OTLファイルまたはスナップショットを使用したアプリケーションの作成

オンプレミスのEssbaseアウトライン・ファイルおよびスナップショットからフリー・フォーム・アプリケーションを作成する方法を学習するには、このビデオをご覧ください。

ビデオ・アイコン オンプレミスのEssbaseアウトライン・ファイルおよびスナップショットからのフリー・フォームPlanningアプリケーションの作成

フリー・フォーム・アプリケーションを作成するには:

  1. EPM Enterprise Cloud Serviceのランディング・ページで、「Planning」選択をクリックします。
  2. Planningのランディング・ページで、「新規アプリケーションを作成します」開始をクリックします。
  3. アプリケーションの名前および説明を入力します。
  4. 「アプリケーション・タイプ」から「フリー・フォーム」を選択します。
  5. ソースOTLファイルまたはEssbase移行スナップショットの場所を選択します:
    • 現在Oracle Enterprise Performance Management CloudにアクセスしているコンピュータからソースOTLファイルまたはスナップショットにアクセスするために、「ローカル」を選択します。

      「参照」をクリックし、ソースOTLファイルまたはスナップショットを選択します。

    • 「受信ボックス」を選択し、EPM Cloud環境からソースOTLファイルまたはスナップショットにアクセスします。

      「1つ選択」から、ソースOTLファイルまたはスナップショットを選択します。

  6. 「次」をクリックします。
  7. アプリケーション情報を確認して、「作成」をクリックします。

    アプリケーションの作成が完了すると、EPM Cloudホーム・ページが表示されます。

  8. アプリケーションの作成中にエラーが報告されていないことを確認します。
    • 「アプリケーション」「ジョブ」の順にクリックして、ジョブ・コンソールを開きます

    • 「データベースの作成」および「アウトラインの処理」アクティビティがエラーなしで終了したことを確認します。エラーが報告された場合は修正します。

  9. オプション: OTLファイルをソースとして使用してアプリケーションを作成した場合は、アプリケーション・データをインポートします。データのインポートを参照してください。

    スナップショットをアプリケーション・ソースとして使用した場合は、アプリケーション作成プロセスによりデータが自動的にインポートされます。

  10. アプリケーション・ユーザーをアイデンティティ・ドメインに作成し、必要に応じて事前定義されている役割を割り当てます。 Oracle Enterprise Performance Management Cloud管理者スタート・ガイドユーザーと役割の管理を参照してください。
  11. 必要に応じてアクセス権を設定します。アクセス権限の設定を参照してください。