インタフェース
java.io.Serializableの使用

Serializableを使用しているパッケージ
パッケージ
説明
これは、Java Debug Interface (JDI)のコア・パッケージで、ブートストラップ機能以外に、値、型、およびターゲット仮想マシン自体のミラーを定義します。
このパッケージは、JDIを使用する仮想マシンとターゲット仮想マシン間の接続を定義します。
このパッケージは、新しいTransportService実装を開発するために使用されるインタフェースおよびクラスで構成されます。
このパッケージは、指定された条件下でJDIイベントが送信されることを要求する場合に使用されます。
このパッケージには、java.lang.management APIの標準実装に対するJDK拡張機能が含まれており、プラットフォームの他のコンポーネントの管理インタフェースも定義されています。
Stream Control Transport Protocol用のJava APIです。
Principalの実装を提供します。
このパッケージは、GSS-APIへのJDK拡張のクラスとインタフェースを定義します。
ドキュメンテーション・コメントを抽象構文ツリー(AST)として表すためのインタフェースを提供します。
ソース・コードを抽象構文ツリー(Abstract Syntax Tree、AST)として表すためのインタフェースを提供します。
抽象構文ツリー(Abstract Syntax Tree、AST)の操作のためのユーティリティを提供します。
Java仮想マシンにアタッチするAPIを提供します。
このパッケージは、JConsole APIを含みます。
アプレットの作成、およびアプレットとアプレット・コンテキストとの通信に使用するクラスの作成に必要なクラスを提供します。
ユーザー・インタフェースの作成およびグラフィックスとイメージのペイント用のすべてのクラスを含みます。
カラー・スペースのクラスを提供します。
アプリケーション間またはアプリケーション内のデータ転送のためのインタフェースとクラスを提供します。
さまざまなデスクトップ機能との対話のためのインタフェースとクラスを提供します。
ドラッグ&ドロップ操作は、多くのグラフィカル・ユーザー・インタフェース・システムで見られる直接的な操作ジェスチャで、GUIの表現要素に論理的に関連付けられた2つのエンティティ間で情報を変換するメカニズムを提供します。
AWTコンポーネントによってトリガーされるさまざまな種類のイベントを処理するインタフェースとクラスを提供します。
フォント関連のクラスおよびインタフェースを提供します。
2次元幾何学的図形に関連するオブジェクトで処理を定義および実行するJava 2Dクラスを提供します。
イメージを作成および修正するためのクラスを提供します。
レンダリングに依存しないイメージを作成するためのクラスおよびインタフェースを提供します。
このパッケージは、汎用印刷APIで使用するクラスおよびインタフェースを提供します。
beansの開発に関連するクラスが含まれます -- JavaBeansアーキテクチャに基づくコンポーネント。
Beanコンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。
このパッケージは、データ・ストリーム、直列化、ファイル・システムによるシステム入出力用に提供されています。
Javaプログラミング言語の設計にあたり基本的なクラスを提供します。
Javaプログラミング言語の注釈機能のライブラリ・サポートを提供します。
クラスやメソッド・ハンドルなどのランタイム・エンティティ用に「名目記述子」を表すクラスおよびインタフェース、および定数プール・エントリやinvokedynamicコール・サイトなどのクラス・ファイル・エンティティ用に「名目記述子」を表すクラスおよびインタフェース。
Javaプログラミング言語エージェントによりJVMで実行中のプログラムを計測するサービスを提供します。
java.lang.invokeパッケージは、Java Virtual Machineとやりとりするための低レベルのプリミティブを提供します。
Java実行時にJava仮想マシンおよびほかのコンポーネントを監視および管理するための管理インタフェースを提供します。
モジュール記述子をサポートし、解決とサービス・バインディングによってモジュールの構成を作成するクラス。
クラスとオブジェクトに関するリフレクト情報を取得するための、クラスとインタフェースを提供します。
任意精度の整数演算(BigInteger)および任意精度の10進演算(BigDecimal)を行うクラスを提供します。
ネットワーク・アプリケーションを実装するためのクラスを提供します。
HTTPクライアントおよびWebSocket API
データのコンテナであるバッファについて定義し、その他のNIOパッケージの概要情報を提供します。
入出力操作を実行できるエンティティ(ファイル、ソケットなど)への接続を表すチャネルや、多重化された非ブロック入出力操作用のセレクタを定義します。
byteとUnicode文字の相互変換を行うため、文字セット、デコーダ、およびエンコーダを定義します。
ファイル、ファイル属性、およびファイル・システムにアクセスするためのJava仮想マシン用のインタフェースとクラスを定義します。
ファイルおよびファイル・システム属性へのアクセスを提供するインタフェースとクラスです。
RMIパッケージを提供します。
RMI分散ガベージ・コレクション(DGC)に対するクラスとインタフェースを提供します。
サーバー側のRMIをサポートするクラスとインタフェースを提供します。
セキュリティ・フレームワークのクラスとインタフェースを提供します。
証明書、証明書失効リスト(CRL)、証明書パスを解析および管理するためのクラスとインタフェースを提供します。
RSA Laboratory Technical Note PKCS#1で定義されているRSA (Rivest, Shamir and Adleman AsymmetricCipher algorithm)キーと、NISTのFIPS-186で定義されているDSA (Digital Signature Algorithm)キーを生成するためのインタフェースを提供します。
キー仕様およびアルゴリズム・パラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。
Javaプログラミング言語を使用して、データ・ソース(通常はリレーショナル・データベース)に格納されているデータにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
テキスト、日付、数値、およびメッセージを自然言語に依存しない方法で処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
日付、時間、インスタント、デュレーションのメインAPI。
デフォルトのISO暦以外の暦体系の汎用API。
日付と時間を出力し、解析するクラスを提供します。
フィールドと単位を使用した日時へのアクセス、および日時アジャスタ。
タイムゾーンおよびそのルールのサポート。
コレクション・フレームワーク、国際化サポート・クラス、サービス・ローダー、プロパティ、乱数生成、文字列解析とスキャン・クラス、Base64エンコーディングとデコード、ビット配列、およびその他のユーティリティ・クラスが含まれています。
並行プログラミングでよく使用されるユーティリティ・クラスです。
単一の変数に対するロックフリーでスレッドセーフなプログラミングをサポートするクラスの小規模なツールキットです。
組込みの同期および監視から区別された状態をロックおよび待機するためのフレームワークを提供するインタフェースおよびクラス。
JAR (Java ARchive)ファイル形式の読み込みと書込みに使うクラスを提供します。JARは、必要に応じてマニフェスト・ファイルを付随させることのできる、標準的なZIPに基づくファイル形式です。
Java 2プラットフォームのコア・ロギング機能のクラスおよびインタフェースを提供します。
このパッケージを使用して、アプリケーションからユーザーおよびシステムの設定データと構成データを格納および取得できます。
正規表現で指定されたパターンに対して文字シーケンスをマッチングするためのクラス。
コレクションに対するマップ-リデュース変換など、要素のストリームに対する関数型の操作をサポートするクラスです。
標準のZIPおよびGZIPファイル形式の読み込みおよび書込み用クラスを提供します。
注釈プロセッサを宣言し、注釈プロセッサが注釈処理ツール環境とやり取りできるようにするための機能。
暗号化操作のクラスとインタフェースを提供します。
RSA LaboratoriesのPKCS#3で定義されているDiffie-Hellmanキーのインタフェースを提供します。
キー仕様およびアルゴリズム・パラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。
Java Image I/O APIの基本パッケージです。
メタデータの読み込みおよび書込みを処理するJavaイメージ入出力APIのパッケージです。
Java言語モデル、宣言のモデルおよびJavaプログラミング言語のタイプとタイプで構成されるパッケージのタイプと階層。
Javaプログラミング言語の要素をモデル化するために使用されるインタフェースです。
Javaプログラミング言語の型をモデル化するために使用されるインタフェースです。
プログラム要素の処理を支援するユーティリティです。
Java Management Extensionsのコア・クラスを提供します。
高度な動的ロード機能を実装するクラスを提供します。
ModelMBeanクラスの定義を提供します。
モニター・クラスを定義します。
公開データ型とOpen MBean記述子クラスを提供します。
関係サービスの定義を提供します。
JMX MBeanサーバーにリモート・アクセスするためのインタフェースです。
RMIコネクタは、RMIを使ってクライアント要求をリモートMBeanサーバーへ転送する、JMXリモートAPI用のコネクタです。
Timer MBeanの定義を提供します。
ネーム・サービスにアクセスするためのクラスおよびインタフェースを提供します。
javax.namingパッケージを拡張して、ディレクトリ・サービスにアクセスする機能を提供します。
ネーミングおよびディレクトリ・サービスにアクセスする場合、イベント通知のサポートを提供します。
LDAPv3の拡張操作とコントロールのサポートを提供します。
javax.namingおよび関連パッケージを使用して、ネーミングおよびディレクトリ・サービスにアクセスするためのサポートを動的にプラグインする手段を提供します。
セキュア・ソケット・パッケージのクラスを提供します。
Java印刷サービスAPIの主要なクラスとインタフェースを提供する。
Java印刷サービスの属性のタイプと、それらを属性セットに収集する方法を記述するクラスおよびインタフェースを提供します。
パッケージjavax.print.attribute.standardには、特定の印刷属性のクラスが含まれています。
パッケージjavax.print.eventには、イベント・クラスとリスナー・インタフェースが含まれています。
Secure Sockets Layer (SSL)またはTransport Layer Security (TLS)プロトコルを介したRMIClientSocketFactoryおよびRMIServerSocketFactoryの実装を提供します。
スクリプトAPIは、Javaスクリプト・エンジンを定義するインタフェースとクラスで構成され、Javaアプリケーションで使用するためのフレームワークを提供します。
このパッケージは、認証と承認に関するフレームワークを提供します。
このパッケージは、情報(ユーザー名やパスワードなどの認証データ)の取得や情報(エラーおよび警告メッセージなど)の表示のためにサービスがアプリケーションとやり取りするために必要なクラスを提供します。
このパッケージには、Kerberosネットワーク認証プロトコルに関連するユーティリティ・クラスが含まれています。
このパッケージは、プラグイン可能な認証フレームワークを提供します。
このパッケージには、X500プリンシパルおよびX500非公開資格をSubjectに格納する際に使用すべきクラスが含まれています。
公開キー証明書用のクラスを提供します。
SASLをサポートするためのクラスとインタフェースを含みます。
Java™スマート・カード入出力API
MIDI (Musical Instrument Digital Interface)データの入出力、シーケンシング、および合成のためのインタフェースおよびクラスを提供します。
サンプリングされたオーディオ・データを取り込み、処理、および再生するためのインタフェースおよびクラスを提供します。
Javaプログラミング言語からサーバー側のデータ・ソースにアクセスして処理するためのAPIを提供します。
JDBC RowSet実装用の標準インタフェースと基底クラスです。
Javaプログラミング言語でのSQL型とデータ型の直列化可能マッピングを可能にするユーティリティ・クラスを提供します。
サード・パーティ・ベンダーが同期プロバイダの実装で使用する必要がある標準クラスおよびインタフェースです。
すべてのプラットフォーム上で可能なかぎり同じように機能する「軽量」(Java共通言語)コンポーネントのセットを提供します。
Swingコンポーネントの周囲に各種ボーダーを描画するためのクラスおよびインタフェースを提供します。
JColorChooserコンポーネントによって使用されるクラスとインタフェースが含まれています。
Swingコンポーネントによってトリガーされるイベントを提供します。
1つのインタフェースおよび多くのabstractクラスを提供しており、Swingはプラグイン可能なLook & Feel機能を提供するためにこれらを利用します。
基本Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
デフォルトのLook & FeelであるJava Look & Feel (以前のコード名はMetal)に従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
クロス・プラットフォームのNimbus Look & Feelに従って構築されたユーザー・インタフェース・オブジェクトを提供します。
Synthは、すべてのペイントが委譲されるスキン設定可能なLook & Feelです。
javax.swing.JTableを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
編集可能なテキスト・コンポーネントと編集不能なテキスト・コンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。
HTMLテキスト・エディタを作成するためのクラスHTMLEditorKitとサポート・クラスを提供します。
デフォルトのHTMLパーサーを、サポート・クラスとともに提供します。
Rich-Text-Formatテキスト・エディタを作成するためのクラス(RTFEditorKit)を提供します。
javax.swing.JTreeを処理するためのクラスとインタフェースを提供します。
開発者がテキスト・エディタなどのアプリケーションで、元に戻す/再実行の機能を提供できるようにします。
コンパイラなどのプログラムから呼び出せるツールのインタフェースを提供します。
トランザクション・マネージャとリソース・マネージャとの間の規約を定義するAPIを提供し、トランザクション・マネージャがリソース・オブジェクト(リソース・マネージャ・ドライバから提供される)をJTAトランザクションに登録および登録解除できるようにします。
「XMLカタログOASIS Standard V1.1、2005年10月7日」を実装するためのクラスを提供します。
XML暗号化用の共通クラスです。
XMLデジタル署名の生成および検証用のクラスです。
XML/Java型マッピングを定義します。
XMLネームスペースの処理を定義します。
SAX (XML用シンプルAPI)パーサーまたはDOM (ドキュメント・オブジェクト・モデル)ドキュメント・ビルダーを使用してXMLドキュメントを処理するためのクラスを提供します。
Streaming API for XML (StAX)のインタフェースとクラスを定義します。
変換命令の処理、およびソースから結果への変換を実行するための汎用APIを定義します。
XML文書の検証のためのAPIを提供します。
XPath式の評価と評価環境へのアクセス用の「オブジェクトモデル・ニュートラル」 APIを提供します。
invokedynamicコール・サイトをリンクするためのインタフェースとクラスが含まれています。
通常のJavaオブジェクト用のリンカーを含みます。
独自の言語固有のオブジェクト・モデルと型変換を実装するために、言語ランタイムに必要なインタフェースとクラスが含まれています。
Javaから直接、低レベルで効率的な外部メモリー/ファンクション・アクセスをサポートするクラス。

「インキュベート機能」
将来のリリースで削除されます。
ドックレットAPIは、言語モデルAPIおよびコンパイラ・ツリーAPIと共に、クライアントがソースに埋め込まれたAPIコメントを含むプログラムおよびライブラリのソース・レベルの構造を検査できるようにする環境を提供します。
このパッケージは、イベントを作成してFlight Recorderを制御するクラスを提供します。
Javaプログラミング言語コードの"snippets"をインタラクティブに評価するRead-Eval-Printループ(REPL)などのツールを作成するためのインタフェースを提供します。
プラガブルJShell実行エンジン用のサービス・プロバイダ・インタフェースを定義します。
java.netおよびjava.nio.channelsソケット・クラスに対するプラットフォーム固有のソケット・オプション。
このパッケージは、jarファイルに署名するためのAPIを定義します。
Javaコードに、WebブラウザのJavaScriptエンジンとHTML DOMにアクセスする機能を提供します。
このパッケージは、Kerberosなどのさまざまな配下のセキュリティ・メカニズムの統合されたAPIを使用して、認証、データの整合性、データの機密性などのセキュリティ・サービスをアプリケーション開発者が利用できるフレームワークを提供します。
Document Object Model (DOM)のインタフェースを提供します。
DOM Level 2イベントのインタフェースを提供します。
DOM Level 3の読み込みと保存のためのインタフェースを提供します。
DOM Level 2 Rangeのインタフェースを提供します。
DOM Level 3 XPath仕様のインタフェースを提供します。
XML (SAX)のシンプルAPIのインタフェースを提供します。
  • com.sun.jdiでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.jdiのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    行番号または変数情報が利用可能でないことを示すためにスローされます。
    class 
    要求されたクラスが適切なクラス・ローダーによってロードされていないことを示すためにスローされます。
    class 
    指定されたクラスがまだ準備されていないため、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされます。
    class 
    指定されたスレッドが最新の状態にある間は、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされます。
    class 
    ターゲットVMにより提供されたデバッグ情報に矛盾があることを示すためにスローされます。
    class 
    予期しない内部エラーが発生したことを示すためにスローされます。
    class 
    非推奨。
    この例外はもうスローされない
    class 
    非推奨。
    この例外はもうスローされない
    class 
    リクエストされたモジュールが無効であるか、またはモジュールがアンロードされた後に無効になったことを示すためにスローされます。
    class 
    指定されたスタック・フレームがもはや有効ではないために、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされます。
    class 
    フィールドまたは変数の値を設定する際、あるいはメソッドの戻り値を指定する際に、型が一致していないことを示すためにスローされます。
    class 
    ターゲットVM内で呼び出されたメソッドで発生した例外を示すためにスローされます。
    final class 
    JDIPermissionクラスは、VirtualMachineManagerへのアクセス権を表します。
    class 
    操作がnativeメソッドに対して有効でないため、完了できないことを示す例外がスローされます。
    class 
    指定されたオブジェクトがガベージ・コレクトされているため、要求された操作が完了できないことを示す例外がスローされます。
    class 
    読取り専用のVMに変更を加えた場合、操作が無効であることを示すためにスローされます。
    class 
    すでにターゲットVMへの接続が切断されているため、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされる、非チェック例外です。
    class 
    特定のターゲットVMのミラーが別のターゲットVMのミラーに結合されているため、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされます。
    class 
    ターゲットVMのメモリーが不足しているため、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされます。
  • com.sun.jdi.connectでのSerializableの使用

    com.sun.jdi.connectSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    static interface 
    Connector引数の仕様と値です。
    static interface 
    値がBoolean型である、Connector引数の仕様と値です。
    static interface 
    値がintegerである、Connector引数の仕様と値です。
    static interface 
    値が選択肢のリストから選択されたStringである、Connector引数の仕様と値です。
    static interface 
    値がString型である、Connector引数の仕様と値です。
    Serializableを実装しているcom.sun.jdi.connectのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    Connectorに渡された引数が、無効であるか整合性のない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、ターゲットVMへの接続時またはターゲットVMからの接続の受け入れを待っているときのタイム・アウトの結果、スローされる場合があります。
    class 
    ターゲットVMは正常に起動しましたが、接続が確立される前にエラーで終了しました。
  • com.sun.jdi.connect.spiでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.jdi.connect.spiのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    この例外は、入出力操作の進行中に、Connectionの非同期クローズの結果としてスローされる可能性があります。
  • com.sun.jdi.requestでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.jdi.requestのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    重複イベント要求を示すためにスローされます。
    class 
    要求されたイベントが有効なため、そのイベントを変更できないことを示すためにスローされます。
  • com.sun.managementでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.managementのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    VMオプションの値の起点です。
  • com.sun.nio.sctpでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.nio.sctpのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    アソシエーションで発生する変更イベントの型を定義します。
    enum 
    通知ハンドラの結果を定義します。
    class 
    通知ハンドラからSctpChannelまたはSctpMultiChannelreceiveメソッドを呼び出そうとするとスローされる非チェック例外です。
    class 
    チャネルにバインドされていないアドレスを削除したり、バインドされている唯一のアドレスを持つチャネルからアドレスを削除したりしようとするとスローされる非チェック例外です。
    class 
    無効なストリームにメッセージを送信しようとするとスローされる非チェック例外です。
    static enum 
    インタフェースの詳細が変更されたときに、マルチホーム・ピア上の宛先アドレスで発生するアドレス変更イベントの型を定義します。
  • com.sun.security.authでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.security.authのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    RFC 2253に指定されている識別名によって指定されるプリンシパルです。
    class 
    このクラスはPrincipalインタフェースを実装し、ユーザーが認証したWindows NTドメインの名前を表します。
    class 
    このクラスは、Principalインタフェースを実装し、Windows NTのユーザー、グループ、または範囲についての情報を表します。
    class 
    このクラスはNTSidを拡張し、Windows NTユーザーのドメインSIDを表します。
    class 
    このクラスはNTSidを拡張し、Windows NTユーザーが所属するグループの1つを表します。
    class 
    このクラスはNTSidを拡張し、Windows NTユーザーのプライマリ・グループのSIDを表します。
    class 
    このクラスはNTSidを拡張し、Windows NTユーザーのSIDを表します。
    class 
    このクラスはPrincipalインタフェースを実装し、Windows NTユーザーを表します。
    class 
    このクラスはPrincipalインタフェースを実装し、ユーザーのUnixグループ識別番号(GID)を表します。
    class 
    このクラスはPrincipalインタフェースを実装し、ユーザーのUnixユーザー識別番号(UID)を表します。
    class 
    このクラスはPrincipalインタフェースを実装し、Unixユーザーを表します。
    final class 
    ユーザー名またはアカウント名で識別されるユーザー・プリンシパル。
  • com.sun.security.jgssでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.security.jgssのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    このクラスは、ExtendedGSSContext.inquireSecContext(com.sun.security.jgss.InquireType)メソッドを使用してアクセスできる、確立されたGSSセキュリティ・コンテキストのさまざまな属性を保護するために使用されます。
    enum 
  • com.sun.source.doctreeでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.source.doctreeのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    属性値の種類。
    static enum 
    すべての種類のツリーを列挙します。
  • com.sun.source.treeでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.source.treeのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    このケースの構文形式: STATEMENT: case <expression>: <statements> RULE: case <expression> -> <expression>/<statement>
    static enum 
    ラムダ式には2つの形式があります: 本文が式である式ラムダと、本文がブロックである文ラムダ
    static enum 
    メンバー参照には、(i)メソッド参照と(ii)コンストラクタ参照の2つの種類があります
    static enum 
    モジュールの種類。
    static enum 
    すべての種類のツリーを列挙します。
  • com.sun.source.utilでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.source.utilのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    タスク・イベントの種類です。
  • com.sun.tools.attachでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.tools.attachのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    エージェントがターゲットのJava仮想マシンで初期化に失敗したときにスローされる例外です。
    class 
    エージェントをターゲットのJava仮想マシン内にロードできない場合にスローされる例外です。
    class 
    互換性のあるAttachProviderが存在しないJava仮想マシンにアタッチしようとすると、VirtualMachine.attachによってスローされます。
    class 
    ターゲットVMでアタッチ操作が失敗したことのシグナルを生成する例外タイプ。
    final class 
    SecurityManagerが設定されている場合、コードがVirtualMachine.attachを呼び出してターゲット仮想マシンにアタッチするときにチェックされるパーミッションです。
  • com.sun.tools.jconsoleでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているcom.sun.tools.jconsoleのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    ConnectionStateバウンド・プロパティの値です。
  • java.appletでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.appletのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
    protected class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスはAppletクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
  • java.awtでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awtのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    重大なAbstract Window Toolkitエラーが発生したときにスローされます。
    class 
    すべてのAWTイベントのルート・イベント・クラスです。
    class 
    Abstract Window Toolkit例外が発生したことを示します。
    class 
    キーボードまたは同等の入力デバイス上のキー・アクションを表すAWTKeyStroke
    final class 
    これは、AWTアクセス権のためのクラスです。
    class 
    ボーダー・レイアウトは、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、およびcenter (中央)という5つの領域に収まるように、コンポーネントを整列およびサイズ変更して、コンテナに配置します。
    class 
    このクラスはラベル付きボタンを生成します。
    protected class 
    このクラスはButtonクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    Canvasコンポーネントは、アプリケーションが描画したり、アプリケーションがユーザーからの入力イベントをトラップしたりすることのできる画面の空白の矩形領域を表します。
    protected class 
    このクラスはCanvasクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    CardLayoutオブジェクトは、コンテナのレイアウト・マネージャです。
    class 
    チェックボックスは、「オン」(true)または「オフ」(false)のどちらかの状態になることができるグラフィカル・コンポーネントです。
    protected class 
    このクラスはCheckboxクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    CheckboxGroupクラスは、Checkboxボタンのセットをグループ化するために使用されます。
    class 
    このクラスは、メニューに追加できるチェックボックスを表します。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用するCheckboxMenuItemの内部クラスです。
    class 
    Choiceクラスは、選択肢のポップアップ・メニューを提供します。
    protected class 
    このクラスはChoiceクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    Colorクラスは、デフォルトのsRGBカラー・スペース内の色、またはColorSpaceで識別される任意のカラー・スペース内の色をカプセル化するために使用されます。
    class 
    コンポーネントは、画面上に表示でき、ユーザーと対話できる、グラフィカルな表現を持つオブジェクトです。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートの提供に使用するComponentの内部クラスです。
    protected class 
    PropertyChangeリスナーが登録されていれば、表示または非表示にされたときにそれをトリガーします。
    protected class 
    PropertyChangeリスナーが登録されていれば、フォーカス・イベントが発生したときにそれをトリガーします。
    static enum 
    コンポーネントのサイズが変化するにつれてベースラインが変化する共通の方法を列挙します。
    final class 
    ComponentOrientationクラスは、コンポーネントまたはテキストの各要素を言語に従って配置するための方向をカプセル化します。
    class 
    ジェネリックAbstract Window Toolkit (AWT)コンテナ・オブジェクトは、ほかのAWTコンポーネントを含むことができるコンポーネントです。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートの提供に使用するContainerの内部クラスです。
    protected class 
    子が追加または削除されたら、PropertyChangeリスナーをトリガーします(このリスナーが登録されている場合)。
    class 
    Containerの子Componentの順序を基準に、トラバーサル順序を決定するFocusTraversalPolicyです。
    class 
    マウス・カーソルのビットマップ表現をカプセル化するクラスです。
    class 
    Containerの子Componentの順序を基準に、トラバーサル順序を決定するFocusTraversalPolicyです。
    static enum 
    アクションの種類を表します。
    class 
    Dialogは、通常はユーザーからの入力を受け付けるために使用される、タイトルおよびボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。
    protected class 
    このクラスはDialogクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    static enum 
    どのトップレベル・ウィンドウも、モーダル・ダイアログによってブロックされないようにマークすることができます。
    static enum 
    モーダル・ダイアログは、一部のトップレベル・ウィンドウに対してすべての入力をブロックします。
    class 
    Dimensionクラスは、1つのオブジェクト内のコンポーネントの幅と高さ(整数精度)をカプセル化します。
    class 
    非推奨。
    代わりにAWTEventとそのサブクラスを使用することをお勧めします
    class 
    FileDialogクラスは、ユーザーがファイルを選択できるダイアログ・ウィンドウを表示します。
    class 
    フロー・レイアウトは、段落内のテキスト行と同じように、一方向にコンポーネントを配置します。
    class 
    Fontクラスは、テキストを見えるようにレンダリングするために使用されるフォントを表します。
    class 
    FontクラスのメソッドcreateFontによってスローされ、指定されたフォントが無効であることを示します。
    class 
    FontMetricsクラスは、特定の画面上での特定のフォントのレンダリングに関する情報をカプセル化するフォント・メトリックス・オブジェクトを定義します。
    class 
    Frameは、タイトルとボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。
    protected class 
    このクラスはFrameクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    GraphicsConfigTemplateクラスは、有効なGraphicsConfigurationを取得するために使用されます。
    static enum 
    ベースとなるシステムでサポートされている半透明性の種類。
    class 
    GridBagConstraintsクラスは、GridBagLayoutクラスを使用してレイアウトされるコンポーネントの制約を指定します。
    class 
    GridBagLayoutクラスは、コンポーネントが同じサイズであることを要求することなく、コンポーネントを垂直方向に、水平方向に、またはベースラインに沿って配置する柔軟なレイアウト・マネージャです。
    class 
    GridBagLayoutInfoは、GridBagLayoutレイアウト・マネージャのためのユーティリティ・クラスです。
    class 
    GridLayoutクラスは、コンテナのコンポーネントを矩形グリッドでレイアウトするレイアウト・マネージャです。
    class 
    キーボード、ディスプレイ、またはマウスに依存するコードが、キーボード、ディスプレイ、またはマウスをサポートしない環境で呼び出された場合にスローされます。
    class 
    要求された操作に対し、AWTコンポーネントが適切な状態にないというシグナルです。
    class 
    Insetsオブジェクトは、コンテナのボーダーの表現です。
    class 
    Labelオブジェクトは、コンテナ内にテキストを配置するためのコンポーネントです。
    protected class 
    このクラスはLabelクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    Listコンポーネントは、ユーザーにテキスト項目のスクロール・リストを提供します。
    protected class 
    このクラスはListクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    protected class 
    このクラスはListの子用のアクセシビリティのサポートを実装しています。
    class 
    MediaTrackerクラスは、いくつかのメディア・オブジェクトのステータスを追跡するためのユーティリティ・クラスです。
    class 
    Menuオブジェクトは、メニュー・バーから展開されるプルダウン・メニュー・コンポーネントです。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用されるMenuの内部クラスです。
    class 
    MenuBarクラスは、フレームに結合されたメニュー・バーのプラットフォームの概念をカプセル化します。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用されるMenuBarの内部クラスです。
    class 
    抽象クラスMenuComponentは、メニューに関連するすべてのコンポーネントのスーパー・クラスです。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用されるMenuComponentの内部クラスです。
    class 
    メニュー内のすべての項目は、クラスMenuItemか、またはそのいずれかのサブクラスに属している必要があります。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用されるMenuItemの内部クラスです。
    class 
    MenuShortcut クラスは、MenuItemのキーボード・アクセラレータを表します。
    static enum 
    グラデーション補間を実行するカラー・スペースです。
    static enum 
    グラデーション境界の外部で描画するときに使用されるメソッドです。
    class 
    Panelは、もっとも単純なコンテナ・クラスです。
    protected class 
    このクラスはPanelクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    整数精度で指定された、(x,y)座標空間内の位置を表す点。
    class 
    Polygonクラスは、座標空間内の閉じられた2次元領域の記述をカプセル化します。
    class 
    このクラスは、コンポーネント内の指定された位置に動的に表示できるメニューを実装するためのものです。
    protected class 
    アクセシビリティのデフォルト・サポートを提供するために使用されるPopupMenuの内部クラスです。
    class 
    Rectangleは、座標空間内のRectangleオブジェクトの左上の点(x,y)、その幅、およびその高さで囲まれた座標空間内の領域を指定します。
    class 
    Scrollbarクラスは、なじみのあるユーザー・インタフェース・オブジェクトであるスクロール・バーを実現します。
    protected class 
    このクラスはScrollbarクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    1つの子コンポーネントに対して、自動水平または垂直スクロールあるいはその両方を実装するコンテナ・クラスです。
    protected class 
    このクラスはScrollPaneクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    class 
    このクラスは、ScrollPaneの水平または垂直スクロール・バーの状態を表します。
    final class 
    システムのネイティブなGUIオブジェクトの色を表すシンボリック・カラーをカプセル化するクラスです。
    static enum 
    提供される機能のリスト。
    static enum 
    使用可能なウィンドウの進行状況の種類。
    class 
    TextAreaオブジェクトは、テキストを表示する複数行領域です。
    protected class 
    このクラスは、TextAreaクラスのアクセシビリティ・サポートを実装します。
    class 
    TextComponentクラスは、一部のテキストの編集を可能にするすべてのコンポーネントのスーパー・クラスです。
    protected class 
    このクラスは、TextComponentクラスのアクセシビリティ・サポートを実装します。
    class 
    TextFieldオブジェクトは、1行のテキストの編集を可能にするテキスト・コンポーネントです。
    protected class 
    このクラスは、TextFieldクラスのアクセシビリティ・サポートを実装します。
    static enum 
    メッセージ型は、メッセージのキャプションに表示されるアイコン、およびメッセージの表示時に生成されるシステム・サウンドを決定します。
    class 
    Windowオブジェクトは、ボーダーやメニュー・バーのないトップ・レベルのウィンドウです。
    protected class 
    このクラスはWindowクラスのアクセシビリティ・サポートを実装しています。
    static enum 
    使用可能なウィンドウ・タイプの列挙。
  • java.awt.colorでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.colorのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    この例外は、ネイティブCMMがエラーを返した場合にスローされます。
    class 
    この抽象クラスは、Colorオブジェクトの特定のカラー・スペースを特定するためのカラー・スペース・タグとして機能するため、またはColorModelオブジェクト(ImageBufferedImageまたはGraphicsDeviceを介した)として機能するために使用されます。
    class 
    ICC_ColorSpaceクラスは、抽象ColorSpaceクラスの実装です。
    class 
    International Color Consortium Specification ICC.1:2001-12、File Format for Color Profiles (http://www.color.orgを参照)に基づいた、デバイス非依存およびデバイス依存のカラー・スペースのカラー・プロファイル・データの表現。
    class 
    ICC_ProfileGrayクラスは、次の条件を満たすプロファイルを表すICC_Profileクラスのサブクラスです: プロファイルのカラー・スペース・タイプはTYPE_GRAYで、このプロファイルにはgrayTRCTagタグとmediaWhitePointTagタグが含まれています。
    class 
    ICC_ProfileRGBクラスは、次の条件を満たすプロファイルを表すICC_Profileクラスのサブクラスです: プロファイルのカラー・スペース・タイプはRGBで、このプロファイルにはredColorantTaggreenColorantTagblueColorantTagredTRCTaggreenTRCTagblueTRCTagmediaWhitePointTagタグが含まれます。
    class 
    この例外は、ICC_Profileオブジェクトへのアクセスまたは処理でエラーが発生した場合にスローされます。
  • java.awt.datatransferでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.datatransferのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    DataFlavorは、データに関するメタ情報を提供します。
    class 
    FlavorEventは、関係するリスナーに、使用可能なDataFlavorClipboard (イベント・ソース)で変更されたことを通知するために使用されます。
    class 
    MIMEタイプ解析に関連する例外をカプセル化するクラスです。
    class 
    要求されたデータがこのフレーバでサポートされていないことを示すシグナルです。
  • java.awt.desktopでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.desktopのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    アプリケーションがaboutウィンドウを開くように要求されたときに送信されるイベント。
    class 
    AppEventsは、現在のデスクトップ・コンテキストのDesktopインスタンスにインストールされているリスナーおよびハンドラに送信されます。
    final class 
    アプリケーションがフォアグラウンド・アプリケーションになったとき、およびフォアグラウンド・アプリケーションではなくなったときに送信されるイベント。
    final class 
    アプリケーションが非表示または表示されたときに送信されるイベント。
    final class 
    アプリケーションが再度開くように要求されたときに送信されるイベント。
    class 
    ファイルのリストを含む補助イベント。
    final class 
    アプリケーションがファイルのリストを開くように要求されたときに送信されるイベント。
    final class 
    アプリケーションがURIを開くように要求されたときに送信されるイベント。
    final class 
    アプリケーションが設定ウィンドウを開くように要求されたときに送信されるイベント。
    final class 
    アプリケーションがファイルのリストを印刷するように要求されたときに送信されるイベント。
    final class 
    アプリケーションが終了を要求されたときに送信されるイベント。
    enum 
    Sudden Terminationが有効になっていない場合、アプリケーションをシャットダウンするための戦略。
    final class 
    システムにアタッチされているディスプレイがパワー保存スリープ状態に入り、終了したときに送信されるイベント。
    final class 
    システムがパワー保存スリープに入ったり出たりすると、イベントが送信されます。
    final class 
    ユーザー・セッションが変更されたときに送信されるイベント。
    static enum 
    ユーザー・セッション変更の利用可能な理由の種類。
  • java.awt.dndでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.dndのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    DragGestureEventは、特定のDragGestureRecognizerが、追跡しているComponentでプラットフォーム依存のドラッグ開始ジェスチャが発生したことを検出したときに、DragGestureListenerのdragGestureRecognized()メソッドに渡されます。
    class 
    DragGestureRecognizerは、プラットフォーム依存のドラッグ開始ジェスチャを識別するために特定のComponentに関連付けることのできる、プラットフォーム依存のリスナーを指定するための抽象基底クラスです。
    class 
    DragSourceは、ドラッグ&ドロップ操作の開始を担当するエンティティであり、いくつかのシナリオで使用される可能性があります。JVMごとに、そのJVMの寿命の間1デフォルト・インスタンス
    class 
    DragSourceContextクラスは、ドラッグ&ドロップ・プロトコルのイニシエータ側の管理を担当します。
    class 
    DragSourceDragEventは、DragSourceContextPeerからDragSourceContextを経由して、そのDragSourceContextとそれに関連付けられたDragSourceに登録されたDragSourceListenerに送られます。
    class 
    DragSourceDropEventは、DragSourceContextPeerからDragSourceContextを経由して、そのDragSourceContextとそれに関連付けられたDragSourceに登録されたDragSourceListenerdragDropEndメソッドに送られます。
    class 
    このクラスは、DragSourceDragEventDragSourceDropEventの基底クラスです。
    class 
    DropTargetは、ドラッグ&ドロップ操作中にComponentがドロップを受け入れようとするときに、そのComponentに関連付けられます。
    class 
    ドラッグ&ドロップ操作に関連付けられた論理カーソルが、DropTargetに関連付けられたComponentの可視幾何学的図形と重なった場合は常に、DropTargetContextが作成されます。
    class 
    DropTargetDragEventは、そのdragEnter()およびdragOver()メソッドによってDropTargetListenerに送られます。
    class 
    DropTargetDropEventは、DropTargetListenerのdrop()メソッドによって送られます。
    class 
    DropTargetEventは、DropTargetDragEventDropTargetDropEventの両方の基底クラスです。
    class 
    この例外は、java.awt.dndパッケージのさまざまなメソッドによってスローされます。
    class 
    DragGestureRecognizerのこの抽象サブクラスは、マウス・ベースのジェスチャのDragGestureRecognizerを定義します。
  • java.awt.eventでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.eventのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    コンポーネントが定義するアクションが発生したことを示す、セマンティック・イベントです。
    class 
    ScrollbarScrollPaneなどのAdjustableオブジェクトが発行する調整イベントです。
    class 
    コンポーネントが移動したこと、サイズを変更したこと、または可視性を変更したことを示す低レベル・イベントです(ほかのコンポーネント・レベル・イベントのルート・クラスでもあります)。
    class 
    コンポーネントが追加または削除されたためにコンテナの内容が変更されたことを示す、低レベル・イベントです。
    class 
    Componentが入力フォーカスを取得または失ったことを示す、低レベル・イベントです。
    static enum 
    この列挙型は、FocusEventの原因を表します。- それが起こった理由。
    class 
    Componentが所属するComponent階層の変更を示すイベントです。
    class 
    すべてのコンポーネント・レベル入力イベントのルート・イベント・クラスです。
    class 
    インプット・メソッド・イベントには、インプット・メソッドで構成されているテキストについての情報が含まれています。
    class 
    AWTイベント・ディスパッチャ・スレッドによってディスパッチされたときに、Runnable 上でrun()メソッドを実行するイベントです。
    class 
    項目が選択または選択解除されたことを示すセマンティック・イベントです。
    class 
    コンポーネント内でキー・ストロークが発生したことを示すイベントです。
    class 
    コンポーネント内でマウス・アクションが発生したことを示すイベントです。
    class 
    コンポーネント内でマウス・ホイールが回転したことを示すイベントです。
    class 
    コンポーネント・レベル・ペイント・イベントです。
    class 
    オブジェクトのテキストが変更されたことを示すセマンティック・イベントです。
    class 
    ウィンドウの状態が変わったことを示す低レベル・イベントです。
  • java.awt.fontでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.fontのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    NumericShaperクラスは、Latin-1 (ヨーロッパ言語)の数字をほかのUnicode 10進数に変換するために使用します。
    static enum 
    NumericShaper.Rangeは固有の10進数を持つスクリプトのUnicode範囲を表します。
    final class 
    TextAttributeクラスは、テキストのレンダリングに使用する属性キーおよび属性値を定義します。
    final class 
    TransformAttributeクラスは、属性として使用しても安全な変換用の不変ラッパーを提供します。
  • java.awt.geomでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.geomのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    AffineTransformクラスは、線の直線性と平行性を保ったままで2次元座標間の線形マッピングを実行する2次元アフィン変換を表現します。
    static class 
    このクラスは、double精度で指定された弧を定義します。
    static class 
    このクラスは、float精度で指定された弧を定義します。
    static class 
    double座標で指定された3次パラメトリック曲線セグメント。
    static class 
    float座標で指定された3次パラメトリック曲線セグメント。
    static class 
    Doubleクラスは、double精度で指定された楕円を定義します。
    static class 
    Floatクラスは、float精度で指定された楕円を定義します。
    final class 
    GeneralPathクラスは、直線、2次曲線、および3次(ベジェ)曲線から作成された幾何学的パスを表します。
    class 
    IllegalPathStateExceptionは、特定のオペレーションについてパスが無効な場合に、そのオペレーションが実行されたときにスローされる例外を表します。たとえば、初期movetoなしでパス・セグメントがGeneralPathに追加される場合などです。
    static class 
    double座標で指定されたライン・セグメントです。
    static class 
    float座標で指定されたライン・セグメントです。
    class 
    NoninvertibleTransformExceptionクラスは、AffineTransformオブジェクトの逆変換を必要とするオペレーションを実行する場合に、AffineTransformが逆変換できる状態でないときにスローされる例外を表します。
    static class 
    Doubleクラスは、座標が倍精度浮動小数点で格納される幾何学的パスを定義します。
    static class 
    Floatクラスは、座標が単精度浮動小数点で格納される幾何学的パスを定義します。
    static class 
    Doubleクラスは、double精度で指定された点を定義します。
    static class 
    Floatクラスは、float精度で指定された点を定義します。
    static class 
    double座標で指定された2次パラメトリック曲線セグメント。
    static class 
    float座標で指定された2次パラメトリック曲線セグメント。
    static class 
    Doubleクラスは、double座標で指定される矩形を定義します。
    static class 
    Floatクラスは、float座標で指定される矩形を定義します。
    static class 
    Doubleクラスは、すべてがdouble座標で指定された、丸みを付けた角を持つ矩形を定義します。
    static class 
    Floatクラスは、すべてがfloat座標で指定された、丸みを付けた角を持つ矩形を定義します。
  • java.awt.imageでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.imageのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    ImagingOpExceptionは、BufferedImageOpRasterOpの一方のフィルタ・メソッドがイメージを処理できない場合にスローされます。
    class 
    Rasterに無効なレイアウト情報が存在する場合、RasterFormatExceptionがスローされます。
  • java.awt.image.renderableでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.image.renderableのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    ParameterBlockは、RenderableImageOpや、イメージを処理するほかのクラスによって必要とされるソースおよびパラメータ(Object)についてのすべての情報をカプセル化します。
  • java.awt.printでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.awt.printのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    PrinterAbortExceptionクラスはPrinterExceptionのサブクラスで、印刷中であったユーザーまたはアプリケーションの印刷ジョブが終了したことを示すために使用します。
    class 
    PrinterExceptionクラスおよびそのサブクラスは、印刷システムで例外状況が発生したことを示すために使用します。
    class 
    PrinterIOExceptionクラスはPrinterExceptionのサブクラスで、印刷中になんらかのIOエラーが発生したことを示すために使用されます。
  • java.beansでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.beansのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    JavaBeans仕様(a "bean")に準拠するコンポーネントがバインドされた索引付きプロパティを変更するたびに、"IndexedPropertyChange"イベントが配信されます。
    class 
    イントロスペクション中に例外が発生した場合にスローされます。
    class 
    PropertyChangeイベントは、Beanが「バウンド」プロパティまたは「制約」プロパティを変更するたびに送信されます。
    class 
    バウンド・プロパティをサポートするBeanで使用できるユーティリティ・クラスです。
    class 
    PropertyVetoExceptionは、プロパティに対して推奨される変更が受け入れられない値である場合にスローされます。
    class 
    制約プロパティをサポートするBeanで使用できるユーティリティ・クラスです。
  • java.beans.beancontextでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.beans.beancontextのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    BeanContextChildプロトコルの実装をサポートするための一般的なサポート・クラスです。
    class 
    BeanContextEventは、BeanContextから発行されたイベント、およびそのセマンティックスに関連するイベントすべての抽象ルート・イベント・クラスです。
    class 
    BeanContextMembershipEventは、特定のBeanContextのメンバーシップに追加された子、またはそこから削除された子のリストをカプセル化します。
    class 
    このイベント・タイプは、登録されているサービスを識別するためにBeanContextServicesListenerによって使用されます。
    class 
    このイベント型は、取り消されるサービスを識別するためにBeanContextServiceRevokedListenerによって使用されます。
    class 
    このヘルパー・クラスは、java.beans.beancontext.BeanContextServicesインタフェースのユーティリティの実装を提供します。
    protected class 
     
    protected static class 
    サブクラスは、この入れ子構造のクラスをサブクラス化して、各BeanContextServicesProviderの動作を追加できます。
    class 
    このヘルパー・クラスは、java.beans.beancontext.BeanContextインタフェースのユーティリティの実装を提供します。
    protected class 
     
    Serializableを返すjava.beans.beancontextのメソッド
    修飾子と型
    メソッド
    説明
    protected static final Serializable
    BeanContextSupport.getChildSerializable(Object child)
    指定されたChildに関連したSerializable (存在する場合)を取得します。
  • java.ioでのSerializableの使用

    java.ioでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    Externalizableインスタンスのクラスのアイデンティティが直列化ストリームに書き込まれるだけで、そのインスタンスの内容を保存および格納するのはクラスの責任です。
    Serializableを実装しているjava.ioのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    文字変換で発生する例外の基底クラスです。
    class 
    入力の途中で、予想外のファイルの終了、または予想外のストリームの終了があったことを表すシグナルです。
    class 
    ファイルおよびディレクトリのパス名の抽象表現です。
    class 
    指定されたパス名で示されるファイルが開けなかったことを通知します。
    final class 
    このクラスは、ファイルまたはディレクトリへのアクセスを表します。
    class 
    入出力処理で割込みが発生したことを通知するシグナルを発生させます。
    class 
    直列化ランタイムが、クラスについて次の問題のどれかを検出したときにスローされます。
    class 
    1つ以上の直列化復元オブジェクトが検証をパスしなかったことを示します。
    class 
    重大な入出力エラーが発生したときにスローされます。
    class 
    何らかの入出力例外の発生を通知するシグナルを発生させます。
    class 
    直列化または直列化復元がアクティブではない場合にスローされます。
    class 
    インスタンスが直列化可能インタフェースを持つ必要がある場合にスローされます。
    static enum 
    クラス、配列の長さ、参照数、深さ、およびストリーム・サイズのチェックのステータス。
    class 
    クラスの直列化の記述子です。
    class 
    オブジェクト・ストリーム・クラスに固有の例外すべてのスーパー・クラスです。
    class 
    プリミティブ・データが読み込まれていないか、またはデータの終わりがストリーム内の直列化オブジェクトにあるため、オブジェクトの読込み操作が失敗したことを示す例外です。
    final class 
    直列化可能アクセス権のためのクラスです。
    class 
    オブジェクト・ストリームから読み込まれた制御情報が、内部整合性検査に違反していた場合にスローされます。
    class 
    同期(sync)オペレーションが失敗したことを通知します。
    class 
    IOExceptionを非チェック例外でラップします。
    class 
    文字のエンコーディングがサポートされていません。
    class 
    不正な構造を持つ修正UTF-8形式の文字列が、データ入力ストリーム内に読み込まれたか、またはデータ入力インタフェースを実装するクラスによって読み込まれたことを示します。
    class 
    書込み時にObjectStreamExceptionsの1つがスローされたことを通知します。
  • java.langでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.langのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    アプリケーションが抽象メソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
    class 
    算術計算で例外的条件が発生した場合にスローされます。
    class 
    不正なインデックスを使って配列がアクセスされたことを示すためにスローされます。
    class 
    不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたことを示すためにスローされます。
    class 
    アサーションが失敗したことを示すためにスローされます。
    final class 
    Booleanクラスは、プリミティブ型booleanの値をオブジェクトにラップします。
    class 
    invokedynamic命令または動的定数がそのブートストラップ・メソッドと引数の解決に失敗したこと、またはブートストラップ・メソッドが適切な「メソッド・タイプ」targetを指定して「コール・サイト」を提供できなかったこと、または動的定数メソッドが必要な型定数を提供するために失敗したことを示すためにスローされます。
    final class 
    Byteクラスは、プリミティブ型byteの値をオブジェクトにラップします。
    final class 
    Characterクラスは、プリミティブ型charの値をオブジェクトにラップします。
    static enum 
    Unicode Standard Annex#24: Script Names」で定義された文字書体を表す文字サブセットのファミリです。
    final class 
    Classクラスのインスタンスは、実行中のJavaアプリケーションのクラスおよびインタフェースを表します。
    class 
    あるオブジェクトを継承関係にないサブクラスにキャストしようとしたことを示すためにスローされます。
    class 
    Java仮想マシンがロード中のクラスのスーパー・クラス階層内で循環を検出した場合に、スローされます。
    class 
    Java仮想マシンがクラス・ファイルを読み込もうとして、ファイルが壊れていると判断した場合、またはクラス・ファイルとして解釈できない場合にスローされます。
    class 
    アプリケーションが、クラスの文字列名を使用して次のメソッドでロードしようとしたが、指定された名前のクラスの定義が見つからなかった場合にスローされます。クラスClassforNameメソッド。
    class 
    オブジェクトを複製するためにObjectクラスのcloneメソッドが呼び出されたが、そのオブジェクトのクラスがCloneableインタフェースを実装していないことを示すためにスローされます。
    final class 
    Doubleクラスは、プリミティブ型doubleの値をオブジェクトにラップします。
    class 
    Enum<E extends Enum<E>>
    これは、すべてのJava言語列挙型クラスの共通ベース・クラスです。
    class 
    アプリケーションが名前によりenum定数にアクセスしようとしたときや、指定された名前の定数を持たないenum型にアクセスしようとしたときにスローされます。
    class 
    ErrorThrowableのサブクラスで、通常のアプリケーションであればキャッチすべきではない重大な問題を示します。
    class 
    Exceptionクラスとそのサブクラスは、通常のアプリケーションでキャッチされる可能性のある状態を示すThrowableの形式の1つです。
    class 
    static初期化子で予想外の例外が発生したことを通知します。
    final class 
    Floatクラスは、プリミティブ型floatの値をオブジェクトにラップします。
    class 
    アクセスできないフィールドへのアクセスや変更、あるいはアクセスできないメソッドの呼出しをアプリケーションが試みた場合にスローされます。
    class 
    アプリケーションが、配列以外のインスタンス作成、フィールドの設定または取得、メソッドの呼出しを試みた場合に、IllegalAccessExceptionがスローされます。ただし、現在のところ、メソッドの実行により指定されたクラス、フィールド、メソッド、またはコンストラクタの定義へのアクセスは行われません。
    class 
    不正な引数、または不適切な引数をメソッドに渡したことを示すためにスローされます。
    class 
    メソッドが不適切な呼び出し元によって呼び出されたことを示すためにスローされます。
    class 
    所定のモニターを持たないスレッドがオブジェクトのモニターで待つことを試みたこと、あるいはほかのスレッドが所定のモニターを持たずにオブジェクトのモニターで待つことを通知したことを示すためにスローされます。
    class 
    不正または不適切なときにメソッドが呼び出されたことを示します。
    class 
    要求されたオペレーションに対してスレッドの状態が不適切であることを示すためにスローされます。
    class 
    クラス定義に互換性のない変更があった場合にスローされます。
    class 
    ある種のインデックス(配列、文字列、ベクトルなど)が範囲外であることを示すためにスローされます。
    class 
    アプリケーションがJavaのnew構文を使って抽象クラスやインタフェースのインスタンスを生成しようとしたときにスローされます。
    class 
    アプリケーションがClassクラスのnewInstanceメソッドを使ってクラスのインスタンスを生成しようとしたときに、指定されたクラス・オブジェクトのインスタンスを生成できない場合にスローされます。
    final class 
    Integerクラスは、プリミティブ型intの値をオブジェクトにラップします。
    class 
    Java Virtual Machine内で予期しない内部エラーが発生したことを示すためにスローされます。
    class 
    あるスレッドが待ち状態、休止状態、または占有されているとき、アクティビティの前かその間のいずれかにそのスレッドで割込みが発生した場合にスローされます。
    class 
    「モジュール層」の作成に失敗したときにスローされます。
    class 
    LinkageErrorのサブクラスは、あるクラスが別のクラスに依存関係がある場合に、前者のクラスをコンパイルしたあと、後者のクラスへの変更によって互換性が失われたことを示します。
    final class 
    Longクラスは、プリミティブ型 longの値をオブジェクトにラップします。
    class 
    負のサイズを持った配列をアプリケーションが作成しようとした場合にスローされます。
    class 
    通常のメソッド呼び出し、あるいはnew式を使った新しいインスタンスの生成で、Java仮想マシンまたはClassLoaderインスタンスがクラス定義をロードしようとしたが、クラス定義が見からない場合にスローされます。
    class 
    オブジェクトの指定されたフィールドにアプリケーションがアクセス、または変更を試みたとき、オブジェクトにそのフィールドがない場合にスローされます。
    class 
    指定された名前のフィールドがクラスにはないことを通知します。
    class 
    あるクラスの特定のメソッド(staticメソッド、またはインスタンス・メソッド)をアプリケーションが呼び出そうとしたとき、すでにそのクラスには呼び出されたメソッドの定義がない場合にスローされます。
    class 
    特定のメソッドが見つからない場合にスローされます。
    class 
    オブジェクトが必要な場合に、アプリケーションがnullを使おうとするとスローされます。
    class 
    抽象クラスNumberは、プリミティブ型bytedoublefloat intlong、およびshortに変換可能な数値を表すプラットフォーム・クラスのスーパークラスです。
    class 
    アプリケーションが文字列を数値型に変換しようとしたとき、文字列の形式が正しくない場合にスローされます。
    class 
    メモリー不足のためにJava Virtual Machineがオブジェクトを割り当てることができず、ガベージ・コレクタによっても使用可能なメモリーをこれ以上確保できない場合にスローされます。
    static enum 
    ProcessBuilder.Redirectのタイプです。
    class 
    コア・リフレクションのリフレクト操作からスローされる例外の、共通のスーパー・クラスです。
    class 
    RuntimeExceptionは、Java仮想マシンの通常の処理でスローすることができる各種の例外のスーパー・クラスです。
    final class 
    このクラスは、実行時のアクセス権に関連します。
    class 
    セキュリティ・マネージャによってスローされ、セキュリティ違反を示します。
    final class 
    Shortクラスは、プリミティブ型 shortの値をオブジェクトにラップします。
    class 
    アプリケーションでの再帰の回数が多すぎてスタック・オーバーフローが起こる場合にスローされます。
    final class 
    スタック・トレース内の要素で、Throwable.getStackTrace()により返される値。
    static enum 
    StackWalkerで取得した「スタック・フレーム」情報を構成するオプション。
    final class 
    Stringクラスは文字列を表します。
    final class 
    スレッドセーフな可変の文字列。
    final class 
    文字の可変シーケンスです。
    class 
    Stringメソッドによりスローされ、インデックスが負または文字列のサイズより大きいことを示します。
    static enum 
    システムloggersレベル。
    static enum 
    スレッドの状態です。
    class 
    ThreadDeathのインスタンスは、対象となるスレッド内で(非推奨の) Thread.stop()メソッドが呼び出されたときにスローされます。
    class 
    Throwableクラスは、Java言語のすべてのエラーと例外のスーパー・クラスです。
    class 
    アプリケーションが型の名前を表す文字列を使って型にアクセスし、指定された名前の型の定義が見つからないときに、スローされます。
    class 
    未知であるが重大な例外がJava仮想マシンで発生した場合にスローされます。
    class 
    Java仮想マシンが、nativeと宣言されたメソッドの適切なネイティブ言語の定義を見つけることができない場合にスローされます。
    class 
    Java仮想マシンが、クラス・ファイルの読込み中に、そのファイルのメジャー・バージョン番号とマイナー・バージョン番号がサポートされていないと判定した場合にスローされます。
    class 
    要求されたオペレーションがサポートされていないことを示すためにスローされます。
    class 
    クラス・ファイルが適切な形式でも、ある種の内部矛盾またはセキュリティ上の問題があることを「ベリファイア(verifier)」が検出した場合にスローされます。
    class 
    Java仮想マシンが壊れているか、または動作を継続するのに必要なリソースが足りなくなったことを示すためにスローされます。
  • java.lang.annotationでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.annotationのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    注釈パーサーがクラス・ファイルから注釈の読取りを試みて、注釈が不正であると判断した場合にスローされます。
    class 
    注釈のコンパイル(または直列化)後に型が変更されている注釈要素に、プログラムがアクセスを試みたことを示すためにスローされます。
    enum 
    この列挙型クラスの定数は、Javaプログラムで注釈が出現する可能性がある構文上のロケーションの単純な分類を提供します。
    class 
    注釈が(または直列化された)でコンパイルされた後に、注釈インタフェース定義に追加された注釈インタフェースの要素にプログラムがアクセスしようとしたことを示すためにスローされます。
    enum 
    注釈保持ポリシーです。
  • java.lang.constantでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.constantのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    DirectMethodHandleDescで記述できるメソッド・ハンドルの種類。
  • java.lang.instrumentでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.instrumentのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    入力パラメータが無効な場合にClassFileTransformer.transformの実装によってスローされます。
    class 
    指定されたクラスの1つを変更できない場合、Instrumentation.redefineClassesの実装によってスローされます。
    class 
    モジュールを変更できないことを示すためにスローされます。
  • java.lang.invokeでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.invokeのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    LambdaConversionException
    static enum 
    Lookup::defineHiddenClassメソッドによって作成された非表示クラスをルックアップ・クラスのネストに新しいメンバーとして動的に追加するかどうか、または非表示クラスがその定義ローダーとしてマークされたクラス・ローダーと強力な関係を持つかどうか(あるいはその両方)を指定するクラス・オプションのセット。
    final class 
    メソッド型は、メソッド・ハンドルが受け取ったり返したりする引数や戻り値の型、あるいはメソッド・ハンドルの呼出し元が渡したり期待したりする引数や戻り値の型を表します。
    final class 
    ラムダ式の直列化された形式。
    class 
    リンケージ・インバリアントが違反されると、StringConcatExceptionがStringConcatFactoryによってスローされます。
    static enum 
    VarHandleによって参照される変数へのアクセス方法を指定するアクセス・モードのセット。
    class 
    コード内でメソッド・ハンドルを不正なメソッド型経由で呼び出そうとしたことを示すためにスローされます。
  • java.lang.managementでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.managementのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    SecurityManagerによって実行されるコードがJavaプラットフォームの管理インタフェースで定義されたメソッドを呼び出すときに、SecurityManagerがチェックするアクセス権です。
    enum 
    メモリー・プールのタイプです。
  • java.lang.moduleでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.moduleのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    モジュールを見つける際にエラーが発生したときにModuleFinderによってスローされます。
    class 
    モジュール記述子を読み込むときにスローされ、モジュール記述子の形式が正しくないか、モジュール記述子として解釈できない場合にスローされます。
    static enum 
    エクスポートされたパッケージの修飾子。
    static enum 
    モジュール上の修飾子。
    static enum 
    開いているパッケージの修飾子。
    static enum 
    モジュール依存の修飾子。
    class 
    モジュールのセットを解決したり、サービス・バインディングでモジュールのセットを解決したりすると失敗します。
  • java.lang.reflectでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.lang.reflectのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    クラスまたはインタフェース、メソッド、またはコンストラクタのジェネリック・シグネチャ情報を解釈する必要があるリフレクション・メソッドが、構文的に不正なシグネチャ属性を検出した場合にスローされます。
    class 
    Java言語のアクセス・チェックを抑制できない場合にスローされます。
    class 
    InvocationTargetExceptionは、呼び出されるメソッドまたはコンストラクタがスローする例外をラップする、チェック例外です。
    class 
    セマンティックス的に不正なパラメータ化された型が、型のインスタンス化を必要とするリフレクト・メソッドにより検出された場合にスローされます。
    class 
    java.lang.reflectパッケージがクラス・ファイルからメソッド・パラメータの読取りを試みて、1つ以上のパラメータの型式が不正であると判断した場合にスローされます。
    class 
    Proxyは、インタフェースのインスタンスのように動作するが、カスタマイズされたメソッド呼び出しを可能にするオブジェクトを作成する静的メソッドを提供します。
    final class 
    リフレクト処理のPermissionクラスです。
    class 
    呼出しハンドラのinvokeメソッドが、プロキシ・インスタンスで呼び出され、呼出しハンドラにディスパッチされたメソッドのthrows節で宣言されたどの例外タイプにも割当てできないチェック例外(RuntimeExceptionまたはErrorに割当てできないThrowable)をスローした場合、プロキシ・インスタンスのメソッド呼出しによってスローされます。
  • java.mathでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.mathのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    変更が不可能な、任意精度の符号付き10進数です。
    class 
    変更が不可能な、任意精度の整数です。
    final class 
    数値演算子(BigDecimalクラスによって実装されるものなど)の特定のルールを記述するコンテキスト設定をカプセル化する不変オブジェクト。
    enum 
    精度を破棄できる数値演算に「端数処理ポリシー」を指定します。
  • java.netでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.netのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    認証を要求しているエンティティのタイプ。
    class 
    ソケットをローカル・アドレスとポートにバインドしようとした際にエラーが発生したことを通知します。
    class 
    ソケットをリモート・アドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
    class 
    HTTP要求を再試行する必要があるが、ストリーミング・モードが有効になっているために自動的に再試行できないことを示すために、スローされます。
    final class 
    このクラスは、インターネット・プロトコル・バージョン4 (IPv4)アドレスを表します。
    final class 
    このクラスは、インターネット・プロトコル・バージョン6 (IPv6)アドレスを表します。
    class 
    IP (Internet Protocol)アドレスを表すクラスです。
    class 
    このクラスは、IPソケット・アドレス(IPアドレス+ポート番号)を実装します。これはペア(ホスト名+ポート番号)にすることもできます。その場合、ホスト名の解決が試みられます。
    class 
    不正な形式のURLが見つかったことを示すためにスローされます。
    final class 
    このクラスは、各種のネットワーク・アクセス権のために使います。
    class 
    ソケットをリモート・アドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
    class 
    ICMPポート到達不可能メッセージが接続されたデータグラムに受信されたことを示すシグナルです。
    class 
    使用しているプロトコルでエラー(TCPエラーなど)が発生したことを表すためにスローされます。
    static enum 
    プロキシ・タイプを表します。
    class 
    このクラスは、プロトコルに関連付けられていないソケット・アドレスを表します。
    class 
    ソケットの作成中またはアクセス中にエラーが発生したことを示すためにスローされます。
    final class 
    このクラスは、ソケットを通じたネットワークへのアクセス権を表します。
    class 
    ソケットの読み込みまたは受け入れでタイム・アウトが発生したことを示すシグナルです。
    enum 
    通信プロトコルの標準ファミリを定義します。
    final class 
    Unixドメイン・ソケット・アドレス。
    class 
    ホストのIPアドレスが判定できなかった場合にスローされます。
    class 
    未知のサービス例外が発生したことを示すためにスローされます。
    final class 
    URI (Uniform Resource Identifier)参照を表します。
    class 
    文字列をURI参照として解析できなかったことを示すためにスローされたチェック例外です。
    final class 
    URLクラスは、Uniform Resource Locator (ユニフォーム・リソース・ロケータ)、つまりWorld Wide Web上の「リソース」へのポインタを表します。
    final class 
    指定のURLで定義されたリソースまたは一連のリソースにアクセスするためのアクセス権と、指定された一連のユーザー設定可能な要求メソッドと要求ヘッダーを表します。
  • java.net.httpでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.net.httpのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    自動リダイレクション・ポリシーを定義します。
    static enum 
    HTTPプロトコルのバージョン。
    class 
    指定された期間内にHttpRequestの送信を目的とした接続が正常に確立されなかった場合にスローされます。
    class 
    レスポンスが指定された期間内に受信されない場合にスローされます。
    final class 
    開梱に失敗したときにスローされます。
  • java.nioでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.nioのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    相対put操作がターゲット・バッファのリミットに達したときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    相対get操作がソース・バッファのリミットに達したときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    マークが定義されていない状態でバッファをリセットしようとしたときにスローされる、非チェック例外です。
    class 
    読込み専用のバッファ上でputcompactといった内容変更メソッドが呼び出されるときにスローされる非チェック例外です。
  • java.nio.channelsでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.nio.channelsのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    以前の受け付け操作が完了していないのにチャネル上で受け付け操作を開始しようとした場合にスローされる非チェック例外です。
    class 
    すでにバインド済みのネットワーク指向チャネルのソケットをバインドしようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    すでに接続済みのSocketChannelを接続しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    別のスレッドがチャネルまたは入出力操作時にブロックされるチャネルの一部をクローズしたときにスレッドが受け取るチェック例外です。
    class 
    すでに無効になった選択キーを使用しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    スレッドがチャネルでの入出力操作でブロックされているにもかかわらず、別のスレッドから割込みを受けた場合に受信するチェック例外です。
    class 
    クローズしたチャネルに対する入出力操作を行おうとしたとき、または実行しようとした入出力操作に対してそのチャネルがクローズされている場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    クローズしたセレクタに対する入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    非ブロック接続操作の進行中にSocketChannelに接続しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    ファイル・ロックの獲得を待機しているスレッドに対して別のスレッドから割込みがあったときに受け取られるチェック例外です。
    class 
    ブロック・モードが不正であるのに、チャネル上でブロック・モード固有の操作を呼び出したときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    同じプロバイダによって作成されなかったグループ内のチャネルを開こうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    チャネルの作成元プロバイダ以外が作成したセレクタにチャネルを登録しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    非同期操作が完了する前にタイム・アウト時間が経過したときにスレッドが受け取るチェック例外です。
    class 
    最初にそのconnectメソッドを正常に呼び出すことなく、SocketChannelfinishConnectメソッドが呼び出された場合にスローされる非チェック例外です。
    class 
    最初は読込みのためにオープンされていなかったチャネルから読込みを行おうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    最初は書込みのためにオープンされていなかったチャネルに対して書込みを行おうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    未バインドのサーバー・ソケット・チャネル上で入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    未接続のソケット・チャネル上で入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    ロックを獲得しようとしたファイル領域が、すでに同じJava仮想マシンによってロックされている領域にオーバーラップしている場合、またはその他のスレッドが同じファイルのオーバーラップしている領域をロックしようと待機している場合にスローされる非チェック例外です。
    class 
    以前の読取りが完了していないのに非同期ソケット・チャネルから読み取ろうとした場合にスローされる非チェック例外です。
    class 
    シャットダウン済みのグループ内でチャネルを構築しようとしたときや、チャネル・グループが終了したために入出力操作の終了ハンドラを呼び出せないときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    未解決のソケット・アドレスに対してネットワーク操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    サポートされていない型のソケット・アドレスにバインドまたは接続しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    以前の書込みが完了していないのに非同期ソケット・チャネルに書き込もうとした場合にスローされる非チェック例外です。
  • java.nio.charsetでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.nio.charsetのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    文字のエンコード・エラーやデコード・エラーが発生したときにスローされるチェック例外です。
    class 
    CharsetDecoderdecodeLoopメソッドまたはCharsetEncoderencodeLoopメソッドから予期しない例外がスローされたときにスローされるエラーです。
    class 
    ある文字列が、正当な文字セット名ではないのに正当であるかのように使用された場合にスローされる非チェック例外です。
    class 
    入力バイト・シーケンスが指定文字セットにとって正当でない場合、または入力文字シーケンスが16ビットの正規Unicodeシーケンスでない場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    入力文字(またはバイト)シーケンスは有効だが出力バイト(または文字)シーケンスにマップできない場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    要求された文字セットがサポートされない場合にスローされる非チェック例外です。
  • java.nio.fileでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.nio.fileのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    通常はファイル・アクセス権またはその他のアクセス・チェックのために、ファイル・システム操作が拒否されたときにスローされるチェック例外です。
    enum 
    ファイルのアクセシビリティのテストに使用されるアクセス・モードを定義します。
    class 
    原子的なファイル・システム操作としてファイルを移動できない場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    閉じられたディレクトリ・ストリームに対する操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    閉じられたファイルやファイル・システムに対する操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    class 
    閉じられた監視サービスに対する操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
    final class 
    ディレクトリ内のエントリに対する反復処理を行っているときに入出力エラーが検出された場合にスローされる実行時例外です。
    class 
    ディレクトリが空でないためにファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    ファイルまたはディレクトリの作成を試みたときにその名前のファイルがすでに存在している場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    すでに存在するファイル・システムを作成しようとしたときにスローされる実行時例外です。
    class 
    1つまたは2つのファイルでファイル・システム操作が失敗した場合にスローされます。
    class 
    ファイル・システムのループ、すなわちサイクルが検出された場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    ファイル・システムが見つからない場合にスローされる実行時例外です。
    enum 
    ファイル・ツリー・トラバーサル・オプションを定義します。
    enum 
    FileVisitorの結果型です。
    class 
    パス文字列に無効な文字が含まれているか、その他のファイル・システム固有の理由でパス文字列が無効であるために、パス文字列をPathに変換できない場合にスローされる非チェック例外です。
    enum 
    シンボリック・リンクの処理方法を定義します。
    final class 
    リンク作成操作のためのPermissionクラスです。
    class 
    存在しないファイルへのアクセスを試みた場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    ファイルがディレクトリでないために、ディレクトリを対象にしたファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    ファイルがシンボリック・リンクでないためにファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
    class 
    あるファイル・システム・プロバイダで作成されたオブジェクト上で、別のファイル・システム・プロバイダで作成されたパラメータを指定してメソッドを呼び出そうとした場合にスローされる非チェック例外です。
    class 
    必要な型のプロバイダが見つからない場合にスローされる実行時例外です。
    class 
    read-onlyFileSystemに関連付けられているオブジェクトを更新しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
    enum 
    標準コピー・オプションを定義します。
    enum 
    標準オープン・オプションを定義します。
  • java.nio.file.attributeでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.nio.file.attributeのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    enum 
    ACL エントリのフラグ・コンポーネントによって使用されるフラグを定義します。
    enum 
    ACL entryの権限コンポーネントで使用される権限を定義します。
    enum 
    アクセス制御エントリ型の型保証された列挙です。
    enum 
    permissions属性で使用するビットを定義します。
    class 
    主体が存在しないためにUserPrincipalの検索に失敗した場合にスローされるチェック例外です。
  • java.rmiでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.rmiのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    AccessExceptionは、java.rmi.Namingクラス(具体的には、bindrebindおよびunbind)の特定のメソッドによってスローされ、コール元がメソッド・コールによってリクエストされたアクションを実行する権限がないことを示します。
    class 
    レジストリにすでにバインドが関連付けられている名前にオブジェクトをバインドしようとすると、AlreadyBoundExceptionがスローされます。
    class 
    ConnectExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート・ホストへの接続が拒否された場合にスローされます。
    class 
    ConnectIOExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート・ホストに接続しようとしているときにIOExceptionが発生した場合にスローされます。
    class 
    MarshalExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート呼出しのヘッダー、引数、または戻り値を整列化しているときにjava.io.IOExceptionが発生した場合にスローされます。
    final class 
    MarshalledObjectは、コンストラクタに渡されるオブジェクトの、直列化表現のバイト・ストリームを包含します。
    class 
    NoSuchObjectExceptionは、リモート仮想マシンにもう存在していないオブジェクトに対してメソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
    class 
    NotBoundExceptionは、レジストリ内で、関連したバインディングを持たない名前を検索あるいはアンバインドしようとしたときにスローされます。
    class 
    RemoteExceptionは、リモート・メソッド呼出しの実行中に発生する可能性のあるいくつかの通信関連の例外で使用する共通のスーパー・クラスです。
    class 
    非推奨。
    代わりにSecurityExceptionを使用してください。
    class 
    ServerErrorはリモート・メソッド呼出しの結果としてスローされます。この例外がスローされた場合は、サーバー上でその呼出しが処理されているとき、つまり、引数の非整列化、リモート・メソッドの実行、または戻り値の整列化が行われているときに、Errorがスローされています。
    class 
    ServerExceptionはリモート・メソッド呼出しの結果としてスローされます。この例外がスローされた場合は、サーバー上でその呼出しが処理されているとき、つまり、引数の非整列化またはリモート・メソッドの実行中に、RemoteExceptionがスローされています。
    class 
    非推奨。
    代替はありません。
    class 
    StubNotFoundExceptionは、エクスポート時に、有効なスタブ・クラスがリモート・オブジェクトで見つからない場合にスローされます。
    class 
    UnexpectedExceptionは、リモート・メソッド呼出しのクライアントが、呼出しの結果として、リモート・インタフェースのメソッドのthrows節で宣言されているチェック例外の型とは異なるチェック例外を受信した場合にスローされます。
    class 
    UnknownHostExceptionは、リモート・メソッド呼出しのためにリモート・ホストとの接続を確立している間にjava.net.UnknownHostExceptionが発生した場合にスローされます。
    class 
    UnmarshalExceptionは、リモート・メソッド呼出しのパラメータまたは結果を非整列化しているときに、次の条件のどれかが成立した場合にスローされることがあります。呼出しヘッダーを非整列化しているときに例外が発生した場合、戻り値のプロトコルが無効な場合、パラメータ(サーバー側)または戻り値(クライアント側)を非整列化しているときにjava.io.IOExceptionが発生した場合
  • java.rmi.dgcでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.rmi.dgcのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    Leaseオブジェクトは、一意のVM識別子と貸出し期間とを保持します。
    final class 
    VMIDは、すべてのJava仮想マシンを通じて一意の識別子です。
  • java.rmi.serverでのSerializableの使用

    java.rmi.serverでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    RemoteRefは、リモート・オブジェクトのハンドルを表します。
    interface 
    非推奨。
    代替はありません。
    Serializableを実装しているjava.rmi.serverのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    ExportExceptionは、リモート・オブジェクトのエクスポートの試みが失敗した場合にスローされるRemoteExceptionです。
    final class 
    ObjIDは、RMIランタイムにエクスポートされたリモート・オブジェクトを識別するために使用します。
    class 
    RemoteObjectクラスはリモート・オブジェクトに対するjava.lang.Objectの動作を実装します。
    class 
    Java Remote Method Invocation (Java RMI)で使用するためのInvocationHandlerインタフェースの実装です。
    class 
    RemoteServerは、サーバーの実装に対する共通のスーパー・クラスであり、広範囲のリモート参照セマンティックスをサポートするフレームワークを提供します。
    class 
    非推奨。
    スタブは動的に生成されるため、静的に生成されたスタブは推奨されていません。
    class 
    ServerCloneExceptionは、UnicastRemoteObjectの複製時にリモート例外が発生した場合にスローされます。
    class 
    ServerNotActiveExceptionは、RemoteServer.getClientHostの呼出し中に、そのgetClientHostメソッドがリモート・メソッド呼出しの対応範囲の外側で呼び出された場合にスローされるExceptionです。
    class 
    非推奨。
    代替はありません。
    class 
    非推奨。
    代替はありません。
    class 
    非推奨。
    このクラスは廃止されました。
    final class 
    UIDとは、生成元のホスト上で常に一意である識別子、または216の「既知の」識別子のことです。
    class 
    リモート・オブジェクトをJRMPを使ってエクスポートし、リモート・オブジェクトと通信するスタブを取得するために使用されます。
  • java.securityでのSerializableの使用

    java.securityでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    このKeyインタフェースは、すべてのキーに対する最上位のインタフェースです。
    interface 
    非公開キーです。
    interface 
    公開キーです。
    Serializableを実装しているjava.securityのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスは、非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。「セキュリティ・マネージャ」と組み合わせて使用すると便利です。
    final class 
    AllPermissionは、ほかのすべてのアクセス権を包含するアクセス権です。
    class 
    このクラスは、特定のプロバイダに対するログイン・メソッドとログアウト・メソッドを定義します。
    class 
    BasicPermissionはPermissionクラスを拡張するクラスで、BasicPermissionと同じ命名規約に従う必要のある、アクセス権の基底クラスとして使用できます。
    final class 
    このクラスはコード署名者に関する情報をカプセル化します。
    class 
    このクラスはコード・ベースの概念を拡張し、位置(URL)に加えて、その位置から発生する署名付きコードの検証に使用した証明書チェーンもカプセル化します。
    enum 
    暗号化プリミティブの列挙です。
    class 
    ジェネリック・メッセージ・ダイジェスト例外です。
    static enum 
    DRBGの再シード可能および予測抵抗能力。
    class 
    GeneralSecurityExceptionクラスは汎用のセキュリティ例外クラスであり、このクラスを拡張するすべてのセキュリティ関連例外クラスに対して型保証を提供します。
    class 
    GuardedObjectは、別のオブジェクトへのアクセスから保護するためのオブジェクトです。
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。
    class 
    無効または不適切なアルゴリズム・パラメータの例外です。
    class 
    無効な符号化、長さの誤り、未初期化などの無効なキーに対する例外です。
    class 
    メソッドに無効なパラメータが渡されると、JCAまたはJCEエンジン・クラスのために設計された、この例外がスローされます。
    class 
    基本的なキーの例外です。
    class 
    キー管理に関係するすべての操作に対する一般的なキー管理例外です。
    final class 
    このクラスは、キー・ペア(公開キーと非公開キー)の単純なホルダーです。
    class 
    直列化されたKeyオブジェクトの標準化された表現です。
    static enum 
    キーのタイプです。
    class 
    ジェネリック・キーストア例外です。
    class 
    この例外は、ある暗号アルゴリズムが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、特定のセキュリティ・プロバイダが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
    class 
    システム・リソースへのアクセスを表現する抽象クラスです。
    class 
    Permissionオブジェクトのコレクションを表す抽象クラスです。
    final class 
    Permissionsの異種コレクションを表します。
    class 
    この例外は、実行中のアクションからチェック例外がスローされたことを示すために、doPrivileged(PrivilegedExceptionAction)およびdoPrivileged(PrivilegedExceptionAction, AccessControlContext context)によってスローされます。
    class 
    このクラスは、Java Security APIの「プロバイダ」を表します。プロバイダとは、Javaセキュリティの全体または一部を実装するものです。
    class 
    プロバイダ例外(構成エラーや回復不可能な内部エラーなど)に対する実行時例外です。特定のプロバイダ固有の実行時エラーをスローするために、Providerによってサブクラス化されることがあります。
    class 
    このクラスは暗号用に強化された乱数ジェネレータ(RNG)を提供します。
    class 
    このクラスは、SecureRandomクラスの「サービス・プロバイダ・インタフェース」 (SPI)を定義します。
    final class 
    このクラスはセキュリティ・アクセス権のために用意されています。
    class 
    ジェネリック署名の例外です。
    final class 
    SignedObjectは、認証実行時オブジェクトの作成を目的としたクラスです。この実行時オブジェクトの整合性が損なわれた場合は、必ず検出されます。
    class 
    削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
    このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。
    final class 
    このクラスは、署名付きタイムスタンプに関する情報をカプセル化します。
    class 
    この例外は、キーストア内のエントリを復元できない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、キーストア内のキーを復元できない場合にスローされます。
    final class 
    UnresolvedPermissionクラスを使うと、Policyの初期化時に「解決されなかった」Permissionを保持できます。
    Serializable型のパラメータを持つjava.securityのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    SignedObject(Serializable object, PrivateKey signingKey, Signature signingEngine)
    任意のSerializableオブジェクトからSignedObjectを構築します。
  • java.security.certでのSerializableの使用

    java.security.certでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    static interface 
    検査アルゴリズムが失敗した理由です。
    Serializableを実装しているjava.security.certのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    さまざまな身元証明書を管理するabstractクラスです。
    protected static class 
    直列化の代替Certificateクラスです。
    class 
    証明書の符号化例外です。
    class 
    この例外は、証明書に関するさまざまな問題の1つを示します。
    class 
    証明書の期限切れの例外です。
    class 
    証明書がまだ有効ではないことを示す例外です。
    class 
    証明書構文解析例外です。
    class 
    X.509証明書が取り消されたことを示す例外です。
    class 
    不変な証明書のシーケンス(証明書パス)です。
    protected static class 
    直列化の代替CertPathクラスです。
    class 
    CertPathBuilderで証明書パスを構築するときに検出されるさまざまな問題の1つを表す例外です。
    class 
    証明書パスの妥当性を検査するときに検出されるさまざまな問題の1つを表す例外です。
    static enum 
    BasicReasonは、任意のタイプの証明書パスが無効になる可能性がある潜在的な理由を列挙します。
    class 
    CertStoreから証明書とCRLを取得するときのさまざまな問題の1つを表す例外です。
    class 
    CRL (証明書の取消しリスト)例外です。
    enum 
    CRLReason列挙は、RFC 5280「Internet X.509 Public Key Infrastructure Certificate and CRL Profile」で定義されている、証明書の取消し理由を指定します。
    enum 
    PKIXReasonは、PKIX (RFC 5280)標準に従ってX.509証明書パスが無効になる可能性があるPKIX固有の潜在的な理由を列挙します。
    static enum 
    失効確認メカニズムに対して指定できる各種の失効オプション。
    class 
    X.509証明書の抽象クラスです。
  • java.security.interfacesでのSerializableの使用

    java.security.interfacesでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    DSA非公開キーに対する標準インタフェースです。
    interface 
    DSA公開キーに対するインタフェースです。
    interface 
    楕円曲線(Elliptic Curve: EC)非公開キーのインタフェースです。
    interface 
    楕円曲線(Elliptic Curve: EC)公開キーのインタフェースです。
    interface 
    「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線秘密キーのインタフェースです。
    interface 
    「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線公開キーのインタフェースです。
    interface 
    「中国の剰余定理」 (CRT)情報の値を使用したRSA複数試行秘密鍵へのインタフェースです(PKCS#1 v2.2標準で定義)。
    interface 
    「中国の剰余定理」 (CRT)情報の値を使用したRSA秘密鍵へのインタフェースです(PKCS#1 v2.2標準で定義)。
    interface 
    RSA非公開キーのインタフェースです。
    interface 
    RSA公開キーのインタフェースです。
    interface 
    RFC 7748で定義される楕円曲線秘密鍵のインタフェース。
    interface 
    RFC 7748で定義される楕円曲線公開鍵のインタフェース。
  • java.security.specでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.security.specのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    無効なキー仕様の例外です。
    class 
    無効なパラメータ仕様の例外です。
  • java.sqlでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.sqlのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    バッチ更新操作中にエラーが発生したときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    enum 
    Connection.setClientInfoの呼出しによってプロパティを設定できない理由の状態の列挙です。
    class 
    MaxFieldSizeを超過した以外の理由でデータ値が予期せず切り捨てられたときに、DataTruncation例外としてスローされる例外(書込み時)、またはDataTruncation警告として報告される例外(読取り時)です。
    class 
    ミリ秒の値をラップする薄いラッパーであり、これによってJDBCがミリ秒の値をSQL DATE値として扱うことができるようになります。
    enum 
    JDBC型と呼ばれる、汎用SQL型を識別するために使用する定数を定義します。
    enum 
    擬似/隠し列の使用の列挙を表す列挙です。
    enum 
    RowIdの寿命の値の列挙です。
    class 
    1つ以上のクライアント情報プロパティをConnectionで設定できなかったときに、SQLExceptionのサブクラスがスローされます。
    class 
    SQLStateクラス値が「22」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    データベース・アクセス・エラーまたはその他のエラーに関する情報を提供する例外です。
    class 
    SQLStateクラス値が「0A」(ゼロA)のときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLStateクラス値が「23」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLStateクラス値が「28」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLStateクラス値が「08」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLExceptionの原因が修正されないかぎり、同じ操作を再試行してもインスタンスが失敗するときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    final class 
    SecurityManagerを有効にしてアプリケーションを実行しているコードが有効なときにSecurityManagerがチェックするアクセス権は、DriverManager.deregisterDriverメソッド、DriverManager.setLogWriterメソッド、DriverManager.setLogStream (deprecated)メソッド、SyncFactory.setJNDIContextメソッド、SyncFactory.setLoggerメソッド、Connection.setNetworkTimeoutメソッド、またはConnection.abortメソッドを呼び出します。
    class 
    アプリケーションが回復ステップを実行してトランザクション全体(分散トランザクションの場合はトランザクション・ブランチ)を再試行すれば前回失敗した操作が成功する可能性があるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLStateクラス値が「42」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    Statement.setQueryTimeoutDriverManager.setLoginTimeoutDataSource.setLoginTimeoutXADataSource.setLoginTimeoutで指定されたタイムアウトの期限が切れたときにスローされる、SQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLStateクラス値が「40」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    SQLStateクラス値が「08」であるか、またはベンダー指定の条件下にあるときのための、SQLExceptionのサブクラスです。
    class 
    前回失敗した操作が、アプリケーション・レベルの機能による介入がなくても再試行時に成功する可能性がある状況では、SQLExceptionのサブクラスがスローされます。
    class 
    データベース・アクセスの警告に関する情報を提供する例外です。
    class 
    java.util.Dateクラスの薄いラッパーで、このラッパーによってJDBC APIはこれをSQL TIME値として識別できます。
    class 
    このクラスは、java.util.Dateの薄いラッパーで、このラッパーによってJDBC APIはこれをSQL TIMESTAMP値として識別できます。
  • java.textでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.textのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static class 
    テキスト属性の識別に使用する属性キーを定義します。
    class 
    ChoiceFormatを使用すると、ある範囲の数値にフォーマットを追加することができます。
    final class 
    CompactNumberFormatは、コンパクト形式で小数を書式設定するNumberFormatの具体的なサブクラスです。
    class 
    DateFormatは、言語に依存しない方法で日付または時刻をフォーマットおよび解析する、日付/時刻フォーマット・サブクラスの抽象クラスです。
    static class 
    DateFormat.formatToCharacterIteratorから返されたAttributedCharacterIterator内の属性キー、およびFieldPosition内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
    class 
    DateFormatSymbolsは、月、曜日、タイムゾーン・データなど、ローカライズが可能な日付/時刻フォーマット・データをカプセル化するためのpublicクラスです。
    class 
    DecimalFormatNumberFormatの具象サブクラスであり、10進数の書式を設定します。
    class 
    このクラスは、数値をフォーマットするときにDecimalFormatで必要となる記号セット(小数点、グループ化区切り文字など)を表します。
    class 
    Formatは、日付、メッセージ、数字などのロケールに依存する情報をフォーマットするabstract基底クラスです。
    static class 
    Format.formatToCharacterIteratorから返されたAttributedCharacterIterator内の属性キー、およびFieldPosition内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
    class 
    MessageFormatは、連結されたメッセージを、言語に依存しない方法で構築するためのものです。
    static class 
    MessageFormat.formatToCharacterIteratorから返されたAttributedCharacterIterator内の属性キーとして使用する定数を定義します。
    static enum 
    この列挙は、「Unicode Standard Annex#15-Unicode Normalization Forms」に記述されている4つのUnicode正規化形式の定数と、それらにアクセスするための2つのメソッドを提供します。
    class 
    NumberFormatは、すべての数値フォーマットに対するabstract基底クラスです。
    static class 
    NumberFormat.formatToCharacterIteratorから返されたAttributedCharacterIterator内の属性キー、およびFieldPosition内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
    static enum 
    数値書式設定スタイル。
    class 
    解析中に予想外のエラーが発生したことを表すシグナルです。
    class 
    SimpleDateFormatは、日付のフォーマットと解析を、ロケールを考慮して行うための具象クラスです。
  • java.timeでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.timeのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    日付/時間の計算時の問題を示すために使用される例外。
    enum 
    「曜日」(「Tuesday」など)。
    final class 
    時間ベースの時間(「34.5秒」など)。
    final class 
    時系列の時点。
    final class 
    ISO-8601暦体系のタイムゾーンのない日付、2007-12-03など。
    final class 
    ISO-8601暦体系のタイムゾーンのない日付/時間、2007-12-03T10:15:30など。
    final class 
    ISO-8601暦体系における、タイムゾーンのない時間(10:15:30など)。
    enum 
    「月」(「July」など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系における月日(--12-03など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系におけるUTC/グリニッジからのオフセット付きの日時(2007-12-03T10:15:30+01:00など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系におけるUTC/グリニッジからのオフセット付きの時間(10:15:30+01:00など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系における日付ベースの時間の量(「2年3か月と4日」など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系での年(2007など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系での年-月(2007-12など)。
    final class 
    ISO-8601暦体系でのタイムゾーン付きの日付/時間(2007-12-03T10:15:30+01:00 Europe/Parisなど)。
    class 
    タイムゾーンIDです(Europe/Parisなど)。
    final class 
    グリニッジ/UTCからのタイムゾーンのオフセット(+02:00など)。
  • java.time.chronoでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.time.chronoのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    ヒジュラ暦はイスラム暦をサポートする太陰暦です。
    final class 
    ヒジュラ暦体系の日付。
    enum 
    ヒジュラ暦体系の紀元。
    final class 
    ISO暦体系。
    enum 
    ISO暦体系の紀元。
    final class 
    和暦体系。
    final class 
    和暦体系の日付。
    final class 
    和暦体系の紀元。
    final class 
    民国暦体系。
    final class 
    民国暦体系の日付。
    enum 
    民国暦体系の紀元。
    final class 
    タイ仏暦体系。
    final class 
    タイ仏暦体系の日付。
    enum 
    タイ仏暦体系の紀元。
  • java.time.formatでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.time.formatのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    解析中にエラーが発生した場合にスローされる例外。
    enum 
    ローカライズされた日付、時間または日付/時間フォーマッタのスタイルの列挙。
    enum 
    日付と時間を解決するさまざまな方法の列挙。
    enum 
    正および負の記号を処理する方法の列挙です。
    enum 
    テキスト書式設定および解析のスタイルの列挙です。
  • java.time.temporalでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.time.temporalのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    enum 
    フィールドの標準セット。
    enum 
    日付期間の単位の標準セット。
    class 
    UnsupportedTemporalTypeExceptionは、ChronoFieldまたはChronoUnitがTemporalクラスでサポートされていないことを示します。
    final class 
    日付/時間フィールドの有効な値の範囲です。
    final class 
    曜日、「月の週番号」、および「年の週番号」フィールドのローカライズされた定義です。
  • java.time.zoneでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.time.zoneのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    ローカル時系列内の不連続によって生じる2つのオフセット間の遷移。
    final class 
    遷移の作成方法を表すルール。
    static enum 
    ローカル時間を実際の遷移日付/時間に変換できる方法の定義。
    final class 
    単一タイムゾーンのゾーン・オフセットがどのように変化するかを定義するルール。
    class 
    タイムゾーン構成の問題を示すためにスローされます。
  • java.utilでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.utilのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static class 
    キーと値を保持するエントリ。
    static class 
    キーと値を保守する変更不可のエントリ。
    class 
    Dequeインタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
    class 
    Listインタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
    class 
    このクラスは、必要に応じて大きくなるビット・ベクトルを実装します。
    class 
    Calendarクラスは、特定の時点とYEARMONTHDAY_OF_MONTHHOURなどのカレンダ・フィールド・セット間の変換、および次週の日付の取得などのカレンダ・フィールド操作を行うための抽象クラスです。
    class 
    この例外は、オブジェクトの並行変更を検出したメソッドによってスローできます(そのような変更が許可されていないとき)。
    final class 
    通貨を表します。
    class 
    クラスDateは、特定の時点を表します(精度はミリ秒)。
    class 
    重複するフラグが形式指示子内で指定されていたときにスローされる、非チェック例外です。
    class 
    Stackクラスのメソッドによってスローされ、そのスタックが空であることを示します。
    class 
    EnumMap<K extends Enum<K>,V>
    列挙型のキーと一緒に使用するための特殊なMap実装です。
    class 
    EnumSet<E extends Enum<E>>
    列挙型と一緒に使用するための特殊なSet実装です。
    class 
    すべてのイベント状態オブジェクトの派生元になるルート・クラスです。
    class 
    変換およびフラグに互換性がない場合にスローされる、非チェック例外です。
    static enum 
    BigDecimalの書式設定用の列挙型です。
    class 
    フォーマッタを閉じる際にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    GregorianCalendarは、Calendarの具象サブクラスであり、世界のほとんどの地域で使用される標準的な暦体系を提供します。
    class 
    HashMap<K,V>
    Mapインタフェースのハッシュ表に基づく実装です。
    class 
    このクラスは、ハッシュ表(実際にはHashMapのインスタンス)に連動し、Setインタフェースを実装します。
    class 
    このクラスは、ハッシュ表(キーを値にマップ)を実装します。
    class 
    このクラスは、キーと値を比較するときにオブジェクトの等価性の代わりに参照の等価性を使用する、ハッシュ表を持つMapインスタンスを実装します。
    class 
    Character.isValidCodePoint(int)で定義される無効なUnicodeコード・ポイントを持つ文字がFormatterに渡された場合にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    書式指示子に対応する引数の型が互換性のない型である場合にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    書式文字列に不正な構文または指定された引数と互換性のない書式指示子が含まれる場合にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    不正な組み合わせフラグが指定された場合にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    精度が-1以外の負の値のとき、変換が精度をサポートしないとき、または何らかの理由で値がサポートされないときにスローされる、非チェック例外です。
    class 
    書式幅が-1以外の負の値のとき、または何らかの理由でサポートされないときにスローされる、非チェック例外です。
    class 
    引数のBCP 47タグが整形式でないことを示すために、LocaleおよびLocale.Builderのメソッドによってスローされます。
    class 
    取得されたトークンが予期する型のパターンと一致しないか、予期する型の範囲外である場合に、Scannerによりスローされます。
    class 
    入力がプロパティ・コレクションに適したXMLドキュメント・タイプ(Properties仕様)に準拠していなかったために、操作を完了できなかったことを示すためにスローされます。
    class 
    予測可能な反復順序を持つMapインタフェースのハッシュ表とリンク・リストの実装です。
    class 
    予測可能な反復順序を持つSetインタフェースのハッシュ表とリンク・リストの実装です。
    class 
    ListおよびDequeインタフェースの二重リンク・リスト実装です。
    final class 
    Localeオブジェクトは、地理的、政治的、または文化的に特定の地域を表します。
    static enum 
    ロケール・カテゴリの列挙型です。
    static enum 
    この列挙型は、ロケール照合のフィルタ・モードを選択するための定数を指定します。
    static enum 
    ISO 3166で定義されている型を指定する列挙型。
    class 
    対応する引数のない書式指示子が存在するか、引数インデックスが存在しない引数を参照する場合にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    書式幅が必要なときにスローされる、非チェック例外です。
    class 
    リソースが欠落していることを通知します。
    class 
    要求されている要素が存在しないことを示すために、各種アクセス用メソッドによってスローされます。
    class 
    優先度ヒープに基づく、制限なしの優先度キューです。
    class 
    Propertiesクラスは、プロパティの永続セットを表します。
    final class 
    このクラスはプロパティ・アクセス権のためのクラスです。
    class 
    このクラスのインスタンスは、擬似乱数のストリームの生成に使用されます。その期間は248のみです。
    class 
    サービス・プロバイダの検索、ロード、インスタンス化中に問題が発生した場合にスローされます。
    class 
    SimpleTimeZoneは、グレゴリオ暦で使用するためのタイムゾーンを表すTimeZoneの具象サブクラスです。
    class 
    Stackクラスは、オブジェクトの後入れ先出し(LIFO)スタックを表します。
    class 
    TimeZoneは、タイムゾーン・オフセットを表します。また、サマー・タイムを認識します。
    class 
    TooManyListenersException 例外は、Javaイベント・モデルの一部として、マルチキャスト・イベント・ソースをユニキャスト特殊ケースであると注釈して実装するために使用されます。
    class 
    TreeMap<K,V>
    赤 - 黒ツリーに基づくNavigableMap実装です。
    class 
    TreeMapに基づくNavigableSet実装です。
    class 
    不明な変換が指定された場合にスローされる、非チェック例外です。
    class 
    不明なフラグが指定された場合にスローされる、非チェック例外です。
    final class 
    不変のUUID (universally unique identifier)を表すクラスです。
    class 
    Vectorクラスは、オブジェクトの可変長配列を実装します。
  • java.util.concurrentでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.concurrentのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    配列に連動する、制限付きのブロッキング・キューです。
    class 
    スレッドが故障状態にあるバリアーを待機しようとしているとき、または待機中にバリアーが故障状態になったときに、例外をスローします。
    class 
    FutureTaskなどの値を生成するタスクの結果を、そのタスクが取り消されたために取得できないことを示す例外です。
    class 
    結果またはタスクを完了する過程でエラーまたはその他の例外が検出されたときにスローされる例外です。
    class 
    取得の完全な同時性および予想される高い更新平行性をサポートするハッシュ表です。
    static class 
    キーのSetとしてのConcurrentHashMapのビューです。オプションで、共通の値にマップすることによって追加を有効化できます。
    class 
    リンク・ノードに基づく、制限なしの並行両端キューです。
    class 
    リンク・ノードに基づく、制限なしのスレッドセーフなキューです。
    class 
    スケーラブルな並行ConcurrentNavigableMap実装です。
    class 
    ConcurrentSkipListMapに基づくスケーラブルな並行NavigableSet実装です。
    class 
    基になる配列の新しいコピーを作成することにより、すべての推移的操作(addsetなど)が実装されるArrayListのスレッドセーフな変数です。
    class 
    内部のCopyOnWriteArrayListをすべてのオペレーションで使用するSetです。
    class 
    トリガーされた時点で保留中のアクションが残っていない場合に実行される完了アクションを含むForkJoinTaskです。
    class 
    例外をスローすることによって中断したタスクの結果を取得しようとしたときにスローされる例外です。
    class 
    ForkJoinPool内で実行する抽象基底クラスです。
    class 
    リンク・ノードに基づく、オプションで制限付きになるブロッキング両端キューです。
    class 
    リンク・ノードに基づく、オプションで制限付きになるブロッキング・キューです。
    class 
    リンク・ノードに基づく、制限なしのTransferQueueです。
    class 
    クラスPriorityQueueと同じ順序付けルールを使用するとともにブロッキング取得オペレーションを提供する、制限なしのブロッキング・キューです。
    class 
    結果の出ない再帰的なForkJoinTask
    class 
    結果を生成する再帰的なForkJoinTask
    class 
    タスクが実行対象として受け入れ不可能な場合に、Executorによってスローされる例外です。
    class 
    計数セマフォです。
    class 
    各挿入オペレーションが別のスレッドによる対応する削除オペレーションを待機する必要がある(およびその逆の) ブロッキング・キューです。
    class 
    現在のスレッドに分離された乱数ジェネレータ(期間264)。
    class 
    ブロック操作がタイム・アウトしたときにスローされる例外です。
    enum 
    TimeUnitは、指定された粒度単位で時間を表し、単位を変換したり、それらの単位でタイミングおよび遅延操作を実行したりするユーティリティ・メソッドを提供します。
  • java.util.concurrent.atomicでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.concurrent.atomicのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    原子的な更新が可能なboolean値です。
    class 
    原子的な更新が可能なint値です。
    class 
    要素の原子的な更新が可能なint配列です。
    class 
    原子的な更新が可能なlong値です。
    class 
    要素の原子的な更新が可能なlong配列です。
    class 
    原子的な更新が可能なオブジェクト参照です。
    class 
    要素を原子的に更新可能なオブジェクト参照の配列です。
    class 
    指定された関数を使用して更新される処理中のdouble値を一緒に保持する1つ以上の変数。
    class 
    初期値ゼロのdoubleの合計を一緒に保持する1つ以上の変数。
    class 
    指定された関数を使用して更新される処理中のlong値を一緒に保持する1つ以上の変数。
    class 
    初期値ゼロのlongの合計を一緒に保持する1つ以上の変数。
  • java.util.concurrent.locksでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.concurrent.locksのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    スレッドが排他的に所有できるシンクロナイザです。
    class 
    同期状態がlongとして保持されるAbstractQueuedSynchronizerのバージョンです。
    class 
    Lock実装の基盤として機能するAbstractQueuedLongSynchronizerのCondition実装です。
    class 
    ブロック・ロック、および先入れ先出し(FIFO)待機キューに依存する関連シンクロナイザ(セマフォ、イベントなど)を実装するフレームワークを提供します。
    class 
    Lock実装の基盤として機能するAbstractQueuedSynchronizerのCondition実装です。
    class 
    synchronizedメソッドおよび文を使用してアクセスする暗黙の監視ロックと同じ基本動作およびセマンティックスを使用し、かつ拡張機能を持つ、再入可能な相互排他Lockです。
    class 
    ReentrantLockと同様のセマンティックスをサポートするReadWriteLockの実装です。
    static class 
    ReentrantReadWriteLock.readLock()メソッドによって返されたロックです。
    static class 
    ReentrantReadWriteLock.writeLock()メソッドによって返されたロックです。
    class 
    読取り/書込みアクセスを制御する3つのモードを持つ機能ベースのロックです。
  • java.util.jarでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.jarのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    JARファイルの読書きで何らかのエラーが発生したことを示します。
  • java.util.loggingでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.loggingのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    Levelクラスは、ロギング出力の制御に使用可能な一連の標準ロギング・レベルを定義します。
    final class 
    SecurityManagerによって実行されるコードがLogger.setLevelなどのログ制御メソッドのいずれかを呼び出すときに、SecurityManagerがチェックするアクセス権です。
    class 
    LogRecordオブジェクトを使用して、ログのフレームワークと個々のログHandler間のロギングの要求を渡します。
  • java.util.prefsでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.prefsのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    バッキング・ストアに障害が発生したか、バッキング・ストアにアクセスできないことが原因で、設定操作を完了できなかった場合にスローされます。
    class 
    入力が設定のコレクション用の適切なXMLドキュメント・タイプに準拠していない、つまりPreferencesの仕様に準拠していないために、操作を完了できなかったことを示すためにスローされます。
    class 
    Preferencesノードによって発行されるイベントの1つで、そのノードの子が追加または削除されたことを示します。
    class 
    Preferencesノードによって発行されるイベントの1つで、設定が追加または削除されたか、その値が変更されたことを示します。
  • java.util.regexでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.regexのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    コンパイル済みの正規表現です。
    class 
    正規表現パターンの構文エラーを示すためにスローされる、非チェック例外です。
  • java.util.streamでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.streamのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    リダクション実装の最適化に使用可能な、Collectorのプロパティーを示す特性。
  • java.util.zipでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjava.util.zipのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    データ形式エラーが発生したことを通知します。
    class 
    回復不可能なエラーが発生したことを通知します。
    class 
    ソートのZip例外が発生したことを通知します。
  • javax.annotation.processingでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.annotation.processingのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    Filerが提供する保証を無効にするようなファイル・オープンの試みを、Filerが検出したことを示します。
  • javax.cryptoでのSerializableの使用

    javax.cryptoでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    秘密(対称)キー。
    Serializableを実装しているjavax.cryptoのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    この例外は、AEADモード(GCM/CCMなど)で動作するCipherが指定された認証タグを検証できない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、特定のパディング・メカニズムが入力データに対して予期されているのにデータが適切にパディングされない場合にスローされます。
    class 
    汎用のExemptionMechanism例外です。
    class 
    この例外は、ブロック暗号に提供されたデータの長さが正しくない場合、つまり暗号のブロック・サイズと一致しない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、あるパディング・メカニズムが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
    class 
    プログラマは、このクラスを使用してオブジェクトを生成し、暗号化アルゴリズムを利用してその機密性を保護することができます。
    class 
    この例外は、ユーザーが提供した出力バッファが小さすぎて操作結果を保持できない場合にスローされます。
    Serializable型のパラメータを持つjavax.cryptoのコンストラクタ
    修飾子
    コンストラクタ
    説明
     
    任意のSerializableオブジェクトからSealedObjectを構築します。
  • javax.crypto.interfacesでのSerializableの使用

    javax.crypto.interfacesでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    Diffie-Hellman非公開キーのインタフェースです。
    interface 
    Diffie-Hellman公開キーのインタフェースです。
    interface 
    PBEキーのインタフェースです。
  • javax.crypto.specでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.crypto.specのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    プロバイダに依存しない形式で秘密キーを指定します。
  • javax.imageioでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.imageioのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    読み込み/書込み操作の実行時障害を通知する例外クラスです。
  • javax.imageio.metadataでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.imageio.metadataのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    IIOInvalidTreeExceptionは、IIOMetadataオブジェクトによるIIOMetadataNodeのツリーの構文解析の試みに失敗した場合にスローされます。
  • javax.lang.modelでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.lang.modelのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    enum 
    Javaプログラミング言語のソース・バージョン。
    class 
    未知の種類のエンティティが検出されたことを示す例外のスーパー・クラスです。
  • javax.lang.model.elementでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.lang.model.elementのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    enum 
    要素のkindです。
    enum 
    クラス、メソッド、フィールドなど、プログラム要素の修飾子を表します。
    static enum 
    ディレクティブのkind
    enum 
    型要素の入れ子の種類です。
    class 
    未知の種類の注釈値が検出されたことを示します。
    class 
    未知の種類のモジュール・ディレクティブ文が見つかったことを示します。
    class 
    未知の種類の要素が検出されたことを示します。
  • javax.lang.model.typeでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.lang.model.typeのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    TypeMirrorに対応するClassオブジェクトにアプリケーションからアクセスしようとしたときにスローされます。
    class 
    TypeMirrorに対応するClassオブジェクトのシーケンスにアプリケーションからアクセスしようとしたときにスローされます。
    enum 
    型ミラーの種類です。
    class 
    未知の種類の型が検出されたことを示します。
  • javax.lang.model.utilでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.lang.model.utilのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    static enum 
    要素または他の言語モデル・アイテムのorigin
  • javax.managementでのSerializableの使用

    javax.managementでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    JMX要素の追加メタデータです。
    interface 
    通知フィルタとして機能するすべてのクラスによって実装されます。
    interface 
    データベース・クエリーの「WHERE句」に似た関係制約を表します。
    interface 
    関係式の引数として渡すことができる値を表します。
    Serializableを実装しているjavax.managementのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    名前と値を関連付けることにより、MBean属性を表現します。
    class 
    MBeanによって送信される属性変更通知を定義します。
    class 
    このクラスは、attribute change notificationNotificationFilterインタフェースを実装します。
    class 
    MBeanの属性の値のリストを表します。
    class 
    指定された属性が存在しないか、取得できません。
    class 
    関係制約の引数として使用される属性を表します。
    class 
    クエリーを構築するメソッドに無効なMBean属性が渡された場合にスローされます。
    class 
    クエリーを構築するメソッドに無効な式が渡された場合にスローされます。
    class 
    クエリーを構築するメソッドに無効な文字列オペレーションが渡された場合にスローされます。
    class 
    不変記述子。
    class 
    MBeanはすでにリポジトリに登録されています。
    class 
    指定されたMBeanがリポジトリ内に存在しません。
    class 
    MBeanのイントロスペクションの実行時に発生した例外です。
    class 
    MBeanへのサブクエリー式またはMBeanへの修飾属性式のクラスが間違っている場合にスローされます。
    class 
    指定された値は、属性に対する有効な値ではありません。
    class 
    JMX実装からスローされる例外です。
    class 
    JMX実装から返される実行時例外です。
    class 
    指定されたMBeanリスナーがリポジトリ内に存在しません。
    class 
    文字列の形式が有効なObjectNameに対応していません。
    class 
    管理用として公開されるMBean属性を記述します。
    class 
    MBeanによって公開されるコンストラクタを記述します。
    class 
    エージェント内のMBeanメソッドによってスローされるユーザー定義の例外を表します。
    class 
    MBean記述子オブジェクトに一般情報を提供します。
    class 
    MBeanによって公開された管理インタフェース(管理オペレーションに使用できる属性と操作のセット)を記述します。
    class 
    MBeanNotificationInfoクラスは、MBeanによって発行された、指定の通知Javaクラスに対する複数の異なった通知インスタンスの特性を記述します。
    class 
    MBeanによって公開される管理オペレーションを記述します。
    class 
    MBeanによって公開されるオペレーションの引数を記述します。
    class 
    MBeanServerオペレーションのアクセスを制御するアクセス権です。
    class 
    MBeanRegistrationインタフェースのpreRegister()メソッドとpreDeregister()メソッドによってスローされる例外をラップします。
    class 
    MBeanサーバーにより、MBeanServerDelegate MBeanから発行される通知を表します。
    class 
    MBeanServer関連のアクションを実行するためのアクセス権です。
    class 
    このアクセス権は、署名者またはコード・ベースの「trust」を表します。
    class 
    MBeanサーバーにJMX準拠のMBeanでないオブジェクトを登録しようとした場合に発行される例外です。
    class 
    Notificationクラスは、MBeanが発行する通知を表します。
    class 
    NotificationFilterインタフェースの実装を提供します。
    class 
    MBeanのオブジェクト名とクラス名を表します。
    class 
    MBeanのオブジェクト名、または複数のMBean名に一致するパターンを表します。
    class 
    MBeanのオペレーションの実行時に、MBeanサーバー内でスローされる例外を表します。
    class 
    特定のMBeanサーバーのコンテキストでクエリーを実行します。
    class 
    java.lang.reflectクラスを使ってMBean上のメソッドを呼び出すとき、MBeanサーバー内でスローされる例外を表します。
    class 
    エージェント内でjava.lang.Errorが発生した場合、キャッチして、RuntimeErrorExceptionとして再スローする必要があります。
    class 
    エージェント内のMBeanメソッドによってスローされる実行時例外を表します。
    class 
    MBeanでオペレーションの実行時にエージェント内でスローされる実行時例外を表します。
    class 
    要求されたサービスがサポートされていない場合に発行される例外を表します。
    class 
    関係制約の引数になる文字列を表します。
  • javax.management.loadingでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.loadingのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    リモートURLから着信したMBeanサーバー内のMBean (複数可)をインスタンス化し、登録することができます。
    class 
    ClassLoaderRepositoryに追加されないMLetです。
  • javax.management.modelmbeanでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.modelmbeanのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    このクラスは、ModelMBean要素のメタデータ・セットを表します。
    class 
    指定されたターゲット・オブジェクト型が無効な場合にスローされる例外です。
    class 
    ModelMBeanAttributeInfoオブジェクトは、ModelMBeanの属性を記述します。
    class 
    ModelMBeanConstructorInfoオブジェクトは、ModelMBeanのコンストラクタを記述します。
    class 
    このクラスは、ModelMBeanのメタデータを表します。
    class 
    ModelMBeanNotificationInfoオブジェクトは、ModelMBeanが発行する通知を記述します。
    class 
    ModelMBeanOperationInfoオブジェクトは、ModelMBeanの管理オペレーションを記述します。
    class 
    この例外は、XML形式の文字列がModelMBeanオブジェクトに解析される場合、またはXML形式の文字列がModelMBeanオブジェクトから作成される場合にスローされます。
  • javax.management.monitorでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.monitorのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    モニターMBeanによって送信される通知を定義します。
    class 
    モニターの実行中にモニター設定が無効になった場合に、モニターからスローされる例外です。
  • javax.management.openmbeanでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.openmbeanのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    ArrayTypeクラスは、公開データ値のn次元配列であるすべての公開データ値を記述するインスタンスを持つ公開型クラスです。
    class 
    CompositeDataSupportクラスは、CompositeDataインタフェースを実装する公開データ・クラスです。
    class 
    CompositeTypeクラスは、CompositeData値の型を記述するインスタンスを持つ公開型クラスです。
    class 
    この実行時例外は、複合データの項目名または表データの行インデックスになる予定だったメソッド・パラメータが無効な場合にスローされます。
    class 
    この実行時例外は、公開データ値の公開型が予想していた値と異なる場合にスローされます。
    class 
    この実行時例外は、表データ・インスタンスに追加される行のインデックスが、この表データ・インスタンス内の別の行を参照するためにすでに使用されている場合にスローされます。
    class 
    このチェック例外は、妥当性の制約の一部が満たされていないため、公開型公開データ、または公開MBeanメタデータ情報インスタンスを構築できなかった場合にスローされます。
    class 
    公開MBeanの属性を記述します。
    class 
    Open MBeanのコンストラクタを記述します。
    class 
    OpenMBeanInfoSupportクラスは公開MBeanの管理情報を記述します。これはMBeanInfoのサブクラスであり、OpenMBeanInfoインタフェースを実装します。
    class 
    Open MBeanのオペレーションを記述します。
    class 
    公開MBeanの1つ以上のオペレーションまたはコンストラクタで使用されるパラメータを記述します。
    class 
    OpenTypeクラスは、実際の公開データ値の公開型を記述するすべてのクラスの親abstractクラスです。
    final class 
    SimpleTypeクラスは、配列でもCompositeData値でもTabularData値でもないすべての公開データ値を記述するインスタンスを持つ、公開型クラスです。
    class 
    TabularDataSupportクラスは、TabularDataインタフェースとMapインタフェースを実装し、内部でハッシュ・マップ・データ構造に基づいている公開データ・クラスです。
    class 
    TabularTypeクラスは、TabularData値の型を記述するインスタンスを持つ公開型クラスです。
  • javax.management.relationでのSerializableの使用

    javax.management.relationでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    関係タイプを表現するすべてのクラスが、RelationTypeインタフェースを実装する必要があります。
    Serializableを実装しているjavax.management.relationのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    この例外は、関係に提供された関係IDがすでに使用されている場合に発行されます。
    class 
    この例外は、提供された関係サービスが無効な場合に発行されます。
    class 
    関係タイプが無効です。
    class 
    この例外は、ロール情報において、最小値が最大値よりも大きい場合に発行されます。
    class 
    ロール値が無効です。
    class 
    MBeanServerNotificationのフィルタです。
    class 
    このクラスは、関係の管理中に発行される例外のスーパー・クラスです。
    class 
    この例外は、関係サービス内に、指定された関係IDで表される関係が存在しない場合に発行されます。
    class 
    関係サービス内の変更の通知です。
    class 
    この例外は、関係サービスへのアクセスが実行されたけれども、その関係サービスが登録されていない場合に発行されます。
    class 
    この例外は、関係サービス内に、指定された名前の関係タイプが存在しない場合に発行されます。
    class 
    RelationTypeSupportオブジェクトは、RelationTypeインタフェースを実装します。
    class 
    ロール名、ObjectNameで参照されるMBeanを含めて、ロールを表現します。
    class 
    RoleInfoオブジェクトは、関係タイプに含まれるロールを集計します。
    class 
    この例外は、指定された関連型に指定された名前のロール情報が存在しない場合に発行されます。
    class 
    RoleListは、ロール(Roleオブジェクト)のリストを表します。
    class 
    この例外は、関係内のロールが存在しない場合、読取り不能な場合、または設定不能な場合に発行されます。
    class 
    関係の複数のロールへの複数のアクセス(読み取りまたは書込みアクセス)の結果を表現します。
    class 
    未解決のロール(問題の発生により、関係から取得できなかったロール)を表現します。
    class 
    RoleUnresolvedListは、RoleUnresolvedオブジェクトのリストを表現します。RoleUnresolvedオブジェクトは、ロールの読み取りまたは書込みアクセスの試行時に問題が発生したため、関係から取得できなかったロールを表します。
  • javax.management.remoteでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.remoteのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    クライアント接続の開始および終了時または通知が失われたときに発行される通知です。
    class 
    JMXリモートAPIのリモート・クライアントのアイデンティティです。
    class 
    要求されるプロトコルのプロバイダは存在するが、何らかの理由で使用できない場合に、JMXConnectorFactoryおよびJMXConnectorServerFactoryによってスローされる例外です。
    class 
    リモートのMBeanServerメソッド呼出しの結果としてスローされる例外です。この例外がスローされた場合は、リモートMBeanサーバーでその呼出しを処理している間にErrorがスローされています。
    class 
    JMX APIコネクタ・サーバーのアドレスです。
    class 
    バッファ利用通知のクエリーの結果です。
    final class 
    承認アイデンティティに代わってオペレーションを実行するために、認証アイデンティティにより必要とされるアクセス権です。
    class 
    通知とリスナーIDのペアです。
  • javax.management.remote.rmiでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.remote.rmiのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    final class 
    RMIConnectionImplリモート・スタブ。
    class 
    リモートRMIコネクタへの接続です。
    final class 
    RMIServerImplリモート・スタブ。
  • javax.management.timerでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.management.timerのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    このクラスは、タイマーMBeanによって送信される通知の定義を提供します。
  • javax.namingでのSerializableの使用

    javax.namingでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    Nameインタフェースは、一般名、つまりコンポーネントが順序付けされたシーケンスを表します。
    Serializableを実装しているjavax.namingのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    この例外は、ネーミング・サービスまたはディレクトリ・サービスにアクセスする際に認証エラーが発生した場合にスローされます。
    class 
    この例外は、要求された認証の特定のフレーバがサポートされていない場合にスローされます。
    class 
    このクラスは、通信端点のアドレスのバイナリ形式を表します。
    class 
    このクラスは、コンテキストの名前とオブジェクトとのバインディングを表します。
    class 
    この例外は、オペレーションをこれ以上進められない名前のポイントにオペレーションが達したことを示すためにスローされます。
    class 
    この例外は、クライアントがディレクトリ・サービスまたはネーミング・サービスと通信できない場合にスローされます。
    class 
    このクラスは、合成名を表します。合成名とは、複数の名前空間にまたがる一連のコンポーネントの名前です。
    class 
    このクラスは複合名を表します。複合名とは、階層名前空間から取得される名前です。
    class 
    この例外は、構成上の問題がある場合にスローされます。
    class 
    この例外は、空ではないコンテキストを破棄しようとした場合にスローされます。
    class 
    この例外は、要求されたオペレーションを完了するためにリソースが利用できない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、ネーミング操作の呼出しが割り込まれた場合にスローされます。
    class 
    この例外は、指定された名前がネーミング・システムのネーミング構文と一致しないことを示します。
    class 
    この例外は、ユーザーまたはシステムで指定された制限によってメソッドが異常終了した場合にスローされます。
    class 
    この例外は、リンクの解決中に発生した問題を記述するために使用されます。
    class 
    この例外は、リンクを解決しようとしたときにループが検出された場合、またはリンク数の実装固有の制限に達した場合にスローされます。
    class 
    このクラスは参照を表します。参照の内容はリンク名と呼ばれる名前で、コンテキストの基本名にバインドされます。
    class 
    この例外は、リンクを解決または構築するときに無効なリンクが見つかった場合にスローされます。
    class 
    この例外は、名前がすでにほかのオブジェクトにバインドされているために、バインディングを追加できないことを示すメソッドによってスローされます。
    class 
    このクラスは、コンテキストのバインディングのオブジェクト名とクラス名のペアを表します。
    class 
    この例外は、バインドされていないために、名前のコンポーネントを解決できない場合にスローされます。
    class 
    ContextおよびDirContextインタフェースでの操作によってスローされるすべての例外のスーパー・クラスです。
    class 
    ContextおよびDirContextインタフェースでの操作によってスローされるセキュリティに関連する例外のスーパー・クラスです。
    class 
    この例外は、初期コンテキスト実装が作成できない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、クライアントがアクセス権を持たない操作を実行しようとするとスローされます。
    class 
    ネーミング操作を継続するためにコンテキストが必要な地点で、解決されたオブジェクトがコンテキストではない場合に、この例外はスローされます。
    class 
    コンテキスト実装が呼び出された操作をサポートしない場合に、この例外はスローされます。
    class 
    この例外は、現在返されている結果、またはこれまでに返された結果が部分的であること、および操作が完了できないことを示すためにスローされます。
    class 
    このクラスは通信端点のアドレスを表します。
    class 
    このクラスは、ネーミングおよびディレクトリ・システムの外部で検出されるオブジェクトに対する参照を表します。
    class 
    このabstractクラスは、LDAP v3サーバーによって返される場合などの参照に応答して生成される参照例外を表すのに使用されます。
    class 
    この例外は、ディレクトリ・サービスまたはネーム・サービスとの通信を試みた結果、そのサービスが利用できない場合にスローされます。
    class 
    この例外は、メソッドがサイズ関連の制限を超える結果を生成した場合にスローされます。
    class 
    このクラスは、通信端点のアドレスを文字列形式で表します。
    class 
    この例外は、メソッドが指定された制限時間内に終了しない場合にスローされます。
  • javax.naming.directoryでのSerializableの使用

    javax.naming.directoryでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    このインタフェースは指定したオブジェクトに関連付けられている属性を表します。
    interface 
    このインタフェースは属性のコレクションを表します。
    Serializableを実装しているjavax.naming.directoryのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    この例外は、すでに存在する属性を追加しようとするとスローされます。
    class 
    この例外は、属性の(スキーマ)定義や属性の状態と矛盾する、属性、その識別子、またはその値の追加、削除、または変更を実行しようとするとスローされます。
    class 
    このクラスは、Attributeインタフェースの基本的な実装を提供します。
    class 
    このクラスは、Attributesインタフェースの基本的な実装を提供します。
    class 
    この例外は、無効な属性識別子を使って属性を追加または作成しようとした場合にスローされます。
    class 
    この例外は、不完全にまたは不正に指定された属性セットを追加または変更しようとした場合にスローされます。
    class 
    このクラスは、属性のスキーマの定義と矛盾する値を属性に追加しようとした場合にスローされます。
    class 
    この例外は、検索操作のためのSearchControlsの指定が無効な場合にスローされます。
    class 
    この例外は、検索フィルタの指定が無効である場合にスローされます。
    class 
    このクラスは変更項目を表します。
    class 
    この例外は、存在しない属性にアクセスしようとした場合にスローされます。
    class 
    この例外は、メソッドがなんらかの形でスキーマに違反した場合にスローされます。
    class 
    このクラスは、検索の範囲を決定する要因、および検索の結果として返されたものをカプセル化します。
    class 
    このクラスは、DirContext.search()メソッドの結果として返されたNamingEnumerationの項目を表します。
  • javax.naming.eventでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.naming.eventのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    このクラスは、ネーム・サービス\/ディレクトリ・サービスでトリガーされたイベントを表します。
    class 
    このクラスは、リスナーにNamingEventを通知するための情報を収集するために使用される手順/プロセスがNamingExceptionをスローしたときにトリガーされたイベントを表します。
  • javax.naming.ldapでのSerializableの使用

    javax.naming.ldapでのSerializableのサブインタフェース
    修飾子と型
    インタフェース
    説明
    interface 
    このインタフェースは、RFC 2251で定義されたLDAPv3コントロールを表します。
    interface 
    このインタフェースは、RFC 2251で定義されたLDAPv3拡張操作の要求を表します。
    interface 
    このインタフェースは、RFC 2251で定義されたLDAP拡張操作の応答を表します。
    interface 
    このインタフェースは、RFC 2251で定義された非要請通知を表します。
    Serializableを実装しているjavax.naming.ldapのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    このクラスは、Controlインタフェースの基本的な実装を提供します。
    class 
    このクラスは、RFC 2253に指定されている識別名を表します。
    class 
    このabstractクラスは、LDAP参照例外を表すために使用されます。
    final class 
    参照オブジェクトおよびその他の特殊なLDAPオブジェクトを、通常のLDAPオブジェクトとして操作するように要求します。
    final class 
    検索操作の結果を、指定したサイズごとにまとめて返すようLDAPサーバーに要求します。
    final class 
    1セットの検索結果が終了したことを示します。
    class 
    このクラスは、相対識別名、または識別名のコンポーネントであるRDN (RFC 2253を参照)を表します。
    final class 
    検索操作の結果をソートしてから返すようにLDAPサーバーに要求します。
    final class 
    検索結果が要求どおりにソートされたかどうかを示します。
    class 
    このクラスは、Lightweight Directory Access Protocol (v3): Extension for Transport Layer Securityで定義された、StartTLSのLDAPv3拡張要求を実装します。StartTLSのオブジェクト識別子は1.3.6.1.4.1.1466.20037です。拡張要求の値は定義されていません。
    class 
    このクラスは、Lightweight Directory Access Protocol (v3): Extension for Transport Layer Securityで定義された、StartTLSのLDAPv3拡張応答を実装します。StartTLSのオブジェクト識別子は1.3.6.1.4.1.1466.20037です。拡張応答の値は定義されていません。
    class 
    このクラスは、LDAPサーバーから送信された非要請通知に応じてトリガーされたイベントを表します。
  • javax.naming.spiでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.naming.spiのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    このクラスは名前解決の結果を表します。
  • javax.net.sslでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.net.sslのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    このイベントは、指定されたSSL接続でSSLのハンドシェークが完了したことを示します。
    static enum 
    このSSLEngineの現在のハンドシェーク状態を説明するSSLEngineResultの列挙型。
    static enum 
    SSLEngineオペレーションの全体的な結果を説明するSSLEngineResultの列挙型。
    class 
    SSLサブシステムによって検出されたエラーを示します。
    class 
    クライアントとサーバーが、セキュリティのネゴシエーションを適切なレベルで行うことができなかったことを示します。
    class 
    不正なSSLキーを報告します。
    class 
    ピアの識別情報が確認できなかったことを示します。
    final class 
    このクラスは、各種のネットワーク・アクセス権のために使います。
    class 
    SSLプロトコルの動作で発生したエラーを報告します。
    class 
    このイベントは、SSLSessionBindingListenerに伝達されます。
  • javax.printでのSerializableの使用

    Serializableを実装しているjavax.printのクラス
    修飾子と型
    クラス
    説明
    class 
    DocFlavorクラスは、印刷データのDocPrintJobへの提供形式を指定するオブジェクトをカプセル化します。
    static class 
    クラスDocFlavor.BYTE_ARRAYは、事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクト(例えば、印刷データ表現クラスとしてバイト配列(byte[])を使用するdocフレーバ)を提供します。
    static class 
    クラスDocFlavor.CHAR_ARRAYは、文字配列(char[])を印刷データ表現クラスとして使用して、docフレーバなどの事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
    static class 
    クラスDocFlavor.INPUT_STREAMは、事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクト(例えば、印刷データ表現クラスとしてバイト・ストリーム(java.io.InputStream)を使用するdocフレーバ)を提供します。
    static class 
    クラスDocFlavor.READERは、文字データ・ストリーム(java.io.Reader)を印刷データ表現クラスとして使用して、docフレーバなどの事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
    static class 
    クラスDocFlavor.SERVICE_FORMATTEDは、定義済みの静的定数DocFlavorオブジェクト(サービス・フォーマットされた印刷データ用のdocフレーバなど)を提供します。
    static class 
    クラスDocFlavor.STRINGは、印刷データ表現クラスとして文字列(java.lang.String)を使用するdocフレーバなど、事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
    static class