JavaTM 2 Platform
Std. Ed. v1.3

クラス
java.lang.Object の使用

Object を使用しているパッケージ
java.applet アプレットの作成、およびアプレットとアプレットコンテキストとの通信に使用するクラスの作成に必要なクラスを提供します。  
java.awt このパッケージには、ユーザインタフェースの作成と、グラフィックスとイメージのペイントのためのクラスがすべて含まれています。 
java.awt.color カラースペースのクラスを提供します。 
java.awt.datatransfer このパッケージは、アプリケーション間、およびアプリケーション内のデータ転送のためのインタフェースやクラスを提供します。 
java.awt.dnd ドラッグ&ドロップ操作は、多くのグラフィカルユーザインタフェースシステムで見られる直接的な操作ジェスチャーで、GUI の表現要素に論理的に関連した 2 つのエンティティ間で情報を変換する機構を提供します。 
java.awt.event このパッケージは、AWT コンポーネントによってトリガーされる各種のイベントを処理するためのインタフェース、およびクラスを提供します。 
java.awt.font フォント関連のクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.awt.geom 2 次元ジオメトリに関連するオブジェクトで処理を定義および実行する Java 2D クラスを提供します。 
java.awt.im インプットメソッドフレームワークのためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.awt.im.spi あらゆる Java 実行時環境で使用できるインプットメソッドの開発を可能にするインタフェースを提供します。 
java.awt.image イメージの作成や変更を行うクラスを提供します。 
java.awt.image.renderable 描画に依存しないイメージを作成するためのクラスおよびインタフェースを提供します。  
java.awt.print このパッケージは、汎用印刷 API で使用するクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.beans JavaBeans の開発に関連するクラスが含まれています。 
java.beans.beancontext bean コンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.io このパッケージは、データストリーム、直列化、ファイルシステムによるシステム入出力用に提供されています。  
java.lang Java プログラム言語の設計にあたり基本的なクラスを提供します。 
java.lang.ref ガベージコレクタとの制限付きの対話をサポートする、参照オブジェクトクラスを提供します。 
java.lang.reflect クラスおよびオブジェクトについてのリフレクション情報を取得するためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.math 任意精度の整数演算 (BigInteger)、および任意精度の 10 進数演算 (BigDecimal) を実行するためのクラスを提供します。 
java.net ネットワーク対応アプリケーションを実装するためのクラスを提供します。 
java.rmi RMI (Remote Method Invocation) のパッケージを提供します。 
java.rmi.activation RMI オブジェクト起動をサポートします。 
java.rmi.dgc RMI 分散ガベージコレクション (DGC) で使うクラスとインタフェースを提供します。 
java.rmi.registry RMI レジストリに使うクラスと 2 つのインタフェースを提供します。 
java.rmi.server RMI のサーバ側をサポートするクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.security セキュリティフレームワークのクラスとインタフェースを提供します。 
java.security.acl このパッケージのクラスとインタフェースの代わりに、java.security パッケージのクラスが使われるようになりました。 
java.security.cert 証明書を解析および管理するためのクラスとインタフェースを提供します。 
java.security.spec 鍵仕様およびアルゴリズムパラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。  
java.sql JavaTM プログラミング言語を使用してデータソースのデータにアクセスして処理する API を提供します。 
java.text テキスト、日付、数値およびメッセージを、自然言語に依存しない方法で処理するためのクラスとインタフェースを提供します。 
java.util このパッケージには、コレクションフレームワーク、従来のコレクションクラス、イベントモデル、日付と時刻の機構、国際化、およびさまざまなユーティリティクラス (文字列トークナイザ、乱数ジェネレータ、ビット配列) が含まれています。  
java.util.jar JAR (Java ARchive) ファイルの読み取りおよび書き出しに使うクラスを提供します。 
java.util.zip 標準的な ZIP ファイル形式および GZIP ファイル形式を読み取ったり、書き出したりするためのクラスを提供します。 
javax.accessibility コンポーネントにアクセスできるユーザ補助機能とユーザインタフェースコンポーネント間の規則を定義します。 
javax.naming ネームサービスにアクセスするためのクラスおよびインタフェースを提供します。  
javax.naming.directory javax.naming パッケージを拡張して、ディレクトリサービスにアクセスする機能を提供します。  
javax.naming.event ネーミングおよびディレクトリサービスにアクセスする場合、イベント通知をサポートしています。  
javax.naming.ldap LDAPv3 の拡張操作とコントロールをサポートします。  
javax.naming.spi javax.naming および関連パッケージによって、ネーミングサービスおよびディレクトリサービスへのアクセスを動的にプラグインする手段を提供します。  
javax.rmi RMI-IIOP のユーザ API を含みます。 
javax.rmi.CORBA RMI-IIOP 用の移植可能な API を含みます。 
javax.sound.midi MIDI (楽器のディジタルインタフェース) データの入出力、シーケンシング、および合成のインタフェースおよびクラスを提供します。  
javax.sound.midi.spi 新しい MIDI デバイス、MIDI ファイルリーダおよびライター、またはサウンドバンクリーダを提供するときに、サービスプロバイダが実装するインタフェースを提供します。  
javax.sound.sampled サンプル化されたオーディオデータの取り込み、処理、および再生のインタフェースおよびクラスを提供します。  
javax.sound.sampled.spi 新しいオーディオデバイス、ソースファイルのリーダやライター、またはオーディオ形式コンバータを提供するときに、サービスプロバイダがサブクラス化する抽象クラスを提供します。  
javax.swing すべてのプラットフォームで可能な限り同じように機能する、「軽量」(Java 共通言語) コンポーネントのセットを提供します。 
javax.swing.border Swing コンポーネントの周囲に各種のボーダを描画するための、クラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.swing.colorchooser このパッケージには、JColorChooser コンポーネントによって使われるクラスおよびインタフェースが含まれています。  
javax.swing.event Swing コンポーネントによってトリガーされるイベントを提供します。 
javax.swing.filechooser このパッケージには、JFileChooser コンポーネントによって使われるクラスおよびインタフェースが含まれています。  
javax.swing.plaf 1 つのインタフェースおよび多くの抽象クラスを提供しており、Swing は、プラグイン可能な Look & Feel 機能を実現するためにこれらのクラスを利用します。 
javax.swing.plaf.basic 基本 Look & Feel に従って作成されたユーザインタフェースオブジェクトを提供します。 
javax.swing.plaf.metal このパッケージは、Metal の Look & Feel に従って構築されるユーザインタフェースオブジェクトを提供します。  
javax.swing.plaf.multi 多重 Look & Feel を利用すると、デフォルトの Look & Feel に補助的な Look & Feel を結合できます。 
javax.swing.table javax.swing.JTable を処理するためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.swing.text 編集可能/編集不能テキストコンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。 
javax.swing.text.html HTML テキストエディタを作成するための HTMLEditorKit クラスとサポートクラスを提供します。  
javax.swing.text.html.parser デフォルトの HTML パーサを、サポートクラスと共に提供します。 
javax.swing.text.rtf Rich-Text-Format テキストエディタを作成するためのクラス (RTFEditorKit) を提供します。  
javax.swing.tree javax.swing.JTree を処理するためのクラスとインタフェースを提供します。 
javax.swing.undo テキストエディタなどのアプリケーションで元に戻す機能と再実行する機能のサポートを提供します。 
javax.transaction 非整列化中に ORB 機構によってスローされた 3 つの例外が含まれています。  
org.omg.CORBA OMG CORBA API の JavaTM プログラミング言語 (ORB クラスを含む) へのマッピングを提供します。 
org.omg.CORBA_2_3 CORBA_2_3 パッケージは、Java 2 Standard Edition の既存の CORBA インタフェースへの追加を定義します。 
org.omg.CORBA_2_3.portable 値型の入力および出力のメソッドを提供し、また org/omg/CORBA/portable パッケージのその他の更新を含みます。  
org.omg.CORBA.DynAnyPackage DynAny インタフェースに対して使用される例外 (InvalidValueInvalidInvalidSeq、および TypeMismatch) を提供します。 
org.omg.CORBA.ORBPackage ORB.resolve_initial_references メソッドによってスローされる InvalidName 例外、および ORB クラスの動的 Any 作成メソッドによってスローされる InconsistentTypeCode 例外を提供します。  
org.omg.CORBA.portable ポータビリティレイヤ、つまり、あるベンダーによって生成されたコードが他のベンダーの ORB で動作できるようにする一連の ORB API を提供します。 
org.omg.CORBA.TypeCodePackage TypeCode クラスのメソッドによってスローされる、ユーザ定義の例外 BadKind および Bounds を提供します。  
org.omg.CosNaming Java IDL のネームサービスを提供します。  
org.omg.CosNaming.NamingContextPackage このパッケージは、org.omg.CosNaming パッケージで使用される例外 (AlreadyBoundCannotProceedInvalidNameNotEmpty、および NotFound) と、それらの例外の Helper クラスおよび Holder クラスを提供します。 
org.omg.stub.java.rmi java.rmi パッケージで発生するリモートタイプの RMI-IIOP Stub を格納します。  
 

java.applet での Object の使用
 

java.applet での Object のサブクラス
 class Applet
          アプレットとは、単独で動作することはなく、ほかのアプリケーションの中に組み込まれた形で実行される小さなプログラムです。
protected  class Applet.AccessibleApplet
          このクラスは Applet クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 

java.awt での Object の使用
 

java.awt での Object のサブクラス
 class AlphaComposite
          この AlphaComposite クラスは、グラフィックスおよびイメージの混合および透明化効果を実現するために、ソースのピクセルとデスティネーションのピクセルを結合するための基本的なアルファ合成規則を実装します。
(パッケージプライベート)  class java.awt.AttributeValue
           
 class AWTError
          重大な Abstract Window Toolkit エラーが発生したときにスローされます。
 class AWTEvent
          すべての AWT イベント用のルートイベントクラスです。
 class AWTEventMulticaster
          java.awt.event パッケージで定義される AWT イベントを、効率的で、スレッドに対して安全に、マルチキャスト配送する仕組みを実装するクラスです。
 class AWTException
          AWT (Abstract Window Toolkit) 例外が発生したことを示します。
 class AWTPermission
          このクラスは AWT のアクセス権用のクラスです。
 class BasicStroke
          BasicStroke クラスは、グラフィックスのプリミティブの輪郭に対する描画属性の基本セットを定義します。
 class BorderLayout
          ボーダレイアウトは、north (上部)、south (下部)、east (右端)、west (左端)、center (中央) という 5 つの領域に収まるように、コンポーネントを整列およびサイズ変更して、コンテナに配置します。
 class Button
          このクラスはラベル付きボタンを作成します。
protected  class Button.AccessibleAWTButton
          このクラスは Button クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class Canvas
          Canvas コンポーネントは、アプリケーションが描画したり、ユーザからの入力イベントをトラップしたりすることができる空白の矩形の画面領域を表します。
protected  class Canvas.AccessibleAWTCanvas
          このクラスは Canvas クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class CardLayout
          CardLayout オブジェクトはコンテナのレイアウトマネージャです。
 class Checkbox
          チェックボックスは、「オン」 (true) または「オフ」 (false) のどちらかの状態にすることができるグラフィカルコンポーネントです。
protected  class Checkbox.AccessibleAWTCheckbox
          このクラスは Checkbox クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class CheckboxGroup
          CheckboxGroup クラスは Checkbox ボタンをグループ化するのに使用します。
 class CheckboxMenuItem
          このクラスは、メニューに含めることができるチェックボックスを表します。
protected  class CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用される CheckboxMenultem の内部クラスです。
 class Choice
          Choice クラスは選択のポップアップメニューを表します。
protected  class Choice.AccessibleAWTChoice
          このクラスは Choice クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class Color
          Color クラスは、デフォルトの sRGB カラー領域にある色、または ColorSpace で識別される任意のカラー領域にある色をカプセル化するのに使用されます。
 class Component
          「コンポーネント」は、画面に表示でき、ユーザと対話できるグラフィカルな表現を持つオブジェクトです。
protected  class Component.AccessibleAWTComponent
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートの提供に使用する Component の内部クラスです。
protected  class Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler
          Fire PropertyChange リスナーが登録されていれば、表示または非表示にされたときにそれをトリガーします。
protected  class Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandler
          Fire PropertyChange リスナーが登録されていれば、フォーカスイベントが発生したときにそれをトリガーします。
 class ComponentOrientation
          ComponentOrientation クラスは、コンポーネントまたはテキストの要素を整列するのに使用される、言語に対応した方向をカプセル化します。
 class Container
          一般的な Abstract Window Toolkit (AWT) コンテナオブジェクトは、ほかの AWT コンポーネントを含むことができるコンポーネントです。
protected  class Container.AccessibleAWTContainer
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する Container の内部クラスです。
protected  class Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler
          PropertyChange リスナーが登録されていれば、子が追加または削除されたときにそれをトリガーします。
 class Cursor
          マウスカーソルのビットマップ表現をカプセル化するクラスです。
 class Dialog
          Dialog は、タイトルおよびボーダを持つトップレベルのウィンドウであり、通常はユーザからの入力を受け付けるために使用されます。
protected  class Dialog.AccessibleAWTDialog
          このクラスは Dialog クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class Dimension
          Dimension クラスは、単一のオブジェクト内のコンポーネントの幅と高さ (整数精度) をカプセル化します。
 class Event
          Event は、Java 1.0 イベントモデルでプラットフォームのグラフィカルユーザインタフェースからのイベントをカプセル化する、プラットフォームに依存しないクラスです。
 class EventQueue
          EventQueue は、基本となるピアクラスと信頼できるアプリケーションクラスの両方からのイベントをキューに入れるプラットフォームに依存しないクラスです。
 class FileDialog
          FileDialog クラスは、ユーザがファイルを選択できるダイアログウィンドウを表示します。
 class FlowLayout
          フローレイアウトは、段落内のテキスト行と同じように、左から右方向にコンポーネントを配置します。
 class Font
          Font クラスはフォントを表します。
 class FontFormatException
          Font クラスのメソッド createFont によってスローされ、指定されたフォントが無効であることを示します。
 class FontMetrics
          FontMetrics クラスは、特定の画面での特定のフォントに関する描画情報をカプセル化するフォントメトリックオブジェクトを定義します。
 class Frame
          Frame は、タイトルとボーダ付きのトップレベルウィンドウです。
protected  class Frame.AccessibleAWTFrame
          このクラスは Frame クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class GradientPaint
          GradientPaint クラスは、カラーの線形グラデーションパターンで Shape を塗りつぶす手段を提供します。
 class Graphics
          Graphics クラスは、すべてのグラフィックコンテキストの抽象基底クラスです。
 class Graphics2D
          Graphics2D クラスは、Graphics クラスを拡張して、ジオメトリ、座標変換、カラー管理、テキスト配置について高度な制御を行います。
 class GraphicsConfigTemplate
          GraphicsConfigTemplate クラスを使うことにより、有効な GraphicsConfiguration を取得できます。
 class GraphicsConfiguration
          GraphicsConfiguration クラスは、プリンタやモニターなどのグラフィックスデスティネーションの特性を記述します。
 class GraphicsDevice
          GraphicsDevice クラスは、特定のグラフィックス環境で利用可能なグラフィックスデバイスを記述します。
 class GraphicsEnvironment
          GraphicsEnvironment クラスは、特定のプラットフォームの JavaTM アプリケーションで使用できる GraphicsDevice オブジェクトおよび Font オブジェクトのコレクションを記述します。
 class GridBagConstraints
          GridBagConstraints クラスは、GridBagLayout クラスを使って配置されるコンポーネントの制約を指定します。
 class GridBagLayout
          GridBagLayout クラスは、異なる大きさのコンポーネントでも縦横に配置できる柔軟なレイアウトマネージャです。
 class GridLayout
          GridLayout クラスは、コンテナのコンポーネントを矩形グリッドで配置するレイアウトマネージャです。
 class IllegalComponentStateException
          要求された操作に対し、AWT コンポーネントが適切な状態にないというシグナルです。
 class Image
          抽象クラス Image は、グラフィカルイメージを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class Insets
          Insets オブジェクトはコンテナの境界を表現したものです。
 class JobAttributes
          印刷ジョブを制御する属性セット このクラスのインスタンスは、このインスタンスを使用している各印刷ジョブの、コピーの部数、デフォルトの選択、出力先、印刷のダイアログ、ファイル名とプリンタ名、ページ範囲、複数のドキュメント処理 (照合を含む)、デュープレックスのような複数ページの組み付けなどを制御します。
static class JobAttributes.DefaultSelectionType
          使用可能なデフォルト選択状態の型保証された列挙です。
static class JobAttributes.DestinationType
          使用可能なジョブ出力先の型保証された列挙です。
static class JobAttributes.DialogType
          ユーザに表示する使用可能なダイアログの型保証された列挙です。
static class JobAttributes.MultipleDocumentHandlingType
          使用可能な複数のドキュメント処理状態の型保証された列挙です。
static class JobAttributes.SidesType
          使用可能な複数ページの面付けの型保証された列挙です。
 class Label
          Label オブジェクトは、コンテナ内にテキストを配置するためのコンポーネントです。
protected  class Label.AccessibleAWTLabel
          このクラスは Label クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class List
          List コンポーネントは、テキスト項目のスクロールリストをユーザに対して表示します。
protected  class List.AccessibleAWTList
          このクラスは List クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild
          このクラスは子のリスト表示用のユーザ補助機能サポートを実装しています。
 class MediaTracker
          MediaTracker クラスは、いくつかのメディアオブジェクトの状態を監視するユーティリティクラスです。
 class Menu
          Menu オブジェクトは、メニューバーから展開されるプルダウンメニューコンポーネントです。
protected  class Menu.AccessibleAWTMenu
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する Menu の内部クラスです。
 class MenuBar
          MenuBar クラスは、フレームに結合されるメニューバーの概念をカプセル化するクラスです。
protected  class MenuBar.AccessibleAWTMenuBar
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する MenuBar の内部クラスです。
 class MenuComponent
          抽象クラス MenuComponent は、メニューに関連するすべてのコンポーネントのスーパークラスです。
protected  class MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する MenuComponent の内部クラスです。
 class MenuItem
          メニュー内のすべての項目は、MenuItem クラスかそのサブクラスの 1 つに属す必要があります。
protected  class MenuItem.AccessibleAWTMenuItem
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する MenuItem の内部クラスです。
 class MenuShortcut
          MenuItem のキーボードアクセラレータを表すクラスです。
 class PageAttributes
          印刷したページの出力を制御する属性セットです。
static class PageAttributes.ColorType
          使用可能なカラー状態の型保証された列挙
static class PageAttributes.MediaType
          使用可能な用紙サイズの型保証された列挙です。
static class PageAttributes.OrientationRequestedType
          使用可能な用紙方向の型保証された列挙です。
static class PageAttributes.OriginType
          使用可能な原点の型保証された列挙です。
static class PageAttributes.PrintQualityType
          使用可能な印刷品質の型保証された列挙です。
 class Panel
          Panel はもっともシンプルなコンテナクラスです。
protected  class Panel.AccessibleAWTPanel
          このクラスは Panel クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class Point
          整数精度で指定される、(x, y) 座標空間での位置を表す点です。
 class Polygon
          Polygon クラスは、座標空間内の閉じた 2 次元領域の記述をカプセル化します。
 class PopupMenu
          このクラスは、コンポーネント内の指定された位置に動的に表示できるメニューを実装するためのものです。
protected  class PopupMenu.AccessibleAWTPopupMenu
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する PopupMenu の内部クラスです。
 class PrintJob
          印刷ジョブを開始して実行する抽象クラスです。
 class Rectangle
          Rectangle は、Rectangle オブジェクトの座標空間での左上の点 (x、 y)、およびその幅と高さによって囲まれる座標空間内の領域を指定します。
 class RenderingHints
          RenderingHints クラスには、Graphics2D クラスや、BufferedImageOp および Raster を実装するクラスによって使用される描画ヒントが含まれています。
static class RenderingHints.Key
          描画用およびイメージ処理用のパイプラインのさまざまな側面を制御するために使われるすべてのキーの基底型を定義します。
 class Robot
          このクラスを用いると、テストの自動化、自動実行のデモ、およびマウスやキーボード制御が必要なアプリケーションのために、ネイティブなシステム入力イベントを生成することができます。
 class Scrollbar
          Scrollbar クラスは、よく使用されるユーザインタフェースオブジェクトであるスクロールバーを実現します。
protected  class Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar
          このクラスは Scrollbar クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class ScrollPane
          1 つの子コンポーネントに対して、自動水平または垂直スクロールあるいはその両方を実装するコンテナクラスです。
protected  class ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane
          このクラスは ScrollbarPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class SystemColor
          システムの GUI オブジェクトの色を表すシンボリックカラーをカプセル化するクラスです。
 class TextArea
          TextArea オブジェクトは、テキストを表示する複数行領域です。
protected  class TextArea.AccessibleAWTTextArea
          このクラスは TextArea クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class TextComponent
          TextComponent クラスは、テキストの編集を可能にするすべてのコンポーネントのスーパークラスです。
protected  class TextComponent.AccessibleAWTTextComponent
          このクラスは TextComponent クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class TextField
          TextField オブジェクトは、1 行のテキストの編集を行えるようにするテキストコンポーネントです。
protected  class TextField.AccessibleAWTTextField
          このクラスは TextField クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class TexturePaint
          TexturePaint クラスは、BufferedImage として指定されるテクスチャーで Shape を塗りつぶす手段を提供します。
 class Toolkit
          このクラスは、Abstract Window Toolkit のすべての実装の抽象スーパークラスです。
 class Window
          Window オブジェクトはボーダおよびメニューバーを持たないトップレベルウィンドウです。
protected  class Window.AccessibleAWTWindow
          このクラスは Window クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 

Object として宣言されている java.awt のフィールド
 Object Event.target
          ターゲットコンポーネントです。
 Object Event.arg
          イベントの任意の引数です。
static Object RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_ON
          アンチエイリアスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_OFF
          アンチエイリアスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_DEFAULT
          アンチエイリアスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_RENDER_SPEED
          レンダリングのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_RENDER_QUALITY
          レンダリングのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_RENDER_DEFAULT
          レンダリングのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_DITHER_DISABLE
          ディザリングのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_DITHER_ENABLE
          ディザリングのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_DITHER_DEFAULT
          ディザリングのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_ON
          テキストアンチエイリアスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_OFF
          テキストアンチエイリアスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_DEFAULT
          テキストアンチエイリアスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_FRACTIONALMETRICS_OFF
          フォント部分メトリックスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_FRACTIONALMETRICS_ON
          フォント部分メトリックスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_FRACTIONALMETRICS_DEFAULT
          フォント部分メトリックスのヒント値です。
static Object RenderingHints.VALUE_INTERPOLATION_NEAREST_NEIGHBOR
          補間のヒント値 INTERPOLATION_NEAREST_NEIGHBOR です。
static Object RenderingHints.VALUE_INTERPOLATION_BILINEAR
          補間のヒント値 INTERPOLATION_BILINEAR です。
static Object RenderingHints.VALUE_INTERPOLATION_BICUBIC
          補間のヒント値 INTERPOLATION_BICUBIC です。
static Object RenderingHints.VALUE_ALPHA_INTERPOLATION_SPEED
          アルファ補間のヒント値 ALPHA_INTERPOLATION_SPEED です。
static Object RenderingHints.VALUE_ALPHA_INTERPOLATION_QUALITY
          アルファ補間のヒント値 ALPHA_INTERPOLATION_QUALITY です。
static Object RenderingHints.VALUE_ALPHA_INTERPOLATION_DEFAULT
          アルファ補間のヒント値 ALPHA_INTERPOLATION_DEFAULT です。
static Object RenderingHints.VALUE_COLOR_RENDER_SPEED
          カラーレンダリングのヒント値 COLOR_RENDER_SPEED です。
static Object RenderingHints.VALUE_COLOR_RENDER_QUALITY
          カラーレンダリングのヒント値 COLOR_RENDER_QUALITY です。
static Object RenderingHints.VALUE_COLOR_RENDER_DEFAULT
          カラーレンダリングのヒント値 COLOR_RENDER_DEFAULT です。
static Object RenderingHints.VALUE_STROKE_DEFAULT
          ストローク正規化コントロールのヒント値 STROKE_DEFAULT です。
static Object RenderingHints.VALUE_STROKE_NORMALIZE
          ストローク正規化コントロールのヒント値 STROKE_NORMALIZE です。
static Object RenderingHints.VALUE_STROKE_PURE
          ストローク正規化コントロールのヒント値 STROKE_PURE です。
static Object Image.UndefinedProperty
          UndefinedProperty オブジェクトは、特定イメージ用に定義済みでないプロパティがフェッチされるたびに返されなければなりません。
 

Object を返す java.awt のメソッド
 Object Component.getTreeLock()
          AWT コンポーネントツリーおよびレイアウトのロックオブジェクトを返します。
protected  Object MenuComponent.getTreeLock()
          AWT コンポーネントツリーおよびレイアウトオペレーションに対する、このコンポーネントのロックオブジェクト (スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト) を取得します。
 Object[] Checkbox.getSelectedObjects()
          チェックボックスのラベルを含む配列 (長さ 1) を返します。
abstract  Object Graphics2D.getRenderingHint(RenderingHints.Key hintKey)
          描画アルゴリズムの推奨設定の値を 1 つ返します。
 Object Insets.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成します。
 Object RenderingHints.get(Object key)
          指定されたキーがマッピングされている値を返します。
 Object RenderingHints.put(Object key, Object value)
          この RenderingHints オブジェクトで、指定された key を指定された value にマッピングします。
 Object RenderingHints.remove(Object key)
          この RenderingHints オブジェクトから、指定されたキーとその対応する値を削除します。
 Object RenderingHints.clone()
          この RenderingHints オブジェクトと同一の内容を持つ、この RenderingHints のクローン (複製) を作成します。
 Object Toolkit.getDesktopProperty(String propertyName)
          指定されたデスクトッププロパティの値を返します。
protected  Object Toolkit.lazilyLoadDesktopProperty(String name)
          デスクトッププロパティの値を遅延評価する機会です。
 Object[] List.getSelectedObjects()
          リスト中の選択されている項目を Object の配列で返します。
 Object[] Choice.getSelectedObjects()
          現在選択されている項目を含む配列 (長さが 1) を返します。
 Object PageAttributes.clone()
          PageAttributes のコピーを作成して、返します。
 Object JobAttributes.clone()
          JobAttributes のコピーを作成して、返します。
 Object[] ItemSelectable.getSelectedObjects()
          選択された項目を返します。
 Object GridBagConstraints.clone()
          このグリッドバッグ制約のコピーを作成します。
 Object[] MediaTracker.getErrorsAny()
          エラーがあったすべてのメディアのリストを返します。
 Object[] MediaTracker.getErrorsID(int id)
          指定された ID を持つメディアのうちエラーになったもののリストを返します。
 Object[] CheckboxMenuItem.getSelectedObjects()
          チェックボックスメニュー項目のラベルを含む配列 (長さ 1) を返します。
abstract  Object Image.getProperty(String name, ImageObserver observer)
          このイメージのプロパティを名前で返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt のメソッド
 boolean Component.action(Event evt, Object what)
          推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、このコンポーネントをアクションイベントをトリガーするコンポーネントの ActionListener として登録する必要があります。
 boolean Component.gotFocus(Event evt, Object what)
          推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、processFocusEvent(FocusEvent) に置き換えられました。
 boolean Component.lostFocus(Event evt, Object what)
          推奨されていません。 JDK バージョン 1.1 以降は、processFocusEvent(FocusEvent) に置き換えられました。
protected  void Component.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          バウンドプロパティの変更の報告をサポートします。
 void Container.add(Component comp, Object constraints)
          指定されたコンポーネントをコンテナの末尾に追加します。
 void Container.add(Component comp, Object constraints, int index)
          指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスと指定された制約で、コンテナへ追加します。
protected  void Container.addImpl(Component comp, Object constraints, int index)
          指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスで、コンテナへ追加します。
 void LayoutManager2.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
 void CardLayout.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          このカードレイアウト内部の名前テーブルに、指定されたコンポーネントを追加します。
protected  void ScrollPane.addImpl(Component comp, Object constraints, int index)
          指定されたコンポーネントを、このスクロールペインコンテナに追加します。
abstract  void Graphics2D.setRenderingHint(RenderingHints.Key hintKey, Object hintValue)
          描画アルゴリズムの推奨設定の値を 1 つ設定します。
 boolean MenuShortcut.equals(Object obj)
          この MenuShortcut がほかのものと同じかどうかを返します。
 void BorderLayout.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          指定された制約オブジェクトを用いて、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
 boolean Insets.equals(Object obj)
          2 つのインセットオブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean Font.equals(Object obj)
          この Font オブジェクトを、指定された Object と比較します。
 boolean RenderingHints.containsKey(Object key)
          この RenderingHints 内に、指定されたキーのマッピングが含まれている場合に true を返します。
 boolean RenderingHints.containsValue(Object value)
          この RenderingHints が指定された値に 1 つ以上のキーをマッピングしている場合に true を返します。
 Object RenderingHints.get(Object key)
          指定されたキーがマッピングされている値を返します。
 Object RenderingHints.put(Object key, Object value)
          この RenderingHints オブジェクトで、指定された key を指定された value にマッピングします。
 Object RenderingHints.remove(Object key)
          この RenderingHints オブジェクトから、指定されたキーとその対応する値を削除します。
 boolean RenderingHints.equals(Object o)
          指定された Object とこの RenderingHints が等しいかどうかを比較します。
abstract  boolean RenderingHints.Key.isCompatibleValue(Object val)
          指定されたオブジェクトがこの Key の有効な値である場合に true を返します。
 boolean RenderingHints.Key.equals(Object o)
          すべての Key オブジェクトについて、equals メソッドは等値演算子 == と同じ結果を返します。
protected  void Toolkit.setDesktopProperty(String name, Object newValue)
          指定されたデスクトッププロパティを、指定された値に変更し、プロパティ変更イベントをトリガーして、すべてのリスナーに値の変更を通知します。
 boolean Point.equals(Object obj)
          2 つの点が同じかどうかを判定します。
 boolean Color.equals(Object obj)
          別のオブジェクトがこの Color と同じであるかどうかを判定します。
 boolean Dimension.equals(Object obj)
          2 つの Dimension オブジェクトが同じ値を持っているかどうかを判定します。
 boolean BasicStroke.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトがこの BasicStroke と等しいかどうかを判定します。
 void GridBagLayout.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
 boolean PageAttributes.equals(Object obj)
          2 つの PageAttributes が同じであるかどうかを判定します。
 boolean JobAttributes.equals(Object obj)
          2 つの JobAttributes が同じであるかどうかを判定します。
 boolean AlphaComposite.equals(Object obj)
          指定された Object がこの AlphaComposite オブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 boolean Rectangle.equals(Object obj)
          2 つの矩形が同じかどうかを判定します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt のコンストラクタ
Event(Object target, long when, int id, int x, int y, int key, int modifiers, Object arg)
          指定されたターゲットコンポーネント、タイムスタンプ、イベントタイプ、x 座標と y 座標、キーボードキー、修飾キーの状態、および引数で、Event のインスタンスを生成します。
Event(Object target, long when, int id, int x, int y, int key, int modifiers)
          指定されたターゲットコンポーネント、タイムスタンプ、イベントタイプ、x 座標と y 座標、キーボードキー、修飾キーの状態、および null に設定された引数で、Event のインスタンスを生成します。
Event(Object target, int id, Object arg)
          指定されたターゲットコンポーネント、イベントタイプ、および引数で、Event のインスタンスを生成します。
RenderingHints(RenderingHints.Key key, Object value)
          指定されたキーと値のペアでオブジェクトを新しく作成します。
AWTEvent(Object source, int id)
          指定されたソースオブジェクトと型を使用して、AWTEvent オブジェクトを構築します。
 

java.awt.color での Object の使用
 

java.awt.color での Object のサブクラス
 class CMMException
          この例外は、ネイティブの CMM がエラーを返した場合にスローされます。
 class ColorSpace
          この抽象クラスは、Color オブジェクトの特定のカラースペース、または ColorModel オブジェクトを介して、Image、BufferedImage、または GraphicsDevice の特定のカラースペースを識別するためにカラースペースタグとして機能します。
 class ICC_ColorSpace
          ColorSpace 抽象クラスの実装です。
 class ICC_Profile
          International Color Consortium の Specification ICC.1:1998-09、File Format for Color Profiles (1998 年 9 月) およびその付録 ICC.1A:1999-04 (1999 年 4 月) に基づく、デバイス非依存およびデバイス依存のカラースペースのカラープロファイルデータの表現です ( http://www.color.org を参照)。
 class ICC_ProfileGray
          「プロファイルのカラースペースタイプが TYPE_GRAY」および「プロファイルに grayTRCTag および mediaWhitePointTag タグがある」という 2 つの基準を満たすプロファイルを表す ICC_Profile クラスのサブクラスです。
 class ICC_ProfileRGB
          「プロファイルのカラースペースタイプが RGB」および「プロファイルに redColorantTag、greenColorantTag、blueColorantTag、redTRCTag、greenTRCTag、blueTRCTag、および mediaWhitePointTag タグがある」という 2 つの基準を満たすプロファイルを表す ICC_Profile クラスのサブクラスです。
 class ProfileDataException
          この例外は、ICC_Profile のアクセスまたは処理でエラーが発生した場合にスローされます。
 

Object を返す java.awt.color のメソッド
protected  Object ICC_Profile.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを CMM に登録されるインスタンスに解決します。
 

java.awt.datatransfer での Object の使用
 

java.awt.datatransfer での Object のサブクラス
 class Clipboard
          カット/コピー/ペースト操作を使用して、データを転送する機構を実装するクラスです。
 class DataFlavor
          各インスタンスは、クリップボード、ドラッグ&ドロップ中、またはファイルシステムで現れるデータ形式のあいまいな概念を表現します。
 class MimeTypeParseException
          MIME タイプ解析に関連する例外をカプセル化するクラスです。
 class StringSelection
          String を転送する際に必要な能力を実装する Transferable です。
 class SystemFlavorMap
           SystemFlavorMap は、外部から設定可能なマップであり、プラットフォームのネイティブなタイプ名 (文字列) を、MIME タイプの文字列、および関連付けられた DataFlavor にマッピングします。
 class UnsupportedFlavorException
          要求されたデータがこのフレーバでサポートされていないことを示すシグナルです。
 

Object を返す java.awt.datatransfer のメソッド
 Object Transferable.getTransferData(DataFlavor flavor)
          転送されるデータを表現するオブジェクトを返します。
 Object StringSelection.getTransferData(DataFlavor flavor)
          可能であれば、要求された DataFlavor の Transferable データを返します。
 Object DataFlavor.clone()
           
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.datatransfer のメソッド
 Transferable Clipboard.getContents(Object requestor)
          クリップボードの現在の内容を表現する転送可能なオブジェクトを返します。
 boolean DataFlavor.equals(Object o)
          オブジェクトが DataFlavor のインスタンスの場合、representationClass と MIME タイプを比較します。
 

java.awt.dnd での Object の使用
 

java.awt.dnd での Object のサブクラス
 class DnDConstants
          このクラスにはドラッグ&ドロップ操作が実行するアクションの形式を表す定数値があります。
 class DragGestureEvent
          DragGestureEvent は、DragGestureListener の dragGestureRecognized() メソッドに渡されます。
 class DragGestureRecognizer
          DragGestureRecognizer は、プラットフォーム依存のドラッグ開始ジェスチャーを識別するために、特定の Component に関連付けることができる、プラットフォーム依存のリスナーを指定するための抽象基底クラスです。
 class DragSource
          DragSource は、ドラッグ&ドロップ操作の開始を担当するエンティティで、次のようないくつかのシナリオで使用できます。
 class DragSourceContext
          DragSourceContext クラスは、ドラッグ&ドロッププロトコルのイニシエータ側を管理します。
 class DragSourceDragEvent
          DragSourceDragEvent は、DragSourceContextPeer から DragSourceContext を介して現在登録されている DragSourceListener に送られます。
 class DragSourceDropEvent
          DragSourceDropEvent は、DragSourceContextPeer から DragSourceContext を介して現在登録されている DragSourceListener の dragDropEnd() メソッドに送られます。
 class DragSourceEvent
          このクラスは、DragSourceDragEvent および DragSourceDropEvent の基底クラスです。
 class DropTarget
          DropTarget は、ドラッグ&ドロップ操作の間に Component がドロップを受け入れようとするときに、Component に関連付けられます。
protected static class DropTarget.DropTargetAutoScroller
          この保護対象の入れ子になっているクラスは、自動スクロールを実装します。
 class DropTargetContext
          DropTargetContext は、ドラッグ&ドロップ操作に関連した論理カーソルが、DropTarget に関連した Component の可視ジオメトリと重なるときに、いつも作成されます。
protected  class DropTargetContext.TransferableProxy
          TransferableProxy は、データ変換の管理で DropTargetContext をサポートする、入れ子のヘルパークラスです。
 class DropTargetDragEvent
          DropTargetDragEvent は、その dragEnter() メソッドおよび dragOver() メソッドを介して DropTargetListener に送られます。
 class DropTargetDropEvent
          DropTargetDropEvent は、DropTargetListener の drop() メソッドを介して送られます。
 class DropTargetEvent
          DropTargetEvent は、DropTargetDragEvent および DropTargetDropEvent の基底クラスです。
 class InvalidDnDOperationException
          この例外は、java.awt.dnd パッケージのさまざまなメソッドによってスローされます。
 class MouseDragGestureRecognizer
          DragGestureRecognizer のこの抽象サブクラスは、マウスベースのジェスチャーの DragGestureRecognizer を定義します。
 

Object を返す java.awt.dnd のメソッド
 Object DropTargetContext.TransferableProxy.getTransferData(DataFlavor df)
          転送データを返します。
 Object[] DragGestureEvent.toArray()
          このメソッドはドラッグジェスチャーを構成するイベントの Object の配列を返します。
 Object[] DragGestureEvent.toArray(Object[] array)
          このメソッドはドラッグジェスチャーを構成するイベントの配列を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.dnd のメソッド
 Object[] DragGestureEvent.toArray(Object[] array)
          このメソッドはドラッグジェスチャーを構成するイベントの配列を返します。
 

java.awt.event での Object の使用
 

java.awt.event での Object のサブクラス
 class ActionEvent
          コンポーネントが定義するアクションが発生したことを示す、意味上のイベントです。
 class AdjustmentEvent
          Adjustable オブジェクトが発行する調整イベントです。
 class ComponentAdapter
          コンポーネントイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class ComponentEvent
          コンポーネントの移動、サイズの変更、可視性の変更を示す低レベルのイベントです。
 class ContainerAdapter
          コンテナイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
 class ContainerEvent
          コンポーネントの追加または削除によってコンテナの内容が変更されたことを示す低レベルのイベントです。
 class FocusAdapter
          キーボードフォーカスイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
 class FocusEvent
          コンポーネントがキーボードフォーカスを取得または喪失したことを示す、低レベルのイベントです。
 class HierarchyBoundsAdapter
          移動およびサイズ変更された上位クラスのイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class HierarchyEvent
          コンポーネントが所属する Component 階層の変更を示すイベントです。
 class InputEvent
          全コンポーネントレベルの入力イベントのルートイベントクラスです。
 class InputMethodEvent
          インプットメソッドイベントには、インプットメソッドを利用して変換されているテキストについての情報が含まれています。
 class InvocationEvent
          AWT イベントのディスパッチャースレッドによってディスパッチされたときに、Runnable 上で run() メソッドを実行するイベントです。
 class ItemEvent
          項目が選択または選択解除されたことを示すセマンティックのイベントです。
 class KeyAdapter
          キーボードイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class KeyEvent
          このイベントは、コンポーネントにおいてキーストロークが発生したことを示します。
 class MouseAdapter
          マウスイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class MouseEvent
          コンポーネント内でマウスアクションが発生したことを示すイベントです。
 class MouseMotionAdapter
          マウスモーションイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class PaintEvent
          コンポーネントレベルの描画イベントです。
 class TextEvent
          オブジェクトのテキストが変更されたことを示すセマンティックのイベントです。
 class WindowAdapter
          ウィンドウイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
 class WindowEvent
          ウィンドウの状態が変わったことを示す低レベルのイベントです。
 

Object として宣言されている java.awt.event のフィールド
protected  Object InvocationEvent.notifier
          Runnable.run() メソッドの復帰後ただちに呼び出される notifyAll() メソッドを持つオブジェクトです (null の場合もある)。
 

Object を返す java.awt.event のメソッド
 Object ItemEvent.getItem()
          イベントによって影響を受けた項目を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.event のメソッド
 void KeyEvent.setSource(Object newSource)
          この KeyEvent のソースを設定します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.event のコンストラクタ
ActionEvent(Object source, int id, String command)
          ActionEvent オブジェクトを構築します。
ActionEvent(Object source, int id, String command, int modifiers)
          修飾キーを持つ ActionEvent オブジェクトを構築します。
TextEvent(Object source, int id)
          TextEvent オブジェクトを構築します。
ItemEvent(ItemSelectable source, int id, Object item, int stateChange)
          ItemEvent オブジェクトを構築します。
InvocationEvent(Object source, Runnable runnable)
          InvocationEvent を構築します。
InvocationEvent(Object source, Runnable runnable, Object notifier, boolean catchExceptions)
          InvocationEvent を構築します。
InvocationEvent(Object source, int id, Runnable runnable, Object notifier, boolean catchExceptions)
          InvocationEvent を構築します。
 

java.awt.font での Object の使用
 

java.awt.font での Object のサブクラス
 class FontRenderContext
          FontRenderContext クラスは、テキストの寸法を正しく測定するのに必要な情報のコンテナです。
 class GlyphJustificationInfo
          GlyphJustificationInfo クラスは、グリフの位置揃えのプロパティに関する情報を示します。
 class GlyphMetrics
          GlyphMetrics クラスは、単一のグリフの情報を表します。
 class GlyphVector
          GlyphVector オブジェクトは、最終的に GlyphVector を表示するデバイスと対応するように変換された座標空間で各グリフを配置するための幾何学的な情報を含むグリフのコレクションです。
 class GraphicAttribute
          このクラスは、CHAR_REPLACEMENT 属性とともに使います。
 class ImageGraphicAttribute
          ImageGraphicAttribute クラスは、TextLayout の中にイメージを描画する GraphicAttribute の実装です。
 class LineBreakMeasurer
          LineBreakMeasurer クラスを使用すれば、書式付きテキストを、特定の可視有効幅に収まる行 (またはセグメント) に分けることができます。
 class LineMetrics
          LineMetrics クラスは、行に沿って文字をレイアウトしたり行のセットをレイアウトするために必要なアクセスをメトリックスに許可します。
 class ShapeGraphicAttribute
          ShapeGraphicAttribute クラスは、TextLayout に形状を描画する GraphicAttribute の実装です。
 class TextAttribute
          TextAttribute クラスは、テキストの描画に使用する属性キーおよび属性値を定義します。
 class TextHitInfo
          TextHitInfo クラスは、テキストモデル内の文字の位置、およびその文字の「バイアス (サイド)」を表します。
 class TextLayout
          TextLayout は、書式付き文字データの不変のグラフィック表現です。
static class TextLayout.CaretPolicy
          強いキャレットの位置を判定するためのポリシーを定義します。
 class TextMeasurer
          TextMeasurer は、有効幅の測定、文字範囲の有効幅の指定、文字範囲の TextLayout の作成など、改行に必要な基本操作を提供します。
 class TransformAttribute
          TransformAttribute クラスは、変換用の不変のラッパーを提供するので、属性として安全に使用できます。
 

Object を返す java.awt.font のメソッド
protected  Object TextLayout.clone()
          この TextLayout のコピーを作成します。
protected  Object TextAttribute.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.font のメソッド
 boolean TextLayout.equals(Object obj)
          指定された ObjectTextLayout オブジェクトで、指定された Object がこの TextLayout と等しい場合に true を返します。
 boolean ImageGraphicAttribute.equals(Object rhs)
          この ImageGraphicAttribute を、指定された Object と比較します。
 boolean TextHitInfo.equals(Object obj)
          指定された ObjectTextHitInfo であり、この TextHitInfo と等しい場合に true を返します。
 boolean ShapeGraphicAttribute.equals(Object rhs)
          この ShapeGraphicAttribute を指定された Object と比較します。
 

java.awt.geom での Object の使用
 

java.awt.geom での Object のサブクラス
 class AffineTransform
          AffineTransform クラスは、線の直線性と平行性を保ったままで 2 次元座標間の線形マッピングを実行する 2 次元アフィン変換を表現します。
 class Arc2D
          Arc2D は、境界の矩形、始角、角の大きさ (弧の長さ)、および閉じ方の種類 (OPENCHORD、または PIE) によって定義される 2 次元の弧を格納するすべてのオブジェクトの抽象スーパークラスです。
static class Arc2D.Double
          倍精度で指定された弧です。
static class Arc2D.Float
          float 精度で指定された弧です。
 class Area
          Area クラスは、任意の形状の領域を表現する、デバイスに依存しない仕様です。
 class CubicCurve2D
          CubicCurve2D クラスは、(x, y) 座標空間の 3 次パラメトリック曲線セグメントを定義します。
static class CubicCurve2D.Double
          double 座標で指定された 3 次パラメトリック曲線セグメントです。
static class CubicCurve2D.Float
          float 座標で指定された 3 次パラメトリック曲線セグメントです。
 class Dimension2D
          Dimension2D クラスは、幅と高さの寸法をカプセル化します。
 class Ellipse2D
          Ellipse2D クラスは、境界の矩形によって定義される楕円を記述します。
static class Ellipse2D.Double
          Double クラスは、double 精度で指定された楕円を定義します。
static class Ellipse2D.Float
          Float クラスは、float 精度で指定された楕円を定義します。
 class FlatteningPathIterator
          FlatteningPathIterator クラスは、PathIterator オブジェクトの平坦化されたビューを返します。
 class GeneralPath
          GeneralPath クラスは、直線、2 次曲線、および 3 次 (ベジェ) 曲線から作成されたジオメトリックパスを表します。
 class IllegalPathStateException
          IllegalPathStateException は、特定のオペレーションについてパスが無効な場合に、そのオペレーションが実行されたときにスローされる例外を表します。
 class Line2D
          Line2D クラスは、(x, y) 座標空間のラインセグメントを表します。
static class Line2D.Double
          double 座標で指定されたラインセグメントです。
static class Line2D.Float
          float 座標で指定されたラインセグメントです。
 class NoninvertibleTransformException
          NoninvertibleTransformException クラスは、AffineTransform オブジェクトの逆変換を必要とするオペレーションを実行する場合に、AffineTransform が逆変換できる状態でないときにスローされる例外を表します。
 class Point2D
          Point2D クラスは、(x, y) 座標空間の位置を表す点を定義します。
static class Point2D.Double
          Double クラスは、double 精度で指定された点を定義します。
static class Point2D.Float
          Float クラスは、float 精度で指定された点を定義します。
 class QuadCurve2D
          QuadCurve2D クラスは、(x, y) 座標空間の 2 次パラメトリック曲線セグメントを定義します。
static class QuadCurve2D.Double
          double 座標で指定された 2 次パラメトリック曲線セグメントです。
static class QuadCurve2D.Float
          float 座標で指定された 2 次パラメトリック曲線セグメントです。
 class Rectangle2D
          Rectangle2D クラスは、位置 (x, y) およびサイズ (w x h) で定義される矩形を記述します。
static class Rectangle2D.Double
          Double クラスは、double 座標で指定される矩形を定義します。
static class Rectangle2D.Float
          Float クラスは、float 座標で指定される矩形を定義します。
 class RectangularShape
          RectangularShape は、ジオメトリが矩形フレームによって定義される多くの Shape オブジェクトの基底クラスです。
 class RoundRectangle2D
          RoundRectangle2D クラスは、位置 (x, y)、サイズ (w x h)、および角を丸める弧の幅と高さで定義される丸みを付けた角を持つ矩形を定義します。
static class RoundRectangle2D.Double
          Double クラスは、double 型の座標で指定される角丸の矩形を定義します。
static class RoundRectangle2D.Float
          Float クラスは、float 型の座標で指定される角丸の矩形を定義します。
 

Object を返す java.awt.geom のメソッド
 Object Point2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 Object Dimension2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object RectangularShape.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 Object Area.clone()
          この Area オブジェクトと全く同じコピーを返します。
 Object Line2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object GeneralPath.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object QuadCurve2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 Object AffineTransform.clone()
          この AffineTransform オブジェクトのコピーを返します。
 Object CubicCurve2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.geom のメソッド
 boolean Point2D.equals(Object obj)
          2 つの点が等しいかどうかを判定します。
 boolean Rectangle2D.equals(Object obj)
          指定された Object がこの Rectangle2D と等しいかどうかを判定します。
 boolean AffineTransform.equals(Object obj)
          この AffineTransform が、指定された引数と同じアフィン座標変換を表現する場合に true を返します。
 

java.awt.im での Object の使用
 

java.awt.im での Object のサブクラス
 class InputContext
          InputContext オブジェクトは、テキスト編集コンポーネントとインプットメソッド間の通信を管理します。
 class InputMethodHighlight
          InputMethodHighlight は、変換されるテキストのハイライト属性を記述するのに使われます。
 class InputSubset
          インプットメソッドで使う追加の Unicode サブセットを定義します。
 

Object を返す java.awt.im のメソッド
 Object InputContext.getInputMethodControlObject()
          現在のインプットメソッドの制御オブジェクトまたは null を返します。
 

java.awt.im.spi での Object の使用
 

Object を返す java.awt.im.spi のメソッド
 Object InputMethod.getControlObject()
          このインプットメソッドの制御オブジェクトまたは null を返します。
 

java.awt.image での Object の使用
 

java.awt.image での Object のサブクラス
 class AffineTransformOp
          このクラスは、アフィン変換を使用して、ソースのイメージまたは Raster の 2 次元座標からデスティネーションのイメージまたは Raster の 2 次元座標への線形マッピングを実行します。
 class AreaAveragingScaleFilter
          最近接点アルゴリズムよりもなめらかな結果が得られる、簡単な領域平均化アルゴリズムを使用してイメージをスケーリングする ImageFilter クラスです。
 class BandCombineOp
          このクラスは、指定されたマトリックスを使用して、Raster のバンドの任意の線形結合を実行します。
 class BandedSampleModel
          このクラスは、バンドインタリーブ化方式で格納されるイメージデータを表します。
 class BufferedImage
          BufferedImage サブクラスは、イメージデータのアクセス可能なバッファを備えた Image を記述します。
 class BufferedImageFilter
          BufferedImageFilter クラスは、ImageFilter をサブクラス化し、転送元と転送先が単一のイメージ演算子 (BufferedImageOp) を使用して、Image Producer/Consumer/Observer パラダイムの BufferedImage にフィルタをかける簡易な手段を提供します。
 class ByteLookupTable
          このクラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
 class ColorConvertOp
          このクラスは、ソースイメージのデータの色変換をピクセル単位で実行します。
 class ColorModel
          ColorModel 抽象クラスは、ピクセル値を色成分 (赤、緑、青など) およびアルファ成分に変換するメソッドをカプセル化します。
 class ComponentColorModel
          これは ColorModel クラスの 1 つで、ピクセル値を扱います。
 class ComponentSampleModel
          このクラスは、DataBuffer のデータ要素 1 つに 1 つずつピクセルを形成する各サンプルが格納されているイメージデータを表します。
 class ConvolveOp
          このクラスは、ソースからデスティネーションへの畳み込み演算を実装します。
 class CropImageFilter
          イメージを切り出すための ImageFilter クラスです。
 class DataBuffer
          このクラスは、1 つ以上のデータ配列をラップするためのものです。
 class DataBufferByte
          このクラスは DataBuffer を拡張して、データを byte として内部に格納します。
 class DataBufferInt
          このクラスは DataBuffer を拡張して、データを int として内部に格納します。
 class DataBufferShort
          このクラスは DataBuffer を拡張して、データを short として内部に格納します。
 class DataBufferUShort
          このクラスは DataBuffer を拡張して、データを short として内部に格納します。
 class DirectColorModel
          DirectColorModel クラスは、RGB の色とアルファの情報を個別のサンプルとして表し、1 つのピクセルのすべてのサンプルを int、short、または byte 型の数で 1 つにパックするピクセル値を扱う ColorModel クラスです。
 class FilteredImageSource
          このクラスは、ImageProducer インタフェースに実装されています。
 class ImageFilter
          このクラスには、一連のインタフェースメソッド用のフィルタが実装されており、ImageProducer から ImageConsumer へデータを転送するために使われます。
 class ImagingOpException
          ImagingOpException は、BufferedImageOp または RasterOp のフィルタメソッドのうちの 1 つがイメージを処理できない場合にスローされます。
 class IndexColorModel
          IndexColorModel クラスは、デフォルトの sRGB ColorSpace の固定カラーマップに対するインデックスである、単一のサンプルからなるピクセル値を扱う ColorModel クラスです。
 class Kernel
          Kernel クラスは、指定されたピクセルについて、フィルタオペレーションで出力されるイメージ中での位置に対する値の計算に、あるピクセルとその周囲のピクセルがどのように影響するかを記述するマトリックスを定義します。
 class LookupOp
          このクラスは、ソースからデスティネーションへのルックアップオペレーションを実装します。
 class LookupTable
          この抽象クラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
 class MemoryImageSource
          このクラスは、配列を使って Image のピクセル値を生成する ImageProducer インタフェースを実装します。
 class MultiPixelPackedSampleModel
          MultiPixelPackedSampleModel クラスは、単一バンド化されたイメージを表現し、複数の単一サンプルピクセルを 1 つのデータ要素にパックできます。
 class PackedColorModel
          PackedColorModel クラスは、色とアルファの情報を個別のサンプルとして表し、1 つのピクセルのすべてのサンプルを int、short、または byte 型の数で 1 つにパックするピクセル値を扱う abstract ColorModel クラスです。
 class PixelGrabber
          PixelGrabber クラスは、Image オブジェクトや ImageProducer オブジェクトと接続してそのイメージのピクセルのサブセットを抽出できるような ImageConsumer を実装します。
 class PixelInterleavedSampleModel
          このクラスは、ピクセルインタリーブ化方式で格納され、ピクセルの各サンプルが DataBuffer の 1 データ要素を占めるイメージデータを表します。
 class Raster
          ピクセルで構成される矩形配列を表現するクラスです。
 class RasterFormatException
          RasterFormatException は、Raster に無効なレイアウト情報がある場合にスローされます。
 class ReplicateScaleFilter
          ImageFilter クラスは、もっとも簡単なアルゴリズムを使用してイメージのサイズを変更するクラスです。
 class RescaleOp
          このクラスは、各ピクセルのサンプル値にスケーリング係数を掛けてから、オフセットを加えることによって、ソースイメージのデータをピクセル単位で再スケーリングします。
 class RGBImageFilter
          このクラスは、デフォルト RGB ColorModel イメージのピクセルを修正する ImageFilter を容易に作成するための方法を提供します。
 class SampleModel
          この抽象クラスは、イメージにあるピクセルのサンプルを抽出するインタフェースを定義します。
 class ShortLookupTable
          このクラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
 class SinglePixelPackedSampleModel
          このクラスは、1 つのピクセルを構成する N 個のサンプルが 1 つのデータ配列要素に格納されるようにパックされたピクセルデータを表します。
 class WritableRaster
          このクラスは、ピクセル書き込み機能を提供するように Raster を拡張します。
 

Object として宣言されている java.awt.image のフィールド
protected  Object ReplicateScaleFilter.outpixbuf
          ReplicateScaleFilter.destWidth のサイズで初期化され、ピクセルデータの行を ImageConsumer に伝えるのに使う byte 配列です。
 

Object を返す java.awt.image のメソッド
abstract  Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列の、指定されたピクセル矩形のピクセルデータを返します。
 Object ComponentSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          1 ピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object ImageFilter.clone()
          このオブジェクトを複製します。
 Object Kernel.clone()
          このオブジェクトを複製します。
 Object BandedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          単一ピクセルのデータを、transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object PixelGrabber.getPixels()
          ピクセルバッファを返します。
 Object RenderedImage.getProperty(String name)
          このイメージのプロパティセットからプロパティを返します。
 Object BufferedImage.getProperty(String name, ImageObserver observer)
          イメージのプロパティを名前で返します。
 Object BufferedImage.getProperty(String name)
          イメージのプロパティを名前で返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, Object outData)
          1 つのピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object outData)
          指定されたピクセル矩形のピクセルデータを transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルトの RGB カラーモデルの int ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          非正規化された色成分またはアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object MultiPixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内にある 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの int ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object SinglePixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          指定されたデフォルトの RGB カラーモデルの整数ピクセル表現について、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object pixel)
          非標準化色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.image のメソッド
abstract  Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列の、指定されたピクセル矩形のピクセルデータを返します。
abstract  void SampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列からの、指定された DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
 void SampleModel.setDataElements(int x, int y, int w, int h, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列からの、指定された DataBuffer 内のピクセルの矩形のデータを設定します。
 Object ComponentSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          1 ピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 void ComponentSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          指定された DataBuffer にある 1 ピクセルのデータを、transferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 Object BandedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          単一ピクセルのデータを、transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 void BandedSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列から、指定された DataBuffer にある単一ピクセルのデータを設定します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, Object outData)
          1 つのピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object outData)
          指定されたピクセル矩形のピクセルデータを transferType 型のプリミティブ配列として返します。
 int ColorModel.getRed(Object inData)
          指定されたピクセルの赤色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ColorModel.getGreen(Object inData)
          指定されたピクセルの緑色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ColorModel.getBlue(Object inData)
          指定されたピクセルの青色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ColorModel.getAlpha(Object inData)
          指定されたピクセルのアルファ成分を 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ColorModel.getRGB(Object inData)
          指定されたピクセルの色成分およびアルファ成分をデフォルト RGB カラーモデル形式で返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 int[] ColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel のピクセルを指定して、標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 boolean ColorModel.equals(Object obj)
          指定された ObjectColorModel のインスタンスであり、この ColorModel と等しいかどうかを判定します。
 boolean PackedColorModel.equals(Object obj)
          指定された ObjectPackedColorModel のインスタンスであり、この PackedColorModel と等しいかどうかを判定します。
 void WritableRaster.setDataElements(int x, int y, Object inData)
          1 つのピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 void WritableRaster.setDataElements(int x, int y, int w, int h, Object inData)
          ピクセルの矩形のデータを transferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 int ComponentColorModel.getRed(Object inData)
          指定されたピクセルの赤色成分を、デフォルトの RGB ColorSpace (sRGB) で 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getGreen(Object inData)
          指定されたピクセルの緑色成分を、デフォルトの RGB ColorSpace (sRGB) で 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getBlue(Object inData)
          指定されたピクセルの青色成分を、デフォルトの RGB ColorSpace (sRGB) で 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getAlpha(Object inData)
          指定されたピクセルのアルファ成分を 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getRGB(Object inData)
          デフォルトの RGB カラーモデル形式で、ピクセルの色成分またはアルファ成分を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルトの RGB カラーモデルの int ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルデータ要素配列表現を返します。
 int[] ComponentColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel のピクセルを指定して、標準化されていない色成分またはアルファ成分の配列を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          非正規化された色成分またはアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 boolean ComponentColorModel.equals(Object obj)
          このカラーモデルと別のカラーモデルとが等しいかどうかを比較します。
 Object MultiPixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内にある 1 つのピクセルのデータを返します。
 void MultiPixelPackedSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          指定された DataBuffer の 1 つのピクセルのデータを、transferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 int DirectColorModel.getRed(Object inData)
          指定されたピクセルの赤色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getGreen(Object inData)
          指定されたピクセルの緑色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getBlue(Object inData)
          指定されたピクセルの青色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getAlpha(Object inData)
          指定されたピクセルのアルファ成分を 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getRGB(Object inData)
          指定されたピクセルの色成分およびアルファ成分をデフォルト RGB カラーモデル形式で返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの int ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 int[] DirectColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel でピクセルを指定して、標準化されていない色成分とアルファ成分の配列を返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object SinglePixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 void SinglePixelPackedSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列からの、指定した DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          指定されたデフォルトの RGB カラーモデルの整数ピクセル表現について、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 int[] IndexColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel の指定されたピクセルについて、非正規化形式の色成分とアルファ成分の配列を返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object pixel)
          非標準化色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 

java.awt.image.renderable での Object の使用
 

java.awt.image.renderable での Object のサブクラス
 class ParameterBlock
          ParameterBlock は、RenderableImageOp や、イメージを処理するほかのクラスによって必要とされるソースおよびパラメータ (Object) についてのすべての情報をカプセル化します。
 class RenderableImageOp
          このクラスは、関連した ContextualRenderedImageFactory のインスタンスを利用して、描画可能性の視点からオペレーションを取り扱います。
 class RenderableImageProducer
          非同期的な RenderableImage の作成を可能にするために ImageProducer を実装するアダプタクラスです。
 class RenderContext
          RenderContext は、RenderableImage から特定の描画を作成するのに必要な情報をカプセル化します。
 

Object を返す java.awt.image.renderable のメソッド
 Object ContextualRenderedImageFactory.getProperty(ParameterBlock paramBlock, String name)
          name パラメータで指定されたプロパティの対応するインスタンスを返します。
 Object RenderContext.clone()
          RenderContext のコピーを作成します。
 Object RenderableImageOp.getProperty(String name)
          このイメージのプロパティセットからプロパティを取得します。
 Object RenderableImage.getProperty(String name)
          このイメージのプロパティセットからプロパティを返します。
 Object ParameterBlock.shallowClone()
          ParameterBlock のシャローコピーを作成します。
 Object ParameterBlock.clone()
          ParameterBlock のコピーを作成します。
 Object ParameterBlock.getSource(int index)
          ソースを一般的な Object として返します。
 Object ParameterBlock.getObjectParameter(int index)
          パラメータをオブジェクトとして取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.image.renderable のメソッド
 ParameterBlock ParameterBlock.addSource(Object source)
          イメージをソースのリストの最後に追加します。
 ParameterBlock ParameterBlock.setSource(Object source, int index)
          ソースのリストのエントリを新しいソースに置き換えます。
 ParameterBlock ParameterBlock.add(Object obj)
          オブジェクトをパラメータのリストに追加します。
 ParameterBlock ParameterBlock.set(Object obj, int index)
          パラメータのリストの Object を置き換えます。
 

java.awt.print での Object の使用
 

java.awt.print での Object のサブクラス
 class Book
          Book クラスは、ドキュメントを表します。
 class PageFormat
          PageFormat クラスは、印刷されるページのサイズと印刷方向を記述します。
 class Paper
          Paper クラスは、用紙の物理的な性質を記述します。
 class PrinterAbortException
          PrinterAbortException クラスは、PrinterException のサブクラスであり、印刷処理中にユーザまたはアプリケーションが印刷が中断したことを示すために使用されます。
 class PrinterException
          PrinterException クラスおよびそのサブクラスは、印刷システムに例外的な状態が発生したことを示すために使用されます。
 class PrinterIOException
          PrinterIOException クラスは、PrinterException のサブクラスであり、印刷中になんらかの入出力エラーが発生したことを示すために使用されます。
 class PrinterJob
          PrinterJob クラスは、印刷を制御する主要なクラスです。
 

Object を返す java.awt.print のメソッド
 Object Paper.clone()
          この Paper のコピーを同じ内容で作成します。
 Object PageFormat.clone()
          この PageFormat のコピーを同じ内容で作成します。
 

java.beans での Object の使用
 

java.beans での Object のサブクラス
 class BeanDescriptor
          BeanDescriptor は、Java クラスや displayName など "bean" に関するグローバルな情報を提供します。
 class Beans
          このクラスは、いくつかの多目的 bean 制御メソッドを提供します。
 class EventSetDescriptor
          EventSetDescriptor は、指定された Java bean が発生させるイベントのグループを記述します。
 class FeatureDescriptor
          FeatureDescriptor クラスは、PropertyDescriptor、EventSetDescriptor、および MethodDescriptor などの共通の基底クラスです。
 class IndexedPropertyDescriptor
          IndexedPropertyDescriptor は、配列のように機能し、配列の特定要素にアクセスするためのインデックス付き読み込み/書き込み (またはその両方) メソッドを持つプロパティを記述します。
 class IntrospectionException
          内部検査中に例外が発生した場合にスローされます。
 class Introspector
          Introspector クラスは、ターゲットの Java Bean がサポートするプロパティ、イベント、およびメソッドについてツールが調べるための、標準的な方法を提供します。
 class MethodDescriptor
          MethodDescriptor は、Java Bean がほかのコンポーネントからの外部アクセスをサポートするための特定メソッドを記述します。
 class ParameterDescriptor
          ParameterDescriptor クラスでは、java.lang.reflect.Method クラスから取得した低レベルの型情報に加え、bean の実装者が各パラメータに追加情報を提供できます。
 class PropertyChangeEvent
          PropertyChange イベントは、bean が「バウンド」プロパティまたは「制約」プロパティを変更するたびに発生します。
 class PropertyChangeSupport
          バウンドプロパティをサポートする bean で使用できるユーティリティクラスです。
 class PropertyDescriptor
          PropertyDescriptor は、アクセス用メソッドのペアを介して Java Bean が公開するプロパティを 1 つ記述します。
 class PropertyEditorManager
          PropertyEditorManager を使って、指定された型名のプロパティエディタを検索します。
 class PropertyEditorSupport
          プロパティエディタの構築を支援するためのサポートクラスです。
 class PropertyVetoException
          PropertyVetoException は、プロパティに対する変更指定が、受け入れられない値を表すときにスローされます。
 class SimpleBeanInfo
          BeanInfo クラスを簡単に提供できるようにするサポートクラスです。
 class VetoableChangeSupport
          制約プロパティをサポートする bean によって使用されるユーティリティクラスです。
 

Object を返す java.beans のメソッド
 Object FeatureDescriptor.getValue(String attributeName)
          この機能に関連した、名前付き属性を取得します。
 Object PropertyEditor.getValue()
          プロパティ値を取得します。
static Object Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName)
           bean のインスタンスを生成します。
static Object Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext)
           bean のインスタンスを生成します。
static Object Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext, AppletInitializer initializer)
          bean のインスタンスを生成します。
static Object Beans.getInstanceOf(Object bean, Class targetType)
          指定された bean から、そのソースオブジェクトの指定されたタイプのビューを表すオブジェクトを取得します。
 Object PropertyEditorSupport.getValue()
          プロパティ値を取得します。
 Object PropertyChangeEvent.getNewValue()
          Object として表現されたプロパティの新しい値を取得します。
 Object PropertyChangeEvent.getOldValue()
          Object として表現されたプロパティの古い値を取得します。
 Object PropertyChangeEvent.getPropagationId()
          propagationId フィールドは将来の使用のために予約済みです。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans のメソッド
 void FeatureDescriptor.setValue(String attributeName, Object value)
          名前付き属性をこの機能に関連付けます。
 void PropertyEditor.setValue(Object value)
          編集されるオブジェクトを設定 (または変更) します。
 void PropertyChangeSupport.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているリスナーに、バウンドプロパティの更新を通知します。
static Object Beans.getInstanceOf(Object bean, Class targetType)
          指定された bean から、そのソースオブジェクトの指定されたタイプのビューを表すオブジェクトを取得します。
static boolean Beans.isInstanceOf(Object bean, Class targetType)
          bean が、指定されたタイプのターゲットとして表示できるかどうかを判定します。
 void Customizer.setObject(Object bean)
          カスタマイズするオブジェクトを設定します。
 void VetoableChangeSupport.fireVetoableChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          拒否できるプロパティの更新について、登録されているリスナーに通知します。
 void PropertyEditorSupport.setValue(Object value)
          編集するオブジェクトを設定 (変更) します。
 void PropertyChangeEvent.setPropagationId(Object propagationId)
          イベントの propagationId オブジェクトを設定します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans のコンストラクタ
PropertyChangeSupport(Object sourceBean)
          PropertyChangeSupport オブジェクトを構築します。
VetoableChangeSupport(Object sourceBean)
          VetoableChangeSupport オブジェクトを構築します。
PropertyEditorSupport(Object source)
          PropertyEditor の委譲時に使うコンストラクタです。
PropertyChangeEvent(Object source, String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          新しい PropertyChangeEvent を構築します。
 

java.beans.beancontext での Object の使用
 

java.beans.beancontext での Object のサブクラス
 class BeanContextChildSupport
           BeanContextChild プロトコルの実装をサポートするための一般的なサポートクラスです。
 class BeanContextEvent
           BeanContextEvent は、BeanContext から発行されたイベント、および BeanContext のセマンティクスに関連するイベントすべての抽象ルートイベントクラスです。
 class BeanContextMembershipEvent
          BeanContextMembershipEvent は、特定の BeanContext のメンバに追加された子、または削除された子のリストをカプセル化します。
 class BeanContextServiceAvailableEvent
           このイベントタイプは、登録されているサービスを識別するために BeanContextServicesListener によって使用されます。
 class BeanContextServiceRevokedEvent
           このイベント型は、無効になるサービスを識別するために BeanContextServiceRevokedListener によって使用されます。
 class BeanContextServicesSupport
           このヘルパークラスは、java.beans.beancontext.BeanContextServices インタフェースのユーティリティの実装を提供します。
protected  class BeanContextServicesSupport.BCSSChild
           
protected  class BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider
           
protected static class BeanContextServicesSupport.BCSSServiceProvider
          サブクラスは、各 BeanContextServicesProvider に動作を追加するために、この入れ子にされたクラスをサブクラス化することができます。
 class BeanContextSupport
          このヘルパークラスは java.beans.beancontext.BeanContext インタフェースのユーティリティの実装を提供します。
protected  class BeanContextSupport.BCSChild
           
protected static class BeanContextSupport.BCSIterator
          反復子をカプセル化し、無操作の remove() メソッドを実装する protected final サブクラスです。
 

Object として宣言されている java.beans.beancontext のフィールド
static Object BeanContext.globalHierarchyLock
          BeanContextBeanContextServices の両方の実装で使用されるグローバルロックです。
 

Object を返す java.beans.beancontext のメソッド
 Object[] BeanContextMembershipEvent.toArray()
          このイベントによって影響を受ける子の配列を取得します。
 Object BeanContextSupport.instantiateChild(String beanName)
           instantiateChild メソッドは、Bean を入れ子にして BeanContext にインスタンスを生成する処理を単純化する BeanContext の簡易フックです。
 Object[] BeanContextSupport.toArray()
          この BeanContext で入れ子になった JavaBean または BeanContext のインスタンスを取得します。
 Object[] BeanContextSupport.toArray(Object[] arry)
          この配列内にある型と一致する BeanContext のすべての子を含む配列を取得します。
protected  Object[] BeanContextSupport.copyChildren()
          この BeanContext の子のコピーを取得します。
 Object BeanContextServicesSupport.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          サービスを取得します。
 Object BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
           
 Object BeanContext.instantiateChild(String beanName)
          この BeanContext の子として指定された javaBean のインスタンスを生成します。
 Object BeanContextServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
          BeanContextServices によって呼び出されます。
 Object BeanContextServices.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          BeanContextChild、または BeanContextChild に関連した任意のオブジェクトは、このメソッドを呼び出すことによって、入れ子になっている BeanContextServices から現在登録されているサービスへの参照を取得できます。
 Object BeanContextSupport.BCSIterator.next()
           
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans.beancontext のメソッド
 boolean BeanContextMembershipEvent.contains(Object child)
          指定された子がこのイベントによって影響を受けるかどうかを示します。
 void BeanContextChildSupport.firePropertyChange(String name, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているリスナーに、バウンドプロパティの更新を通知します。
 void BeanContextChildSupport.fireVetoableChange(String name, Object oldValue, Object newValue)
          拒否できるプロパティの更新について、登録されているリスナーに通知します。
 boolean BeanContextSupport.contains(Object o)
          指定されたオブジェクトがこの BeanContext 内にあるかどうかを判定します。
 boolean BeanContextSupport.containsKey(Object o)
          指定されたオブジェクトがこの BeanContext 内にあるかどうかを判定します。
 Object[] BeanContextSupport.toArray(Object[] arry)
          この配列内にある型と一致する BeanContext のすべての子を含む配列を取得します。
protected  BeanContextSupport.BCSChild BeanContextSupport.createBCSChild(Object targetChild, Object peer)
           サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、セットに子を追加する add() メソッドやほかの Collection メソッドをオーバーライドすることなく、Child の独自のサブクラスを挿入することができます。
 boolean BeanContextSupport.add(Object targetChild)
          この BeanContext 内に子を追加、すなわち入れ子にします。
 boolean BeanContextSupport.remove(Object targetChild)
          この BeanContext から子を削除します。
protected  boolean BeanContextSupport.remove(Object targetChild, boolean callChildSetBC)
          予期しない setBeanContext あるいは remove() 呼び出しで削除される場合、内部削除が使用されます。
protected  void BeanContextSupport.childDeserializedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          新しく直列化復元された子および BCSChild を使って readObject によって呼び出されます。
protected  boolean BeanContextSupport.validatePendingAdd(Object targetChild)
           このクラスのサブクラスはこのメソッドをオーバーライドまたは包括して、BeanContext に追加される直前に、BeanContext が子オブジェクトを調べるための検証動作を追加できます。
protected  boolean BeanContextSupport.validatePendingRemove(Object targetChild)
           このクラスのサブクラスはこのメソッドをオーバーライドまたは包括して、BeanContext から削除される直前に、BeanContext が子オブジェクトを調べるための検証動作を追加できます。
protected  void BeanContextSupport.childJustAddedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、子が追加されて、イベント通知が発生する前に、簡単に add() セマンティクスを拡張できます。
protected  void BeanContextSupport.childJustRemovedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、子が削除されて、イベント通知が発生する前に、簡単に remove() セマンティクスを拡張できます。
protected static Visibility BeanContextSupport.getChildVisibility(Object child)
          指定された子に関連した Component (存在する場合) を取得します。
protected static Serializable BeanContextSupport.getChildSerializable(Object child)
          指定された Child に関連した Serializable (存在する場合) を取得します。
protected static PropertyChangeListener BeanContextSupport.getChildPropertyChangeListener(Object child)
          指定された子の PropertyChangeListener (存在する場合) を取得します。
protected static VetoableChangeListener BeanContextSupport.getChildVetoableChangeListener(Object child)
          指定された子の VetoableChangeListener (存在する場合) を取得します。
protected static BeanContextMembershipListener BeanContextSupport.getChildBeanContextMembershipListener(Object child)
          指定された子の BeanContextMembershipListener (存在する場合) を取得します。
protected static BeanContextChild BeanContextSupport.getChildBeanContextChild(Object child)
          指定された子の BeanContextChild (存在する場合) を取得します。
protected  BeanContextSupport.BCSChild BeanContextServicesSupport.createBCSChild(Object targetChild, Object peer)
           サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、セットに子を追加する add() メソッドやほかの Collection メソッドをオーバーライドすることなく、Child の独自のサブクラスを挿入することができます。
 Object BeanContextServicesSupport.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          サービスを取得します。
 void BeanContextServicesSupport.releaseService(BeanContextChild child, Object requestor, Object service)
          サービスを解放します。
protected static BeanContextServicesListener BeanContextServicesSupport.getChildBeanContextServicesListener(Object child)
          指定された子の BeanContextServicesListener (存在する場合) を取得します。
protected  void BeanContextServicesSupport.childJustRemovedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          子が正常に削除されたあとで、スーパークラスの子削除操作から呼び出されます。
 Object BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
           
 void BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider.releaseService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Object service)
           
 Object BeanContextServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
          BeanContextServices によって呼び出されます。
 void BeanContextServiceProvider.releaseService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Object service)
          BeanContextServices によって呼出されます。
 Object BeanContextServices.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          BeanContextChild、または BeanContextChild に関連した任意のオブジェクトは、このメソッドを呼び出すことによって、入れ子になっている BeanContextServices から現在登録されているサービスへの参照を取得できます。
 void BeanContextServices.releaseService(BeanContextChild child, Object requestor, Object service)
          基本的な BeanContextServiceProvider の releaseService() を呼び出すことによって、BeanContextChild (または BeanContextChild に関連した任意のオブジェクト) の、指定されたサービスへの参照を解放します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans.beancontext のコンストラクタ
BeanContextMembershipEvent(BeanContext bc, Object[] changes)
          BeanContextMembershipEvent を構築します。
 

java.io での Object の使用
 

java.io での Object のサブクラス
 class BufferedInputStream
          ほかの入力ストリームに機能、特に入力をバッファに格納する機能と mark メソッドと reset メソッドをサポートする機能を追加します。
 class BufferedOutputStream
          バッファリングされた出力ストリームを実装します。
 class BufferedReader
          文字、配列、行をバッファリングすることによって、文字型入力ストリームからテキストを効率良く読み込みます。
 class BufferedWriter
          文字をバッファリングすることによって、文字、配列、または文字列を効率良く文字型出力ストリームに書き込みます。
 class ByteArrayInputStream
          ByteArrayInputStream は、ストリームから読み込まれたバイトを格納する内部バッファを保持しています。
 class ByteArrayOutputStream
          データがバイト配列に書き込まれる出力ストリームを実装します。
 class CharArrayReader
          文字入力ストリームとして使用する文字バッファを実装します。
 class CharArrayWriter
          Writer として使用する文字バッファを実装します。
 class CharConversionException
          文字変換で発生する例外の基底クラスです。
 class DataInputStream
          データ入力ストリームにより、アプリケーションは、プリミティブ型の Java データを基礎の入力ストリームからマシンに依存せずに読み込むことができます。
 class DataOutputStream
          データ出力ストリームを使うと、アプリケーションはプリミティブ型の Java データを移植性のある形で出力ストリームに書き込むことができます。
 class EOFException
          入力の途中で、予想外のファイルの終了、または予想外のストリームの終了があったことを表すシグナルです。
 class File
          ファイルおよびディレクトリのパス名の抽象表現です。
 class FileDescriptor
          ファイル記述子クラスのインスタンスは、開いたファイル、開いたソケット、またはバイトの別のソース (シンク) を表す、基本となるマシン固有の構造への不透明なハンドルとして機能します。
 class FileInputStream
          ファイルシステムのファイルから入力バイトを取得します。
 class FileNotFoundException
          指定されたパス名で示されるファイルが開けなかったことを通知します。
 class FileOutputStream
          File または FileDescriptor にデータを書き込むためのファイル出力ストリームです。
 class FilePermission
          このクラスは、ファイルまたはディレクトリへのアクセスを表します。
 class FileReader
          文字ファイルからの読み込みのための簡易クラスです。
 class FileWriter
          文字ファイルを書き込むための簡易クラスです。
 class FilterInputStream
          ほかの入力ストリームを格納し、それをデータの基本的なソースとして使用して、データを途中で変換したり、追加機能を提供したりします。
 class FilterOutputStream
          出力ストリームをフィルタ処理するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class FilterReader
          フィルタ処理された文字列ストリームを読み込むための抽象クラスです。
 class FilterWriter
          フィルタ処理された文字ストリームのための抽象クラスです。
 class InputStream
          この抽象クラスは、バイト入力ストリームを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class InputStreamReader
          InputStreamReader はバイトストリームから文字ストリームへの橋渡しの役目を持ち、バイトデータを読み込んで、それを指定された「文字エンコーディング」に従って変換します。
 class InterruptedIOException
          入出力処理で割り込みが発生したことを通知するシグナルを発生させます。
 class InvalidClassException
          直列化ランタイムが、クラスについて次の問題のどれかを検出したときにスローされます。
 class InvalidObjectException
          1 つ以上の直列化復元オブジェクトが検証をパスしなかったことを示します。
 class IOException
          なんらかの入出力例外の発生を通知するシグナルを発生させます。
 class LineNumberInputStream
          推奨されていません。 このクラスは、バイトが適切に文字を表現するという不正確な仮定をします。JDK 1.1 以降、文字ストリームの処理には、行番号をカウントするためのクラスが含まれている新しい文字ストリームクラスを使用するのが適切です。
 class LineNumberReader
          行番号を追跡して管理する、バッファリングされた文字入力ストリームです。
 class NotActiveException
          直列化または直列化復元がアクティブではない場合にスローされます。
 class NotSerializableException
          インスタンスが直列化可能インタフェースを持つ必要がある場合にスローされます。
 class ObjectInputStream
          事前に ObjectOutputStream を使って作成されたプリミティブデータとプリミティブオブジェクトを直列化復元します。
static class ObjectInputStream.GetField
          入力ストリームから読み込まれた持続フィールドへのアクセスを提供します。
 class ObjectOutputStream
          Java の基本データ型とオブジェクトグラフを OutputStream に書き込みます。
static class ObjectOutputStream.PutField
          ObjectOutput に書き込まれる持続フィールドへのプログラムによるアクセスを提供します。
 class ObjectStreamClass
          クラスの直列化の記述子です。
 class ObjectStreamException
          オブジェクトストリームクラスに固有の例外すべてのスーパークラスです。
 class ObjectStreamField
          直列化可能クラスからの直列化可能フィールドの記述です。
 class OptionalDataException
          Object を読み込もうとする ObjectInputStream で検出された、予期しないデータです。
 class OutputStream
          この抽象クラスは、バイトの出力ストリームを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class OutputStreamWriter
          OutputStreamWriter は文字ストリームからバイトストリームへの橋渡しの役目を持ち、文字を書き込んで、それを指定された「文字エンコーディング」に従ってバイトに変換します。
 class PipedInputStream
          パイプで連結された入力ストリームは、パイプで連結された出力ストリームに接続されます。
 class PipedOutputStream
          パイプによる出力ストリームをパイプによる入力ストリームに接続すると、通信パイプを作成できます。
 class PipedReader
          パイプによる文字入力ストリームです。
 class PipedWriter
          パイプによる文字出力ストリームです。
 class PrintStream
          ほかの出力ストリームに機能を追加します。
 class PrintWriter
          フォーマットされたオブジェクトの表現をテキスト出力ストリームに出力します。
 class PushbackInputStream
          ほかの入力ストリームに機能を追加します。
 class PushbackReader
          文字をストリームにプッシュバックできる文字ストリームリーダです。
 class RandomAccessFile
          このクラスのインスタンスは、ランダムアクセスファイルからの読み込み/書き込みの両方をサポートします。
 class Reader
          文字ストリームを読み込むための抽象クラスです。
 class SequenceInputStream
          ほかの入力ストリームを論理的に連結したものを表します。
 class SerializablePermission
          直列化可能アクセス権のためのクラスです。
 class StreamCorruptedException
          オブジェクトストリームから読み込まれた制御情報が、内部整合性検査に違反していた場合にスローされます。
 class StreamTokenizer
          入力ストリームを引数に取り、それを「トークン」に解析し、一度に 1 つのトークンを読めるようにします。
 class StringBufferInputStream
          推奨されていません。 このクラスは文字を適切にバイトに変換できません。JDK 1.1 現在、文字列からストリームを作成するには、StringReader クラスを使用するのが適切です。
 class StringReader
          ソースが文字列の文字ストリームです。
 class StringWriter
          出力を文字列バッファに集める文字ストリームです。
 class SyncFailedException
          同期 (sync) オペレーションが失敗したことを通知します。
 class UnsupportedEncodingException
          文字のエンコーディングがサポートされていません。
 class UTFDataFormatException
          不正な構造を持つ UTF-8 文字列が、データ入力ストリーム内に読み込まれたか、またはデータ入力インタフェースを実装するクラスによって読み込まれたことを示します。
 class WriteAbortedException
          書き込み時に ObjectStreamExceptions の 1 つがスローされたことを通知します。
 class Writer
          文字ストリームに書き込むための抽象クラスです。
 

Object として宣言されている java.io のフィールド
protected  Object Reader.lock
          このストリームで操作を同期させるのに使うオブジェクトです。
protected  Object Writer.lock
          このストリームで操作を同期させるのに使うオブジェクトです。
 

Object を返す java.io のメソッド
 Object ObjectInput.readObject()
          オブジェクトを読み込み、それを返します。
 Object ObjectInputStream.readObject()
          ObjectInputStream からオブジェクトを読み込みます。
protected  Object ObjectInputStream.readObjectOverride()
          引数なしの protected コンストラクタを使用して ObjectOutputStream を作成した ObjectOutputStream の信頼できるサブクラスによって呼び出されます。
protected  Object ObjectInputStream.resolveObject(Object obj)
          直列化復元の際に、ObjectInputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
abstract  Object ObjectInputStream.GetField.get(String name, Object defvalue)
          名前で指定された Object フィールドの値を持続フィールドから取得します。
protected  Object ObjectOutputStream.replaceObject(Object obj)
          直列化の際に、ObjectOutputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
 

Object 型のパラメータを持つ java.io のメソッド
 void PrintStream.print(Object obj)
          オブジェクトを出力します。
 void PrintStream.println(Object x)
          Object を出力して、行を終了します。
 boolean FilePermission.equals(Object obj)
          2 つの FilePermission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
protected  Object ObjectInputStream.resolveObject(Object obj)
          直列化復元の際に、ObjectInputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
abstract  Object ObjectInputStream.GetField.get(String name, Object defvalue)
          名前で指定された Object フィールドの値を持続フィールドから取得します。
 void ObjectOutput.writeObject(Object obj)
          オブジェクトを、基本となる記憶域またはストリームに書き込みます。
 int File.compareTo(Object o)
          この抽象パス名を別のオブジェクトと比較します。
 boolean File.equals(Object obj)
          この抽象パス名が指定されたオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 void PrintWriter.print(Object obj)
          オブジェクトを出力します。
 void PrintWriter.println(Object x)
          Object を出力して、行を終了します。
protected  void ObjectOutputStream.writeObjectOverride(Object obj)
          サブクラスによってデフォルトの writeObject メソッドのオーバーライドに使用されます。
 void ObjectOutputStream.writeObject(Object obj)
          指定されたオブジェクトを ObjectOutputStream に書き込みます。
protected  Object ObjectOutputStream.replaceObject(Object obj)
          直列化の際に、ObjectOutputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
abstract  void ObjectOutputStream.PutField.put(String name, Object value)
          名前で指定された Object フィールドの値を持続フィールドに格納します。
 int ObjectStreamField.compareTo(Object o)
          このフィールドを別の ObjectStreamField と比較します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.io のコンストラクタ
Reader(Object lock)
          そのクリティカルなセクションが指定されたオブジェクトで同期する、新しい文字ストリームリーダを作成します。
Writer(Object lock)
          そのクリティカルセクションが指定されたオブジェクトで同期する、新しい文字ストリームライターを作成します。
 

java.lang での Object の使用
 

java.lang での Object のサブクラス
 class AbstractMethodError
          アプリケーションが abstract メソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
 class ArithmeticException
          算術計算で例外的条件が発生した場合にスローされます。
 class ArrayIndexOutOfBoundsException
          不正なインデックスを使って配列がアクセスされたことを示すためにスローされます。
 class ArrayStoreException
          不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたことを示すためにスローされます。
 class Boolean
          Boolean クラスは、プリミティブ型 boolean の値をオブジェクトにラップします。
 class Byte
          Byte クラスは、byte 値の標準ラッパーです。
 class Character
          Character クラスは、プリミティブ型 char の値をオブジェクトにラップします。
static class Character.Subset
          このクラスのインスタンスは、Unicode 文字セットの特定のサブセットを表します。
static class Character.UnicodeBlock
          Unicode 2.0 仕様で定義されている文字ブロックを表す文字サブセットのファミリです。
 class Class
          クラス Class のインスタンスは、実行中の Java アプリケーションのクラスおよびインタフェースを表します。
 class ClassCastException
          あるオブジェクトを継承関係にないクラスにキャストしようとしたことを示すためにスローされます。
 class ClassCircularityError
          クラスの初期化時にループが見つかった場合にスローされます。
 class ClassFormatError
          Java Virtual Machine がクラスファイルを読み込もうとして、ファイルが壊れていると判断した場合、またはクラスファイルとして解釈できない場合にスローされます。
 class ClassLoader
          ClassLoader クラスは抽象クラスです。
 class ClassNotFoundException
          アプリケーションが、クラスの文字列名を使用して次のメソッドでロードしようとしたが、指定された名前のクラスの定義が見つからなかった場合にスローされます。
 class CloneNotSupportedException
          オブジェクトを複製するために Object クラスの clone メソッドが呼び出されたが、そのオブジェクトのクラスが Cloneable インタフェースを実装していないことを示すためにスローされます。
 class Compiler
          Compiler クラスは、Java からネイティブコードへのコンパイラおよび関連サービスをサポートします。
 class Double
          Double クラスは、プリミティブ型 double の値をオブジェクトにラップします。
 class Error
          ErrorThrowable のサブクラスで、通常のアプリケーションであればキャッチすべきではない重大な問題を示します。
 class Exception
          Exception クラスとそのサブクラスは、通常のアプリケーションでキャッチされる可能性のある状態を示す Throwable の形式の 1 つです。
 class ExceptionInInitializerError
          static 初期化子で予想外の例外が発生したことを通知します。
 class Float
          Float クラスは、プリミティブ型 float の値をオブジェクト内にラップします。
 class IllegalAccessError
          アクセスできないフィールドへのアクセスや変更、あるいはアクセスできないメソッドの呼び出しをアプリケーションが試みた場合にスローされます。
 class IllegalAccessException
          アプリケーションがクラスをロードしようとしたとき、そのクラスが public でなかったり、別のパッケージに入っていたりするために、実行中のメソッドが指定されたクラスの定義にアクセスできない場合にスローされる例外です。
 class IllegalArgumentException
          不正な引数、または不適切な引数をメソッドに渡したことを示すためにスローされます。
 class IllegalMonitorStateException
          所定のモニターを持たないスレッドがオブジェクトのモニターで待つことを試みたこと、あるいはほかのスレッドが所定のモニターを持たずにオブジェクトのモニターで待つことを通知したことを示すためにスローされます。
 class IllegalStateException
          不正なとき、または不適切なときにメソッドが呼び出されたことを示します。
 class IllegalThreadStateException
          要求されたオペレーションに対してスレッドの状態が不適切であることを示すためにスローされます。
 class IncompatibleClassChangeError
          クラス定義に互換性のない変更があった場合にスローされます。
 class IndexOutOfBoundsException
          ある種のインデックス (配列、文字列、ベクタなど) が範囲外であることを示すためにスローされます。
 class InheritableThreadLocal
          このクラスは、親スレッドから子スレッドへの値の継承を提供するために、ThreadLocal を拡張します。
 class InstantiationError
          アプリケーションが Java の new 構文を使って abstract クラスやインタフェースのインスタンスを生成しようとしたときにスローされます。
 class InstantiationException
          アプリケーションが Class クラスの newInstance メソッドを使ってクラスのインスタンスを生成しようとしたときに、クラスがインタフェースまたは abstract クラスであるために指定されたオブジェクトのインスタンスを生成できない場合にスローされます。
 class Integer
          Integer クラスは、プリミティブ型 int の値をオブジェクト内にラップします。
 class InternalError
          Java Virtual Machine 内で予期しない内部エラーが発生したことを示すためにスローされます。
 class InterruptedException
          あるスレッドが長い間の待ち状態、休止状態、または一時停止の状態であるとき、他のスレッドが Thread クラスの interrupt メソッドを使ってこの状態に割り込みをかけた場合にスローされます。
 class LinkageError
          LinkageError のサブクラスは、あるクラスが別のクラスに依存関係がある場合に、前者のクラスをコンパイルしたあと、後者のクラスへの変更によって互換性が失われたことを示します。
 class Long
          Long クラスは、プリミティブ型 long の値をオブジェクト内にラップします。
 class Math
          Math クラスは、指数関数、対数関数、平方根、および三角関数といった基本的な数値処理を実行するためのメソッドを含んでいます。
 class NegativeArraySizeException
          負のサイズを持った配列をアプリケーションが作成しようとした場合にスローされます。
 class NoClassDefFoundError
          通常のメソッド呼び出し、あるいは new 式を使った新しいインスタンスの生成で Java Virtual Machine またはクラスローダがクラス定義をロードしようとしたとき、クラス定義が見からない場合にスローされます。
 class NoSuchFieldError
          オブジェクトの指定されたフィールドにアプリケーションがアクセス、または変更を試みたとき、オブジェクトにそのフィールドがない場合にスローされます。
 class NoSuchFieldException
          指定された名前のフィールドがクラスにはないことを通知します。
 class NoSuchMethodError
          あるクラスの特定のメソッド (static メソッド、またはインスタンスメソッド) をアプリケーションが呼び出そうとしたとき、すでにそのクラスには呼び出されたメソッドの定義がない場合にスローされます。
 class NoSuchMethodException
          特定のメソッドが見つからない場合にスローされます。
 class NullPointerException
          オブジェクトが必要な場合に、アプリケーションが null を使おうとするとスローされます。
 class Number
          抽象クラス Number は、クラス ByteDoubleFloatIntegerLong、および Short のスーパークラスです。
 class NumberFormatException
          アプリケーションが文字列を数値型に変換しようとしたとき、文字列の形式が正しくない場合にスローされます。
 class OutOfMemoryError
          メモリ不足のために Java Virtual Machine がオブジェクトを割り当てることができず、ガベージコレクタによっても使用可能なメモリをこれ以上確保できない場合にスローされます。
 class Package
          Package オブジェクトは、Java パッケージの実装および仕様についてのバージョン情報を保持します。
 class Process
          Runtime.exec メソッドは、ネイティブなプロセスを作成し、Process のサブクラスのインスタンスを返します。
 class Runtime
          Java アプリケーションはすべて、Runtime クラスの単一のインスタンスを持ちます。
 class RuntimeException
          RuntimeException は、Java Virtual Machine の通常の処理でスローすることができる各種の例外のスーパークラスです。
 class RuntimePermission
          このクラスは、実行時のアクセス権に関連します。
 class SecurityException
          セキュリティマネージャによってスローされ、セキュリティ違反を示します。
 class SecurityManager
          セキュリティマネージャは、アプリケーションでセキュリティポリシーを実装できるようにするクラスです。
 class Short
          Short クラスは short 値の標準ラッパーです。
 class StackOverflowError
          アプリケーションでの再帰の回数が多すぎてスタックオーバーフローが起こる場合にスローされます。
 class StrictMath
          StrictMath クラスは、指数関数、対数関数、平方根、および三角関数といった基本的な数値処理を実行するためのメソッドを含んでいます。
 class String
          String クラスは文字列を表します。
 class StringBuffer
          文字列バッファは可変の文字列を実装します。
 class StringIndexOutOfBoundsException
          String クラスの charAt メソッド、およびその他の String クラスのメソッドによって、インデックスが負の値であるか文字列のサイズ以上であることを示すためにスローされます。
 class System
          System クラスには有用なクラスフィールドおよびメソッドがあります。
 class Thread
          スレッドとは、プログラム内での実行のスレッドのことです。
 class ThreadDeath
          ThreadDeath のインスタンスは、Thread クラスの引数なしの stop メソッドが呼び出されると、対象となるスレッド内でスローされます。
 class ThreadGroup
          スレッドグループは、スレッドの集合を表します。
 class ThreadLocal
          このクラスは ThreadLocal 変数を提供します。
 class Throwable
          Throwable クラスは、Java 言語のすべてのエラーと例外のスーパークラスです。
 class UnknownError
          未知であるが重大な例外が Java Virtual Machine で発生した場合にスローされます。
 class UnsatisfiedLinkError
          Java Virtual Machine が、native と宣言されたメソッドの適切なネイティブ言語の定義を見つけることができない場合にスローされます。
 class UnsupportedClassVersionError
          Java Virtual Machine が、クラスファイルの読み込み中に、そのファイルのメジャーバージョン番号とマイナーバージョン番号がサポートされていないと判定した場合にスローされます。
 class UnsupportedOperationException
          要求されたオペレーションがサポートされていないことを示すためにスローされます。
 class VerifyError
          クラスファイルが適切な形式でも、ある種の内部矛盾またはセキュリティ上の問題があることを「ベリファイア (verifier)」が検出した場合にスローされます。
 class VirtualMachineError
          Java Virtual Machine が壊れているか、または動作を継続するのに必要なリソースが足りなくなったことを示すためにスローされます。
 class Void
          Void クラスは、インスタンスを生成できないプレースホルダーとしてのクラスであり、Java のプリミティブ型 void を表す Class オブジェクトへの参照を保持するのに使用されます。
 

Object を返す java.lang のメソッド
protected  Object Object.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成して返します。
static Object Compiler.command(Object any)
          引数の型とそのフィールドを調べ、ドキュメント化されているいくつかの処理を実行します。
 Object SecurityManager.getSecurityContext()
          現在の実行環境をカプセル化するオブジェクトを生成します。
protected  Object ThreadLocal.initialValue()
          この ThreadLocal 変数に対する呼び出し側のスレッドの初期値を返します。
 Object ThreadLocal.get()
          この ThreadLocal 変数の呼び出し側のスレッドのコピーに値を返します。
 Object InheritableThreadLocal.get()
          この ThreadLocal 変数の呼び出し側のスレッドのコピーに値を返します。
protected  Object InheritableThreadLocal.childValue(Object parentValue)
          子の InheritableThreadLocal の初期値を、子スレッドの作成時に親の値に対する関数として計算します。
 Object Class.newInstance()
          この Class オブジェクトが表すクラスの新しいインスタンスを生成します。
 Object[] Class.getSigners()
          このクラスの署名者を取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang のメソッド
 boolean Object.equals(Object obj)
          このオブジェクトと他のオブジェクトが等しいかどうかを示します。
 boolean Character.equals(Object obj)
          このオブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 int Character.compareTo(Object o)
          この Character をほかの Object と比較します。
 boolean Character.Subset.equals(Object obj)
          2 つの Subset オブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 boolean Long.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 int Long.compareTo(Object o)
          この Long をほかの Object と比較します。
static void System.arraycopy(Object src, int src_position, Object dst, int dst_position, int length)
          指定位置で開始する指定ソース配列から、転送先配列の指定位置に配列をコピーします。
static int System.identityHashCode(Object x)
          指定されたオブジェクトのクラスが hashCode() をオーバーライドしているかどうかに関係なく、デフォルトの hashCode() メソッドにより返されるものと同じ、指定されたオブジェクトのハッシュコードを返します。
 int Comparable.compareTo(Object o)
          このオブジェクトと指定されたオブジェクトの順序を比較します。
static Object Compiler.command(Object any)
          引数の型とそのフィールドを調べ、ドキュメント化されているいくつかの処理を実行します。
 boolean Short.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 int Short.compareTo(Object o)
          この Short をほかの Object と比較します。
 boolean String.equals(Object anObject)
          この文字列と指定されたオブジェクトを比較します。
 int String.compareTo(Object o)
          この String をほかの Object と比較します。
static String String.valueOf(Object obj)
          Object 引数の文字列表現を返します。
 boolean Float.equals(Object obj)
          このオブジェクトをほかのオブジェクトと比較します。
 int Float.compareTo(Object o)
          この Float を別のオブジェクトと比較します。
 void SecurityManager.checkPermission(Permission perm, Object context)
          指定されたセキュリティコンテキストについて、指定されたアクセス権が示すリソースへのアクセスを拒否された場合に SecurityException をスローします。
 void SecurityManager.checkRead(String file, Object context)
          文字列引数で指定されたファイルを読み取る許可が、指定されたセキュリティコンテキストにない場合に、SecurityException をスローします。
 void SecurityManager.checkConnect(String host, int port, Object context)
          指定されたセキュリティコンテキストが、指定されたホストとポート番号へのソケット接続をオープンするアクセス権を持っていない場合に、SecurityException をスローします。
 boolean SecurityManager.checkTopLevelWindow(Object window)
          window 引数で指定されたトップレベルのウィンドウを表示するための信頼が呼び出し側スレッドにない場合に、false を返します。
 boolean Integer.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 int Integer.compareTo(Object o)
          この Integer をほかのオブジェクトと比較します。
 void ThreadLocal.set(Object value)
          この ThreadLocal 変数の呼び出し側のスレッドのインスタンスを、指定された値に設定します。
 void InheritableThreadLocal.set(Object value)
          この ThreadLocal 変数の呼び出し側のスレッドのインスタンスを、指定された値に設定します。
protected  Object InheritableThreadLocal.childValue(Object parentValue)
          子の InheritableThreadLocal の初期値を、子スレッドの作成時に親の値に対する関数として計算します。
 StringBuffer StringBuffer.append(Object obj)
          引数 Object の文字列表現をこの文字列バッファに追加します。
 StringBuffer StringBuffer.insert(int offset, Object obj)
          Object 引数の文字列表現をこの文字列バッファに挿入します。
 boolean Byte.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 int Byte.compareTo(Object o)
          この Byte をほかの Object と比較します。
protected  void ClassLoader.setSigners(Class c, Object[] signers)
          クラスの署名者を設定します。
 boolean Class.isInstance(Object obj)
          指定された Object が、この Class が表すオブジェクトと代入互換の関係にあるかどうかを判定します。
 boolean Double.equals(Object obj)
          このオブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 int Double.compareTo(Object o)
          この Double をほかの Object と比較します。
 boolean Boolean.equals(Object obj)
          引数が null ではなく、このオブジェクトと同じ boolean 値を表す Boolean オブジェクトの場合にだけ、true を返します。
 

java.lang.ref での Object の使用
 

java.lang.ref での Object のサブクラス
 class PhantomReference
          ファントム参照オブジェクトです。
 class Reference
          参照オブジェクトための抽象基底クラスです。
 class ReferenceQueue
          参照キューです。
 class SoftReference
          メモリ要求に応じてガベージコレクタの判断でクリアされるソフト参照オブジェクトです。
 class WeakReference
          弱参照オブジェクトです。
 

Object を返す java.lang.ref のメソッド
 Object Reference.get()
          参照オブジェクトのリファレントを返します。
 Object PhantomReference.get()
          参照オブジェクトのリファレントを返します。
 Object SoftReference.get()
          参照オブジェクトのリファレントを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang.ref のコンストラクタ
PhantomReference(Object referent, ReferenceQueue q)
          指定されたオブジェクトを参照し、指定されたキューに登録されている新しいファントム参照を作成します。
WeakReference(Object referent)
          指定されたオブジェクトを参照する、新しい弱参照を作成します。
WeakReference(Object referent, ReferenceQueue q)
          指定されたオブジェクトを参照し、指定されたキューに登録されている新しい弱参照を作成します。
SoftReference(Object referent)
          指定されたオブジェクトを参照する新しいソフト参照を作成します。
SoftReference(Object referent, ReferenceQueue q)
          指定されたオブジェクトを参照し、指定されたキューに登録されている新しいソフト参照を作成します。
 

java.lang.reflect での Object の使用
 

java.lang.reflect での Object のサブクラス
 class AccessibleObject
          AccessibleObject クラスは、Field オブジェクト、Method オブジェクト、および Constructor オブジェクトの基底クラスです。
 class Array
          Array クラスは、Java 配列を動的に作成してアクセスするための static メソッドを提供します。
 class Constructor
          Constructor は、クラスの単一コンストラクタについての情報と単一コンストラクタへのアクセスを提供します。
 class Field
          Field は、クラスまたはインタフェースについての情報、それらへのアクセス、その単一フィールドを提供します。
 class InvocationTargetException
          InvocationTargetException は、呼び出されたメソッドまたはコンストラクタによってスローされる例外をラップする、確認済みの例外です。
 class Method
          Method は、クラスまたはインタフェース上の 1 つのメソッドについての情報を提供し、そのメソッドにアクセスします。
 class Modifier
          Modifier クラスは、クラスやメンバのアクセス修飾子を復号化するための static メソッドや定数を提供します。
 class Proxy
          Proxy は、動的プロキシのクラスおよびインスタンスを生成する静的メソッドを提供し、また、それらのメソッドによって生成された動的プロキシクラスすべてのスーパークラスでもあります。
 class ReflectPermission
          リフレクト処理の Permission クラスです。
 class UndeclaredThrowableException
          呼び出しハンドラの invoke メソッドが、プロキシインスタンスで呼び出され呼び出しハンドラにディスパッチされたメソッドの throws 節で宣言されたどの例外タイプにも割り当てできない確認済み例外 (RuntimeException または Error に割り当てできない Throwable) をスローした場合、プロキシインスタンスのメソッド呼び出しによってスローされます。
 

Object を返す java.lang.reflect のメソッド
 Object Method.invoke(Object obj, Object[] args)
          指定されたパラメータで指定するオブジェクトについて、この Method オブジェクトで表される基になるメソッドを呼び出します。
static Object Array.newInstance(Class componentType, int length)
          指定されたコンポーネント型とコンポーネントサイズを使用して新しい配列を作成します。
static Object Array.newInstance(Class componentType, int[] dimensions)
          指定されたコンポーネント型と大きさで新しい配列を作成します。
static Object Array.get(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を返します。
 Object Field.get(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、この Field によって表されるフィールドの値を返します。
static Object Proxy.newProxyInstance(ClassLoader loader, Class[] interfaces, InvocationHandler h)
          指定された呼び出しハンドラに対してメソッド呼び出しをディスパッチする、指定されたインタフェースのプロキシクラスのインスタンスを返します。
 Object InvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          プロキシインスタンスでメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object Constructor.newInstance(Object[] initargs)
          指定された初期化パラメータで、このコンストラクタの宣言クラスの新しいインスタンスを生成および初期化する場合は、この Constructor オブジェクトによって表されるコンストラクタを使用します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang.reflect のメソッド
 boolean Method.equals(Object obj)
          この Method を指定されたオブジェクトと比較します。
 Object Method.invoke(Object obj, Object[] args)
          指定されたパラメータで指定するオブジェクトについて、この Method オブジェクトで表される基になるメソッドを呼び出します。
static int Array.getLength(Object array)
          配列オブジェクトの長さを int で返します。
static Object Array.get(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を返します。
static boolean Array.getBoolean(Object array, int index)
          指定されたオブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を boolean として返します。
static byte Array.getByte(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を byte として返します。
static char Array.getChar(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を char として返します。
static short Array.getShort(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を short として返します。
static int Array.getInt(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクト内の指定されたインデックスのコンポーネント値を int として返します。
static long Array.getLong(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を long として返します。
static float Array.getFloat(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を float として返します。
static double Array.getDouble(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を double として返します。
static void Array.set(Object array, int index, Object value)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された新しい値に設定します。
static void Array.setBoolean(Object array, int index, boolean z)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された boolean 値に設定します。
static void Array.setByte(Object array, int index, byte b)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された boolean 値に設定します。
static void Array.setChar(Object array, int index, char c)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された byte 値に設定します。
static void Array.setShort(Object array, int index, short s)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネントを、指定された short 値に設定します。
static void Array.setInt(Object array, int index, int i)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された int 値に設定します。
static void Array.setLong(Object array, int index, long l)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された long 値に設定します。
static void Array.setFloat(Object array, int index, float f)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された float 値に設定します。
static void Array.setDouble(Object array, int index, double d)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された double 値に設定します。
 boolean Field.equals(Object obj)
          Field を指定されたオブジェクトと比較します。
 Object Field.get(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、この Field によって表されるフィールドの値を返します。
 boolean Field.getBoolean(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を boolean として取得します。
 byte Field.getByte(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を byte として取得します。
 char Field.getChar(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を char として取得します。
 short Field.getShort(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を short として取得します。
 int Field.getInt(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を int として取得します。
 long Field.getLong(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を long として取得します。
 float Field.getFloat(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を float として取得します。
 double Field.getDouble(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を double として取得します。
 void Field.set(Object obj, Object value)
          この Field オブジェクトによって表される指定されたオブジェクト引数のフィールドを、指定された新しい値に設定します。
 void Field.setBoolean(Object obj, boolean z)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を boolean として設定します。
 void Field.setByte(Object obj, byte b)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を byte として設定します。
 void Field.setChar(Object obj, char c)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を char として設定します。
 void Field.setShort(Object obj, short s)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を short として設定します。
 void Field.setInt(Object obj, int i)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を int として設定します。
 void Field.setLong(Object obj, long l)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を long として設定します。
 void Field.setFloat(Object obj, float f)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を float として設定します。
 void Field.setDouble(Object obj, double d)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を double として設定します。
static InvocationHandler Proxy.getInvocationHandler(Object proxy)
          指定されたプロキシインスタンスの呼び出しハンドラを返します。
 Object InvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          プロキシインスタンスでメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 boolean Constructor.equals(Object obj)
          Constructor を指定されたオブジェクトと比較します。
 Object Constructor.newInstance(Object[] initargs)
          指定された初期化パラメータで、このコンストラクタの宣言クラスの新しいインスタンスを生成および初期化する場合は、この Constructor オブジェクトによって表されるコンストラクタを使用します。
 

java.math での Object の使用
 

java.math での Object のサブクラス
 class BigDecimal
          変更が不可能な、任意精度の符号付き 10 進数です。
 class BigInteger
          変更が不可能な、任意精度の整数です。
 

Object 型のパラメータを持つ java.math のメソッド
 int BigInteger.compareTo(Object o)
          この BigInteger を指定した Object と比較します。
 boolean BigInteger.equals(Object x)
          この BigInteger と指定された Object が等しいかどうかを比較します。
 int BigDecimal.compareTo(Object o)
          この BigDecimal と指定された Object を比較します。
 boolean BigDecimal.equals(Object x)
          この BigDecimal と指定された Object が等しいかどうかを比較します。
 

java.net での Object の使用
 

java.net での Object のサブクラス
 class Authenticator
          Authenticator クラスは、ネットワーク接続に必要な認証を取得するためのオブジェクトを表します。
 class BindException
          ローカルなアドレスおよびポートに対してソケットのバインドを試行中にエラーが発生したことを通知します。
 class ContentHandler
          抽象クラス ContentHandler は、URLConnection から Object を読み込むすべてのクラスのスーパークラスです。
 class DatagramPacket
          このクラスはデータグラムパケットを表します。
 class DatagramSocket
          このクラスは、データグラムを送受信するためのソケットを表します。
 class DatagramSocketImpl
          抽象データグラムおよびマルチキャストソケットを実装する基底クラスです。
 class HttpURLConnection
          HTTP 特有の機能をサポートする URLConnection です。
 class InetAddress
          IP (Internet Protocol) アドレスを表すクラスです。
 class JarURLConnection
          JAR (Java ARchive) ファイル、または JAR ファイル内にあるエントリへの URL 接続です。
 class MalformedURLException
          無効な書式の URL が発生したことを示すためにスローされます。
 class MulticastSocket
          マルチキャストデータグラムソケットクラスは、IP マルチキャストパケットを送受信するときに役立ちます。
 class NetPermission
          このクラスは、各種のネットワークアクセス権のために使います。
 class NoRouteToHostException
          ソケットをリモートアドレスおよびポートに接続しようとしたときにエラーが発生したことを表します。
 class PasswordAuthentication
          PasswordAuthentication クラスは、Authenticator が使うデータホルダーです。
 class ProtocolException
          使用しているプロトコルでエラー (TCP エラーなど) が発生したことを表すためにスローされます。
 class ServerSocket
          サーバソケットを実装するクラスです。
 class Socket
          このクラスは、クライアントソケット (単に「ソケット」とも呼ぶ) を実装します。
 class SocketException
          使用しているプロトコルでエラー (TCP エラーなど) が発生したことを表すためにスローされます。
 class SocketImpl
          抽象クラス SocketImpl は、ソケットを実際に実装するすべてのクラスに共通のスーパークラスです。
 class SocketPermission
          このクラスは、ソケットによるネットワークへのアクセスを表します。
 class UnknownHostException
          ホストの IP アドレスが判定できなかった場合にスローされます。
 class UnknownServiceException
          未知のサービス例外が発生したことを示すためにスローされます。
 class URL
          URL クラスは、World Wide Web 上の「リソース」を指すポインタである URL (Uniform Resource Locator) を表します。
 class URLClassLoader
          このクラスローダは、JAR ファイルおよびディレクトリの両方を参照する URL の検索パスから、クラスおよびリソースをダウンロードするために使います。
 class URLConnection
          抽象クラス URLConnection は、アプリケーションと URL との間の通信リンクを表すすべてのクラスのスーパークラスです。
 class URLDecoder
          このクラスには、MIME 形式 (「x-www-form-url 符号化」形式と呼ばれる) を String に変換するユーティリティメソッドがあります。
 class URLEncoder
          このクラスには、String を MIME タイプ (「x-www-form-url 符号化」形式と呼ばれる) に変換するユーティリティメソッドがあります。
 class URLStreamHandler
          抽象クラス URLStreamHandler は、すべてのストリームプロトコルハンドラに共通のスーパークラスです。
 

Object を返す java.net のメソッド
 Object URLConnection.getContent()
          この URL 接続のコンテンツを取得します。
 Object URLConnection.getContent(Class[] classes)
          この URL 接続のコンテンツを取得します。
 Object URL.getContent()
          この URL のコンテンツを返します。
 Object URL.getContent(Class[] classes)
          この URL のコンテンツを返します。
abstract  Object ContentHandler.getContent(URLConnection urlc)
          オブジェクト表現の先頭に位置付けられている URL 接続ストリームを指定すると、このメソッドは、指定されたストリームを読み込み、ストリームからオブジェクトを生成します。
 Object ContentHandler.getContent(URLConnection urlc, Class[] classes)
          オブジェクト表現の先頭に位置付けられている URL 接続ストリームを指定すると、このメソッドは、指定されたストリームを読み込み、指定した型に一致するオブジェクトを生成します。
 Object SocketOptions.getOption(int optID)
          オプションの値を取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.net のメソッド
 boolean URL.equals(Object obj)
          2 つの URL を比較します。
 boolean SocketPermission.equals(Object obj)
          2 つの SocketPermission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean InetAddress.equals(Object obj)
          このオブジェクトと指定されたオブジェクトとを比較します。
 void SocketOptions.setOption(int optID, Object value)
          optID で指定されたオプションを有効または無効にします。
 

java.rmi での Object の使用
 

java.rmi での Object のサブクラス
 class AccessException
          java.rmi.Naming クラスのメソッド (特に bindrebind、および unbind) および java.rmi.activation.ActivationSystem インタフェースのメソッドによってスローされ、メソッド呼び出しによって要求されたアクションを実行するアクセス権が呼び出し側にないことを示します。
 class AlreadyBoundException
          レジストリ内のオブジェクトを、すでに関連付けられているバインディングを持つ名前にバインドしようとしたときにスローされます。
 class ConnectException
          リモートメソッド呼び出しでリモートホストへの接続が拒否された場合にスローされます。
 class ConnectIOException
          リモートメソッド呼び出しでリモートホストに接続しようとしているときに IOException が発生した場合にスローされます。
 class MarshalException
          リモートメソッド呼び出しでリモート呼び出しのヘッダ、引数、または戻り値を整列化しているときに java.io.IOException が発生した場合にスローされます。
 class MarshalledObject
          コンストラクタに渡されるオブジェクトの、直列化表現のバイトストリームを包含します。
 class Naming
          Naming クラスは、リモートオブジェクトレジストリでリモートオブジェクトへの参照を格納し、取得するためのメソッドを提供します。
 class NoSuchObjectException
          リモート Virtual Machine にすでに存在しなくなったオブジェクトのメソッドを呼び出そうとするとスローされます。
 class NotBoundException
          レジストリ内で、関連したバインディングを持たない名前を参照あるいはアンバインドしようとしたときにスローされます。
 class RemoteException
          RemoteException は、リモートメソッド呼び出しの実行中に発生する多くの通信関連の例外で使用する共通のスーパークラスです。
 class RMISecurityException
          推奨されていません。 代替はありません。RMISecurityManager は、現在ではこの java.lang.SecurityException のサブクラスをスローしない。
 class RMISecurityManager
          RMISecurityManager は、サンプルのセキュリティマネージャを提供します。
 class ServerError
          サーバマシンでのリモートメソッドの実行が java.lang.Error をスローした場合に、リモートメソッド呼び出しの結果としてスローされます。
 class ServerException
          サーバマシンでのリモートメソッドの実行が RemoteException をスローした場合に、リモートメソッド呼び出しの結果としてスローされます。
 class ServerRuntimeException
          推奨されていません。 代替はありません。
 class StubNotFoundException
          StubNotFoundException は、エクスポート時に、有効なスタブクラスがリモートオブジェクトで見つからない場合にスローされます。
 class UnexpectedException
          リモートメソッド呼び出しのクライアントが、呼び出しの結果として、リモートインタフェースのメソッドの throws 節で宣言されている確認済みの例外のタイプとは異なる確認済みの例外を受信した場合にスローされます。
 class UnmarshalException
          リモートメソッド呼び出しのパラメータまたは結果を非整列化しているときに、次の条件のどれかが成立した場合にスローされます。
 

Object を返す java.rmi のメソッド
 Object MarshalledObject.get()
          包含された、整列化されたオブジェクトの新しいコピーを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi のメソッド
 boolean MarshalledObject.equals(Object obj)
          MarshalledObject と別のオブジェクトを比較します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi のコンストラクタ
MarshalledObject(Object obj)
          提供されたオブジェクトの現在の状態を直列化して表現したものを包含する、新しい MarshalledObject を作成します。
 

java.rmi.activation での Object の使用
 

java.rmi.activation での Object のサブクラス
 class Activatable
          永続的なアクセスを必要とし、システムから起動できるリモートオブジェクトをサポートします。
 class ActivateFailedException
          起動可能なオブジェクトへのリモート呼び出しで起動が失敗した場合に、RMI ランタイムがこの例外をスローします。
 class ActivationDesc
          起動記述子には、オブジェクトを起動するために必要な情報が格納されています。
 class ActivationException
          起動インタフェースが使う一般的な例外です。
 class ActivationGroup
          ActivationGroup は、グループ内の「起動可能な」オブジェクトの新しいインスタンスを生成し、グループの ActivationMonitor に対して、オブジェクトの起動や停止、あるいはグループ全体の停止を通知します。
 class ActivationGroupDesc
          起動グループ記述子には、オブジェクトを起動する場所である起動グループを作成したり作り直したりするために必要な、以下の情報が格納されています。
static class ActivationGroupDesc.CommandEnvironment
          ActivationGroup の実装の起動オプションです。
 class ActivationGroupID
          登録された起動グループの識別子には、いくつかの役割があります。
 class ActivationID
          起動では、所定の期間に起動できるリモートオブジェクトを示す、特別な識別子を利用します。
 class UnknownGroupException
          java.rmi.activation パッケージのクラスおよびインタフェースのメソッドによって、メソッドの ActivationGroupID パラメータが無効であると判断された場合、つまり ActivationSystem がそのパラメータを認識できない場合にスローされます。
 class UnknownObjectException
          java.rmi.activation パッケージのクラスおよびインタフェースのメソッドによって、メソッドの ActivationID パラメータが無効であると判断された場合にスローされます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi.activation のメソッド
 boolean ActivationGroupDesc.equals(Object obj)
          2 つのグループ起動記述子の内容を比較します。
 boolean ActivationGroupDesc.CommandEnvironment.equals(Object obj)
          2 つのコマンド環境の内容を比較します。
 boolean ActivationDesc.equals(Object obj)
          2 つの起動記述子の内容を比較します。
 boolean ActivationGroupID.equals(Object obj)
          2 つのグループ識別子の内容を比較します。
 boolean ActivationID.equals(Object obj)
          2 つの起動 ID の内容を比較します。
 

java.rmi.dgc での Object の使用
 

java.rmi.dgc での Object のサブクラス
 class Lease
          Lease オブジェクトは、一意の VM 識別子と貸し出し期間とを保持します。
 class VMID
          VMID は、すべての Java Virtual Machine を通じて一意の識別子です。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi.dgc のメソッド
 boolean VMID.equals(Object obj)
          この VMID と別の VMID を比較し、両者が同じ識別子の場合に true を返します。
 

java.rmi.registry での Object の使用
 

java.rmi.registry での Object のサブクラス
 class LocateRegistry
          LocateRegistry は、ローカルホストなどの特定のホスト上にある、ブートストラップ用リモートオブジェクトレジストリへの参照を取得したり、特定のポートへの呼び出しを受け付けるリモートオブジェクトレジストリを作成したりするために使用されます。
 

java.rmi.server での Object の使用
 

java.rmi.server での Object のサブクラス
 class ExportException
          ExportException は、リモートオブジェクトのエクスポートが失敗した場合にスローされる RemoteException です。
 class LogStream
          推奨されていません。 代替はありません。
 class ObjID
          ObjID は、VM の中でリモートオブジェクトを一意に識別するのに使用します。
 class Operation
          推奨されていません。 代替はありません。
 class RemoteObject
          RemoteObject は、リモートオブジェクトに対する java.lang.Object の動作を実装します。
 class RemoteServer
          RemoteServer は、サーバの実装に対する共通のスーパークラスであり、広範囲のリモート参照セマンティクスをサポートするフレームワークを提供します。
 class RemoteStub
          RemoteStub は、クライアントスタブに対する共通のスーパークラスであり、広範囲のリモート参照セマンティクスをサポートするフレームワークを提供します。
 class RMIClassLoader
          RMIClassLoader は、1 つ以上の URL で示されるネットワーク上の場所からクラスをロードしたり、既存クラスのロード元の場所を取得するための static メソッドを提供します。
 class RMISocketFactory
          RMISocketFactory クラスのインスタンスは、RMI のランタイムが RMI コール用にクライアントとサーバのソケットを取得するために使用します。
 class ServerCloneException
          UnicastRemoteObject の複製時にリモート例外が発生した場合にスローされます。
 class ServerNotActiveException
          RemoteServer.getClientHost の呼び出し中に、その getClientHost メソッドがリモートメソッド呼び出しの対応範囲の外側で呼び出された場合にスローされる Exception です。
 class SkeletonMismatchException
          推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは必要ありません。
 class SkeletonNotFoundException
          推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは必要ありません。
 class SocketSecurityException
          UnicastRemoteObject クラスまたは java.rmi.activation.Activatable クラスのコンストラクタまたは exportObject メソッドの明示的な呼び出しによってリモートオブジェクトをエクスポートしているコードが、リモートオブジェクトのエクスポート時に指定したポート番号で java.net.ServerSocket を作成する権限を持たない場合にスローされます。
 class UID
          識別子を作成するための抽象クラスであり、その識別子は、抽象クラスが生成されるホストに関して一意になります。
 class UnicastRemoteObject
          UnicastRemoteObject クラスは、複製でないリモートオブジェクトを定義します。
 

Object を返す java.rmi.server のメソッド
 Object UnicastRemoteObject.clone()
          元のオブジェクトと明確に区別できるリモートオブジェクトの複製を返します。
 Object RemoteRef.invoke(Remote obj, Method method, Object[] params, long opnum)
          メソッドを呼び出します。
static Object RMIClassLoader.getSecurityContext(ClassLoader loader)
          推奨されていません。 代替はありません。Java 2 プラットフォーム 1.2 以降の RMI では、クラスローダのセキュリティコンテキストを取得するためにこのメソッドを使用しません。
 Object LoaderHandler.getSecurityContext(ClassLoader loader)
          推奨されていません。 代替はありません。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi.server のメソッド
 boolean RemoteObject.equals(Object obj)
          2 つのリモートオブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 Object RemoteRef.invoke(Remote obj, Method method, Object[] params, long opnum)
          メソッドを呼び出します。
 boolean UID.equals(Object obj)
          2 つの UID の内容が同じかどうかを比較します。
 boolean ObjID.equals(Object obj)
          2 つのオブジェクト識別子が同じ内容の場合、それらは等しいと見なされます。
 RemoteStub ServerRef.exportObject(Remote obj, Object data)
          指定された Remote オブジェクトに対するクライアントスタブオブジェクトを作成します。
 

java.security での Object の使用
 

java.security での Object のサブクラス
 class AccessControlContext
          AccessControlContext は、それがカプセル化するコンテキストに基づいて、システムリソースへのアクセスを許可するかどうかを決定するために使用されます。
 class AccessControlException
           この例外は、ファイルシステムやネットワークなどの重要なシステムリソースへのアクセス要求が拒否されたことを示すために、AccessController によってスローされます。
 class AccessController
           AccessController クラスは、次の 3 つの目的で使用します。
 class AlgorithmParameterGenerator
          AlgorithmParameterGenerator クラスは、特定のアルゴリズムで使われるパラメータのセットを生成するために使用されます。
 class AlgorithmParameterGeneratorSpi
          このクラスは、AlgorithmParameterGenerator クラスのサービスプロバイダインタフェース (Service Provider Interface、SPI) を定義します。
 class AlgorithmParameters
          暗号パラメータの不透明な表示として使用します。
 class AlgorithmParametersSpi
          このクラスは、AlgorithmParameters クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) を定義します。
 class AllPermission
          AllPermission は、ほかのすべてのアクセス権を包含するアクセス権です。
 class BasicPermission
          BasicPermission は Permission クラスを拡張するクラスで、BasicPermission と同じ命名規約に従う必要のある、アクセス権の基底クラスとして使用できます。
 class CodeSource
          このクラスは、位置 (URL) に加えて、その位置から発生する署名付きコードの検証に使用した証明書もカプセル化することにより、コードベースの概念を拡張します。
 class DigestException
          汎用的なメッセージダイジェスト例外です。
 class DigestInputStream
          ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージダイジェストを更新する透過的なストリームです。
 class DigestOutputStream
          ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージダイジェストを更新する透明なストリームです。
 class GeneralSecurityException
          これは一般的なセキュリティ例外クラスで、このクラスを拡張して、java.security パッケージのすべての例外クラスをグループ化します。
 class GuardedObject
          GuardedObject は、別のオブジェクトへのアクセスから保護するためのオブジェクトです。
 class Identity
          推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
 class IdentityScope
          推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
 class InvalidAlgorithmParameterException
          無効または不適切なアルゴリズムパラメータの例外です。
 class InvalidKeyException
          無効な符号化、長さの誤り、未初期化などの無効な鍵に対する例外です。
 class InvalidParameterException
          メソッドに無効なパラメータが渡されると、この例外がスローされます。
 class KeyException
          基本的な鍵の例外です。
 class KeyFactory
          鍵ファクトリは、Key 型の不透明な暗号鍵である、基本の鍵データの透明な表現である鍵仕様との間の変換を行うために使用します。
 class KeyFactorySpi
          このクラスは、KeyFactory クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class KeyManagementException
          鍵管理に関係するすべての操作に対する一般的な鍵管理例外です。
 class KeyPair
          このクラスは、鍵ペア (公開鍵と非公開鍵) の単純なホルダーです。
 class KeyPairGenerator
          KeyPairGenerator クラスは、公開鍵と非公開鍵のペアを生成するために使用します。
 class KeyPairGeneratorSpi
           このクラスは、KeyPairGenerator クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class KeyStore
          このクラスは、鍵と証明書のメモリ内コレクションを表し、次の 2 種類のエントリを管理します。
 class KeyStoreException
          一般キーストア例外です。
 class KeyStoreSpi
          このクラスは、KeyStore クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class MessageDigest
          この MessageDigest クラスは、MD5 または SHA などのメッセージダイジェストアルゴリズムの機能を提供します。
 class MessageDigestSpi
          MessageDigest クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class NoSuchAlgorithmException
          この例外は、ある暗号アルゴリズムが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
 class NoSuchProviderException
          この例外は、特定のセキュリティプロバイダが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
 class Permission
          システムリソースへのアクセスを表現する抽象クラスです。
 class PermissionCollection
          Permission オブジェクトのコレクションを表す abstract クラスです。
 class Permissions
          Permissions の異種コレクションを表します。
 class Policy
          Java アプリケーション環境のシステムセキュリティポリシー (各種ソースのコードで利用できるアクセス権はどれかを指定する) を表す抽象クラスです。
 class PrivilegedActionException
          この例外は、doPrivileged(PrivilegedExceptionAction)doPrivileged(PrivilegedExceptionAction, AccessControlContext context) によってスローされ、実行されているアクションが確認済例外をスローしたことを示します。
 class ProtectionDomain
           ProtectionDomain クラスは、ドメインの属性をカプセル化し、そのインスタンスに対して同じアクセス権のセットが与えられるクラスのセットを含みます。
 class Provider
          このクラスは、Java Security API の「プロバイダ」を表します。
 class ProviderException
          プロバイダ例外 (設定エラーなど) に対する実行時例外です。
 class SecureClassLoader
          このクラスは、デフォルトでシステムポリシーによって抽出される関連したたコードソースとアクセス権を持つクラスを定義するための追加サポートを使用して、ClassLoader を拡張します。
 class SecureRandom
          このクラスは、暗号用に強化した擬似乱数ジェネレータ (PRNG) を提供します。
 class SecureRandomSpi
          このクラスは SecureRandom クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class Security
          このクラスは、すべてのセキュリティプロパティ、および共通のセキュリティメソッドを集中管理します。
 class SecurityPermission
          このクラスはセキュリティアクセス権のために用意されています。
 class Signature
          Signature クラスは、アプリケーションに対してデジタル署名アルゴリズムの機能を提供するために使用されます。
 class SignatureException
          汎用的な署名の例外です。
 class SignatureSpi
          Signature クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class SignedObject
           SignedObject は、認証実行時オブジェクトの作成を目的としたクラスです。
 class Signer
          推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
 class UnrecoverableKeyException
          この例外は、キーストア内のキーを復元できない場合にスローされます。
 class UnresolvedPermission
          UnresolvedPermission クラスを使うと、Policy の初期化のときには「解決されなかった」Permissions を保持できます。
 

Object を返す java.security のメソッド
 Object Provider.put(Object key, Object value)
          key というプロパティが、指定された value という値を持つように設定します。
 Object Provider.remove(Object key)
          key プロパティとそれに対応する value を削除します。
 Object MessageDigestSpi.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
static Object AccessController.doPrivileged(PrivilegedAction action)
          有効になった特権を使って、指定された PrivilegedAction を実行します。
static Object AccessController.doPrivileged(PrivilegedAction action, AccessControlContext context)
          指定された AccessControlContext によって有効になり、かつ制限される特権を使って、指定された PrivilegedAction を実行します。
static Object AccessController.doPrivileged(PrivilegedExceptionAction action)
          有効になった特権を使って、指定された PrivilegedExceptionAction を実行します。
static Object AccessController.doPrivileged(PrivilegedExceptionAction action, AccessControlContext context)
          指定された AccessControlContext によって有効になり、かつ制限される特権を使って、指定された PrivilegedExceptionAction を実行します。
protected abstract  Object SignatureSpi.engineGetParameter(String param)
          推奨されていません。  
 Object SignatureSpi.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
 Object PrivilegedExceptionAction.run()
          計算を実行します。
 Object PrivilegedAction.run()
          計算を実行します。
 Object GuardedObject.getObject()
          ガードのあるオブジェクトを取り出します。
 Object SignedObject.getObject()
          カプセル化されたオブジェクトを取得します。
 Object MessageDigest.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
 Object Signature.getParameter(String param)
          推奨されていません。  
 Object Signature.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security のメソッド
 void Permission.checkGuard(Object object)
          アクセス権のガードインタフェースを実装します。
abstract  boolean Permission.equals(Object obj)
          2 つの Permission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean BasicPermission.equals(Object obj)
          2 つの BasicPermission オブジェクトが同等であるかどうかを判定します。
 Object Provider.put(Object key, Object value)
          key というプロパティが、指定された value という値を持つように設定します。
 Object Provider.remove(Object key)
          key プロパティとそれに対応する value を削除します。
 boolean CodeSource.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとこのオブジェクトが同等であるかどうかを判定します。
 boolean UnresolvedPermission.equals(Object obj)
          2 つの UnresolvedPermission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean Identity.equals(Object identity)
          推奨されていません。 指定されたオブジェクトとこのアイデンティティとが等しいかどうかを判定します。
 boolean AccessControlContext.equals(Object obj)
          2 つの AccessControlContext オブジェクトが同等かどうかを判定します。
protected abstract  void SignatureSpi.engineSetParameter(String param, Object value)
          推奨されていません。 engineSetParameter で置き換えます。
 boolean AllPermission.equals(Object obj)
          2 つの AllPermission オブジェクトが同等であるかどうかを判定します。
 void Guard.checkGuard(Object object)
          ガードによって保護されたオブジェクトである object へのアクセスを許可するかどうかを決定します。
 void Signature.setParameter(String param, Object value)
          推奨されていません。 setParameter を使用してください。
 boolean Principal.equals(Object another)
          指定されたオブジェクトと主体を比較します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security のコンストラクタ
GuardedObject(Object object, Guard guard)
          指定されたオブジェクトとガードで GuardedObject を構築します。
 

java.security.acl での Object の使用
 

java.security.acl での Object のサブクラス
 class AclNotFoundException
          存在しない ACL (Access Control List) が参照されると必ずスローされる例外です。
 class LastOwnerException
          ACL の最後の所有者を削除しようとすると必ず発生する例外です。
 class NotOwnerException
          (ACL などの) オブジェクトの修正がそのオブジェクトの所有者だけに許可されているときに、修正を行う主体が所有者でない場合に必ず発生する例外です。
 

Object を返す java.security.acl のメソッド
 Object AclEntry.clone()
          この ACL エントリを複製します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security.acl のメソッド
 boolean Permission.equals(Object another)
          渡されたオブジェクトと、このインタフェースで表されるアクセス権が等しい場合に true を返します。
 

java.security.cert での Object の使用
 

java.security.cert での Object のサブクラス
 class Certificate
          各種の身元証明書を管理するための抽象クラスです。
protected static class Certificate.CertificateRep
          直列化の代替 Certificate クラス
 class CertificateEncodingException
          証明書の符号化例外です。
 class CertificateException
          この例外は、証明書に関するさまざまな問題の 1 つを示します。
 class CertificateExpiredException
          証明書の期限切れの例外です。
 class CertificateFactory
          証明書ファクトリの機能を定義します。
 class CertificateFactorySpi
          CertificateFactory クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class CertificateNotYetValidException
          証明書がまだ有効ではないことを示す例外です。
 class CertificateParsingException
          証明書解析例外です。
 class CRL
          形式は異なるが主要な機能法は共通である、証明書の取り消しリスト (CRL) の抽象化です。
 class CRLException
          CRL (証明書の取り消しリスト) 例外です。
 class X509Certificate
           X.509 証明書の抽象クラスです。
 class X509CRL
           X.509 証明書の取り消しリスト (CRL) の抽象クラスです。
 class X509CRLEntry
          CRL (証明書の取り消しリスト) にある、取り消された証明書の抽象クラスです。
 

Object を返す java.security.cert のメソッド
protected  Object Certificate.writeReplace()
          直列化される証明書を置き換えます。
protected  Object Certificate.CertificateRep.readResolve()
          Certificate Object を解釈処理します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security.cert のメソッド
 boolean Certificate.equals(Object other)
          この証明書と、指定されたオブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean X509CRLEntry.equals(Object other)
          指定されたオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 boolean X509CRL.equals(Object other)
          指定されたオブジェクトとこの CRL が等しいかどうかを判定します。
 

java.security.spec での Object の使用
 

java.security.spec での Object のサブクラス
 class DSAParameterSpec
          DSA アルゴリズムで使用されるパラメータのセットを指定します。
 class DSAPrivateKeySpec
          関連したパラメータを使って DSA 非公開鍵を指定します。
 class DSAPublicKeySpec
          関連したパラメータを使って DSA 公開鍵を指定します。
 class EncodedKeySpec
          公開鍵または非公開鍵を、符号化された形式で表現します。
 class InvalidKeySpecException
          無効な鍵仕様の例外です。
 class InvalidParameterSpecException
          無効なパラメータ仕様の例外です。
 class PKCS8EncodedKeySpec
          ASN.1 PrivateKeyInfoで指定された形式に従って符号化された、非公開鍵の ASN.1 での符号化を表し、その構文は次のとおり PKCS#8 標準で定義します。
 class RSAKeyGenParameterSpec
          RSA 鍵ペアを生成するために使用されるパラメータのセットを指定します。
 class RSAPrivateCrtKeySpec
          このクラスは、中国剰余定理 (CRT) の情報の値を使って RSA 非公開鍵 (PKCS#1 標準の定義による) を効率を向上させるために指定します。
 class RSAPrivateKeySpec
          このクラスは RSA 非公開鍵を指定します。
 class RSAPublicKeySpec
          このクラスは RSA 公開鍵を指定します。
 class X509EncodedKeySpec
          ASN.1 SubjectPublicKeyInfo で指定された形式に従って符号化された、公開鍵の ASN.1 での符号化を表し、その構文は次のとおり X.509 標準で定義します。
 

java.sql での Object の使用
 

java.sql での Object のサブクラス
 class BatchUpdateException
          バッチ更新オペレーション中にエラーが発生したときにスローされる例外です。
 class DataTruncation
          JDBC が予期せずデータの値を切り捨てる場合に、DataTruncation 警告を通知する (読み込み時) か、DataTruncation 例外をスローする (書き込み時) 例外です。
 class DriverManager
          JDBC ドライバを管理するための基本的なサービスです。
 class DriverPropertyInfo
          接続を行うためのドライバプロパティです。
 class SQLException
          データベースアクセスエラーまたはその他のエラーに関する情報を提供する例外です。
 class SQLPermission
          アプレットで実行されているコードが setLogWriter メソッドの 1 つを呼び出すときに、SecurityManager の確認対象となるアクセス権です。
 class SQLWarning
          データベースアクセスの警告に関する情報を提供する例外です。
 class Time
          java.util.Date の thin ラッパーで、このラッパーによって JDBC はこれを SQL TIME 値として識別できます。
 class Timestamp
          このクラスは、java.util.Date の thin ラッパーで、このラッパーによって JDBC API はこれを SQL TIMESTAMP 値として識別できます。
 class Types
          JDBC 型と呼ばれる、汎用の SQL 型を識別するために使用する定数を定義するクラスです。
 

Object を返す java.sql のメソッド
 Object CallableStatement.getObject(int parameterIndex)
          パラメータの値を Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object CallableStatement.getObject(int i, Map map)
          OUT パラメータ i の値を表すオブジェクトを返し、map を使用してそのパラメータ値のカスタムマッピングを行います。
 Object[] Struct.getAttributes()
          この Struct オブジェクトが表す SQL 構造化型の属性の順序付けされた値を作成します。
 Object[] Struct.getAttributes(Map map)
          この Struct オブジェクトが表す SQL 構造化型の属性の順序付けされた値を作成します。
 Object Array.getArray()
          この Array オブジェクトによって指定された SQL ARRAY 値の内容を、Java プログラミング言語の配列の形式で取り出します。
 Object Array.getArray(Map map)
          この Array オブジェクトによって指定された SQL 配列の内容を取り出します。
 Object Array.getArray(long index, int count)
          この Array オブジェクトによって指定された SQL ARRAY 値の一部が格納されている配列を返します。
 Object Array.getArray(long index, int count, Map map)
          この Array オブジェクトによって指定された SQL 配列オブジェクトの一部が格納されている配列を返します。
 Object SQLInput.readObject()
          ストリームの先頭にあるデータを Java プログラミング言語の Object として返します。
 Object ResultSet.getObject(int columnIndex)
          この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object ResultSet.getObject(String columnName)
          この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object ResultSet.getObject(int i, Map map)
          この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として返します。
 Object ResultSet.getObject(String colName, Map map)
          この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.sql のメソッド
 void PreparedStatement.setObject(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType, int scale)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
 void PreparedStatement.setObject(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
 void PreparedStatement.setObject(int parameterIndex, Object x)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
 boolean Timestamp.equals(Object ts)
          この Timestamp オブジェクトが指定されたオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 void ResultSet.updateObject(int columnIndex, Object x, int scale)
          指定された列を Object 値で更新します。
 void ResultSet.updateObject(int columnIndex, Object x)
          指定された列を Object 値で更新します。
 void ResultSet.updateObject(String columnName, Object x, int scale)
          指定された列を Object 値で更新します。
 void ResultSet.updateObject(String columnName, Object x)
          指定された列を Object 値で更新します。
 

java.text での Object の使用
 

java.text での Object のサブクラス
 class Annotation
          Annotation オブジェクトは、属性が以下の注釈特性を持つ場合にテキスト属性値のラッパーとして使います。
static class AttributedCharacterIterator.Attribute
          テキスト属性を識別するために使う属性キーを定義します。
 class AttributedString
          テキストとそのテキストに関連する属性情報を保持します。
 class BreakIterator
          テキストにおける境界の位置を見つけるためのメソッドを実装します。
 class ChoiceFormat
          ChoiceFormat を使用すると、ある範囲の数値にフォーマットを追加することができます。
 class CollationElementIterator
          CollationElementIterator クラスは、各国語文字列の各文字を処理するときの反復子として使用します。
 class CollationKey
          CollationKey は、特定の Collator オブジェクトのルールのもとにある String を表します。
 class Collator
          Collator クラスは、ロケールに依存する String の比較を行います。
 class DateFormat
          DateFormat は、言語に依存しない方法で日付または時刻をフォーマットおよび解析する、日付/時刻フォーマットサブクラスの抽象クラスです。
 class DateFormatSymbols
          DateFormatSymbols は、月、曜日、タイムゾーンデータなど、地域対応が可能なフォーマットデータをカプセル化するための public クラスです。
 class DecimalFormat
          DecimalFormat は、10 進数をフォーマットする NumberFormat の具象サブクラスです。
 class DecimalFormatSymbols
          このクラスは、数値をフォーマットするときに DecimalFormat で必要となる記号セット (小数点、グループ化区切り文字など) を表します。
 class FieldPosition
          FieldPosition は、フォーマットされた出力フィールドを識別するために Format とそのサブクラスによって使用される単純なクラスです。
 class Format
          Format は、日付、メッセージ、数字などのロケールに依存する情報をフォーマットする abstract 基底クラスです。
 class MessageFormat
          MessageFormat は、連結されたメッセージを、言語に依存しない方法で構築するためのものです。
 class NumberFormat
          NumberFormat は、すべての数値フォーマットに対する abstract 基底クラスです。
 class ParseException
          解析中に予期しないエラーが発生したことを通知します。
 class ParsePosition
          ParsePosition は、Format とそのサブクラスが、解析中に現在の位置を追跡するために使用する単純なクラスです。
 class RuleBasedCollator
          RuleBasedCollator クラスは Collator の具象サブクラスで、簡単な操作でデータドリブンのテーブルコレータを使用可能にします。
 class SimpleDateFormat
          SimpleDateFormat は、日付のフォーマットと解析を、ロケールを考慮して行うための具象クラスです。
 class StringCharacterIterator
          StringCharacterIterator は、String のための CharacterIterater プロトコルを実装します。
 

Object を返す java.text のメソッド
 Object AttributedCharacterIterator.getAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute attribute)
          現在の文字について指定された属性の値を返します。
protected  Object AttributedCharacterIterator.Attribute.readResolve()
          直列化復元中のインスタンスを、定義済み定数に解釈処理します。
abstract  Object Format.parseObject(String source, ParsePosition status)
          文字列を解析してオブジェクトを生成します。
 Object Format.parseObject(String source)
          文字列を解析してオブジェクトを生成します。
 Object Format.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object NumberFormat.parseObject(String source, ParsePosition parsePosition)
          文字列を解析してオブジェクトを生成します。
 Object NumberFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object[] ChoiceFormat.getFormats()
          コンストラクタの中で渡されるフォーマットを取得します。
 Object ChoiceFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object Collator.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object RuleBasedCollator.clone()
          標準オーバーライドです。
 Object CharacterIterator.clone()
          反復子のコピーを作成します。
 Object DateFormat.parseObject(String source, ParsePosition pos)
          日付/時刻文字列を Object に解析します。
 Object DateFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object StringCharacterIterator.clone()
          反復子のコピーを作成します。
 Object SimpleDateFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object DateFormatSymbols.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object BreakIterator.clone()
          反復子のコピーを作成します。
 Object DecimalFormat.clone()
          標準オーバーライドです。
 Object Annotation.getValue()
          属性の値を返します。
 Object DecimalFormatSymbols.clone()
          標準オーバーライドです。
 Object[] MessageFormat.parse(String source, ParsePosition status)
          文字列を解析します。
 Object[] MessageFormat.parse(String source)
          文字列を解析します。
 Object MessageFormat.parseObject(String text, ParsePosition status)
          文字列を解析します。
 Object MessageFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 

Object 型のパラメータを持つ java.text のメソッド
 boolean AttributedCharacterIterator.Attribute.equals(Object obj)
          2 つのオブジェクトが同じかどうかを比較します。
 String Format.format(Object obj)
          オブジェクトをフォーマットして文字列を作成します。
abstract  StringBuffer Format.format(Object obj, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition pos)
          オブジェクトをフォーマットして文字列を作成します。
 StringBuffer NumberFormat.format(Object number, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition pos)
          オブジェクトをフォーマットして文字列を作成します。
 boolean NumberFormat.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean ChoiceFormat.equals(Object obj)
          2 つが等しいかどうかを比較します。
 boolean ParsePosition.equals(Object obj)
          equals メソッドをオーバーライドします。
 int Collator.compare(Object o1, Object o2)
          順序付けのために 2 つの引数を比較します。
 boolean Collator.equals(Object that)
          2 つの Collator が等しいかどうかを比較します。
 boolean RuleBasedCollator.equals(Object obj)
          2 つの照合オブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 StringBuffer DateFormat.format(Object obj, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition fieldPosition)
          Format をオーバーライドします。
 boolean DateFormat.equals(Object obj)
          equals メソッドをオーバーライドします。
 int CollationKey.compareTo(Object o)
          CollationKey と、指定された Object の順序を比較します。
 boolean CollationKey.equals(Object target)
          CollationKey とターゲットの CollationKey が等しいかどうかを比較します。
 boolean StringCharacterIterator.equals(Object obj)
          2 つの StringCharacterIterator オブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 boolean SimpleDateFormat.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean FieldPosition.equals(Object obj)
          equals メソッドをオーバーライドします。
 void AttributedString.addAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute attribute, Object value)
          属性を文字列全体に追加します。
 void AttributedString.addAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute attribute, Object value, int beginIndex, int endIndex)
          属性を文字列の部分範囲に追加します。
 boolean DateFormatSymbols.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean DecimalFormat.equals(Object obj)
          equals メソッドをオーバーライドします。
 boolean DecimalFormatSymbols.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 StringBuffer MessageFormat.format(Object[] source, StringBuffer result, FieldPosition ignore)
          フォーマットされたオブジェクトとともにパターンを返します。
static String MessageFormat.format(String pattern, Object[] arguments)
          簡易ルーチンです。
 StringBuffer MessageFormat.format(Object source, StringBuffer result, FieldPosition ignore)
          フォーマットされたオブジェクトとともにパターンを返します。
 boolean MessageFormat.equals(Object obj)
          2 つのメッセージフォーマットオブジェクトの間の等号比較です。
 

Object 型のパラメータを持つ java.text のコンストラクタ
Annotation(Object value)
          指定された値を持つ注釈レコードを構築します。
 

java.util での Object の使用
 

java.util での Object のサブクラス
 class AbstractCollection
          このクラスは、Collection インタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractList
          このクラスは、List インタフェースのスケルトン実装を提供し、配列のような「ランダムアクセス」データ記憶域を基にするこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractMap
          このクラスは、Map インタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractSequentialList
          このクラスは、List インタフェースのスケルトン実装を提供し、リンクリストのような「順次アクセス」データ記憶域を基にするこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractSet
          このクラスは、Set インタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class ArrayList
          List インタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
 class Arrays
          このクラスには、ソートや検索など、配列を操作するためのさまざまなメソッドがあります。
 class BitSet
          このクラスは、必要に応じて大きくなるビットベクトルを実装します。
 class Calendar
          Calendar は、Date オブジェクトと、YEARMONTHDAYHOUR などの整数フィールドの間で変換を行うための抽象基底クラスです。
 class Collections
          このクラスは、コレクションに作用するか、コレクションを返す static メソッドだけで構成されます。
 class ConcurrentModificationException
          この例外は、基となるオブジェクトの同時変更を検出したメソッドによって、そのような変更が許可されていない場合にスローされます。
 class Date
          クラス Date は、特定の時点を表すもので、その精度はミリ秒です。
 class Dictionary
          Dictionary クラスは、Hashtable のようにキーを値にマップするクラスの親となる抽象クラスです。
 class EmptyStackException
          Stack クラスのメソッドによってスローされ、そのスタックが空であることを示します
 class EventObject
           すべてのイベント状態オブジェクトの派生元になるルートクラスです。
 class GregorianCalendar
          GregorianCalendar は、Calendar の具象サブクラスであり、世界のほとんどの地域で使用される標準的なカレンダを提供します。
 class HashMap
          Map インタフェースのハッシュテーブルに基づく実装です。
 class HashSet
          このクラスは、ハッシュテーブル (実際には HashMap のインスタンス) を基にし、Set インタフェースを実装します。
 class Hashtable
          このクラスは、ハッシュテーブルを実装するためのもので、キーを値にマップします。
 class LinkedList
          List インタフェースのリンクリストの実装です。
 class ListResourceBundle
          ListResourceBundle は、ロケールに対するリソースを管理する ResourceBundle の abstract サブクラスです。
 class Locale
          Locale オブジェクトは、特定の地理的、国家的、または文化的地域を表すためのものです。
 class MissingResourceException
          リソースが欠落していることを通知します。
 class NoSuchElementException
          この列挙にそれ以上の要素がないと、EnumerationnextElement メソッドによってスローされます。
 class Observable
          このクラスは、被監視オブジェクト、つまりモデル/ビューパラダイムの「データ」を表します。
 class Properties
          Properties クラスは、不変のプロパティセットを表します。
 class PropertyPermission
          このクラスはプロパティへのアクセス権のためのクラスです。
 class PropertyResourceBundle
          PropertyResourceBundle は、ResourceBundle の具象サブクラスです。
 class Random
          Random クラスのインスタンスは、一連の擬似乱数を生成します。
 class ResourceBundle
          リソースバンドルには、ロケール固有のオブジェクトが含まれます。
 class SimpleTimeZone
          SimpleTimeZone は、グレゴリオ暦で使用されるタイムゾーンを表す TimeZone の具象サブクラスです。
 class Stack
          Stack クラスは、オブジェクトの後入れ先出し (LIFO) スタックを表します。
 class StringTokenizer
          StringTokenizer クラスを使用すると、アプリケーションで文字列をトークンに分割できます。
 class Timer
          バックグラウンドスレッドで将来実行されるタスクをスケジュールする、スレッドのための機能です。
 class TimerTask
          Timer によって 1 回または繰り返し実行するようスケジュールされるタスクです。
 class TimeZone
          TimeZone は、タイムゾーンオフセットを表します。
 class TooManyListenersException
           TooManyListenersException は、Java イベントモデルの一部として、通常はマルチキャストのイベントソースをユニキャストの特殊なケースであると注釈を付けて実装するために使用します。
 class TreeMap
          SortedMap インタフェースの実装に基づく Red-Black ツリーです。
 class TreeSet
          このクラスは、TreeMap のインスタンスに基づく Set インタフェースを実装します。
 class Vector
          Vector クラスは、オブジェクトの可変長配列を実装します。
 class WeakHashMap
          ハッシュテーブルに基づいた「弱キー」による Map 実装です。
 

Object として宣言されている java.util のフィールド
protected  Object EventObject.source
          Event が最初に発生したオブジェクトです。
protected  Object[] Vector.elementData
          Vector の要素が格納される配列バッファです。
 

Object を返す java.util のメソッド
 Object EventObject.getSource()
          Event が最初に発生したオブジェクトです。
abstract  Object Dictionary.get(Object key)
          ディクショナリにおいてキーにマップされている値を返します。
abstract  Object Dictionary.put(Object key, Object value)
          ディクショナリで、指定された key を指定された value にマップします。
abstract  Object Dictionary.remove(Object key)
          key (およびそれに対応する value) をディクショナリから削除します。
 Object Hashtable.get(Object key)
          指定されたキーにマップされている、ハッシュテーブルの値を返します。
 Object Hashtable.put(Object key, Object value)
          ハッシュテーブルにおいて、指定された key を、指定された value にマップします。
 Object Hashtable.remove(Object key)
          キー (およびそれに対応する値) をハッシュテーブルから削除します。
 Object Hashtable.clone()
          ハッシュテーブルのコピーを作成します。
 Object Properties.setProperty(String key, String value)
          ハッシュテーブルの put メソッドを呼び出します。
 Object Date.clone()
          このオブジェクトのコピーを返します。
 Object BitSet.clone()
          BitSet を複製することで、同等な新しい BitSet を作成します。
 Object[] AbstractCollection.toArray()
          このコレクションの要素がすべて格納されている配列を返します。
 Object[] AbstractCollection.toArray(Object[] a)
          実行時の型が指定された配列の実行時の型と同じで、このコレクションのすべての要素が格納されている配列を返します。
 Object TreeSet.first()
          ソートセット内に現在ある最初 (下端) の要素を返します。
 Object TreeSet.last()
          ソートセット内に現在ある最後 (上端) の要素を返します。
 Object TreeSet.clone()
          TreeSet のインスタンスのシャローコピーを返します。
 Object Enumeration.nextElement()
          列挙に 1 つ以上の要素が残っている場合は、次の要素を返します。
 Object AbstractMap.get(Object key)
          このマップによる指定されたキーのマッピング先となる値を返します。
 Object AbstractMap.put(Object key, Object value)
          指定された値と指定されたキーをこのマップに関連付けます (任意のオペレーション)。
 Object AbstractMap.remove(Object key)
          このキーにマッピングがある場合に、そのマッピングをマップから削除します (任意のオペレーション)。
abstract  Object AbstractList.get(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を返します。
 Object AbstractList.set(int index, Object element)
          リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます (任意のオペレーション)。
 Object AbstractList.remove(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を削除します (任意のオペレーション)。
 Object Vector.elementAt(int index)
          指定されたインデックスの要素を返します。
 Object Vector.firstElement()
          Vector の最初の要素 (インデックス 0 の項目) を返します。
 Object Vector.lastElement()
          Vector の最後の要素を返します。
 Object Vector.clone()
          Vector をコピーします。
 Object[] Vector.toArray()
          Vector 内のすべての要素を正しい順序で保持する配列を返します。
 Object[] Vector.toArray(Object[] a)
          Vector 内のすべての要素を正しい順序で保持する配列を返します。
 Object Vector.get(int index)
          Vector 内の指定された位置にある要素を返します。
 Object Vector.set(int index, Object element)
          Vector 内の指定された位置にある要素を、指定の要素で置き換えます。
 Object Vector.remove(int index)
          Vector 内の指定の位置にある要素を削除します。
 Object[] Collection.toArray()
          コレクションのすべての要素が格納されている配列を返します。
 Object[] Collection.toArray(Object[] a)
          コレクションのすべての要素が格納されている配列を返します。
 Object ResourceBundle.getObject(String key)
          ResourceBundle からオブジェクトを取得します。
protected abstract  Object ResourceBundle.handleGetObject(String key)
          ResourceBundle からオブジェクトを取得します。
 Object PropertyResourceBundle.handleGetObject(String key)
          ResourceBundle をオーバーライドします。
static Object Collections.min(Collection coll)
          要素の「自然順序付け」に従って、指定されたコレクションの最小の要素を返します。
static Object Collections.min(Collection coll, Comparator comp)
          指定されたコンパレータが示す順序に従って、指定されたコレクションの最小の要素を返します。
static Object Collections.max(Collection coll)
          要素の「自然順序付け」に従って、指定されたコレクションの最大の要素を返します。
static Object Collections.max(Collection coll, Comparator comp)
          指定されたコンパレータが示す順序に従って、指定されたコレクションの最大の要素を返します。
 Object TimeZone.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object SimpleTimeZone.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object WeakHashMap.get(Object key)
          マップが指定の key をマッピングする値を返します。
 Object WeakHashMap.put(Object key, Object value)
          マップを更新して、指定の key が指定の value にマッピングされるようにします。
 Object WeakHashMap.remove(Object key)
          指定の key のマッピングがあればマップから削除します。
 Object AbstractSequentialList.get(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を返します。
 Object AbstractSequentialList.set(int index, Object element)
          リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
 Object AbstractSequentialList.remove(int index)
          リスト内の指定された位置から要素を削除します。
 Object ListIterator.next()
          リスト内の次の要素を返します。
 Object ListIterator.previous()
          リスト内の直前の要素を返します。
 Object Calendar.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object Iterator.next()
          繰り返し処理で次の要素を返します。
 Object HashSet.clone()
          HashSet のインスタンスのシャローコピーを返します。
 Object[] Set.toArray()
          セット内のすべての要素が格納されている配列を返します。
 Object[] Set.toArray(Object[] a)
          セット内のすべての要素が格納されている配列を返します。
 Object SortedSet.first()
          ソートセット内に現在ある最初 (下端) の要素を返します。
 Object SortedSet.last()
          ソートセット内に現在ある最後 (上端) の要素を返します。
 Object LinkedList.getFirst()
          リスト内の最初の要素を返します。
 Object LinkedList.getLast()
          リスト内の最後の要素を返します。
 Object LinkedList.removeFirst()
          リストから最初の要素を削除して返します。
 Object LinkedList.removeLast()
          リストから最後の要素を削除して返します。
 Object LinkedList.get(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を返します。
 Object LinkedList.set(int index, Object element)
          リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
 Object LinkedList.remove(int index)
          リストの指定された位置にある要素を削除します。
 Object LinkedList.clone()
          LinkedList のシャローコピーを返します。
 Object[] LinkedList.toArray()
          リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 Object[] LinkedList.toArray(Object[] a)
          リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 Object TreeMap.get(Object key)
          マップが指定のキーをマップする値を返します。
 Object TreeMap.firstKey()
          ソートマップ内に現在ある最初 (下端) のキーを返します。
 Object TreeMap.lastKey()
          ソートマップ内に現在ある最後 (上端) のキーを返します。
 Object TreeMap.put(Object key, Object value)
          指定の値と指定されたキーをこのマップに関連付けます。
 Object TreeMap.remove(Object key)
          キーのマッピングがあれば TreeMap から削除します。
 Object TreeMap.clone()
          TreeMap のインスタンスのシャローコピーを返します。
 Object StringTokenizer.nextElement()
          nextToken メソッドと同じ値を返します。
 Object[] List.toArray()
          リスト内のすべて要素を適切な順序で格納している配列を返します。
 Object[] List.toArray(Object[] a)
          リスト内のすべて要素を適切な順序で格納している配列を返します。
 Object List.get(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を返します。
 Object List.set(int index, Object element)
          リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます (任意のオペレーション)。
 Object List.remove(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を削除します (任意のオペレーション)。
 Object Locale.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object ListResourceBundle.handleGetObject(String key)
          ResourceBundle をオーバーライドします。
protected abstract  Object[][] ListResourceBundle.getContents()
          クラスの説明を参照してください。
 Object Stack.push(Object item)
          スタックの先頭にオブジェクトを入れます。
 Object Stack.pop()
          スタックの先頭のオブジェクトを削除し、そのオブジェクトを関数の値として返します
 Object Stack.peek()
          スタックの先頭にあるオブジェクトを取り出します。
 Object ArrayList.clone()
          ArrayList のインスタンスのコピーを返します。
 Object[] ArrayList.toArray()
          リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 Object[] ArrayList.toArray(Object[] a)
          リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 Object ArrayList.get(int index)
          リスト内の指定された位置にある要素を返します。
 Object ArrayList.set(int index, Object element)
          リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
 Object ArrayList.remove(int index)
          リスト内の指定された位置から要素を削除します。
 Object HashMap.get(Object key)
          マップが指定のキーをマップする値を返します。
 Object HashMap.put(Object key, Object value)
          指定の値をマップ内の指定のキーと関連付けます。
 Object HashMap.remove(Object key)
          キーに対するマッピングがあれば、そのキーをマップから削除します。
 Object HashMap.clone()
          HashMap のインスタンスのシャローコピーを返します。
 Object Map.get(Object key)
          マップが指定のキーをマップする値を返します。
 Object Map.put(Object key, Object value)
          指定された値と指定されたキーをこのマップに関連付けます (任意のオペレーション)。
 Object Map.remove(Object key)
          このキーにマッピングがある場合に、そのマッピングをマップから削除します (任意のオペレーション)。
 Object Map.Entry.getKey()
          エントリに対応するキーを返します。
 Object Map.Entry.getValue()
          エントリに対応する値を返します。
 Object Map.Entry.setValue(Object value)
          エントリに対応する値を、指定された値に置き換えます (任意のオペレーション)。
 Object SortedMap.firstKey()
          ソートマップ内に現在ある最初 (下端) のキーを返します。
 Object SortedMap.lastKey()
          ソートマップ内に現在ある最後 (上端) のキーを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.util のメソッド
abstract  Object Dictionary.get(Object key)
          ディクショナリにおいてキーにマップされている値を返します。
abstract  Object Dictionary.put(Object key, Object value)
          ディクショナリで、指定された key を指定された value にマップします。
abstract  Object Dictionary.remove(Object key)
          key (およびそれに対応する value) をディクショナリから削除します。
 boolean Hashtable.contains(Object value)
          指定された値にマップされているキーが、ハッシュテーブルにあるかどうかを判定します。
 boolean Hashtable.containsValue(Object value)
          Hashtable が 1 つまたは複数のキーをこの値にマッピングする場合に true を返します。
 boolean Hashtable.containsKey(Object key)
          指定されたオブジェクトが、ハッシュテーブルのキーかどうかを判定します。
 Object Hashtable.get(Object key)
          指定されたキーにマップされている、ハッシュテーブルの値を返します。
 Object Hashtable.put(Object key, Object value)
          ハッシュテーブルにおいて、指定された key を、指定された value にマップします。
 Object Hashtable.remove(Object key)
          キー (およびそれに対応する値) をハッシュテーブルから削除します。
 boolean Hashtable.equals(Object o)
          Map インタフェースでの定義に従って、指定された Object とこの Map を比較して等しいかどうかを判定します。
 boolean Date.equals(Object obj)
          2 つの日付が等しいかどうかを比較します。
 int Date.compareTo(Object o)
          Date を別の Object と比較します。
 boolean BitSet.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean AbstractCollection.contains(Object o)
          コレクションに指定された要素がある場合に true を返します。
 Object[] AbstractCollection.toArray(Object[] a)
          実行時の型が指定された配列の実行時の型と同じで、このコレクションのすべての要素が格納されている配列を返します。
 boolean AbstractCollection.add(Object o)
          指定された要素がこのコレクションに格納されていることを保証します (任意のオペレーション)。
 boolean AbstractCollection.remove(Object o)
          指定された要素のインスタンスがこのコレクションにあれば、そのインスタンスをコレクションから 1 つ削除します (任意のオペレーション)。
 boolean AbstractSet.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトとセットが等しいかどうかを比較します。
 boolean TreeSet.contains(Object o)
          セットが、指定された要素を保持している場合に true を返します。
 boolean TreeSet.add(Object o)
          指定された要素がセットの要素として存在しない場合に、その要素をセットに追加します。
 boolean TreeSet.remove(Object o)
          指定された要素があればセットから削除します。
 SortedSet TreeSet.subSet(Object fromElement, Object toElement)
          セットの fromElement (これを含む) 〜 toElement (これを含まない) の要素範囲を持つ部分のビューを返します。
 SortedSet TreeSet.headSet(Object toElement)
          セットの toElement より小さい要素を持つ部分のビューを返します。
 SortedSet TreeSet.tailSet(Object fromElement)
          セットの fromElement に等しいかこれより大きい要素を持つ部分のビューを返します。
static void Arrays.sort(Object[] a)
          要素の「自然順序付け」に従って、指定されたオブジェクトの配列を昇順でソートします。
static void Arrays.sort(Object[] a, int fromIndex, int toIndex)
          要素の「自然順序付け」に従って、指定されたオブジェクトの配列の指定された範囲を昇順でソートします。
static void Arrays.sort(Object[] a, Comparator c)
          指定されたコンパレータが示す順序に従って、指定されたオブジェクトの配列をソートします。
static void Arrays.sort(Object[] a, int fromIndex, int toIndex, Comparator c)
          指定されたコンパレータの順番に従って、指定されたオブジェクトの配列の指定範囲を昇順でソートします。
static int Arrays.binarySearch(Object[] a, Object key)
          バイナリサーチアルゴリズムを使って、指定された配列から指定のオブジェクトを検索します。
static int Arrays.binarySearch(Object[] a, Object key, Comparator c)
          バイナリサーチアルゴリズムを使って、指定された配列から指定のオブジェクトを検索します。
static boolean Arrays.equals(Object[] a, Object[] a2)
          指定された 2 つの Object の配列が互いに同等である場合に true を返します。
static void Arrays.fill(Object[] a, Object val)
          指定された Object の配列の各要素に、指定された Object 参照を代入します。
static void Arrays.fill(Object[] a, int fromIndex, int toIndex, Object val)
          指定されたオブジェクトの配列で、指定された範囲にある各要素に、指定されたオブジェクト参照を割り当てます。
static List Arrays.asList(Object[] a)
          指定された配列を基にする固定サイズのリストを返します。
 boolean AbstractMap.containsValue(Object value)
          このマップがこの値に 1 つ以上のキーをマッピングする場合に、true を返します。
 boolean AbstractMap.containsKey(Object key)
          マップが指定されたキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
 Object AbstractMap.get(Object key)
          このマップによる指定されたキーのマッピング先となる値を返します。
 Object AbstractMap.put(Object key, Object value)
          指定された値と指定されたキーをこのマップに関連付けます (任意のオペレーション)。
 Object AbstractMap.remove(Object key)
          このキーにマッピングがある場合に、そのマッピングをマップから削除します (任意のオペレーション)。
 boolean AbstractMap.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトとこのマップが等しいかどうかを比較します。
 boolean AbstractList.add(Object o)
          指定された要素をリストの末尾に追加します (任意のオペレーション)。
 Object AbstractList.set(int index, Object element)
          リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます (任意のオペレーション)。
 void AbstractList.add(int index, Object element)
          リスト内の指定された位置に、指定された要素を挿入します (任意のオペレーション)。
 int AbstractList.indexOf(Object o)
          指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
 int AbstractList.lastIndexOf(Object o)
          指定された要素がリスト内で最後に検出された位置のインデックスを返します。
 boolean AbstractList.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトとリストが等しいかどうかを比較します。
 void Vector.copyInto(Object[] anArray)
          Vector の要素を、指定された配列にコピーします。
 boolean Vector.contains(Object elem)
          指定されたオブジェクトが Vector の要素であるかどうかを判定します。
 int Vector.indexOf(Object elem)
          equals メソッドを使って等しいかどうかを判定しながら、指定された引数と同じ内容の要素を先頭から検索します。
 int Vector.indexOf(Object elem, int index)
          equals メソッドを使って等しいかどうかを判定しながら、指定された引数と同じ内容の要素を指定された index から検索します。
 int Vector.lastIndexOf(Object elem)
          Vector を末尾から検索して、指定されたオブジェクトと同じ内容の要素のインデックスを返します。
 int Vector.lastIndexOf(Object elem, int index)
          指定されたインデックスから後向きに指定のオブジェクトを検索し、検出されたインデックスを返します。
 void Vector.setElementAt(Object obj, int index)
          Vector の指定された index の要素に、指定されたオブジェクトを設定します。
 void Vector.insertElementAt(Object obj, int index)
          Vector の指定されたインデックスに、指定されたオブジェクトを要素として挿入します。
 void Vector.addElement(Object obj)
          指定の要素を Vector の最後に追加し、サイズを 1 増やします。
 boolean Vector.removeElement(Object obj)
          最初に検出された (最小インデックスの) 引数の要素を Vector から削除します。
 Object[] Vector.toArray(Object[] a)
          Vector 内のすべての要素を正しい順序で保持する配列を返します。
 Object Vector.set(int index, Object element)
          Vector 内の指定された位置にある要素を、指定の要素で置き換えます。
 boolean Vector.add(Object o)
          Vector の末尾に指定の要素を追加します。
 boolean Vector.remove(Object o)
          Vector 内で最初に検出された指定の要素を削除します。
 void Vector.add(int index, Object element)
          Vector 内の指定された位置に指定の要素を挿入します。
 boolean Vector.equals(Object o)
          指定された Object が Vector と等しいかどうかを比較します。
 boolean PropertyPermission.equals(Object obj)
          2 つの PropertyPermission オブジェクトが同じであるかどうかを判定します。
 boolean Collection.contains(Object o)
          コレクションに指定された要素がある場合に true を返します。
 Object[] Collection.toArray(Object[] a)
          コレクションのすべての要素が格納されている配列を返します。
 boolean Collection.add(Object o)
          コレクションが指定された要素を格納するようにします (任意のオペレーション)。
 boolean Collection.remove(Object o)
          指定された要素の 1 つのインスタンスがこのコレクション内にある場合に、それをこのコレクションから削除します (任意のオペレーション)。
 boolean Collection.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトとこのコレクションが等しいかどうかを比較します。
static int Collections.binarySearch(List list, Object key)
          バイナリサーチアルゴリズムを使って、指定されたリストから指定されたオブジェクトを検索します。
static int Collections.binarySearch(List list, Object key, Comparator c)
          バイナリサーチアルゴリズムを使って、指定されたリストから指定されたオブジェクトを検索します。
static void Collections.fill(List list, Object o)
          指定されたリストのすべての要素を指定された要素で置き換えます。
static Set Collections.singleton(Object o)
          指定されたオブジェクトだけを格納している不変のセットを返します。
static List Collections.singletonList(Object o)
          指定されたオブジェクトだけを格納している不変のリストを返します。
static Map Collections.singletonMap(Object key, Object value)
          指定された値に指定されたオブジェクトだけをマッピングする不変のマップを返します。
static List Collections.nCopies(int n, Object o)
          指定されたオブジェクトの n 個のコピーで構成される不変のリストを返します。
 boolean SimpleTimeZone.equals(Object obj)
          2 つの SimpleTimeZone オブジェクトが同じであるかをどうかを比較します。
 boolean WeakHashMap.containsKey(Object key)
          マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
 Object WeakHashMap.get(Object key)
          マップが指定の key をマッピングする値を返します。
 Object WeakHashMap.put(Object key, Object value)
          マップを更新して、指定の key が指定の value にマッピングされるようにします。
 Object WeakHashMap.remove(Object key)
          指定の key のマッピングがあればマップから削除します。
 Object AbstractSequentialList.set(int index, Object element)
          リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
 void AbstractSequentialList.add(int index, Object element)
          リストの指定された位置に、指定された要素を挿入します。
 void ListIterator.set(Object o)
          next または previous によって返された最後の要素を、指定された要素に置換します (任意のオペレーション)。
 void ListIterator.add(Object o)
          指定された要素をリストに挿入します (任意のオペレーション)。
 int Comparator.compare(Object o1, Object o2)
          順序付けのために 2 つの引数を比較します。
 boolean Comparator.equals(Object obj)
          ほかのオブジェクトがこのコンパレータと「等しい」かどうかを示します。
 boolean Calendar.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとカレンダを比較します。
 boolean Calendar.before(Object when)
          時間フィールドレコードを比較します。
 boolean Calendar.after(Object when)
          時間フィールドレコードを比較します。
 boolean GregorianCalendar.equals(Object obj)
          この GregorianCalendar とオブジェクト参照を比較します。
 boolean HashSet.contains(Object o)
          セットが、指定された要素を保持している場合に true を返します。
 boolean HashSet.add(Object o)
          指定された要素がセットに存在していない場合に、その要素をセットに追加します。
 boolean HashSet.remove(Object o)
          指定された要素があればセットから削除します。
 boolean Set.contains(Object o)
          指定された要素がセット内にある場合に true を返します。
 Object[] Set.toArray(Object[] a)
          セット内のすべての要素が格納されている配列を返します。
 boolean Set.add(Object o)
          指定された要素がセット内になかった場合、セットに追加します (任意のオペレーション)。
 boolean Set.remove(Object o)
          指定された要素がセット内にあった場合、セットから削除します (任意のオペレーション)。
 boolean Set.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトがセットと同じかどうかを比較します。
 SortedSet SortedSet.subSet(Object fromElement, Object toElement)
          ソートセットの fromElement (含む) から toElement (含まない) までの要素範囲を持つ部分のビューを返します (fromElementtoElement が等しい場合、空のソートセットが返される)。
 SortedSet SortedSet.headSet(Object toElement)
          ソートセットの toElement より小さい要素を持つ部分のビューを返します。
 SortedSet SortedSet.tailSet(Object fromElement)
          ソートセットの fromElement 以上の要素を持つ部分のビューを返します。
 void LinkedList.addFirst(Object o)
          リストの先頭に、指定された要素を挿入します。
 void LinkedList.addLast(Object o)
          リストの最後に、指定された要素を追加します。
 boolean LinkedList.contains(Object o)
          指定された要素がリスト含まれている場合に true を返します。
 boolean LinkedList.add(Object o)
          リストの最後に、指定された要素を追加します。
 boolean LinkedList.remove(Object o)
          リスト内で最初に検出された、指定要素を削除します。
 Object LinkedList.set(int index, Object element)
          リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
 void LinkedList.add(int index, Object element)
          リストの指定された位置に、指定された要素を挿入します。
 int LinkedList.indexOf(Object o)
          リスト内で指定された要素が最初に検出された位置のインデックスを返します。
 int LinkedList.lastIndexOf(Object o)
          リスト内で指定された要素が最後に検出された位置のインデックスを返します。
 Object[] LinkedList.toArray(Object[] a)
          リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 boolean TreeMap.containsKey(Object key)
          マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
 boolean TreeMap.containsValue(Object value)
          マップが 1 つ以上のキーを指定の値にマップする場合に true を返します。
 Object TreeMap.get(Object key)
          マップが指定のキーをマップする値を返します。
 Object TreeMap.put(Object key, Object value)
          指定の値と指定されたキーをこのマップに関連付けます。
 Object TreeMap.remove(Object key)
          キーのマッピングがあれば TreeMap から削除します。
 SortedMap TreeMap.subMap(Object fromKey, Object toKey)
          マップの fromKey (これを含む) 〜 toKey (これを含まない) のキー範囲を持つ部分のビューを返します。
 SortedMap TreeMap.headMap(Object toKey)
          マップの toKey より小さいキーを持つ部分のビューを返します。
 SortedMap TreeMap.tailMap(Object fromKey)
          マップの fromKey 以上のキーを持つ部分のビューを返します。
 void Observable.notifyObservers(Object arg)
          オブジェクトが、hasChanged メソッドに示されるように変更されていた場合、そのすべてのオブザーバにそのことを通知し、次に clearChanged メソッドを呼び出して、このオブジェクトがもはや変更された状態でないことを示します。
 boolean List.contains(Object o)
          リストに指定された要素が含まれている場合に true を返します。
 Object[] List.toArray(Object[] a)
          リスト内のすべて要素を適切な順序で格納している配列を返します。
 boolean List.add(Object o)
          指定された要素をリストの最後に追加します (任意のオペレーション)。
 boolean List.remove(Object o)
          リスト内で指定された要素が最初に検出されたとき、その要素を削除します (任意のオペレーション)。
 boolean List.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトがリストと等しいかどうかを比較します。
 Object List.set(int index, Object element)
          リスト内の指定された位置にある要素を、指定された要素に置き換えます (任意のオペレーション)。
 void List.add(int index, Object element)
          リスト内の指定された位置に、指定された要素を挿入します (任意のオペレーション)。
 int List.indexOf(Object o)
          指定された要素がリスト内で最初に検出された位置のインデックスを返します。
 int List.lastIndexOf(Object o)
          指定された要素がリスト内で最後に検出された位置のインデックスを返します。
 boolean Locale.equals(Object obj)
          この Locale がもう 1 つのオブジェクトと等しい場合に true を返します。
 void Observer.update(Observable o, Object arg)
          監視可能なオブジェクトに変更があると、このメソッドが呼び出されます。
 Object Stack.push(Object item)
          スタックの先頭にオブジェクトを入れます。
 int Stack.search(Object o)
          このスタックにあるオブジェクトの位置を 1 から始まるインデックスで返します。
 boolean ArrayList.contains(Object elem)
          リストに指定の要素がある場合に true を返します。
 int ArrayList.indexOf(Object elem)
          equals メソッドを使って等しいかどうかを判定しながら、指定された引数と同じ内容の要素を先頭から検索します。
 int ArrayList.lastIndexOf(Object elem)
          指定されたオブジェクトがリスト内で最後に現れるインデックスを返します。
 Object[] ArrayList.toArray(Object[] a)
          リスト内のすべての要素が正しい順序で格納されている配列を返します。
 Object ArrayList.set(int index, Object element)
          リストの指定された位置にある要素を、指定された要素で置き換えます。
 boolean ArrayList.add(Object o)
          リストの最後に、指定された要素を追加します。
 void ArrayList.add(int index, Object element)
          リストの指定された位置に、指定された要素を挿入します。
 boolean HashMap.containsValue(Object value)
          マップが 1 つまたは複数のキーと指定された値をマッピングしている場合に true を返します。
 boolean HashMap.containsKey(Object key)
          マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
 Object HashMap.get(Object key)
          マップが指定のキーをマップする値を返します。
 Object HashMap.put(Object key, Object value)
          指定の値をマップ内の指定のキーと関連付けます。
 Object HashMap.remove(Object key)
          キーに対するマッピングがあれば、そのキーをマップから削除します。
 boolean Map.containsKey(Object key)
          マップが指定のキーのマッピングを保持する場合に true を返します。
 boolean Map.containsValue(Object value)
          マップが、指定された値に 1 つ以上のキーをマッピングしている場合に true を返します。
 Object Map.get(Object key)
          マップが指定のキーをマップする値を返します。
 Object Map.put(Object key, Object value)
          指定された値と指定されたキーをこのマップに関連付けます (任意のオペレーション)。
 Object Map.remove(Object key)
          このキーにマッピングがある場合に、そのマッピングをマップから削除します (任意のオペレーション)。
 boolean Map.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトがこのマップと等しいかどうかを比較します。
 Object Map.Entry.setValue(Object value)
          エントリに対応する値を、指定された値に置き換えます (任意のオペレーション)。
 boolean Map.Entry.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトがエントリと等しいかどうかを比較します。
 SortedMap SortedMap.subMap(Object fromKey, Object toKey)
          このソートマップの fromKey (含む) 〜 toKey (含まない) のキー範囲を持つ部分のビューを返します (fromKeytoKey が同じ場合は、空のソートマップが返される)。
 SortedMap SortedMap.headMap(Object toKey)
          ソートマップの toKey より小さいキーを持つ部分のビューを返します。
 SortedMap SortedMap.tailMap(Object fromKey)
          ソートマップの fromKey 以上のキーを持つ部分のビューを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.util のコンストラクタ
EventObject(Object source)
          Event のプロトタイプを構築します。
 

java.util.jar での Object の使用
 

java.util.jar での Object のサブクラス
 class Attributes
          Attributes クラスは、マニフェスト属性名に関連した文字列の値にマッピングします。
static class Attributes.Name
          Attributes.Name クラスは、この Map に格納されている属性名を表します。
 class JarEntry
          このクラスは、JAR ファイルのエントリを表すために使います。
 class JarException
          JAR ファイルの読み書きでなんらかのエラーが発生したことを示します。
 class JarFile
          JarFile クラスは、java.io.RandomAccessFile で開くことができる任意のファイルから JAR ファイルの内容を読み取るために使います。
 class JarInputStream
          JarInputStream クラスは、任意の入力ストリームから JAR ファイルの内容を読み取るのに使います。
 class JarOutputStream
          JarOutputStream クラスは、JAR ファイルの内容を任意の出力ストリームに書き出すために使います。
 class Manifest
          Manifest クラスは、Manifest のエントリ名と、それに関連した Attributes を管理するために使います。
 

Object を返す java.util.jar のメソッド
 Object Attributes.get(Object name)
          指定された属性名の値を返します。
 Object Attributes.put(Object name, Object value)
          指定された値と指定された属性名 (キー) をこのマップに関連付けます。
 Object Attributes.remove(Object name)
          指定された名前 (キー) を持つ属性を、この Map から削除します。
 Object Attributes.clone()
          次のように実装された、Attributes のコピーを返します。
 Object Manifest.clone()
          この Manifest のシャローコピーを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.util.jar のメソッド
 Object Attributes.get(Object name)
          指定された属性名の値を返します。
 Object Attributes.put(Object name, Object value)
          指定された値と指定された属性名 (キー) をこのマップに関連付けます。
 Object Attributes.remove(Object name)
          指定された名前 (キー) を持つ属性を、この Map から削除します。
 boolean Attributes.containsValue(Object value)
          この Map が 1 つ以上の属性名 (キー) を指定された値にマップしている場合に、true を返します。
 boolean Attributes.containsKey(Object name)
          指定された属性名 (キー) がこの Map に格納される場合に true を返します。
 boolean Attributes.equals(Object o)
          指定された Attributes オブジェクトとこの Map が等しいかどうかを比較します。
 boolean Attributes.Name.equals(Object o)
          この属性名と別の属性名が等しいかどうかを比較します。
 boolean Manifest.equals(Object o)
          指定された Object が Manifest でもあり、そのメインとなる Attributes およびエントリが等しい場合に true を返します。
 

java.util.zip での Object の使用
 

java.util.zip での Object のサブクラス
 class Adler32
          データストリームの Adler-32 チェックサムを計算するために使用するクラスです。
 class CheckedInputStream
          読み込み中のデータのチェックサムも保持する入力ストリームです。
 class CheckedOutputStream
          書き込まれたデータのチェックサムも保持する出力ストリームです。
 class CRC32
          データストリームの CRC-32 を計算するために使用するクラスです。
 class DataFormatException
          データ形式エラーが発生したことを通知します。
 class Deflater
          このクラスは、一般的な ZLIB 圧縮ライブラリを使用して用途の広い圧縮のためのサポートを提供します。
 class DeflaterOutputStream
          このクラスは、deflate 圧縮形式で圧縮されているデータの出力ストリームフィルタを実装します。
 class GZIPInputStream
          このクラスは、GZIP 形式で圧縮されたデータを読み込むためのストリームフィルタを実装します。
 class GZIPOutputStream
          このクラスは、GZIP ファイル形式で圧縮されたデータを書き込むためのストリームフィルタを実装します。
 class Inflater
          このクラスは、一般的な ZLIB 圧縮ライブラリを使用して用途の広い圧縮解除のためのサポートを提供します。
 class InflaterInputStream
          このクラスは、deflate 圧縮形式で圧縮解除されたデータのストリームフィルタを実装します。
 class ZipEntry
          このクラスは ZIP ファイルエントリを表すために使用されます。
 class ZipException
          ソートの Zip 例外が発生したことを通知します。
 class ZipFile
          このクラスは、ZIP ファイルからエントリを読み込むために使用します。
 class ZipInputStream
          このクラスは、ZIP ファイル形式でファイルを読み込む入力ストリームフィルタを実装します。
 class ZipOutputStream
          このクラスは、ZIP ファイル形式でファイルを書き込む出力ストリームフィルタを実装します。
 

Object を返す java.util.zip のメソッド
 Object ZipEntry.clone()
          このエントリのコピーを返します。
 

javax.accessibility での Object の使用
 

javax.accessibility での Object のサブクラス
 class AccessibleBundle
          データ型の変更不可能な列挙を維持するために使用する基底クラスです。
 class AccessibleContext
          AccessibleContext は、すべてのユーザ補助機能を実装するオブジェクトが返す共通の最小情報を表します。
 class AccessibleHyperlink
          ハイパーテキストドキュメント内のリンクまたはリンクのセット (たとえば、クライアント側イメージマップなど) のカプセル化です。
 class AccessibleRelation
          Class AccessibleRelation は、AccessibleRelation を実装しているオブジェクトと、その他の 1 つ以上のオブジェクトとの間のリレーションを記述します。
 class AccessibleRelationSet
          AccessibleRelationSet クラスはコンポーネントのリレーションセットを判定します。
 class AccessibleResourceBundle
          推奨されていません。 Java 2 プラットフォームのバージョン 1.3 では、このクラスは推奨されません。
 class AccessibleRole
          クラス AccessibleRole は、コンポーネントのユーザ補助機能を指定します。
 class AccessibleState
          クラス AccessibleState は、コンポーネントの個々の状態を記述します。
 class AccessibleStateSet
          クラス AccessibleStateSet は、コンポーネントの状態セットを指定します。
 

Object を返す javax.accessibility のメソッド
 Object[] AccessibleRelation.getTarget()
          このリレーションのターゲットオブジェクトを返します。
abstract  Object AccessibleHyperlink.getAccessibleActionObject(int i)
          そのリンクに適切な、リンクアクションを表すオブジェクトを返します。
abstract  Object AccessibleHyperlink.getAccessibleActionAnchor(int i)
          そのリンクで適切な、リンクアンカーを表すオブジェクトを返します。
 Object[][] AccessibleResourceBundle.getContents()
          推奨されていません。 プログラムキーと地域に対応した表示文字列間のマッピングを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.accessibility のメソッド
 void AccessibleContext.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          バウンドプロパティ変更のレポートをサポートします。
 void AccessibleRelation.setTarget(Object target)
          このリレーションのターゲットオブジェクトを設定します。
 void AccessibleRelation.setTarget(Object[] target)
          このリレーションのターゲットオブジェクトを設定します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.accessibility のコンストラクタ
AccessibleRelation(String key, Object target)
          指定されたロケールに依存しないキーを使って新しい AccessibleRelation を作成します。
AccessibleRelation(String key, Object[] target)
          指定されたロケールに依存しないキーを使って新しい AccessibleRelation を作成します。
 

javax.naming での Object の使用
 

javax.naming での Object のサブクラス
 class AuthenticationException
          この例外は、ネーミングサービスまたはディレクトリサービスにアクセスする際に認証エラーが発生した場合にスローされます。
 class AuthenticationNotSupportedException
          この例外は、要求された認証の特定のフレーバがサポートされていない場合にスローされます。
 class BinaryRefAddr
          このクラスは、通信終端のアドレスのバイナリ形式を表します。
 class CannotProceedException
          この例外は、オペレーションをこれ以上進められない名前のポイントにオペレーションが達したことを示すためにスローされます。
 class CommunicationException
          この例外は、クライアントがディレクトリサービスまたはネーミングサービスと通信できない場合にスローされます。
 class CompositeName
          このクラスは、合成名を表します。
 class CompoundName
          このクラスは複合名を表します。
 class ConfigurationException
          この例外は、構成上の問題がある場合にスローされます。
 class ContextNotEmptyException
          この例外は、空ではないコンテキストを破棄しようとした場合にスローされます。
 class InitialContext
          このクラスは、ネーミング操作を実行するための開始コンテキストです。
 class InsufficientResourcesException
          この例外は、要求されたオペレーションを完了するためにリソースが利用できない場合にスローされます。
 class InterruptedNamingException
          この例外は、ネーミング操作の呼び出しが割り込まれた場合にスローされます。
 class InvalidNameException
          この例外は、指定された名前がネーミングシステムのネーミング構文と一致しないことを示します。
 class LimitExceededException
          この例外は、ユーザまたはシステムで指定された制限によってメソッドが異常終了した場合にスローされます。
 class LinkException
          この例外は、リンクの解決中に見つかった問題を説明するために使用されます。
 class LinkLoopException
          この例外は、リンクを解決しようとしてループが検出されたとき、またはリンクカウントの固有の実装で制限に達したときにスローされます。
 class LinkRef
          このクラスは参照を表します。
 class MalformedLinkException
          この例外は、リンクを解決または構築するときに無効なリンクが見つかった場合にスローされます。
 class NameAlreadyBoundException
          この例外は、名前がすでに他のオブジェクトにバインドされているために、バインディングを追加できないことを示すメソッドによってスローされます。
 class NameClassPair
          このクラスは、コンテキストのバインディングのオブジェクト名とクラス名のペアを表します。
 class NameNotFoundException
          この例外は、バインドされていないために、名前のコンポーネントを解決できない場合にスローされます。
 class NamingException
          Context および DirContext インタフェースでの操作によってスローされるすべての例外のスーパークラスです。
 class NamingSecurityException
          Context および DirContext インタフェースでの操作によってスローされるセキュリティに関連する例外のスーパークラスです。
 class NoInitialContextException
          この例外は、初期コンテキスト実装が作成できない場合にスローされます。
 class NoPermissionException
          この例外は、クライアントがアクセス権をもたない操作を実行しようとするとスローされます。
 class NotContextException
          ネーミング操作を継続するためにコンテキストが必要な地点で、解決されたオブジェクトがコンテキストではない場合に、この例外はスローされます。
 class OperationNotSupportedException
          コンテキスト実装が呼び出された操作をサポートしない場合に、この例外はスローされます。
 class PartialResultException
          この例外は、現在返されている結果、またはこれまでに返された結果が部分的であること、および操作が完了できないことを示すためにスローされます。
 class RefAddr
          このクラスは通信端点のアドレスを表します。
 class ReferralException
          この abstract クラスは、LDAP v3 サーバによって返される場合などの参照に応答して生成される参照例外を表すのに使用されます。
 class ServiceUnavailableException
          この例外は、ディレクトリサービスまたはネームサービスとの通信を試みた結果、そのサービスが利用できない場合にスローされます。
 class SizeLimitExceededException
          この例外は、メソッドがサイズ関連の制限を超える結果を生成した場合にスローされます。
 class StringRefAddr
          このクラスは、通信端点のアドレスを文字列形式で表します。
 class TimeLimitExceededException
          この例外は、メソッドが指定された制限時間内に終了しない場合にスローされます。
 

Object として宣言されている javax.naming のフィールド
protected  Object NamingException.resolvedObj
          名前の部分が正常に解決されたオブジェクトを含みます。
protected  Object LinkException.linkResolvedObj
          リンクの部分が正常に解決されたオブジェクトを含みます。
 

Object を返す javax.naming のメソッド
 Object Reference.remove(int posn)
          アドレスのリストからインデックスにあるアドレスを削除します。
 Object Reference.clone()
          アドレスのクラス名リスト、クラスファクトリ名およびクラスファクトリ位置を使用して、この参照のコピーを作成します。
 Object NamingException.getResolvedObj()
          正常に解決されたオブジェクトを検索します。
abstract  Object RefAddr.getContent()
          このアドレスの内容を取り出します。
 Object LinkException.getLinkResolvedObj()
          正常に解決されたオブジェクトを取得します。
 Object Name.clone()
          この名前のコピーを生成します。
 Object Name.remove(int posn)
          この名前からコンポーネントを削除します。
 Object BinaryRefAddr.getContent()
          このアドレスの内容をオブジェクトとして取得します。
 Object Binding.getObject()
          このバインディングの名前にバインドされたオブジェクトを取得します。
 Object CompoundName.clone()
          この複合名のコピーを作成します。
 Object CompoundName.remove(int posn)
          この複合名からコンポーネントを削除します。
 Object InitialContext.lookup(String name)
           
 Object InitialContext.lookup(Name name)
           
 Object InitialContext.lookupLink(String name)
           
 Object InitialContext.lookupLink(Name name)
           
 Object InitialContext.addToEnvironment(String propName, Object propVal)
           
 Object InitialContext.removeFromEnvironment(String propName)
           
 Object NamingEnumeration.next()
          列挙内の次の要素を検索します。
 Object StringRefAddr.getContent()
          このアドレスの内容を取り出します。
 Object CompositeName.clone()
          この合成名のコピーを生成します。
 Object CompositeName.remove(int posn)
          この合成名からコンポーネントを削除します。
abstract  Object ReferralException.getReferralInfo()
          この参照に関連する情報 (URL など) を取り出します。
 Object Context.lookup(Name name)
          名前付きオブジェクトを取得します。
 Object Context.lookup(String name)
          名前付きオブジェクトを取得します。
 Object Context.lookupLink(Name name)
          名前の終端の基本コンポーネントを除くリンクをともなう、名前付きオブジェクトを取得します。
 Object Context.lookupLink(String name)
          名前の終端の基本コンポーネントを除くリンクをともなう、名前付きオブジェクトを取得します。
 Object Context.addToEnvironment(String propName, Object propVal)
          このコンテキストの環境に、新しい環境プロパティを追加します。
 Object Context.removeFromEnvironment(String propName)
          このコンテキストの環境から環境プロパティを削除します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming のメソッド
 boolean Reference.equals(Object obj)
          obj がこの参照と (同じ順序の) 同じアドレスをもつ参照であるかどうかを判別します。
 void NamingException.setResolvedObj(Object obj)
          この例外の [resolvedObj] フィールドを設定します。
 boolean RefAddr.equals(Object obj)
          obj がこの RefAddr と等しいかどうかを判別します。
 void LinkException.setLinkResolvedObj(Object obj)
          この例外の [linkResolvedObj] フィールドを設定します。
 int Name.compareTo(Object obj)
          この名前と別の名前の順序を比較します。
 boolean BinaryRefAddr.equals(Object obj)
          obj がこのアドレスと等しいかが判断されます。
 void Binding.setObject(Object obj)
          このバインディングに関連したオブジェクトを設定します。
 boolean CompoundName.equals(Object obj)
          obj がこの複合名と構文的に等しいかを判定します。
 int CompoundName.compareTo(Object obj)
          CompoundName と、指定された Object の順序を比較します。
 void InitialContext.bind(String name, Object obj)
           
 void InitialContext.bind(Name name, Object obj)
           
 void InitialContext.rebind(String name, Object obj)
           
 void InitialContext.rebind(Name name, Object obj)
           
 Object InitialContext.addToEnvironment(String propName, Object propVal)
           
 boolean CompositeName.equals(Object obj)
          2 つの合成名が等しいかを判定します。
 int CompositeName.compareTo(Object obj)
          CompositeName と、指定された Object の順序を比較します。
 void Context.bind(Name name, Object obj)
          名前をオブジェクトにバインドします。
 void Context.bind(String name, Object obj)
          名前をオブジェクトにバインドします。
 void Context.rebind(Name name, Object obj)
          名前をオブジェクトにバインドし、既存のバインディングを上書きします。
 void Context.rebind(String name, Object obj)
          名前をオブジェクトにバインドして、既存のバインディングを上書きします。
 Object Context.addToEnvironment(String propName, Object propVal)
          このコンテキストの環境に、新しい環境プロパティを追加します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming のコンストラクタ
Binding(String name, Object obj)
          指定した名前およびオブジェクトの Binding のインスタンスを構築します。
Binding(String name, Object obj, boolean isRelative)
          指定した名前、オブジェクト、および名前が相対的かを示す Binding のインスタンスを構築します。
Binding(String name, String className, Object obj)
          指定した名前、クラス名、およびオブジェクトの Binding のインスタンスを構築します。
Binding(String name, String className, Object obj, boolean isRelative)
          指定した名前、クラス名、オブジェクト、および名前が相対的かを示す Binding のインスタンスを構築します。
 

javax.naming.directory での Object の使用
 

javax.naming.directory での Object のサブクラス
 class AttributeInUseException
          この例外は、すでに存在する属性を追加しようとするとスローされます。
 class AttributeModificationException
          この例外は、属性の (スキーマ) 定義や属性の状態と矛盾する、属性、その識別子、またはその値の追加、削除、または変更を実行しようとするとスローされます。
 class BasicAttribute
          このクラスは、Attribute インタフェースの基本的な実装を提供します。
 class BasicAttributes
          このクラスは、Attributes インタフェースの基本的な実装を提供します。
 class InitialDirContext
          このクラスは、ディレクトリ操作を実行するための開始コンテキストです。
 class InvalidAttributeIdentifierException
          この例外は、無効な属性識別子を使って属性を追加または作成しようとした場合にスローされます。
 class InvalidAttributesException
          この例外は、不完全にまたは不正に指定された属性セットを追加または変更しようとした場合にスローされます。
 class InvalidAttributeValueException
          このクラスは、属性のスキーマの定義と矛盾する値を属性に追加しようとした場合にスローされます。
 class InvalidSearchControlsException
          この例外は、検索操作のための SearchControls の指定が無効な場合にスローされます。
 class InvalidSearchFilterException
          この例外は、検索フィルタの指定が無効である場合にスローされます。
 class ModificationItem
          このクラスは変更項目を表します。
 class NoSuchAttributeException
          この例外は、存在しない属性にアクセスしようとした場合にスローされます。
 class SchemaViolationException
          この例外は、メソッドが何らかの形でスキーマに違反した場合にスローされます。
 class SearchControls
          このクラスは、検索の範囲を決定する要因、および検索の結果として返されたものをカプセル化します。
 class SearchResult
          このクラスは、DirContext.search() メソッドの結果として返された NamingEnumeration の項目を表します。
 

Object を返す javax.naming.directory のメソッド
 Object BasicAttribute.clone()
           
 Object BasicAttribute.get()
          この属性の値の 1 つを検出します。
 Object BasicAttribute.get(int ix)
           
 Object BasicAttribute.remove(int ix)
           
 Object BasicAttribute.set(int ix, Object attrVal)
           
 Object Attributes.clone()
          属性セットのコピーを作成します。
 Object Attribute.get()
          この属性値の 1 つを取り出します。
 Object Attribute.clone()
          属性のコピーを作成します。
 Object Attribute.get(int ix)
          属性値の順序付けられたリストから属性値を取り出します。
 Object Attribute.remove(int ix)
          属性値の順序付けられたリストから属性値を削除します。
 Object Attribute.set(int ix, Object attrVal)
          属性値の順序付けられたリストの属性値を設定します。
 Object BasicAttributes.clone()
           
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.directory のメソッド
 void DirContext.bind(Name name, Object obj, Attributes attrs)
          関連付けられた属性とともに、名前をオブジェクトにバインドします。
 void DirContext.bind(String name, Object obj, Attributes attrs)
          関連付けられた属性とともに、名前をオブジェクトにバインドします。
 void DirContext.rebind(Name name, Object obj, Attributes attrs)
          関連付けられた属性とともに名前をオブジェクトにバインドし、既存のバインディングをオーバーライドします。
 void DirContext.rebind(String name, Object obj, Attributes attrs)
          関連付けられた属性とともに名前をオブジェクトにバインドし、既存のバインディングをオーバーライドします。
 NamingEnumeration DirContext.search(Name name, String filterExpr, Object[] filterArgs, SearchControls cons)
          名前付きコンテキストまたは名前付きオブジェクトで、指定された検索フィルタを満たすエントリを検索します。
 NamingEnumeration DirContext.search(String name, String filterExpr, Object[] filterArgs, SearchControls cons)
          名前付きコンテキストまたは名前付きオブジェクトで、指定された検索フィルタを満たすエントリを検索します。
 boolean BasicAttribute.equals(Object obj)
          obj がこの属性と同一かどうかを判別します。
 boolean BasicAttribute.contains(Object attrVal)
          値がこの属性にあるかどうかを判定します。
 boolean BasicAttribute.add(Object attrVal)
          この属性に新しい値を追加します。
 boolean BasicAttribute.remove(Object attrval)
          指定された値をこの属性から削除します。
 void BasicAttribute.add(int ix, Object attrVal)
           
 Object BasicAttribute.set(int ix, Object attrVal)
           
 Attribute Attributes.put(String attrID, Object val)
          属性セットに新しい属性を追加します。
 boolean Attribute.contains(Object attrVal)
          値が属性内にあるかどうかを判別します。
 boolean Attribute.add(Object attrVal)
          属性に新しい値を追加します。
 boolean Attribute.remove(Object attrval)
          指定された値を属性から削除します。
 void Attribute.add(int ix, Object attrVal)
          属性値を属性値の順序付けられたリストに追加します。
 Object Attribute.set(int ix, Object attrVal)
          属性値の順序付けられたリストの属性値を設定します。
 Attribute BasicAttributes.put(String attrID, Object val)
           
 boolean BasicAttributes.equals(Object obj)
          この BasicAttributes が別の Attributes と等しいかどうかを判別します。
 void InitialDirContext.bind(String name, Object obj, Attributes attrs)
           
 void InitialDirContext.bind(Name name, Object obj, Attributes attrs)
           
 void InitialDirContext.rebind(String name, Object obj, Attributes attrs)
           
 void InitialDirContext.rebind(Name name, Object obj, Attributes attrs)
           
 NamingEnumeration InitialDirContext.search(String name, String filterExpr, Object[] filterArgs, SearchControls cons)
           
 NamingEnumeration InitialDirContext.search(Name name, String filterExpr, Object[] filterArgs, SearchControls cons)
           
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.directory のコンストラクタ
BasicAttribute(String id, Object value)
          順序付けされていない属性のインスタンスを単一の値で新しく構築します。
BasicAttribute(String id, Object value, boolean ordered)
          順序付けされる可能性のある属性のインスタンスを単一の値で新しく構築します。
SearchResult(String name, Object obj, Attributes attrs)
          結果の名前、結果がバインドされるオブジェクト、および結果の属性を使用して、検索結果を構築します。
SearchResult(String name, Object obj, Attributes attrs, boolean isRelative)
          結果の名前、結果がバインドされるオブジェクト、結果の属性を使用し、名前が相対的かどうかを判断して、検索結果を構築します。
SearchResult(String name, String className, Object obj, Attributes attrs)
          結果の名前、結果のクラス名、結果がバインドされるオブジェクト、および結果の属性を使用して、検索結果を構築します。
SearchResult(String name, String className, Object obj, Attributes attrs, boolean isRelative)
          結果の名前、結果のクラス名、結果がバインドされるオブジェクト、結果の属性を使用し、名前が相対的かどうかを判断して、検索結果を構築します。
BasicAttributes(String attrID, Object val)
          Attributes のインスタンスを 1 つの属性で新しく構築します。
BasicAttributes(String attrID, Object val, boolean ignoreCase)
          Attributes のインスタンスを 1 つの属性で新しく構築します。
 

javax.naming.event での Object の使用
 

javax.naming.event での Object のサブクラス
 class NamingEvent
          このクラスは、ネームサービス/ディレクトリサービスでトリガーされたイベントを表します。
 class NamingExceptionEvent
          このクラスでは、NamingEvent のリスナーが NamingException をスローしたと通知する場合、情報収集に手順/プロセスを使用するトリガーされたイベントを表示します。
 

Object として宣言されている javax.naming.event のフィールド
protected  Object NamingEvent.changeInfo
          このイベントを生成した変更情報を含みます。
 

Object を返す javax.naming.event のメソッド
 Object NamingEvent.getChangeInfo()
          このイベントの変更情報を取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.event のメソッド
 void EventDirContext.addNamingListener(Name target, String filter, Object[] filterArgs, SearchControls ctls, NamingListener l)
          リスナーを追加し、ターゲットによるオブジェクトの名前付けの際に、検索フィルタ filter およびフィルタ引数で特定したオブジェクトが修正された場合、トリガーされた名前付きイベントを受け取れるようにします。
 void EventDirContext.addNamingListener(String target, String filter, Object[] filterArgs, SearchControls ctls, NamingListener l)
          リスナーを追加し、文字列ターゲット名によるオブジェクトの名前付けの際に、検索フィルタ filter およびフィルタ引数で特定したオブジェクトが修正された場合、トリガーされた名前付きイベントを受け取れるようにします。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.event のコンストラクタ
NamingEvent(EventContext source, int type, Binding newBd, Binding oldBd, Object changeInfo)
          NamingEvent のインスタンスを構築します。
 

javax.naming.ldap での Object の使用
 

javax.naming.ldap での Object のサブクラス
 class ControlFactory
          この抽象クラスは、LDAPv3 コントロールの作成に使用するファクトリを表示します。
 class InitialLdapContext
          このクラスは、LDAPv3 スタイルの拡張操作および拡張コントロールを実行するための開始コンテキストです。
 class LdapReferralException
          LDAP 参照例外を示すには abstract クラスを使用します。
 class UnsolicitedNotificationEvent
          このクラスは、LDAP サーバから送信された非要請通知に応じてトリガーされたイベントを表します
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.ldap のコンストラクタ
UnsolicitedNotificationEvent(Object src, UnsolicitedNotification notice)
          UnsolicitedNotificationEvent の新しいインスタンスを構築します。
 

javax.naming.spi での Object の使用
 

javax.naming.spi での Object のサブクラス
 class DirectoryManager
          このクラスは、DirContext 実装をサポートするメソッドを格納します。
static class DirStateFactory.Result
          DirStateFactory.getStateToBind() の結果を返す、オブジェクトと属性のペアです。
 class NamingManager
          コンテキストオブジェクト、およびネーミングサービスまたはディレクトリサービスの位置情報の参照先オブジェクトを生成するメソッドを格納するクラスです。
 class ResolveResult
          このクラスは名前解決の結果を表します。
 

Object として宣言されている javax.naming.spi のフィールド
protected  Object ResolveResult.resolvedObj
          解決が完了した Object を格納するフィールドです。
 

Object を返す javax.naming.spi のメソッド
 Object ObjectFactory.getObjectInstance(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          指定された位置情報または参照情報を使って、オブジェクトを生成します。
 Object StateFactory.getStateToBind(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          オブジェクトのバインディングの状態を取得します。
 Object ResolveResult.getResolvedObj()
          解決が完了した Object を取得します。
static Object NamingManager.getObjectInstance(Object refInfo, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          指定されたオブジェクトおよび環境にオブジェクトのインスタンスを生成します。
static Object NamingManager.getStateToBind(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          オブジェクトのバインディングの状態を取得します。
static Object DirectoryManager.getObjectInstance(Object refInfo, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment, Attributes attrs)
          指定されたオブジェクト、属性、および環境にオブジェクトのインスタンスを生成します。
 Object DirStateFactory.Result.getObject()
          バインド対象のオブジェクトを取得します。
 Object DirObjectFactory.getObjectInstance(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment, Attributes attrs)
          位置情報または参照情報、および指定された属性を使って、オブジェクトを生成します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.spi のメソッド
 Object ObjectFactory.getObjectInstance(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          指定された位置情報または参照情報を使って、オブジェクトを生成します。
 Object StateFactory.getStateToBind(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          オブジェクトのバインディングの状態を取得します。
 void ResolveResult.setResolvedObj(Object obj)
          この結果の解決された Object フィールドを obj に設定します。
static Object NamingManager.getObjectInstance(Object refInfo, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          指定されたオブジェクトおよび環境にオブジェクトのインスタンスを生成します。
static Object NamingManager.getStateToBind(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment)
          オブジェクトのバインディングの状態を取得します。
static Object DirectoryManager.getObjectInstance(Object refInfo, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment, Attributes attrs)
          指定されたオブジェクト、属性、および環境にオブジェクトのインスタンスを生成します。
static DirStateFactory.Result DirectoryManager.getStateToBind(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment, Attributes attrs)
          元のオブジェクトおよびその属性が指定されたときに、オブジェクトのバインディングの状態を取得します。
 DirStateFactory.Result DirStateFactory.getStateToBind(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment, Attributes inAttrs)
          変換対象のオブジェクトおよび属性を、バインディングするためにオブジェクトの状態を取得します。
 ObjectFactory ObjectFactoryBuilder.createObjectFactory(Object obj, Hashtable environment)
          指定された環境を使って、新しいオブジェクトファクトリを生成します。
 Object DirObjectFactory.getObjectInstance(Object obj, Name name, Context nameCtx, Hashtable environment, Attributes attrs)
          位置情報または参照情報、および指定された属性を使って、オブジェクトを生成します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.naming.spi のコンストラクタ
ResolveResult(Object robj, String rcomp)
          解決されたオブジェクトと残りの未解決のコンポーネントによって構成される、ResolveResult の新しいインスタンスを構築します。
ResolveResult(Object robj, Name rname)
          解決された Object と残りの名前によって構成される、ResolveResult の新しいインスタンスを構築します。
DirStateFactory.Result(Object obj, Attributes outAttrs)
          結果のインスタンスを構築します。
 

javax.rmi での Object の使用
 

javax.rmi での Object のサブクラス
 class PortableRemoteObject
          サーバ実装オブジェクトは、javax.rmi.PortableRemoteObject を継承するか、あるいはリモートインタフェースを実装して exportObject メソッドを使ってこのオブジェクト自体をサーバオブジェクトとして登録します。
 

Object を返す javax.rmi のメソッド
static Object PortableRemoteObject.narrow(Object narrowFrom, Class narrowTo)
          リモートインタフェースまたは抽象インタフェースのオブジェクトを目的のタイプにキャストできることを確認します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.rmi のメソッド
static Object PortableRemoteObject.narrow(Object narrowFrom, Class narrowTo)
          リモートインタフェースまたは抽象インタフェースのオブジェクトを目的のタイプにキャストできることを確認します。
 

javax.rmi.CORBA での Object の使用
 

javax.rmi.CORBA での Object のサブクラス
 class ClassDesc
          このクラスは、IIOP での java.lang.Class オブジェクトを整列化するために使用します。
 class Stub
          すべての RMI-IIOP スタブが継承する必要のある基底クラスです。
 class Util
          共通の操作を実行するためにスタブおよび Tie が使用できるユーティリティメソッドを提供します。
 

Object を返す javax.rmi.CORBA のメソッド
static Object Util.readAny(InputStream in)
          java.lang.Object を CORBA の Any 型として読み込みます。
static Object[] Util.copyObjects(Object[] obj, ORB orb)
          オブジェクトの配列をコピーまたは接続します。
static Object Util.copyObject(Object obj, ORB orb)
          オブジェクトをコピーまたは接続します。
 Object PortableRemoteObjectDelegate.narrow(Object narrowFrom, Class narrowTo)
          PortableRemoteObject.narrow(java.lang.Object, java.lang.Class) に対する委譲呼び出しです。
 Object UtilDelegate.readAny(InputStream in)
          Util.readAny(org.omg.CORBA.portable.InputStream) に対する委譲呼び出しです。
 Object UtilDelegate.copyObject(Object obj, ORB orb)
          Util.copyObject(java.lang.Object, org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
 Object[] UtilDelegate.copyObjects(Object[] obj, ORB orb)
          Util.copyObjects(java.lang.Object[], org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.rmi.CORBA のメソッド
static void Util.writeAny(OutputStream out, Object obj)
          java.lang.Object を CORBA の Any 型として書き込みます。
static void Util.writeRemoteObject(OutputStream out, Object obj)
          java.lang.Object を CORBA Object として書き込みます。
static void Util.writeAbstractObject(OutputStream out, Object obj)
          java.lang.Object を値または CORBA Object として書き込みます。
static Object[] Util.copyObjects(Object[] obj, ORB orb)
          オブジェクトの配列をコピーまたは接続します。
static Object Util.copyObject(Object obj, ORB orb)
          オブジェクトをコピーまたは接続します。
 boolean Stub.equals(Object obj)
          2 つのスタブが同等かどうか比較します。
 Object PortableRemoteObjectDelegate.narrow(Object narrowFrom, Class narrowTo)
          PortableRemoteObject.narrow(java.lang.Object, java.lang.Class) に対する委譲呼び出しです。
 boolean StubDelegate.equals(Stub self, Object obj)
          Stub.equals(java.lang.Object) に対する委譲呼び出しです。
 void UtilDelegate.writeAny(OutputStream out, Object obj)
          Util.writeAny(org.omg.CORBA.portable.OutputStream, java.lang.Object) に対する委譲呼び出しです。
 void UtilDelegate.writeRemoteObject(OutputStream out, Object obj)
          Util.writeRemoteObject(org.omg.CORBA.portable.OutputStream, java.lang.Object) に対する委譲呼び出しです。
 void UtilDelegate.writeAbstractObject(OutputStream out, Object obj)
          Util.writeAbstractObject(org.omg.CORBA.portable.OutputStream, java.lang.Object) に対する委譲呼び出しです。
 Object UtilDelegate.copyObject(Object obj, ORB orb)
          Util.copyObject(java.lang.Object, org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
 Object[] UtilDelegate.copyObjects(Object[] obj, ORB orb)
          Util.copyObjects(java.lang.Object[], org.omg.CORBA.ORB) に対する委譲呼び出しです。
 

javax.sound.midi での Object の使用
 

javax.sound.midi での Object のサブクラス
 class Instrument
          インストゥルメントは一定のパラメータ設定値を持ったサウンド合成アルゴリズムで、通常、実際の楽器をエミュレートしたり、特種なサウンド効果を実現するために設計されています。
 class InvalidMidiDataException
          InvalidMidiDataException は、不適切な MIDI データが検出されたことを示しています。
 class MetaMessage
          MetaMessage は、シンセサイザにとっては意味のない MidiMessage ですが、MIDI ファイルに格納されたシーケンサプログラムによって解釈されます (MidiMessage クラスの説明を参照)。
static class MidiDevice.Info
          MidiDevice.Info オブジェクトは、デバイスの名前、製作会社名、説明テキストなど、MidiDevice に関連するデータを含んでいます。
 class MidiEvent
          MIDI イベントは MIDI メッセージおよびティックで表示される対応する時刻表示を含み、MIDI ファイルまたは Sequence オブジェクトに格納された MIDI イベント情報を表示できます。
 class MidiFileFormat
          MidiFileFormat オブジェクトは、MIDI ファイルのタイプを長さおよびタイミング情報とともにカプセル化します。
 class MidiMessage
          MetaMessage は MIDI メッセージの基底クラスです。
 class MidiSystem
          MidiSystem クラスは、シンセサイザ、シーケンサ、MIDI 入出力ポートなどのデバイスを含むインストール済 MIDI システムリソースへのアクセスを提供します。
 class MidiUnavailableException
          MidiUnavailableException は、要求された MIDI コンポーネントが選択不可であるため開いたり作成したりできない場合に、スローされます。
 class Patch
          Patch オブジェクトは、単一のインストゥルメントが格納される (ロードされる) MIDI シンセサイザ上の位置を表します。
 class Sequence
          Sequence は、Sequencer オブジェクトで再生できる音楽情報 (多くは曲全体または編) を含むデータ構造です。
static class Sequencer.SyncMode
          SyncMode オブジェクトは、MIDI シーケンサで扱われている時間をマスターまたはスレーブデバイスと同期化する方法の 1 つを表現しています。
 class ShortMessage
          ShortMessage には、ステータスバイトのあとに続く 2 バイトまでのデータバイトを持つ MIDI メッセージが格納されます。
 class SoundbankResource
          SoundbankResource とは、Soundbank に格納されているオーディオリソースのことです。
 class SysexMessage
          SysexMessage オブジェクトは、MIDI システムエクスクルーシブメッセージを表します。
 class Track
          MIDI トラックは、標準の MIDI ファイルに他のトラックとともに保存できる、MIDI イベント (タイムスタンプのある MIDI データ) の独立したストリームです。
 class VoiceStatus
          VoiceStatus オブジェクトには、Synthesizer で生成されたボイスのうちの 1 つについての、現在の状態に関する情報が含まれます。
 

Object を返す javax.sound.midi のメソッド
abstract  Object MidiMessage.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 Object SysexMessage.clone()
          このオブジェクトとクラスおよび内容が同じ新しいオブジェクトを作成します。
 Object MetaMessage.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
abstract  Object SoundbankResource.getData()
          この SoundbankResource に格納されているオーディオサンプルを取得します。
 Object ShortMessage.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.sound.midi のメソッド
 boolean MidiDevice.Info.equals(Object obj)
          2 つのオブジェクトが等しいかどうかを報告します。
 boolean Sequencer.SyncMode.equals(Object obj)
          2 つのオブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 

javax.sound.midi.spi での Object の使用
 

javax.sound.midi.spi での Object のサブクラス
 class MidiDeviceProvider
          MidiDeviceProvider は、特定の種類の MIDI デバイスに使用されるファクトリまたはプロバイダです。
 class MidiFileReader
          MidiFileReader は、MIDI ファイル読み込みサービスを提供します。
 class MidiFileWriter
          MidiFileWriter は、MIDI ファイル書き込みサービスを提供します。
 class SoundbankReader
          SoundbankReader は、サウンドバンクファイル読み込みサービスを提供します。
 

javax.sound.sampled での Object の使用
 

javax.sound.sampled での Object のサブクラス
 class AudioFileFormat
          AudioFileFormat クラスのインスタンスは、オーディオファイルについて、ファイルのタイプ、バイト数で表されるファイルの長さ、ファイルに含まれるオーディオデータのサンプルフレーム数で表される長さ、オーディオデータの形式などを記述します。
static class AudioFileFormat.Type
          Type クラスのインスタンスは、オーディオファイルの標準のタイプを表します。
 class AudioFormat
          AudioFormat は、サウンドストリーム内でデータの特定の配列を指定するクラスです。
static class AudioFormat.Encoding
          Encoding クラスは、オーディオストリームに使用されるデータ表現の特定の種類を指定します。
 class AudioInputStream
          オーディオ入力ストリームは、オーディオの形式および長さが指定されている入力ストリームです。
 class AudioPermission
          AudioPermission クラスは、オーディオシステムリソースへのアクセス権を表します。
 class AudioSystem
          AudioSystem クラスは、サンプリングされたオーディオシステムリソースのエントリポイントとして動作します。
 class BooleanControl
          BooleanControl は、ラインのオーディオに影響を与える 2 つの設定を切り替える機能を提供します。
static class BooleanControl.Type
          BooleanControl.Type クラスのインスタンスは、ブール型のコントロールの種類を識別します。
 class CompoundControl
          グラフィックイコライザーなどの CompoundControl は、複数の関連プロパティを制御し、その各プロパティ自体は Control として表されます。
static class CompoundControl.Type
          CompoundControl.Type 内部クラスのインスタンスは複合型のコントロールの種類を識別します。
 class Control
          Lines には、ラインを介したオーディオ信号の引き渡しに影響を与える、ゲインやパンなどのコントロールセットが 1 組含まれていることがあります。
static class Control.Type
          Type クラスのインスタンスはコントロールのタイプを表します。
static class DataLine.Info
          スーパークラスから継承されたクラス情報以外に、DataLine.Info はデータラインに固有の追加情報を提供します。
 class EnumControl
          EnumControl は離散的戻り値のセットのコントロールを提供し、各戻り値はオブジェクトによって表されます。
static class EnumControl.Type
          EnumControl.Type 内部クラスのインスタンスは、列挙されたコントロールの種類を識別します。
 class FloatControl
          FloatControl オブジェクトは、ある範囲の浮動小数点型の値のコントロールを提供します。
static class FloatControl.Type
          FloatControl.Type 内部クラスのインスタンスは、浮動小数点型のコントロールの種類を識別します。
static class Line.Info
          Line.Info オブジェクトは、ラインに関する情報を含んでいます。
 class LineEvent
          LineEvent クラスは、ラインが開く、閉じる、開始する、または停止するたびにラインがリスナーに送信する情報をカプセル化します。
static class LineEvent.Type
          LineEvent.Type 内部クラスはラインで発生するイベントの種類を識別します。
 class LineUnavailableException
          LineUnavailableException は、ラインが使用不可のため開けないことを示す例外です。
static class Mixer.Info
          Mixer.Info クラスは、製品の名前、バージョン、ベンダー、テキスト説明など、オーディオミキサーに関する情報を表します。
static class Port.Info
          Port.Info クラスは、ポートの名前、ミキサーにとってそのポートがソースであるかターゲットであるかなど、ポート固有の追加情報で Line.Info を拡張します。
 class ReverbType
          ReverbType クラスは、オーディオ信号に適用されるさまざまなリバーブ設定にアクセスするためのメソッドを提供します。
 class UnsupportedAudioFileException
          UnsupportedAudioFileException は、認識されたファイルタイプとファイル形式の有効データをそのファイルが含んでいないために操作が失敗したことを示す例外です。
 

Object を返す javax.sound.sampled のメソッド
 Object EnumControl.getValue()
          このコントロールの現在の値を取得します。
 Object[] EnumControl.getValues()
          このコントロールの可能値のセットを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.sound.sampled のメソッド
 boolean Control.Type.equals(Object obj)
          同一メソッドをファイナライズします。
 boolean AudioFileFormat.Type.equals(Object obj)
          equals メソッドをファイナライズします。
 boolean Mixer.Info.equals(Object obj)
          2 つの情報オブジェクトが等しいかどうかを示します。
 void EnumControl.setValue(Object value)
          コントロールの現在の値を設定します。
 boolean LineEvent.Type.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトがこのリバーブタイプに等しいかどうかを示し、オブジェクトが同一である場合は true を返します。
 boolean AudioFormat.Encoding.equals(Object obj)
          equals メソッドをファイナライズします。
 boolean ReverbType.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトがこのリバーブタイプに等しいかどうかを示し、オブジェクトが同一である場合は true を返します。
 boolean Port.Info.equals(Object obj)
          equals メソッドをファイナライズします。
 

Object 型のパラメータを持つ javax.sound.sampled のコンストラクタ
EnumControl(EnumControl.Type type, Object[] values, Object value)
          指定されたパラメータで、列挙されたコントロールオブジェクトを新しく構築します。
 

javax.sound.sampled.spi での Object の使用
 

javax.sound.sampled.spi での Object のサブクラス
 class AudioFileReader
          オーディオファイル読み込みサービスのプロバイダ。
 class AudioFileWriter
          オーディオファイル書き込みサービスのプロバイダ。
 class FormatConversionProvider
          形式変換プロバイダは、1 つ以上の入力形式から 1 つ以上の出力形式への形式変換サービスを提供します。
 class MixerProvider
          特定のタイプのミキサーに使用されるファクトリまたはプロバイダです。
 

javax.swing での Object の使用
 

javax.swing での Object のサブクラス
 class AbstractAction
          JFC の Action インタフェースのデフォルトの実装を提供します。
 class AbstractButton
          ボタンおよびメニュー項目の共通動作を定義します。
protected  class AbstractButton.AccessibleAbstractButton
          このクラスは AbstractButton クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class AbstractButton.ButtonChangeListener
          ChangeListener を拡張して、直列化できるようにします。
 class AbstractCellEditor
           
 class AbstractListModel
          List にその内容を提供するデータモデルのための、抽象定義です。
 class ActionMap
          ActionMap は、Object (キーまたは Actionと呼ばれる) から Action へのマップを提供します。
 class BorderFactory
          標準的な Border オブジェクトを提供するためのファクトリクラスです。
 class Box
          BoxLayout オブジェクトをレイアウトマネージャとして使用する、軽量なコンテナです。
protected  class Box.AccessibleBox
          このクラスは Box クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
static class Box.Filler
          レイアウトに関連し、ビューを持たない軽量コンポーネントの実装です。
protected  class Box.Filler.AccessibleBoxFiller
          このクラスは Box.Filler クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class BoxLayout
          複数のコンポーネントを、垂直方向にも水平方向にも配置できるようにする、レイアウトマネージャです。
 class ButtonGroup
          複数のボタンのセットに多重排他のスコープを設定するために使用します。
 class CellRendererPane
          セルレンダリングとそれを使うコンポーネントの間に挿入されます。
protected  class CellRendererPane.AccessibleCellRendererPane
          このクラスは CellRendererPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class ComponentInputMap
          ComponentInputMap は、特定の JComponent に関連した InputMap です。
 class DebugGraphics
          グラフィックスのデバッグをサポートする Graphics のサブクラスです。
 class DefaultBoundedRangeModel
          BoundedRangeModel の汎用実装です。
 class DefaultButtonModel
          Button コンポーネントのデータモデルのデフォルト実装です。
 class DefaultCellEditor
          テーブルとツリーセルのデフォルトエディタです。
protected  class DefaultCellEditor.EditorDelegate
           
 class DefaultComboBoxModel
          コンボボックスのデフォルトモデルです。
 class DefaultDesktopManager
          DesktopManager の実装です。
 class DefaultFocusManager
          デフォルトの Swing フォーカスマネージャの実装です。
 class DefaultListCellRenderer
          リストの項目を描画します。
static class DefaultListCellRenderer.UIResource
          UIResource を実装する DefaultListCellRenderer のサブクラスです。
 class DefaultListModel
          java.util.Vector API を実装して、ListDataListener に変更が生じるときを通知します。
 class DefaultListSelectionModel
          リスト選択のデフォルトデータモデルです。
 class DefaultSingleSelectionModel
          SingleSelectionModel の汎用実装です。
 class FocusManager
          Swing フォーカスマネージャです。
 class GrayFilter
          イメージをグレースケールに変換し、イメージ内のピクセルにブライトネスを加えることによって、イメージを「無効にする」イメージフィルタです。
 class ImageIcon
          アイコンをイメージから描画する Icon インタフェースの実装です。
protected  class ImageIcon.AccessibleImageIcon
          このクラスは ImageIcon クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class InputMap
          InputMap は、入力イベント (現在は KeyStroke のみ使用) と Object の間のバインディングを提供します。
 class InputVerifier
          このクラスの目的は、クライアントがテキストフィールドと GUI を使って、スムーズなフォーカスナビゲーションを行えるようにサポートすることです。
 class JApplet
          JFC/Swing コンポーネントアーキテクチャのサポートを追加する java.applet.Applet の拡張バージョンです。
protected  class JApplet.AccessibleJApplet
          このクラスは JApplet クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JButton
          「プッシュ」ボタンの実装です。
protected  class JButton.AccessibleJButton
          このクラスは JButton クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JCheckBox
          チェックボックス、つまり選択あるいは選択解除できる項目の実装で、その状態を表示します。
protected  class JCheckBox.AccessibleJCheckBox
          このクラスは JCheckBox クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JCheckBoxMenuItem
          選択または選択解除できるメニュー項目です。
protected  class JCheckBoxMenuItem.AccessibleJCheckBoxMenuItem
          このクラスは JCheckBoxMenuItem クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JColorChooser
          JColorChooser は、ユーザが色を選択および操作できるよう設計されたコントロールの区画を提供します。
protected  class JColorChooser.AccessibleJColorChooser
          このクラスは JColorChooser クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JComboBox
          ボタンまたはテキストフィールドと、ドロップダウンリストとを結び付けるコンポーネントです。
protected  class JComboBox.AccessibleJComboBox
          このクラスは JComboBox クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JComponent
          トップレベルのコンテナを除く Swing コンポーネントすべてのための基底クラスです。
 class JComponent.AccessibleJComponent
          ユーザ補助機能のデフォルトサポートを提供するのに使用する JComponen の内部クラスです。
protected  class JComponent.AccessibleJComponent.AccessibleContainerHandler
          PropertyChange リスナーが登録されていれば、子が追加または削除されたときにそれをトリガーします。
protected  class JComponent.AccessibleJComponent.AccessibleFocusHandler
          PropertyChange リスナーが登録されていれば、フォーカスイベントが発生したときにそれをトリガーします。
 class JDesktopPane
          マルチドキュメントインタフェースまたは仮想デスクトップの作成に使用するコンテナです。
protected  class JDesktopPane.AccessibleJDesktopPane
          このクラスは JDesktopPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JDialog
          ダイアログウィンドウを作成するためのメインクラスです。
protected  class JDialog.AccessibleJDialog
          このクラスは JDialog クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JEditorPane
          さまざまな種類のコンテンツを編集するためのテキストコンポーネントです。
protected  class JEditorPane.AccessibleJEditorPane
          このクラスは JEditorPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JEditorPane.AccessibleJEditorPaneHTML
          このクラスは AccessibleHypertext のサポートを提供し、JEditorPane にインストールされた EditorKitHTMLEditorKit のインスタンスである場合のインスタンスで使用されます。
protected  class JEditorPane.JEditorPaneAccessibleHypertextSupport
          AccessibleJEditorPaneHTML.getAccessibleText によって返されるものを取得します。
 class JEditorPane.JEditorPaneAccessibleHypertextSupport.HTMLLink
           
 class JFileChooser
          JFileChooser はユーザがファイルを選択する単純な機構を提供します。
protected  class JFileChooser.AccessibleJFileChooser
          このクラスは JFileChooser クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JFrame
          JFC/Swing コンポーネントアーキテクチャのサポートを強化する java.awt.Frame の拡張バージョンです。
protected  class JFrame.AccessibleJFrame
          このクラスは JFrame クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JInternalFrame
          ネイティブなフレームに、ドラッグ、クローズ、アイコン化、サイズ変更、タイトル表示、およびメニューバーのサポートなど、多くの機能を提供する軽量オブジェクトです。
protected  class JInternalFrame.AccessibleJInternalFrame
          このクラスは JInternalFrame クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
static class JInternalFrame.JDesktopIcon
          このコンポーネントは JinternalFrame のアイコン化したバージョンを表します。
protected  class JInternalFrame.JDesktopIcon.AccessibleJDesktopIcon
          このクラスは JInternalFrame.JDesktopIcon クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JLabel
          短いテキスト文字列やイメージの表示領域です。
protected  class JLabel.AccessibleJLabel
          オブジェクトのユーザ補助機能を取得するために使用されるクラスです。
 class JLayeredPane
          JLayeredPane は、JFC/Swing コンテナに深さを追加し、必要であればコンポーネントどうしが互いにオーバーラップできるようにします。
protected  class JLayeredPane.AccessibleJLayeredPane
          このクラスは JLayeredPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JList
          ユーザがリストから 1 つまたは複数のオブジェクトを選択するためのコンポーネントです。
protected  class JList.AccessibleJList
          このクラスは JList クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JList.AccessibleJList.AccessibleJListChild
          このクラスは子のリスト表示に適したユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JMenu
          メニューの実装であり、ユーザが JMenuBar で項目を選択すると表示される JMenuItem を保持するポップアップウィンドウです。
protected  class JMenu.AccessibleJMenu
          このクラスは JMenu クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JMenu.WinListener
          ポップアップウィンドウが閉じられるのを監視するリスナークラスです。
 class JMenuBar
          メニューバーの実装です。
protected  class JMenuBar.AccessibleJMenuBar
          このクラスは JMenuBar クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JMenuItem
          メニューの項目の実装です。
protected  class JMenuItem.AccessibleJMenuItem
          このクラスは JMenuItem クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JOptionPane
          JOptionPane によって、ユーザに値の入力を求めたり情報を提示したりする標準のダイアログボックスを簡単に表示することができます。
protected  class JOptionPane.AccessibleJOptionPane
          このクラスは JOptionPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JPanel
          JPanel は、汎用の軽量コンテナです。
protected  class JPanel.AccessibleJPanel
          このクラスは JPanel クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JPasswordField
          JPasswordField は、1 行のテキストの編集を可能にする、軽量コンポーネントです。
protected  class JPasswordField.AccessibleJPasswordField
          このクラスは JPasswordField クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JPopupMenu
          ポップアップメニューの実装です。
protected  class JPopupMenu.AccessibleJPopupMenu
          このクラスは JPopupMenu クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
static class JPopupMenu.Separator
          ポップアップメニュー固有のセパレータです。
 class JProgressBar
          ある区間内 (最小値、および最大値で区切られた区間内) で、整数値を表示するコンポーネントです。
protected  class JProgressBar.AccessibleJProgressBar
          このクラスは JProgressBar クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JRadioButton
          ラジオボタンの実装です。
protected  class JRadioButton.AccessibleJRadioButton
          このクラスは JRadioButton クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JRadioButtonMenuItem
          ラジオボタンメニュー項目の実装です。
protected  class JRadioButtonMenuItem.AccessibleJRadioButtonMenuItem
          このクラスは JRadioButtonMenuItem クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JRootPane
          JFrame、JDialog、JWindow、JApplet、および JInternalFrame が内部で使用する軽量コンテナです。
protected  class JRootPane.AccessibleJRootPane
          このクラスは JRootPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JRootPane.RootLayout
          layeredPane、glassPane、および menuBar のレイアウトを処理するカスタムレイアウトマネージャです。
 class JScrollBar
          スクロールバーの実装です。
protected  class JScrollBar.AccessibleJScrollBar
          このクラスは JScrollBar クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JScrollPane
          コンポーネントのスクロール可能なビューを提供します。
protected  class JScrollPane.AccessibleJScrollPane
          このクラスは JScrollPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JScrollPane.ScrollBar
          デフォルトでは、JScrollPane はこのクラスのインスタンスであるスクロールバーを作成します。
 class JSeparator
          メニュー項目を論理的グループに分割する区切り線となるメニューセパレータの実装です。
protected  class JSeparator.AccessibleJSeparator
          このクラスは JSeparator クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JSlider
          ユーザが指定された区間内でノブをスライドすることによりグラフィカルに値を選択できるようにするコンポーネントです。
protected  class JSlider.AccessibleJSlider
          このクラスは JSlider クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JSplitPane
          JSplitPane は 2 つの Component を分割するのに使います (2 つだけに分割)。
protected  class JSplitPane.AccessibleJSplitPane
          このクラスは JSplitPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JTabbedPane
          指定されたタイトルやアイコンを持つタブをクリックすることにより、ユーザがコンポーネントのグループを切り替えられるようにするコンポーネントです。
protected  class JTabbedPane.AccessibleJTabbedPane
          このクラスは JTabbedPane クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JTabbedPane.ModelListener
          イベントソースとして、モデル自身ではなくタブ区画を持つリスナーに ModelChanged イベントを渡します。
 class JTable
          JTable は、2 次元テーブル形式でデータを提示するユーザインタフェースコンポーネントです。
protected  class JTable.AccessibleJTable
          このクラスは JTable クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
protected  class JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableCell
          このクラスは、テーブルセルに適した Java Accessibility API を実装しています。
protected  class JTable.AccessibleJTable.AccessibleJTableModelChange
           
 class JTextArea
          TextArea は、プレーンテキストを表示する複数行の領域です。
protected  class JTextArea.AccessibleJTextArea
          このクラスは JTextArea クラス用のユーザ補助機能のサポートを実装しています。
 class JTextField
          JTextField は、1 行テキストの編集を可能にする軽量コンポーネントです。