すべてのクラスおよびインタフェース

クラス
説明
アプリケーションがaboutウィンドウを開くように要求されたときに送信されるイベント。
実装者は、アプリがaboutダイアログを表示するように要求されたときに通知を受け取ります。
行番号または変数情報が利用可能でないことを示すためにスローされます。
このクラスは、JFCのActionインタフェースのデフォルト実装を提供します。
ソース・バージョンRELEASE_14に適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、注釈値のスケルトン・ビジターです。
ソース・バージョンRELEASE_9からRELEASE_14に適したデフォルトの動作を持つ、注釈値に対するスケルトン・ビジターです。
サイズ指定のない空のボーダーを実装するクラスです。
ボタンおよびメニュー項目の共通動作を定義します。
CellEditorsの基底クラスであり、getCellEditorValue()を除くCellEditorインタフェースのメソッドのデフォルトの実装を提供します。
日付の編成と識別に使用される暦体系の抽象実装。
このクラスは、Collectionインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
カラー・チューザの抽象スーパー・クラスです。
ドキュメント・インタフェースの実装であり、各種のドキュメントを実装するときのベースになります。
このインタフェースは、プラグイン可能な属性圧縮手法をMutableAttributeSetの実装で使用可能にするために使用できます。
編集可能な文字のシーケンスを示すインタフェースです。
ドキュメントのイベントに追加できるElementChangeの実装です。
RELEASE_14ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
ソース・バージョンRELEASE_9からRELEASE_14に適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスケルトン・ビジターです。
ExecutorService実行メソッドのデフォルト実装を提供します。
割込み可能チャネルのベース実装クラスです。
警告: このクラスの直列化されたオブジェクトは、今後のSwingリリースと互換ではなくなる予定です。
あるノードのサイズとX原点を判定するためにAbstractLayoutCacheで使用されます。
このクラスは、Listインタフェースのスケルトン実装を提供し、配列のような「ランダム・アクセス」データ・ストアに連動するこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
Listにその内容を提供するデータ・モデルの抽象定義です。
このクラスは、Mapインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
キーと値を保持するエントリ。
キーと値を保守する変更不可のエントリ。
アプリケーションが抽象メソッドを呼び出そうとした場合にスローされます。
このクラスは、MultiResolutionImageインタフェースを実装するクラス用のいくつかのImageメソッドのデフォルト実装を提供します。
通知を処理してから続行するスケルトン・ハンドラです。
スレッドが排他的に所有できるシンクロナイザです。
このクラスは、Preferencesクラスのスケルトン実装を提供します。このクラスを使用すれば、簡単に実装することができます。
大部分の具象注釈プロセッサの簡易スーパー・クラスとして設計された、抽象注釈プロセッサ。
このクラスは、Queueのいくつかのオペレーションのスケルトン実装を提供します。
同期状態がlongとして保持されるAbstractQueuedSynchronizerのバージョンです。
ブロック・ロック、および先入れ先出し(FIFO)待機キューに依存する関連シンクロナイザ(セマフォ、イベントなど)を実装するフレームワークを提供します。
Nimbus内の領域またはコンポーネントを描画するためのPainterインスタンスを定義する便利な基底クラス。
ペイント時に便利な、状態をカプセル化するクラス。
キャッシュ・モード。
MutableCallSiteとしてのRelinkableCallSiteの基本的な実装。
AbstractResourceBundleProviderは、ResourceBundleProviderのプロバイダ実装クラスの基本サポートを提供する抽象クラスです。
evalメソッドの複数のバリアントに対する標準の実装を提供します。
選択可能チャネルのベース実装クラスです。
選択キーのベース実装クラスです。
セレクタのベース実装クラスです。
このクラスは、Listインタフェースのスケルトン実装を提供し、リンク・リストのような「順次アクセス」データ・ストアに連動するこのインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
このクラスは、Setインタフェースのスケルトン実装を提供し、このインタフェースを実装するのに必要な作業量を最小限に抑えます。
このクラスでは、ほとんどの具象SpinnerModel実装に適するSpinnerModelインタフェースのChangeListener部分を提供します。
このabstractクラスは、TableModelインタフェースのほとんどのメソッドのデフォルトの実装を提供します。
RELEASE_14ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
ソース・バージョンRELEASE_9からRELEASE_14に適したデフォルトの動作を持つ、型のスケルトン・ビジターです。
UndoableEditの抽象実装で、このインタフェースのすべてのboolean型メソッドに対して簡単な応答を実装します。
すべてのビューが派生する基本インタフェース。
AbstractWriterは、属性を含む要素ツリーを実際に書き出すabstractクラスです。
以前の受け付け操作が完了していないのにチャネル上で受け付け操作を開始しようとした場合にスローされる非チェック例外です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは、非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。「セキュリティ・マネージャ」と組み合わせて使用すると便利です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは、非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。「セキュリティ・マネージャ」と組み合わせて使用すると便利です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは、非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。「セキュリティ・マネージャ」と組み合わせて使用すると便利です。
通常はファイル・アクセス権またはその他のアクセス・チェックのために、ファイル・システム操作が拒否されたときにスローされるチェック例外です。
AccessExceptionは、java.rmi.Namingクラス(具体的には、bindrebindおよびunbind)の特定のメソッドによってスローされ、コール元がメソッド・コールによってリクエストされたアクションを実行する権限がないことを示します。
AccessibilityEventMonitorは、Java仮想マシンでインタフェースAccessibleを実装するすべてのUIオブジェクトに対してPropertyChangeリスナーを実装します。
AccessibilityListenerListは、Swing EventListerListクラスのコピーです。
補助技術のためのサービス・プロバイダ・インタフェース(SPI)。
ある型または型要素のアクセス可能性に関する情報を提供します。
インタフェースAccessibleはアクセシビリティ・パッケージのメイン・インタフェースです。
AccessibleActionインタフェースは、1つ以上のアクションを実行できるすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
このクラスは、連続した属性セットを共有するテキスト範囲を、その属性セットとともに収集します。
強く型付けされた列挙を維持するために使用する基底クラスです。
AccessibleComponentインタフェースは、画面にレンダリングされるすべてのオブジェクトによってサポートされる必要があります。
AccessibleContextは、すべてのアクセス可能なオブジェクトが返す最小限の情報を表します。
AccessibleEditableTextインタフェースは、編集可能なテキスト情報を表示するすべてのクラスによって実装される必要があります。
AccessibleExtendedComponentインタフェースは、画面上にレンダリングされるオブジェクトによってサポートされる必要があります。
クラスAccessibleExtendedTableは、データを2ディメンションの表形式で表示するユーザー・インタフェース・コンポーネントに関する拡張情報を提供します。
AccessibleExtendedTextインタフェースには、AccessibleTextインタフェースでは提供されていない追加のメソッドが含まれています。
ハイパーテキスト・ドキュメント内のリンクまたはリンクのセット(クライアント側イメージ・マップなど)のカプセル化
AccessibleHypertextクラスは、ハイパーテキスト情報を表示するすべてのクラスの基本クラスです。
AccessibleIconインタフェースは、関連付けられたアイコン(ボタンなど)を持つ任意のオブジェクトによってサポートされる必要があります。
AccessibleKeyBindingインタフェースは、オブジェクトを選択するために使用できるキーボード・ニーモニックやキーボード・ショートカットなどのキーボード・バインディングを持つ任意のオブジェクトによってサポートされる必要があります。
AccessibleObjectクラスは、FieldMethod、およびConstructorオブジェクト(「リフレクトされたオブジェクト」と呼ばれる)の基本クラスです。
クラスAccessibleRelationは、AccessibleRelationと1つ以上の他のオブジェクトを実装するオブジェクト間の関係を記述します。
クラスAccessibleRelationSetは、コンポーネントのリレーション・セットを決定します。
非推奨。
Javaプラットフォームのバージョン1.3以降では、このクラスは非推奨です
クラスAccessibleRoleはコンポーネントのロールを決定します。
このAccessibleSelectionインタフェースは、現在選択されている子が何であるかを判断し、選択セットを変更するための補助的な技術のための標準的なメカニズムを提供します。
クラスAccessibleStateは、コンポーネントの特定の状態を表します。
クラスAccessibleStateSetはコンポーネントの状態セットを決定します。
AccessibleStreamableインタフェースは、コンポーネントの背後にあるrawストリームを画面に表示するすべてのコンポーネントのAccessibleContextによってサポートされる必要があります。
AccessibleTableクラスは、2ディメンション表形式でデータを提示するユーザー・インタフェース・コンポーネントを記述します。
AccessibleTableModelChangeインタフェースは、表モデルへの変更を記述します。
AccessibleTextインタフェースは、ディスプレイ上にテキスト情報を表示するすべてのクラスによって実装される必要があります。
このクラスは、テキスト範囲の主な詳細情報を収集します。
AccessibleValueインタフェースは、数値をサポートするすべてのオブジェクト(スクロール・バーなど)によってサポートされる必要があります。
ファイルのアクセシビリティのテストに使用されるアクセス・モードを定義します。
ターゲットVMのフィールド・アクセスの通知。
ターゲットVM内でフィールドの内容がアクセスされたときの通知要求です。
汎用的なアカウント例外です。
ユーザー・アカウントが期限切れであることを通知します。
アカウントがロックされたことを通知します。
アカウントが見つからないことを通知します。
アクセス制御リスト(ACL)内のエントリです。
AclEntryオブジェクトのビルダーです。
ACL エントリのフラグ・コンポーネントによって使用されるフラグを定義します。
ACL entryの権限コンポーネントで使用される権限を定義します。
アクセス制御エントリ型の型保証された列挙です。
ファイルのアクセス制御リスト(ACL)またはファイル所有者属性の読み取りまたは更新をサポートするファイル属性ビューです。
Actionインタフェースは、同じ機能が複数のコントロールによってアクセスされる場合に、ActionListenerインタフェースに対する便利な拡張機能を提供します。
コンポーネントが定義するアクションが発生したことを示す、セマンティック・イベントです。
アクション・イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
ActionMapは、キーまたはActionと呼ばれるObjectからActionへのマップを提供します。
javax.swing.ActionMapのサブクラスであり、UIResourceインタフェースを実装しています。
自分自身をディスパッチできるイベントのためのインタフェースです。
addressableのタイプを表します。
ある制限範囲内に含まれる調整可能な数値を持つオブジェクト用のインタフェースです。
ScrollbarScrollPaneなどのAdjustableオブジェクトが発行する調整イベントです。
調整イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
データ・ストリームのAdler-32チェックサムを計算するために使用するクラスです。
この例外は、AEADモード(GCM/CCMなど)で動作するCipherが指定された認証タグを検証できない場合にスローされます。
AffineTransformクラスは、線の直線性と平行性を保ったままで2次元座標間の線形マッピングを実行する2次元アフィン変換を表現します。
このクラスは、アフィン変換を使用して、転送元のイメージまたはRasterの2次元座標から転送先のイメージまたはRasterの2次元座標への線形マッピングを実行します。
エージェントがターゲットのJava仮想マシンで初期化に失敗したときにスローされる例外です。
エージェントをターゲットのJava仮想マシン内にロードできない場合にスローされる例外です。
このインタフェースは、暗号化アルゴリズム、キー(キー・サイズ)、およびその他のアルゴリズム・パラメータの制約を指定します。
XMLセキュリティ仕様で定義されたアルゴリズムの抽象表現です。
AlgorithmParameterGeneratorクラスは、特定のアルゴリズムで使われるパラメータのセットを生成するために使用されます。
このクラスは、AlgorithmParameterGeneratorクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。これは、特定のアルゴリズムで使われるパラメータのセットを生成するために使用されます。
暗号化パラメータの不透明な表示として使用します。
暗号パラメータの透明な仕様です。
このクラスは、AlgorithmParametersクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。これは、アルゴリズム・パラメータを管理するために使用されます。
AllPermissionは、ほかのすべてのアクセス権を包含するアクセス権です。
AlphaCompositeクラスは、グラフィックスとイメージの混合や透明化の効果を実現するために、ソース色とデスティネーション色を組み合わせるための基本的なアルファ合成ルールを実装します。
すでにバインド済みのネットワーク指向チャネルのソケットをバインドしようとしたときにスローされる非チェック例外です。
レジストリにすでにバインドが関連付けられている名前にオブジェクトをバインドしようとすると、AlreadyBoundExceptionがスローされます。
すでに接続済みのSocketChannelを接続しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
コンポーネント階層内の祖先から発生して、子コンポーネントに報告されるイベントです。
JComponentまたはその祖先の1つに変更が起こったときの通知をサポートするための祖先リスナー・インタフェースです。
AnnotatedArrayTypeは、それ自体が型の注釈付きの使用を表すことができるコンポーネント型を持つ配列の型の潜在的に注釈付きの使用を表します。
注釈付け可能なコンストラクトを表します。
このVMで現在実行されているプログラムの注釈付きコンストラクトを表します。
AnnotatedParameterizedTypeは、それ自体が型の注釈付きの使用を表すことができる型引数を持つパラメータ化された型の潜在的に注釈付きの使用を表します。
AnnotatedTypeは、このVMで現在実行されているプログラムの型の潜在的に注釈付きの使用を表します。
注釈付き型のツリー・ノード。
AnnotatedTypeVariableは、それ自体が型の注釈付きの使用を表す境界を設定できる宣言を持つ型変数の、潜在的に注釈付きの使用を表します。
AnnotatedWildcardTypeは、それ自体が型の注釈付きの使用を表すことができる上限または下限を持つワイルドカード型引数の、潜在的に注釈付きの使用を表します。
すべての注釈インタフェースによって拡張される共通インタフェースです。
Annotationオブジェクトは、属性が次の注釈特性を持つ場合にテキスト属性値のラッパーとして使います。
ラベル、説明、ユニットなどのイベント・メタデータについて説明します。
注釈パーサーがクラス・ファイルから注釈の読取りを試みて、注釈が不正であると判断した場合にスローされます。
注釈を表します。
注釈のツリー・ノードです。
注釈のコンパイル(または直列化)後に型が変更されている注釈要素に、プログラムがアクセスを試みたことを示すためにスローされます。
注釈インタフェース要素の値を表します。
ビジター・デザイン・パターンのバリアントを使用した、注釈インタフェース要素の値のビジター。
このクラスは、ConfigurationクラスのgetAppConfigurationEntry(String appName)メソッドで指定されたアプリケーション用に構成された、LoginModuleエントリ1件を表します。
このクラスは、LoginModuleがREQUIRED、REQUISITE、SUFFICIENT、またはOPTIONALであるかどうかを表します。
charシーケンスと値を追加できるオブジェクトです。
AppEventsは、現在のデスクトップ・コンテキストのDesktopインスタンスにインストールされているリスナーおよびハンドラに送信されます。
アプリケーションがフォアグラウンド・アプリケーションになったとき、およびフォアグラウンド・アプリケーションではなくなったときに送信されるイベント。
実装者は、アプリがフォアグラウンド・アプリになったとき、そしてフォアグラウンド・アプリではなくなったときに通知を受けます。
アプリケーションが非表示または表示されたときに送信されるイベント。
実装者は、アプリが隠されているか、ユーザーが表示したときに通知を受けます。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
Applet APIは非推奨です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
アプリケーションが再度開くように要求されたときに送信されるイベント。
実装者は、アプリが再び開くように要求されたときに通知を受け取ります。
Arc2Dは、表示枠の矩形、始角、角の大きさ(弧の長さ)、および閉じ方の種類(OPENCHORD、またはPIE)によって定義される2次元の弧を格納するすべてのオブジェクトの抽象スーパー・クラスです。
このクラスは、double精度で指定された弧を定義します。
このクラスは、float精度で指定された弧を定義します。
Areaオブジェクトは、2次元空間の閉じた領域について解像度に依存しない記述を格納および操作します。
最近接点アルゴリズムよりもなめらかな結果が得られる、簡単な領域平均化アルゴリズムを使用してイメージをスケーリングするImageFilterクラスです。
算術計算で例外的条件が発生した場合にスローされます。
Arrayクラスは、Java配列を動的に作成してアクセスするためのstaticメソッドを提供します。
SQL型ARRAYのJavaプログラミング言語でのマッピングです。
配列アクセス式のツリー・ノードです。
配列に連動する、制限付きのブロッキング・キューです。
Dequeインタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
不正なインデックスを使って配列がアクセスされたことを示すためにスローされます。
Listインタフェースのサイズ変更可能な配列の実装です。
ターゲットVM内の配列オブジェクトおよびそのコンポーネントへのアクセスを提供します。
このクラスには、ソートや検索など、配列を操作するためのさまざまなメソッドがあります。
不正な型のオブジェクトをオブジェクトの配列に格納しようとしたことを示すためにスローされます。
ターゲットVM内のある配列のクラスとその要素の型へのアクセスを提供します。
配列型を表します。
ArrayTypeクラスは、公開データ値のn次元配列であるすべての公開データ値を記述するインスタンスを持つ公開型クラスです。
配列型のツリー・ノードです。
アサーションが失敗したことを示すためにスローされます。
assert文のツリー・ノード。
代入式のツリー・ノードです。
SCTPアソシエーションを表すクラスです。
アソシエーションが開かれたり、閉じられたりしたときに発行される通知です。
アソシエーションで発生する変更イベントの型を定義します。
非同期にレイアウトを行うボックスです。
バイトの読取りと書込みができる非同期チャネルです。
非同期入出力操作をサポートするチャネルです。
リソースを共有するための非同期チャネルのグループ化です。
非同期チャネルのサービス・プロバイダ・クラスです。
別のスレッドがチャネルまたは入出力操作時にブロックされるチャネルの一部をクローズしたときにスレッドが受け取るチェック例外です。
ファイルの読み込み、書き込み、操作用の非同期チャネルです。
ストリーム型リスニング・ソケット用の非同期チャネルです。
ストリーム型接続ソケット用の非同期チャネルです。
原子的な更新が可能なboolean値です。
原子的な更新が可能なint値です。
要素の原子的な更新が可能なint配列です。
指定されたクラスの指定されたvolatile intフィールドの原子更新が可能な、リフレクション・ベースのユーティリティです。
原子的な更新が可能なlong値です。
要素の原子的な更新が可能なlong配列です。
指定されたクラスの指定されたvolatile longフィールドの原子更新が可能な、リフレクション・ベースのユーティリティです。
AtomicMarkableReferenceは、原子的に更新可能なマーク・ビットとともに、オブジェクト参照を管理します。
原子的なファイル・システム操作としてファイルを移動できない場合にスローされるチェック例外です。
原子的な更新が可能なオブジェクト参照です。
要素を原子的に更新可能なオブジェクト参照の配列です。
指定されたクラスの指定されたvolatile参照フィールドの原子更新が可能な、リフレクション・ベースのユーティリティです。
AtomicStampedReferenceは、原子的に更新可能な整数「スタンプ」とともに、オブジェクト参照を管理します。
スマート・カードのリセット応答バイトです。
すでに実行されているターゲットVMに接続するコネクタです。
互換性のあるAttachProviderが存在しないJava仮想マシンにアタッチしようとすると、VirtualMachine.attachによってスローされます。
ターゲットVMでアタッチ操作が失敗したことのシグナルを生成する例外タイプ。
SecurityManagerが設定されている場合、コードがVirtualMachine.attachを呼び出してターゲット仮想マシンにアタッチするときにチェックされるパーミッションです。
Java仮想マシンに接続するための接続プロバイダ・クラスです。
Attrインタフェースは、Elementオブジェクトの1つの属性を表現します。
名前と値を関連付けることにより、MBean属性を表現します。
このインタフェースは指定したオブジェクトに関連付けられている属性を表します。
インタフェースAttributeは、クラスが印刷属性を表すことを示すために、あらゆる印刷属性クラスによって実装される基本インタフェースです。
属性に関する情報を含むインタフェースです。
MBeanによって送信される属性変更通知を定義します。
このクラスは、attribute change notificationNotificationFilterインタフェースを実装します。
AttributedCharacterIteratorは、テキストとそのテキストに関連する属性情報を、どちらも反復処理できるようにします。
テキスト属性の識別に使用する属性キーを定義します。
テキストとそのテキストに関連する属性情報を保持します。
インタフェースAttributeExceptionはmixinインタフェースであり、PrintExceptionのサブクラスは、特定のPrint Serviceインスタンスがサポートしていない1つ以上の印刷属性を含むエラー状態を報告するために実装できます。
この例外は、すでに存在する属性を追加しようとするとスローされます。
MBeanの属性の値のリストを表します。
このクラスは、ATTLIST構成要素を使って、DTDに記述されたとおりにSGML要素の属性を定義します。
非推奨。
このインタフェースは、名前空間サポートを含むSAX2 Attributesインタフェースで置き換えられています。
非推奨。
このクラスは非推奨のインタフェースAttributeListを実装します。このインタフェースはすでに、Attributesに置き換えられています。これは、AttributesImplヘルパー・クラスに実装されています。
この例外は、属性の(スキーマ)定義や属性の状態と矛盾する、属性、その識別子、またはその値の追加、削除、または変更を実行しようとするとスローされます。
指定された属性が存在しないか、取得できません。
Attributesクラスは、Manifest属性名を関連する文字列値にマッピングします。
このインタフェースは属性のコレクションを表します。
XML属性のリストのためのインタフェースです。
Attributes.Nameクラスは、このMapに格納される属性名を表します。
SAX2拡張機能で、Attributesから提供される属性ごとの情報を補強します。
Attributes2インタフェースを実装して、Attributes情報を追加するSAX2拡張ヘルパー。
インタフェースAttributeSetは、一連の印刷属性のインタフェースを指定します。
一意な属性のコレクションです。
このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、文字レベル表現に関与するあらゆる属性のキーに現れることが期待されます。
このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、色の表示に関与するあらゆる属性のキーに現れることが期待されます。
このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、テキストの描画に使用するフォントの決定に関与するあらゆる属性のキーに現れることが期待されます。
このインタフェースはタイプ・シグニチャであり、段落レベルの表現に関与する属性のキーに現れることが期待されます。
クラスAttributeSetUtilitiesは、AttributeSetsを操作する静的メソッドを提供します。
Attributesインタフェースのデフォルト実装です。
HTML要素の属性のツリー・ノードです。
属性値の種類。
関係制約の引数として使用される属性を表します。
ファイル・システム内のオブジェクトに関連付けられた不透明でない値の読取り専用または更新可能なビューを提供するオブジェクトです。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
アプレットAPIは非推奨であり、代替はありません。
AudioFileFormatクラスのインスタンスは、オーディオ・ファイルについて、ファイル・タイプ、バイト数で表されるファイルの長さ、ファイルに含まれるオーディオ・データのサンプル・フレーム数で表される長さ、オーディオ・データの形式などを記述します。
Typeクラスのインスタンスは、オーディオ・ファイルの標準タイプのいずれかを表します。
オーディオ・ファイル読込みサービスのプロバイダです。
オーディオ・ファイル書込みサービスのプロバイダです。
AudioFormatは、サウンド・ストリーム内でデータの特定の配列を指定するクラスです。
Encodingクラスは、オーディオ・ストリームに使用されるデータ表現の特定の種類を指定します。
オーディオ入力ストリームは、オーディオの形式および長さが指定されている入力ストリームです。
AudioPermissionクラスは、オーディオ・システム・リソースへのアクセス権を表します。
AudioSystemクラスは、サンプリングされたオーディオ・システム・リソースのエントリ・ポイントとして動作します。
この例外は、ネーミング・サービスまたはディレクトリ・サービスにアクセスする際に認証エラーが発生した場合にスローされます。
この例外は、SASLメカニズムの実装によってスローされ、ID、パス・フレーズ、またはキーが無効であるなどの認証に関連した理由により、SASL交換に失敗したことを示します。
この例外は、要求された認証の特定のフレーバがサポートされていない場合にスローされます。
Authenticatorは、HTTP認証メカニズムの実装を表します。
Authenticatorクラスは、ネットワーク接続に必要な認証を取得するためのオブジェクトを表します。
認証の失敗を示します。
認証を要求しているエンティティのタイプ。
Authenticator.authenticate(HttpExchange)メソッドからの戻り型のベース・クラス。
認証を再試行する必要があることを示します。
認証が成功し、Authenticator.Success.getPrincipal()をコールして認証済ユーザーprincipalを取得できることを示します。
Kerberos 5 AuthorizationDataのエントリ。
このコールバックは、あるエンティティ(認証済みの認証IDによって識別される)が別のエンティティ(承認IDによって識別される)の代わりに動作できるかどうかを判定するためにSaslServerによって使用されます。
@authorブロック・タグのツリー・ノードです。
このクラスは、認証のアクセス権に関連します。
このクラスは、特定のプロバイダに対するログイン・メソッドとログアウト・メソッドを定義します。
閉じられるまで、リソース(ファイルやソケット・ハンドルなど)を保持できるオブジェクト。
DnD操作中、その時点ではユーザーに見えていないスクロール可能なGUIコントロールの領域に操作の対象をドロップしたい場合があります。
重大なAbstract Window Toolkitエラーが発生したときにスローされます。
すべてのAWTイベントのルート・イベント・クラスです。
ComponentやMenuComponentまたはそれらのサブクラスのインスタンスであるオブジェクトにディスパッチされるイベントの通知を受信するためのリスナー・インタフェースです。
特定のイベント・マスク用のAWTEventListenerを追加するために、EventListenerProxyを拡張するクラスです。
AWTEventMonitorは、Java仮想マシンのすべてのAWTコンポーネント・インスタンスに条件付でインストールされるリスナーのスイートを実装します。
AWTEventMulticasterは、java.awt.eventパッケージで定義されたAWTイベントのための、効率的でスレッドセーフなマルチキャスト・イベント・ディスパッチを実装します。
Abstract Window Toolkit例外が発生したことを示します。
キーボードまたは同等の入力デバイス上のキー・アクションを表すAWTKeyStroke
これは、AWTアクセス権のためのクラスです。
バッキング・ストアに障害が発生したか、バッキング・ストアにアクセスできないことが原因で、設定操作を完了できなかった場合にスローされます。
クエリーを構築するメソッドに無効なMBean属性が渡された場合にスローされます。
クエリーを構築するメソッドに無効な式が渡された場合にスローされます。
存在しない位置を参照しようとした場合などの、ドキュメント・モデル中の不正な位置を報告します。
この例外は、特定のパディング・メカニズムが入力データに対して予期されているのにデータが適切にパディングされない場合にスローされます。
クエリーを構築するメソッドに無効な文字列オペレーションが渡された場合にスローされます。
このクラスは、指定された行列を使用して、Raster内でバンドの任意の線形の組み合わせを実行します。
このクラスは、バンド・インタリーブ化方式で格納されるイメージ・データを表します。ピクセルの各サンプルは、DataBufferのデータ要素に1つずつ格納されます。
このクラスは、Base64エンコーディング・スキームのエンコーダとデコーダを取得するためのstaticメソッドだけで構成されます。
このクラスは、RFC 4648およびRFC 2045に指定されているBase64エンコーディング・スキームを使用してバイト・データをデコードするためのデコーダを実装します。
このクラスは、RFC 4648およびRFC 2045に指定されているBase64エンコーディング・スキームを使用してバイト・データをエンコードするためのエンコーダを実装します。
ベースラインTIFF仕様で見つかったタグのセットといくつかの一般的な追加タグを表すクラス。
このクラスは、AbstractMultiResolutionImageクラスの配列ベースの実装です。
RowSetオブジェクトとその基本機能を提供するabstractクラスです。
順次および並列の集約操作をサポートする要素シーケンスであるストリームの基底インタフェース。
基本方向のいずれかにスケーリングされる矢印を描画するJButtonオブジェクトです。
このクラスは、Attributeインタフェースの基本的な実装を提供します。
このクラスは、Attributesインタフェースの基本的な実装を提供します。
BasicAuthenticatorは、HTTP基本認証の実装を提供します。
基本L&Fに適したBorderを提供できるファクトリ・オブジェクトです。
ボタンの周りにボーダーを描画します。
フィールドの周りにボーダーを描画します。
マージンをサポートするコンポーネントの周りにボーダーを描画します。
メニュー・バーの周囲にボーダーを描画します。
ラジオ・ボタンの周りにボーダーを描画します。
ロールオーバー・ツールバー・ボタンのための特別なthinボーダーです。
分割ペインの周囲にボーダーを描画します。
トグル・ボタンの周りにボーダーを描画します。
ボタン・リスナーです
BasicButton実装です
BasicCheckboxMenuItem実装です
BasicCheckboxUIのCheckboxUI実装です。
JColorChooserの基本Look & Feelを提供します。
編集可能なコンボボックスのデフォルトのエディタです。
UIResourceを実装するBasicComboBoxEditorのサブクラスです。
ComboBoxレンダラです
UIResourceを実装するBasicComboBoxRendererのサブクラスです。
JComboBoxの基本UI実装です。
これは、ComboPopupインタフェースの基本的な実装です。
このクラスは、Controlインタフェースの基本的な実装を提供します。
デスクトップ上の最小化されたウィンドウの基本L&Fです。
デスクトップの基本L&Fです。
ファイル・リストの基本実装です。
JEditorPaneのLook & Feelを提供します。
ファイル・システム内のファイルに関連付けられた基本属性です。
多くのファイル・システムで一般的なファイル属性の基本セットのビューを提供するファイル属性ビューです。
FileChooserの基本L&F実装です。
JFormattedTextFieldのLook & Feel実装を提供します。
便利なutilクラス。
swingコンポーネントのHTMLビューの提供をサポートします。
基本L&Fに適したIconを提供できるファクトリ・オブジェクトです。
基本のタイトル・バーを管理するクラス
JInternalFrameの基本L&F実装です。
LabelUIのWindows L&F実装です。
ListUIの拡張実装です。
SwingのLook & Feelの作成に使用する基底クラスです。
MenuBarUIのデフォルトL&F実装です。
BasicMenuItem実装です。
MenuUIのデフォルトL&F実装です。
JOptionPaneの基本Look & Feelを提供します。
ButtonAreaLayoutは、FlowLayoutと同様に動作します。
BasicPanel実装です。
パスワード・フィールドのWindows Look & Feelを提供します。
BasicPermissionはPermissionクラスを拡張するクラスで、BasicPermissionと同じ命名規約に従う必要のある、アクセス権の基底クラスとして使用できます。
PopupMenuSeparatorUIの基本L&F実装です。
PopupMenuUIのWindows L&F実装です。
ProgressBarUIの基本L&F実装です。
BasicRadioButtonMenuItem実装です
BasicRadioButtonUIのRadioButtonUI実装です。
RootPaneUIの基本実装で、すべてのJRootPaneインスタンスで共有されるものが1つあります。
基本Look & FeelのためのScrollBarUIの実装です。
ScrollPaneUIのデフォルトL&F実装です。
SeparatorUIの基本L&F実装です。
SliderUIの基本L&F実装です。
デフォルトのSpinner UI委譲です。
BasicSplitPaneUIで使われるディバイダです。
SplitPaneUIの基本L&F実装です。
BasicStrokeクラスは、Stroke属性セットがこのBasicStrokeに設定されたGraphics2Dオブジェクトでレンダリングされるグラフィックス・プリミティブの輪郭のためのレンダリング属性の基本セットを定義します。
TabbedPaneUIの基本L&F実装です。
BasicTableHeaderUI実装です。
BasicTableUI実装です。
プレーン・テキスト・エディタのLook & Feelを提供します。
JTextFieldのLook & Feelの基礎です。
書式付きテキスト・エディタのLook & Feelを提供します。
テキスト・コンポーネントのLook & Feelの基礎です。
インタフェースCaretのデフォルト実装。
インタフェースHighlighterのデフォルト実装。
BasicToggleButton実装です
ToolBarSeparatorUIの基本L&F実装です。
ToolBarUIの基本L&F実装です。
標準ツールヒントL&Fです。
階層データ構造の基本L&Fです。
BasicViewport実装です。
バッチ更新操作中にエラーが発生したときにスローされるSQLExceptionのサブクラスです。
BeanContextはJavaBeansの論理階層コンテナとして機能します。
BeanContextサブインタフェースに定義されているように、入れ子になって実行環境(コンテキスト)の参照を取得することが必要なJavaBeansには、このインタフェースを実装する必要があります。
このインタフェースは、AWT Componentが関連付けられているBeanContextChildrenによって実装されます。
BeanContextChildプロトコルの実装をサポートするための一般的なサポート・クラスです。
このインタフェースは、AWT Containerに関連したBeanContextによって実装されます。
BeanContextEventは、BeanContextから発行されたイベント、およびそのセマンティックスに関連するイベントすべての抽象ルート・イベント・クラスです。
BeanContextMembershipEventは、特定のBeanContextのメンバーシップに追加された子、またはそこから削除された子のリストをカプセル化します。
仕様に準拠して実装されたBeanContextは、BeanContextのメンバーの状態が変更されたときにこのインタフェースのイベントをトリガーします。
このインタフェースは、BeanContext(Child)インタフェースまたはそのサブインタフェースの実装によってそれに関連したBeanContext(Child)を直接持つということはないが、自身から委譲されているpublic BeanContext(Child)を持つJavaBeanによって実装されます。
このイベント・タイプは、登録されているサービスを識別するためにBeanContextServicesListenerによって使用されます。
BeanContextの主な機能の1つは、JavaBeansとBeanContextServiceProviderを互いに認識させるために動作することです。
Beanによって提供されるサービスについての明確な情報を提供する必要がある場合、BeanContextServiceProviderの実装者は、このBeanInfoサブインタフェースを実装します。これにより、サービスのメソッド、プロパティ、イベントなどについての明確な情報を提供するBeanInfoクラスを実装します。
このイベント型は、取り消されるサービスを識別するためにBeanContextServiceRevokedListenerによって使用されます。
BeanContextServiceRevokedEventオブジェクトを受け取るためのリスナー・インタフェース。
BeanContextServicesインタフェースは、BeanContextChildオブジェクトがジェネリック・サービスを受けられるようにするためのメカニズムをBeanContextに提供します。
BeanContextServiceAvailableEventオブジェクトを受け取るためのリスナー・インタフェース。
このヘルパー・クラスは、java.beans.beancontext.BeanContextServicesインタフェースのユーティリティの実装を提供します。
サブクラスは、この入れ子構造のクラスをサブクラス化して、各BeanContextServicesProviderの動作を追加できます。
このヘルパー・クラスは、java.beans.beancontext.BeanContextインタフェースのユーティリティの実装を提供します。
protected finalサブクラス。イテレータをカプセル化しますが、何も行わないremove()メソッドを実装します。
BeanDescriptorは、BeanのJavaクラスやdisplayNameなど、Beanに関するグローバル情報を提供します。
BeanInfoクラスを作成し、Beanのメソッド、プロパティ、イベントおよびその他の機能に関する明示的な情報を提供するには、BeanInfoインタフェースを使用します。
自動的に生成されたBeanInfoクラスのプロパティ関連情報を指定するために使用される注釈。
このクラスは、いくつかの多目的Bean制御メソッドを提供します。
通常のJavaオブジェクト用のリンカー。
単純な2ラインの斜影ボーダーを実装するクラスです。
2つの入力引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。
このクラスはUnicode双方向アルゴリズムを実装します。
2つの引数を受け取って結果を生成する関数を表します。
変更が不可能な、任意精度の符号付き10進数です。
変更が不可能な、任意精度の整数です。
同じ型の2つのオペランドに作用してオペランドと同じ型の結果を生成する演算を表します。
このクラスは、通信端点のアドレスのバイナリ形式を表します。
バイナリ式のツリー・ノードです。
ソケットをローカル・アドレスとポートにバインドしようとした際にエラーが発生したことを通知します。
このクラスは、コンテキストの名前とオブジェクトとのバインディングを表します。
バインディング・パターン・ツリー
キーがすべてStringsであるキーと値のペアのマッピングです。
2つの引数の述語(boolean値関数)を表します。
このクラスは、必要に応じて大きくなるビット・ベクトルを実装します。
SQL BLOB値のJavaプログラミング言語での(マッピング)表現。
要素の取得時に両端キューが空でなくなるまで待機したり、要素の格納時に両端キュー内に空きが生じるまで待機するブロック操作を追加でサポートしたりするDequeです。
要素の取得時にキューが空でなくなるまで待機したり、要素の格納時にキュー内に空きが生じるまで待機する操作を追加でサポートしたりするQueueです。
異なる型のブロック・タグの基底クラスとして使用されるツリー・ノードです。
文ブロックのツリー・ノードです。
CSS仕様を使い、ブロックをボックスとして表示するためのビューの実装です。
BMP形式でイメージをエンコードするためのImageWriteParamのサブクラスです。
Bookクラスは、異なるページ書式やページ・ペインタを持つドキュメントを表現します。
Booleanクラスは、プリミティブ型booleanの値をオブジェクトにラップします。
BooleanControlは、ラインのオーディオに影響を与える2つの設定を切り替える機能を提供します。
BooleanControl.Typeクラスのインスタンスは、ブール型のコントロールの種類を識別します。
イベント・フィールド注釈。値がブール・フラグ、trueまたはfalse値であることを指定します。
boolean値の結果のサプライヤを表します。
ターゲットVM内でアクセスされるすべてのプリミティブなboolean値の型です。
ターゲットVM内のプリミティブなboolean値へのアクセスを提供します。
JDIインタフェースのデフォルト実装へのアクセスを提供する初期クラスです。
invokedynamic命令または動的定数がそのブートストラップ・メソッドと引数の解決に失敗したこと、またはブートストラップ・メソッドが適切な「メソッド・タイプ」targetを指定して「コール・サイト」を提供できなかったこと、または動的定数メソッドが必要な型定数を提供するために失敗したことを示すためにスローされます。
swingコンポーネントの周囲にボーダーを描画できるオブジェクトを記述するインタフェースです。
標準的なBorderオブジェクトを提供するためのファクトリ・クラスです。
ボーダー・レイアウトは、north (上端)、south (下端)、east (右端)、west (左端)、およびcenter (中央)という5つの領域に収まるように、コンポーネントを整列およびサイズ変更して、コンテナに配置します。
UIResourceを実装するBorderラッパー・クラスです。
ベベル・ボーダーのUIリソース。
複合ボーダーUIリソース。
空のボーダーUIリソース。
エッチングされたボーダーUIリソース。
ライン・ボーダーのUIリソース。
マット・ボーダーのUIリソース。
タイトル付きボーダーUIリソース。
SliderProgressBarなどのコンポーネントが使用するデータ・モデルを定義します。
BoxLayoutオブジェクトをレイアウト・マネージャとして使う軽量なコンテナです。
レイアウトに含まれるがビューを持たない軽量コンポーネントの実装です。
複数のコンポーネントを、垂直方向にも水平方向にも配置できるようにする、レイアウト・マネージャです。
ビューは、ビューの子を軸に沿ってタイリングすることで、1つのボックスの形状に配置します。
BreakIteratorクラスは、テキスト内の境界の位置を見つけるメソッドを実装します。
BreakIteratorクラスの具象実装を提供するサービス・プロバイダの抽象クラスです。
ターゲットVMのブレークポイントの通知。
ターゲットVM内で実行を停止するべきLocationを識別します。
break文のツリー・ノード。
スレッドが故障状態にあるバリアーを待機しようとしているとき、または待機中にバリアーが故障状態になったときに、例外をスローします。
特定のプリミティブ型データのコンテナです。
バッファの機能とプロパティ
ページ反転後に、バック・バッファの内容を型保証して列挙します。
BufferedImageサブクラスは、イメージ・データのアクセス可能なバッファを備えたImageを記述します。
BufferedImageFilterクラスは、ImageFilterをサブクラス化し、転送元と転送先が単一のイメージ演算子(BufferedImageOp)を使用して、Image Producer/Consumer/ObserverパラダイムのBufferedImageにフィルタをかける簡易な手段を提供します。
このインタフェースは、BufferedImageオブジェクトに対して実行される単一入力操作と単一出力操作を記述します。
BufferedInputStreamは、ほかの入力ストリームに機能、特に入力をバッファに格納する機能とmarkおよびresetメソッドをサポートする機能を追加します。
バッファリングされた出力ストリームを実装します。
文字、配列、行をバッファリングすることによって、文字型入力ストリームからテキストを効率良く読み込みます。
文字をバッファリングすることによって、文字、配列、または文字列を効率良く文字型出力ストリームに書き込みます。
相対put操作がターゲット・バッファのリミットに達したときにスローされる非チェック例外です。
ダイレクト・バッファのプールやマップされたバッファのプールなど、バッファ・プールのための管理インタフェースです。
BufferStrategyクラスは、特定のCanvasまたはWindow上の複雑なメモリーを編成するメカニズムを表します。
相対get操作がソース・バッファのリミットに達したときにスローされる非チェック例外です。
このクラスはラベル付きボタンを生成します。
複数のボタンのセットに多重排他スコープを設定するために使用します。
ボタンの状態モデルです。
JButton用のプラグイン可能なLook & Feelインタフェースです。
Byteクラスは、プリミティブ型byteの値をオブジェクトにラップします。
ByteArrayInputStreamは、ストリームから読み込むことができるバイトを格納する内部バッファを保持しています。
データがバイト配列に書き込まれる出力ストリームを実装します。
byteバッファです。
バイトの読み込みと書込みができるチャネルです。
このクラスは、ルックアップ表オブジェクトを定義します。
byte順序の型保証された列挙です。
ターゲットVM内でアクセスされるすべてのプリミティブなバイト値の型です。
ターゲットVM内のプリミティブなbyte値へのアクセスを提供します。
順序付けられた不変のbyte値のシーケンスを表す特殊なVector
CanonicalizationMethodアルゴリズム用のアルゴリズム・パラメータの仕様です。
CachedRowSetのすべての標準実装が実装しなければならないインタフェースです。
リソースをResponseCache内に格納するためのチャネルを表します。
ResponseCacheからリソースを取得するためのチャネルを表します。
Calendarクラスは、特定の時点とYEARMONTHDAY_OF_MONTHHOURなどのカレンダ・フィールド・セット間の変換、および次週の日付の取得などのカレンダ・フィールド操作を行うための抽象クラスです。
Calendar.Builderは、さまざまな日付/時間パラメータからCalendarを作成するために使用されます。
ロケールに依存するCalendarパラメータを提供するサービス・プロバイダの抽象クラス。
Calendarフィールド値のローカライズされた文字列表現(表示名)を提供するサービス・プロバイダの抽象クラス。
結果を返し、例外をスローすることがあるタスクです。
SQLストアド・プロシージャを実行するのに使用されるインタフェースです。
このインタフェースの実装はCallbackHandlerに渡され、ユーザー名やパスワードといった特定の認証データを取得したり、エラーや警告のメッセージといった特定の情報を表示したりするために、ベースとなるセキュリティ・サービスが呼出し元アプリケーションとやりとりできるようになります。
アプリケーションは、CallbackHandlerを実装し、それを基底のセキュリティ・サービスに渡すことで、それらのサービスがアプリケーションと対話してユーザー名やパスワードなど特定の認証データを取得したり、エラーや警告メッセージなど特定の情報を表示したりできるようにします。
CallSiteは、ターゲットと呼ばれる変数MethodHandleのホルダーです。
コール・サイト記述子には、コール・サイトのリンクに必要なすべての情報が含まれています。
このインタフェースは、印刷ジョブを取り消す際に印刷アプリケーションにより使用されます。
FutureTaskなどの値を生成するタスクの結果を、そのタスクが取り消されたために取得できないことを示す例外です。
すでに無効になった選択キーを使用しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
この例外は、オペレーションをこれ以上進められない名前のポイントにオペレーションが達したことを示すためにスローされます。
UndoableEditがredo()を実行するように命令されたが、実行できない場合にスローされます。
UndoableEditがundo()を実行するように命令されたが、実行できない場合にスローされます。
W3C Recommendation for XML-Signature Syntax and Processing」で定義されているXML CanonicalizationMethod要素の表現。
Canvasコンポーネントは、アプリケーションが描画したり、アプリケーションがユーザーからの入力イベントをトラップしたりすることのできる画面の空白の矩形領域を表します。
接続が確立されているスマート・カードです。
スマート・カードへの論理チャネル接続です。
スマート・カードのスタックまたはカード自体との通信中に発生するエラーの例外です。
CardLayoutオブジェクトは、コンテナのレイアウト・マネージャです。
アプリケーションがカードを持たない端末と接続しようとしたときにスローされる例外です。
スマート・カード操作のアクセス権です。
スマート・カード端末です。スマート・カード・リーダーと呼ばれることもあります。
TerminalFactoryによってサポートされる端末のセットです。
CardTerminalの属性の列挙です。
ドキュメント・モデル内に内容を挿入できる、ドキュメント・ビュー内の場所を示します。
CaretEventは、イベント・ソースでテキスト・キャレットが変更されたことを、関係があるオブジェクトに通知するのに使用されます。
テキスト・コンポーネントのキャレット位置の変更リスナーです。
プレビュー
CaseTreeラベルとして使用できるTreeのマーカー・インタフェース。
switch文または式のcaseのツリー・ノード。
このケースの構文形式: STATEMENT: case <expression>: <statements> RULE: case <expression> -> <expression>/<statement>
Catalogクラスは、「XMLカタログ、OASIS標準V1.1、2005年10月7日」によって定義されたエンティティ・カタログを表します。
exceptionクラスは、処理またはカタログの使用中に発生する可能性のあるエラーを処理します。
CatalogFeaturesは、フィーチャとプロパティのコレクションを保持します。
CatalogFeaturesオブジェクトを構築するためのBuilderクラス。
「「カタログ機能」表」で定義されているフィーチャ型。
カタログ・マネージャは、XMLカタログとカタログ・リゾルバの作成を管理します。
SAX EntityResolver、StAX XMLResolver、Schema Validationで使用されるDOM LS LSResourceResolver、および変換URIResolverを実装し、カタログを使用して外部参照を解決するCatalog Resolver。
try文のcatchブロックのツリー・ノード。
イベント・タイプをカテゴリに関連付けるイベント注釈(判読可能なパス形式)。
CDATAセクションは、マークアップと見なされる文字を含んだテキスト・ブロックをエスケープするために使用されます。
このインタフェースは、どの汎用エディタでも実装できるメソッドを定義します。
CellEditorListenerは、CellEditorでの変更を待機するオブジェクトのインタフェースを定義します。
このクラスは、セル・レンダラとそれを使うコンポーネントの間に挿入されます。
さまざまな身元証明書を管理するabstractクラスです。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは推奨されなくなり、Java SEの将来のバージョンで削除される可能性があります。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
代わりにjava.security.certのクラスを使用してください。
直列化の代替Certificateクラスです。
証明書の符号化例外です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
代わりにjava.security.certのクラスを使用してください。
この例外は、証明書に関するさまざまな問題の1つを示します。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
代わりにjava.security.certのクラスを使用してください。
証明書の期限切れの例外です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
代わりにjava.security.certのクラスを使用してください。
このクラスは、証明書ファクトリの機能を定義します。証明書ファクトリは、証明書オブジェクト、証明書パス(CertPath)および証明書の取消しリスト(CRL)オブジェクトを符号から生成するために使用します。
このクラスは、CertificateFactoryクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。
証明書がまだ有効ではないことを示す例外です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
代わりにjava.security.certのクラスを使用してください。
証明書構文解析例外です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
代わりにjava.security.certのクラスを使用してください。
X.509証明書が取り消されたことを示す例外です。
不変な証明書のシーケンス(証明書パス)です。
直列化の代替CertPathクラスです。
証明書パス(証明書チェーンとも呼ばれる)を構築するためのクラスです。
CertPathBuilderで証明書パスを構築するときに検出されるさまざまな問題の1つを表す例外です。
証明書パス構築アルゴリズムの結果の仕様です。
CertPathBuilderクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)です。
CertPathの各Certificateに対して1つ以上のチェックを実行します。
証明書パス・アルゴリズムのパラメータ仕様です。
CertPathParametersのラッパーです。
証明書パス(証明書チェーンとも呼ばれる)の妥当性を検査するためのクラスです。
証明書パスの妥当性を検査するときに検出されるさまざまな問題の1つを表す例外です。
BasicReasonは、任意のタイプの証明書パスが無効になる可能性がある潜在的な理由を列挙します。
検査アルゴリズムが失敗した理由です。
証明書パス検査アルゴリズムの結果の仕様です。
CertPathValidatorクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)です。
Certificateを選択する条件のセットを定義するセレクタです。
リポジトリからCertificateCRLを取得するクラスです。
CertStoreから証明書とCRLを取得するときのさまざまな問題の1つを表す例外です。
CertStoreパラメータの仕様です。
CertStoreクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)です。
このクラスは、ChaCha20アルゴリズムで使用されるパラメータを指定します。
ポリモーフィックなインライン・キャッシング戦略を実装する再リンク可能なコール・サイト。
ChangedCharSetExceptionは、名前が示すとおり、文字セットが変更されたときにスローされる例外です。
ChangeEventは、イベント・ソースで状態が変更されたことを、関係があるオブジェクトに通知するために使用されます。
ChangeEventを待機するリスナー・オブジェクトを定義します。
入出力操作に関係するチャネルです。
このクラスは、呼出し側から提供されるチャネル・バインディング情報の概念をカプセル化します。
チャネルとストリームのためのユーティリティ・メソッドです。
channelsを作成する静的メソッドを定義します。
readWriteSelectableChannelによって作成された選択可能チャネルのクローズを調整するために使用されるオブジェクトです。
Characterクラスは、プリミティブ型charの値をオブジェクトにラップします。
このクラスのインスタンスは、Unicode文字セットの特定のサブセットを表します。
Unicode仕様で定義されている文字ブロックを表す文字サブセットのファミリです。
Unicode Standard Annex#24: Script Names」で定義された文字書体を表す文字サブセットのファミリです。
文字のエンコード・エラーやデコード・エラーが発生したときにスローされるチェック例外です。
CharacterDataインタフェースは、属性とメソッドのセットを追加してNodeを拡張することにより、DOM内の文字データにアクセスできるようにします。
このインタフェースは、テキストにおける双方向の反復のプロトコルを定義します。
Charactersイベントに対するインタフェースを記述します。
文字入力ストリームとして使用する文字バッファを実装します。
Writerとして使用する文字バッファを実装します。
charバッファです。
文字変換で発生する例外の基底クラスです。
CharSequencechar値の読取り可能なシーケンスです。
16ビットUnicode コード単位のシーケンスとバイト・シーケンス間の指定マップです。
特定の文字セットで表現されたバイト・シーケンスを16ビットUnicode文字のシーケンスに変換するエンジンです。
16ビットUnicode文字のシーケンスを特定の文字セットで表現されたバイト・シーケンスに変換するエンジンです。
文字セット・サービス・プロバイダ・クラスです。
ターゲットVM内でアクセスされるすべてのプリミティブなchar値の型です。
ターゲットVM内のプリミティブなchar値へのアクセスを提供します。
チェックボックスは、「オン」(true)または「オフ」(false)のどちらかの状態になることができるグラフィカル・コンポーネントです。
CheckboxGroupクラスは、Checkboxボタンのセットをグループ化するために使用されます。
このクラスは、メニューに追加できるチェックボックスを表します。
読み込まれるデータのチェックサムも保持する入力ストリームです。
書き込まれるデータのチェックサムも保持する出力ストリームです。
データ・チェックサムを表すインタフェースです。
Choiceクラスは、選択肢のポップアップ・メニューを提供します。
ベースとなるセキュリティ・サービスでは、ChoiceCallbackをインスタンス化してCallbackHandlerhandleメソッドに渡し、選択肢のリストを表示したり、選択された選択肢を検出したりします。
ChoiceFormatを使用すると、ある範囲の数値にフォーマットを追加することができます。
クラスChromaticityは、モノクロまたはカラー印刷を指定する列挙型の印刷属性クラスです。
フィールドの標準セット。
任意の暦で時またはタイム・ゾーンのない日付、高度なグローバリゼーション・ユース・ケース向けです。
任意の暦のタイムゾーンのない日付/時間、高度なグローバリゼーション・ユース・ケース向けです。
日付の編成と識別に使用される暦体系。
任意の暦での「3年、4か月、5日」などの、日付ベースの時間の量、高度なグローバリゼーション・ユース・ケース向けです。
日付期間の単位の標準セット。
任意の暦のタイムゾーン付きの日付/時間、高度なグローバリゼーション・ユース・ケース向けです。
このクラスは、暗号化および復号化の暗号機能を提供します。
CipherInputStreamはInputStreamとCipherで構成されているので、read()メソッドはベースとなるInputStreamから読み込まれたデータを返しますが、Cipherにより追加の処理が行われています。
CipherOutputStreamはOutputStreamとCipherで構成されているので、write()メソッドはまずデータを処理してからベースとなるOutputStreamに書き込みます。
このクラスは、Cipherクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。
Classクラスのインスタンスは、実行中のJavaアプリケーションのクラスおよびインタフェースを表します。
あるオブジェクトを継承関係にないサブクラスにキャストしようとしたことを示すためにスローされます。
Java仮想マシンがロード中のクラスのスーパー・クラス階層内で循環を検出した場合に、スローされます。
このクラスは、Instrumentation.redefineClassesメソッドに対するパラメータ・ブロックとして機能します。
Class定数の場合は「名目記述子」
クラス・ファイルのトランスフォーマです。
Java仮想マシンがクラス・ファイルを読み込もうとして、ファイルが壊れていると判断した場合、またはクラス・ファイルとして解釈できない場合にスローされます。
クラス・ローダーは、クラスのロードを担当するオブジェクトです。
ターゲットVMからのクラス・ローダー・オブジェクトです。
このインタフェースのインスタンスは、MBeanサーバーに登録されたClassLoaderのリストを保持するために使用されます。
Java仮想マシンのクラス・ローディング・システムの管理インタフェースです。
アプリケーションが、クラスの文字列名を使用して次のメソッドでロードしようとしたが、指定された名前のクラスの定義が見つからなかった場合にスローされます。クラスClassforNameメソッド。
要求されたクラスが適切なクラス・ローダーによってロードされていないことを示すためにスローされます。
指定されたクラスがまだ準備されていないため、要求された操作が完了できないことを示すためにスローされます。
ターゲットVMからのjava.lang.Classのインスタンスです。
ターゲットVMのクラス準備の通知。
クラスがターゲットVM内で準備される際の通知要求です。
クラス、インタフェース、列挙、レコードまたは注釈型の宣言のツリー・ノード。
ターゲットVM内のクラスのミラーです。
ターゲットVMのクラス・アンロードの通知。
クラスがターゲットVM内でアンロードされる際の通知要求です。
計算値を(潜在的に)すべての型に遅延して関連付けます。
Cleanerは、一連のオブジェクト参照と対応するクリーニング・アクションを管理します。
Cleanableは、Cleanerに登録されているオブジェクトとクリーニング・アクションを表します。
Connection.setClientInfoの呼出しによってプロパティを設定できない理由の状態の列挙です。
Cリンカーは、Cアプリケーション二項インタフェースの(ABI)呼び出し規則を実装します。
C型のタイプです。
C va_listをモデル化するインタフェース。
C va_listの構築に使用されるビルダー・インタフェース。
Clipインタフェースは特殊な種類のデータ・ラインを表し、そのオーディオ・データはリアルタイムでストリーム化するのではなく、再生前にロードできます。
カット/コピー/ペースト操作を使用してデータを転送するメカニズムを実装するクラスです。
クリップボードにデータを提供するクラスのためのインタフェースを定義します。
SQL CLOB型のJavaプログラミング言語でのマッピング。
タイムゾーンを使用して現在の時点、日付および時間へのアクセスを提供するクロックです。
クラスがCloneableインタフェースを実装することで、Object.clone()メソッドがそのクラスのフィールドからフィールドへとコピーしたインスタンスを作成することができることを表します。
オブジェクトを複製するためにObjectクラスのcloneメソッドが呼び出されたが、そのオブジェクトのクラスがCloneableインタフェースを実装していないことを示すためにスローされます。
Closeableは、閉じることができるデータの転送元または転送先です。
スレッドがチャネルでの入出力操作でブロックされているにもかかわらず、別のスレッドから割込みを受けた場合に受信するチェック例外です。
クローズしたチャネルに対する入出力操作を行おうとしたとき、または実行しようとした入出力操作に対してそのチャネルがクローズされている場合にスローされるチェック例外です。
この例外は、入出力操作の進行中に、Connectionの非同期クローズの結果としてスローされる可能性があります。
閉じられたディレクトリ・ストリームに対する操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
閉じられたファイルやファイル・システムに対する操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
クローズしたセレクタに対する入出力操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
閉じられた監視サービスに対する操作を呼び出そうとしたときにスローされる非チェック例外です。
この例外は、ネイティブCMMがエラーを返した場合にスローされます。
CharsetDecoderdecodeLoopメソッドまたはCharsetEncoderencodeLoopメソッドから予期しない例外がスローされたときにスローされるエラーです。
コーダーの結果状態の説明です。
このクラスはコード署名者に関する情報をカプセル化します。
このクラスはコード・ベースの概念を拡張し、位置(URL)に加えて、その位置から発生する署名付きコードの検証に使用した証明書チェーンもカプセル化します。
コーディング・エラーが発生したときに実行するアクションの型保証された列挙です。
CollationElementIteratorクラスは、多国語文字列の各文字を処理するときのイテレータとして使われます。
CollationKeyは、特定のCollatorオブジェクトのルールのもとにあるStringを表します。
Collatorクラスでは、ロケールに依存したStringの比較が行われます。
Collatorクラスの具象実装を提供するサービス・プロバイダの抽象クラスです。
コレクション階層のルート・インタフェースです。
Collection CertStoreアルゴリズムの入力で使用されるパラメータです。
このクラスは、コレクションに作用する、またはコレクションを返すstaticメソッドだけで構成されます。
可変結果コンテナに入力要素を蓄積し、オプションですべての入力要素が処理された後で蓄積された結果を最終的な表現に変換する可変リダクション操作
リダクション実装の最適化に使用可能な、Collectorのプロパティーを示す特性。
要素をコレクションに蓄積したり、さまざまな条件に従って要素を要約するなど、有用な各種リダクション操作を実装したCollector実装。
Colorクラスは、デフォルトのsRGBカラー・スペース内の色、またはColorSpaceで識別される任意のカラー・スペース内の色をカプセル化するために使用されます。
カラー・チューザに挿入する構成済みの「アクセサリ」オブジェクトを生成するためのクラスです。
JColorChooser用のプラグイン可能なLook & Feelインタフェースです。
このクラスは、転送元イメージのデータの色変換をピクセル単位で実行します。
ColorModel抽象クラスは、ピクセル値を色成分(赤、緑、青など)およびアルファ成分に変換するメソッドをカプセル化します。
Colorの選択をサポートするモデルです。
この抽象クラスは、Colorオブジェクトの特定のカラー・スペースを特定するためのカラー・スペース・タグとして機能するため、またはColorModelオブジェクト(ImageBufferedImageまたはGraphicsDeviceを介した)として機能するために使用されます。
ColorSupportedクラスは、ハイライト・カラーおよびフル・プロセス・カラーを含め、デバイスが何らかのタイプのカラー印刷を実行できるかどうかを識別する列挙型の印刷属性クラスです。
スタイルから取得できる型保証された色の列挙です。
UIResourceを実装するColorのサブクラスです。
JComboBoxコンポーネントに使われるエディタ・コンポーネントです。
コンボボックスのデータ・モデルです。
JComboBox用のプラグイン可能なLook & Feelインタフェースです。
コンボボックスのポップアップ部分の実装に必要なメソッドを定義するインタフェースです。
ISO/IEC 7816-4に規定された構造に従うコマンドAPDUです。
コメント・イベントのインタフェースです。
このインタフェースはCharacterDataから継承し、コメントの内容、つまり開始する'<!--'と終了する'-->'の間のすべての文字を表します。
埋込みHTMLコメントです。
DataSourceXADataSource、およびConnectionPoolDataSourceに共通のメソッドを定義するインタフェースです。
この例外は、クライアントがディレクトリ・サービスまたはネーミング・サービスと通信できない場合にスローされます。
CompactNumberFormatは、コンパクト形式で小数を書式設定するNumberFormatの具体的なサブクラスです。
このインタフェースを実装する各クラスのオブジェクトに全体順序付けを強制します。
オブジェクトのコレクションで全体順序付けを行う比較関数です。
再コンパイルを行わずに繰返し実行可能なフォームにスクリプトをコンパイルするメソッドを持つScriptEnginesによって実装されるオプションのインタフェースです。
Java仮想マシンのコンパイル・システムの管理インタフェースです。
通常のコンパイル・ユニットおよびモジュラ・コンパイル・ユニットの抽象構文ツリーを表します。
コンパイルの結果を格納するクラスによって拡張されます。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
JITコンパイラとその技術は、標準化されたインタフェースによって効果的に制御されるにはあまりにも幅があります。
明示的に(その値とステータスを設定して)完了できるFutureです。その完了時に発生する依存関数およびアクションをサポートし、CompletionStageとして使用できます。
asyncメソッドによって生成された非同期タスクを識別するマーカー・インタフェースです。
注釈の推奨されるコンプリートです。
結果またはタスクを完了する過程でエラーまたはその他の例外が検出されたときにスローされる例外です。
非同期入出力操作の結果を消費するためのハンドラです。
Completionオブジェクトをアセンブルするためのユーティリティ・クラスです。
新しい非同期タスクの生成を、完了済みタスクの結果の消費から分離するサービスです。
CompletionStageが完了したときにアクションの実行または値の計算を行う、非同期の可能性がある計算のステージです。
コンポーネントは、画面上に表示でき、ユーザーと対話できる、グラフィカルな表現を持つオブジェクトです。
コンポーネントのサイズが変化するにつれてベースラインが変化する共通の方法を列挙します。
コンポーネント・イベントを受け取るための抽象アダプタ・クラスです。
これはColorModelクラスの1つで、ピクセル値を扱います。このピクセル値は、色情報およびアルファ情報を個別のサンプルとして表現し、各サンプルを個別のデータ要素に格納します。
コンポーネントが移動したこと、サイズを変更したこと、または可視性を変更したことを示す低レベル・イベントです(ほかのコンポーネント・レベル・イベントのルート・クラスでもあります)。
ComponentInputMapは、特定のJComponentに関連付けられているInputMapです。
javax.swing.ComponentInputMapのサブクラスであり、UIResourceインタフェースを実装しています。
コンポーネント・イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
ComponentOrientationクラスは、コンポーネントまたはテキストの各要素を言語に従って配置するための方向をカプセル化します。
このクラスは、DataBufferのデータ要素1つに1つずつピクセルを形成する各サンプルが格納されているイメージ・データを表します。
Swingのプラグイン可能なLook & Feelアーキテクチャに含まれるすべてのUI委譲オブジェクトの基底クラスです。
ビューのインタフェースを実装するコンポーネント・デコレータです。
Compositeインタフェースは、CompositeContextとともに、基本となるグラフィックス領域に描画プリミティブを構成するためのメソッドを定義します。
CompositeContextインタフェースは、合成操作のためにカプセル化され、最適化された環境を定義します。
CompositeDataインタフェースは、複合データ構造を表現する特定の型の複合公開データ・オブジェクトの動作を指定します。
getterメソッドをCompositeDataに転送するInvocationHandlerです。
CompositeDataSupportクラスは、CompositeDataインタフェースを実装する公開データ・クラスです。
Javaクラスは、このインタフェースを実装することにより、MXBeanフレームワークを使ってCompositeDataに変換する方法を示すことができます。
GuardingDynamicLinkerは、CompositeGuardingDynamicLinker.getGuardedInvocation(LinkRequest, LinkerServices)内の他のガーディング・ダイナミック・リンカーのリストに順番に委譲します。
このクラスは、合成名を表します。合成名とは、複数の名前空間にまたがる一連のコンポーネントの名前です。
CompositeTypeクラスは、CompositeData値の型を記述するインスタンスを持つ公開型クラスです。
複合型ベース・ガーディング・ダイナミック・リンカー。
CompositeViewは、1つ以上の子ビューを管理するabstractクラスのViewの実装です。
複合代入演算子のツリー・ノードです。
2つのBorderオブジェクトを合成して単一のボーダーにするために使用する、複合Borderクラスです。合成は、内側Borderオブジェクトを外側Borderオブジェクトのイン・セットの中に入れ子にして行います。
グラフィック・イコライザなどのCompoundControlは、複数の関連プロパティを制御し、その各プロパティ自体はControlとして表されます。
CompoundControl.Type内部クラスのインスタンスは複合型のコントロールの種類を識別します。
複数の小規模なUndoableEditを大きな編集結果にまとめるために使用する、AbstractUndoableEditの具象サブクラスです。
このクラスは複合名を表します。複合名とは、階層名前空間から取得される名前です。
クラスCompressionは、印刷データの圧縮方法を指定する列挙型の印刷属性クラスです。
取得の完全な同時性および予想される高い更新平行性をサポートするハッシュ表です。
キーのSetとしてのConcurrentHashMapのビューです。オプションで、共通の値にマップすることによって追加を有効化できます。
リンク・ノードに基づく、制限なしの並行両端キューです。
リンク・ノードに基づく、制限なしのスレッドセーフなキューです。
スレッドの安全性と原子性の保証を提供するMapです。
この例外は、オブジェクトの並行変更を検出したメソッドによってスローできます(そのような変更が許可されていないとき)。
NavigableMapオペレーションをサポートするConcurrentMapです。そのナビゲート可能なサブマップに対しては再帰的です。
スケーラブルな並行ConcurrentNavigableMap実装です。
ConcurrentSkipListMapに基づくスケーラブルな並行NavigableSet実装です。
Conditionは、Object監視メソッド(waitnotify、およびnotifyAll)を別個のオブジェクトに分解し、それらに任意のLock実装の使用を組み合わせて、オブジェクトごとに複数の待機セットを保持する効果を付与します。
条件演算子? :のツリー・ノード。
このクラスはjavax.security.auth.login.Configurationのデフォルトの実装を表します。
resolutionまたは「サービス・バインディング」による解決の結果である構成。
Configurationオブジェクトは、特定のアプリケーションで使用されるLoginModuleと、LoginModuleが呼び出される順番を指定します。
構成を記述する構成とメタデータの集まり。
このインタフェースは、Configurationパラメータのマーカー・インタフェースです。
この例外は、構成上の問題がある場合にスローされます。
Configurationの管理表現。
このクラスは、Configurationクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。
ベースとなるセキュリティ・サービスでは、ConfirmationCallbackをインスタンス化してCallbackHandlerhandleメソッドに渡し、YES/NO、OK/CANCEL、YES/NO/CANCELなどの確認を要求します。
ソケットをリモート・アドレスとポートに接続しようとした際にエラーが発生したことを通知します。
ConnectExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート・ホストへの接続が拒否された場合にスローされます。
ConnectIOExceptionは、リモート・メソッド呼出しでリモート・ホストに接続しようとしているときにIOExceptionが発生した場合にスローされます。
デバッガとそのデバッグ対象のターゲットVM間の接続です。
特定のデータベースとの接続(セッション)を表現します。
DataSourceオブジェクトから作成されたビルダー。data sourceオブジェクトが表すデータベースへの接続を確立するために使用されます。
接続関連のイベントのソースに関する情報を提供するEventオブジェクトです。
PooledConnectionオブジェクトによって生成されたイベントが通知されるよう登録するオブジェクトです。
非ブロック接続操作の進行中にSocketChannelに接続しようとしたときにスローされる非チェック例外です。
PooledConnectionオブジェクトのファクトリです。
デバッガとターゲットVMとの間の接続のメソッドです。
Connector引数の仕様と値です。
値がBoolean型である、Connector引数の仕様と値です。
値がintegerである、Connector引数の仕様と値です。
値が選択肢のリストから選択されたStringである、Connector引数の仕様と値です。
値がString型である、Connector引数の仕様と値です。
現在のJava仮想マシンに関連付けられている文字ベースのコンソール・デバイスがある場合に、そのコンソール・デバイスにアクセスするためのメソッドです。
このHandlerは、ログ・レコードをSystem.errに発行します。
constableのタイプを表します。
動的に計算される定数のブートストラップ・メソッド。
ConstantCallSiteは、永続的で決して変更できないターゲットを持つCallSiteです。
JVMS 4.4で定義されている、ロード可能な定数値用の「名目記述子」
プリミティブ・クラス・タイプおよびその他の共通プラットフォーム・タイプの記述子を含む共通定数の「名目記述子」の事前定義値、および標準ブートストラップ・メソッドのメソッド・ハンドルの記述子。
Constructorは、クラスの単一コンストラクタについての情報と単一コンストラクタへのアクセスを提供します。
コンストラクタの注釈。構築されたオブジェクトのgetterメソッドにこのコンストラクタのパラメータがどのように対応するかを示します。
コンストラクタの注釈。構築されたオブジェクトのgetterメソッドにこのコンストラクタのパラメータがどのように対応するかを示します。
単一の入力引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。
ジェネリックAbstract Window Toolkit (AWT)コンテナ・オブジェクトは、ほかのAWTコンポーネントを含むことができるコンポーネントです。
コンテナ・イベントを受け取るための抽象アダプタ・クラスです。
コンポーネントが追加または削除されたためにコンテナの内容が変更されたことを示す、低レベル・イベントです。
コンテナ・イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
Containerの子Componentの順序を基準に、トラバーサル順序を決定するFocusTraversalPolicyです。
抽象クラスContentHandlerは、URLConnectionからObjectを読み込むすべてのクラスのスーパー・クラスです。
文書の論理コンテンツの通知を受け取ります。
このインタフェースは、コンテンツ・ハンドラのファクトリを定義します。
コンテンツ・モデルの表現です。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは非推奨になっています。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは非推奨になっています。
メタ注釈は、注釈がコンテンツ・タイプ(タイム・スパン、頻度など)を表すことを示します。
このインタフェースは、名前からオブジェクトへのバインディングのセットから構成されるネーミング・コンテキストを表します。
この例外は、空ではないコンテキストを破棄しようとした場合にスローされます。
ContextualRenderedImageFactoryは、RenderableImageOpのインスタンス間で異なる機能のためのインタフェースを提供します。
continue文のツリー・ノード。
このインタフェースは、RFC 2251で定義されたLDAPv3コントロールを表します。
Linesには、ラインを介したオーディオ信号の引渡しに影響を与える、ゲインやパンなどのコントロール・セットが1組含まれていることがあります。
Typeクラスのインスタンスはコントロールのタイプを表します。
このabstractクラスは、LDAPv3コントロールの作成に使用するファクトリを表示します。
ControllerEventListenerインタフェースは、Sequencerがリクエストされた型のMIDIコントロール・チェンジ・イベントを処理したときにインスタンスに通知する必要があるクラスによって実装される必要があります。
GuardingTypeConverterFactory実装者によって実装されるオプションのインタフェース。
ある変換を別の変換と比較する可能性のある結果の列挙型。
このクラスは、転送元から転送先への畳込み演算を実装します。
CookieHandlerオブジェクトは、HTTPプロトコル・ハンドラにHTTP状態管理ポリシー実装を組み込むためのコールバック・メカニズムを提供します。
CookieManagerはCookieHandlerの具象実装を提供し、CookieのストレージとCookieの受け入れ/拒否に関するポリシーとを分離します。
CookiePolicy実装は、どのCookieを受け入れ、どのCookieを拒否すべきかを決定します。
CookieStoreオブジェクトは、Cookieのストレージを表します。
クラスCopiesは、印刷するコピー数を指定する整数値の印刷属性クラスです。
クラスCopiesSupportedは、Copies属性でサポートされている値を与える整数のセットである印刷属性クラスです。
基になる配列の新しいコピーを作成することにより、すべての推移的操作(addsetなど)が実装されるArrayListのスレッドセーフな変数です。
内部のCopyOnWriteArrayListをすべてのオペレーションで使用するSetです。
ファイルのコピーまたは移動する方法を構成するオブジェクトです。
ほかのスレッドで実行中の操作セットが完了するまで、1つ以上のスレッドを待機可能にする同期化支援機能です。
トリガーされた時点で保留中のアクションが残っていない場合に実行される完了アクションを含むForkJoinTaskです。
Counterインタフェースは、任意のカウンタ、またはカウンタ関数の値を表すために使用されます。
カウンタ属性の値を監視するように設計されたモニターMBeanを定義します。
カウンタ・モニターMBeanのリモート管理インタフェースを公開します。
データ・ストリームのCRC-32を計算するために使用するクラスです。
データ・ストリームのCRC-32Cをコンピュートするために使用できるクラス。
汎用的な資格例外です。
Credentialが期限切れであることを通知します。
資格が見つからないことを通知します。
形式は異なるが主要な機能法は共通である、証明書の取消しリスト(CRL)の抽象化です。
CRL (証明書の取消しリスト)例外です。
CRLReason列挙は、RFC 5280「Internet X.509 Public Key Infrastructure Certificate and CRL Profile」で定義されている、証明書の取消し理由を指定します。
CRLを選択する条件のセットを定義するセレクタです。
イメージを切り出すためのImageFilterクラスです。
暗号化プリミティブの列挙です。
CSS属性のセットを型保証された列挙型として定義します。
CSS属性を保持するAttributeSetのキーとして使用される定義です。
CSS2Propertiesインタフェースは、CSSStyleDeclaration内のプロパティを取得および設定するための便利なメカニズムを表します。
CSSCharsetRuleインタフェースは、CSSスタイル・シート内の@charsetルールを表します。
CSSFontFaceRuleインタフェースは、CSSスタイル・シート内の@font-faceルールを表します。
CSSImportRuleインタフェースは、CSSスタイル・シート内の@Importルールを表します。
CSSMediaRuleインタフェースは、CSSスタイル・シート内の@mediaルールを表します。
CSSPageRuleインタフェースは、CSSスタイル・シート内の@pageルールを表します。
CSSPrimitiveValueインタフェースは、単一のCSS値を表します。
CSSRuleインタフェースは、任意の種類のCSS文のための抽象基底インタフェースです。
CSSRuleListインタフェースは、CSSルールの順序付きのコレクションを抽象化します。
CSSStyleDeclarationインタフェースは、単一のCSS宣言ブロックを表します。
CSSStyleRuleインタフェースは、CSSスタイル・シート内の単一のルール・セットを表します。
CSSStyleSheetインタフェースは、CSSスタイル・シート(つまり、コンテンツ・タイプが"text/css"であるスタイル・シート)を表すために使用される具象インタフェースです。
CSSUnknownRuleインタフェースは、このユーザー・エージェントによってサポートされていないatルールを表します。
CSSValueインタフェースは、単純な値、または複合の値を表します。
CSSValueListインタフェースは、CSS値の順序付きのコレクションを抽象化します。
CubicCurve2Dクラスは、(x,y)座標空間の3次パラメトリック曲線セグメントを定義します。
double座標で指定された3次パラメトリック曲線セグメント。
float座標で指定された3次パラメトリック曲線セグメント。
通貨を表します。
Currencyクラスに対してローカライズされた通貨記号と表示名を提供するサービス・プロバイダの抽象クラスです。
マウス・カーソルのビットマップ表現をカプセル化するクラスです。
カスタマイザ・クラスは、ターゲットJava Beanをカスタマイズするための完全なカスタムGUIを提供します。
スレッド・セットのそれぞれが共通のバリアー・ポイントに達するまで待機することを可能にする同期化支援機能です。
URIReference、または後続のTransformの入力および出力を間接参照した結果の抽象表現です。
イベント・フィールド注釈で、値がデータ(たとえば、バイト)の量を表すことを指定します。
データベースに関する包括的な情報です。
このクラスは、1つ以上のデータ配列をラップするためのものです。
このクラスはDataBufferを拡張し、データをバイトとして内部的に格納します。
このクラスはDataBufferを拡張し、double形式で内部的にデータを格納します。
このクラスはDataBufferを拡張し、float形式で内部的にデータを格納します。
このクラスはDataBufferを拡張し、データをintegerとして内部的に格納します。
このクラスはDataBufferを拡張し、データをshortとして内部的に格納します。
このクラスはDataBufferを拡張し、データをshortとして内部的に格納します。
DataFlavorは、データに関するメタ情報を提供します。
データ形式エラーが発生したことを通知します。
データグラム型ソケットの選択可能なチャネルです。
このクラスはデータグラム・パケットを表します。
このクラスは、データグラム・パケットを送受信するためのソケットを表します。
抽象データグラムおよびマルチキャスト・ソケットを実装する基底クラスです。
このインタフェースは、データグラム・ソケット実装のファクトリを定義します。
DataInputインタフェースは、バイナリ・ストリームからバイトを読み込み、そこからJavaプリミティブ型のいずれかでデータを再構築するために提供されています。
データ入力ストリームにより、アプリケーションは、プリミティブ型のJavaデータをベースとなる入力ストリームからマシンに依存せずに読み込むことができます。
DataLineは、メディア関連の機能をそのスーパー・インタフェース、Lineに追加します。
スーパー・クラスから継承されたクラス情報以外に、DataLine.Infoはデータ・ラインに固有の追加情報を提供します。
DataOutputインタフェースは、Javaのプリミティブ型があればそのデータを一連のバイトに変換してバイナリ・ストリームに書き込むために提供されています。
データ出力ストリームを使うと、アプリケーションはプリミティブ型のJavaデータを移植性のある形で出力ストリームに書き込むことができます。
このDataSourceオブジェクトが表す物理データ・ソースへの接続に対するファクトリです。
MaxFieldSizeを超過した以外の理由でデータ値が予期せず切り捨てられたときに、DataTruncation例外としてスローされる例外(書込み時)、またはDataTruncation警告として報告される例外(読取り時)です。
重大な構成エラーを示します。
基本データ型の値を定数として格納するユーティリティ・クラスです。
Durationクラスの6つのフィールドを表す型保障されたenumクラスです。
XMLをJava Objectへ、あるいはJava Objectからマップする新しいjavax.xml.datatype Objectを作成するファクトリです。
ミリ秒の値をラップする薄いラッパーであり、これによってJDBCがミリ秒の値をSQL DATE値として扱うことができるようになります。
クラスDateは、特定の時点を表します(精度はミリ秒)。
DateFormatは、言語に依存しない方法で日付または時刻をフォーマットおよび解析する、日付/時刻フォーマット・サブクラスの抽象クラスです。
DateFormat.formatToCharacterIteratorから返されたAttributedCharacterIterator内の属性キー、およびFieldPosition内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
DateFormatクラスの具象実装を提供するサービス・プロバイダの抽象クラスです。
DateFormatSymbolsは、月、曜日、タイムゾーン・データなど、ローカライズが可能な日付/時刻フォーマット・データをカプセル化するためのpublicクラスです。
DateFormatSymbolsクラスのインスタンスを提供するサービス・プロバイダの抽象クラスです。
DateFormatterは、java.text.DateFormatのインスタンス経由で書式設定を行うInternationalFormatterです。
クラスDateTimeAtCompletedは、印刷ジョブが完了した日時を示す日時属性の印刷属性クラスです。(または取消または中止された)。
クラスDateTimeAtCreationは、印刷ジョブが作成された日時を示す日時属性の印刷属性クラスです。
クラスDateTimeAtProcessingは、印刷ジョブが最初に処理を開始した日時を示す日時属性の印刷属性クラスです。
日付/時間の計算時の問題を示すために使用される例外。
日付/時間オブジェクトの出力および解析のためのフォーマッタ。
日付/時間フォーマッタを作成するためのビルダー。
解析中にエラーが発生した場合にスローされる例外。
クラスDateTimeSyntaxは、値が日付と時間であるすべての属性の共通の実装を提供する抽象基本クラスです。
「曜日」(「Tuesday」など)。
グラフィックスのデバッグをサポートするGraphicsのサブクラスです。
DecimalFormatNumberFormatの具象サブクラスであり、10進数の書式を設定します。
このクラスは、数値をフォーマットするときにDecimalFormatで必要となる記号セット(小数点、グループ化区切り文字など)を表します。
DecimalFormatSymbolsクラスのインスタンスを提供するサービス・プロバイダの抽象クラスです。
日付と時間の書式設定で使用されるローカライズされた10進スタイル。
すべての宣言スニペットのグループ化: 変数宣言(VarSnippet)、メソッド宣言(MethodSnippet)、および型宣言(TypeDeclSnippet)。
宣言された型であるクラス型またはインタフェース型を表します。
DTD宣言イベントのためのSAX2拡張ハンドラです。
BoundedRangeModelのジェネリック実装です。
Buttonコンポーネントのデータ・モデルのデフォルト実装です。
Caretのデフォルトの実装です。
プレビュー
case null, defaultdefaultをマークするケース・ラベル。
テーブルとツリー・セルのデフォルト・エディタです。
ColorSelectionModelのジェネリック実装です。
コンボボックスのデフォルト・モデルです。
DesktopManagerの実装です。
特定のタイプのテキスト・ドキュメントに対して適切なエディタとして機能するために、テキスト・コンポーネントに必要なセットです。
ビープ音を作成します。
選択した領域をコピーして、その内容をシステム・クリップボードに格納します。
選択した領域を切り取り、その内容をシステム・クリップボードに格納します。
キー入力イベントを受け取ったとき、キーマップ・エントリがない場合にデフォルトで実行されるアクションです。
ドキュメントに行または段落の区切りを配置します。
関連するドキュメントに内容を格納します。
ドキュメントにタブ文字を配置します。
システム・クリップボードの内容を、選択された範囲、あるいはキャレットの前(選択範囲がない場合)に貼り付けます。
このクラスは1.4 focus APIでは現在使用されていません。
Containerの子Componentの順序を基準に、トラバーサル順序を決定するFocusTraversalPolicyです。
DefaultFormatterは、任意のオブジェクトのフォーマットを行います。
JFormattedTextField.AbstractFormatterFactoryの実装です。
SAX 2イベント・ハンドラのデフォルト基底クラスです。
このクラスはSAX2の基本となるハンドラ・クラスを拡張して、SAX2のLexicalHandlerDeclHandler、およびEntityResolver2拡張をサポートします。
このクラスは、Highlighterインタフェースを実装します。
ハイライト領域をソリッド・カラーで塗りつぶす簡単なハイライト・ペインタです。
1組のフィルタリング・メソッド・ハンドルに委譲するDynamicLinkerFactory.setInternalObjectsFilter(MethodHandleTransformer)のデフォルトの実装。
AWTアプリケーションのデフォルトKeyboardFocusManagerです。
リスト内の項目をレンダリングします。
UIResourceを実装するDefaultListCellRendererのサブクラスです。
このクラスはjava.util.Vector APIを柔軟に実装します。1.1.xのjava.util.Vectorを実装しますが、コレクション・クラスはサポートせず、変更発生時にはListDataListenerに通知します。
リスト選択のデフォルト・データ・モデルです。
非推奨。
代わりにMBeanServer.getClassLoaderRepository()を使用してください。
非推奨。
代わりにMBeanServer.getClassLoaderRepository()を使用してください。
ポップアップ・メニューおよびメニュー・バーのデフォルト・レイアウト・マネージャです。
Java Look & Feelのオリジナルの外観(コード名Steel)を提供するMetalThemeの具象実装です。
DefaultMutableTreeNodeは、ツリー・データ構造の汎用ノードです。
DefaultPersistenceDelegateは、抽象クラスPersistenceDelegateの具象実装であり、情報の得られないクラスがデフォルトで使用する委譲です。
グリッド・ベースのデータ・モデルのソートやフィルタの適用を行うRowSorterの実装です。
DefaultRowSorter.ModelWrapperは、DefaultRowSorterでソートされるデータを提供します。
SingleSelectionModelのジェネリック実装です。
Rich Text Formatに類似した方式を使って、字体や段落書式をマークアップできるドキュメントです。
UndoableEditは、ElementのAttributeSetに加えられた変更を記憶するために使います。
要素を構築する実装です。
JTable内の個々のセルをレンダリング(表示)するための標準クラス。
UIResourceを実装するDefaultTableCellRendererのサブクラス。
JTableの標準の列ハンドラです。
セル値のオブジェクトを格納するために、一連のVectorsの中の1つのVectorを使うTableModelの実装です。
Deprecated 
TreeCellEditor
ツリーのエントリを表示します。
TreeNodesを使用する単純なツリー・データ・モデルです。
TreeSelectionModelのデフォルト実装です。
このクラスは、一般的なZLIB圧縮ライブラリを使用して汎用の圧縮アルゴリズムをサポートします。
deflate圧縮形式でデータを圧縮するための入力ストリーム・フィルタを実装します。
このクラスは、deflate圧縮形式で圧縮されているデータの出力ストリーム・フィルタを実装します。
一定の遅延のあとに影響を受けるオブジェクトにマーク付けするための、混合スタイルのインタフェースです。
Delayed要素の制限なしのブロッキング・キューで、遅延時間が経過後にのみ、要素を取得できます。
このクラスを利用して、Kerberos委譲モデル(転送とプロキシが可能なチケット)の使用を限定します。
@Deprecatedの注釈を付けられたプログラム要素は、プログラマが使用することを薦められていないプログラム要素です。
@deprecatedブロック・タグのツリー・ノードです。
両端で要素の挿入および削除をサポートする線形コレクションです。
文または2つを使用して要素を記述する注釈。
JMX要素の追加メタデータです。
このインタフェースは、JMXコンポーネントに関連付けられたDescriptorクラスの記述子にアクセスするために使用されます。
注釈要素とDescriptor内のフィールドとの関係を記述するメタ注釈です。
MBeanInfoなどの管理インタフェース要素のDescriptorを読み取るためのインタフェースです。
このクラスは、ModelMBean要素のメタデータ・セットを表します。
このクラスは、DES-EDE (「トリプルDES」)キーを指定します。
このインタフェースは、java.beans.beancontext.BeanContextChildのインスタンスの入れ子になっている階層に現在のdesignTimeプロパティを送るために、java.beans.beancontext.BeanContextのインスタンスによって実装、またはjava.beans.beancontext.BeanContextのインスタンスから委譲されます。
このクラスはDESキーを指定します。
Desktopクラスは、さまざまなデスクトップ機能との対話を可能にします。
アクションの種類を表します。
JDesktopIcon用のプラグイン可能なLook & Feelインタフェースです。
DesktopManagerオブジェクトは、JDesktopPaneオブジェクトによって所有されます。
JDesktopPane用のプラグイン可能なLook & Feelインタフェースです。
クラスDestinationは、スプールされたプリンタのフォーマットされたデータの代替宛先を示すために使用される印刷属性クラス、URIです。
資格などのオブジェクトが、その内容を破棄するためこのインタフェースを任意に実装します。
destroy操作が失敗したことを通知します。
DGCインタフェースは、分散ガベージ・コレクション・アルゴリズムのサーバー側に使用されるものです。
このクラスは、Diffie-Hellmanキー合意で使用するDiffie-Hellman (システム)パラメータを生成するために使用するパラメータのセットを指定します。
Diffie-Hellmanキーのインタフェースです。
このクラスは、「PKCS#3: Diffie-Hellman Key-Agreement Standard」で指定されている、Diffie-Hellmanアルゴリズムで使用されるパラメータのセットを指定します。
Diffie-Hellman非公開キーのインタフェースです。
関連したパラメータを使ってDiffie-Hellman非公開キーを指定します。
Diffie-Hellman公開キーのインタフェースです。
関連したパラメータを使ってDiffie-Hellman公開キーを指定します。
スニペットの診断情報。
ツールからの診断情報を表示するインタフェースです。
診断情報の種類(エラー、警告など)です。
診断情報を簡単に収集し、リスト化する手段を提供します。
HotSpot Virtual Machineの診断コマンド用の管理インタフェースです。
ツールからの診断情報を受け取るインタフェースです。
Dialogは、通常はユーザーからの入力を受け付けるために使用される、タイトルおよびボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。
どのトップレベル・ウィンドウも、モーダル・ダイアログによってブロックされないようにマークすることができます。
モーダル・ダイアログは、一部のトップレベル・ウィンドウに対してすべての入力をブロックします。
印刷またはページ設定のダイアログのリクエストをサポートするために使用される属性クラスは、すべてのウィンドウまたは特定のウィンドウの上に表示されます。
クラスDialogTypeSelectionは、印刷オプションを指定するために使用されるユーザー・ダイアログ・タイプを示す列挙型の印刷属性クラスです。
Dictionaryクラスは、Hashtableのようにキーを値にマップするクラスのabstract親です。
ジェネリック・メッセージ・ダイジェスト例外です。
ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージ・ダイジェストを更新する透明なストリームです。
W3C Recommendation for XML-Signature Syntax and Processing」で定義されているXML DigestMethod要素の表現。
DigestMethodアルゴリズム用のアルゴリズム・パラメータの仕様です。
ストリームを通過するビットを使用して、関連したメッセージ・ダイジェストを更新する透明なストリームです。
Dimensionクラスは、1つのオブジェクト内のコンポーネントの幅と高さ(整数精度)をカプセル化します。
Dimension2Dクラスは、幅と高さの寸法をカプセル化します。
UIResourceを実装するDimensionのサブクラスです。
ディレクトリ・サービス・インタフェースで、オブジェクトに関連付けられている属性のチェックおよび変更のメソッド、およびディレクトリ検索のメソッドを含みます。
DirectColorModelクラスは、RGBの色とアルファの情報を個別のサンプルとして表し、1つのピクセルのすべてのサンプルをint、short、またはbyte型の数で1つにパックするピクセル値を扱うColorModelクラスです。
現在のプロセスで実行されるExecutionControl実装。
ModuleTreeのすべてのディレクティブのスーパー型。
DirectMethodHandleDescで記述できるメソッド・ハンドルの種類。
ディレクトリ内のエントリに対する反復処理を行っているときに入出力エラーが検出された場合にスローされる実行時例外です。
このクラスには、DirContext実装をサポートするためのメソッドが含まれています。
ディレクトリが空でないためにファイル・システム操作が失敗した場合にスローされるチェック例外です。
ディレクトリ内のエントリに対して反復処理を行うためのオブジェクトです。
ディレクトリ・エントリを受け入れるべきかフィルタするべきかを判断するオブジェクトによって実装されるインタフェースです。
このインタフェースは、指定されたオブジェクトとそのオブジェクトに関する属性を使用してオブジェクトを生成するファクトリを表します。
このインタフェースは、オブジェクトと該当属性とのバインディングの状態を取得するファクトリを表します。
DirStateFactory.getStateToBind()の結果を返す、オブジェクトと属性のペアです。
DisplayModeクラスは、GraphicsDeviceのビットの深さ、高さ、幅、およびリフレッシュ・レートをカプセル化します。
このクラスにはドラッグ&ドロップ操作が実行するアクションの形式を表す定数値があります。
インタフェースDocは、印刷ジョブのために1つの印刷データを供給するオブジェクトのインタフェースを指定します。
インタフェースDocAttributeは、属性がドキュメントの設定を示すことを示すために印刷属性クラスが実装するタグ付けインタフェースです。
インタフェースDocAttributeSetは、doc属性のセット、つまりインタフェースDocAttributeを実装する印刷属性のインタフェースを指定します。
ドキュメンテーション・コメントのトップレベル表現。
DocFlavorクラスは、印刷データのDocPrintJobへの提供形式を指定するオブジェクトをカプセル化します。
クラスDocFlavor.BYTE_ARRAYは、事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクト(例えば、印刷データ表現クラスとしてバイト配列(byte[])を使用するdocフレーバ)を提供します。
クラスDocFlavor.CHAR_ARRAYは、文字配列(char[])を印刷データ表現クラスとして使用して、docフレーバなどの事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
クラスDocFlavor.INPUT_STREAMは、事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクト(例えば、印刷データ表現クラスとしてバイト・ストリーム(java.io.InputStream)を使用するdocフレーバ)を提供します。
クラスDocFlavor.READERは、文字データ・ストリーム(java.io.Reader)を印刷データ表現クラスとして使用して、docフレーバなどの事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
クラスDocFlavor.SERVICE_FORMATTEDは、定義済みの静的定数DocFlavorオブジェクト(サービス・フォーマットされた印刷データ用のdocフレーバなど)を提供します。
クラスDocFlavor.STRINGは、印刷データ表現クラスとして文字列(java.lang.String)を使用するdocフレーバなど、事前定義された静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
クラスDocFlavor.URLは、定義済みの静的定数DocFlavorオブジェクトを提供します。
ユーザー・ドックレットは、「パッケージの説明」で説明されているように、このインタフェースを実装する必要があります。
Docletが使用するオプション名、別名、パラメータ、および記述のカプセル化。
オプションの種類。
ドックレットを1回呼び出す操作環境を表します。
モジュール・ドキュメントの詳細レベルを指定するモード。
このインタフェースは、ジョブ属性セットを保持する指定されたドキュメントを印刷可能な印刷ジョブを表します。
@docRootのインライン・タグのツリー・ノード。
javadocコメント内のDocTreeの位置を取得するためのメソッドを提供します。
ドキュメンテーション構文ツリー内のすべてのノードの汎用インタフェースです。
すべての種類のツリーを列挙します。
DocTreeノードを作成するためのファクトリ。
ツリー・ノードのパス。通常、最上位のDocCommentTreeノードまでのツリー・ノードの祖先ノードの順序を表すために使用されます。
すべての子ツリー・ノードを巡回し、親ノードのパスを維持するためのサポートを提供するDocTreeVisitorです。
ドキュメンテーション・コメントの構文ツリーへのアクセスを提供します。
すべての子ツリー・ノードにアクセスするDocTreeVisitor。
ビジター・デザイン・パターンのスタイルによるツリーのビジターです。
doctype宣言のツリー・ノード。
Documentはswingテキスト・コンポーネントのモデルとなるテキストのコンテナです。
Documentインタフェースは、HTML文書またはXML文書全体を表します。
プログラムからJavaプログラミング言語ドキュメント・ツールを起動するインタフェースです。
ドキュメント・タスクのフューチャを表すインタフェースです。
DocumentationToolに固有の場所です。
XMLドキュメントからDOM Documentインスタンスを取得するAPIを定義します。
アプリケーションでXMLドキュメントからDOMオブジェクト・ツリーを生成するパーサーを取得できるファクトリAPIを定義します。
このインタフェースは、CSSビューを持つドキュメントを表します。
注釈@Documentedが注釈インタフェースAの宣言に存在する場合、要素の@A注釈は要素のパブリック・コントラクトの一部とみなされます。
ドキュメント変更の通知のインタフェースです。
DocumentEventインタフェースは、実装によってサポートされる型のイベントを作成できるメカニズムを提供します。
特定の要素に対して加えられた変更を記述します。
ドキュメント・イベント・タイプの列挙です。
DocumentFilterは、名前が示すようにDocument変更メソッドのフィルタです。
Documentへのコールバックを回避して、Documentを変更する場合に使用されます。
DocumentFragmentは、「軽量(最小限度)」のDocumentオブジェクトです。
非推奨。
このインタフェースは、名前空間サポートを含むSAX2 ContentHandlerインタフェースで置き換えられています。
オブザーバがテキスト・ドキュメントへの変更の通知を受け取るように登録するためのインタフェースです。
クラスDocumentNameは、ドキュメントの名前を指定するテキスト属性である印刷属性クラスです。
HTMLドキュメントのParserです。実際にはDTDを指定できますが、swingのhtml dtdにはこのクラスだけを使うようにしてください。
DocumentStyleインタフェースでは、ドキュメントに埋め込まれたスタイル・シートを取得するメカニズムを提供します。
DocumentTraversalには、ドキュメント順(深さ優先の行きがけ順トラバーサル、ドキュメントのテキスト表現で開始タグが発生する順序と同じ)にノードとノードの子をトラバースするためのNodeIteratorTreeWalkerを作成するメソッドがあります。
Documentは、nullまたはDocumentTypeオブジェクトを値とするdoctype属性を備えています。
DocumentViewインタフェースは、DOM ViewをサポートするDOM実装のDocumentオブジェクトによって実装されます。
削除予定のため非推奨: このAPI要素は、将来のバージョンで削除される可能性があります。
このクラスは、非推奨であり、将来のリリースで削除される可能性があります。「セキュリティ・マネージャ」と組み合わせて使用すると便利です。
キーストア・ドメイン内のキーストアを指定する構成データ。
DOMConfigurationインタフェースは文書の構成を表し、認められているパラメータのテーブルを保持します。
このクラスは、XMLCryptoContextインタフェースのDOM固有の実装を提供します。
DOMErrorは、エラーを記述するインタフェースです。
DOMErrorHandlerは、XMLデータの処理中や、その他の何らかの処理の実行中(文書の検証中など)に発生するエラーを報告するときに、DOM実装が呼び出すことができるコールバック・インタフェースです。
DOM操作によって例外が発生するのは、ごく「例外的な」場合のみです。たとえば、論理上の問題、データの損失、実装の安定性の欠如などが原因で操作を実行できない場合にのみ、例外が発生します。
DOMImplementationインタフェースは、文書オブジェクト・モデルの特定のインスタンスに依存しない操作を実行するためのメソッドをいくつか提供します。
このインタフェースを使用すると、DOMユーザーは、ドキュメントのコンテキスト外にCSSStyleSheetを作成できます。
DOMImplementationListインタフェースは、DOM実装の順序付きコレクションの抽象を提供します。このコレクションの実装方法を定義または制限することはありません。
DOMImplementationLSは、ロードおよび保存オブジェクトを作成するためのファクトリ・メソッドを備えています。
アプリケーションがDOMImplementationのインスタンスを取得できるようにするためのファクトリ。
このインタフェースを使用すると、DOM実装者は、要求された機能とバージョンに基づいて1つ以上の実装を、DOM Featuresで指定されたとおりに提供できます。
ソースDOM内のノードの位置を示し、主にエラー・レポートを目的としています。
DOMLocatorは、エラーを記述するインタフェースです:
DOM (Document Object Model)ツリーの形式で、変換結果ツリーのホルダーとして動作します。
DOM固有のXMLSignContext
DOM (Document Object Model)ツリーの形式で、変換Sourceツリーのホルダーとして動作します。
DOMStringListインタフェースは、DOMString値の順序付きコレクションの抽象を提供します。このコレクションの実装方法を定義または制限することはありません。
DOM固有のXMLStructure
DOM固有のURIReference
DOM固有のXMLValidateContext
レガシー「DOS」属性をサポートするファイル・システム内のファイルに関連付けられたファイル属性です。
レガシー「DOS」ファイル属性のビューを提供するファイル属性ビューです。
Doubleクラスは、プリミティブ型doubleの値をオブジェクトにラップします。
指定された関数を使用して更新される処理中のdouble値を一緒に保持する1つ以上の変数。
初期値ゼロのdoubleの合計を一緒に保持する1つ以上の変数。
2つのdouble値オペランドに作用してdouble値の結果を生成する演算を表します。
doubleバッファです。
単一のdouble値引数を受け取って結果を返さないオペレーションを表します。
1つのdouble値引数を受け取って結果を生成する関数を表します。
1つのdouble値引数の述語(boolean値関数)を表します。
順次および並列の集約操作をサポートするプリミティブdouble値要素のシーケンスです。
DoubleStreamの可変ビルダーです。
double値の引数およびDoubleConsumerを受け入れ、結果を返さない演算を表します。
カウント数、最小、最大、合計、平均などの統計情報を収集するための状態オブジェクト。
double値の結果のサプライヤを表します。
1つのdouble値引数を受け取ってint値の結果を生成する関数を表します。
1つのdouble値引数を受け取ってlong値の結果を生成する関数を表します。
ターゲットVM内でアクセスされるすべてのプリミティブなdouble値の型です。
単一のdouble値オペランドに作用してdouble値の結果を生成する演算を表します。
ターゲットVM内のプリミティブなdouble値へのアクセスを提供します。
順序付けられた不変のdouble値のシーケンスを表す特殊なVector
do文のツリー・ノード。
DragGestureEventは、特定のDragGestureRecognizerが、追跡しているComponentでプラットフォーム依存のドラッグ開始ジェスチャが発生したことを検出したときに、DragGestureListenerのdragGestureRecognized()メソッドに渡されます。
ドラッグ・ジェスチャ・イベントを受信するためのリスナー・インタフェース。
DragGestureRecognizerは、プラットフォーム依存のドラッグ開始ジェスチャを識別するために特定のComponentに関連付けることのできる、プラットフォーム依存のリスナーを指定するための抽象基底クラスです。
DragSourceは、ドラッグ&ドロップ操作の開始を担当するエンティティであり、いくつかのシナリオで使用される可能性があります。JVMごとに、そのJVMの寿命の間1デフォルト・インスタンス
ドラッグ・ソース・イベントを受け取る抽象アダプタ・クラスです。
DragSourceContextクラスは、ドラッグ&ドロップ・プロトコルのイニシエータ側の管理を担当します。
DragSourceDragEventは、DragSourceContextPeerからDragSourceContextを経由して、そのDragSourceContextとそれに関連付けられたDragSourceに登録されたDragSourceListenerに送られます。
DragSourceDropEventは、DragSourceContextPeerからDragSourceContextを経由して、そのDragSourceContextとそれに関連付けられたDragSourceに登録されたDragSourceListenerdragDropEndメソッドに送られます。
このクラスは、DragSourceDragEventDragSourceDropEventの基底クラスです。
DragSourceListenerは、ドラッグ&ドロップ操作のオリジネータがユーザーのジェスチャの状態を追跡するためのイベント・インタフェースを定義し、ユーザーにドラッグ&ドロップ操作を通した適切な「ドラッグオーバー」フィード・バックを提供します。
ドラッグ操作中のマウス・モーション・イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
このクラスは、DRBG (確定的ランダム・ビット発生器)によって使用されるパラメータを指定します。
DRBGの再シード可能および予測抵抗能力。
インスタンス化のDRBGパラメータ。
ランダム・ビット生成のためのDRBGパラメータ。
再シードのDRBGパラメータ。
すべてのドライバ・クラスが実装しなければならないインタフェースです。
DriverDriverManagerからの通知を希望する場合に実装する必要があるインタフェースです。
一連のJDBCドライバを管理するための基本的なサービスです。
接続用のドライバ・プロパティです。
メソッドの特定に使用するドロップ・モードです。ドラッグ・アンド・ドロップのときに、コンポーネントは、このメソッドを使ってドロップの位置を追跡して示します。
DropTargetは、ドラッグ&ドロップ操作中にComponentがドロップを受け入れようとするときに、そのComponentに関連付けられます。
この保護されたネスト・クラスは、自動スクロールを実装します。
ドロップ・ターゲット・イベントを受け取る抽象アダプタ・クラスです。
ドラッグ&ドロップ操作に関連付けられた論理カーソルが、DropTargetに関連付けられたComponentの可視幾何学的図形と重なった場合は常に、DropTargetContextが作成されます。
DropTargetDragEventは、そのdragEnter()およびdragOver()メソッドによってDropTargetListenerに送られます。
DropTargetDropEventは、DropTargetListenerのdrop()メソッドによって送られます。
DropTargetEventは、DropTargetDragEventDropTargetDropEventの両方の基底クラスです。
DropTargetListenerインタフェースは、対象のDropTargetが関与するDnD操作の通知を提供するためにDropTargetクラスによって使用されるコールバック・インタフェースです。
この不変クラスは、FIPS 186-3 Digital Signature Standard (DSS)で指定されているように、DSAパラメータの生成に使用される一連のパラメータを指定します。
DSA公開キーまたは非公開キーに対するインタフェースです。
DSAキーのペアを生成できるオブジェクトに対するインタフェースです。
DSAアルゴリズムで使用されるパラメータのセットを指定します。
キー・パラメータのDSA固有のセットに対するインタフェースです。このセットは、DSAのキー系列を定義します。
DSA非公開キーに対する標準インタフェースです。
関連したパラメータを使ってDSA非公開キーを指定します。
DSA公開キーに対するインタフェースです。
関連したパラメータを使ってDSA公開キーを指定します。
SGML DTDの表現です。
DTDを処理するイベントの最上位のインタフェースです。
DTDで使用されるSGML定数です。
標準DTD関連イベントの通知を受け取ります。
重複するフラグが形式指示子内で指定されていたときにスローされる、非チェック例外です。
重複イベント要求を示すためにスローされます。
時間ベースの時間(「34.5秒」など)。
W3C XML Schema 1.0仕様に定義された期間の不変の表現です。
invokedynamic呼び出しサイトの場合「名目記述子」
動的定数の場合は「名目記述子」 (Constant_Dynamic_infoで固定プールに記述されているもの。)
RelinkableCallSiteオブジェクト用のリンカー。
DynamicLinkerオブジェクトを作成するためのファクトリ・クラスです。
Dynamic MBean (動的管理インタフェースを公開するMBean)に実装するメソッドを定義します。
このインタフェースは楕円曲線(Elliptic Curve: EC)有限体を表現します。
この不変なクラスは、楕円曲線(EC)の標数2の有限体を定義します。
この不変なクラスは、楕円曲線(EC)の素数位数の有限体を定義します。
この不変なクラスは、楕円曲線(Elliptic Curve: EC)ドメイン・パラメータの生成時に使用される一連のドメイン・パラメータを指定します。
楕円曲線(Elliptic Curve: EC)キーのインタフェースです。
この不変なクラスは、楕円曲線暗号化(Elliptic Curve Cryptography: ECC)で使用される一連のドメイン・パラメータを指定します。
この不変なクラスは、アフィン座標における楕円曲線(Elliptic Curve: EC)上の点を表します。
楕円曲線(Elliptic Curve: EC)非公開キーのインタフェースです。
この不変クラスは、楕円曲線非公開キーとそれに関連付けられたパラメータを指定します。
楕円曲線(Elliptic Curve: EC)公開キーのインタフェースです。
この不変クラスは、楕円曲線公開キーとそれに関連付けられたパラメータを指定します。
EdDSAシグネチャおよび検証パラメータの指定に使用されるクラス。
「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線の公開/秘密キーのインタフェースです。
「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されているキーの指定に使用される楕円曲線点。
「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線秘密キーのインタフェースです。
曲線およびその他のアルゴリズム・パラメータを含む、「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線の秘密キーを表すクラス。
「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線公開キーのインタフェースです。
曲線およびその他のアルゴリズム・パラメータを含む、「RFC 8032: エドワーズ曲線デジタル・シグネチャ・アルゴリズム(EdDSA)」で定義されている楕円曲線の公開キーを表すクラス。
特定のタイプのテキスト・コンテンツに対して適切なエディタとして機能するために、テキスト・コンポーネントが必要とするもののセットを確立します。
モジュール、パッケージ、クラス、メソッドなどのプログラム要素を表します。
ドキュメントの構造上の部品を記述するインタフェースです。
ELEMENT構成要素を使ってDTDに記述されたとおりの要素です。
Elementインタフェースは、HTML文書またはXML文書内の要素を表します。
要素に結びつけられたインライン・スタイル情報が、style属性を介して公開されます。
要素のコレクションから目的の要素だけを選択するためのフィルタです。
ElementIteratorは、名前が示すとおり、Elementツリーを反復処理します。
要素のkindです。
RELEASE_14ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、種類に基づくプログラム要素のビジターです。
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、種類に基づくプログラム要素のビジターです。
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、種類に基づくプログラム要素のビジターです。
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、種類に基づくプログラム要素のビジターです。
ソース・バージョンRELEASE_9からRELEASE_14に適したデフォルトの動作を持つ、kindに基づくプログラム要素のビジターです。
プログラム要素で操作を行うためのユーティリティ・メソッド。
要素または他の言語モデル・アイテムのorigin
RELEASE_14ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスキャン・ビジターです。
RELEASE_6ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスキャン・ビジターです。
RELEASE_7ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスキャン・ビジターです。
RELEASE_8ソース・バージョンに適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスキャン・ビジターです。
ソース・バージョンRELEASE_9からRELEASE_14に適したデフォルトの動作を持つ、プログラム要素のスキャニング・ビジターです。
ElementTraversalインタフェースは、作成者がドキュメント内の要素間を簡単に移動できるようにする読み取り専用属性のセットです。
この列挙型クラスの定数は、Javaプログラムで注釈が出現する可能性がある構文上のロケーションの単純な分類を提供します。
ビジター・デザイン・パターンのスタイルによるプログラム要素のビジターです。
Ellipse2Dクラスは、表示枠矩形によって定義される楕円を記述します。
Doubleクラスは、double精度で指定された楕円を定義します。
Floatクラスは、float精度で指定された楕円を定義します。
この不変なクラスは、楕円曲線の表現に必要となる値を保持します。
スペースを占めるが描画はしない、空の透過ボーダーを提供するクラスです。
Stackクラスのメソッドによってスローされ、そのスタックが空であることを示します。
空の文(スキップ文)のツリー・ノードです。
イベント注釈は、デフォルトでイベントを有効にするかどうかを決定します。
公開キーまたは非公開キーを、エンコードされた形式で表現します。
Encoderは、公開APIに関して複数のJavaBeansの状態をエンコードするファイルまたはストリームを作成する際に使用できるクラスです。
このクラスは、PKCS#8で定義されているEncryptedPrivateKeyInfo型を実装します。
このクラスは、Kerberosで使用されるEncryptionKeyをカプセル化します。
ドキュメントの末尾を表すマーカー・インタフェースです。
要素終了イベントのインタフェースです。
HTML要素の終了のツリー・ノードです。
"enhanced" for loop文のツリー・ノード。
エンティティは、ENTITY構成要素を使ってDTDに記述されます。
このインタフェースは、XML文書内の解析対象または解析対象外の既知のエンティティを表します。
エンティティ宣言を処理するためのインタフェースです。このインタフェースは、解析対象外のエンティティ宣言の記録と報告に使用されます。
Entityイベントを処理するためのインタフェースです。
EntityReferenceノードを使用してツリーのエンティティ参照を表現できます。
エンティティを解決するための基本インタフェースです。
外部エンティティ参照を入力ソースにマッピングしたり、不足する外部サブセットを提供したりする拡張インタフェースです。
HTMLエンティティのツリー・ノードです。
Enum<E extends Enum<E>>
これは、すべてのJava言語列挙型クラスの共通ベース・クラスです。
Enum.EnumDesc<E extends Enum<E>>
enum定数の場合、「名目記述子」
アプリケーションが名前によりenum定数にアクセスしようとしたときや、指定された名前の定数を持たないenum型にアクセスしようとしたときにスローされます。
EnumControlは、それぞれがオブジェクトで表される離散的な可能な値のセットを制御します。
EnumControl.Type内部クラスのインスタンスは、列挙されたコントロールの種類を識別します。
Enumerationインタフェースを実装するオブジェクトは、一連の要素を1回に1つずつ生成します。
EnumMap<K extends Enum<K>,V>
列挙型のキーと一緒に使用するための特殊なMap実装です。
EnumSet<E extends Enum<E>>
列挙型と一緒に使用するための特殊なSet実装です。
クラスEnumSyntaxは、すべての"型の安全な列挙型"オブジェクトの共通実装を提供する抽象基本クラスです。
入力の途中で、予想外のファイルの終了、または予想外のストリームの終了があったことを表すシグナルです。
時系列の紀元。
有効なJavaプログラミング言語コードではないコードのスニペット。
不正なテキストを表すツリー・ノード。
不正な式の代用となるツリー・ノードです。
ErrorThrowableのサブクラスで、通常のアプリケーションであればキャッチすべきではない重大な問題を示します。
SAXエラー・ハンドラの基本インタフェースです。
変換プロセス中に発生したエラー・メッセージを通知するために、TransformerFactoryまたはTransformerによって使用されるリスナー・インタフェース。
ErrorManagerオブジェクトはHandlerに接続され、ロギング時にHandlerで発生するエラーを処理します。
適切にモデル化することのできないクラスまたはインタフェースの型を表します。
簡単なエッチング・ボーダーを実装するクラスです。浮彫りエッチング、あるいは彫込みエッチングのどちらも可能です。
実行中のクライアント内でスローされるスロー可能オブジェクトをラップします。
ターゲットVM内でデバッガに関連して起きることです。
非推奨。
代わりにAWTEventとそのサブクラスを使用することをお勧めします
イベントのベース・クラスで、イベントとそのフィールドを定義するためにサブクラス化されます。
Eventインタフェースを使用して、イベントに関するコンテキスト情報を、イベントを処理するハンドラに提供します。
コンテキストに指定されたオブジェクトが変更されたときにトリガーされるイベントの通知を受け取る、リスナーの登録/登録解除に関するメソッドを含みます。
ディレクトリ・コンテキストに指定されたオブジェクトが変更されたときにトリガーされたイベントの通知を受け取る、リスナーの登録に関するメソッドを含みます。
イベント操作は、メソッドの説明で指定されるようにEventExceptionをスローします。
実行時にイベントを定義するためのクラスです。
このインタフェースは、XMLEventReadersをフィルタするために作成できる簡単なフィルタ・インタフェースを宣言します。
EventHandlerクラスは、受信イベント・オブジェクトとターゲット・オブジェクトを含んだ単純な文を実行するメソッドを持つ、イベント・リスナーの動的生成をサポートします。
EventIDには、AWTとSwingのイベント・サポートにマップする整数型定数が含まれます。
EventIteratorは変更できません。
すべてのイベント・リスナー・インタフェースが継承する必要のある、タグ機能インタフェースです。
EventListenerインタフェースはイベント処理の重要な方法です。
EventListenerのリストを格納するクラスです。
追加パラメータのセットをリスナーに関連付ける、EventListenerクラスのabstractラッパー・クラスです。
すべてのイベント状態オブジェクトの派生元になるルート・クラスです。
ターゲットVMの、着信デバッガ・イベントのためのマネージャです。
EventQueueは、ベースとなるピア・クラスと信頼できるアプリケーション・クラスの両方からのイベントをキューに入れる、プラットフォームに依存しないクラスです。
EventQueueMonitorクラスには、支援技術の主要コア機能(および支援技術に必要な同様の内容の一部を必要とする他のシステム・レベル技術)が用意されています。
これは、XMLEventReaderフィルタを派生させる基底クラスです。
イベントの通知要求を表します。
EventRequestの作成および削除を管理します。
指定された時間にターゲットVirtualMachineによっていくつかのEventオブジェクトが作成されることがあります。
EventSetDescriptorは、指定されたJava Beanがトリガーするイベントのグループを記述します。
レコーディングにイベント設定を適用するための簡易クラスです。
イベントのストリームを表します。
EventTargetインタフェースは、DOMイベント・モデルをサポートする実装では、すべてのNodesによって実装されます。
イベント、フィールド、設定、注釈を記述します。
EventTypeの管理表現。
Exceptionクラスとそのサブクラスは、通常のアプリケーションでキャッチされる可能性のある状態を示すThrowableの形式の1つです。
ターゲットVMの例外通知。
static初期化子で予想外の例外が発生したことを通知します。
ExceptionListenerは、内部例外の通知を受け取ります。
ターゲットVMで例外が発生する際の通知要求です。
スレッドをペアにして、ペア内の要素を交換できる同期ポイント。
MethodおよびConstructorに共通する機能のための共有スーパークラス。
クラスまたはインタフェースのメソッド、コンストラクタ、または初期化子(静的またはインスタンス)を表します(注釈型要素を含む)。
実行可能ファイルを表します。
このインタフェースは、プラガブルJShell実行エンジンを実装するために提供する必要がある機能を指定します。
クラスのバイトコードでクラス名をバンドルします。
クラスinstall (ロードまたは再定義)に問題が発生しました。
禁止された実行エンジン終了が発生しました。
すべてのExecutionControl例外の抽象基盤。
内部的な問題が発生しました。
このコマンドは実装されていません。
未解決の参照を含むDeclarationSnippetが検出されたことを示す例外です。
実行中のユーザー・コードに固有の例外の抽象基盤。
'normal'ユーザー例外が発生しました。
スニペットを評価するために必要な実行エンジンを生成するためにJShellによって使用されるプロバイダ。
プラガブルJShell実行エンジンで利用できる機能。
例外をスローすることによって中断したタスクの結果を取得しようとしたときにスローされる例外です。
送信されたRunnableタスクを実行するオブジェクトです。
タスクの実行に、指定されたExecutorを使用するCompletionServiceです。
このパッケージで定義されたExecutorExecutorServiceScheduledExecutorServiceThreadFactory、およびCallableクラス用のファクトリおよびユーティリティ・メソッドです。
終了を管理するメソッド、および1つ以上の非同期タスクの進行状況を追跡するFutureを生成できるメソッドを提供するExecutorです。
このクラスは、除外メカニズムの機能と、キーの回復キーの弱化、およびキーエスクローの例を提供します。
汎用のExemptionMechanism例外です。
このクラスは、ExemptionMechanismクラスのサービス・プロバイダ・インタフェース (SPI)を定義します。
Exif GPS Info IFDで見つかったタグを表すクラス。
Exif Interoperability IFDで見つかったタグを表すクラス。
ExifおよびGPS IFDを参照するために使用されるTIFFタグを含むクラス。
Exif IFDで見つかったタグを表すクラス。
展開/折りたたみが起こらないようにするために使用される例外。
要素が試験的なものであり、予告なしに変更される可能性があることを指定する注釈。
ExportExceptionは、リモート・オブジェクトのエクスポートの試みが失敗した場合にスローされるRemoteExceptionです。
モジュール宣言の'exports'ディレクティブのツリー・ノード。
Expressionオブジェクトは、"a.getFoo()"のように、ターゲットと一連の引数に単一のメソッドが適用されて、結果が返されるプリミティブな式を表します。
代入式または可変値式のスニペット。
「expression」文のツリー・ノードです。
異なる型の式の基底クラスとして使用されるツリー・ノードです。
org.ietf.jgss.GSSContextで定義されていない追加機能(コンテキスト固有の属性の問合せなど)をサポートするように拡張されたGSSContextインタフェース。
org.ietf.jgss.GSSCredentialで定義されていない追加機能をサポートするように拡張されたGSSCredentialインタフェース。
JDK固有のマップ・モード。
このインタフェースは、RFC 2251で定義されたLDAPv3拡張操作の要求を表します。
このインタフェースは、RFC 2251で定義されたLDAP拡張操作の応答を表します。
StandardSocketOptionsで定義されるソケット・オプション以外の拡張ソケット・オプションを定義します。
追加のセッション属性をサポートするようにSSLSessionインタフェースを拡張します。
このインタフェースは、X.509拡張機能を表します。
Externalizableインスタンスのクラスのアイデンティティが直列化ストリームに書き込まれるだけで、そのインスタンスの内容を保存および格納するのはクラスの責任です。
パーサー・ファクトリの構成に問題が存在する場合にスローされます。
ファクトリ構成エラーを報告するエラー・クラスです。
ユーザー認証に失敗したことを通知します。
あるプロバイダが動作するまで、他のプロバイダを順番に試します。
TIFF-F (RFC 2036)ファイルにある余分なタグを表すクラス。
FeatureDescriptorクラスは、PropertyDescriptor、EventSetDescriptor、MethodDescriptorなどの共通基底クラスです。
クラスFidelityは、クライアントが提供した印刷リクエスト属性に対する完全な忠実度が必要かどうかを示す列挙型の印刷属性クラスです。
ターゲットVM内のクラス変数またはインスタンス変数です。
Fieldは、クラスまたはインタフェースについての情報、それらへの動的なアクセス、その単一フィールドを提供します。
FieldPositionクラスは、フォーマットされた出力のフィールドを識別するためにFormatとそのサブクラスが使用する単純なクラスです。
複数行のプレーン・テキスト・ビューを単一行エディタのビューに適合するように拡張します。
ファイルおよびディレクトリのパス名の抽象表現です。
ファイルまたはディレクトリの作成を試みたときにその名前のファイルがすでに存在している場合にスローされるチェック例外です。
createFileまたはcreateDirectoryメソッドを呼び出すことで新しいファイルまたはディレクトリを作成するときに、自動的に設定できるファイル属性の値をカプセル化するオブジェクトです。
ファイル・システム内のファイルに関連付けられた不透明でない値の読取り専用または更新可能ビューである属性ビューです。
通常のInputStreamから入力を取得するImageInputStreamの実装です。
出力を通常のOutputStreamに書き込むImageOutputStreamの実装です。
ファイルの読み込み、書き込み、マッピング、操作用チャネルです。
ファイル・マッピング・モード。
JFileChooser用のプラグイン可能なLook & Feelインタフェースです。
ファイル記述子クラスのインスタンスは、開いたファイル、開いたソケット、またはバイトの別のソース(シンク)を表す、ベースとなるマシン固有の構造への不透明なハンドルとして機能します。
FileDialogクラスは、ユーザーがファイルを選択できるダイアログ・ウィンドウを表示します。
抽象パス名のフィルタです。
FileFilterは、ユーザーに表示されるファイルのセットにフィルタを適用するためにJFileChooserによって使用されるabstractクラスです。
単純ファイルのロギングHandlerです。
FileまたはRandomAccessFileから入力を取得するImageInputStreamの実装です。
出力をFileまたはRandomAccessFileに直接書き込むImageOutputStreamの実装です。
FileInputStreamは、ファイル・システム内のファイルから入力バイトを取得します。
ファイル領域上のロックを示すトークンです。
ファイル・ロックの獲得を待機しているスレッドに対して別のスレッドから割込みがあったときに受け取られるチェック例外です。
指定された拡張子のセットを使ってフィルタを適用するFileFilterの実装です。
このインタフェースを実装するクラスのインスタンスは、ファイル名にフィルタをかけるために使用されます。
ファイル名とMIMEタイプ文字列をマップするメカニズムを提供する単純なインタフェースです。
指定されたパス名で示されるファイルが開けなかったことを通知します。
ツール用のファイルの抽象化です。
ファイル出力ストリームは、FileまたはFileDescriptorにデータを書き込むための出力ストリームです。
ファイルの所有者の読み取りまたは更新をサポートするファイル属性ビューです。
このクラスは、ファイルまたはディレクトリへのアクセスを表します。
このインタフェースは、注釈プロセッサによる新しいファイルの作成をサポートしています。
デフォルトのバッファ・サイズを使用して、文字ファイルからテキストを読み取ります。
Filerが提供する保証を無効にするようなファイル・オープンの試みを、Filerが検出したことを示します。
このクラスは、ファイル、ディレクトリ、またはその他の種類のファイルを操作するstaticメソッドだけで構成されます。
ファイルのリストを含む補助イベント。
ファイル用のストレージです。
FileStoreの属性の読取り専用または更新可能ビューである属性ビューです。
ファイル・システムへのインタフェースを提供し、ファイル・システム内のファイルやその他のオブジェクトにアクセスするためのオブジェクトのファクトリです。
すでに存在するファイル・システムを作成しようとしたときにスローされる実行時例外です。
1つまたは2つのファイルでファイル・システム操作が失敗した場合にスローされます。
ファイル・システムのループ、すなわちサイクルが検出された場合にスローされるチェック例外です。
ファイル・システムが見つからない場合にスローされる実行時例外です。
ファイル・システムのサービス・プロバイダ・クラスです。
ファイル・システム用のファクトリ・メソッドです。
FileSystemViewは、JFileChooserが使用する、ファイル・システムへのゲートウェイです。
ファイルのタイムスタンプ属性の値を表します。
ファイルを調べてファイル・タイプを推察するファイル・タイプ・ディテクタです。
FileViewは、ファイル・チューザにFileのUI情報を提供するために実装するabstractクラスを定義します。
ファイル・ツリー・トラバーサル・オプションを定義します。
ファイルのビジターです。
FileVisitorの結果型です。
デフォルトのバッファ・サイズを使用して、文字ファイルにテキストを書き込みます。
着信要求の事前処理および事後処理に使用されるフィルタです。
Filterは、ログ・レベルが提供する制御以上に、ログ対象をきめ細かく制御するために使用されます。
HttpServerに関連付けられたフィルタのチェーン。
このクラスは、ImageProducerインタフェースを実装したものです。イメージとフィルタ・オブジェクトを取り込み、元のイメージにフィルタをかけて新しいイメージを生成します。
FilteredRowSetのすべての標準実装が実装しなければならない標準インタフェースです。
FilterInputStreamは、データの基本的なソースとして使用するためのその他の入力ストリームを格納します。データを途中で変換することや、追加機能を提供することもあります。
このクラスは、出力ストリームをフィルタ処理するすべてのクラスのスーパー・クラスです。
フィルタ処理された文字列ストリームを読み込むための抽象クラスです。
フィルタ処理された文字ストリームのための抽象クラスです。
モジュールを見つける際にエラーが発生したときにModuleFinderによってスローされます。
クラスFinishingsは、プリンタがジョブ内の各印刷ドキュメントの各コピーにある種のバインディングの終了操作を適用するかどうかを識別する列挙型の印刷属性クラスです。
ノート: このクラスは、今後のリリースでさらにオープンになる予定です。
FlatteningPathIteratorクラスは別のPathIteratorオブジェクトの平坦化されたビューを返します。
FlavorEventは、関係するリスナーに、使用可能なDataFlavorClipboard (イベント・ソース)で変更されたことを通知するために使用されます。
インタフェースFlavorExceptionは、mixinインタフェースであり、PrintExceptionのサブクラスは、docフレーバまたは(クラスDocFlavor)のフレーバに関するエラー状態を報告するために実装できます。
FlavorEventを待機するオブジェクトを定義します。
プラットフォーム固有のデータ形式に対応する"natives" (文字列)と、プラットフォームに依存しないMIMEタイプに対応する"flavors" (DataFlavors)との間の双方向マップ。
従来のMapの一対一対応制限を緩和するFlavorMapです。
Flight Recorderへのアクセス、制御および管理のためのクラス。
Flight Recorderのライフサイクルを監視するためのコールバック・インタフェース。
Flight Recorderを制御するための管理インタフェース。
Flight Recorderへのアクセスを制御するための許可。
Floatクラスは、プリミティブ型floatの値をオブジェクトにラップします。
floatバッファです。
FloatControlオブジェクトは、ある範囲の浮動小数点型の値のコントロールを提供します。
FloatControl.Type内部クラスのインスタンスは、浮動小数点型のコントロールの種類を識別します。
ターゲットVM内でアクセスされるすべてのプリミティブなfloat値の型です。
ターゲットVM内のプリミティブなfloat値へのアクセスを提供します。
順序付けられた不変のfloat値のシーケンスを表す特殊なVector
PublishersSubscriptionによって管理される1つ以上のSubscribersによって消費されるアイテムを生成するフロー制御コンポーネントを確立するための相互関係のあるインタフェースと静的メソッド。
サブスクライバとパブリッシャの両方として機能するコンポーネント。
サブスクライブ者が受け取ったアイテム(および関連する制御メッセージ)のプロデューサ。
メッセージのレシーバ。
Flow.PublisherFlow.Subscriberをリンクするメッセージ制御。
フロー・レイアウトは、段落内のテキスト行と同じように、一方向にコンポーネントを配置します。
子を一部制約のある空間へ並べようとするビューです。
フローの物理的なフォームを維持するための方法です。
Flushableは、フラッシュできるデータの転送先です。
キーボード・フォーカス・イベントを受け取るための抽象アダプタ・クラスです。
Componentが入力フォーカスを取得または失ったことを示す、低レベル・イベントです。
この列挙型は、FocusEventの原因を表します。- それが起こった理由。
コンポーネント上のキーボード・フォーカス・イベントを受け取るためのリスナー・インタフェースです。
このクラスは1.4 focus APIでは現在使用されていません。
FocusTraversalPolicyは、あるフォーカス・サイクル・ルートを持つコンポーネントのトラバース順序を定義します。
Fontクラスは、テキストを見えるようにレンダリングするために使用されるフォントを表します。
FontクラスのメソッドcreateFontによってスローされ、指定されたフォントが無効であることを示します。
FontMetricsクラスは、特定の画面上での特定のフォントのレンダリングに関する情報をカプセル化するフォント・メトリックス・オブジェクトを定義します。
FontRenderContextクラスは、テキストの寸法を正しく測定するのに必要な情報のコンテナです。
java.awt.Fontのサブクラスであり、UIResourceインタフェースを実装しています。
ForkJoinTaskを実行するためのExecutorService
新しいForkJoinWorkerThreadを作成するためのファクトリです。
ForkJoinPool内で実行中のタスクについての管理対象の並列性を拡張するためのインタフェースです。
ForkJoinPool内で実行する抽象基底クラスです。
ForkJoinPoolによって管理されるスレッドであり、ForkJoinTaskを実行します。
基本的なforループ文のツリー・ノード。
Formatは、日付、メッセージ、数字などのロケールに依存する情報をフォーマットするabstract基底クラスです。
Format.formatToCharacterIteratorから返されたAttributedCharacterIterator内の属性キー、およびFieldPosition内のフィールド識別子として使用する定数を定義します。
形式変換プロバイダは、1つ以上の入力形式から1つ以上の出力形式への形式変換サービスを提供します。
変換およびフラグに互換性がない場合にスローされる、非チェック例外です。
ローカライズされた日付、時間または日付/時間フォーマッタのスタイルの列挙。
Formattableインタフェースを実装する必要があるのは、Formatterの「s」変換指示子を使用してカスタムの書式設定を行う必要のあるクラスです。
FormattableFlagsはFormattable.formatTo()メソッドに渡され、Formattablesの出力フォーマットを変更します。
printf形式の文字列用のインタプリタ。
FormatterはLogRecordのフォーマット処理をサポートします。
BigDecimalの書式設定用の列挙型です。
フォーマッタを閉じる際にスローされる、非チェック例外です。
FormSubmitEventは、フォームが送信されたことを関係先に通知するために使用されます。
HTMLフォームのメソッド・タイプを表します。
フォーム要素<input>、<textarea>、および<select>のためのビュー・インタフェースを実装するコンポーネント・デコレータです。
指定されたファイル・オブジェクトに呼出しを転送します。
指定されたファイル・マネージャに呼出しを転送します。
指定されたファイル・オブジェクトに呼出しを転送します。
Frameは、タイトルとボーダーを持つトップ・レベルのウィンドウです。
イベント・フィールド注釈で、値がHzで測定される頻度であることを指定します。
1つの引数を受け取って結果を生成する関数を表します。
インタフェース型の宣言を、Java言語仕様に定義されている関数型インタフェースとすることを目的としていることを示すために使われる情報目的の注釈型です。
関数記述子は、ゼロ個以上の引数レイアウトとゼロ個以上の戻りレイアウトで構成されます。
Futureは、非同期計算の結果を表します。
取消し可能な非同期計算です。
emacsが使うものと類似したギャップ付きバッファを使って実装されたAbstractDocument.Contentインタフェースの実装です。
ガベージ・コレクションに関する情報
周期的にコレクションを行うガベージ・コレクタのプラットフォーム固有の管理インタフェースです。
Java仮想マシンのガベージ・コレクションの管理インタフェースです。
バッファ・シーケンスからバイトを書き込むことができるチャネルです。
ゲージ属性の値を監視するように設計されたモニターMBeanを定義します。
ゲージ・モニターMBeanのリモート管理インタフェースを公開します。
ガベージ・コレクション情報。
GCM (Galois/Counter Mode)モードを使用して、Cipherで必要なパラメータ・セットを指定します。