、あるいは TrustedCertificateEntry を指定して setEntry を呼び出して作成されたエントリのいずれかである場合、true を返します。
isCharacters() - インタフェース javax.xml.stream.events.XMLEvent のメソッド
このイベントが Characters かどうかを調べるユーティリティー機能です。
isCharacters() - クラス javax.xml.stream.util.StreamReaderDelegate のメソッド
 
isCharacters() - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamReader のメソッド
カーソルが文字データイベントをポイントしている場合は true を返します。
isCharsetDetected() - クラス java.nio.charset.CharsetDecoder のメソッド
このデコーダがすでに文字セットを検出しているかどうかを判断します (オプション)。
isClass() - 列挙 javax.lang.model.element.ElementKind のメソッド
これがクラスの種類 CLASSENUM のいずれかである場合は true を返します。
isClosable() - クラス javax.swing.JInternalFrame のメソッド
ユーザーアクションによってこの JInternalFrame を閉じることができるかどうかを返します。
isClosed() - クラス java.net.DatagramSocket のメソッド
ソケットが閉じたかどうかを返します。
isClosed() - クラス java.net.ServerSocket のメソッド
ServerSocket の閉じた状態を返します。
isClosed() - クラス java.net.Socket のメソッド
ソケットの閉じた状態を返します。
isClosed() - インタフェース java.sql.Connection のメソッド
この Connection オブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
isClosed() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
この ResultSet オブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
isClosed() - インタフェース java.sql.Statement のメソッド
この Statement オブジェクトがクローズされているかどうかを取得します。
isClosed - クラス javax.swing.JInternalFrame の変数
フレームは閉じられています。
isClosed() - クラス javax.swing.JInternalFrame のメソッド
この JInternalFrame が現在閉じているかどうかを返します。
isCoalesce() - クラス javax.swing.Timer のメソッド
Timer が保留中の複数のアクションイベントを合体させる場合は true を返します。
isCoalescing() - クラス javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
CDATA ノードを Text ノードに変換し、それを隣接 (存在する場合) Text ノードに追加するパーサーを作成するようにファクトリが設定されているかどうかを示します。
isCollapsed(TreePath) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
パスによって識別される値が現在収納されている場合に true を返します。
isCollapsed(int) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
指定された表示行にあるノードが収納されている場合に true を返します。
isCollectionUsageThresholdExceeded() - インタフェース java.lang.management.MemoryPoolMXBean のメソッド
Java 仮想マシンが最善を尽くした最後のコレクションのあとに、このメモリープールのメモリー使用量がコレクション使用量しきい値に達した、または超えたかをテストします。
isCollectionUsageThresholdSupported() - インタフェース java.lang.management.MemoryPoolMXBean のメソッド
このメモリープールがコレクション使用量しきい値をサポートするかどうかをテストします。
isColumnSelected(int) - クラス javax.swing.JTable のメソッド
指定されたインデックスが有効な列の範囲内にあり、そのインデックスで示される列が選択されている場合は true を返します。
isCombining() - クラス java.awt.font.GlyphMetrics のメソッド
結合グリフの場合に、true を返します。
isComment() - インタフェース javax.xml.soap.Text のメソッド
この Text オブジェクトがコメントを表現するかどうかを取得します。
isCompatibleRaster(Raster) - クラス java.awt.image.ColorModel のメソッド
raster がこの ColorModel と互換性がある場合には true を返し、そうでない場合には false を返します。
isCompatibleRaster(Raster) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のメソッド
raster がこの ColorModel と互換性がある場合に true を返し、そうでない場合は false を返します。
isCompatibleRaster(Raster) - クラス java.awt.image.DirectColorModel のメソッド
raster がこの ColorModel と互換性がある場合には true を返し、そうでない場合には false を返します。
isCompatibleRaster(Raster) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のメソッド
raster がこの ColorModel と互換性がある場合には true を返し、そうでない場合には false を返します。
isCompatibleSampleModel(SampleModel) - クラス java.awt.image.ColorModel のメソッド
SampleModel がこの ColorModel と互換性があるかどうかを判定します。
isCompatibleSampleModel(SampleModel) - クラス java.awt.image.ComponentColorModel のメソッド
指定された SampleModel がこの ColorModel と互換性があるかどうかを判定します。
isCompatibleSampleModel(SampleModel) - クラス java.awt.image.IndexColorModel のメソッド
SampleModel がこの ColorModel と互換性があるかどうかを調べます。
isCompatibleSampleModel(SampleModel) - クラス java.awt.image.PackedColorModel のメソッド
SampleModel がこの ColorModel と互換性があるかどうかを調べます。
isCompatibleValue(Object) - クラス java.awt.RenderingHints.Key のメソッド
指定されたオブジェクトがこの Key に対して有効な値の場合 true を返します。
isCompatibleWith(String) - クラス java.lang.Package のメソッド
このパッケージの仕様のバージョンを目的のバージョンと比較します。
isCompilationTimeMonitoringSupported() - インタフェース java.lang.management.CompilationMXBean のメソッド
Java 仮想マシンがコンパイル時間の監視をサポートするかどうかをテストします。
isComplete() - インタフェース javax.security.sasl.SaslClient のメソッド
認証交換が完了したかどうかを判定します。
isComplete() - インタフェース javax.security.sasl.SaslServer のメソッド
認証交換が完了したかどうかを判定します。
isCompletelyDirty(JComponent) - クラス javax.swing.RepaintManager のメソッド
次の paintDirtyRegions() で aComponent が完全にペイントされる場合に true を返す簡易メソッドです。
isComponent() - クラス java.awt.font.GlyphMetrics のメソッド
コンポーネントグリフの場合に、true を返します。
isComponentPartOfCurrentMenu(Component) - クラス javax.swing.MenuSelectionManager のメソッド
c が現在使用されているメニューの一部である場合に true を返します。
isCompositionEnabled() - クラス java.awt.im.InputContext のメソッド
現在のインプットメソッドが変換のために使用可能かどうか判別します。
isCompositionEnabled() - インタフェース java.awt.im.spi.InputMethod のメソッド
このインプットメソッドが使用可能かどうか判別します。
isCompressionLossless() - クラス javax.imageio.ImageWriteParam のメソッド
現在の圧縮方式が、損失なし圧縮を提供する場合、true を返します。
isCompressionLossless() - クラス javax.imageio.plugins.jpeg.JPEGImageWriteParam のメソッド
JPEG プラグインは損失の発生する圧縮だけをサポートするので、false を返します。
isComputerNode(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
コンピュータのノードを表す特殊なアイコン (My Computer やネットワークサーバーなど) を表示するかどうかを判断するために UI クラスによって使用されます。
isConnectable() - クラス java.nio.channels.SelectionKey のメソッド
このキーのチャネルがソケット接続操作を正しく完了したか失敗したかをテストします。
isConnected() - クラス java.net.DatagramSocket のメソッド
ソケットの接続状態を返します。
isConnected() - クラス java.net.Socket のメソッド
ソケットの接続状態を返します。
isConnected() - クラス java.nio.channels.DatagramChannel のメソッド
このチャネルのソケットが接続されているかどうかを判断します。
isConnected() - クラス java.nio.channels.SocketChannel のメソッド
このチャネルのネットワークソケットが接続されているかどうかを判断します。
isConnectionPending() - クラス java.nio.channels.SocketChannel のメソッド
このチャネル上で接続操作が進行中かどうかを判断します。
isConstrained() - クラス java.beans.PropertyDescriptor のメソッド
制約プロパティーの更新を試み、プロパティーの変更時に VetoableChange イベントがトリガーされるようにします。
isConsumed() - クラス java.awt.AWTEvent のメソッド
このイベントが消費されたかどうかを返します。
isConsumed() - クラス java.awt.event.InputEvent のメソッド
このイベントが消費されたかどうかを返します。
isConsumed() - クラス java.awt.event.InputMethodEvent のメソッド
このイベントが消費されたかどうかを返します。
isConsumer(ImageConsumer) - クラス java.awt.image.FilteredImageSource のメソッド
このイメージのデータの配信対象となっているコンシューマのリストに、ImageConsumer が現在登録されているかどうかを判定します。
isConsumer(ImageConsumer) - インタフェース java.awt.image.ImageProducer のメソッド
指定された ImageConsumer オブジェクトが、この ImageProducer を使ってコンシューマとして現在登録されているかどうかを判定します。
isConsumer(ImageConsumer) - クラス java.awt.image.MemoryImageSource のメソッド
現在このイメージのデータの配信対象となっているコンシューマのリストに ImageConsumer があるかどうかを判定します。
isConsumer(ImageConsumer) - クラス java.awt.image.renderable.RenderableImageProducer のメソッド
現在このイメージのデータの配信対象となっているコンシューマのリストに ImageConsumer があるかどうかを判定します。
isContentAreaFilled() - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
contentAreaFilled プロパティーを返します。
isContextual() - クラス java.awt.font.NumericShaper のメソッド
この形状決定要因がコンテキスト依存かどうかを示す boolean を返します。
isContinuousLayout() - クラス javax.swing.JSplitPane のメソッド
continuousLayout のプロパティーを取得します。
isContinuousLayout() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSplitPaneUI のメソッド
JSplitPane が連続レイアウトを使うように設定されているかどうかを判定します。
isControlDown() - クラス java.awt.event.InputEvent のメソッド
イベントで Ctrl キーが押されていたかどうかを返します。
isControlSupported(Control.Type) - インタフェース javax.sound.sampled.Line のメソッド
指定されたタイプのコントロールをラインがサポートしているかどうかを示します。
isConversionSupported(AudioFormat.Encoding, AudioFormat) - クラス javax.sound.sampled.AudioSystem の static メソッド
指定されたエンコーディングのオーディオ入力ストリームを、指定された形式のオーディオ入力ストリームから取得できるかどうかを示します。
isConversionSupported(AudioFormat, AudioFormat) - クラス javax.sound.sampled.AudioSystem の static メソッド
指定された形式のオーディオ入力ストリームを、別の指定された形式のオーディオ入力ストリームから取得できるかどうかを示します。
isConversionSupported(AudioFormat.Encoding, AudioFormat) - クラス javax.sound.sampled.spi.FormatConversionProvider のメソッド
特定の形式から特定のエンコーディングへの変換を形式コンバータがサポートするかどうかを示します。
isConversionSupported(AudioFormat, AudioFormat) - クラス javax.sound.sampled.spi.FormatConversionProvider のメソッド
特定の形式から別の形式への変換を形式コンバータがサポートしているかどうかを示します。
isCritical() - インタフェース java.security.cert.PolicyNode のメソッド
処理された最新の証明書の、証明書ポリシー拡張機能のクリティカルインジケータを返します。
isCritical() - クラス javax.naming.ldap.BasicControl のメソッド
コントロールのクリティカルの程度を判定します。
isCritical() - インタフェース javax.naming.ldap.Control のメソッド
LDAP コントロールのクリティカルの程度を判定します。
isCryptoAllowed(Key) - クラス javax.crypto.ExemptionMechanism のメソッド
この除外機構により結果 Blob が正常に生成されたかどうかを返します。
isCS_sRGB() - クラス java.awt.color.ColorSpace のメソッド
ColorSpace が CS_sRGB の場合に true を返します。
isCurrency(int) - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData のメソッド
指定された列がキャッシュの値かどうかを示します。
isCurrency(int) - クラス javax.sql.rowset.RowSetMetaDataImpl のメソッド
指定された列に格納された値がキャッシュ値かどうかを示します。
isCurrent() - クラス javax.security.auth.kerberos.KerberosTicket のメソッド
このチケットが最新のままであるかどうかを判定します。
isCurrent() - インタフェース javax.security.auth.Refreshable のメソッド
この Object が最新であるかどうかを判定します。
isCurrentServiceInvalidNow() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextServiceRevokedEvent のメソッド
現在のサービスが強制的に無効にされる場合に報告します。
isCurrentThreadCpuTimeSupported() - インタフェース java.lang.management.ThreadMXBean のメソッド
Java 仮想マシンが現在のスレッドの CPU 時間測定をサポートするかどうかをテストします。
isCursorSet() - クラス java.awt.Component のメソッド
カーソルがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
isCustomMarshaled(Class) - インタフェース javax.rmi.CORBA.ValueHandler のメソッド
指定されたクラスがカスタム整列化とデフォルト整列化のどちらを実行するかを示します。
isCyclic() - クラス java.awt.GradientPaint のメソッド
グラデーションが C1 と C2 の 2 色を繰り返し循環する場合に true を返します。
isDaemon() - クラス java.lang.Thread のメソッド
このスレッドがデーモンスレッドであるかどうかを判定します。
isDaemon() - クラス java.lang.ThreadGroup のメソッド
このスレッドグループがデーモンスレッドグループであるかどうかを判定します。
isDataFlavorAvailable(DataFlavor) - クラス java.awt.datatransfer.Clipboard のメソッド
クリップボードの現在の内容を指定された DataFlavor で提供できるかどうかを返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス java.awt.datatransfer.StringSelection のメソッド
要求したフレーバが、この Transferable でサポートされているかどうかを返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - インタフェース java.awt.datatransfer.Transferable のメソッド
指定されたデータフレーバが、このオブジェクトに対してサポートされているかどうかを返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス java.awt.dnd.DropTargetContext のメソッド
このメソッドは、指定した DataFlavor がこの DropTargetContext によってサポートされるかどうかを示す boolean を返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス java.awt.dnd.DropTargetContext.TransferableProxy のメソッド
指定されたデータフレーバが、カプセル化された転送可能オブジェクトによってサポートされているかどうかを返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス java.awt.dnd.DropTargetDragEvent のメソッド
このメソッドは、指定した DataFlavor がサポートされるかどうかを示す boolean を返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス java.awt.dnd.DropTargetDropEvent のメソッド
このメソッドは、指定した DataFlavor が転送元で有効かどうかを示す boolean を返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス javax.activation.DataHandler のメソッド
指定されたデータフレーバが、このオブジェクトに対してサポートされているかどうかを返します。
isDataFlavorSupported(DataFlavor) - クラス javax.swing.TransferHandler.TransferSupport のメソッド
指定のデータフレーバがサポートされているかどうかを返します。
isDecimalSeparatorAlwaysShown() - クラス java.text.DecimalFormat のメソッド
整数と区別する小数点の動作を取得します(小数位では小数点が常に表示される)。
isDeclared(int) - インタフェース org.xml.sax.ext.Attributes2 のメソッド
属性が DTD に宣言されなかった場合は false を返します。
isDeclared(String) - インタフェース org.xml.sax.ext.Attributes2 のメソッド
属性が DTD に宣言されなかった場合は false を返します。
isDeclared(String, String) - インタフェース org.xml.sax.ext.Attributes2 のメソッド
属性が DTD に宣言されなかった場合は false を返します。
isDeclared(int) - クラス org.xml.sax.ext.Attributes2Impl のメソッド
属性の declared フラグの現在の値を返します。
isDeclared(String, String) - クラス org.xml.sax.ext.Attributes2Impl のメソッド
属性の declared フラグの現在の値を返します。
isDeclared(String) - クラス org.xml.sax.ext.Attributes2Impl のメソッド
属性の declared フラグの現在の値を返します。
isDefaultButton() - クラス javax.swing.JButton のメソッド
defaultButton プロパティーの値を取得します。
isDefaultCapable() - クラス javax.swing.JButton のメソッド
defaultCapable プロパティーの値を取得します。
isDefaultLookAndFeelDecorated() - クラス javax.swing.JDialog の static メソッド
新しく生成される JDialog の現在の Look & Feel (L&F) で実行できるウィンドウ装飾を保持する場合は true を返します。
isDefaultLookAndFeelDecorated() - クラス javax.swing.JFrame の static メソッド
新しく作成された JFrame が現在の Look & Feel によって提供されるウィンドウ修飾を備える場合は true を返します。
isDefaultNamespace(String) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
 
isDefaultNamespace(String) - インタフェース org.w3c.dom.Node のメソッド
このメソッドは、指定された namespaceURI がデフォルトの名前空間であるかどうかをチェックします。
isDefaultNamespaceDeclaration() - インタフェース javax.xml.stream.events.Namespace のメソッド
この属性がデフォルトの名前空間を宣言している場合は true を返します。
isDefined(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
文字が Unicode で定義されているかどうかを判定します。
isDefined(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
文字 (Unicodeコードポイント) が Unicode で定義されているかどうかを判定します。
isDefined(Object) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
指定された属性が定義済みであるかどうかを判定します。
isDefined(Object) - インタフェース javax.swing.text.AttributeSet のメソッド
別の属性セットで解決せずに、名前が指定された属性の値がセットで指定されたものであるかどうかを判定します。
isDefined(Object) - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
指定された属性が定義されているかどうかを判定します。
isDefined(Object) - クラス javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
指定された属性が定義済みであるかどうかを判定します。
isDefined(Object) - クラス javax.swing.text.StyleContext.SmallAttributeSet のメソッド
指定された属性が定義済みであるかどうかを判定します。
isDefinitelyWritable(int) - インタフェース java.sql.ResultSetMetaData のメソッド
指定された列の書き込みが必ず成功するかどうかを示します。
isDefinitelyWritable(int) - クラス javax.sql.rowset.RowSetMetaDataImpl のメソッド
指定された列に対する書き込み操作が必ず成功するかどうかを示します。
isDelegated() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextChildSupport のメソッド
このクラスがほかのクラスの委譲であるかどうかを報告します。
isDeprecated(Element) - インタフェース javax.lang.model.util.Elements のメソッド
要素が非推奨の場合は true を返します。
isDerivedFrom(String, String, int) - インタフェース org.w3c.dom.TypeInfo のメソッド
このメソッドは、参照の型定義間 (つまり、メソッドが呼び出されている TypeInfo と、パラメータとして渡されるその他の型定義間) に派生があるかどうかを返します。
isDescendant(TreePath) - クラス javax.swing.tree.TreePath のメソッド
aTreePath がこの TreePath の下位オブジェクトである場合は、true を返します。
isDescendingFrom(Component, Component) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
コンポーネント a がコンポーネント b の下位にある場合、true を返します。
isDesignTime() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
このオブジェクトが現在、設計時モードかどうかを報告します。
isDesignTime() - クラス java.beans.Beans の static メソッド
デザインモードであるかどうかを判定します。
isDesignTime() - インタフェース java.beans.DesignMode のメソッド
true は JavaBeans が設計時モードで動作することを示し、false は実行時の動作を示します。
isDesktopSupported() - クラス java.awt.Desktop の static メソッド
このクラスが現在のプラットフォームでサポートされているかどうかを判定します。
isDestroyed() - クラス java.lang.ThreadGroup のメソッド
このスレッドグループが破棄されたかどうかを判定します。
isDestroyed() - クラス java.security.KeyStore.PasswordProtection のメソッド
パスワードがクリアされているかどうかを判定します。
isDestroyed() - インタフェース javax.security.auth.Destroyable のメソッド
この Object が破棄されたかどうかを判定します。
isDestroyed() - クラス javax.security.auth.kerberos.KerberosKey のメソッド
この鍵が破棄されたかどうかを判定します。
isDestroyed() - クラス javax.security.auth.kerberos.KerberosTicket のメソッド
このチケットが破棄されたかどうかを判定します。
isDestroyed() - クラス javax.security.auth.x500.X500PrivateCredential のメソッド
このオブジェクトの X.509 証明書と秘密鍵への参照が消去されたかどうかを判定します。
isDeviceSupported(MidiDevice.Info) - クラス javax.sound.midi.spi.MidiDeviceProvider のメソッド
デバイスプロバイダが、指定されたデバイス情報オブジェクトで表されるデバイスをサポートするかどうかを示します。
isDigit(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字が数字かどうかを判定します。
isDigit(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字 (Unicode コードポイント) が数字かどうかを判定します。
isDirect() - クラス java.nio.Buffer のメソッド
このバッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.ByteBuffer のメソッド
この byte バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.CharBuffer のメソッド
現在の文字バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.DoubleBuffer のメソッド
現在の double バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.FloatBuffer のメソッド
現在の float バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.IntBuffer のメソッド
現在の int バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.LongBuffer のメソッド
現在の long バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirect() - クラス java.nio.ShortBuffer のメソッド
現在の short バッファーがダイレクトバッファーであるかどうかを判断します。
isDirectory() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルがディレクトリであるかどうかを判定します。
isDirectory() - クラス java.util.zip.ZipEntry のメソッド
これがディレクトリエントリである場合に、true を返します。
isDirectorySelected() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI のメソッド
現在ディレクトリが UI で選択されているかどうかを記憶するためのプロパティーです。
isDirectorySelectionEnabled() - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
現在のファイル選択モードに基づいてディレクトリが選択可能かどうかを指定する簡易呼び出しです。
isDispatchThread() - クラス java.awt.EventQueue の static メソッド
呼び出し側スレッドが現在の AWT EventQueue のディスパッチスレッドの場合に true を返します。
isDisplayable() - クラス java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントが表示可能かどうかを判定します。
isDisplayChangeSupported() - クラス java.awt.GraphicsDevice のメソッド
この GraphicsDevice が低レベル表示変更をサポートする場合は true を返します。
isDisposed() - クラス javax.print.StreamPrintService のメソッド
この StreamPrintService が破棄されているかどうかを示す boolean を返します。
isDocFlavorSupported(DocFlavor) - インタフェース javax.print.PrintService のメソッド
この印刷サービスが特定の DocFlavor をサポートするかどうかを判別します。
isDomainPattern() - クラス javax.management.ObjectName のメソッド
オブジェクト名がドメイン部分のパターンであるかどうかをチェックします。
isDone() - クラス java.awt.geom.FlatteningPathIterator のメソッド
繰り返し処理が完了したかどうかを判定します。
isDone() - インタフェース java.awt.geom.PathIterator のメソッド
繰り返し処理が完了したかどうかを判定します。
isDone() - インタフェース java.util.concurrent.Future のメソッド
このタスクが完了した場合は true を返します。
isDone() - クラス java.util.concurrent.FutureTask のメソッド
 
isDone() - クラス javax.swing.SwingWorker のメソッド
このタスクが完了した場合は true を返します。
isDoubleBuffered() - クラス java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントが、あとで画面にコピーされるオフスクリーンイメージ (バッファー) にペイントされる場合に true を返します。
isDoubleBuffered() - クラス javax.swing.JComponent のメソッド
このコンポーネントがバッファーを使用してペイントするかどうかを返します。
isDoubleBufferingEnabled() - クラス javax.swing.RepaintManager のメソッド
この RepaintManager に対してダブルバッファリングが行われる場合に true を返します。
isDragging - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicScrollBarUI の変数
 
isDragging() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI のメソッド
ユーザーがスライダをドラッグしている場合は true を返します。
isDragging - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI.DockingListener の変数
 
isDragImageSupported() - クラス java.awt.dnd.DragSource の static メソッド
基本となるプラットフォームでドラッグ Image のサポートが可能かどうかを報告します。
isDrawingBuffer() - クラス javax.swing.DebugGraphics のメソッド
drawingBuffer の値を返します。
isDrive(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
ドライブやパーティションを表す特殊なアイコン (「ハードディスク」アイコンなど) を表示するかどうかを判断するために UI クラスによって使用されます。
isDrop() - クラス javax.swing.TransferHandler.TransferSupport のメソッド
この TransferSupport がドロップ操作を表しているかどうかを返します。
isDuplicateToken() - クラス org.ietf.jgss.MessageProp のメソッド
このトークンが以前のトークンの複製かどうかをテストします。
isDynamic() - インタフェース java.awt.image.renderable.ContextualRenderedImageFactory のメソッド
同じ引数を使って行なった連続した描画 (つまり、create(RenderContext, ParameterBlock) の呼び出し) の結果が異なる場合に true を返します。
isDynamic() - インタフェース java.awt.image.renderable.RenderableImage のメソッド
同じ引数を使って行なった連続した描画 (つまり、createRendering() または createScaledRendering() の呼び出し) が異なる結果になる場合は true を返します。
isDynamic() - クラス java.awt.image.renderable.RenderableImageOp のメソッド
同じ引数を使って行なった連続した描画 (つまり、createRendering() または createScaledRendering() の呼び出し) が異なる結果になる場合は true を返します。
isDynamicLayoutActive() - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
サイズ変更における Containers の動的レイアウトが現在アクティブかどうかを返します。
isDynamicLayoutSet() - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
Containers のレイアウトをサイズ変更時に動的に検査するか、またはサイズ変更が完了してから静的に検査するかを返します。
isEchoOn() - クラス javax.security.auth.callback.PasswordCallback のメソッド
パスワードを入力されたとおりに表示するかどうかを返します。
isEditable() - クラス java.awt.TextComponent のメソッド
このテキストコンポーネントが編集可能であるかどうかを示します。
isEditable - クラス javax.swing.JComboBox の変数
この protected フィールドは実装固有のものです。
isEditable() - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
JComboBox が編集可能な場合は true を返します。
isEditable() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
ツリーが編集可能な場合に true を返します。
isEditable() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
isEditable() - クラス javax.swing.text.JTextComponent のメソッド
この TextComponent が編集可能かどうかを示すブール型を返します。
isEditing() - クラス javax.swing.JTable のメソッド
セルを編集中の場合は true を返します。
isEditing() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
ツリーが編集されている場合に true を返します。
isEditing(JTree) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
ツリーが編集されている場合に true を返します。
isEditing(JTree) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiTreeUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で isEditing メソッドを呼び出します。
isEditing(JTree) - クラス javax.swing.plaf.TreeUI のメソッド
ツリーが編集されている場合に true を返します。
isEditValid() - クラス javax.swing.JFormattedTextField のメソッド
現在編集中の値が有効な場合に true を返します。
isElement(Object) - クラス javax.xml.bind.JAXBIntrospector のメソッド
 object が JAXB 要素を表す場合、true を返します。
isElementContentWhitespace() - インタフェース org.w3c.dom.Text のメソッド
このテキストノードが要素コンテンツ空白文字 (多くの場合、「無視できる空白文字」と呼ばれる) を含むかどうかを返します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Arc2D.Double のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Arc2D.Float のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Area のメソッド
この Area オブジェクトが領域を囲むかどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Ellipse2D.Double のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Ellipse2D.Float のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Rectangle2D.Double のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.Rectangle2D.Float のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.RectangularShape のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.RoundRectangle2D.Double のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.geom.RoundRectangle2D.Float のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.Rectangle のメソッド
RectangularShape が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.awt.RenderingHints のメソッド
この RenderingHints 内にキーと値のマッピングがない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.beans.beancontext.BeanContextSupport のメソッド
この BeanContext が空かどうかを報告します。
isEmpty() - クラス java.lang.String のメソッド
String.length()0 である場合にかぎり、true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.AbstractCollection のメソッド
コレクションに要素がない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.AbstractMap のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.ArrayDeque のメソッド
この両端キューに要素が含まれていない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.ArrayList のメソッド
リストに要素がない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.BitSet のメソッド
この BitSettrue に設定されたビットが含まれていない場合は、true を返します。
isEmpty() - インタフェース java.util.Collection のメソッド
コレクションに要素がない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentHashMap のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentLinkedQueue のメソッド
キューに要素がない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListMap のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.ConcurrentSkipListSet のメソッド
セットが要素を 1 つも保持していない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArrayList のメソッド
リストに要素がない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.CopyOnWriteArraySet のメソッド
セットが要素を 1 つも保持していない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.concurrent.SynchronousQueue のメソッド
常に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.Dictionary のメソッド
値にマップされているキーが、ディクショナリにまったくないかどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.util.HashMap のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.HashSet のメソッド
セットが要素を 1 つも保持していない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.Hashtable のメソッド
値にマップされているキーが、ハッシュテーブルにあるかどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.util.IdentityHashMap のメソッド
アイデンティティーハッシュマップにキーと値のマッピングが含まれない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.jar.Attributes のメソッド
この Map に属性が格納されていない場合に true を返します。
isEmpty() - インタフェース java.util.List のメソッド
リストに要素がない場合に true を返します。
isEmpty() - インタフェース java.util.Map のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - インタフェース java.util.Set のメソッド
セットが要素を 1 つも保持していない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.TreeSet のメソッド
このセットに要素が含まれていない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス java.util.Vector のメソッド
Vector が要素を持たないかどうかを判定します。
isEmpty() - クラス java.util.WeakHashMap のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス javax.activation.MimeTypeParameterList のメソッド
このリストが空かどうかを判定します。
isEmpty() - インタフェース javax.management.openmbean.TabularData のメソッド
この TabularData インスタンスに含まれる CompositeData 値の数 (行数) がゼロの場合、true を返します。
isEmpty() - クラス javax.management.openmbean.TabularDataSupport のメソッド
この TabularDataSupport インスタンスに行が含まれない場合は true を返します。
isEmpty() - クラス javax.management.timer.Timer のメソッド
タイマー通知のリストが空かどうかを判定します。
isEmpty() - インタフェース javax.management.timer.TimerMBean のメソッド
タイマー通知のリストが空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス javax.naming.CompositeName のメソッド
この合成名が空かを判定します。
isEmpty() - クラス javax.naming.CompoundName のメソッド
この複合名が空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス javax.naming.ldap.LdapName のメソッド
この LDAP 名が空かどうかを判定します。
isEmpty() - インタフェース javax.naming.Name のメソッド
この名前が空かを判定します。
isEmpty() - インタフェース javax.print.attribute.AttributeSet のメソッド
この属性セットに属性が格納されていない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス javax.print.attribute.HashAttributeSet のメソッド
この属性セットに属性が格納されていない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス javax.script.SimpleBindings のメソッド
マップがキーと値のマッピングを保持しない場合に true を返します。
isEmpty() - クラス javax.swing.DefaultListModel のメソッド
このリストがコンポーネントを保持しているかどうかを判定します。
isEmpty() - クラス javax.swing.text.html.parser.Element のメソッド
空かどうかを判定します。
isEmpty() - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
属性セットが空かどうかを判定します。
isEnabled() - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
オブジェクトが有効かどうかを判定します。
isEnabled() - クラス java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントが使用可能であるかどうかを判定します。
isEnabled() - クラス java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトが有効かどうかを判定します。
isEnabled() - クラス java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクトが有効かどうかを判定します。
isEnabled() - クラス java.awt.MenuItem のメソッド
このメニュー項目が使用可能になっているかどうかを判定します。
isEnabled() - インタフェース javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトが有効かどうかを判定します。
isEnabled() - クラス javax.swing.AbstractAction のメソッド
アクションが使用可能な場合に true を返します。
isEnabled() - インタフェース javax.swing.Action のメソッド
Action の有効状態を返します。
isEnabled() - インタフェース javax.swing.ButtonModel のメソッド
マウスポインタなどの入力デバイスで、ボタンを選択したり、トリガーしたりできるかどうかを示します。
isEnabled() - クラス javax.swing.DefaultButtonModel のメソッド
マウスポインタなどの入力デバイスで、ボタンを選択したり、トリガーしたりできるかどうかを示します。
isEnabled() - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
オブジェクトが有効かどうかを判定します。
isEnabled() - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.CloseAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.MaximizeAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.MinimizeAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.NavigateAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicDesktopPaneUI.OpenAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicSliderUI.ActionScroller のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeCancelEditingAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeHomeAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeIncrementAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreePageAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeToggleAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.TreeTraverseAction のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
isEnabled() - クラス javax.swing.ToolTipManager のメソッド
このオブジェクトが有効な場合に true を返します。
isEnabled() - クラス javax.xml.ws.WebServiceFeature のメソッド
この機能が有効になっている場合は true を返します。
isEnabledAt(int) - クラス javax.swing.JTabbedPane のメソッド
index のタブが現在使用可能かどうかを返します。
isEndDocument() - インタフェース javax.xml.stream.events.XMLEvent のメソッド
このイベントが EndDocument かどうかを調べるユーティリティー機能です。
isEndElement() - インタフェース javax.xml.stream.events.XMLEvent のメソッド
このイベントが EndElement かどうかを調べるユーティリティー機能です。
isEndElement() - クラス javax.xml.stream.util.StreamReaderDelegate のメソッド
 
isEndElement() - インタフェース javax.xml.stream.XMLStreamReader のメソッド
カーソルが終了タグをポイントしている場合は true、そうでない場合は false を返します。
isEnqueued() - クラス java.lang.ref.Reference のメソッド
この参照オブジェクトが、プログラムまたはガベージコレクタによってキューに入れられているかどうかを判定します。
isEntityReference() - インタフェース javax.xml.stream.events.XMLEvent のメソッド
このイベントが EntityReference かどうかを調べるユーティリティー機能です。
isEnum() - クラス java.lang.Class のメソッド
このクラスがソースコードで enum として宣言された場合だけ true を返します。
isEnumConstant() - クラス java.lang.reflect.Field のメソッド
このフィールドが列挙型の要素を表す場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
isEqual(byte[], byte[]) - クラス java.security.MessageDigest の static メソッド
2 つのダイジェストが等しいかどうかを比較します。
isEqual(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
2 つの属性セットが等しいかどうかを判定します。
isEqual(AttributeSet) - インタフェース javax.swing.text.AttributeSet のメソッド
2 つの属性セットが等しいかどうかを判定します。
isEqual(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.SimpleAttributeSet のメソッド
2 つの属性セットを比較します。
isEqual(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleContext.NamedStyle のメソッド
2 つの属性セットが等しいかどうかを判定します。
isEqual(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleContext.SmallAttributeSet のメソッド
2 つの属性セットが等しいかどうかを判定します。
isEqualNode(Node) - クラス javax.imageio.metadata.IIOMetadataNode のメソッド
 
isEqualNode(Node) - インタフェース org.w3c.dom.Node のメソッド
2 つのノードが等しいかどうかをテストします。
isError() - クラス java.nio.charset.CoderResult のメソッド
このオブジェクトがエラー条件を示しているかどうかを判断します。
isErrorAny() - クラス java.awt.MediaTracker のメソッド
すべてのイメージのエラー状態を調べます。
isErrorID(int) - クラス java.awt.MediaTracker のメソッド
このメディアトラッカーによって監視される、指定された識別子を持つすべてのイメージのエラー状態を調べます。
isEstablished() - インタフェース org.ietf.jgss.GSSContext のメソッド
コンテキストを確立する前に、コンテキストの状態を確認するときに使用します。
isEventDispatchThread() - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
現在のスレッドが AWT イベントディスパッチスレッドの場合に true を返します。
isExpanded(TreePath) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
パスによって識別されるノードが現在展開されている場合に true を返します。
isExpanded(int) - クラス javax.swing.JTree のメソッド
指定された表示行にあるノードが現在展開されている場合に true を返します。
isExpanded(TreePath) - クラス javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
行で識別される値が現在展開されている場合に true を返します。
isExpanded(TreePath) - クラス javax.swing.tree.FixedHeightLayoutCache のメソッド
行で識別される値が現在展開されている場合に true を返します。
isExpanded(TreePath) - クラス javax.swing.tree.VariableHeightLayoutCache のメソッド
path で識別される値が現在展開されている場合に true を返します。
isExpandEntityReferences() - クラス javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
エンティティー参照ノードを展開するパーサーを作成するようにファクトリが設定されているかどうかを示します。
isExpert() - クラス java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
「エキスパート」フラグは、上級者向けの機能を一般ユーザー向けの機能と区別するために使用されます。
isExplicitPolicyRequired() - クラス java.security.cert.PKIXParameters のメソッド
明示的なポリシーが要求されているかどうかをチェックします。
isFair() - クラス java.util.concurrent.locks.ReentrantLock のメソッド
このロックで公平性が true に設定されている場合は true を返します。
isFair() - クラス java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock のメソッド
このロックで公平性が true に設定されている場合は true を返します。
isFair() - クラス java.util.concurrent.Semaphore のメソッド
このセマフォーで公平性が true に設定されている場合は true を返します。
isFeatureSupported(String) - クラス javax.xml.crypto.dom.DOMStructure のメソッド
 
isFeatureSupported(String) - クラス javax.xml.crypto.dsig.keyinfo.KeyInfoFactory のメソッド
指定した機能がサポートされるかどうかを示します。
isFeatureSupported(String) - クラス javax.xml.crypto.dsig.XMLSignatureFactory のメソッド
指定した機能がサポートされるかどうかを示します。
isFeatureSupported(String) - インタフェース javax.xml.crypto.XMLStructure のメソッド
指定した機能がサポートされるかどうかを示します。
isField() - 列挙 javax.lang.model.element.ElementKind のメソッド
これがフィールドの種類 FIELDENUM_CONSTANT のいずれかである場合は true を返します。
isFile() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルが普通のファイルかどうかを判定します。
isFileHidingEnabled() - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
ファイルチューザで隠しファイルが表示されない場合は true を返し、そうでない場合は false を返します。
isFileSelectionEnabled() - クラス javax.swing.JFileChooser のメソッド
現在のファイル選択モードに基づいてファイルが選択可能かどうかを指定する簡易呼び出しです。
isFileSystem(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
fDesktop などの特殊なフォルダとは対照的に実際のディレクトリまたはファイルを表しているかどうかを確認します。
isFileSystemRoot(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
dir がドライブやパーティションなど、ファイルシステムのツリーのルートであるかどうかを返します。
isFileTypeSupported(int) - クラス javax.sound.midi.MidiSystem の static メソッド
指定された MIDI ファイル型のファイル書き込みサポートをシステムが提供しているかどうかを示します。
isFileTypeSupported(int, Sequence) - クラス javax.sound.midi.MidiSystem の static メソッド
指定されたファイル型の MIDI ファイルを、示されたシーケンスから書き込めるかどうかを示します。
isFileTypeSupported(int) - クラス javax.sound.midi.spi.MidiFileWriter のメソッド
指定された MIDI ファイル型のファイル書き込みサポートをこのファイルライターが提供しているかどうかを示します。
isFileTypeSupported(int, Sequence) - クラス javax.sound.midi.spi.MidiFileWriter のメソッド
指定されたファイル型の MIDI ファイルを、示されたシーケンスから書き込めるかどうかを示します。
isFileTypeSupported(AudioFileFormat.Type) - クラス javax.sound.sampled.AudioSystem の static メソッド
指定されたファイル型のファイル書き込みサポートをシステムが提供しているかどうかを示します。
isFileTypeSupported(AudioFileFormat.Type, AudioInputStream) - クラス javax.sound.sampled.AudioSystem の static メソッド
指定されたファイル型のオーディオファイルを、示されたオーディオ入力ストリームから書き込みできるかどうかを示します。
isFileTypeSupported(AudioFileFormat.Type) - クラス javax.sound.sampled.spi.AudioFileWriter のメソッド
指定されたファイル型のファイル書き込みサポートをこのオーディオファイルライタが提供しているかどうかを示します。
isFileTypeSupported(AudioFileFormat.Type, AudioInputStream) - クラス javax.sound.sampled.spi.AudioFileWriter のメソッド
指定された型のオーディオファイルを示されたオーディオ入力ストリームから書き込み可能かどうかを示します。
isFinal(int) - クラス java.lang.reflect.Modifier の static メソッド
整数の引数に final 修飾子が含まれる場合は true を、含まれない場合は false を返します。
isFirst() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
カーソルがこの ResultSet オブジェクト内の先頭行にあるかどうかを取得します。
isFixedRowHeight() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
各表示行の高さが固定サイズの場合に true を返します。
isFixedRowHeight() - クラス javax.swing.tree.AbstractLayoutCache のメソッド
各行の高さが固定されている場合に true を返します。
isFlavorJavaFileListType() - クラス java.awt.datatransfer.DataFlavor のメソッド
指定された DataFlavor がファイルオブジェクトのリストを表す場合は true を返します。
isFlavorRemoteObjectType() - クラス java.awt.datatransfer.DataFlavor のメソッド
指定された DataFlavor がリモートオブジェクトを表す場合は true を返します。
isFlavorSerializedObjectType() - クラス java.awt.datatransfer.DataFlavor のメソッド
指定された DataFlavor が直列化されたオブジェクトを表す場合は true を返します。
isFlavorTextType() - クラス java.awt.datatransfer.DataFlavor のメソッド
この DataFlavor が Java プラットフォームのこの実装に対して有効なテキストフレーバであるかどうかを返します。
isFloatable() - クラス javax.swing.JToolBar のメソッド
floatable プロパティーを返します。
isFloating() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicToolBarUI のメソッド
 
isFloppyDrive(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
フロッピーディスクを表す特殊なアイコンを表示するかどうかを判断するために UI クラスによって使用されます。
isFocusable() - クラス java.awt.Component のメソッド
このコンポーネントにフォーカスが設定可能かどうかを返します。
isFocusableWindow() - クラス java.awt.Window のメソッド
この Window がフォーカスされた Window になれるかどうか、つまりこの Window またはその任意のサブコンポーネントがフォーカスオーナーになれるかどうかを返します。
isFocusCycleRoot(Container) - クラス java.awt.Component のメソッド
指定されたコンテナが、このコンポーネントのフォーカストラバーサルサイクルのフォーカスサイクルルートであるかどうかを返します。
isFocusCycleRoot(Container) - クラス java.awt.Container のメソッド
指定されたコンテナが、このコンテナのフォーカストラバーサルサイクルのフォーカスサイクルルートであるかどうかを返します。
isFocusCycleRoot() - クラス java.awt.Container のメソッド
このコンテナがフォーカストラバーサルサイクルのルートであるかどうかを返します。
isFocusCycleRoot() - クラス java.awt.Window のメソッド
すべての Window はフォーカストラバーサルサイクルのルートでなければならないため、常に true を返します。
isFocusCycleRoot() - クラス javax.swing.JInternalFrame のメソッド
すべての JInternalFrame はフォーカストラバーサルサイクルのルートであるため、このメソッドは常に true を返します。
isFocused() - クラス java.awt.Window のメソッド
この Window がフォーカスされているかどうかを返します。
isFocusManagerEnabled() - クラス javax.swing.FocusManager の static メソッド
推奨されていません。 1.4 以降は、 KeyboardFocusManager.getDefaultFocusTraversalPolicy() に置き換えられました。
isFocusOwner() - クラス java.awt.Component のメソッド
この Component がフォーカス所有者の場合は true を返します。
isFocusPainted() - クラス javax.swing.AbstractButton のメソッド
paintFocus プロパティーを返します。
isFocusTraversable() - クラス java.awt.Component.AccessibleAWTComponent のメソッド
オブジェクトがフォーカスを受け入れられるかどうかを返します。
isFocusTraversable() - クラス java.awt.Component のメソッド
推奨されていません。 JDK Version 1.4 以降は、isFocusable() を使用
isFocusTraversable() - クラス java.awt.List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild のメソッド
オブジェクトがフォーカスを受け入れられるかどうかを返します。
isFocusTraversable() - クラス java.awt.MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent のメソッド
オブジェクトがフォーカスを受け入れられるかどうかを返します。
isFocusTraversable() - インタフェース javax.accessibility.AccessibleComponent のメソッド
オブジェクトがフォーカスを受け入れられるかどうかを返します。
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild のメソッド
 
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell のメソッド
 
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.JTree.AccessibleJTree.AccessibleJTreeNode のメソッド
 
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicArrowButton のメソッド
矢印ボタンがフォーカスを取得するかどうかを返します。
isFocusTraversable(JComboBox) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboBoxUI のメソッド
JComboBox が、フォーカスのトラバースが可能であるかどうかを判定します。
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicComboPopup のメソッド
オーバーライドされ、無条件で false を返します。
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameTitlePane.SystemMenuBar のメソッド
 
isFocusTraversable(JComboBox) - クラス javax.swing.plaf.ComboBoxUI のメソッド
コンボボックス自体がトラバース可能かどうかを判定します。
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton のメソッド
 
isFocusTraversable(JComboBox) - クラス javax.swing.plaf.multi.MultiComboBoxUI のメソッド
このオブジェクトが扱う各 UI で isFocusTraversable メソッドを呼び出します。
isFocusTraversable() - クラス javax.swing.table.JTableHeader.AccessibleJTableHeader.AccessibleJTableHeaderEntry のメソッド
 
isFocusTraversalPolicyProvider() - クラス java.awt.Container のメソッド
このコンテナがフォーカストラバーサルポリシーを提供するかどうかを返します。
isFocusTraversalPolicySet() - クラス java.awt.Container のメソッド
フォーカストラバーサルポリシーがこのコンテナに対して明示的に設定されているかどうかを設定します。
isFontSet() - クラス java.awt.Component のメソッド
フォントがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
isForegroundSet() - クラス java.awt.Component のメソッド
フォアグラウンドカラーがこのコンポーネントに対して明示的に設定されているかどうかを返します。
isFormatLossless() - クラス javax.imageio.spi.ImageWriterSpi のメソッド
このライターが出力する形式がピクセルデータをビット精度で保持する場合は true を返します。
isFormatSupported(AudioFormat) - クラス javax.sound.sampled.DataLine.Info のメソッド
このデータラインが特定のオーディオ形式をサポートするかどうかを示します。
isFormattedOutput() - クラス javax.xml.bind.helpers.AbstractMarshallerImpl のメソッド
書式設定された出力フラグを取得するための簡易メソッドです。
isForwardable() - クラス javax.security.auth.kerberos.KerberosTicket のメソッド
このチケットが転送可能であるかどうかを判定します。
isForwardCheckingSupported() - クラス java.security.cert.PKIXCertPathChecker のメソッド
順方向のチェックがサポートされているかどうかを示します。
isForwarded() - クラス javax.security.auth.kerberos.KerberosTicket のメソッド
このチケットが転送されてきたか、認証によって発行されたかどうかを判定します (転送されてきたチケット認可チケットを含む)。
isFragment() - クラス javax.xml.bind.helpers.AbstractMarshallerImpl のメソッド
フラグメントフラグを取得するための簡易メソッドです。
isFrameStateSupported(int) - クラス java.awt.Toolkit のメソッド
Toolkit がこの Frame の状態をサポートするかどうかを返します。
isFreeStanding - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalScrollBarUI の変数
 
isFullScreenRequired() - クラス java.awt.BufferCapabilities のメソッド
 
isFullScreenSupported() - クラス java.awt.GraphicsDevice のメソッド
この GraphicsDevice がフルスクリーン排他モードをサポートする場合は、true を返します。
isGapToken() - クラス org.ietf.jgss.MessageProp のメソッド
予期したトークンが着信しているかどうか、つまり先行するトークンが正常に処理されているかどうかをテストします。
isGeneral() - クラス javax.swing.text.html.parser.Entity のメソッド
一般エンティティーの場合に true を返します。
isGlobalScope() - クラス javax.xml.bind.JAXBElement のメソッド
この XML 要素宣言がグローバルの場合、true を返します。
isGraphicsConfigSupported(GraphicsConfiguration) - クラス java.awt.GraphicsConfigTemplate のメソッド
指定された GraphicsConfiguration を使って、指定された機能をサポートする描画表面を作成できるかどうかを示す boolean 型の値を返します。
isGroupingUsed() - クラス java.text.NumberFormat のメソッド
このフォーマットでグループ化が使用される場合に、true を返します。
isGuiAvailable() - クラス java.beans.Beans の static メソッド
Bean が GUI を利用できる環境で動作しているかどうかを判定します。
isHeadless() - クラス java.awt.GraphicsEnvironment の static メソッド
ディスプレイ、キーボード、およびマウスがこの環境でサポートされるかどうかを判定します。
isHeadlessInstance() - クラス java.awt.GraphicsEnvironment のメソッド
ディスプレイ、キーボード、およびマウスがこのグラフィックス環境でサポートされるかどうかを返します。
isHeldByCurrentThread() - クラス java.util.concurrent.locks.ReentrantLock のメソッド
現在のスレッドがこのロックを保持しているかどうかを照会します。
isHeldByCurrentThread() - クラス java.util.concurrent.locks.ReentrantReadWriteLock.WriteLock のメソッド
現在のスレッドがこの書き込みロックを保持しているかどうかを照会します。
isHeldExclusively() - クラス java.util.concurrent.locks.AbstractQueuedLongSynchronizer のメソッド
現在の (呼び出し側の) スレッドに関して、同期が排他的に行われる場合は true を返します。
isHeldExclusively() - クラス java.util.concurrent.locks.AbstractQueuedSynchronizer のメソッド
現在の (呼び出し側の) スレッドに関して、同期が排他的に行われる場合は true を返します。
isHidden() - クラス java.beans.FeatureDescriptor のメソッド
「隠し」フラグは、ツールだけで使用され、ユーザーには提供されない機能を識別するために使用されます。
isHidden() - クラス java.io.File のメソッド
この抽象パス名が示すファイルが隠しファイルかどうかを判定します。
isHidden(File) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicFileChooserUI.BasicFileView のメソッド
 
isHiddenFile(File) - クラス javax.swing.filechooser.FileSystemView のメソッド
ファイルが非常にであるかどうかを返します。
isHighSurrogate(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された char 値が上位サロゲートコード単位 (「リーディングサロゲートコード単位」ともいう) であるかどうかを判定します。
isHorizontal() - クラス java.awt.ComponentOrientation のメソッド
行が水平かどうかを返します。
isHTMLString(String) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicHTML の static メソッド
指定された文字列をチェックして、HTML 描画をサポートする非テキストコンポーネントの HTML 描画論理をトリガーする必要があるかどうかを調べます。
isIcon - クラス javax.swing.JInternalFrame の変数
フレームはアイコン化されています。
isIcon() - クラス javax.swing.JInternalFrame のメソッド
JInternalFrame が現在アイコン化されているかどうかを返します。
isIconifiable() - クラス javax.swing.JInternalFrame のメソッド
iconable プロパティーを取得します。
isIconOnly() - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalComboBoxButton のメソッド
 
isId() - インタフェース org.w3c.dom.Attr のメソッド
この属性が型 ID として認識されている (所有者要素の識別子を含んでいる) かどうかを返します。
isIdAttribute(int) - クラス javax.xml.validation.TypeInfoProvider のメソッド
指定された属性が識別子であると判定された場合に true を返します。
isIdentifier(CharSequence) - 列挙 javax.lang.model.SourceVersion の static メソッド
name が最新のソースバージョンで構文的に有効な識別子 (単純名) またはキーワードであるかどうかを返します。
isIdentifierIgnorable(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字が、Java 識別子または Unicode 識別子内で無視可能な文字かどうかを判定します。
isIdentifierIgnorable(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字 (Unicode コードポイント) が、Java 識別子または Unicode 識別子内で無視可能な文字かどうかを判定します。
isIdentity() - クラス java.awt.font.TransformAttribute のメソッド
ラップされた変換が恒等変換である場合、true を返します。
isIdentity() - クラス java.awt.geom.AffineTransform のメソッド
この AffineTransform が恒等変換である場合に true を返します。
isIgnorableWhiteSpace() - インタフェース javax.xml.stream.events.Characters のメソッド
これが ignorableWhiteSpace である場合は true を返します。
isIgnoringComments() - クラス javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
コメントを無視するパーサーを作成するようにファクトリが設定されているかどうかを示します。
isIgnoringElementContentWhitespace() - クラス javax.xml.parsers.DocumentBuilderFactory のメソッド
要素の内容の無視できる空白を無視するパーサーを作成するようにファクトリが設定されているかどうかを示します。
isIgnoringMetadata() - クラス javax.imageio.ImageReader のメソッド
現在の入力ソースが、setInput メソッドの ignoreMetadata 引数として true を渡すことにより、メタデータを無視できるように指定されている場合は true を返します。
isImageAutoSize() - クラス java.awt.TrayIcon のメソッド
auto-size プロパティーの値を返します。
isImageTiled(int) - クラス javax.imageio.ImageReader のメソッド
イメージがタイル、つまりオーバーラップしない等しいサイズの矩形に組み入れられる場合は true を返します。
isInboundDone() - クラス javax.net.ssl.SSLEngine のメソッド
SSLEngine.unwrap(ByteBuffer, ByteBuffer) が受け付ける着信データメッセージがまだあるかどうかを返します。
isInDefaultEventSet() - クラス java.beans.EventSetDescriptor のメソッド
イベントセットがデフォルトのセットであるかどうかを報告します。
isIndeterminate() - クラス javax.swing.JProgressBar のメソッド
indeterminate プロパティーの値を返します。
ISINDEX - クラス javax.swing.text.html.HTML.Tag の static 変数
 
isindex - クラス javax.swing.text.html.parser.DTD の変数
 
isIndexSelected(int) - クラス java.awt.List のメソッド
このスクロールリストで指定された項目が選択されているかどうかを判定します。
isInfinite(double) - クラス java.lang.Double の static メソッド
指定された数値の絶対値が無限量である場合には true を、そうでない場合には false を返します。
isInfinite() - クラス java.lang.Double のメソッド
この Double 値の絶対値が無限量である場合には true を、そうでない場合には false を返します。
isInfinite(float) - クラス java.lang.Float の static メソッド
指定された数値の絶対値が無限量である場合には true を、そうでない場合には false を返します。
isInfinite() - クラス java.lang.Float のメソッド
この Float 値の絶対値が無限量である場合には true を、そうでない場合には false を返します。
isInherited() - クラス javax.swing.text.html.CSS.Attribute のメソッド
属性が親から継承されるかどうかを示します。
isInitial() - クラス javax.security.auth.kerberos.KerberosTicket のメソッド
このチケットが Kerberos AS-Exchange プロトコルを使用して発行されていて、チケット認可チケットを元に発行されていないかどうかを判定します。
isInitialized() - クラス javax.annotation.processing.AbstractProcessor のメソッド
このオブジェクトが 初期化済み である場合は true を返し、それ以外の場合は false を返します。
isInitiator() - インタフェース org.ietf.jgss.GSSContext のメソッド
このピアがコンテキストの起動側であるかどうかを検査します。
isInNative() - クラス java.lang.management.ThreadInfo のメソッド
この ThreadInfo に関連するスレッドが、JNI (Java Native Interface) を使ってネイティブコードを実行しているかどうかをテストします。
isInProgress() - クラス javax.swing.undo.CompoundEdit のメソッド
この編集結果が進行中の場合、つまり、まだ終了指示を受け取っていない場合に、true を返します。
isInputShutdown() - クラス java.net.Socket のメソッド
ソケット接続の読み込み側の半分が閉じているかどうかを返します。
isInRelationService() - クラス javax.management.relation.RelationSupport のメソッド
オブジェクトを引き続き関係サービスで処理するかどうかを指定する内部フラグを返します。
isInRelationService() - インタフェース javax.management.relation.RelationSupportMBean のメソッド
オブジェクトを引き続き関係サービスで処理するかどうかを指定する内部フラグを返します。
isInsert() - クラス javax.swing.JList.DropLocation のメソッド
この位置が挿入位置であるかどうかを返します。
isInsertColumn() - クラス javax.swing.JTable.DropLocation のメソッド
この位置が列の挿入位置であるかどうかを返します。
isInsertRow() - クラス javax.swing.JTable.DropLocation のメソッド
この位置が行の挿入位置であるかどうかを返します。
isInstance(Object) - クラス java.lang.Class のメソッド
指定された Object が、この Class が表すオブジェクトと代入互換の関係にあるかどうかを判定します。
isInstanceOf(Object, Class<?>) - クラス java.beans.Beans の static メソッド
Bean が、指定されたタイプのターゲットとして表示できるかどうかを判定します。
isInstanceOf(ObjectName, String) - インタフェース javax.management.MBeanServer のメソッド
 
isInstanceOf(ObjectName, String) - インタフェース javax.management.MBeanServerConnection のメソッド
 指定された MBean が指定されたクラスのインスタンスである場合は true、そうでない場合は false を返します。
isInstanceOf(StringValueExp) - クラス javax.management.Query の static メソッド
MBean クラスに対する継承制約を表すクエリー式を返します。
isInstanceOf(ObjectName, String, Subject) - インタフェース javax.management.remote.rmi.RMIConnection のメソッド
MBeanServerConnection.isInstanceOf(ObjectName, String) メソッドを処理します。
isInstanceOf(ObjectName, String, Subject) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl のメソッド
 
isInstanceOf(ObjectName, String, Subject) - クラス javax.management.remote.rmi.RMIConnectionImpl_Stub のメソッド
 
isInterface() - クラス java.lang.Class のメソッド
指定された Class オブジェクトがインタフェース型を表すかどうかを判定します。
isInterface(int) - クラス java.lang.reflect.Modifier の static メソッド
整数の引数に interface 修飾子が含まれる場合は true を、含まれない場合は false を返します。
isInterface() - 列挙 javax.lang.model.element.ElementKind のメソッド
これがインタフェースの種類 INTERFACEANNOTATION_TYPE のいずれかである場合は true を返します。
isInterrupted() - クラス java.lang.Thread のメソッド
このスレッドが割り込まれているどうかを調べます。
isIPv4CompatibleAddress() - クラス java.net.Inet6Address のメソッド
InetAddress が IPv4 互換の IPv6 アドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isIs() - クラス javax.management.MBeanAttributeInfo のメソッド
この属性が is 取得メソッドを持つかどうかを示します。
isIs() - インタフェース javax.management.openmbean.OpenMBeanAttributeInfo のメソッド
この OpenMBeanAttributeInfo インスタンスによって記述された属性が isXXX 取得メソッド (boolean および Boolean 値のみに適用される) からアクセスされる場合は true、そうでない場合は false を返します。
isISOControl(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字が ISO 制御文字かどうかを判定します。
isISOControl(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
参照された文字 (Unicode コードポイント) が ISO 制御文字かどうかを判定します。
isItalic() - クラス java.awt.Font のメソッド
この Font オブジェクトのスタイルが ITALIC かどうかを示します。
isItalic(AttributeSet) - クラス javax.swing.text.StyleConstants の static メソッド
イタリック属性が設定されているかどうかを判定します。
isJavaIdentifierPart(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字を Java 識別子の最初の文字以外に使用可能かどうかを判定します。
isJavaIdentifierPart(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
文字 (Unicode コードポイント) を Java 識別子の最初の文字以外に使用可能かどうかを判定します。
isJavaIdentifierStart(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字を Java 識別子の最初の文字として指定可能かどうかを判定します。
isJavaIdentifierStart(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字 (Unicode コードポイント) を Java 識別子の最初の文字として指定可能かどうかを判定します。
isJavaLetter(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
推奨されていません。 isJavaIdentifierStart(char) に置き換えられました。
isJavaLetterOrDigit(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
推奨されていません。 isJavaIdentifierPart(char) に置き換えられました。
isJavaMIMEType(String) - クラス java.awt.datatransfer.SystemFlavorMap の static メソッド
指定された String が符号化された Java MIME タイプであるかどうかを返します。
isKeyBindingActive() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
isKeyBindingRegistered() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicInternalFrameUI のメソッド
 
isKeyDown - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI.KeyHandler の変数
keyPressed がアクティブの間、true に設定されます。
isKeyEntry(String) - クラス java.security.KeyStore のメソッド
指定された別名で識別されるエントリが、setKeyEntry を呼び出して作成されたエントリ、あるいは PrivateKeyEntry または SecretKeyEntry を指定して setEntry を呼び出して作成されたエントリのいずれかである場合、true を返します。
isKeyword(CharSequence) - 列挙 javax.lang.model.SourceVersion の static メソッド
s が最新のソースバージョンのキーワードまたはリテラルであるかどうかを返します。
isLargeModel() - クラス javax.swing.JTree のメソッド
ツリーが大きなモデル用に設定されている場合に true を返します。
isLargeModel() - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
isLast() - インタフェース java.sql.ResultSet のメソッド
カーソルがこの ResultSet オブジェクトの最終行にあるかどうかを取得します。
isLayoutValid() - クラス javax.swing.text.AsyncBoxView.ChildState のメソッド
子ビューが配置されているかどうかを示します。
isLayoutValid(int) - クラス javax.swing.text.BoxView のメソッド
指定された軸に沿ってレイアウトが有効かどうかを決定します。
isLeadAnchorNotificationEnabled() - クラス javax.swing.DefaultListSelectionModel のメソッド
leadAnchorNotificationEnabled フラグの値を返します。
isLeadingEdge() - クラス java.awt.font.TextHitInfo のメソッド
文字のリーディングエッジがヒットであった場合に true を返します。
isLeaf() - クラス javax.swing.JTree.DynamicUtilTreeNode のメソッド
このノードが子を許可する場合に true を返します。
isLeaf(int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
 
isLeaf() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.AbstractElement のメソッド
要素が葉かどうかを調べます。
isLeaf() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.BranchElement のメソッド
要素が葉かどうかを調べます。
isLeaf() - クラス javax.swing.text.AbstractDocument.LeafElement のメソッド
要素が葉かどうかを調べます。
isLeaf() - インタフェース javax.swing.text.Element のメソッド
この要素が葉要素かどうかを判定します。
isLeaf() - クラス javax.swing.tree.DefaultMutableTreeNode のメソッド
このノードに子がない場合は true を返します。
isLeaf(Object) - クラス javax.swing.tree.DefaultTreeModel のメソッド
指定のノードが葉ノードかどうかを返します。
isLeaf(Object) - インタフェース javax.swing.tree.TreeModel のメソッド
node が葉である場合は true を返します。
isLeaf() - インタフェース javax.swing.tree.TreeNode のメソッド
レシーバが葉である場合は true を返します。
isLeapYear(int) - クラス java.util.GregorianCalendar のメソッド
指定された年が、うるう年かどうかを判定します。
isLeftMouseButton(MouseEvent) - クラス javax.swing.SwingUtilities の static メソッド
マウスイベントが左マウスボタンを示す場合に true を返します。
isLeftToRight() - クラス java.awt.ComponentOrientation のメソッド
水平行の場合、アイテムが左から右に配置されるかどうか
垂直行の場合、行が左から右に配置されるかどうか
ヨーロッパの言語のように、左から右に記述する言語の場合には true を返します。
isLeftToRight() - クラス java.awt.font.TextLayout のメソッド
この TextLayout のベースとなる方向が左から右の場合に true を返し、右から左の場合に false を返します。
isLeftToRight() - クラス java.text.Bidi のメソッド
行がすべて左から右のテキストであり、基準方向が左から右の場合は true を返します。
isLegalReplacement(byte[]) - クラス java.nio.charset.CharsetEncoder のメソッド
指定されたバイト配列が、このエンコーダの代替値として正当かどうかを判断します。
isLenient() - クラス java.text.DateFormat のメソッド
日付/時刻の解析を厳密に行うかどうかを判定します。
isLenient() - クラス java.util.Calendar のメソッド
日付/時刻の解釈が厳密でないかどうかを指定します。
isLetter(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字が汎用文字かどうかを判定します。
isLetter(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字 (Unicode コードポイント) が汎用文字かどうかを判定します。
isLetterOrDigit(char) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字が汎用文字または数字かどうかを判定します。
isLetterOrDigit(int) - クラス java.lang.Character の static メソッド
指定された文字 (Unicode コードポイント) が汎用文字または数字かどうかを判定します。
isLigature() - クラス java.awt.font.GlyphMetrics のメソッド
合字グリフの場合に、true を返します。
isLight - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalIconFactory.TreeControlIcon の変数
 
isLightweight() - クラス java.awt.Component のメソッド
軽量コンポーネントはネイティブなツールキットのピアを持ちません。
isLightweightComponent(Component) - クラス javax.swing.JComponent の static メソッド
このコンポーネントが軽量の場合、つまりネイティブのウィンドウシステムピアを持たない場合に true を返します。
isLightWeightPopupEnabled() - クラス javax.swing.JComboBox のメソッド
lightWeightPopupEnabled プロパティーの値を返します。
isLightWeightPopupEnabled() - クラス javax.swing.JPopupMenu のメソッド
lightWeightPopupEnabled プロパティーを取得します。
isLightWeightPopupEnabled() - クラス javax.swing.ToolTipManager のメソッド
軽量の (すべての Java の) Tooltip が使用されている場合は true、重量の (ネイティブピアの) Tooltip が使用されている場合は false を返します。
isLineEmpty() - クラス javax.swing.text.AbstractWriter のメソッド
現在の行の長さが空の場合は、true を返します。
isLineSupported(Line.Info) - クラス javax.sound.sampled.AudioSystem の static メソッド
指定された Line.Info オブジェクトに一致するラインをシステムがサポートしているかどうかを示します。
isLineSupported(Line.Info) - インタフェース javax.sound.sampled.Mixer のメソッド
指定された Line.Info オブジェクトに一致するラインをミキサーがサポートしているかどうかを示します。
isLinkLocalAddress() - クラス java.net.Inet4Address のメソッド
InetAddress がリンクローカルアドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isLinkLocalAddress() - クラス java.net.Inet6Address のメソッド
InetAddress がリンクローカルアドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isLinkLocalAddress() - クラス java.net.InetAddress のメソッド
InetAddress がリンクローカルアドレスかどうかを調べるユーティリティールーチンです。
isLoaded() - クラス java.nio.MappedByteBuffer のメソッド
現在のバッファーのコンテンツが物理メモリー内にあるかどうかを判断します。
isLocal - クラス java.awt.dnd.DropTargetContext.TransferableProxy の変数
カプセル化された Transferable オブジェクトが同じ JVM 内のローカルなドラッグ&ドロップ操作の結果を表すかどうかを示す boolean です。
isLocal(Stub) - クラス javax.rmi.CORBA.Util の static メソッド
isLocal メソッドが RemoteException をスローできることを除き、ObjectImpl._is_local と同じセマンティクスを持ちます。
isLocal(Stub) - インタフェース javax.rmi.CORBA.UtilDelegate のメソッド
Util.isLocal(javax.rmi.CORBA.Stub) に対する委譲呼び出しです。
isLocalClass() - クラス java.lang.Class のメソッド
基本となるクラスがローカルクラスである場合だけ true を返します。
isLocallyDefined(KeyStroke) - インタフェース javax.swing.text.Keymap のメソッド
指定されたキーシーケンスがローカルに定義されているかどうかを判定します。
isLocalTransfer() - クラス java.awt.dnd.DropTargetDropEvent のメソッド
このメソッドは、転送元がターゲットと同じ JVM にあるかどうかを示す int を返します。
isLocationByPlatform() - クラス java.awt.Window のメソッド
次回にこのウィンドウが可視になったときに、このウィンドウをネィティブウィンドウシステムのデフォルトの場所に表示する場合は true を返します。
isLocationInExpandControl(TreePath, int, int) - クラス javax.swing.plaf.basic.BasicTreeUI のメソッド
mouseX および mouseY がノードの展開または折りたたみに使用される行の領域にあり、row にあるノードが葉を表さない場合に true を返します。
isLocationInExpandControl(int, int, int, int) - クラス javax.swing.plaf.metal.MetalTreeUI のメソッド
 
isLocked() - クラス java.util.concurrent.locks.ReentrantLock のメソッド
この