JavaTM Platform
Standard Ed. 6

クラス
java.lang.Object の使用

Object を使用しているパッケージ
java.applet アプレットの作成、およびアプレットとアプレットコンテキストとの通信に使用するクラスの作成に必要なクラスを提供します。 
java.awt ユーザーインタフェースの作成およびグラフィックスとイメージのペイント用のすべてのクラスを含みます。 
java.awt.color カラースペースのクラスを提供します。 
java.awt.datatransfer アプリケーション間またはアプリケーション内のデータ転送のためのインタフェースとクラスを提供します。 
java.awt.dnd ドラッグ&ドロップ操作は、多くのグラフィカルユーザーインタフェースシステムで見られる直接的な操作ジェスチャーで、GUI の表現要素に論理的に関連した 2 つのエンティティー間で情報を変換する機構を提供します。 
java.awt.event AWT コンポーネントによってトリガーされるさまざまな種類のイベントを処理するインタフェースとクラスを提供します。 
java.awt.font フォント関連のクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.awt.geom 2 次元幾何学的図形に関連するオブジェクトで処理を定義および実行する Java 2D クラスを提供します。 
java.awt.im インプットメソッドフレームワークのためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.awt.im.spi あらゆる Java 実行時環境で使用できるインプットメソッドの開発を可能にするインタフェースを提供します。 
java.awt.image イメージを作成および修正するためのクラスを提供します。 
java.awt.image.renderable 描画に依存しないイメージを作成するためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.awt.print このパッケージは、汎用印刷 API で使用するクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.beans Beans (JavaBeansTM アーキテクチャーに基づいたコンポーネント) の開発に関連するクラスが含まれています。 
java.beans.beancontext Bean コンテキストに関連するクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.io このパッケージは、データストリーム、直列化、ファイルシステムによるシステム入出力用に提供されています。 
java.lang Java プログラム言語の設計にあたり基本的なクラスを提供します。 
java.lang.annotation Java プログラミング言語の注釈機能をサポートするライブラリを提供します。 
java.lang.instrument Java プログラミング言語エージェントが JVM 上で実行されているプログラムを計測できるようにするサービスを提供します。 
java.lang.management Java 仮想マシンの管理および Java 仮想マシンが実行されているオペレーティングシステムの管理を監視する管理インタフェースを提供します。 
java.lang.ref ガベージコレクタとの制限付きの対話をサポートする、参照オブジェクトクラスを提供します。 
java.lang.reflect クラスとオブジェクトに関するリフレクト情報を取得するクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.math 任意精度の整数演算 (BigInteger) および任意精度の小数演算 (BigDecimal) を行うクラスを提供します。 
java.net ネットワークアプリケーションを実装するためのクラスを提供します。 
java.nio データのコンテナであるバッファーについて定義し、その他の NIO パッケージの概要情報を提供します。 
java.nio.channels 入出力操作を実行できるエンティティー (ファイル、ソケットなど) への接続を表すチャネルや、多重化された非ブロック入出力操作用のセレクタを定義します。 
java.nio.channels.spi java.nio.channels パッケージのサービスプロバイダクラスです。 
java.nio.charset バイトと Unicode 文字の相互変換を行うため、文字セット、デコーダ、およびエンコーダを定義します。 
java.nio.charset.spi java.nio.charset パッケージのサービスプロバイダクラスです。 
java.rmi RMI パッケージを提供します。 
java.rmi.activation RMI オブジェクト起動をサポートします。 
java.rmi.dgc RMI 分散ガベージコレクション (DGC) に対するクラスとインタフェースを提供します。 
java.rmi.registry RMI レジストリ用として 1 つのクラスと 2 つのインタフェースを提供します。 
java.rmi.server サーバー側の RMI をサポートするクラスとインタフェースを提供します。 
java.security セキュリティーフレームワークのクラスとインタフェースを提供します。 
java.security.acl このパッケージのクラスとインタフェースは、java.security パッケージのクラスで置き換えられています。 
java.security.cert 証明書、証明書の取り消しリスト (CRL)、証明書パスを解析および管理するためのクラスとインタフェースを提供します。 
java.security.spec 鍵仕様およびアルゴリズムパラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。 
java.sql JavaTM プログラミング言語を使用してデータソース (通常はリレーショナルデータベース) のデータにアクセスして処理する API を提供します。 
java.text テキスト、日付、数値、およびメッセージを自然言語に依存しない方法で処理するためのクラスとインタフェースを提供します。 
java.text.spi java.text パッケージに含まれているクラスのサービスプロバイダクラスです。 
java.util このパッケージには、コレクションフレームワーク、レガシーコレクションクラス、イベントモデル、日時機能、国際化、およびさまざまなユーティリティークラス (StringTokenizer、乱数ジェネレーター、およびビット配列)が含まれています。 
java.util.concurrent 並行プログラミングでよく使用されるユーティリティークラスです。 
java.util.concurrent.atomic 単一の変数に対するロックフリーでスレッドセーフなプログラミングをサポートするクラスの小規模なツールキットです。 
java.util.concurrent.locks 組み込みの同期および監視と区別された状態のロックおよび待機用のフレームワークを提供するインタフェースおよびクラス。 
java.util.jar JAR (Java ARchive) ファイル形式の読み込みと書き込みに使うクラスを提供します。 
java.util.logging JavaTM 2 プラットフォームのコアロギング機能のクラスとインタフェースを提供します。 
java.util.prefs このパッケージを使用して、アプリケーションからユーザーおよびシステムの設定データと構成データを格納および取得できます。 
java.util.regex 正規表現で指定されたパターンに対して文字シーケンスをマッチングするためのクラス Pattern クラスのインスタンスで使用する正規表現は、Perl に似た文字列形式で指定します。 
java.util.spi java.util パッケージに含まれているクラスのサービスプロバイダクラスです。 
java.util.zip 標準の ZIP および GZIP ファイル形式の読み込みおよび書き込み用クラスを提供します。 
javax.accessibility ユーザーインタフェースコンポーネントとそれらのコンポーネントへのアクセスを提供するユーザー補助機能の間の規約を定義します。 
javax.activation   
javax.activity 非整列化中に ORB 機構によってスローされる Activity サービス関連の例外が含まれています。 
javax.annotation.processing 注釈プロセッサを宣言し、注釈プロセッサが注釈処理ツール環境と通信できるようにするための機能。 
javax.crypto 暗号化操作のクラスとインタフェースを提供します。 
javax.crypto.spec 鍵仕様およびアルゴリズムパラメータ仕様のクラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.imageio Java Image I/O API の基本パッケージです。 
javax.imageio.metadata メタデータの読み込みおよび書き込みを処理する Java イメージ入出力 API のパッケージです。 
javax.imageio.plugins.bmp 組み込み BMP プラグインにより使用される public クラスを含むパッケージです。 
javax.imageio.plugins.jpeg 組み込み JPEG プラグインをサポートするクラスです。 
javax.imageio.spi リーダー、ライター、コード変換器、およびストリームのプラグインインタフェースとランタイムレジストリを含む Java イメージ入出力 API のパッケージです。 
javax.imageio.stream ファイルとストリームからの下位レベル入出力を処理する、Java イメージ入出力 API のパッケージです。 
javax.lang.model.element Java プログラミング言語の要素をモデル化するために使用されるインタフェースです。 
javax.lang.model.type Java プログラミング言語の型をモデル化するために使用されるインタフェースです。 
javax.lang.model.util プログラム要素の処理を支援するユーティリティーです。 
javax.management Java Management Extensions のコアクラスを提供します。 
javax.management.loading 改良型の動的ロード機能を実装するクラスを提供します。 
javax.management.modelmbean ModelMBean クラスの定義を提供します。 
javax.management.monitor モニタークラスを定義します。 
javax.management.openmbean 公開データ型と Open MBean 記述子クラスを提供します。 
javax.management.relation 関係サービスについて定義します。 
javax.management.remote JMX MBean サーバーにリモートアクセスするためのインタフェースです。 
javax.management.remote.rmi RMI コネクタは、RMI を使ってクライアント要求をリモート MBean サーバーへ転送する、JMX リモート API用のコネクタです。 
javax.management.timer Timer MBean を定義します。 
javax.naming ネームサービスにアクセスするためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.naming.directory javax.naming パッケージを拡張して、ディレクトリサービスにアクセスする機能を提供します。 
javax.naming.event ネーミングおよびディレクトリサービスにアクセスする場合、イベント通知をサポートしています。 
javax.naming.ldap LDAPv3 の拡張操作とコントロールをサポートします。 
javax.naming.spi javax.naming および関連パッケージによって、ネーミングサービスおよびディレクトリサービスへのアクセスを動的にプラグインする手段を提供します。 
javax.net ネットワークアプリケーションのためのクラスを提供します。 
javax.net.ssl セキュアソケットパッケージのクラスを提供します。 
javax.print JavaTM Print Service API の主要なクラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.print.attribute JavaTM Print Service の属性の型とそれらが属性セットに収集される方法を記述するクラスとインスタンスを提供します。 
javax.print.attribute.standard このパッケージには、特定の印刷属性のクラスが含まれています。 
javax.print.event このパッケージには、イベントクラスとリスナーインタフェースが含まれています。 
javax.rmi RMI-IIOP のユーザー API を含みます。 
javax.rmi.CORBA RMI-IIOP 用の移植可能な API を含みます。 
javax.rmi.ssl Secure Sockets Layer (SSL) プロトコル、または Transport Layer Security (TLS) プロトコルに RMIClientSocketFactory および RMIServerSocketFactory の実装を提供します。 
javax.script スクリプト API は、Java TM スクリプトエンジンを定義するインタフェースとクラスで構成され、それらを Java アプリケーションで使用するためのフレームワークを提供します。 
javax.security.auth このパッケージは、認証と承認に関するフレームワークを提供します。 
javax.security.auth.callback このパッケージでは、サービスがアプリケーションとやりとりして、(ユーザー名やパスワードなどの認証データのような) 情報を取得したり、(エラーや警告のメッセージのような) 情報を表示したりする際に必要なクラスを提供します。 
javax.security.auth.kerberos このパッケージには、Kerberos ネットワーク認証プロトコルに関連するユーティリティークラスが含まれています。 
javax.security.auth.login プラグイン可能な認証のフレームワークを提供します。 
javax.security.auth.x500 このパッケージには、Subject に X500 Principal および X500 Private Crendentials を格納する際に使用するクラスが含まれます。 
javax.security.cert 公開鍵証明書用のクラスを提供します。 
javax.security.sasl SASL をサポートするためのクラスとインタフェースを含みます。 
javax.sound.midi MIDI (楽器のディジタルインタフェース) データの入出力、シーケンシング、および合成のインタフェースおよびクラスを提供します。 
javax.sound.midi.spi 新しい MIDI デバイス、MIDI ファイルリーダーおよびライター、またはサウンドバンクリーダーを提供するときに、サービスプロバイダが実装するインタフェースを提供します。 
javax.sound.sampled サンプル化されたオーディオデータの取り込み、処理、および再生のインタフェースおよびクラスを提供します。 
javax.sound.sampled.spi 新しいオーディオデバイス、ソースファイルのリーダーやライター、またはオーディオ形式コンバータを提供するときに、サービスプロバイダがサブクラス化する抽象クラスを提供します。 
javax.sql サーバー側のデータソースアクセスと JavaTM プログラミング言語を使った処理に使用する API を提供します。 
javax.sql.rowset JDBC RowSet 実装の標準インタフェースと基底クラスです。 
javax.sql.rowset.serial Java プログラミング言語での SQL 型とデータ型の直列化可能マッピングを可能にするユーティリティークラスを提供します。 
javax.sql.rowset.spi サードパーティーのベンダーが同期プロバイダの実装で使用しなければならない標準クラスおよびインタフェースです。 
javax.swing すべてのプラットフォームで可能なかぎり同じように機能する「軽量」(Java 共通言語) コンポーネントのセットを提供します。 
javax.swing.border Swing コンポーネントの周囲に各種ボーダーを描画するためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.swing.colorchooser このパッケージには、JColorChooser コンポーネントによって使われるクラスおよびインタフェースが含まれています。 
javax.swing.event Swing コンポーネントによってトリガーされるイベントを提供します。 
javax.swing.filechooser このパッケージには、JFileChooser コンポーネントによって使用されるクラスおよびインタフェースが含まれています。 
javax.swing.plaf 1 つのインタフェースおよび多くの abstract クラスを提供しており、Swing は、プラグイン可能な Look & Feel 機能を実現するためにこれらのクラスを利用します。 
javax.swing.plaf.basic 基本 Look & Feel に従って構築されたユーザーインタフェースオブジェクトを提供します。 
javax.swing.plaf.metal デフォルトの Look & Feel である Java Look & Feel (コード名は Metal) に従って作成されたユーザーインタフェースオブジェクトを提供します。 
javax.swing.plaf.multi 複数の Look & Feel を結合するユーザーインタフェースオブジェクトを提供します。 
javax.swing.plaf.synth Synth は、すべてのペイントが委譲されるスキン設定可能な Look & Feel です。 
javax.swing.table javax.swing.JTable を処理するためのクラスおよびインタフェースを提供します。 
javax.swing.text 編集可能なテキストコンポーネントと編集不能なテキストコンポーネントを処理するクラスとインタフェースを提供します。 
javax.swing.text.html HTML テキストエディタを作成するための HTMLEditorKit クラスとサポートクラスを提供します。 
javax.swing.text.html.parser デフォルトの HTML パーサーを、サポートクラスとともに提供します。 
javax.swing.text.rtf Rich-Text-Format テキストエディタを作成するためのクラス (RTFEditorKit) を提供します。 
javax.swing.tree javax.swing.JTree を処理するためのクラスとインタフェースを提供します。 
javax.swing.undo 開発者がテキストエディタなどのアプリケーションで、元に戻す/再実行の機能を提供できるようにします。 
javax.tools コンパイラなどのプログラムから呼び出せるツールのインタフェースを提供します。 
javax.transaction 非整列化中に ORB 機構によってスローされた 3 つの例外が含まれています。 
javax.transaction.xa トランザクションマネージャーとリソースマネージャーとの間の規約を定義する API を提供し、トランザクションマネージャーがリソースオブジェクト (リソースマネージャードライバから提供される) を JTA トランザクションに登録および登録解除できるようにします。 
javax.xml XML 仕様からコア XML 定数と機能を定義します。 
javax.xml.bind 非整列化、整列化および検証機能を含む実行時バインディングフレームワークをクライアントアプリケーションに提供します。 
javax.xml.bind.annotation Java プログラム要素から XML Schema へのマッピングをカスタマイズするための注釈を定義します。 
javax.xml.bind.annotation.adapters XmlAdapter と仕様定義済みこのサブクラスは、任意の Java クラスを JAXB で使用できるようにします。 
javax.xml.bind.attachment このパッケージは、MIME ベースパッケージ形式内の最適化されたバイナリデータの解釈と作成を可能にする、MIME ベースパッケージプロセッサによって実装されます。 
javax.xml.bind.helpers JAXB プロバイダのみが使用します。 
javax.xml.bind.util 便利なクライアントユーティリティークラス パッケージの仕様 JAXB 仕様 関連ドキュメント 概要、チュートリアル、例、ガイド、およびツールのマニュアルについては、以下を参照してください。 
javax.xml.crypto XML 暗号化用の共通クラスです。 
javax.xml.crypto.dom javax.xml.crypto パッケージ用の DOM 固有のクラス。 
javax.xml.crypto.dsig XML デジタル署名の生成および検証用のクラス。 
javax.xml.crypto.dsig.dom javax.xml.crypto.dsig パッケージ用の DOM 固有のクラス。 
javax.xml.crypto.dsig.keyinfo KeyInfo 要素および構造を構文解析して処理するクラス。 
javax.xml.crypto.dsig.spec XML デジタル署名用のパラメータクラス。 
javax.xml.datatype XML / Java の型マッピング javax.xml.datatypeAPI は、XML / Java の型マッピングを提供します。 
javax.xml.namespace XML 名前空間を処理します。 
javax.xml.parsers XML ドキュメントの処理を可能にするクラスを提供します。 
javax.xml.soap SOAP メッセージの作成と構築を実行する API を提供します。 
javax.xml.stream   
javax.xml.stream.events   
javax.xml.stream.util   
javax.xml.transform このパッケージは、変換命令の処理、およびソースから結果への変換を実行するための総称 API を定義します。 
javax.xml.transform.dom このパッケージは DOM 固有の変換 API を実装します。 
javax.xml.transform.sax このパッケージは SAX2 固有の変換 API を実装し、ContentHandler イベントを受け付けるクラス、および org.xml.sax.ContentHandler へのイベントを発生させるクラスを提供します。 
javax.xml.transform.stax StAX 固有の変換 API を提供します。 
javax.xml.transform.stream このパッケージは、ストリームおよび URI 固有の変換 API を実装します。 
javax.xml.validation このパッケージは、XML ドキュメントの検証するための API を提供します。 
javax.xml.ws このパッケージは、コア JAX-WS API を含みます。 
javax.xml.ws.handler.soap このパッケージは、SOAP メッセージハンドラ用の API を定義しています。 
javax.xml.ws.http このパッケージは、HTTP バインディングに固有の API を定義しています。 
javax.xml.ws.soap このパッケージは、SOAP バインディングに固有の API を定義しています。 
javax.xml.ws.spi このパッケージは、JAX-WS 2.0 の SPI を定義します。 
javax.xml.ws.wsaddressing このパッケージは、WS-Addressing に関連する API を定義します。 
javax.xml.xpath このパッケージは、XPath 式を評価するための「オブジェクトモデルに依存しない」API を提供し、評価環境にアクセスします。 
org.ietf.jgss このパッケージは、Kerberos などのさまざまな配下のセキュリティー機構の統合された API を使用して、認証、データの整合性、データの機密性などのセキュリティーサービスをアプリケーション開発者が利用できるフレームワークを提供します。 
org.omg.CORBA OMG CORBA API の JavaTM プログラミング言語 (ORB クラスを含む) へのマッピングを提供します。 
org.omg.CORBA_2_3 CORBA_2_3 パッケージは、Java(TM) Standard Edition 6 の既存の CORBA インタフェースへの追加を定義します。 
org.omg.CORBA_2_3.portable 値型の入力および出力のメソッドを提供し、また org/omg/CORBA/portable パッケージのその他の更新を含みます。 
org.omg.CORBA.DynAnyPackage DynAny インタフェースに対して使用される例外 (InvalidValueInvalidInvalidSeq、および TypeMismatch) を提供します。 
org.omg.CORBA.ORBPackage ORB.resolve_initial_references メソッドによってスローされる InvalidName 例外、および ORB クラスの動的 Any 作成メソッドによってスローされる InconsistentTypeCode 例外を提供します。 
org.omg.CORBA.portable ポータビリティーレイヤー、つまり、あるベンダーによって生成されたコードがほかのベンダーの ORB で動作できるようにする一連の ORB API を提供します。 
org.omg.CORBA.TypeCodePackage TypeCode クラスのメソッドによってスローされる、ユーザー定義の例外 BadKind および Bounds を提供します。 
org.omg.CosNaming Java IDL のネームサービスを提供します。 
org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage このパッケージには、org.omg.CosNaming.NamingContextExt で使用される次のクラスが格納されています。 
org.omg.CosNaming.NamingContextPackage このパッケージには、org.omg.CosNaming パッケージの例外クラスが格納されています。 
org.omg.Dynamic このパッケージには、OMG の Portable Interceptor 仕様の Dynamic モジュールが含まれています (http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?ptc/2000-08-06、21.9 節)。 
org.omg.DynamicAny 実行時に any に関連付けられたデータ値のトラバース、およびデータ値の基本的な構成要素を抽出するためのクラスとインタフェースを提供します。 
org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage このパッケージには、OMG の『The Common Object Request Broker: Architecture and Specification』(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07) のセクション 9.2.2 に指定された DynamicAny モジュールの DynAnyFactory インタフェースのクラスと例外が含まれます。 
org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage このパッケージには、OMG の『The Common Object Request Broker: Architecture and Specification』(http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07) のセクション 9.2 に指定された DynamicAny モジュールの DynAny インタフェースのクラスと例外が含まれます。 
org.omg.IOP このパッケージには、OMG 文書『The Common Object Request Broker: Architecture and Specification』 (http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07、13.6 節) に指定された IOP モジュールが含まれます。 
org.omg.IOP.CodecFactoryPackage このパッケージには、IOP::CodeFactory インタフェースに指定されている例外が含まれています (Portable Interceptor 仕様の一部として)。 
org.omg.IOP.CodecPackage このパッケージは、IOP::Codec IDL インタフェース定義から生成されます。 
org.omg.Messaging このパッケージには、OMG の CORBA Messaging 仕様の Messaging モジュールが含まれています (http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?formal/99-10-07)。 
org.omg.PortableInterceptor ORB サービスが ORB の通常の実行フローを遮断できるようにするための ORB フックを登録する機構を提供します。 
org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage このパッケージには、OMG の Portable Interceptor 仕様 (http://cgi.omg.org/cgi-bin/doc?ptc/2000-08-06、21.7.2 節) に指定された PortableInterceptor モジュールの ORBInitInfo ローカルインタフェースの例外と typedef が含まれています。 
org.omg.PortableServer クラスとインタフェースを提供し、アプリケーションのサーバー側を複数ベンダー間 ORB で移植できるようにします。 
org.omg.PortableServer.CurrentPackage メソッドの実装に対して、呼び出し元のオブジェクトの識別情報へのアクセス権を付与します。 
org.omg.PortableServer.POAManagerPackage このパッケージが関連付けられている POA の処理状態をカプセル化します。 
org.omg.PortableServer.POAPackage このパッケージを使用すると、プログラマは異なる ORB 製品間で移植可能なオブジェクト実装を作成できます。 
org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage サーバントを検索するためのクラスとインタフェースを提供します。 
org.omg.stub.java.rmi java.rmi パッケージで発生するリモートタイプの RMI-IIOP Stub を格納します。 
org.w3c.dom XML データ処理用の Java API のコンポーネント API である DOM (Document Object Model) のインタフェースを提供します。 
org.w3c.dom.bootstrap   
org.w3c.dom.events   
org.w3c.dom.ls   
org.xml.sax このパッケージはコア SAX API を提供します。 
org.xml.sax.ext このパッケージには、適合する SAX ドライバでは必ずしもサポートされない SAX2 機能のインタフェースが含まれます。 
org.xml.sax.helpers このパッケージは、SAX ベースのアプリケーションをブートストラップするためのサポートを含む「ヘルパー」クラスを含みます。 
 

java.applet での Object の使用
 

java.applet での Object のサブクラス
 class Applet
          アプレットとは、単独で動作することはなく、ほかのアプリケーションの中に組み込まれた形で実行される小さなプログラムです。
protected  class Applet.AccessibleApplet
          このクラスは Applet クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 

java.awt での Object の使用
 

java.awt での Object のサブクラス
 class AlphaComposite
          この AlphaComposite クラスは、グラフィックスとイメージの混合の効果および透明化の効果を実現するために、転送元の色と転送先の色を結合するための基本的なアルファ合成規則を実装します。
 class AWTError
          重大な Abstract Window Toolkit エラーが発生したときにスローされます。
 class AWTEvent
          すべての AWT イベントのルートイベントクラスです。
 class AWTEventMulticaster
          AWTEventMulticaster は、java.awt.event パッケージで定義される AWT イベントに、効率的で、スレッドセーフな、マルチキャストイベントディスパッチを行う仕組みを実装します。
 class AWTException
          AWT (Abstract Window Toolkit) 例外が発生したことを示します。
 class AWTKeyStroke
          AWTKeyStroke は、キーボード、または同等の入力デバイスのキーアクションを表します。
 class AWTPermission
          このクラスは AWT のアクセス権用のクラスです。
 class BasicStroke
          BasicStroke クラスは、単純な図形の輪郭線を描画する属性の基本セットを定義します。
 class BorderLayout
          ボーダーレイアウトは、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、および center (中央) という 5 つの領域に収まるように、コンポーネントを整列およびサイズ変更して、コンテナに配置します。
 class BufferCapabilities
          バッファーの機能とプロパティー
static class BufferCapabilities.FlipContents
          ページ反転後に、バックバッファーの内容を型保証して列挙します。
 class Button
          このクラスはラベル付きボタンを生成します。
protected  class Button.AccessibleAWTButton
          このクラスは Button クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
 class Canvas
          Canvas コンポーネントは、アプリケーションが描画したり、ユーザーからの入力イベントをトラップしたりすることができる空白の矩形の画面領域を表します。
protected  class Canvas.AccessibleAWTCanvas
          このクラスは Canvas クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
 class CardLayout
          CardLayout オブジェクトはコンテナのレイアウトマネージャーです。
 class Checkbox
          チェックボックスは、「オン」 (true) または「オフ」 (false) のどちらかの状態をとることができるグラフィカルコンポーネントです。
protected  class Checkbox.AccessibleAWTCheckbox
          このクラスは Checkbox クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
 class CheckboxGroup
          CheckboxGroup クラスは Checkbox ボタンのグループ化に使用します。
 class CheckboxMenuItem
          このクラスは、メニューに追加できるチェックボックスを表します。
protected  class CheckboxMenuItem.AccessibleAWTCheckboxMenuItem
          ユーザー補助機能のデフォルトサポートを提供するために使用する CheckboxMenuItem の内部クラスです。
 class Choice
          Choice クラスは選択範囲のポップアップメニューを表します。
protected  class Choice.AccessibleAWTChoice
          このクラスは Choice クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
 class Color
          Color クラスは、デフォルトの sRGB カラー領域にある色、または ColorSpace で識別される任意のカラー領域にある色をカプセル化するために使用されます。
 class Component
          「コンポーネント」は、画面に表示でき、ユーザーと対話できるグラフィカルな表現を持つオブジェクトです。
protected  class Component.AccessibleAWTComponent
          ユーザー補助機能のデフォルトサポートの提供に使用する Component の内部クラスです。
protected  class Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTComponentHandler
          Fire PropertyChange リスナーが登録されていれば、表示または非表示にされたときにそれをトリガーします。
protected  class Component.AccessibleAWTComponent.AccessibleAWTFocusHandler
          Fire PropertyChange リスナーが登録されていれば、フォーカスイベントが発生したときにそれをトリガーします。
protected  class Component.BltBufferStrategy
          オフスクリーン表面のコンポーネントへの Blit 用内部クラスです。
protected  class Component.FlipBufferStrategy
          コンポーネントのバッファー反転用内部クラス。
 class ComponentOrientation
          ComponentOrientation クラスは、コンポーネントまたはテキストの各要素を言語に従って配置するための方向をカプセル化します。
 class Container
          総称 Abstract Window Toolkit (AWT) コンテナオブジェクトは、ほかの AWT コンポーネントを含むことができるコンポーネントです。
protected  class Container.AccessibleAWTContainer
          ユーザー補助機能のデフォルトサポートの提供に使用する Container の内部クラスです。
protected  class Container.AccessibleAWTContainer.AccessibleContainerHandler
          PropertyChange リスナーが登録されている場合、子が追加または削除されたときにそれをトリガーします。
 class ContainerOrderFocusTraversalPolicy
          コンテナの子コンポーネントの順序を基準に、トラバーサル順序を決定する FocusTraversalPolicy です。
 class Cursor
          マウスカーソルのビットマップ表現をカプセル化するクラスです。
 class DefaultFocusTraversalPolicy
          コンテナの子コンポーネントの順序を基準に、トラバーサル順序を決定する FocusTraversalPolicy です。
 class DefaultKeyboardFocusManager
          AWT アプリケーションのデフォルト KeyboardFocusManager です。
 class Desktop
          Java アプリケーションで Desktop クラスを使用すると、ネイティブデスクトップで登録済みの関連付けられたアプリケーションを起動して、URI やファイルを処理できます。
 class Dialog
          Dialog は、タイトルおよびボーダーを持つトップレベルのウィンドウであり、通常はユーザーからの入力を受け付けるために使用されます。
protected  class Dialog.AccessibleAWTDialog
          このクラスは Dialog クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
 class Dimension
          Dimension クラスは、単一のオブジェクト内のコンポーネントの幅と高さを整数精度でをカプセル化します。
 class DisplayMode
          DisplayMode クラスは、GraphicsDevice のビットの深さ、高さ、幅、およびリフレッシュレートをカプセル化します。
 class Event
          注:Event クラスは現在無効であり、下位互換のためだけに存在しています。
 class EventQueue
          EventQueue はどのプラットフォームでも共通のクラスであり、基本となるピアクラスと信頼できるアプリケーションクラスからのイベントをキューに入れます。
 class FileDialog
          FileDialog クラスは、ユーザーがファイルを選択できるダイアログウィンドウを表示します。
 class FlowLayout
          フローレイアウトは、段落内のテキスト行と同じように、一方向にコンポーネントを配置します。
 class FocusTraversalPolicy
          FocusTraversalPolicy は、あるフォーカスサイクルルートを持つコンポーネントのトラバース順序を定義します。
 class Font
          Font クラスは、テキストを目に見える形に描画するために使用されるフォントを表します。
 class FontFormatException
          Font クラスの createFont メソッドによってスローされ、指定されたフォントが無効であることを示します。
 class FontMetrics
          FontMetrics クラスは、特定の画面での特定のフォントに関する描画情報をカプセル化するフォントメトリックオブジェクトを定義します。
 class Frame
          Frame は、タイトルとボーダーを持つトップレベルウィンドウです。
protected  class Frame.AccessibleAWTFrame
          このクラスは Frame クラス用のユーザー補助機能のサポートを実装しています。
 class GradientPaint
          GradientPaint クラスは、カラーの線形グラデーションパターンで Shape を塗りつぶす手段を提供します。
 class Graphics
          Graphics クラスは、すべてのグラフィックコンテキストの抽象基底クラスです。
 class Graphics2D
          Graphics2D クラスは、 Graphics クラスを拡張して、幾何学的図形、座標変換、カラー管理、およびテキスト配置について高度な制御を行います。
 class GraphicsConfigTemplate
          GraphicsConfigTemplate クラスを使うことにより、有効な GraphicsConfiguration を取得できます。
 class GraphicsConfiguration
          GraphicsConfiguration クラスはプリンタまたはモニターなどのグラフィックスデスティネーションの特性を記述します。
 class GraphicsDevice
          GraphicsDevice クラスは、特定のグラフィックス環境で利用可能なグラフィックスデバイスを記述します。
 class GraphicsEnvironment
          GraphicsEnvironment クラスは、特定のプラットフォームの JavaTM アプリケーションで使用できる GraphicsDevice オブジェクトおよび Font オブジェクトのコレクションを記述します。
 class GridBagConstraints
          GridBagConstraints クラスは、GridBagLayout クラスを使って配置されるコンポーネントの制約を指定します。
 class GridBagLayout
          GridBagLayout クラスは、異なる大きさのコンポーネントでも縦横に、またはベースラインに沿って配置できる柔軟なレイアウトマネージャーです。
 class GridBagLayoutInfo
          GridBagLayoutInfo は、GridBagLayout レイアウトマネージャーのユーティリティークラスです。
 class GridLayout
          GridLayout クラスは、コンテナのコンポーネントを矩形グリッドで配置するレイアウトマネージャーです。
 class HeadlessException
          キーボード、ディスプレイ、またはマウスに依存するコードが、キーボード、ディスプレイ、またはマウスをサポートしない環境で呼び出された場合にスローされます。
 class IllegalComponentStateException
          要求された操作に対し、AWT コンポーネントが適切な状態にないというシグナルです。
 class Image
          abstract クラス Image は、グラフィカルイメージを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class ImageCapabilities
          イメージの機能とプロパティー
 class Insets
          Insets オブジェクトはコンテナの境界を表現したものです。
 class JobAttributes
          印刷ジョブを制御する属性セットです。
static class JobAttributes.DefaultSelectionType
          使用可能なデフォルト選択状態の型保証された列挙です。
static class JobAttributes.DestinationType
          使用可能なジョブ出力先の型保証された列挙です。
static class JobAttributes.DialogType
          ユーザーに表示する使用可能なダイアログの型保証された列挙です。
static class JobAttributes.MultipleDocumentHandlingType
          使用可能な複数のコピー処理の状態の型保証された列挙です。
static class JobAttributes.SidesType
          使用可能な複数ページの組み付けの型保証された列挙です。
 class KeyboardFocusManager
          KeyboardFocusManager は、アクティブとなりフォーカスされた Window および現在のフォーカスの所有者の管理を制御します。
 class Label
          Label オブジェクトは、コンテナ内にテキストを配置するためのコンポーネントです。
protected  class Label.AccessibleAWTLabel
          このクラスは Label クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class LinearGradientPaint
          LinearGradientPaint クラスは、色の線形グラデーションパターンで Shape を塗りつぶす手段を提供します。
 class List
          List コンポーネントは、テキスト項目のスクロールリストをユーザーに対して表示します。
protected  class List.AccessibleAWTList
          このクラスは List クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
protected  class List.AccessibleAWTList.AccessibleAWTListChild
          このクラスは List の子用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class MediaTracker
          MediaTracker クラスは、いくつかのメディアオブジェクトの状態を監視するユーティリティークラスです。
 class Menu
          Menu オブジェクトは、メニューバーから展開されるプルダウンメニューコンポーネントです。
protected  class Menu.AccessibleAWTMenu
          アクセシビリティーのデフォルトサポートを提供するのに使用する Menu の内部クラスです。
 class MenuBar
          MenuBar クラスは、フレームに結合されるメニューバーの概念をカプセル化するクラスです。
protected  class MenuBar.AccessibleAWTMenuBar
          アクセシビリティーのデフォルトサポートを提供するのに使用する MenuBar の内部クラスです。
 class MenuComponent
          abstract クラス MenuComponent は、メニューに関連するすべてのコンポーネントのスーパークラスです。
protected  class MenuComponent.AccessibleAWTMenuComponent
          アクセシビリティーのデフォルトサポートを提供するのに使用する MenuComponent の内部クラスです。
 class MenuItem
          メニュー内のすべての項目は、MenuItem クラスかそのサブクラスの 1 つに属している必要があります。
protected  class MenuItem.AccessibleAWTMenuItem
          アクセシビリティーのデフォルトサポートを提供するのに使用する MenuItem の内部クラスです。
 class MenuShortcut
          MenuShortcut クラスは MenuItem のキーボードアクセラレータを表すクラスです。
 class MouseInfo
          MouseInfo はマウスポインタの位置やマウスボタン数などのマウスに関する情報を取得するためのメソッドを提供します。
 class MultipleGradientPaint
          ラスタで塗りつぶすために複数色のグラデーションを使用する Paints のスーパークラスです。
 class PageAttributes
          印刷したページの出力を制御する属性セットです。
static class PageAttributes.ColorType
          使用可能なカラー状態の型保証された列挙
static class PageAttributes.MediaType
          使用可能な用紙サイズの型保証された列挙です。
static class PageAttributes.OrientationRequestedType
          使用可能な用紙方向の型保証された列挙です。
static class PageAttributes.OriginType
          使用可能な原点の型保証された列挙です。
static class PageAttributes.PrintQualityType
          使用可能な印刷品質の型保証された列挙です。
 class Panel
          Panel はもっともシンプルなコンテナクラスです。
protected  class Panel.AccessibleAWTPanel
          このクラスは Panel クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class Point
          整数精度で指定される、(x,y) 座標空間での位置を表す点です。
 class PointerInfo
          ポインタの位置を示すクラスです。
 class Polygon
          Polygon クラスは、座標空間を持つ閉じられた 2 次元領域の記述をカプセル化します。
 class PopupMenu
          このクラスは、コンポーネント内の指定された位置に動的に表示できるメニューを実装するためのものです。
protected  class PopupMenu.AccessibleAWTPopupMenu
          アクセシビリティーのデフォルトサポートを提供するのに使用する PopupMenu の内部クラスです。
 class PrintJob
          印刷ジョブを開始して実行する abstract クラスです。
 class RadialGradientPaint
          RadialGradientPaint クラスは、色の円放射状グラデーションパターンで形状を塗りつぶす手段を提供します。
 class Rectangle
          Rectangle は、Rectangle オブジェクトの座標空間での左上の点 (x,y)、およびその幅と高さによって囲まれる座標空間内の領域を指定します。
 class RenderingHints
          RenderingHints クラスは、キーと関連付けられた値のコレクションを定義および管理します。
static class RenderingHints.Key
          描画とイメージングのパイプラインのさまざまなアルゴリズムの選択を制御するために RenderingHints クラスとともに使用される、すべてのキーの基底型を定義します。
 class Robot
          このクラスを用いると、テストの自動化、自動実行のデモ、およびマウスやキーボード制御が必要なアプリケーションのために、ネイティブなシステム入力イベントを生成することができます。
 class Scrollbar
          Scrollbar クラスは、よく使用されるユーザーインタフェースオブジェクトであるスクロールバーを実現します。
protected  class Scrollbar.AccessibleAWTScrollBar
          このクラスは Scrollbar クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class ScrollPane
          1 つの子コンポーネントに対して、自動水平または垂直スクロールあるいはその両方を実装するコンテナクラスです。
protected  class ScrollPane.AccessibleAWTScrollPane
          このクラスは ScrollPane クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class ScrollPaneAdjustable
          このクラスは ScrollPane の水平および垂直スクロールバーの状態を表します。
 class SplashScreen
          スプラッシュ画面は、アプリケーションの起動時に、Java 仮想マシン (JVM) の開始前に作成できます。
 class SystemColor
          システムのネイティブな GUI オブジェクトの色を表すシンボリックカラーをカプセル化するクラスです。
 class SystemTray
          SystemTray クラスは、デスクトップのシステムトレイを表します。
 class TextArea
          TextArea オブジェクトは、テキストを表示する複数行領域です。
protected  class TextArea.AccessibleAWTTextArea
          このクラスは TextArea クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class TextComponent
          TextComponent クラスは、テキストの編集を可能にするすべてのコンポーネントのスーパークラスです。
protected  class TextComponent.AccessibleAWTTextComponent
          このクラスは TextComponent クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class TextField
          TextField オブジェクトは、1 行のテキストの編集を行えるようにするテキストコンポーネントです。
protected  class TextField.AccessibleAWTTextField
          このクラスは TextField クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 class TexturePaint
          TexturePaint クラスは、BufferedImage として指定されるテクスチャーで Shape を塗りつぶす手段を提供します。
 class Toolkit
          このクラスは、Abstract Window Toolkit のすべての実装の抽象スーパークラスです。
 class TrayIcon
          TrayIcon オブジェクトは、システムトレイ に追加できるトレイアイコンを表します。
 class Window
          Window オブジェクトはボーダーおよびメニューバーを持たないトップレベルウィンドウです。
protected  class Window.AccessibleAWTWindow
          このクラスは Window クラス用のアクセシビリティーのサポートを実装しています。
 

Object として宣言されている java.awt のフィールド
 Object Event.arg
          イベントの任意の引数です。
 Object Event.target
          ターゲットコンポーネントです。
static Object Image.UndefinedProperty
          UndefinedProperty オブジェクトは、特定イメージ用に定義済みでないプロパティーがフェッチされるたびに返されなければいけません。
static Object RenderingHints.VALUE_ALPHA_INTERPOLATION_DEFAULT
          アルファ補間のヒント値で、パフォーマンスと品質の兼ね合いが適切になるように、実装によってアルファブレンディングアルゴリズムが選択されます。
static Object RenderingHints.VALUE_ALPHA_INTERPOLATION_QUALITY
          アルファ補間のヒント値で、精度と表示品質の設定に合わせてアルファブレンディングアルゴリズムが選択されます。
static Object RenderingHints.VALUE_ALPHA_INTERPOLATION_SPEED
          アルファ補間のヒント値で、計算速度の設定に合わせてアルファブレンディングアルゴリズムが選択されます。
static Object RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_DEFAULT
          アンチエイリアスのヒント値で、描画は実装で選択されたデフォルトのアンチエイリアスモードを使って行われます。
static Object RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_OFF
          アンチエイリアスのヒント値で、描画はアンチエイリアスなしで行われます。
static Object RenderingHints.VALUE_ANTIALIAS_ON
          アンチエイリアスのヒント値で、描画はアンチエイリアスを使って行われます。
static Object RenderingHints.VALUE_COLOR_RENDER_DEFAULT
          カラー描画ヒント値で、実装で選択された色変換の計算を実行し、パフォーマンスと精度の間で最適な兼ね合いを表現します。
static Object RenderingHints.VALUE_COLOR_RENDER_QUALITY
          カラー描画ヒント値で、精度と表示品質がもっとも高い色変換の計算を実行します。
static Object RenderingHints.VALUE_COLOR_RENDER_SPEED
          カラー描画ヒント値で、出力デバイスの形式へのもっとも高速な色変換を実行します。
static Object RenderingHints.VALUE_DITHER_DEFAULT
          ディザリングのヒント値で、ディザリングに実装で選択されたデフォルトを使用します。
static Object RenderingHints.VALUE_DITHER_DISABLE
          ディザリングのヒント値で、幾何学的図形の描画時にディザリングを行いません。
static Object RenderingHints.VALUE_DITHER_ENABLE
          ディザリングのヒント値で、必要に応じて幾何学的図形の描画時にディザリングを行います。
static Object RenderingHints.VALUE_FRACTIONALMETRICS_DEFAULT
          フォント部分メトリックスのヒント値で、文字グリフは、実装によって選択された精度で配置されます。
static Object RenderingHints.VALUE_FRACTIONALMETRICS_OFF
          フォント部分メトリックスのヒント値で、文字グリフは、ピクセル境界に丸められた有効幅で配置されます。
static Object RenderingHints.VALUE_FRACTIONALMETRICS_ON
          フォント部分メトリックスのヒント値で、文字グリフは、サブピクセル精度で配置されます。
static Object RenderingHints.VALUE_INTERPOLATION_BICUBIC
          補間のヒントキーで、イメージ内で隣接する 9 つの整数座標サンプルのカラーサンプルが XY の両方で 3 次関数を使用して補間され、カラーサンプルが生成されます。
static Object RenderingHints.VALUE_INTERPOLATION_BILINEAR
          補間のヒントキーで、イメージ内でもっとも近い隣接する 4 つの整数座標サンプルのカラーサンプルが線形に補間されて、カラーサンプルが生成されます。
static Object RenderingHints.VALUE_INTERPOLATION_NEAREST_NEIGHBOR
          補間のヒントキーで、イメージ内でもっとも近い隣接する整数座標サンプルのカラーサンプルが使用されます。
static Object RenderingHints.VALUE_RENDER_DEFAULT
          描画ヒント値で、パフォーマンスと品質の兼ね合いが適切になるように、実装によって描画アルゴリズムが選択されます。
static Object RenderingHints.VALUE_RENDER_QUALITY
          描画ヒント値で、出力品質の設定に合わせて描画アルゴリズムが選択されます。
static Object RenderingHints.VALUE_RENDER_SPEED
          描画ヒント値で、出力速度の設定に合わせて描画アルゴリズムが選択されます。
static Object RenderingHints.VALUE_STROKE_DEFAULT
          ストローク正規化コントロールのヒント値で、実装での兼ね合いに応じて、幾何学的図形は修正されることも、そのままになることもあります。
static Object RenderingHints.VALUE_STROKE_NORMALIZE
          ストローク正規化コントロールのヒント値で、線の一貫性または間隔、および全体的な美観を改善するために、幾何学的図形は正規化されなければいけません。
static Object RenderingHints.VALUE_STROKE_PURE
          ストローク正規化コントロールのヒント値で、幾何学的図形は修正されずに、サブピクセル精度で描画されなければいけません。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_DEFAULT
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、テキスト描画は RenderingHints.KEY_ANTIALIASING ヒントまたは実装で選択されたデフォルトに従って行われます。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_GASP
          テキストのアンチエイリアスのヒント値で、テキスト描画は、RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_ONRenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_OFF のどちらを適用するかについて、ポイントサイズごとに指定するフォントリソース内の情報を使用することが要求されます。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_LCD_HBGR
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、LCD ディスプレイに適した状態でテキストを表示するように要求します。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_LCD_HRGB
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、LCD ディスプレイに適した状態でテキストを表示するように要求します。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_LCD_VBGR
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、LCD ディスプレイに適した状態でテキストを表示するように要求します。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_LCD_VRGB
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、LCD ディスプレイに適した状態でテキストを表示するように要求します。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_OFF
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、テキスト描画はアンチエイリアスを一切使わずに行われます。
static Object RenderingHints.VALUE_TEXT_ANTIALIAS_ON
          テキストアンチエイリアスのヒント値で、テキスト描画はなんらかの形式のアンチエイリアスを使って行われます。
 

Object 型の型パラメータを持つ java.awt のフィールド
protected  Map<String,Object> Toolkit.desktopProperties
           
 

Object を返す java.awt のメソッド
 Object BufferCapabilities.clone()
           
 Object GridBagConstraints.clone()
          このグリッドバッグ制約のコピーを作成します。
 Object ImageCapabilities.clone()
           
 Object Insets.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成します。
 Object JobAttributes.clone()
          この JobAttributes のコピーを作成して、返します。
 Object PageAttributes.clone()
          PageAttributes のコピーを作成して、返します。
 Object RenderingHints.clone()
          この RenderingHints オブジェクトと同一の内容を持つ、この RenderingHints のクローン (複製) を作成します。
 Object RenderingHints.get(Object key)
          指定されたキーがマッピングされている値を返します。
 Object BorderLayout.getConstraints(Component comp)
          指定されたコンポーネントの制約を取得します。
 Object Toolkit.getDesktopProperty(String propertyName)
          指定されたデスクトッププロパティーの値を取得します。
 Object[] MediaTracker.getErrorsAny()
          エラーがあったすべてのメディアのリストを返します。
 Object[] MediaTracker.getErrorsID(int id)
          指定された ID を持つメディアのうちエラーになったもののリストを返します。
abstract  Object Image.getProperty(String name, ImageObserver observer)
          このイメージのプロパティーを名前で返します。
abstract  Object Graphics2D.getRenderingHint(RenderingHints.Key hintKey)
          描画アルゴリズムの推奨設定の値を 1 つ返します。
 Object[] Checkbox.getSelectedObjects()
          チェックボックスのラベルを含む配列 (長さ 1) を返します。
 Object[] CheckboxMenuItem.getSelectedObjects()
          チェックボックスメニュー項目のラベルを含む配列 (長さ 1) を返します。
 Object[] Choice.getSelectedObjects()
          現在選択されている項目を含む配列 (長さ 1) を返します。
 Object[] ItemSelectable.getSelectedObjects()
          選択された項目を返します。
 Object[] List.getSelectedObjects()
          このスクロールリストの選択されている項目を Object の配列で取得します。
 Object Component.getTreeLock()
          AWT コンポーネントツリーおよび配置操作に対する、このコンポーネントのロックオブジェクト (スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト) を取得します。
protected  Object MenuComponent.getTreeLock()
          AWT コンポーネントツリーおよび配置操作に対する、このコンポーネントのロックオブジェクト (スレッド同期化モニターを所有するオブジェクト) を取得します。
protected  Object Toolkit.lazilyLoadDesktopProperty(String name)
          デスクトッププロパティーの値を遅延評価する機会です。
 Object RenderingHints.put(Object key, Object value)
          この RenderingHints オブジェクトで、指定された key を指定された value にマッピングします。
protected  Object AWTKeyStroke.readResolve()
          このインスタンスと同じ、AWTKeyStroke のキャッシュされたインスタンス、または AWTKeyStroke のサブクラスを返します。
 Object RenderingHints.remove(Object key)
          この RenderingHints オブジェクトから、指定されたキーとその対応する値を削除します。
 

Object 型の引数を持つ型を返す java.awt のメソッド
 Set<Map.Entry<Object,Object>> RenderingHints.entrySet()
          この RenderingHints に格納されているマッピングの Set ビューを返します。
 Set<Map.Entry<Object,Object>> RenderingHints.entrySet()
          この RenderingHints に格納されているマッピングの Set ビューを返します。
 Set<Object> RenderingHints.keySet()
          この RenderingHints に格納されている Key の Set ビューを返します。
 Collection<Object> RenderingHints.values()
          この RenderingHints に格納されている値の Collection ビューを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt のメソッド
 boolean Component.action(Event evt, Object what)
          推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、アクションイベントを開始するコンポーネントの ActionListener としてこのコンポーネントを登録する必要があります。
 void Container.add(Component comp, Object constraints)
          指定されたコンポーネントをこのコンテナの最後に追加します。
 void Container.add(Component comp, Object constraints, int index)
          指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスと指定された制約で、コンテナへ追加します。
protected  void Container.addImpl(Component comp, Object constraints, int index)
          指定されたコンポーネントを、指定されたインデックスで、コンテナへ追加します。
protected  void ScrollPane.addImpl(Component comp, Object constraints, int index)
          指定されたコンポーネントを、このスクロールペインコンテナに追加します。
 void BorderLayout.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
 void CardLayout.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          このカードレイアウト内部の名前テーブルに、指定されたコンポーネントを追加します。
 void GridBagLayout.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          指定された constraints オブジェクトを使用して、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
 void LayoutManager2.addLayoutComponent(Component comp, Object constraints)
          指定された制約オブジェクトを使って、指定されたコンポーネントをレイアウトに追加します。
 boolean RenderingHints.containsKey(Object key)
          この RenderingHints 内に、指定されたキーのマッピングが含まれている場合に true を返します。
 boolean RenderingHints.containsValue(Object value)
          この RenderingHints が指定された値に 1 つ以上のキーをマッピングしている場合に true を返します。
 boolean AWTKeyStroke.equals(Object anObject)
          このオブジェクトが指定されたオブジェクトと同じ場合に true を返します。
 boolean AlphaComposite.equals(Object obj)
          指定したオブジェクトがこの AlphaComposite と同じであるかどうかを判定します。
 boolean BasicStroke.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトがこの BasicStroke と等しいかどうかを判定します。
 boolean Color.equals(Object obj)
          別のオブジェクトがこの Color と同じであるかどうかを判定します。
 boolean Dimension.equals(Object obj)
          2 つの Dimension オブジェクトが同じ値を持っているかどうかを判定します。
 boolean DisplayMode.equals(Object dm)
          このオブジェクトと「等価」になるオブジェクトがあるかどうかを示します。
 boolean Font.equals(Object obj)
          この Font オブジェクトを、指定された Object と比較します。
 boolean Insets.equals(Object obj)
          2 つのインセットオブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean JobAttributes.equals(Object obj)
          2 つの JobAttributes が同じであるかどうかを判定します。
 boolean MenuShortcut.equals(Object obj)
          この MenuShortcut がほかのものと同じかどうかを返します。
 boolean PageAttributes.equals(Object obj)
          2 つの PageAttributes が同じであるかどうかを判定します。
 boolean Point.equals(Object obj)
          2 つの点が等しいかどうかを判定します。
 boolean Rectangle.equals(Object obj)
          2 つの矩形が同じかどうかを判定します。
 boolean RenderingHints.equals(Object o)
          指定された Object とこの RenderingHints が等しいかどうかを比較します。
 boolean RenderingHints.Key.equals(Object o)
          すべての Key オブジェクトに対する equals メソッドは、同等演算子 '=='と同じ結果を返します。
protected  void Component.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          オブジェクトプロパティーに対するバウンドプロパティーの変更の報告をサポートします。
protected  void KeyboardFocusManager.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          バウンドプロパティーの変更に応答して PropertyChangeEvent をトリガーします。
protected  void KeyboardFocusManager.fireVetoableChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          拒否可能プロパティーの変更に応答して PropertyChangeEvent をトリガーします。
 Object RenderingHints.get(Object key)
          指定されたキーがマッピングされている値を返します。
 Component BorderLayout.getLayoutComponent(Container target, Object constraints)
          目的の Container のコンポーネント方向に基づいて、指定された制約の場所に対応するコンポーネントを返します。
 Component BorderLayout.getLayoutComponent(Object constraints)
          指定された制約で追加されたコンポーネントを取得します。
 boolean Component.gotFocus(Event evt, Object what)
          推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、processFocusEvent(FocusEvent) に置き換えられました。
abstract  boolean RenderingHints.Key.isCompatibleValue(Object val)
          指定されたオブジェクトがこの Key に対して有効な値の場合 true を返します。
 boolean Component.lostFocus(Event evt, Object what)
          推奨されていません。 JDK Version 1.1 以降は、processFocusEvent(FocusEvent) に置き換えられました。
 Object RenderingHints.put(Object key, Object value)
          この RenderingHints オブジェクトで、指定された key を指定された value にマッピングします。
 Object RenderingHints.remove(Object key)
          この RenderingHints オブジェクトから、指定されたキーとその対応する値を削除します。
protected  void Toolkit.setDesktopProperty(String name, Object newValue)
          指定されたデスクトッププロパティーを、指定された値に変更し、プロパティー変更イベントをトリガーして、すべてのリスナーに値の変更を通知します。
abstract  void Graphics2D.setRenderingHint(RenderingHints.Key hintKey, Object hintValue)
          描画アルゴリズムの推奨設定の値を 1 つ設定します。
 void AWTEvent.setSource(Object newSource)
          イベントを新しいソースに再転送します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt のコンストラクタ
AWTEvent(Object source, int id)
          指定されたソースオブジェクトと型を使用して、AWTEvent オブジェクトを構築します。
Event(Object target, int id, Object arg)
          注:Event クラスは現在無効であり、下位互換のためだけに存在しています。
Event(Object target, long when, int id, int x, int y, int key, int modifiers)
          注:Event クラスは現在無効であり、下位互換のためだけに存在しています。
Event(Object target, long when, int id, int x, int y, int key, int modifiers, Object arg)
          注:Event クラスは現在無効であり、下位互換のためだけに存在しています。
RenderingHints(RenderingHints.Key key, Object value)
          指定されたキーと値のペアでオブジェクトを新しく作成します。
 

java.awt.color での Object の使用
 

java.awt.color での Object のサブクラス
 class CMMException
          この例外は、ネイティブ CMM がエラーを返した場合にスローされます。
 class ColorSpace
          この abstract クラスは、Color オブジェクトの特定のカラースペース、または ColorModel オブジェクトを介して、Image、BufferedImage、または GraphicsDevice の特定のカラースペースを識別するためにカラースペースタグとして機能します。
 class ICC_ColorSpace
          ICC_ColorSpace クラスは、ColorSpace abstract クラスの実装です。
 class ICC_Profile
          International Color Consortium の Specification ICC.1:2001-12、File Format for Color Profiles に基づく、デバイス非依存およびデバイス依存のカラースペースのカラープロファイルデータの表現です (http://www.color.org を参照)。
 class ICC_ProfileGray
          ICC_Profile クラスのサブクラスの 1 つです。
 class ICC_ProfileRGB
          ICC_ProfileRGB クラスは、ICC_Profile クラスのサブクラスの 1 つで、次の条件を満たすプロファイルを表します。
 class ProfileDataException
          この例外は、ICC_Profile オブジェクトのアクセスまたは処理でエラーが発生した場合にスローされます。
 

Object を返す java.awt.color のメソッド
protected  Object ICC_Profile.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを CMM に登録されるインスタンスに解決します。
 

java.awt.datatransfer での Object の使用
 

java.awt.datatransfer での Object のサブクラス
 class Clipboard
          カット/コピー/ペースト操作を使用してデータを転送する機構を実装するクラスです。
 class DataFlavor
          DataFlavor は、データのメタ情報を提供します。
 class FlavorEvent
          FlavorEvent は、イベントソース Clipboard で使用可能な DataFlavor が変更されたことを、関係するリスナーに通知するために使います。
 class MimeTypeParseException
          MIME タイプ解析に関連する例外をカプセル化するクラスです。
 class StringSelection
          String を転送する際に必要な能力を実装する Transferable です。
 class SystemFlavorMap
          SystemFlavorMap は、プラットフォーム固有のデータ形式に対応する「ネイティブ」(文字列) と、プラットフォームから独立した MIME タイプに対応する「フレーバ」(DataFlavors) の間の、構成可能なマップです。
 class UnsupportedFlavorException
          要求されたデータがこのフレーバでサポートされていないことを示すシグナルです。
 

Object を返す java.awt.datatransfer のメソッド
 Object DataFlavor.clone()
          この DataFlavor の複製を返します。
 Object Clipboard.getData(DataFlavor flavor)
          指定された DataFlavor でクリップボードの現在の内容を表すオブジェクトを返します。
 Object StringSelection.getTransferData(DataFlavor flavor)
          可能であれば、要求された DataFlavorTransferable データを返します。
 Object Transferable.getTransferData(DataFlavor flavor)
          転送されるデータを表すオブジェクトを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.datatransfer のメソッド
 boolean DataFlavor.equals(Object o)
          任意の Object とこの DataFlavor が等しいかどうかを判定します。
 Transferable Clipboard.getContents(Object requestor)
          クリップボードの現在の内容を表現する転送可能なオブジェクトを返します。
 

java.awt.dnd での Object の使用
 

java.awt.dnd での Object のサブクラス
 class DnDConstants
          このクラスにはドラッグ&ドロップ操作が実行するアクションの形式を表す定数値があります。
 class DragGestureEvent
          DragGestureEvent は、DragGestureListener の dragGestureRecognized() メソッドに渡されます。
 class DragGestureRecognizer
          DragGestureRecognizer は、プラットフォーム依存のドラッグ開始ジェスチャーを識別するために、特定の Component に関連付けることができる、プラットフォーム依存のリスナーを指定するための抽象基底クラスです。
 class DragSource
          DragSource は、ドラッグ&ドロップ操作の開始を担当するエンティティーで、次のようないくつかのシナリオで使用できます。
 class DragSourceAdapter
          ドラッグソースイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class DragSourceContext
          DragSourceContext クラスは、ドラッグ&ドロッププロトコルのイニシエータ側を管理します。
 class DragSourceDragEvent
          DragSourceDragEvent は、DragSourceContextPeer から DragSourceContext を介して、DragSourceContext およびそれに関連する DragSource で登録された DragSourceListener に送られます。
 class DragSourceDropEvent
          DragSourceDropEvent は、DragSourceContextPeer から DragSourceContext を介して、DragSourceContext およびそれに関連する DragSource で登録された DragSourceListenerdragDropEnd メソッドに送られます。
 class DragSourceEvent
          このクラスは、DragSourceDragEvent および DragSourceDropEvent の基底クラスです。
 class DropTarget
          DropTarget は、ドラッグ&ドロップ操作の間に Component がドロップを受け入れようとするときに、Component に関連付けられます。
protected static class DropTarget.DropTargetAutoScroller
          この保護対象の入れ子になっているクラスは、自動スクロールを実装します。
 class DropTargetAdapter
          ドロップターゲットイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class DropTargetContext
          DropTargetContext は、ドラッグ&ドロップ操作に関連した論理カーソルが、DropTarget に関連した Component の可視幾何学的図形と重なるときに、いつも作成されます。
protected  class DropTargetContext.TransferableProxy
          TransferableProxyTransferable インタフェースを実装するヘルパー内部クラスで、特定のドラッグ&ドロップ操作のデータ転送を表す別の Transferable オブジェクトに対するプロキシとして動作します。
 class DropTargetDragEvent
          DropTargetDragEvent は、その dragEnter() メソッドおよび dragOver() メソッドを介して DropTargetListener に送られます。
 class DropTargetDropEvent
          DropTargetDropEvent は、DropTargetListener の drop() メソッドを介して送られます。
 class DropTargetEvent
          DropTargetEvent は、DropTargetDragEvent および DropTargetDropEvent の基底クラスです。
 class InvalidDnDOperationException
          この例外は、java.awt.dnd パッケージのさまざまなメソッドによってスローされます。
 class MouseDragGestureRecognizer
          DragGestureRecognizer のこの抽象サブクラスは、マウスベースのジェスチャーの DragGestureRecognizer を定義します。
 

Object を返す java.awt.dnd のメソッド
 Object DropTargetContext.TransferableProxy.getTransferData(DataFlavor df)
          要求されたデータフレーバに対してカプセル化した転送可能オブジェクトによって提供されるデータを表すオブジェクトを返します。
 Object[] DragGestureEvent.toArray()
          ドラッグジェスチャーを構成するイベントの Object の配列を返します。
 Object[] DragGestureEvent.toArray(Object[] array)
          ドラッグジェスチャーを構成するイベントの配列を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.dnd のメソッド
 Object[] DragGestureEvent.toArray(Object[] array)
          ドラッグジェスチャーを構成するイベントの配列を返します。
 

java.awt.event での Object の使用
 

java.awt.event での Object のサブクラス
 class ActionEvent
          コンポーネントが定義するアクションが発生したことを示す、意味上のイベントです。
 class AdjustmentEvent
          Adjustable オブジェクトが発行する調整イベントです。
 class AWTEventListenerProxy
          特定のイベントマスク用の AWTEventListener を追加するという明確な目的で EventListenerProxy を拡張するクラスです。
 class ComponentAdapter
          コンポーネントイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class ComponentEvent
          コンポーネントの移動、サイズの変更、可視性の変更を示す低レベルのイベントです。
 class ContainerAdapter
          コンテナイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
 class ContainerEvent
          コンポーネントの追加または削除によってコンテナの内容が変更されたことを示す低レベルのイベントです。
 class FocusAdapter
          キーボードフォーカスイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
 class FocusEvent
          Component が入力フォーカスを取得または失ったことを示す、低レベルのイベントです。
 class HierarchyBoundsAdapter
          移動およびサイズ変更された上位クラスのイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class HierarchyEvent
          Component が所属する Component 階層の変更を示すイベントです。
 class InputEvent
          全コンポーネントレベルの入力イベントのルートイベントクラスです。
 class InputMethodEvent
          インプットメソッドイベントには、インプットメソッドを利用して変換されているテキストについての情報が含まれています。
 class InvocationEvent
          AWT イベントのディスパッチャースレッドによってディスパッチされたときに、Runnable 上で run() メソッドを実行するイベントです。
 class ItemEvent
          項目が選択または選択解除されたことを示すセマンティックイベントです。
 class KeyAdapter
          キーボードイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class KeyEvent
          このイベントは、コンポーネントにおいてキーストロークが発生したことを示します。
 class MouseAdapter
          マウスイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class MouseEvent
          コンポーネント内でマウスアクションが発生したことを示すイベントです。
 class MouseMotionAdapter
          マウスモーションイベントを受け取る抽象アダプタクラスです。
 class MouseWheelEvent
          コンポーネント内でマウスホイールが回転したことを示すイベントです。
 class PaintEvent
          コンポーネントレベルの描画イベントです。
 class TextEvent
          オブジェクトのテキストが変更されたことを示すセマンティックのイベントです。
 class WindowAdapter
          ウィンドウイベントを受け取るための抽象アダプタクラスです。
 class WindowEvent
          ウィンドウの状態が変わったことを示す低レベルのイベントです。
 

Object として宣言されている java.awt.event のフィールド
protected  Object InvocationEvent.notifier
          Runnable.run() メソッドの復帰後ただちに呼び出される notifyAll() メソッドを持つオブジェクトです (null の場合もある)。
 

Object を返す java.awt.event のメソッド
 Object ItemEvent.getItem()
          イベントによって影響を受けた項目を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.event のコンストラクタ
ActionEvent(Object source, int id, String command)
          ActionEvent オブジェクトを構築します。
ActionEvent(Object source, int id, String command, int modifiers)
          修飾キーを持つ ActionEvent オブジェクトを構築します。
ActionEvent(Object source, int id, String command, long when, int modifiers)
          特定の修飾キーとタイムスタンプを持つ ActionEvent オブジェクトを構築します。
InvocationEvent(Object source, int id, Runnable runnable, Object notifier, boolean catchThrowables)
          InvocationEvent を構築します。
InvocationEvent(Object source, Runnable runnable)
          InvocationEvent を構築します。
InvocationEvent(Object source, Runnable runnable, Object notifier, boolean catchThrowables)
          InvocationEvent を構築します。
ItemEvent(ItemSelectable source, int id, Object item, int stateChange)
          ItemEvent オブジェクトを構築します。
TextEvent(Object source, int id)
          TextEvent オブジェクトを構築します。
 

java.awt.font での Object の使用
 

java.awt.font での Object のサブクラス
 class FontRenderContext
          FontRenderContext クラスは、テキストの寸法を正しく測定するのに必要な情報のコンテナです。
 class GlyphJustificationInfo
          GlyphJustificationInfo クラスは、グリフの位置揃えのプロパティーに関する情報を示します。
 class GlyphMetrics
          GlyphMetrics クラスは、単一のグリフの情報を表します。
 class GlyphVector
          GlyphVector オブジェクトは、最終的に GlyphVector を表示するデバイスと対応するように変換された座標空間で各グリフを配置するための幾何学的な情報を含むグリフのコレクションです。
 class GraphicAttribute
          このクラスは CHAR_REPLACEMENT 属性とともに使用します。
 class ImageGraphicAttribute
          ImageGraphicAttribute クラスは、TextLayout にイメージを描画する GraphicAttribute の実装です。
 class LayoutPath
          LayoutPath は、ベースラインを基準にした位置とユーザー空間内のポイントとのマッピングを提供します。
 class LineBreakMeasurer
          LineBreakMeasurer クラスを使用すれば、書式付きテキストを、特定の可視有効幅に収まる行 (またはセグメント) に分けることができます。
 class LineMetrics
          LineMetrics クラスは、行に沿って文字をレイアウトしたり行のセットをレイアウトするために必要なアクセスをメトリックスに許可します。
 class NumericShaper
          NumericShaper クラスは、Latin-1 (ヨーロッパ言語) の数字をほかの Unicode 10 進数に変換するために使用します。
 class ShapeGraphicAttribute
          ShapeGraphicAttribute クラスは、TextLayout に形状を描画する GraphicAttribute の実装です。
 class TextAttribute
          TextAttribute クラスは、テキストの描画に使用する属性キーおよび属性値を定義します。
 class TextHitInfo
          TextHitInfo クラスは、テキストモデルの文字の位置、バイアス、または「サイド」を表します。
 class TextLayout
          TextLayout は、書式付き文字データの不変のグラフィック表現です。
static class TextLayout.CaretPolicy
          強いキャレットの場所を決定するポリシーを定義します。
 class TextMeasurer
          TextMeasurer クラスは、有効幅の測定、文字範囲の有効幅の指定、文字範囲の TextLayout の作成など、改行に必要な基本操作を提供します。
 class TransformAttribute
          TransformAttribute クラスは、属性として使用しても安全な変換用の不変ラッパーを提供します。
 

Object を返す java.awt.font のメソッド
protected  Object TextLayout.clone()
          この TextLayout のコピーを作成します。
protected  Object TextMeasurer.clone()
           
 Object FontRenderContext.getAntiAliasingHint()
          この FontRenderContext で使われている、テキストアンチエイリアスの描画モードヒントを返します。
 Object FontRenderContext.getFractionalMetricsHint()
          この FontRenderContext で使われている、テキスト部分メトリックスの描画モードヒントを返します。
protected  Object TextAttribute.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.font のメソッド
 boolean FontRenderContext.equals(Object obj)
          obj が FontRenderContext のインスタンスであり、その変換、平滑化、および部分メトリックスの値がこれと等しい場合は true を返します。
 boolean ImageGraphicAttribute.equals(Object rhs)
          この ImageGraphicAttribute を、指定された Object と比較します。
 boolean NumericShaper.equals(Object o)
          指定されたオブジェクトが NumericShaper のインスタンスであり、これと同じ方法で形状決定を行う場合は true、そうでない場合は false を返します。
 boolean ShapeGraphicAttribute.equals(Object rhs)
          この ShapeGraphicAttribute を、指定された Object と比較します。
 boolean TextHitInfo.equals(Object obj)
          指定された ObjectTextHitInfo で、この TextHitInfo と等しい場合に true を返します。
 boolean TextLayout.equals(Object obj)
          指定された ObjectTextLayout オブジェクトで、指定された Object がこの TextLayout と等しい場合に true を返します。
 boolean TransformAttribute.equals(Object rhs)
          rhs が、この TransformAttribute の変換と等しい変換を持つ TransformAttribute である場合に、true を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.font のコンストラクタ
FontRenderContext(AffineTransform tx, Object aaHint, Object fmHint)
          任意指定の AffineTransform、および新しく構築されるオブジェクトの平滑化と部分メトリックスの有無を判定する 2 つの Object 値から FontRenderContext オブジェクトを構築します。
 

java.awt.geom での Object の使用
 

java.awt.geom での Object のサブクラス
 class AffineTransform
          AffineTransform クラスは、線の直線性と平行性を保ったままで 2 次元座標間の線形マッピングを実行する 2 次元アフィン変換を表現します。
 class Arc2D
          Arc2D は、表示枠の矩形、始角、角の大きさ (弧の長さ)、および閉じ方の種類 (OPENCHORD、または PIE) によって定義される 2 次元の弧を格納するすべてのオブジェクトの抽象スーパークラスです。
static class Arc2D.Double
          このクラスは、double 精度で指定された弧を定義します。
static class Arc2D.Float
          このクラスは、float 精度で指定された弧を定義します。
 class Area
          Area オブジェクトは、2 次元空間の閉じた領域について解像度に依存しない記述を格納および操作します。
 class CubicCurve2D
          CubicCurve2D クラスは、(x,y) 座標空間の 3 次パラメトリック曲線セグメントを定義します。
static class CubicCurve2D.Double
          double 座標で指定した、3 次パラメトリック曲線セグメントです。
static class CubicCurve2D.Float
          float 座標で指定した、3 次パラメトリック曲線セグメントです。
 class Dimension2D
          Dimension2D クラスは、幅と高さの寸法をカプセル化します。
 class Ellipse2D
          Ellipse2D クラスは、表示枠矩形によって定義される楕円を記述します。
static class Ellipse2D.Double
          Double クラスは、double 精度で指定された楕円を定義します。
static class Ellipse2D.Float
          Float クラスは、float 精度で指定された楕円を定義します。
 class FlatteningPathIterator
          FlatteningPathIterator クラスは別の PathIterator オブジェクトの平坦化されたビューを返します。
 class GeneralPath
          GeneralPath クラスは、直線、2 次曲線、および 3 次 (ベジェ) 曲線から作成された幾何学的パスを表します。
 class IllegalPathStateException
          IllegalPathStateException は、特定のオペレーションについてパスが無効な場合に、そのオペレーションが実行されたときにスローされる例外を表します。
 class Line2D
          Line2D クラスは、(x,y) 座標空間のラインセグメントを表します。
static class Line2D.Double
          double 座標で指定されたラインセグメントです。
static class Line2D.Float
          float 座標で指定されたラインセグメントです。
 class NoninvertibleTransformException
          NoninvertibleTransformException クラスは、AffineTransform オブジェクトの逆変換を必要とするオペレーションを実行する場合に、AffineTransform が逆変換できる状態でないときにスローされる例外を表します。
 class Path2D
          Path2D クラスは、単純ですが柔軟性のある、任意の幾何学的パスを表す形状を提供します。
static class Path2D.Double
          Double クラスは、座標が倍精度浮動小数点で格納される幾何学的パスを定義します。
static class Path2D.Float
          Float クラスは、座標が単精度浮動小数点で格納される幾何学的パスを定義します。
 class Point2D
          Point2D クラスは、(x,y) 座標空間の位置を表す点を定義します。
static class Point2D.Double
          Double クラスは、double 精度で指定された点を定義します。
static class Point2D.Float
          Float クラスは、float 精度で指定された点を定義します。
 class QuadCurve2D
          QuadCurve2D クラスは、(x,y) 座標空間の 2 次パラメトリック曲線セグメントを定義します。
static class QuadCurve2D.Double
          double 座標で指定した、2 次パラメトリック曲線セグメントです。
static class QuadCurve2D.Float
          float 座標で指定した、2 次パラメトリック曲線セグメントです。
 class Rectangle2D
          Rectangle2D クラスは、位置 (x,y) およびサイズ (w x h) で定義される矩形を記述します。
static class Rectangle2D.Double
          Double クラスは、double 座標で指定される矩形を定義します。
static class Rectangle2D.Float
          Float クラスは、float 座標で指定される矩形を定義します。
 class RectangularShape
          RectangularShape は、幾何学的図形が矩形フレームによって定義される多くの Shape オブジェクトの基底クラスです。
 class RoundRectangle2D
          RoundRectangle2D クラスは、位置 (x,y)、サイズ (w x h)、および角を丸める弧の幅と高さで定義される丸みを付けた角を持つ矩形を定義します。
static class RoundRectangle2D.Double
          Double クラスは、double 座標で指定される、丸みを付けた角を持つ矩形を定義します。
static class RoundRectangle2D.Float
          Float クラスは、float 座標で指定される、角を丸めた矩形を定義します。
 

Object を返す java.awt.geom のメソッド
 Object AffineTransform.clone()
          この AffineTransform オブジェクトのコピーを返します。
 Object Area.clone()
          この Area オブジェクトとまったく同じコピーを返します。
 Object CubicCurve2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object Dimension2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object Line2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
abstract  Object Path2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object Path2D.Float.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object Path2D.Double.clone()
          このオブジェクトと同じクラスの新しいオブジェクトを作成します。
 Object Point2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 Object QuadCurve2D.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 Object RectangularShape.clone()
          このオブジェクトと同じクラスで、同じ内容の新しいオブジェクトを作成します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.geom のメソッド
 boolean AffineTransform.equals(Object obj)
          この AffineTransform が、指定された引数と同じアフィン座標変換を表現する場合に true を返します。
 boolean Arc2D.equals(Object obj)
          指定された Object がこの Arc2D と等しいかどうかを判定します。
 boolean Ellipse2D.equals(Object obj)
          指定された Object がこの Ellipse2D と等しいかどうかを判定します。
 boolean Point2D.equals(Object obj)
          2 つの点が等しいかどうかを判定します。
 boolean Rectangle2D.equals(Object obj)
          指定された Object がこの Rectangle2D と等しいかどうかを判定します。
 boolean RoundRectangle2D.equals(Object obj)
          指定された Object がこの RoundRectangle2D と等しいかどうかを判定します。
 

java.awt.im での Object の使用
 

java.awt.im での Object のサブクラス
 class InputContext
          インプットメソッドおよびキーボードの配置など、テキスト入力機能を制御するメソッドを提供します。
 class InputMethodHighlight
          InputMethodHighlight は、変換されるテキストのハイライト属性を記述するため使われます。
 class InputSubset
          インプットメソッドで使う追加の Unicode サブセットを定義します。
 

Object を返す java.awt.im のメソッド
 Object InputContext.getInputMethodControlObject()
          現在のインプットメソッドの制御オブジェクトまたは null を返します。
 

java.awt.im.spi での Object の使用
 

Object を返す java.awt.im.spi のメソッド
 Object InputMethod.getControlObject()
          このインプットメソッドの制御オブジェクトまたは null を返します。
 

java.awt.image での Object の使用
 

java.awt.image での Object のサブクラス
 class AffineTransformOp
          このクラスは、アフィン変換を使用して、転送元のイメージまたは Raster の 2 次元座標から転送先のイメージまたは Raster の 2 次元座標への線形マッピングを実行します。
 class AreaAveragingScaleFilter
          最近接点アルゴリズムよりもなめらかな結果が得られる、簡単な領域平均化アルゴリズムを使用してイメージをスケーリングする ImageFilter クラスです。
 class BandCombineOp
          このクラスは、指定された行列を使用して、Raster 内でバンドの任意の線形の組み合わせを実行します。
 class BandedSampleModel
          このクラスは、バンドインタリーブ化方式で格納されるイメージデータを表します。
 class BufferedImage
          BufferedImage サブクラスは、イメージデータのアクセス可能なバッファーを備えた Image を記述します。
 class BufferedImageFilter
          BufferedImageFilter クラスは、ImageFilter をサブクラス化し、転送元と転送先が単一のイメージ演算子 (BufferedImageOp) を使用して、Image Producer/Consumer/Observer パラダイムの BufferedImage にフィルタをかける簡易な手段を提供します。
 class BufferStrategy
          BufferStrategy クラスは、特定の Canvas または Window 上の複雑なメモリーを編成するメカニズムを表します。
 class ByteLookupTable
          このクラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
 class ColorConvertOp
          このクラスは、転送元イメージのデータの色変換をピクセル単位で実行します。
 class ColorModel
          ColorModel abstract クラスは、ピクセル値を色成分 (赤、緑、青など) およびアルファ成分に変換するメソッドをカプセル化します。
 class ComponentColorModel
          これは ColorModel クラスの 1 つで、ピクセル値を扱います。
 class ComponentSampleModel
          このクラスは、DataBuffer のデータ要素 1 つに 1 つずつピクセルを形成する各サンプルが格納されているイメージデータを表します。
 class ConvolveOp
          このクラスは、転送元から転送先への畳み込み演算を実装します。
 class CropImageFilter
          イメージを切り出すための ImageFilter クラスです。
 class DataBuffer
          このクラスは、1 つ以上のデータ配列をラップするためのものです。
 class DataBufferByte
          このクラスは DataBuffer を拡張し、データをバイトとして内部的に格納します。
 class DataBufferDouble
          このクラスは DataBuffer を拡張し、double 形式で内部的にデータを格納します。
 class DataBufferFloat
          このクラスは DataBuffer を拡張し、float 形式で内部的にデータを格納します。
 class DataBufferInt
          このクラスは DataBuffer を拡張し、データを integer として内部的に格納します。
 class DataBufferShort
          このクラスは DataBuffer を拡張し、データを short 形式の整数として内部的に格納します。
 class DataBufferUShort
          このクラスは DataBuffer を拡張し、データを short 形式の整数として内部的に格納します。
 class DirectColorModel
          DirectColorModel クラスは、RGB の色とアルファの情報を個別のサンプルとして表し、1 つのピクセルのすべてのサンプルを int、short、または byte 型の数で 1 つにパックするピクセル値を扱う ColorModel クラスです。
 class FilteredImageSource
          このクラスは、ImageProducer インタフェースを実装したものです。
 class ImageFilter
          このクラスには、一連のインタフェースメソッド用のフィルタが実装されており、ImageProducer から ImageConsumer へデータを転送するために使われます。
 class ImagingOpException
          ImagingOpException は、BufferedImageOpRasterOp の一方のフィルタ メソッドがイメージを処理できない場合にスローされます。
 class IndexColorModel
          IndexColorModel クラスは、デフォルトの sRGB カラースペースの固定カラーマップに対するインデックスである、単一のサンプルからなるピクセル値を扱う ColorModel クラスです。
 class Kernel
          Kernel クラスは、ある指定されたピクセルとその周囲のピクセルが、フィルタオペレーションの出力イメージ内のピクセルの位置に対して計算された値に、どのように影響するかを記述するマトリックスを定義します。
 class LookupOp
          このクラスは転送元から転送先へのルックアップ操作を実装します。
 class LookupTable
          この abstract クラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
 class MemoryImageSource
          このクラスは、配列を使って Image のピクセル値を生成する ImageProducer インタフェースを実装します。
 class MultiPixelPackedSampleModel
          MultiPixelPackedSampleModel クラスは、単一バンド化されたイメージを表現し、複数の単一サンプルピクセルを 1 つのデータ要素にパックできます。
 class PackedColorModel
          PackedColorModel クラスは、色とアルファの情報を個別のサンプルとして表し、1 つのピクセルのすべてのサンプルを int、short、または byte 型の数で 1 つにパックするピクセル値を扱う abstract ColorModel クラスです。
 class PixelGrabber
          PixelGrabber クラスは、Image オブジェクトや ImageProducer オブジェクトと接続してそのイメージのピクセルのサブセットを抽出可能な ImageConsumer を実装します。
 class PixelInterleavedSampleModel
          このクラスは、ピクセルインタリーブ化方式で格納され、ピクセルの各サンプルが DataBuffer の 1 データ要素を占めるイメージデータを表します。
 class Raster
          ピクセルで構成される矩形配列を表現するクラスです。
 class RasterFormatException
          Raster に無効なレイアウト情報が存在する場合、RasterFormatException がスローされます。
 class ReplicateScaleFilter
          ImageFilter クラスは、もっとも簡単なアルゴリズムを使用してイメージのサイズを変更するクラスです。
 class RescaleOp
          このクラスでは、転送元イメージのデータのピクセル単位の再スケーリングを行います。
 class RGBImageFilter
          このクラスは、デフォルト RGB ColorModel イメージのピクセルを修正する ImageFilter を容易に作成するための方法を提供します。
 class SampleModel
          この abstract クラスは、イメージにあるピクセルのサンプルを抽出するインタフェースを定義します。
 class ShortLookupTable
          このクラスは、ルックアップテーブルオブジェクトを定義します。
 class SinglePixelPackedSampleModel
          このクラスは、1 つのピクセルを構成する N 個のサンプルが 1 つのデータ配列要素に格納されるようにパックされたピクセルデータを表します。
 class VolatileImage
          VolatileImage は、アプリケーションの制御を超えて、オペレーティングシステムや別のアプリケーションから、状況に応じていつでも内容を破棄できるイメージです。
 class WritableRaster
          このクラスは、Raster を拡張しピクセル書き込み機能を提供します。
 

Object として宣言されている java.awt.image のフィールド
protected  Object ReplicateScaleFilter.outpixbuf
          ReplicateScaleFilter.destWidth のサイズで初期化され、ピクセルデータの行を ImageConsumer に伝えるのに使う byte 配列です。
 

Object を返す java.awt.image のメソッド
 Object ImageFilter.clone()
          このオブジェクトを複製します。
 Object Kernel.clone()
          このオブジェクトを複製します。
 Object ColorModel.getDataElements(float[] normComponents, int normOffset, Object obj)
          標準化色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(float[] normComponents, int normOffset, Object obj)
          標準化色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object pixel)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object outData)
          TransferType 型のプリミティブ配列の、指定されたピクセル矩形のピクセルデータを返します。
 Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object obj, DataBuffer data)
          TransferType 型のプリミティブ配列の、指定されたピクセル矩形のピクセルデータを返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, Object outData)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object BandedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object ComponentSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          1 ピクセルのデータを TransferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object MultiPixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
abstract  Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object SinglePixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          指定されたデフォルトの RGB カラーモデルの整数ピクセル表現について、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object PixelGrabber.getPixels()
          ピクセルバッファーを返します。
 Object BufferedImage.getProperty(String name)
          イメージのプロパティーを名前で返します。
 Object RenderedImage.getProperty(String name)
          このイメージのプロパティーセットからプロパティーを返します。
 Object BufferedImage.getProperty(String name, ImageObserver observer)
          イメージのプロパティーを名前で返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.image のメソッド
 boolean ColorModel.equals(Object obj)
          指定された ObjectColorModel のインスタンスであり、この ColorModel と等しいかどうかを判定します。
 boolean ComponentColorModel.equals(Object obj)
          このカラーモデルと別のカラーモデルとが等しいかどうかを比較します。
 boolean ComponentSampleModel.equals(Object o)
           
 boolean MultiPixelPackedSampleModel.equals(Object o)
           
 boolean PackedColorModel.equals(Object obj)
          指定された ObjectPackedColorModel のインスタンスであり、この PackedColorModel と等しいかどうかを判定します。
 boolean SinglePixelPackedSampleModel.equals(Object o)
           
 int ColorModel.getAlpha(Object inData)
          指定されたピクセルのアルファ成分を 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getAlpha(Object inData)
          指定されたピクセルのアルファ成分を 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getAlpha(Object inData)
          指定されたピクセルのアルファ成分を 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ColorModel.getBlue(Object inData)
          指定されたピクセルの青色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getBlue(Object inData)
          指定されたピクセルの青色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getBlue(Object inData)
          指定されたピクセルの青色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int[] ColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel でピクセルを指定して、標準化されていない色成分とアルファ成分の配列を返します。
 int[] ComponentColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel でピクセルを指定して、標準化されていない色成分とアルファ成分の配列を返します。
 int[] DirectColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel でピクセルを指定して、標準化されていない色成分とアルファ成分の配列を返します。
 int[] IndexColorModel.getComponents(Object pixel, int[] components, int offset)
          この ColorModel の指定されたピクセルについて、標準化されていない色成分とアルファ成分の配列を返します。
 Object ColorModel.getDataElements(float[] normComponents, int normOffset, Object obj)
          標準化色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(float[] normComponents, int normOffset, Object obj)
          標準化色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object obj)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int[] components, int offset, Object pixel)
          標準化されていない色成分およびアルファ成分の配列を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object outData)
          TransferType 型のプリミティブ配列の、指定されたピクセル矩形のピクセルデータを返します。
 Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, int w, int h, Object obj, DataBuffer data)
          TransferType 型のプリミティブ配列の、指定されたピクセル矩形のピクセルデータを返します。
 Object Raster.getDataElements(int x, int y, Object outData)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object BandedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object ComponentSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          1 ピクセルのデータを TransferType 型のプリミティブ配列として返します。
 Object MultiPixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
abstract  Object SampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object SinglePixelPackedSampleModel.getDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          transferType 型のプリミティブ配列内の 1 つのピクセルのデータを返します。
 Object ColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object ComponentColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object DirectColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          デフォルト RGB カラーモデルの整数型ピクセル表現を指定して、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 Object IndexColorModel.getDataElements(int rgb, Object pixel)
          指定されたデフォルトの RGB カラーモデルの整数ピクセル表現について、この ColorModel のピクセルのデータ要素配列表現を返します。
 int ColorModel.getGreen(Object inData)
          指定されたピクセルの緑色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getGreen(Object inData)
          指定されたピクセルの緑色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getGreen(Object inData)
          指定されたピクセルの緑色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 float[] ColorModel.getNormalizedComponents(Object pixel, float[] normComponents, int normOffset)
          この ColorModel の指定されたピクセルについて、標準化形式で色成分とアルファ成分の配列を返します。
 float[] ComponentColorModel.getNormalizedComponents(Object pixel, float[] normComponents, int normOffset)
          この ColorModel の指定されたピクセルについて、標準化形式で色成分とアルファ成分の配列を返します。
 int ColorModel.getRed(Object inData)
          指定されたピクセルの赤色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ComponentColorModel.getRed(Object inData)
          指定されたピクセルの赤の色成分を、デフォルトの RGB ColorSpace、つまり sRGB の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int DirectColorModel.getRed(Object inData)
          指定されたピクセルの赤色成分をデフォルト RGB ColorSpace (sRGB) の 0 〜 255 の範囲でスケーリングして返します。
 int ColorModel.getRGB(Object inData)
          指定されたピクセルの色成分およびアルファ成分をデフォルト RGB カラーモデル形式で返します。
 int ComponentColorModel.getRGB(Object inData)
          指定されたピクセルの色成分およびアルファ成分をデフォルト RGB カラーモデル形式で返します。
 int DirectColorModel.getRGB(Object inData)
          指定されたピクセルの色成分およびアルファ成分をデフォルト RGB カラーモデル形式で返します。
 void WritableRaster.setDataElements(int x, int y, int w, int h, Object inData)
          ピクセル矩形のデータを TransferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 void SampleModel.setDataElements(int x, int y, int w, int h, Object obj, DataBuffer data)
          TransferType 型のプリミティブ配列から、指定された DataBuffer 内のピクセル矩形のデータを設定します。
 void WritableRaster.setDataElements(int x, int y, Object inData)
          1 つのピクセルのデータを transferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 void BandedSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          TransferType 型のプリミティブ配列からの、指定した DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
 void ComponentSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          指定された DataBuffer にある単一ピクセルのデータを、TransferType 型のプリミティブ配列から設定します。
 void MultiPixelPackedSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          指定された DataBuffer の 1 つのピクセルのデータを、TransferType 型のプリミティブ配列から設定します。
abstract  void SampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          TransferType 型のプリミティブ配列からの、指定した DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
 void SinglePixelPackedSampleModel.setDataElements(int x, int y, Object obj, DataBuffer data)
          TransferType 型のプリミティブ配列からの、指定した DataBuffer 内の 1 つのピクセルのデータを設定します。
 

java.awt.image.renderable での Object の使用
 

java.awt.image.renderable での Object のサブクラス
 class ParameterBlock
          ParameterBlock は、RenderableImageOp や、イメージを処理するほかのクラスによって必要とされるソースおよびパラメータ (Object) についてのすべての情報をカプセル化します。
 class RenderableImageOp
          このクラスは、関連する ContextualRenderedImageFactory のインスタンスによって、オペレーションの描画特性を処理します。
 class RenderableImageProducer
          RenderableImage の非同期生成を可能にする ImageProducer を実装するアダプタクラスです。
 class RenderContext
          RenderContext は、RenderableImage から特定の描画を作成するために必要な情報をカプセル化します。
 

Object 型の型パラメータを持つ java.awt.image.renderable のフィールド
protected  Vector<Object> ParameterBlock.parameters
          任意の Object として格納される、ソース以外のパラメータの Vector です。
protected  Vector<Object> ParameterBlock.sources
          任意の Object として格納される、ソースの Vector です。
 

Object を返す java.awt.image.renderable のメソッド
 Object ParameterBlock.clone()
          ParameterBlock のコピーを作成します。
 Object RenderContext.clone()
          RenderContext のコピーを作成します。
 Object ParameterBlock.getObjectParameter(int index)
          パラメータをオブジェクトとして取得します。
 Object ContextualRenderedImageFactory.getProperty(ParameterBlock paramBlock, String name)
          名前パラメータで指定されたプロパティーの対応するインスタンスを返します。
 Object RenderableImage.getProperty(String name)
          このイメージのプロパティーセットからプロパティーを返します。
 Object RenderableImageOp.getProperty(String name)
          このイメージのプロパティーセットからプロパティーを返します。
 Object ParameterBlock.getSource(int index)
          ソースを一般的な Object として返します。
 Object ParameterBlock.shallowClone()
          ParameterBlock のシャローコピーを作成します。
 

Object 型の引数を持つ型を返す java.awt.image.renderable のメソッド
 Vector<Object> ParameterBlock.getParameters()
          パラメータの Vector 全体を返します。
 Vector<Object> ParameterBlock.getSources()
          ソースの Vector 全体を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.awt.image.renderable のメソッド
 ParameterBlock ParameterBlock.add(Object obj)
          オブジェクトをパラメータのリストに追加します。
 ParameterBlock ParameterBlock.addSource(Object source)
          イメージをソースのリストの最後に追加します。
 ParameterBlock ParameterBlock.set(Object obj, int index)
          パラメータのリストの Object を置き換えます。
 ParameterBlock ParameterBlock.setSource(Object source, int index)
          ソースのリストのエントリを新しいソースに置き換えます。
 

Object 型の型引数を持つ java.awt.image.renderable のメソッドパラメータ
 void ParameterBlock.setParameters(Vector<Object> parameters)
          指定された Vector にパラメータの Vector 全体を設定します。
 void ParameterBlock.setSources(Vector<Object> sources)
          指定された Vector にソースの Vector 全体を設定します。
 

Object 型の型引数を持つ java.awt.image.renderable のコンストラクタパラメータ
ParameterBlock(Vector<Object> sources)
          指定されたソースの Vector を使って ParameterBlock を構築します。
ParameterBlock(Vector<Object> sources, Vector<Object> parameters)
          指定されたソースの Vector およびパラメータの Vector を使って ParameterBlock を構築します。
ParameterBlock(Vector<Object> sources, Vector<Object> parameters)
          指定されたソースの Vector およびパラメータの Vector を使って ParameterBlock を構築します。
 

java.awt.print での Object の使用
 

java.awt.print での Object のサブクラス
 class Book
          Book クラスは、異なるページ書式やページペインタを持つドキュメントを表現します。
 class PageFormat
          PageFormat クラスは、印刷されるページのサイズと印刷方向を記述します。
 class Paper
          Paper クラスは、用紙の物理的な性質を記述します。
 class PrinterAbortException
          PrinterAbortException クラスは PrinterException のサブクラスで、印刷中であったユーザーまたはアプリケーションの印刷ジョブが終了したことを示すために使用します。
 class PrinterException
          PrinterException クラスおよびそのサブクラスは、印刷システムで例外状況が発生したことを示すために使用します。
 class PrinterIOException
          PrinterIOException クラスは PrinterException のサブクラスで、印刷中になんらかの IO エラーが発生したことを示すために使用されます。
 class PrinterJob
          PrinterJob クラスは、印刷を制御する主要なクラスです。
 

Object を返す java.awt.print のメソッド
 Object PageFormat.clone()
          この PageFormat のコピーを同じ内容で作成します。
 Object Paper.clone()
          この Paper のコピーを同じ内容で作成します。
 

java.beans での Object の使用
 

java.beans での Object のサブクラス
 class BeanDescriptor
          BeanDescriptor は、Bean の Java クラスや displayName など、Bean に関するグローバル情報を提供します。
 class Beans
          このクラスは、いくつかの多目的 Bean 制御メソッドを提供します。
 class DefaultPersistenceDelegate
          DefaultPersistenceDelegate は、 abstract クラス PersistenceDelegate の具象実装であり、情報の得られないクラスがデフォルトで使用する委譲です。
 class Encoder
          Encoder クラスは、公開 API に関して複数の JavaBeans の状態をエンコードするファイルまたはストリームを作成する際に使用できます。
 class EventHandler
          EventHandler クラスは、受信イベントオブジェクトとターゲットオブジェクトを含んだ単純な文を実行するメソッドを持つ、イベントリスナーの動的生成をサポートします。
 class EventSetDescriptor
          EventSetDescriptor は、指定された JavaBean がトリガーするイベントのグループを記述します。
 class Expression
          Expression オブジェクトは、ターゲットと複数の引数に単一のメソッドを適用することにより、単一の戻り値 ("a.getFoo()" の場合と同様) を得ることができるプリミティブ式です。
 class FeatureDescriptor
          FeatureDescriptor クラスは、PropertyDescriptor、EventSetDescriptor、MethodDescriptor などの共通基底クラスです。
 class IndexedPropertyChangeEvent
          JavaBeans 仕様に準拠したコンポーネント (Bean) がバウンドインデックス付きプロパティーを変更するたびに、IndexedPropertyChange イベントが送信されます。
 class IndexedPropertyDescriptor
          IndexPropertyDescriptor は、配列と同様の機能を持つプロパティーを記述するとともに、配列内の特定の要素へのアクセスに使用するインデックス付きの読み込みメソッドや書き込みメソッドを備えています。
 class IntrospectionException
          イントロスペクション中に例外が発生した場合にスローされます。
 class Introspector
          Introspector クラスは、ツールに対して、ターゲット Java Bean がサポートするプロパティー、イベント、メソッドを調べる標準的な手法を提供します。
 class MethodDescriptor
          MethodDescriptor は、その他のコンポーネントからの外部アクセスのために Java Bean でサポートされる特定のメソッドを記述します。
 class ParameterDescriptor
          ParameterDescriptor クラスでは、Bean の実装者が各自のパラメータのそれぞれについて、java.lang.reflect.Method クラスで提供される低レベルの型情報だけでなく、追加情報を提供できます。
 class PersistenceDelegate
          PersistenceDeligate クラスは、クラスの公開 API に含まれるメソッドによって、指定されたクラスのインスタンスの状態を表現します。
 class PropertyChangeEvent
          PropertyChange イベントは、Bean が「バウンド」プロパティーまたは「制約」プロパティーを変更するたびに送信されます。
 class PropertyChangeListenerProxy
          名前を指定された PropertyChangeListener を追加する目的で EventListenerProxy を拡張するクラスです。
 class PropertyChangeSupport
          バウンドプロパティーをサポートする Bean で使用できるユーティリティークラスです。
 class PropertyDescriptor
          PropertyDescriptor は、Java Bean が一対のアクセス用メソッドを使ってエクスポートする単一のプロパティーを記述します。
 class PropertyEditorManager
          PropertyEditorManager は、指定された型名のプロパティーエディタを見つけるために使用できます。
 class PropertyEditorSupport
          プロパティーエディタを構築するためのサポートクラスです。
 class PropertyVetoException
          PropertyVetoException は、プロパティーに対して推奨される変更が受け入れられない値である場合にスローされます。
 class SimpleBeanInfo
          ユーザーが BeanInfo クラスを提供しやすくなるようにするサポートクラスです。
 class Statement
          Statement オブジェクトは、"a.setFoo(b)" のように、ターゲットと一連の引数に単一のメソッドが適用されるプリミティブな文を表します。
 class VetoableChangeListenerProxy
          VetoableChangeListener を制約プロパティーと関連付ける目的で EventListenerProxy を拡張するクラスです。
 class VetoableChangeSupport
          制約プロパティーをサポートする Bean で使用できるユーティリティークラスです。
 class XMLDecoder
          XMLDecoder クラスは、XMLEncoder で作成された XML 文書の読み込みに使用できるほか、ObjectInputStream と同様の働きも備えています。
 class XMLEncoder
          XMLEncoder クラスは ObjectOutputStream の補足的な代替クラスであり、ObjectOutputStreamSerializable オブジェクトのバイナリ表現を生成する場合と同様にして JavaBean のテキスト表現を生成します。
 

Object を返す java.beans のメソッド
 Object Encoder.get(Object oldInstance)
          このストリームによって作成された、その環境における oldInstance の試験値を返します。
 Object[] Statement.getArguments()
          この文の引数を返します。
static Object Beans.getInstanceOf(Object bean, Class<?> targetType)
          指定された Bean から、そのソースオブジェクトの指定されたタイプのビューを表すオブジェクトを取得します。
 Object PropertyChangeEvent.getNewValue()
          プロパティーの変更後の値 (Object で表される) を取得します。
 Object PropertyChangeEvent.getOldValue()
          プロパティーの変更前の値 (Object で表される) を取得します。
 Object XMLDecoder.getOwner()
          このデコーダの所有者を取得します。
 Object XMLEncoder.getOwner()
          このエンコーダの所有者を取得します。
 Object PropertyChangeEvent.getPropagationId()
          propagationId フィールドは、今後使用するために予約されています。
 Object PropertyEditorSupport.getSource()
          イベントのソースとして使用される Bean を返します。
 Object EventHandler.getTarget()
          このイベントハンドラがメッセージの送信先とするオブジェクトを返します。
 Object Statement.getTarget()
          この文のターゲットを返します。
 Object Expression.getValue()
          このインスタンスの value プロパティーがまだ設定されていない場合、このメソッドは引数を使って、ターゲット上の指定された methodName からメソッドを動的に検索し、呼び出します。
 Object PropertyEditor.getValue()
          プロパティーの値を取得します。
 Object PropertyEditorSupport.getValue()
          プロパティーの値を取得します。
 Object FeatureDescriptor.getValue(String attributeName)
          この機能を使用して名前付きの属性を取得します。
static Object Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName)
           Bean のインスタンスを生成します。
static Object Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext)
           Bean のインスタンスを生成します。
static Object Beans.instantiate(ClassLoader cls, String beanName, BeanContext beanContext, AppletInitializer initializer)
          Bean のインスタンスを生成します。
 Object EventHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] arguments)
          イベントから適切なプロパティー値を抽出し、この EventHandler に関連付けられているアクションに渡します。
 Object XMLDecoder.readObject()
          基本となる入力ストリームから次のオブジェクトを読み込みます。
 Object Encoder.remove(Object oldInstance)
          このインスタンスのエントリを削除し、古いエントリを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans のメソッド
static
<T> T
EventHandler.create(Class<T> listenerInterface, Object target, String action)
          リスナーインタフェース内のすべてのメソッドがハンドラの actiontarget に適用するための listenerInterface 実装を作成します。
static
<T> T
EventHandler.create(Class<T> listenerInterface, Object target, String action, String eventPropertyName)
          /** すべてのメソッドから、イベント式 eventPropertyName の値を文中の最後のメソッドである action (target に適用される) に渡すための listenerInterface 実装を作成します。
static
<T> T
EventHandler.create(Class<T> listenerInterface, Object target, String action, String eventPropertyName, String listenerMethodName)
          /** listenerMethodName という名前のメソッドから、イベント式の値 eventPropertyName を文中の最後のメソッド action (target に適用される) に渡すための listenerInterface 実装を作成します。
 PropertyEditor PropertyDescriptor.createPropertyEditor(Object bean)
          現在のプロパティーエディタクラスを使用してプロパティーエディタのインスタンスを構築します。
 boolean IndexedPropertyDescriptor.equals(Object obj)
          PropertyDescriptor を指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean PropertyDescriptor.equals(Object obj)
          PropertyDescriptor を指定されたオブジェクトと比較します。
 void PropertyChangeSupport.fireIndexedPropertyChange(String propertyName, int index, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているすべてのリスナーにバウンドインデックス付きプロパティーの更新を通知します。
 void PropertyChangeSupport.firePropertyChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているすべてのリスナーにバウンドプロパティーの更新を通知します。
 void VetoableChangeSupport.fireVetoableChange(String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているすべてのリスナーに拒否可能プロパティーの更新を通知します。
 Object Encoder.get(Object oldInstance)
          このストリームによって作成された、その環境における oldInstance の試験値を返します。
static Object Beans.getInstanceOf(Object bean, Class<?> targetType)
          指定された Bean から、そのソースオブジェクトの指定されたタイプのビューを表すオブジェクトを取得します。
protected  void DefaultPersistenceDelegate.initialize(Class<?> type, Object oldInstance, Object newInstance, Encoder out)
          この initialize メソッドのデフォルト実装は、Introspector によって返される順番で設定メソッドと取得メソッドの照合を行うことにより、この型のオブジェクトの状態がすべて公開された状態にします。
protected  void PersistenceDelegate.initialize(Class<?> type, Object oldInstance, Object newInstance, Encoder out)
          newInstance に対して、新しいインスタンスが oldInstance と「等価」になるという副作用を及ぼす一連の文を生成します。
protected  Expression DefaultPersistenceDelegate.instantiate(Object oldInstance, Encoder out)
          この instantiate メソッドのデフォルト実装は、事前定義済みのメソッド名「new」を含む式 (DefaultPersistenceDelegate のコンストラクタに指定されたように引数を使ってコンストラクタを呼び出す) を返します。
protected abstract  Expression PersistenceDelegate.instantiate(Object oldInstance, Encoder out)
          値 oldInstance を持つ式を返します。
 Object EventHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] arguments)
          イベントから適切なプロパティー値を抽出し、この EventHandler に関連付けられているアクションに渡します。
 Object EventHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] arguments)
          イベントから適切なプロパティー値を抽出し、この EventHandler に関連付けられているアクションに渡します。
static boolean Beans.isInstanceOf(Object bean, Class<?> targetType)
          Bean が、指定されたタイプのターゲットとして表示できるかどうかを判定します。
protected  boolean DefaultPersistenceDelegate.mutatesTo(Object oldInstance, Object newInstance)
          指定されたコンストラクタ内の引数の数がゼロ以外で、oldInstance クラスが明示的に equals メソッドを宣言している場合、このメソッドの戻り値は oldInstance.equals(newInstance) になります。
protected  boolean PersistenceDelegate.mutatesTo(Object oldInstance, Object newInstance)
          newInstance に一連の文を適用することにより oldInstance と等価のコピーを作成できる場合は true を返します。
 Object Encoder.remove(Object oldInstance)
          このインスタンスのエントリを削除し、古いエントリを返します。
 void Customizer.setObject(Object bean)
          カスタマイズするオブジェクトを設定します。
 void XMLDecoder.setOwner(Object owner)
          このデコーダの所有者を owner に設定します。
 void XMLEncoder.setOwner(Object owner)
          このエンコーダの所有者を owner に設定します。
 void PropertyChangeEvent.setPropagationId(Object propagationId)
          イベントの propagationId オブジェクトを設定します。
 void PropertyEditorSupport.setSource(Object source)
          ソース Bean を設定します。
 void Expression.setValue(Object value)
          この式の値を value にします。
 void PropertyEditor.setValue(Object value)
          編集するオブジェクトを設定または変更します。
 void PropertyEditorSupport.setValue(Object value)
          編集するオブジェクトを設定または変更します。
 void FeatureDescriptor.setValue(String attributeName, Object value)
          名前付きの属性をこの機能と関連付けます。
protected  void Encoder.writeObject(Object o)
          指定されたオブジェクトを出力ストリームに書き込みます。
 void XMLEncoder.writeObject(Object o)
          指定されたオブジェクトの XML 表現を出力に書き込みます。
 void PersistenceDelegate.writeObject(Object oldInstance, Encoder out)
          writeObject は、持続性を実現する唯一の手段として、Encoder により、従来の委譲モードで使用されます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans のコンストラクタ
EventHandler(Object target, String action, String eventPropertyName, String listenerMethodName)
          新しい EventHandler オブジェクトを作成します (このコンストラクタを直接呼び出すのではなく create メソッドを使用するのが一般的)。
Expression(Object value, Object target, String methodName, Object[] arguments)
          単一の結果を返すメソッドの新しい Expression オブジェクトを作成します。
Expression(Object value, Object target, String methodName, Object[] arguments)
          単一の結果を返すメソッドの新しい Expression オブジェクトを作成します。
Expression(Object target, String methodName, Object[] arguments)
          パラメータの指定に従って、targetmethodName、および arguments を持つ新しい Statement オブジェクトを作成します。
Expression(Object target, String methodName, Object[] arguments)
          パラメータの指定に従って、targetmethodName、および arguments を持つ新しい Statement オブジェクトを作成します。
IndexedPropertyChangeEvent(Object source, String propertyName, Object oldValue, Object newValue, int index)
          新しい IndexedPropertyChangeEvent オブジェクトを構築します。
PropertyChangeEvent(Object source, String propertyName, Object oldValue, Object newValue)
          新しい PropertyChangeEvent を構築します。
PropertyChangeSupport(Object sourceBean)
          PropertyChangeSupport オブジェクトを構築します。
PropertyEditorSupport(Object source)
          PropertyEditorSupport オブジェクトを構築します。
Statement(Object target, String methodName, Object[] arguments)
          パラメータの指定に従って、targetmethodName、および arguments を持つ新しい Statement オブジェクトを作成します。
Statement(Object target, String methodName, Object[] arguments)
          パラメータの指定に従って、targetmethodName、および arguments を持つ新しい Statement オブジェクトを作成します。
VetoableChangeSupport(Object sourceBean)
          VetoableChangeSupport オブジェクトを構築します。
XMLDecoder(InputStream in, Object owner)
          XMLEncoder クラスで作成されたアーカイブを読み取るための新しい入力ストリームを作成します。
XMLDecoder(InputStream in, Object owner, ExceptionListener exceptionListener)
          XMLEncoder クラスで作成されたアーカイブを読み取るための新しい入力ストリームを作成します。
XMLDecoder(InputStream in, Object owner, ExceptionListener exceptionListener, ClassLoader cl)
          XMLEncoder クラスで作成されたアーカイブを読み取るための新しい入力ストリームを作成します。
 

java.beans.beancontext での Object の使用
 

java.beans.beancontext での Object のサブクラス
 class BeanContextChildSupport
           BeanContextChild プロトコルの実装をサポートするための一般的なサポートクラスです。
 class BeanContextEvent
           BeanContextEvent は、BeanContext から発行されたイベント、および BeanContext のセマンティクスに関連するイベントすべての抽象ルートイベントクラスです。
 class BeanContextMembershipEvent
          BeanContextMembershipEvent は、特定の BeanContext のメンバーに追加された子、または削除された子のリストをカプセル化します。
 class BeanContextServiceAvailableEvent
           このイベントタイプは、登録されているサービスを識別するために BeanContextServicesListener によって使用されます。
 class BeanContextServiceRevokedEvent
           このイベント型は、無効になるサービスを識別するために BeanContextServiceRevokedListener によって使用されます。
 class BeanContextServicesSupport
           このヘルパークラスは、java.beans.beancontext.BeanContextServices インタフェースのユーティリティーの実装を提供します。
protected  class BeanContextServicesSupport.BCSSChild
           
protected  class BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider
           
protected static class BeanContextServicesSupport.BCSSServiceProvider
          サブクラスは、この入れ子構造のクラスをサブクラス化して、各 BeanContextServicesProvider の動作を追加できます。
 class BeanContextSupport
          このヘルパークラスは、java.beans.beancontext.BeanContext インタフェースのユーティリティーの実装を提供します。
protected  class BeanContextSupport.BCSChild
           
protected static class BeanContextSupport.BCSIterator
          protected final サブクラス。
 

Object として宣言されている java.beans.beancontext のフィールド
static Object BeanContext.globalHierarchyLock
          BeanContextBeanContextServices の両方の実装で使用されるグローバルロックです。
 

Object を返す java.beans.beancontext のメソッド
protected  Object[] BeanContextSupport.copyChildren()
          この BeanContext の子のコピーを取得します。
 Object BeanContextServices.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          BeanContextChild、または BeanContextChild に関連した任意のオブジェクトは、このメソッドを呼び出すことによって、入れ子になっている BeanContextServices から現在登録されているサービスへの参照を取得できます。
 Object BeanContextServicesSupport.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          サービスを取得します。
 Object BeanContextServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
          BeanContextServices によって呼び出されます。
 Object BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
           
 Object BeanContext.instantiateChild(String beanName)
          この BeanContext の子として指定された JavaBean のインスタンスを生成します。
 Object BeanContextSupport.instantiateChild(String beanName)
           instantiateChild メソッドは、Bean を入れ子にして BeanContext にインスタンスを生成する処理を単純化する BeanContext の簡易フックです。
 Object BeanContextSupport.BCSIterator.next()
           
 Object[] BeanContextMembershipEvent.toArray()
          このイベントによって影響を受ける子の配列を取得します。
 Object[] BeanContextSupport.toArray()
          この BeanContext で入れ子になった JavaBean または BeanContext のインスタンスをすべて取得します。
 Object[] BeanContextSupport.toArray(Object[] arry)
          この配列内にある型と一致する BeanContext のすべての子を含む配列を取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans.beancontext のメソッド
 boolean BeanContextSupport.add(Object targetChild)
          この BeanContext 内に子を追加、すなわち入れ子にします。
protected  void BeanContextSupport.childDeserializedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          新しく直列化復元された子および BCSChild を使って readObject によって呼び出されます。
protected  void BeanContextSupport.childJustAddedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、子が追加されて、イベント通知が発生する前に、簡単に add() セマンティクスを拡張できます。
protected  void BeanContextServicesSupport.childJustRemovedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          子が正常に削除されたあとで、スーパークラスの子削除操作から呼び出されます。
protected  void BeanContextSupport.childJustRemovedHook(Object child, BeanContextSupport.BCSChild bcsc)
          サブクラスはこのメソッドをオーバーライドして、子が削除されて、イベント通知が発生する前に、簡単に remove() セマンティクスを拡張できます。
 boolean BeanContextMembershipEvent.contains(Object child)
          指定された子がこのイベントによって影響を受けるかどうかを示します。
 boolean BeanContextSupport.contains(Object o)
          指定されたオブジェクトがこの BeanContext 内にあるかどうかを判定します。
 boolean BeanContextSupport.containsKey(Object o)
          指定されたオブジェクトがこの BeanContext 内にあるかどうかを判定します。
protected  BeanContextSupport.BCSChild BeanContextServicesSupport.createBCSChild(Object targetChild, Object peer)
           サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、セットに子を追加する add() メソッドやほかの Collection メソッドをオーバーライドすることなく、Child の独自のサブクラスを挿入することができます。
protected  BeanContextSupport.BCSChild BeanContextSupport.createBCSChild(Object targetChild, Object peer)
           サブクラスはこのメソッドをオーバーライドすることにより、セットに子を追加する add() メソッドやほかの Collection メソッドをオーバーライドすることなく、Child の独自のサブクラスを挿入することができます。
 void BeanContextChildSupport.firePropertyChange(String name, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているすべてのリスナーにバウンドプロパティーの更新を通知します。
 void BeanContextChildSupport.fireVetoableChange(String name, Object oldValue, Object newValue)
          登録されているすべてのリスナーに拒否可能プロパティーの更新を通知します。
protected static BeanContextChild BeanContextSupport.getChildBeanContextChild(Object child)
          指定された子の BeanContextChild (存在する場合) を取得します。
protected static BeanContextMembershipListener BeanContextSupport.getChildBeanContextMembershipListener(Object child)
          指定された子の BeanContextMembershipListener (存在する場合) を取得します。
protected static BeanContextServicesListener BeanContextServicesSupport.getChildBeanContextServicesListener(Object child)
          指定された子の BeanContextServicesListener (存在する場合) を取得します。
protected static PropertyChangeListener BeanContextSupport.getChildPropertyChangeListener(Object child)
          指定された子の PropertyChangeListener (存在する場合) を取得します。
protected static Serializable BeanContextSupport.getChildSerializable(Object child)
          指定された Child に関連した Serializable (存在する場合) を取得します。
protected static VetoableChangeListener BeanContextSupport.getChildVetoableChangeListener(Object child)
          指定された子の VetoableChangeListener (存在する場合) を取得します。
protected static Visibility BeanContextSupport.getChildVisibility(Object child)
          指定された子に関連した Component (存在する場合) を取得します。
 Object BeanContextServices.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          BeanContextChild、または BeanContextChild に関連した任意のオブジェクトは、このメソッドを呼び出すことによって、入れ子になっている BeanContextServices から現在登録されているサービスへの参照を取得できます。
 Object BeanContextServicesSupport.getService(BeanContextChild child, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector, BeanContextServiceRevokedListener bcsrl)
          サービスを取得します。
 Object BeanContextServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
          BeanContextServices によって呼び出されます。
 Object BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider.getService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Class serviceClass, Object serviceSelector)
           
 void BeanContextServices.releaseService(BeanContextChild child, Object requestor, Object service)
          基本的な BeanContextServiceProvider の releaseService() を呼び出すことによって、BeanContextChild (または BeanContextChild に関連した任意のオブジェクト) の、指定されたサービスへの参照を解放します。
 void BeanContextServicesSupport.releaseService(BeanContextChild child, Object requestor, Object service)
          サービスを解放します。
 void BeanContextServiceProvider.releaseService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Object service)
          BeanContextServices によって呼出されます。
 void BeanContextServicesSupport.BCSSProxyServiceProvider.releaseService(BeanContextServices bcs, Object requestor, Object service)
           
 boolean BeanContextSupport.remove(Object targetChild)
          この BeanContext から子を削除します。
protected  boolean BeanContextSupport.remove(Object targetChild, boolean callChildSetBC)
          予期しない setBeanContext あるいは remove() 呼び出しで削除される場合、内部削除が使用されます。
 Object[] BeanContextSupport.toArray(Object[] arry)
          この配列内にある型と一致する BeanContext のすべての子を含む配列を取得します。
protected  boolean BeanContextSupport.validatePendingAdd(Object targetChild)
           このクラスのサブクラスはこのメソッドをオーバーライドまたは包括して、BeanContext に追加される直前に、BeanContext が子オブジェクトを調べるための検証動作を追加できます。
protected  boolean BeanContextSupport.validatePendingRemove(Object targetChild)
           このクラスのサブクラスはこのメソッドをオーバーライドまたは包括して、BeanContext から削除される直前に、BeanContext が子オブジェクトを調べるための検証動作を追加できます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.beans.beancontext のコンストラクタ
BeanContextMembershipEvent(BeanContext bc, Object[] changes)
          BeanContextMembershipEvent を構築します。
 

java.io での Object の使用
 

java.io での Object のサブクラス
 class BufferedInputStream
          ほかの入力ストリームに機能、特に入力をバッファーに格納する機能と mark メソッドと reset メソッドをサポートする機能を追加します。
 class BufferedOutputStream
          バッファリングされた出力ストリームを実装します。
 class BufferedReader
          文字、配列、行をバッファリングすることによって、文字型入力ストリームからテキストを効率良く読み込みます。
 class BufferedWriter
          文字をバッファリングすることによって、文字、配列、または文字列を効率良く文字型出力ストリームに書き込みます。
 class ByteArrayInputStream
          ByteArrayInputStream は、ストリームから読み込まれたバイトを格納する内部バッファーを保持しています。
 class ByteArrayOutputStream
          データがバイト配列に書き込まれる出力ストリームを実装します。
 class CharArrayReader
          文字入力ストリームとして使用する文字バッファーを実装します。
 class CharArrayWriter
          Writer として使用する文字バッファーを実装します。
 class CharConversionException
          文字変換で発生する例外の基底クラスです。
 class Console
          現在の Java 仮想マシンに関連付けられた文字ベースのコンソールデバイスがある場合に、そのコンソールデバイスにアクセスするためのメソッドです。
 class DataInputStream
          データ入力ストリームにより、アプリケーションは、プリミティブ型の Java データを基本となる入力ストリームからマシンに依存せずに読み込むことができます。
 class DataOutputStream
          データ出力ストリームを使うと、アプリケーションはプリミティブ型の Java データを移植性のある形で出力ストリームに書き込むことができます。
 class EOFException
          入力の途中で、予想外のファイルの終了、または予想外のストリームの終了があったことを表すシグナルです。
 class File
          ファイルおよびディレクトリのパス名の抽象表現です。
 class FileDescriptor
          ファイル記述子クラスのインスタンスは、開いたファイル、開いたソケット、またはバイトの別のソース (シンク) を表す、基本となるマシン固有の構造への不透明なハンドルとして機能します。
 class FileInputStream
          FileInputStream は、ファイルシステムから入力バイトを取得します。
 class FileNotFoundException
          指定されたパス名で示されるファイルが開けなかったことを通知します。
 class FileOutputStream
          ファイル出力ストリームは、File または FileDescriptor にデータを書き込むための出力ストリームです。
 class FilePermission
          このクラスは、ファイルまたはディレクトリへのアクセスを表します。
 class FileReader
          文字ファイルを読み込むための簡易クラスです。
 class FileWriter
          文字ファイルを書き込むための簡易クラスです。
 class FilterInputStream
          FilterInputStream は、データの基本的なソースとして使用するためのその他の入力ストリームを格納します。
 class FilterOutputStream
          このクラスは、出力ストリームをフィルタ処理するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class FilterReader
          フィルタ処理された文字列ストリームを読み込むための抽象クラスです。
 class FilterWriter
          フィルタ処理された文字ストリームのための抽象クラスです。
 class InputStream
          この抽象クラスは、バイト入力ストリームを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class InputStreamReader
          InputStreamReader はバイトストリームから文字ストリームへの橋渡しの役目を持ちます。
 class InterruptedIOException
          入出力処理で割り込みが発生したことを通知するシグナルを発生させます。
 class InvalidClassException
          直列化ランタイムが、クラスについて次の問題のどれかを検出したときにスローされます。
 class InvalidObjectException
          1 つ以上の直列化復元オブジェクトが検証をパスしなかったことを示します。
 class IOError
          重大な入出力エラーが発生したときにスローされます。
 class IOException
          なんらかの入出力例外の発生を通知するシグナルを発生させます。
 class LineNumberInputStream
          推奨されていません。 このクラスは、文字がバイトによって適切に表現されるという誤った認識を前提としています。JDK 1.1 以降、文字ストリームの処理には、行番号をカウントするためのクラスが含まれている新しい文字ストリームクラスを使用するのが適切です。
 class LineNumberReader
          行番号を追跡して管理する、バッファリングされた文字入力ストリームです。
 class NotActiveException
          直列化または直列化復元がアクティブではない場合にスローされます。
 class NotSerializableException
          インスタンスが直列化可能インタフェースを持つ必要がある場合にスローされます。
 class ObjectInputStream
          事前に ObjectOutputStream を使って作成されたプリミティブデータとプリミティブオブジェクトを直列化復元します。
static class ObjectInputStream.GetField
          入力ストリームから読み込まれた持続フィールドへのアクセスを提供します。
 class ObjectOutputStream
          ObjectOutputStream は、基本データ型と Java オブジェクトのグラフを OutputStream に書き込みます。
static class ObjectOutputStream.PutField
          ObjectOutput に書き込まれる持続フィールドへのプログラムによるアクセスを提供します。
 class ObjectStreamClass
          クラスの直列化の記述子です。
 class ObjectStreamException
          オブジェクトストリームクラスに固有の例外すべてのスーパークラスです。
 class ObjectStreamField
          直列化可能クラスからの直列化可能フィールドの記述です。
 class OptionalDataException
          プリミティブデータが読み込まれていないか、またはデータの終わりがストリーム内の直列化オブジェクトにあるため、オブジェクトの読み込み操作が失敗したことを示す例外です。
 class OutputStream
          この abstract クラスは、バイト出力ストリームを表現するすべてのクラスのスーパークラスです。
 class OutputStreamWriter
          OutputStreamWriter は、文字ストリームからバイトストリームへの橋渡しの役目を持ちます。
 class PipedInputStream
          パイプで連結された入力ストリームは、パイプで連結された出力ストリームに接続するようにします。
 class PipedOutputStream
          パイプで連結された出力ストリームをパイプで連結された入力ストリームに接続することで、通信パイプを作成することができます。
 class PipedReader
          パイプによる文字入力ストリームです。
 class PipedWriter
          パイプによる文字出力ストリームです。
 class PrintStream
          PrintStream は、ほかの出力ストリームに機能を追加します。
 class PrintWriter
          オブジェクトの書式付き表現をテキスト出力ストリームに出力します。
 class PushbackInputStream
          PushbackInputStream は、ほかの入力ストリームに機能を追加します。
 class PushbackReader
          文字をストリームにプッシュバックできる文字ストリームリーダーです。
 class RandomAccessFile
          このクラスのインスタンスは、ランダムアクセスファイルに対する読み取りと書き込みの両方をサポートします。
 class Reader
          文字ストリームを読み込むための abstract クラスです。
 class SequenceInputStream
          SequenceInputStream は、ほかの入力ストリームを論理的に連結したものを表します。
 class SerializablePermission
          直列化可能アクセス権のためのクラスです。
 class StreamCorruptedException
          オブジェクトストリームから読み込まれた制御情報が、内部整合性検査に違反していた場合にスローされます。
 class StreamTokenizer
          StreamTokenizer クラスは、入力ストリームを引数に取り、それを「トークン」に構文解析し、一度に 1 つのトークンを読めるようにします。
 class StringBufferInputStream
          推奨されていません。 このクラスでは、文字からバイトへの変換が正しく行われません。JDK 1.1 以降は、文字列からストリームを作成するには、StringReader クラスを使用するのが適切です。
 class StringReader
          ソースが文字列の文字ストリームです。
 class StringWriter
          出力を文字列バッファーに集める文字ストリームです。
 class SyncFailedException
          同期 (sync) オペレーションが失敗したことを通知します。
 class UnsupportedEncodingException
          文字のエンコーディングがサポートされていません。
 class UTFDataFormatException
          不正な構造を持つ修正 UTF-8 形式の文字列が、データ入力ストリーム内に読み込まれたか、またはデータ入力インタフェースを実装するクラスによって読み込まれたことを示します。
 class WriteAbortedException
          書き込み時に ObjectStreamExceptions の 1 つがスローされたことを通知します。
 class Writer
          文字ストリームに書き込むための abstract クラスです。
 

Object として宣言されている java.io のフィールド
protected  Object Reader.lock
          このストリームに対する処理の同期に使用するオブジェクトです。
protected  Object Writer.lock
          このストリームに対する処理の同期に使用するオブジェクトです。
 

Object を返す java.io のメソッド
abstract  Object ObjectInputStream.GetField.get(String name, Object val)
          名前で指定された Object フィールドの値を持続フィールドから取得します。
 Object ObjectInput.readObject()
          オブジェクトを読み込み、それを返します。
 Object ObjectInputStream.readObject()
          ObjectInputStream からオブジェクトを読み込みます。
protected  Object ObjectInputStream.readObjectOverride()
          このメソッドは、引数なしの protected コンストラクタを使用して、ObjectOutputStream を構築した ObjectOutputStream の信頼できるサブクラスによって呼び出されます。
 Object ObjectInputStream.readUnshared()
          ObjectInputStream から「共有されない」オブジェクトを読み込みます。
protected  Object ObjectOutputStream.replaceObject(Object obj)
          このメソッドは、直列化の際に、ObjectOutputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
protected  Object ObjectInputStream.resolveObject(Object obj)
          このメソッドは、直列化復元の際に、ObjectInputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
 

Object 型のパラメータを持つ java.io のメソッド
 int ObjectStreamField.compareTo(Object obj)
          このフィールドを別の ObjectStreamField と比較します。
 boolean File.equals(Object obj)
          この抽象パス名が指定されたオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 boolean FilePermission.equals(Object obj)
          2 つの FilePermission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 PrintStream PrintStream.format(Locale l, String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
 PrintWriter PrintWriter.format(Locale l, String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのライターに書き込みます。
 Console Console.format(String fmt, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのコンソールの出力ストリームに書き込みます。
 PrintStream PrintStream.format(String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこの出力ストリームの宛先に書き込みます。
 PrintWriter PrintWriter.format(String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのライターに書き込みます。
abstract  Object ObjectInputStream.GetField.get(String name, Object val)
          名前で指定された Object フィールドの値を持続フィールドから取得します。
 void PrintStream.print(Object obj)
          オブジェクトを出力します。
 void PrintWriter.print(Object obj)
          オブジェクトを出力します。
 PrintStream PrintStream.printf(Locale l, String format, Object... args)
          書式付き文字列を、指定された書式文字列と引数を使用し、この出力ストリームに書き込む便利な方法です。
 PrintWriter PrintWriter.printf(Locale l, String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのライターに書き込む簡易メソッドです。
 Console Console.printf(String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのコンソールの出力ストリームに書き込む簡易メソッドです。
 PrintStream PrintStream.printf(String format, Object... args)
          書式付き文字列を、指定された書式文字列と引数を使用し、この出力ストリームに書き込む便利な方法です。
 PrintWriter PrintWriter.printf(String format, Object... args)
          指定された書式文字列および引数を使用して、書式付き文字列をこのライターに書き込む簡易メソッドです。
 void PrintStream.println(Object x)
          Object を出力して、行を終了します。
 void PrintWriter.println(Object x)
          Object を出力し、行を終了させます。
abstract  void ObjectOutputStream.PutField.put(String name, Object val)
          名前で指定された Object フィールドの値を持続フィールドに格納します。
 String Console.readLine(String fmt, Object... args)
          書式設定されたプロンプトを提供し、次にコンソールから単一行のテキストを読み込みます。
 char[] Console.readPassword(String fmt, Object... args)
          書式設定されたプロンプトを提供し、次にエコーを無効にしたコンソールからパスワードまたはパスフレーズを読み込みます。
protected  Object ObjectOutputStream.replaceObject(Object obj)
          このメソッドは、直列化の際に、ObjectOutputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
protected  Object ObjectInputStream.resolveObject(Object obj)
          このメソッドは、直列化復元の際に、ObjectInputStream の信頼できるサブクラスが、あるオブジェクトをほかのオブジェクトに置換できるようにします。
 void ObjectOutput.writeObject(Object obj)
          基本となる記憶域またはストリームにオブジェクトを書き込みます。
 void ObjectOutputStream.writeObject(Object obj)
          指定されたオブジェクトを ObjectOutputStream に書き込みます。
protected  void ObjectOutputStream.writeObjectOverride(Object obj)
          サブクラスがデフォルトの writeObject メソッドをオーバーライドするために使用するメソッドです。
 void ObjectOutputStream.writeUnshared(Object obj)
          ObjectOutputStream に「共有されない」オブジェクトを書き込みます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.io のコンストラクタ
Reader(Object lock)
          指定されたオブジェクトでクリティカルセクションが同期する文字ストリームリーダーを新しく作成します。
Writer(Object lock)
          指定されたオブジェクトでクリティカルセクションが同期する文字ストリームライターを新しく作成します。
 

java.lang での Object の使用
 

java.lang での Object のサブクラス
 class AbstractMethodError
          アプリケーションが abstract メソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
 class ArithmeticException
          算術計算で例外的条件が発生した場合にスローされます。
 class ArrayIndexOutOfBoundsException
          不正なインデックスを使って配列がアクセスされたことを示すためにスローされます。
 class ArrayStoreException
          不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたことを示すためにスローされます。
 class AssertionError
          宣言が失敗したことを示すためにスローされます。
 class Boolean
          Boolean クラスは、プリミティブ型 boolean の値をオブジェクトにラップします。
 class Byte
          Byte クラスは、プリミティブ型 byte の値をオブジェクト内にラップします。
 class Character
          Character クラスは、プリミティブ型 char の値をオブジェクトにラップします。
static class Character.Subset
          このクラスのインスタンスは、Unicode 文字セットの特定のサブセットを表します。
static class Character.UnicodeBlock
          Unicode 仕様で定義されている文字ブロックを表す文字サブセットのファミリ。
 class Class<T>
          Class クラスのインスタンスは、実行中の Java アプリケーションのクラスおよびインタフェースを表します。
 class ClassCastException
          あるオブジェクトを継承関係にないクラスにキャストしようとしたことを示すためにスローされます。
 class ClassCircularityError
          クラスの初期化時にループが見つかった場合にスローされます。
 class ClassFormatError
          Java Virtual Machine がクラスファイルを読み込もうとして、ファイルが壊れていると判断した場合、またはクラスファイルとして解釈できない場合にスローされます。
 class ClassLoader
          クラスローダーは、クラスのロードを担当するオブジェクトです。
 class ClassNotFoundException
          アプリケーションが、クラスの文字列名を使用して次のメソッドでロードしようとしたが、指定された名前のクラスの定義が見つからなかった場合にスローされます。
 class CloneNotSupportedException
          オブジェクトを複製するために Object クラスの clone メソッドが呼び出されたが、そのオブジェクトのクラスが Cloneable インタフェースを実装していないことを示すためにスローされます。
 class Compiler
          Compiler クラスは、Java からネイティブコードへのコンパイラおよび関連サービスをサポートします。
 class Double
          Double クラスは、プリミティブ型 double の値をオブジェクトにラップします。
 class Enum<E extends Enum<E>>
          すべての Java 言語列挙型の共通の基底クラスです。
 class EnumConstantNotPresentException
          アプリケーションが名前により enum 定数にアクセスしようとしたときや、指定された名前の定数を持たない enum 型にアクセスしようとしたときにスローされます。
 class Error
          ErrorThrowable のサブクラスで、通常のアプリケーションであればキャッチすべきではない重大な問題を示します。
 class Exception
          Exception クラスとそのサブクラスは、通常のアプリケーションでキャッチされる可能性のある状態を示す Throwable の形式の 1 つです。
 class ExceptionInInitializerError
          static 初期化子で予想外の例外が発生したことを通知します。
 class Float
          Float クラスは、プリミティブ型 float の値をオブジェクト内にラップします。
 class IllegalAccessError
          アクセスできないフィールドへのアクセスや変更、あるいはアクセスできないメソッドの呼び出しをアプリケーションが試みた場合にスローされます。
 class IllegalAccessException
          アプリケーションが、配列以外のインスタンス作成、フィールドの設定または取得、メソッドの呼び出しを試みた場合に、IllegalAccessException がスローされます。
 class IllegalArgumentException
          不正な引数、または不適切な引数をメソッドに渡したことを示すためにスローされます。
 class IllegalMonitorStateException
          所定のモニターを持たないスレッドがオブジェクトのモニターで待つことを試みたこと、あるいはほかのスレッドが所定のモニターを持たずにオブジェクトのモニターで待つことを通知したことを示すためにスローされます。
 class IllegalStateException
          不正または不適切なときにメソッドが呼び出されたことを示します。
 class IllegalThreadStateException
          要求されたオペレーションに対してスレッドの状態が不適切であることを示すためにスローされます。
 class IncompatibleClassChangeError
          クラス定義に互換性のない変更があった場合にスローされます。
 class IndexOutOfBoundsException
          ある種のインデックス (配列、文字列、ベクトルなど) が範囲外であることを示すためにスローされます。
 class InheritableThreadLocal<T>
          このクラスは、親スレッドから子スレッドへの値の継承を提供するために、ThreadLocal を拡張します。
 class InstantiationError
          アプリケーションが Java の new 構文を使って abstract クラスやインタフェースのインスタンスを生成しようとしたときにスローされます。
 class InstantiationException
          アプリケーションが Class クラスの newInstance メソッドを使ってクラスのインスタンスを生成しようとしたときに、指定されたオブジェクトのインスタンスを生成できない場合にスローされます。
 class Integer
          Integer クラスは、プリミティブ型 int の値をオブジェクトにラップします。
 class InternalError
          Java Virtual Machine 内で予期しない内部エラーが発生したことを示すためにスローされます。
 class InterruptedException
          あるスレッドが待ち状態、休止状態、または占有されているとき、アクティビティーの前かその間のいずれかにそのスレッドで割り込みが発生した場合にスローされます。
 class LinkageError
          LinkageError のサブクラスは、あるクラスが別のクラスに依存関係がある場合に、前者のクラスをコンパイルしたあと、後者のクラスへの変更によって互換性が失われたことを示します。
 class Long
          Long クラスは、プリミティブ型 long の値をオブジェクトにラップします。
 class Math
          Math クラスは、指数関数、対数関数、平方根、および三角関数といった基本的な数値処理を実行するためのメソッドを含んでいます。
 class NegativeArraySizeException
          負のサイズを持った配列をアプリケーションが作成しようとした場合にスローされます。
 class NoClassDefFoundError
          通常のメソッド呼び出し、あるいは new 式を使った新しいインスタンスの生成で、Java 仮想マシンまたは ClassLoader インスタンスがクラス定義をロードしようとしたが、クラス定義が見からない場合にスローされます。
 class NoSuchFieldError
          オブジェクトの指定されたフィールドにアプリケーションがアクセス、または変更を試みたとき、オブジェクトにそのフィールドがない場合にスローされます。
 class NoSuchFieldException
          指定された名前のフィールドがクラスにはないことを通知します。
 class NoSuchMethodError
          あるクラスの特定のメソッド (static メソッド、またはインスタンスメソッド) をアプリケーションが呼び出そうとしたとき、すでにそのクラスには呼び出されたメソッドの定義がない場合にスローされます。
 class NoSuchMethodException
          特定のメソッドが見つからない場合にスローされます。
 class NullPointerException
          オブジェクトが必要な場合に、アプリケーションが null を使おうとするとスローされます。
 class Number
          abstract クラス Number は、クラス BigDecimalBigIntegerByteDoubleFloatIntegerLong、および Short のスーパークラスです。
 class NumberFormatException
          アプリケーションが文字列を数値型に変換しようとしたとき、文字列の形式が正しくない場合にスローされます。
 class OutOfMemoryError
          メモリ不足のために Java Virtual Machine がオブジェクトを割り当てることができず、ガベージコレクタによっても使用可能なメモリをこれ以上確保できない場合にスローされます。
 class Package
          Package オブジェクトには、Java パッケージの実装と仕様に関するバージョン情報が含まれます。
 class Process
          ProcessBuilder.start() メソッドと Runtime.exec メソッドは、ネイティブなプロセスを作成し、Process のサブクラスのインスタンスを返します。
 class ProcessBuilder
          このクラスは、オペレーティングシステムのプロセスの作成に使用されます。
 class Runtime
          Java アプリケーションはすべて、Runtime クラスの単一のインスタンスを持ちます。
 class RuntimeException
          RuntimeException は、Java Virtual Machine の通常の処理でスローすることができる各種の例外のスーパークラスです。
 class RuntimePermission
          このクラスは、実行時のアクセス権に関連します。
 class SecurityException
          セキュリティマネージャによってスローされ、セキュリティ違反を示します。
 class SecurityManager
          セキュリティーマネージャーとは、アプリケーションがセキュリティーポリシーを実装できるクラスです。
 class Short
          Short クラスは、プリミティブ型 short の値をオブジェクト内にラップします。
 class StackOverflowError
          アプリケーションでの再帰の回数が多すぎてスタックオーバーフローが起こる場合にスローされます。
 class StackTraceElement
          スタックトレース内の要素で、Throwable.getStackTrace() により返される値。
 class StrictMath
          StrictMath クラスは、指数関数、対数関数、平方根、および三角関数といった基本的な数値処理を実行するためのメソッドを含んでいます。
 class String
          String クラスは文字列を表します。
 class StringBuffer
          スレッドセーフな可変の文字列。
 class StringBuilder
          文字の可変シーケンスです。
 class StringIndexOutOfBoundsException
          String メソッドによりスローされ、インデックスが負または文字列のサイズより大きいことを示します。
 class System
          System クラスには有用なクラスフィールドおよびメソッドがあります。
 class Thread
          「スレッド」とは、プログラム内での実行スレッドのことです。
 class ThreadDeath
          ThreadDeath のインスタンスは、Thread クラスの引数なしの stop メソッドが呼び出されると、対象となるスレッド内でスローされます。
 class ThreadGroup
          スレッドグループは、スレッドの集合を表します。
 class ThreadLocal<T>
          このクラスはスレッドローカル変数を提供します。
 class Throwable
          Throwable クラスは、Java 言語のすべてのエラーと例外のスーパークラスです。
 class TypeNotPresentException
          アプリケーションが型の名前を表す文字列を使って型にアクセスし、指定された名前の型の定義が見つからないときに、スローされます。
 class UnknownError
          未知であるが重大な例外が Java Virtual Machine で発生した場合にスローされます。
 class UnsatisfiedLinkError
          Java Virtual Machine が、native と宣言されたメソッドの適切なネイティブ言語の定義を見つけることができない場合にスローされます。
 class UnsupportedClassVersionError
          Java Virtual Machine が、クラスファイルの読み込み中に、そのファイルのメジャーバージョン番号とマイナーバージョン番号がサポートされていないと判定した場合にスローされます。
 class UnsupportedOperationException
          要求されたオペレーションがサポートされていないことを示すためにスローされます。
 class VerifyError
          クラスファイルが適切な形式でも、ある種の内部矛盾またはセキュリティ上の問題があることを「ベリファイア (verifier)」が検出した場合にスローされます。
 class VirtualMachineError
          Java Virtual Machine が壊れているか、または動作を継続するのに必要なリソースが足りなくなったことを示すためにスローされます。
 class Void
          Void クラスは、インスタンスを生成できないプレースホルダーとしてのクラスであり、Java キーワード void を表す Class オブジェクトへの参照を保持するのに使用されます。
 

Object を返す java.lang のメソッド
protected  Object Enum.clone()
          CloneNotSupportedException をスローします。
protected  Object Object.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
static Object Compiler.command(Object any)
          引数の型とそのフィールドを調べ、ドキュメント化されているいくつかの処理を実行します。
 T[] Class.getEnumConstants()
          この enum クラスの要素を返すか、この Class オブジェクトが enum 型を表さない場合は null を返します。
 Object SecurityManager.getSecurityContext()
          現在の実行環境をカプセル化するオブジェクトを生成します。
 Object[] Class.getSigners()
          このクラスの署名者を取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang のメソッド
 StringBuffer StringBuffer.append(Object obj)
           
 StringBuilder StringBuilder.append(Object obj)
           
static void System.arraycopy(Object src, int srcPos, Object dest, int destPos, int length)
          指定位置で開始する指定ソース配列から、転送先配列の指定位置に配列をコピーします。
 T Class.cast(Object obj)
          この Class オブジェクトが表すクラスまたはインタフェースにオブジェクトをキャストします。
 void SecurityManager.checkConnect(String host, int port, Object context)
          指定されたセキュリティコンテキストが、指定されたホストとポート番号へのソケット接続をオープンするアクセス権を持っていない場合に、SecurityException をスローします。
 void SecurityManager.checkPermission(Permission perm, Object context)
          指定されたセキュリティーコンテキストについて、指定されたアクセス権が示すリソースへのアクセスを拒否された場合に SecurityException をスローします。
 void SecurityManager.checkRead(String file, Object context)
          文字列引数で指定されたファイルを読み取る許可が、指定されたセキュリティーコンテキストにない場合に、SecurityException をスローします。
 boolean SecurityManager.checkTopLevelWindow(Object window)
          window 引数で指定されたトップレベルのウィンドウを表示するための信頼が呼び出し側スレッドにない場合に、false を返します。
static Object Compiler.command(Object any)
          引数の型とそのフィールドを調べ、ドキュメント化されているいくつかの処理を実行します。
 boolean Boolean.equals(Object obj)
          引数が null ではなく、このオブジェクトと同じ boolean 値を表す Boolean オブジェクトの場合にだけ、true を返します。
 boolean Byte.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean Character.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean Character.Subset.equals(Object obj)
          2 つの Subset オブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 boolean Double.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean Enum.equals(Object other)
          指定されたオブジェクトがこの enum 定数と同じ場合は、true を返します。
 boolean Float.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean Integer.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean Long.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean Object.equals(Object obj)
          このオブジェクトと「等価」になるオブジェクトがあるかどうかを示します。
 boolean Short.equals(Object obj)
          このオブジェクトを指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean StackTraceElement.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトが、このインスタンスと同じ実行ポイントを表す、別の StackTraceElement インスタンスである場合、true を返します。
 boolean String.equals(Object anObject)
          この文字列と指定されたオブジェクトを比較します。
static String String.format(Locale l, String format, Object... args)
          指定されたロケール、書式文字列、および引数を使って、フォーマットされた文字列を返します。
static String String.format(String format, Object... args)
          指定された書式の文字列と引数を使って、書式付き文字列を返します。
static boolean Thread.holdsLock(Object obj)
          現行スレッドが指定されたオブジェクトに対するモニターロックを保持する場合にのみ、true を返します。
static int System.identityHashCode(Object x)
          指定されたオブジェクトのクラスが hashCode() をオーバーライドしているかどうかに関係なく、デフォルトの hashCode() メソッドにより返されるものと同じ、指定されたオブジェクトのハッシュコードを返します。
 StringBuffer StringBuffer.insert(int offset, Object obj)
           
 StringBuilder StringBuilder.insert(int offset, Object obj)
           
 boolean Class.isInstance(Object obj)
          指定された Object が、この Class が表すオブジェクトと代入互換の関係にあるかどうかを判定します。
protected  void ClassLoader.setSigners(Class<?> c, Object[] signers)
          クラスの署名者を設定します。
static String String.valueOf(Object obj)
          Object 引数の文字列表現を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang のコンストラクタ
AssertionError(Object detailMessage)
          指定されたオブジェクトから派生した詳細メッセージを指定して AssertionError を構築します。
 

java.lang.annotation での Object の使用
 

java.lang.annotation での Object のサブクラス
 class AnnotationFormatError
          注釈パーサーがクラスファイルから注釈の読み取りを試みて、注釈が不正であると判断した場合にスローされます。
 class AnnotationTypeMismatchException
          注釈のコンパイル (または直列化) 後に型が変更されている注釈要素に、プログラムがアクセスを試みたことを示すためにスローされます。
 class IncompleteAnnotationException
          注釈のコンパイル (または直列化) 後に注釈型定義に追加された注釈型要素に、プログラムがアクセスを試みたことを示すためにスローされます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang.annotation のメソッド
 boolean Annotation.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトがこれと論理的に等価な注釈を表す場合に、true を返します。
 

java.lang.instrument での Object の使用
 

java.lang.instrument での Object のサブクラス
 class ClassDefinition
          このクラスは、Instrumentation.redefineClasses メソッドに対するパラメータブロックとして機能します。
 class IllegalClassFormatException
          入力パラメータが無効な場合に、ClassFileTransformer.transform の実装によりスローされます。
 class UnmodifiableClassException
          指定されたクラスの 1 つを変更できない場合、Instrumentation.redefineClasses の実装によってスローされます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang.instrument のメソッド
 long Instrumentation.getObjectSize(Object objectToSize)
          指定されたオブジェクトにより消費される記憶領域の容量の実装固有の近似値を返します。
 

java.lang.management での Object の使用
 

java.lang.management での Object のサブクラス
 class LockInfo
          ロックに関する情報。
 class ManagementFactory
          ManagementFactory クラスは、Java プラットフォームの管理対象 Bean を取得するためのファクトリクラスです。
 class ManagementPermission
          SecurityManager によって実行されるコードが Java プラットフォームの管理インタフェースで定義されたメソッドを呼び出すときに、SecurityManager がチェックするアクセス権です。
 class MemoryNotificationInfo
          メモリー通知に関する情報です。
 class MemoryUsage
          MemoryUsage オブジェクトは、メモリー使用量のスナップショットを表します。
 class MonitorInfo
          オブジェクトのモニターロックに関する情報です。
 class ThreadInfo
          スレッド情報です。
 

java.lang.ref での Object の使用
 

java.lang.ref での Object のサブクラス
 class PhantomReference<T>
          ファントム参照オブジェクトです。
 class Reference<T>
          参照オブジェクトための抽象基底クラスです。
 class ReferenceQueue<T>
          参照キューです。
 class SoftReference<T>
          メモリー要求に応じてガベージコレクタの判断でクリアされるソフト参照オブジェクトです。
 class WeakReference<T>
          弱参照オブジェクトです。
 

java.lang.reflect での Object の使用
 

java.lang.reflect での Object のサブクラス
 class AccessibleObject
          AccessibleObject クラスは、Field オブジェクト、Method オブジェクト、および Constructor オブジェクトの基底クラスです。
 class Array
          Array クラスは、Java 配列を動的に作成してアクセスするための static メソッドを提供します。
 class Constructor<T>
          Constructor は、クラスの単一コンストラクタについての情報と単一コンストラクタへのアクセスを提供します。
 class Field
          Field は、クラスまたはインタフェースについての情報、それらへの動的なアクセス、その単一フィールドを提供します。
 class GenericSignatureFormatError
          構文的に不正な署名属性が、型、メソッド、あるいはコンストラクタの総称署名情報を解釈する必要があるリフレクトメソッドにより検出された場合にスローされます。
 class InvocationTargetException
          InvocationTargetException は、呼び出されるメソッドまたはコンストラクタがスローする例外をラップする、チェック済み例外です。
 class MalformedParameterizedTypeException
          セマンティクス的に不正なパラメータ化された型が、型のインスタンス化を必要とするリフレクトメソッドにより検出された場合にスローされます。
 class Method
          Method は、クラスまたはインタフェース上の単一のメソッドに関する情報とそのアクセスを提供します。
 class Modifier
          Modifier クラスは、クラスやメンバーのアクセス修飾子を復号化するための static メソッドや定数を提供します。
 class Proxy
          Proxy は、動的プロキシのクラスおよびインスタンスを生成する静的メソッドを提供し、また、それらのメソッドによって生成された動的プロキシクラスすべてのスーパークラスでもあります。
 class ReflectPermission
          リフレクト処理の Permission クラスです。
 class UndeclaredThrowableException
          呼び出しハンドラの invoke メソッドが、プロキシインスタンスで呼び出され呼び出しハンドラにディスパッチされたメソッドの throws 節で宣言されたどの例外タイプにも割り当てできない確認済み例外 (RuntimeException または Error に割り当てできない Throwable) をスローした場合、プロキシインスタンスのメソッド呼び出しによってスローされます。
 

Object を返す java.lang.reflect のメソッド
 Object Field.get(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、この Field によって表されるフィールドの値を返します。
static Object Array.get(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を返します。
 Object Method.getDefaultValue()
          この Method インスタンスにより表される注釈メンバーのデフォルト値を返します。
 Object InvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          プロキシインスタンスでメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object Method.invoke(Object obj, Object... args)
          この Method オブジェクトによって表される基本となるメソッドを、指定したオブジェクトに対して指定したパラメータで呼び出します。
static Object Array.newInstance(Class<?> componentType, int... dimensions)
          指定されたコンポーネント型と大きさで新しい配列を作成します。
static Object Array.newInstance(Class<?> componentType, int length)
          指定されたコンポーネント型とコンポーネントサイズを使用して新しい配列を作成します。
static Object Proxy.newProxyInstance(ClassLoader loader, Class<?>[] interfaces, InvocationHandler h)
          指定された呼び出しハンドラに対してメソッド呼び出しをディスパッチする、指定されたインタフェースのプロキシクラスのインスタンスを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.lang.reflect のメソッド
 boolean Constructor.equals(Object obj)
          Constructor を指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean Field.equals(Object obj)
          Field を指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean Method.equals(Object obj)
          Method を指定されたオブジェクトと比較します。
 Object Field.get(Object obj)
          指定されたオブジェクトについて、この Field によって表されるフィールドの値を返します。
static Object Array.get(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を返します。
 boolean Field.getBoolean(Object obj)
          static またはインスタンス boolean フィールドの値を取得します。
static boolean Array.getBoolean(Object array, int index)
          指定されたオブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を boolean として返します。
 byte Field.getByte(Object obj)
          static またはインスタンス byte フィールドの値を取得します。
static byte Array.getByte(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を byte として返します。
 char Field.getChar(Object obj)
          char 型、または拡大変換によって char 型に変換可能な別のプリミティブ型の static またはインスタンスフィールドの値を取得します。
static char Array.getChar(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を char として返します。
 double Field.getDouble(Object obj)
          double 型、または拡大変換によって double 型に変換可能な別のプリミティブ型の static またはインスタンスフィールドの値を取得します。
static double Array.getDouble(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を double として返します。
 float Field.getFloat(Object obj)
          float 型、または拡大変換によって float 型に変換可能な別のプリミティブ型の static またはインスタンスフィールドの値を取得します。
static float Array.getFloat(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を float として返します。
 int Field.getInt(Object obj)
          int 型、または拡大変換によって int 型に変換可能な別のプリミティブ型の static またはインスタンスフィールドの値を取得します。
static int Array.getInt(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクト内の指定されたインデックスのコンポーネント値を int として返します。
static InvocationHandler Proxy.getInvocationHandler(Object proxy)
          指定されたプロキシインスタンスの呼び出しハンドラを返します。
static int Array.getLength(Object array)
          配列オブジェクトの長さを int で返します。
 long Field.getLong(Object obj)
          long 型、または拡大変換によって long 型に変換可能な別のプリミティブ型の static またはインスタンスフィールドの値を取得します。
static long Array.getLong(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を long として返します。
 short Field.getShort(Object obj)
          short 型、または拡大変換によって short 型に変換可能な別のプリミティブ型の static またはインスタンスフィールドの値を取得します。
static short Array.getShort(Object array, int index)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を short として返します。
 Object InvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          プロキシインスタンスでメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object InvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          プロキシインスタンスでメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object Method.invoke(Object obj, Object... args)
          この Method オブジェクトによって表される基本となるメソッドを、指定したオブジェクトに対して指定したパラメータで呼び出します。
 Object Method.invoke(Object obj, Object... args)
          この Method オブジェクトによって表される基本となるメソッドを、指定したオブジェクトに対して指定したパラメータで呼び出します。
 T Constructor.newInstance(Object... initargs)
          指定された初期化パラメータで、このコンストラクタの宣言クラスの新しいインスタンスを作成および初期化する場合は、この Constructor オブジェクトによって表されるコンストラクタを使用します。
static void Array.set(Object array, int index, Object value)
          指定された配列オブジェクトのインデックス付きコンポーネントの値を、指定された新しい値に設定します。
 void Field.set(Object obj, Object value)
          この Field オブジェクトによって表される指定されたオブジェクト引数のフィールドを、指定された新しい値に設定します。
 void Field.setBoolean(Object obj, boolean z)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を boolean として設定します。
static void Array.setBoolean(Object array, int index, boolean z)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された boolean 値に設定します。
 void Field.setByte(Object obj, byte b)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を byte として設定します。
static void Array.setByte(Object array, int index, byte b)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された byte 値に設定します。
 void Field.setChar(Object obj, char c)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を char として設定します。
static void Array.setChar(Object array, int index, char c)
          指定された配列オブジェクトのインデックス化されたコンポーネント値を、指定された char 値に設定します。
 void Field.setDouble(Object obj, double d)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を double として設定します。
static void Array.setDouble(Object array, int index, double d)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された double 値に設定します。
 void Field.setFloat(Object obj, float f)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を float として設定します。
static void Array.setFloat(Object array, int index, float f)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された float 値に設定します。
 void Field.setInt(Object obj, int i)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を int として設定します。
static void Array.setInt(Object array, int index, int i)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された int 値に設定します。
static void Array.setLong(Object array, int index, long l)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネント値を、指定された long 値に設定します。
 void Field.setLong(Object obj, long l)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を long として設定します。
static void Array.setShort(Object array, int index, short s)
          指定された配列オブジェクトの指定されたインデックスのコンポーネントを、指定された short 値に設定します。
 void Field.setShort(Object obj, short s)
          指定されたオブジェクトについて、フィールドの値を short として設定します。
 

java.math での Object の使用
 

java.math での Object のサブクラス
 class BigDecimal
          変更が不可能な、任意精度の符号付き小数です。
 class BigInteger
          変更が不可能な、任意精度の整数です。
 class MathContext
          BigDecimal クラスによって実装される数値演算子などの特定の規則を記述するコンテキスト設定をカプセル化する不変オブジェクト。
 

Object 型のパラメータを持つ java.math のメソッド
 boolean BigDecimal.equals(Object x)
          この BigDecimal と指定された Object が等しいかどうかを比較します。
 boolean BigInteger.equals(Object x)
          この BigInteger と指定された Object が等しいかどうかを比較します。
 boolean MathContext.equals(Object x)
          この MathContext と指定された Object が等しいかどうかを比較します。
 

java.net での Object の使用
 

java.net での Object のサブクラス
 class Authenticator
          Authenticator クラスは、ネットワーク接続に必要な認証を取得するためのオブジェクトを表します。
 class BindException
          ソケットをローカルアドレスとポートにバインドしようとした際にエラーが発生したことを通知します。
 class CacheRequest
          リソースを ResponseCache 内に格納するためのチャネルを表します。
 class CacheResponse
          ResponseCache からリソースを取得するためのチャネルを表します。
 class ContentHandler
          abstract クラス ContentHandler は、URLConnection から Object を読み込むすべてのクラスのスーパークラスです。
 class CookieHandler
          CookieHandler オブジェクトは、HTTP プロトコルハンドラに HTTP 状態管理ポリシー実装を組み込むためのコールバック機構を提供します。
 class CookieManager
          CookieManager は CookieHandler の具象実装を提供し、Cookie の記憶領域と Cookie の受け入れ/拒否に関するポリシーとを分離します。
 class DatagramPacket
          このクラスはデータグラムパケットを表します。
 class DatagramSocket
          このクラスは、データグラムパケットを送受信するためのソケットを表します。
 class DatagramSocketImpl
          抽象データグラムおよびマルチキャストソケットを実装する基底クラスです。
 class HttpCookie
          HttpCookie オブジェクトは、サーバーとユーザーエージェントとの間で状態情報を伝達する HTTP Cookie を表します。
 class HttpRetryException
          HTTP 要求を再試行する必要があるが、ストリーミングモードが有効になっているために自動的に再試行できないことを示すために、スローされます。
 class HttpURLConnection
          HTTP 固有の機能をサポートする URLConnection です。
 class IDN
          通常の Unicode 表現と ASCII 互換エンコーディング (ACE) 表現との間で国際化ドメイン名 (IDN) の変換を行うメソッドを提供します。
 class Inet4Address
          このクラスは、インターネットプロトコルバージョン 4 (IPv4) アドレスを表します。
 class Inet6Address
          このクラスは、インターネットプロトコルバージョン 6 (IPv6) アドレスを表します。
 class InetAddress
          IP (Internet Protocol) アドレスを表すクラスです。
 class InetSocketAddress
          このクラスは、IP ソケットアドレス (IP アドレス + ポート番号) を実装します。
 class InterfaceAddress
          このクラスは、ネットワークインタフェースアドレスを表します。
 class JarURLConnection
          JAR (Java ARchive) ファイル、または JAR ファイル内にあるエントリへの URL 接続です。
 class MalformedURLException
          不正な形式の URL が見つかったことを示すためにスローされます。
 class MulticastSocket
          マルチキャストデータグラムソケットクラスは、IP マルチキャストパケットを送受信する場合に役立ちます。
 class NetPermission
          このクラスは、各種のネットワークアクセス権のために使います。
 class NetworkInterface
          このクラスは、名前と、このインタフェースに割り当てられた一連の IP アドレスから成るネットワークインタフェースを表します。
 class NoRouteToHostException
          ソケットをリモートアドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
 class PasswordAuthentication
          クラス PasswordAuthentication は、オーセンティケータによって使用されるデータホルダーです。
 class PortUnreachableException
          ICMP ポート到達不可能メッセージが接続されたデータグラムに受信されたことを示すシグナルです。
 class ProtocolException
          使用しているプロトコルでエラー (TCP エラーなど) が発生したことを表すためにスローされます。
 class ProxySelector
          URL で参照されるネットワークリソースへの接続時に使用するプロキシサーバーが存在する場合に、それらを選択します。
 class ResponseCache
          URLConnection のキャッシュの実装を表します。
 class SecureCacheResponse
          最初に TLS などのセキュリティー保護された方法で取得されたキャッシュ応答を表します。
 class ServerSocket
          このクラスはサーバーソケットを実装します。
 class Socket
          このクラスは、クライアントソケット (単に「ソケット」とも呼ばれる) を実装します。
 class SocketAddress
          このクラスは、プロトコルに関連付けられていないソケットアドレスを表します。
 class SocketException
          使用しているプロトコルでエラー (TCP エラーなど) が発生したことを表すためにスローされます。
 class SocketImpl
          abstract クラス SocketImpl は、実際にソケットを実装するすべてのクラスに共通のスーパークラスです。
 class SocketPermission
          このクラスは、ソケットを通じたネットワークへのアクセス権を表します。
 class SocketTimeoutException
          ソケットの読み込みまたは受け入れでタイムアウトが発生したことを示すシグナルです。
 class UnknownHostException
          ホストの IP アドレスが判定できなかった場合にスローされます。
 class UnknownServiceException
          未知のサービス例外が発生したことを示すためにスローされます。
 class URI
          URI (Uniform Resource Identifier) 参照を表します。
 class URISyntaxException
          文字列を URI 参照として解析できなかったことを示すためにスローされたチェック例外です。
 class URL
          URL クラスは、Uniform Resource Locator (ユニフォームリソースロケータ)、つまり World Wide Web 上の「リソース」へのポインタを表します。
 class URLClassLoader
          このクラスローダーは、JAR ファイルとディレクトリの両方を参照する URL の検索パスから、クラスとリソースをロードするために使用されます。
 class URLConnection
          abstract クラス URLConnection は、アプリケーションと URL との間の通信リンクを表すすべてのクラスのスーパークラスです。
 class URLDecoder
          HTML 形式をデコードするためのユーティリティークラスです。
 class URLEncoder
          HTML 形式をエンコードするためのユーティリティークラスです。
 class URLStreamHandler
          abstract クラス URLStreamHandler は、すべてのストリームプロトコルハンドラに共通のスーパークラスです。
 

Object を返す java.net のメソッド
 Object HttpCookie.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成して返します。
 Object URL.getContent()
          この URL のコンテンツを取得します。
 Object URLConnection.getContent()
          この URL 接続のコンテンツを取得します。
 Object URL.getContent(Class[] classes)
          この URL のコンテンツを取得します。
 Object URLConnection.getContent(Class[] classes)
          この URL 接続のコンテンツを取得します。
abstract  Object ContentHandler.getContent(URLConnection urlc)
          オブジェクト表現の先頭に位置付けられている URL 接続ストリームを指定すると、このメソッドは、指定されたストリームを読み込み、ストリームからオブジェクトを生成します。
 Object ContentHandler.getContent(URLConnection urlc, Class[] classes)
          オブジェクト表現の先頭に位置付けられている URL 接続ストリームを指定すると、このメソッドは、指定されたストリームを読み込み、指定した型に一致するオブジェクトを生成します。
 Object SocketOptions.getOption(int optID)
          オプションの値を取得します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.net のメソッド
 boolean HttpCookie.equals(Object obj)
          2 つの HTTP Cookie が等しいかどうかを判定します。
 boolean Inet4Address.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean Inet6Address.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean InetAddress.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean InetSocketAddress.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean InterfaceAddress.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean NetworkInterface.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean Proxy.equals(Object obj)
          オブジェクトと指定されたオブジェクトを比較します。
 boolean URI.equals(Object ob)
          この URI が別のオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 boolean SocketPermission.equals(Object obj)
          2 つの SocketPermission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean URL.equals(Object obj)
          この URL と別のオブジェクトとが等しいかどうかを比較します。
 void SocketOptions.setOption(int optID, Object value)
          optID で指定されたオプションを有効または無効にします。
 

java.nio での Object の使用
 

java.nio での Object のサブクラス
 class Buffer
          特定のプリミティブ型データのコンテナです。
 class BufferOverflowException
          相対「put」操作がターゲットバッファーのリミットに達したときスローされる、チェックされない例外です。
 class BufferUnderflowException
          相対「get」操作がソースバッファーのリミットに達したときスローされる、チェックされない例外です。
 class ByteBuffer
          byte バッファーです。
 class ByteOrder
          バイト順序の型保証された列挙です。
 class CharBuffer
          文字バッファーです。
 class DoubleBuffer
          double バッファーです。
 class FloatBuffer
          float バッファーです。
 class IntBuffer
          int バッファーです。
 class InvalidMarkException
          マークが定義されていない状態でバッファーをリセットしようとしたときにスローされる、未検査例外です。
 class LongBuffer
          long バッファーです。
 class MappedByteBuffer
          ファイルのメモリーマップ領域を内容とするダイレクト byte バッファーです。
 class ReadOnlyBufferException
          読み込み専用のバッファー上で putcompact といったコンテンツ変更メソッドが呼び出されると、チェックされない例外がスローされます。
 class ShortBuffer
          short バッファーです。
 

Object を返す java.nio のメソッド
abstract  Object Buffer.array()
          現在のバッファーを補助する配列を返します (オプション)。
 

Object 型のパラメータを持つ java.nio のメソッド
 boolean ByteBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 boolean CharBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 boolean DoubleBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 boolean FloatBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 boolean IntBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 boolean LongBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 boolean ShortBuffer.equals(Object ob)
          現在のバッファーが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 

java.nio.channels での Object の使用
 

java.nio.channels での Object のサブクラス
 class AlreadyConnectedException
          すでに接続されている SocketChannel への接続を試みたときにスローされる、チェックされない例外です。
 class AsynchronousCloseException
          別のスレッドがチャネルまたは入出力操作時にブロックされるチャネルの一部をクローズしたときにスレッドが受け取るチェック例外です。
 class CancelledKeyException
          すでに無効になった選択キーを使用しようとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class Channels
          チャネルとストリームのためのユーティリティーメソッドです。
 class ClosedByInterruptException
          スレッドがチャネルでの入出力操作でブロックされているにもかかわらず、別のスレッドから割り込みを受けた場合に受信するチェック例外です。
 class ClosedChannelException
          クローズしたチャネルに対する入出力操作を行おうとしたとき、または実行しようとした入出力操作に対してそのチャネルがクローズされている場合にスローされるチェック例外です。
 class ClosedSelectorException
          クローズしたセレクタに対する入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class ConnectionPendingException
          非ブロック接続操作の進行中に SocketChannel に接続しようとしたときにスローされる、チェックされない例外です。
 class DatagramChannel
          データグラム型ソケットの選択可能なチャネルです。
 class FileChannel
          ファイルの読み込み、書き込み、マッピング、操作用チャネルです。
static class FileChannel.MapMode
          ファイルマッピングモードの型保証された列挙です。
 class FileLock
          ファイル領域上のロックを示すトークンです。
 class FileLockInterruptionException
          ファイルロックの獲得を待機しているスレッドに対して別のスレッドから割り込みがあったときに受け取られるチェック例外です。
 class IllegalBlockingModeException
          ブロックモードが不正であるのに、チャネル上でブロックモード固有の操作を呼び出したときにスローされるチェックされない例外です。
 class IllegalSelectorException
          チャネルの作成元プロバイダ以外が作成したセレクタにチャネルを登録しようとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class NoConnectionPendingException
          SocketChannelconnect メソッドの呼び出しがまだ完了していないのに、 finishConnect メソッドが呼び出された場合にスローされるチェックされない例外です。
 class NonReadableChannelException
          最初は読み込みのためにオープンされていなかったチャネルから読み込みを行おうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class NonWritableChannelException
          最初は書き込みのためにオープンされていなかったチャネルに対して書き込みを行おうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class NotYetBoundException
          未バインドのサーバソケットチャネル上で入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class NotYetConnectedException
          未接続のソケットチャネル上で入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class OverlappingFileLockException
          ロックを獲得しようとしたファイル領域が、すでに同じ Java 仮想マシンによってロックされている領域にオーバーラップしている場合、またはその他のスレッドが同じファイルのオーバーラップしている領域をロックしようと待機している場合にスローされるチェックされない例外です。
 class Pipe
          単方向パイプを実装する一組のチャネルです。
static class Pipe.SinkChannel
          Pipe の書き込み側を表すチャネルです。
static class Pipe.SourceChannel
          Pipe の読み取り側を表すチャネルです。
 class SelectableChannel
          Selector 経由で多重化できるチャネルです。
 class SelectionKey
          SelectableChannelSelector に登録されていることを示すトークンです。
 class Selector
          SelectableChannel オブジェクトのマルチプレクサです。
 class ServerSocketChannel
          ストリーム型リスニングソケット用の選択可能なチャネルです。
 class SocketChannel
          ストリーム型接続ソケット用の選択可能チャネルです。
 class UnresolvedAddressException
          未解決のソケットアドレスに対してネットワーク操作を呼び出そうとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 class UnsupportedAddressTypeException
          サポートされていない型のソケットアドレスにバインドまたは接続しようとしたときにスローされるチェックされない例外です。
 

Object を返す java.nio.channels のメソッド
 Object SelectionKey.attach(Object ob)
          このキーに指定されたオブジェクトを添付します。
 Object SelectionKey.attachment()
          現在の添付オブジェクトを取得します。
abstract  Object SelectableChannel.blockingLock()
          configureBlocking メソッドと register メソッドが同期するオブジェクトを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.nio.channels のメソッド
 Object SelectionKey.attach(Object ob)
          このキーに指定されたオブジェクトを添付します。
abstract  SelectionKey SelectableChannel.register(Selector sel, int ops, Object att)
          このチャネルを指定されたセレクタに登録し、選択キーを返します。
 

java.nio.channels.spi での Object の使用
 

java.nio.channels.spi での Object のサブクラス
 class AbstractInterruptibleChannel
          割り込み可能チャネルのベース実装クラスです。
 class AbstractSelectableChannel
          選択可能チャネルのベース実装クラスです。
 class AbstractSelectionKey
          選択キーのベース実装クラスです。
 class AbstractSelector
          セレクタのベース実装クラスです。
 class SelectorProvider
          セレクタおよび選択可能チャネルのサービスプロバイダクラスです。
 

Object を返す java.nio.channels.spi のメソッド
 Object AbstractSelectableChannel.blockingLock()
           
 

Object 型のパラメータを持つ java.nio.channels.spi のメソッド
protected abstract  SelectionKey AbstractSelector.register(AbstractSelectableChannel ch, int ops, Object att)
          このセレクタに指定されたチャネルを登録します。
 SelectionKey AbstractSelectableChannel.register(Selector sel, int ops, Object att)
          このチャネルを指定されたセレクタに登録し、選択キーを返します。
 

java.nio.charset での Object の使用
 

java.nio.charset での Object のサブクラス
 class CharacterCodingException
          文字のエンコードエラーやデコードエラーが発生したときにスローされるチェック例外です。
 class Charset
          16 ビット Unicode コード単位のシーケンスとバイトシーケンス間の指定マップです。
 class CharsetDecoder
          特定の文字セットで表現されたバイトシーケンスを 16 ビット Unicode 文字のシーケンスに変換するエンジンです。
 class CharsetEncoder
          16 ビット Unicode 文字のシーケンスを特定の文字セットで表現されたバイトシーケンスに変換するエンジンです。
 class CoderMalfunctionError
          CharsetDecoderdecodeLoop メソッドや CharsetEncoderencodeLoop メソッドが予想外の例外をスローするときスローされるエラーです。
 class CoderResult
          コーダーの結果状態の説明です。
 class CodingErrorAction
          コーディングエラーが発生したときに実行するアクションの型保証された列挙です。
 class IllegalCharsetNameException
          ある文字列が、正当な文字セット名ではないのに正当であるかのように使用された場合にスローされるチェックされない例外です。
 class MalformedInputException
          入力バイトシーケンスが指定文字セットにとって正当でない場合、または入力文字シーケンスが 16 ビットの正規 Unicode シーケンスでない場合にスローされるチェック例外です。
 class UnmappableCharacterException
          入力文字 (またはバイト) シーケンスは有効だが出力バイト (または文字) シーケンスにマップできない場合にスローされるチェックされる例外です。
 class UnsupportedCharsetException
          要求された文字セットがサポートされない場合にスローされるチェックされない例外です。
 

Object 型のパラメータを持つ java.nio.charset のメソッド
 boolean Charset.equals(Object ob)
          このオブジェクトが別のオブジェクトと等価であるかどうかを判断します。
 

java.nio.charset.spi での Object の使用
 

java.nio.charset.spi での Object のサブクラス
 class CharsetProvider
          文字セットサービスプロバイダクラスです。
 

java.rmi での Object の使用
 

java.rmi での Object のサブクラス
 class AccessException
          java.rmi.Naming クラスのメソッド (特に bindrebind、および unbind) および java.rmi.activation.ActivationSystem インタフェースのメソッドによってスローされ、メソッド呼び出しによって要求されたアクションを実行するアクセス権が呼び出し側にないことを示します。
 class AlreadyBoundException
          レジストリ内のオブジェクトを、すでに関連付けられているバインディングを持つ名前にバインドしようとしたときにスローされます。
 class ConnectException
          リモートメソッド呼び出しでリモートホストへの接続が拒否された場合にスローされます。
 class ConnectIOException
          リモートメソッド呼び出しでリモートホストに接続しようとしているときに IOException が発生した場合にスローされます。
 class MarshalledObject<T>
          コンストラクタに渡されるオブジェクトの、直列化表現のバイトストリームを包含します。
 class Naming
          Naming クラスは、リモートオブジェクトレジストリ内のリモートオブジェクトへの参照を取得および格納するためのメソッドを提供します。
 class NoSuchObjectException
          リモート仮想マシンにすでに存在しなくなったオブジェクトのメソッドを呼び出そうとするとスローされます。
 class NotBoundException
          レジストリ内で、関連したバインディングを持たない名前を参照あるいはアンバインドしようとしたときにスローされます。
 class RemoteException
          RemoteException は、リモートメソッド呼び出しの実行中に発生する多くの通信関連の例外で使用する共通のスーパークラスです。
 class RMISecurityException
          推奨されていません。 代わりに SecurityException を使用します。アプリケーションコードからこのクラスを直接参照しないでください。RMISecurityManager は、現在ではこの java.lang.SecurityException のサブクラスをスローしません。
 class RMISecurityManager
          ダウンロードしたコードを使用する RMI アプリケーションによって使用される、SecurityManager のサブクラスです。
 class ServerError
          ServerError は、リモートメソッド呼び出しの結果としてスローされます。
 class ServerException
          ServerException は、リモートメソッド呼び出しの結果としてスローされます。
 class ServerRuntimeException
          推奨されていません。 代替はありません。
 class StubNotFoundException
          StubNotFoundException は、エクスポート時に、有効なスタブクラスがリモートオブジェクトで見つからない場合にスローされます。
 class UnexpectedException
          リモートメソッド呼び出しのクライアントが、呼び出しの結果として、リモートインタフェースのメソッドの throws 節で宣言されている確認済みの例外の型とは異なる確認済みの例外を受信した場合にスローされます。
 class UnmarshalException
          リモートメソッド呼び出しのパラメータまたは結果を非整列化しているときに、次の条件のどれかが成立した場合にスローされます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi のメソッド
 boolean MarshalledObject.equals(Object obj)
          MarshalledObject と別のオブジェクトを比較します。
 

java.rmi.activation での Object の使用
 

java.rmi.activation での Object のサブクラス
 class Activatable
          永続的なアクセスを必要とし、システムから起動できるリモートオブジェクトをサポートします。
 class ActivateFailedException
          起動可能なオブジェクトへのリモート呼び出しで起動が失敗した場合に、RMI ランタイムがこの例外をスローします。
 class ActivationDesc
          起動記述子には、オブジェクトを起動するために必要な情報が格納されています。
 class ActivationException
          起動インタフェースが使う一般的な例外です。
 class ActivationGroup
          ActivationGroup は、グループ内の「起動可能な」オブジェクトの新しいインスタンスを生成し、グループの ActivationMonitor に対して、オブジェクトの起動や停止、あるいはグループ全体の停止を通知します。
 class ActivationGroup_Stub
          ActivationGroup_Stub は、java.rmi.server.UnicastRemoteObject としてエクスポートされた java.rmi.activation.ActivationGroup のサブクラスのスタブクラスです。
 class ActivationGroupDesc
          起動グループ記述子には、オブジェクトを起動する場所である起動グループを作成したり作り直したりするために必要な、次の情報が格納されています。
static class ActivationGroupDesc.CommandEnvironment
          ActivationGroup の実装の起動オプションです。
 class ActivationGroupID
          登録された起動グループの識別子は、次のような役割を持ちます。
 class ActivationID
          起動では、時間が経過しても起動可能なリモートオブジェクトに対して特別な識別子が使用されます。
 class UnknownGroupException
          java.rmi.activation パッケージのクラスおよびインタフェースのメソッドによって、メソッドの ActivationGroupID パラメータが無効であると判断された場合、つまり ActivationSystem がそのパラメータを認識できない場合にスローされます。
 class UnknownObjectException
          java.rmi.activation パッケージのクラスおよびインタフェースのメソッドによって、メソッドの ActivationID パラメータが無効であると判断された場合にスローされます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi.activation のメソッド
 boolean ActivationDesc.equals(Object obj)
          2 つの起動記述子の内容を比較します。
 boolean ActivationGroupDesc.equals(Object obj)
          2 つのグループ起動記述子の内容を比較します。
 boolean ActivationGroupDesc.CommandEnvironment.equals(Object obj)
          2 つのコマンド環境の内容を比較します。
 boolean ActivationGroupID.equals(Object obj)
          2 つのグループ識別子の内容を比較します。
 boolean ActivationID.equals(Object obj)
          2 つの起動 ID の内容を比較します。
 

java.rmi.dgc での Object の使用
 

java.rmi.dgc での Object のサブクラス
 class Lease
          Lease オブジェクトは、一意の VM 識別子と貸し出し期間とを保持します。
 class VMID
          VMID は、すべての Java 仮想マシンを通じて一意の識別子です。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi.dgc のメソッド
 boolean VMID.equals(Object obj)
          この VMID と別の VMID を比較し、両者が同じ識別子の場合に true を返します。
 

java.rmi.registry での Object の使用
 

java.rmi.registry での Object のサブクラス
 class LocateRegistry
          LocateRegistry は、ローカルホストなどの特定のホスト上にある、ブートストラップ用リモートオブジェクトレジストリへの参照を取得したり、特定のポートへの呼び出しを受け付けるリモートオブジェクトレジストリを作成したりするために使用されます。
 

java.rmi.server での Object の使用
 

java.rmi.server での Object のサブクラス
 class ExportException
          ExportException は、リモートオブジェクトのエクスポートが失敗した場合にスローされる RemoteException です。
 class LogStream
          推奨されていません。 代替はありません。
 class ObjID
          ObjID は、RMI ランタイムにエクスポートされたリモートオブジェクトを識別するために使用します。
 class Operation
          推奨されていません。 代替はありません。
 class RemoteObject
          RemoteObject は、リモートオブジェクトに対する java.lang.Object の動作を実装します。
 class RemoteObjectInvocationHandler
          Java リモートメソッド呼び出し (Java RMI) で使用するための InvocationHandler インタフェースの実装です。
 class RemoteServer
          RemoteServer は、サーバーの実装に対する共通のスーパークラスであり、広範囲のリモート参照セマンティクスをサポートするフレームワークを提供します。
 class RemoteStub
          RemoteStub は、クライアントスタブに対する共通のスーパークラスであり、広範囲のリモート参照セマンティクスをサポートするフレームワークを提供します。
 class RMIClassLoader
          RMIClassLoader は、RMI を使用して動的にクラスをロードするための static メソッドから構成されます。
 class RMIClassLoaderSpi
          RMIClassLoaderSpi は、RMIClassLoader のサービスプロバイダインタフェースです。
 class RMISocketFactory
          RMISocketFactory クラスのインスタンスは、RMI のランタイムが RMI コール用にクライアントとサーバーのソケットを取得するために使用します。
 class ServerCloneException
          UnicastRemoteObject の複製時にリモート例外が発生した場合にスローされます。
 class ServerNotActiveException
          RemoteServer.getClientHost の呼び出し中に、その getClientHost メソッドがリモートメソッド呼び出しの対応範囲の外側で呼び出された場合にスローされる Exception です。
 class SkeletonMismatchException
          推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは不要
 class SkeletonNotFoundException
          推奨されていません。 代替はありません。スケルトンは、Java 2 プラットフォーム 1.2 以降のバージョンのリモートメソッド呼び出しでは不要
 class SocketSecurityException
          ExportException の廃止されたサブクラスです。
 class UID
          UID とは、生成元のホスト上で常に一意である識別子、または 216 の「既知の」識別子のことです。
 class UnicastRemoteObject
          リモートオブジェクトを JRMP を使ってエクスポートし、リモートオブジェクトと通信するスタブを取得するために使用されます。
 

Object を返す java.rmi.server のメソッド
 Object UnicastRemoteObject.clone()
          元のオブジェクトと明確に区別できるリモートオブジェクトの複製を返します。
 Object LoaderHandler.getSecurityContext(ClassLoader loader)
          推奨されていません。 代替はありません。
static Object RMIClassLoader.getSecurityContext(ClassLoader loader)
          推奨されていません。 代替はありません。Java 2 プラットフォーム 1.2 以降の RMI では、クラスローダーのセキュリティーコンテキストを取得するためにこのメソッドを使用しません
 Object RemoteObjectInvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          このオブジェクトをカプセル化しているプロキシインスタンス proxy 上で発行されたメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object RemoteRef.invoke(Remote obj, Method method, Object[] params, long opnum)
          メソッドを呼び出します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.rmi.server のメソッド
 boolean ObjID.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとこの ObjID が等しいかどうかを比較します。
 boolean RemoteObject.equals(Object obj)
          2 つのリモートオブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 boolean UID.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとこの UID が等しいかどうかを比較します。
 RemoteStub ServerRef.exportObject(Remote obj, Object data)
          指定された Remote オブジェクトに対するクライアントスタブオブジェクトを作成します。
 Object RemoteObjectInvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          このオブジェクトをカプセル化しているプロキシインスタンス proxy 上で発行されたメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object RemoteObjectInvocationHandler.invoke(Object proxy, Method method, Object[] args)
          このオブジェクトをカプセル化しているプロキシインスタンス proxy 上で発行されたメソッド呼び出しを処理し、その結果を返します。
 Object RemoteRef.invoke(Remote obj, Method method, Object[] params, long opnum)
          メソッドを呼び出します。
 

java.security での Object の使用
 

java.security での Object のサブクラス
 class AccessControlContext
          AccessControlContext は、それがカプセル化するコンテキストに基づいて、システムリソースへのアクセスを許可するかどうかを決定するために使用されます。
 class AccessControlException
            この例外は、ファイルシステムやネットワークなどの重要なシステムリソースへのアクセス要求が拒否されたことを示すために、AccessController によってスローされます。
 class AccessController
            AccessController クラスは、アクセス制御の操作と決定に使用されます。
 class AlgorithmParameterGenerator
          AlgorithmParameterGenerator クラスは、特定のアルゴリズムで使われるパラメータのセットを生成するために使用されます。
 class AlgorithmParameterGeneratorSpi
          このクラスは、AlgorithmParameterGenerator クラスのサービスプロバイダインタフェース (Service Provider Interface、SPI) を定義します。
 class AlgorithmParameters
          暗号化パラメータの不透明な表示として使用します。
 class AlgorithmParametersSpi
          このクラスは、AlgorithmParameters クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) を定義します。
 class AllPermission
          AllPermission は、ほかのすべてのアクセス権を包含するアクセス権です。
 class AuthProvider
          このクラスは、特定のプロバイダに対するログインメソッドとログアウトメソッドを定義します。
 class BasicPermission
          BasicPermission は Permission クラスを拡張するクラスで、BasicPermission と同じ命名規約に従う必要のある、アクセス権の基底クラスとして使用できます。
 class CodeSigner
          このクラスはコード署名者に関する情報をカプセル化します。
 class CodeSource
           このクラスはコードベースの概念を拡張し、位置 (URL) に加えて、その位置から発生する署名付きコードの検証に使用した証明書チェーンもカプセル化します。
 class DigestException
          総称メッセージダイジェスト例外です。
 class DigestInputStream
          ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージダイジェストを更新する透明なストリームです。
 class DigestOutputStream
          ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージダイジェストを更新する透明なストリームです。
 class GeneralSecurityException
          GeneralSecurityException クラスは総称セキュリティー例外クラスであり、このクラスを拡張するすべてのセキュリティー関連例外クラスに対して型保証を提供します。
 class GuardedObject
          GuardedObject は、別のオブジェクトへのアクセスから保護するためのオブジェクトです。
 class Identity
          推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
 class IdentityScope
          推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
 class InvalidAlgorithmParameterException
          無効または不適切なアルゴリズムパラメータの例外です。
 class InvalidKeyException
          無効な符号化、長さの誤り、未初期化などの無効な鍵に対する例外です。
 class InvalidParameterException
          メソッドに無効なパラメータが渡されると、JCA または JCE エンジンクラスのために設計された、この例外がスローされます。
 class KeyException
          基本的な鍵の例外です。
 class KeyFactory
          鍵ファクトリは、Key 型の不透明な暗号鍵である「鍵」と、基本の鍵データの透明な表現である「鍵仕様」との間の変換を行うために使用します。
 class KeyFactorySpi
          このクラスは、KeyFactory クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class KeyManagementException
          鍵管理に関係するすべての操作に対する一般的な鍵管理例外です。
 class KeyPair
          このクラスは、鍵ペア (公開鍵と非公開鍵) の単純なホルダーです。
 class KeyPairGenerator
          KeyPairGenerator クラスは、公開鍵と非公開鍵のペアを生成するために使用します。
 class KeyPairGeneratorSpi
            このクラスは、KeyPairGenerator クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class KeyRep
          直列化された Key オブジェクトの標準化された表現です。
 class KeyStore
          このクラスは、暗号化の鍵と証明書の格納場所を表現したものです。
static class KeyStore.Builder
          インスタンス化すべき KeyStore オブジェクトを記述したクラスです。
static class KeyStore.CallbackHandlerProtection
          CallbackHandler をカプセル化した ProtectionParameter です。
static class KeyStore.PasswordProtection
          ProtectionParameter のパスワードベースの実装です。
static class KeyStore.PrivateKeyEntry
          特定の PrivateKey と対応する証明書チェーンが格納された KeyStore エントリです。
static class KeyStore.SecretKeyEntry
          特定の SecretKey が格納された KeyStore エントリです。
static class KeyStore.TrustedCertificateEntry
          信頼できる Certificate が格納された KeyStore エントリです。
 class KeyStoreException
          総称キーストア例外です。
 class KeyStoreSpi
          このクラスは、KeyStore クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class MessageDigest
          この MessageDigest クラスは、MD5 または SHA などのメッセージダイジェストアルゴリズムの機能を提供します。
 class MessageDigestSpi
          MessageDigest クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class NoSuchAlgorithmException
          この例外は、ある暗号アルゴリズムが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
 class NoSuchProviderException
          この例外は、特定のセキュリティープロバイダが要求されたにもかかわらず、現在の環境では使用可能でない場合にスローされます。
 class Permission
          システムリソースへのアクセスを表現する abstract クラスです。
 class PermissionCollection
          Permission オブジェクトのコレクションを表す abstract クラスです。
 class Permissions
          Permissions の異種コレクションを表します。
 class Policy
          Policy オブジェクトは、Java Runtime Environment 内で実行されるコードにセキュリティー依存の操作を実行するアクセス権があるかどうかの判定を行います。
 class PolicySpi
          このクラスは、Policy クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) を定義します。
 class PrivilegedActionException
          この例外は、doPrivileged(PrivilegedExceptionAction)doPrivileged(PrivilegedExceptionAction, AccessControlContext context) によってスローされ、実行されているアクションが確認済例外をスローしたことを示します。
 class ProtectionDomain
           ProtectionDomain クラスは、ドメインの属性をカプセル化し、与えられた Principal のセットの代わりに実行される場合に、そのインスタンスに対してアクセス権のセットが与えられるクラスのセットを含みます。
static class Provider.Service
          特定のセキュリティーサービスを記述したものです。
 class ProviderException
          プロバイダ例外 (設定エラーや回復不可能な内部エラーなど) に対する実行時例外です。
 class SecureClassLoader
          このクラスは、デフォルトでシステムポリシーによって抽出される関連したコードソースとアクセス権を持つクラスを定義するための追加サポートを使用して、ClassLoader を拡張します。
 class SecureRandom
          このクラスは暗号用に強化された乱数ジェネレータ (RNG) を提供します。
 class SecureRandomSpi
          このクラスは SecureRandom クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class Security
           このクラスは、すべてのセキュリティープロパティー、および共通のセキュリティーメソッドを集中管理します。
 class SecurityPermission
          このクラスはセキュリティーアクセス権のために用意されています。
 class Signature
          Signature クラスは、アプリケーションに対してデジタル署名アルゴリズムの機能を提供するために使用されます。
 class SignatureException
          総称署名の例外です。
 class SignatureSpi
          Signature クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class SignedObject
            SignedObject は、認証実行時オブジェクトの作成を目的としたクラスです。
 class Signer
          推奨されていません。 このクラスは現在使用されていません。このクラスの機能は、java.security.KeyStore クラス、java.security.cert パッケージ、および java.security.Principal クラスに置き換えられました。
 class Timestamp
          このクラスは、署名付きタイムスタンプに関する情報をカプセル化します。
 class UnrecoverableEntryException
          この例外は、キーストア内のエントリを復元できない場合にスローされます。
 class UnrecoverableKeyException
          この例外は、キーストア内のキーを復元できない場合にスローされます。
 class UnresolvedPermission
          UnresolvedPermission クラスを使うと、Policy の初期化時に「解決されなかった」Permission を保持できます。
 class URIParameter
          PolicySpi 実装または ConfigurationSpi 実装用のデータを示す URI を含むパラメータです。
 

Object を返す java.security のメソッド
 Object MessageDigest.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
 Object MessageDigestSpi.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
 Object Signature.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
 Object SignatureSpi.clone()
          実装が複製可能な場合は複製を返します。
protected abstract  Object SignatureSpi.engineGetParameter(String param)
          推奨されていません。  
 Object Provider.get(Object key)
           
 Object GuardedObject.getObject()
          ガードのあるオブジェクトを取り出します。
 Object SignedObject.getObject()
          カプセル化されたオブジェクトを取得します。
 Object Signature.getParameter(String param)
          推奨されていません。  
 Object Provider.Service.newInstance(Object constructorParameter)
          このサービスが記述する実装の新しいインスタンスを返します。
 Object Provider.put(Object key, Object value)
          key というプロパティーが、指定された value という値を持つように設定します。
protected  Object KeyRep.readResolve()
          Key オブジェクトを解決します。
 Object Provider.remove(Object key)
          key プロパティーとそれに対応する value を削除します。
 

Object 型の引数を持つ型を返す java.security のメソッド
 Enumeration<Object> Provider.elements()
           
 Set<Map.Entry<Object,Object>> Provider.entrySet()
          このプロバイダに含まれるプロパティーエントリの変更不可能な Set のビューを返します。
 Set<Map.Entry<Object,Object>> Provider.entrySet()
          このプロバイダに含まれるプロパティーエントリの変更不可能な Set のビューを返します。
 Enumeration<Object> Provider.keys()
           
 Set<Object> Provider.keySet()
          このプロバイダに含まれるプロパティーキーの変更不可能な Set のビューを返します。
 Collection<Object> Provider.values()
          このプロバイダに含まれるプロパティー値の変更不可能な Collection のビューを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security のメソッド
 void Guard.checkGuard(Object object)
          ガードによって保護されたオブジェクトである object へのアクセスを許可するかどうかを決定します。
 void Permission.checkGuard(Object object)
          アクセス権のガードインタフェースを実装します。
protected abstract  void SignatureSpi.engineSetParameter(String param, Object value)
          推奨されていません。 engineSetParameter で置き換えられました。
 boolean AccessControlContext.equals(Object obj)
          2 つの AccessControlContext オブジェクトが同等かどうかを判定します。
 boolean AllPermission.equals(Object obj)
          2 つの AllPermission オブジェクトが同等であるかどうかを判定します。
 boolean BasicPermission.equals(Object obj)
          2 つの BasicPermission オブジェクトが同等であるかどうかを判定します。
 boolean CodeSigner.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとこのコード署名者が等しいかどうかを判定します。
 boolean CodeSource.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトと現在のオブジェクトが等価であるかどうかをテストします。
 boolean Identity.equals(Object identity)
          推奨されていません。 指定されたオブジェクトとこのアイデンティティーとが等しいかどうかを判定します。
abstract  boolean Permission.equals(Object obj)
          2 つの Permission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean Principal.equals(Object another)
          指定されたオブジェクトと主体を比較します。
 boolean Timestamp.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとこのタイムスタンプが等しいかどうかを判定します。
 boolean UnresolvedPermission.equals(Object obj)
          2 つの UnresolvedPermission オブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 Object Provider.get(Object key)
           
 Object Provider.Service.newInstance(Object constructorParameter)
          このサービスが記述する実装の新しいインスタンスを返します。
 Object Provider.put(Object key, Object value)
          key というプロパティーが、指定された value という値を持つように設定します。
 Object Provider.remove(Object key)
          key プロパティーとそれに対応する value を削除します。
 void Signature.setParameter(String param, Object value)
          推奨されていません。 setParameter を使用してください。
 boolean Provider.Service.supportsParameter(Object parameter)
          この Service が指定されたパラメータを使用できるかどうかを判定します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security のコンストラクタ
GuardedObject(Object object, Guard guard)
          指定されたオブジェクトとガードで GuardedObject を構築します。
 

java.security.acl での Object の使用
 

java.security.acl での Object のサブクラス
 class AclNotFoundException
          これは、存在しない ACL (アクセス制御リスト) を参照した場合に必ずスローされる例外です。
 class LastOwnerException
          これは、アクセス制御リストの最終所有者を削除しようとした場合に必ずスローされる例外です。
 class NotOwnerException
          これは、アクセス制御リストなどのオブジェクトの変更がそのオブジェクトの所有者だけに許可されている状況で、変更しようとした原則が所有者でなかった場合に必ずスローされる例外です。
 

Object を返す java.security.acl のメソッド
 Object AclEntry.clone()
          この ACL エントリを複製します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security.acl のメソッド
 boolean Permission.equals(Object another)
          渡されたオブジェクトと、このインタフェースで表されるアクセス権が等しい場合に true を返します。
 

java.security.cert での Object の使用
 

java.security.cert での Object のサブクラス
 class Certificate
           さまざまな身元証明書を管理する abstract クラスです。
protected static class Certificate.CertificateRep
          直列化の代替 Certificate クラスです。
 class CertificateFactory
          証明書ファクトリの機能を定義します。
 class CertificateFactorySpi
          CertificateFactory クラスの Service Provider Interface (SPI) を定義します。
 class CertPath
          不変な証明書のシーケンス (証明書パス) です。
protected static class CertPath.CertPathRep
          直列化の代替 CertPath クラスです。
 class CertPathBuilder
          証明書パス (証明書チェーンとも呼ばれる) を構築するためのクラスです。
 class CertPathBuilderException
          CertPathBuilder で証明書パスを構築するときに検出されるさまざまな問題の 1 つを表す例外です。
 class CertPathBuilderSpi
          CertPathBuilder クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
 class CertPathValidator
          証明書パス (証明書チェーンとも呼ばれる) の妥当性を検査するためのクラスです。
 class CertPathValidatorException
          証明書パスの妥当性を検査するときに検出されるさまざまな問題の 1 つを表す例外です。
 class CertPathValidatorSpi
          CertPathValidator クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
 class CertStore
          リポジトリから CertificateCRL を取得するクラスです。
 class CertStoreException
          CertStore から証明書と CRL を取得するときのさまざまな問題の 1 つを表す例外です。
 class CertStoreSpi
          CertStore クラスのサービスプロバイダインタフェース (SPI) です。
 class CollectionCertStoreParameters
          Collection CertStore アルゴリズムの入力で使用されるパラメータです。
 class CRL
          形式は異なるが主要な機能法は共通である、証明書の取り消しリスト (CRL) の抽象化です。
 class CRLException
          CRL (証明書の取り消しリスト) 例外です。
 class LDAPCertStoreParameters
          LDAP CertStore アルゴリズムの入力で使用されるパラメータです。
 class PKIXBuilderParameters
          PKIX CertPathBuilder アルゴリズムの入力で使用されるパラメータです。
 class PKIXCertPathBuilderResult
          PKIX 証明書パス構築アルゴリズムによって成功した結果を表します。
 class PKIXCertPathChecker
          X509Certificate のチェックを 1 回以上行う abstract クラスです。
 class PKIXCertPathValidatorResult
          PKIX 証明書パス検索アルゴリズムによって成功した結果を表します。
 class PKIXParameters
          PKIX CertPathValidator アルゴリズムの入力で使用されるパラメータです。
 class PolicyQualifierInfo
          ASN.1 PolicyQualifierInfo 構造体で表される不変なポリシー修飾子です。
 class TrustAnchor
          トラストアンカー、またはもっとも信頼できる証明書発行局 (CA) です。
 class X509Certificate
           X.509 証明書の abstract クラスです。
 class X509CertSelector
          指定した基準すべてに一致する X509Certificates を選択する CertSelector です。
 class X509CRL
           X.509 証明書の取り消しリスト (CRL) の abstract クラスです。
 class X509CRLEntry
           CRL (証明書の取り消しリスト) にある、取り消された証明書の abstract クラスです。
 class X509CRLSelector
          指定した基準すべてに一致する X509CRL を選択する CRLSelector です。
 

Object を返す java.security.cert のメソッド
 Object CRLSelector.clone()
          CRLSelector の複製を作成します。
 Object CertPathBuilderResult.clone()
          CertPathBuilderResult の複製を作成します。
 Object CertPathParameters.clone()
          CertPathParameters の複製を作成します。
 Object CertPathValidatorResult.clone()
          CertPathValidatorResult の複製を作成します。
 Object CertSelector.clone()
          CertSelector の複製を作成します。
 Object CertStoreParameters.clone()
          この CertStoreParameters の複製を作成します。
 Object CollectionCertStoreParameters.clone()
          このオブジェクトの複製を返します。
 Object LDAPCertStoreParameters.clone()
          このオブジェクトの複製を返します。
 Object PKIXCertPathChecker.clone()
          このオブジェクトの複製を返します。
 Object PKIXCertPathValidatorResult.clone()
          このオブジェクトの複製を返します。
 Object PKIXParameters.clone()
          PKIXParameters オブジェクトの複製を作成します。
 Object X509CRLSelector.clone()
          このオブジェクトの複製を返します。
 Object X509CertSelector.clone()
          このオブジェクトの複製を返します。
protected  Object CertPath.CertPathRep.readResolve()
          タイプとデータから構築した CertPath を返します。
protected  Object Certificate.CertificateRep.readResolve()
          Certificate Object を解釈処理します。
protected  Object CertPath.writeReplace()
          直列化される CertPathCertPathRep オブジェクトに置き換えます。
protected  Object Certificate.writeReplace()
          直列化される証明書を置き換えます。
 

Object 型の引数を持つ型を返す java.security.cert のメソッド
 Collection<Object> X509CRLSelector.getIssuerNames()
          issurNames の基準値の複製を返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security.cert のメソッド
 boolean CertPath.equals(Object other)
          指定されたオブジェクトとこの証明書パスが等しいかどうかを比較します。
 boolean Certificate.equals(Object other)
          この証明書と、指定されたオブジェクトが等しいかどうかを判定します。
 boolean X509CRL.equals(Object other)
          指定されたオブジェクトとこの CRL が等しいかどうかを判定します。
 boolean X509CRLEntry.equals(Object other)
          指定されたオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 

java.security.spec での Object の使用
 

java.security.spec での Object のサブクラス
 class DSAParameterSpec
          DSA アルゴリズムで使用されるパラメータのセットを指定します。
 class DSAPrivateKeySpec
          関連したパラメータを使って DSA 非公開鍵を指定します。
 class DSAPublicKeySpec
          関連したパラメータを使って DSA 公開鍵を指定します。
 class ECFieldF2m
          この不変なクラスは、楕円曲線 (EC) の標数 2 の有限体を定義します。
 class ECFieldFp
          この不変なクラスは、楕円曲線 (EC) の素数位数の有限体を定義します。
 class ECGenParameterSpec
          この不変なクラスは、楕円曲線 (Elliptic Curve: EC) ドメインパラメータの生成時に使用される一連のドメインパラメータを指定します。
 class ECParameterSpec
          この不変なクラスは、楕円曲線暗号化 (Elliptic Curve Cryptography: ECC) で使用される一連のドメインパラメータを指定します。
 class ECPoint
          この不変なクラスは、アフィン座標における楕円曲線 (Elliptic Curve: EC) 上の点を表します。
 class ECPrivateKeySpec
          この不変クラスは、楕円曲線非公開鍵とそれに関連付けられたパラメータを指定します。
 class ECPublicKeySpec
          この不変クラスは、楕円曲線公開鍵とそれに関連付けられたパラメータを指定します。
 class EllipticCurve
          この不変なクラスは、楕円曲線の表現に必要となる値を保持します。
 class EncodedKeySpec
          公開鍵または非公開鍵を、符号化された形式で表現します。
 class InvalidKeySpecException
          無効な鍵仕様の例外です。
 class InvalidParameterSpecException
          無効なパラメータ仕様の例外です。
 class MGF1ParameterSpec
          このクラスは、PKCS #1 v2.1 標準で定義された OAEP パディングおよび RSA-PSS 署名方式におけるマスク生成関数 MGF1 で使用される一連のパラメータを指定します。
 class PKCS8EncodedKeySpec
          ASN.1 PrivateKeyInfoで指定された形式に従って符号化された、非公開鍵の ASN.1 での符号化を表します。
 class PSSParameterSpec
          このクラスは、PKCS#1 v2.1 標準で定義された RSA-PSS 署名方式のパラメータ仕様を指定します。
 class RSAKeyGenParameterSpec
          RSA 鍵ペアを生成するために使用されるパラメータのセットを指定します。
 class RSAMultiPrimePrivateCrtKeySpec
          このクラスは、中国剰余定理 (CRT) の情報の値を使って RSA マルチプライム非公開鍵 (PKCS#1 v2.1 の定義による) を効率を向上させるために指定します。
 class RSAOtherPrimeInfo
          このクラスは、RSA の OtherPrimeInfo 構造 (PKCS#1 v2.1 の定義による) 内部の三重項 (素数、指数、係数) を表します。
 class RSAPrivateCrtKeySpec
          このクラスは、中国剰余定理 (CRT) の情報の値を使って RSA 非公開鍵 (PKCS#1 標準の定義による) を効率を向上させるために指定します。
 class RSAPrivateKeySpec
          このクラスは RSA 非公開鍵を指定します。
 class RSAPublicKeySpec
          このクラスは RSA 公開鍵を指定します。
 class X509EncodedKeySpec
          ASN.1 SubjectPublicKeyInfo で指定された形式に従って符号化された、公開鍵の ASN.1 での符号化を表します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.security.spec のメソッド
 boolean ECFieldF2m.equals(Object obj)
          この有限体と指定されたオブジェクトとを比較し、両者が等しいかどうかを判定します。
 boolean ECFieldFp.equals(Object obj)
          この素数位数の有限体と指定されたオブジェクトとを比較し、両者が等しいかどうかを判定します。
 boolean ECPoint.equals(Object obj)
          この楕円曲線上の点と指定されたオブジェクトとを比較し、両者が等しいかどうかを判定します。
 boolean EllipticCurve.equals(Object obj)
          この楕円曲線と指定されたオブジェクトとを比較し、両者が等しいかどうかを判定します。
 

java.sql での Object の使用
 

java.sql での Object のサブクラス
 class BatchUpdateException
          バッチ更新操作中にエラーが発生したときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class DataTruncation
          MaxFieldSize を超過した以外の理由でデータ値が予期せず切り詰められたときに、DataTruncation 例外としてスローされる例外 (書き込み時)、または DataTruncation 警告として報告される例外 (読み込み時) です。
 class DriverManager
           一連の JDBC ドライバを管理するための基本的なサービスです。
 class DriverPropertyInfo
           接続用のドライバプロパティーです。
 class SQLClientInfoException
          1 つ以上のクライアント情報プロパティーを Connection で設定できなかったときに、SQLException のサブクラスがスローされます。
 class SQLDataException
          SQLState クラス値が '22' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLException
           データベースアクセスエラーまたはその他のエラーに関する情報を提供する例外です。
 class SQLFeatureNotSupportedException
          SQLState クラス値が '0A' (ゼロ A) のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLIntegrityConstraintViolationException
          SQLState クラス値が '23' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLInvalidAuthorizationSpecException
          SQLState クラス値が '28' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLNonTransientConnectionException
            SQLState クラス値が '08' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLNonTransientException
          SQLException の原因が修正されないかぎり、同じ操作を再試行してもインスタンスが失敗するときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLPermission
          アプレットで実行されているコードが DriverManager.setLogWriter メソッドまたは DriverManager.setLogStream メソッド (推奨されない) を呼び出すときに、SecurityManager の確認対象となるアクセス権です。
 class SQLRecoverableException
          アプリケーションが回復手順を実行してトランザクション全体 (分散トランザクションの場合はトランザクションブランチ) を再試行すれば前回失敗した操作が成功する可能性があるときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLSyntaxErrorException
          SQLState クラス値が '42' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLTimeoutException
           Statement で指定したタイムアウトが経過したときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLTransactionRollbackException
          SQLState クラス値が '40' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLTransientConnectionException
          SQLState クラス値が '08' のときにスローされる SQLException のサブクラスです。
 class SQLTransientException
          前回失敗した操作が、アプリケーションレベルの機能による介入がなくても再試行時に成功する可能性がある状況では SQLException のサブクラスがスローされます。
 class SQLWarning
           データベースアクセスの警告に関する情報を提供する例外です。
 class Time
           java.util.Date クラスの thin ラッパーで、このラッパーによって JDBC API はこれを SQL TIME 値として識別できます。
 class Types
           JDBC 型と呼ばれる、総称 SQL 型を識別するために使用する定数を定義するクラスです。
 

Object を返す java.sql のメソッド
 Object Array.getArray()
          この Array オブジェクトによって指定された SQL ARRAY 値の内容を、Java プログラミング言語の配列の形式で取り出します。
 Object Array.getArray(long index, int count)
          この Array オブジェクトによって指定された SQL ARRAY 値の一部を取り出します。
 Object Array.getArray(long index, int count, Map<String,Class<?>> map)
          この Array オブジェクトによって指定された SQL ARRAY 値の一部を取り出します。
 Object Array.getArray(Map<String,Class<?>> map)
          この Array オブジェクトによって指定された SQL ARRAY 値の内容を取り出します。
 Object[] Struct.getAttributes()
          この Struct オブジェクトが表す SQL 構造化型の属性の順序付けされた値を作成します。
 Object[] Struct.getAttributes(Map<String,Class<?>> map)
          この Struct オブジェクトが表す SQL 構造化型の属性の順序付けされた値を作成します。
 Object Ref.getObject()
          この Ref オブジェクトによって参照される SQL 構造化型インスタンスを取得します。
 Object CallableStatement.getObject(int parameterIndex)
          指定されたパラメータの値を Java プログラミング言語の Object として取り出します。
 Object ResultSet.getObject(int columnIndex)
           この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object CallableStatement.getObject(int parameterIndex, Map<String,Class<?>> map)
          OUT パラメータ parameterIndex の値を表すオブジェクトを返し、map を使用してそのパラメータ値のカスタムマッピングを行います。
 Object ResultSet.getObject(int columnIndex, Map<String,Class<?>> map)
          この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object Ref.getObject(Map<String,Class<?>> map)
          参照されるオブジェクトを取得し、そのオブジェクトを指定された型マップを使用して Java 型へマップします。
 Object CallableStatement.getObject(String parameterName)
          パラメータの値を Java プログラミング言語の Object として取り出します。
 Object ResultSet.getObject(String columnLabel)
           この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object CallableStatement.getObject(String parameterName, Map<String,Class<?>> map)
          OUT パラメータ parameterName の値を表すオブジェクトを返し、map を使用してそのパラメータ値のカスタムマッピングを行います。
 Object ResultSet.getObject(String columnLabel, Map<String,Class<?>> map)
          この ResultSet オブジェクトの現在行にある指定された列の値を、Java プログラミング言語の Object として取得します。
 Object SQLInput.readObject()
          ストリームの先頭にあるデータを読み込み、それを Java プログラミング言語の Object として返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.sql のメソッド
 Array Connection.createArrayOf(String typeName, Object[] elements)
          Array オブジェクトを生成するファクトリメソッドです。
 Struct Connection.createStruct(String typeName, Object[] attributes)
          Struct オブジェクトを生成するファクトリメソッドです。
 boolean RowId.equals(Object obj)
          この RowId を指定されたオブジェクトと比較します。
 boolean Timestamp.equals(Object ts)
          この Timestamp オブジェクトが指定されたオブジェクトと等しいかどうかを判定します。
 void PreparedStatement.setObject(int parameterIndex, Object x)
           指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトを使用して設定します。
 void PreparedStatement.setObject(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
 void PreparedStatement.setObject(int parameterIndex, Object x, int targetSqlType, int scaleOrLength)
           指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
 void Ref.setObject(Object value)
          この Ref オブジェクトが参照する構造化型値を Object の指定されたインスタンスに設定します。
 void CallableStatement.setObject(String parameterName, Object x)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
 void CallableStatement.setObject(String parameterName, Object x, int targetSqlType)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
 void CallableStatement.setObject(String parameterName, Object x, int targetSqlType, int scale)
          指定されたパラメータの値を、指定されたオブジェクトで設定します。
 void ResultSet.updateObject(int columnIndex, Object x)
          指定された列を Object 値で更新します。
 void ResultSet.updateObject(int columnIndex, Object x, int scaleOrLength)
          指定された列を Object 値で更新します。
 void ResultSet.updateObject(String columnLabel, Object x)
          指定された列を Object 値で更新します。
 void ResultSet.updateObject(String columnLabel, Object x, int scaleOrLength)
          指定された列を Object 値で更新します。
 

java.text での Object の使用
 

java.text での Object のサブクラス
 class Annotation
          Annotation オブジェクトは、属性が次の注釈特性を持つ場合にテキスト属性値のラッパーとして使います。
static class AttributedCharacterIterator.Attribute
          テキスト属性の識別に使用する属性キーを定義します。
 class AttributedString
          テキストとそのテキストに関連する属性情報を保持します。
 class Bidi
          このクラスは Unicode 双方向アルゴリズムを実装します。
 class BreakIterator
          BreakIterator クラスは、テキスト内の境界の位置を見つけるメソッドを実装します。
 class ChoiceFormat
          ChoiceFormat を使用すると、ある範囲の数値にフォーマットを追加することができます。
 class CollationElementIterator
          CollationElementIterator クラスは、多国語文字列の各文字を処理するときの反復子として使われます。
 class CollationKey
          CollationKey は、特定の Collator オブジェクトのルールのもとにある String を表します。
 class Collator
          Collator クラスは、ロケールに依存する String の比較を行います。
 class DateFormat
          DateFormat は、言語に依存しない方法で日付または時刻をフォーマットおよび解析する、日付/時刻フォーマットサブクラスの abstract クラスです。
static class DateFormat.Field
          DateFormat.formatToCharacterIterator から返された AttributedCharacterIterator 内の属性キー、および FieldPosition 内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
 class DateFormatSymbols
          DateFormatSymbols は、月、曜日、タイムゾーンデータなど、ローカライズが可能な日付/時刻フォーマットデータをカプセル化するための public クラスです。
 class DecimalFormat
          DecimalFormat は、10 進数をフォーマットする NumberFormat の具象サブクラスです。
 class DecimalFormatSymbols
          このクラスは、数値をフォーマットするときに DecimalFormat で必要となる記号セット (小数点、グループ化区切り文字など) を表します。
 class FieldPosition
          FieldPositionFormat で使用される単純なクラスであり、またフォーマット出力においてフィールドを識別するサブクラスです。
 class Format
          Format は、日付、メッセージ、数字などのロケールに依存する情報をフォーマットする abstract 基底クラスです。
static class Format.Field
          Format.formatToCharacterIterator から返された AttributedCharacterIterator 内の属性キー、および FieldPosition 内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
 class MessageFormat
          MessageFormat は、連結されたメッセージを、言語に依存しない方法で構築するためのものです。
static class MessageFormat.Field
          MessageFormat.formatToCharacterIterator から返された AttributedCharacterIterator 内の属性キーとして使用する定数を定義します。
 class Normalizer
          このクラスは、テキストのソートや検索が容易になるように Unicode テキストをそれと等価な合成形式または分解形式に変換する、normalize メソッドを提供します。
 class NumberFormat
          NumberFormat は、すべての数値フォーマットに対する abstract 基底クラスです。
static class NumberFormat.Field
          NumberFormat.formatToCharacterIterator から返された AttributedCharacterIterator 内の属性キー、および FieldPosition 内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
 class ParseException
          解析中に予想外のエラーが発生したことを表すシグナルです。
 class ParsePosition
          ParsePosition は、解析中に現在の位置を追跡するために Format とそのサブクラスが使用する単純なクラスです。
 class RuleBasedCollator
          RuleBasedCollator クラスは Collator の具象サブクラスで、簡単な操作でデータドリブンのテーブルコレータを使用可能にします。
 class SimpleDateFormat
          SimpleDateFormat は、日付のフォーマットと解析を、ロケールを考慮して行うための具象クラスです。
 class StringCharacterIterator
          StringCharacterIterator は、CharacterIterater プロトコルを String 用に実装したものです。
 

Object を返す java.text のメソッド
 Object BreakIterator.clone()
          Create a copy of this iterator
 Object Collator.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object CharacterIterator.clone()
          反復子のコピーを作成します。
 Object ChoiceFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object DateFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object DateFormatSymbols.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object DecimalFormat.clone()
          標準オーバーライドです。
 Object DecimalFormatSymbols.clone()
          標準オーバーライドです。
 Object Format.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
 Object MessageFormat.clone()
          このオブジェクトのコピーを作成して、返します。
 Object NumberFormat.clone()
          Cloneable をオーバーライドします。
 Object RuleBasedCollator.clone()
          標準オーバーライドです。
 Object SimpleDateFormat.clone()
          この SimpleDateFormat のコピーを作成します。
 Object StringCharacterIterator.clone()
          この反復子のコピーを作成します。
 Object AttributedCharacterIterator.getAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute attribute)
          現在の文字について指定された属性の値を返します。
 Object[] ChoiceFormat.getFormats()
          コンストラクタの中で渡されるフォーマットを取得します。
 Object Annotation.getValue()
          属性の値を返します。
 Object[] MessageFormat.parse(String source)
          指定された文字列の先頭からテキストを解析してオブジェクト配列を生成します。
 Object[] MessageFormat.parse(String source, ParsePosition pos)
          文字列を解析します。
 Object Format.parseObject(String source)
          指定された文字列の先頭からテキストを解析してオブジェクトを生成します。
 Object DateFormat.parseObject(String source, ParsePosition pos)
          文字列からテキストを解析して Date を生成します。
abstract  Object Format.parseObject(String source, ParsePosition pos)
          文字列からテキストを解析してオブジェクトを生成します。
 Object MessageFormat.parseObject(String source, ParsePosition pos)
          文字列からテキストを解析してオブジェクト配列を生成します。
 Object NumberFormat.parseObject(String source, ParsePosition pos)
          文字列からテキストを解析して Number を生成します。
protected  Object AttributedCharacterIterator.Attribute.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
protected  Object DateFormat.Field.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
protected  Object MessageFormat.Field.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
protected  Object NumberFormat.Field.readResolve()
          直列化復元されるインスタンスを定義済み定数に解決します。
 

Object 型の引数を持つ型を返す java.text のメソッド
 Map<AttributedCharacterIterator.Attribute,Object> AttributedCharacterIterator.getAttributes()
          現在の文字に定義された属性を持つマップを返します。
 

Object 型のパラメータを持つ java.text のメソッド
 void AttributedString.addAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute attribute, Object value)
          属性を文字列全体に追加します。
 void AttributedString.addAttribute(AttributedCharacterIterator.Attribute attribute, Object value, int beginIndex, int endIndex)
          属性を文字列の部分範囲に追加します。
 int Collator.compare(Object o1, Object o2)
          順序付けのために 2 つの引数を比較します。
 boolean AttributedCharacterIterator.Attribute.equals(Object obj)
          2 つのオブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 boolean Collator.equals(Object that)
          2 つの Collator が等しいかどうかを比較します。
 boolean ChoiceFormat.equals(Object obj)
          2 つが等しいかどうかを比較します。
 boolean DateFormat.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean DateFormatSymbols.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean DecimalFormat.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean DecimalFormatSymbols.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean FieldPosition.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean MessageFormat.equals(Object obj)
          2 つのメッセージフォーマットオブジェクトの間の等号比較です。
 boolean NumberFormat.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean ParsePosition.equals(Object obj)
          equals をオーバーライドします。
 boolean RuleBasedCollator.equals(Object obj)
          2 つの照合オブジェクトが等しいかどうかを比較します。
 boolean SimpleDateFormat.equals(Object obj)
          指定されたオブジェクトとこの SimpleDateFormat が等しいかどうかを比較します。
 boolean StringCharacterIterator.equals(Object obj)
          2 つの StringCharacterIterator オブジェクトを比較して両者が等しいかどうかを判定します。
 String Format.format(Object obj)
          オブジェクトをフォーマットして文字列を作成します。
 StringBuffer MessageFormat.format(Object[] arguments, StringBuffer result, FieldPosition pos)
          オブジェクトの配列をフォーマットし、提供された StringBuffer に、フォーマット要素をフォーマットされたオブジェクトによって置き換えて MessageFormat のパターンを追加します。
 StringBuffer DateFormat.format(Object obj, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition fieldPosition)
          Format をオーバーライドします。
 StringBuffer DecimalFormat.format(Object number, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition pos)
          数値をフォーマットし、その結果のテキストを指定された文字列バッファーに追加します。
abstract  StringBuffer Format.format(Object obj, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition pos)
          オブジェクトをフォーマットし、指定された文字列バッファーに結果のテキストを追加します。
 StringBuffer MessageFormat.format(Object arguments, StringBuffer result, FieldPosition pos)
          オブジェクトの配列をフォーマットし、提供された StringBuffer に、フォーマット要素をフォーマットされたオブジェクトによって置き換えて MessageFormat のパターンを追加します。
 StringBuffer NumberFormat.format(Object number, StringBuffer toAppendTo, FieldPosition pos)
          数値をフォーマットし、その結果のテキストを指定された文字列バッファーに追加します。
static String MessageFormat.format(String pattern, Object... arguments)
          指定されたパターンを使って MessageFormat を作成し、それを使用して指定された引数をフォーマットします。
 AttributedCharacterIterator DecimalFormat.formatToCharacterIterator(Object obj)
          Object をフォーマットし、AttributedCharacterIterator を生成します。
 AttributedCharacterIterator Format.formatToCharacterIterator(Object obj)
          Object をフォーマットし、AttributedCharacterIterator を生成します。
 AttributedCharacterIterator MessageFormat.formatToCharacterIterator(Object arguments)
          オブジェクトの配列をフォーマットし、それを MessageFormat のパターンに挿入して、AttributedCharacterIterator を生成します。
 AttributedCharacterIterator SimpleDateFormat.formatToCharacterIterator(Object obj)
          Object をフォーマットし、AttributedCharacterIterator を生成します。
static void Bidi.reorderVisually(byte[] levels, int levelStart, Object[] objects, int objectStart, int count)
          配列内のオブジェクトを、そのレベルに基づいて視覚的順序に並べ替えます。
 

Object 型のパラメータを持つ java.text のコンストラクタ
Annotation(Object value)
          指定された値を持つ注釈レコードを構築します。
 

java.text.spi での Object の使用
 

java.text.spi での Object のサブクラス
 class BreakIteratorProvider
          BreakIterator クラスの具象実装を提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
 class CollatorProvider
          Collator クラスの具象実装を提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
 class DateFormatProvider
          DateFormat クラスの具象実装を提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
 class DateFormatSymbolsProvider
          DateFormatSymbols クラスのインスタンスを提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
 class DecimalFormatSymbolsProvider
          DecimalFormatSymbols クラスのインスタンスを提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
 class NumberFormatProvider
          NumberFormat クラスの具象実装を提供するサービスプロバイダ用の abstract クラスです。
 

java.util での Object の使用
 

java.util での Object のサブクラス
 class AbstractCollection<E>
          このクラスは、Collection インタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractList<E>
          このクラスは、List インタフェースのスケルトン実装を提供し、配列のような「ランダムアクセス」データ記憶域に連動するこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractMap<K,V>
          このクラスは、Map インタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
static class AbstractMap.SimpleEntry<K,V>
          キーと値を維持するエントリ。
static class AbstractMap.SimpleImmutableEntry<K,V>
          不変のキーと値を維持するエントリ。
 class AbstractQueue<E>
          このクラスは、いくつかの Queue オペレーションのスケルトン実装を提供します。
 class AbstractSequentialList<E>
          このクラスは、List インタフェースのスケルトン実装を提供し、リンクリストのような「順次アクセス」データ記憶域に連動するこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class AbstractSet<E>
          このクラスは、Set インタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
 class ArrayDeque<E>
          Deque インタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
 class ArrayList<E>
          List インタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
 class Arrays
          このクラスには、ソートや検索など、配列を操作するためのさまざまなメソッドがあります。
 class BitSet
          このクラスは、必要に応じて大きくなるビットベクトルを実装します。
 class Calendar
          Calendar クラスは、特定の時点と YEARMONTHDAY_OF_MONTHHOUR などのカレンダフィールドセット間の変換、および次週の日付の取得などのカレンダフィールド操作を行うための abstract クラスです。
 class Collections
          このクラスは、コレクションに作用する、またはコレクションを返す static メソッドだけで構成されます。
 class ConcurrentModificationException
          この例外は、オブジェクトの並行変更を検出したメソッドによって、そのような変更が許可されていない場合にスローされます。
 class Currency
          通貨を表します。
 class Date
          クラス Date は、特定の時点を表すもので、その精度はミリ秒です。
 class Dictionary<K,V>
          Dictionary クラスは、Hashtable のようにキーを値にマップするクラスの親となる abstract クラスです。
 class DuplicateFormatFlagsException
          重複するフラグが形式指示子内で指定されていたときにスローされるチェックされない例外です。
 class EmptyStackException
          Stack クラスのメソッドによってスローされ、そのスタックが空であることを示します
 class EnumMap<K extends Enum<K>,V>
          enum 型のキーで使用するための特殊な Map 実装です。
 class EnumSet<E extends Enum<E>>
          enum 型で使用するための特殊な Set 実装です。
 class EventListenerProxy
          追加パラメータのセットをリスナーに関連付ける、EventListener クラスの abstract ラッパークラス。
 class EventObject
           すべてのイベント状態オブジェクトの派生元になるルートクラスです。
 class FormatFlagsConversionMismatchException
          変換およびフラグに互換性がない場合にスローされる、チェックされない例外です。
 class FormattableFlags
          FormattalbeFlag は Foramattable.formatTo() メソッドに渡され、フォーマッタブルの出力フォーマットを変更します。
 class Formatter
          printf 形式の文字列用のインタプリタ。
 class FormatterClosedException
          フォーマッタを閉じる際にスローされる、チェックされない例外です。
 class GregorianCalendar
          GregorianCalendar は、Calendar の具象サブクラスであり、世界のほとんどの地域で使用される標準的なカレンダシステムを提供します。
 class HashMap<K,V>
          Map インタフェースのハッシュテーブルに基づく実装です。
 class HashSet<E>
          このクラスは、ハッシュテーブル (実際には HashMap のインスタンス) に連動し、Set インタフェースを実装します。
 class Hashtable<K,V>
          このクラスは、ハッシュテーブルを実装するためのもので、キーを値にマップします。
 class IdentityHashMap<K,V>
          このクラスは、キーと値を比較する時にオブジェクトの同一性の代わりにリファレンスの同一性を使用して、ハッシュテーブルを持つ Map インスタンスを実装します。
&nb