各Planningアプリケーションのカスタム・キューブの数

Oracle Enterprise Performance Management Cloud Planningアプリケーションは、EPM Standard Cloud ServiceEPM Enterprise Cloud Service内で、現在Oracleでサポートされているデザイン・パターンに基づいたシード・キューブが多数付属しています。これらのキューブの設計と使用は、オラクル社によって制御されます。特定のビジネス・ニーズをサポートするために、追加のカスタム・キューブを設計および使用できます。

EPM Standard Cloud Service Planningモジュール・アプリケーションには、1つのブロック・ストレージ(BSO)キューブ(ハイブリッドまたは非ハイブリッド)および1つの集約ストレージ(ASO)非ハイブリッド・キューブの合計2つのカスタム・キューブを含められます。

EPM Enterprise Cloud Service Planningアプリケーションのカスタム・キューブの数は、実装の選択によって異なります。使用可能なキューブの数とキューブのタイプについては、次の表を参照してください。

  • EPM Enterprise Cloud Serviceモジュール・アプリケーションには、最大7つのカスタム・キューブを含められます。カスタムASOおよびBSOキューブの数については、次の表を参照してください。
  • 次の表に示すように、カスタム・アプリケーション・タイプには最大12個のカスタム・キューブを含められます。カスタム・アプリケーション・タイプには、戦略モデリングが含まれます。
  • フリー・フォームのアプリケーション・タイプには、BSO(ハイブリッドまたは非ハイブリッド)キューブまたはASOキューブのいずれかのキューブを1つ含められます。ディメンション要件はありません。

Note:

アプリケーション・タイプでハイブリッドBSOキューブと非ハイブリッドBSOキューブを組み合せて使用することはできません。選択肢がある場合は、ハイブリッドBSOキューブまたは非ハイブリッドBSOキューブのみを使用でき、両方使用することはできません。たとえば、EPM Enterprise Cloud Serviceモジュール・アプリケーション・タイプは、最大3つのハイブリッドBSOキューブまたは3つの非ハイブリッドBSOキューブをサポートします。

Table 1-1 各Planningアプリケーション・タイプのカスタム・キューブの数

EPM Standard Cloud Service EPM Enterprise Cloud Service
モジュール モジュール カスタム フリー・フォーム
1つのBSOキューブ(ハイブリッドまたは非ハイブリッドの場合があります) 3つのBSOキューブ(すべてハイブリッドまたは非ハイブリッドの場合があります) 6つのBSOキューブ(すべてハイブリッドまたは非ハイブリッドの場合があります) *1つのBSOキューブ(ハイブリッドまたは非ハイブリッドの場合があります)
1つのASOキューブ 4つのASOキューブ 6つのASOキューブ 1つのASOキューブ
* Essbaseアウトライン・ファイルをインポートして作成されたフリー・フォーム・アプリケーションは、非ハイブリッドBSOキューブを使用します。このようなアプリケーションでハイブリッド・モードを有効にすることで、ハイブリッドBSOキューブを使用するように切り替えることができます。新しいサブスクリプションで作成するフリー・フォームのアプリケーションは、常にハイブリッドBSOキューブを使用します。

EPM Standard Cloud Serviceは、Oracleが提供するシードされたGroovyルールの使用をサポートします。Groovyルールの作成や、シードされたルールの変更は許可されていません。EPM Enterprise Cloud Serviceモジュール・アプリケーションを使用すると、独自のGroovyルールを作成して使用し、必要に応じてシードされたルールを変更できます。