クラスjava.lang.String
の使用

Stringを使用しているパッケージ
パッケージ
説明
このパッケージは、jarsignerツールで使用される署名メカニズムを定義するために使用されるインタフェースとクラスで構成されています。
Java Accessibility Utilitiesを構成するインタフェースとクラスの集合を提供します。
これは、Java Debug Interface (JDI)のコア・パッケージで、ブートストラップ機能以外に、値、型、およびターゲット仮想マシン自体のミラーを定義します。
このパッケージは、JDIを使用する仮想マシンとターゲット仮想マシン間の接続を定義します。
このパッケージは、新しいTransportService実装を開発するために使用されるインタフェースおよびクラスで構成されます。
このパッケージは、JDIイベントとイベント処理を定義します。
このパッケージは、指定された条件下でJDIイベントが送信されることを要求する場合に使用されます。
このパッケージには、java.lang.management APIの標準実装に対するJDK拡張機能が含まれており、プラットフォームの他のコンポーネントの管理インタフェースも定義されています。
組込みのHTTPサーバーの構築に使用できる、単純で高度なHTTPサーバーAPIを提供します。
Stream Control Transport Protocol用のJava APIです。
Principalの実装を提供します。
Configurationの実装を提供します。
LoginModuleの実装を提供します。
このパッケージは、GSS-APIへのJDK拡張のクラスとインタフェースを定義します。
ドキュメンテーション・コメントを抽象構文ツリー(AST)として表すためのインタフェースを提供します。
ソース・コードを抽象構文ツリー(Abstract Syntax Tree、AST)として表すためのインタフェースを提供します。
抽象構文ツリー(Abstract Syntax Tree、AST)の操作のためのユーティリティを提供します。
Java仮想マシンにアタッチするAPIを提供します。
このパッケージを直接使用する必要があるのは、新しい接続プロバイダを定義する開発者だけです。
このパッケージは、javacツールのレガシー・エントリ・ポイントを提供します。
このパッケージは、JConsole APIを含みます。
アプレットの作成、およびアプレットとアプレット・コンテキストとの通信に使用するクラスの作成に必要なクラスを提供します。
ユーザー・インタフェースの作成およびグラフィックスとイメージのペイント用のすべてのクラスを含みます。
カラー・スペースのクラスを提供します。
アプリケーション間またはアプリケーション内のデータ転送のためのインタフェースとクラスを提供します。
さまざまなデスクトップ機能との対話のためのインタフェースとクラスを提供します。
ドラッグ&ドロップ操作は、多くのグラフィカル・ユーザー・インタフェース・システムで見られる直接的な操作ジェスチャで、GUIの表現要素に論理的に関連付けられた2つのエンティティ間で情報を変換するメカニズムを提供します。
AWTコンポーネントによってトリガーされるさまざまな種類のイベントを処理するインタフェースとクラスを提供します。
フォント関連のクラスおよびインタフェースを提供します。
2次元幾何学的図形に関連するオブジェクトで処理を定義および実行するJava 2Dクラスを提供します。
あらゆるJava実行時環境で使用できるインプット・メソッドの開発を可能にするインタフェースを提供します。
イメージを作成および修正するためのクラスを提供します。
レンダリングに依存しないイメージを作成するためのクラスおよびインタフェースを提供します。
このパッケージは、汎用印刷APIで使用するクラスおよびインタフェースを提供します。
beansの開発に関連するクラスが含まれます -- JavaBeansアーキテクチャに基づくコンポーネント。
Beanコンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。
このパッケージは、データ・ストリーム、直列化、ファイル・システムによるシステム入出力用に提供されています。
Javaプログラミング言語の設計にあたり基本的なクラスを提供します。
Javaプログラミング言語の注釈機能のライブラリ・サポートを提供します。
クラスやメソッド・ハンドルなどのランタイム・エンティティ用に「名目記述子」を表すクラスおよびインタフェース、および定数プール・エントリやinvokedynamicコール・サイトなどのクラス・ファイル・エンティティ用に「名目記述子」を表すクラスおよびインタフェース。
Javaランタイム外部のメモリーおよびファンクションへの低レベル・アクセスを提供します。
Javaプログラミング言語エージェントによりJVMで実行中のプログラムを計測するサービスを提供します。
java.lang.invokeパッケージは、Java Virtual Machineとやりとりするための低レベルのプリミティブを提供します。
Java実行時にJava仮想マシンおよびほかのコンポーネントを監視および管理するための管理インタフェースを提供します。
モジュール記述子をサポートし、解決とサービス・バインディングによってモジュールの構成を作成するクラス。
クラスとオブジェクトに関するリフレクト情報を取得するための、クラスとインタフェースを提供します。
java.lang.runtimeパッケージでは、Java言語の低レベルのランタイム・サポートが提供されます。
任意精度の整数演算(BigInteger)および任意精度の10進演算(BigDecimal)を行うクラスを提供します。
ネットワーク・アプリケーションを実装するためのクラスを提供します。
HTTPクライアントおよびWebSocket API
java.netパッケージのサービス・プロバイダ・クラス。
データのコンテナであるバッファについて定義し、その他のNIOパッケージの概要情報を提供します。
入出力操作を実行できるエンティティ(ファイル、ソケットなど)への接続を表すチャネルや、多重化された非ブロック入出力操作用のセレクタを定義します。
byteとUnicode文字の相互変換を行うため、文字セット、デコーダ、およびエンコーダを定義します。
java.nio.charsetパッケージのサービス・プロバイダ・クラス。
ファイル、ファイル属性、およびファイル・システムにアクセスするためのJava仮想マシン用のインタフェースとクラスを定義します。
ファイルおよびファイル・システム属性へのアクセスを提供するインタフェースとクラスです。
java.nio.fileパッケージのサービス・プロバイダ・クラス。
RMIパッケージを提供します。
RMI分散ガベージ・コレクション(DGC)に対するクラスとインタフェースを提供します。
RMIレジストリ用として1つのクラスと2つのインタフェースを提供します。
サーバー側のRMIをサポートするクラスとインタフェースを提供します。
セキュリティ・フレームワークのクラスとインタフェースを提供します。
証明書、証明書失効リスト(CRL)、証明書パスを解析および管理するためのクラスとインタフェースを提供します。
キー仕様およびアルゴリズム・パラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。
Javaプログラミング言語を使用して、データ・ソース(通常はリレーショナル・データベース)に格納されているデータにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
テキスト、日付、数値、およびメッセージを自然言語に依存しない方法で処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
日付、時間、インスタント、デュレーションのメインAPI。
デフォルトのISO暦以外の暦体系の汎用API。
日付と時間を出力し、解析するクラスを提供します。
フィールドと単位を使用した日時へのアクセス、および日時アジャスタ。
タイムゾーンおよびそのルールのサポート。
コレクション・フレームワーク、国際化サポート・クラス、サービス・ローダー、プロパティ、乱数生成、文字列解析とスキャン・クラス、Base64エンコーディングとデコード、ビット配列、およびその他のユーティリティ・クラスが含まれています。
並行プログラミングでよく使用されるユーティリティ・クラスです。
単一の変数に対するロックフリーでスレッドセーフなプログラミングをサポートするクラスの小規模なツールキットです。
組込みの同期および監視から区別された状態をロックおよび待機するためのフレームワークを提供するインタフェースおよびクラス。
JAR (Java ARchive)ファイル形式の読み込みと書込みに使うクラスを提供します。JARは、必要に応じてマニフェスト・ファイルを付随させることのできる、標準的なZIPに基づくファイル形式です。
Java 2プラットフォームのコア・ロギング機能のクラスおよびインタフェースを提供します。
このパッケージを使用して、アプリケーションからユーザーおよびシステムの設定データと構成データを格納および取得できます。
このパッケージには、乱数生成のための汎用APIをサポートするクラスとインタフェースが含まれています。
正規表現で指定されたパターンに対して文字シーケンスをマッチングするためのクラス。
java.utilパッケージに含まれているクラスのサービス・プロバイダ・クラスです。
コレクションに対するマップ-リデュース変換など、要素のストリームに対する関数型の操作をサポートするクラスです。
標準のZIPおよびGZIPファイル形式の読み込みおよび書込み用クラスを提供します。
ユーザー・インタフェース・コンポーネントとそれらのコンポーネントへのアクセスを提供するユーザー補助テクノロジの間の規約を定義します。
注釈プロセッサを宣言し、注釈プロセッサが注釈処理ツール環境とやり取りできるようにするための機能。
暗号化操作のクラスとインタフェースを提供します。
キー仕様およびアルゴリズム・パラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。
Java Image I/O APIの基本パッケージです。
イメージの読み込みおよび書込み時にイベントの同期通知を処理するJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
メタデータの読み込みおよび書込みを処理するJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
組み込みJPEGプラグインをサポートするクラスです。
組み込みのTIFFプラグインで使用されるパブリック・クラス。
リーダー、ライター、コード変換器、およびストリームのプラグイン・インタフェースとランタイム・レジストリを含むJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
ファイルとストリームからの低レベル入出力を処理する、Javaイメージ入出力APIのパッケージです。
Java言語モデル、宣言のモデルおよびJavaプログラミング言語のタイプとタイプで構成されるパッケージのタイプと階層。
Javaプログラミング言語の要素をモデル化するために使用されるインタフェースです。
Javaプログラミング言語の型をモデル化するために使用されるインタフェースです。
プログラム要素の処理を支援するユーティリティです。
Java Management Extensionsのコア・クラスを提供します。
高度な動的ロード機能を実装するクラスを提供します。
ModelMBeanクラスの定義を提供します。
モニター・クラスを定義します。
公開データ型とOpen MBean記述子クラスを提供します。
関係サービスの定義を提供します。
JMX MBeanサーバーにリモート・アクセスするためのインタフェースです。
RMIコネクタは、RMIを使ってクライアント要求をリモートMBeanサーバーへ転送する、JMXリモートAPI用のコネクタです。
Timer MBeanの定義を提供します。
ネーム・サービスにアクセスするためのクラスおよびインタフェースを提供します。
javax.namingパッケージを拡張して、ディレクトリ・サービスにアクセスする機能を提供します。
ネーミングおよびディレクトリ・サービスにアクセスする場合、イベント通知のサポートを提供します。
LDAPv3の拡張操作とコントロールのサポートを提供します。
 
javax.namingおよび関連パッケージを使用して、ネーミングおよびディレクトリ・サービスにアクセスするためのサポートを動的にプラグインする手段を提供します。
ネットワーク・アプリケーションのためのクラスを提供します。
セキュア・ソケット・パッケージのクラスを提供します。
Java印刷サービスAPIの主要なクラスとインタフェースを提供する。
Java印刷サービスの属性のタイプと、それらを属性セットに収集する方法を記述するクラスおよびインタフェースを提供します。
パッケージjavax.print.attribute.standardには、特定の印刷属性のクラスが含まれています。
パッケージjavax.print.eventには、イベント・クラスとリスナー・インタフェースが含まれています。
Secure Sockets Layer (SSL)またはTransport Layer Security (TLS)プロトコルを介したRMIClientSocketFactoryおよびRMIServerSocketFactoryの実装を提供します。
スクリプトAPIは、Javaスクリプト・エンジンを定義するインタフェースとクラスで構成され、Javaアプリケーションで使用するためのフレームワークを提供します。
このパッケージは、認証と承認に関するフレームワークを提供します。
このパッケージは、情報(ユーザー名やパスワードなどの認証データ)の取得や情報(エラーおよび警告メッセージなど)の表示のためにサービスがアプリケーションとやり取りするために必要なクラスを提供します。
このパッケージには、Kerberosネットワーク認証プロトコルに関連するユーティリティ・クラスが含まれています。
このパッケージは、プラグイン可能な認証フレームワークを提供します。
このパッケージは、プラグイン可能な認証モジュールの実装に使用されるインタフェースを提供します。
このパッケージには、X500プリンシパルおよびX500非公開資格をSubjectに格納する際に使用すべきクラスが含まれています。
公開キー証明書用のクラスを提供します。
SASLをサポートするためのクラスとインタフェースを含みます。
Java™スマート・カード入出力API
MIDI (Musical Instrument Digital Interface)データの入出力、シーケンシング、および合成のためのインタフェースおよびクラスを提供します。
サンプリングされたオーディオ・データを取り込み、処理、および再生するためのインタフェースおよびクラスを提供します。
Javaプログラミング言語からサーバー側のデータ・ソースにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
JDBC RowSet実装用の標準インタフェースと基底クラスです。
Javaプログラミング言語でのSQL型とデータ型の直列化可能マッピングを可能にするユーティリティ・クラスを提供します。
サード・パーティ・ベンダーが同期プロバイダの実装で使用する必要がある標準クラスおよびインタフェースです。
すべてのプラットフォーム上で可能なかぎり同じように機能する「軽量」(Java共通言語)コンポーネントのセットを提供します。
Swingコンポーネントの周囲に各種ボーダーを描画するためのクラスおよびインタフェースを提供します。
JColorChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
Swingコンポーネントによってトリガーされるイベントを提供します。
JFileChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
1つのインタフェースおよび多くのabstractクラスを提供しており、Swingはプラグイン可能なLook & Feel機能を提供するためにこれらを利用します。
基本Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
デフォルトのLook & FeelであるJava Look & Feel (以前のコード名はMetal)に従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
複数のLook & Feelを結合するユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
クロス・プラットフォームのNimbus Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
Synthは、すべてのペイントが委譲されるスキン設定可能なLook & Feelです。
javax.swing.JTableを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
編集可能なテキスト・コンポーネントと編集不能なテキスト・コンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。
HTMLテキスト・エディタを作成するためのクラスHTMLEditorKitとサポート・クラスを提供します。
デフォルトのHTMLパーサーを、サポート・クラスとともに提供します。
Rich-Text-Formatテキスト・エディタを作成するためのクラス(RTFEditorKit)を提供します。
javax.swing.JTreeを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
開発者がテキスト・エディタなどのアプリケーションで、元に戻す/再実行の機能を提供できるようにします。
コンパイラなどのプログラムから呼び出せるツールのインタフェースを提供します。
トランザクション・マネージャとリソース・マネージャとの間の規約を定義するAPIを提供し、トランザクション・マネージャがリソース・オブジェクト(リソース・マネージャ・ドライバから提供される)をJTAトランザクションに登録および登録解除できるようにします。
XML処理の定数を定義します。
「XMLカタログOASIS Standard V1.1、2005年10月7日」を実装するためのクラスを提供します。
XML暗号化用の共通クラスです。
javax.xml.cryptoパッケージのDOM固有のクラス。
XMLデジタル署名の生成および検証用のクラスです。
KeyInfoの要素や構造体の解析や処理を行うためのクラス。
XMLデジタル署名用のパラメータ・クラス。
XML/Java型マッピングを定義します。
XMLネームスペースの処理を定義します。
SAX (XML用シンプルAPI)パーサーまたはDOM (ドキュメント・オブジェクト・モデル)ドキュメント・ビルダーを使用してXMLドキュメントを処理するためのクラスを提供します。
Streaming API for XML (StAX)のインタフェースとクラスを定義します。
Streaming API for XML (StAX)のイベント・インタフェースを定義します。
Streaming API for XML (StAX)のユーティリティ・クラスを提供します。
変換命令の処理、およびソースから結果への変換を実行するための汎用APIを定義します。
DOM固有の変換クラスを提供します。
SAX固有の変換クラスを提供します。
StAX固有の変換クラスを提供します。
ストリームおよびURIに固有の変換クラスを提供します。
XML文書の検証のためのAPIを提供します。
XPath式の評価と評価環境へのアクセス用の「オブジェクトモデル・ニュートラル」 APIを提供します。
invokedynamicコール・サイトをリンクするためのインタフェースとクラスが含まれています。
通常のJavaオブジェクト用のリンカーを含みます。
独自の言語固有のオブジェクト・モデルと型変換を実装するために、言語ランタイムに必要なインタフェースとクラスが含まれています。
言語ランタイムが、言語固有のオブジェクト・モデルを実装し、いくつかのクラスの基本的な実装とさまざまなユーティリティを提供することによってコンバージョンをより便利にするクラスが含まれています。
コンカレント・プログラミング用の非最終APIを定義します。

インキュベート機能
将来のリリースで削除されます。
ドックレットAPIは、言語モデルAPIおよびコンパイラ・ツリーAPIと共に、クライアントがソースに埋め込まれたAPIコメントを含むプログラムおよびライブラリのソース・レベルの構造を検査できるようにする環境を提供します。
このパッケージは、イベントを作成してFlight Recorderを制御するクラスを提供します。
このパッケージには、Flight Recorderデータを使用するためのクラスが含まれています。
Javaプログラミング言語コードの"snippets"をインタラクティブに評価するRead-Eval-Printループ(REPL)などのツールを作成するためのインタフェースを提供します。
JShell実行エンジンを構築するための実装サポートを提供します。
プラガブルJShell実行エンジン用のサービス・プロバイダ・インタフェースを定義します。
Javaシェル・ツールのインスタンスを起動するメカニズムを提供します。
このパッケージには、Java Management Extensions (JMX)のFlight Recorderを制御およびモニターするクラスが含まれています。
java.netおよびjava.nio.channelsソケット・クラスに対するプラットフォーム固有のソケット・オプション。
このパッケージは、jarファイルに署名するためのAPIを定義します。
Javaコードに、WebブラウザのJavaScriptエンジンとHTML DOMにアクセスする機能を提供します。
このパッケージは、Kerberosなどのさまざまな配下のセキュリティ・メカニズムの統合されたAPIを使用して、認証、データの整合性、データの機密性などのセキュリティ・サービスをアプリケーション開発者が利用できるフレームワークを提供します。
Document Object Model (DOM)のインタフェースを提供します。
DOMImplementationのインスタンスを取得するためのファクトリを提供します。
DOM Level 2スタイル仕様のインタフェースを提供します。
DOM Level 2イベントのインタフェースを提供します。
DOM Level 2 HTML仕様のインタフェースを提供します。
DOM Level 3の読み込みと保存のためのインタフェースを提供します。
DOM Level 2 Rangeのインタフェースを提供します。
DOM Level 2スタイル仕様のインタフェースを提供します。
DOM Level 3 XPath仕様のインタフェースを提供します。
XML (SAX)のシンプルAPIのインタフェースを提供します。
適合するSAXドライバが必ずしもサポートしないSAX2機能へのインタフェースを提供します。
SAXベースのアプリケーションのブートストラップをサポートするなど、ヘルパー・クラスを提供します。
  • com.sun.jarsignerでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.jarsignerのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ContentSignerParameters.getCommandLine()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    jarsignerツールに渡されたコマンドライン引数を取得します。
    ContentSignerParameters.getSignatureAlgorithm()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    署名アルゴリズムの名前を取得します。
    default String
    ContentSignerParameters.getTSADigestAlg()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    TSAサーバーに送信されるメッセージ・インプリントを生成するために使用されるメッセージ・ダイジェスト・アルゴリズムを取得します。
    default String
    ContentSignerParameters.getTSAPolicyID()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    タイムスタンプ局(TSA)のTSAPolicyIDを取得します。
  • com.sun.java.accessibility.utilでのStringの使用

    修飾子と型
    メソッド
    説明
    このオブジェクトのAccessibleの説明を取得します。
    Translator.getAccessibleName()
    このオブジェクトのAccessibleの名前を取得します。
    AccessibilityListenerList.toString()
    AccessibilityListenerListの文字列表現を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.java.accessibility.utilのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    このオブジェクトのAccessibleの説明を設定します。
    void
    Translator.setAccessibleName(String s)
    このオブジェクトの名前を設定します。
  • com.sun.jdiでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.jdiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    PathSearchingVirtualMachine.baseDirectory()
    パスの検索に使用するベース・ディレクトリを取得します。
    ClassNotLoadedException.className()
     
    ArrayType.componentSignature()
    この配列クラスの要素のJNIシグニチャを取得します。
    ArrayType.componentTypeName()
    この配列の要素の型のテキスト表現を返します。
    ReferenceType.defaultStratum()
    この参照型のデフォルト層を返します。
    VirtualMachine.description()
    ターゲットVM、およびターゲットVMをミラー化するデバッガのサポートについてのテキスト情報を返します。
    LocalVariable.genericSignature()
    存在する場合はこの変数のジェネリック・シグニチャを取得します。
    ReferenceType.genericSignature()
    存在する場合は、この型のジェネリック・シグニチャを取得します。
    TypeComponent.genericSignature()
    存在する場合はこのTypeComponentのジェネリック・シグニチャを取得します。
    VirtualMachine.getDefaultStratum()
    VMのデフォルト層を返します。
    LocalVariable.name()
    ローカル変数の名前を取得します。
    ModuleReference.name()
    モジュール名を返します。
    ReferenceType.name()
    このReferenceTypeオブジェクトの名前を返します。
    ThreadGroupReference.name()
    このスレッド・グループの名前を返します。
    ThreadReference.name()
    このスレッドの名前を返します。
    Type.name()
    この型の名前を返します。
    TypeComponent.name()
    この型コンポーネントの名前を取得します。
    VirtualMachine.name()
    ターゲットVMの名前をプロパティjava.vm.nameに指定されている方法で返します。
    このメソッドの宣言で指定された戻り値の型のテキスト表現を返します。
    LocalVariable.signature()
    ローカル変数の「型シグネチャ」を取得します。
    Type.signature()
    この型の型シグネチャを返します。
    TypeComponent.signature()
    このタイプ・コンポーネントの「型シグネチャ」を取得します。
    ReferenceType.sourceDebugExtension()
    この型のソース・デバッグ拡張機能を取得します。
    Location.sourceName()
    このロケーションに対応するソースの識別名を取得します。
    Location.sourceName(String stratum)
    このロケーションに対応するソースの識別名を取得します。
    ReferenceType.sourceName()
    この型の宣言に対応するソースの識別名を取得します。
    Location.sourcePath()
    この位置に対応するソースへのパスを取得します。
    Location.sourcePath(String stratum)
    この位置に対応するソースへのパスを取得します。
    Mirror.toString()
    このミラーについて説明する文字列を返します。
    Field.typeName()
    このフィールドの型のテキスト表現を返します。
    LocalVariable.typeName()
    この変数の型のテキスト表現を返します。
    StringReference.value()
    StringReferenceをStringとして返します。
    VirtualMachine.version()
    ターゲットVM内のJava Runtime Environmentのバージョンを、java.versionプロパティに指定されている方法で返します。
    Stringの引数を持つ型を返すcom.sun.jdiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    このメソッドの各仮パラメータ型のテキスト表現を含むリストを返します。
    ReferenceType.availableStrata()
    この参照型で利用可能な層を返します。
    PathSearchingVirtualMachine.bootClassPath()
    このVirtual Machineのブート・クラスパスを取得します。
    PathSearchingVirtualMachine.classPath()
    このVirtual Machineのクラス・パスを取得します。
    ReferenceType.sourceNames(String stratum)
    この型の宣言に対応するすべてのソースの識別名を取得します。
    ReferenceType.sourcePaths(String stratum)
    この型の宣言に対応するすべてのソースのパスを取得します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    Method.allLineLocations(String stratum, String sourceName)
    このメソッド内の各実行可能ソース行のLocationオブジェクトを含むリストを返します。
    ReferenceType.allLineLocations(String stratum, String sourceName)
    この参照型内の各実行可能ソース行のLocationオブジェクトを含むリストを返します。
    VirtualMachine.classesByName(String className)
    指定された名前に一致するロード済みの参照型を返します。
    ClassType.concreteMethodByName(String name, String signature)
    指定された名前およびシグネチャを持つ、このクラスから参照できる単一の非抽象Methodを返します。
    ReferenceType.fieldByName(String fieldName)
    指定されたあいまいでない名前で、可視Fieldを検索します。
    int
    Location.lineNumber(String stratum)
    このLocationの行番号です。
    Method.locationsOfLine(String stratum, String sourceName, int lineNumber)
    指定された行番号とソース名にマッピングされたすべてのLocationオブジェクトを含むリストを返します。
    ReferenceType.locationsOfLine(String stratum, String sourceName, int lineNumber)
    指定された行番号にマッピングされたすべてのLocationオブジェクトを含むリストを返します。
    ReferenceType.methodsByName(String name)
    指定された名前を持つ各可視Methodを含むリストを返します。
    ReferenceType.methodsByName(String name, String signature)
    指定された名前とシグニチャを持つ各可視Methodを含むリストを返します。
    VirtualMachine.mirrorOf(String value)
    この仮想マシン内に文字列を作成します。
    void
    VirtualMachine.setDefaultStratum(String stratum)
    このVMのデフォルト層を設定します(層についてはLocationを参照)。
    Location.sourceName(String stratum)
    このロケーションに対応するソースの識別名を取得します。
    ReferenceType.sourceNames(String stratum)
    この型の宣言に対応するすべてのソースの識別名を取得します。
    Location.sourcePath(String stratum)
    この位置に対応するソースへのパスを取得します。
    ReferenceType.sourcePaths(String stratum)
    この型の宣言に対応するすべてのソースのパスを取得します。
    Method.variablesByName(String name)
    このメソッドで指定された名前の各LocalVariableを含むリストを返します。
    StackFrame.visibleVariableByName(String name)
    LocalVariableのうち、指定された名前と一致し、現在のフレーム位置で可視なものを検索します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdiのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
     
     
     
     
    ClassNotLoadedException(String className, String message)
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    InternalException(String s, int errorCode)
     
     
    非推奨。
     
     
    非推奨。
     
     
    InvalidModuleExceptionを指定された詳細メッセージで構築します。
     
     
     
     
     
    JDIPermissionクラスは、VirtualMachineManagerへのアクセス権を表します
     
    JDIPermission(String name, String actions)
    新しいJDIPermissionオブジェクトを構築します。
     
     
     
     
     
    指定された詳細メッセージを使用してOpaqueFrameExceptionを構築します。
     
     
     
     
     
     
     
     
  • com.sun.jdi.connectでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.jdi.connectのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    Connector.Argument.description()
    この引数とその目的について、人間が読むことのできる説明を返します。
    Connector.description()
    このコネクタとその目的についての、人間が読むことのできる説明を返します。
    Connector.Argument.label()
    この引数の、人間が読むことのできるshort型のラベルを返します。
    Connector.Argument.name()
    この引数のshort型の一意の識別子を返します。
    Connector.name()
    コネクタのshort型の識別子を返します。
    Transport.name()
    トランスポートのshort型の識別子を返します。
    ListeningConnector.startListening(Map<String,? extends Connector.Argument> arguments)
    ターゲットVMによって開始された1つ以上の接続を待機します。
    Connector.BooleanArgument.stringValueOf(boolean value)
    valueパラメータの文字列表記を返します。
    Connector.IntegerArgument.stringValueOf(int value)
    valueパラメータの文字列表記を返します。
    Connector.Argument.value()
    この引数の現在の値を返します。
    Stringの引数を持つ型を返すcom.sun.jdi.connectのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    IllegalConnectorArgumentsException.argumentNames()
    無効なまたは整合性のない引数の名前を含むListを返します。
    Connector.SelectedArgument.choices()
    引数に指定できる値を返します。
    Connector.defaultArguments()
    このConnectorが受け入れる引数とそのデフォルト値を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdi.connectのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    boolean
    Connector.Argument.isValid(String value)
    引数の基本的な妥当性検査を実行します。
    boolean
    Connector.BooleanArgument.isValid(String value)
    引数の基本的な妥当性検査を実行します。
    boolean
    Connector.IntegerArgument.isValid(String value)
    引数の基本的な妥当性検査を実行します。
    boolean
    Connector.SelectedArgument.isValid(String value)
    引数の基本的な妥当性検査を実行します。
    boolean
    Connector.StringArgument.isValid(String value)
    引数の基本的な妥当性検査を実行します。
    void
    Connector.Argument.setValue(String value)
    引数の値を設定します。
    Stringの型引数を持つcom.sun.jdi.connectのメソッド・パラメータ
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ListeningConnector.accept(Map<String,? extends Connector.Argument> arguments)
    ターゲットVMがこのコネクタに接続されるのを待機します。
    AttachingConnector.attach(Map<String,? extends Connector.Argument> arguments)
    実行中のアプリケーションにアタッチし、そのVMのミラーを返します。
    LaunchingConnector.launch(Map<String,? extends Connector.Argument> arguments)
    アプリケーションを起動し、そのVMに接続します。
    ListeningConnector.startListening(Map<String,? extends Connector.Argument> arguments)
    ターゲットVMによって開始された1つ以上の接続を待機します。
    void
    ListeningConnector.stopListening(Map<String,? extends Connector.Argument> arguments)
    接続の待機を取り消します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdi.connectのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージと無効なまたは整合性のない引数の名前でIllegalConnectorArgumentsExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージと無効なまたは整合性のない引数の名前のListIllegalConnectorArgumentsExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージでTransportTimeoutExceptionを構築します。
     
    VMStartException(String message, Process process)
     
    Stringの型引数のcom.sun.jdi.connectのコンストラクタ・パラメータ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージと無効なまたは整合性のない引数の名前のListIllegalConnectorArgumentsExceptionを構築します。
  • com.sun.jdi.connect.spiでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.jdi.connect.spiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract String
    TransportService.ListenKey.address()
    待機キーの文字列表現を返します。
    abstract String
    TransportService.description()
    トランスポート・サービスの説明を返します。
    abstract String
    TransportService.name()
    トランスポート・サービスを識別するための名前を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdi.connect.spiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract Connection
    TransportService.attach(String address, long attachTimeout, long handshakeTimeout)
    指定されたアドレスに接続します。
    TransportService.startListening(String address)
    指定されたアドレス上で着信接続を待機します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdi.connect.spiのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージでClosedConnectionExceptionを構築します。
  • com.sun.jdi.eventでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.jdi.eventのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ClassUnloadEvent.className()
    アンロードされた「クラスの名前」を返します。
    ClassUnloadEvent.classSignature()
    アンロードされた「クラスの型シグネチャ」を返します。
  • com.sun.jdi.requestでのStringの使用

    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdi.requestのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    ClassPrepareRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、この制限された正規表現に一致しない名前を持つ参照型の準備に制限します。
    void
    ClassUnloadRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致しない名前を持つ参照型のアンロードに制限します。
    void
    ExceptionRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致しない名前を持つクラス内の場所にあるものに制限します。
    void
    MethodEntryRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致しない名前のクラス内にあるものに制限します。たとえば
    void
    MethodExitRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致しない名前のクラス内にあるものに制限します。
    void
    MonitorContendedEnteredRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致しない名前のクラス内にあるものに制限します。たとえば
    void
    MonitorContendedEnterRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致しない名前のクラス内にあるものに制限します。たとえば
    void
    MonitorWaitedRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、モニター・オブジェクトのクラス名がこの制限された正規表現に一致しないものに制限します。たとえば
    void
    MonitorWaitRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、モニター・オブジェクトのクラス名がこの制限された正規表現に一致しないものに制限します。たとえば
    void
    StepRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致しない名前を持つクラス内の場所にあるものに制限します。
    void
    WatchpointRequest.addClassExclusionFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、この制限された正規表現に一致しない名前を持つクラス内の場所にあるものに制限します。
    void
    ClassPrepareRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、この制限された正規表現に一致する名前を持つ参照型の準備に制限します。
    void
    ClassUnloadRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致する名前を持つ参照型のアンロードに制限します。
    void
    ExceptionRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致する名前を持つクラス内の場所にあるものに制限します。
    void
    MethodEntryRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致する名前のクラス内にあるものに制限します。
    void
    MethodExitRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドが制限された正規表現に一致する名前のクラス内にあるものに制限します。
    void
    MonitorContendedEnteredRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致する名前のクラス内にあるものに制限します。
    void
    MonitorContendedEnterRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、メソッドがこの制限された正規表現に一致する名前のクラス内にあるものに制限します。
    void
    MonitorWaitedRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、モニター・オブジェクトのクラス名がこの制限された正規表現に一致するものに制限します。
    void
    MonitorWaitRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、モニター・オブジェクトのクラス名がこの制限された正規表現に一致するものに制限します。
    void
    StepRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致する名前を持つクラス内の場所にあるものに制限します。
    void
    WatchpointRequest.addClassFilter(String classPattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現に一致する名前を持つクラス内の場所にあるものに制限します。
    void
    ClassPrepareRequest.addSourceNameFilter(String sourceNamePattern)
    この要求によって生成されるイベントを、制限された正規表現sourceNamePatternが準備されている参照型のいずれかのsourceNameに一致する参照型の準備に制限します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.jdi.requestのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
     
     
     
  • com.sun.managementでのStringの使用

    Stringとして宣言されたcom.sun.managementのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final String
    GarbageCollectionNotificationInfo.GARBAGE_COLLECTION_NOTIFICATION
    Java仮想マシンがガベージ・コレクションのサイクルを完了したことを示す通知型。
    Stringを返すcom.sun.managementのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    GarbageCollectionNotificationInfo.getGcAction()
    ガベージ・コレクタによって実行されたアクションを返します。
    GarbageCollectionNotificationInfo.getGcCause()
    ガベージ・コレクションの原因を返します。
    GarbageCollectionNotificationInfo.getGcName()
    コレクションを実行するために使用されるガベージ・コレクタの名前を返します
    VMOption.getName()
    このVMオプションの名前を返します。
    VMOption.getValue()
    このVMOptionが作成された時点の、このVMオプションの値を返します。
    GcInfo.toString()
     
    Stringの引数を持つ型を返すcom.sun.managementのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    このGCが終了した時点の全メモリー・プールのメモリー使用状況を返します。
    このGCが開始された時点の全メモリー・プールのメモリー使用状況を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.managementのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    boolean
    GcInfo.containsKey(String key)
     
    void
    HotSpotDiagnosticMXBean.dumpHeap(String outputFile, boolean live)
    hprofヒープ・ダンプと同じ形式で、ヒープをoutputFileファイルにダンプします。
    default void
    HotSpotDiagnosticMXBean.dumpThreads(String outputFile, HotSpotDiagnosticMXBean.ThreadDumpFormatPREVIEW format)
    Preview.
    指定されたファイルに指定された形式でスレッド・ダンプを生成します。
    GcInfo.get(String key)
     
    GcInfo.getAll(String[] keys)
     
    HotSpotDiagnosticMXBean.getVMOption(String name)
    指定された名前のVMオプションのVMOptionオブジェクトを返します。
    void
    HotSpotDiagnosticMXBean.setVMOption(String name, String value)
    指定された名前のVMオプションを指定された値に設定します。
    HotSpotDiagnosticMXBean.ThreadDumpFormat.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    VMOption.Origin.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.managementのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    GarbageCollectionNotificationInfo(String gcName, String gcAction, String gcCause, GcInfo gcInfo)
    GarbageCollectionNotificationInfoオブジェクトを構築します。
     
    VMOption(String name, String value, boolean writeable, VMOption.Origin origin)
    VMOptionを構築します。
  • com.sun.net.httpserverでのStringの使用

    Stringとして宣言されたcom.sun.net.httpserverのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    protected final String
    BasicAuthenticator.realm
    HTTP Basic認証レルム。
    Stringを返すcom.sun.net.httpserverのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract String
    Filter.description()
    このFilterの簡単な説明を返します。
    HttpsParameters.getCipherSuites()
    暗号化方式群の配列のコピーを返します。何も設定されていない場合はnullを返します。
    Headers.getFirst(String key)
    指定されたkeyString値のListから最初の値を返します。keyのマッピングが存在しない場合はnullを返します。
    HttpPrincipal.getName()
    この主体の内容をrealm:username形式で返します。
    abstract String
    HttpContext.getPath()
    このコンテキストが作成されたパスを返します。
    abstract String
    HttpExchange.getProtocol()
    protocol/majorVersion.minorVersionの形式で要求からのプロトコル文字列を返します。
    HttpsParameters.getProtocols()
    プロトコルの配列のコピーを返します。何も設定されていない場合はnullを返します。
    BasicAuthenticator.getRealm()
    このBasicAuthenticatorが作成されたレルムを返します。
    HttpPrincipal.getRealm()
    このオブジェクトが作成されたrealmを返します。
    abstract String
    HttpExchange.getRequestMethod()
    リクエスト・メソッドを返します。
    リクエスト・メソッドを返します。
    HttpPrincipal.getUsername()
    このオブジェクトが作成されたusernameを返します。
    HttpPrincipal.toString()
    HttpPrincipal.getName()と同じ文字列を返します。
    Stringの引数を持つ型を返すcom.sun.net.httpserverのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    Headers.entrySet()
     
    Headers.entrySet()
     
    Headers.get(Object key)
     
    abstract Map<String,Object>
    HttpContext.getAttributes()
    可変Mapを返します。これは、構成およびその他のデータをFilterモジュールおよびコンテキスト交換ハンドラに渡すために使用できます。
    Headers.keySet()
     
    Headers.put(String key, List<String> value)
     
    Headers.remove(Object key)
     
    Headers.values()
     
    Stringのパラメータを持つcom.sun.net.httpserverのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    static Filter
    Filter.adaptRequest(String description, UnaryOperator<Request> requestOperator)
    リクエスト状態を検査し、場合によっては適応する「前処理フィルタ」を返します。
    void
    Headers.add(String key, String value)
    指定されたvalueを、指定されたkeyのヘッダーのリストに追加します。
    static Filter
    Filter.afterHandler(String description, Consumer<HttpExchange> operation)
    指定された説明および操作を含む後処理Filterを返します。
    static Filter
    Filter.beforeHandler(String description, Consumer<HttpExchange> operation)
    指定された説明および操作を含む前処理Filterを返します。
    abstract boolean
    BasicAuthenticator.checkCredentials(String username, String password)
    このオーセンティケータ・レルムのコンテキストで指定された名前とパスワードを検証するために、着信リクエストごとにコールされます。
    static HttpServer
    HttpServer.create(InetSocketAddress addr, int backlog, String path, HttpHandler handler, Filter... filters)
    初期コンテキストでHttpServerインスタンスを作成します。
    HttpsServer.create(InetSocketAddress addr, int backlog, String path, HttpHandler handler, Filter... filters)
    初期コンテキストでHttpsServerインスタンスを作成します。
    abstract HttpContext
    HttpServer.createContext(String path)
    最初にハンドラを指定せずにHttpContextを作成します。
    abstract HttpContext
    HttpServer.createContext(String path, HttpHandler handler)
    HttpContextを作成します。
    abstract Object
    HttpExchange.getAttribute(String name)
    Filterモジュールは、バンド外通信メカニズムとしてHttpExchangeインスタンスとともに任意のオブジェクトを格納できます。
    Headers.getFirst(String key)
    指定されたkeyString値のListから最初の値を返します。keyのマッピングが存在しない場合はnullを返します。
    static Headers
    Headers.of(String... headers)
    指定された名前値のペアをヘッダーのセットとして、不変Headersを返します。
    HttpHandlers.of(int statusCode, Headers headers, String body)
    指定されたstatusCodeheadersおよびbodyで構成されるレスポンスを送信するHttpHandlerを返します。
    Headers.put(String key, List<String> value)
     
    abstract void
    HttpServer.removeContext(String path)
    指定されたパスによって識別されるコンテキストをサーバーから削除します。
    void
    Headers.set(String key, String value)
    指定されたvalueを、指定されたkeyの唯一のヘッダー値として設定します。
    abstract void
    HttpExchange.setAttribute(String name, Object value)
    Filterモジュールは、バンド外通信メカニズムとしてHttpExchangeインスタンスとともに任意のオブジェクトを格納できます。
    void
    HttpsParameters.setCipherSuites(String[] cipherSuites)
    暗号化方式群の配列を設定します。
    void
    HttpsParameters.setProtocols(String[] protocols)
    プロトコルの配列を設定します。
    SimpleFileServer.OutputLevel.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    default Request
    Request.with(String headerName, List<String> headerValues)
    追加のヘッダーを持つ同一のRequestを返します。
    Stringの型引数を持つcom.sun.net.httpserverのメソッド・パラメータ
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    static Headers
    Headers.of(Map<String,List<String>> headers)
    ヘッダー名と値が同じ指定されているheadersから不変Headersを返します。
    static Headers
    Headers.of(Map<String,List<String>> headers)
    ヘッダー名と値が同じ指定されているheadersから不変Headersを返します。
    Headers.put(String key, List<String> value)
     
    void
    Headers.putAll(Map<? extends String,? extends List<String>> t)
     
    void
    Headers.putAll(Map<? extends String,? extends List<String>> t)
     
    default Request
    Request.with(String headerName, List<String> headerValues)
    追加のヘッダーを持つ同一のRequestを返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.net.httpserverのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定されたHTTPレルムのBasicAuthenticatorを作成します。
     
    指定されたHTTPレルムのBasicAuthenticatorを作成し、指定されたCharsetを使用してBasic認証資格証明(ユーザー名とパスワード)をデコードします。
     
    HttpPrincipal(String username, String realm)
    指定されたusernameおよびrealmからHttpPrincipalを作成します。
    Stringの型引数のcom.sun.net.httpserverのコンストラクタ・パラメータ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定されたheadersから、同じヘッダー名および値を使用して、可変Headersを作成します。
     
    指定されたheadersから、同じヘッダー名および値を使用して、可変Headersを作成します。
  • com.sun.nio.sctpでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.nio.sctpのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    SctpStandardSocketOptions.InitMaxStreams.toString()
    このinit maxストリームの文字列表現(最大のインバウンド・ストリームおよびアウトバウンド・ストリームを含む)を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.nio.sctpのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AssociationChangeNotification.AssocChangeEvent.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    HandlerResult.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    PeerAddressChangeNotification.AddressChangeEvent.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.nio.sctpのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定されたメッセージを使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを使用して、このクラスのインスタンスを構築します。
  • com.sun.security.authでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.security.authのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    LdapPrincipal.getName()
    最初にこのプリンシパルの作成に使用した名前を返します。
    NTDomainPrincipal.getName()
    NTDomainPrincipalのWindows NTドメイン名を返します。
    NTSid.getName()
    このNTSidの文字列バージョンを返します。
    NTUserPrincipal.getName()
    このNTPrincipalのWindows NTユーザー名を返します。
    UnixNumericGroupPrincipal.getName()
    このUnixNumericGroupPrincipalのユーザーのグループ識別番号(GID)を返します。
    UnixNumericUserPrincipal.getName()
    このUnixNumericUserPrincipalのユーザー識別番号(UID)を返します。
    UnixPrincipal.getName()
    このUnixPrincipalのUnixユーザー名を返します。
    UserPrincipal.getName()
    主体の名前を返します。
    LdapPrincipal.toString()
    RFC 2253で定義された形式で、このプリンシパル名の文字列表現を作成します。
    NTDomainPrincipal.toString()
    このNTDomainPrincipalの文字列表現を返します。
    NTNumericCredential.toString()
    このNTNumericCredentialの文字列表現を返します。
    NTSid.toString()
    このNTSidの文字列表現を返します。
    NTSidDomainPrincipal.toString()
    このNTSidDomainPrincipalの文字列表現を返します。
    NTSidGroupPrincipal.toString()
    このNTSidGroupPrincipalの文字列表現を返します。
    NTSidPrimaryGroupPrincipal.toString()
    このNTSidPrimaryGroupPrincipalの文字列表現を返します。
    NTSidUserPrincipal.toString()
    このNTSidUserPrincipalの文字列表現を返します。
    NTUserPrincipal.toString()
    このNTPrincipalの文字列表現を返します。
    UnixNumericGroupPrincipal.toString()
    このUnixNumericGroupPrincipalの文字列表現を返します。
    UnixNumericUserPrincipal.toString()
    このUnixNumericUserPrincipalの文字列表現を返します。
    UnixPrincipal.toString()
    このUnixPrincipalの文字列表現を返します。
    UserPrincipal.toString()
    主体の文字列表現を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.security.authのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    LDAPプリンシパルを作成します。
     
    Windows NTドメイン名でNTDomainPrincipalを作成します。
     
    NTSid(String stringSid)
    Windows NTのSIDでNTSidを作成します。
     
    Windows NTのSIDでNTSidDomainPrincipalを作成します。
     
    Windows NTのグループ名でNTSidGroupPrincipalを作成します。
     
    Windows NTのグループSIDでNTSidPrimaryGroupPrincipalを作成します。
     
    Windows NTのSIDでNTSidUserPrincipalを作成します。
     
    Windows NTユーザー名でNTUserPrincipalを作成します。
     
    UnixNumericGroupPrincipal(String name, boolean primaryGroup)
    ユーザーのグループ識別番号(GID)のString表現を使用してUnixNumericGroupPrincipalを作成します。
     
    ユーザーの識別番号(UID)のString表現を使用してUnixNumericUserPrincipalを作成します。
     
    Unixユーザー名でUnixPrincipalを作成します。
     
    プリンシパルを作成します。
  • com.sun.security.auth.loginでのStringの使用

    Stringのパラメータを持つcom.sun.security.auth.loginのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ConfigFile.getAppConfigurationEntry(String applicationName)
    アプリケーション名をインデックスとして使用しているConfigurationからのエントリを取得します。
  • com.sun.security.auth.moduleでのStringの使用

    Stringとして宣言されたcom.sun.security.auth.moduleのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    final String
    JndiLoginModule.GROUP_PROVIDER
    このモジュールが関連するグループ情報にアクセスできるディレクトリ・サービス/パス。
    final String
    JndiLoginModule.USER_PROVIDER
    このモジュールが関連するユーザー情報にアクセスできるディレクトリ・サービス/パス。
    protected String
    UnixSystem.username
    現在のユーザー名。
    Stringを返すcom.sun.security.auth.moduleのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    NTSystem.getDomain()
    現在のNTユーザーのドメイン名を取得します。
    NTSystem.getDomainSID()
    現在のNTユーザーのドメインに対する印刷可能SIDを取得します。
    NTSystem.getGroupIDs()
    現在のNTユーザーに対する印刷可能なグループSIDを取得します。
    NTSystem.getName()
    現在のNTユーザーのユーザー名を取得します。
    現在のNTユーザーに対する印刷可能なプライマリ・グループSIDを取得します。
    UnixSystem.getUsername()
    現在のUnixユーザーのユーザー名を取得します。
    NTSystem.getUserSID()
    現在のNTユーザーに対する印刷可能SIDを取得します。
    Stringの型引数を持つcom.sun.security.auth.moduleのメソッド・パラメータ
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    JndiLoginModule.initialize(Subject subject, CallbackHandler callbackHandler, Map<String,?> sharedState, Map<String,?> options)
    このLoginModuleを初期化します。
    void
    KeyStoreLoginModule.initialize(Subject subject, CallbackHandler callbackHandler, Map<String,?> sharedState, Map<String,?> options)
    このLoginModuleを初期化します。
    void
    Krb5LoginModule.initialize(Subject subject, CallbackHandler callbackHandler, Map<String,?> sharedState, Map<String,?> options)
    このLoginModuleを初期化します。
    void
    LdapLoginModule.initialize(Subject subject, CallbackHandler callbackHandler, Map<String,?> sharedState, Map<String,?> options)
    このLoginModuleを初期化します。
    void
    NTLoginModule.initialize(Subject subject, CallbackHandler callbackHandler, Map<String,?> sharedState, Map<String,?> options)
    このLoginModuleを初期化します。
    void
    UnixLoginModule.initialize(Subject subject, CallbackHandler callbackHandler, Map<String,?> sharedState, Map<String,?> options)
    このLoginModuleを初期化します。
  • com.sun.security.jgssでのStringの使用

    Stringのパラメータを持つcom.sun.security.jgssのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    InquireType.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.security.jgssのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された名前で新規InquireSecContextPermissionオブジェクトを構築します。
  • com.sun.source.doctreeでのStringの使用

    Stringとして宣言されたcom.sun.source.doctreeのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    final String
    DocTree.Kind.tagName
    この種のノードに関連付けられているタグの名前(存在する場合)。
    Stringを返すcom.sun.source.doctreeのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    CommentTree.getBody()
    コメントのテキストを返します。
    TextTree.getBody()
    テキストを返します。
    ReferenceTree.getSignature()
    @seeなどのノードで参照されているJava言語要素のシグネチャを返します。
    BlockTagTree.getTagName()
    タグの名前を返します。
    InlineTagTree.getTagName()
    タグの名前を返します。
    DocTypeTree.getText()
    doctype宣言のテキストを返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.source.doctreeのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AttributeTree.ValueKind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    DocTree.Kind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
  • com.sun.source.treeでのStringの使用

    Stringのパラメータを持つcom.sun.source.treeのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    CaseTree.CaseKind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    LambdaExpressionTree.BodyKind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    MemberReferenceTree.ReferenceMode.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    ModuleTree.ModuleKind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    static Tree.Kind
    Tree.Kind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
  • com.sun.source.utilでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.source.utilのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract String
    DocTrees.getCharacters(EntityTree tree)
    指定されたエンティティ・ツリー内のエンティティの文字を含む文字列を返します。ツリーが有効な一連の文字を表していない場合はnullを返します。
    abstract String
    Trees.getDocComment(TreePath path)
    指定されたTreePathで識別されるTreeノードのdocコメント(ある場合)を返します。
    Plugin.getName()
    このプラグインのわかりやすい名前を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.source.utilのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    DocTrees.getDocCommentTree(Element e, String relativePath)
    指定された要素に相対してパスが指定された、指定されたファイルのドキュメント・コメント・ツリーを返します。
    void
    Plugin.init(JavacTask task, String... args)
    コンパイル・タスクのプラグインを初期化します。
    DocTreeFactory.newCommentTree(String text)
    HTMLコメントを表す新しいCommentTreeを作成します。
    DocTreeFactory.newDocTypeTree(String text)
    DOCTYPE HTML宣言を表す新しいDocTypeTreeを作成します。
    DocTreeFactory.newErroneousTree(String text, Diagnostic<JavaFileObject> diag)
    解析不能な入力を表す新しいErroneousTreeオブジェクトを作成します。
    DocTreeFactory.newReferenceTree(String signature)
    API要素への参照を表す新しいReferenceTreeオブジェクトを作成します。
    DocTreeFactory.newTextTree(String text)
    プレーン・テキストを表す新しいTextTreeオブジェクトを作成します。
    TaskEvent.Kind.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
  • com.sun.tools.attachでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.tools.attachのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    VirtualMachineDescriptor.displayName()
    この記述子の表示名コンポーネントを返します。
    final String
    VirtualMachine.id()
    このJava仮想マシンの識別子を返します。
    VirtualMachineDescriptor.id()
    この記述子の識別子コンポーネントを返します。
    abstract String
    VirtualMachine.startLocalManagementAgent()
    ターゲット仮想マシンでローカルJMX管理エージェントを起動します。
    VirtualMachine.toString()
    VirtualMachineの文字列表記を返します。
    VirtualMachineDescriptor.toString()
    VirtualMachineDescriptorの文字列表記を返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.tools.attachのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    VirtualMachine.attach(String id)
    Java仮想マシンに接続します。
    void
    VirtualMachine.loadAgent(String agent)
    エージェントをロードします。
    abstract void
    VirtualMachine.loadAgent(String agent, String options)
    エージェントをロードします。
    void
    VirtualMachine.loadAgentLibrary(String agentLibrary)
    エージェント・ライブラリをロードします。
    abstract void
    VirtualMachine.loadAgentLibrary(String agentLibrary, String options)
    エージェント・ライブラリをロードします。
    void
    VirtualMachine.loadAgentPath(String agentPath)
    フル・パス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。
    abstract void
    VirtualMachine.loadAgentPath(String agentPath, String options)
    フル・パス名を使用して、ネーティブ・エージェント・ライブラリをロードします。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.tools.attachのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージを持つAgentInitializationExceptionを構築します。
     
    AgentInitializationException(String s, int returnValue)
    指定された詳細メッセージ、およびエージェントのAgent_OnAttach関数の実行による戻り値を持つAgentInitializationExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを持つAgentLoadExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを持つAttachNotSupportedExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを持つAttachOperationFailedExceptionを構築します。
     
    新しいAttachPermissionオブジェクトを構築します。
     
    AttachPermission(String name, String actions)
    新しいAttachPermissionオブジェクトを構築します。
    protected
    このクラスの新しいインスタンスを初期化します。
     
    指定されたコンポーネントから仮想マシン記述子を作成します。
     
    指定されたコンポーネントから仮想マシン記述子を作成します。
  • com.sun.tools.attach.spiでのStringの使用

    Stringを返すcom.sun.tools.attach.spiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract String
    AttachProvider.name()
    このプロバイダの名前を返します。
    abstract String
    AttachProvider.type()
    このプロバイダのタイプを返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.tools.attach.spiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AttachProvider.attachVirtualMachine(String id)
    Java仮想マシンに接続します。
  • com.sun.tools.javacでのStringの使用

    Stringのパラメータを持つcom.sun.tools.javacのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    static int
    Main.compile(String[] args)
    Javaプログラミング言語コンパイラjavacへのプログラム・インタフェース。
    static int
    Main.compile(String[] args, PrintWriter out)
    Javaプログラミング言語コンパイラjavacへのプログラム・インタフェース。
    static void
    Main.main(String[] args)
    ランチャのメイン・エントリ・ポイント。
  • com.sun.tools.jconsoleでのStringの使用

    Stringとして宣言されたcom.sun.tools.jconsoleのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final String
    ConnectionStateのバウンド・プロパティ名です。
    Stringの引数を持つ型を返すcom.sun.tools.jconsoleのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract Map<String,JPanel>
    JConsolePlugin.getTabs()
    JConsoleウィンドウに追加されるタブを返します。
    Stringのパラメータを持つcom.sun.tools.jconsoleのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    JConsoleContext.ConnectionState.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
  • java.appletでのStringの使用

    Stringを返すjava.appletのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    Applet.getAppletInfo()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    アプレットについての情報を返します。
    Applet.getParameter(String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    HTMLタグ内にある指定されたパラメータの値を返します。
    AppletStub.getParameter(String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    HTMLタグ内にある指定されたパラメータの値を返します。
    String[][]
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアプレットが解釈するパラメータについての情報を返します。
    String型の引数を持つ型を返すjava.appletのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AppletContext.getStreamKeys()
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアプレット・コンテキスト内のストリームのキーをすべて検索します。
    String型のパラメータを持つjava.appletのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AppletContext.getApplet(String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアプレット・コンテキストによって表現されるドキュメント内で、指定された名前のアプレットを探して返します。
    Applet.getAudioClip(URL url, String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    URL引数とname引数によって指定されたAudioClipオブジェクトを返します。
    Applet.getImage(URL url, String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    あとで画面上にペイントできるImageオブジェクトを返します。
    Applet.getParameter(String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    HTMLタグ内にある指定されたパラメータの値を返します。
    AppletStub.getParameter(String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    HTMLタグ内にある指定されたパラメータの値を返します。
    AppletContext.getStream(String key)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このアプレット・コンテキスト内に関連付けられているキーへのストリームを返します。
    void
    Applet.play(URL url, String name)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    URLとそれに相対的な指定子が与えられているオーディオ・クリップを再生します。
    void
    AppletContext.setStream(String key, InputStream stream)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    指定されたストリームをこのアプレット・コンテキストの指定されたキーに関連付けます。
    void
    AppletContext.showDocument(URL url, String target)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    ブラウザまたはアプレット・ビューアに、引数urlに指定されたWebページを表示するように要求します。
    void
    Applet.showStatus(String msg)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    引数に指定された文字列を「ステータス・ウィンドウ」に表示するように要求します。
    void
    AppletContext.showStatus(String status)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    引数に指定された文字列を「ステータス・ウィンドウ」に表示するように要求します。
  • java.awtでのStringの使用

    Stringとして宣言されたjava.awtのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final String
    BorderLayout.AFTER_LAST_LINE
    PAGE_ENDと同じ意味を持ちます。
    static final String
    BorderLayout.AFTER_LINE_ENDS
    LINE_ENDと同じ意味を持ちます。
    static final String
    BorderLayout.BEFORE_FIRST_LINE
    PAGE_STARTと同じ意味を持ちます。
    static final String
    BorderLayout.BEFORE_LINE_BEGINS
    LINE_STARTと同じ意味を持ちます。
    static final String
    BorderLayout.CENTER
    centerのレイアウト制約(コンテナの中央)です。
    static final String
    Font.DIALOG
    論理フォント「Dialog」の正規ファミリ名を表す文字列定数です。
    static final String
    論理フォント「DialogInput」の正規ファミリ名を表す文字列定数です。
    static final String
    BorderLayout.EAST
    eastのレイアウト制約(コンテナの右端)です。
    static final String
    BorderLayout.LINE_END
    コンポーネントはレイアウトの行方向の最後に配置されます。
    static final String
    BorderLayout.LINE_START
    コンポーネントはレイアウトの行方向の先頭に配置されます。
    static final String
    論理フォント「Monospaced」の正規ファミリ名を表す文字列定数です。
    protected String
    Cursor.name
    ユーザーに表示されるカーソルの名前です。
    protected String
    Font.name
    コンストラクタに渡される、このFontの論理名。
    static final String
    BorderLayout.NORTH
    northのレイアウト制約(コンテナの上端)です。
    static final String
    BorderLayout.PAGE_END
    コンポーネントはレイアウトの内容の最終行のあとに配置されます。
    static final String
    BorderLayout.PAGE_START
    コンポーネントはレイアウトの内容の先頭行の前に配置されます。
    static final String
    論理フォント「SansSerif」の正規ファミリ名を表す文字列定数です。
    static final String
    Font.SERIF
    論理フォント「Serif」の正規ファミリ名を表す文字列定数です。
    static final String
    BorderLayout.SOUTH
    southのレイアウト制約(コンテナの下端)です。
    static final String
    BorderLayout.WEST
    westのレイアウト制約(コンテナの左端)です。
    String型の型パラメータを持つjava.awtのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    protected final Map<String,Object>
    デスクトップのプロパティ。
    Stringを返すjava.awtのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    Button.AccessibleAWTButton.getAccessibleActionDescription(int i)
    オブジェクトの指定されたアクションの説明を返します。
    Checkbox.AccessibleAWTCheckbox.getAccessibleActionDescription(int i)
    オブジェクトの指定されたアクションの説明を返します。
    CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem.getAccessibleActionDescription(int i)
    オブジェクトの指定されたアクションの説明を返します。
    Choice.AccessibleAWTChoice.getAccessibleActionDescription(int i)
    指定されたオブジェクトのアクションについての説明を返します。
    MenuItem.AccessibleAWTMenuItem.getAccessibleActionDescription(int i)
    オブジェクトの指定されたアクションの説明を返します。
    Component.AccessibleAWTComponent.getAccessibleDescription()
    このオブジェクトのAccessibleの説明を取得します。
    MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent.getAccessibleDescription()
    このオブジェクトのAccessibleの説明を取得します。
    Button.AccessibleAWTButton.getAccessibleName()
    このオブジェクトのAccessibleの名前を取得します。
    Component.AccessibleAWTComponent.getAccessibleName()
    このオブジェクトのAccessibleの名前を取得します。
    Label.AccessibleAWTLabel.getAccessibleName()
    このオブジェクトのAccessibleの名前を取得します。
    MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent.getAccessibleName()
    このオブジェクトのAccessibleの名前を取得します。
    MenuItem.AccessibleAWTMenuItem.getAccessibleName()
    このオブジェクトのAccessibleの名前を取得します。
    このボタンでトリガーされるアクション・イベントのコマンド名を返します。
    MenuItem.getActionCommand()
    このメニュー項目によってトリガーされるアクション・イベントのコマンド名を返します。
    TrayIcon.getActionCommand()
    このトレイ・アイコンでトリガーされるアクション・イベントのコマンド名を返します。
    TextComponent.AccessibleAWTTextComponent.getAfterIndex(int part, int index)
    指定されたインデックスのあとの文字列を返します。
    TextComponent.AccessibleAWTTextComponent.getAtIndex(int part, int index)
    指定されたインデックスでの文字列を返します。
    abstract String[]
    GraphicsEnvironment.getAvailableFontFamilyNames()
    Locale.getDefault()によって返されたデフォルト・ロケール向けにローカライズされた、このGraphicsEnvironment内のすべてのフォント・ファミリの名前を含む配列を返します。
    abstract String[]
    GraphicsEnvironment.getAvailableFontFamilyNames(Locale l)
    指定されたロケール向けにローカライズされた、このGraphicsEnvironment内のすべてのフォント・ファミリの名前を含む配列を返します。
    TextComponent.AccessibleAWTTextComponent.getBeforeIndex(int part, int index)
    指定されたインデックスの前の文字列を返します。
    FileDialog.getDirectory()
    このファイル・ダイアログのディレクトリを取得します。
    Font.getFamily()
    このFontのファミリ名を返します。
    Font.getFamily(Locale l)
    指定されたロケール向けにローカライズされた、このFontのファミリ名を返します。
    FileDialog.getFile()
    このファイル・ダイアログの選択されているファイルを取得します。
    JobAttributes.getFileName()
    これらの属性を使うジョブに対して、出力ファイルの名前を指定します。
    abstract String[]
    Toolkit.getFontList()
    非推奨。
    このFontのフォント・フェース名を返します。
    指定されたロケール向けにローカライズされた、Fontのフォント・フェース名を返します。
    abstract String
    GraphicsDevice.getIDstring()
    このGraphicsDeviceに関連付けられた識別文字列を返します。
    Choice.getItem(int index)
    このChoiceメニュー内の指定されたインデックスの位置にある文字列を取得します。
    List.getItem(int index)
    指定するインデックスに対応する項目を返します。
    List.getItems()
    リスト内の項目を返します。
    Button.getLabel()
    ボタンのラベルを取得します。
    Checkbox.getLabel()
    チェックボックスのラベルを取得します。
    MenuItem.getLabel()
    このメニュー項目のラベルを返します。
    HeadlessException.getMessage()
    このHeadlessExceptionの詳細メッセージ文字列を返します。
    Component.getName()
    コンポーネントの名前を取得します。
    Cursor.getName()
    このカーソルの名前を返します。
    Font.getName()
    このFontの論理名を返します。
    MenuComponent.getName()
    メニュー・コンポーネントの名前を返します。
    JobAttributes.getPrinter()
    これらの属性を使用するジョブについて、出力先プリンタを返します。
    static String
    Toolkit.getProperty(String key, String defaultValue)
    指定されたキーおよびデフォルトを使ってプロパティを返します。
    Font.getPSName()
    このFontのポストスクリプト名を返します。
    現在の選択の文字列表現を取得します。
    このスクロール・リストで選択されている項目を返します。
    このスクロール・リストで選択されている項目を返します。
    TextComponent.AccessibleAWTTextComponent.getSelectedText()
    選択されているテキストの一部を返します。
    TextComponent.getSelectedText()
    このテキスト・コンポーネントによって表示されるテキストから選択テキストを返します。
    Label.getText()
    このラベルのテキストを返します。
    TextComponent.getText()
    このテキスト・コンポーネントによって表示されるテキストを返します。
    Dialog.getTitle()
    ダイアログのタイトルを取得します。
    Frame.getTitle()
    フレームのタイトルを返します。
    TrayIcon.getToolTip()
    このTrayIconに関連付けられたツールヒント文字列を返します。
    final String
    このウィンドウで表示される警告文字列を返します。
    AWTEvent.paramString()
    このEventの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Button.paramString()
    このButtonの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Checkbox.paramString()
    このCheckboxの状態を表す文字列を返します。
    CheckboxMenuItem.paramString()
    このCheckBoxMenuItemの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Choice.paramString()
    このChoiceメニューの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Component.paramString()
    このコンポーネントの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Container.paramString()
    このContainerの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Dialog.paramString()
    このダイアログの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Event.paramString()
    非推奨。
    ノート: Eventクラスは廃止されており、下位互換性のためにのみ使用できます。
    protected String
    FileDialog.paramString()
    このFileDialogウィンドウの状態を表す文字列表現を返します。
    protected String
    Frame.paramString()
    このFrameの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    Label.paramString()
    このLabelの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    このスクロール・リストの状態を表現しているパラメータ文字列を返します。
    このMenuの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    MenuComponent.paramString()
    このMenuComponentの状態を表す文字列を返します。
    MenuItem.paramString()
    このMenuItemの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    MenuShortcut.paramString()
    このMenuShortcutの状態を表すパラメータ文字列を返します。
    protected String
    Scrollbar.paramString()
    このScrollbarの状態を表す文字列を返します。
    ScrollPane.paramString()
    このScrollPaneの状態を表す文字列を返します。
    ScrollPaneAdjustable.paramString()
    このスクロール・バーの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    TextArea.paramString()
    このTextAreaの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    TextComponent.paramString()
    このTextComponentの状態を表す文字列を返します。
    protected String
    TextField.paramString()
    このTextFieldの状態を表す文字列を返します。
    AWTEvent.toString()
    このオブジェクトの文字列表現を返します。
    AWTKeyStroke.toString()
    このオブジェクトのプロパティを表示および識別する文字列を返します。
    BorderLayout.toString()
    このボーダー・レイアウトの状態を示す文字列表現を返します。
    CardLayout.toString()
    このカード・レイアウトの状態を示す文字列表現を返します。
    CheckboxGroup.toString()
    現在の選択の値を示す、このチェックボックス・グループの文字列表現を返します。
    Color.toString()
    このColorの文字列表現を返します。
    Component.toString()
    このコンポーネントおよびその値の文字列表現を返します。
    Cursor.toString()
    このカーソルの文字列表現を返します。
    Dimension.toString()
    このDimensionオブジェクトのheightおよびwidthフィールドの値の文字列表現を返します。
    Event.toString()
    非推奨。
    ノート: Eventクラスは廃止されており、下位互換性のためにのみ使用できます。
    FlowLayout.toString()
    このFlowLayoutオブジェクトとその値の文字列表現を返します。
    Font.toString()
    このFontオブジェクトをString表現に変換します。
    FontMetrics.toString()
    このFontMetricsオブジェクトの値の表現をStringとして返します。
    Graphics.toString()
    このGraphicsオブジェクトの値を表すStringオブジェクトを返します。
    GridBagLayout.toString()
    グリッド・バッグ・レイアウトの値の文字列表現を返します。
    GridLayout.toString()
    このグリッド・レイアウトの値の文字列表現を返します。
    Insets.toString()
    このInsetsオブジェクトの文字列表現を返します。
    JobAttributes.toString()
    このJobAttributesの文字列表現を返します。
    MenuComponent.toString()
    このメニュー・コンポーネントの表現を文字列として返します。
    MenuShortcut.toString()
    MenuShortcutの国際化された記述を返します。
    PageAttributes.toString()
    このPageAttributesの文字列表現を返します。
    Point.toString()
    この点と(x,y)座標空間内のその位置の文字列表現を返します。
    Rectangle.toString()
    このRectangleとその値を表すStringを返します。
    RenderingHints.toString()
    このRenderingHintsオブジェクトのキーから値へのマッピングを含む、ハッシュ・マップの比較的長い文字列表現を返します。
    Robot.toString()
    このRobotの文字列表現を返します。
    ScrollPaneAdjustable.toString()
    このスクロール・バーおよびその値の文字列表現を返します。
    SystemColor.toString()
    このColorの値の文字列表現を返します。
    String型のパラメータを持つjava.awtのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    Choice.add(String item)
    このChoiceメニューに項目を追加します。
    Container.add(String name, Component comp)
    指定されたコンポーネントをこのコンテナに追加します。
    void
    List.add(String item)
    指定された項目をスクロール・リストの末尾に追加します。
    void
    List.add(String item, int index)
    インデックスで指定された位置のスクロール・リストに指定されたアイテムを追加します。
    void
    Menu.add(String label)
    指定されたラベルを持つ項目をこのメニューに追加します。
    void
    Choice.addItem(String item)
    Java 2プラットフォームv1.1では使用しません。
    void
    List.addItem(String item)
    非推奨。
    add(String)に置き換えられています。
    void
    List.addItem(String item, int index)
    非推奨。
    add(String, int)に置き換えられています。
    void
    BorderLayout.addLayoutComponent(String name, Component comp)
    非推奨。
    addLayoutComponent(Component, Object)に置き換えられています。
    void
    CardLayout.addLayoutComponent(String name, Component comp)
    非推奨。
    addLayoutComponent(Component, Object)に置き換えられています。
    void
    FlowLayout.addLayoutComponent(String name, Component comp)
    指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
    void
    GridBagLayout.addLayoutComponent(String name, Component comp)
    このレイアウト・マネージャはコンポーネントごとの文字列を使用しないため、何もしません。
    void
    GridLayout.addLayoutComponent(String name, Component comp)
    指定された名前で、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
    void
    LayoutManager.addLayoutComponent(String name, Component comp)
    レイアウト・マネージャがコンポーネントごとの文字列を使用する場合は、レイアウトにコンポーネントcompを追加し、それをnameによって指定された文字列に関連付けます。
    void
    Component.addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    Container.addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    KeyboardFocusManager.addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    SystemTray.addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナーのリストにPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    指定されたデスクトップ・プロパティ用として、指定されたプロパティ変更リスナーを追加します。
    void
    特定のプロパティのリスナー・リストにPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    KeyboardFocusManager.addVetoableChangeListener(String propertyName, VetoableChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストにVetoableChangeListenerを追加します。
    void
    TextArea.append(String str)
    テキスト領域の現在のテキストに、指定されたテキストを追加します。
    void
    TextArea.appendText(String str)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、append(String)に置き換えられています。
    void
    Window.applyResourceBundle(String rbName)
    非推奨。
    J2SE 1.4以降は、Component.applyComponentOrientationに置き換えられています。
    int
    このFontが指定されたStringを表示できるかどうかを示します。
    Toolkit.createCustomCursor(Image cursor, Point hotSpot, String name)
    新しいカスタム・カーソル・オブジェクトを生成します。
    このFont内のUnicode cmapに基づいて文字からグリフに1対1にマッピングすることによって、GlyphVectorを作成します。
    abstract Image
    Toolkit.createImage(String filename)
    指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージを返します。
    static Color
    Color.decode(String nm)
    Stringを整数に変換し、指定された不透明なColorを返します。
    static Font
    Font.decode(String str)
    str引数で説明されているFontを返します。
    void
    TrayIcon.displayMessage(String caption, String text, TrayIcon.MessageType messageType)
    トレイ・アイコンのそばにポップアップ・メッセージを表示します。
    abstract void
    Graphics.drawString(String str, int x, int y)
    このグラフィックス・コンテキストの現在のフォントと色を使い、指定された文字列によって指定されたテキストを描きます。
    abstract void
    Graphics2D.drawString(String str, float x, float y)
    Graphics2Dコンテキスト内の現在のテキスト属性状態を使用して、指定されたStringによって指定されたテキストをレンダリングします。
    abstract void
    Graphics2D.drawString(String str, int x, int y)
    Graphics2Dコンテキスト内の現在のテキスト属性状態を使用して、指定されたStringのテキストをレンダリングします。
    protected void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, boolean oldValue, boolean newValue)
    boolean型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。
    void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, byte oldValue, byte newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, char oldValue, char newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, double oldValue, double newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, float oldValue, float newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    protected void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, int oldValue, int newValue)
    整数型プロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。
    void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, long oldValue, long newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, short oldValue, short newValue)
    バウンド・プロパティの変更を通知します。
    protected void
    Component.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    Objectプロパティに対するバウンド・プロパティの変更の報告をサポートします。
    protected void
    KeyboardFocusManager.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    バウンド・プロパティの変更に応答してPropertyChangeEventをトリガーします。
    protected void
    KeyboardFocusManager.fireVetoableChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    拒否可能プロパティの変更に応答してPropertyChangeEventをトリガーします。
    AWTKeyStroke.getAWTKeyStroke(String s)
    文字列を解析し、AWTKeyStrokeを返します。
    static Color
    Color.getColor(String nm)
    システム・プロパティの色を検索します。
    static Color
    Color.getColor(String nm, int v)
    システム・プロパティの色を検索します。
    static Color
    Color.getColor(String nm, Color v)
    システム・プロパティの色を検索します。
    final Object
    Toolkit.getDesktopProperty(String propertyName)
    指定されたデスクトップ・プロパティの値を取得します。
    static Font
    Font.getFont(String nm)
    システムのプロパティ・リストからFontオブジェクトを返します。
    static Font
    Font.getFont(String nm, Font font)
    システムのプロパティ・リストから指定されたFontを取得します。
    abstract Image
    Toolkit.getImage(String filename)
    指定されたファイルからピクセル・データを取得するイメージを返します。ファイル形式はGIF、JPEG、PNGのいずれかにする必要があります。
    Font.getLineMetrics(String str, int beginIndex, int limit, FontRenderContext frc)
    指定された引数で作成されたLineMetricsオブジェクトを返します。
    指定されたStringFontRenderContextで作成されたLineMetricsオブジェクトを返します。
    FontMetrics.getLineMetrics(String str, int beginIndex, int limit, Graphics context)
    指定されたGraphicsコンテキスト内の指定されたStringLineMetricsオブジェクトを返します。
    FontMetrics.getLineMetrics(String str, Graphics context)
    指定されたGraphicsコンテキスト内の指定されたStringLineMetricsオブジェクトを返します。
    Toolkit.getPrintJob(Frame frame, String jobtitle, JobAttributes jobAttributes, PageAttributes pageAttributes)
    ツールキットのプラットフォーム上で出力操作を開始した結果として生成されるPrintJobオブジェクトを取得します。
    abstract PrintJob
    Toolkit.getPrintJob(Frame frame, String jobtitle, Properties props)
    ツールキットのプラットフォーム上で出力操作を開始した結果として生成されるPrintJobオブジェクトを取得します。
    abstract Object
    Image.getProperty(String name, ImageObserver observer)
    このイメージのプロパティを名前で返します。
    static String
    Toolkit.getProperty(String key, String defaultValue)
    指定されたキーおよびデフォルトを使ってプロパティを返します。
    Component.getPropertyChangeListeners(String propertyName)
    指定されたプロパティに関連付けられているすべてのリスナーの配列を返します。
    KeyboardFocusManager.getPropertyChangeListeners(String propertyName)
    名前付きプロパティに関連付けられたすべてのPropertyChangeListenerの配列を返します。
    SystemTray.getPropertyChangeListeners(String propertyName)
    指定されたプロパティに関連付けられているすべてのリスナーの配列を返します。
    Toolkit.getPropertyChangeListeners(String propertyName)
    デスクトップ・プロパティの指定された名前に関連付けられているすべてのプロパティ変更リスナーの配列を返します。
    Font.getStringBounds(String str, int beginIndex, int limit, FontRenderContext frc)
    指定されたFontRenderContext内の指定されたStringの論理境界を返します。
    指定されたFontRenderContext内の指定されたStringの論理境界を返します。
    FontMetrics.getStringBounds(String str, int beginIndex, int limit, Graphics context)
    指定されたGraphicsコンテキスト内の指定されたStringの境界を返します。
    FontMetrics.getStringBounds(String str, Graphics context)
    指定されたGraphicsコンテキスト内の指定されたStringの境界を返します。
    static Cursor
    指定された名前に一致する、システム固有のカスタム・カーソル・オブジェクトを返します。
    KeyboardFocusManager.getVetoableChangeListeners(String propertyName)
    名前付きプロパティに関連付けられたすべてのVetoableChangeListenerの配列を返します。
    void
    Choice.insert(String item, int index)
    この選択の指定された位置に項目を挿入します。
    void
    Menu.insert(String label, int index)
    指定されたラベルを持つメニュー項目を、このメニューの指定された位置に挿入します。
    void
    TextArea.insert(String str, int pos)
    このテキスト領域内の指定された位置に、指定されたテキストを挿入します。
    void
    TextArea.insertText(String str, int pos)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、insert(String, int)に置き換えられています。
    protected Object
    デスクトップのプロパティ値を遅延評価する機会。
    void
    Choice.remove(String item)
    Choiceメニューから最初に表示されるitemを削除します。
    void
    List.remove(String item)
    リスト中の同じ項目のうち最初に出現したものを削除します。
    void
    Component.removePropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストからPropertyChangeListenerを削除します。
    void
    KeyboardFocusManager.removePropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストからPropertyChangeListenerを削除します。
    void
    SystemTray.removePropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストからPropertyChangeListenerを削除します。
    void
    指定されたデスクトップ・プロパティ用として指定されたプロパティ変更リスナーを削除します。
    void
    KeyboardFocusManager.removeVetoableChangeListener(String propertyName, VetoableChangeListener listener)
    特定のプロパティのリスナー・リストからVetoableChangeListenerを削除します。
    void
    List.replaceItem(String newValue, int index)
    スクロール・リスト内の指定されたインデックスにある項目を新しい文字列で置き換えます。
    void
    TextArea.replaceRange(String str, int start, int end)
    指定された始点と終点の間のテキストを、指定されたテキストに置き換えます。
    void
    TextArea.replaceText(String str, int start, int end)
    非推奨。
    JDK Version 1.1以降は、replaceRange(String, int, int)に置き換えられています。
    protected static void
    AWTEventMulticaster.save(ObjectOutputStream s, String k, EventListener l)
    直列化可能なリスナー・チェーンを直列化ストリームに保存します。
    protected void
    AWTEventMulticaster.saveInternal(ObjectOutputStream s, String k)
    直列化サポート。
    void
    Choice.select(String str)
    このChoiceメニュー内の選択された項目を、名前が指定された文字列に等しい項目になるように設定します。
    void
    Button.setActionCommand(String command)
    このボタンによってトリガーされるアクション・イベントのコマンド名を設定します。
    void
    MenuItem.setActionCommand(String command)
    このメニュー項目でトリガーされるアクション・イベントのコマンド名を設定します。
    void
    TrayIcon.setActionCommand(String command)
    このトレイ・アイコンによってトリガーされるアクション・イベントのコマンド名を設定します。
    protected final void
    Toolkit.setDesktopProperty(String name, Object newValue)
    指定されたデスクトップ・プロパティを、指定された値に変更し、プロパティ変更イベントをトリガーして、すべてのリスナーに値の変更を通知します。
    void
    FileDialog.setDirectory(String dir)
    このファイル・ダイアログ・ウィンドウのディレクトリを指定されたディレクトリに設定します。
    void
    FileDialog.setFile(String file)
    このファイル・ダイアログ・ウィンドウの選択されているファイルを、指定されたファイルに設定します。
    void
    JobAttributes.setFileName(String fileName)
    これらの属性を使うジョブに対して、出力ファイルの名前を指定します。
    void
    Taskbar.setIconBadge(String badge)
    システムの小さなバッジをこのアプリケーション・アイコンに貼り付けます。
    void
    Button.setLabel(String label)
    ボタンのラベルを、指定された文字列に設定します。
    void
    Checkbox.setLabel(String label)
    このチェックボックスのラベルを文字列引数に設定します。
    void
    MenuItem.setLabel(String label)
    このメニュー項目のラベルを指定されたラベルに設定します。
    void
    Component.setName(String name)
    コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
    void
    MenuComponent.setName(String name)
    コンポーネントの名前を、指定された文字列に設定します。
    void
    JobAttributes.setPrinter(String printer)
    これらの属性を使用するジョブについて、出力先プリンタを指定します。
    void
    Label.setText(String text)
    このラベルのテキストを、指定されたテキストに設定します。
    void
    TextComponent.setText(String t)
    このテキスト・コンポーネントで表示されるテキストを、指定されたテキストに設定します。
    void
    TextField.setText(String t)
    このテキスト・コンポーネントで表示されるテキストを、指定されたテキストに設定します。
    void
    Dialog.setTitle(String title)
    Dialogのタイトルを設定します。
    void
    FileDialog.setTitle(String title)
    Dialogのタイトルを設定します。
    void
    Frame.setTitle(String title)
    このフレームのタイトルを、指定された文字列に設定します。
    void
    TrayIcon.setToolTip(String tooltip)
    このTrayIconのツールヒント文字列を設定します。
    void
    CardLayout.show(Container parent, String name)
    addLayoutComponentを使用して、指定されたnameでこのレイアウトに追加されたコンポーネントに切り替えます。
    int
    FontMetrics.stringWidth(String str)
    指定されたStringをこのFontで表示するための有効幅の合計を返します。
    Component.BaselineResizeBehavior.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Desktop.Action.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Dialog.ModalExclusionType.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Dialog.ModalityType.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    GraphicsDevice.WindowTranslucency.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    MultipleGradientPaint.ColorSpaceType.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    MultipleGradientPaint.CycleMethod.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Taskbar.Feature.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Taskbar.State.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    TrayIcon.MessageType.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Window.Type.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awtのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージを使用してAWTErrorのインスタンスを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを使用してAWTExceptionのインスタンスを構築します。
     
    指定された名前を使用して、新しいAWTPermissionを作成します。
     
    AWTPermission(String name, String actions)
    指定された名前を使用して、新しいAWTPermissionオブジェクトを作成します。
     
    Button(String label)
    指定されたラベルを持つボタンを構築します。
     
    指定されたラベルが付いたチェックボックスを作成します。
     
    Checkbox(String label, boolean state)
    指定されたラベルが付いたチェックボックスを作成し、指定された状態に設定します。
     
    Checkbox(String label, boolean state, CheckboxGroup group)
    指定されたラベルが付いたチェックボックスを、指定された状態に設定し、指定されたチェックボックス・グループ内に構築します。
     
    Checkbox(String label, CheckboxGroup group, boolean state)
    指定されたラベルが付いたチェックボックスを、指定されたチェックボックス・グループ内に、指定された状態に設定して、作成します。
     
    指定されたラベルが付いたチェックボックス・メニュー項目を生成します。
     
    CheckboxMenuItem(String label, boolean state)
    指定されたラベルが付いたチェックボックス・メニュー項目を、指定された状態で生成します。
    protected
    Cursor(String name)
    指定された名前の新しいカスタム・カーソル・オブジェクトを生成します。
     
    Dialog(Dialog owner, String title)
    指定された所有者Dialogとタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしDialogを構築します。
     
    Dialog(Dialog owner, String title, boolean modal)
    指定された所有者Dialog、タイトル、およびモーダリティで、初期状態で可視ではないDialogを構築します。
     
    Dialog(Dialog owner, String title, boolean modal, GraphicsConfiguration gc)
    指定された所有者Dialog、タイトル、モーダリティ、およびGraphicsConfigurationで、初期状態で可視ではないDialogを構築します。
     
    Dialog(Frame owner, String title)
    指定された所有者Dialogとタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしFrameを構築します。
     
    Dialog(Frame owner, String title, boolean modal)
    指定された所有者Frame、タイトル、およびモーダリティで、初期状態で可視ではないDialogを構築します。
     
    Dialog(Frame owner, String title, boolean modal, GraphicsConfiguration gc)
    指定された所有者Frame、タイトル、モーダリティ、およびGraphicsConfigurationで、初期状態で可視ではないDialogを構築します。
     
    Dialog(Window owner, String title)
    指定された所有者Dialogとタイトルで、初期状態で可視ではないモードなしWindowを構築します。
     
    Dialog(Window owner, String title, Dialog.ModalityType modalityType)
    指定された所有者Window、タイトル、およびモーダリティを使用して、初期状態で可視ではないDialogを構築します。
     
    Dialog(Window owner, String title, Dialog.ModalityType modalityType, GraphicsConfiguration gc)
    指定された所有者Dialog、タイトル、モーダリティ、およびGraphicsConfigurationで、初期状態で可視ではないWindowを構築します。
     
    FileDialog(Dialog parent, String title)
    指定されたタイトルを使用して、ファイルをロードするためのファイル・ダイアログ・ウィンドウを生成します。
     
    FileDialog(Dialog parent, String title, int mode)
    指定されたタイトルを使用して、ファイルをロードまたは保存するためのファイル・ダイアログ・ウィンドウを生成します。
     
    FileDialog(Frame parent, String title)
    指定されたタイトルを使用して、ファイルをロードするためのファイル・ダイアログ・ウィンドウを生成します。
     
    FileDialog(Frame parent, String title, int mode)
    指定されたタイトルを使用して、ファイルをロードまたは保存するためのファイル・ダイアログ・ウィンドウを生成します。
     
    Font(String name, int style, int size)
    指定された名前、スタイル、およびポイント・サイズから新しいFontを作成します。
     
    指定された理由によりFontFormatExceptionを報告します。
     
    Frame(String title)
    指定されたタイトルを使用して、初期状態で可視ではない新しいFrameオブジェクトを構築します。
     
    指定されたタイトルとGraphicsConfigurationで、初期状態で可視ではない新しいFrameオブジェクトを構築します。
     
    指定された詳細エラー・メッセージで新しいインスタンスを作成します。
     
    指定された詳細なメッセージを持つIllegalComponentStateExceptionを構築します。
     
    JobAttributes(int copies, JobAttributes.DefaultSelectionType defaultSelection, JobAttributes.DestinationType destination, JobAttributes.DialogType dialog, String fileName, int maxPage, int minPage, JobAttributes.MultipleDocumentHandlingType multipleDocumentHandling, int[][] pageRanges, String printer, JobAttributes.SidesType sides)
    すべての属性に指定された値を使用して、JobAttributesインスタンスを構築します。
     
    Label(String text)
    新しいラベルを指定されたテキスト文字列で左揃えで構築します。
     
    Label(String text, int alignment)
    指定されたテキスト文字列を、指定された配置で表示する新しいラベルを構築します。
     
    Menu(String label)
    指定されたラベルを持つ新しいメニューを構築します。
     
    Menu(String label, boolean tearOff)
    メニューをティア・オフできるかどうかを指定して、指定されたラベルを持つ新しいメニューを構築します。
     
    指定されたラベルを持ち、キーボード・ショートカットのない新しいMenuItemを構築します。
     
    キーボード・ショートカットが関連付けられたメニュー項目を構築します。
     
    新しいポップアップ・メニューを、指定された名前で作成します。
     
    指定されたテキストで新しいテキスト領域を構築します。
     
    TextArea(String text, int rows, int columns)
    指定された行数と列数を持つ空のテキスト領域を、指定されたテキストで構築します。
     
    TextArea(String text, int rows, int columns, int scrollbars)
    指定された行数および列数の、指定されたテキストが表示される新しいテキスト領域を、指定されたスクロール・バーの可視性で構築します。
     
    指定されたテキストで初期化された新しいテキスト・フィールドを構築します。
     
    TextField(String text, int columns)
    指定されたテキストが表示されるように初期化され、指定された列数を表示できる幅の新しいテキスト・フィールドを構築します。
     
    TrayIcon(Image image, String tooltip)
    指定されたイメージとツールヒント・テキストでTrayIconを作成します。
     
    TrayIcon(Image image, String tooltip, PopupMenu popup)
    指定されたイメージ、ツールヒント、およびポップアップ・メニューでTrayIconを作成します。
  • java.awt.colorでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.colorのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ColorSpace.getName(int component)
    指定された成分インデックスで、成分の名前を返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.colorのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ICC_Profile.getInstance(String fileName)
    ファイル内のデータに対応するICC_Profileを構築します。
    void
    ICC_Profile.write(String fileName)
    このICC_Profileをファイルに書き込みます。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.colorのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定した詳細メッセージを持つCMMExceptionを構築します。
     
    指定した詳細メッセージを持つProfileDataExceptionを構築します。
  • java.awt.datatransferでのStringの使用

    Stringとして宣言されたjava.awt.datatransferのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final String
    MIMEコンテンツ・タイプが関連付けられていない任意のJavaオブジェクト参照への参照を同じJVM内のTransferableインタフェース経由で転送するには、このタイプ/サブタイプのDataFlavorが、Transferable経由で渡されるクラス/インタフェースのタイプに等しいrepresentationClassとともに使用されます。
    static final String
    有効なリンクをドラッグ&ドロップACTION_LINK操作によってリモート・オブジェクトに渡すには、application/x-java-remote-objectのMIMEコンテンツ・タイプを使用するようにしてください。ここで、DataFlavorの表現クラスは、転送されるRemoteインタフェースのタイプを表します。
    static final String
    application/x-java-serialized-objectというMIMEタイプは、永続化されたJavaオブジェクト(複数可)のグラフを表します。
    Stringを返すjava.awt.datatransferのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    static String
    SystemFlavorMap.decodeJavaMIMEType(String nat)
    Java MIMEタイプとして使用するためにStringネイティブをデコードします。
    static String
    SystemFlavorMap.encodeDataFlavor(DataFlavor flav)
    Stringネイティブとして使用するためにDataFlavorをエンコードします。
    static String
    SystemFlavorMap.encodeJavaMIMEType(String mimeType)
    Stringネイティブとして使用するためにMIMEタイプをエンコードします。
    final String
    デフォルトの表現クラスの名前を返します。
    このDataFlavorが表すデータ形式の判読できる名前を返します。
    DataFlavor.getMimeType()
    このDataFlavorのMIMEタイプの文字列を返します。
    Clipboard.getName()
    クリップボード・オブジェクトの名前を返します。
    DataFlavor.getParameter(String paramName)
    paramNameが「humanPresentableName」に等しい場合は、このDataFlavorの判読できる名前を返します。
    DataFlavor.getPrimaryType()
    このDataFlavorのプライマリMIMEタイプを返します。
    DataFlavor.getSubType()
    このDataFlavorのサブMIMEタイプを返します。
    protected String
    DataFlavor.normalizeMimeType(String mimeType)
    非推奨。
    1.1以降では、このメソッドがこの実装によって呼び出されることはありません
    protected String
    DataFlavor.normalizeMimeTypeParameter(String parameterName, String parameterValue)
    非推奨。
    1.1以降では、このメソッドがこの実装によって呼び出されることはありません
    DataFlavor.toString()
    このDataFlavorとそのパラメータの文字列表現。
    String型の引数を持つ型を返すjava.awt.datatransferのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    FlavorMap.getFlavorsForNatives(String[] natives)
    指定されたStringネイティブから対応するDataFlavorへのMapを返します。
    SystemFlavorMap.getFlavorsForNatives(String[] natives)
    指定されたStringネイティブの、そのもっとも適切なDataFlavorへのMapを返します。
    FlavorTable.getNativesForFlavor(DataFlavor flav)
    指定されたDataFlavorが対応するStringネイティブのListを返します。
    SystemFlavorMap.getNativesForFlavor(DataFlavor flav)
    指定されたDataFlavorのデータ転送サブシステムによる変換の宛先にすることのできるStringネイティブのListを返します。
    FlavorMap.getNativesForFlavors(DataFlavor[] flavors)
    指定されたDataFlavorから対応するStringネイティブへのMapを返します。
    SystemFlavorMap.getNativesForFlavors(DataFlavor[] flavors)
    指定されたDataFlavorの、そのもっとも適切なStringネイティブへのMapを返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.datatransferのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    SystemFlavorMap.addFlavorForUnencodedNative(String nat, DataFlavor flav)
    1つのStringネイティブから1つのDataFlavorへのマッピングを追加します。
    void
    SystemFlavorMap.addUnencodedNativeForFlavor(DataFlavor flav, String nat)
    指定されたDataFlavor (および指定されたDataFlavorに等しいすべてのDataFlavor)から指定されたStringネイティブへのマッピングを追加します。
    static DataFlavor
    SystemFlavorMap.decodeDataFlavor(String nat)
    DataFlavorとして使用するためにStringネイティブをデコードします。
    static String
    SystemFlavorMap.decodeJavaMIMEType(String nat)
    Java MIMEタイプとして使用するためにStringネイティブをデコードします。
    static String
    SystemFlavorMap.encodeJavaMIMEType(String mimeType)
    Stringネイティブとして使用するためにMIMEタイプをエンコードします。
    boolean
    DataFlavor.equals(String s)
    非推奨。
    hashCode()契約と矛盾するので、代わりにDataFlavor.isMimeTypeEqual(String)を使用してください。
    FlavorTable.getFlavorsForNative(String nat)
    指定されたStringが対応するDataFlavorListを返します。
    SystemFlavorMap.getFlavorsForNative(String nat)
    指定されたStringネイティブのデータ転送サブシステムによる変換の宛先にすることのできるDataFlavorListを返します。
    FlavorMap.getFlavorsForNatives(String[] natives)
    指定されたStringネイティブから対応するDataFlavorへのMapを返します。
    SystemFlavorMap.getFlavorsForNatives(String[] natives)
    指定されたStringネイティブの、そのもっとも適切なDataFlavorへのMapを返します。
    DataFlavor.getParameter(String paramName)
    paramNameが「humanPresentableName」に等しい場合は、このDataFlavorの判読できる名前を返します。
    static boolean
    SystemFlavorMap.isJavaMIMEType(String str)
    指定されたStringがエンコードされたJava MIMEタイプであるかどうかを返します。
    boolean
    DataFlavor.isMimeTypeEqual(String mimeType)
    渡されたMIMEタイプの文字列表現がこのDataFlavorのMIMEタイプと同等であるかどうかを返します。
    protected String
    DataFlavor.normalizeMimeType(String mimeType)
    非推奨。
    1.1以降では、このメソッドがこの実装によって呼び出されることはありません
    protected String
    DataFlavor.normalizeMimeTypeParameter(String parameterName, String parameterValue)
    非推奨。
    1.1以降では、このメソッドがこの実装によって呼び出されることはありません
    void
    SystemFlavorMap.setFlavorsForNative(String nat, DataFlavor[] flavors)
    指定されたStringネイティブの現在のマッピングを破棄し、指定されたDataFlavorへの新しいマッピングを作成します。
    void
    DataFlavor.setHumanPresentableName(String humanPresentableName)
    このDataFlavorが表すデータ形式の判読できる名前を設定します。
    void
    SystemFlavorMap.setNativesForFlavor(DataFlavor flav, String[] natives)
    指定されたDataFlavor、および指定されたDataFlavorに等しいすべてのDataFlavorの現在のマッピングを破棄し、指定されたStringネイティブへの新しいマッピングを作成します。
    protected static final Class<?>
    DataFlavor.tryToLoadClass(String className, ClassLoader fallback)
    ブートストラップ・ローダー、システム・ローダー、コンテキスト・ローダー(存在する場合)、指定されたローダーの順番でクラスのロードを試みます。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.datatransferのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    クリップボード・オブジェクトを作成します。
     
    DataFlavor(Class<?> representationClass, String humanPresentableName)
    Javaクラスを表すDataFlavorを構築します。
     
    DataFlavor(String mimeType)
    mimeType文字列からDataFlavorを構築します。
     
    DataFlavor(String mimeType, String humanPresentableName)
    MimeTypeを表すDataFlavorを構築します。
     
    DataFlavor(String mimeType, String humanPresentableName, ClassLoader classLoader)
    MimeTypeを表すDataFlavorを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを持つMimeTypeParseExceptionを構築します。
     
    指定されたStringを転送できるTransferableを作成します。
  • java.awt.desktopでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.desktopのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    OpenFilesEvent.getSearchTerm()
    検索語を取得します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.desktopのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    QuitStrategy.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    UserSessionEvent.Reason.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.desktopのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    OpenFilesEvent(List<File> files, String searchTerm)
    OpenFilesEventを構築します。
  • java.awt.dndでのStringの使用

    Stringのパラメータを持つjava.awt.dndのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    独自の説明メッセージを含む例外を作成します
  • java.awt.eventでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.eventのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ActionEvent.getActionCommand()
    このアクションに関連付けられたコマンド文字列を返します。
    static String
    KeyEvent.getKeyModifiersText(int modifiers)
    非推奨。
    代わりに拡張修飾キーとInputEvent.getModifiersExText(int)を使用することをお勧めします
    static String
    KeyEvent.getKeyText(int keyCode)
    HOME、F1、AなどのkeyCodeを記述するStringを返します。
    static String
    InputEvent.getModifiersExText(int modifiers)
    「Shift」、「Button1」、または「Ctrl+Shift」などの拡張修飾子キーおよびマウス・ボタンを記述するStringを返します。
    static String
    MouseEvent.getMouseModifiersText(int modifiers)
    イベントの発生時に押されていた「Shift」キーや「Ctrl+Shift」キーなどの修飾キーやマウス・ボタンを記述するStringインスタンスを返します。
    ActionEvent.paramString()
    このアクション・イベントを識別するパラメータ文字列を返します。
    ComponentEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    ContainerEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    FocusEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    HierarchyEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    InputMethodEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    InvocationEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    ItemEvent.paramString()
    この項目イベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    KeyEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    MouseEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    MouseWheelEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    TextEvent.paramString()
    このテキスト・イベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    WindowEvent.paramString()
    このイベントを特定するパラメータ文字列を返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.eventのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    FocusEvent.Cause.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.eventのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    ActionEvent(Object source, int id, String command)
    ActionEventオブジェクトを構築します。
     
    ActionEvent(Object source, int id, String command, int modifiers)
    修飾キーでActionEventオブジェクトを構築します。
     
    ActionEvent(Object source, int id, String command, long when, int modifiers)
    指定された修飾キーとタイムスタンプでActionEventオブジェクトを構築します。
  • java.awt.fontでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.fontのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    MultipleMaster.getDesignAxisNames()
    各デザイン軸の名前を返します。
    NumericShaper.toString()
    この形状決定要因を記述するStringを返します。
    TextHitInfo.toString()
    デバッグ専用にヒットを表すStringを返します。
    TextLayout.toString()
    このTextLayoutのデバッグ情報を返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.fontのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    byte[]
    OpenType.getFontTable(String strSfntTag)
    指定されたタグに対応する表をバイト配列として返します。
    byte[]
    OpenType.getFontTable(String strSfntTag, int offset, int count)
    指定されたタグに対応する表のサブセットをバイト配列として返します。
    int
    OpenType.getFontTableSize(String strSfntTag)
    指定されたタグに対応する表のサイズを返します。
    NumericShaper.Range.valueOf(String name)
    指定された名前を持つこのクラスのenum定数を返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.fontのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
    protected
    指定された名前のTextAttributeを構築します。
     
    TextLayout(String string, Font font, FontRenderContext frc)
    StringおよびFontからTextLayoutを構築します。
     
    Stringおよび属性セットからTextLayoutを構築します。
  • java.awt.geomでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.geomのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AffineTransform.toString()
    このObjectの値を表すStringを返します。
    Point2D.Double.toString()
    このPoint2Dの値を表すStringを返します。
    Point2D.Float.toString()
    このPoint2Dの値を表すStringを返します。
    Rectangle2D.Double.toString()
    このRectangle2DString表現を返します。
    Rectangle2D.Float.toString()
    このRectangle2DString表現を返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.geomのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージを持つIllegalPathStateExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージを使用してNoninvertibleTransformExceptionのインスタンスを構築します。
  • java.awt.im.spiでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.im.spiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    InputMethodDescriptor.getInputMethodDisplayName(Locale inputLocale, Locale displayLanguage)
    指定された入力ロケールのインプット・メソッドに対応する、ユーザーに表示される名前を、その名前が表示される言語で返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.im.spiのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    InputMethodContext.createInputMethodJFrame(String title, boolean attachToInputContext)
    インプット・メソッドが使用するトップ・レベルのSwing JFrameを作成します。
    InputMethodContext.createInputMethodWindow(String title, boolean attachToInputContext)
    インプット・メソッドが使用するトップ・レベルのウィンドウを作成します。
  • java.awt.imageでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.imageのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    BufferedImage.getPropertyNames()
    getProperty(String)が認識する名前の配列を返すか、プロパティ名が認識されない場合はnullを返します。
    RenderedImage.getPropertyNames()
    getProperty(String)が認識する名前の配列を返すか、プロパティ名が認識されない場合はnullを返します。
    BufferedImage.toString()
    このBufferedImageオブジェクトおよびその値のString表現を返します。
    ColorModel.toString()
    このColorModel オブジェクトの内容を表すStringを返します。
    DirectColorModel.toString()
    このDirectColorModelを表すStringを返します。
    IndexColorModel.toString()
    このColorModel オブジェクトの内容を表すStringを返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.imageのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    AbstractMultiResolutionImage.getProperty(String name, ImageObserver observer)
    このメソッドは、単純にベース・イメージの同じメソッドに委譲し、次と同等です: getBaseImage().getProperty(name, observer)
    BufferedImage.getProperty(String name)
    イメージのプロパティを名前で返します。
    BufferedImage.getProperty(String name, ImageObserver observer)
    イメージのプロパティを名前で返します。
    RenderedImage.getProperty(String name)
    このイメージのプロパティ・セットからプロパティを返します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.imageのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定されたメッセージを持つImagingOpExceptionオブジェクトを構築します。
     
    指定されたメッセージで新しいRasterFormatExceptionを構築します。
  • java.awt.image.renderableでのStringの使用

    Stringとして宣言されたjava.awt.image.renderableのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final String
    RenderableImage.HINTS_OBSERVED
    createRenderingメソッドまたはcreateScaledRenderingメソッドを使って取得したRenderedImageのプロパティを識別するために使用される文字列定数です。
    Stringを返すjava.awt.image.renderableのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ContextualRenderedImageFactory.getPropertyNames()
    getPropertyによって認識される名前のリストを返します。
    RenderableImage.getPropertyNames()
    getPropertyによって認識される名前のリストを返します。
    RenderableImageOp.getPropertyNames()
    getPropertyによって認識される名前のリストを返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.image.renderableのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    ContextualRenderedImageFactory.getProperty(ParameterBlock paramBlock, String name)
    名前パラメータで指定されたプロパティの対応するインスタンスを返します。
    RenderableImage.getProperty(String name)
    このイメージのプロパティ・セットからプロパティを返します。
    RenderableImageOp.getProperty(String name)
    このイメージのプロパティ・セットからプロパティを返します。
  • java.awt.printでのStringの使用

    Stringを返すjava.awt.printのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    abstract String
    PrinterJob.getJobName()
    印刷するドキュメントの名前を返します。
    abstract String
    PrinterJob.getUserName()
    印刷を行うユーザーの名前を返します。
    String型のパラメータを持つjava.awt.printのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    PrinterJob.lookupStreamPrintServices(String mimeType)
    2Dグラフィックスの描画が可能なストリーム印刷サービスのファクトリを検出する簡易メソッドです。
    abstract void
    PrinterJob.setJobName(String jobName)
    印刷するドキュメントの名前を設定します。
    Stringのパラメータを持つjava.awt.printのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    指定された詳細メッセージで新しいPrinterAbortExceptionを構築します。
     
    指定された詳細メッセージで新しいPrinterExceptionオブジェクトを構築します。
  • java.beansでのStringの使用

    Stringとして宣言されたjava.beansのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    static final String
    DesignMode.PROPERTYNAME
    BeanContextやほかのPropertyChangeEventsのソースからトリガーされるpropertyNameの標準値です。
    Stringを返すjava.beansのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    static String
    Introspector.decapitalize(String name)
    文字列を引数に取り、通常のJava変数名の大文字使用法に従って変換するユーティリティ・メソッドです。
    EventHandler.getAction()
    このイベント・ハンドラによって設定されるターゲットの書込み可能なプロパティ、またはこのイベントがターゲット上で呼び出すメソッドの名前を返します。
    PropertyEditor.getAsText()
    プロパティの値をテキストとして取得します。
    PropertyEditorSupport.getAsText()
    編集するユーザーへの表示に適した文字列として、プロパティ値を取得します。
    static String[]
    Introspector.getBeanInfoSearchPath()
    BeanInfoクラスの検索に使用するパッケージ名のリストを取得します。
    FeatureDescriptor.getDisplayName()
    この機能のローカライズされた表示名を取得します。
    static String[]
    PropertyEditorManager.getEditorSearchPath()
    プロパティ・エディタを検索するためのパッケージ名を取得します。
    EventHandler.getEventPropertyName()
    ターゲットに適用されるアクションで使用されるイベントのプロパティを返します。
    エディタの現在の状態に一致するようにプロパティを設定するために使えるJavaコードのフラグメントを返します。
    PropertyEditorSupport.getJavaInitializationString()
    Javaコードを生成してプロパティの値を設定するときに使います。
    EventHandler.getListenerMethodName()
    アクションをトリガーするメソッドの名前を返します。
    Statement.getMethodName()
    呼び出すメソッドの名前を返します。
    FeatureDescriptor.getName()
    この機能のプログラム名を取得します。
    PropertyChangeEvent.getPropertyName()
    変更されたプロパティのプログラム名を取得します。
    PropertyChangeListenerProxy.getPropertyName()
    リスナーに関連付けられている指定されたプロパティの名前を返します。
    VetoableChangeListenerProxy.getPropertyName()
    リスナーに関連付けられている指定されたプロパティの名前を返します。
    FeatureDescriptor.getShortDescription()
    この機能の短い説明を取得します。
    PropertyEditor.getTags()
    プロパティ値が既知のタグ付きの値セットの1つでなければならない場合に、タグの配列を返します。
    PropertyEditorSupport.getTags()
    プロパティ値が既知のタグ付きの値セットの1つでなければならない場合に、タグ付きの値の配列を返します。
    Expression.toString()
    Javaスタイルの構文を使って、この式の値を出力します。
    FeatureDescriptor.toString()
    オブジェクトの文字列表現を返します。
    PropertyChangeEvent.toString()
    オブジェクトの文字列表現を返します。
    Statement.toString()
    Javaスタイルの構文を使って、この文の値を出力します。
    String型の引数を持つ型を返すjava.beansのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    FeatureDescriptor.attributeNames()
    この機能のロケールに依存しない名前の列挙を取得します。
    String型のパラメータを持つjava.beansのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    PropertyChangeSupport.addPropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    VetoableChangeSupport.addVetoableChangeListener(String propertyName, VetoableChangeListener listener)
    特定のプロパティのVetoableChangeListenerを追加します。
    static <T> T
    EventHandler.create(Class<T> listenerInterface, Object target, String action)
    リスナー・インタフェース内のすべてのメソッドがハンドラのactiontargetに適用するようなlistenerInterface実装を作成します。
    static <T> T
    EventHandler.create(Class<T> listenerInterface, Object target, String action, String eventPropertyName)
    /** すべてのメソッドが、イベント式eventPropertyNameの値を文中のfinalメソッドであるaction (targetに適用される)に渡すようなlistenerInterface実装を作成します。
    static <T> T
    EventHandler.create(Class<T> listenerInterface, Object target, String action, String eventPropertyName, String listenerMethodName)
    listenerMethodNameという名前のメソッドが、イベント式eventPropertyNameの値を文中のfinalメソッドであるaction (targetに適用される)に渡すようなlistenerInterface実装を作成します。
    static String
    Introspector.decapitalize(String name)
    文字列を引数に取り、通常のJava変数名の大文字使用法に従って変換するユーティリティ・メソッドです。
    void
    PropertyChangeSupport.fireIndexedPropertyChange(String propertyName, int index, boolean oldValue, boolean newValue)
    登録されているリスナーにboolean型のインデックス付きバウンド・プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    PropertyChangeSupport.fireIndexedPropertyChange(String propertyName, int index, int oldValue, int newValue)
    登録されているリスナーに整数型のインデックス付きバウンド・プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    PropertyChangeSupport.fireIndexedPropertyChange(String propertyName, int index, Object oldValue, Object newValue)
    登録されているリスナーにインデックス付きバウンド・プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    PropertyChangeSupport.firePropertyChange(String propertyName, boolean oldValue, boolean newValue)
    登録されているリスナーにboolean型のバウンド・プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    PropertyChangeSupport.firePropertyChange(String propertyName, int oldValue, int newValue)
    登録されているリスナーに整数型のバウンド・プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    PropertyChangeSupport.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    登録されているリスナーにバウンド・プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    VetoableChangeSupport.fireVetoableChange(String propertyName, boolean oldValue, boolean newValue)
    登録されているリスナーにboolean型の制約プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    VetoableChangeSupport.fireVetoableChange(String propertyName, int oldValue, int newValue)
    登録されているリスナーに整数型の制約プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    void
    VetoableChangeSupport.fireVetoableChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    登録されているリスナーに制約プロパティの更新を報告して、すべてのプロパティまたは指定された名前を持つプロパティの更新を追跡します。
    PropertyChangeSupport.getPropertyChangeListeners(String propertyName)
    指定されたプロパティに関連付けられているすべてのリスナーの配列を返します。
    FeatureDescriptor.getValue(String attributeName)
    この機能を使用して名前付きの属性を取得します。
    VetoableChangeSupport.getVetoableChangeListeners(String propertyName)
    指定されたプロパティに関連付けられているすべてのリスナーの配列を返します。
    boolean
    PropertyChangeSupport.hasListeners(String propertyName)
    特定のプロパティにリスナーがあるかどうかを判定します。あらゆるプロパティに登録されたリスナーが含まれます。
    boolean
    VetoableChangeSupport.hasListeners(String propertyName)
    特定のプロパティにリスナーがあるかどうかを判定します。あらゆるプロパティに登録されたリスナーが含まれます。
    static Object
    Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName)
    Beanのインスタンスを生成します。
    static Object
    Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext)
    Beanのインスタンスを生成します。
    static Object
    Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext, AppletInitializer initializer)
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    Applet APIは推奨されていないため、Beans.instantiate(ClassLoader, String, BeanContext)を使用することをお勧めします。
    SimpleBeanInfo.loadImage(String resourceName)
    アイコン・イメージをロードするためのユーティリティ・メソッドです。
    void
    PropertyChangeSupport.removePropertyChangeListener(String propertyName, PropertyChangeListener listener)
    特定のプロパティのPropertyChangeListenerを削除します。
    void
    VetoableChangeSupport.removeVetoableChangeListener(String propertyName, VetoableChangeListener listener)
    特定のプロパティのVetoableChangeListenerを削除します。
    void
    PropertyEditor.setAsText(String text)
    指定されたString (文字列)を解析してプロパティ値を設定します。
    void
    PropertyEditorSupport.setAsText(String text)
    指定されたString (文字列)を解析してプロパティ値を設定します。
    static void
    Introspector.setBeanInfoSearchPath(String[] path)
    BeanInfoクラスの検索に使用されるパッケージ名のリストを変更します。
    void
    FeatureDescriptor.setDisplayName(String displayName)
    この機能のローカライズされた表示名を設定します。
    static void
    PropertyEditorManager.setEditorSearchPath(String[] path)
    プロパティ・エディタの検索に使用されるパッケージ名のリストを変更します。
    void
    FeatureDescriptor.setName(String name)
    この機能のプログラム名を設定します。
    void
    FeatureDescriptor.setShortDescription(String text)
    短い説明的な文字列を機能と関連付けることができます。
    void
    FeatureDescriptor.setValue(String attributeName, Object value)
    名前付きの属性をこの機能と関連付けます。
    Stringのパラメータを持つjava.beansのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    DefaultPersistenceDelegate(String[] constructorPropertyNames)
    コンストラクタの引数がconstructorPropertyNamesで指定されたプロパティ名の値であるクラスのために、デフォルトの永続的な委譲を作成します。
     
    EventHandler(Object target, String action, String eventPropertyName, String listenerMethodName)
    新しいEventHandlerオブジェクトを作成します(このコンストラクタを直接呼び出すのではなく、いずれかのcreateメソッドを使用するのが一般的)。
     
    EventSetDescriptor(Class<?> sourceClass, String eventSetName, Class<?> listenerType, String listenerMethodName)
    指定されたイベントfredが(1) FredListenerインタフェースの単一のメソッド呼び出しとして配信される、(2) FredEvent型の単一の引数をとる、(3) FredListenerをソース・コンポーネントのaddFredListenerメソッドの呼出しで登録しremoveFredListenerメソッドの呼出しで削除する、というもっとも単純な標準設計パターンに従うものとして、EventSetDescriptorを作成します。
     
    EventSetDescriptor(Class<?> sourceClass, String eventSetName, Class<?> listenerType, String[] listenerMethodNames, String addListenerMethodName, String removeListenerMethodName)
    文字列名を使って、ゼロからEventSetDescriptorを作成します。
     
    EventSetDescriptor(Class<?> sourceClass, String eventSetName, Class<?> listenerType, String[] listenerMethodNames, String addListenerMethodName, String removeListenerMethodName, String getListenerMethodName)
    このコンストラクタは、文字列名を使って、ゼロからEventSetDescriptorを作成します。
     
    EventSetDescriptor(String eventSetName, Class<?> listenerType, MethodDescriptor[] listenerMethodDescriptors, Method addListenerMethod, Method removeListenerMethod)
    java.lang.reflect.MethodDescriptorおよびjava.lang.Classオブジェクトを使って、ゼロからEventSetDescriptorを作成します。
     
    EventSetDescriptor(String eventSetName, Class<?> listenerType, Method[] listenerMethods, Method addListenerMethod, Method removeListenerMethod)
    java.lang.reflect.Methodおよびjava.lang.Classオブジェクトを使って、ゼロからEventSetDescriptorを作成します。
     
    EventSetDescriptor(String eventSetName, Class<?> listenerType, Method[] listenerMethods, Method addListenerMethod, Method removeListenerMethod, Method getListenerMethod)
    このコンストラクタは、java.lang.reflect.Methodオブジェクトとjava.lang.Classオブジェクトを使って、ゼロからEventSetDescriptorを作成します。
     
    Expression(Object value, Object target, String methodName, Object[] arguments)
    指定されたターゲット・オブジェクトの指定された値を使って新しいExpressionオブジェクトを作成して、名前、および引数の配列で指定されたメソッドを呼び出します。
     
    Expression(Object target, String methodName, Object[] arguments)
    指定されたターゲット・オブジェクトの新しいExpressionオブジェクトを作成して、名前、および引数の配列で指定されたメソッドを呼び出します。
     
    IndexedPropertyChangeEvent(Object source, String propertyName, Object oldValue, Object newValue, int index)
    新しいIndexedPropertyChangeEventオブジェクトを構築します。
     
    IndexedPropertyDescriptor(String propertyName, Class<?> beanClass)
    このコンストラクタは、インデックス付きのアクセスと配列アクセスのどちらでも、アクセス用メソッドgetFooおよびsetFooを使って、標準Java規約に準拠したプロパティのIndexedPropertyDescriptorを構築します。
     
    IndexedPropertyDescriptor(String propertyName, Class<?> beanClass, String readMethodName, String writeMethodName, String indexedReadMethodName, String indexedWriteMethodName)
    このコンストラクタは、単純なプロパティ名と、プロパティの読み込みおよび書込み用のメソッド名(インデックス付きメソッドと非インデックス付きメソッドの両方)を引数に取ります。
     
    IndexedPropertyDescriptor(String propertyName, Method readMethod, Method writeMethod, Method indexedReadMethod, Method indexedWriteMethod)
    このコンストラクタは、単純なプロパティ名と、プロパティの読み込みおよび書込み用のMethodオブジェクトを引数に取ります。
     
    詳細メッセージを含むIntrospectionExceptionを構築します。
     
    PropertyChangeEvent(Object source, String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
    新しいPropertyChangeEventを構築します。
     
    PropertyChangeListenerを特定のプロパティにバインドするコンストラクタ。
     
    PropertyDescriptor(String propertyName, Class<?> beanClass)
    アクセス用メソッドgetFooおよびsetFooを使って、標準のJava規約に準拠しているプロパティのPropertyDescriptorを構築します。
     
    PropertyDescriptor(String propertyName, Class<?> beanClass, String readMethodName, String writeMethodName)
    このコンストラクタは、単純なプロパティ名と、プロパティの読み込みおよび書込み用のメソッド名を引数に取ります。
     
    PropertyDescriptor(String propertyName, Method readMethod, Method writeMethod)
    このコンストラクタは、単純なプロパティ名と、プロパティの読み込みおよび書込み用のMethodオブジェクトを引数に取ります。
     
    詳細メッセージを含むPropertyVetoExceptionを構築します。
     
    Statement(Object target, String methodName, Object[] arguments)
    指定されたターゲット・オブジェクトの新しいStatementオブジェクトを作成して、名前、および引数の配列で指定されたメソッドを呼び出します。
     
    VetoableChangeListenerを特定のプロパティにバインドするコンストラクタ。
     
    XMLEncoder(OutputStream out, String charset, boolean declaration, int indentation)
    指定されたcharsetを使用し、指定されたindentationから開始してJavaBeansをストリームoutに書き出すための新しいXMLエンコーダを作成します。
  • java.beans.beancontextでのStringの使用

    String型のパラメータを持つjava.beans.beancontextのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    void
    指定されたプロパティが変更になるたびにPropertyChangeEventを受け取るために、PropertyChangeListenerをこのBeanContextChildに追加します。
    void
    BeanContextChildSupport.addPropertyChangeListener(String name, PropertyChangeListener pcl)
    特定のプロパティのPropertyChangeListenerを追加します。
    void
    指定されたプロパティが変更になるたびにイベントを受け取るために、VetoableChangeListenerをこのBeanContextChildに追加します。
    void
    BeanContextChildSupport.addVetoableChangeListener(String name, VetoableChangeListener vcl)
    特定のプロパティのVetoableChangeListenerを追加します。
    void
    BeanContextChildSupport.firePropertyChange(String name, Object oldValue, Object newValue)
    登録されているすべてのリスナーにバウンド・プロパティの更新を通知します。
    void
    BeanContextChildSupport.fireVetoableChange(String name, Object oldValue, Object newValue)
    登録されているすべてのリスナーに拒否可能プロパティの更新を通知します。
    BeanContext.getResource(String name, BeanContextChild bcc)
    java.lang.ClassLoader.getResource()と同じように、このメソッドによってBeanContext実装で子のComponentとベースとなるClassLoaderの間に動作を挿入できます。
    BeanContextSupport.getResource(String name, BeanContextChild bcc)
     
    java.lang.ClassLoader.getResourceAsStream()と同じように、このメソッドによってBeanContext実装で子のComponentとベースとなるClassLoaderの間に動作を挿入できます。
    BeanContextSupport.getResourceAsStream(String name, BeanContextChild bcc)
     
    BeanContext.instantiateChild(String beanName)
    このBeanContextの子として指定されたJavaBeanをインスタンス化します。
    BeanContextSupport.instantiateChild(String beanName)
    instantiateChildメソッドは、Beanを入れ子にしてBeanContextにインスタンスを生成するタスクを単純化するBeanContextの簡易フックです。
    void
    PropertyChangeListenerをこのBeanContextChildから削除して、指定されたプロパティが変更になったときにPropertyChangeEventsを受け取らないようにします。
    void
    BeanContextChildSupport.removePropertyChangeListener(String name, PropertyChangeListener pcl)
    特定のプロパティのPropertyChangeListenerを削除します。
    void
    VetoableChangeListenerをこのBeanContextChildから削除して、指定されたプロパティが変更になったときにイベントを受け取らないようにします。
    void
    BeanContextChildSupport.removeVetoableChangeListener(String name, VetoableChangeListener vcl)
    VetoableChangeListenerを削除します。
  • java.ioでのStringの使用

    Stringとして宣言されたjava.ioのフィールド
    修飾子と型
    フィールド
    説明
    protected String
    StringBufferInputStream.buffer
    非推奨。
    バイトの読込み元の文字列です。
    InvalidClassException.classname
    無効なクラスの名前。
    static final String
    システムに依存するパス区切り文字です。利便性のため文字列で表されます。
    static final String
    システムに依存するデフォルトの名前区切り文字です。利便性のため文字列で表されます。
    StreamTokenizer.sval
    現在のトークンがワード・トークンの場合、このフィールドには、ワード・トークンの文字を表す文字列が入ります。
    Stringを返すjava.ioのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    この抽象パス名の絶対パス名文字列を返します。
    FilePermission.getActions()
    アクションの「正規の文字列表現」を返します。
    この抽象パス名の正規のパス名文字列を返します。
    InputStreamReader.getEncoding()
    このストリームで使用される文字エンコーディングの名前を返します。
    OutputStreamWriter.getEncoding()
    このストリームで使用される文字エンコーディングの名前を返します。
    InvalidClassException.getMessage()
    メッセージを作成し、クラス名があればそれを含めます。
    WriteAbortedException.getMessage()
    メッセージを作成し、入れ子にされた例外があればそこからメッセージを取り込みます。
    File.getName()
    この抽象パス名が示すファイルまたはディレクトリの名前を返します。
    ObjectStreamClass.getName()
    この記述子によって記述されるクラスの名前を返します。
    ObjectStreamField.getName()
    このフィールドの名前を取得します。
    File.getParent()
    この抽象パス名の親のパス名文字列を返します。このパス名が親ディレクトリを示さない場合はnullを返します。
    File.getPath()
    この抽象パス名をパス名文字列に変換します。
    ObjectStreamField.getTypeString()
    JVM形式シグネチャを返します。
    File.list()
    この抽象パス名が示すディレクトリにあるファイルおよびディレクトリを示す文字列の配列を返します。
    File.list(FilenameFilter filter)
    この抽象パス名が示すディレクトリにあるファイルおよびディレクトリの中で、指定されたフィルタの基準を満たすものの文字列の配列を返します。
    BufferedReader.readLine()
    テキスト行を読み込みます。
    Console.readLine()
    コンソールから単一行のテキストを読み込みます。
    Console.readLine(String fmt, Object... args)
    書式設定されたプロンプトを提供し、次にコンソールから単一行のテキストを読み込みます。
    DataInput.readLine()
    入力ストリームから、次の行のテキストを読み込みます。
    final String
    DataInputStream.readLine()
    非推奨。
    このメソッドでは、バイトから文字への変換が正しく行われません。
    LineNumberReader.readLine()
    テキストを1行読み込みます。
    ObjectInputStream.readLine()
    非推奨。
    このメソッドでは、バイトから文字への変換が正しく行われません。
    final String
    RandomAccessFile.readLine()
    このファイルのテキストの次の行を読み取ります。
    DataInput.readUTF()
    修正UTF-8形式でエンコードされた文字列を読み込みます。
    final String
    DataInputStream.readUTF()
    DataInputreadUTFメソッドの汎用規約を参照してください。
    static final String
    DataInputStream.readUTF(DataInput in)
    修正UTF-8形式でエンコードされたUnicode文字列表現を、ストリームinから読み込みます。読み込まれた文字列は、Stringとして返されます。
    ObjectInputStream.readUTF()
    修正UTF-8形式の文字列を読み込みます。
    final String
    RandomAccessFile.readUTF()
    このファイルから文字列を読み取ります。
    ByteArrayOutputStream.toString()
    デフォルトの文字セットを使用して、バッファの内容を文字列デコード・バイトに変換します。
    ByteArrayOutputStream.toString(int hibyte)
    非推奨。
    このメソッドでは、バイトから文字への変換が正しく行われません。
    ByteArrayOutputStream.toString(String charsetName)
    指定されたcharsetを使用してバイトをデコードすることで、バッファの内容を文字列に変換します。
    ByteArrayOutputStream.toString(Charset charset)
    指定されたcharsetを使用してバイトをデコードすることにより、バッファの内容を文字列に変換します。
    CharArrayWriter.toString()
    入力データを文字列に変換します。
    File.toString()
    この抽象パス名のパス名文字列を返します。
    ObjectStreamClass.toString()
    このObjectStreamClassを記述した文字列を返します。
    ObjectStreamField.toString()
    このフィールドを記述する文字列を返します。
    StreamTokenizer.toString()
    現在のストリーム・トークンの文字列表現と、それが発生する行番号を返します。
    StringWriter.toString()
    バッファの現在の値を文字列として返します。
    String型の引数を持つ型を返すjava.ioのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    BufferedReader.lines()
    Streamを返します。要素はBufferedReaderから読み込まれる行です。
    String型のパラメータを持つjava.ioのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    boolean
    FilenameFilter.accept(File dir, String name)
    指定されたファイルをファイル・リストに含めるかどうかをテストします。
    ObjectInputFilter.Config.createFilter(String pattern)
    パターンの文字列からObjectInputFilterを返します。
    static File
    File.createTempFile(String prefix, String suffix)
    指定された接頭辞と接尾辞をファイル名の生成に使用して、デフォルトの一時ファイル・ディレクトリに空のファイルを生成します。
    static File
    File.createTempFile(String prefix, String suffix, File directory)
    指定されたディレクトリで新しい空のファイルを生成し、その名前には、指定された接頭辞および接尾辞の文字列が使用されます。
    abstract boolean
    ObjectInputStream.GetField.defaulted(String name)
    名前で指定されたフィールドがデフォルトで設定されており、このストリームで値を持たない場合にtrueを返します。
    Console.format(String fmt, Object... args)
    指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのコンソールの出力ストリームに書き込みます。
    PrintStream.format(String format, Object... args)
    指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
    PrintStream.format(Locale l, String format, Object... args)
    指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
    PrintWriter.format(String format, Object... args)
    指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのライターに書き込みます。
    PrintWriter.format(Locale l, String format, Object... args)
    指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのライターに書き込みます。
    abstract boolean
    ObjectInputStream.GetField.get(String name, boolean val)
    名前で指定されたbooleanフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract byte
    ObjectInputStream.GetField.get(String name, byte val)
    名前で指定されたbyteフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract char
    ObjectInputStream.GetField.get(String name, char val)
    名前で指定されたcharフィールドの値を持続フィールドから取得します。
    abstract double
    ObjectInputStream.GetField.